山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

剣山(4)

【2016年7月31日(日)】剣山
剣山(1955m)から次郎笈(1930m)に向かっている。
鞍部まで下ると、右手に丸笹山(1712m)が再び見えてきた。
DSC_3271_201610010608544c8.jpg

お、縦走路の巻き道との分岐に着いた。
DSC_3272_2016100106085665d.jpg

ここはジロウギュウ峠。
DSC_3273_20161001060857e9e.jpg

巻き道も楽しそうだ。
DSC_3274_20161001060858466.jpg

さて、ここから次郎笈への本格的な登りとなる。
DSC_3275_201610010609006e9.jpg

剣山を振り返る。
DSC_3276_201610010608338d9.jpg

丸笹山とのコラボで。
DSC_3277_20161001060835ad8.jpg

巻き道の向こうに三嶺(1894m)。
DSC_3278_201610010608375ba.jpg

深谷川の谷の向こうに立ちはだかるのは塔丸(1713m)。
DSC_3279_20161001060838404.jpg
そのさらに向こうは矢筈山(1849m)を主峰とする峰々。

さっき追い抜いていったトレラン女性、登りでペースが落ちたようなので、ちょっといたずら心が生じて、追いかけてしまった。
DSC_3280_20161001060839a93.jpg
もちろん追いつきはしないのだが、彼女が「あの人とは差が縮まらないわ」なんて思ったら、面白いなと思ったわけ。
こちらも軽量だし、2日みっちり歩いているので、足も慣れている。
登りも駆け上がるように歩くことができた。
さすがに息は荒くなったけど。

とはいえ、何度も止まり、写真を撮るのは忘れなかった
DSC_3281_201610010608107a6.jpg

望遠があったら走ったりしなかっただろう。ああ、残念。
DSC_3283_20161001060813f8c.jpg

ササが陽射しを浴びて光っている。
DSC_3282_20161001060812ed3.jpg
DSC_3286_201610010608164b1.jpg

左手奥にも山は見えるが同定不能。
DSC_3285_20161001060815466.jpg

剣山も次郎笈に劣らず、きれいな山だ。
DSC_3287_201610010607488ba.jpg

三嶺ももう少し標高が高ければ、剣山と百名山を争ったかもしれない。
DSC_3288_20161001060750067.jpg

剣山から離れるにつれ、その大きさも分かってくる。
DSC_3289_20161001060751808.jpg

まわりのどの山も美しい。
DSC_3290_20161001060754191.jpg
DSC_3294_2016100106072866b.jpg

さあ、頂上が見えてきた。
DSC_3291_20161001060754e10.jpg

すでに何人か登頂している。
DSC_3292_2016100106072522a.jpg

右手に三嶺への縦走路。
DSC_3295_20161001060730d1e.jpg
DSC_3293_20161001060726101.jpg

お、ちゃんと山名板もあるね。
DSC_3296_201610010607310fc.jpg

まずは縦走路との分岐にあたる手前のピークに登頂。
DSC_3297_20161001060700f64.jpg

縦走路から南に派生する稜線。左端は石立山(1708m)。
DSC_3298_20161001060702cd9.jpg

そして真打、剣山。
DSC_3300_201610010607058a3.jpg

頂上はもう目と鼻の先だ。
DSC_3299_20161001060703f1b.jpg

ここで頂上から折り返してきたトレラン女性とすれ違ったが、私のことはすでに記憶にないらしく、何の反応もなく走り過ぎていった。
DSC_3302_20161001060706725.jpg
せっかく驚かそうと思ったのに。

左手には剣山から次郎笈への稜線がきれいな弧を描いていた。
DSC_3303_201610010606379e3.jpg

左はさっきの分岐ピーク。
DSC_3304_20161001060638a97.jpg

そのさらに左側。
DSC_3305_20161001060640f8c.jpg

ササに覆われた気持ちよさそうな縦走路だ。
DSC_3306_2016100106064105d.jpg

8時前に次郎笈に登頂。
DSC_3307_201610010606430a2.jpg
コースタイム55分のところ、走ったせいもあるが37分で着いてしまった。

頂上には、剣山よりたくさん人がいた。
DSC_3308_201610010606131b1.jpg
朝イチで頂上山荘を出発してきた方々なのだろう。

この先にまだ道が続いていた。剣山トンネルに下る道のようだ。
DSC_3309_201610010606151f9.jpg

なんか四国の山もいいなあ。
DSC_3310_201610010606169ff.jpg
DSC_3311_20161001060618ae8.jpg

次郎笈からの剣山もちゃんと記録にとどめておこう。
DSC_3312_2016100106062081b.jpg

ここから石鎚が見えているのだろうか、望遠がないからはっきりは分からないなあと思っていたら、詳しそうなおじさんが、まわりの人に、「ほら石鎚が見えているよ。ちょうど三嶺の右、いや左だ」と話していた。
DSC_3316_20161001060550e09.jpg

肉眼ではなかなか判別がつかなかったが、一応スマホを望遠にして写しておいた。
DSC_3315_20161001060548afd.jpg
画像が粗くて、これでもよく分からないが。

眼下には剣山スーパー林道。
DSC_3318_201610010605516ce.jpg

ゆっくりしたい場所であったが、やはり人が多く賑やかすぎて私には無理。
DSC_3323_2016100106052613d.jpg

360度のパノラマを撮影し終えたので出発する。
DSC_3324_20161001060527a7e.jpg
DSC_3320_20161001060552117.jpg

当初はこのままピストンで引き返すつもりだったが、時間に余裕もあるし、巻き道も美しかったので歩いてみたくなった。
DSC_3326_20161001060529e75.jpg

分岐ピークから逆方向に下る。
DSC_3321_20161001060554d6f.jpg

左のピークはたぶん高ノ瀬(1741m)。
DSC_3322_201610010605256ac.jpg

眼下は那賀川の源流部。
DSC_3327_2016100106053017c.jpg

左手に新九郎山(左手前、1635m)と石立山(右奥、1708m)。
DSC_3328_20161001060448020.jpg

新九郎山(右)には登山道はないようだ。
DSC_3333_201610010604250ca.jpg

次郎笈を振り返る。
DSC_3329_20161001060450e24.jpg

これは分岐ピーク。
DSC_3330_20161001060451279.jpg

右手背後は剣山と丸笹山。
DSC_3331_20161001060453548.jpg

正面はササ原の稜線。
DSC_3332_201610010604547ab.jpg

わりと急な坂なので、慎重に下る。
DSC_3334_2016100106042670a.jpg

巨岩の下をくぐるようなところも。
DSC_3335_20161001060428ad7.jpg

すぐ振り返り。
DSC_3336_20161001060429660.jpg

剣山からの稜線のちょうど延長線上を通過。
DSC_3337_2016100106043157b.jpg

この風景ももうほとんど覚えてしまった。
DSC_3338_20161001060401309.jpg

平らなところでちょっとひと息。
DSC_3340_20161001060403a6f.jpg

次郎笈の北斜面。
DSC_3341_20161001060404bba.jpg
DSC_3342_20161001060406761.jpg

かなり下りてきた。
DSC_3343_201610010604075fe.jpg

と思ったら、巻き道に合流。
DSC_3344_20161001060337feb.jpg

分岐の先も少し歩いてみたかったが、またいつか三嶺からの縦走をすることにして、今回は慎んでおく。
DSC_3345_201610010603384dd.jpg

右折して巻き道を軽快に歩く。
DSC_3346_2016100106034041d.jpg

最初はちょっと逆光。
DSC_3347_2016100106034188d.jpg

剣山の北斜面は樹林帯なので、この角度から見ると、かなり印象が違う、
DSC_3348_201610010603431fe.jpg

振り返り。
DSC_3349_2016100106031362c.jpg

間もなく水場に到着した。
DSC_3351_2016100106031563d.jpg

次郎笈水と呼ばれ、徳島の水50選に選ばれているようだ。
DSC_3352_201610010603169c5.jpg
手ですくって2杯ほど飲んだ。冷たくてうまかった。

二度目の振り返り。
DSC_3353_20161001060318b8b.jpg

巻き道はきれいにササが刈られていて、靴が濡れるようなことはなかった。
DSC_3355_20161001060319c3f.jpg
DSC_3362_20161001060228c35.jpg

ご覧の通り、快適な道だ。
DSC_3357_20161001060251b36.jpg

眺望も申し分ない。
DSC_3358_2016100106025283d.jpg
DSC_3359_20161001060254bf4.jpg

このライン、ちょっと痛々しい気もするけれど。
DSC_3360_20161001060255ce2.jpg

順光だと、それほど痛みを感じないのはなぜか。
DSC_3361_201610010602573ca.jpg

間もなく、縦走路と合流する。
DSC_3363_20161001060229439.jpg

はい、ジロウギュウ峠。
DSC_3364_201610010602314c7.jpg

この先は10分ほど、さっき歩いた道をもう一度歩く。
DSC_3365_20161001060232cfa.jpg

改めて次郎笈振り返り。まだ全然雲が湧いてこない。
DSC_3366_20161001060234228.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satsunan226.blog.fc2.com/tb.php/1015-e8e2750a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (82)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR