山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

南アルプス南部(15)

【2016年8月5日(土)】南アルプス南部
百間洞山の家から1時間弱で、百間平の肩に到達した。
DSC_3006_201610170826318c7.jpg

一応標柱が立っていた。
DSC_3007_20161017082633e29.jpg

百間平は一面のハイマツ畑である。
DSC_3008_20161017082634585.jpg

正面には赤石岳(3120m)。完全逆光であまりいい写真が撮れない。
DSC_3009_2016101708263626b.jpg

百間平越しに見る南アルプス北部。
DSC_3010_20161017082637007.jpg

同じく、奥茶臼山(2474m)と中央アルプス。
DSC_3011_20161017082611890.jpg

百間平の真ん中あたりまで来た。
DSC_3012_20161017082612a6c.jpg

ここでしばらく立ち休み。
DSC_3015_20161017082617e31.jpg

小屋から1.5km歩いてきたことになる。
DSC_3014_201610170826153b8.jpg

左前方に荒川前岳(3068m)。
DSC_3013_20161017082614e0c.jpg

百間平の2782mピークに朝日が当たった。
DSC_3016_20161017082551be3.jpg

聖岳(3013m)の雄姿。
DSC_3017_20161017082552e2d.jpg

この辺りはまだ、赤石岳の陰になっており、日が差していない。
DSC_3018_2016101708255422d.jpg

ちょっと露出を変えてみました。
DSC_3019_201610170825554c4.jpg

塩見岳(3052m)のアップ。
DSC_3020_2016101708255787a.jpg

その右に、ちょうど1000m低い櫛形山(2052m)が見えた。
DSC_3021_201610170825312ec.jpg

赤石岳の西斜面。
DSC_3023_20161017082534b88.jpg

O君がfacebookに投稿している間に、ゆっくり出発。
DSC_3025_201610170825377a6.jpg

この辺りはハイマツではなくコケ畑。
DSC_3026_20161017082512b1f.jpg

地面は構造土になっている。
DSC_3027_201610170825142af.jpg

ハイマツの新芽。
DSC_3028_20161017082515126.jpg

朝露の中に早くもアキノキリンソウ。
DSC_3029_201610170825176bb.jpg

馬の背へと登っていく。
DSC_3030_20161017082518410.jpg

今日も雲ひとつない青空だ。
DSC_3031_201610170824499fa.jpg

振り返ると、静高山岳部が追いかけて来る。
DSC_3032_20161017082451399.jpg

ふと、聖岳に小さな雪渓を発見。
DSC_3033_201610170824527e2.jpg

百間平を振り返る。もう半分くらい日向になっている。
DSC_3034_201610170824541dd.jpg

大沢岳(2819m)もすっかり全体が鮮やかな緑になった。
DSC_3035_20161017082455075.jpg

聖兎のコル越しに見えるのは易老岳(2354m)。
DSC_3036_20161017082428c05.jpg

ちょっと引いてみよう。
DSC_3037_20161017082429969.jpg

こちらは百間平越しの中盛丸山(2807m)。
DSC_3038_201610170824314a4.jpg

いやあ、いい眺めだ。実に美しい。
DSC_3039_20161017082432450.jpg

左は兎岳(2818m)。
DSC_3041_2016101708240638a.jpg

崩落が進む赤石岳の斜面。
DSC_3040_2016101708243410b.jpg

左側は絶壁。
DSC_3044_20161017082411d3a.jpg

右手に奥聖岳(2978m)。
DSC_3042_201610170824086ac.jpg

そして聖岳。
DSC_3043_2016101708240993f.jpg

緑に輝く百間平と、左から兎岳、中盛丸山、大沢岳。
DSC_3045_20161017082412f09.jpg

奥茶臼山(左)と前茶臼山(右、2331m)。
DSC_3047_20161017082346c91.jpg

大沢岳の北陵。
DSC_3048_20161017082348bcc.jpg

奥茶臼山と大沢岳は稜線でつながっている。手前は丸山(2374m)。
DSC_3050_20161017082351fed.jpg

何度見ても聖岳は堂々としている。
DSC_3049_20161017082349d3c.jpg

O君に続いて馬の背を行く。こちらにもやっと日が差してきた。
DSC_3046_20161017082345369.jpg

その前方を行く登山者のシルエット。なかなか絵になる。
DSC_3051_20161017082323f61.jpg

高校生たちもきっと気持ちよく歩いていることだろう。
DSC_3057_20161017082304c4e.jpg

山岳部に入ってよかったと思えている瞬間じゃないかな。
DSC_3056_20161017082302fe4.jpg

逆光写真に挑戦。
DSC_3053_20161017082326cb5.jpg

右前方は、稲又山(左、2405m)と青薙山(右、2406m)だろうか。
DSC_3055_20161017082329f51.jpg

左前方は、荒川三山に塩見岳。
DSC_3058_20161017082306d6c.jpg

影赤石もだいぶ後退した。
DSC_3059_2016101708230790d.jpg

大沢岳を背に。
DSC_3060_20161017082308677.jpg

あの大きなザックでストックがないと、あんなふうに手はだらんとなるんだろうなあ。
DSC_3064_201610170822464a1.jpg

影でエールを送りました。
DSC_3065_201610170822486c7.jpg

再び聖岳。
DSC_3061_20161017082242363.jpg

兎岳と右手前に小兎岳(2738m)。まさに親子だ。
DSC_3062_201610170822442a4.jpg

奥茶臼山と中央アルプス。
DSC_3066_20161017082221ac3.jpg

奥の双耳峰はたぶん除山(2041m)。その手前は高山(2293m)かなあ。
DSC_3067_20161017082222393.jpg

その左、最奥に仙丈ヶ岳(3033m)。手前はおそらく小河内岳(2802m)。
DSC_3068_20161017082224f71.jpg

すべて日の下にさらけ出した百間平。
DSC_3069_20161017082225d22.jpg

どんどん緑が鮮やかになっていく。
DSC_3070_2016101708222789b.jpg

中盛丸山は富士山のようだ。
DSC_3071_2016101708220017e.jpg

大沢岳。
DSC_3072_201610170822017e5.jpg

大沢岳北峰。
DSC_3073_20161017082203a7c.jpg

馬の背が尽きる手前で、あちこち撮影している間に、高校生たちに抜かれてしまった。
DSC_3075_20161017082206e29.jpg

中央アルプス。左が南駒ヶ岳(2841m)、右が空木岳(2864m)。
DSC_3076_2016101708213714b.jpg

右の突起は宝剣岳(2931m)。
DSC_3077_20161017082139d4c.jpg

再び、仙丈ヶ岳。
DSC_3078_201610170821404b1.jpg

塩見岳。
DSC_3079_20161017082142d6d.jpg

聖岳。百名山そろい踏みである。
DSC_3081_20161017082114535.jpg

ダイヤモンド赤石。
DSC_3083_20161017082118a9f.jpg

馬の背の小ピーク。
DSC_3084_201610170821195b9.jpg

馬の背と百間平。
DSC_3087_20161017082055b33.jpg

よく歩いてきたものだ。
DSC_3086_2016101708205387c.jpg

馬の背の南斜面。
DSC_3088_20161017082056bfa.jpg

影赤石と影私。
DSC_3089_201610170820584ab.jpg

兎の親子。
DSC_3090_2016101708205918d.jpg

これから歩く赤石岳の大トラバース。
DSC_3091_2016101708202472d.jpg

ここを下れば、大斜面下のコル。
DSC_3092_201610170820258d2.jpg

昨日歩いた稜線。かなりアップダウンが激しい。
DSC_3093_201610170820276b2.jpg

馬の背2つ目の小ピークを振り返る。
DSC_3094_20161017082028ff8.jpg
DSC_3099_201610170820053f8.jpg

百間平と大沢岳。
DSC_3095_20161017082030aa4.jpg

同じく、中盛丸山。
DSC_3096_20161017082001c9e.jpg

まさに大迫力。緑一色の夏山も本当に美しい。
DSC_3097_20161017082003bd1.jpg

赤石岳頂上の小屋から下ってきたと思しき方とすれ違う。
DSC_3098_20161017082004ac0.jpg

ちょっと下るのがもったいない。
DSC_3100_20161017082007804.jpg

見ているうちにだんだん奥茶臼にも登りたくなってきた。300名山らしい。
DSC_3101_2016101708194150f.jpg

光の輪。
DSC_3102_201610170819448b7.jpg

高校生たちは大斜面のトラバースに取り掛かった。
DSC_3103_20161017081944566.jpg

後ろからは誰も来ない。
DSC_3104_20161017081946917.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1033-72fdd3b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (84)
中央線沿線の山 (91)
富士山周辺の山 (58)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (92)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR