FC2ブログ

山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

積丹半島(下)

【2018年4月21日(土)】積丹半島
積丹出岬灯台の見学を終えて駐車場へ。
眼下に見えているのは入舸集落。
DSC_5704_20180430231524b57.jpg

そして入舸の港。
DSC_5705_201804302314545d6.jpg

黄色く咲いているのはスイセンかな。
DSC_2823_20180430231517551.jpg

神威岬に向かう途中、海岸越しに積丹岳(1255m)が見えたので、思わず車を停めた。
DSC_5706_20180430231456124.jpg
右の余別岳(1298m)は雲に隠れているようだ。

余別集落に、高1の時に泊まった積丹ユースがまだあった。懐かしい。
DSC_2825_20180430231520f15.jpg

島武意から20分ほどで神威岬の駐車場に着いた。
DSC_5708_201804302314596e4.jpg

しかし、猛烈な風が吹いている。
DSC_5707_2018043023145774c.jpg

気温が高めなので助かるが、カメラがブレてしまうほどの強風だ。
DSC_5709_20180430231500296.jpg

西海岸方面の奇岩。
DSC_5710_20180430231433b5c.jpg

神威岬灯台に向けて、チャレンカの小道を行く。
DSC_5712_2018043023143634f.jpg

ひどい向かい風だ。
DSC_5713_20180430231437f45.jpg

右手に何やら、土管のようなものが。
DSC_5714_20180430231439b94.jpg

な、なんと、岬への道は強風のため通行止めになっていた。
DSC_5715_20180430231410207.jpg

ああ、あそこまで行きたかったのに。
DSC_5716_201804302314121b3.jpg

山でもないのに、こんなことになるとは。
DSC_5717_201804302314139ae.jpg

その昔、ここは女人禁制の地だったそうだ。
DSC_5718_20180430231415e66.jpg

強行突破しようにも、やはりこの風では危険なので諦めることにした。
DSC_5719_201804302314168f5.jpg

でも、来た道を戻るのも癪なので、あの構造物を確認して帰る。
DSC_5720_2018043023134876f.jpg

どうやら電磁台と呼ばれるものの遺構のようだ。
DSC_5721_201804302313490f7.jpg

ロシア軍の動きを探知するため、昭和15年(1940年)に設置された電波探知塔の一部だそうだ。
DSC_5722_20180430231351171.jpg

ここはちょっとした展望台になっていた。
DSC_5723_2018043023135265f.jpg

実は、かつて海岸沿いにも岬に通じる道があった。
DSC_5724_2018043023135412d.jpg

右下の黒い部分がそのルートにあった「念仏トンネル」だろうか。
DSC_5725_20180430231325939.jpg

ここからも積丹ブルー。
DSC_5726_2018043023132753f.jpg

荒々しい断崖が続く。
DSC_5727_201804302313287d0.jpg

こんなに強い風が吹いているのに、不思議なことに兎が跳んでいない。
DSC_5728_201804302313305db.jpg

もう一つ先の展望台に向かう。
DSC_5729_20180430231331a0b.jpg

ここからは岬の陰になっていた神威岩が姿を現した。
DSC_5730_20180430231300a27.jpg

絶景だ。
DSC_5733_201804302313047cc.jpg

でも、灯台から見下ろしたかったなあ。
DSC_5734_20180430231306c2c.jpg

また、花の名前が思い出せない。
DSC_5731_20180430231302f79.jpg

余別岳方面。
DSC_5732_2018043023130395b.jpg

西海岸方面はかなり霞んでいる。
DSC_5737_20180430231240d37.jpg

最後にカムイ番屋に寄ってみよう。
DSC_5738_20180430231242151.jpg

お土産物などをひやかしたが、とくに何も買わず、帰路につく。
神恵内まで国道229号を南下し、トーマル峠を越える。
眠くなってきたので、古平町のセタカムイ岩で車を停めて、10分ほど仮眠。
DSC_2826_20180430231522d9a.jpg

すっきりして運転再開。
忍路あたりで新しいトンネルができていたので、帰りは旧道を通ろうとしたら、何と通行止めになっていた。
DSC_5739_20180430231243477.jpg

あの景色のよかった道も廃道になってしまうのか。
DSC_5740_20180430231215255.jpg

調べてみたら、新ルートは今年3月17日に開通していた。
小樽開発建設部では、該当区間が落石・崩壊、岩盤崩壊等の危険箇所が多いということで迂回ルートを建設してきたようだ。
この区間(約3.5km)に人家がないので、旧国道は不要になるということなのだろう。
旧忍路トンネルも桃内トンネルも坑口が埋められてしまうのか。
防災のためには致し方ないのかもしれないが、残念でならない。
DSC_5741_201804302312178a3.jpg

桃岩を眺めて、今回はおしまい。
DSC_5742_2018043023121877f.jpg
帰宅は18時頃だったと記憶する。

(おわり)
スポンサーサイト



このページのトップへ

積丹半島(上)

【2018年4月21日(土)】積丹半島
いい天気だけど、風が強い予報だったので、山歩きは止めて、久しぶりに積丹半島へドライブに出かけることにした。
のんびり朝食を摂って、9時半頃に出発。

銭函ICから札樽道に入って、小樽、余市を過ぎ、11:15頃、古平市街を通過。
DSC_2814_20180430083649572.jpg
T字路の正面にあるので、否応なく目に入る「中央旅館」だが、まだ現役らしい。
8室あり、1泊2食6500円から、とのこと。

この先の美国で観光案内所に寄って、観光パンフレットをゲット。
坂を登って、高原に出ると、真っ白な積丹岳(1255m)が左手に現れた。
DSC_2815_2018043008365183b.jpg

もう、いい時間になったので、お昼にすることにした。
積丹と言えば、うに丼である。
観光パンフを見て、お店を選んでみたが、元祖の「みさき」など、めぼしい店はまだシーズン前とのことで営業していない。
というわけで、幸いこの日から店を開けたという入舸の中村屋へ。
DSC_2816_20180430083652a84.jpg

「地元のウニは6月以降なので、この時期は北方領土産になります」とのことだったので、2800円のうに丼はあっさり断念。
1300円の刺身定食にした。
DSC_2817_201804300836548b9.jpg
これはこれで、結構美味しかった。

第4テーブルに座ったので、伝票にはこんなふうに書かれていた。
DSC_2818_20180430083655864.jpg
まあ、「似ている」とよく言われますけど。

腹も落ち着いたので、観光を始める。
まずは島武意海岸。
DSC_5641_20180430083632573.jpg

駐車場が高台にあるので、ここからも積丹岳や余別岳(1298m)を望むことができた。
DSC_5637_20180430083626555.jpg

眼下は入舸の集落。
DSC_5638_20180430083628e1b.jpg

立派な売店兼レストラン「鱗晃」があったが、食べたばかりなので中には入らず。
DSC_5639_20180430083629248.jpg

その奥にある「レストハウスしまむい」は営業しているのかどうか分からなかった。
DSC_5642_20180430083555066.jpg

確かに今日は風が強い。山に行かなくて、よかったわ。
DSC_5640_201804300836312f3.jpg

海岸に出るには、このトンネルをくぐっていく。
DSC_5643_201804300835575c0.jpg

実は、この日の朝のテレビで、まさにここが紹介されていた。
DSC_5644_2018043008355883f.jpg

トンネルを抜けると、立派な展望台になっている。
DSC_5648_20180430083535d35.jpg

そして、このパノラマ。素晴らしい演出だ。
DSC_5645_20180430083600cc3.jpg

左にある巨大な岩は屏風岩と呼ばれているそうだ。
DSC_5646_2018043008360169b.jpg

もうちょっと奥まで覗いてみた。
DSC_5649_20180430083536420.jpg

かなりの迫力である。
DSC_5650_201804300835389c7.jpg

こちらは右手の眺め。
DSC_5647_201804300835333bd.jpg

これが積丹ブルーというやつか。
DSC_5651_2018043008354013d.jpg

本体側の地肌は黄色く、火山灰っぽく見える。
DSC_5652_20180430083512ab8.jpg

これもまた奇観と言えよう。
DSC_5653_20180430083513f0b.jpg

観光客の方々も、ひっきりなし。
DSC_5655_201804300835166f0.jpg

それにしても風が強いので、あちこちに白波が立っている。
DSC_5657_20180430083515b11.jpg

地元の方が、それを「ウサギが跳ぶ」と表現していた。漁師言葉らしい。
DSC_5658_20180430083517363.jpg

黄色い斜面をよく見ると、桟橋の残骸が残っている。
DSC_5659_20180430083445de4.jpg
海岸へ下りる旧道の跡かもしれない。

海岸まで立派な遊歩道がついているので、せっかくなので下りてみた。
DSC_5660_20180430083447cbe.jpg

途中、斜面にカタクリが咲いていた。山の花だと思っていたから、びっくり。
DSC_5661_2018043008344819c.jpg

少し低い位置から見た屏風岩。
DSC_5663_20180430083450eed.jpg

ここは「日本の渚百選」に選ばれているそうだ。
DSC_5664_20180430083451961.jpg

かすかに石垣の跡が分かる。
DSC_5665_201804300834218cf.jpg

その角の部分。
DSC_5670_201804300833566e8.jpg

こちらは、しっかりと残っている。何だろう。
DSC_5666_201804300834237f2.jpg

漁業の作業小屋もあるが、今は使われてはいなそうだ。
DSC_5667_201804300834240cf.jpg

さらに下りると、本当に屏風のように見えてきた。
DSC_5668_2018043008342695b.jpg

右手には、尖った岩も見えてきた。
DSC_5669_2018043008342709c.jpg

しっかり残っている石垣には、なにやら銘板がはめ込まれている。
DSC_5671_201804300833576a9.jpg

「紀念 斎藤丈雄 大正六年五月 石工中村我一郎」と読める。
DSC_5673_201804300834004b2.jpg

調べてみると、屋号ヤマカギの斎藤家のニシン番屋の跡だそうだ。
DSC_5672_201804300833592f8.jpg

初代は斎藤彦三郎(1831~1907年)。青森県脇元村(現五所川原市)の出身で、鰊角網を発明した漁業家である。
DSC_5681_201804300832400db.jpg

1847年、17歳のとき単身、松前に渡って、ニシンやタラの漁に従事。
DSC_5682_20180430083241c7e.jpg

後に、積丹の出岬(でさき)村に漁場を構えて鰊建網の改良に取り組んだ。
1885年、同じ青森県(小泊)出身の二代目秋元金四郎とともに定置角網(建網)の開発に成功し、ニシン漁法に一大革命をもたらした。
嗣子の丈雄は、入舸・余市などに計19統を持つ大漁業家となり、1931年には、合同漁業会社を設立し、故郷脇元村に豪邸を構えたという。
DSC_5680_20180430083334f97.jpg

というわけで海岸まで下りてきた。
DSC_5674_20180430083402fac.jpg

石浜であった。
DSC_5675_20180430083328958.jpg

入江なので、意外に波は静かだ。
DSC_5676_201804300833303f6.jpg

積丹キャニオンと命名。
DSC_5677_20180430083331cc4.jpg

それでは戻るとしましょう。
DSC_5678_201804300833336c2.jpg

ほんとに、きれいな海でした。
DSC_5683_20180430083243023.jpg
DSC_5684_20180430083244941.jpg

トンネルを抜けて、今度は積丹出岬の方へ向かう。
DSC_5685_201804300832469d2.jpg

この道は逆方向で、積丹岬方面。
DSC_5686_20180430083214165.jpg

上にも島武意海岸を見下ろす展望所があった。
DSC_5687_20180430083216c54.jpg
私が高1の時(1978年、なんと40年前!)に自転車で積丹に来た時は、おそらくトンネルはなかったので、ここから海を眺めたのだと思う。
全く記憶にも写真にも残っていないが。

ここから積丹出岬灯台まで約800m。
DSC_5688_20180430083217412.jpg

風に逆らって歩くうち、かわいい灯台が見えてきた。
DSC_5689_20180430083218d0e.jpg

塔の高さは13mだが、高台にあるので、灯光の高さは141mもある。
DSC_5690_201804300832209b8.jpg

初点灯は昭和40年(1965年)なので、比較的新しい。
DSC_5691_20180430083149a06.jpg

灯台の横は展望広場になっていた。
DSC_5692_201804300831511dc.jpg

案内板は亀裂が縦横に入っていて、もはや判読不能。
DSC_5693_201804300831528ea.jpg

眼下の断崖。
DSC_5694_20180430083154dff.jpg

東方面は、まさに積丹キャニオン。
DSC_5695_20180430083155647.jpg

お~こわ。
DSC_5698_20180430083132679.jpg

女郎子岩は陰になっていて見えない。
DSC_5696_20180430083128063.jpg

ここの地質は、一体どうなっているのだろう。
DSC_5701_20180430083109ba5.jpg
どうも不思議に思って調べてみたら、ここは変質帯と呼ばれる地質であることがわかった。
北海道地質百選によると、島武意海岸の黒く見えるのは角閃石安山岩で、黄色い部分は変質して完全に粘土化し、全体に黄鉄鉱が見られるという。
なぜ変質したのかの解説はなかったが、やはり特殊なところだったんだと分かって、ちょっとうれしかった。

PM2.5の影響か、積丹岳は近くにあるのに霞んでいる。
DSC_5697_2018043008313055d.jpg

谷あいにたたずむ幌武意集落。
DSC_5700_20180430083135b25.jpg

光達距離は21海里だそうだ。
DSC_5699_20180430083133908.jpg

昭和62年に改築もされていた。
DSC_5702_20180430083110550.jpg

女郎子岩はちょっと遠いので今回は諦めて、駐車場に戻ることにした。
足元にはフキとフキノトウが生えていた。
DSC_5703_20180430083112648.jpg
昔からフキとフキノトウはどう違うのか不思議に思っていた。
フキノトウが成長するとフキになるのかな、なんて漠然と思っていたが、どうもそうではなさそうだ。
成長したフキノトウもよく見かけるが、あれがフキになるとは到底考えられない。
調べてみたら、実はこういうことだったのだ。
フキノトウは蕗(フキ)の花、フキは茎のように見える部分も含めて蕗の葉なのだそうだ。
蕗の茎は地中にあり、花と葉は地面に別々に出てくるのだとか。
だから、もちろんフキとフキノトウは同じ植物であり、出てくる部位が違うだけだったのだ。
となると、蕗は花が先に出てきて、葉っぱは随分後に出てくるということになる。
この写真のように、一緒に出てくるのは珍しいのかも。
もしかしたら、違う茎なのかもしれないが。

(つづく)
このページのトップへ

2018増毛

【2018年4月15日(日)】増毛
今年2回目の増毛である。今回も仕事だ。
本当は仕事の場合、マイカー使用禁止なのだが、休暇ということにして、マイカーで出かけた。

9:30過ぎに自宅を出発。
国道231号を北上する。天気は雨。前回は雪だった。
ここのところ週末の天気はよかったのに、ちょっと残念。
沿道は雪解け直後ということもあり、フキノトウがたくさん生えていた。

浜益区濃昼のあたりで、ちょっと旧道に入ってみた。
DSC_2782_20180418213249b3f.jpg

旧道自体はすぐに通行止めになった。
DSC_2778_20180418213315db2.jpg

徒歩なら抜け道はあるけれど。
DSC_2780_20180418213246269.jpg

近くにあった小屋はバス停の跡か。でも、入口の向きがおかしい。
DSC_2779_2018041821331717e.jpg

ちょうどこの地点が濃昼山道の入口であった。
DSC_2775_20180418213310504.jpg

濃昼山道は、1857年(安政4年)に幕府の命を受けた厚田場所請負人・濱屋与三右衛門が自費で完成させた、厚田区安瀬から濃昼までを結ぶ長さ11kmにおよぶ山道である。
DSC_2772_20180418213337b37.jpg

完成後は庄内藩による北方警備の要路として、また地域住民の生活道路として100年以上にわたり利用されていた。
DSC_2776_20180418213312a8c.jpg
しかし、1971年に国道231号が開通してからは通行者が途絶え「忘れられた道」となっていた。
今は整備されて、気軽に歩くことができるようなので、いつか来ようと思っている。

山道のすぐ脇に沢があり、雪解け水が流れていた。
DSC_2777_201804182133139a2.jpg

振り返ると、濃昼の集落。
DSC_2774_20180418213340c32.jpg

フキノトウが一面に生えている。
DSC_2773_2018041821333834f.jpg

斜面にもたくさんあったので、若いのを中心に少し摘んでみた。
帰って、天ぷらにしたら、めちゃめちゃ旨かった。
DSC_2781_2018041821324800a.jpg

では、増毛に向かって出発。
浜益トンネルを抜けたところにある白銀の滝で小休止。
DSC_2783_20180418213250880.jpg
5分ほど眠った。
国道231号は旧道も多いので、いずれ自転車で走りたいと思っている。
実は、大金をはたいてクロスバイクを買ってしまったのだ。

12時半に増毛町に到着。まずは腹ごしらえ。
前回入ろうとして止めた、駅前の寿し忠にした。
CIMG6813_20180418213601d23.jpg
カウンターは埋まっていたので、奥の座敷へ。

ここのタコザンギは「タコのやわらか揚げ」(500円)というタイトルだった。
もちろん、これは名物なのでいただきます。
DSC_2785_201804182132528d6.jpg

あとは握り寿司の中(1300円)をオーダーした。
DSC_2786_2018041821322056d.jpg
まあまあ普通だった。

食後はリニューアルした増毛駅を見学。
CIMG6814_20180418213603e9b.jpg

中には、ぐるめ食品が売店を出していた。
CIMG6815_20180418213604fa6.jpg

ここでもタコザンギを販売している。400円。こっちにすればよかったか。
CIMG6816.jpg

拡張されたスペースには、廃止された留萌本線(留萌~増毛間)の写真パネルが展示されていた。
CIMG6817_2018041821360751f.jpg

増毛駅は2016年12月5日をもって廃止された。
CIMG6818_20180418213537ea6.jpg

でも、町としては、ふるさと歴史通りの起点として、駅舎を保存。
CIMG6819_2018041821353878a.jpg

8800万円をかけて、無人化(1984年)によって縮小された駅舎を、それ以前の規模に復元した。
CIMG6820_20180418213540441.jpg

高倉健主演の「駅 STATION」のロケが行われた1981年の姿がよみがえったわけだ。
CIMG6821.jpg

もちろん、当時はこんなにきれいではなかったが。
CIMG6822_20180418213543f21.jpg

ホームには、滝川市生まれの彫刻家、五十嵐威暢作のモニュメントが設置されていた。
CIMG6823_20180418213515f1e.jpg

「テルミヌスへの願い」という題のようだ。テルミヌスとはターミナルの意味。
CIMG6824_2018041821351792e.jpg

線路は雪の中に消えている。
CIMG6826_20180418213519af3.jpg

でも、増毛にもやっと春が来た。
CIMG6830.jpg

増毛駅は1921年(大正10年)11月の開業。
CIMG6827_20180418213520152.jpg

2014年の1日平均乗客数は11人だったそうだ。
CIMG6832_2018041821511387f.jpg

レールは留萌まで残っているのか。それとも増毛駅周辺だけか。
CIMG6831_20180418213454f3a.jpg

とにかく廃止前に乗っておいてよかった。
CIMG6833_20180418213455b44.jpg

新たによみがえった増毛駅は賑わってほしいものだ。
CIMG6834_20180418213457c6d.jpg

やはり廃止は淋しい。
CIMG6835_20180418213458032.jpg

背後に増毛灯台。
CIMG6828_20180418213522a56.jpg

こちらは駅の向かいにある観光案内所。
CIMG6836_20180418213427f85.jpg

映画では「風待食堂」としてロケに使われた。
CIMG6843_201804182134014af.jpg

中に、倍賞千恵子演じた桐子の赤ちょうちんが再現されている。
DSC_2790_20180418213222b83.jpg

館内では、映画で流れていた「舟唄」がかかっていた。
DSC_2791_20180418213223ede.jpg

さよなら列車のヘッドマーク。
CIMG6839_201804182134301a7.jpg

映画で増毛ホテルとして使用された日本通運増毛営業所の写真。
CIMG6838_2018041821342939a.jpg
この味わい深い建物は日通が撤退して、ぐるめ食品が買い取ったが、その後、取り壊して駐車場にしてしまったという。
恨みます。

雄冬岬を山で越える増毛山道の地図。これもいずれ行かなくては。
CIMG6840_20180418213431982.jpg

なんと、健さんは増毛駅で車のCMにも出ていた。三菱ギャランΣだ。懐かしい。
CIMG6841_201804182134330b6.jpg

ふるさと歴史通り。
CIMG6842_2018041821335957f.jpg

かなり古い旅館のようだが、絶賛営業中。
CIMG6844_20180418213402212.jpg

国重要文化財の旧商家丸一本間家の前を通過して、日本最北の蔵元「国稀」へ。
DSC_2794_20180418213226d76.jpg

仕事前にちょっと寄り道する。
DSC_2796_2018041821314519e.jpg

大きな杉玉。
DSC_2797_20180418213147c74.jpg

中に入ると、髪の毛の薄い人にご利益のありそうな駅名標が。
CIMG6847_20180418213405c8c.jpg

私は、つるつる行き一直線だが。
DSC_2798_20180418213148400.jpg

とにかく、のれんをくぐる。
DSC_2799_201804182131507fe.jpg

これは一升瓶ならぬ一斗瓶。右端が一升瓶なので、その大きさが分かろうというもの。
DSC_2800_20180418213151b48.jpg

その他、展示あれこれ。
DSC_2801_20180418213121256.jpg

戦後から等級制が廃止される平成4年まで製造されていた「万歳国稀」。やや辛めの二級酒だった。
DSC_2802_201804182131224fe.jpg

やや甘めの一級酒だった「乾杯国稀」。
DSC_2803_20180418213124735.jpg

映画のロケは国稀でも行われたらしい。
CIMG6846_20180418213404f8e.jpg

車なので、残念ながら利き酒はできなかった。
CIMG6848_201804182133342a4.jpg

本日の目的は実はこれ。
DSC_2805_2018041821312536b.jpg

1時間半にわたり半生を語ってくださいました。
CIMG6853_201804182133360a3.jpg

午後4時半に終了。役場の駐車場に置いておいた車に戻る。
その途中にあった願王寺。
DSC_2808_20180418213127084.jpg

増毛は古い町なので寺院が多かった。
DSC_2809_2018041821305758d.jpg

それでは、増毛よ、さようなら。
DSC_2810_20180418213100aef.jpg

2時間ちょっとかけて帰宅。
利き酒はできなかったが、純米吟醸の「極」を買ってきた。
おいしうございました。
DSC_2812_20180418213100352.jpg


(おわり)
このページのトップへ

蓬莱山

【2018年4月8日(日)】蓬莱山
中山峠スキー場の頂上にあたる蓬莱山(980m)には、この冬のうちに登りたいと思っていた。
この週末は土日ともぐずつき気味の天気予報だったので、お出かけは諦めていたのだが、日曜日は前日になって好転してきたので、この機会に決行することにした。
1時間ほどで登れそうな山なので、8時まで朝寝坊して、9時半に出発。

せっかく土曜日に洗車したばかりなのに、夜中に雪が降ってしまい、げんなりだったが、路面は早々に乾いてくれたので助かった。
その分、きれいに晴れていた青空に雲が広がり始めてしまった。
途中、藤野のセブンイレブンに寄って、飲み物を購入。
中山峠には10時半過ぎに到着した。わりと早かった。
DSC_2719_20180411213347c10.jpg

中山峠森の美術館方面から蓬莱山の山頂近くまで林道が通じている。
DSC_2720_2018041121334910b.jpg

なので、わりと奥まで車で行けるかと期待していたが、美術館を過ぎると、すぐ積雪に阻まれた。
DSC_2721_20180411213350daf.jpg
行き止まり地点には、スノーバイクを運んできたと思われるワゴン車などが3台あって、もう車を停めるスペースがない。
やむなく、道の駅望羊中山の駐車場まで戻り、車はそこに駐車。
スノーシューを手に持って、さっきの行き止まり箇所まで、ツボ足のまま歩いて行った。

雪は固そうで、雪の上もツボ足でも大丈夫そうだったが、スノーシューを持って歩くのもばかばかしいので、もちろん装着して行く。
中山峠の標高は830mなので、本日の標高差は150mということになる。
CIMG6655_20180411213733466.jpg

林道は完全に雪に埋まって道筋ははっきりとは分からないので、とりあえずスノーバイクの跡をたどっていく。
CIMG6656_20180411213735891.jpg

少し登って、左に大きくカーブすると、広い雪原に出た。
CIMG6657_2018041121373666a.jpg
せっかくなので、バイクのトレースを外れて、自由に歩いてみた。
今朝までの降ったと思われる新雪が2~3cm積もっていて、その下は固く締まっていたので、気持ちよく歩くことができた。

小さな高まりに立つと、電波塔が林立する蓬莱山の山頂が望めた。
CIMG6658_20180411213738ca7.jpg

それを越えて再び、林道に出る。
時折、独立した木々の家族がいる。
CIMG6659_2018041121373928e.jpg
CIMG6660_20180411213711943.jpg
蓬莱山の山頂は右手に見えるが、道は左。
地形図を見ても、林道は少し回り込んでいるので、とくに疑わず、左へ。
間もなく、その道も大きく右に旋回した。

まわりはあまり密ではない森だが、歩いているところは帯状に木々が伐採されている。
その端に電柱が続いているので、歩いているのは林道であることが確かめられる。
CIMG6661_20180411213713770.jpg

傾斜はかなり緩やかで、全く汗をかかない。
CIMG6662_201804112137146bf.jpg

それでも、動いていると暖かくなってきたので、ゴアの下に着ていたダウンのベストを脱いだ。
CIMG6663_201804112137162ca.jpg

30分近く歩いたところで、北海道電力の中継塔の前を通過した。
CIMG6664_20180411213717121.jpg

ここで、さらに右に屈曲し、蓬莱山の尾根を進む。
CIMG6665_20180411213646940.jpg

山頂付近には、なだらかな山に似つかわしくない大きな岩がいくつかあった。
CIMG6666.jpg
CIMG6667_2018041121364962a.jpg

大福のような突起の横を通過。
CIMG6668_2018041121365167e.jpg

四角い人工物のような岩をのせた巨岩の下を進む。
CIMG6669.jpg
終盤はさすがにちょっと傾斜が出てきたが、難なく登れた。

右手に展望が開けてきた。
白いのは喜茂別岳(1177m)。その手前の三角が小喜茂別岳(970m)。
CIMG6670_20180411213620045.jpg

こののっぺりした斜面が不思議だ。
CIMG6671_20180411213622671.jpg

頂上に立っているのはNHKの中継塔だった。
CIMG6672_2018041121362337c.jpg

ここまでリフトが通じていたようだが、今は使用されていない。
DSC_2723_20180411213352fda.jpg

リフトは以前3本あったようだが、現在営業しているのは第一ペアリフトだけだ。
CIMG6674_20180411213625501.jpg

見えているのは、上級者向けのダウンヒルコース。
小さなジャンプ台みたいなものが多数設けられていた。
CIMG6675_20180411213626ff2.jpg

頂上には中継塔が3本。残念ながら山名板は見当たらなかった。
CIMG6676_20180411213552307.jpg

山頂に通じる第二ペアリフトの営業を止めたのはいつのことなのかは調べ切れなかったが、第三セクターだった「中山峠健民センター宝乗山スキー場」からルスツ・スキーリゾートを経営する加森観光に移管された2003年のことなのかもしれない。
CIMG6677_201804112135544a7.jpg

老朽化や利用者減ということもあったのだろう。
CIMG6678_20180411213555071.jpg

頂上付近もなだらか。
CIMG6679_20180411213557dc9.jpg

中山峠スキー場は天然雪のスキー場としては日本で最も早く営業を始めるところとして知られている。
CIMG6680_20180411213558acf.jpg

今シーズンは11月19日にオープンした。
でもハイシーズンは積雪が多く、ルスツの営業期間とかぶるため休業。12月11日~3月31日までクローズして4月1日から営業を再開している。
CIMG6684_201804112135325a5.jpg

春は5月13日までの予定で、それ以後も積雪の状況によっては土日のみ営業するという。
CIMG6686_20180411213535d27.jpg

過去の最も遅い営業終了日記録は2013年の6月2日だったそうだ。
CIMG6687_20180411213504359.jpg

支笏湖方面の山。
CIMG6681_20180411213529737.jpg

さっき見た巨岩を別角度から。
CIMG6683_20180411213530dd2.jpg

期待していた羊蹄山(1898m)は残念ながら見えなかった。
少し風があって寒いので、退散。
足元には、シールスキーで登ってきた人の痕跡があった。
CIMG6685_20180411213533bde.jpg

再び喜茂別岳。
CIMG6688_20180411213505363.jpg

第一リフトの頂上駅に向かって進む。
CIMG6689_201804112135072bf.jpg

白く光っているのは、おそらく中岳(1388m)
CIMG6690_20180411213508314.jpg

無意根山(1464m)がかすかに見える。
CIMG6691_20180411213510a1d.jpg

今日は日曜日だが、そんなに混んでいない。
CIMG6692_201804112134370ac.jpg

ルスツとすみわけしているとはいえ経営は大丈夫だろうか。
CIMG6693_20180411213439560.jpg

やはりコースが少ないのが難点なのだろう。
CIMG6694_20180411213441745.jpg

眼下に駐車場が見えたが、車は路駐になるほど、お客さんは来ているみたいだが。
CIMG6697_201804112134129cc.jpg

私が登ってきたルートはスキー場のファミリーコースということになっているようだが、誰も滑っている人はいなかった。
おそらくコースとして認識されていないと思う。
同じ道を戻りなくないので、あえて森の中に入って行った。
CIMG6696_20180411213444061.jpg

再び、中岳方面を望む。
CIMG6698_201804112134137ef.jpg

白い帯がゲレンデだ。
CIMG6699_20180411213415e87.jpg

今度はスキーで来てみようかな。
CIMG6700_20180411213416743.jpg

というわけで、間もなく林道に合流。
12時半すぎに中山峠まで下りてきた。
CIMG6701_201804112134183da.jpg

小腹が空いたので、名物のあげいもを食べていくことにした。
DSC_2727_201804112133534cf.jpg

結構、並んでいた。
DSC_2728_2018041121332393d.jpg

食べる前に顔ハメ。
DSC_2729_201804112133250ec.jpg

それではいただきます。
DSC_2732_20180411213327fad.jpg

でも、これだけでは足りないので、下界に下りてきてから、本格的に昼食。
DSC_2733_201804112133282da.jpg

簾舞の「鬼そば」に立ち寄った。
煮干しでだしをとった塩ラーメンをいただいた。
DSC_2734_20180411213329f15.jpg
私には麺が固めだったが、スープは抜群に美味しかった。

というわけで本日の山行は終了。
2週間ぶりに春雪の感触を味わった。

【行程】2018年4月8日
中山峠(10:50)~登山口(10:55装着等11:05)~北電中継塔(11:30)~蓬莱山(11:50撮影11:55)~中山峠(12:35)
※所要時間:1時間45分(歩行時間1時間30分)
※登った山:1座(蓬莱山)
※歩行距離:4.0km
※累積標高差:150m
このページのトップへ

2018室蘭本線

【2018年4月5日(木)】栗山
本日は、栗山町でお仕事。
レンタカーで札幌市内を9時過ぎに出発した。
お約束の時間は10時半なので、安全策をとって道央道を利用した。
江別西ICで下りて、国道337号を南下。
途中、南幌町の中心部で古い木造の家屋が目に留まったので、車から下りて撮影。
CIMG6563_20180408174518569.jpg

旧幌向駅逓所だった。
CIMG6564.jpg

1912年(明治45年)に松田与三によって、この場所に開設されたものだ。
CIMG6565_20180408174521d3f.jpg

1930年(昭和5年)の夕張鉄道開通によって、翌年11月に廃止されたという。
CIMG6566_2018040817452264f.jpg

向かいには菩提禅寺という寺があった。
CIMG6567_20180408174524960.jpg

ついでなので、こちらも記録に留めておいた。
CIMG6568_20180408174454a63.jpg

栗山町に入ると、大きなレンガ造りの建物が並んでいた。
CIMG6569_20180408174456b82.jpg

「北の錦」を製造している小林酒造であった。
CIMG6570_2018040817445714f.jpg

仕事は栗山駅舎内にある栗山町史編さん室で。
1時間ほどで終了。
会社に戻る途中に少しだけ寄り道することにした。
まずは、室蘭本線栗山駅の車両倉庫。
CIMG6571_20180408174458e23.jpg

栗山町役場。
CIMG6572_20180408174500cf0.jpg

町民憲章のモニュメント。
CIMG6573_20180408174429e3b.jpg

駐車場の奥にあった営繕作業所。
CIMG6574_201804081744313a7.jpg

小林米三郎氏の銅像。米三郎は小林酒造の創業者である。創業は1878年(明治11年)。
CIMG6575_20180408174433321.jpg

こちらは泉麟太郎(1842~1929年)の銅像。
CIMG6576_20180408174434b72.jpg

栗山開拓の父である。
CIMG6577_20180408174435da1.jpg

国道234号を北上。
右手に栗山トンネルが見えてきたので、車を停めて撮影。
CIMG6578_20180408174356aa1.jpg

ちょうど、雪が解けて、草も生えていなかったので、革靴でも侵入しやすかった。
DSC_2694_20180408173756184.jpg

栗山トンネルのある栗山~栗丘間は複線だったが、下り線が1990年4月23日に崩落。以来、復旧されることなく、単線になってしまった。
DSC_2693_20180408173755bb5.jpg

もう30年近く経っているが、見た目はあまり劣化していないように見えた。
CIMG6582_20180408174402868.jpg

でも、外側のコンクリートは一部、剥がれ落ちていた。
CIMG6579_20180408174358c2e.jpg

一旦、外に出て外観を撮影。
DSC_2696_20180408173758c13.jpg

崩落箇所の南側にも行ってみた。
DSC_2697_20180408173759394.jpg

これが、まさに崩落箇所。
DSC_2698_20180408173730071.jpg

立入禁止となっているが、ちょっとごめんなさい。
CIMG6583.jpg

崩落箇所の南側から南の方角を望む。
DSC_2700_20180408173733a55.jpg
CIMG6589_20180408174307504.jpg

北側(つまり崩落箇所)を望む。
CIMG6588_20180408174305749.jpg

しばらく歩いて、トンネルを出ると、まさに廃線跡であった。
DSC_2701_201804081737349a6.jpg

背中を向けているのは、立入禁止の看板のような気がする。
CIMG6591_20180408174310daa.jpg

恐ろしいことに熊の糞が。
CIMG6590_20180408174308281.jpg

長居は無用なので戻りましょう。
CIMG6593_20180408174239803.jpg

それにしても美しい廃墟である。
DSC_2703_20180408173736d03.jpg
CIMG6596_201804081742449f3.jpg

外壁のコンクリートの劣化状況をもう一度確認して、トンネル見学は終了。
CIMG6594_20180408174241325.jpg

次は跨線橋。手前は廃止になった旧下り線。
DSC_2704_20180408173737a41.jpg

奥が現役の線路。
CIMG6599_201804081742167b7.jpg

この先に廃業した丸豊ドライブインがあった。
CIMG6600_20180408174217456.jpg

ここの息子さんが人身事故で相手を死なせてしまったことが廃業の理由とも伝えられる。
CIMG6601_201804081742195bc.jpg

栗の森公園というところに寄ってみた。
CIMG6604_20180408174152005.jpg

東屋があった。
CIMG6603_20180408174150687.jpg

広域農道の周辺整備事業の一環としてつくられたらしい。
CIMG6602_20180408174220222.jpg

陸橋から室蘭本線と国道234号を俯瞰。
CIMG6605_20180408174153910.jpg

ここは絶好の展望スポットだ。
CIMG6606_20180408174155ed7.jpg

室蘭本線の方に注目しよう。
CIMG6608_2018040817412747d.jpg

右が廃線となった旧下り線。レールの色が違う。
CIMG6607_2018040817415726f.jpg

反対側(北の方角)。左が旧下り線となる。
CIMG6609_2018040817412956d.jpg

というわけで上下両線を確認できたところで、出発。
CIMG6610_20180408174130e71.jpg

夕日ヶ丘レストラン善生。今日はお弁当を持ってきているので通過。
CIMG6611_20180408174131d6b.jpg

国道234号に戻る。
CIMG6612_20180408174133332.jpg

栗沢駅にも立ち寄り。
CIMG6616_20180408174108575.jpg

駅前には赤レンガの倉庫が並んでいた。
CIMG6613_20180408174104564.jpg
CIMG6614_20180408174105ffd.jpg

日の出交通の栗沢営業所もあった。
CIMG6618_20180408174040b17.jpg

その裏側。
CIMG6615_20180408174107b40.jpg

駅前通り。
CIMG6619_20180408174042d6c.jpg

栗沢駅は1894年(明治27年)10月、北海道炭礦鉄道の清真布駅として開業。
CIMG6617_2018040817411022a.jpg

栗沢駅に改称されたのは、1949年(昭和24年)のこと。
CIMG6620_20180408174044861.jpg

1989年11月に新築された駅舎だ。
CIMG6621_20180408174045667.jpg

無人化されたのは1984年4月。
CIMG6622_201804081740466b3.jpg

ホームはかつて2面3線だったが、栗山トンネルの崩落のため1面1線となった。
CIMG6625_20180408174020b5d.jpg

島式ホームが廃止されたので、跨線橋の階段は封鎖され、その下には何もなくなった。
CIMG6624_201804081740185ce.jpg

跨線橋自体は1955年(昭和30年)12月に設置されたものだ。
CIMG6623_20180408174017832.jpg

跨線橋は今、駅前と駅裏をつなぐ陸橋として活用されている。
CIMG6631_20180408173957b2e.jpg

現役ホームも柵もこの通り。お金がないので手入れが行き届かないのだろう。
CIMG6626_201804081740210d9.jpg

この駅名標も廃線寸前の色合いだ。
CIMG6627_20180408174023640.jpg

岩見沢方面。
CIMG6628_201804081739520ff.jpg

ここは栗山、栗丘、栗沢と続く「くりくりゾーン」である。
CIMG6629_2018040817395430c.jpg

ホーム側から見た駅舎。
CIMG6630_20180408173955171.jpg

苫小牧方面。
CIMG6632_20180408173958d71.jpg

なんだかさみしいねえ。
CIMG6633_201804081739293f4.jpg

引き込み線のホーム跡。
CIMG6634_2018040817393148a.jpg

栗沢市街の古い建物をいくつか。
CIMG6635_2018040817393279c.jpg
CIMG6636_201804081739342c0.jpg

次の志文駅に向かう途中で見つけた廃バス。
DSC_2706_2018040817370826e.jpg

乗合バスのようだがバス会社は分からなかった。
CIMG6638_201804081739359d5.jpg

志文駅に到着。
CIMG6639_2018040817390664b.jpg

志文駅は1902年(明治35年)8月1日、北海道炭礦鉄道の貨物駅として開業した。
CIMG6640_201804081739076b3.jpg

この駅から、かつて万字線が分岐していたが、1985年に廃止されている。
CIMG6641_20180408173909921.jpg

万字線廃止にあたり、外側の2線が廃止されて、現在は2面2線の相対式ホームになっている。
CIMG6642_2018040817391058f.jpg

1日の乗客数は2012~16年の5年平均で14.6人だそうだ。
CIMG6643.jpg

駅名の「志文」は、アイヌ語の「スプンペッ」(ウグイ・川)に由来する。
CIMG6644_201804081738423fd.jpg

跨線橋はかなり古いがしっかりしている。
CIMG6645_20180408173844d0b.jpg
CIMG6646_20180408173845c46.jpg

苫小牧方面。
CIMG6647_20180408173847041.jpg

濁点を増やすと「じぶん」になる。
CIMG6648_201804081738488b7.jpg

岩見沢方面。
CIMG6649_20180408173817c9c.jpg

それにしても、いい天気。
CIMG6650_20180408173818098.jpg

駅舎は1988年に新築されたものだ。
CIMG6651_201804081738207f3.jpg

駅舎内の待合室は実に簡素。
CIMG6652_201804081738213a9.jpg
CIMG6653_2018040817382347f.jpg

駅前通り。
CIMG6654_201804081737534d0.jpg
以上で、寄り道は終了。国道12号経由で帰社した。

(おわり)
このページのトップへ

帯広~函館出張(5)

【2018年3月31日(土)】帯広・函館
函館の中島廉売で昼食を済ませて、荷物を預けてあるホテルに戻る途中。
CIMG6517_20180407155450f48.jpg

目の前で電車が行ってしまったので、次の電停まで歩くことにした。
CIMG6516_2018040715544814d.jpg

古い建物は記録に留めておく。
CIMG6518_20180407155451d9f.jpg

こういう普通の民家も例外ではない。
CIMG6519_20180407155453efe.jpg

新川町電停に着いたら、ちょうど電車が来ていたので飛び乗った。今度は間に合った。
CIMG6520_2018040715545433a.jpg

札幌行き特急の時間までまだ余裕があるので、もう少し寄り道することにして、大町電停で下りた。
CIMG6522_20180407155426dd8.jpg

目的地は、高倉健主演「居酒屋兆治」で函館警察署としてロケが行われた函館市臨海研究所。
CIMG6524_201804071554297e2.jpg

奥さん役の加藤登紀子が迎えにきたシーンを思い出す。
CIMG6527_2018040715543214e.jpg

ここは箱館郵便役所跡でもあった。
CIMG6528_20180407155321dae.jpg

さらには沖之口番所跡でもあった。
CIMG6529_20180407155323853.jpg

近くにあった美しい廃屋。
CIMG6523_20180407155345540.jpg

探見倶楽部「海‘s」の事務所。
CIMG6530_20180407155324df7.jpg

振り返ると、いつも函館山。
CIMG6526_20180407155348a29.jpg

函館駅に向かって歩き出すと、ものすごい廃墟が姿を現した。
DSC_2647_20180407155116db7.jpg

かつて製氷所だったところらしい。
CIMG6531_20180407155326fd9.jpg
CIMG6532_20180407155327e73.jpg

かなり傷んでいる。
CIMG6533_2018040715525920b.jpg

改修して再利用されるより、こういうのも残っていた方が個人的にはうれしい。
CIMG6534_20180407155300d58.jpg

廃墟の裏にたたずむ男とネコを発見。
CIMG6535_20180407155302992.jpg

男は行ってしまったが、ネコは逃げない。
CIMG6536_20180407155303ea3.jpg

逃げないどころか、なんだかこびてくる。
DSC_2648_2018040715511751b.jpg

これは怒っているのではなく、甘えているのである。
DSC_2649_20180407155119c23.jpg

まるで駄々っ子だ。
DSC_2651_20180407155120117.jpg

倉庫の裏側。
DSC_2652_20180407155122064.jpg

どこまで行ってもネコは付いてきて、しかもすりすりしてくる。
DSC_2653_2018040715505272b.jpg
観光客がエサをあげるので、人懐っこくなってしまったのかもしれない。
でも、製氷所の敷地以外には出ていかなかった。

きれいにお住まいの木造住宅。
CIMG6538_201804071553051c8.jpg

電車通りに戻ると、高田屋本店跡の標柱があったが、高田屋嘉兵衛の店だろうか。
CIMG6539_201804071552108f7.jpg

函館区公会堂が見える基坂。
CIMG6540_20180407155212642.jpg

北島三郎記念館が入居する函館ウイニングホール。
CIMG6542_20180407155215218.jpg

古くから開けたこのあたりは斜面が城郭のような石垣で固められている。
CIMG6543_20180407155217396.jpg

ここは日和坂。
CIMG6544_20180407155145529.jpg

末広町から電車に乗る。
CIMG6541_201804071552141fa.jpg

函館駅前に到着。今年こそ、縄文遺跡群は世界遺産推薦を勝ち取れるか。
CIMG6545_20180407155146f69.jpg

空にはいつのまにか雲が広がっていた。
CIMG6546_2018040715514891d.jpg

函館駅はむかしの三角屋根の方がよかったと、個人的には思う。
CIMG6547_20180407155149df8.jpg

形はおそらく青函連絡船をイメージしているのだろう。
CIMG6548_201804071551513c9.jpg

左手に函館山。
DSC_2654_2018040715505350b.jpg

一応、いろんな角度から撮っておこう。
DSC_2655_20180407155055d65.jpg

このモニュメントは人間の親子なのは分かるが、四つん這いになっているのはカニのつもりだろうか(笑)。
DSC_2656_20180407155056a00.jpg

ホテルに預けてあった荷物を受け取り、駅の売店でお土産とビールを購入して、改札を通過。
DSC_2658_201804071550586f9.jpg

14:46発の特急スーパー北斗15号に乗車する。
DSC_2660_20180407155025c30.jpg

こいつは、もうすっかりお馴染みになってしまった。
DSC_2661_2018040715502632c.jpg

函館駅構内。
DSC_2662_20180407155028c48.jpg

次の停車駅は五稜郭。
DSC_2663_20180407155029f31.jpg

帰りも一応指定席をとっておいた。
DSC_2664_20180407155031d1e.jpg

3時間以上乗るので、お酒は2缶。
DSC_2666_2018040715500361d.jpg

でも、残念なことに海側の席ではなかった。
DSC_2674_2018040715494348d.jpg

新函館北斗駅手前で北海道新幹線を発見。
DSC_2667_2018040715500534a.jpg

で、新函館北斗駅を通過。
DSC_2668_20180407155006f20.jpg

大沼を通過する際に駒ヶ岳がきれいに見えた。これには感激。
DSC_2670_201804071550076c3.jpg

森駅に着くまでに、ビールは空けてしまった。
DSC_2673_20180407155009050.jpg

16:24、長万部駅を通過。
DSC_2675_20180407154945299.jpg

左手に見えたのは写万部山(499m)かな。
DSC_2678_20180407154946617.jpg
この先で間もなく沈没。目が覚めたのは新札幌だった。
札幌には定刻通り18:41に到着。
18:43の小樽駅に飛び乗って、手稲駅に向かう。
帯広からの特急に置き忘れた水筒が手稲駅で預かっているとの連絡が入っていたからだ。
無事に受け取り、帰宅したのは20時前。
とにかく特急に乗りまくった出張だった。

(おわり)
このページのトップへ

帯広~函館出張(4)

【2018年3月31日(土)】帯広・函館
市電を使って函館市内を散策中。
CIMG6436_20180407094024154.jpg

シャッターが閉まっているのは朝だからか、廃業しているからなのか。
CIMG6438_2018040709402644f.jpg

壁には昭和初期の函館市街を写した写真パネルが掲げられていた。
CIMG6439_20180407094028102.jpg

十字屋食料品店。
CIMG6440_20180407094029f05.jpg

十字街の交差点にある操車塔。
CIMG6441_2018040709403145c.jpg
交差点での電車信号表示とポイント切り換えを手動で遠隔操作をするための施設で、1939年(昭和14年)に建てられたそうだ。

1969年の時点で市内に6か所あったが、順次姿を消し、この操車塔だけが1995年まで使用されていたという。
DSC_2628_20180407093337d36.jpg

十字街の交差点を渡ろうとしたら、谷地頭から湯の川行きがやってきた。
DSC_2629_201804070933394e4.jpg

ここは谷地頭方面と函館どつく前方面との分岐点にあたる。
DSC_2630_20180407093340da3.jpg

次いで谷地頭行きがやってきたが、こいつは見送る。
CIMG6443_20180407094003482.jpg

電車が十字街電停に停車。
DSC_2631_20180407093342d2e.jpg

発車後の十字街電停。
CIMG6444_20180407094005d5c.jpg

向かいに、坂本龍馬像があった。彼は函館には来ていないが、北海道開拓を夢見ていたという。
CIMG6445_20180407094006f77.jpg

これはなんて建物だっけ?
CIMG6446_201804070940085b4.jpg

十字街電停に到着。
CIMG6447_20180407093936b34.jpg

1日乗車券で乗っているので、初乗り料金が210円であるのを初めて知った。
CIMG6448_20180407093938e18.jpg

函館どつく前行きがやってきた。
DSC_2633_20180407093343d96.jpg

乗り込んだが、ガラガラだった。
DSC_2634_201804070933142c0.jpg

後ろの窓から湯の川行きを見送る。
CIMG6451_20180407093941b74.jpg

やはり市電のある風景はいいな。
CIMG6452_20180407093942556.jpg

5分ほどで、終点函館どつく前に到着。
DSC_2636_20180407093315a96.jpg

ここは車止めも何もない。珍しいかも。
CIMG6454_20180407093912c53.jpg

折り返しなので、行き先表示は湯の川に変わった。
CIMG6455_20180407093913272.jpg

ちょっと散策しようと思ったが、この電車にもう一度乗ることにした。
CIMG6456_20180407093915022.jpg

湯の川まで結構時間がかかりそうだし。
CIMG6457_20180407093917807.jpg

市内を縦断し、50分もかかって湯の川に到着。
DSC_2637_2018040709331775f.jpg

保線の方が手入れをしてくれていた。
DSC_2639_20180407093318f94.jpg

こちらにはハードな車止めがあった。
CIMG6458_20180407093845c8c.jpg

乗ってきた電車は回送になって、さっさと行ってしまった。
CIMG6459_201804070938468bc.jpg

さようなら~
CIMG6461_20180407093849d08.jpg

でも入れ替わりに、代わりの電車がすぐやってきた。
CIMG6462_2018040709385167e.jpg

五勝手屋号というらしい。
CIMG6463_201804070938194d1.jpg

到着!
CIMG6464.jpg

では乗り込みましょう。
CIMG6465_20180407093822f70.jpg

時間節約のため湯倉神社の参拝は省略した。
CIMG6460_20180407093848b0a.jpg

これから仕事に向かうわけだが、行き先は北海道立函館美術館。
最寄りの駅は五稜郭公園前駅だが、一つ手前の杉並町で下りてみた。
CIMG6467.jpg

ちょうど湯の川行きも到着したところだった。
CIMG6466_201804070938245f7.jpg

誰もいない杉並町電停。
CIMG6469_2018040709375573d.jpg

表通りを避けて、美術館へ向かう。
CIMG6470_2018040709375649a.jpg

5分ほどで敷地内に入ってきた。
CIMG6471_20180407093758d1a.jpg

五稜郭タワーが見える。
CIMG6472_201804070937595de.jpg

10:20頃、美術館に到着。
CIMG6473_20180407093730932.jpg

このあと、ここで2時間ほどお仕事。
CIMG6474_2018040709373353e.jpg

はい、終わったので、引き上げましょう。
CIMG6475_2018040709373323f.jpg

帰り道に、旧函館商業高校の校門が保存されていた。
CIMG6476_201804070937356fb.jpg

かつては美術館のある、この地に校舎があったのだろう。
CIMG6477_2018040709373719e.jpg

あとは表通りを通って五稜郭公園前電停に向かう。
CIMG6478_20180407093705016.jpg

「若き星たち」という2002年の作品。函館ゆかりの偉人とは関係ないようだ。
CIMG6479_20180407093707c95.jpg

フランスから贈られたというマロニエの木。
CIMG6481_20180407093710931.jpg

贈呈のいきさつは石碑に書かれていた。詳細は省略。
CIMG6480_20180407093708f88.jpg

今、歩いてきた道は古戦場函館五稜郭街道と呼ばれているようだ。
CIMG6482_20180407093711893.jpg

五稜郭公園前電停に到着。
CIMG6483_20180407093643697.jpg
電車が来ていたので、あわてて飛び乗った。

お腹が空いたので、中島廉売という市場でお昼にすべく、最寄りの堀川町電停で下車した。
CIMG6485_20180407093644c48.jpg

電車を見送る。
CIMG6486_2018040709364612c.jpg

駅名標もきちんと押さえておかなくては。
CIMG6487_2018040709364771c.jpg

電車通り沿いに「中島廉売入口」の標識を発見。
CIMG6488_20180407093649eed.jpg

「皆様の台所」だそうだ。
CIMG6489_201804070936190b8.jpg

早速、現れたのは八百屋さん。
CIMG6490_20180407093621859.jpg

屋台がたくさん出ている。
CIMG6491_20180407093622a44.jpg

小樽駅前の三角市場のような生鮮食料品店の集中地区もあった。
CIMG6492_20180407093624b74.jpg

その裏側はこんな感じ。
CIMG6493_2018040709362582a.jpg

さて、食堂はないのだろうか。
CIMG6494_20180407093557ea2.jpg

ここは観光客にはまだメジャーではないみたいだ。
CIMG6495_2018040709355886f.jpg

シャッターの下りた店も結構多い。
CIMG6496_2018040709360032a.jpg

基本的には衰退している市場なのだろうが、観光で盛り返してほしいものだ。
CIMG6497_20180407093601c6f.jpg

中島れんばいふれあいセンターなる大きな建物があった。
CIMG6498_20180407093603aa0.jpg
中で、安いうどんなどを販売していたが、あまりに貧相なので止めておいた。

近くにあった寿司の立ち食いの店に飛び込み。
CIMG6500_20180407093535f95.jpg

ランチ寿司が700円!
CIMG6499_201804070935347cd.jpg

しばらく待って、おやじさんが目の前で握ってくれた。
DSC_2641_2018040709323086d.jpg

2、3貫ずつ出してくれるので、きれいにそろった写真は撮れなかった。
DSC_2642_2018040709323246b.jpg

稲荷も含め10貫(9貫だったかも)で600円。看板よりなぜか安かった。しかも、ちゃんと美味しかった。
DSC_2643_20180407093232859.jpg

持ち帰りもOKでした。
CIMG6501_20180407093537a42.jpg

お隣はお豆腐屋さん。
CIMG6502_201804070935384a5.jpg

中島廉売に別れを告げて、亀田川を渡る。
CIMG6503_20180407093540acb.jpg

亀田川は函館市街を縦断して南側の大森浜に注いでいる。
CIMG6504_20180407093508714.jpg

どこにでも、こういう古い住宅はあるが、10年後に残っているかどうか。
CIMG6505_2018040709350916e.jpg

函館商業に続き、函館工業高校跡の石碑もあった。
CIMG6506_20180407093511a7c.jpg

函工はそこそこ野球部が強かったはず。
CIMG6507_20180407093512895.jpg

こちらは昭和30~40年代の建築と思われる。
CIMG6508_20180407093514254.jpg

電車通りに出た。
CIMG6509_20180407093442b44.jpg

千歳町電停である。
CIMG6515_2018040709340150c.jpg

まずは湯の川行きがやってきた。
CIMG6511_2018040709344459d.jpg

この昔ながらの車両が好きだ。
CIMG6512_20180407093446ef9.jpg

信号待ちをしているうちに谷地頭行きが来てしまった。
CIMG6513_201804070934472f8.jpg

そして、あっという間に行ってしまった。
CIMG6514_201804070934499f7.jpg
仕方ないので、もう少し歩くことにした。

(つづく)
このページのトップへ

帯広~函館出張(3)

【2018年3月31日(土)】帯広・函館
函館駅前から市電で谷地頭までやってきた。
DSC_2617_2018040608242826c.jpg

ここで下りて、ちょっと散策。まずは函館市のマンホールを確認した。
国重要文化財の函館区公会堂がモチーフになっている。五角形はもちろん五稜郭。
DSC_2619_20180406082430f0b.jpg

電停前の商店街。
CIMG6350_20180406083149d20.jpg

歴史のありそうな料理旅館「池の端」。
CIMG6351_201804060831510f5.jpg

大きな屋敷もあった。沖野邸。
CIMG6352_20180406083152de1.jpg

立待岬はちょっと遠いので、近くの谷地頭温泉へ。
CIMG6353_201804060831549c5.jpg

結構立派な店構えだ。
CIMG6354_201804060831553ce.jpg

「市営」の表記が外されていた。2013年に民営化されリニューアルされたらしい。
CIMG6355_2018040608312788a.jpg

午前6時からの営業で、8時前なのに駐車場にはかなりの車が停まっていた。
CIMG6356_20180406083129a7f.jpg

函館バスの谷地頭温泉バス停。
CIMG6357_20180406083130e74.jpg

小型のマンホールはハリストス正教会。
CIMG6358_20180406083132e54.jpg

谷地頭町会館。公民館みたいなものだろう。
CIMG6359_201804060831339cb.jpg

四つ角にある和菓子の市中屋。
CIMG6360_20180406083105eea.jpg

その向かいに土産物屋さん。
CIMG6362_20180406083108505.jpg

谷地頭電停に戻ってきた。
CIMG6361_201804060831064ba.jpg

でも、電車には乗らずに、このままぶらぶら十字街まで歩くことにした。
CIMG6363_201804060831091a6.jpg

担々麺の専門店。
CIMG6364_201804060831112e5.jpg

谷地頭バス停を通過。
CIMG6365_20180406083043970.jpg

廃業した飲食店?
CIMG6366_20180406083045c64.jpg

なぜか店先に釣り具が売られていた。
CIMG6367_201804060830466b7.jpg

青柳町電停への坂を登る。
CIMG6368_201804060830484cf.jpg

おお、ちょうど電車がやってきた。
DSC_2621_2018040608243147c.jpg

車両もレトロで、いい雰囲気。
DSC_2623_2018040608243449e.jpg

電停はちょっとした峠の頂上にある。
CIMG6369.jpg

古そうな木造の住宅。
CIMG6370_20180406083006ea2.jpg

でもなかなかモダンだ。
CIMG6371_20180406083008eaf.jpg

坂下の谷地頭方面を振り返る。
CIMG6372_20180406083009a17.jpg

峠の上に青柳町のバス停。
CIMG6373_20180406083010740.jpg

が牛計測。「が牛(臥牛)」とは函館山のことだろう。
CIMG6374_20180406083012296.jpg

青柳町と言えば、やはり石川啄木である。
CIMG6375_20180406082940de0.jpg

「函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 やぐるまの花」の歌はあまりに有名だ。
CIMG6377_2018040608294294f.jpg

ここも啄木が歩いた道なのだろう。
CIMG6378_201804060829430f8.jpg

歩きだと電停撮影もできるので、うれしい。
CIMG6380_20180406082947386.jpg
CIMG6382_201804060829197f5.jpg

逆側から。
CIMG6383_201804060829204ef.jpg

あちこちにまだ木造住宅が残っている。
CIMG6379_20180406082945cdf.jpg

このあたりはやはり啄木をしのぶ散歩道になっているらしい。
CIMG6381_2018040608291797b.jpg

函館のマンホール、イカバーション。
DSC_2625_20180406082407506.jpg

なんか古い建物が見えたので左折してみた。
CIMG6384_201804060829225b4.jpg

小学校だった。
CIMG6385_20180406082924f43.jpg

昔の校門かしら。
CIMG6386_20180406082854b7f.jpg

背後に函館山を望む青柳小学校である。
DSC_2624_20180406082404ad6.jpg
1934年(昭和9年)の函館大火の翌年に建てられた鉄筋コンクリート造りの校舎で、当時函館市の建築課長を務めていた小南武一(1897~1976年)が設計したという。

古く見えた建物は体育館だった。
CIMG6388_20180406082855207.jpg

校門の下には、しゃれた洋風の装飾が。
CIMG6389_20180406082857692.jpg

校庭の横にあった行幸記念碑。
CIMG6390_2018040608285843a.jpg

その隣に創立百年記念碑。1878年(明治11年)の開校なので、今年140周年となる。
CIMG6391_20180406082900093.jpg

こちらが今の校門。
CIMG6394_20180406082822431.jpg

向かいには、小料理屋っぽい「桜路」。
CIMG6395_20180406082823986.jpg

アパートのような青柳町会館。
CIMG6393_20180406082820a7f.jpg

道端には早くもクロッカスが咲いていた。
DSC_2626_201804060824073e8.jpg

電車通りに戻る。
CIMG6397_2018040608282566f.jpg

単なる古い民家だが、こういうのは記録に残しておかなくては。
CIMG6398_20180406082827270.jpg

青柳坂。
CIMG6399_20180406082754c6b.jpg

昔は聖天坂と言ったが、昭和40年まで坂上に春日町があったので、「春日坂」と呼ばれた時期もあったという。
CIMG6400_201804060827557f4.jpg

次の電停は宝来町。
CIMG6402.jpg

ここでほぼ坂下まで下ってきたことになる。
CIMG6403_20180406082758bc4.jpg

ちょうど電車がやってきた。
CIMG6412_201804060826365b1.jpg

電停の向かいにはキダチ写真館。函館は北海道の写真発祥の地である。
CIMG6405_20180406082800ca5.jpg

函館山に向かって坂がいっぱい。
CIMG6406_20180406082657640.jpg

この坂の付近に貝塚があって、アサリ貝がたくさん見つかったことから、あさり坂と呼ばれているとのこと。
CIMG6410_201804060827035be.jpg

その名を採ったすき焼きの老舗「阿佐利本店」。
CIMG6408_2018040608270105a.jpg

1901年(明治34年)創業だそうだ。
CIMG6409_20180406082702c20.jpg

精肉店が経営しているとのこと。
CIMG6411_201804060826344a0.jpg

函館山の手前に大きな銅像が見えてきた。
CIMG6413_2018040608263866e.jpg

たぶん高田屋嘉兵衛だろう。
CIMG6414_201804060826390c2.jpg

この銅像があるのは護国神社坂。
CIMG6415_20180406082641900.jpg

坂下には千秋庵総本家があった。
CIMG6416_2018040608261055f.jpg

護国神社坂の上にはもちろん護国神社。
CIMG6417.jpg

中央分離帯には高橋掬太郎の歌碑があった。
CIMG6418_20180406082613fa2.jpg

掬太郎は函館日日新聞社の社会部長兼学芸部長を務めながら、小説や脚本を手掛けており、1931年(昭和6年)に作詞した「酒は涙か溜息か」が古賀政男作曲、藤山一郎歌で大ヒットした。
CIMG6419_201804060826144ac.jpg

その奥に日露友好記念碑。
CIMG6420_20180406082616ab1.jpg
高田屋嘉兵衛が1813年にゴローニンの釈放を実現させ、日露の衝突を回避したことを記念したもので、1999年にゴローニンの子孫と嘉兵衛の子孫が函館で邂逅したのを機に建立されたとのこと。

その高田屋嘉兵衛。
CIMG6421_20180406082543061.jpg

ゴローニンは著書「日本幽囚記」で「この世で最もすばらしく尊敬すべき人物」と讃えている。
CIMG6422_20180406082545794.jpg

坂はすべて函館山に向かっている。
CIMG6426_2018040608254818e.jpg

函館山というこんな大きな石碑があるのを初めて知った。
CIMG6425_20180406082546370.jpg

電車通りに戻りましょう。
CIMG6427_20180406082549cdc.jpg

蔵のある家。
CIMG6428_20180406082520b08.jpg

珍しい折箱の店。
CIMG6429_20180406082521cdd.jpg

次は谷地坂。
CIMG6430_20180406082523de2.jpg

谷地頭に通じる坂ということらしい。
CIMG6431_2018040608252438d.jpg

坂下の交差点にあるラーメン店。
CIMG6433_201804060825263e4.jpg

古そうなビルヂング。
CIMG6434_2018040608245215c.jpg

「蔵や」は居酒屋さんのようである。
CIMG6435_20180406082453558.jpg

(つづく)
このページのトップへ

帯広~函館出張(2)

【2018年3月29日(木)】帯広・函館
帯広の夜は、北の屋台村「ふくろう」が1軒目。
DSC_2552_20180405081136d99.jpg

2時間弱で切り上げて、2次会へ。
その前に屋台村にあった「いきぬきん」にご挨拶。
DSC_2555_20180405082449525.jpg

「息抜き」と「生き抜く」を掛けたシンボル像で帯広ゆかりの彫刻家相原正美さんが製作したものだという。
2次会は、帯広駐在の方のお薦め「大地のあきんど」へ。
DSC_2556_20180405081138e68.jpg
この店はほんとに安くて美味しくて最高だった。
大正産長芋のお好み焼き、大正産メークインのコロッケ、十勝牛のステーキをいただいたが、いずれも素晴らしかった。

22時過ぎにお開きにして、歩いてホテルに戻る。
風呂はもう済ませてあるので、そのままベッドに飛び込んで爆睡した。

【2018年3月30日(金)】帯広・函館
ぐっすり寝て、6時に起床。今日もいい天気だ。
DSC_2557_2018040508114002d.jpg

朝食は1階のレストランでバイキング。
6時半スタートだが、少し遅れて下りていった。
最近、少々太り気味なので、折角のバイキングなのに、ちょっともったいないが、少な目にしておいた。
DSC_2558_20180405081141160.jpg
このほかにスイーツもいただいたけど。

歯磨きやトイレを済ませて、8時ちょうどに出発。
本日の仕事場である音更町に同僚のレンタカーで向かう。
ちょっと早く着きすぎそうだったので、手前の道の駅おとふけで時間調整。
DSC_2559_2018040508114283d.jpg

8:30前に、目的地のよつ葉乳業十勝主管工場に到着した。
DSC_2560_20180405081112d75.jpg

まずは「おいしさまっすぐ館」を見学。
DSC_2561_201804050811147dd.jpg

いろいろとお勉強。
CIMG6329_2018040508131330d.jpg

このトンネルを通ると、牛の鳴き声が聞こえてきた。
CIMG6330_20180405081314842.jpg

昔懐かしい給食用の三角パック。
CIMG6331_201804050813164e3.jpg

こちらも懐かしい、「よつ葉3.4牛乳」。CMでおなじみだ。
CIMG6332_20180405081317bbf.jpg

今の給食はこのパック。
CIMG6333_20180405081319eac.jpg

見学の後、業務。12時半前に終了し、タクシーで帯広駅に戻った。
DSC_2566_201804050810473b8.jpg

お昼は駅ビルの中にある「ぶたはげ」で。
DSC_2567_2018040508104897c.jpg

一応、標準の4枚のせ豚丼(920円)をいただくことにした。
DSC_2563_20180405081117b65.jpg

以前、札幌で食べた豚丼はたれがくどかったが、ここのはちょうどよかった。
DSC_2562_20180405081115ed7.jpg

列車の時間まで、まだゆとりがあるので、南口に出てみた。
DSC_2564_20180405081118c1e.jpg

正面は、とかちプラザと長崎屋。
DSC_2565_201804050810450a9.jpg

トイレに寄って、13:30発の特急スーパーとかち8号に乗り込む。
DSC_2568_2018040508105029b.jpg

車体は、1号と同じかな。
DSC_2569_20180405081051665.jpg

となりのホームには、普通列車の新得行きが入線していた。
DSC_2570_20180405081012bbc.jpg

14:30発だそうである。
DSC_2571_201804050810142ad.jpg

右側(南側)の席だったので、陽射しがちょっとまぶしい。
DSC_2572_20180405081015a93.jpg

まだ雪が残っているが、なんとなく春の雰囲気。
DSC_2573_20180405081017a82.jpg

見えているのは、日高山脈である。
DSC_2576_2018040508101850c.jpg

新得を過ぎると根室本線は大きくS字カーブをする。
その時、東の山々が見える。東西ヌプカウシヌプリやウペペサンケ山だろう。
DSC_2578_20180405080947a8a.jpg

これは狩勝山(985m)方面だろうか。
DSC_2581_20180405080949bd7.jpg

札幌へは帰らず、函館に向かうので、南千歳駅で乗り換え。
DSC_2582_201804050809503ce.jpg

乗り換え時間がしばらくあるので、駅舎撮影。
DSC_2583_20180405080952902.jpg

西側(南側)に出たら、駅名表示が見えなかったので、東側(北側)に移動。
DSC_2584_20180405080953d3c.jpg

しかし、東側にもない。でも、新日本海フェリー苫小牧東港埠頭行きのバス停があった。
DSC_2585_20180405080923c23.jpg

北口は千歳オフィス・アルカディアが展開している。
DSC_2586_201804050809254ee.jpg

残る出口は北西方面。
DSC_2587_2018040508092642e.jpg

やっと出会えた。
DSC_2588_20180405080928237.jpg

こんなことですっかり時間を食ってしまったが、乗り遅れることはなかった。
DSC_2589_201804050809294e0.jpg

でも、実はさっきの特急に水筒を忘れてしまった。
DSC_2590_2018040508085904b.jpg

忘れ物センターに電話したら、届いたら連絡してもらえることになった。
DSC_2591_201804050809019f7.jpg

とりあえず期待することにして、16:11発特急スーパー北斗18号を待つ。
DSC_2592_2018040508090279b.jpg

これからまた3時間以上の旅だ。
DSC_2594_2018040508090445f.jpg

では、よろしくお願いします。
DSC_2595_20180405080905ec1.jpg

車内ではずっと読書をして、19:24、定刻通り、函館に到着。
DSC_2596_201804050808359f8.jpg

函館に来たのは、夜行列車はまなすに乗った時に寄って以来だから3年ぶりになる。
DSC_2597_201804050808368d8.jpg

もちろん、函館は終着駅。
DSC_2598_201804050808385a7.jpg

始点でもあるので、大きなゼロキロポストがあった。
DSC_2599_20180405080839893.jpg

切符は写真に残しておくだけにした。
DSC_2600_20180405080841c10.jpg

30周年というのは青函トンネルのことである。
DSC_2601_20180405080804f7b.jpg

駅前のルートイングランティア函館駅前にチェックイン。
DSC_2605_201804050808088d9.jpg

荷物を置いたら、すぐ飯を食いに出た。
道路を渡ったところにある函館ラーメンの店「しなの」である。
DSC_2602_20180405080806622.jpg

ネットで調べたら、とくに問題はなさそうで、「駅前にしては安い」とのことだった。
定番の塩ラーメンのほか、餃子もオーダーした。
DSC_2603_20180405080807013.jpg
ごくごく普通の安心できるラーメン。餃子は6個でちょっと多かった。計1100円。

お腹が落ち着いたところで、お風呂へ。
DSC_2608_201804050808109ec.jpg

この宿は天然温泉の大浴場があるということで選んだのだ。
DSC_2611_2018040508074170b.jpg

ナトリウム・塩化物温泉(弱アルカリ性)で源泉の温度は45℃だそうだ。
あいにく、他のお客さんも多く、浴室の写真は撮れなかったが、中から函館駅の夜景を見下ろす素晴らしい展望風呂だった。
すっきりした。
DSC_2610_201804050807396ba.jpg
若干、読書をして23時頃に就寝した。

【2018年3月31日(土)】帯広・函館
この日も6時頃に起床。今日もいい天気になった。
DSC_2612_201804050807429ff.jpg

ホテルの窓から函館山がよく見える。
DSC_2613_201804050807440a6.jpg

朝食は今日もバイキングで6時半から。
DSC_2614_2018040508074595d.jpg
イカ刺しが函館っぽかった。

トイレ&歯磨きを済ませて、7時半に出発。
CIMG6335.jpg

仕事は10時半くらいからなので、それまでの3時間、市電の乗りつぶしをすることにした。
CIMG6336_20180405081252e9b.jpg

市電の函館駅前電停に行く途中にあった少女像「函館の妖精・冬」。
CIMG6337_20180405081253bef.jpg

この娘は「夏」。
CIMG6339_2018040508125610b.jpg

交差点の向こうに函館駅。
CIMG6338_20180405081255dfb.jpg

北の方角には冠雪した山が見える。駒ヶ岳かな。
CIMG6343_2018040508123278f.jpg

函館駅前電停。
CIMG6341_201804050812295fb.jpg

しっかり仕切りの壁がある立派な電停だ。
CIMG6340_2018040508122855f.jpg

間もなく、湯の川行きの電車がやってきた。
CIMG6342_20180405081231fec.jpg

ほぼ12分おきに運行されている。
CIMG6344.jpg

谷地頭行きが来たので乗車。車内で1日乗車券(600円)を購入した。
CIMG6345_2018040508120103f.jpg

15分ほどで谷地頭電停に到着。
DSC_2616_20180405080714d67.jpg

ここは当然ながら終点である。
DSC_2618_20180405080717391.jpg

電車は湯の川行きとなって間もなく発車した。
CIMG6346.jpg

さようなら~
CIMG6348_201804050812054c3.jpg

次の青柳町電停まではかなりの登りだ。
CIMG6349_201804050812075f2.jpg

電車が去った谷地頭電停。
CIMG6347_20180405081204095.jpg

(つづく)
このページのトップへ

帯広~函館出張(1)

【2018年3月29日(木)】帯広~函館
29~31日まで2泊3日の出張である。
29、30日は帯広・音更、31日は函館ということで道内大移動になった。
仕事の内容は、このブログでは触れないことにしているので、あしからず。

仕事の本チャンは30日の朝から音更ということで、前日夜に帯広入りをしておけばいいのだが、29日はとくに用もなかったので、朝から列車に乗ってしまうことにした。
DSC_2506_20180403085329475.jpg

札幌7:54発のスーパーとかち1号に乗車。
DSC_2499_201804030853585fb.jpg
お隣に並んでいる緑の車両は、7:49発旭川行きの特急ライラック3号である。

帯広の到着予定時間は10:36。3時間もかからない。
昔は車で5時間かけて行ったものだが、帯広は近くなったものだ。
DSC_2500_20180403085359029.jpg
車内ではしばらく朝刊を読んでいた。
2週間ほど前に夕張に行った時はまだ畑は一面真っ白だったが、もうほとんど車窓の雪は消えていた。

指定席はわりと空いていて、しかもトマムで半分くらい下りてしまった。
DSC_2501_20180403085401480.jpg
まだ、もちろんスキーはできるようで、春休みを利用したスキー客なのだろう。
星野リゾートの送迎バスが駅まで来ていた。

十勝清水駅を過ぎると、3月17日に廃止された羽帯駅の様子が気になって、ずっと窓にへばりついていた。
DSC_2502_20180403085402f5a.jpg

すぐ手前の平野川信号所で上り列車との行き違いのため、5分ほど停車。
DSC_2503_2018040308532677a.jpg

そして10:16、羽帯駅跡を通過。
DSC_2505_2018040308532855c.jpg
ホームと待合室だけの駅なので、すぐに撤去されているのかと思ったら、待合室の窓と扉に板が打ち付けられているだけで、まだ残っていた。

定刻通り、帯広駅に到着。
DSC_2507_20180403085331d1b.jpg
午前中に帯広百年記念館に行ってしまう予定だったが、ランチの約束が早まったので、午前中は用足しと市街地探検に費やすことにした。

まずは、観光案内所で十勝地方各市町村の観光パンフレットをゲット。
DSC_2508_20180403085332df2.jpg

駅の北口に出ると、正面に大きなホテルが並んでいる。
DSC_2509_201804030852573f5.jpg

こちらが今夜泊まるホテルリッチモンド帯広駅前である。
DSC_2511_201804030853000ff.jpg

今の帯広駅は1996年11月に完成した4代目の駅舎である。
DSC_2510_20180403085258ba3.jpg

とりあえず、ホテルに荷物を預け、今夜ともに泊まる上司や同僚たちに手続きの仕方などメールで連絡しておく。
それにかなり時間を食ってしまい、歩き始めたのはもう11時を回っていた。
CIMG6302_20180403085513bbe.jpg

駅からまっすぐ北に伸びているのは、その名も平原通り。
CIMG6303_20180403085515cab.jpg

数分で右手に六花亭本店が見えてきた。
DSC_2512_20180403085302cf3.jpg

そんなに大きな建物ではなかった。
DSC_2513_2018040308530336c.jpg

初めて知ったのだが、六花亭は、千秋庵の一店舗である札幌千秋庵から1933年に暖簾分けした帯広千秋庵がその始まりだそうである。
開業したのは、札幌千秋庵の社長・岡部式二の弟で、同店店員だった岡部勇吉とのこと。
しかし、岡部は体調不良などのため4年後に辞任。やはり札幌千秋庵の店員だった岡部の甥、小田豊四郎が引き継いだ。
このレリーフの人物である。
DSC_2514_201804030852292bf.jpg

その後、ホワイトチョコの人気を受けて、札幌進出を計画。函館の千秋庵総本家からは許可が出たが、札幌千秋庵が拒否。
こうした経緯から、帯広千秋庵は1977年5月に千秋庵の暖簾を返上して六花亭に屋号を変更したのだという。
DSC_2515_20180403085231cc8.jpg

六花(りっか)とは雪の結晶を意味するが、そのままでは読みにくいため「ろっか」としたとのことだ。
ショーウインドウには、北海道命名150年を記念して発売したお菓子「北加伊道」が展示されていた。
CIMG6307_20180403085517479.jpg

六花亭の向かいは藤丸百貨店。
DSC_2516_20180403085232f35.jpg

すぐ北にアーケード街の広小路がある。
CIMG6309_201804030855184c9.jpg

ちなみに、帯広市のマンホールのモチーフはスズラン。
DSC_2517_20180403085234d65.jpg

アーケード街にはあまり面白味のある外観の店がなく、付近をぶらついてみた。
CIMG6310_20180403085519cc4.jpg

通りに面した店の裏側に街の歴史がにじみ出る。
CIMG6311_2018040308544511c.jpg

帯広はこうした飲み屋が並ぶ路地がたくさん。
DSC_2518_2018040308523578f.jpg
CIMG6312_2018040308544607d.jpg
CIMG6314_201804030854491fa.jpg
CIMG6315_201804030854511ce.jpg
CIMG6320_20180403085424863.jpg

例えば、エイト街といなり小路が並列している。
CIMG6313_20180403085448c59.jpg

いなり小路の入口。わざと古めかしている。
DSC_2519_20180403085201a8c.jpg

中にひしめくスナックたち。
CIMG6319_20180403085422d08.jpg

向かいには新世界小路。
CIMG6316_20180403085420e73.jpg

そろそろ同窓生と待ち合わせの時間なので、会場へ向かう。
CIMG6320_20180403085424863.jpg

バイキングが美味しいと評判の美珍楼本店。
DSC_2521_201804030852048a9.jpg

1967年に東天紅本店として開店した老舗だ。
DSC_2522_20180403085205860.jpg
お相手は、娘が帯広に赴任することになり、面倒を見に来たお母さん。
高校の3期下で、山岳部の仲間Mさんだ。
お嬢さんも一緒に3人で、1100円のバイキングを楽しんだ。

食後、帯広駅まで歩き、南口からタクシーで帯広百年記念館へ。
CIMG6321_201804030854259ff.jpg

自然と歴史の総合博物館だ。
CIMG6322_20180403085426ca2.jpg

六花亭の人気銘菓「マルセイバターサンド」のパッケージのもとになったのは、帯広開拓の父・依田勉三が起こした「晩成社」が1905年(明治38年)に北海道で初めて商品化したバター「マルセイバター」が原形であった。勉強になった。
CIMG6324_20180403085356b4d.jpg
40分ほどかけて見学、呼んでおいたタクシーで帯広駅に戻った。

今度は、バスで十勝川温泉に向かう。
昨夜は友人宅でラムしゃぶパーティーをしてお風呂に入っていなかったので、楽しみにしていたのだ。
6番乗り場でバスを待つ。
DSC_2527_2018040308520726a.jpg

気温は17℃。この日は17.7℃まで上がり、北海道では一番暑かった。
DSC_2528_2018040308513500a.jpg

では、十勝川温泉行きの十勝バスに乗り込む。
DSC_2530_201804030851379e0.jpg

14:34に発車。
DSC_2531_20180403085138f1f.jpg
十勝川を十勝大橋で渡り、音更町に入る。
国道沿いには郊外型の大型店がたくさんあってびっくり。
調べてみたら、音更町の人口は4万5000人に達していた。
北海道では一番人口が多い町で、歌志内や三笠、夕張、赤平、芦別などの市より圧倒的に多い。

約30分で、お目当ての観月苑に到着。
DSC_2532_20180403085140ff4.jpg

バスは主だったホテルの前を1軒1軒回るルートになっている。
DSC_2533_20180403085141d46.jpg

入浴料はちょうど1000円。
DSC_2534_20180403085109c47.jpg

ちょっと高めだが、まあ仕方がない。
DSC_2535_201804030851113e5.jpg

では、失礼致します。
DSC_2536_201804030851120aa.jpg

早速、十勝川を望む露天風呂へ。
DSC_2538_201804030851146f7.jpg

茶色いモール温泉がとても気持ちよかった。
DSC_2539_2018040308511517d.jpg
帰りのバスの時間までたっぷり余裕があるので、のんびりできた。

湯上りにちょっと散策。
音更町のマンホールは東京市型の地紋の中央に町章。篆書体で「音水道」と書かれている。
DSC_2540_2018040308504106e.jpg
町章は「音」を図案化したもので、若葉のイメージである。

バスを待つ間、隣にあった廃業したホテル「橘香苑」まで行ってみた。
DSC_2541_20180403085043aaf.jpg
橘香苑は1933年(昭和8年)に十勝川温泉ホテルとして開業した老舗である。
天皇陛下も泊まったことのある格式の高いホテルであった。
しかし、後に経営権を得ていた最上恒産が1997年に倒産。
2000年から画家の岩澤健司が譲り受けて「橘香苑」として再開したが、いろいろと曲折を経て、2011年10月から休業状態だそうだ。

送迎バスもそのまま打ち捨てられていた。
DSC_2542_20180403085044e4b.jpg

その横にあったナイトイン十勝川も休業状態。
DSC_2543_20180403085046cd6.jpg

それでは、バスが来たので戻ります。
DSC_2544_2018040308504865f.jpg

次のバス停は、第一ホテル。
DSC_2545_201804030850172e7.jpg

車窓から十勝川温泉のホテル群を確認した。
DSC_2546_201804030850196c7.jpg

16:50に帯広駅に到着。
駅前のホテルリッチモンドに改めてチェックインした。
部屋の窓からは帯広駅北口の風景がまる見え。
DSC_2547_2018040308502081f.jpg

駅の後ろに見えているのは、ホテル日航ノースランド帯広。
DSC_2548_2018040308502224c.jpg

しばし、部屋でのんびりして、6時半に上司&同僚と4人で北の屋台村に繰り出す。
帯広駐在の方がお薦めの店はいっぱいだったので、たまたま客が誰もいなかった「ふくろう」の暖簾をくぐる。
DSC_2553_20180403084959253.jpg

ここは焼鳥、もつ煮の店だった。
DSC_2549_20180403085023300.jpg
でも、もつ煮は食べず、焼鳥やがつポン酢などをいただいた。まずまずのお味であった。
客が混み合ってきた(10人入るといっぱい)ので、20時半前に退散した。

(つづく)
このページのトップへ

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (523)
東北の山 (75)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (58)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (100)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (12)
中央アルプス (28)
北アルプス (61)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (96)
ドライブ (50)
廃線の旅 (46)
駅から散歩 (39)
乗り鉄 (51)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (33)
東海の山 (5)
つぶやき (38)
旧道歩き (59)
伊豆の山 (39)
サイクリング (3)
ハイキング (17)
温泉旅行 (16)
ランニング (1)
観光 (3)
お遍路 (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR