FC2ブログ

山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

真富士山(上)

【2018年1月21日(日)】真富士山
家庭の事情でこの週末は所沢の自宅に帰省。
20日(土)の儀式を済ませて、翌日は静岡の山に出かけた。
東京駅に着くと、「ふくらむちゃん柱」なる変な柱があった。
ふくらむちゃんとは、東京駅のエキナカ商業施設「GRANSTA(グランスタ)」のマスコットガールだそうだ。
DSC_1937_20180131104837f43.jpg

8:26東京発のこだま639号・名古屋行きに乗車。
DSC_1938_20180131104838ac4.jpg
晴れの予報なのに、なんと車窓から富士山は見えなかった。

9:51、定刻通り静岡駅に到着。さっそく竹千代君とご対面となった。
DSC_1939_2018013110484038b.jpg

静岡市のマンホールはタチアオイ。
DSC_1940_20180131104841714.jpg

もちろん徳川家康ゆかりの町である。
DSC_1941_20180131104843ce5.jpg

駅前のバジェット・レンタカーで車を借り、真富士山(1343m)の登山口に向かう。
梅ヶ島温泉方面に北上、平野集落で右折して、林道を登っていくと、沿道に石仏が現れた。
DSC_1942_20180131104814d69.jpg
かすかに第八番と読める。三十三観音のようだ。

さらに登ると、真富士山第一登山口。ここにも観音様。
DSC_1943_201801311048162b0.jpg

ここは第二登山口かな。
DSC_1944_201801311048177df.jpg

時間節約のため、どんどん林道を登っていく。
DSC_1945_20180131104819308.jpg

林業用のモノレールの横にも観音様。
DSC_1946_20180131104820085.jpg

第三登山口には11:10に到着。
DSC_4818_20180131104754cd8.jpg

早くもお腹が空いてしまったので、歩き始める前に、さっきセブンイレブンで買ったオムライスおにぎりを1個食べた。
DSC_1947_20180131104752b5b.jpg

ストレッチをして11:20過ぎに出発。
ここからの第一、第二真富士山周回はコースタイム2時間55分で、累積標高差は735mある。
DSC_4819_20180131104755bfb.jpg

ここが第三登山口(標高約780m)。
この板には「登山道入口」と大きく書かれていたらしいが、こんな無残な状態。
DSC_4820_20180131104757005.jpg

その向かいで、第二十番の観音様が合掌していた。
DSC_4821_20180131104758efc.jpg

三十三観音の傍らには必ず、こうした歌が添えられている。
DSC_4822_20180131104730ede.jpg

なんと、熊出没注意だ。
DSC_4823_20180131104732e2a.jpg

まずは植林の中をトラバース気味に登っていく。
DSC_4824_2018013110473307e.jpg

こんな花(?)がいっぱい咲いていたが、何だっけ?
DSC_4825_20180131104735718.jpg

久々の土の感触。すぐに暑くなってきたのでダウンを脱ぎ、ついでに熊鈴を付けた。
DSC_4826_20180131104736d22.jpg

所々で岩が露出している。
DSC_4827_20180131104639aef.jpg

コンクリートで足場を設けている所もあった。
DSC_4828_201801311046418d6.jpg

第二十一番は、かなり新しい。
DSC_4829_20180131104642823.jpg

その前には石舞台。
DSC_4830_20180131104643437.jpg

尾根を越えて、今度は沢沿いをトラバース。
DSC_4831_20180131104645c39.jpg

また、石仏が見えてきた。
DSC_4832_20180131104616d18.jpg

ロープがちょっと邪魔だが、第二十二番。
DSC_4833_20180131104618a72.jpg

ここから南側に、尖峰が見えた。
DSC_4835_20180131104619661.jpg

続いて、第二十三番。
DSC_4837_201801311046204b7.jpg

黒部沢が間近に迫ってきた。
DSC_4838_2018013110462200b.jpg

ちょっと岩が黒っぽいが清らかな流れだ。
DSC_4839_201801311045507dd.jpg

どの岩もしっかりと苔むしている。
DSC_4840_2018013110455181b.jpg

岩が累々と折り重なっている。
DSC_4841_20180131104553fef.jpg

岩が黒いから黒部沢なのかな。
DSC_4842_201801311045542ab.jpg

板状節理のような感じだ。
DSC_4843_2018013110455688f.jpg

さらに登ると、涸れ沢になってしまった。
DSC_4844_201801311045204de.jpg

これらの巨岩は古い溶岩なのだろうか。
DSC_4845_201801311045216b0.jpg

地層そのものが傾いている。
DSC_4846_201801311045236c4.jpg

これだけ苔むしているということは、ここは霧の多い所なのかもしれない。
DSC_4847_2018013110452442c.jpg

沢の岩は、こうした大きな岩が崩れてできたものなのだろう。
DSC_4848_2018013110452629e.jpg

ちょっと恐ろし気な表情だ。
DSC_4849_20180131104452903.jpg

岩陰もあった。
DSC_4850_20180131104453ca7.jpg

このあたりで涸れ沢を渡る。
DSC_4851_201801311044550c8.jpg

目印なのか、ケルン状に石を積み上げてあった。
DSC_4852_20180131104456c1e.jpg

尾根に出ると、下の方向は立入禁止になっていた。
DSC_4854_2018013110445898e.jpg

結構、岩の多い山だ。
DSC_4855_2018013110442469f.jpg

標高1000mを超えたところで、雪を発見。
DSC_4856_201801311044260c4.jpg

こちらは樹氷ではなく、キノコ。
DSC_4857_20180131104427cd8.jpg

緩斜面になった。ヲイ平と呼ばれるあたりだ。
DSC_4858_20180131104428a5f.jpg

間もなく、ヲイ平分岐に到着。
DSC_4859_2018013110443073a.jpg

石仏は第二十五番。24番を見逃してしまったようだ。
DSC_4860_201801311043509cd.jpg

登り始めてから約45分。まずまずのペースだ。
DSC_4861_20180131104352071.jpg

ここで、数分休憩。
DSC_4862_201801311043533a3.jpg

丸太に腰掛けていると、第二真富士山の方から3人グループが下りてきた。
DSC_4863_20180131104355708.jpg
小学生くらいの男の子が「うんこたれる~」と言いながら、急いで下って行った。

それでは、当方も出発しよう。
DSC_4864_2018013110435699c.jpg

こんな手書きの道標を発見。
DSC_4865_20180131104324b38.jpg

第二十六番。
DSC_4866_20180131104326d08.jpg

続いて、苔むした第二十七番。
DSC_4867_20180131104327755.jpg

その先で、単独女性とすれ違った。
DSC_4868_20180131104328452.jpg

この日は、いろんなタイプの登山者とすれ違った。この単独女性のほかに単独男性、男2人組に女2人組、ヲイ平分岐で会った子連れ。
でも、男女ペアだけは、まだ会っていない。
DSC_4870_20180131104256c9c.jpg

そして第二十八番。
DSC_4869_20180131104330eb8.jpg

真新しい第二十九番。
DSC_4872_2018013110425901b.jpg

先代の石仏は写真が示されていたが、破損したのか、盗難されたのか。
DSC_4871_20180131104257b24.jpg

こういう状況だ。
DSC_4873_2018013110430050e.jpg

間もなく、苔地帯に突入。
DSC_4874_20180131104302a5e.jpg

ここは、さっきの涸れ沢の延長のようだ。
DSC_4875_20180131104231743.jpg

これはものすごい。
DSC_4876_20180131104232b98.jpg

ユニークな景観だ。
DSC_4877_20180131104234b95.jpg

木々を透かせて西側の稜線がかすかに見えた。
DSC_4878_20180131104235c49.jpg

北の方角には、第二真富士山。さすがに富士山のような形をしている。
DSC_4880_20180131104237418.jpg

稜線にのったところに、第二十九番の観音様。
DSC_4881_20180131104206078.jpg

山頂は左だが、先に右側にある神社に向かう。
DSC_4882_20180131104208dd4.jpg

神社はすぐそこにあった。真冨士神社奥ノ院である。
DSC_4883_201801311042095ba.jpg

神社を建てられる平坦な場所だった。以前は鳥居もあったようだが、今は失われている。
DSC_4884_20180131104211a37.jpg

遅ればせながら、安全登山を祈願。
DSC_4885_20180131104212f14.jpg

手を合わせたら、踵を返して、山頂に向かう。
DSC_4886_20180131104143dc3.jpg

古い道標が落ちていたが、文字はほとんど読めなかった。
DSC_4887_2018013110414644f.jpg

頂上への道。
DSC_4888_20180131104146ee8.jpg

お、日が差してきた。富士山拝めるだろうか。
DSC_4889_20180131104149217.jpg

頂上付近は緩やかな斜面になっていた。
DSC_4890_20180131104149e31.jpg

このあたりが最高地点のはずだが、展望スポットはこのすぐ先だ。
DSC_4892_201801311041252d6.jpg

(つづく)
スポンサーサイト



このページのトップへ

美深出張(下)

【2018年1月18日(木)】美深出張
夜中は上司のいびきに苦しめられたが、何とか十分な睡眠はとれて、朝6時に起床。
上司が先に朝風呂に行き、戻ってきてから交代で風呂に向かった。
彼は「朝からすごい混んでいた」と言っていたが、それは朝風呂が始まった直後だったから集中しただけで、少し遅らせて行けばいいのだ。
というわけで、明るくなってから部屋を出た。
DSC_1844_201801300710480c7.jpg

案の定、お風呂には誰もいなかった。
DSC_1846_20180130071051861.jpg

気持ちよく、独り占めできた。
DSC_1845_20180130071049c61.jpg

ここは弱アルカリ性の冷鉱泉で、源泉の温度は19.4℃だそうだ。
DSC_1847_201801300710527ca.jpg

風呂から上がったら、部屋に戻らず直接食堂へ。
朝食はバイキングだった。昨夜は食べ過ぎたので、朝は控えめにしておいた。
DSC_1849_201801300710542f8.jpg

仕事は9時から。チョウザメ館で。
DSC_1853_20180130071008643.jpg

外はめちゃめちゃ寒かった。
DSC_1854_20180130071010def.jpg

仕事終了後も、チョウザメの関連施設をいくつか見学。
CIMG4653_2018013007215106c.jpg

水温ほぼ0℃の水の中、チョウザメは凍えずに動いていた。
CIMG4657_201801300721536ec.jpg

こちらは、新しくできる養殖場の水源となるペンケニウプ川。
CIMG4658_201801300721547ca.jpg

大正時代にできた、この小さなダムから取水するそうだ。
CIMG4659_20180130072155f80.jpg

ここが造成中の巨大な養殖場。
CIMG4663_20180130072157031.jpg
10年後には、もう少し安くキャビアやチョウザメ料理が食べられるようになるかもしれない。

帰りは、日本最北のセブンイレブン(美深西1条店)で昼飯を調達。
DSC_1855_201801300710115af.jpg

もう列車で帰るだけなので、ビールも買ってしまった。
美深駅に着いたのは、13時半前。
乗る予定の名寄行き普通列車の発車時間(13:53)まで、あと30分以上あるので、奥の落ち着いた待合室で食事をさせてもらった。
DSC_1877_2018013007080221c.jpg

ここで、上司に遠慮もなく、ビールをいただいてしまった。
DSC_1857_20180130071012ffd.jpg
そのために、御飯ものは買わず、サラダ風のものにしておいた。

食べ終わってもまだ時間がたっぷりあったので、2階の美幸線展示室を見学。
DSC_1858_20180130071014e51.jpg

美幸線は美深か仁宇布に至る21.2kmの路線だった。
DSC_1859_20180130070943ab6.jpg

1964年(昭和39年)10月5日に開業し、1985年(昭和60年)9月17日に廃止された。
DSC_1860_2018013007094525c.jpg

美深から北見枝幸までを結ぶ計画だったが、1980年の国鉄再建法施行を受けて、地方特定交通線に指定され、延伸はされなかった。
DSC_1861_2018013007094650c.jpg

1974年度の営業係数は3859に達し、「日本一の赤字線」と呼ばれた。
DSC_1862_20180130070948b9c.jpg

でも、77年には「日本一」を脱出したことがあったらしい。
DSC_1871_20180130070923b2a.jpg

さよなら列車は大いににぎわったようだ。
DSC_1873_20180130070852616.jpg

現在は旧仁宇布駅周辺の廃線跡でNPO法人「トロッコ王国美深」によって、エンジン付きの保線用軌道自転車の運転体験ができるそうだ。
いずれ体験してみたいし、廃線跡も歩いてみたい。
DSC_1864_20180130070949960.jpg

展示室には往年の切符や写真パネルが展示されている。
DSC_1865_20180130070917bdd.jpg
DSC_1867_201801300709185a9.jpg

「美幸線の歌」まであったらしい。
DSC_1869_201801300709209e6.jpg

廃止直前のダイヤは1日4往復。
DSC_1870_20180130070921b93.jpg

終着駅・仁宇布の駅名標。
DSC_1872_20180130070850359.jpg
一度は乗ってみたかったが、今となってはもう叶わない。

発車時刻が迫ってきたので、最後にお土産を物色。
DSC_1874_2018013007085408f.jpg
DSC_1875_201801300708554e8.jpg
結局、かぼちゃのお菓子にした。

それでは、美深くんと同じ字だけと読み方が違う「みみちゃん」ともお別れ。
DSC_1876_20180130070857a59.jpg

改札は省略しているとのことなので、そのままホームへ。
DSC_1879_20180130070804631.jpg

「美深」とは、いい名前だ。
DSC_1880_201801300708059b0.jpg

アイヌ語の「ピウカ」(石の多い場所)に由来するそうだ。
DSC_1881_2018013007080740c.jpg

上り線のホームへは、跨線橋を渡らないといけない。
DSC_1883_20180130070808c65.jpg

2番ホームには、しゃれたベンチがぽつんとあった。
DSC_1884_20180130070734eaf.jpg

列車は定刻通りに到着。
DSC_1886_20180130070735206.jpg

1両編成である。
DSC_1887_20180130070737ee4.jpg

私は上司とは離れて後方の席に陣取り、車窓を眺めていた。
DSC_1890_2018013007070829e.jpg

智北駅を通過。
DSC_1888_20180130070738b43.jpg
DSC_1889_201801300707407c5.jpg

次は智恵文駅。このあたりも今年雪が解けたら撮影に来なければ。
DSC_1891_20180130070709166.jpg

車窓は一面の雪原。
DSC_1892_20180130070710907.jpg

名寄駅には定刻の14:23に到着。
DSC_1896_20180130070632770.jpg

ここで、14:35発の旭川行きの快速なよろに乗り換える。
DSC_1894_20180130070712ca6.jpg

快速だけど、こちらも1両編成である。
DSC_1895_201801300707134ee.jpg

乗ってきた車両と、これから乗る車両がそろい踏み。
DSC_1897_20180130070633f32.jpg

士別駅通過。
DSC_1898_201801300706356c0.jpg

旭川駅16:01着。
DSC_1899_2018013007063640a.jpg

次の特急ライラック34号札幌行きまで待ち合わせ時間が29分もある。
DSC_1902_2018013007061123e.jpg

なので、駅構内をお散歩。
DSC_1900_2018013007063818c.jpg

ゆっくり土産物店を見て回ってから、特急に乗り込んだ。
DSC_1903_2018013007061243c.jpg
車内では、のんびり読書に勤しんだ。
17:55、札幌駅に到着。
直帰する上司を見送って、私は会社へ。
残務を処理して、同窓会の会合に向かった。

(おわり)
このページのトップへ

美深出張(上)

【2018年1月17日(水)】美深出張
17~18日は道北の美深に出張した。
仕事とは直接関係ない部分をちょっとだけ紹介しよう。

札幌発12:00ちょうどの特急ライラック15号で、まずは旭川に向かう。
DSC_1804_20180129231745235.jpg

上司はグリーン席だが、私は普通の指定席。
DSC_1806_20180129231748d15.jpg

でも、離れていた方が気を遣わずに済むので、ありがたい。
DSC_1802_201801292318152f4.jpg

昨年は、旭山動物園開園50年の節目だったようだ。
DSC_1805_20180129231747a65.jpg

お昼時だったので、発車と同時に早速、駅弁をいただく。
DSC_1808_2018012923175061f.jpg

「北海道三昧冬御膳」。おかずの多い幕の内風が私の好みだ。
DSC_1809_20180129231751428.jpg
座席は進行方向左側で、樺戸山地がきれいに見えた。
車内ではずっと、この日の朝刊を読んでいた。

定刻通り旭川に到着。10分の待ち合わせで、稚内行きの特急サロベツ1号に乗り換える。
DSC_1811_20180129231723021.jpg

13:35発である。
DSC_1812_201801292317248ba.jpg

車内はそれなりに混み合っていたが、幸いライラック同様、隣の席は空席だった。
DSC_1813_20180129231726e03.jpg

13:57、塩狩駅を通過。
DSC_1814_201801292317272f6.jpg

塩狩峠の標柱は半分以上埋もれていた。
DSC_1815_20180129231729fd2.jpg

14:50、定刻通り美深駅に到着。
DSC_1816_20180129231658953.jpg

札幌から3時間かからなかった。
DSC_1817_20180129231700885.jpg

美深駅はなかなか立派な駅舎だ。
DSC_1818_20180129231701ae1.jpg

駅前はまだ午後3時前なのに、早くも夕方の雰囲気。
DSC_1820_20180129231704968.jpg

どなたかの銅像は腰まで埋もれていた。
DSC_1821_2018012923163584b.jpg

美深駅は明治44年(1911年)11月3日の開業。
DSC_1822_20180129231637540.jpg
2016年に簡易委託駅となっている。

窓ガラスにはイメージマスコットの「美深くん」が描かれていた。
DSC_1823_20180129231638e61.jpg

地元のバス会社「名士バス」(名寄と士別の略)の停留所名は「美深ターミナル」。
DSC_1824_20180129231640f8b.jpg

観光案内板は上部が破損していた。
DSC_1825_201801292316418b6.jpg

塔屋にある「美幸の鐘」は時計の針が3:07頃に鳴り始めたが、時刻はちょうど3時。
DSC_1819_20180129231703bf0.jpg
時計が狂っていたようだ。

のどかな鐘の音を楽しんだ後、予約しておいたタクシーに乗って、びふか温泉へ。
市街地で、高校の同期N君の実家に再会できた。
DSC_1828_20180129231608b64.jpg

3時半すぎに、びふか温泉に到着。
CIMG4615_20180129231834e76.jpg

チェックインを済ませて、町内にあるチョウザメの養殖施設を見学。
CIMG4618_20180129231835e11.jpg

小さなものから大きなものまで、みんなすくすくと育っていた。
CIMG4623_201801292318103aa.jpg
CIMG4620_20180129231837681.jpg

チョウザメ館に着いた時にはすでに薄暗くなっていた。
CIMG4624_20180129231811524.jpg

館内では、チョウザメの性別判定作業を見せてもらった。
CIMG4628_20180129231813aa0.jpg
チョウザメの性別は外見では全く分からず、一匹一匹腹を切って確認するという。
メスはキャビアが取れるので、そのまま飼育するが、オスと分かったら、すぐに食用に回されてしまうそうだ。

館の水槽では、いろんな種類のチョウザメが元気に泳いでいた。
CIMG4636_201801292318143e2.jpg
_20180117_212330.jpg

口の上にある4本の鬚が特徴だ。
_20180117_212356.jpg

見学を終えたら、いよいよお風呂へ。
DSC_1829_20180129231609899.jpg
すっかり体が冷えきっていたので、熱い湯につかってホッとした。

部屋は上司と一緒でちょっと気づまりだが、まあ仕方ない。
DSC_1830_20180129231611d98.jpg

入浴後はお待ちかねの、チョウザメコース料理である。
DSC_1832_201801292316140ce.jpg

ここで2番目にグレードが高いという「ちょうざめ堪能プラン」。
DSC_1831_20180129231612977.jpg

前菜は、チョウザメ葱味噌和え、天盛キャビア醤油漬け、チョウザメ湯引辛子酢味噌と切干松前。
DSC_1837_20180129231546dc1.jpg

お造りは、まぐろ、チョウザメ、南蛮海老の3種。左手前がチョウザメである。
DSC_1839_201801292315499f6.jpg

冷鉢は、とろろそば。
DSC_1840_2018012923152265d.jpg

洋皿は、美深牛カットステーキと自家製ソーセージの盛り合わせ。
DSC_1841_20180129231524c3e.jpg
台物に、チョウザメのせいろ蒸し。蒸し物は茶碗蒸し。
これらは個別に撮るのを忘れてしまった。

御食事は握り寿司。ネタはサーモン、いくら、まぐろとチョウザメ(キャビアのせ)。
DSC_1838_20180129231548f28.jpg

汁物は、チョウザメすまし汁仕立て。
DSC_1842_20180129231525e97.jpg

そして、デザートはびふか温泉特製羊乳プリンのフルーツ添えだ。
DSC_1843_201801292315269d4.jpg

このほかに、チョウザメの薄切りとスモークハムのサラダをサービスしてくれた。
DSC_1833_201801292315439df.jpg
DSC_1836_201801292315454cf.jpg
チョウザメは、昭和初期までは天塩川に上ってきていたそうだが、今は養殖のみ。
かつては泥臭くておいしくなかったそうだが、近年はきれいな水に何か月も泳がせて、泥を吐かせているとのことで、全く臭みがない。
脂ものっておいしいのだが、霜降りより赤身が好きな私には、もう少し淡白でもいい。
むしろ、蒸したり、揚げたりした方がより美味しい。
蒸したチョウザメは、ぱさっとしておらず、舌の上でとろけるような食感で実に美味しかった。
キャビアはもちろんのこと、絶品だったのがチョウザメのスモークハム。
全員が「これはお土産に買って帰りたい」と口々に言っていたが、まだ試作中で商品化はこれからとのことだった。

まさにチョウザメを堪能して満腹。
部屋に戻ったのは、8時。
上司と1時間ほど雑談していたが、これ以上は間が持たない。
相手もちょっと困った様子だったので、お風呂に行ってくることにした。
本当にお風呂に行くつもりだったのだが、その前にトイレに行きたくなったので、座り込んだら、すっかり個室に長居をしてしまい、そのまま風呂に入らず部屋に戻った。
すると、上司はすでに寝ていてくれたので、まだ9時半だが私も床に入った。
それにしても、上司のいびきは猛烈で、何度も目が覚めた。
おまけに、その音のせいで、昔の先輩がいびきをかいている夢まで見てしまった。

(つづく)
このページのトップへ

大黒山・恵比須山(下)

【2018年1月14日(日)】大黒山・恵比須山
13:20、恵比須山(723m)に登頂。
風が強いので、撮影を済ませて、そそくさと下山開始。
CIMG4567_2018012717434918a.jpg

雪面にはスノーバイクの跡が付いているが
CIMG4568.jpg

それを無視して、好き勝手に下っていく。
CIMG4569_20180127174352022.jpg

我々は自由だ。
CIMG4570_20180127174354618.jpg

下りはトレースをたどると、ちょっと足を取られてしまうので、自分で切り開いた方がいい。
DSC_1788_201801271739455b8.jpg

とは言え、樹林帯では自由度は狭まる。
CIMG4571_20180127174355b6d.jpg

写真を撮っていると、どんどん遅れてしまう。
CIMG4572_201801271743245cf.jpg

でも、後ろに一人いるから大丈夫。
CIMG4573_2018012717432528f.jpg

これはクマの爪跡だそうだ。
CIMG4574_20180127174327c8d.jpg

ここは標高差300mほどを一気に下る。
CIMG4575_201801271743289f1.jpg

前方に4人いるが、トレースは3本。
CIMG4576_20180127174330654.jpg

しんがりの女性ともかなり差が開いてしまった。
CIMG4577.jpg

Iさんの視界に全員が入らなくなったところで待っていてくれたが、確認できた途端、Iさんは下り始める。
CIMG4578_2018012717425314b.jpg

この突き放した感じが嫌いじゃない人たちが、Iさんのツアーに応募するのだ。
DSC_1789_20180127173947e70.jpg

頂上から20分ほどで、林道が通じているところまで下ってきた。
CIMG4579_201801271742555b6.jpg

あとは、しばらく緩やかな下りとなる。
CIMG4580_20180127174256c7e.jpg

大黒山が随分遠くなった。
CIMG4581_201801271742584bc.jpg

撮影に勤しんでいる間に、しんがりだった女性に抜かされ、私が最後尾になった。
CIMG4582_201801271742282b4.jpg

ここはみなIさんが付けたトレースを歩いたようだ。
CIMG4583_201801271742291cd.jpg
でも、まだ踏み固められている状態ではなかったので、さくっと女性の前に出て、浮いてる雪を踏みつぶしながら歩いた。

頂白山への鞍部で小休止。
CIMG4585_20180127174232230.jpg

振り返ると、お昼を食べた稜線が見える。
CIMG4584_201801271742315f3.jpg

7分ほどの休憩で出発。
CIMG4586_2018012717423422d.jpg

谷コースを行くとちょっと面倒だそうで、アップダウンがあるが尾根道を行く。
CIMG4587_201801271741597e3.jpg

しばらくは開けた道だ。
CIMG4588_20180127174200acf.jpg

H君は「Iさんにぴったりくっついていると、後ろを気にせず、どんどん行ってしまうので」と言って、時々後ろを気にしてくれる。
CIMG4589_2018012717420200e.jpg

確かに女性陣とはかなり間隔が空いていた。
CIMG4590_2018012717420327f.jpg

独自の判断で、少し待ってみる。
CIMG4591_20180127174205ba4.jpg

近づいてきたら、前進。
CIMG4592_20180127174131c50.jpg

間もなく、お饅頭のような小ピークに着いた。
CIMG4593_201801271741322c8.jpg

美しい疎林だ。
CIMG4595_20180127174135190.jpg

2番手も大変そうだったので、遅ればせながら、ここでH君と順番を交代。
CIMG4594_2018012717413479f.jpg

すると、あっという間に、Iさんに離されてしまった。
CIMG4596_20180127174137aa0.jpg

ラッセルなのに、なんという速さなんだ。
CIMG4597_201801271741032c6.jpg

それにしても、2番手はかなりきつい。これまでH君ありがとうございます。
CIMG4598_20180127174104302.jpg

再び、林道に出たが、もうIさんの姿は見えない。
CIMG4599_20180127174106003.jpg

このあたりで前回、林道を外れて、頂白山の山頂に向かったはず。
考えてみたら、一度に3つの山を回るツアーも可能だったかもしれない。
CIMG4600_20180127174107ca0.jpg

左手に大黒山。随分下ってきた。
CIMG4601_20180127174109573.jpg

さらに下って、頂白山が後ろになった。
CIMG4602_20180127174036c2e.jpg

前回はここで右に下って林道をショートカットしたが、今回は直進。
CIMG4603_20180127174038f15.jpg
登山口に戻るべく、左の沢の方へ下っていくそうだ。

大黒山の天然ゲレンデが見える。
CIMG4605_20180127174039e5f.jpg

このあたりから林道を外れて、森の中を下っていく。
CIMG4606_20180127174041134.jpg

一段下ったところで女性陣の到着を待つ。
CIMG4607_2018012717404297b.jpg

さらに下ると、沢にかかる橋が見えた。
CIMG4608_201801271740105c6.jpg

Iさんはこの橋を目指して下ってきたわけではなく、どこか渡渉しやすいところを見つけて沢を渡ろうと思っていたらしい。
CIMG4609_20180127174012f5b.jpg

それがズバリの場所に出たものだから、「これは神ってる」と自慢していた。
CIMG4610_20180127174013f8e.jpg

橋の存在を知っていて、ズバリその地点に寸分狂わず下りてきたのだとしても見事なのに、それに勝る勘の鋭さだ。
CIMG4611_20180127174015f32.jpg

お蔭で我々は靴を濡らさずに済んだ。
CIMG4612_201801271740168b1.jpg

ここで、登りのトレースと合流。
間もなく、登山口に到着した。
CIMG4613_20180127173942e35.jpg

到着は15時すぎ。思ったより早かった。
CIMG4614_201801271739447e2.jpg
この後、18時からの飲み会に参加するため、余市駅で下ろしてもらうことも考えていたが、この時間なら1時間程度の遅刻で済みそうなので、みんなと一緒に車で帰ることにした。

お風呂は前回と同様、余市の鶴亀温泉。
DSC_1790_20180127173948cc7.jpg
ゆっくりと温まって、16時半に出発。
この調子なら、18時半には着くかもと期待していたら、なんと高速が事故のため通行止め。
ちんたら国道を行かざるを得なくなり、札幌市街に入ったのがもう19時を過ぎていた。
これでは家に帰って荷物を置いてくる時間はないので、ザックを担いだまま、すすきのの会場に向かった。
この日は、高校の同期が2月で東京に戻るというので、その送別会。
H君も参加メンバーだった。
二次会は、私の自宅マンションの隣にある飲み屋に場所を移して3人で。
その中のひとり、お馴染みのO君はすっかり酔っ払って、私の家に泊まっていった。

すっかり帰宅が遅くなったが、充実した1日であった。

【行程】2018年1月14日
登山口(9:49)~標高200m地点(10:08休憩10:15)~標高520m地点(11:18休憩11:28)~大黒山ニセピーク(12:01休憩12:09)~大黒山(12:19撮影12:26)~大黒山鞍部(12:34昼食12:56)~恵比須山(13:20撮影13:26)~頂白山鞍部(13:52休憩13:59)~登山口(15:11)
※所要時間:5時間22分(歩行時間:4時間15分)
※登った山:2座(大黒山、恵比須山)
※歩行距離:8.1km
このページのトップへ

大黒山・恵比須山(中)

【2018年1月14日(日)】大黒山・恵比須山
歩き始めて2時間ちょっとで、大黒山(725m)のニセピーク(標高約710m)に到着した。
CIMG4498_201801271321206b2.jpg

仁木の市街地とシリパ岬がよく見える。
CIMG4496_20180127132117d6f.jpg

北には日本海が広がっている。
DSC_1761_2018012713160463f.jpg

東に、これから登る恵比須山(723m)。
DSC_1760_20180127131602e07.jpg

先着していたグループを率いていたのは有名な何とかさんとのことだったが、私の知らない人だったので忘れてしまった。
DSC_1763_201801271316052ce.jpg
彼らは頂上には行かず、ここから滑降を始めるらしい。

ついでに我々も写真を撮ってもらった。
DSC_1768_20180127131534053.jpg

10分弱の滞在で出発。
CIMG4499_201801271321210d4.jpg

真の頂上を目指す。
CIMG4500_201801271321235a2.jpg

20mばかり下って50mほど登る感じだ。
CIMG4501_20180127132055678.jpg

この先はもうトレースはなく、IさんH君のラッセルとなった。
CIMG4502_20180127132057e55.jpg

途中、かわいい雪のだんご3兄弟。
CIMG4503_20180127132059222.jpg

間もなく、ダケカンバの林へと入っていく。
CIMG4504_20180127132100310.jpg

ニセピークから10分で、大黒山の頂上に到着した。
DSC_1770_20180127131535406.jpg

立派な山名板があってうれしい。
お揃いのTシャツをさらして記念写真を撮ってもらった。
DSC_1772_20180127131537bfc.jpg

すっかり雲が多くなってしまったが、ここからも日本海が望める。
CIMG4507_20180127132101899.jpg

真ん中の白い突起が塩谷丸山(629m)。
CIMG4508_201801271320345f4.jpg

そして日本海。
DSC_1773_201801271315380e1.jpg

南東方向、木々の向こうに赤井川カルデラの盆地がある。
CIMG4510_20180127132037cd0.jpg

う~ん、ここからだと、かなり見えにくい。
CIMG4512_2018012713204045b.jpg

南西方向へは外輪山の稜線がずっと続いている。
CIMG4511_20180127132039df4.jpg

頂上は、かなり風が強いので、少し下ったところでお昼にすることになった。
CIMG4509_20180127132036725.jpg

そうと決まったら、Iさんはさっさと行ってしまう。
DSC_1774_20180127131540a6f.jpg

我々もあわてて後を追う。
CIMG4513_20180127132011a10.jpg

登りの隊列は雲散霧消し、遅れがちだった女性がしんがりになってしまった。
CIMG4514_2018012713201384c.jpg

彼女を気にしつつ、ふかふかの雪を蹴散らして下る。
CIMG4515_201801271320144de.jpg

スキーにはかなわないが、下りは面白い。
CIMG4516_20180127132016c57.jpg

それにしても、Iさんはどこまで下るんだろう。もう風はないのに。
CIMG4517_20180127132017760.jpg

お、右手にカルデラの底が見えてきた。
CIMG4518_2018012713194625b.jpg

左手は誰かのお腹みたいだが頂白山(461m)。
CIMG4521_201801271319494aa.jpg

彼女はもう70歳なのだそうだ。
CIMG4520_2018012713194837a.jpg

こんなに下ると、恵比須山への登りが心配。
CIMG4522_20180127131951d5a.jpg

頂白山の左は仁木の町並み。
CIMG4523_20180127131952c4b.jpg

Iさんは、鞍部まで下ってしまうつもりなのだろうか。
CIMG4524_20180127131921234.jpg

あのあたりで十分平らなのに。
CIMG4525_20180127131923603.jpg

でも、景色は最高だ。
CIMG4526_20180127131924b4c.jpg

あ、あそこが休憩地点のようだ。
CIMG4528_20180127131927038.jpg

手前の急斜面は、みな尻セードで下っている。
CIMG4527_2018012713192641c.jpg

その前に、カルデラを一望できる地点からカメラに収めておいた。
CIMG4529_20180127131856ac9.jpg

もう少しズームアップ。
CIMG4530_20180127131858665.jpg

あのあたりが赤井川村の中心地だ。
CIMG4531_20180127131859003.jpg

私は5番手で到着。
CIMG4532_2018012713190148d.jpg

ここは最低鞍部の若干手前で、恵比須山が正面に見える場所だ。
DSC_1776_20180127131508fd8.jpg

振り返ると、皆さんの尻セードの跡が。
DSC_1777_20180127131509b9c.jpg

お日様は見えたり隠れたり。
DSC_1778_201801271315115ff.jpg

今日は、ちまたで大人気のえびそば「一幻」のカップ麺。
DSC_1775_20180127131506fb1.jpg

できるまでの間、Iさんからおでんのおすそ分けがあった。
DSC_1779_20180127131512a81.jpg
箸を忘れたとのことで、木の枝で作った即製箸が差してある。
最後に回ってきたので、残っていたのは卵1個だけだったが、それをいただいた。

そうこうしている間に「一幻」が出来上がり。
DSC_1782_20180127131442336.jpg
全く期待していたほどの味ではなかった。やはり本物じゃないとダメなのだろう。

20分ほどの休憩で出発。
CIMG4534_20180127131902ab2.jpg

これからはすぐ登りになるので、再び3番手に付ける。
CIMG4535_201801271318328b9.jpg

標高差はちょうど100m。
CIMG4536_201801271318340b3.jpg

ここもトレースがないのでラッセルである。
CIMG4537_20180127131835863.jpg

後ろから女性陣が続く。
CIMG4538_20180127131837f26.jpg

左手に頂白山。
CIMG4539_20180127131838da7.jpg

前を行く2人の歩幅は大きいので、それに合わせられず、自分もそれなりのラッセルを強いられる。
CIMG4540_20180127131806abb.jpg

もちろん2人よりは楽なのだが。
CIMG4541_20180127131808333.jpg

振り返ると、我々の尻跡がくっきり。
CIMG4542.jpg

あれ、なんだ、あのハート形のハゲは。
CIMG4543_201801271318118f4.jpg

わざとこんな形に伐採したのだろうか。
CIMG4544_20180127131812623.jpg

だとしたら、それなりにPRされて、耳に入ってくるものだが、全く存在を知らなかったということは、自然の造形なのだろうか。
DSC_1783_2018012713144472c.jpg

大黒山を振り返る。
DSC_1784_20180127131445313.jpg

途中から隊列が崩れてしまった。
CIMG4546_20180127131743ead.jpg

私が写真を撮っている間に女性陣の何人かが先に行ってしまったのだ。
CIMG4547.jpg

申し訳ないことだ。
CIMG4549.jpg

しかし、右も左も眺めがいいのだから仕方がない。
CIMG4550.jpg

いつの間にか、スノーバイクの走った跡によるトレースが付いていた。
CIMG4551_20180127131712038.jpg

お蔭で楽なのだが、すっかり太陽が陰ってしまったので、ちょっと寒い。
CIMG4552_2018012713171444b.jpg

振り返ると、大黒山。右がニセピーク。
CIMG4553_2018012713171532e.jpg

北西には天狗岳(左、872m)と湯内岳(右、645m)。
CIMG4554_20180127131717a08.jpg

あそこが恵比須山の頂上かな。
CIMG4555_20180127131649673.jpg

背後に、大黒山の南西に続く外輪山の山並み。
CIMG4556_20180127131650d06.jpg

再び大黒山。
CIMG4557_20180127131652d7d.jpg

赤井川カルデラ。この方向には晴れていたら羊蹄山が見えるはずだ。
CIMG4558_20180127131653646.jpg

今日はすっかり曇ってしまって残念だ。
CIMG4559_201801271316551ae.jpg

ちょっと広角で見てみよう。
DSC_1785_2018012713144660b.jpg

というわけで、休憩地点から30分かからずに恵比須山に登頂。でも、山名板はなかった。
CIMG4560_2018012713162473f.jpg

この先は幾筋ものスノーバイクの跡が付いている。
CIMG4561_20180127131626bf1.jpg

いろんなスノーレジャーがあるものだ。
CIMG4562_20180127131627f95.jpg

恵比須山からの赤井川カルデラ。
DSC_1787_20180127131423b1b.jpg

念入りに写真を撮っていたNさんが最後に到着。
CIMG4564_201801271316300c9.jpg

後日、赤井川村役場に問い合わせたら、あのハート形は雪崩のため自然にできたものだそうだ。
DSC_1786_20180127131447a37.jpg
平地からも見えるそうだが、とくにこれを「恋人の聖地」みたいな感じで売り込む気はないらしい。ちょっと、もったいない。

それにしても風が強いので早々に下山開始。
CIMG4565_20180127131559a7c.jpg

左手の斜面では、さっきのスキーヤーの姿が確認できた。
CIMG4566_20180127131601941.jpg
何度か登り返しては滑っているようだった。

(つづく)
このページのトップへ

大黒山・恵比須山(上)

【2018年1月14日(日)】大黒山・恵比須山
昨日に続いて、スノーシューツアー。
この日は赤井川カルデラの外輪山、大黒山(725m)と恵比須山(723m)を登る。
参加者は、私とH君のほか、女性3人。ガイドのIさんを含めると総勢6人。
女性のうち1人は、遊楽部岳のツアーでも一緒になったNさんである。

余市方面の山行の場合、私は札幌駅北口で拾ってもらうことになっている。
この日も7:20に駅前のコンビニに到着。
ここで飲み物と昼食を調達してパッキングをしていると、Iさんの車が到着した。
順番に皆さんをピックアップして、H君を乗せて全員がそろった。

天気予報では晴れだったのに、わりと激しく雪が降っている。
でも余市あたりで青空が見えてきて、9時半過ぎに登山口に着く頃には完全に晴れ上がっていた。
CIMG4418_20180127072510eca.jpg
登山口には、別のツアーと思われるワゴン車1台と乗用車1台がすでに停まっていた。
先客がいるようだ。

車から下りて、早速準備開始。
CIMG4417_20180127072509e47.jpg

ここから10日ほど前に登った頂白山(461m)を望むことができた。
CIMG4419_201801270725129a2.jpg

見えているのは、三角点のあるピークではなく、最高地点の方だ。
CIMG4420_201801270725134c5.jpg

ストレッチも済ませて、9:50頃出発。
CIMG4421_20180127072515aef.jpg

先行者のトレースが付いているので、ラッセルをしなくて済む。
先頭のIさんは「これは楽だ」と喜んでいた。
CIMG4422_2018012707244609d.jpg

昨日は重い冬用登山靴での出動だったが、モンベルに届いていた軽めの靴を昨夜取りに行けたので、今日は足取りも軽い。
CIMG4423_20180127072448539.jpg

それに加えて、太陽に向かって雪の中を歩くのは、とても気持ちがいい。
CIMG4424_201801270724502ea.jpg

写真を撮るためには最後尾がいいのだが、雪道では男性が踏み固め役を担わねばならず、私はIさん、H君に続き3番目を歩くことにした。
CIMG4425_20180127072451911.jpg

1月3日に頂白山に来た時に比べると、かなり雪が積もっている。
CIMG4426_20180127072453c16.jpg

沢が雪に埋もれてしまいそうだ。
CIMG4427_20180127072423a56.jpg

Iさんは相変わらず、後ろを気にせず、どんどん先に行く。
CIMG4428_2018012707242589d.jpg
写真を撮るのに、ちょっと立ち止まると、すぐに間隔が開いてしまう。

誰かが、ストックで刺して目を作ったのだろう。フクロウのようだ。
CIMG4429_20180127072426434.jpg

20分ほど歩いたところで小休止。
CIMG4430_20180127072428f6a.jpg

お着替えタイムだ。
CIMG4434_20180127072402166.jpg

ちょうど左手に頂白山が見える。
CIMG4432_20180127072429aa4.jpg

よくよくトレースを見てみると、これはスノーシューではなくスキーのようだ。
CIMG4433_201801270724009db.jpg

7分ほどで出発。
CIMG4435_20180127072403339.jpg

標高200mのあたりを、沢に沿って登っていく。
CIMG4436_20180127072405936.jpg

水はちゃんと流れている。
CIMG4437_20180127072406b4b.jpg

左は雪が転がり落ちた跡だが、右は何の足跡だろう。
CIMG4438_20180127072334bfe.jpg

このあたりで、エゾシマリスを発見したが、素早過ぎてとても写真には収められなかった。
CIMG4439_201801270723362f5.jpg

徐々に傾斜が出てきた。
CIMG4440_20180127072337f3b.jpg

雪はふかふかである。
CIMG4441_20180127072339497.jpg

女性陣がちょっと遅れ気味。
CIMG4442_20180127072340fb6.jpg

赤い帽子の方が、ゆっくりのようだ。
CIMG4443_20180127072311465.jpg

間もなく、開けた谷に出た。
CIMG4444_20180127072312027.jpg

後ろを振り返ると、何か見えてきそうだ。
CIMG4445_20180127072314541.jpg

引き続きトレースに沿って進む。
CIMG4446_201801270723156d1.jpg

後ろの女性陣もあちこちで写真を撮っているようだ。
CIMG4447_20180127072317fb6.jpg

見えてきたのは湯内岳(645m)方面だろうか。
CIMG4448_20180127072245d84.jpg

H君はぴったりIさんの後について、足を運んでいる。
CIMG4449_20180127072247f8d.jpg

仁木の平野が姿を現した。
DSC_1758_20180127071924ba1.jpg

日本海も見えてきた。
CIMG4454_20180127072248d31.jpg

シリパ岬も登場。
CIMG4455_20180127072250ee9.jpg

行く手には稜線が近づいてきた。
CIMG4456_20180127072251786.jpg

その分、傾斜がきつくなる。
CIMG4457_20180127072218677.jpg

邪魔な木がほとんどなくなった。
CIMG4458_20180127072220af1.jpg

雪面には幾筋かのシュプールが。
CIMG4459_20180127072221db6.jpg

平らな山は湯内岳で間違いないようだ。
CIMG4460_20180127072223f55.jpg

何の木かな。
CIMG4461_201801270722257be.jpg

標高500mを超えて、雪崩の危険が少なくなった地点で小休止。
CIMG4462_20180127072153e70.jpg

私はシリアルチョコバーで栄養補給した。
DSC_1759_20180127071926f1b.jpg

休憩は10分ほど。
CIMG4463_20180127072155098.jpg

では登山再開。
CIMG4464_2018012707215686c.jpg

翻ると、雪崩による断層の跡がくっきりと見えた。
CIMG4465_20180127072159b0c.jpg
デブリが見当たらなかったが、どこかにあったのだろうか。
それにしても恐ろしいところを歩いてきたものだ。

尾根に出ると、東の方角の山が見えた。
CIMG4466_2018012707215936e.jpg

Iさんに、「あの山は塩谷丸山ですかね」と聞いたら、「いや、丸山はどの方向もなだらかで、あんな崖はない」という。
CIMG4467_20180127072127de4.jpg
でも、その後、「あれはやっぱり丸山だわ」と訂正された。
帰宅して地形図で確認すると、丸山の南西側は崖になっていたので間違いない。

こちらは忍路の半島。
CIMG4468_201801270721285e6.jpg

塩谷丸山(630m)の右に見えるなだらかな山は毛無山やら於古発山(708m)やら。
CIMG4469_20180127072130b8b.jpg

ちょっと見やすくしてみよう。
CIMG4472.jpg

真っ白な余市の町並み。
CIMG4470_20180127072131ac6.jpg

お隣、恵比須山の北斜面。
CIMG4471_20180127072133761.jpg

恵比須山の本体。
CIMG4473_20180127072103f2e.jpg

そして頂上。
CIMG4474_2018012707210432c.jpg

さあ、先が見えてきた。
CIMG4475_201801270721069db.jpg

トラバース気味に高度を稼いでいく。
CIMG4476_20180127072107ff2.jpg

背後に頂白山が見えてきた。
CIMG4477_20180127072036be3.jpg

恵比須山の姿もすっきり見えた。
CIMG4478_20180127072037558.jpg

斜面にシュプール。
CIMG4479_201801270720397df.jpg

ここはBCスキーのメッカのようだ。
CIMG4480_20180127072040e53.jpg

後ろが少し離れているので、落ち着いて写真が撮れる。
CIMG4481_2018012707204203e.jpg

頂白山とシリパ岬。
CIMG4482.jpg

西の方角に見えたのは天狗山(872m)かな。
CIMG4483_201801270720078d0.jpg

あそこが頂上か。
CIMG4484_201801270720081e5.jpg

下界もだいぶ広く見えてきた。
CIMG4485_2018012707201097d.jpg

あと、もうひと踏ん張り。
CIMG4486_20180127072011021.jpg

女性陣も頑張っている。
CIMG4487_201801270719421cc.jpg

頂上に先客がいるようだ。
CIMG4488_201801270719438dc.jpg

登山口にワゴン車があったが、そのツアーの方々だろうか。
CIMG4489_20180127071945fde.jpg

頑張れ~
CIMG4490_20180127071946457.jpg

Nさんは最後尾で立ち止まっている。
CIMG4491_20180127071948ad8.jpg

なんだ、写真を撮っていたのか。
CIMG4492_20180127071920586.jpg

ほぼ正午に、頂上に到着。
CIMG4493_201801270719212ec.jpg

でも、ここは頂上ではなく、手前のニセピークだった。
CIMG4494_201801270719239dc.jpg

(つづく)
このページのトップへ

様茶平(下)

【2018年1月13日(土)】様茶平
出発してから2時間弱で、様茶平(999m)の頂上台地にのった。
DSC_1730_201801262026554b9.jpg

支笏湖が一望できる。様茶平は眺望に恵まれた山だ。
CIMG4346_20180126203220a8b.jpg

その右に恵庭岳(1320m)。
DSC_1732_20180126202537100.jpg

アップで。
CIMG4347_20180126203221465.jpg

イチャンコッペ山(中央左、829m)と紋別岳(右、866m)。
CIMG4352_2018012620320022e.jpg

広角で見てみよう。
DSC_1733_20180126202539148.jpg

そして、石狩平野。
CIMG4350_2018012620322697e.jpg

みんなでゆっくりと眺望を楽しんだ。
DSC_1735_2018012620254255d.jpg

頂上台地だけに、緩斜面。
CIMG4351_20180126203159325.jpg

では、元気に進もう。
DSC_1734_20180126202540848.jpg

標高950mのあたりで小休止。
CIMG4354_20180126203203732.jpg

この先はちょっと傾斜が急になる。
CIMG4355_2018012620320548f.jpg

木の枝にはたっぷり雪が積もっていた。
CIMG4356_201801262031361d8.jpg

それにしても、いい天気だこと。
CIMG4357_20180126203137074.jpg

ダケカンバが、きれいな雪の衣装をまとっている。
DSC_1738_20180126202513eef.jpg

10分ほど休んで出発。
DSC_1737_20180126202543f91.jpg

恵庭岳を振り返る。
CIMG4359_20180126203140895.jpg

さあ、頂上はすぐそこだ。
CIMG4360_201801262031429a9.jpg

11:46、頂上に到着。山名板があったが、文字はすでに読めなくなっていた。
DSC_1740_2018012620251744e.jpg

ちょっと到着が早すぎる気がしたので、地図ロイドで確認したら、ここは三角点のあるピークではない。
もう少し進むと、文字のある別の山名板があるという情報もあるそうなので、もう少し進んでみることになった。
CIMG4361_20180126203113aaa.jpg

次の小ピークへの鞍部も景色がいい。
CIMG4362_20180126203114d9d.jpg

空沼岳(1251m)南部の断崖稜線も見える。
CIMG4367_2018012620304625c.jpg

そして再び、支笏湖。
CIMG4364_20180126203116c7c.jpg

恵庭岳の左に風不死岳(1102m)。
CIMG4365_20180126203117a5e.jpg

さっきのニセピークを振り返る。
CIMG4366_20180126203119c26.jpg

これが次のピーク。頂上なのかな。
CIMG4368_201801262030477b8.jpg

山名板は見つからず、鞍部に引き返す。
CIMG4369_201801262030488f8.jpg

三角点のある地点はまだ300mほど先なので、ガイドのAさんが偵察に行ってくれた。
その間に、われわれはお昼にしていてとのこと。お言葉に甘えた。
CIMG4371_201801262030518c2.jpg

本日は、カレーヌードルである。
DSC_1741_20180126202518b48.jpg

これは、汁を簡単に飲み干せるのがいい。
DSC_1744_20180126202449a1f.jpg

食後、ちょっと離れた木蔭でキジ撃ち。
DSC_1743_20180126202520631.jpg

そこから漁岳(1318m)がかろうじて望めた。
CIMG4370_20180126203050805.jpg

10分ほどでAさんが戻ってきて、山名板を発見したとのこと。
食後、ザックをデポして、そこまで空身で出かけた。
5分で、真の頂上に到着。
CIMG4372_20180126203021b4d.jpg

標高もしっかり書かれていた。
CIMG4373_20180126203023634.jpg

ちょうど飴をなめていたので、それを舌にのせて撮影。
DSC_1745_201801262024519e7.jpg
「かとちゃんぺ」のつもりである。

三角点はさすがに雪の下だ。
DSC_1748_2018012620245400e.jpg

ここからは北に札幌市街を望むことができる。
DSC_1747_20180126202452b9e.jpg

ミュンヘン大橋付近。
CIMG4380_20180126203000b48.jpg

左にパークホテルが見える。
CIMG4381_20180126203001ee1.jpg

手前は藤野富士(651m)、奥は藻岩山(531m)。
CIMG4375_2018012620302635e.jpg

空沼岳が富士山のよう。
CIMG4376_2018012620302773a.jpg

北東に延びる稜線。
CIMG4383_20180126202932cba.jpg

その奥に砥石山(826m)が見える。
CIMG4382_20180126203003021.jpg

イチャンコッペ山と紋別岳。
CIMG4378.jpg

紋別岳単独。
CIMG4384_201801262029337dc.jpg

漁川沿いの原生林。
CIMG4379_201801262029595dc.jpg

支笏湖温泉と奥に苫小牧の工場群。
CIMG4385_20180126202935ad9.jpg

十分堪能したところで引き返す。
DSC_1750_2018012620245509d.jpg

下りつつ、漁岳を望む。
CIMG4386_20180126202936860.jpg

ザックを回収して、下山開始。
CIMG4387_201801262029382c1.jpg

改めて、漁岳の雄姿を愛でる。
CIMG4388_20180126202907ef9.jpg

もうすっかりお馴染みの恵庭岳。
CIMG4389_20180126202908e96.jpg

いずれ、右端のピーク、西恵庭岳にも行ってみたい。
CIMG4390_2018012620291067f.jpg

なんとなく雲が多くなってきた。
CIMG4391_201801262029119d2.jpg

漁岳から噴煙が上がっているように見える。
DSC_1752_20180126202428210.jpg

もちろん雲である。
CIMG4393_20180126202836694.jpg

頂上付近を望遠で。
CIMG4394_20180126202838d16.jpg

ちなみに支笏湖は不凍湖である。
CIMG4395_20180126202839e1f.jpg

見た通り凍ってはいない。
CIMG4396_2018012620284163a.jpg

雪原の向こうのイチャンコッペ。
CIMG4397_20180126202842491.jpg

南の方角にも雲が増えてきた。
CIMG4398_20180126202812245.jpg

歩いているあたりも、一瞬日が陰った。
DSC_1753_20180126202429965.jpg

風不死岳の左肩に真っ白な樽前山(1041m)が覗く。
CIMG4399_20180126202813502.jpg

いつの間にか、本隊とは別のルートを歩いていた。
CIMG4400_2018012620281566f.jpg

あちらは巻き道っぽいコース取りだ。
CIMG4401_20180126202816b0b.jpg

右はモーラップ山(504m)。
CIMG4402_20180126202818275.jpg

雪庇地点で本隊と合流。
CIMG4403_20180126202743bcc.jpg

ここの下りは、急斜面なのでAさんが先導して尻セードとなった。
CIMG4404_20180126202745449.jpg

まずはお手本を見学。
CIMG4405_20180126202746389.jpg

足は上げ過ぎない方がいいらしい。
CIMG4406_20180126202748af8.jpg

順番を待つ方々。
CIMG4407_2018012620274928a.jpg

恵庭岳が見守っている。
CIMG4408_20180126202714efc.jpg

ストックはブレーキになっちゃうので、まとめて横向きに持つ。
CIMG4409.jpg

皆さん、お上手だ。
CIMG4410_2018012620271797a.jpg

次々と落下していく。
CIMG4411_20180126202719fd8.jpg

全員下って、あとは思い思いのコース取りで下る。
CIMG4412_20180126202720d0a.jpg

下りはトレースをたどるより、無垢なところを歩いた方が楽なのだ。
CIMG4413_20180126202649af1.jpg

緩斜面に出たところで小休止。
CIMG4415_20180126202652c8c.jpg

日が高くなって、だいぶ、木々の雪も落ちた。
CIMG4414_201801262026538fb.jpg

南斜面は日射のせいか、午前中より雪が少し重くなった気がする。
CIMG4416_20180126202655656.jpg
下ったルートは登りに使った尾根よりやや西側の斜面。
ちょっと遠回りになるが、比較的傾斜が緩やかな方を選んだのだそうだ。

植林を抜けると間もなく林道に出た。
その瞬間、ササに引っかかって、前のめりに転倒。今日2回目だ。
あまりに無様な姿に、照れ隠しで「誰か、写真撮って~」とおどけたてみた。

あとは来た道を戻るだけ。
午後2時すぎに林道入口に到着した。
この後は温泉に行くスケジュールになっているが、私は夜の会合があるので、ここで皆さんとはお別れした。
午後3時半に帰宅。
夜は、高校の同窓会スキー部の新年会に参加。
松尾ジンギスカンをたらふく食べた後、ケイハチロウで二次会。
DSC_1756_20180126202431efc.jpg

日本酒をたっぷり飲んでしまった。
DSC_1754_20180126202429718.jpg
DSC_1757_20180126202408cbb.jpg
明日は仁木町にスノーシューツアー。
早く寝ないといけなかったのだが。

【行程】2018年1月13日
林道入口(9:10)~標高680m地点(9:55休憩10:00)~標高830m地点(10:35休憩10:40)~標高900m地点(11:00休憩11:05)~標高950m地点(11:35休憩11:42)~ニセピーク(11:46)~頂上鞍部(11:49昼食12:14)~頂上(12:19撮影12:24)~頂上鞍部(12:28休憩12:38)~標高720m地点(13:30休憩13:35)~林道入口(14:05)
※所要時間:4時間55分(歩行時間:3時間40分)
※登った山:1座(様茶平)
※歩行距離:6.5km
このページのトップへ

様茶平(上)

【2018年1月13日(土)】様茶平
いつも利用しているガイドツアー会社のスケジュール表を見て、この日はここに決めた。
「様茶平」は漁岳(1318m)と空沼岳(1251m)を結ぶ稜線上にある標高999mのピーク。
夏道はないので積雪期に行くしかない。
読みは「さまちゃんぺ」。アイヌ語であることは間違いないが、意味はよく分からない。

ガイドさんは、いつものIさんとは違い、このツアーは女性のAさん。
Aさんのツアーに参加するのは初めてだ。
申し込んだ時はすでに満員で、「集合場所(オコタンペ湖分岐)に直接来ていただけるなら、どうぞ参加して下さい」とのことだったので、自分の車で行くことにした。

待ち合わせ時間は8:40なので、皆さんをお待たせしないよう、10分前到着を目指して、自宅を7:30に出発した。
北海道の冬とは思えない、ものすごくいい天気になり、テンションも上がる。
真駒内を過ぎて、支笏湖方面に向かっていくと、正面に、溶岩ドームをのせた恵庭岳(1320m)が見えてきた。
DSC_1721_20180125215433e69.jpg

あまりに素晴らしいので、思わず車を停めてしまった。
DSC_1722_20180125215435736.jpg

気温が低いので噴気がよく分かる。
DSC_1723_2018012521543677e.jpg

こちらの真っ白は漁岳。
DSC_1724_20180125215408f91.jpg

オコタンペ湖分岐には8:35に到着。
様茶平の登山口はもっと手前の林道入口なのだが、そこには車が停められるかどうか分からないとのことで、ここを待ち合わせ場所に指定してくれたのだが、駐車スペースはすでに5台停まっており、これ以上は無理。
DSC_1726_20180125215411da7.jpg

取りあえず路駐して、あたりを探索しながら、皆さんの到着を待った。
DSC_1728_20180125215412dbb.jpg

オコタンペ湖へ行く道は冬期閉鎖中だった。
DSC_1727_20180125215413957.jpg
車の外で、靴の紐を締め直していると、Aさんの車がやってきた。
「登山口の除雪が思いのほか広くされているので、そちらに行きましょう」とのことなので、付いていく。

林道入口に着いたのは、8:47。
確かに、余裕で車を停めることができた。
CIMG4289_20180125215824485.jpg

改めて、Aさんにご挨拶。他のツアー参加者にも「よろしくお願いします」と頭を下げた。
CIMG4290_20180125215826e9e.jpg
早速、スノーシューを装着すると、Aさんに「ちょっと靴が前過ぎますね」と指摘してくれた。
やはり評判通り、Iさんより断然面倒見がいい。
今回はビーコン強制装着ということで、そのレンタル代1000円を含め、参加料は9000円也。

全員準備ができたところで、円陣を組み、みんなで一言ずつ自己紹介。
CIMG4291_20180125215827f24.jpg

これもIさんのツアーではないことだ。
CIMG4292_20180125215829c69.jpg
ただ、別に優劣をつけているつもりはない。
出発前にみんなの名前を言ったからと言って、覚えられるわけではないし、挨拶抜きでいきなり始まっても、不自由を感じたことはない。

林道にはすでにトレースが付いている。
CIMG4293_20180125215830037.jpg
様茶平への先行者がいるのだろうか。

我々は9:10に出発。
CIMG4294_201801252157363a3.jpg

ガイドさん含め総勢11人の大所帯である。
CIMG4295_20180125215737d2c.jpg

まずは「本流林道」を進む。漁川本流に沿った林道という意味だろうか。
CIMG4296_201801252157390e0.jpg

夏期も一般車両の通行は禁じられているようだ。
CIMG4297_20180125215741149.jpg

10分弱歩いて、林道が大きくカーブするところで、Aさんは林道を外れて、急斜面を登り始めた。ショートカットだ。
CIMG4298_20180125215742759.jpg

やはり、先行者のトレースをなぞっているだけでは面白くないのだろう。
CIMG4299_20180125215714b6f.jpg

「いろんなことを楽しんだ方がいいでしょう」と話していたが、さすがにかなり登りにくい。
CIMG4300_20180125215716012.jpg

苦戦する方や、踏み抜いて転倒した方もいたが、何とかクリア。
CIMG4301_20180125215717d49.jpg
私はしんがりのすぐ前という位置取りで、かなり踏み固められていたので、わりと楽に登れた。

登り切ると、すっかり平らだ。
CIMG4302_201801252157197ee.jpg

私はこんなにいい天気だと、雪目になってしまうのではないかと心配だったのでゴーグルをしていたのだが、暑くてすぐ外してしまった。
CIMG4303_20180125215720f8a.jpg
出発前にAさんが「Kさんは汗かく方ですか? ゴーグルはすぐ曇っちゃうので」と声をかけてくれたのだが、曇る以前の問題だった。
やはり、コンタクトにしてサングラスをかけないといけないだろうか。
一応、自分のメガネはUVカットにはなっているのだが。

間もなく林道に合流。
CIMG4304_20180125215652ec4.jpg

ここはT字路になっているようだ。
CIMG4305_20180125215653ebc.jpg

右折方向はラルマナイ林道だが、そちらにトレースはなかった。
CIMG4306_201801252156553a9.jpg

トレースは本流林道に沿ってずっと続いているが
CIMG4307_20180125215656454.jpg

我々は尾根に取り付くべく、林道を外れた。
CIMG4308_20180125215658b83.jpg

早速、急斜面になる。
CIMG4309_20180125215627066.jpg

私は前回、頂白山のスノーシューツアーでゲレンデスキー用のストックを持って行ったのだが、ストックのリングが小さすぎて、ズボズボ埋まってしまったので、今回は山スキー用のストックを新調してきた。
CIMG4310_20180125215629a45.jpg
おかげで上半身の推進力が効率よく使える。

歩き始めて45分でひと休み。暑くなってきた人の着替えタイムだ。
CIMG4311_20180125215630d30.jpg
私はこの天気なので始めからダウンは脱いでおいたので、着替えの必要はなかった。

5分ほどで出発。
CIMG4312_20180125215632c44.jpg

あまり後ろにばかりいると申し訳ないので、この後は少し前の方に出ることにした。
CIMG4313_2018012521563305d.jpg

標高が上がるに従い、木々の合間から恵庭岳が姿を現した。
CIMG4314_201801252156040b6.jpg

支笏湖の湖面も見えてきた。
CIMG4315_20180125215605e2c.jpg

いつか冬の恵庭岳に登ったりするような日が来るのだろうか、とふと思う。
CIMG4316_20180125215607206.jpg

雪はふかふかで気持ちがいい。
CIMG4317_20180125215608ef8.jpg

右手に見えてきたアンテナの山は紋別岳(866m)。
CIMG4318_2018012521561031d.jpg

やっと急斜面が終了。
CIMG4319_20180125215542ddb.jpg

皆さんもひと息付けている感じだ。
CIMG4320_201801252155442b1.jpg

左後方に現れたのはオコタンペ山(968m)。
CIMG4321_20180125215545e5b.jpg

恵庭岳は頂上の突起がやはり印象的だ。
CIMG4322_2018012521554618a.jpg

あそこに登ったのは2年前の夏だった。
CIMG4323_20180125215548616.jpg

緩斜面を、隊列を組んで進む。
CIMG4324_20180125215519332.jpg

こんなに立派なトレースが付いてしまうので楽ちんだ。
CIMG4325_201801252155210dd.jpg

お、漁岳の雄姿も見えてきた。
CIMG4326_20180125215523e13.jpg

立派なトドマツ。
CIMG4327_20180125215524525.jpg

標高は800mを超えた。
CIMG4328_20180125215526763.jpg

登山口は約500mなので300m以上登ってきたことになる。
CIMG4329_20180125215456e7c.jpg

標高830m地点で2度目の休憩。
CIMG4330_20180125215458f5e.jpg

ここからは石狩平野を望めた。
CIMG4331_201801252154596d6.jpg

恵庭方面だろうか。
CIMG4332_2018012521550122e.jpg

ここも5分で出発。
CIMG4333_20180125215502fa9.jpg

Aさんから先頭グループに入るよう指示されたので、4番手に付いた。
CIMG4334_20180125220946564.jpg

60代、70代の参加者が多い中、若い方の私が積極的に踏み固め役を担えということなのだろう。
CIMG4335_20180125220948cfa.jpg

合点承知だ。
CIMG4336_20180125220949314.jpg

再び右手が開けてきた。
CIMG4337_2018012522095180e.jpg

その右にはイチャンコッペ山(829m)。
CIMG4338_20180125220952d32.jpg

支笏湖も随分、湖面が広がった。
CIMG4339_20180125220912a0e.jpg

紋別岳とイチャンコッペ。
CIMG4340_201801252209153d4.jpg

雪庇のある標高900mへの急斜面に挑む。
CIMG4341_20180125220915486.jpg

ストックを2本まとめて横向きに雪に当てると、登りやすいと教えてもらった。
CIMG4342_201801252209180d3.jpg

みんなが登り終えるまで、しばし撮影タイム。
DSC_1729_20180125215414bd0.jpg

支笏湖と紋別岳、イチャンコッペ岳も一望。
CIMG4343_20180125220918205.jpg

紋別岳の上空には雲が迫ってきた。
CIMG4344_2018012521543093b.jpg

チャンコッペは3つのピークが並ぶ。頂上は真ん中だ。
CIMG4345_201801252154320dd.jpg

(つづく)
このページのトップへ

朝里岳

【2018年1月8日(月)】朝里岳
前日の1月7日、スキーの練習のため、藻岩山の裏にあるばんけいスキー場に出かけた。
リフトに乗っていると、林の中をスキーで登っている人の姿を発見。
「ここには、そんなコースがあるのか」と気づいて自分も行ってみることにした。
ゲレンデでシール歩行の練習もするつもりだったので、シールを持参していたのだ。

コースの入口はすぐに見つかり、そこでシールを装着。
前夜、自宅で練習していたので、わりと手間取らずにできた。
初めてのシール歩行だが、わりと快適。さすがに滑らない。
DSC_1669_20180109212840439.jpg

最初はトレースをなぞるように歩いていたが
DSC_1672_20180109212843fa0.jpg

途中から、ふかふかの雪の中に入ったりして、その感触を楽しんだ。
DSC_1671_201801092128427ea.jpg
でも、しばらくすると板が外れてしまった。
つぼ足になると雪を踏み抜いてしまうので、再度付けるのに相当苦労した。
しかも、1回外れたのをきっかけに、左足がすぐに外れてしまうようになってしまった。
ビンディングをよく見ると、締め付けが緩いことが分かった。
これはO君に見てもらわないといけないなと思い、歩行は中断。
ゲレンデに戻って、シールを剥がし、その日は昼前に退散した。

夜、板と靴を持参して、藤野のO君を訪ねて見てもらったら、単にビンディングのつま先の方にあるレバーをウォークモードに上げていなかっただけだった。
なんだ、そんなことだったのか。これで問題は解決。
その後は延々と酒を飲み続け、O君宅にまた泊めてもらった。

せっかくスキーを持って藤野まで来たので、当然ながら翌日は、O君の勤務先である札幌国際スキー場に出かけることにした。
DSC_1714_2018010921253215e.jpg

たまたま、この日は同窓のK君とMさんが来ることになっていたので、合流して午前中は3人でゲレンデ滑走を楽しんだ。
DSC_1678_20180109212845138.jpg

2人ともとても上手で、私など恥ずかしいくらいだ。
DSC_1713_201801092125293b4.jpg
お昼はレストランで牛丼を食べ、食後、大抽選会なるものに並んだら、なんとMさんがお食事券を当てた。素晴らしい。
私とK君はスカで、チョコを1個もらった。

午後は私だけ別行動をとり、ゴンドラの山頂駅周辺でシール歩行の練習をすることにした。
ウォークモードにしたら本当に外れないかどうかも確認したい。
ゴンドラを下りて、早速シールを装着。
DSC_1682_201801092128202bb.jpg
2人に見送られて、12時半前に出発した。

ずっと登りかと思っていたら、ここは小ピークになっていて、すぐ下らないといけなかった。
DSC_1679_201801092128467a5.jpg

最初は100mくらい歩いては戻りを繰り返すつもりで、とりあえず鞍部まで下ることにした。
鞍部に着くと、そこからは小樽の海が望めた。
DSC_1684_20180109212821087.jpg

ここまで来て気づいたのだが、朝里岳方面にずっとBCスキーのトレースがついている。
DSC_1685_201801092128232d4.jpg

ガスっておらず、見通しもいいので、朝里岳まで行けるんじゃないかという気になってきた。
DSC_1680_20180109212817430.jpg

2時までに着かなかったら、その時点で引き返すことに決めて、頂上に向かうことにした。
DSC_1681_20180109212818c06.jpg
序盤で傾斜のきついところがあって、そこはトレース通り直登することはできなかったので、ふかふかの雪の中をジグザグに登ってクリアした。

坂の途中で、小樽の海や手稲山(1023m)、白井山(1301m)などが一望できて、何度も停まって写真を撮った。
DSC_1687_201801092127453f7.jpg

こちらは石狩湾。
DSC_1688_20180109212747450.jpg

アンテナがあるのが手稲山。
DSC_1689_20180109212748844.jpg

白井岳は頂上付近にガスがかかっていた。
DSC_1690_201801092127501a4.jpg

白井岳の左肩から覗いているのは定山渓天狗岳(1145m)だろう。
DSC_1691_2018010921275164e.jpg

登ってきたルートを振り返る。
DSC_1692_20180109212720a1f.jpg

頂上に近くなってくると、すこし風が出てきたが、それほどでもない。
DSC_1693_20180109212722c42.jpg

雪面は風のため、やや固めで、歩きやすい。
DSC_1697_20180109212646362.jpg

さすがにエビのしっぽが発達している。
DSC_1698_20180109212648220.jpg
トレースは途中でなぜか左の方に逸れていったが、白井岳に向かったのだろうか。

ただ、朝里岳方面にもスキーの跡はあったので、それに従って登った。
DSC_1696_20180109212726871.jpg

気がつくと、白井岳のガスがとれていた。
DSC_1695_20180109212725b3a.jpg

前方に立つ背の高い立木あたりが頂上に見えたので、それを目標にして進んだ。
DSC_1694_20180109212723cfa.jpg

でも、それは頂上ではなく、もう少し先の方が位置的には高かった。
DSC_1699_201801092126498ac.jpg

山名板が雪に埋もれずにあることを期待していたが、見つけることはできなかった。
そもそも、夏道がないので、山名板があるのかどうかも分からないが。
DSC_1700_20180109212650c9f.jpg

でも、頂上からは、西に真っ白な余市岳(1488m)や、その左奥に無意根山(1464m)らしきピークが見え、感激した。
DSC_1704_20180109212612868.jpg

これが余市岳。
DSC_1701_20180109212652e1d.jpg

ちょこっと黒く見えるのが、おそらく無意根山。
DSC_1705_2018010921261389c.jpg

樹氷もまばらにあって、まさに真っ白の世界だ。
DSC_1706_201801092126151ec.jpg

これが冬山というものなのか。なかなか感慨深いものがあった。
DSC_1702_2018010921261001d.jpg

ただ、時間もないし、初心者なので、白井岳まで足を延ばそうなどと色気は出さず、来た道を引き返す。
DSC_1707_201801092126167c2.jpg
天気もお蔭さまで、もってくれている。風もそれほど強くないのが、ありがたい。
シールをはがし、リュックにしまう。
これもわりと手際よくできた。

さて初めてのBCスキー滑走だ。
幸い傾斜は緩やかなのだが、ゲレンデのように圧雪してくれていないので、やはり怖い。
DSC_1708_20180109212548b5b.jpg
ふかふかの雪に突っ込んで、前のめりに転んでしまいそうだ。
なるべくスピードが出ないよう、ボーゲンで下る。
新雪の中も滑ったが、とてもターンなどできない。
途中何度も停まりながら、恐る恐る下っていった。

スキーが停まってしまいそうな傾斜の緩やかなところはトレースをなぞって滑った。
登りは1時間近くかかったが、下りはたったの15分。
慣れている人なら5分で下れるだろう。
この程度の実力でも、やはりスキーは速い。
鞍部で最後のわずかな登りのために、再びシールを貼り直す。
DSC_1709_2018010921255086a.jpg
これが、いちいち面倒だ。
ちょっと雑にやったら、板とシールの間に結構雪が入ってしまった。

午後2時に無事、ゴンドラ駅のある1099m標高点に到着。
DSC_1710_20180109212551858.jpg

初めてのBCスキーが単独という冒険だったが、板も外れず、靴擦れにもならず、最初にしては上々の出来だった。
今後はちゃんと指導者とともに経験を積んでいこう。
DSC_1711_20180109212553e23.jpg

リフトは1日券を買ってあるので、まだまだ滑れるのだが、今回はこれで止めておいた。
DSC_1712_20180109212554f2d.jpg
帰宅は15:45。
途中、小金湯温泉に寄るつもりで、風呂道具も持ってきたのだが、なんか面倒になって、まっすぐ家に帰ってしまった。

【行程】2018年1月8日
ゴンドラ山頂駅(12:25)~朝里岳(13:23シール貼り替え13:34)~鞍部(13:48シール貼り替え13:53)~1099m標高点(14:00)
※所要時間:1時間35分(歩行時間:1時間19分)
※登った山:1座(朝里岳)
※歩行距離:3.4km
このページのトップへ

頂白山

【2018年1月3日(水)】頂白山
2018年の登り初めは、スノーシューで仁木町の頂白山(461m)へ。
高校の同級生H君が参加するツアーに合流させてもらった。
この日は夜に、同窓のO君、S君との飲み会がある関係で、「夕方5時までに戻れますか」と、ツアーガイドのIさんに問い合わせをしたら、大丈夫とのことだったので、参加することにしたのだ。

スノーシュー登山は2013年の3月に北八ケ岳の麦草ヒュッテでレンタルして、白駒池から高見岩を周遊して以来なので、もう5年ぶりということになる。
しかも、今回でまだ2度目だ。
スノーシュー自体は高校の同期からいただいたので、今回は借りなくてもいい。

ツアーは朝7:30に札幌駅北口ローソン前でピックアップしてくれることになっている。
6時に起きて、7時前に出発した。
前夜遅くまで飲んだが、5時間半くらいは睡眠がとれたので、とくに問題はない。

7:15に到着し、ローソンで朝食を購入。
7:20過ぎにお迎えが到着したので、車に乗り込んだ。
本日の参加者は、H君と少し年上の女性Mさん、そして私の3人。
H君とMさんはツアーで何度か一緒になったことがあるようだが、私は初対面だった。

雪が降りしきる中、札樽道経由で仁木町に向かう。
途中、余市宇宙記念館に寄って、トイレ休憩。
DSC_1566_20180104194121b5c.jpg
Iさんが余市町内でコンビニに寄って、おでんを調達しようとしてくれたが、入った2店舗とも売っていなかった。

9:15、登山口に到着。
早速、スノーシューを装着する。
CIMG4074_20180104194546174.jpg

自宅で一応練習しておいたので、手間取らずに済んだ。
CIMG4082_20180104194530cd5.jpg

9:25にスタート。
CIMG4075_20180104194548bfa.jpg
林道入口にあるログハウスの飼い犬に盛んに吠えられた。

スノーシューでの山歩きは、手袋をして、ストックも持っているので、非常に写真が撮りにくい。
いちいち、ストックを脇に挟んで、手袋を外し、カメラケースからカメラを取り出し・・という作業が必要だからだ。
夏山なら、立ち止まって写真を撮っても、すぐ追いつけるが、スノーシューだとそうもいかない。
それでも、この日は雪もあまり降らなかったし、暖かくて、手袋を外したまま歩いている時間も長かったので、50枚くらいは撮ることができた。
CIMG4076.jpg
ゴアの下にダウンを着ていたら、5分くらいで暑くなったので、立ち止まって脱いだ。
この遅れを取り戻すのに、結構時間がかかった。

林道は所々土が見えて、水が流れていたので、その脇の雪の上を進んだ。
CIMG4077_20180104194551f1d.jpg

しばらくすると、沢が出現。
CIMG4078_20180104194552ee2.jpg

スノーブリッジを渡った。
CIMG4079_20180104194525878.jpg
登山口の標高は約50mなので、標高差は400mちょっとある。

25分ほど歩いたところで、着替えタイム。
CIMG4081_201801041945284e7.jpg

私はすでに脱いでいたので、ガイドのIさんが広げた地図を見せてもらった。
CIMG4083_20180104194531dac.jpg

現在地は鉄塔の下で、標高は130m。
CIMG4080_2018010419452798f.jpg
地図を見て、頂上までずっと林道が続いていることが判明。
夏も登れる山であることが分かった。
でも、随分遠回りになるので、途中、ショートカットするかもしれないとのことだった。

それにしても、この木は何の木?
CIMG4084_201801041945038ee.jpg

7分ほどの休憩で出発。
CIMG4085_201801041945046ad.jpg

ここ数日、気温が高いせいか、路面はわりと固い。
CIMG4086_20180104194506780.jpg

登り始めてから40分ほどで、頂白山の山頂が見えてきた。
CIMG4087_20180104194507f34.jpg

三角点があるピークよりも、高い地点(約490m)があるそうだ。
CIMG4088.jpg

振り返ると、西の山並みが遠望できた。
CIMG4089_201801041944357ad.jpg

右手前方に見えてきたのは、10日後にツアーが予定されている大黒山(724m)だそうだ。
CIMG4090.jpg

この山は、千歳林業の所有のようで、親切に登山道ルートを示してくれていた。
CIMG4091_201801041944385b5.jpg

雪もすっかり止んで、展望も開けてきた。
CIMG4092_201801041944397c8.jpg

この小山の向こう、ガスがかかっているのが恵比須山(723m)とのこと。
CIMG4093_20180104194441e3e.jpg

正面が目指す頂白山だ。
CIMG4094_20180104194407650.jpg

1時間ほど歩いてきたので、この眺望のいい場所で、少し休憩を取った。
CIMG4095_20180104194409841.jpg

ビスケットなどを食べて、10分ほどで出発。
CIMG4096_20180104194410777.jpg

左手に大きな岩を発見。
CIMG4097_20180104194412673.jpg

林道が大回りをする場所に来たので、やぶの中に入って、ショートカットを試みる。
CIMG4098_2018010419441309b.jpg
ずっと、あまり雪の積もっていない林道歩きだったので、やっとふかふかの雪の中を歩くことができた。

ここから15分ほどで、頂白山に到着。
素晴らしい展望が広がった。
CIMG4099_20180104194339728.jpg

あの尖った山はシリパ岬。
CIMG4100_201801041943418fc.jpg

余市川の河口付近。
CIMG4101_20180104194342fcb.jpg

余市の町並み。
CIMG4104_201801041943134d4.jpg

仁木の町並み。
CIMG4102_20180104194344ab4.jpg

忍路方面。
CIMG4103_201801041943463a7.jpg

向こうは日本海だ。
CIMG4105_201801041943150e2.jpg

しかし、肝心の山名板は残念ながら雪に埋もれて確認できず仕舞いだった。
CIMG4106_20180104194316d7e.jpg

それでは最高地点を目指そう。
10分ほどで到着。もちろん、こちらにも山名板はない。
でも、大黒山がとても近かった。
CIMG4107_2018010419431739a.jpg

あちらの方は雪が降っている感じだった。
CIMG4108_201801041943199bb.jpg

一応、ここで記念写真を撮影。
DSC_1567_201801041941237fd.jpg

ちょっと風があって寒いので、お昼は少し下りて、開けた場所で食べることにした。
CIMG4109.jpg

雪の上に腰を下ろして、ほっとひと息。
CIMG4110_20180104194242dac.jpg

私はカップ麺をいただいた。
CIMG4111_20180104194243a46.jpg

アツアツで美味しかった。
DSC_1572_20180104194124fff.jpg

20分ほどで出発。
CIMG4112_20180104194245080.jpg

来た道を引き返し、林道に出た。
CIMG4113_20180104194246d1b.jpg

下りは、踏み跡よりも無垢な雪面を歩いた方が膝に優しい。
CIMG4114.jpg

今度は大黒山にも行こうかな。
CIMG4115_20180104194214d88.jpg

頂白山を振り返る。
CIMG4116_20180104194216a6c.jpg

林道分岐で往路とは別のルートに入った。
CIMG4117_20180104194217bae.jpg

この先で、ショートカットのため急な斜面を下る。
CIMG4119_20180104194147484.jpg
1回滑って転倒してしまった。

再び林道に出てから、H君が「急な下りではテレマーク姿勢をとるといいよ」と教えてくれた。
CIMG4120_201801041941489a2.jpg

途中から足の裏かかと近くが靴擦れして、かなり痛かった。
CIMG4121_20180104194150fee.jpg

冬靴が足よりかなり大きくて、前後に動いて擦れてしまったのだ。
CIMG4122_20180104194151a16.jpg

あと30分も歩かされたら、かなり厳しかった。
CIMG4123_20180104194153683.jpg
12:50、登山口に到着。

本日のお風呂は鶴亀温泉。
DSC_1579_20180104194102cb1.jpg

ナトリウム-塩化物温泉で源泉の温度は47.8℃だそうだ。
DSC_1574_20180104194127ebb.jpg

鉄分の多い湯で、真っ茶色だったが、冷えた体がよく温まった。
DSC_1575_20180104194059c27.jpg

午後2時すぎに出発。
DSC_1573_20180104194125f65.jpg
帰りは自宅まで送ってもらい、午後3時半に帰宅。
楽しかったが、次回は靴擦れ防止策を講じないといけない。
インソールを入れるか、靴下をもう1枚履くことにしよう。

【行程】2018年1月3日
登山口(9:24)~鉄塔下(9:49着替え9:56)~林道分岐(10:26休憩10:36)~頂白山(11:16撮影11:20)~最高地点(11:29撮影11:35)~山腹(11:40昼食12:02)~登山口(12:50)
※所要時間:3時間26分(歩行時間:2時間37分)
※登った山:1座(頂白山)
※歩行距離:7.1km
このページのトップへ

三角山(下)

【2017年12月31日(日)】三角山
2017年の登り納めは札幌市西部の三角山(311m)。
登山口から40分ちょっとで登頂した。
DSC_1547_201801031611386aa.jpg

10分足らずの滞在で出発。
十の坂まで戻って、稜線を南に向かう。
CIMG3989_20180103161844eae.jpg

縦走スタートである。
CIMG3988_201801031618423cb.jpg

この先は、あまり歩く人もおらずスノーシューになるかと思っていたが、あにはからんや、同じような圧雪状態。
CIMG3990.jpg
これではスノーシューなど全く必要なかった。
北海道でのスノーシューデビューは1月3日の頂白山(仁木町)になりそうだ。

三角山を振り返る。
CIMG3991_20180103161847aa3.jpg

この角度から見ると、確かに三角形だ。
CIMG3993_20180103161817c90.jpg

相変わらずはっきりとは見えないが、右手は手稲山(1023m)。
CIMG3992_201801031618151ce.jpg

増毛山地はずっと木々に隠れてよく見えない。
CIMG3994_20180103161818fd1.jpg

右手眼下は平和の住宅街。
CIMG3995_20180103161820b17.jpg

縦走路は適度なアップダウンがあって快適な尾根道歩きだ。
CIMG3996_201801031618219b5.jpg

ゴミは全く落ちていなかった。
CIMG3997_20180103161754079.jpg

再び三角山。ちゃんと尖っている。
CIMG3998_20180103161756284.jpg

その左肩から増毛山地が見えてきた。
CIMG3999_20180103161757674.jpg

三角山の山頂から20分ほどで大倉山シャンツェへの分岐に到着。
CIMG4000.jpg

すぐ下にリフトの山頂駅と展望施設があった。
CIMG4001_2018010316180098e.jpg

私もちょっとそこまで下りてみた。
CIMG4002_2018010316173137a.jpg

ここからの眺めも素晴らしい。
CIMG4003_20180103161733b44.jpg

ここから見えている山々こそ樺戸山地だ。
中央がおそらくピンネシリ(1100m)。
CIMG4004_20180103161734281.jpg

その右は隈根尻山(971m)。
CIMG4005_2018010316173667d.jpg

左は神居尻山(947m)。
CIMG4006_2018010316173727e.jpg

すぐそこに円山(226m)。
CIMG4007_20180103161709289.jpg

237mピーク。名前はないのだろうか。
CIMG4008_201801031617101ee.jpg

観光客の向こうに藻岩山(531m)。
CIMG4009_201801031617128e9.jpg

札幌市街と芦別岳(1726m)。
DSC_1554_2018010316114149e.jpg

樺戸山地方面。
DSC_1555_20180103161143bf1.jpg

その両方を広角で展望してみた。
DSC_1553_2018010316114082b.jpg

リフトは往復500円だそうだ。
CIMG4011_20180103161715167.jpg

実は大倉山シャンツェの上まで来たのは初めて。
CIMG4012_20180103161639a5e.jpg

登山道に戻ると、すぐ先が大倉山(307m)の頂上だった。
CIMG4013_20180103161640bbb.jpg

頂上自体の眺望はそれほどでもない。
CIMG4014_2018010316164292f.jpg

自撮りだけして、次の奥三角山(354m)を目指す。
CIMG4015_20180103161643247.jpg

ベンチがあったが、休まずに通過。
CIMG4016_20180103161644c3e.jpg

前方右に見えるのが奥三角山。
CIMG4017_2018010316161660f.jpg

左は藻岩山。宮の森シャンツェがこんな山の陰にあるのを実は初めて知った。
CIMG4018_201801031616181da.jpg

札幌で育ったとは言え、若くして離れているので、知らないことが多すぎる。
CIMG4019_20180103161619331.jpg

そう言えば、踏み跡の幅自体は三角山の登山道よりは狭い。
CIMG4020_201801031616218a1.jpg

古い木の柵があるのにお気づきだろうか。
CIMG4021_2018010316162226e.jpg

へ~、地主さんがいるのか。
CIMG4022_201801031615528b9.jpg

左前方は砥石山(826m)。
CIMG4023_20180103161554c67.jpg

手前に見えるのは札幌聖心女子学院かな。
CIMG4024.jpg

札幌のビル群。
CIMG4025_201801031615570e7.jpg

奥三角山手前の鞍部を通過。
CIMG4026_201801031615586c8.jpg

この先は標高差100mの直登である。
CIMG4027_201801031615288f4.jpg

10数分のアルバイトで、奥三角山に登頂。
CIMG4028_20180103161530700.jpg

2人の単独男性が先にいた。
CIMG4029_20180103161531677.jpg

狭い山頂の先端に立って、眺望を楽しむ。
CIMG4030_20180103161533ca7.jpg

札幌市街と樺戸山地。今日は最高に空気が澄んでいる。
CIMG4031_20180103161534e3b.jpg

中央の林は北大キャンパス。
CIMG4032_201801031615046aa.jpg

ほぼ中央にJRタワー。
CIMG4033_201801031615062ae.jpg

円柱状の建物は札幌プリンスホテルタワー。
CIMG4034_201801031615079d5.jpg

円山と芦別岳。
CIMG4035_20180103161508c21.jpg

手前が247mピーク。その向こうが円山。
CIMG4036_201801031615108c4.jpg

かろうじて暑寒別岳(1492m)が見えた。
CIMG4037_20180103161438701.jpg

宮の森シャンツェと藻岩山。
CIMG4038_20180103161440ce6.jpg

ばんけいスキー場。
CIMG4039_201801031614415c4.jpg

誰もいなくなってので、このベンチに腰掛けて休憩。
CIMG4040_201801031614428d8.jpg

チエモクのカップで熱いカフェオレをいただく。
DSC_1558_20180103161117781.jpg
お昼の準備(カップ麺)もしてきたが、まだお腹が空いていないので飲み物だけにしておいた。

眼下に聖心女子。
CIMG4041_201801031614448fa.jpg

札幌も発展したねえ。
CIMG4042_20180103161413d4d.jpg

ピンネシリ。
CIMG4043_201801031614153ac.jpg

隈根尻。
CIMG4044_20180103161416f83.jpg

神居尻。
CIMG4045_20180103161418ac4.jpg

真っ白な暑寒別。
CIMG4046.jpg

のんびり休んで20分ほどで出発。
DSC_1559_20180103161118e60.jpg

この先は一気に下るのみだ。
CIMG4047_20180103161349d7b.jpg

北斜面なので雪はふわふわ。
CIMG4048_201801031613510d2.jpg

小さな沢が見えた。
CIMG4049_2018010316135260d.jpg

小別沢まで下ってくると、正面に手稲山がやっとすっきり見えた。
CIMG4050_20180103161354fec.jpg

自転車は通行禁止。
CIMG4051_201801031613559be.jpg

農家の倉庫代わりかな。
CIMG4052.jpg

やっとスパッツが役に立った。
CIMG4053_20180103161322435.jpg

2時間20分ほどで縦走終了。
CIMG4054_20180103161323bc2.jpg

小別沢口の利用者はそれほど多くはないみたいだ。
CIMG4055_20180103161325290.jpg

盤渓経由で帰ろうかとも思ったが、今回は止めておいた。
CIMG4056_2018010316132663f.jpg

この先は車道歩きなので、アイゼンを外す。
CIMG4057_2018010316125462c.jpg

このあたりは古い開拓地なのだろう。
CIMG4058_201801031612564be.jpg

小別沢会館(公民館)。
CIMG4059_20180103161257c97.jpg

その前に馬頭観世音。
CIMG4060_201801031612598bb.jpg

バス停まで行くには、もう一度峠を越えないといけない。
CIMG4061_201801031613007c2.jpg

市道小別沢線を登る。
CIMG4062_20180103161226707.jpg

畑は一面の雪原になっている。
CIMG4063_2018010316122867e.jpg

峠は小別沢トンネル。
CIMG4064_20180103161229be2.jpg

トンネルの手前から旧道らしき道が分かれているので寄り道してみた。
すると、予想通り古いトンネルがあったが、残念ながら封鎖されていた。
DSC_1560_20180103161120aa5.jpg

物置に使われている感じだった。
CIMG4067_20180103161232230.jpg

沿線にあった山小屋のような建物。
CIMG4065_20180103161231e5f.jpg

玄関まで行ってみると、会員制のレストラン「やぎや」だった。
CIMG4068_20180103161201375.jpg

小別沢トンネルは2003年の竣工。
CIMG4069_20180103161203094.jpg

長さは約230m。
CIMG4070_20180103161204e04.jpg

宮の森側に出た。
CIMG4071_20180103161206b6c.jpg

ずんずん下って住宅地まで来ると、左手に聖恩寺。
CIMG4072_20180103161208b4a.jpg

山の手のバス停から歩き始めて、ちょうど3時間で宮の森2条17のバス停に到着した。
CIMG4073_20180103161137f34.jpg
次のバスは12:32。
あと15分あるので、バス停2個分くらい歩けそうだが、ここで打ち止めにした。
待ち時間を利用してスパッツを外す。
ついでに、カフェオレを入れて、行動食のあんぱんで小腹を満たした。

そのうち、どんどんバス停に人が並び始めた。
結構利用者がいるのだ。
再びJRバスに乗り、円山公園駅へ。
帰宅は午後1時半。
天気に恵まれて、最高の登り納めになった。

【行程】2017年12月31日
山の手4条11バス停(9:16)~山の手登山口(9:21)~四の坂(9:39アイゼン装着9:43)~三角山(10:04撮影10:12)~大倉山(10:36撮影10:40)~奥三角山(11:08撮影・休憩11:28)~小別沢口(11:45アイゼン外し11:50)~宮の森2条17(12:18)
※所要時間:3時間2分(歩行時間:2時間22分)
※登った山:3座(三角山、大倉山、奥三角山)
※歩行距離:6.3km
このページのトップへ

三角山(上)

【2017年12月31日(日)】三角山
2017年の12月は一度も山に登らないで終えるんだなあ、30日の午前の時点ではそう思っていて、1年間の集計も済ませていたのに、突然やっぱり行こうと思い立った。
風邪もどうやら治ったようだし、ハイキング的な山なら雪でも行けるんじゃないか。

というわけで、30日の午後、急きょ会社に出勤した際に、三角山周辺の地形図をプリントアウトして、帰宅後にパッキングを始めた。
スノーシューで歩くことになるだろうから、一応、履く練習もしてみた。
これは、高校の同級生のS君がくれたものだ。

問題は靴だ。
夏靴は縫い目がほつれていて、水が浸みこみやすい状態。
なので、骨折して以来ずっと履いていなかった冬靴を履いてみた。
この靴は、買って3回ほど履いたが、足に合わず、そのたびに足が痛くてたまらなかった。
またあんな思いをするのが嫌で、ずっと遠ざけてきた。
でも、使わないのはもったいないし、今回は履かざるを得ない。
思い切って足を入れてみたら、あら不思議。
しっくりくるではないか。これなら快適に歩けそうだ。

あくる朝は天気予報通り、気持ちよく晴れ上がった。
家で朝食を済ませ、8時過ぎに出発。
車で行きたいところだが、登山口に駐車場があるのか分からないし、縦走すると、下山した場所から登山口まで戻るのが大変なので、公共交通機関を利用することにした。

幌平橋から地下鉄に乗り、西28丁目で下車。
CIMG3934_20180102115603e47.jpg

ここでJR北海道バスに乗り換える。
CIMG3933_201801021156013f4.jpg

9:05発の循環線西28丁目駅前行きまで、まだ10分ある。
DSC_1542_20180102115121e87.jpg

待合室でしばし待機。
DSC_1543_20180102115123ec2.jpg

間もなく、バスが到着した。
DSC_1544_20180102115124bbb.jpg

早速乗り込んで、あとは山の手4条11までバスに身を任せる。
DSC_1545_20180102115126f03.jpg

10分ほどで到着し、登山口に向かって歩き始めた。
CIMG3935_20180102115605399.jpg

ちょっと戻って、緑ヶ丘療育院花園学院の看板のところで右折。
CIMG3936_20180102115606938.jpg

少し車道を登ると、療育院の大きな駐車場があり、「三角山ひろば」なる建物があった。
CIMG3937_20180102115607ef8.jpg
登山者用の施設かと思ったら、花園学院の附属施設だった。
ここに車を停める人が結構いそうだ。

三角山(311m)には、山の手口、宮の森口、小別沢口と3か所の登山口があるが、今回は山の手口から登る。
CIMG3938_20180102115533407.jpg
ここから三角山、大倉山(307m)を経て、奥三角山(354m)まで縦走し、小別沢口に下るハイキングコース通りの行程だ。

9:20、登山開始。
ここから山頂までは1.4kmだそうだ。
CIMG3939_20180102115535a85.jpg

最初から、わりと急な坂だ。
CIMG3940_20180102115537e00.jpg

ストックの「無料貸し出し所」があった。
CIMG3941_20180102115538036.jpg

積雪は20cmくらいありそうだ。
CIMG3942_201801021155402cd.jpg

道はよく踏まれていて、圧雪状態。
CIMG3943_201801021155116e9.jpg

路面の厚みは5cmくらいだろうか。
CIMG3944_20180102115512f49.jpg
すぐ暑くなったので、ダウンを脱いで、ゴアに着替えた。

合目表示のように「○の坂」表示がある。
CIMG3945_201801021155141ce.jpg

正面に早くも山頂が見えてきた。
CIMG3946_20180102115515a98.jpg

三角山に登るのは初めてだ。
CIMG3947_20180102115517ae8.jpg
実は、三角山がどこにあるのかも正確には知らなかった。

10分ほどで、ちょっとした平坦面に出た。
CIMG3949_20180102115446fe3.jpg

こぶし平と呼ばれるところのようだ。
CIMG3948_201801021154440cb.jpg

ここは宮の森口との分岐点だった。
CIMG3950_20180102115447e68.jpg

人気のハイキングコースだけに、道標もしっかり整備されている。
CIMG3951_20180102115449e4b.jpg

小別沢口までは3.5km。
CIMG3952_20180102115450f85.jpg

三の坂あたりは、トラバース道なので、なだらかだ。
CIMG3953_20180102115419d73.jpg

四の坂の分岐に到着。
CIMG3954_201801021154219d0.jpg

直進すると、このまま三角山を巻いて大倉山に至る。
CIMG3955_201801021154222d4.jpg

当方は左折して頂上を目指すが、かなりの急登だ。
CIMG3956_20180102115424e12.jpg

さすがにアイゼンを装着することにする。
CIMG3957_201801021154253ff.jpg

間もなく、五の坂を通過。
CIMG3958_20180102115354447.jpg

ストックが欲しいところだが、スキーのストックを地下鉄の中で持ち運ぶのが恥ずかしかったので持ってこなかった。
CIMG3959_20180102115356421.jpg

木々を透かして右手には手稲山(1023m)が見える。
CIMG3960_2018010211535780a.jpg

六の坂の表示の下に「望洋山道」。
CIMG3961_201801021153592c1.jpg
写真には撮りにくいが確かに石狩湾が見えた。

この先はロープが張ってあるので、ありがたく使わせてもらった。
CIMG3962_20180102115400bfe.jpg

今度は左手に札幌市街が見えてきた。
CIMG3963_201801021153289c4.jpg

右手は平和の住宅地。
CIMG3964_20180102115329825.jpg

七の坂。
CIMG3965_20180102115331390.jpg

続いて、八の坂。
CIMG3966_20180102115332c23.jpg

九の坂まで来ると、再びトラバースとなる。
CIMG3967_201801021153340cb.jpg

このあたりで標高はほぼ250m。
CIMG3968_20180102115303ac9.jpg

間もなく、四阿が見えてきた。
CIMG3969_2018010211530583b.jpg

この四阿はロータリークラブが設置したもののようだ。
CIMG3970_20180102115306007.jpg

落書き帖のようなものがあるのかな。
CIMG3971_20180102115308fe2.jpg

とくに休まずに通過。
CIMG3973_20180102115239cce.jpg

ここまで来れば、頂上はもうすぐそこ。
CIMG3972_20180102115309e90.jpg

最後の登りは、十の坂だ。
CIMG3974_2018010211524129e.jpg

10:04、三角山に登頂。山名板にお正月飾りがしてあった。
CIMG3976_20180102115244175.jpg

なんと一等三角点があった。
CIMG3975_20180102115243185.jpg

点名は「琴似山」で1900年(明治33年)に設置されたとのこと。
CIMG3977_201801021152467e1.jpg

眼下に札幌の市街地が展開する。
CIMG3978_201801021152116c0.jpg

ひときわ高いのがJRタワー。
CIMG3981_2018010211521577c.jpg

その背後は芦別岳(1726m)だろう。
CIMG3979_20180102115213537.jpg

その右は夕張岳(1668m)と思われる。
CIMG3980_2018010211521452e.jpg

南東に藻岩山(531m)。
CIMG3982_20180102115217708.jpg

藻岩山をこの角度から見るのは初めてだ。
CIMG3984_20180102115147ded.jpg

南には恵庭岳(1320m)が覗いていた。
CIMG3983_201801021151453c2.jpg

すぐ近くに円山(226m)。
CIMG3985_20180102115149d07.jpg

南東はるかに見えるのは日高山脈。
CIMG3986_20180102115150941.jpg

石狩湾方向は残念ながら木々に遮られていた。
CIMG3987_20180102115152d3e.jpg

やや広角で見てみよう。素晴らしい眺めだ。
DSC_1548_20180102115127676.jpg

頂上はこんな雰囲気。
DSC_1549_20180102115100e90.jpg

雪だるまが三つ並んでいた。
DSC_1550_20180102115103c2c.jpg

写真を撮っていたら、先着していた単独女性が「いい天気になりましたね~」と話しかけてきた。
「ほんとですね~」と返す。
「明日はこうはいきませんかねえ」
「そうですね。三が日は雪が降る予報ですからね」
「そうですよね、そう思って今日来たんです。もう私はここで食べちゃって、下ります」
と彼女は行って、何やらガスストーブで作り始めた。

引き続き写真を撮っていると、単独のおじさん2人が相次いで到着。
DSC_1551_20180102115104193.jpg
彼女は誰にともなく、「見えているのは何山ですか」と聞いてきた。
夕張岳と芦別岳だと思うが自信がなかったので、聞こえないふりをしていたら、おじさんの一人が「右は夕張ですね」と答えてくれたので、ホッとした。
しかし、その後がびっくり。
「左は樺戸でしょう」
え~~~。それは違う。あり得ない。
樺戸はもっとずっと左で、木に隠れてよく見えない。
思わず修正したくなったが、恥をかかせることになるので黙っておいた。

(つづく)
このページのトップへ

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (523)
東北の山 (75)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (58)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (100)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (12)
中央アルプス (28)
北アルプス (61)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (96)
ドライブ (50)
廃線の旅 (46)
駅から散歩 (39)
乗り鉄 (51)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (33)
東海の山 (5)
つぶやき (38)
旧道歩き (59)
伊豆の山 (39)
サイクリング (3)
ハイキング (17)
温泉旅行 (16)
ランニング (1)
観光 (3)
お遍路 (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR