山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

剣山(5)

【2016年7月31日(日)】剣山
次郎笈(1930m)から下山中。
DSC_3366_201610011635138d9.jpg

ジロウギュウ峠から10分ほどは、往路と同じ道を歩く。
だから見覚えのある岩。
DSC_3367_20161001163515765.jpg

岩の横からもう一度振り返る。
DSC_3368_2016100116351652d.jpg

もう剣山(1955m)の巻き道が見えてきた。
DSC_3369_201610011635184dc.jpg

こういう道があるとありがたい。
DSC_3370_20161001163520d07.jpg

ここから見る剣山が一番好きだ。
DSC_3371_20161001163453a59.jpg

歩いてきたくねくね道。
DSC_3372_201610011634545ca.jpg

そして、これから歩く道。
DSC_3373_20161001163456efc.jpg

ご夫婦で歩いている方も少なくない。
DSC_3374_2016100116345746b.jpg

ジロウギュウ峠から8分で大剱神社へ向かう道との分岐に着いてしまった。
DSC_3375_20161001163459762.jpg

さらば剣山!
DSC_3376_20161001163432782.jpg

ここで私は左折し、巻き道を行く。
DSC_3377_20161001163433e2a.jpg

ササ原を一直線に突っ切る。
DSC_3378_20161001163435992.jpg

もう一度次郎笈。
DSC_3379_20161001163436410.jpg

次郎笈の巻き道。
DSC_3380_201610011634380da.jpg

左手はるかに三嶺(1894m)。
DSC_3381_2016100116340924c.jpg

何度も見ているが、塔丸(1713m)とその奥に矢筈山(1849m)。
DSC_3382_20161001163411a77.jpg

それにしても、なんと分かりやすいラインなんだろう。
DSC_3383_201610011634131cc.jpg

道はいつの間にか樹林帯に入った。
DSC_3384_2016100116341442a.jpg

でも、すぐに抜けた。
DSC_3385_2016100116341556e.jpg

その代わり、日蔭に入った。
DSC_3386_20161001163346634.jpg

間もなく、二見展望台に出た。
DSC_3388_201610011633480d4.jpg

二見とは、剣山と次郎笈の二つが見えるという意味だろうか。
DSC_3390_201610011633513e5.jpg

正面には大剱神社らしき赤い屋根が見える。
DSC_3389_2016100116334927b.jpg
三嶺ももちろん見えたが、さっきとほぼ同じなので写真は割愛。
スマホのバッテリーがすでに20%を切っていたので、ここで充電器を取り出してつなぐ。
充電器はマップケースの中に入れ、コードをつないだスマホはウエストポケットへ。
はたから見たら不思議な出で立ちだが仕方がない。

では神社に向かって進む。
DSC_3394_20161001163352f89.jpg

石灰岩ぽい岩の涸れ沢を通過。
DSC_3395_20161001163323cc3.jpg
DSC_3396_2016100116332521a.jpg

再び樹林帯。
DSC_3397_20161001163326675.jpg

神社の裏にある奇岩が間近に迫ってきた。
DSC_3399_20161001163327bd9.jpg
このあと、かなりの数の人とすれ違った。
8時に運行開始したリフトで登ってきた方々だろう。

御神水(おしきみず)の手前に小さな湧き水。
DSC_3401_201610011633292e6.jpg

この先、崩落箇所があり迂回路が設けられていた。
DSC_3403_201610011632582bd.jpg

やや荒れたところを通過すると
DSC_3405_201610011633009c5.jpg

剣山御神水の前に出た。
DSC_3406_201610011633011fc.jpg

由来は写真の通り。
DSC_3407_201610011633021fd.jpg

丁寧に祀られている。
DSC_3408_20161001163304bc8.jpg

湧き水はこの中に溜まっていた。
DSC_3409_201610011632369f5.jpg

ここでは水に口を付けず、挨拶だけして先を急ぐ。
DSC_3410_20161001163238b5e.jpg

前方に丸笹山(1712m)。
DSC_3412_20161001163239df9.jpg

ぐるりと回り込んで、大剱神社に到着。
巻き道とは言え、そこに至る前に、若干登りがあった。
DSC_3418_20161001163213752.jpg

いつの間にか、だいぶ雲が出てきた。
DSC_3414_20161001163242c0b.jpg

神社に売店があったので、そこのおばちゃんに聞いてみた。
「なして、こんな丸い山なのに剣山っていうんですか?」
「安徳天皇がね・・・って、そのパンフレットに書いてあると思うよ」
(御神水の案内板とほぼ同校)
「あ、そうですか。読んでみます」
「それとこの岩が剣に見立てられたとも言われているね。もともとは剣山のことを太郎笈って言ったんだよ。今は次郎笈しか残っていないけど」
「へえ、そうなんですか」
と言うわけで、ちょっと勉強になった。
DSC_3420_20161001163216e94.jpg

剣山なんていうどこにでもありそうな名前よりも、太郎笈の方がよかったなあと思った。
と思いながら、引き続き安全登山を祈願。
DSC_3419_20161001163214abe.jpg

ついでに社務所が開いていたので、ちょっと覗き見。
DSC_3413_20161001163240472.jpg

もう少し巻き道を歩く。
DSC_3422_201610011632197de.jpg

スマホ撮影ならではの光の滝。
DSC_3423_20161001163143fa3.jpg

古びた木橋を通過。
DSC_3424_20161001163145b93.jpg

もうしばらく巻き道を行く。
DSC_3425_20161001163146b00.jpg

よく見るけど、何の葉っぱだったっけ。
DSC_3426_2016100116314853c.jpg

剣山頂上方向を振り仰ぐ。
DSC_3427_201610011631492c4.jpg

鳥居をくぐる。
DSC_3428_20161001163121d6c.jpg

もう山頂には行きません。
DSC_3430_20161001163122ce2.jpg

おおテン場が見えてきた。
DSC_3433_20161001164409f47.jpg

さくさく下ってきたので、9時すぎに西島駅に着いた。
DSC_3434_20161001163124aa6.jpg

9:30に見ノ越に下るのが目標だったので、好成績だ。
とくにどこにも立ち寄らず、まっすぐ乗り場へ。
料金を見てびっくり、1030円もする。
石鎚山のロープウエイと同じ金額ではないか。
勝手に200~300円くらいだろうと思っていたので、衝撃だった。
でも、だからと言って同じ道を下るのはいやだし時間節約のため、迷わず乗る。
DSC_3435_20161001163125c70.jpg

ザックを前に抱えているので、動きにくかったが、ここで2つ目のパンを取り出して食べる。
DSC_3437_20161001163127f57.jpg
これも時間節約のためだ。

日曜日だけに、さすがに登ってくる人が多い。
DSC_3439_20161001163058d7d.jpg
こんな時間にもう下ってしまう人は私くらいで、みんな「あれ?」と思ったかもしれない。
パンなんか食べているし。

結構長い。
DSC_3440_20161001163059b81.jpg

左手に三嶺(おそらく見納め)。
DSC_3441_2016100116310015b.jpg

ぶれてしまったが、キレンゲショウマがリフト脇に植栽されていた。
DSC_3442_20161001163102936.jpg

前方に剣山ドライブウエイが見える。
DSC_3443_201610011631035cd.jpg

峠の向こうは、もう雲がかかっているが津志嶽(1494m)。
DSC_3444_20161001163027396.jpg

丸笹山より低いところまで下ってきた。
DSC_3445_20161001163029228.jpg

間もなく終点。
DSC_3446_20161001163031501.jpg

見の越駅到着。結局リフトはほぼ15分かかった。
DSC_3447_2016100116303212a.jpg

観光センターはもう廃業したのかな。
DSC_3448_20161001163033ad0.jpg

山麓の駅は素朴な建物だった。
DSC_3449_201610011630046ea.jpg

ちょっぴり剣山自然情報センターを見学。
DSC_3450_20161001163006cdc.jpg
DSC_3452_20161001163009a23.jpg

天気のいい日曜日になったので、やはり駐車場の車は多い。
DSC_3451_20161001163008d56.jpg

昔、自転車で越えた見ノ越隧道を確認しておく。
DSC_3453_201610011630108b5.jpg
DSC_3454_201610011629417fc.jpg

土産物屋や民宿が並ぶ通りを下っていく。
DSC_3455_20161001162942757.jpg
DSC_3456_20161001162944d20.jpg
DSC_3457_20161001162945ce9.jpg

剣神社への階段を登っていく登山者がいた。
DSC_3460_20161001162947910.jpg
リフトは使用しないで登るつもりらしい。

民宿まつうらに挨拶に寄ったら、冷たいお茶とよもぎ餅を出してくれた。
DSC_3461_20161001162849407.jpg

急ぎたかったが、せっかくなので、いただく。
DSC_3462_20161001162851469.jpg
食べ終わったら、水の補給も何もせず、すぐに出発。
時間があったら、丸笹山にも登ろうと思っていたが、登ることにした。
12時に見ノ越を出発すれば間に合う計算だったので、これなら全然余裕。まだ9時半だ。

【行程】2016年7月31日(剣山)
見ノ越(5:23)~西島神社(6:01)~西島駅(6:12)~刀掛(6:30)~頂上ヒュッテ(6:46撮影6:53)~剣山(7:11撮影7:17)~大剱神社分岐(7:29)~ジロウギュウ峠(7:40)~次郎笈(7:54撮影8:02)~巻き道分岐(8:11)~ジロウギュウ峠(8:21)~大剱神社分岐(8:29)~大剱神社(8:51参拝8:54)~西島駅(9:04)
※所要時間:3時間41分(歩行時間:3時間20分)コースタイム:3時間40分
※登った山:2座(剣山、次郎笈)
※歩行距離:7.2km
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1016-d45e9fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (84)
中央線沿線の山 (91)
富士山周辺の山 (58)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (92)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (59)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR