FC2ブログ

山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

小鉾岳(上)

【2020年6月27日(土)】洞爺湖ハウス
この週末はかなり早い段階から、芦別岳(1726m)に行く計画を立てていたのだが、天気予報が思わしくなく予定を変更。
H君の提案で八雲町の小鉾(おぼこ)岳(792m)に行くことになった。
道南に行くなら、久しぶりに洞爺湖ハウスに泊まらないかと、O君から提案があり、彼の別荘に前泊することに決定。
当日、H君はいつも通り約束より10分早く、14:50に我が家に到着。
さらにO君、Yちゃんをピックアップして、国道230号を南下する。
この日の札幌は一日中、雨の予報だったのに、晴れ間すら見えている。
しかし、中山峠から見た羊蹄山(1898m)はすっぽりと雲の中で、やはり山はダメなんだなあと、ちょっと諦めがついた。
明日も雨こそ降らなくても、眺望は期待できないだろう。
途中、O君御用達の久保田農場の売店に立ち寄る。
DSC_4737_202006300512444d1.jpg

ここで、ヤギのメリーちゃんに再会。
DSC_4725_20200630051307faa.jpg
O君がお買い物をしている間、残る3人はメリーちゃんと戯れていた。

メリーちゃんに会うのは確か2年ぶりだが、すっかり大きくなっていた。
掲示されている写真を見ると、平成28年4月生まれだというから、もう4歳。
立派な大人だ。
DSC_4726_2020063005130811c.jpg

Yちゃんが下に落ちている枯れ草を口元にかざしてみたが、全く食べる気配がない。
すると、店の親父さんがブロッコリーの葉っぱを持ってきてくれて、「これなら食べるよ」と渡してくれた。
ほんとにその通りで、メリーちゃんはものすごい勢いで食べ始めた。
DSC_4729_20200630051311fcd.jpg

ぐいぐい引っ張るので、手を噛まれてしまわないかと、Yちゃんの腰が引けてしまうほど。
食べ終わると、親父さん、今度はイタドリの葉っぱを持ってきた。
これも、あっという間に平らげてしまった。猛烈な食欲である。
DSC_4736_20200630051242f91.jpg
親父さんによると、「この子は、落ちた葉っぱとかは食べないんだよ」と教えてくれた。
結構、贅沢なやつなのだ。

そうこうしているうちに、O君が「これがすごくうまいんだ」と言ってオロフレトマトを4玉買ってきた。いずれも大玉で、喰いでがありそうである。
続いて、お馴染み「どんどん亭」へ。
今回は雨がひどくなることも想定して、テラスでのバーベキューは諦めて、屋内でしゃぶしゃぶをすることに。
分量的には豚しゃぶ500グラムちょっと、ラムしゃぶ300グラムほど(いずれも冷凍)。
野菜も大量に調達して、これまた定番の町営温泉「洞爺いこいの家」へ。
DSC_4741_20200630051248d91.jpg

新型コロナ対策で、入館時に代表者の氏名を書かされた。
入浴料は440円。安い分、シャンプー、石鹸の備え付けはない。
DSC_4739_20200630051245c8d.jpg
ただ、洞爺湖の眺めが抜群である。

残念ながら、他にお客さんもいたので、浴室からの写真はなし。
上がってから、みんなで撮影した。
DSC_4740_20200630051246d1e.jpg

この後、コンビニに寄って、酒類と明日の朝食を調達。
買い物はさっさと済ませ、皆さんが出て来るまでの間、私は性懲りもなく撮影に勤しんだ。
こちらはコンビニの真向いにあった洞爺郵便局。
DSC_4742_20200630051219e0f.jpg

その左の木造家屋は、ビューティーサロンきくち。
DSC_4744_202006300512225b9.jpg

目の前を走る道路はぞろ目の道道66号線。岩内洞爺線だった。
DSC_4743_20200630051221144.jpg

洞爺湖ハウスには18時に到着。
ちょっと寒いし、お湯を沸かす必要もあり、ストーブに点火。
DSC_4745_20200630051224a33.jpg
もう間もなく7月だというのに、さすが北海道だ。

野菜の裁断はすっかりYちゃんのお世話になってしまったが、18時半には宴会スタート。
DSC_4747_20200630051225b3f.jpg
肉はさすがルスツ豚。全員がうなる美味しさだった。
ラムも羊らしい濃厚さで、羊はこうでなくっちゃというくらいパンチがあった。
話に花が咲き、歌も出て、9時過ぎにはお開き。
9時半には布団に入った。
私はあっという間に沈没してしまった。

【2020年6月28日(日)】小鉾岳
夜中、隣で寝ていたH君が奇声を上げた。
どこか危ないヤセ尾根でも歩いている夢を見ているのだろうか。
次の言葉を待ったが、それきりだった。
彼は時々、寝言で奇声を発するらしく、奥さんに「びっくりするから、止めて」とよく叱られるそうだ。
5時前にトイレに立つと、H君を起こしてしまったようで「おはよう」と声をかけられた。
階下では、O君がスマホをいじっている。
やはり、オヤジどもの朝は早い。
パッキングも朝食も歯磨きも6時前には終えてしまった。
私は豆パンと新商品?の味噌ラーメンパン。
DSC_4748_20200630051159791.jpg
焼きそばパンとどっちにするか迷った末に挑戦してみたのだが、結果は撃沈。
ほとんど味がなく、俺はコロナか!と疑ってしまうくらいだった。

6時になったところで、別室で寝ていたYちゃんに起きてもらう。
彼女の準備が整ったところで、6:40に出発。
天気は霧雨。山もおそらくガスガスだろう。
豊浦ICから道央道にのり、八雲ICで下りる。
国道沿いのコンビニで昼食を調達。
野田生から道道573号に入る。
20km近く分け入って、行き止まりの手前を右折し、林道に入る。
DSC_4750_20200630051202df2.jpg

登山口付近には順調に8時半過ぎに着いた。
しかし、車をどこに停めていいのか分からない。
林を抜けて牧草地に出たところにあるとヤマレコなどで読んだ記憶があるが、駐車スペースというより牧草地そのものだ。
CIMG0258_20200630051609780.jpg
その気になれば何百台も停められる。

もっとちゃんとしたところがあるのではと林道を先に進んでもらったが、ヤブっぽくなるばかりなので、バックで引き返す。
CIMG0262_202006300516152e9.jpg

すると、Yちゃんが登山口の標識をイタドリのヤブの中から見つけてくれた。
CIMG0267_2020063005155242a.jpg
お手柄である。
しかし、その登山口はほとんどイタドリに覆われ、パッと見、踏み跡も見つけられないほどになっていた。

とにかく、牧草地に戻り、車をそこに停めて、出発の準備。
CIMG0263_20200630051546b63.jpg

登山口の状態を見てしまったので、これは上半身も雨露でずぶ濡れになると判断。
全員、雨具の上下を着込んだ。
CIMG0259_20200630051611d78.jpg

ガスは何となく薄くなってきてはいるが、そうやすやすと消えてくれそうにはない。
CIMG0261_20200630051614041.jpg

雨具を着ると、かなり蒸し暑いが覚悟を決めて、9時ちょうどに出発。
CIMG0260_20200630051612f8f.jpg

まずは、さっきの林道を標識のあるところまで進む。
CIMG0264_20200630051547980.jpg

こんな感じで、かなりイタドリが道路に覆いかぶさっている。
CIMG0265_2020063005154957a.jpg

そして、ここから登山道に入る。
CIMG0266_2020063005155096e.jpg

いきなりのヤブ、いきなりの滑りやすい段差で、早速先頭O君がスリップしていた。
CIMG0268_2020063005150730b.jpg

しかし、この段差をクリアすると、ヤブはすっかり消えてしまった。
CIMG0269_20200630051508d74.jpg

ただ、猛烈な急登が始まった。
CIMG0272_20200630051513e17.jpg

足元の葉っぱは、雨でしっかり濡れている。
CIMG0270_202006300515107c4.jpg

道南の山らしくブナの木が生えていた。
CIMG0271_202006300515119e5.jpg

倒木が結構多い。
CIMG0273_20200630051444e9f.jpg

これは何のつぼみか。
CIMG0274_202006300514452c1.jpg

こいつは何の葉っぱか。
CIMG0275_20200630051447dcd.jpg

10分ほど我慢したが、あまりに暑いので、「脱ぎましょう」と声をかけた。
CIMG0276_202006300514481ce.jpg
ヤブもなさそうだし、男どもは大賛成でみんな喜んで脱いだ。
Yちゃんだけはダニ防止のためか「もう少し着ています」と言って脱がなかった。
彼女は結局、ずっと着っぱなしだった。
この程度では暑くて耐えられなくなるほど、汗はかかないのだろう。

脱いだら、さっそく急登再開。
CIMG0277_20200630051450a47.jpg

この山は標高差は600mに満たないが、なかなか歯ごたえがある。
CIMG0278_2020063005142274f.jpg

でも、時折、傾斜が緩む平和通りがあるので、気分的に随分助かる。
CIMG0279_20200630051423bdf.jpg

15分ほど登ったところで、ギンリョウソウを発見。
CIMG0281_20200630051425843.jpg

この後、ギンリョウソウは山ほど見ることになる。
CIMG0282_20200630051426b9e.jpg

登山口の標識に「歩道」と書かれていただけあって、わりといい道だ。
CIMG0283_20200630051428e9e.jpg

しかし、間もなく熊の糞を発見。
CIMG0284_202006300514006d0.jpg

今日は、芦別岳のつもりで用意した熊スプレーを持ってきているが、H君はしきりに笛を鳴らしていた。
この辺りは熊の巣窟なのだ。
CIMG0286_202006300514032ea.jpg

今度はギンリョウソウの芽。こんな状態のは初めてみた。
CIMG0285_20200630051401e39.jpg

コケ生した登山道を進む。
CIMG0287_2020063005140447e.jpg

ギンリョウソウの群生。
CIMG0288_20200630051406197.jpg
CIMG0291_202006300513406b9.jpg

そして急登。雨で滑りやすいので、下りが心配だ。
CIMG0289_20200630051337683.jpg

幽霊兄弟。
CIMG0290_2020063005133840a.jpg

この山はギンリョウソウの山かと思ったら、うんこの山でもあった。
CIMG0293_20200630051341379.jpg
こいつは誰かが踏んでいる。

葉っぱの組み体操。
CIMG0294_2020063005134338d.jpg

木の根元ではカタツムリが遊んでいた。
CIMG0295_20200630051305a2a.jpg

(つづく)
スポンサーサイト



このページのトップへ

富良野西岳(6)

【2020年6月13日(土)】富良野西岳
富良野西岳(1331m)から下山中。
稜線の登山道と富良野ロープウェイ山頂駅への道の分岐点に達したところだ。
DSC_0725_20200624051057988.jpg

ここを右折してゲレンデに向かうわけだが、かなり道に草が覆いかぶさっている。
あまり歩かれていないのだろうか。
DSC_0726_20200624051059f94.jpg

分岐からゲレンデまでの標高差は80mほど。
DSC_0727_20200624051100a78.jpg

その間にニリンソウの群落があった。
DSC_0728_20200624051101e8e.jpg

その隣にはタチツボスミレ。上手に棲み分けている。
DSC_0729_2020062405110369a.jpg

ロープウェイ山頂駅の屋根が見えてきた。
DSC_0730_20200624051035404.jpg

とうとうこれで、いわゆる登山道はおしまいだ。
DSC_0731_202006240510370de.jpg

14:15、再びゲレンデに出た。
DSC_0732_20200624051038ca3.jpg

振り返ると、登山道に向かってゲートのような木柱が立っている。
DSC_0734_20200624051041cec.jpg

その標識には、ゴンドラの山麓駅まで4.5kmとあった。
DSC_0733_202006240510407b4.jpg
GPSで測ると、3.5kmしかないのだが。
それに標識の向きが逆のような気もする。

とにかく、ここからはゲレンデを下らなければならない。
DSC_0735_202006240510102fb.jpg

景色はいいのだが
DSC_0736_202006240510112ea.jpg

斜面が急すぎるのが厄介だ。
DSC_0737_20200624051013429.jpg

登山道を通らなければ、このゲレンデを下ってきたはずであった。
DSC_0738_202006240510142c6.jpg

では、覚悟を決めて出発。
DSC_0739_202006240510160aa.jpg

ロープウエイ山頂駅の横を下りて行く。
DSC_0740_202006240509465c7.jpg

当然ながら、ゴンドラの1台は山頂駅に待機している。
DSC_0741_20200624050947329.jpg

北の峰方面。
DSC_0742_20200624050949409.jpg

作業道は傾斜が急だし、足元が固いので、極力まわりの草の中を歩いた。
DSC_0743_2020062405095036d.jpg

しかもジグを切って、なるべくゆるやかに下るようにした。
DSC_0747_2020062405092643b.jpg

下るに従って、町も近くなってくる。
DSC_0744_20200624050952fd2.jpg

十勝連峰も近い。
DSC_0746_20200624050924623.jpg

十勝岳(2077m)からは噴煙が上がっている。
DSC_0749_2020062405092982a.jpg

やはり午前中より空気が澄んできているようだ。
DSC_0745_202006240509232c4.jpg

作業道はこの傾斜。
DSC_0748_20200624050927353.jpg

しかも石ころだらけである。
DSC_0750_20200624050858acc.jpg

これは花崗岩っぽい。
DSC_0751_20200624050900433.jpg

100mほど下ると、高速リフトの山頂駅が見えてきた。
DSC_0752_20200624050901d37.jpg

あちらはロープウェイの支柱である。
DSC_0753_2020062405090348e.jpg

スキーで下るとあっという間なんだろうけど、歩くのはつらい。
DSC_0754_20200624050904538.jpg

下りもつらいが、ここを登るのもきついし、飽きるだろう。
DSC_0755_20200624050835c60.jpg

高速リフト山頂駅に到着。
DSC_0756_20200624050836f53.jpg

駅の手前からは、左に下ることにした。
DSC_4648_2020062405061204b.jpg

ちらっと新富良野プリンスホテルが見えた。
DSC_0757_20200624050838014.jpg

支柱の真下を通過。
DSC_0758_20200624050839d2f.jpg

イタドリをかきわけ下る。
DSC_0759_2020062405084095f.jpg

もうすでに、下り疲れてふらふらである。
DSC_0760_20200624050811482.jpg

なんと言っても、ゲレンデを標高差540mも下らなくてはならないのだ。
DSC_0761_20200624050812071.jpg

スキーなら、その標高差は願ったりかなったりなんだけど。
DSC_0762_20200624050814e63.jpg

とにかく、何度も立ち止まって、撮影休憩をとる。
DSC_0763_202006240508153c9.jpg

ただ、斜面の草地が歩ける状態になっているのだけはありがたかった。
DSC_0764_20200624050817e4f.jpg

40分ほど経過。
DSC_0765_20200624050747e65.jpg

かなり下ってきた気がする。
DSC_0766_202006240507495f3.jpg

ロープウェイの下をくぐると、お花畑になった。
DSC_0767_202006240507510ac.jpg

ルピナスである。
DSC_0770_202006240507540d6.jpg

色とりどりのルピナスが咲いている。
DSC_0768_20200624050752259.jpg

原産地は欧米らしい。
DSC_0771_20200624050722631.jpg

こちらはホウノキの花。ハスのようである。
DSC_0772_202006240507245ad.jpg

葉っぱがちょっと黄ばんでいた。
DSC_0773_2020062405072546a.jpg

私。
DSC_0774_202006240507273e6.jpg

お~、やっとふもとが見えてきた。
DSC_0775_202006240507282f2.jpg

これで苦行は終了だ。
DSC_0776_20200624050658357.jpg

この先は同じ道は通らず、ホテルの裏側を回ることにする。
DSC_0777_20200624050659ce1.jpg

山麓駅にもちゃんと、ゴンドラが1台待機していた。
DSC_0778_20200624050701b59.jpg

やはり西武系である。
DSC_0779_20200624050702690.jpg

また来るとしたら、ピストンでいいからロープウエイを使って楽をしたい。
DSC_0780_202006240507049e5.jpg

ゲレンデをホテル方向に横断。
DSC_0781_20200624050633a5d.jpg

歩き始めたときに見た富良野西岳に再会。
DSC_0782_202006240506348a2.jpg

あのポコが山頂だ。
DSC_0783_20200624050636b1b.jpg

ホテルの裏を通って、正面のエントランスに回り込んできた。
DSC_0786_202006240506080f3.jpg

6月30日まで休業とのことであった。
DSC_0784_202006240506372b6.jpg

ちょうど路線バスが到着し、登山者2人を乗せていった。
DSC_0785_20200624050639e1c.jpg
私より随分早く登った人なのだろうか。
頂上でも会わなかったし。

てなわけで、疲れ果てて駐車場に到着。
DSC_0787_20200624050610648.jpg

ゲレンデ下りは1時間弱であった。
結局、ここの温泉も休業中だったので、帰り道の途中にあるハイランドふらのに行くことにした。
DSC_4650_20200624050613957.jpg

大きなホテルなのかと思ったら、農村環境改善センターであった。
DSC_4651_202006240506150b2.jpg

それでも、そこそこ混んでいた。
DSC_4652_20200624050544f44.jpg

では、いざ出陣。
DSC_4653_202006240505455e7.jpg
ここは弱アルカリ性低張性冷鉱泉。源泉の温度は9.8℃しかない。
沸かすのにかなりの燃料を消費しそうだ。
その分、ゆっくりと湯に浸かり、ギトギトの汗を洗い流した。

驚いたことに、外に出ると、雨が降り出していた。
DSC_4656_20200624050547a15.jpg

どうやら夕立ちのようだ。
DSC_4658_20200624050548374.jpg
山中で出会った熟年夫婦はおそらく雨に当たってしまっただろう。
やはり早立ちするに越したことはないのだ。

こちらもしばらくは雨の中の運転となった。
DSC_4659_20200624050550e21.jpg

でも、ちょっとだけ寄り道。富芦トンネルの脇にある林道を覗いてみた。
DSC_4660_20200624050519632.jpg

峠越えの旧道かと思ったら、そうではなかった。
DSC_4661_20200624050521ab0.jpg

もちろん通行止めである。
DSC_4662_2020062405052351b.jpg

続いて三芦トンネルを通過。
DSC_4663_202006240505243de.jpg

三段滝の駐車場で10分ほど仮眠。
その後、桂沢ダムを見学しようとしたが、こちらも通行止め。
DSC_4664_20200624050526f5b.jpg

やむなく引き返す。
DSC_4665_20200624050456035.jpg

代わりに、桂沢国設スキー場を見にいった。
DSC_4666_20200624050458e36.jpg

桂林橋を渡って
DSC_4667_202006240504593de.jpg

対岸へ。
DSC_4668_20200624050501389.jpg

ここは斜面が緩やかで、私向きかも。
DSC_4669_20200624050502906.jpg

すっかり雨も上がった。
DSC_4670_20200624050430bf1.jpg

次の冬には来てみようかな。
DSC_4671_202006240504322a6.jpg

その頃にはコロナも治まっていますよう。
DSC_4672_20200624050433f92.jpg

それにしてもキャンパーが多かった。
DSC_4673_2020062405043584f.jpg

三笠市街で昭和建築を1軒撮影。
DSC_4674_20200624050436a5e.jpg
DSC_4676_202006240504122db.jpg

以前来たときに取り損ねていた物件だ。
DSC_4675_20200624050410693.jpg
これで満足。あとは道央道に乗ってまっすぐ札幌へ。
19時過ぎに帰宅できた。
それにしても標高差1000m、7時間近い山行はかなりしんどかった。
体力の衰えは明白だ。
次回の芦別岳周回12時間は大丈夫だろうか。

【行程】2020年6月13日
駐車場(8:29)~沢コース登山口(8:46)~第一渡渉地点(9:19)~標高565m地点(9:31休憩9:36)~雪渓地点(10:01)~水場(10:17)~尾根取り付き地点(10:37休憩10:45)~見晴台(11:19)~頂上(12:20撮影、昼食12:49)~1124mピーク横(13:28)~北の峰横(13:46)~ゴンドラ頂上駅(13:50)~登山道分岐(14:07)~ロープウエー山頂駅(14:15)~駐車場(15:12)
※所要時間:6時間43分(歩行時間:6時間10分)
※登った山:1座(富良野西岳)
※歩行距離:12.6km
※累積標高差:約1060m
このページのトップへ

富良野西岳(5)

【2020年6月13日(土)】富良野西岳
富良野西岳(1331m)に登頂し、スキー場コースを下っている。
DSC_0632_202006230522213cf.jpg

2か所目の雪渓を通過したところだ。
DSC_0633_20200623052222149.jpg

20分ほどで標高1150m付近まで下ってきた。
DSC_0634_202006230522248ca.jpg

正面は1124mピーク。
DSC_0635_20200623052226f6e.jpg

足元はエゾノリュウキンカのお花畑。
DSC_0636_202006230522278ba.jpg

黄色がくっきりしているのも好きだが、葉っぱの形がかわいい。
DSC_0637_20200623052158006.jpg

やはり水気の多いところに生えている。
DSC_0638_20200623052159a41.jpg

これはまさに球体。今にも生まれてきそうだ。
DSC_0639_2020062305220107e.jpg

13:10過ぎ、初めて人とすれ違った。
DSC_0641_20200623052201233.jpg

熟年夫婦。スキー場のゲレンデを登ってきたのだろう。
DSC_0642_20200623052205830.jpg

この時間にまだこの辺りだと、下山は17時近くになるのではないか。
DSC_0643_2020062305213539d.jpg

まあ、今は日が長いから暗くなることはないと思うが、十分気を付けてほしい。
DSC_0644_20200623052136935.jpg

富良野西岳の山頂はすっかり後ろに後退した。
DSC_0645_20200623052137f8c.jpg

その代わり、右前方に富良野盆地が見えてきた。
DSC_0646_20200623052139552.jpg

キバナコマノツメ。
DSC_0647_20200623052140fea.jpg

その左に北の峰(1084m)。
DSC_0648_20200623052113ee4.jpg

あそこに行く前に1124mピークを巻かなくてはならない。
DSC_0649_20200623052114b31.jpg

さっき遡上した沢の谷がV字形に開いてきた。
DSC_0650_2020062305211699e.jpg

素晴らしい構図である。
DSC_0659_20200623052026a89.jpg

富良野の町並みを望遠で。
DSC_0660_20200623052027bc7.jpg

富良野西岳の裏側。
DSC_0651_20200623052117de4.jpg

さっき歩いた富良野西岳山頂に通じる稜線。
DSC_0652_20200623052119f32.jpg

合わせるとこうなる。
DSC_0656_2020062305205405e.jpg

1080mくらいまで下ると、道はほぼ平らになった。
DSC_0654_20200623052051d6a.jpg

振り返ると、シーラカンスのような雲が流れていた。
DSC_0655_20200623052053f2d.jpg

でも、間もなく砕けてしまった。
DSC_0657_2020062305205677a.jpg

1124mピークが近づいてきた。
DSC_0658_202006230520249d2.jpg

ハクサンチドリ。
DSC_0661_20200623052029e9b.jpg

アヒルに乗った少女。
DSC_0662_20200623052030757.jpg

の、成れの果て。
DSC_0664_20200623052003181.jpg

雲とたわむれるのは面白い。
DSC_0665_2020062305200569a.jpg

さっきより空気が澄んできた気がする。
DSC_0666_20200623052006294.jpg

あの坂、よく登ったなあ。
DSC_0667_2020062305200805e.jpg

ハッチ、まだつぼみですよ。
DSC_0668_20200623051939db6.jpg

オオカメノキの花の影。
DSC_0669_2020062305194111f.jpg

なんだか、この道はのどかで楽しい。
DSC_0670_202006230519425be.jpg

樹木の背が高くなってきた。
DSC_0671_202006230519440db.jpg
DSC_0672_20200623051945ae4.jpg

やっと1124mピークの横を通過。
DSC_0673_20200623051915742.jpg

このあとの登りは北の峰だけだ。
DSC_0674_20200623051917d96.jpg

北の峰のピークは踏めるかなあ。
DSC_0678_202006230519218f5.jpg

地形図を見ると、登山道はピークからずれているが、ほんの数十mって感じ。
DSC_0677_20200623051920c57.jpg

何とかヤブこぎできる程度だといいのだが。
DSC_0679_20200623051852b71.jpg

それはそうと、雲があちこちに発生してきた。
DSC_0680_20200623051854056.jpg

天気は午後から崩れる予報だったけど、その予兆だろうか。
DSC_0681_202006230518551c8.jpg

これが富良野西岳のまさに裏側。ニセピークが2つあることが分かる。
DSC_0682_20200623051857150.jpg

断崖になっている表側と違って、表情がやさしい。
DSC_0683_20200623051858049.jpg

マイズルソウ。
DSC_0686_2020062305182910f.jpg

この先が北の峰のピーク(1084m)なのだが、ヤブこぎできそうもないので登頂は断念した。
DSC_0687_202006230518316ba.jpg

悔しいが仕方がない。
DSC_0688_20200623051832207.jpg

ツバメちゃんに慰めてもらおう。
DSC_0689_20200623051834a1f.jpg

あとはスキー場へ一直線だ。
DSC_0690_20200623051835b01.jpg

黙々と歩を進める。
DSC_0691_202006230518077a1.jpg

樺戸連峰に続いてタコチュー。
DSC_0692_202006230518080fe.jpg

ダケカンバの乱舞。
DSC_0693_202006230518109e5.jpg

幹から直接誕生。
DSC_0694_202006230518111a8.jpg

というわけで、頂上からほぼ1時間でスキー場のリフト山頂駅に出た。
DSC_0695_2020062305181217d.jpg

ここが登山道の出口。
DSC_0701_20200623051720952.jpg

ちょんと突き出したピークを左手に見ながら
DSC_0696_20200623051743f61.jpg

まずはリフト降り場に行ってみた。
DSC_0697_20200623051744369.jpg

夏のスキー場はなんとなくわびしい。
DSC_0698_20200623051746eed.jpg

でも、ここはさすがに整備が行き届いている感じがする。
DSC_0699_20200623051747e1f.jpg

さすが天下のFURANOだ。
DSC_0700_202006230517493cd.jpg

下山するには、おそらくこのままゲレンデを下ればいいのだろうけど、踏み跡がさっき見えたピークに通じているので行ってみた。
DSC_0702_20200623051721fe9.jpg

改めて地形図を見るとピーク経由でも下山できそうだ。
DSC_0703_2020062305172374c.jpg

結局、小ピーク経由の登山道で下ることにした。
DSC_0704_20200623051724fe9.jpg

キバナコマノツメを愛でつつ、ちょっとした坂を登る。
DSC_0705_202006230517266bd.jpg

小ピークの高さは1070mほど。何の標識もなかった。
DSC_0706_20200623051655c19.jpg

戻らず、このまま前進。
DSC_0707_20200623051657281.jpg

ゲレンデを歩くより、登山道の方がいい。
DSC_0709_20200623051700903.jpg

もう、このあたりで富良野西岳の山頂も見納めかな。
DSC_0708_20200623051658807.jpg

ハクサンフウロ。
DSC_0710_202006230517028e4.jpg

正面は1042mピーク。
DSC_0711_2020062305163287f.jpg

道はあの山を越えて、北側のゲレンデまで通じているらしい。
DSC_0718_20200623051610853.jpg

しかし、そこまで行くと戻ってくるのが大変なので、今日は途中からあのゲレンデを下る。
DSC_0712_20200623051634d7e.jpg

あそこに戻らないといけないのだ。
DSC_0713_20200623051635991.jpg

右手に約1040mのピーク(1042mピークとは別)。
DSC_0714_20200623051637741.jpg

ここからまだ750mも下らなければならない。
DSC_0715_20200623051638f13.jpg

苦行である。
DSC_0716_20200623051607a3b.jpg

今度は十勝連峰を正面に見ながら歩く形になる。
DSC_0717_202006230516098e8.jpg

ふもとまでは、多分あと1時間以上かかるだろうなあ。
DSC_0719_20200623051612743.jpg

地形図を見ながらちょっと不安になってきた。
DSC_0720_20200623051613941.jpg

1042mピークへ登り始める手前で右に下りる道を行くつもりなのだが、もしかして廃道になっていたりしないだろうか。
DSC_0721_20200623051516a1b.jpg
GPS上は分岐点のあるはずの地点まで来たのだが、それらしき道は見当たらない。
げげ、マジかよ。
さっきのピークからも130mも下ってきているんだから、戻るなんて冗談じゃない。

念のため、もう少し進んでみたら、ヤブに紛れて標識が現れた。
DSC_0722_20200623051519da1.jpg

大袈裟でなく、命拾いした感覚になった。
DSC_0723_202006230515199f0.jpg

もしこの道がなかったら、このまま直進して、北側のゲレンデまで行くしかないと思っていただけに助かった。
DSC_0724_20200623051521924.jpg

(つづく)
このページのトップへ

富良野西岳(4)

【2020年6月13日(土)】富良野西岳
富良野西岳(1331m)の頂上近くまで登ってきた。
DSC_0545_202006220507192c8.jpg

標高1240mを超えると、稜線はしばらくほぼ平坦になる。
DSC_0546_202006220507211b3.jpg

時刻は間もなく正午。
DSC_0547_202006220507222ea.jpg

左前方には富良野盆地が展開している。
DSC_0548_20200622050724696.jpg

正面は新緑越しの芦別岳(1726m)。
DSC_0549_20200622050726e1f.jpg

天気は完璧。全く変わる気配がない。
DSC_0550_20200622050654483.jpg

右手の斜面に残雪が見えてきた。
DSC_0551_20200622050656dcd.jpg

紅白のめでたい風景である。
DSC_0552_202006220506579da.jpg

雪渓は巨大な岩の露頭の下に襟のように残っていた。
DSC_0554_20200622050700b4b.jpg

6月も中旬ともなると、1200mを超えてもしっかり新緑になっている。
DSC_0556_20200622050630f99.jpg

ニセピークを振り返る。
DSC_0557_20200622050632a55.jpg

あそこは南北ゲレンデの境界にあたる1042mピーク。
DSC_0558_20200622050633644.jpg

最後の登りに差し掛かった。
DSC_0559_20200622050634755.jpg

その途端、前方に山頂の標柱が見えてきた。
DSC_0560_20200622050636bc2.jpg

意外に近いことに感激。
DSC_0561_20200622050607a2e.jpg

あと、ひと息である。
DSC_0562_202006220506080a8.jpg

頂上付近の東斜面は断崖になっている。
DSC_0563_20200622050610fd7.jpg

眼下に見えるこんもりは815mピークであろう。
DSC_0564_2020062205061129b.jpg

山裾にも雪が点々と残っている。
DSC_0565_202006220506133bc.jpg

南東の方角はるか向こうに山の連なりが見えるのだが、どこなのかは不明。
DSC_0566_20200622050544aff.jpg

オトギリソウに似たこの花々も調べ切れなかった。
DSC_0567_2020062205054659e.jpg

右手には、富良野西岳の弟分、1237mピーク。
DSC_0568_20200622050547180.jpg

あそこに登山道は通じていない。
DSC_0569_202006220505492d7.jpg

さあ、頂上は目前。
DSC_0570_202006220505506cb.jpg

あと1分だ。
DSC_0571_20200622050521fcf.jpg

それにしても激しい壁だこと。
DSC_0573_2020062205052379d.jpg

頂上に立つ前に一度振り返って
DSC_0574_202006220505241e8.jpg

12:20、無事に登頂。
DSC_0575_20200622050525c05.jpg

4時間近くかかってしまった。
DSC_0577_202006220504579a0.jpg

しかし、この絶景を独り占めである。
DSC_0576_20200622050527846.jpg

飯の前にしっかり撮影を済ませよう。
こちらはまず歩いてきた稜線。
DSC_0579_20200622050459ddb.jpg

富良野盆地と十勝連峰。
DSC_0580_2020062205050061c.jpg

富良野の町並み。中央の一番大きな建物は富良野協会病院である。
DSC_0581_20200622050502681.jpg

今日の出発点、新富良野プリンスホテル。
DSC_0582_20200622050503fcc.jpg

北の方角はるかに大雪連峰。
DSC_0583_20200622050433c48.jpg

その右にトムラウシ山(2141m)。
DSC_0584_202006220504353de.jpg

そのさらに右には、オプタテシケ山(2013m)、美瑛富士(1888m)、美瑛岳(2052m)が連なる。
DSC_0585_20200622050436b83.jpg

この画面は、左から美瑛岳、十勝岳(2077m)、富良野岳(1912m)。
DSC_0586_20200622050438d7c.jpg

富良野岳の手前は前富良野岳(1625m)。右は境山(1837m)だろう。
DSC_0587_202006220504391f1.jpg

境山の右に見えるピラミッドは下ホロカメットク山(1668m)。
DSC_0588_2020062205040999a.jpg

その右は南富良野を経て十勝方面。
DSC_0589_20200622050412f1f.jpg

今立っている頂上の先っちょはこうなっている。
DSC_0590_202006220504121e8.jpg

さて南に展開する芦別岳なのだが、未踏の山だけにちょっと難しい。
DSC_0591_2020062205041448a.jpg

もちろん最も高いのが芦別岳の山頂で、その右は約1700mのピークである。
これはすぐに分かった。
DSC_0592_2020062205041546a.jpg

芦別岳の右に屹立するピラミッドだが、最初は夕張マッターホルンかと思ったが、芦別岳のすぐ横にあるので、おそらく中岳(1493m)なのであろう。
DSC_0594_202006220503455ed.jpg

その左奥に見えているのは夕張岳かなと一瞬思ったが、これもそんなわけはなく無名の1436m峰に違いない。
DSC_0593_20200622050344435.jpg

中岳の右手前に見えるボコボコした山は、これまた無名の1272m峰だと思われる。
DSC_0595_2020062205034746b.jpg

そのさらに右、間近にあるのは布部岳(1338m)。ここよりも高い。
DSC_0596_20200622050348f9f.jpg

布部岳の右に飛び出た突起は、これまた無名で約1260mのピークである。
DSC_0597_20200622050350667.jpg

どんどん右に移って、さっきも見た1237mピーク。
DSC_0598_20200622050319a6f.jpg

ここは一等三角点らしいのだが、ちょうど「一」の部分が欠けていた。
DSC_0599_2020062205032160f.jpg

記念撮影を済ませてから
DSC_4640_20200622050029d75.jpg

簡易イスに腰掛けて、お昼にした。
今日は、残りご飯をおにぎりにして、残り物をタッパーに詰めてきた。
DSC_0600_202006220503224ea.jpg

晴天の下、360度の大パノラマに囲まれて食べるランチは至福のひとときである。
DSC_4638_20200622050052a7d.jpg

しかも誰にも邪魔にされないのがいい。
DSC_4639_20200622050053414.jpg

30分ほどのんびりして、名残惜しいが下山開始。
DSC_0601_20200622050323dc5.jpg

保護するコンクリートが土砂流出のため宙に浮いてしまった三角点に別れを告げた。
DSC_0602_20200622050325fbc.jpg

下山は、来た方向と逆の南側に下る。
DSC_0603_2020062205025641b.jpg

こちら側に下ると山頂の断崖がよく分かる。
DSC_0604_20200622050257706.jpg

岩場にめずらしくタチツボスミレが咲いていた。
DSC_0605_20200622050259e92.jpg

それでは、さらばじゃ。
DSC_0606_20200622050300bd7.jpg

地形図では、稜線上に少しだけ道が通じているように書かれているが
DSC_0607_2020062205030288b.jpg

どうやら廃道になっているみたいだった。
DSC_0608_202006220502315fd.jpg

入口らしきものすら確認できないまま、道は稜線を外れ始めた。
そこにはカウベルが吊り下げられていた。
DSC_0609_20200622050232987.jpg

ここから一気に200mほど下らなければならない。
DSC_0610_20200622050234a19.jpg

間もなく雪渓が現れた。
DSC_0611_20200622050235556.jpg

今回初の雪渓歩きだが、10mほどだったので夏道を見失うことはなかった。
DSC_0612_20200622050237c76.jpg

これだけ天気がいいと雪渓歩きも気持ちがいい。
DSC_0613_2020062205020766d.jpg
踵を踏み込んで元気に下った。

すぐに夏道に復帰。
DSC_0615_2020062205021026e.jpg

どんどん標高を下げながら
DSC_0617_20200622050212e01.jpg

山頂を振り返る。
DSC_0618_20200622050213a90.jpg

白と青と緑。心が洗われる。
DSC_0619_20200622050141d13.jpg

ただ、路面は雪解け水で沢状態。
DSC_0620_2020062205014211c.jpg

靴が汚れるので、なるべく避けて歩いた。
DSC_0621_202006220501448c7.jpg
滑るのもいやだし。

沢コースでもないのに、「沢下り」である。
DSC_0623_20200622050147543.jpg

水気が多いので、ツバメオモトが咲いている。
DSC_0624_2020062205011442c.jpg

そして、もちろんエゾノリュウキンカも。
DSC_0625_20200622050115f10.jpg

何かたまっているのかな。
DSC_0626_20200622050117ddd.jpg

雲ひとつない青空のもと
DSC_0627_20200622050118a21.jpg

軽快に下っていく。
DSC_0628_20200622050120ae5.jpg

大きな段差をロープで下ると
DSC_0630_20200622050050cee.jpg

またまた雪渓にぶち当たった。
DSC_0629_2020062205004725c.jpg

踏み抜き穴があったので、慎重に横断した。
DSC_0631_20200622050050d06.jpg

(つづく)
このページのトップへ

富良野西岳(3)

【2020年6月13日(土)】富良野西岳
富良野西岳(1331m)の沢コースを登っている。
DSC_0452_20200621060240dbe.jpg

ちょうど、沢を詰め終わり、尾根に取り付くところだ。
振り返ると、さっき見えた岩峰が、さらに尖った姿を見せている。
DSC_0453_202006210602410e0.jpg

足元にはツバメオモト。
DSC_0454_2020062106024338b.jpg

さっき休んでから1時間経ったし、沢登りもやっと終わったので、急斜面だがここでしばしひと息入れることにした。
DSC_0455_20200621060244139.jpg

いやいや、疲れたばい。
DSC_0456_2020062106024620b.jpg

8分ほど休んで出発。道はつづら折りで登っていく。
DSC_0457_202006210602184c2.jpg

この斜面にもツツジが多い。
DSC_0458_202006210602195bc.jpg

しかも色が濃い。
DSC_0459_20200621060221417.jpg

たくましげなダケカンバを見ていると
DSC_0460_202006210602229fd.jpg

力をもらえる。
DSC_0461_2020062106022474f.jpg

だんだん例の岩峰の高さまで登ってきた。
DSC_0462_202006210601568b8.jpg

あの向こうには富良野スキー場のゲレンデが展開しているはずである。
DSC_0463_20200621060158f28.jpg

植生的にはダケカンバが優勢になってきた。
DSC_0465_20200621060201e06.jpg

誰か、この子の名前を教えてください。
DSC_0464_202006210601597aa.jpg

わらびの友達?にご挨拶をしていたら
DSC_0466_20200621060202228.jpg

いきなり展望が開け、十勝連峰が現れた。
中央から左へ富良野岳(1912m)、十勝岳(2077m)、美瑛岳(2052m)である。
DSC_0467_20200621060135536.jpg

眼下には富良野の町並み。
DSC_0468_20200621060137fc7.jpg

ちょっぴり雪も残っていた。
DSC_0469_2020062106013860b.jpg

ここまで来ると、例の岩峰がピークでも何でもなかったことが分かる。
DSC_0470_20200621060140043.jpg

なんだかちょっと不思議。でも同じ現象は天塩岳でも経験した。
DSC_0471_2020062106014139b.jpg

この山は本当にツツジがきれいである。
DSC_0476_20200621060110609.jpg

地面にも花びらがたくさん落ちている。
DSC_0479_20200621060113c8f.jpg

エンレイソウはそんなに多くなかった。
DSC_0477_2020062106011234a.jpg

再び展望が開けた。
DSC_0480_202006210601156ec.jpg

十勝連峰の雪もだいぶなくなったと改めて思う。
DSC_0481_202006210601164ee.jpg

美瑛岳(左)と十勝岳(右)。
DSC_0485_2020062106004814e.jpg

中央の赤い屋根は北海道中心標の石碑がある富良野小学校。
駅前のホテル「ラビスタ富良野ヒルズ」も見える。
DSC_0482_202006210600443e3.jpg

中央は空知川にかかる五条大橋。
DSC_0483_2020062106004557f.jpg

樺戸連峰に続き、こちらにもまだチシマザクラが咲いていた。
DSC_0484_2020062106004728b.jpg

振り返ると、見晴台の看板が掛かっていた。
DSC_0486_20200621060050a3f.jpg

しかし、ここから頂上まで50分とは。
最後の渡渉地点(頂上まで2時間15分と書いてあった)から、まだ40分も歩いていないのに。
かなり得した気分だ。
DSC_0487_20200621060020464.jpg

オオカメノキ。
DSC_0488_20200621060022264.jpg

ゼンマイのお化け。
DSC_0489_20200621061126e78.jpg

最終渡渉地点の標高が約810m。
そこから標高差300mほどの急登が続く。
DSC_0490_20200621060025e9e.jpg

標高1070mくらいまで来ると、雪が解けたばかりという雰囲気になってきた。
DSC_0491_2020062106002672b.jpg

まだ緑が少なく、草が寝たままだ。
DSC_0492_202006210559573db.jpg

実際まだ雪が残っている場所もある。
DSC_0493_20200621055959ab2.jpg
DSC_0495_20200621060000975.jpg

でも、雪が登山道を覆っていることはなかった。
DSC_0496_20200621060002a97.jpg

振り返ると、北の峰の台地。
DSC_0497_202006210600039a8.jpg

今日はそよ風程度だが、普段は風が強いのだろう。
DSC_0498_20200621055934e40.jpg

やっと傾斜が緩んできた。
DSC_0499_20200621055936a8b.jpg

標高が高くなって、暑さもだんだん感じなくなってきた。
DSC_0500_20200621055937a42.jpg

南富良野方面の山々。
DSC_0501_20200621055938024.jpg

根曲りダケカンバ。
DSC_0502_20200621055940885.jpg

緑の中のピンクはよく目立つ。
DSC_0503_20200621055911b1d.jpg

オオカメノキの白もすがすがしい。
DSC_0504_202006210559137d7.jpg

どうやら稜線に出たようだ。
DSC_0505_20200621055914ffd.jpg

同時に大展望が広がる。
DSC_0506_202006210559169bc.jpg

眼下は豊かな富良野盆地。
DSC_0507_20200621055917acd.jpg

正面にはニセピークが見えている。
DSC_0508_20200621055849b0e.jpg

この先は眺めのいい稜線歩きだ。
DSC_0509_20200621055851ca5.jpg

農地もすっかり緑に染まっている。
DSC_0510_20200621055852b7c.jpg

プリンスホテルが意外に近く見える。
DSC_0511_20200621055853498.jpg

右手(西側)の方も見えるようになってきた。
DSC_0512_20200621055855805.jpg

このとんがりは、お隣の1124mピークであろう。
DSC_0513_20200621055826f0a.jpg

はるか遠くに暑寒別岳(1376m)を望むことができた。
DSC_0514_20200621055828914.jpg

稜線の右側を回り込む。
DSC_0516_20200621055831d8d.jpg

標高1180m付近の超塩基性岩類。
この露頭には細粒凝灰岩,黒色泥岩,枕状溶岩など様々な岩相が見られるという。
DSC_0517_20200621055832a4b.jpg

再び富良野盆地を一望。
DSC_0518_202006210558019b2.jpg

中央の白い建物はふらの西病院。その左奥は富良野緑峰高校である。
DSC_0519_20200621055802e87.jpg

北東の方角に旭岳(2291m)が確認できた。
DSC_0520_202006210558047dd.jpg

今年初見参のゴゼンタチバナ。
DSC_0521_20200621055805a39.jpg

オトギリソウに似ているけど、花が白い。誰だろう?
DSC_0522_20200621055807501.jpg

これは凝灰岩の露頭。
DSC_0523_2020062105573678e.jpg

いや~快晴ですわ。
DSC_0524_20200621055737d4f.jpg

またピークが見えてきたが、あれもまだ頂上ではない。
DSC_0525_202006210557390fd.jpg

最後に標高差80mほどの登りが待っているはずだ。
DSC_0526_20200621055740b38.jpg

それにしても、このだらだら稜線がかなり長い。
DSC_0527_202006210557423f7.jpg

その分、岩石の露頭も多い。
DSC_0528_2020062105571288b.jpg

まだ森林限界には達していない。
DSC_0529_20200621055714911.jpg

何度も拝める十勝連峰。
DSC_0530_2020062105571670c.jpg

雪渓に沿って進む。
DSC_0532_202006210557176d2.jpg

それでも今年は、雪は少な目なのだろう。
DSC_0534_20200621055718c78.jpg

再度、富良野市街。市役所なども見えている。
DSC_0536_20200621055651184.jpg

中には何が入っているのかな?
DSC_0537_20200621055652ac9.jpg

稜線の西側は時折風が吹いて気持ちがいい。
DSC_0538_20200621055654e6a.jpg

またまた岩石の露頭。
DSC_0539_20200621055655fbf.jpg

富良野西岳は主に白亜紀の地層から成っているそうだ。
DSC_0540_202006210556265cb.jpg

ニセピークを過ぎたら、いきなり正面に芦別岳(1726m)が現れた。
DSC_0541_2020062105562939b.jpg

何と言う、荘厳なお姿なのだろう。
DSC_0542_20200621055629041.jpg
北アルプスの山を彷彿とさせる峻厳さであった。

足元の岩石にも注目しながら進む。
DSC_0543_20200621055632c1b.jpg

この白い岩は何だろう。花崗岩ではなさそうだけど。
DSC_0544_20200621055632c01.jpg

(つづく)
このページのトップへ

富良野西岳(2)

【2020年6月13日(土)】富良野西岳
富良野西岳(1331m)を沢コースで登っている。
DSC_0363_202006200631362a7.jpg

ひっそりとニリンソウ。
DSC_0364_20200620063137ca6.jpg

本日2度目の渡渉。
DSC_0365_20200620063140738.jpg

さっき濡らしたスパッツをめくり上げていたので、きちんと装着し直す。
飛び石渡りは無理なので、スパッツに浸水を防いでもらうしかない。
どっぷん作戦で無事にクリア。
DSC_0366_202006200631406b9.jpg

でも、どんどん渡渉は繰り返される。
DSC_0367_20200620063142eb7.jpg

水量はかなり多くて、必ず足首以上はある。
DSC_0368_20200620063112ddd.jpg

渡渉に比べれば、こんな倒木はものの数ではない。
DSC_0369_202006200631141bd.jpg

1時間ほど歩いたので、何もないところだが、ここで休憩をとる。
DSC_0370_2020062006311558a.jpg

先週の樺戸連峰が疲れたのは休憩を取る回数が少なかったからだろうと反省し、きちんと1時間ごとに休むことにしたのだ。
石に腰掛けて、5分ほどボーっとしてから出発。
DSC_0371_20200620063117758.jpg

渡渉の回数はしばらく数えていたのだが
DSC_0372_20200620063119ed6.jpg

結局分からなくなってしまった。
DSC_0373_202006200630507e8.jpg

おそらく20回近くあったと思う。
DSC_0374_202006200630511ec.jpg

こういう道に出ると、これで渡渉は終わったのかなと思うのだが
DSC_0375_202006200630535e0.jpg

全くそんなことはなかった。
DSC_0376_2020062006305447a.jpg

ツツジを愛でる平和なひととき。
DSC_0377_20200620063056884.jpg

しばらく右岸を歩いている。
DSC_0378_20200620063028dbc.jpg

右岸には大きな岩が結構あった。
DSC_0379_20200620063030667.jpg

ちょっと変わったシダ?なので撮っておきました。
DSC_0380_2020062006303157f.jpg

ツツジ1輪。
DSC_0381_20200620063033898.jpg

標高はすでに600mを超えた。
DSC_0382_202006200630349af.jpg

しかし、沢は一向に細くならない。
DSC_0383_20200620063006425.jpg

前方に巨大な落石がゴロリ。
DSC_0384_2020062006300743b.jpg

倒木はちゃんと切断してくれていた。
DSC_0385_202006200630095b4.jpg

このかわいい葉っぱのスミレはキバナノコマノツメ。
DSC_0386_202006200630100c8.jpg

ここは左側をへつって進む。
DSC_0387_202006200630120d6.jpg

雪解け水がほとばしっている。
DSC_0388_202006200629439fe.jpg

やはりこの時期は水量が多い。
DSC_0390_20200620062946d40.jpg

エゾノリュキンカを発見!
DSC_0389_202006200629452a7.jpg

へつりの最後はロープで登山道に戻る。
DSC_0391_2020062006294824c.jpg

右頭上に岩峰が見えてきた。
DSC_0393_20200620062919fb6.jpg

1064mピークかと思っていたが、後で違うことが判明した。
DSC_0392_202006200629496df.jpg

だんだん、どこを歩けばいいのか分からなくなってきた。
DSC_0394_20200620062921a63.jpg

ピンテに頼らず、道がなくなったらどんどん渡渉する。
DSC_0395_20200620062922570.jpg

どこを歩いても、標高800mあたりまでは沢伝いに行くことは間違いないのだから。
DSC_0396_202006200629245dd.jpg

石は花崗岩なのかしら。
DSC_0397_20200620062925326.jpg

白く光っている。
DSC_0398_20200620062855b72.jpg

そこにフキの緑がよく映える。
DSC_0399_202006200628574ae.jpg

右岸と左岸を行ったり来たり。
DSC_0400_20200620062858a15.jpg

エゾノリュウキンカとサンカヨウの競演に出会えた。
DSC_0401_202006200629002b7.jpg

エゾノリュウキンカは友達タイプだが、サンカヨウは恋人にしたい。
DSC_0403_202006200629013bc.jpg

古株。
DSC_0404_20200620062831268.jpg

この山のツツジは遠くから見ると、時々ピンテかと思ってしまうくらい色が濃い。
DSC_0407_20200620062832726.jpg

やや、沢が流木で埋もれている。
DSC_0408_202006200628347c5.jpg

しかも雪渓が残っている。
DSC_0410_20200620062835e8f.jpg

ちょっと面倒だが、雪渓を登って、流木をやり過ごした。
DSC_0411_202006200628371c3.jpg

ここは中洲状になっているところを進む。
DSC_0412_20200620062807321.jpg

このルートがこんなにワイルドだとは思わなかった。
DSC_0413_202006200628098ba.jpg

これはエゾノリュウキンカの咲く前かな。
DSC_0414_202006200628108e5.jpg

今度は倒木。雪のせいだろうか。
DSC_0415_20200620062812ceb.jpg

もちろん、ピンテに従う。
DSC_0416_20200620062813fd4.jpg

またしても残雪。
DSC_0417_20200620062742bbf.jpg

でも、その下はエゾノリュウキンカの楽園だった。
DSC_0418_20200620062743ddb.jpg

この花と雪渓はとても相性がいい。
DSC_4634_20200620062359391.jpg

雪と水が大好きな花なのだ。
DSC_0420_20200620062746f65.jpg

しかも、まとまって咲くので、とっても華やか。
DSC_0419_202006200627453e8.jpg

渡渉の疲れをしばし癒してくれた。
DSC_0422_20200620062716952.jpg

それにしても、ここでこんなに雪があるということは、上流にもたくさんあるのだろうか。
DSC_0421_20200620062748f40.jpg

でも、それは杞憂で、この先、雪渓に行く手を阻まれることはなかった。
DSC_0423_20200620062718576.jpg

いや~実に美しい。花が咲いたら、さぞかし見栄えがするだろう。
DSC_0424_2020062006271993e.jpg

さて、また渡渉の繰り返しだ。
DSC_0425_2020062006272187c.jpg

もう、どっぷんは気にならないが、川底の石が滑るのだけは気を付けないとならない。
DSC_0426_20200620062722323.jpg

振り返ると、十勝連峰の一部が見えた。あの尖っているのは下ホロカメットク山(1668m)だろうか。
DSC_0427_202006200626532d3.jpg

わ~、アイヌねぎだ~。でも今日は収穫しない。
DSC_0428_20200620062656358.jpg

おや、湧き水がある。
DSC_0429_2020062006265621c.jpg

沢コース分岐の概念図に出ていた仙人の泉だ。
DSC_0430_20200620062659310.jpg

奥の伏流水から水を引いているわけだ。
DSC_0431_20200620062659941.jpg

ちょうど500ccボトルのアクエリアスがなくなるところだったので、それを飲み干して、この湧き水を補給した。
ついでに一口。うん、冷たくて、うまい。少しだけ生き返った。
DSC_0433_20200620062510ddb.jpg

これでエキノコックスの心配も、水が足りなくなる心配もなくなった。
DSC_0434_20200620062512c48.jpg

標高750mまで詰め上げてきた。
DSC_0435_20200620062637227.jpg

この葉っぱはマルバダケブキだろうか。
DSC_0436_20200620062515f9e.jpg

そのつぼみ? 自信はないけど。
DSC_0437_202006200625162bd.jpg

このルート、かなりお花を楽しめる。
DSC_0438_202006200624460d5.jpg

それにしても、昨年買ったこの登山靴は全然、水が中に浸みてこない。
最初に、防水スプレーを1缶分かけてしまったのが効いているのだろう。
DSC_0439_20200620062448f7e.jpg

このなめらかな葉っぱはツバメオモト。
DSC_0440_20200620062449182.jpg

6月になって、だいぶ花の名前も思い出してきた。
DSC_0441_20200620062451f23.jpg

そろそろ沢筋の道は終わりだろうか。
DSC_0442_20200620062452dc2.jpg

沢の岩も大きくなってきたことだし。
DSC_0443_2020062006242248a.jpg

右岸で、大きな段差を超えるところがあり、ここで沢ともおさらばかなと思ったが
DSC_0444_20200620062424b1b.jpg

そうは問屋が卸さなかった。
DSC_0445_20200620062425847.jpg

ただ、しばし沢からは離れて
DSC_0446_20200620062426b5b.jpg

普通の道を歩く。
DSC_0448_2020062006235475b.jpg

水から離れたところにもエゾノリュウキンカ。
つい最近まで雪渓が残っていたのかもしれない。
DSC_0447_20200620062428534.jpg

おや、左岸から右岸への渡渉地点になにやら木札がぶら下がっている。
DSC_0449_20200620062357cca.jpg

読みにくいが「西岳方向 2時間15分」と書かれている。
DSC_0450_20200620062357bc5.jpg
ここで沢とは別れて、尾根に取り付くようだ。

(つづく)
このページのトップへ

富良野西岳(1)

【2020年6月13日(土)】富良野西岳
この週末は日曜日に用事ができたので、土曜日に単独で登ることになった。
さて、どこに行こうか。札幌近郊は、もうほとんど行き尽してしまった。
条件は、H君がすでに登ってしまっているはずの山だ。
思い付いたのが、富良野西岳(1331m)だった。
リサーチしてみると、登山口まで車で2時間。
登山道は沢コースとスキー場コースがあり、周回できるようだ。これは素晴らしい。
ヤマレコのレポによると、渡渉もあるらしいので沢靴もザックに詰め込んで、朝6時に出発した。
天気は、やや霞んでいるが快晴。今日は札幌で最高気温が30℃まで上がる予報だ。
アクエリアス2㍑と麦茶350ccを持参したが、これで間に合うだろうか。
足りなくなった場合に備えて、空になったボトルに沢水を詰めて行けばいい。
エキノコックスが心配だが、おそらく飲まないで済むはずだ。

最初から随分赤信号に邪魔されたが、札幌ICには20分ほどで着いた。
道央道は最近やけに車が少ない。まだ自粛能が完全に払拭されていないのだろうか。
走りながら、朝食のサンドイッチをいただく。
7時前に幾春別を通過。
途中、桂沢湖周辺にあったはずの桂沢観光ホテルの跡地を確認しようとしたが、事前にちゃんと調べておかなかったせいで、特定することはできなかった。
三芦トンネル、富芦トンネルを抜け、8時頃、富良野市街に入った。
スキー場入口手前のセコマで行動食を調達。豆やグミ、飴玉などを購入した。

北の峰町で国道38号を右折すると、正面に富良野スキー場が現れた。
DSC_4621_20200619045858407.jpg

ちなみに、この「道道北の峰線」はナンバーで言うとちょうど800号であった。
それはともかく、突き当りの富良野スキー場北の峰ターミナルに到着したが、登山口がよく分からない。
車を停めて、もう一度スマホで調べ直すと、登山口はここではなく、もう少し南にある富良野ロープウェー乗り場の方だった。
富良野スキー場はコースが大きく2つに分かれていたのだ。全然知らなかった。
改めて登山口に向かうと、正面に富良野西岳(左)と尖った北の峰(1084m)が現れた。
DSC_4624_202006190459000f6.jpg

新富良野プリンスホテルの駐車場に到着したのは8:15。
DSC_0305_2020061905030957f.jpg
予定より15分も遅れてしまった。
広い駐車場には、10台以上の車が停まっていたが、みな登山者だろうか。
それとも宿泊客か。

サンダルから登山靴に履き替え、念入りにストレッチをして、8時半に出発。
駐車場のすぐ横に、富良野温泉紫彩の湯の入口がある。
DSC_0306_202006190503106fb.jpg
帰りはここに入ればいいや。なんて便利な山なんだ。

ロープウェー乗り場のあるところが登山口なのだが、そこまで300mほど歩かなければならない。
歩き初めてすぐ、右手に富良野ドラマ館なるレトロな建物があった。
DSC_0307_202006190503120df.jpg

昭和17年(1942年)に「下富良野駅」から「富良野駅」に改称された当時の駅舎を再現した建物なのだそうだ。
富良野プリンスホテルが運営するショップで、富良野を舞台にした倉本聰のテレビドラマ「北の国から」「優しい時間」「風のガーデン」のオリジナルグッズを販売しているという。
DSC_0309_20200619050315262.jpg
しかし、新型コロナの関係で休業中だった。
開店していても、先を急ぐので立ち寄りはしなかっただろうけど。

その右奥に、ニングルテラスなるエリアへのゲートがあったが、こちらも休業中。
DSC_0308_20200619050313c96.jpg
15棟のログハウスが連なる、ロマンチックなショッピング空間なのだそうだ。
若いカップルのデートには、いいところなのかもしれない。

富良野スキー場は北側のゲレンデ下に富良野プリンスホテル、南側のゲレンデ下に新富良野プリンスホテルがあり、その間はピクニックガーデンとして整備されている。
いろんなことを初めて知った。
DSC_0310_20200619050248675.jpg

少し歩くと、左手にドーム状の建物が見えてきた。
きっと、あれが温泉施設なのだろう。下山後が楽しみだ。
DSC_0311_2020061905024956d.jpg

ハイスピードリフト1の横を通過。
DSC_0312_2020061905025131b.jpg

5分かからずにロープウェー乗り場に到着した。
ここまで車で来られたようだ。ま、いっか。
DSC_0313_202006190502529ee.jpg

駐車場の手前に小さく、富良野西岳登山口の標識があった。
DSC_0314_20200619050254004.jpg

ロープウェーのまわりに、なにやら人が集まっている。
DSC_0315_202006190502263b4.jpg

このロープウェーは夏季も運行するのだが、今年はコロナの関係で6月いっぱいお休みするようだ。
DSC_0316_20200619050227b8b.jpg

建物の間を通って、ゲレンデに出ると、集まっている方々から、挨拶をされた。
DSC_0317_20200619050229d88.jpg

これから山開きの神事をするそうだ。
DSC_0318_2020061905023058f.jpg

「登山道はこちらでいいんですよね~」と確認して進む。
DSC_0321_202006190502053da.jpg

ゲレンデは広く、作業道もたくさんあるので、確信が持てないのである。
DSC_0319_20200619050232278.jpg

とりあえず、この道を行けばいいらしい。
DSC_0320_202006190502039eb.jpg

振り返ると、早くも十勝連峰を望むことができた。
DSC_0322_20200619050206dce.jpg

リフトの向こうには目指す富良野西岳が見えている。標高差は1000mもある。
この時点では気づいていなかったが、左端の小さな突起が山頂であった。
DSC_0323_202006190502084b4.jpg

ゲレンデの中の作業道を登っていく。
DSC_0324_20200619050209ce0.jpg

再度振り返ると、雲をかぶったトムラウシ山(2141m)も見えてきた。
DSC_0325_202006190501429cb.jpg

新富良野プリンスホテルの裏側。
DSC_0326_20200619050144b29.jpg

スキー場コースと沢コースとの分岐がどこなのか、よく分からないが、とにかく左寄りに進んでいったら、それらしき道があった。
DSC_0327_20200619050145ef7.jpg

このドラム缶を過ぎると
DSC_0328_20200619050147751.jpg

西岳概念図の標識が登場。
DSC_0329_2020061905014805d.jpg

どうやら、ここが分岐のようだ。
DSC_0330_20200619050119d68.jpg

しばらくは林道のような道である。
DSC_0331_2020061905012082d.jpg

暑いので、日蔭は助かる。
DSC_0332_20200619050122fdb.jpg

熱がこもるので帽子も脱いでしまった。
DSC_0333_20200619050123bee.jpg

左手に砂防ダムが見えてきた。ここまで駐車場から20分。
DSC_0334_20200619050125cb9.jpg

ダムの手前に入林届のポストがあった。
DSC_0335_20200619050053ad3.jpg

もちろん、記入。あんなに車があったのに今日は誰も入っていないようで、私の前は10日に1人だけだった。
DSC_4625_20200619045901085.jpg

砂防ダムを乗り越えて進む。
DSC_0336_2020061905005444a.jpg

この先は沢の音を聞きながら歩くことになる。
DSC_0337_20200619050056649.jpg

雪解けのせいか、路面はかなりぬかるんでいる。
DSC_0338_2020061905005703c.jpg

水が流れているところもある。
DSC_0339_202006190500595eb.jpg

こういうところが一番困る。なるべく草の中を行く。
DSC_0340_20200619050030d9f.jpg

迎えてくれた最初の花はクルマバソウ。
DSC_0341_20200619050031091.jpg

間もなく、沢が寄り添ってきた。
DSC_0342_20200619050033d85.jpg

かなりの水量だ。
DSC_0343_2020061905003409e.jpg

靴を濡らさずに渡渉できるだろうか。
DSC_0344_20200619050036282.jpg

くぐった倒木には
DSC_0345_2020061905000601e.jpg

サルノコシカケの赤ちゃんがたくさん生まれていた。
DSC_0346_202006190500080d8.jpg

沢の水はとても澄んでいる。
DSC_0347_2020061905000912b.jpg

この子たちはズダヤクシュかな。
DSC_0348_20200619050011a3d.jpg

背の低い草花が地面を覆っているこういう雰囲気が好きだ。
DSC_0349_2020061905001221f.jpg

いきなりピンテが続出してきたが、なんの兆しだろう。
DSC_0350_20200619045942be3.jpg

一応、道は間違っていないようだ。
DSC_0351_202006190459437f0.jpg

分かりにくいがシカの足跡。
DSC_0352_202006190459456c2.jpg

名も知らぬ花。
DSC_0353_20200619045946247.jpg

名も知らぬ草。
DSC_0354_20200619045948515.jpg

最初の渡渉地点に到達した。
DSC_0355_2020061904592096d.jpg

水量も少なく難なくクリア。
DSC_0356_20200619045921192.jpg

「なんだ、口ほどもない」と思ったら、これはただの枝沢だった。
DSC_0357_20200619045923355.jpg

次の渡渉も枝沢なので、ひとまたぎ。水が透き通っている。
DSC_0359_20200619045924eab.jpg

その先で本流のすぐ脇に出た。
DSC_0360_20200619051224fd7.jpg

なんとここを渡らなければいけないようだ。
DSC_0361_2020061904585535a.jpg

飛び石を伝っていけば何とかなりそうなのだが、石にコケがむしていて滑るのである。
せっかく沢靴を持ってきたのだから履き替えればいいのだが、渡り始めてしまったので戻るのも面倒だ。
結局、最後は飛び石は諦め、どっぷんして通過した。
DSC_0362_20200619045858000.jpg
スパッツをしていたが、両足の足首に若干浸水してしまった。

(つづく)
このページのトップへ

樺戸連峰(6)

【2020年6月7日(日)】樺戸連峰
浦臼山(718m)で10分ほど休憩して出発。
CIMG8506_20200618075009759.jpg

ライオンズクラブの山頂標識も通過。
CIMG8507_20200618075011684.jpg

さあ、三角点探しである。
右手のやぶの中にあることは分かっているが、問題はどこから突入するか。
地図ロイドで現在地を確認しながら進むと、右手にピンテを発見。
同じことを考える人はいるもので、おそらく三角点に行きたい人のための印だろう。
中に入り、やぶの薄いところを左に10mほど進むと、ちゃんとありました。
CIMG8508_202006180750122ef.jpg

Yちゃんも大喜びである。
CIMG8509_20200618075014f53.jpg

すぐやぶから脱出して、登山道に復帰。
CIMG8512_20200618074944a5b.jpg

5分ほど下ったところから、滝川市街を望むことができた。
CIMG8510_20200618074943348.jpg

こちらは奈井江方面。
CIMG8514_20200618074946665.jpg

奥に見えたこの山は同定できなかった。
CIMG8515_2020061807494775f.jpg

眼下の牧草地の下端に赤い屋根の家。浦臼の市街地から見えた丘の上の家かも。
CIMG8516_2020061807494913d.jpg

標高を徐々に下げていく。
CIMG8517_20200618074917bd8.jpg

湿度が下がってきたのか、下界もよく見えるようになってきた。
CIMG8518_20200618074919f41.jpg

何でも撮りますよ。
CIMG8519_2020061807492006d.jpg

フキの花。フキノトウの成れの果てである。
CIMG8520_2020061807492114c.jpg

奈井江火発。
CIMG8521_2020061807492316c.jpg

樺戸連峰の案内板があった場所を14:40過ぎに通過。
CIMG8522_20200618074841825.jpg

ゴールまであと2.5kmだ。
CIMG8523_20200618074843de3.jpg

旧林道を黙々と下る。
CIMG8524_20200618074844e15.jpg

イタドリ地帯を通過。
CIMG8525_20200618074846ef9.jpg
CIMG8526_2020061807484787e.jpg

バギバギの木(笑)も通過。
CIMG8527_202006180748085ee.jpg

もう6時間以上歩き続けて、疲労もピークだが、あとは惰性だ。
CIMG8528_202006180748102e4.jpg

往路では見えなかった浦臼山山頂方面。
CIMG8529_20200618074811659.jpg

タニウツギのところまで下ってきた。
CIMG8530_20200618074813313.jpg

カラスアゲハが蜜を吸っているのを、これもYちゃんが発見。
やはり目がいい。
CIMG8531_202006180748148e2.jpg

この沢は暗渠で渡る。
CIMG8535_202006180747404c5.jpg

何の花?
CIMG8539_20200618074746c46.jpg

見覚えのある砂防ダム。
CIMG8536_20200618074742603.jpg

路面の流れで靴を洗う。
CIMG8537_20200618074743e37.jpg

登山口近くのゲートを通過。
CIMG8538_202006180747457af.jpg

というわけで、15:15過ぎにゴール。
CIMG8540_20200618074714bd9.jpg
下りは2時間45分かかった。
いや~疲れました。15.5kmも歩かされた。
車にザックを放り込み、靴を脱いでいると、1台のワゴン車が到着。
30、40代くらいの男性が下りて、「ここ走れますか?」と話しかけてきた。
トレランの人らしい。神居尻山を周回した後、ここまで偵察に来たのだという。
「樺戸山までは快適ですが、その先はササの切株が尖っていて難しいと思います」
と今日の感想をそのままお伝えした。

帰りの林道は晴れていて、朝と比べて全然怖くなかった。
里に出たら、車を停めて、廃屋コレクション。
DSC_4587_202006180747153a2.jpg

町場まで下りてくると、朝は雲に隠れていた樺戸連峰を一望することができた。
DSC_4588_202006180747179ae.jpg

下山後の温泉は当初、浦臼温泉に行くつもりだったが、反対方向だし、やっぱり止めた。
帰る途中にある月形温泉も考えたが、3年前に行ったことがある。
この近くで行ったことのない温泉は?と考えて、新しのつ温泉たっぷの湯を思い出した。
あそこなら、そんなに遠回りにならない。
中間地点だから、運転時間も分散されて眠気防止にもなる。決めた!
ルートはナビに任せて直行。
16時半前に到着した。
DSC_4590_20200618074718575.jpg

「たっぷの湯」とは近くの地名「達布」から採っているのだろう。
DSC_4591_20200618074720a62.jpg

17:15待ち合わせにして、いざ入湯。
DSC_4592_20200618074650109.jpg

ここは、含ヨウ素-ナトリウム-塩化物強塩温泉(弱アルカリ性高張性高温泉)。
DSC_4593_20200618074652c2c.jpg

源泉の温度は52.5度で、ph値は7.5だそうだ。
DSC_4594_20200618074653079.jpg

湯は若干黄色みを帯びており、かなり塩味がした。
03_露天風呂a(HPより)

ゆっくり浸かって、かなり疲れが取れた。
onsen5-820x450.jpg(HPより)

湯上りドリングはお試し商品で100円だったファンタルロ。
DSC_4595_20200618074655030.jpg
コロンビアで国民的人気だそうだ。それなりに美味しかった。

記念撮影のテーマは「たっぷの湯」にちなんで「たっぷり」。
DSC_4596_20200618074656d89.jpg

ここから北西の方角に樺戸山地のスカイラインを望むことができた。
DSC_4597_20200618074630674.jpg
左からピンネシリ、待根山、双耳峰っぽい隈根尻山、そして樺戸山。
隈根尻と樺戸の間は深くえぐれており、まさに大キレットと呼ぶにふさわしい状況を呈していた。

それでは17:20出発。Yちゃんは19時前に自宅に送り届けることができた。
帰りに、O君家に寄って、この前の忘れ物を受け取ろうとしたが、呼び鈴にも電話にも反応がなく、断念。
Yちゃんからおすそ分けしてもらったタケノコをO君に渡すことができなかった。
玄関先に置いてくればよかった。
そんなこんなで19時半に帰宅。
ロングコースでかなり消耗したが、Yちゃんのおかげで楽しい山旅であった。
ありがとうございました。

【行程】2020年6月7日
登山口(8:36)~案内板(9:18)~浦臼山(9:56休憩10:04)~782mピーク(10:22)~844mピーク(10:51)~861mピーク(11:05)~樺戸山(11:18休憩11:26)~隈根尻山(12:00昼食12:29)~樺戸山(12:58休憩13:02)~浦臼山(14:06休憩14:17)~三角点(14:21)~案内板(14:42)~登山口(15:17)
※所要時間:6時間41分(歩行時間:5時間40分)
※登った山:3座(浦臼山、樺戸山、隈根尻山)
※歩行距離:15.5km
※累積標高差:約1010m

このページのトップへ

樺戸連峰(5)

【2020年6月7日(日)】樺戸連峰
樺戸連峰3座を踏破して、往路を引き返している。
CIMG8455_20200617052234832.jpg

足元の黄色い花はキンポウゲの仲間だろうか。
CIMG8454_2020061705223376b.jpg

ダケカンバのダンスを愛でながら下っていく。
CIMG8456_202006170522362d0.jpg

浦臼の町並みの向こうに奈井江火力発電所が見えた。
CIMG8457_20200617052237fcc.jpg

この枯れ木ですが
CIMG8458_2020061705223994a.jpg

シカの横顔に見えません?
CIMG8459_20200617052210592.jpg

うわ~、844mピークの登りが見えてきた。
CIMG8460_20200617052212d90.jpg

登りはいやだよう。
CIMG8461_20200617052213fc2.jpg

しかし、登らないと帰れない。
CIMG8462_202006170522158af.jpg

あの三日月湖は新沼かな。
CIMG8463_202006170522161f8.jpg

おお、だいぶ雲の高さが上がって、芦別岳(1726m)から夕張マッターホルン(1415m)を経て夕張岳(1668)までの山並みが姿を現した。
CIMG8464_20200617052147472.jpg
これも、視力1.5のYちゃんが見つけてくれた。
今回は彼女にすっかりお世話になりっぱなしである。

で、これがその芦別岳。
CIMG8465_20200617052148430.jpg

マッターホルン。
CIMG8466_20200617052150f70.jpg

夕張岳。
CIMG8468_20200617052151195.jpg

なんと南の方角には、札幌周辺の山々も見えるではないか。
CIMG8469_20200617052153a1a.jpg

樽前山(左、1041m)に風不死岳(右、1102m)。
CIMG8471_20200617052128e3a.jpg

雲の上に恵庭岳(1320m)。
CIMG8472_2020061705212960d.jpg

天気がよくなって、いろいろ見えくるのでうれしい。
CIMG8470_2020061705212673f.jpg

とはいえ、登りが楽になるわけではない。
CIMG8473_20200617052131596.jpg

隈根尻山(971m)もだいぶ遠ざかった。
CIMG8474_20200617052132b6a.jpg

根曲り竹ならぬ、根曲りダケカンバ。
CIMG8475_20200617052103a9e.jpg

844mピークに立つと、さらに先の稜線が展開した。
CIMG8476_202006170521058e8.jpg

相変わらずアップダウンの繰り返しだ。
CIMG8477_20200617052106658.jpg

今回はピストンなのに、実は同じ道を歩いている気がしない。
CIMG8478_202006170521080a7.jpg

天気が変わったからかしら。
CIMG8479_20200617052109f8d.jpg

ハクサンフウロも元気を取り戻した気がする。
CIMG8480_202006170520396e5.jpg

ただ、疲れていることには変わりない。
CIMG8481_20200617052041b31.jpg

登りは息も絶え絶えだ。
CIMG8482_202006170520428b5.jpg

782mピークへの道。
CIMG8483_20200617052044358.jpg

まだ、あのバギーとバイクの人は作業中だろうか。
CIMG8484_2020061705204560e.jpg

もし、いたら乗っけて行ってもらいたいくらいだ(笑)
CIMG8485_20200617052015e81.jpg

浦臼の町並みがさっきよりくっきり見える。
CIMG8486_20200617052016d2e.jpg

782mピークは尖っている。
CIMG8487_2020061705201822d.jpg

ツタの絡まる木と再会。
CIMG8488_202006170520193b0.jpg

空が真っ青になった。
CIMG8489_20200617052021caf.jpg

タコの口。
CIMG8490_202006170519510b6.jpg

844mピーク方面を振り返る。
CIMG8491_2020061705195181d.jpg

すっかり疲れてしまったので、Yちゃんに先に行ってもらった。
CIMG8492_20200617051954a47.jpg

往路の忘れ物、ミヤマカラマツ。
CIMG8493_202006170519545fb.jpg

Yちゃんはなんと登りで走っている。若い、さすがアスリートだ。
CIMG8494_202006170519561b4.jpg

私は追いつく気はさらさらなく、写真を撮り続ける。
CIMG8495_20200617051925a08.jpg

間もなく、バギーが置いてあった場所まで戻ってきた。
CIMG8496_20200617051927e91.jpg

しかし、彼らはすでに帰った後だった。
CIMG8497_202006170519288c0.jpg

残念ながら乗せてもらうことはできなかった(笑)
CIMG8498_20200617051929fa7.jpg

しかし、後はもうほとんど下るだけだ。
CIMG8499_20200617051931513.jpg

課題は三角点探しを残すのみである。
CIMG8500_20200617051901fc5.jpg

くキンポウゲの仲間かな。
CIMG8501_2020061705190250c.jpg

時刻は14時を回った。
CIMG8502_202006170519045af.jpg

樺戸山(890m)を出てから1時間が経過した。
CIMG8503_20200617051905682.jpg

浦臼山(718m)はもうすぐそこである。
CIMG8504_20200617051907cc3.jpg

14時過ぎに浦臼山に到着。
CIMG8505_20200617051847af9.jpg
ここで少し休ませてもらった。
簡易イスを取り出して腰を下ろしたが、Yちゃんは座らない。大した体力だ。

(つづく)
このページのトップへ

樺戸連峰(4)

【2020年6月7日(日)】樺戸連峰
浦臼山(718m)、樺戸山(890m)を踏破して、最終目的地の隈根尻山(971m)を目指している。
CIMG8375_202006160549131a1.jpg(これは樺戸山)

隈根尻への登りはほぼ3段になっており、1段目の始まりでロープが現れた。
CIMG8378_2020061605491476e.jpg

ただ、このロープはわけの分からない場所にある。道が切り替わったのだろうか。
CIMG8379_20200616054916a85.jpg

シラネアオイに元気づけられ、必死で登る。
CIMG8381_20200616054919cdd.jpg

振り返ると、だんだん樺戸山の全貌が明らかになってきた。
CIMG8380_20200616054917db8.jpg

1段目の頂上はあそこだ。
CIMG8382_20200616054850f0a.jpg

何度も立ち止まって振り返る。あれが今日歩いてきた稜線だ。
CIMG8383_20200616054851a7d.jpg

1段目を登り切り、テラス越しに樺戸山を眺める。
CIMG8384_20200616054853a69.jpg

カバとは全く関係ないのだが、こうして見ると、カバに見えないこともない。
CIMG8385_20200616054854d4d.jpg

シラネアオイは急斜面がお好きのようだ。
CIMG8386_20200616054856b85.jpg

この子は誰の赤ちゃんだろう。
CIMG8387_2020061605482519b.jpg

2段目を通過。
CIMG8388_20200616054827a99.jpg

この忘れ物はキツネさんかな。
CIMG8389_20200616054828fcf.jpg

細長いタケノコを発見! でも、これはあまりおいしくなさそうだ。
CIMG8390_20200616054830c11.jpg

ふと振り向くと、こんな急登でもYちゃんは収穫活動を忘れていなかった。
CIMG8394_20200616054801e71.jpg

これは細いけど、まあまあかな。
CIMG8397_202006160547317d8.jpg

シラネアオイ通り。
CIMG8391_202006160548318f6.jpg

清楚である。
CIMG8396_20200616054804f90.jpg

赤い葉っぱ。
CIMG8392_20200616054758c5a.jpg

完全な直登だ。
CIMG8393_20200616054759876.jpg

685m峰の後ろから三角山(708m)が姿を現した。
CIMG8395_2020061605480251f.jpg

3段目を登り切ると、分岐の道標が立っていた。
CIMG8398_20200616054733d03.jpg

右は、待根山(1002m)への道。
CIMG8399_20200616054734024.jpg

入り口こそまだ道の痕跡が残っているけど、おそらくこの先は完全にやぶと化しているのだろう。
あそこまで線をつなげたい気もするが、不可能だ。
CIMG8400_2020061605473646f.jpg

隈根尻の頂上はもうすぐそこである。
CIMG8401_20200616054737916.jpg

天国への階段を登ると
CIMG8402_20200616054708c10.jpg

そこに古い標柱と、樺戸山と同じ携帯型の新しい山名板があった。
CIMG8403_20200616054710ce2.jpg

時刻はちょうど正午。登山口からほぼ3時間半かかった。
CIMG8404_202006160547119f1.jpg

立派な方位盤があったので、ここに腰を下ろして昼食とする。
CIMG8405_20200616054713353.jpg

その前にすべきことをしておかないと。
山頂から西に続く尾根。地形図には少し道が続いているように書かれていたが、完全に消滅していた。
CIMG8406_20200616054714a6f.jpg

南の方角。中央右は三角山。
CIMG8407_20200616054643be1.jpg

南東に樺戸山。随分低く、ここからだと、大した山には見えない。
CIMG8408_20200616054645a1a.jpg

浦臼山への稜線。あそこを延々戻らなければならないとは・・・
DSC_4586_2020061605432020d.jpg

北にピンネシリ(左、1100m)と待根山(右)。昨年登ったが、ガスで真っ白だった。
CIMG8410_202006160546462b4.jpg

北西には神居尻山(947m)。あそこに登ったのは3年前の猛烈に暑い日だった。
CIMG8411_20200616054648e0d.jpg

神居尻、ピンネシリ、待根。3役そろい踏み。
DSC_4585_20200616054317305.jpg

この標柱は1975年に建立したものらしい。
ライオンズクラブは関係なさそうだ。
DSC_4582_20200616054314360.jpg

360度のパノラマを楽しんだ後、記念撮影。
今回のYちゃんのテーマは「隈」にちなんでクマだそうだ。
DSC_4584_20200616054317ef4.jpg

というわけで、やっと昼食。今日もコンビニおにぎりだ。
CIMG8412_2020061605464969a.jpg

それにしても1000mに満たない山に3時間半もかかるとは、北海道の山は本当に遠い。
CIMG8413_202006160546191a9.jpg

30分ほど休んで出発。
CIMG8414_20200616054621c3d.jpg

さて、帰りは何時間かかるだろう。
CIMG8415_20200616054623af8.jpg

目標は2時間半。15時半には登山口に戻っていたい。
CIMG8416_202006160546241a7.jpg

さようなら、ピンネシリさん。
CIMG8417_202006160546250ed.jpg

まずは、樺戸山への大キレットをもう一度クリアしなくてはならない。
CIMG8418_20200616054557d22.jpg

標高差170mを一気に下る。
CIMG8419_2020061605455809e.jpg

樺戸山の斜面の植生の違いがおもしろい。
雪崩がどんどん山を削っているような気がする。
CIMG8420_20200616054601206.jpg

振り返ると、Yちゃんが横向きで下りている。
CIMG8421_20200616054601bf3.jpg

下りは苦手なのだそうだ。
CIMG8423_202006160545345f9.jpg

所々に小さな残雪がある。
CIMG8422_20200616054603535.jpg

孤高のダケカンバ。
CIMG8424_20200616054535425.jpg

それにしても、お尻の前に靴に穴が開いてしまいそうな、ササの切り口だ。
CIMG8425_20200616054537176.jpg

Yちゃんも「トレランシューズにしないで本当によかった」とH君、O君に感謝していた。
CIMG8426_2020061605453841b.jpg

1段目のテラスでひと息。
CIMG8427_20200616054540d96.jpg

あそこが樺戸山と隈根尻山の鞍部。
CIMG8428_20200616054512668.jpg

何でも撮ります。
CIMG8429_20200616054514252.jpg

間もなく、あれを登ることになります。
CIMG8430_20200616054515827.jpg

使い物にならないロープを通過。
CIMG8431_2020061605451730b.jpg

下りに15分近くかかった。
CIMG8433_20200616054518e86.jpg

左の谷は、於札内川の源流部。
CIMG8434_20200616054449b04.jpg

そこに雪渓が残っていた。
CIMG8436_20200616054452468.jpg

鞍部の突起。
CIMG8435_2020061605445027d.jpg

ようし、登るぞ~!
CIMG8437_2020061605445376e.jpg

とっくに汗だくだけど。
CIMG8438_202006160544559de.jpg

朝方は雨が降っていて寒かったので、Yちゃんに防寒具を用意するよう伝えたが、全く必要なかった。
CIMG8439_202006160544242e1.jpg

ロープが苔むしている。
CIMG8440_202006160544268b5.jpg

でも、上の方のロープは使わせてもらった。
CIMG8441_20200616054427fad.jpg

13時前、やっとこさっとこ樺戸山に到着。
CIMG8442_202006160544296c2.jpg
往路は34分かかったが、復路は29分だった。
息が切れたので、標石に腰掛けて休ませてもらった。
山に登り始めた頃より確実に体力が落ちているような気がする。
「山は逃げない」と言うのは迷信で、実は「山は確実に逃げる」のである。
体力の問題もそうだし、自然災害で登れなくなることもある。
今年などは新型コロナで登れなくなった。
もちろん危険な時は撤退するが、「登れる時に登っておく」。これが鉄則だ。

よくよく標柱を見ると、登山道がここまで開通したのは昭和46年(1971年)8月4日とある。
CIMG8443_202006160544316a0.jpg

比較的新しい山だったのだ。
CIMG8444_20200616054400a16.jpg

5分弱の休憩で出発。
CIMG8445_20200616054402ee0.jpg

この先もアップダウンだが、下り基調なので、気分的には少し楽だ。
CIMG8447_2020061605440575c.jpg

オオカメノキに見送られ、気合を入れる。
CIMG8446_202006160544030ce.jpg

帰り道は復習、撮りもらしたものを回収していく。
CIMG8448_202006160544062ab.jpg

二つに分かれている三日月湖は、浦臼町の東沼と西沼だろうか。
CIMG8449_20200616054337ef3.jpg

赤味を帯びた平和通り。
CIMG8450_202006160543384db.jpg

ササのない路面はほんとに天国だ。
CIMG8452_20200616054341e75.jpg

広大な石狩平野。
CIMG8451_20200616054340fea.jpg

チシマザクラよ、さようなら~
CIMG8453_20200616054343648.jpg

(つづく)
このページのトップへ

樺戸連峰(3)

【2020年6月7日(日)】樺戸連峰
浦臼山(718m)を後にして、樺戸山(890m)に向かっている。
CIMG8294_20200615045253e1c.jpg

目の前に見えているのは884mピーク手前の小ピーク。
CIMG8296_20200615045255576.jpg

引き続き道はわりとしっかりしている。
CIMG8297_2020061504525716e.jpg

赤い若葉を愛でつつ。
CIMG8298_202006150452587c6.jpg

10:40頃、小ピークを通過。
CIMG8299_20200615045300557.jpg

ここからしばらくは比較的平坦な道になる。
CIMG8300_20200615045231e0e.jpg

右手にピンネシリ(左、1100m)と待根山(右、1002m)。
あちらにはかつて隈根尻山(971m)から縦走路がつながっていたが、今は廃道になっている。
CIMG8301_20200615045232664.jpg

樺戸山から南に延びる尾根。
CIMG8302_20200615045234e0b.jpg

北西の風が強いはずなのに、なぜか木は北に傾いている。不思議だ。
CIMG8303_202006150452350c7.jpg

すでに森林限界に達しているようで、ありがたいことにずっと見晴しがいい。
CIMG8304_20200615045237886.jpg

やっと844mピークが見えてきた。
CIMG8305_2020061504520887e.jpg

その直前が急登だ。
CIMG8306_20200615045210f83.jpg

ロープが設置されているほど。
CIMG8307_202006150452116d4.jpg

右手に隈根尻山。このあたりまで来てやっと、あの山が隈根尻だと確信が持てた。
CIMG8308_20200615045213b75.jpg

844mピークへ最後の登り。
CIMG8309_20200615045214dc0.jpg

左手は深く切れ落ちている。
CIMG8310_202006150451464df.jpg

沿道にハクサンフウロ。
CIMG8311_202006150451474a3.jpg

884mピークの手前で単独男性とすれ違った。
CIMG8312_20200615045149a6e.jpg
私は気づかなかったが、Yちゃんによれば汗だくだったという。
アップダウンのピストンが相当応えているのだろう。

10:50頃、844mピークを通過。
CIMG8313_202006150451508da.jpg

ピークを回り込むと、隈根尻山への登りが見えてしまった。
CIMG8316_20200615045125290.jpg

あれは相当きつそうだ。
CIMG8314_20200615045152ac2.jpg

あれが隈根尻だということは、樺戸山(890m)はあの右の高いピークだろうか。
CIMG8315_2020061504512426c.jpg

左前方の斜面にはまだ細い雪渓が残っている。
CIMG8317_20200615045127310.jpg

来週にはなくなっているかもしれない。
CIMG8318_20200615045128abb.jpg

右手、隈根尻山の山腹に林道が切られているのが見える。
CIMG8319_20200615045130c47.jpg
あれも、おそらくもう廃道になっているのだろう。

ピンネシリと待根山が並んで見えてきた。
CIMG8320_2020061504510161f.jpg
こうなると、おっぱい山である。

O君、H君に脅されたササの断端は今のところ、ほとんどない。
CIMG8321_2020061504510340b.jpg
本当にあるのだろうか。

このあたりまで登ってくると、まだつぼみのままのツツジもあった。
CIMG8322_202006150451044d7.jpg

開いたばかりのツツジの花は真っ赤だ。
CIMG8323_20200615045106abf.jpg

露に濡れて健気である。
CIMG8324_20200615045107d95.jpg

道が真っすぐになった。
CIMG8325_20200615045037f0a.jpg

ここで、今度は単独女性とすれ違った。
CIMG8326_20200615045038a1e.jpg

車が3台あったので、これで計算は合う。
CIMG8327_20200615045040adb.jpg

この先にはもう誰もいないはずだ。
CIMG8328_20200615045041f0c.jpg

なんと、まだチシマザクラが咲いていた。
CIMG8329_20200615045043226.jpg

春の名残である。
CIMG8330_202006150450137de.jpg

足元の道がちょっと崩れて、土の中の石が露出していた。
CIMG8331_20200615045015845.jpg

樺戸山への最後のこぶとなる861mピークを11時過ぎに通過。
CIMG8332_20200615045016ebf.jpg

ここでやっと樺戸山の姿をすっきりと拝むことができた。
CIMG8333_2020061504501893e.jpg
あそこがここより30mも高いようには見えないのだが。

右は隈根尻。
CIMG8334_20200615045019e16.jpg

ピンネシリと待根山はお姿がいいので何度も撮ってしまう。
CIMG8335_202006150449518bf.jpg

樺戸山から南に延びる尾根。
CIMG8336_20200615044952b52.jpg

隈根尻。
CIMG8337_202006150449543f9.jpg

さあ、樺戸山は目前だ。
CIMG8338_20200615044955d19.jpg

周辺はササとダケカンバの世界である。
CIMG8339_20200615044957c4b.jpg

ダケカンバは本数が少ないので、1本1本の形がよく分かる。
CIMG8340_20200615044928763.jpg

自然が制作したアートのようだ。
CIMG8341_20200615044929a33.jpg

陽が射すと新緑が実に鮮やかである。
CIMG8342_202006150449315d4.jpg

樺戸山へ最後の登りに差し掛かった。
CIMG8343_202006150449320a5.jpg

左手には石狩平野を流れる石狩川。
CIMG8344_20200615044934fe8.jpg

かなり青空が広くなってきた。
CIMG8345_20200615044904f35.jpg

樺戸山から南に延びる尾根の東側はかなりの急斜面である。
CIMG8346_2020061504490600f.jpg

歩いてきた稜線を振り返る。
CIMG8347_202006150449079fe.jpg

ツツジに励まされ
CIMG8348_20200615044909ad4.jpg

ラストスパート。
CIMG8349_20200615044910103.jpg

と思ったら、もう少しあった。
CIMG8350_20200615044841a2d.jpg

バンザーイ、なしよ(これ、分かるかなあ)。
CIMG8351_20200615044843b0d.jpg

オオカメノキにご挨拶したところで
CIMG8352_20200615044844639.jpg

樺戸山に登頂。時刻は11:18、浦臼山から75分ほど。
コースタイムより15分速かった。
CIMG8353_2020061504484501c.jpg

この三角点みたいな標石もライオンズクラブが設置したものだった。
CIMG8354_202006150448472b4.jpg

まずは眺望を確認。北東の方角に先週登った音江連山。右端はイルムケップ山(864m)だろう。
CIMG8355_20200615044819f35.jpg

南尾根。
CIMG8356_2020061504482018e.jpg

忘れずに記念撮影。山名板が手に持てるようになっていたので、活用させていただいた。
Yちゃんは山名にちなんで、「カバ」のイメージだそうである。
DSC_4581_20200615044649dcd.jpg

8分ほどの休憩で出発。
CIMG8357_20200615044822452.jpg

コースタイムでは、あそこまで60分ということだったが、そんなにはかからないだろう。
CIMG8358_20200615044823f9a.jpg

今、11時半前なので、目標は正午だ。
CIMG8359_20200615044825d87.jpg

ここから90mほど下り170m登らなければならないが、いきなりのササ。
CIMG8360_2020061504475529e.jpg

ロープはあるものの、猛烈に急な坂で、かつササの断端がひどい。
CIMG8361_20200615044756e30.jpg

O君、H君が言っていたのは、ここのことだったのだ。
CIMG8362_202006150447586f6.jpg

何度も立ち止まって、体勢を整える。
CIMG8363_20200615044759d0f.jpg

転んだら、お尻の穴が増えてしまうからだ。
CIMG8364_20200615044801e78.jpg

Yちゃんも慎重に下ってくる。
CIMG8365_20200615044731e73.jpg

10分近くかかって鞍部まで達した。
CIMG8366_20200615044733e09.jpg

ここからの登り返しが相当にシビアだ。
CIMG8367_202006150447340a4.jpg

一応、樺戸山を振り返っておく。
CIMG8368_2020061504473649f.jpg

朝は雨だったのに、すっかり青空になった。
CIMG8369_202006150447373f7.jpg

南西の方角に立ちはだかるのは、おそらく685m峰(左)。
CIMG8370_20200615044706de7.jpg

樺戸山の山腹は急すぎて雪崩の頻発地帯なのか、草付きの悪いところがある。
CIMG8371_20200615044708de1.jpg

わりと迫力のある斜面だ。
CIMG8372_20200615044709d4d.jpg

登りはやはり超ハードである。
CIMG8373_202006150447114e2.jpg

ササを刈った後にフキやイタドリが跋扈している。
CIMG8374_20200615044712a9c.jpg

ササの断端はこんなに長い。
CIMG8376_202006150446466c1.jpg

尖っているし、早くも次世代が顔を出している。
CIMG8377_20200615044649a06.jpg
あな、おそろしや。

(つづく)
このページのトップへ

樺戸連峰(2)

【2020年6月7日(日)】樺戸連峰
浦臼山(718m)を目指して登っている。
CIMG8221_20200614085924418.jpg

時々、展望が開ける。見えている湖は砂川遊水池である。
Yちゃんに「あれはマガンで有名な宮島沼だよ~」と言ったが、全く方向が違っていた。
ウソをついてごめんなさい。
CIMG8223_202006140859265b3.jpg

標高650mを超えて、やっと道は平たんになった。
CIMG8224_2020061408592707c.jpg

今度は左手に浦臼山の山裾と奈井江方面の田園風景が展開した。
CIMG8225_202006140859291d2.jpg

水田が谷戸の奥まで入り込んでいるのが分かる。
CIMG8226_20200614085930314.jpg

石狩平野の中央を石狩川が貫いている。
CIMG8227_20200614085900899.jpg

足元にはハクサンチドリを発見!
CIMG8228_20200614085902ba4.jpg

この真っ赤なのはタニウツギのつぼみだろう。
CIMG8229_20200614085903bb5.jpg

平和な白樺通りを進む。
CIMG8230_20200614085905459.jpg

木々の間からピンネシリ(1100m)らしき山が見えるのだが、うまく写真が撮れない。
CIMG8231_20200614085906024.jpg

左手の法面が樹木の根っこの土が流出して空洞になっている。
CIMG8232_20200614085837e2a.jpg

なにか動物が潜んでいそうだ。
CIMG8233_202006140858390a0.jpg

マイズルソウの群落。
CIMG8234_20200614085840185.jpg

この尾根道はとても広くて歩きやすい。
CIMG8235_2020061408584222d.jpg

浦臼山はバイクでも山頂まで行けてしまう山なのか。
CIMG8236_20200614085843bef.jpg

実際に、あのバイクとバギーの姿が見えないところを見ると、行ってしまったのだろう。
CIMG8237_20200614085816cab.jpg

右前方に目立つ山が現れた。
CIMG8238_20200614085818a23.jpg

あれは最終目的地である隈根尻山(971m)だろうか、それとも手前の樺戸山(890m)だろうか。この時点では、まだ確定できていない。
CIMG8239_20200614085819647.jpg

またまたハクサンチドリ。
CIMG8241_202006140858226ac.jpg

この時点では、名前を思い出せず、Yちゃんには「思い出すまで、しばらく待ってね」と言うしかなかった。
CIMG8240_20200614085821eab.jpg

しばらく平和通りなので、うれしい。
CIMG8242_2020061408575209a.jpg

時々、展望が開けるのも、なおうれしい。
CIMG8243_20200614085754ae3.jpg

あそこに見える三日月湖はトイ沼だろうか。
CIMG8244_20200614085755a1e.jpg

あのスキー場は神威岳(467m)のかもい岳国際スキー場だと思われる。
CIMG8245_20200614085756fe8.jpg

気持ちのいい新緑の白樺並木だ。
CIMG8246_20200614085758ad0.jpg

曇ってはいるが、浦臼山にかかっていた雲は取れたようだ。
CIMG8247_20200614085729e5c.jpg

わお、今年初めてちゃんと咲いているシラネアオイに出会った。
CIMG8248_202006140857314d2.jpg

そして、タチツボスミレの大群落。
CIMG8249_20200614085732512.jpg

また、左手が開けたので、覗いてみた。
CIMG8251_20200614085735cf3.jpg

すると、Yちゃんが「何かありますよ」と教えてくれた。
CIMG8252_20200614085705156.jpg

ほんとだ。よく見ると、浦臼ライオンズクラブが昭和45年(1970年)8月1日に設置した山頂標識であった。
CIMG8250_202006140857340ab.jpg
でも、Yちゃんはちゃんとネットで情報収集してきたらしく、「この標識に騙されるな、本当の山頂はもっと先だと書いてありました」という。
ここが山頂だと思い込んで、引き返してしまう人もいるのだろう。
私はろくに調べてこなかったので、ボーっと歩いていたのだが、地図ロイドを確認すると、すでに三角点は過ぎている。
この先に山頂があるということは、三角点より高い場所なのだろう。
となると、ここから500mほど先に720mの等高線があるが、そのあたりだろうか。
それにしても、この標識は死角にあるので、全く気付かなかった。
Yちゃんのおかげである。

三角点の確認は帰りにすることにして前進する。
すると、ものの1分で、山頂に着いてしまった。
CIMG8253_20200614085707907.jpg

ここはとくにピークでもなければ、眺望もまるでない。
そんな場所に標識を立てたのは、ちょっと広く場所が取れたからだろうか。
CIMG8255_202006140857104ab.jpg

よく見ると、この方位盤も浦臼ライオンズクラブが同じ年の8月25日に設置している。
CIMG8256_202006140857129f1.jpg
浦臼町が設置した山名板の方が新しいように見えるので、町が「追認」したようにも思えるが、もっと古い山名板がかつてここにあって、それを更新しただけかもしれないので、断定はできない。
いずれにしろ、ちょっと不思議な配置ではあった。

ちなみに、この方位盤の変な模様は、たぶんライオンズクラブの頭文字「L」だろう。
CIMG8254_2020061408570941e.jpg

とにかく、1座目ゲット。記念撮影をして初めての休憩をとる。
DSC_4576_202006140853451bf.jpg
簡易イスを取り出し、腰を下ろした。
ここまで標高差470mを1時間20分かけて登ってきたが、Yちゃんがアスリートで疲れた様子を全く見せないので、休まずに来てしまった。
私の方が疲れてしまった。

ボンゴ豆をいくつか口に放り込み、10分弱で出発。
前方には樺戸山に至るまでのアップダウンがはっきりと見える。
CIMG8256_202006140857129f1.jpg

地形図で確認すると、782m、844m、861mと大きなピークが3つもある。
さっきも見えたあの山は、それらとはやや距離が離れているので、やはり隈根尻だろうか。
CIMG8257_20200614085640415.jpg

とにかく、まだまだ先は長い。
CIMG8258_202006140856424d8.jpg

幸い、しばらくは平坦な道である。
CIMG8259_2020061408564401b.jpg

バギーとバイクはもっと先まで行っているようだ。
CIMG8260_20200614085645538.jpg

左手の谷底に雪渓が見える。
CIMG8261_20200614085647823.jpg

その表面は枯れ葉や枝などで覆われていた。
CIMG8262_2020061408561733f.jpg

再び、シラネアオイ。
CIMG8263_20200614085618c08.jpg

しっかり花びらが開いていると実に美しい。
CIMG8266_2020061408562237c.jpg

ハクサンチドリも負けていない。
CIMG8267_20200614085551bf2.jpg

登る前に地形図をさっと見たとき、この平坦な道が印象に残って、音江連峰より楽だと思ってしまった。これが間違いのもとであった。
CIMG8264_20200614085619f45.jpg

もう年なのだから、ちゃんと事前学習をしてから出かけるようにしないと。
CIMG8265_20200614085622b25.jpg

浦臼山を振り返る。
CIMG8269_2020061408555352a.jpg

浦臼山から約800m、15分近く歩いたところにバギーとバイクが停めてあった。
CIMG8270_20200614085555f8b.jpg
すぐ脇のササやぶの中から、がさごそと音がする。
やはり彼らの目的はタケノコ採りだったようだ。
エンジンが掛けっぱなしなのは、その音を戻る場所の目標にしているのだろう。

ここから782mピークの本格的な登りとなる。
CIMG8271_20200614085556104.jpg

バイクではもう登れないような道だ。
CIMG8272_20200614085559353.jpg

いきなりササの背丈が高くなった。
CIMG8273_202006140855241f1.jpg

さっきの標識からピークまでの標高差は40mほど。
CIMG8274_20200614085526155.jpg

左前方に664mピークが見下ろせた。
CIMG8275_20200614085527245.jpg

最初のピークは5分ほどでクリア。
CIMG8276_20200614085529cf5.jpg

もちろん、山名板などはなく、「登った山」は稼げない。
CIMG8277_20200614085530801.jpg

右手にオンコの木。さすがに音江連山のように保護はされていなかった。
CIMG8278_20200614085502316.jpg

ここから50m近く下る。
CIMG8279_20200614085502432.jpg

新緑が目にまぶしい。
CIMG8280_20200614085503cc2.jpg

なんか陽が射してきたのかな。
CIMG8281_20200614085505d25.jpg

青空も覗いてきた。
CIMG8282_20200614085506d97.jpg

これはラッキーだ。
CIMG8283_202006140854376e8.jpg

ラッキーついでに、ピンネシリ(奥)と待根山(右手前、1002m)も姿を現した。
CIMG8286_202006140854407b3.jpg

ピンネシリの頂上にはちゃんと純白の気象レーダーがのっかっている。
CIMG8284_2020061408543715c.jpg

前方には次なる844mピークが迫る。
CIMG8285_2020061408544152d.jpg

左側の東斜面は樹木がほとんどない。完全な雪崩地帯だ。
CIMG8287_20200614085442393.jpg

生えているのは、ダケカンバ2本のみ。
CIMG8289_20200614085405ff9.jpg

こいつは随分ツタに絡まれているが生きているのだろうか。
CIMG8290_20200614085406864.jpg

それにしても、結構きつそうだ。
CIMG8288_20200614085402f11.jpg

ピークに「前樺戸山」なって山名板があるといいのだけど、あるとは思えない。
CIMG8291_202006140854094d1.jpg

稜線の道を振り返る。
CIMG8292_202006140854091e2.jpg

さっき前方に見えていた664mピークも後方に回った。
CIMG8293_2020061408534457a.jpg


(つづく)
このページのトップへ

樺戸連峰(1)

【2020年6月7日(日)】樺戸連峰
今週は、H君が所用のため不参加なので、私が行き先を考えなくてはならない。
でも、H君から「隈根尻はいいよ~、3座稼げるから」と言われていたので、あっさりそこに決めた。
地図やヤマレコで確認したら、距離は音江連山周回よりも3kmほど長いものの、アップダウンはそれほどでもないと思ったからだ。
しかし、それは大間違いであったことを後で知ることになる。

H君、O君、Yちゃん、Mちゃんと私の5人で「南区グレートトラバース」というfacebookのグループを作っているのだが、そこで呼びかけたところ、YちゃんとMちゃんが参加してくれることになった。
しかし、当日は起きてびっくり。なんと小雨が降っている。
確か天気予報は、晴れ時々曇りだったはずだが。
目的地の浦臼町の予報を見ると、終日曇りで降水確率は40%。
現地も雨だったら断念することにして、一応出発することに決めた。

朝6時に中央区の自宅を出発。ワイパーを時々動かしながら、Yちゃんの家に向かって南下すると、川沿あたりで雨は止み、路面も乾いている。
こっちは雨降っていなかったのか。
雨は、もしかしたら札幌の一部のみの局所的なものなのかもしれない。
そう期待しよう。

6時半前にYちゃん家に到着すると、もう彼女は家の外に出て待っていてくれた。
すぐに反転して、中央区にあるMちゃん家へ。
到着したよ~とメールを送ろうとしたら、彼女から不参加のメールが入っていた。
雨なので、サッカーの練習に行く息子さんの送迎をしなければならなくなり、行けなくなってしまったとのことだった。
それは実に残念。結局、2人だけの山行ということになった。

国道275号を北上する最中も、小雨が降ったり、晴れ間が見えたり、落ち着きのない天気だ。
周辺の山々にも低い雲がかかっており、あまりテンションが上がらない。
これは登っても、ガスで真っ白だなあ。
風が吹いて寒かったりして。
雨になったら、同窓生がやっている旭川の旭山コナールにでも行こうかなあなどと考えていたが、どうやら天気は持ちそうだ。

浦臼市街に入って、最終コンビニで昼食のおにぎりを調達、トイレも済ませた。
今回はマスクを忘れてしまったので、お店の方にご迷惑だなと、ちょっと緊張した。
登山口はコンビニのすぐ先の道を左折し、行き止まりまで行けばいい。
正面に見えてきた浦臼山(718m)はほとんど雲に隠れていた。
DSC_4573_202006112107261a1.jpg

今日は修行じゃわい、と覚悟する。
DSC_4574_20200611210727685.jpg

道は途中からダートとなり、天気のせいか森が暗く非常に心細い。
今にもクマが出てきそうな雰囲気だ。
CIMG8169_2020061121111299b.jpg
しかし、登山口に到着すると、車が3台ほど停まっていて、めちゃめちゃホッとした。
タケノコ採りの人なのかもしれないが、先行者がいるのはありがたい。

登山口の標高は約245m。
今日は浦臼山、樺戸山(890m)を経て隈根尻山(971m)まで歩き、来た道を引き返す15km超のピストンコースである。
累積標高差は1000m以上。頑張らなくては。

ちなみに、今日のYちゃんの靴とスパッツはおニューである。
CIMG8176_20200611211053bf9.jpg
昨年夏にここを登ったことがあるH君とO君から「ササを刈った断端がひどいのでハイカットの靴の方がいい」と、アドバイスがあったので昨日買ってきたのだそうだ。
これが本当に後でものを言うことになる。

軽くストレッチを済ませて、8時半すぎに出発。
登山道は砂防ダムの手前を左に延びている。
CIMG8170_202006112111145ce.jpg

入林届のポストがあったので、記入しておく。
CIMG8171_20200611211115925.jpg

車が3台あるのに、記入されているのは1人だけ。
しかも、6:45に出発している。随分早起きだ。
CIMG8172_20200611211117324.jpg

道はもともとは林道だったという雰囲気。
CIMG8173_20200611211119683.jpg

出発してすぐ、オフロードバイクとバギーを積んだトラックが到着した。
どういう方々なのだろうか。
CIMG8174_2020061121105016f.jpg

今金町のカニカン岳にもあった、道標をくわえた樹木を発見。
CIMG8175_20200611211051283.jpg

その先でチェーンのゲートが現れた。この先は車両通行止めだそうだ。
CIMG8177_202006112110553e3.jpg

フキの陰に隠れていた「樺戸連峰登山口」の標識をYちゃんが見つけてくれた。
CIMG8178_20200611211056eb3.jpg

もともと林道だったので、勾配は比較的緩い。
CIMG8179_2020061121102661b.jpg

この前までフキノトウの季節だったのに、もうフキがこんなに成長している。
CIMG8180_202006112110284a2.jpg

その上を、こんなに大きなカタツムリがゆっくりと進んでいた。
CIMG8181_20200611211029992.jpg

ここでも、量は少ないが、いきなりクマ?の糞。
CIMG8182_20200611211031c7f.jpg

でも、こんなに人が歩いているので、きっと出ては来ないだろう。
CIMG8183_20200611211032a05.jpg

沿道にクルマバソウ。
CIMG8184_202006112110038a1.jpg

心が和む。
CIMG8186_20200611211006da0.jpg

この時期の葉っぱは虫食いもなく、とても美しい。
CIMG8185_20200611211005bb5.jpg

路面は所々ぬかるんでいるが、ちゃんと避けて歩ける。
CIMG8187_20200611211008820.jpg

タニウツギも咲いていた。
CIMG8188_20200611211009815.jpg

Yちゃんも「きれい」と喜んでいた。
CIMG8189_20200611210941f02.jpg

この白い花は分かりません。
CIMG8190_20200611210942a5d.jpg

出発して10数分後に、さっきのバギーが追いついてきた。
CIMG8191_20200611210944a71.jpg

ゲートのカギを開けられたわけなので、おそらく許可された方なのだろう。
CIMG8192_20200611210945c96.jpg

後ろにカゴがあるので、やはりタケノコ採りかしら。
CIMG8193_20200611210947671.jpg

続いて、バイクも。2人はお仲間のようだ。
CIMG8194_20200611210916248.jpg

2台を見送った後は、排ガスの臭いがしばらく立ち込めた。
CIMG8195_20200611210917804.jpg

でも、我々にお辞儀をして通過していったので、いやな気分にはならなかった。
CIMG8196_202006112109198b2.jpg

旧林道はしばらく続く。
CIMG8197_202006112109208df.jpg

フキのほか、イタドリももうこんなに成長している。
CIMG8198_2020061121092258d.jpg

ちょうど9時に展望が開けた。砂川方面だろうか。
CIMG8199_202006112108510c1.jpg

背後でナナカマドが白い花を咲かせていた。
CIMG8200_20200611210853d30.jpg

不気味な枯れ木が現れた。
CIMG8202_202006112108562ef.jpg

先端は人為的に切断された痕跡がある。なぜこんな切り方をしたのか謎だ。
CIMG8201_20200611210854a3e.jpg

しかも、その枝が道を遮断していた。
CIMG8203_20200611210857638.jpg
バギーはこの程度の障害なら乗り越えられるようだ。

「バギバギっと折っていくんじゃないんだね」とボケたら、Yちゃんは大笑いしてくれた。
優しい子だ。
CIMG8204_20200611210827cd4.jpg

間もなく、単独男性が早くも下りてきた。
CIMG8206_2020061121083053c.jpg

風体からして登山者ではなく、タケノコ採りだろう。
あのザックの中にタケノコが大量に詰まっているに違いない。
CIMG8205_20200611210829c66.jpg

再び、展望が開けたのは9:10過ぎ。依然として、どんよりと曇っている。
CIMG8207_202006112108324b3.jpg

登山口から40分ちょっとで、「樺戸連峰案内板」と書かれた看板のある場所まで来た。
ここで標高はちょうど500m。
CIMG8208_20200611210833db7.jpg
もしかしたら、以前はここまで車で入れたのかもしれない。
案内板をよく見ると、コースタイムが書かれている。
ここから浦臼山までが50分、樺戸山へはさらに90分、その先隈根尻山までがちょっと読み取りにくいが60分か。
合計すると3時間20分。そんなにかかるのか!

道はここから細くなり、いきなり急になるが、バギーたちはまだ先まで行っている。
CIMG8209_202006112108052c7.jpg

左手に反射板が現れた。
CIMG8210_20200611210806d65.jpg

Yちゃんに「これ、何ですか?」と聞かれて、まともに答えられなかったので調べてみた。
どうやら、放送や通信用のマイクロ波反射板というもののようだ。
電力会社や通信会社、放送局などが見通しがきかない山間部で、電波を反射させるために設置したものだという。
全然知らなかった。ボーっと生きてちゃいかんね。
CIMG8212_2020061121081045c.jpg

またまた展望が開けた。
CIMG8211_202006112108089e6.jpg

北東に見えているのは426mピークであろう。
CIMG8213_2020061121081151d.jpg

すぐ下は於札内川の谷か。
CIMG8214_202006112107433aa.jpg

このあたりかなりの急登だ。
CIMG8215_20200611210745919.jpg

ツツジに励まされて登る。
CIMG8216_2020061121074609e.jpg

タチツボスミレを撮るのは、かがまないといけないので、ちょっとつらい。
CIMG8217_20200611210748423.jpg

野イチゴも同じこと。
CIMG8219_202006112107494ef.jpg

わ、すごい群落。
CIMG8220_20200611210725d6e.jpg

登り始めてからちょうど1時間が経過した。
CIMG8222_20200611211925548.jpg

(つづく)
このページのトップへ

音江連山(4)

【2020年5月31日(日)】音江連山
剣山(529m)、音江山(795m)、無名山(804m)と3座を制覇して、最後の沖里河山(802m)に向かっている。
CIMG7161_2020061006191391d.jpg

背丈の高いササの道を下る。
CIMG7162_20200610061915a1c.jpg

正面に見えているのが沖里河山だ。
CIMG7163_2020061006191607a.jpg

途中、巨大なサツノコシカケを発見。
CIMG7164_202006100619187da.jpg

直径30cmくらいあった。
CIMG7165_202006100619199d1.jpg

間もなく、道は登りに転じる。
CIMG7166_202006100618508ee.jpg

これを登り切れば、あとは下るだけだ。
CIMG7168_20200610061853f12.jpg

ロープが出てきたが、頼るほどの傾斜ではない。
CIMG7169_20200610061854802.jpg

途中、4~5人の青年グループがアイヌネギを収穫していた。
売るのか、自家消費するのか。ものすごい量だった。
CIMG7167_2020061006185189d.jpg

いったん抜かしたが、すぐ追いついてきたので、先に行ってもらった。
CIMG7170_20200610061857faa.jpg

無名山から30分かからずに、沖里河山に到着。
CIMG7171_20200610061824213.jpg

山頂は立派な展望台になっていて
CIMG7191_202006100616383cf.jpg

ここにも巨大な山名板があった。
CIMG7189_202006100617198b4.jpg

とにかく、展望が素晴らしい。例によって順に見ていこう。
すぐとなりが神居山(799m)のカムイスキーリンクス。
CIMG7172_20200610061826beb.jpg

東は大雪山。
CIMG7175_2020061006183011c.jpg

左奥に見えるのは天塩岳かなと思ったら、ニセイカウシュッペ山(1883m)であった。
CIMG7185_202006100617465a3.jpg

その上に半月が浮かぶ。
CIMG7173_20200610061827548.jpg

眼下は深川の水田地帯。深川は米どころである。
CIMG7174_202006100618296a2.jpg

奥に見える山はおそらくポロシリ山(730m)だろう。
CIMG7186_20200610061714544.jpg

蛇行する石狩川。
CIMG7177_20200610061804807.jpg

その向こうに暑寒別岳(1492m)を主峰とする増毛山地。
CIMG7178_20200610061805192.jpg

西にはさっき登った音江山。
CIMG7176_20200610061802640.jpg

今朝渡った深川橋。
CIMG7179_20200610061807bb3.jpg

北東の方角には旭川の町並みも望めた。
CIMG7190_20200610061720a4e.jpg

展望台の柵は観光案内図になっている。
CIMG7180_20200610061808834.jpg
CIMG7181_20200610061740703.jpg

なぜかUFOが。
CIMG7182_2020061006174229b.jpg

古い望遠鏡があったので、さっそくYちゃんが覗いている。
CIMG7183_20200610061743f46.jpg

なんとまだ壊れておらず、わりと見えるという。
CIMG7187_20200610061716d86.jpg

でも、コインの投入口はふさがれていた。
CIMG7188_20200610061717ff7.jpg

すぐ下に駐車場が見えて、何台も車が停まっていた。
これじゃあ、山というより観光展望台である。
CIMG7184_2020061006174583c.jpg

最後に記念撮影(変顔バージョン)。
received_1205038896497162.jpg

ここには15分ほど滞在して、出発。
半分読めなくなった道標が傾いてササに埋もれていた。
CIMG7192_20200610061640a15.jpg

駐車場まではしっかりした階段である。
CIMG7193_202006100616425b9.jpg

駐車場までの標高差はわずか20mほど。
CIMG7194_2020061006164376e.jpg

あっという間に着いてしまった。
CIMG7195_202006100616451d1.jpg

この説明板は意味が分かりにくいのだが、かつて音江山が「エン・ルム・ケップ(尖った頭を削った神の台座)」、沖里河山が「オトゥイェポク(そびえ立つ山より細流のある郷)」と呼ばれていたそうで、いつの間にか東西取り違えて、現在のような名前になったらしい。
CIMG7196_20200610061615010.jpg
理由は不明とのことである。

さて、ここからは延々、林道歩きだ。
CIMG7197_2020061006161616e.jpg

当初は、女性陣2人を待たせて、男性陣で車を取り行き、女性陣をここまで迎えに来るという案もあったのだが、2人とも大丈夫だというので、4人そろって歩いて下ることにした。
CIMG7199_20200610061619a4f.jpg

駐車場には山菜採りの方への遭難防止の看板があった。
登山者への呼びかけはないのは、遭難は山菜取りの人ばかりだからなのだろう。
CIMG7198_202006100616181fb.jpg

駐車場から見た下界の眺め。
CIMG7200_20200610061621dd4.jpg

この林道はイルムケップスカイラインと呼ばれていて、昭和46年(1971年)に当時の深川市長の発案で建設されたと、さっきの案内板に書いてあった。
CIMG7201_2020061006155245d.jpg

工事は陸上自衛隊旭川施設大隊が行ったそうだ。
CIMG7202_202006100615532f9.jpg

間もなく林道分岐。ここは左折する。
ふもと(豊泉)まで4.5kmもあるようだ。
CIMG7203_202006100615562f7.jpg

1時間以上かかりそうだけど、まあ下るだけなのだから、いいだろう。
CIMG7204_202006100615565e9.jpg

ずっとおしゃべりをしながら歩いていたが、かなり下ってきたところで視界が開け、正面に剣山と思しき突起が見えてきた。
CIMG7205_20200610061558312.jpg

H君は「やはり、あれは山だね」と太鼓判を押していた。
CIMG7206_20200610061530dd8.jpg

私もこれで心置きなく「登った山」に加算できる。
CIMG7207_2020061006153144e.jpg

ところで、沖里河温泉の跡はまだ先なのだろうか。
CIMG7208_20200610061533437.jpg

左手に分岐する林道があったが、この奥ではなさそうだ。
CIMG7209_202006100615347df.jpg

さらに下る。
CIMG7210_20200610061536154.jpg

すると、左手に小さな祠が。
CIMG7211_202006100615069e6.jpg

左に小さな石碑が見えるが、そこには「山神」と刻まれていた。
CIMG7212_2020061006150836e.jpg

近くに遺構のような石もあったが、用途は不明である。
CIMG7213_20200610061510352.jpg

というわけでイルムケップスカイラインは終了。
CIMG7214_2020061006151125c.jpg

この分岐を左に行くと、どうやら温泉跡のようだ。
CIMG7215_2020061006151369e.jpg

皆さん疲れているだろうに付き合わせて申し訳ない。
CIMG7224_20200610061423eae.jpg

早速、左手にゴミ捨て場状態になった残骸が現れた。車庫だったのだろうか。
CIMG7223_20200610061421fb9.jpg

今度は、右手の待合川を渡る丸木橋。とても、これを行く気にはならない。
CIMG7216_202006100614449ac.jpg

対岸に崩れ落ちた建物の屋根が見える。温泉跡だ。
CIMG7217_20200610061445895.jpg

屋根付きの橋がつぶれていた。
ここには「♨鳩乃湯」とでも書かれていたのだろうか。
CIMG7218_2020061006144717a.jpg

しかし、これでは、とても向こう岸には渡れない。
CIMG7219_20200610061448a20.jpg

望遠で覗くだけで諦めて引き返すことにした。
CIMG7220_20200610061449d20.jpg

詳しいことは分からないが、ここは含硼酸重炭酸土ルイ食塩泉というめずらしい泉質の温泉で、茶褐色を呈し、強炭酸味・サビ臭があったらしい。
CIMG7222_2020061006141954e.jpg

往年はこんな建物だったようだ。
okirikawa.jpg(ネットより)
明治38年(1905年)の開業で、混浴の内風呂しかなかったという。
廃業したのはいつなのか分からないが、この様子ではもう20年以上は経っている気がする。

というわけで見学は終了し、スカイライン入口まで戻ってきた。
CIMG7225_202006100614241cb.jpg

登山道に戻ってきたのは15時前。
ほぼ6時間の行程で、計画通りだった。さすがH君。
CIMG7226_20200610061426bfb.jpg

ザックを車に放り込んで、深川イルム温泉アグリ工房まあぶに向かう。
近くだったので、すぐに着いた。
DSC_4578_202006100613471b7.jpg

ここは源泉の温度が18.6℃、ph値7.6の低張性弱アルカリ性冷鉱泉である。
DSC_4579_20200610061348f1d.jpg

なぜかウルトラマンが迎えてくれた。
DSC_4580_2020061006135068d.jpg

それでは出陣。
DSC_4582_20200610061351b66.jpg
かけ湯をしてすぐに露天へ。
誰もおらず独占だ~と思っていたら、次々に人が来る。
でも、誰も湯船に入って来ないで、ベンチで休んだりしている。
ソーシャルディスタンスを取っているのかなと思ったが、浴室に戻って分かった。
ものすごく室内が暑いのである。
彼らは私たちが湯から出るのを待っていたのではなく、単に涼みに出てきただけだったわけだ。
こちらも体を洗って、さっと内湯にも入り、40分ほどで上がった。

女性陣を待つ間、ノンアルで喉を潤す。
DSC_4584_2020061006135374b.jpg
全員そろったところで16:20頃に出発。
途中、砂川SAに寄って、18時半くらいに帰宅。
アップダウンが激しく、かなり応えたが、メンバー的にも新鮮な楽しい山旅であった。

【行程】2020年5月31日
登山口(8:58)~剣山(9:35)~音江山分岐(10:36休憩10:50)~音江山(11:16撮影11:28)~音江山分岐(11:51)~762mピーク(12:09)~無名山(12:36昼食13:04)~沖里河山(13:27撮影13:43)~駐車場(13:46)~沖里河温泉跡(14:52)~登山口(14:55)
※所要時間:5時間57分(歩行時間:4時間40分)
※登った山:4座(剣山、音江山、無名山、沖里河山)
※歩行距離:11.8km
※累積標高差:約900m



このページのトップへ

音江連山(3)

【2020年5月31日(日)】音江連山
音江山(795m)に登頂し、無名山(804m)に向かっている。
CIMG7074_20200608050554923.jpg

正面には沖里河山(802m)が見えている。
CIMG7075_20200608050556c6f.jpg

音江山と小ピークの鞍部まで下りてきた。
CIMG7076_20200608050557f15.jpg

形のいい葉っぱなので撮りました。名前は分からない。
CIMG7077_2020060805055976a.jpg

右手に芦別岳(1726m)を主峰とする峰々。
CIMG7078_2020060805060062f.jpg

左手には深川の市街地と石狩川。
CIMG7079_2020060805053296d.jpg

とても贅沢な稜線歩きである。
CIMG7080_20200608050534c1f.jpg

今見えているのは、左が無名山、右が762mピーク。
CIMG7081_202006080505351fd.jpg

小ピークを越えて、さっき休んだ分岐へと下る。
CIMG7082_20200608050537026.jpg

音江山から23分で分岐点に到着。
CIMG7083_20200608050538f48.jpg

そのまま通過する。
CIMG7084_20200608050509b53.jpg

無名山までは、あと1.5kmだ。
CIMG7085_20200608050511ce3.jpg

その手前に立ちはだかるのが762mピーク。
CIMG7086_20200608050512ca7.jpg

右手に刈り込み道が分岐していたので、行ってみたらイチイ(オンコ)の木が現れ、その回りのササが刈られていた。
CIMG7087_20200608050514ba8.jpg
おそらくオンコの木を守っているのだろう。

無名山の頂上部は、かなりの急登のようだ。
CIMG7088_202006080505161bb.jpg

完璧なエンレイソウを発見!
CIMG7089_20200608050446813.jpg

これも見事。Mちゃんもしっかり写真を撮っていた。
CIMG7090_20200608050448151.jpg

随所にある「音江連山登山コース」の標柱。
CIMG7091_20200608050449914.jpg

またまたオンコの木。
CIMG7092_20200608050451d4f.jpg

そして純白の花を咲かせたオオカメノキ。
CIMG7093_20200608050452773.jpg

この花の名前が分かりそうで分からないのである。
CIMG7094_20200608050423d16.jpg

あなたはだあれ?
CIMG7095_20200608050425cec.jpg

さあ、またまた登りが始まった。
CIMG7096_2020060805042668d.jpg

無名山も近づいてきた。
CIMG7097_202006080504285cf.jpg

左は沖里河山。この2座の間は意外に近そうだ。
CIMG7098_20200608050429c74.jpg

沖里河山のアップ。たおやかな山容である。
CIMG7099_20200608050359231.jpg

深川の町の向こうに横たわるのはポロシリ山(730m)だろうか。
CIMG7100_202006080504008a5.jpg

路傍に、まだ葉っぱだけだが、コバイケイソウの群落が現れた。
CIMG7101_20200608050402dc2.jpg

こちらはナナカマド。
CIMG7102_2020060805040386d.jpg

12:10に762mピークを通過。
CIMG7103_202006080504051a0.jpg

どうせならここにも名前を付けてほしかった。
向こうが「無名山」なら、こっちは標高をとって「名無似山」とか。
CIMG7104_20200608050310412.jpg

ここから50m下って、100m登らなければならない。
CIMG7105_20200608050311ffb.jpg

なかなか手ごわそうだ。
CIMG7106_2020060805031368e.jpg

この子も不思議な葉っぱである。
CIMG7107_20200608050314602.jpg

お馴染みマイズルソウ。
CIMG7108_202006080503169fb.jpg

わりと大きなアイヌネギを発見! もちろんMちゃんが収穫した。
CIMG7109_20200608050244ee2.jpg

このあたりはもうアイヌネギ畑である。
CIMG7110_20200608050246bc8.jpg
CIMG7112_202006080502490c4.jpg

採り放題だが、キリがないので、2人ともこれ以上は手を出さないことにしたようだ。
CIMG7113_20200608050251ea6.jpg
CIMG7114_20200608050221f20.jpg

それにしても、今日はずっと雲ひとつない。
CIMG7111_20200608050247567.jpg

これはコバイケイソウではなく、もしかしたらバイケイソウかもしれない。
CIMG7115_202006080502224cd.jpg

Yちゃんが発見したザゼンソウ。
CIMG7116_202006080502238ab.jpg

有名な花だが、私はあまり出会ったことがないので、うれしかった。
CIMG7117_20200608050225140.jpg

無名山への急登が始まった。
CIMG7119_20200608050151dbe.jpg

私とMちゃんはちょっと遅れ気味。
CIMG7120_20200608050152766.jpg

Mちゃんは疲れてきたのか、ちょっと前傾気味なので、もっと背筋を伸ばした方が楽だよと教えてあげた。
CIMG7121_20200608050154610.jpg

坂の途中、景色のいいところで小休止。
暑寒別岳(1492m)で目の保養。
CIMG7122_2020060805015535e.jpg

まだ、雪山だ。
CIMG7128_202006080501325cd.jpg

中央の尖峰は群別岳(1376m)、その左は奥徳富岳(1346m)だろう。
CIMG7129_20200608050102912.jpg

蛇行する石狩川。
CIMG7123_202006080501575be.jpg

さっき登った音江山。
CIMG7124_20200608050126cd5.jpg

その奥に樺戸山地。一番高いのがピンネシリ(1100m)だ。
CIMG7125_20200608050128071.jpg

それら全景。
CIMG7126_202006080501303a6.jpg

もう一度、石狩川。
CIMG7127_2020060805013160e.jpg

イルムケップ山(864m)の登山口にあたるエルムダム。
CIMG7130_20200608050104862.jpg

というわけで、762mピークから30分弱で無名山に登頂。
CIMG7131_202006080501053c1.jpg

それにしてもデカい山名板だこと。
CIMG7132_20200608050107f4b.jpg
音江山との格差は歴然としている。
ここまで来ると、「差別」と言ってもいい。
ただ、地形図の表記は804mなのに、ここには805mとある。
私は、地形図の数字を採用させていただく。

それはともかく、ここからの眺望は素晴らしい。
順に見ていこう。
南にイルムケップ山。
CIMG7134_20200608050037fcb.jpg

ここから縦走路があったそうだが、今は廃道になっている。
CIMG7141_2020060805001423d.jpg

南東の方角に十勝連峰。左から美瑛富士(1888m)、美瑛岳(2052m)、そして中央右に噴煙を上げる十勝岳(2077m)。
CIMG7135_20200608050039940.jpg

右端に聳えるのは富良野岳(1912m)。
CIMG7136_20200608050040e40.jpg

左端はオプタケシケ山(2012m)。
CIMG7142_202006080500165fa.jpg

美瑛富士と美瑛岳。
CIMG7143_20200608050017f12.jpg

主峰、十勝岳。
CIMG7144_20200608045948af9.jpg

上ホロカメットク山(1920m)やら上富良野岳(1912m)やら。
CIMG7145_20200608045949344.jpg

東には大雪山。右端が旭岳(2291m)である。
CIMG7137_20200608050042279.jpg

そのずっと右にトムラウシ山(2141m)。
CIMG7138_20200608050043021.jpg

名だたる名峰がそろい踏みであった。
CIMG7139_20200608050011e0d.jpg

満足したところで、昼食。
今日はあぶり焼きソーセージのおにぎりと稲荷寿司である。
CIMG7140_20200608050013a3d.jpg
結構、お腹いっぱいになった。

食後のウォーミングアップは深川盆地。
CIMG7147_20200608045951879.jpg

登ってきた道。
CIMG7148_20200608045953461.jpg

目指す沖里河山。
CIMG7150_2020060804592379b.jpg

それでは13時過ぎに出発。
CIMG7151_20200608045925e55.jpg

沖里河山までは1.2kmだ。
CIMG7133_2020060805010832f.jpg

空はいつまでも青い。
CIMG7152_20200608045926000.jpg

この先はそんなにアップダウンはきつくないのでありがたい。
CIMG7153_202006080459274c7.jpg

これなら30分くらいで着くだろう。
CIMG7154_20200608045929685.jpg

立派な樹木たちも応援してくれているし。
CIMG7155_202006080459012be.jpg
CIMG7156_20200608045903271.jpg
CIMG7157_202006080459044b3.jpg

ここまで5時間ほど歩いているが、Mちゃんも元気そうなので、少し安心。
CIMG7158_20200608045905d46.jpg

これなら、沖里河山山頂直下の駐車場で待っていてもらわなくても、みんなで一緒に登山口まで下れそうだ。
CIMG7159_2020060804590691e.jpg

(つづく)
このページのトップへ

音江連山(2)

【2020年5月31日(日)】音江連山
音江連山を縦走中。1座目の剣山(529m)を過ぎたところだ。
CIMG7008_20200607050202f28.jpg

沿道にはツツジの花が咲いている。
CIMG7006_202006070502007cf.jpg
CIMG7011_20200607050206e54.jpg

そして足元には、アイヌねぎ(行者ニンニク)。
CIMG7012_20200607050135a85.jpg

小さいけれど、マイズルソウに混じってたくさん生えている。
CIMG7010_20200607050205e32.jpg

女性陣はせっせと収穫しながら進んだ。
CIMG7009_20200607050203205.jpg

倒木が目立ってきた。
CIMG7013_20200607050137634.jpg

そうした木には大きなサルノコシカケ。
CIMG7015_2020060705014078e.jpg

今日もいい天気。若葉が青空に映える。
CIMG7014_20200607050138aa7.jpg

左手に沖里河山(左、802m)が現れた。
CIMG7016_20200607050141e4d.jpg

望遠にすると、頂上の大きな山名板が確認できる。
CIMG7017_202006070501125e6.jpg

こちらは音江連山の最高峰、無名山(804m)。
CIMG7018_20200607050114e14.jpg

やはり眺望が得られるとうれしい。
CIMG7020_20200607050117947.jpg

音江山への分岐がある稜線までは最後に標高差70mほどの急登がある。
ここが踏ん張りどころである。
CIMG7019_20200607050115cd4.jpg

足元は一面のマイズルソウ。
CIMG7022_20200607050048076.jpg

中にはもう花を付けているものもあった。
CIMG7021_20200607050118b51.jpg

この子はエンレイソウ。茶色い花が一輪。
CIMG7024_2020060705005062b.jpg

そして、この清純な花はサンカヨウ。
CIMG7025_2020060705005142d.jpg

振り返ると、田植えが始まった深川の町並みが見えた。いい季節になった。
CIMG7026_2020060705005372b.jpg

やっと稜線が見えてきた。
CIMG7027_202006070500549f6.jpg

10時半過ぎ、登山口から1時間40分ほどかけて音江山分岐に到着した。
CIMG7028_20200607050025531.jpg
ここにも「音江山→」の道標は全くない。
不思議に思って、後日、深川市教育委員会生涯学習スポーツ課に問い合わせてみた。
すると、音江連山登山コースを設定した際、この分岐点から音江山への道は「測量路」の扱いで、登山禁止になっていたらしい。
(教育委員会はコース設定を平成20年(2008年)頃と言っていたが、道標に「鶴の湯」とあるのをみると、実際はもっと古いだろう。鶴の湯は2004年にはとっくに廃業していたのだから)
実際、ネットで「登山禁止」と書かれた資料も発見することもできた。
しかし、現地に「立入禁止」の看板があるわけでもなく、それどころか、きれいにササ刈りされていて、登山者は自由に歩いている。
誰がササ刈りしているのか?と尋ねてみたら、登山コースは教育委員会が業者に委託してやっているが、音江山への道については分からないという。
「測量路」というからには、国土地理院かなと思い、そちらにも問い合わせてみたが、北海道地方測量部では「うちが管理している道ではない」とのことだった。
業者がこちらも登山コースだと勘違いしてやってしまったのか(ちょっと考えにくいが)、地元の山岳会「深川岳悠会」が自主的にやっているのか(岳悠会と教育委員会は一緒に山開きを開催したりして交流があるので、教育委員会が知らないわけもない。よって、これも考えにくい)、謎は深まるばかりである。
いずれにしろ、一般登山者にとって、この音江山の扱いはいかにも不自然。
実際、音江山への道は登山者にふつうに歩かれているのだし、現状では万が一道迷い遭難などがあった場合、道標を設置していない市の責任が問われかねない。
現状を追認した対応をした方がいいのでは、と僭越ながら要望しておいた。

とにかく、ここで大休止。
沖里河山まで2.6kmか。思ったより遠くはない。
CIMG7030_20200607050029508.jpg

ここから残雪輝く暑寒別岳(1376m)が望めた。
CIMG7032_20200607050031d4f.jpg

前方に無名山が見える位置に腰を下ろした。
CIMG7029_20200607050027148.jpg

無名山への登山道は、かなりの急登だ。
CIMG7033_20200607050002086.jpg

行動食を食べていると、沖里河山の方から6人のグループがやってきた。
手に手に収穫物(タケノコ)を入れたレジ袋を提げている。
H君は「まだ早いらしい」と言っていたが、それなりには生えているようだ。
彼らは、きっと車で沖里河山の頂上直下まで来て、音江山までピストンするのだろう。
CIMG7031_20200607050030b9d.jpg
その方が時間的には短縮できるが、剣山に寄ることはできない。
4座すべてゲットしようと思ったら、周回するしかないのだ。

15分ほど休んで、われらも出発。
CIMG7034_202006070500035cf.jpg

まずは標高差20mほどのこぶを越えないといけない。
が、この稜線からの眺めは素晴らしかった。
左手に見えてきたのは、十勝連峰。
CIMG7035_20200607050005f4c.jpg
左端がオプタテシケ山(2013m)、真ん中よりちょっと右が美瑛富士(1888m)、右端が美瑛岳(2052m)である。

南東の方角には、たおやかなイルムケップ山(864m)が近い。
CIMG7036_20200607050006441.jpg

南に展開しているのは芦別岳(1726m)を主峰とする芦別山地。
CIMG7037_20200607050008716.jpg

その右に夕張岳(1668m)も見えている。
CIMG7038_20200607045936116.jpg
右端の突起は前岳(1501m)であろう。

いや~見事な山岳展望である。
CIMG7039_2020060704593814e.jpg

こちらも収穫を手に音江山を目指す。
CIMG7040_202006070459396cf.jpg

こぶを越えた鞍部から頂上までの標高差は70mほど。
CIMG7041_20200607045941010.jpg

その登り道が見える。
CIMG7043_202006070459124a0.jpg

若干、雪も残っていた。
CIMG7042_2020060704594235e.jpg

イチゲの仲間かしら?
CIMG7044_202006070459140b2.jpg

このあたりのササはかなり背丈が高い。
そんな中でも、Yちゃんの獲物を狙う視線は鋭い。
CIMG7045_2020060704591522f.jpg

青紫のタチツボスミレ。
CIMG7046_20200607045917171.jpg

音江山の頂上が見えてきた。
CIMG7047_20200607045918e2d.jpg

もう少しだ。
CIMG7048_20200607045847983.jpg

それにしても、ここのササは誰が刈ってくれているのだろう。
ありがたいことではあるのだが。
CIMG7049_20200607045849c21.jpg

登るにつれ、今度は右手に沖里河山が姿を現した。
CIMG7050_20200607045850123.jpg

そして、とうとう出ました大雪山!
右が旭岳(2291m)、左は比布岳(2197m)。
左端に張り出しているのは、おそらく愛別岳(2113m)だろう。
CIMG7051_202006070458521be.jpg

その左に連なるのは、トムラウシ山(2041m)のはず。
CIMG7052_202006070458536df.jpg

さらに右に目を転ずると、十勝連峰。
中央の十勝岳(2077m)からは噴煙が上がっている。
CIMG7053_2020060704582367f.jpg

眺望に気をよくして、最後の登りに取り掛かる。
CIMG7054_20200607045825e19.jpg

ダケカンバもすっかり夏の装いだ。
CIMG7055_20200607045827f70.jpg

分岐から25分ほどで音江山に登頂。
CIMG7056_2020060704582854a.jpg

せっかくの一等三角点なのに、山名板は真っ二つに折れている手作りの小さな板があるだけだった。
音江山冷遇の象徴である。
CIMG7061_20200607045804779.jpg

とにかく、やっと登頂して、一堂ホッとひと息。
CIMG7060_20200607045802699.jpg

奥に道が続いているので、偵察に行ってみた。
CIMG7057_20200607045830c3c.jpg

地形図に道は表記されているが、そんなに幅広にササが刈っているわけではなく、どこまで通じているのかは分からない。
眼下には深川の穀倉地帯が展開していた。
CIMG7058_20200607045759fd7.jpg

田んぼに水が張られたばかりで、湖のようだ。
CIMG7059_20200607045801efb.jpg

ここからは南西の方角に樺戸山地のピンネシリ(1100m)が見えたが、大雪山方面は死角になって見えなかった。
CIMG7062_20200607045805def.jpg

ここで最初の記念撮影。
received_582330182699659.jpg

10数分ほどで引き返す。
H君から「無名山で昼食、この先はまじめに歩こう!」と号令がかかり、一堂苦笑い。
ちょっと、ネギ摘みで時間を食ってしまった。
CIMG7063_20200607045733c2b.jpg

さっきの分岐まではピストンである。
CIMG7064_202006070457346bd.jpg

下りながら見た、大雪山系の全貌。
CIMG7065_202006070457360d0.jpg

イルムケップ山。
CIMG7069_20200607045707ed2.jpg

その稜線の凹みから覗く十勝連峰。
CIMG7066_20200607045737925.jpg

尖塔が印象的な芦別岳。
CIMG7068_20200607045739a52.jpg

音江山の登山道は「登山禁止」区間とは思えないほど、歩きやすい。
CIMG7070_2020060704571039c.jpg
CIMG7073_202006070457131d6.jpg

これから登る沖里河山(左)と無名山(右)。
CIMG7071_2020060704571064f.jpg

再び芦別山地を眺めて、今回はおしまいとしましょう。
CIMG7072_20200607045713120.jpg

(つづく)
このページのトップへ

音江連山(1)

【2020年5月31日(日)】音江連山
音江連山は深川市内の石狩川左岸に連なる山塊である。
これまで仲間内で何度か山行が計画されたが、その都度、様々な事情でお流れになってきた。
5月25日に緊急事態宣言が全面解除になったので、今回決行することにした。
一応、自粛警察を警戒して、遠征先を札幌ナンバー圏内にしておいたわけだ。
今回の参加者は、私のほかにH君、Yちゃん、そして新メンバーとしてMちゃん。
H君は高校同期だが、Yちゃんは9期下、Mちゃんは8期下である。

当日の朝はいつもの通り、H君が迎えに来てくれた。
約束より5分ほど早い6:05。今日はすでにMちゃんが乗っている。
この後、Yちゃんの家に寄り、滝野、里塚霊園経で北広島ICから道央道に乗った。
この日も昨日に続き、めちゃめちゃいい天気である。
気温は28℃まで上がる予報だ。
高速からは、やや霞んではいるが四方の山がまる見え。
テンションが上がる。
多分、音江連山からは大雪の山々を間近に望むことができるだろう。

途中、砂川SAでトイレ休憩。
DSC_4567_20200606062740790.jpg

なんと、ここは日本最北のSAであった。
DSC_4570_20200606062651d22.jpg
砂川が一番北とは、ちょっと情けない気もする。

ここで今朝の残りを出し切るつもりだったが、不発に終わった。
それより、個室のカギが小物置き場になっているのを発見!
DSC_4568_20200606062649b12.jpg
これは以前、テレビで見たことがある。
この「発明」でトイレの忘れ物がゼロになったそうだ。
確かに、ここに置いたスマホをよけなければ外に出られないのだから、忘れることはないだろう。素晴らしいアイディアだ。

ところで昼食を調達しなければならないのだが、深川ICから登山口までの間にコンビニはありそうにない。
手前の滝川で下りることも検討したが、結局、深川で下りて、登山口とは逆方向だが、深川市街のコンビニに行くことにした。
ICを下りると、すぐ先の道の駅ライスランドふかがわにセブンイレブンがあるという表示が車のナビに表示されたが、撤退したのか、それらしき店は見当たらなかった。
やはり市街地まで行くしかない。
その途中、左手に音江ハイヤーの事務所(広重車庫)があった。
2階は鳥の棲み処になっていたが、まだ現役であった。
DSC_4571_20200606062653e5b.jpg
メインストリートのセブンイレブンでおにぎりと稲荷寿司を購入。
改めて登山口へ向かう。

石狩川を渡る深川橋から正面に音江連山の全容が一望できた。
DSC_4573_20200606062653e00.jpg
右のピークが音江山(795m)、左のピークが沖里河山(802m)、中央やや左の突起が無名山(804m)であろう。
最高峰は無名山というのも、なんだかちぐはぐで面白い。
山の名前というのは、里から目立つ山から付いていくものなので、こうして見ると、両端のピークに名前が付くのはよく分かる。
最高峰はちょっと奥まっていて里からは目立たなかったので、しばらく名称がなかったのだろう。
登山愛好家たちは長く通称として「無名山」と呼んできたのかもしれない。
それが、いつかの時点で公式な名称として、誰かが「認定」したというようなことなのだと思う。

登山口には8:50頃に到着。
CIMG6963_20200606063057682.jpg
コンビニに寄って遠回りしてしまったので、予定より20分も遅れてしまった。
先客の車が2台あった。

登山口は沖里河温泉跡と聞いていたが、温泉跡はもっと先にあるようだ。
たぶん、この道の奥にあるのだろう。
CIMG6960_20200606063053597.jpg
この道を下りてくることになるから、帰りに寄ってもらおう。

登山口のすぐわきには沢が流れていた。
CIMG6961_20200606063054f68.jpg
石狩川の支流、待合川である。

登山口に音江連山登山コースの概念図が掲示されていた。
CIMG6964_20200606063059b87.jpg
しかし、音江連山なのに肝心の音江山が登山コースから外れている。
この登山道を歩いてみて分かったのだが、実は音江山への標識が全くないのである。
登山コース外だからなのかもしれないが、音江山への登山道はしっかりあるのだから、やはりあった方がいいと思う。
加えて、無名山と沖里河山には巨大な山名板があったのに、音江山には「音江山」と書かれた小さな木っ端が真っ二つに折れて三角点の横に落ちているだけだった。
音江山だけ深川市ではないので縦割り行政のせいかな?とも思ったが、改めて地形図を見てみたら、音江山は堂々たる深川市の山だった。
この音江山への冷遇は徹底している。いったい、どういうことなのだろう。不可解である。

とにもかくにも、全員準備は整った。
CIMG6962_202006060630568d9.jpg

9時前に張り切って出発!
CIMG6965_20200606063024cbc.jpg

ありがたいことに、最初はなだらかな道である。
CIMG6966_20200606063026d66.jpg

フキの葉っぱの上に「の」の字を発見。
CIMG6967_202006060630273ed.jpg

ぬかるみには、ちゃんと木道が敷いてあった。
CIMG6968_20200606063832281.jpg

古い木道が朽ちたところは白樺の丸太で更新。手入れが行き届いている。
CIMG6969_202006060630306ac.jpg

ここのところの暑さで、イタドリは背丈以上に成長していた。
CIMG6970_20200606063000480.jpg

短い春は早くも去っていってしまったようだ。
CIMG6971_20200606063002765.jpg

ちなみに登山口の標高は約265m。
CIMG6972_20200606063003956.jpg

音江山までの標高差は530mほどある。
CIMG6973_20200606063005874.jpg

藻岩山1個分だ。
CIMG6975_20200606063006355.jpg

沿道にはニリンソウが咲いている。
CIMG6976_202006060629383b5.jpg

この葉っぱは何だっけ?
CIMG6977_202006060629393a9.jpg

なんか食べたくなってしまうほど、青々としている。
CIMG6978_20200606062941c51.jpg

歩き始めて5分ほどで、早くも傾斜がきつくなってきた。
CIMG6979_20200606062942942.jpg

「登山コース」の標識はこの先もたくさんあるのだが、同じものを立てるなら、「合目」表示とか距離を書いたものにしてくれるとありがたい。
CIMG6981_2020060606294498b.jpg

かわいいタチツボスミレだこと。
CIMG6982_2020060606291301c.jpg

かたつむりの殻は至るところに落ちていた。
CIMG6983_20200606062915e0e.jpg

歩き始めて20分ほどで一瞬、展望が開けた。
CIMG6984_202006060629160dc.jpg

ここで標高はすでに400mを超えている。
CIMG6985_20200606062918361.jpg

はい、分かっております。
CIMG6986_202006060629202df.jpg

再びタチツボスミレの群落。
CIMG6987_20200606062849fb1.jpg

そして、とうとう出ました。タヌキのため糞。
CIMG6988_20200606062851b88.jpg

汚いものを挟んでしまったが、今度はツツジがきれいに咲いていた。
CIMG6989_2020060606285231e.jpg

陽射しを浴びてピンクに輝いている。
CIMG6990_20200606062854dd0.jpg

登り始めて40分弱で、剣山(529m)に到着。
CIMG6991_2020060606285541c.jpg
標識にある「鳩の湯」とは「沖里河温泉」の旅館の名前である。
ネット情報では2004年の時点で、すでに廃業後しばらく経っていたらしい。
ここの標識にも「音江山」の「お」の字もない。
音ちゃん、かわいそう(涙)。

標柱に「剣山」と書かれているが、実はここがピークというわけではない。
ピークがすぐそこにあるが、岩稜であったり、ひどいヤブであったりして到達不可能な場合は、この標柱をもって「登った山」に認定するのだが、ここには頂上への踏み跡がある。
これは行かないと「認定」にはならない。
女性2人には待ってもらって、H君とアタックした。
CIMG6992_202006060628237d9.jpg

軽いヤブはあったが標高差10mほどを2分で登頂。
頂上の木にはちゃんとピンクテープがくくり付けてあり
CIMG6993_20200606062824205.jpg

山頂ツツジの歓迎を受けた。
CIMG6994_202006060628265b8.jpg

でも、眺望はゼロなので、さっさと戻る。
これで本日1座目ゲットである。
CIMG6995_202006060628278d3.jpg
H君は「ここはインチキの山だから、自撮りはしない」と言っていたが、登ってみて「立派なピークだ」と考えを改めていた。
でも、記念撮影の省略までは撤回しなかった。

この先は剣山を右へトラバース。
CIMG6996_202006060628296c3.jpg

やっと平和通りに出た感じだ。
CIMG6997_2020060606275981a.jpg

でも、誰かの落とし物が。
CIMG6998_20200606062801619.jpg

山では、いろんな植物と出会える。
CIMG6999_20200606062802f85.jpg

こちらはエンレイソウ。
CIMG7000_2020060606280489a.jpg

オオカメノキの若葉。
CIMG7001_20200606062805ce3.jpg

サンカヨウ。
CIMG7002_20200606062734714.jpg

ワニくん。
CIMG7004_20200606062737cf3.jpg

しばらく平らな道でうれしい。
CIMG7003_2020060606273655b.jpg

息を整えながら、距離もかせげちゃうからだ。
CIMG7005_202006060627399b9.jpg

(つづく)
このページのトップへ

滝野霊園

【2020年5月30日(土)】滝野霊園
野牛山(539m)に登った帰りに、真駒内滝野霊園に立ち寄った。
CIMG6916_20200605053402e58.jpg

ここはGW最終日の5月6日、雨の中、「器械場」という札幌150峰番外編の山(三角点)を訪ねた際、またちゃんと来たいなと思ったのだった。
CIMG6915_20200605053401b5d.jpg
モアイ像はもちろん、有名な頭大仏とか、前回見つけたストーンヘンジも晴れた日に撮影しておきたかった。

ゲートは滝野峠(約275m)のバス停のところにある。
CIMG6917_202006050534048d2.jpg
霊園の真ん前にあるバス停の名が「滝野霊園」じゃないのが気になるが、おそらくバス停の方が先にあったのだろう。
だとしても、これだけ大きな施設ができたら、バス停も名称変更しそうなものだが、霊園と中央バスは仲が悪いのだろうか(笑)。

ゲートを抜けると、さっそくモアイ像が迎えてくれる。
CIMG6918_202006050534058ba.jpg
初めて気づいたが、その手前にペルセポリス(アケメネス朝ペルシャ帝国の都)のクセルクセス門を飾っていた「人頭有翼獅子像」まであるではないか。
この霊園は余程、古代遺跡が好きと見える。
経営は公益社団法人ふる里公苑である。
この法人は1973年に、社団法人北海道社会開発公社として設立され、社団法人中央公益札幌を経て、2006年に現在の名称となっている。
過去に、三越社長の岡田茂、安倍首相の母・安倍洋子、ダイエー創業者の中内功らが理事に名を連ねていた。

モアイ像は大きいもので高さ9.5m、全部で33体もあるそうだ。
CIMG6919_2020060505333786c.jpg

車でそのまま園内に侵入していくと、恵庭岳(1320m)がくっきりと見えてきた。
CIMG6920_20200605053338274.jpg

頭大仏の向こうに見えるのは空沼岳(1251m)。
CIMG6921_202006050533403f0.jpg

その右には札幌岳(1293m)も。
CIMG6922_20200605053341bf9.jpg

それらの観賞は改めてじっくりするとして、まずはお目当てのストーンヘンジ。
CIMG6923_20200605053343a32.jpg

180万平方㍍に及ぶ広大な敷地には、様々なモニュメントが必要なのだろうが、なかなか発想が壮大である。
CIMG6924_20200605053314945.jpg
ここには、永代供養墓も併設されているそうで、ストーンヘンジ内は立入禁止になっていた。

振り返ると、さっき登ってきた野牛山。
CIMG6925_202006050533166ce.jpg
この形が野牛に見えるから付いた名前だと言うが、それなら臥牛山の方がふさわしい気がする。函館山に先を越されてしまったか。

車を駐車場に停めて、「紫浄華」というお花畑を見学。
CIMG6926_20200605053317c62.jpg

色とりどりのチューリップが咲いていた。
CIMG6927_20200605053319a16.jpg

どれもあまり見たことのない種類だった。
DSC_4549_20200605053055fa9.jpg
DSC_4550_20200605053025a37.jpg
DSC_4551_20200605053025fe9.jpg
DSC_4552_202006050530289bf.jpg

その背後に頭大仏。
CIMG6928_20200605053320d22.jpg

頭大仏が埋まっている小山の向こうにモアイ像が並んでいた。
ちょっとシュールな光景だ。
CIMG6929_2020060505325192b.jpg

新型コロナウイルスの関係で、園内のいろんな施設が休業している。
CIMG6930_20200605053252454.jpg

おかげで、頭大仏の小山には登ることができなかった。
CIMG6933_20200605053257e2a.jpg

中にも入れるらしいが、しばらくはNG。
実際はこんなふうになっているらしい。
250px-Hill_of_the_buddha.jpg(HPより)
安藤忠雄の設計で、高さ13.5m、総重量は1500トンもあるそうだ。

快晴の空に、疾走する河童が現れた。
って想像力がたくましすぎるでしょうか?
CIMG6934_202006050532282b5.jpg

さて、では改めて山岳風景を確認してみよう。
こちらは空沼岳。
CIMG6931_20200605053254d8e.jpg

どアップ。
CIMG6938_2020060505323476f.jpg

近くにある無名の山。
CIMG6932_20200605053255ace.jpg

野牛山。
CIMG6936_20200605053231078.jpg

恵庭岳。
CIMG6937_20200605053232f63.jpg

それら全景。
DSC_4554_20200605053028385.jpg
以上!

こいつらもアッシリア系の獅子かしら。
説明板があったけど、読むのを忘れてしまった。
CIMG6935_20200605053230356.jpg

モアイのところまで戻ってきた。
CIMG6939_202006050532058f0.jpg

大きいのは高さ9.5mとのことだが、その他は6mだそうだ。
CIMG6940_202006050532077a9.jpg

このモアイ群が完成したのは2003年3月3日。
CIMG6941_2020060505320807e.jpg
33地蔵だから、その日を選んだのだろう。

奥のモアイたちは一部、マスクをかけていた。
CIMG6942_2020060505321021a.jpg

「北海道の大地でモアイも予防!」と銘打った企画である。
DSC_4558_20200605053030a6f.jpg

それにしても、相当デカいマスクだ。
CIMG6945_20200605053211e98.jpg

作るのも、掛けるのもひと苦労だっただろう。
CIMG6946_202006050531391b6.jpg

手前で戯れるシカたちもマスクを着用。
CIMG6947_202006050531408f3.jpg

モアイの後ろ側に回り込む。
CIMG6949_20200605053142395.jpg
CIMG6951_20200605053145235.jpg

後ろ側は藻岩山(531m)の好展望地だった。
CIMG6950_202006050531432e8.jpg

そろそろ、おいとましましょうかね。
CIMG6952_202006050531142ea.jpg

さっきの河童の成れの果て。
CIMG6953_2020060505311549c.jpg

実は、今回野牛山に来た目的の一つに、器械場の石碑の写真を撮ることだった。
確か、この道沿いにあるのを車の中から見たことがある気がするのだが、記憶が判然としない。
器械場入口のバス停の場所は知っていたので、まずはそこを起点に探してみることにした。
CIMG6954_20200605053117abf.jpg

このバス停のすぐそばに脇道への分岐があるので、そこに侵入してみた。
左右をきょろきょろ見ながら低速で進んだが、工事関係の施設があるばかり。
宅地造成の看板があるところで引き返した。
CIMG6955_202006050531182da.jpg

その先にも道は続いていたが、キリがなさそうなので。
CIMG6956_20200605053120d96.jpg
結局、石碑は見つけられないまま、探索は諦めて帰ることにした。
帰路は、滝野から直接、澄川に向かう道を使う。
(石碑はアシリベツの滝より下流側の道路脇にあることが翌日、判明した)

途中、駒岡小学校があったので、記録に残す。
CIMG6957_202006050530495cf.jpg

こんな場所にある学校は近い将来、閉校してしまいかねないからね。
CIMG6958_20200605053050e73.jpg

ここのバス停はちゃんと「駒岡小学校」であった。
CIMG6959_20200605053052565.jpg

澄川からは平岸通を経由して帰宅。
自宅でひと休みして、この日は改めて石井スポーツまで出かけ、ウインドシェルを購入。
夕食は自宅近くの風月本店でお好み焼きを食べた。
ちょうど二神社長が来ていて、一緒に記念撮影に納まってもらった。
DSC_4566_20200605053009075.jpg
なんだか、いい1日であった。

(おわり)
このページのトップへ

野牛山(下)

【2020年5月30日(土)】野牛山
林道入口から50分ちょっとで野牛山(539m)に登頂した。
CIMG6844_20200604053259903.jpg

頂上は樹木に囲まれており、あまり眺望には恵まれていない。
CIMG6841_2020060405325647e.jpg

それでも木々の隙間から、かろうじて札幌の市街地が見える。
CIMG6842_20200604053257502.jpg

望遠で見ると、JRタワーを発見することができた。
CIMG6843_20200604053258656.jpg

昼食を食べているうちに、単独の女性が1人登ってきた。
先に北広山(492m)に登り、「おかわり」でここにも来てみたが、「こっちの方がきつかった」と汗をぬくっていた。
ひと言ふた言、言葉をかわした後、頂上より一段低いところにある広場に下りてみると
CIMG6846_202006040533019bf.jpg

藻岩山(531m)を望むことができた。
CIMG6847_2020060405323112f.jpg

満足したので、お二人にご挨拶して出発。
CIMG6848_20200604053232185.jpg

もう何十回もここを登っているというおじさんが、ちょっとした周回路があると教えてくれたので、そちらの道を下っていくことにした。
CIMG6852_20200604053235ebb.jpg

左手に、「昭和57年12月に雷が落ち燃えた」と説明板が掛けられたオンコの木を発見。
CIMG6851_202006040532346b9.jpg

この道は真っすぐ下に続いている。
でも、途中で左折すると、もと来た道のロープとロープの間に出ると、おじさんが言っていたので、その通りにしたら、確かにもとの道に出た。
CIMG6853_20200604053237e55.jpg
そこは登りの時に気付いていた分岐だった。
要するに、女坂だったということだ。

しかし、この先に女坂はない。
CIMG6854_20200604053209c6d.jpg

名前の分からない花に見守られながら、急な坂を下る。
CIMG6855_202006040532118f6.jpg

この子も素性は特定できなかった。
CIMG6856_2020060405321216f.jpg

下り切ったところに立つ野牛の主。
CIMG6857_2020060405321448d.jpg

名付けて、野牛十兵衛。
CIMG6858_20200604053215b98.jpg

この先は軽快に白樺並木を下っていく。
CIMG6859_20200604053147f5c.jpg

大きな岩の横を通過して
CIMG6860_20200604053148e92.jpg

あっという間に、登山道の渡渉地点まで戻ってきた。
CIMG6861_20200604053150599.jpg

あとはなだらか。ほぼ平和通りだ。
CIMG6862_2020060405315186b.jpg

タチツボスミレに見送られ
CIMG6863_20200604053153b4f.jpg

頂上から15分ちょっとで林道に出た。
CIMG6864_2020060405312236f.jpg

あとはゴールまで、ひたすら林道歩き。
CIMG6865_20200604053124305.jpg

カラマツ林の中を進む。
CIMG6866_20200604053125c08.jpg

これはさっきも見ました。
CIMG6867_20200604053127761.jpg

路傍ではフキが成長を続けている。
CIMG6869_2020060405305753a.jpg

その後も、雲ひとつない天気。
CIMG6868_20200604053128a16.jpg

さすがに陽射しがまぶしい。
CIMG6870_20200604053058d2c.jpg

若葉もキラキラ。
CIMG6872_20200604053101927.jpg

空も真っ青だ。
CIMG6871_202006040531007f2.jpg

カラマツ並木も青々としている。
CIMG6873_20200604053103ff6.jpg

きれいな三角形である。
CIMG6874_2020060405303478e.jpg

地面にはくっきりとササの影。
CIMG6875_20200604053035b68.jpg

天狗が持っているヤツデの葉っぱのようだ。
CIMG6876_20200604053037b8e.jpg

ホウノキの葉っぱは透き通っている。
CIMG6877_202006040530387c5.jpg

林道歩きを楽しんでいるうちに、林道の渡渉地点に到着。
CIMG6878_202006040530409f0.jpg

振り返ると、国営滝野すずらん丘陵公園事務所による立入禁止の看板があった。
CIMG6879_202006040530119ab.jpg
これは林道が立入禁止ということではなく、奥の柵の中の公園内がという意味のはずだが、ここに掲げるのは、ちょっと紛らわしい。

さらに林道を下ると、左に分岐する道がある。
CIMG6880_20200604053013a60.jpg
地形図には載っている道だが、ちゃんと生きているのだろうか。

またしても派手な落とし物を発見。
CIMG6881_202006040530142a4.jpg

この並木が見えたら、間もなくゴールだ。
CIMG6882_20200604053016570.jpg

林道入口では、真っ白な花が無事の下山を祝福してくれた。
CIMG6883_20200604053017676.jpg

わずか1時間40分の短い山行であった。
CIMG6884_20200604052947d33.jpg
これで、札幌50峰もあと7峰である。

時刻は、まだ12時を過ぎたばかり。
時間はたっぷりあるので、少し寄り道をしながら帰ることにする。
まずは、すぐ近くにある滝野神社。
CIMG6887_202006040529518c3.jpg

大きなツツジが満開である。
CIMG6886_20200604052950251.jpg

手前の駐車場から振り返ると、残雪の漁岳(1318m)を望むことができた。
CIMG6885_202006040529480eb.jpg

階段を登って、鳥居をくぐる。
CIMG6888_20200604052953849.jpg

奥に、きれいな社殿が鎮座している。
CIMG6889_2020060405292371d.jpg

参拝する前に、参道の左手にある滝野の開拓を記念した碑を見学。
CIMG6891_202006040529257ef.jpg

背面に開拓功労者として阿部由太郎氏ほか6名の名が刻まれていた。
CIMG6896_2020060405285841b.jpg

その隣に石仏が2体。
CIMG6892_20200604052926751.jpg

昭和9年(1934年)の奉納で、発起人や世話人の名前が並んでいる。
CIMG6895_20200604052857dec.jpg

こちらも開拓の功労者たちであろう。
CIMG6893_20200604052928fc0.jpg
CIMG6894_202006040529298e1.jpg

参道を進む。
春もみじが真っ赤に染まって美しい。
CIMG6898_202006040529012fc.jpg

ここまで見事に赤いと、なんだか秋みたいだ。
CIMG6900_20200604052831f7a.jpg
CIMG6901_20200604052832dc9.jpg

この神社は明治43年(1910年)に器械場神社としてアシリベツの滝の北東50mの位置に創建されたが、国営公園開設に伴い、昭和57年(1982年)に現在地に移転したのだという。
CIMG6899_20200604052903cad.jpg

わりと新しい社殿だなと思ったが、そういうことだったのか。
CIMG6902_2020060405283424d.jpg

せっかくなので、コロナ退散を祈願させていただいた。
CIMG6903_20200604052835bca.jpg

ついでに、アシリベツの滝の方向にも行ってみた。
CIMG6904_20200604052837c4a.jpg

滝はこの先で落ちているのだが、国営公園の柵に囲い込まれ、公園内に入らないと滝そのものを見ることはできない。
CIMG6906_202006040528060e5.jpg

昔はこのあたりから下りていくことができたはずなのに。
滝を見ようと思って、このバス停で下りたら、だまされた気分になるだろう。
CIMG6907_202006040528072d9.jpg

待合所にはバラの造花が飾ってあった。
CIMG6908_202006040528092e6.jpg

バス停の向かいには、「ふせ食品株式会社」という名の古い商店がある。
CIMG6905_2020060405280443b.jpg

前々から気になっていたので、勇気を出して入ってみた。
店内は品数こそ少ないが、ちゃんと食料品を扱っている。
中だけ覗いて帰るのも失礼なので、アイスのガリガリ君を買った。
女将さんが「山ですか?」と聞いてくれたのをきっかけに、質問してみると、この建物は昭和23年(1948年)に建てたもので、もう築70年を超えているという。
CIMG6909_20200604052810fde.jpg

国営公園ができる前は、アシリベツの滝を訪れる観光客で随分繁盛したのだろうが、今は老夫婦のみで細々と、という感じだ。
店舗の横にテントが仮設され、タケノコを販売していた。
CIMG6910_2020060405274046d.jpg
朝採れのものだろう。
きっと早朝、親父さんが山に入って採ってきたものだろうが、さすがプロだ。
大漁である。
20本ほどの皿が1300円。
12皿あるので、全部売れると1万5600円の収入になる。
(売れ残ったものは翌日、下茹でしたものを瓶詰めにして売っていた)

ウドや長芋も扱っていたが、長芋は栽培しているものだろう。
CIMG6912_2020060405274362a.jpg
CIMG6911_20200604052744213.jpg

このお店の位置からは空沼岳(1251m)が見えた。
CIMG6913_2020060405274606e.jpg

というわけで、車に戻り、この後は真駒内滝野霊園に寄って帰った。
CIMG6914_2020060405274640a.jpg
帰宅は14時。わずか4時間の外出であった。

【行程】2020年5月30日
林道入口(10:30)~渡渉地点(10:40)~登山口(10:52地図確認10:55)~頂上(11:21昼食11:36)~登山口(11:53)~渡渉地点(12:05)~林道入口(12:12)
※所要時間:1時間42分(歩行時間:1時間25分)
※登った山:1座(野牛山)
※歩行距離:5.0km
※累積標高差:約280m
このページのトップへ

野牛山(上)

【2020年5月30日(土)】野牛山
野牛山は懸案の山であった。
昨年10月12日、野牛山(539m)、北広山(488m)、白旗山(321m)の3山を一気に踏破すべく出かけたのだが、1発目の野牛が林道工事中で途中撤退せざるを得なかったのである。
この時は、最初の渡渉地点を過ぎたところにある石狩森林管理署のゲートに「工事のため立入禁止」の立て札があり、一瞬ひるんだのだが、休日は休工中だろうと期待して前進。
しばらくいくと、重機の音が聞こえてきて、カーブの向こうで絶賛作業中であることが分かってしまった。あそこを通るのは、さすがにはばかられる。
工事地点だけ、ヤブこぎをしてやり過ごそうかと思い突入してみたが、ひどい根曲り竹の密集で、100m進むのに10分はかかりそうだ。
これはとても無理。観念して引き返すことにした。
でも、ゲートのところまで戻ってきて、工事業者の連絡先が書いてあるのを見つけ、「登山なんですが、ちょっと通ってもいいですか?」と電話をかけてみることにした。
でも、休日だからかつながらず、結局は撤退するしかなかった。
まあ、話ができたとしても許可は下りなかっただろう。
そんなわけで、ここはずっと気になっていたのである。

5月30日は完全に晴れ上がった。
気温も急上昇して、ちょっと暑くはあるが、登山日和である。
こんな日に出かけないのは、もったいない。
近場だし、行程も往復2時間かからない山なので、のんびり10時前に出発。
10時半前には林道入口に到着したが、その状況にびっくり。
CIMG6777_20200603052300f10.jpg

前回は車など1台もなかったが、今回は10台くらい、狭い道路に路駐してある。
CIMG6778_20200603052301392.jpg
登山者もいるのだろうが、ほとんどはタケノコ採りだろう。
あれだけ根曲り竹があったのだから、さもありなん。
何とか、軽自動車1台分くらいのスペースは残っていたので、私も路駐。

10時半に出発した。
ここは「野牛山登山口」などの標識は全くなく、事前に調べてきておかないと、登山口遭難してしまいかねないところだが、私の場合は2度目なので大丈夫。
見覚えのある林道を進んでいく。
CIMG6779_20200603052303b6c.jpg

いきなり青い花が出迎えてくれた。
CIMG6780_202006030523044a9.jpg
調べてみたら、ツルニチニチソウ(ツルギキョウ)という花らしい。
ヨーロッパが原産で観賞用に栽培され、日本にも帰化しているという。
確かに、よく見かける花だ。

この林道の入口にはゲートがなかったので、渡渉地点までは車で行くことができる。
CIMG6781_20200603052306e5b.jpg

そこまでは前回歩いたので、車で行けばよかったなあと思ったが、もう後の祭り。
CIMG6782_20200603052238d24.jpg

戻るのも面倒だ。
CIMG6783_202006030522392fd.jpg

大した距離でもないし、このまま進むことにする。
CIMG6784_20200603052241b98.jpg

札幌の気温はこの時点で26℃まで上がっている(最高気温は29.9℃だった)。
CIMG6785_202006030522428ce.jpg

ただ湿度は30%ほどしかなく、それほど暑さを感じない。
CIMG6786_20200603052244282.jpg

泥んこは避けて通過。
CIMG6787_20200603052215455.jpg

10分で渡渉地点に到着。ここまで車で来ている人がやっぱりいた。
CIMG6788_20200603052217796.jpg

小さな沢に一応、木の枝が渡してある。
CIMG6789_2020060305221871d.jpg

もちろん利用させていただいた。
CIMG6790_20200603052220b86.jpg

この柵の向こうは国営滝野すずらん丘陵公園。
約400haに達する園内はすべてこの柵で囲われているらしいが、それでもクマが侵入するらしい。
この前日、園内監視カメラにクマの姿が映っていたということで、6月1日の開園予定がまたのびのびになったそうだ。
CIMG6791_2020060305222174c.jpg

前回、立入禁止になっていた石狩森林管理署のゲートを今回は堂々と通過。
CIMG6792_20200603052153770.jpg

この先は清水沢林道を進む。
CIMG6793_20200603052155c33.jpg

ここまで登山者と2人、タケノコ採りの人とは数人すれ違った。
CIMG6794_2020060305215638f.jpg

タケノコ採りはともかく、登山の人が意外に多いことに驚いた。
CIMG6795_202006030531453cd.jpg

やはり、登山も自粛解禁ということで徐々に近場の山から歩き始めているのだろうか。
CIMG6796_202006030521598a2.jpg

それにしても、今日は春というより、初夏を通りぬけて盛夏の陽気である。
CIMG6797_202006030521311a2.jpg

誰かの雨具がササの枝にひっかかっていた。
CIMG6798_202006030521330bc.jpg
なぜ、こういう状態になっているのか、謎である。

出発してから20分ちょっと歩くと、右手に細い道が続いている地点に着いた。
CIMG6799_2020060305213404c.jpg

おそらく、ここが登山口と思われるが、以前ヤマレコでどなたかのレポを見た時、分岐に標識があったような記憶がある。
ここには何もない。もっと先にあるのだろうか。
地形図に登山道は記されていないが、地形的にはこのあたりで間違いなさそうなのだが。
こういう時、私の場合、ちょっと先まで歩いてみるか、という行動をとることが多いのだが、今回は幸い電波も入ることだし、過去のヤマレコのレポを確認してみることにした。
すると、その人の軌跡はここで山に入っていることが判明。
これで、自信をもって進める。
CIMG6800_202006030521368f5.jpg

入り口に何か加工された棒が倒れていたが、あれがかつての標識だったのだろうか。
代わりに、「福」のマークの入ったヘルメットが落ちていた。
CIMG6801_20200603052137356.jpg

いろいろと落とし物の多い道である。
CIMG6802_2020060305210727a.jpg

道はわりとしっかりしているが、結構倒木が多い。
CIMG6803_20200603052109bab.jpg

ぬかるみやすい所には、古い丸太が敷かれていた。
CIMG6804_20200603052110b43.jpg

この花は、かなり調べたのだが、名前を特定するに至らなかった。
CIMG6805_20200603052112f73.jpg

またしても倒木。
CIMG6806_202006030521134cf.jpg

小さな沢を渡る地点で、登山者の方が1人下りてきた。
CIMG6807_20200603052044b63.jpg

彼が通過するのを待って、私も渡る。
CIMG6808_2020060305204508e.jpg

滑りやすそうだったが、無事にクリア。
CIMG6809_20200603052046986.jpg

この山は広葉樹が多い。秋にはきれいに染まることだろう。
CIMG6810_2020060305204884c.jpg

緑が濃いのは針葉樹。
CIMG6811_202006030520497ab.jpg

この時期はまだシダも若々しい。
CIMG6812_20200603052019be0.jpg

しかし、ここまで展望はゼロである。
CIMG6813_20200603052021563.jpg

それにしても倒木が多い。
CIMG6814_20200603052022aaa.jpg

あまり手入れが行き届いているとは言えないが、やはり札幌近郊の山ということで、道はわりと維持されているようだ。
CIMG6815_20200603052024d38.jpg

白樺の並木道を通過。
CIMG6817_202006030519559c4.jpg

結構、太い木もあった。
CIMG6816_20200603052025550.jpg

傾斜がいきなり急になり、太いロープが出現。
CIMG6818_202006030519574af.jpg

切り株に縛り付けてある。
CIMG6819_2020060305195896d.jpg

もちろん利用させていただいた。
CIMG6820_2020060305200084a.jpg

コケさん。
CIMG6821_202006030520019ad.jpg

木の赤ちゃん。
CIMG6822_202006030519318b3.jpg

ヒメリンドウかしら。
CIMG6824_20200603051933f49.jpg

かわいいついでに、道の真ん中にタヌキのため糞(笑)。
CIMG6825_2020060305193416d.jpg

連続してあった。
CIMG6826_202006030519360da.jpg

標高は470mを超えてきた。200mほど登ってきたことになる。
CIMG6827_20200603051937aa4.jpg

そろそろ終盤戦だ。
CIMG6828_20200603051904595.jpg

二股になった倒木はまるで木偶。
CIMG6829_20200603051906589.jpg

最後の急登直前の平坦地に出た。
CIMG6830_202006030519078c9.jpg

この先はロープの連続である。
CIMG6831_20200603051909836.jpg

ロープを結ぶ木に毛布が巻いてあった。
CIMG6832_20200603051910c32.jpg

ここでも、ありがたく頼らせていただいた。
CIMG6833_20200603051842b36.jpg

タケノコを見つけたが、大方採られてしまったのか、ろくなのはなかった。
CIMG6834_20200603051843199.jpg

頂上直下まで来ると、左にササを刈ってある道があったが、寄り道はせずに直進。
CIMG6835_20200603051845d4a.jpg

ロープ場再開である。
CIMG6836_202006030518462a5.jpg

古いロープが地面で苔むしていた。
CIMG6838_2020060305184824e.jpg

毛布は木に優しくていいね。
CIMG6839_20200603051820b5b.jpg

いうてる間に、無事登頂。
CIMG6840_20200603051822a35.jpg
先客のおじさんが1人いたのでご挨拶。タケノコをたくさん収穫していた。

頂上には立派な山名板があった。
CIMG6845_20200603051823eca.jpg
時刻は11時半前。ちょっと早いがここで昼食とした。
いつもの通り、おにぎり二つ。赤飯とカニかまである。

(つづく)
このページのトップへ

カニカン岳(4)

【2020年5月24日(日)】カニカン岳
カニカン岳(981m)に登頂して、さくさく下山している。
CIMG6160_20200602052547445.jpg

その途中で、小さな残雪を発見した。
CIMG6161_20200602052549052.jpg

雪が残っているところは、まだササが倒れたままだ。
CIMG6162_20200602052550f93.jpg

古い倒木。
CIMG6163_2020060205255106c.jpg

倒木の根っこ。
CIMG6166_20200602052526081.jpg

霧の妖精たち。
CIMG6164_20200602052553460.jpg
CIMG6165_202006020525244f6.jpg
CIMG6167_202006020525276c3.jpg

四合目から三合目まではかなり長くて、20分もかかった。
CIMG6168_202006020525296f4.jpg

この先、二合目までがまた長いはず。
CIMG6169_20200602052530a40.jpg

つぶれてしまったホコリタケ。
CIMG6170_20200602052503ecc.jpg

落ち葉を踏みしめて、黙々と下る。
CIMG6171_20200602052504db1.jpg

みずみずしいたツバメオモト。
CIMG6172_20200602052506f59.jpg

これは、花びらが閉じているけど、たぶんカタクリではないだろうか。
CIMG6173_202006020525079f4.jpg

新緑が本当に美しい。
CIMG6174_202006020525095c2.jpg

515mピークの手前で若干の登り返し。
CIMG6175_20200602052442f98.jpg

その辺りはシダ植物の楽園である。
CIMG6176_20200602052443af0.jpg

木の幹にも生えていた。
CIMG6178_20200602052446f8f.jpg

ガスのせいか、赤い若葉もしんなり。
CIMG6177_20200602052445d42.jpg

これは、これから青くなっていく最中なのだろうか。
CIMG6179_202006020524487ad.jpg

というような感じで、三合目から30分近くかかって二合目を通過。
CIMG6180_2020060205241993a.jpg

二合目と三合目の間が一番長かった。
CIMG6181_20200602052420239.jpg

タチツボスミレの群落。
CIMG6182_20200602052421c68.jpg

白樺4兄弟。
CIMG6183_20200602052423ade.jpg

白が鮮やかなオオカメノキの花。
CIMG6184_2020060205242587d.jpg

標高450mくらいまで下ってきた。
CIMG6185_20200602052355aee.jpg

二合目から12分で一合目を通過。
CIMG6186_20200602052356d0c.jpg

標高は370mであった。
CIMG6187_20200602052358b61.jpg

間もなく、登山口を通過。
CIMG6188_20200602052359777.jpg

とうとう雨がポツポツ落ちてきた。
CIMG6189_2020060205240118a.jpg

でも、ゴールはもうすぐそこ。
CIMG6190_20200602052331d16.jpg

急げ急げ。
CIMG6191_2020060205233243d.jpg

14:40に林道ゲートに到着。
出発するときには気づかなかった入林届のボックスがあった。
CIMG6192_202006020523341f1.jpg
こんな大きな箱なのに、なぜ目に入らなかったのか不思議。

駐車スペースには車がもう1台あったが、登山中は誰にも会わなかったので、たぶんタケノコ採りの方だろう。
我々の車もとくに自粛警察の被害には遭っていなかった。
ホッとして靴を履き替え、車に乗り込む。
何とか、本格的な雨には当たらずに済んだ。

温泉に向かう途中、帰りに撮ろうと思っていた道道999号(美利河二股自然休養林線)の標識を撮影。
DSC_4490_20200602052335127.jpg
スリーナインである。縁起がいい。
昨年、道道1000号が斜里町にあるのを発見したのに続く「快挙」だ。

本日のお風呂は、ピリカスキー場の麓にあるピリカ温泉クアプラザピリカである。
DSC_4491_202006020523373e1.jpg
駐車場には札幌ナンバーのほか、仙台ナンバーの車もあったので、ちょっと安心。

この案内板によると、ここのお風呂では天然鉱石の遠赤外線ブラックシリカを使用しているという。
DSC_4493_20200602052307f7c.jpg

ということは、天然温泉ではないということか。
DSC_4494_20200602052309fff.jpg

と思ったら、脱衣所にはナトリウム・カルシウム-塩化物泉(等張性弱アルカリ性温泉)であるとの掲示があった。
DSC_4495_20200602052310f24.jpg
天然温泉にさらにブラックシリカを混ぜているということなのだろうか。
源泉の温度は41.3℃、ph値は7.7である。

幸い露天風呂には誰もおらず
DSC_4499_2020060205231220e.jpg

2人独占でゆっくりと汗を流した。
DSC_4500_20200602052313410.jpg

間もなく、内風呂にも誰もいなくなったので
DSC_4503_20200602052244e84.jpg

こちらも、しっかり撮影することができた。
DSC_4504_2020060205224670f.jpg
さっぱりしたところで、16時に出発。
H君がエンジンをかけると、なんと右後輪の空気圧が低下しているとの警告が表示された。
もしや、自粛警察の仕業か!
と思って、外に出て確認したが、そんなに凹んではいない。
警告も時速80km以下ならしばらく走行可能ということだったので、そのまま走ることになった。
途中、長万部のコンビニに寄って、ノンアルビールを購入。
Yちゃんからいただいたつまみをアテに、湯上りののど越しをしばし楽しんだ。

途中、道道777号を経由して(こちらは撮影済み)、道道230号から国道230号に出た。
交差点の標識は「230」だらけだったので、記録に留めておいた。
DSC_4506_20200602052247f32.jpg

留寿都あたりではまだガスっていたが、喜茂別で雲海から抜けだした。
そうなると、見えてくるのは羊蹄山(1898m)。
DSC_4508_20200602052249b22.jpg

ここ喜茂別橋から見る羊蹄山はとても美しい。私のお気に入りの展望スポットである。
DSC_4510_202006020522509ad.jpg

H君の車はすいすい坂道を登り、中山峠でトイレ休憩。
あまりに羊蹄山が美しかったので、撮影タイムも設けてくれた。
DSC_4512_20200602052220192.jpg

羊蹄山とニセコ連峰。
DSC_4513_2020060205222415f.jpg

尻別岳(1107m)と昆布岳(1045m)。
DSC_4514_20200602052224a38.jpg
いずれも名山である。

こちらは喜茂別名物アスパラガスのモニュメント。
DSC_4515_20200602052226441.jpg

道の駅望羊中山は休業中であった。
DSC_4516_20200602052227389.jpg

帰宅は19時。
少しYちゃんに分けてもらったが、今日の収穫はこんなにあった。
DSC_4518_202006020522086c5.jpg
皮をむいて、下茹でし、水に浸けてとりあえず冷蔵庫に保管。
食べるのが楽しみである。
ちなみに、空気圧低下は自粛警察の仕業ではなく、単なるパンクだったらしい。

【行程】2020年5月24日
林道ゲート(9:22)~登山口(9:26)~一合目(9:43)~二合目(10:00)515mピーク(10:12)~三合目(10:29)~636mピーク(10:38)~四合目(10:53休憩11:02)~五合目(11:09)~六合目(11:15)~七合目(11:25休憩11:29)~九合目(11:55)~頂上(12:08昼食12:37)~九合目(12:45)~八合目(12:52)~七合目(13:01)~六合目(13:09)~五合目(13:16)~四合目(13:24休憩13:31)~三合目(13:50)~二合目(14:17)~一合目(14:29)~林道ゲート(14:40)
※所要時間:5時間18分(歩行時間:4時間25分)
※登った山:1座(カニカン岳)
※歩行距離:10.2km
※累積標高差:約820m
このページのトップへ

カニカン岳(3)

【2020年5月24日(日)】カニカン岳
カニカン岳(981m)の頂上を目前にして足踏み中。
あまりに素晴らしい眺望で撮影に忙しいのである。
CIMG6112_20200601053350a3b.jpg

これは今歩いてきた道。
CIMG6113_2020060105335198f.jpg

登頂したのは結局12時すぎ。
CIMG6114_20200601053353075.jpg

2時間半の予定が、2時間45分もかかってしまった。
雪渓のせいかもしれない。
CIMG6121_20200601053333af2.jpg

三角点と山名板がある地点より、ちょっとだけ南にも何か棒が立っているので行ってみたら、朽ちた古い山名板だった。
「カニカン岳山頂」と書かれた板が落ちて、真っ二つに割れていた。
CIMG6115_20200601053354d2d.jpg

せっかくなので復元してあげた。
CIMG6118_20200601053329300.jpg
そこは風が強く、早々に三角点のある場所に戻った。
なぜか、こちらは風が全くなく、珍しく私はウインドシェルを着ないで済んだ。

お昼の前に記念撮影。
カニカン岳での撮影に定番の小物と言えば、カニ缶。
これはYちゃんが用意してくれた。
received_670314573749262.jpg

私がカニカンと言われて思い付いたのは、ちょっと苦しいが「セーラー服と機関銃」である。
本来なら、おもちゃの機関銃でも持ってきて、「カニ、カ~ン!」と叫ぶべきだったが、さすがにそんな装備はなく、ここまで道々収穫してきたタケノコで代用するしかなかった。
received_2457346524520666.jpg

みんな、完全にイっちゃってます。
よく見ると、Yちゃんはしゃもじを持っている。
received_673611776549750.jpg
私が事前に「カニカーン」をやると行っておいたので、Yちゃんは、なら私は「カミサーン」をやるってんで持ってきたのだそうだ。
いや~おもしろい!
「カイカン」「カニカン」「カミサン」で1,2,3そろい踏みである。
こうなったら、「カリメーン」とか「カチカーン」とか、何でもできそうだ。

真面目な話、カニカンとはアイヌ語で「金・掘る」という意味だそうだ。
実際、カニカン岳にはかつて金山があったらしい。
近くの長万部がカニの町だから付いたわけではないのだ。
この「カニ」というのは、日本語の「カネ」から来たアイヌ語としての外来語で、黄金のことを「コンカニ」、銀のことを「シロカニ」というのだとか。
まさに日本語からの借用語である。

今日のランチはコンビニおにぎり、最近お気に入りのカニマヨとすじこである。
CIMG6120_20200601053332aa7.jpg
ピリ辛キュウリのほか、Yちゃんのカニ缶も一緒に写させてもらった。

30分近くのんびりしたので、そろそろ出発。
立ち上がると、北の大平山(1191m)がとってもりりしく聳えていた。
CIMG6116_20200601053356ffc.jpg

南の遊楽部岳(1277m)は実際より高く見える。
CIMG6117_202006010533286e7.jpg

名残惜しいが、カニカンさんに別れを告げる。
CIMG6119_20200601053331a66.jpg

頂上付近はヤセ尾根。
CIMG6123_2020060105330597a.jpg

岩場なので、慎重に行く。
CIMG6124_20200601053307a06.jpg

ネコヤナギの仲間を発見!でもピントが合ってくれなかった。
CIMG6125_2020060105330811e.jpg

下りもしばらくは気が抜けない。
CIMG6127_20200601053309fa4.jpg

雪渓の急斜面では尻セード。雪がふかふかじゃないのでスピードが出る。
なかなか楽しい。
CIMG6128_20200601053241e71.jpg

再び、雲海の中へと下りてゆく。
CIMG6129_2020060105324296b.jpg

雪渓の末端からは雪解け水が流れていた。
CIMG6131_20200601053245134.jpg

頂上から8分で九合目を通過。
表面のコケをH君がストックで落としてくれ、「合」の字がよく見えるようになった。
CIMG6132_202006010532474fb.jpg
この先は、八合目を探しながら下る。

このあたりから見ると、頂上は岩でできていることが分かる。
CIMG6133_20200601053218c57.jpg

南の方角はるか先に駒ヶ岳(1131m)が浮かぶ。
CIMG6134_2020060105322038d.jpg

眺めはいいのだが、このトラバースのササがいやらしく歩きにくかった。
CIMG6136_2020060105322135a.jpg

トラバースを過ぎるとロープ場。
CIMG6138_2020060105322379a.jpg

一人ずつ、ゆっくり下る。
CIMG6139_202006010532249d9.jpg

待ち時間の間に、ロープ場からの眺め。
CIMG6140_20200601053154bca.jpg

このように、うしろ向きに下りましょう。
CIMG6141_2020060105315693b.jpg

全員無事にクリア。下には古いロープが打ち捨てられていた。
CIMG6142_20200601053157d9b.jpg

この先で、赤と青のまだらテープを発見!
このテープは他の合目標識のそばにもあったので、雪とのすき間を覗いてみると、八合目と思われる板がかろうじて確認できた。
CIMG6143_202006010531586f3.jpg

これで、めでたく全合目制覇だ。
CIMG6144_20200601053200582.jpg

標高を下げるに従い、雲海がまた迫ってくる。
CIMG6145_20200601053132b34.jpg

なかなか幻想的である。
CIMG6146_20200601053132a0c.jpg

八合目から10分弱で七合目を通過。
CIMG6147_20200601053134d5f.jpg

小さな雪田を見送る。
CIMG6148_20200601053135a26.jpg

路傍に可憐な白い花。名前は分からない。
CIMG6149_20200601053137076.jpg

六合目には、昭和から平成にかけて3世代の標識が勢ぞろいしていた。
CIMG6150_20200601053107dac.jpg

雪渓の上から、頂上を振り返る。これが見納めであろう。
CIMG6151_202006010531089b7.jpg

これは登りで見落としたクマ糞かな。
CIMG6152_20200601053110ce0.jpg

六合目から五合目まではわずか7分。
CIMG6153_20200601053111412.jpg

さらに8分で四合目。ここで小休止とした。
CIMG6154_202006010531136d5.jpg

H君がヘビみたいとしきりに気にしていた枯れ枝。
CIMG6155_202006010530431b8.jpg

オレンジ色の斑点は地衣類だろうか?
私にはアニメ「日本昔ばなし」の主題歌が流れるシーンに出てくる龍に見えた。
CIMG6156_20200601053045e33.jpg

7分で出発。
CIMG6157_20200601053046ad1.jpg

下りでも倒木越え。
CIMG6158_20200601053048448.jpg

木の幹にガンバレの文字を見つけた。さぞかし痛かったことだろう。
CIMG6159_20200601053049c84.jpg

(つづく)
このページのトップへ

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (523)
東北の山 (75)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (58)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (100)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (12)
中央アルプス (28)
北アルプス (61)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (96)
ドライブ (50)
廃線の旅 (46)
駅から散歩 (39)
乗り鉄 (51)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (33)
東海の山 (5)
つぶやき (38)
旧道歩き (59)
伊豆の山 (39)
サイクリング (3)
ハイキング (17)
温泉旅行 (16)
ランニング (1)
観光 (3)
お遍路 (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR