山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

南アルプス南部(8)

【2016年8月5日(金)】南アルプス南部
奥聖岳(2978m)ピストンを終え、聖岳(3013m)山頂で休憩中。
DSC_2330_201610102232303dd.jpg

改めて、頂上からあちこち撮影。眼下に兎岳(2818m)の避難小屋が見えた。
DSC_2331_201610102232318ed.jpg

あれが兎岳の山頂。
DSC_2332_20161010223233b65.jpg

奥聖はもうガスに隠れてしまいそう。
DSC_2335_20161010223234ecd.jpg

静岡高校山岳部の女子たちは先に行ってしまった。
DSC_2336_20161010223236ab0.jpg

百間洞の向こうに見えるのは、鳥倉山(2023m)。その手前の突起はたぶん除山(2041m)。
DSC_2338_20161010223206ecc.jpg

大沢岳(2819m)。
DSC_2341_20161010223211212.jpg

その山頂部。
DSC_2339_20161010223208b2f.jpg

そこから急斜面を下ると、今宵の宿、百間洞山の家。
DSC_2340_20161010223209cbc.jpg

西の空にも雲がどんどん湧いてきた。
DSC_2342_20161010223212cca.jpg

15分ほどのんびりしたので、そろそろ出発することにする。時刻は8時半。
DSC_2344_20161010223145889.jpg

ここからまずは400mほど一気に下る。最初はなだらかな下りだ。
DSC_2346_20161010223148d39.jpg

下り始めてすぐ、聖岳山頂を振り返る。これはお約束。
DSC_2345_2016101022314705f.jpg

ミヤマダイコンソウがお見送りをしてくれた。
DSC_2348_20161010223150357.jpg

ゆっくりO君の後を付いていく。
DSC_2349_2016101022315160d.jpg

恐竜の背中のようだ。
DSC_2350_201610102231279d5.jpg

後方には、奥聖への平らな稜線が見える。
DSC_2351_201610102231027b0.jpg

コケモモの中に咲くウサギギク。
DSC_2352_20161010223104be8.jpg

前方はるか遠くに奥茶臼山(2474m)。その右奥は前茶臼山(2331m)。
DSC_2353_20161010223105e36.jpg

こちらは徐々に高度を下げていく。
DSC_2354_20161010223107c56.jpg

静高女子に随分遅れをとってしまった。
DSC_2355_2016101022304134d.jpg
DSC_2361_20161010223045171.jpg

じわじわと差を詰めて行こう。
DSC_2358_201610102230425a9.jpg
DSC_2360_2016101022304448d.jpg

再び振り返る。頂上はまだ見える。
DSC_2362_20161010223047d60.jpg

ただ、かなりガスが上がってきた。
DSC_2363_20161010223018d53.jpg

下るにつれ、兎岳の大崩落が全容を現してきた。
DSC_2364_201610102230198b6.jpg

三つの赤いザックが何だか、かわいい。
DSC_2365_20161010223021122.jpg

真ん中で黒く尖っているのは、あとで苦労させられる中盛丸山(2807m)。
DSC_2369_20161010223022bfc.jpg

ちょっと違った角度で。
DSC_2371_2016101022295612a.jpg

イワギキョウ。
DSC_2370_20161010223024804.jpg

左手の断崖。
DSC_2373_20161010222959b9d.jpg
DSC_2374_20161010223001a1a.jpg

右手の深い谷。赤石沢の源頭の一つだ。
DSC_2377_2016101022293664d.jpg
DSC_2379_20161010222939064.jpg

光岳(2591m)方面にもかなり雲が湧いている。
DSC_2375_20161010223002f9d.jpg

ちょっとしたこぶを越える。
DSC_2372_2016101022295823b.jpg
DSC_2376_20161010222934257.jpg

よいしょっと。
DSC_2378_2016101022293848d.jpg

とんがり。
DSC_2380_201610102229405a0.jpg
DSC_2384_2016101022291456e.jpg

ちょっぴりトラバース。
DSC_2382_20161010222912ab0.jpg

まだ聖の頂上は見えている。
DSC_2383_20161010222913019.jpg

さっき上から見えたザレ場に出た。
DSC_2385_201610102229160d1.jpg

結構、いくつかのこぶを越えてきたみたいだ。
DSC_2386_20161010222918f44.jpg

今度はハイマツの海を下る。
DSC_2388_2016101022284903c.jpg
DSC_2396_201610102228276cf.jpg

次のこぶも見えた。
DSC_2389_20161010222851ecf.jpg

え~っ、大沢岳(2819m)方面にガスがかかってきたぞ~
DSC_2390_20161010222852cb0.jpg

兎岳にも流れてきている。
DSC_2392_201610102228555d9.jpg

その代り、左後方に小聖岳(2662m)と上河内岳(2803m)が見えてきた。
DSC_2391_201610102228543cf.jpg

このあたり、かなり崩落が激しい気がする。
DSC_2394_20161010222826e1d.jpg
DSC_2402_201610102228079a7.jpg

さすがに造山運動の激しい南アルプスだ。
DSC_2397_20161010222829701.jpg
DSC_2407_20161010222739945.jpg

登山道もハイマツ帯に突入。
DSC_2398_20161010222830457.jpg

これはミヤマセンゴかな。
DSC_2399_20161010222832a3e.jpg

白骨化したハイマツの根を乗り越え、さらに下る。
DSC_2400_20161010222804b38.jpg

兎岳には何とか頑張ってほしい。
DSC_2401_201610102228059b4.jpg

ザレ場を一直線。
DSC_2403_2016101022280897f.jpg

崩落すると雨裂の発達も早い。
DSC_2405_2016101022281021f.jpg
DSC_2409_20161010222742381.jpg

単独の登山者とすれ違った。百間洞からだろうか。かなり速い。
DSC_2408_20161010222741992.jpg

これから、あの断崖の縁を歩く。
DSC_2411_20161010222743315.jpg

あそこも今にも崩れそうだ。
DSC_2412_20161010222745a81.jpg

道は多少ザレているので膝には優しい。
DSC_2413_201610102227159f8.jpg

これが最後のこぶかな。
DSC_2414_20161010222717d4c.jpg

なかなかアルペンムードたっぷりだ。
DSC_2416_201610102227180e7.jpg

小さなコルから兎岳の西尾根を望む
DSC_2417_20161010222720054.jpg

またまた振り返り。
DSC_2418_20161010222721eb4.jpg
DSC_2419_20161010222652be4.jpg

ウサギギク。
DSC_2423_20161010222653ca7.jpg

右手はハイマツ時々岩。
DSC_2424_20161010222655ee8.jpg

大沢岳との重なりが解消されて、中盛丸山の円錐が目立ってきた。
DSC_2425_201610102226566a4.jpg
(438)
しかし、兎岳が早くも雲の中に・・・
DSC_2426_2016101022265898f.jpg
DSC_2430_20161010222631a99.jpg

めずらしくゴゼンタチバナ。
DSC_2427_20161010222628039.jpg

兎岳の絶壁。
DSC_2429_20161010222630500.jpg

赤色チャートの大規模な岩盤が出現。
DSC_2431_20161010222633501.jpg

ここは、かなりの急坂になっていた。
DSC_2433_20161010222604794.jpg
DSC_2437_201610102226119f5.jpg

朝露をのせたシャクナゲとナナカマドの葉っぱ。
DSC_2432_201610102226340bc.jpg
DSC_2434_201610102226068cf.jpg

ミヤマホツツジ。
DSC_2435_2016101022260754f.jpg

岩肌のミヤマダイコンソウはもう散っていた。
DSC_2436_20161010222609d42.jpg

岩盤の溝にはコケ。
DSC_2440_20161010222542fdd.jpg
DSC_2439_20161010222541549.jpg

登山道も赤色チャートの石畳状態。
DSC_2441_20161010222544087.jpg
DSC_2442_20161010222545f9c.jpg

ほんとに真っ赤だ。
DSC_2443_20161010222515b98.jpg

周りの岩もみなチャート。
DSC_2444_20161010222517a2e.jpg
DSC_2449_20161010222521663.jpg

お、静高女子にだいぶ追いついてきたぞ。
DSC_2445_20161010222518537.jpg

あれはホシガラスかな。
DSC_2447_201610102225204fd.jpg

標高が少し低くなって、たいぶ木々の背丈も高くなってきた。
DSC_2451_201610102224435a4.jpg

ここにも岩盤。
DSC_2452_20161010222444bab.jpg

ミヤマダイコンソウはよく見かける。
DSC_2453_20161010222446cb2.jpg

ハクサンボウフウ。
DSC_2454_201610102224481ed.jpg

ウスユキソウ。
DSC_2458_201610102224080ac.jpg

ここからチャートの岩場を下る。
DSC_2455_20161010222449f78.jpg

かなり急だ。
DSC_2456_20161010222407923.jpg

途中に、イワツメクサとシナノオトギリ。
DSC_2459_20161010222410be1.jpg

このあたりの巨岩も転がり落ちそう。
DSC_2460_20161010222411267.jpg
DSC_2461_20161010222413a9c.jpg

激しく亀裂も入っている。
DSC_2463_20161010222346cc9.jpg
DSC_2464_20161010222348fde.jpg

その亀裂を狙って植物が生えている。
DSC_2465_20161010222349754.jpg
DSC_2466_20161010222351c17.jpg

聖兎のコルはもうすぐだ。
DSC_2462_201610102223457ed.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1026-6c48142f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (154)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR