山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

南アルプス南部(22)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
荒川小屋を出発して、荒川前岳(3068m)を目指している。
標高差は小屋から稜線まで約400m。コースタイムは1時間半だ。
DSC_3700_2016102421494917b.jpg

振り向くと、赤石岳(3120m)の絶景。
DSC_3697_20161024214945381.jpg

小屋からも随分登ってきた。
DSC_3699_2016102421494836a.jpg

足元にはミネウスユキソウ。
DSC_3696_2016102421494311f.jpg

そしてイワインチン。
DSC_3703_20161024214925c64.jpg

前岳は完全な岩の山だ。
DSC_3701_201610242149214fc.jpg

休み休み登り、来た道を振り返る。
DSC_3702_20161024214923610.jpg

赤石岳に見えているのは、実は小赤石岳(3081m)。
DSC_3704_20161024214926a69.jpg

それでも大きいことに変わりはない。
DSC_3705_20161024214927131.jpg

左手は前岳の大岩壁。
DSC_3708_20161024214902b5a.jpg

それを横目にガレ場の急登を登っていく。
DSC_3709_20161024214904948.jpg

おお、中岳避難小屋まであと1時間。
DSC_3710_20161024214905ddf.jpg

少し元気が出た。
DSC_3711_20161024214838f5e.jpg

赤石岳の背後に大きな雲が迫ってきた。
DSC_3712_2016102421483972c.jpg

前岳のこぶの向こうに大沢岳(2819m)や中盛丸山(2807m)が見えてきた。
DSC_3713_20161024214841271.jpg

きっと、この方々も今夜は千枚小屋に泊まるのだろう。
DSC_3714_20161024214842da3.jpg

登る人と下る人。
DSC_3719_20161024214819b00.jpg

右手は赤石岳の東尾根。
DSC_3715_20161024214844872.jpg

とうとう赤石岳に雲がからみ始めた。
DSC_3716_20161024214814cc3.jpg

時刻は11:20なので、昨日より3時間以上も遅い。いいことだ。
DSC_3717_201610242148172e2.jpg

大沢岳方面にも雲が湧いてきた。
DSC_3718_2016102421481703c.jpg

それにしても、前岳への登りは果てしないように見える。
DSC_3722_20161024214753b4c.jpg

今にも剥がれ落ちそうな岩。
DSC_3724_2016102421475647a.jpg

再び、ザ・南アルプス。
DSC_3725_20161024214757764.jpg

お互い頑張りましょう。
DSC_3728_20161024214731e9e.jpg
DSC_3726_20161024214728655.jpg

少し先が見えてきたんだろうか。
DSC_3729_20161024214733b64.jpg
DSC_3730_20161024214734e77.jpg

前岳に限って言えば、終盤戦かな。
DSC_3731_2016102421470065b.jpg

いや、せいぜい後半戦か。
DSC_3734_20161024214705e92.jpg

タカネマツムシソウの大群落。
DSC_3732_20161024214702a41.jpg

ハチが何匹も蜜を吸いに来ている。
DSC_3733_20161024214703101.jpg

なにやらネットが見えてきた。
DSC_3735_20161024214706a9c.jpg

前岳の2694mピーク(右)よりも随分高くまで上がってきた。
DSC_3736_20161024214636018.jpg

雲の背も随分高くなった。
DSC_3737_2016102421463776a.jpg

後半戦のわずかなトラバース。
DSC_3738_2016102421463886b.jpg

高山植物の保護柵の中に入る。
DSC_3739_20161024214640ef6.jpg

この斜面は広大なお花畑だ。
DSC_3740_20161024214642279.jpg

引いて見ると、ただの草っ原だが
DSC_3741_20161024214613dba.jpg

緑の濃いのはバイケイソウ。笠のようなのはノラニンジン。
DSC_3744_2016102421461766a.jpg

白と茶色はムカゴトラノオ。
DSC_3743_2016102421461690f.jpg

後続の方々。
DSC_3745_20161024214619797.jpg

ミヤマコゴメグサ。
DSC_3746_2016102421454952f.jpg

ハクサンフウロ。
DSC_3747_20161024214550935.jpg
DSC_3749_201610242145539da.jpg

お花畑越しの赤石岳。
DSC_3748_20161024214551faf.jpg
DSC_3755_201610242145313ac.jpg

黄色はキオンとミヤマコウゾリナ。
DSC_3750_201610242145543ea.jpg

こちらはキオン。
DSC_3752_201610242145272a5.jpg

これはミヤマコウゾリナ。
DSC_3753_20161024214528fc9.jpg

茶色くなったイワベンケイなんて初めて見た。
DSC_3754_20161024214530702.jpg

岩陰にひっそりと咲くイブキジャコウソウ。
DSC_3756_201610242145006c2.jpg

お花畑の中の道はうねりながら登っている。
DSC_3757_2016102421450115b.jpg
DSC_3760_201610242145069b5.jpg

ミネウスユキソウ。
DSC_3758_20161024214503b02.jpg
DSC_3761_20161024214436df4.jpg

間もなく、お花畑通過。
DSC_3759_20161024214504c7a.jpg

お花の写真を撮っている間に、どんどんO君は行ってしまった。
DSC_3762_20161024214438c38.jpg

ミヤマコウゾリナはタンポポみたいだ。
DSC_3763_20161024214439dbb.jpg

当方は柵から出た。
DSC_3764_20161024214441b7a.jpg

まだ、柵内にはたくさんの方々がいる。
DSC_3773_20161024214310269.jpg

オンタデ。
DSC_3766_20161024214411289.jpg
DSC_3769_20161024214415862.jpg

ヤマハハコ。
DSC_3771_20161024214307825.jpg

これはやけに葉っぱが主張しているヤマハハコだ。
DSC_3774_20161024214311e25.jpg

これまた絵になる風景。
DSC_3767_20161024214412918.jpg

さあ、今度こそ先が見えてきたかな。
DSC_3770_201610242144177ab.jpg

この先を曲がると
DSC_3775_201610242143134e8.jpg

ありゃりゃ、まだまだじゃんか。
DSC_3778_20161024214242679.jpg

う、悪沢岳(3141m)が見えたと思ったら、すでにすっぽりガスの中。
DSC_3776_20161024214239a8a.jpg

この稜線は中岳(3083m)からの下りだ。
DSC_3777_201610242142416db.jpg

この先はトラバース気味に登る。
DSC_3779_201610242142448a4.jpg

団体さんが向かってくるようだ。
DSC_3780_20161024214245c4d.jpg

お花畑越しの荒川小屋。
DSC_3781_20161024214215e05.jpg

とうとう空は雨の準備をし始めたようだ。
DSC_3782_2016102421421723e.jpg

眼下にカールもどき?
DSC_3783_20161024214219916.jpg

ここを行き交う人がこんなに多いのはなぜ? 偶然?
DSC_3784_20161024214220f8f.jpg

すれ違うのも大変だ。
DSC_3787_201610242141512f3.jpg

このあたりのヤマハハコは葉っぱが美しい。
DSC_3786_20161024214149a60.jpg

さあ、もうひと踏ん張り。
DSC_3788_201610242141522c7.jpg

このトラバースはそんなに傾斜がきつくないので、ありがたい。
DSC_3790_20161024214156b11.jpg

ちょっと富士山っぽい植生。
DSC_3791_20161024214124d4d.jpg

これはあまり富士山とは似ていない。
DSC_3789_20161024214154a0b.jpg
DSC_3792_201610242141258b8.jpg

後続隊はあそこでひと息入れたか。
DSC_3793_20161024214127da1.jpg

彼らは、今日は赤石岳山頂まで頑張るのだろうか。軽く3時は過ぎてしまうが。
DSC_3794_201610242141289d1.jpg

やはり小さなカールのようだ。
DSC_3796_20161024214100aa8.jpg

あれ、トラバースの先に、もう高いところはほとんどないぞ。ということはもうすぐだ。
DSC_3797_20161024214101b9c.jpg

右も左も鋭い岩壁。
DSC_3799_201610242141041a9.jpg

だから、岩壁直登はいけません。
DSC_3801_20161024214034a88.jpg

このトラバースもいい道だった。
DSC_3802_20161024214036b82.jpg

斜面はオンタデの群落。
DSC_3803_2016102421403718e.jpg

イワギキョウも正面を向いて元気に咲いていた。
DSC_3804_201610242140388b9.jpg
DSC_3805_201610242140405ed.jpg

ラッパを吹いているようにも見える。
DSC_3806_20161024214014496.jpg

午後零時ちょうど、ほぼコースタイム通りに稜線の分岐に到着した。
DSC_3807_20161024214016433.jpg

ここからは私のみ左折して、前岳に向かう。
DSC_3808_2016102421401763e.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1040-699cce60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (82)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR