山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

権現岳(3)

【2017年5月14日(日)】権現岳
乙女の水で水を補給して青年小屋に戻ってきた。
CIMG2438_201706301951327fa.jpg

玄関前のブランコでくつろぐY君。
DSC_4925_20170630194413b2d.jpg

前回O君と来たときは、ここでラーメンを食べたっけ。
CIMG2441_20170630195134a32.jpg

間もなく、昨日の夜部屋で騒いでいたと思われるグループが出てきて、また騒ぎ始めた。
CIMG2442_20170630195135300.jpg

それには構わず、小屋をバックに記念撮影をして、6:30に出発。
CIMG2445_20170630195106f6c.jpg

もともとは7時発の予定だったので、最初から30分貯金ができた。
CIMG2437.jpg

編笠山(2524m)さん、ではまた!
CIMG2444_20170630195137d18.jpg

権現岳(2715m)まで1時間半とのことだが、もう少しかかりかも。
CIMG2447_20170630195108beb.jpg

最初は雪道であることは分かっていたが、樹林帯を抜けたら雪がなくなることが予想できたし、登りだから大丈夫と判断して、アイゼンは付けなかった。
CIMG2448_20170630195109327.jpg

結構、雪は残っていたが、結果としてはやはり付けなくてよかった。
CIMG2455.jpg

わずかに登っただけで、振り返ると編笠山が全容を現した。
CIMG2449_2017063019511085b.jpg

その左には2週間前に登った地蔵岳(2764m)が雲海の上に浮かんでいる。
CIMG2450_20170630195112907.jpg

富士山はちょっと残念な状況。
CIMG2451_201706301950420e6.jpg

間もなく、坂は急になり、早くもH君、Y君が悲鳴を上げ始めた。
CIMG2454_20170630195047ec9.jpg

でも、すぐに北アルプスが見えてくると、悲鳴は歓声に。
CIMG2452_20170630195044304.jpg

やはり眺望があると元気になる。
CIMG2453.jpg

ただし、雪道の急登は容赦なく続く。
CIMG2456_201706301950205fb.jpg

でも、我々はみな北海道育ち、このくらいの雪は苦にならない。
CIMG2457_201706301950223b9.jpg

ノロシバ手前の岩場で南アルプスも見えてきて、しばし撮影タイム。
CIMG2460_20170630195024b62.jpg

北岳(3193m)が姿を現した。
CIMG2458.jpg

その右には甲斐駒(左、2967m)と仙丈ヶ岳(右、3033m)。
CIMG2461_20170630195026556.jpg

編笠山との位置関係はこうなっている。
CIMG2462_20170630194955315.jpg

それにしても見事な雲海だ。
CIMG2463_20170630194957a0a.jpg

編笠山への登山道が一直線に頂上へ続いているのが分かる。
CIMG2464_20170630194958def.jpg

その右奥には中央アルプス。
CIMG2465_20170630195000be9.jpg

そのさらに右は雲海の向こうに御嶽山(3067m)が霞む。
CIMG2466_20170630195001ef4.jpg

槍・穂高連峰もばっちり見えた。
CIMG2467.jpg

みんなで代わる代わる撮っているうちに、後発隊が追いついてきたので出発。
CIMG2468_20170630194821b71.jpg

間もなく、ノロシバに着くと、360度の大パノラマが広がった。
すぐ西に西岳(2398m)。
CIMG2469_201706301948224d7.jpg

北西には霧ヶ峰(1925m)と、その向こうに美ヶ原(2034m)。
CIMG2470.jpg

南西には、入笠山(1955m)のスキー場。ハート形だ。
CIMG2471_2017063019482567c.jpg

その向こうは中央アルプス。
CIMG2473_20170630194754def.jpg

北に蓼科山(2530m)と北横岳(2480m)。
CIMG2472_201706301947533a9.jpg

南は南アルプス。左から北岳、甲斐駒、仙丈ヶ岳。
CIMG2474_20170630194756066.jpg

南東に富士山。右の小島は毛無山(1964m)だろう。
CIMG2475_20170630194757a41.jpg

正面にはギボシの前山。
CIMG2476_20170630194759fa4.jpg

その左に阿弥陀岳(2805m)。
CIMG2479_20170630194732ccf.jpg

北東に目指す権現岳(2715m)の頂上が見える。
CIMG2477.jpg

眼下は深く切れ込んだ谷底だ。
CIMG2478_201706301947305b4.jpg
どれが何山なのか、みんなに丁寧に説明してあげた。
ここは5年前に初めて来た時、長い雨の後やっと富士山が見えて感激したところだが、今日はなぜか頂上付近が霞んでしまった。
これは、どういう気象現象なのだろうか。

撮影しているうちに、さっきの後発隊3人も到着。
先頭の女性がリーダーのようで、彼女だけ小さなザックを背負い、あとの男2人は空身だった。聞くと、やはり権現岳ピストンだそうだ。

我々は先に出発。
CIMG2480_20170630194733c1b.jpg

まずは、ちょっとだけ下る。
CIMG2481.jpg

下り切ったところから、ノロシバを振り返る。
CIMG2482_201706301947049a4.jpg

再び雪道に突入。
CIMG2483_2017063019470661c.jpg

左手は鋭い岩峰になってきた。
CIMG2484_201706301947072f2.jpg
CIMG2485_20170630194709bb5.jpg

残雪の稜線を歩いたりして、ちょっと緊張。
CIMG2486_20170630194710cd7.jpg

でも、みんな上手にクリアしてくれた。さすが雪国育ち。
CIMG2487_20170630194639ad5.jpg

さっきの3人も後を追ってくる。背後は西岳。
CIMG2488_20170630194640ab2.jpg

編笠山と南アルプスの北端部。
CIMG2489_20170630194642f4c.jpg

いよいよ眼前に岩場が迫ってきた。
CIMG2490_20170630194643275.jpg

ここを登るわけではないけど。
CIMG2491_20170630194645426.jpg

それでもY君、H君、M君には未体験ゾーンだ。
CIMG2492.jpg

かなり急なガレ場である。
CIMG2493_20170630194616ea7.jpg

右手に、後ほど歩く木戸口の尾根が見える。
CIMG2494.jpg

Y君からは「これぞ登山だねえ。これはもう上級の下でしょう」と、得意のセリフが飛び出した。
CIMG2495_20170630194619bd0.jpg

でも、威勢のいい発言の直後に息切れ。
CIMG2497_20170630194551d4a.jpg

早くも休憩だ。
CIMG2496_201706301946209b5.jpg

ひと息ついてから、クサリ場に挑戦。
DSC_4927_201706301943462de.jpg

「クサリは一人ずつ、体重かけないで、あくまで補助ね」と後ろから声をかける。
CIMG2498.jpg

後日、H君は何度かあった同期の飲み会で「Kに怒られたよ」と、繰り返しうれしそうに語っていた。
CIMG2499_20170630194554ce1.jpg

でも、確かにここの登りは彼らにとっては、初めてのアルペン体験だったことだろう。
CIMG2500_201706301945551ff.jpg

だんだん、権現岳が近づいてきた。
CIMG2501_201706301945577b3.jpg

西岳方面の雲海。
CIMG2502_20170630194526bc9.jpg

クサリ場を振り返る。確かにここはヘルメットがあった方がよかったかも。
CIMG2503_2017063019452725f.jpg

編笠山と南アルプス。
CIMG2504_20170630194529986.jpg

鳳凰三山。中央に地蔵岳のオベリスクがくっきり。
CIMG2505_20170630194530558.jpg

急登の途中、2度の休憩を入れた。
DSC_4928_20170630194349795.jpg

ちょっと体重のあるH君とY君には、さすがにきついみたいだ。
CIMG2506_20170630194532a94.jpg

急登をクリアすると正面にギボシが雄姿を現した。
CIMG2507_20170630194500259.jpg

その左に阿弥陀岳。奥には蓼科山も見える。
CIMG2508_20170630194502be3.jpg

ササの稜線を進む。
CIMG2509_20170630194503322.jpg

再び、残雪の稜線。
CIMG2510_20170630194505ec8.jpg

アイゼンなしのま、ここも慎重に通り抜けた。
CIMG2511_20170630194506554.jpg

振り返ると、結構な絶壁だ。
CIMG2512_20170630194434cf7.jpg

でもM君は余裕の撮影。
CIMG2513_20170630194435cba.jpg

左手の阿弥陀岳。
CIMG2514_20170630194437df7.jpg

ギボシは巻くことになる。
CIMG2515_2017063019443868d.jpg

こんなところは登れない。
CIMG2516_2017063019444042e.jpg

雪の稜線を振り返る。
CIMG2517_201706301944074a4.jpg

ギボシを巻く終盤のへつり。
DSC_4929_20170630194349fd0.jpg

結構怖い。
CIMG2519.jpg

でも、みんな危なげなくクリアした。
CIMG2520_20170630194411f49.jpg

編笠山とさっき越えた小ピーク。もう少し登りは続く。
CIMG2521_20170630194411d8d.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

権現岳(2)

【2017年5月13日(土)】権現岳
押手川を渡渉したすぐ先で、急いで昼食を済ませ、12:10に出発。
再び水との格闘が始まった。
CIMG2412_2017062921484974b.jpg
このあたりで気づいたのだが、なんと山旅ロガーが最初の1kmで途絶えている。
雨に濡れて、私が誤操作をしてしまったのか。
雨で写真がほとんど撮れないため、何時にどこにいたのかを振り返るには山旅ロガーが頼りだったのに、痛恨事であった。

標高2200mに達すると、登山道はほぼ雪に埋もれてしまった。
CIMG2413_2017062921484991c.jpg

今度は踏み抜きとの戦いである。
CIMG2414_20170629214850f55.jpg

そんなに頻繁ではないが、たまにズボっといってしまう。
CIMG2416_20170629214852bb7.jpg

H君もY君もスパッツがなかったので、靴の中に雪が入ってしまって、かなり足が冷たかったことだろう。
CIMG2417_2017062921485474d.jpg

沢に雪が残っているところはもう水没を避けようがない。
CIMG2419_20170629214820062.jpg
靴がびちょびちょになってしまった。

最後の100mほどの登りの途中で、少なくとも70歳は超えていると思われる女性2人に追いついた。
「あんな年で、こんなところを登るとは」と、H君もY君も驚いていた。
この時点で、われわれ3人は、前方を行くO君、M君、Dさんに大きく離されていた。
O君はゴールが近くなるとピッチが上がるクセがある。
早くビールが飲みたいからだ。

それはともかく、今回はH君の方が少々グロッキー気味。
ももがぴくぴくして足が上がらないようだ。
少し歩いては休むを繰り返しているうちに、さっきの高齢女性に追いつかれてしまった。
それでも、何とか3時間ちょっとで青年小屋にたどり着いた。
CIMG2420_20170629214822b04.jpg

やっと屋根のあるところで落ち着けるわい。
CIMG2421_20170629214823c86.jpg
と思ったのだが、ちょっと困ったことが。
玄関に入ると、宿泊者の濡れた雨具や衣類が大量に干してある。
我々が着いたのはまだ午後1時半前なのに、もうびっしりでハンガーすらない。
談話室の中に入って、「濡れたものを干したいんですが」とスタッフの女性に告げた。
すると、「ハンガーを使ってください。ない場合はスタッフに申し付けてください」と言う。
「いや、ないから言っているんです」
「そうですか。いくつ必要ですか?」
「雨具の上下や衣類など、みんな濡れているので、1人4本として24本くらいお願いします」
「それは無理です。1人1つでお願いします」
「先に入っている人も1人1つなんですか? そうは見えませんが」と少し強く言ったが、
「あとで乾燥機を出します。乾いた人は取り込んでもらいますから」とひるまなかった。
そんなやりとりがあり、釈然としないものの、とりあえず1人1つで我慢することにした。

みんなにハンガーを渡して、ようやく受け付け。
1人8500円の6人分、計5万1000円をまとめて支払った。
DSC_4910_20170629214644060.jpg
夕食、朝食とも5時半からとのこと。
部屋は、予約した時の約束通り6人で個室を与えられた。
8人分の布団が敷いてあったが、とりあえず2人分はよけて、活動するスペースを確保した。
部屋には暖房がないので、とにかく寒い。
濡れた服のままだと風邪を引いてしまうので、あわてて下着も上着も着替えた。

全員着替えたところで、早速酒宴といきたいところだが、それぞれ石油ストーブとこたつのある2つの談話室はどちらも先客が占拠している。
CIMG2430_20170629214735e7d.jpg
CIMG2439_20170629214712299.jpg
(翌朝撮影)
「ちょっとスペースを空けてください」とお願いすれば詰めてくれるかもしれないが、もうかなり酔っぱらっている様子。
声もうるさいので、あんな部屋には行きたくなかったが、寝室ではやはり寒すぎる。

ストーブを少しずらして、板の間にスペースを確保しようとしていたら、4人ぐらいのグループが「もう引き上げますから」と言って退出してくれたので、何とかテーブルを囲んで座ることができた。
そのグループにいた女性は選挙の候補者のようなキラキラのたすきをかけていて、テーブルにはケーキがのっていたので、もしかしたら誕生日のお祝いでもしていたのかもしれない。

H君がわざわざ担ぎ上げてくれたビールはなぜか温くなっていたので、小屋で缶ビールを3本購入(1本500円)。H君のビールは窓際に置いて冷やしておいた。
まずはビールで乾杯。あとは、私が持ってきた焼酎と日本酒、O君持参のウイスキーで、どんどん隣のグループに追いついていった。
O君はピッチが速く、早々に酔っぱらってY君にくっつき始めていた。

今日はここで餅つき大会があるとのことで、3時ごろ会場の食堂に行ってみた。
DSC_4909_201706292146435d8.jpg

大量の餅が生産されており、突きたてのお餅がみんなに振舞われた。
DSC_4911_20170629214645627.jpg
あんころもちにして食べておいしかったが、夕食もあることだし、1個で我慢しておいた。

もう夕食の準備も進んでおり、こんな皿がたくさん並んでいた。
DSC_4912_201706292146479d0.jpg

タラの芽も大量に。
DSC_4913_20170629214648f85.jpg
これは夕食が楽しみだ。

わくわくしながら再び談話室に戻って、夕食の5時半まで延々飲み続けた。
DSC_4914_20170629214619e2f.jpg

5時半になって夕食に呼ばれて、改めてびっくり。
山菜(タラの芽、ウドの葉っぱ、コシアブラ)のほか、藤やニセアカシアの花もてんぷらで。
鶏肉に馬刺しもある。
DSC_4915_20170629214620026.jpg

藤の花なんて食べられるのかと思ったが、これが淡白でなかなか美味しい。
DSC_4920_20170629214557347.jpg

こちらはお惣菜の数々。
DSC_4916_20170629214621a11.jpg

しかも日本酒が一升瓶でどんと置いてあり、これはサービスだという。
DSC_4918_20170629214623fbd.jpg

そばもあるし、みんなおいしくて、ガツガツ食べて満腹。
DSC_4919_20170629214624fee.jpg

晩餐のメニューを見せてもらったら、こんなにあった!
DSC_4921_2017062921455934c.jpg
ふきみそのおにぎりは食べ切れなかったので部屋に持ち帰った。
こんな豪勢かつ贅沢な山小屋の料理は初めてだ。みんなも大満足である。
これが普通だと思われてしまったら大間違いなんだけど。
でも、雨の中、氷を踏んで登ってきた苦労が報われたというものだ。

晩餐は8時近くまで続いたが、飲み過ぎたO君がおねむなので、部屋に戻り、みんなそのまま就寝。
Y君などは「8時になんか眠れないよ~」と言っていたけど、あっという間に沈没していた。
向かいの部屋のグループは消灯の10時まで騒ぎ続けているし、さっきの乾燥機が寝室の暖房代わりにたかれて、私のすぐ横でゴーっと轟音を立てていて、しばらく気持ちよく眠れなかったが、朝4時半までトイレにも行かずに寝続けることができた。
断眠だが、まあ睡眠時間は十分だった。

【行程】2017年5月13日
観音平(10:14)~雲海(11:05休憩11:07)~押手川(11:52昼食12:10)~青年小屋(13:22)
※所要時間:3時間8分(歩行時間:2時間33分)コースタイム:3時間
※登った山:なし
※歩行距離:6.0km

【2017年5月14日(日)】権現岳
4時半に目が覚めた。
昨夜、朝飯前に編笠山(2524m)に登るというプランもあったので、とにかく様子を見に外に出てみたら、なんと雲海の上に富士山がぽっかり浮かんでいる。
CIMG2425_20170629214758179.jpg

ここからだと富士山は編笠山の陰になって見えないと思っていたのでびっくりしたと同時に、感激。
まさに目の覚めるような景色だった。
CIMG2424_201706292147573de.jpg
しかも、とにかく今日はいい天気だ。

こちらは編笠山(2524m)のゴーロ。
CIMG2422_20170629214825744.jpg

まだ月も浮かんでいた。
CIMG2423_20170629214755ac4.jpg
部屋に戻って、みんなに「富士山がすっごく、よく見えるよ~」とささやいたら、一部の人はもそもそと起き出して、それぞれ富士山を確認しに行った。

雨具などはお陰様で乾いていたが、靴はまるでダメ。
衣類は最初から諦めて、昨日、濡れたまま袋に入れてしまった。
どうやら編笠山登山はなさそうなので、朝食までの間に水を汲みに行った。
CIMG2426_20170629214759aff.jpg

朝5時ともなると、もうだいぶ明るい。
CIMG2427_20170629214801ced.jpg

テン場にはもう全然雪はなかった。
CIMG2428_20170629214732cae.jpg
小屋から水場の乙女の水までは5分ほど離れているが、ずっと雪道。
注意深く歩かないと、時々踏み抜いてしまう。
水は勢いよく出ており、あっという間にボトルは満タンになったが、異常に冷たかった。
かなりの悪路だったので往復するだけで結構疲れた。
小屋の長靴を借りて行ったのだが、靴の中が汚れていて、靴下に泥が付いてしまった。

戻ってから、再びトイレへ。今度は「大」。
CIMG2431_201706292147366dc.jpg

完全なポットン便所だったので、下は見ないようにした。
パッキングを済ませ、布団も上げたところで、朝食。
朝も充実したメニューだ。
CIMG2429_201706292147335f9.jpg
オーナーの奥さんお手製のシュウマイが美味しかった。

朝の男たちは寡黙だった。
DSC_4924_201706292146005c5.jpg
食後はすぐ外に出て、男3人を案内して、もう一度乙女の水へ。
O君は私の後に水汲みに行ったらしいが、この道をサンダルで行ったというから驚きだ。

昨日は雨のためしまってあったが、今朝は「遠い飲み屋」の提灯が玄関先に出ていた。
CIMG2432_20170629214738119.jpg

戻ってくると、富士山の頂上部分はもう隠れ始めている。
CIMG2433_20170629214706958.jpg

編笠山にはほとんど雪がない。
CIMG2434_2017062921470749c.jpg

振り返って、権現岳(2715m)方面のギボシを仰ぎ見る。
CIMG2435_20170629214709f0d.jpg

権現岳のギザギザ。天気もいいし、今日はあそこまで気持ちよく登れそうだ。
CIMG2436_20170629214710a15.jpg

(つづく)
このページのトップへ

権現岳(1)

【2017年5月13日(土)】権現岳
高校の同級生「富士山登山隊」の練習登山第4弾は、思い切って八ヶ岳に決めていた。
まだ、この時期は雪がかなり残っている可能性があり、初心者を連れての登山はやや不安があったが、権現岳(2715m)を南斜面から登れば、何とかなるだろうと判断した。

当初は、観音平から一気に権現小屋まで登り、翌朝ご来光というプランだったのだが、O君の助言もあり、初日は編笠山(2524m)経由で青年小屋泊まりとし、翌朝、権現岳にアタックする計画に変更した。
これが大正解だった。
というのも、初日は終日雨だった上に、青年小屋ではこの日、たまたま「山菜祭り」で超豪華な夕食を食べることができたからだ。

今回のメンバーはH君、Y君、M君、O君、Dさん(女子)、私の6人である。
参加予定だったYさん(女子)は直前に右足首腱鞘炎になってしまい、残念ながら不参加となってしまった。
電車組の5人は千葉6:38発の特急あずさ3号に、それぞれ新宿、立川、八王子から乗車し、小淵沢駅で車のO君と合流する計画である。

私は連休明けから送別会月間が始まっていたが、前夜の12日(金)だけは予定を入れず、万全を期した。
当日は5時半に起床。予報通り雨である。
今日は終日雨の予報だから、きっとずぶ濡れになるだろう。
それは覚悟の上だが、自宅からザックカバーを装着して出発しなければならなかったのが、かなり悔しかった。

新所沢駅前で、飲み物と今日の朝食&昼食、明日の昼食を購入して、7:09発の電車に乗り込んだ。
朝食(パン)は国分寺までに車内で済ませ、立川であずさ3号(7:52発)に乗り換え。
八王子で5人がそろい、賑やかにおしゃべりをしながら、2時間弱の鉄旅を楽しんだ。
DSC_4905_201706290533430e8.jpg

9:36、定刻通り小淵沢に到着。
DSC_4906_20170629053346c45.jpg
9時には着いていたというO君と合流。
O君の車に2人、予約しておいたタクシーに3人乗って、登山口の観音平に向かう。
そのタクシーの運ちゃんの飛ばすこと、飛ばすこと。O君の軽では全然付いて来られなかった。
小淵沢も雨が降っており、八ヶ岳方面はガスで真っ白。
苦行が待っているという感じだ。

10時前に観音平に到着。タクシー代は3340円だった。
最初から、本降りの中を歩き出すのは、6年半に及ぶ登山歴の中でも初めてかもしれない。
こんな天気でも登山者はいるようで、車が5~6台ほど停まっていた。
CIMG2361_20170629053756cae.jpg

駐車場の奥に行けば東屋があったのだが、それに気づかず、雨の中の身支度となった。
スパッツも装着して、雨具の下も履いて、フードもかけて、とフル装備である。
CIMG2362_2017062905375855b.jpg

それでも、ストレッチをしてトイレ(仮設のがあった)を済ませ、10:10に出発。
CIMG2365_20170629053759591.jpg

本当は、車道を少し戻って、富士見平から屏風山(1649m)を経由するコースを採り、「登った山」を1座稼ぎたかったのだが、こんな天候ではわがままも言えない。
素直に観音平から登っていく。
CIMG2366_20170629053801c4b.jpg

ここは標高1560m。すでに前回登った塔ノ岳(1491m)より高い。
CIMG2367.jpg

しばらくなだらかな道を進む。
CIMG2368_201706290537295a2.jpg

林床は背丈の低いササ原だ。
CIMG2369_20170629053731798.jpg

まだマメザクラが咲いていた。
CIMG2370_201706290537327b2.jpg

だんだん斜度が出てくる。
CIMG2371_20170629053734da6.jpg

みんなうつむき加減。
CIMG2372_20170629053737641.jpg

雨なので、写真が撮りにくい。今日はコンパクトデジカメを使用している。
CIMG2373_20170629053706e3f.jpg

カラマツ林。あちこちにサルオガセが巻き付いている。
CIMG2374_201706290537077a3.jpg

大きな岩も結構ある。
CIMG2375_2017062905370964d.jpg

歩き始めて30分ほどで早くも休憩。止まると寒いけど。
CIMG2377_20170629053710d55.jpg
雨具の中で厚着をしていたY君は、薄手の長袖に着替えた。
半袖にしようとしていたので、それは止めさせた。
肌に濡れた雨具が直接接していると、低体温症になる恐れがある。
Y君はいきなり足をつってしまい、先が思いやられたが、その後は無事に乗り切ることができた。

着替え終わったところで出発。
CIMG2378_20170629053712a8e.jpg

矢印に従って黙々と歩く。
CIMG2380_20170629053642efe.jpg

登山道は右側が急傾斜の尾根上で、樹林帯の中なのにかなり風が強い。
CIMG2381_20170629053644395.jpg
風が弱ければ、傘を差して歩いて、写真を撮るときの雨除けにすることもできるのだが、それができないので、ポケットから取り出して写真を撮るたびにカメラが濡れてしまう。
シャッターをきちんと押せるよう、雨の中あえて軍手をしているのだが、いつも使っている軍手ではなく、指の短い変な軍手を間違えて持ってきてしまった。
これがどうも気色悪い。
しばらく素手でいたが、やはり寒いので、ゴアの手袋をすることにした。
でも、これがまた厄介。
写真を撮るたびに、脱がないといけないし、またはめる時に湿って指が入りにくい。
これが面倒で、初日の写真は本当に数えるほどになってしまった。
しかも、ゴアなのに、この手袋は最終的にぐしょぐしょになってしまい、搾ったら、大量に水がしみ出すほど。
一度も洗ったことがないから劣化してしまったのかもしれない。

「雲海」の分岐の手前で再び小休止した際、O君と話して、編笠山の登頂は無理と判断。
巻き道で直接、青年小屋に行くことに決めた。
頂上に行っても何も見えないし、猛烈な風が吹いていることが予想されたからだ。

雲海には、こんな天候にもかかわらず、コースタイムより10分速い50分ほどで到着。
CIMG2383_2017062905364580c.jpg

ここで富士見平からの道と合流する。
CIMG2387_201706290536177f2.jpg

ここは展望スポットのはずなのだが、当然何も見えない。
CIMG2386.jpg

数分の休憩で出発。
CIMG2384_2017062905364723f.jpg

ここから先は急登となる。
CIMG2388.jpg

相変わらず雨がひどい。
CIMG2389_20170629053620d03.jpg

雲海から15分ほどでまた休憩。やはりこの天気では疲れも早いのだろう。
CIMG2390_20170629053622de5.jpg

でも数分で出発。
CIMG2391_201706290536237cd.jpg

湿った岩の上を登っていく。
CIMG2392_2017062905353228a.jpg
標高1900mを超えると、路面に凍りが出てくるようになった。
これが雨に濡れて、めちゃめちゃ滑る。
Y君は氷でスリップして、今度は腹筋をつってしまったという。

雪ならとくに問題ないのだが、氷だと、道を外れたり、泥の中を歩いたりしなければならず、随分難儀した。
それに追い打ちをかけたのが、水。
CIMG2393_2017062905353477b.jpg

登山道はすでに滝のようになっている。
CIMG2394_2017062905353585a.jpg
CIMG2395_2017062905353620e.jpg

普段は水が流れていないようなところも、激流が発生。
CIMG2397_201706290535049ed.jpg
CIMG2400_20170629053508179.jpg

鉄砲水でも出たら大変なことになる、とちょっと不安になった。
CIMG2396_2017062905353800e.jpg

あまりの状況に、15分ほど歩いただけで、また腰を下ろす。
CIMG2398_201706290535051eb.jpg

彼らにとってはもちろん初めての経験だろうが、私もこんなことはめったにない。
CIMG2399_20170629053507919.jpg

この水を避ける際も道を外れたり、結局はどっぷんしてしまったり。
激しい氷攻めと水攻めを、初心者の面々はよく耐えたと思う。
CIMG2401.jpg
「きつい」「ももがぷるぷるする」「修業だ」と口走りながらではあったが。

押手川(編笠山と青年小屋との分岐)の手前で、100円カッパを着たグループが下りてきた。
我々より少し先に観音平を出発した方々だ。
「事情により、押手川で引き返すことにしました」とのこと。
わりと軽装だったので、青年小屋泊の予定ではなく、編笠山ピストンのつもりだったのだろうか。
3人からしばらく遅れて1人が下りてきたので、天候と彼の体力を見て諦めたのかもしれない。いずれにしろ、ここは100円カッパで入るような山ではない。
新人諸君はゴルフカッパでも、下着まで濡れてしまったのだ。

押手川には12時前、雲海から45分で到着。
CIMG2403_201706290534409b9.jpg

ここはもともと沢が流れているところだったのだろうが、その沢がかなり幅広くなっている印象だ。
CIMG2402_20170629053438c03.jpg

もう、ほとんど沢登り状態である。
CIMG2404_2017062905344186c.jpg

ここは標高約2100m。その昔、ここを訪れた登山者が水を求めて岩を手で押したところ、こんこんと清水が湧き出したことから、その名が付いたという。
CIMG2405_20170629053443fda.jpg
「登山者」というところが、言い伝えとしては稚拙だ。新しすぎる。

それはともかく、ここ編笠山の原生林は山梨の森林100選に選ばれているようだ。
CIMG2406_201706290534445ff.jpg

編笠山へはこの「沢」を登っていくことになるが、我々は巻き道を行く。
CIMG2407_20170629053414a50.jpg

かなりの水量だが、ここを渡らなければならない。
CIMG2408_20170629053416cb5.jpg
CIMG2410_20170629053419306.jpg

でも意外に渡渉は簡単にできた。
CIMG2409.jpg

渡渉後は若干雨が小降りになったような気もしたので、ここでお昼を食べることにした。
CIMG2411_20170629053420f09.jpg
みんなには、この雨だと立ち止まるのも何だから、このままお昼を食べずに小屋まで行ってしまおうと提案してあったのだが、食べられるなら食べた方がいい。
私はカップ麺の予定だったが、麺ができあがるのを待っていられるような雰囲気ではないので、おにぎり1個と行動食のつもりだった大福で、さっさと済ませた。
みんなもパンやらおにぎりを立ち食いして、20分弱で出発。
私は多少汗はかいているものの、体は小屋まで結局温まらず終いだった。

(つづく)
このページのトップへ

高ボッチ山・鉢伏山(5)

【2017年5月5日(金)】高ボッチ山・鉢伏山
諏訪大社下社春宮の参拝を終え、日帰り入浴施設の片倉館へ向かう。
諏訪湖畔の道でちょっと渋滞したが、15時前に到着。
DSC_4840_20170628062954605.jpg

片倉館は昭和3年の建築で国の重要文化財に指定されている。
DSC_4839_20170628062953de8.jpg
ここでお風呂に入るのは9年ぶり3回目だ。

ちなみにお隣の近代和風建築は諏訪市美術館。
DSC_4838_2017062806295114c.jpg

駐車場はそこそこ混んでいたが、浴室はそうでもなかった。
DSC_4844_20170628062956635.jpg
千人風呂を名乗るくらいの大きな浴槽なので10人くらい入っていても、全然窮屈ではない。
底に玉石が敷いてあるので、足裏刺激のため、入浴しながら少しだけ歩いた。
カランは浴室の広さのわりに少なかったが、ちゃんと空いていたので助かった。
入浴料は650円。

上がった後は休憩所でソフトクリーム(300円)をいただき、体を冷やす。
DSC_4845_20170628062957dd9.jpg
今日は気温が高いからか、湯がちょっと熱く感じた。
替えの靴下を忘れてしまったのが痛恨だった。

バルコニーに出られるというので出てみた。
DSC_4846_20170628062923263.jpg

片倉館はヨーロッパの古城を思わせる。
DSC_4848_2017062806292628c.jpg
DSC_4851_20170628062851025.jpg

設計は台湾総督府などを手掛けた森山松之助(1869~1949年)だそうだ。
DSC_4847_2017062806292447d.jpg
DSC_4852_20170628062852428.jpg

正面に諏訪湖が広がる。
DSC_4849_20170628062927316.jpg

さっき登った高ボッチ山(1665m)や鉢伏山(1928m)も見えた。
DSC_4853_20170628062854ce4.jpg

予は満足じゃ。
DSC_4850_201706280629299db.jpg

ここでは映画「テルマエ・ロマエ」のロケが行われたようだ。
DSC_4855_20170628062857db4.jpg

確かにこんなシーンもあった。
DSC_4856_201706280628275f8.jpg

主演の阿部寛さんや上戸彩さんのサイン色紙も飾られていた。
DSC_4854_20170628062855a93.jpg

外に出て顔はめパネルで、おふざけ。
DSC_4857_20170628062829777.jpg
ちょっと体が大きすぎだ。

ガソリンスタンドを探すのにちょっと手間取ったが、無事に満タンにして、トヨタレンタリース上諏訪駅前店に車を返却。歩いて上諏訪駅へ向かう。
DSC_4861_201706280628323ff.jpg

駅舎は知らないうちに、ちょっときれいになっていた。
DSC_4860_2017062806283008b.jpg

構内でなんと「峠の釜めし」を売っていたので、それを購入(1000円)。
おぎのやは諏訪市内にも店を構えていることが包み紙から判明した。
検索してみると、本家の横川以外に長野と諏訪に出店している。
いずれも高速のICの近くだ。
信越本線という大動脈の切断によって存亡の危機にさらされたおぎのやは、鉄道客ではなくマイカー利用者に商売の間口を広げる戦略にしたようだ。

ビールも買ってホームへ。電車の時間までまだ10分ほどあるので、ホームにある足湯に入ってみた。
DSC_4862_201706280628331b9.jpg

目下、靴下を履いていないので入りやすいのだ。
DSC_4863_20170628062541fa7.jpg

下駄箱のある方から入ろうとしたら、出ようとしていた奥さんに「入口はあちらですけど」と言われてしまった。
これは失礼。でも、だったら下駄箱は入口に置いてほしい。紛らわしい。
DSC_4864_20170628062543ff0.jpg

足湯はかなり混んでいた。
DSC_4865_201706280625443ed.jpg

しかも熱いので、すぐ退散して、ホームに戻った。
DSC_4866_20170628062547319.jpg

諏訪の市木はかりんでした。
DSC_4867_20170628062547f09.jpg

ホーム脇に植えてあった。
DSC_4868_20170628062517b65.jpg

あずさ56号は3分ほど遅れて、17:01に入線。
DSC_4870_2017062806252158e.jpg
往路と同様、南の窓側だったが、帰りも山岳車窓を存分に楽しめた。

もちろんビールでプチ打ち上げ。
DSC_4872_201706280625235f2.jpg

その後は釜めし。
DSC_4873_20170628062454926.jpg

これでお腹いっぱいになった。
DSC_4875_20170628062457573.jpg

寝ている間に、電車に15分ほどの遅れが出ていた。
新宿には定刻よりかなり遅れて19:35頃到着。
この後は高田馬場で西武新宿線に乗り換え、20:45にやっと帰宅できた。
でもGWなのに、ほとんど混雑というものと無縁で山と温泉を楽しむことができた。
とくに高ボッチ高原は予想以上の眺望で感激だった。
北海道へいい土産ができた。

【行程】2017年5月5日
高ボッチ高原第2駐車場(9:23)~高ボッチ山(9:33撮影9:42)~展望広場(9:53)~三大標高展望広場(10:00)~駐車場(10:13)
鉢伏山荘(10:35)~見晴らしの丘(10:42撮影10:45)~歌碑(10:59)~展望塔(11:08撮影11:16)~鉢伏山(11:18)~前鉢伏山分岐(11:34)~前鉢伏山(11:45昼食12:22)~鉢伏山荘(12:35)
※所要時間:2時間50分(歩行時間:1時間50分)
※登った山:4座(高ボッチ山、鉢伏山、前鉢伏山、横峰)
※歩行距離:5.8km
このページのトップへ

高ボッチ山・鉢伏山(4)

【2017年5月5日(金)】高ボッチ山・鉢伏山
前鉢伏山(1837m)での昼食を済ませ、鉢伏山荘へ引き返す。
左前方に霧ヶ峰と北八ツが見えた。
DSC_3059_2017062722142196a.jpg

その右には、さっき鉢伏山に登る途中に立ち寄った小ピーク。
DSC_3061_20170627220539d85.jpg

しばらく来た道を戻っていたのだが、途中からは、登山道を外れて、こんもりした丘を越えていくことにした。
DSC_3062_20170627220541122.jpg

もちろん頂上には山名板など何もなく、ただの遠回りになってしまった。
DSC_3063_201706272205428db.jpg

その丘の上から鉢伏山を望む。いい雲が出ている。
DSC_3064_20170627220544087.jpg

鉢伏山は起伏が少ないので、小さい子供にはもってこいの山だ。
DSC_3065_20170627220545b6e.jpg

というわけで12時半すぎに鉢伏山荘の駐車場に到着。3時間弱のハイキングだった。
DSC_3066_201706272205141f2.jpg

駐車場料金に「徒歩100円」と書かれているのが、ちょっと解せない。
DSC_3067_2017062722051576f.jpg
つまりは入山料ということなのだろう。私有地なのか。

暑くなった車に風を通して、出発。
本日の総仕上げは諏訪大社下社春宮の参拝なのだが、その前に高ボッチ高原への林道沿いにある横峰(1635m)に立ち寄る。DSC_3068_20170627220517aa9.jpg

とくに登山道はなかったが、踏み跡はあったので、それを伝って距離にして50mほど。
1分で登頂したが、残念ながら山名板はない。
DSC_3069_20170627220519393.jpg

眺望もかろうじて鉢伏山のみ。
DSC_3070_2017062722051975e.jpg

それでも「登った山」を1つ稼いだことにはなる。
DSC_3071_20170627220451c2f.jpg

がっかりはせず車に引き返した。
DSC_3072_20170627220453dcd.jpg

では、諏訪大社に向かおう。
ここから、まっすぐ岡谷方面に下る道もあるはずなのだが、ナビは違うルートを示している。それに、さっきのおじさんライダーたちが、たぶんその道のことを「いやあ、あんなひどい道だとは思わなかった」とつぶやいていたのを聞いていたので、そちらは選択せず。
ピストンになってしまうが、崖の湯経由で向かうことにする。
道もいいから、その方が早いのだろう。

お腹いっぱいでだんだん眠くなってきたが、我慢我慢。
塩尻ICから高速に1区間だけ乗って、岡谷ICで国道20号に下りた。
高速はすでに混んでいて、首都圏での大渋滞を予感させた。

春宮は門前の駐車場が10台くらい並んでいた。
でも出口から、1台また1台と出てくるので、回転は速いと判断。待つことにした。
予想通り10分ほどで駐車できた。
しかも、この駐車場は無料だ。なぜ案内の人がいないのか、と思ったけど、無料なら仕方がない。というか、こんな観光地の真ん前なのに無料なのはえらい!
DSC_3074_20170627220453a71.jpg

暑いので半袖になった。
DSC_3075_20170627220455581.jpg

春宮は境内がこじんまりしていていい。
DSC_3076_2017062722045614a.jpg

しかも、この時期、神様は秋宮ではなく春宮におわすのだ。
DSC_3077_201706272204267a5.jpg

鳥居をくぐると神楽殿。
DSC_3078_2017062722042727a.jpg

左手には諏訪の銘酒の樽がズラリ。
DSC_3079_201706272204294a2.jpg

結びの杉。
DSC_3080_20170627220432424.jpg

先端で二つに分かれているとのこと。
DSC_3081_20170627220432722.jpg

確かに。
DSC_3082_20170627220401626.jpg

神楽殿は天和年間(1681~84年)の落成だそうだ。
DSC_3083_20170627220403e2a.jpg

現在立っている御柱は昨年切り出したものだ。
DSC_3085_20170627220404b0f.jpg

こちらは向かって右手にある一之御柱。
DSC_3086_20170627220406f08.jpg

御柱は干支の「寅」と「申」の年に行われる。
DSC_3088_2017062722033671f.jpg
御柱祭りはよく「7年に1回」「7年ごと」行われると言われるが、日本語としては「6年に1回」「6年ごと」が正しい。
慣例で数え年の「7年」が用いられているのは、奇数の方が縁起がいいとされてきたからかもしれない。
ただ現代人の感覚としては実に紛らわしい。

荘厳な幣拝殿。
DSC_3087_201706272204071b2.jpg

こちらは安永九年(1780年)の落成だ。
DSC_3089_20170627220337bdc.jpg

ここは摂社も大きい。
DSC_3091_201706272203395f3.jpg

子安社。
DSC_3094_2017062722034210f.jpg

幣拝殿左の奥にあるのは三之御柱。
DSC_3095_201706272203112dd.jpg

下社独特の神事である筒粥神事が行われる筒粥殿。
DSC_3097_20170627220312b3d.jpg

境内全体がいい雰囲気だ。。
DSC_3098_201706272203146d8.jpg

この木には名前がないのだろうか。
DSC_3100_20170627220315b61.jpg

ここでも、あれこれとお願い事をして、万治の石仏に向かう。
DSC_3101_20170627220317589.jpg

私はこの石仏が好きで、再会したかったのだ。
DSC_3102_2017062722024605f.jpg

赤い神橋を渡る。
DSC_3103_2017062722024886a.jpg

神橋架設碑。
DSC_3106_20170627220252d19.jpg

足元は砥川。
DSC_3104_2017062722024965c.jpg

砥川の中島に浮島社が鎮座する。
DSC_3105_20170627220251eb5.jpg

火伏の神、秋葉山大権現の石灯籠。
DSC_3107_20170627220221e4f.jpg

一茶の句碑「一番に乙鳥(つばめ)のくぐるちのわ哉」。
DSC_3108_20170627220223314.jpg

今度は浮島橋を渡る。
DSC_3109_201706272202249ff.jpg

万治の石仏の手前に、その由来が書かれている。
DSC_3110_20170627220226533.jpg

このあたり砥川の流れは早い。
DSC_3111_20170627220227fde.jpg
DSC_3112_201706272201522c3.jpg
伝説によると、明暦三年(1657年)、高島藩主諏訪忠晴が諏訪大社下社春宮に石の鳥居を寄進しようとした。この仕事を請け負った石工が、この石を加工しようとノミを入れたところ、石から血が流れ出した。驚いた石工は作業を中断。その後、夢で上原山によい石材があるとのお告げがあり、鳥居は完成した。石工たちは、この不思議な石に阿弥陀如来を彫って祀ったという。
「万治」とはてっきり年号のことかと思っていたが、「万(よろず)のことがうまく治まる」ありがたい石仏という意味だそうだ。

それはともかく、この石仏に参拝の仕方があるなんて初めて知った。
DSC_3114_20170627220154620.jpg

「よろず治まりますよう」と唱えて、時計回りに3周回るのだそうだ。
DSC_3115_2017062722015535b.jpg

初耳だったが、その通りにさせてもらった。
DSC_3116_2017062722015792e.jpg

このように阿弥陀様がレリーフ状に彫られている。
DSC_3118_20170627220125562.jpg

しかし、これを彫る時は、血は出なかったのだろうか。
DSC_3120_2017062722012866f.jpg

背中の方はこんなふうに大きく欠けている。
DSC_3119_20170627220126786.jpg

「阿弥陀」の文字も彫られていた。
DSC_3121_20170627220129248.jpg

この顔は誰かに似ている。まさかゴルゴ?
DSC_3122_20170627220131e71.jpg

皆さん、くるくる回っていた。
DSC_3123_201706272201007d2.jpg

近くでシジミバナが満開。
DSC_3117_20170627220159fbb.jpg

ヤマブキも咲いていた。
DSC_3124_20170627220102e44.jpg

こちらは岡本太郎揮毫の「万治の石仏」。
DSC_3125_20170627220103147.jpg

この裏面に歌が刻まれている。「峡の田に座して石仏のどかなり」
DSC_3127_201706272201065d7.jpg

ただ、この「正人」というのが誰のことか分からない。
DSC_3126_20170627220105232.jpg

案内板に書いておいてほしいものだ。まさか岡本太郎のことなのだろうか。
それに、こちらの説明には石仏が刻まれたのは「万治三年」(1660年)とある。
説明も統一するか、注釈をしてほしい。というわけで参拝終了。
DSC_3128_201706272200337fb.jpg

まだ帰りの電車まで時間はたっぷりあるので、片倉館に寄ることにした。
DSC_3129_20170627220036884.jpg

下諏訪町のマンホール。
DSC_3130_20170627220037024.jpg
DSC_3132_20170627220039d0d.jpg

シロヤマブキも満開だった。
DSC_3131_20170627220038a9e.jpg

駐車場に戻って、車で諏訪方面へ向かう。
DSC_4837_20170627220012925.jpg

(つづく)

このページのトップへ

高ボッチ山・鉢伏山(3)

【2017年5月5日(金)】高ボッチ山、鉢伏山
鉢伏山(1928m)でハイキング中。
山頂近くに、歌碑経由で山頂に行ける道との分岐があったので、そちらへ行ってみた。
DSC_2978_20170627062809ab9.jpg

諏訪出身の歌人、島木赤彦かなあと思ったら、若山牧水夫妻だった。
DSC_2979_201706270628113e3.jpg

牧水「鉢伏の山に朝日さし まろやかに降りつみし雪はよべふりしとふ」(大正14年4月、松本から塩尻に向かう車中にて)
DSC_2980_2017062706281213d.jpg

喜志子「常念の峰にゐる雲 しばしだに晴れよとまちて 時たちにけり」(昭和28年5月)
DSC_2981_20170627062814c7e.jpg

ここは最近まで立入禁止になっていた場所だそうだ。
DSC_2982_20170627062815a95.jpg

では、山頂に向かおう。
DSC_2983_20170627062747266.jpg

おや、もう一つ石碑があるようだが、あれは帰りに確認することにしよう。
DSC_2984_201706270627490eb.jpg

右手に雪渓。
DSC_2985_201706270627508aa.jpg

その向こうに御嶽山(3067m)が見える。
DSC_2986_20170627062752588.jpg

鷹かな。気持ちいいだろうなあ。
DSC_2987_20170627062753a3c.jpg

鉢伏山に至る林道。
DSC_2988_20170627062725382.jpg

間もなく、鳥居が見えてきた。
DSC_2989_20170627062727ac9.jpg

鉢伏神社である。石の祠が土塁で守られていた。
DSC_2990_20170627062728b1a.jpg
欲張って、いろんなことを祈願した。

土塁の手前に古い鳥居の礎石のようなものがあった。
DSC_2992_201706270627319a3.jpg

ここから少し下ったところに展望塔が見える。
DSC_2991_20170627062730bdf.jpg

近くに山名板もあるので、少し低いが山頂扱いになっている場所のようだ。
DSC_2993_2017062706270274c.jpg

展望塔の手前に2つあるベンチはともに埋まっており、それぞれランチ中。
私は展望塔に登り撮影タイムだ。
DSC_3016_2017062706253645d.jpg
ここは北東方面が山頂の陰になっているので360度というわけにはいかなかったが、もちろん高ボッチに劣らぬ素晴らしい展望だ。

ぐるりと見ていこう。まずは南に高ボッチ高原と中央アルプス。
DSC_2994_20170627062704891.jpg

望遠にすると、放牧地や自然保護センターがよく見える。
DSC_2995_2017062706270507e.jpg

縞枯れ状態の林の向こうは八ヶ岳。
DSC_2996_2017062706270794f.jpg

その右は諏訪湖と南アルプス。高ボッチ山(1665m)からとはやはり角度が違う。
DSC_2997_20170627062708cf3.jpg

岡谷市街。
DSC_2998_20170627062642915.jpg

霊峰富士山。
DSC_2999_20170627062643412.jpg

南アルプス。北岳(3193m)の鋭さは変わらない。
DSC_3000_2017062706264542f.jpg

鉢伏山の真の頂上。
DSC_3001_20170627062646fd0.jpg

松本盆地と北アルプス。
DSC_3002_201706270626484a1.jpg

その核心部。穂高連峰から槍ヶ岳(3180m)にかけて。常念岳(2857m)も。
DSC_3003_20170627062619c87.jpg

霞沢岳(2646m)。
DSC_3004_201706270626201e3.jpg

乗鞍岳(3026m)。
DSC_3005_20170627062622247.jpg

御嶽山。
DSC_3006_201706270626239e9.jpg

塩尻近辺。
DSC_3007_2017062706262556f.jpg

長野自動車道と松本空港。やまびこドームも見える。
DSC_3008_201706270625560ae.jpg

こうして見ると、鉢伏山荘に至る林道はかなりの急勾配だ。
DSC_3009_20170627062558982.jpg
DSC_3012_20170627062602a61.jpg

白馬方面。
DSC_3010_20170627062559a09.jpg

前鉢伏山(1836m)。
DSC_3011_201706270626012b0.jpg

美ヶ原のアンテナ群。
DSC_3013_2017062706253182b.jpg

ここでお昼でも悪くないのだが
DSC_3014_20170627062533a89.jpg

まだ11:15だし、ちょっと早いかな。
DSC_3015_20170627062534a9e.jpg

やっぱり、もう少し歩くことにする。
DSC_3017_20170627062537dcf.jpg

真の頂上には三角点があり、ここにもちゃんと山名板があった。
DSC_3018_20170627062504349.jpg

牛伏寺からも登山道があるようだ。
DSC_3019_20170627062505574.jpg

三角点は二等かな。
DSC_3020_20170627062507ac5.jpg

正面に美ヶ原。
DSC_3021_20170627062508aa6.jpg

その右から浅間山(2568m)を望むことができた。
DSC_3023_20170627062441dc7.jpg

簡素な山名板だった。
DSC_3022_201706270625118ff.jpg

では下山しよう。その前にちょっと登山道を外れて、さっき見えた大きな石碑を見にいく。
「御嶽大神」なんて書いてあるかなと想像していたが、「鳴雷神」と刻まれていた。
DSC_3024_201706270624420ea.jpg
おおまかに言えば、「雷神」のことのようだ。

たもとに、鉢伏大神と刻んだ小さな石もあった。
DSC_3025_20170627062444ca6.jpg

あとはしばらく登ってきた道を戻る。
DSC_3026_20170627062445962.jpg

右手に二ツ山(1827m)への道を見送る。
DSC_3027_2017062706244783a.jpg

こんなケルンがあった。登りでは気づかなかった。
DSC_3028_20170627062415acb.jpg

見れば見るほど、美しいデザインだ。
DSC_3029_201706270624169bb.jpg

北アルプスを正面に見ながら、さくさく下る。
DSC_3030_20170627062418141.jpg

ここは本当に素晴らしいハイキングコースだ。
DSC_3031_201706270624191a1.jpg

さっき立ち寄った小ピーク。
DSC_3032_20170627062421636.jpg

こんなに空が広い。
DSC_3033_20170627062352c7e.jpg

頂上から15分で前鉢伏山への分岐まで下ってきた。
DSC_3034_201706270623549ec.jpg

二ツ山の代わりに「登った山」を1つ稼ぐため、前鉢伏山に向かう。
DSC_3036_20170627062355cb9.jpg
もともとこの山の存在を知っていれば、最初からこっちにしたのだが、ここに来て初めて知ったのだ。

途中、残雪を乗り越える。
DSC_3037_201706270623570d1.jpg

多分、あそこが頂上。
DSC_3038_20170627062358114.jpg

右手に高原状の美ヶ原が展開している。
DSC_3039_201706270623297eb.jpg

遊歩道以外立入禁止。
DSC_3040_20170627062331390.jpg

いや~真っ平らな道だ。
DSC_3041_20170627062332053.jpg

楽ちんすぎる。
DSC_3042_20170627062334a27.jpg

これが唯一の障害物?
DSC_3043_20170627062335a2b.jpg

ほぼ平らなまま、分岐から10分で前鉢伏山に着いてしまった。
DSC_3044_20170627062305881.jpg

さっそく鉢伏山を振り返ってみる。
DSC_3045_20170627062307aac.jpg

ここにも三角点があった。
DSC_3046_20170627062308685.jpg

昼前に着いてしまったが、ほかに適地もなさそうなので、ここでお昼にする。
幸い、腰をかけられる半裁された丸太があった。
DSC_3047_2017062706230969d.jpg

今日はペヤングの焼きそばと、そのお湯を処理するためのみそ汁。&ゆで卵。
DSC_3049_2017062706224245d.jpg

朝がわりと遅かったし、御飯も2杯食べた後なので、これだけでお腹いっぱいになってしまった。
DSC_3050_20170627062243598.jpg

目の前は屏風のような北アルプス。
DSC_3051_20170627062245fae.jpg
(槍ヶ岳と常念岳)

最高の展望レストランだ。
DSC_3052_201706270622466b8.jpg
(穂高連峰)

手前の黒いシルエットは有明山(2268m)。
DSC_3053_2017062706224852e.jpg

このあたりは同定が難しいが、左は餓鬼岳(2647m)あたりだろうか。
DSC_3054_201706270622170f1.jpg

鹿島槍(2889m)はちょうど雲に隠れていた。
DSC_3055_2017062706221928a.jpg

白馬連峰。
DSC_3056_20170627062220b59.jpg

蓼科山(2530m)。
DSC_3057_20170627062222724.jpg

ここは背中から太陽が当たって暑い。
DSC_3048_20170627062311e7e.jpg
うなじの熱さに耐えきれず、旧日本兵のようにタオルを被った。

30分ちょっと休んで出発。
DSC_3058_20170627062223e4a.jpg

来た道を引き返す。
DSC_3060_20170627062200c9c.jpg

(つづく)
このページのトップへ

高ボッチ山・鉢伏山(2)

【2017年5月5日(金)】高ボッチ山・鉢伏山
高ボッチ高原の草競馬場近くの展望台に来ている。
DSC_2900_20170626204008720.jpg
ここにおじさんライダーが3人いて、素晴らしい眺めだと感嘆していた。
そのうちの1人が「富士山がよく見えるねえ」と言ったら、もう1人が「え、どこ。あ、ほんとだ」と驚いていたのには、こっちが驚いた。
この場所から富士山が目に入らないとは。
1人で来ていたら気づかずに帰ったのだろうか。
別の1人が「富士山は風が強いんだねえ。雪があんなに飛んでいる」とも言っていたが、あれは明らかに雲だ。風が強いのはその通りだろうけど。

それはともかく、霧ヶ峰の向こうは蓼科山(2530m)。
DSC_2902_201706262040104fa.jpg

あの道を今、下ってきた。
DSC_2903_201706262040113f5.jpg

今年の草競馬は8月6日に行われるそうだ。
DSC_2904_20170626204013a4e.jpg

その向こうは放牧地。背後に鉢盛山(2446m)が見える。
DSC_2905_20170626204014a16.jpg

牛の水飲み場らしき池があった。
DSC_2908_20170626203949c3a.jpg

車道をはさんで反対側の高まりに登ると、三大標高展望広場なる展望所に出た。
DSC_2910_20170626203952da4.jpg

「三大標高」とは、富士山、北岳、農鳥岳・穂高岳の標高トップ3が同時に見える場所という意味なのだろうが、5位の槍ヶ岳も見えているのだから、「五大標高」にすればいいのになあと思った。
DSC_2913_20170626203926993.jpg

パノラマを示すモニュメントには山の名を示すプレートがはめ込んであったが、富士山や穂高岳などいくつかの山のプレートはなくなっていた。
DSC_2911_201706262039239d3.jpg
誰かが持って帰ったのだろうかと思ったが、自分でも爪を入れてみたら簡単に剥がれたので、もしかしたら風で吹き飛んだのかもしれない。

ここからも草競馬場と高ボッチ牧場が見えた。
DSC_2907_20170626203947b40.jpg

でもまだ馬も牛もいなかった。
DSC_2909_201706262039505b3.jpg

では、車を停めたところまで戻ろう。
DSC_2914_2017062620392817e.jpg

北アルプスの眺めがさっきよりくっきりしてきたような気がする。
DSC_2915_201706262039293e4.jpg

牧草地は牛の糞だらけだけど。
DSC_2916_2017062620390176c.jpg

眼下は松本市街。松本城はどうしても見つけられなかった。
DSC_2917_20170626203903ef0.jpg

草競馬場とは反対方向に歩いている。
DSC_2918_201706262039047cc.jpg
DSC_2919_201706262039064f1.jpg

駐車場に接して、自然保護センターがあったが、開いていなかった。
DSC_2920_201706262039071a7.jpg
GWだというのに、いつから業務を始めるのだろう。
高ボッチ山(1665m)のバッジがあったら欲しかったんだけどなあ。

ひょうたん池は遠いのでパス。
DSC_2921_201706262038402ee.jpg

1時間弱で高ボッチ高原の散策は終了。車で鉢伏山(1928m)の登山口、鉢伏山荘に向かう。
DSC_2922_20170626203842b27.jpg
以前、高ボッチ山と鉢伏山を縦走することを考えたことがあるのだが、それには7kmもの舗装道路を往復しなければならない。
14kmになるので、それだけで軽く4時間かかる。
しかも同じ道を引き返さないとならなくなるのが致命的だ。
というわけで、今回のようなつまみ食い登山になったのだが、大目に見てほしい。

途中、見晴らしコースなる登山道があったが、これもスルー。
DSC_2923_201706262038435a9.jpg

近くに「鉢伏高ボッチ開発記念碑」。
DSC_2924_2017062620384516e.jpg

その隣には中河与一の歌碑「天ちかき国のたかはら霧ふりて神話の如し君としゆけば」が立っていた。
DSC_2925_2017062620384666b.jpg
中河(1897~1994年)は横光利一や川端康成とともに新感覚派として活躍した小説家だそうだ。

ここから鉢伏山までは6kmある。
DSC_2926_20170626203817281.jpg

鉢伏山の方が高ボッチ山より300m近く高いので、林道もぐいぐい登っていく。
DSC_4830_20170626203045209.jpg

鉢伏山にはまだ残雪があった。
DSC_2927_20170626203818b9d.jpg

鉢伏山荘には10時半に到着。
DSC_2928_201706262038206c3.jpg

ここでは駐車料金を500円も取られてしまった。
DSC_2930_201706262038239a8.jpg

さっき歩いたままの出で立ちで運転してきたので、すぐに出発。
DSC_2929_20170626203821188.jpg

ここから頂上までの標高差はわずか100m弱だ。
DSC_2931_20170626203739b38.jpg

扉温泉への道は、例のヘリ墜落事故現場に近いので通行止めになっていた。
DSC_2932_2017062620374108d.jpg

鉢伏山と前鉢伏山(1836m)の分岐点にパトロールの車が2台停まっていた。
DSC_2938_20170626203707e74.jpg
事故の関係だろうか。

ここも美ヶ原高原ロングトレイルの中に含まれているとは驚き。
DSC_2933_20170626203742047.jpg

さすがにここまで来ると、美ヶ原(2034m)が見えた。
DSC_2934_20170626203744e13.jpg

鉢伏山荘方面を振り返る。
DSC_2935_20170626203745c1f.jpg
頂上はあのあたりかな。

すぐ先に標柱のある小ピークがある。
DSC_2937_20170626203705e3d.jpg

道が付いていたので、行ってみた。
DSC_2956_20170626203529c22.jpg

目の前に美ヶ原の大高原が見えて、しばしうっとり。
DSC_2940_201706262037104b9.jpg

ここから見ると、どんなに平らな山か、よく分かる。
DSC_2939_201706262037084a7.jpg

さっきの分岐を見下ろす。
DSC_2941_20170626203642b9a.jpg

平らな前鉢伏山と北アルプス。
DSC_2942_20170626203643c52.jpg

東は二ツ山方面。
DSC_2943_201706262036459f4.jpg

これが二ツ山(1827m)。
DSC_2946_20170626203620a43.jpg

その先には蓼科山や八ヶ岳が望める。
DSC_2944_201706262036467bd.jpg

その左に三峰山(1888m)。
DSC_2945_20170626203648521.jpg

美ヶ原の東に連なる茶臼山(2007m)。
DSC_2947_20170626203622619.jpg

山腹はわずかに新緑が芽吹いていた。
DSC_2948_201706262036238e7.jpg

赤い屋根は扉峠の売店。
DSC_2949_20170626203624ec2.jpg

このピークに「美しの丘」とか名前が付いていれば「登った山」に数えられたのになあ。
DSC_2957_20170626203531db7.jpg

と思いつつ、登山道に戻る。
DSC_2950_20170626203626d52.jpg

最初は二ツ山まで足を延ばすつもりだったけど、遠いし、前鉢伏山の方が景色も良さそうなので、鉢伏山の後は前鉢伏山に行くことした。
DSC_2951_20170626203558f00.jpg

4駆なら登っていけそうな広い道をゆっくり登る。
DSC_2964_20170626203511f0e.jpg

やはり北斜面は残雪が多い。
DSC_2955_20170626203604e69.jpg

おお、槍が初めて、くっきりと見えた。
DSC_2953_20170626203601fec.jpg

穂高連峰の手前は蝶ヶ岳(2677m)。
DSC_2954_2017062620360263b.jpg

ちょっと雲が邪魔だが、御嶽山(3067m)。
DSC_2958_20170626203532a69.jpg

乗鞍岳(3026m)は真っ白だ。
DSC_2959_20170626203534de1.jpg

鉢伏山荘の別館かな。
DSC_2960_2017062620353587a.jpg

これもそうかな。
DSC_2961_20170626203507b68.jpg

まだ現役なんだろうか。
DSC_2963_201706262035108ca.jpg

さっきのピークの向こうは美ヶ原。
DSC_2962_201706262035080b4.jpg

正面は鉢伏山。本当にそんな形をしている。
DSC_2952_20170626203559a2a.jpg

雲と美ヶ原。
DSC_2965_20170626203513f2a.jpg

鉢伏山の高原と北アルプス。実に絵になる。
DSC_2966_2017062620343888d.jpg

遠くに蓼科山。
DSC_2967_20170626203440ea2.jpg

休憩所があったけど通過。
DSC_2968_2017062620344128d.jpg

ほぼ中央の突起は浅間山(2568m)の東にある鼻曲山(1655m)かしら。
DSC_2969_20170626203443159.jpg

この案内板では荒船山になっているが、それはありえないだろう。
DSC_2970_20170626203444342.jpg

だらだらした坂が続く。
DSC_2971_20170626203415ae4.jpg

二ツ山方面への分岐を通過。
DSC_2972_201706262034172a6.jpg

ちょっと普通の登山者には見えない団体さんが扉峠方面から登ってきた。
DSC_2973_201706262034185a0.jpg

しつこいけど、さっきの小ピーク。
DSC_2974_20170626203420134.jpg

鉢伏山荘に車を停めているのは10台ほど。
DSC_2975_201706262034219e9.jpg

めずらしく石仏があった。
DSC_2977_20170626203045bd3.jpg

(つづく)
このページのトップへ

高ボッチ山・鉢伏山(1)

【2017年5月5日(金)】高ボッチ山・鉢伏山
松本の崖の湯温泉・山上旅館に宿泊中。
朝食は8時とのことなので、のんびり7時に起床。9時間も寝てしまった。
窓の外を見ると、今日もいい天気だ。
まずは朝風呂にさっと入ってから、パッキング。
朝食に呼ばれたのは8:07だった。待ちかねたぜ。
でも、どのおかずもおいしかった。
DSC_4817_20170626061304dd9.jpg
わさびの花のお浸しにびっくり。卵焼きやしらすも美味で、とろろもあったので、めずらしくご飯をお代わりしてしまった。

ここは1泊2食で8500円+消費税+入湯税。
会計のときに聞いてみたら、わさびはその辺に生えているものだとか。
これがそうだ。
DSC_4819_20170626061306215.jpg
大相撲に関連した額などがたくさん館内にあったのは、元横綱の琴桜が関脇の頃、療養のためしばらくここに滞在したのがご縁だそうだ。

宿から乗鞍岳の真っ白な山頂がちょっぴり見えた。
DSC_4821_20170626061240170.jpg

旅館のご主人と女将に見送られ、9時ちょうどに出発。
DSC_4806_2017062606263654b.jpg

ここから高ボッチ高原へは20分ほどの道のりだ。
その途中、廃業した旅館などを車の中から撮影させてもらった。
山七旅館はまだ現役。
DSC_4822_2017062606124287c.jpg

山二旅館はもう閉じてしまっていた。
DSC_4823_20170626061243584.jpg
みな「山」が付いているのは、親戚か何かだからなのだろうか。

昨日と同様、急坂をどんどん登っていく。
でも、距離にして6kmほどだ。
高ボッチ高原の第2駐車場には9:20に到着。
10数台ほどの車が停まっており、テントもいく張かあった。
DSC_2856_20170626061657267.jpg

駐車場自体がアルプス連峰パノラマ展望台になっており、御嶽山から北アルプス、妙高山まで一望できた。
DSC_2837_20170626061802147.jpg

ただ、昨日より霞んでいる気がする。順光なのに、ちょっともったいない。
これは白馬連峰。
DSC_2838_2017062606180438f.jpg

中央は爺ヶ岳(2670m)。
DSC_2839_201706260618058a4.jpg

あとは順番に北から。
DSC_2840_20170626061807b72.jpg
DSC_2841_201706260618082c3.jpg

中央のピラミッドは常念岳(2857m)。
DSC_2842_20170626061740095.jpg

槍は隠れているが、左は穂高連峰。
DSC_2843_20170626061741583.jpg

白い稜線の最高地点は霞沢岳(2646m)。
DSC_2844_20170626061743b8e.jpg

乗鞍岳(3026m)は上に雲があって残念。
DSC_2845_20170626061744316.jpg

鉢盛山(2446m)。
DSC_2846_20170626061746c57.jpg

そして御嶽山(3067m)。
DSC_2847_201706260617188de.jpg

北に目を転じると妙高山(2454m)。
DSC_2848_20170626061720072.jpg

その左に雨飾山(1963m)。
DSC_2849_201706260617219e1.jpg

北東すぐそこに鉢伏山(1928m)。
DSC_2850_20170626061722d8d.jpg

ここから最も目立つのは、常念だった。
DSC_2851_20170626061724fc7.jpg
やはり残雪の北アルプスは素晴らしい。

南にはアンテナ群。
DSC_2853_20170626061652b63.jpg

自然保護センターには後で寄ることにする。
DSC_2852_201706260616501c3.jpg

雄大な眺望に満足して、高ボッチ山(1665m)の山頂へ向かう。
DSC_2855_20170626061655006.jpg

と言っても徒歩7分程度。標高差は20mもない。
DSC_2854_201706260616531db.jpg

高ボッチ高原には長野在勤時代に一度来たことがある。
でも、山頂に立ったかどうかの記憶がはっきりしないので、「登った山」には数えないでおいたのだが、これでやっと加算することができる。
DSC_2857_20170626061629c3b.jpg
ふもとから登ったわけではないけど、大目に見てください。

少し登ったところから南西方面を振り返る。
左から御嶽山、鉢盛山、乗鞍岳が一望できた。
DSC_2858_20170626061631c2f.jpg

南には中央アルプス。
DSC_2859_201706260616327fb.jpg

いい天気だ~~!
DSC_2860_201706260616333d4.jpg

空が大きい。
DSC_2861_201706260616356e4.jpg

南アルプスも恰好良すぎる。
中央の北岳(3193m)が左の甲斐駒(2967m)より尖っている。右は仙丈ヶ岳(3033m)
DSC_2862_20170626061607f7e.jpg

その右には、南アルプス南部の峰々。
DSC_2863_20170626061608c97.jpg

高ボッチ高原は最高だ!
DSC_2864_2017062606160931b.jpg

休憩所があったが、まだそんなに疲れていません(笑)
DSC_2865_20170626061611700.jpg

山頂に立ってびっくり。
DSC_2866_201706260616122a8.jpg

ここまで来れば富士山や八ヶ岳が見えるだろうことは予想していたが、眼下の諏訪湖のことは考えていなかった。
DSC_2867_20170626061542425.jpg

諏訪湖の奥に富士山。
DSC_2868_201706260615434a7.jpg
その両側に八ヶ岳と南アルプスを従えているこの光景は、まさに天下一品である。
振り返れば、さっき見えた北アルプスもそのまま見えるし、360度の大パノラマとはまさにこのことだ。
北側の鉢伏山(1928m)のせいで、美ヶ原(2034m)や浅間山(2568m)が見えないのは残念だが、鉢伏山自体が見事な景観となっている。
いやあ、こんな絵に描いたような眺望は初めてである。

一つ一つ確認していこう。
まずは地蔵岳(左、2764m)と甲斐駒。
DSC_2869_20170626061545896.jpg

北岳(左)と仙丈ヶ岳(右)。その間には間ノ岳(3190m)が覗いている。
DSC_2870_20170626061546831.jpg

諏訪湖の西岸は岡谷市街。
DSC_2872_2017062606154813f.jpg

北岸は下諏訪町。
DSC_2873_20170626061517b1c.jpg

東岸は諏訪市街。
DSC_2874_201706260615198c7.jpg

見事な八ヶ岳。
DSC_2875_201706260615207f6.jpg

気象ドームがある車山(1925m)の向こうは北八ツ。
左から北横岳(2480m)、縞枯山(2403m)、茶臼山(2384m)。
DSC_2876_201706260615227d4.jpg

諏訪富士、蓼科山(2530m)。
DSC_2877_20170626061523e95.jpg

左から横岳(2829m)、赤岳(2899m)、阿弥陀岳(2805m)。
DSC_2878_201706260614536f7.jpg

この後登る鉢伏山。
DSC_2879_20170626061454bb7.jpg

さすがにあそこまで歩くのは大変なので、ふもとまで車で行くつもりだ。
DSC_2881_2017062606145788b.jpg

鉢伏山から東に続く稜線。
DSC_2882_20170626061459287.jpg

これを絶景と言わずして何と呼ぼう。
DSC_2883_201706260614278a5.jpg

ライダーたちも見とれていた。
DSC_2884_2017062606142906f.jpg

高ボッチ高原と北アルプス。
DSC_2880_2017062606145610e.jpg

目を転じて、木曽谷方面。
DSC_2885_20170626061430caa.jpg

その左は中央アルプスの北端、経ヶ岳(2296m)。
DSC_2886_20170626061432e14.jpg

そのさらに左。最も高いのが木曽駒(2958m)。その左の黒い尖塔が宝剣岳(2931m)。
DSC_2887_2017062606143328c.jpg

高ボッチ高原の南部。
DSC_2888_2017062606140134a.jpg

草競馬の競馬場あたり。
DSC_2889_20170626061403e57.jpg

というわけで、撮影終了。山頂を後にして、競馬場方面に行ってみよう。
DSC_2890_20170626061404d30.jpg

いい雲だねえ。
DSC_2891_2017062606140660e.jpg

電波塔と穂高連峰もよく似合う。
DSC_2892_20170626061407135.jpg

まさに高原の散歩道だ。
DSC_2893_2017062606132272b.jpg

左手に諏訪湖。
DSC_2894_2017062606132348d.jpg

さらに下ると富士山もまた顔を出した。
DSC_2895_20170626061325704.jpg

こんなにいいところなのに、こんなに人が少ないなんて、もったいない。GWなのに。
DSC_2896_20170626061326a3d.jpg

外国人にも見せてあげたいくらいだ。
DSC_2897_2017062606132891e.jpg

この廃屋は私へのサービスかな。
DSC_2898_20170626061259223.jpg

車道に出たところに別の駐車場があり、パノラマを説明した石碑があった。
DSC_2899_20170626061301e57.jpg

ここからは高ボッチ山が初めて山らしく見えた。
DSC_2901_20170626061303b02.jpg

(つづく)
このページのトップへ

2017美ヶ原(下)

【2017年5月4日(木)】美ヶ原
美ヶ原のアルプス展望コースを歩いて、烏帽子岩に着いた。
DSC_2781_201706252110036c3.jpg

鉄平石の表面が幾重にも剥がれていたので、安全第一ということで先端までは行かなかった。
DSC_2782_2017062521100529c.jpg

それにしても、ものすごい剥がれ方だ。
DSC_2783_20170625211006f14.jpg

逆方向から烏帽子岩を見ると、さすがにそれらしく見える。
DSC_2784_20170625211007c66.jpg

激しい断崖だ。
DSC_2785_201706252110091b4.jpg

白く見える部分は地衣類のせいだろうか。
DSC_2786_20170625210941760.jpg

進行方向も断崖だ。
DSC_2787_2017062521094219b.jpg

崩落防止のためのコンクリートの構造物も一部崩れている。
DSC_2788_20170625210944168.jpg

王ヶ頭ホテル。
DSC_2789_20170625210946de0.jpg

御嶽山(3067m)も残念ながら雲の中。
DSC_2790_201706252109474f5.jpg

烏帽子岩と茶臼山(2006m)。
DSC_2791_20170625210919016.jpg

鉢伏山(1928m)。
DSC_2793_2017062521092098a.jpg

円柱状になっている崖がなかなかユニークだ。
DSC_2794_2017062521092214b.jpg

中腹の三城牧場に牛が放牧されているのが見えた。
DSC_2795_20170625210923e24.jpg

八ヶ岳。
DSC_2796_20170625210925151.jpg

だいぶ王ヶ頭が近づいてきた。
DSC_2797_20170625210857f7b.jpg

鉄平石もどんどん浸食されている。
DSC_2798_20170625210859424.jpg

気持ちのよいトラバース。
DSC_2799_20170625210900d3c.jpg

こうして見ると、烏帽子岩あたりも崩落寸前だ。
DSC_2800_20170625210902279.jpg

かなり激しく崩れている。
DSC_2801_2017062521090313f.jpg

このおじさんはさっきからずっと付いてくる。抜かしてもらっていいんだけど。
DSC_2802_201706252108358f0.jpg

園地から40分ほどで王ヶ頭の直下を通過。
DSC_2803_201706252108372db.jpg

ここから頂上へ直登することもできるみたいだ。
DSC_2804_201706252108388fd.jpg

この崖のどこを登るのか。
DSC_2805_2017062521084052e.jpg

私はそのまま巻いていく。
DSC_2806_201706252108419f3.jpg

左手に鉢伏山。明日よろしくお願いします。
DSC_2807_20170625210812496.jpg

間もなく、さっき登ってきた車道に出た。
DSC_2808_201706252108144ec.jpg
すぐ先の王ヶ鼻の分岐では、おじさんが「ほら富士山が見えるよ」と連れの外国人に話している。
あれは御嶽山なんだけどなあ、日本人なのに間違えちゃだめだよと思いつつ、王ヶ頭まで登れば分かることだから、と構わないでおいた。

あとは車道をさくさく下り、15時前に駐車場に着いた。
歩いた時間は3時間ほど。
自然保護センターの見学は省略して、売店でアイス(300円)をいただく。
DSC_4799_20170625211932aac.jpg
今日は暑くかったので、冷たいものが欲しかった。
王ヶ頭ホテルでも、美味しそうなソフトを売っていたが、お昼を食べたらお腹いっぱいになっちゃったので、断念していたのだ。
やはり山でのアイスクリームは堪えられない。

というわけで15時すぎに車で出発。
武石峰(1973m)の登山口に本当に駐車スペースがないか、もう一度入念に見ながら進んだが、やはり堂々と停められるような場所はない。
思い出の丘から歩くのは、やはり距離があるので、今回は断念。
余った時間は美鈴湖散策に回すことにした。

湖に行く途中にあった林道美ヶ原線開設改良舗装記念碑。
DSC_4801_20170625210558747.jpg
この道は整備されて昭和32年に有料道路となり、平成13年に無料開放されたという。
全然知らなかった。

その隣には地元の本郷森林組合の初代組合長、三浦忠夫氏の胸像。
DSC_4802_20170625210559336.jpg

15時半すぎ、美鈴湖畔に到着。
DSC_2809_201706252108157a9.jpg

ここはまだ桜が満開だった。
DSC_2810_201706252108177b2.jpg
DSC_2811_20170625210818737.jpg

青空に映えて実に美しい。
DSC_2812_2017062521074749a.jpg

あの桟橋を歩いてみることにした。
DSC_2813_20170625210749a86.jpg

対岸に赤い鳥居が見える。
DSC_2814_20170625210750b6d.jpg

湖畔にはロッジ風の建物。
DSC_2815_201706252107528f1.jpg

黄色はヤマブキかな。
DSC_2816_20170625210753206.jpg

桟橋では釣り人が糸を垂れていたので、静かに歩いた。
DSC_2817_20170625210722d0c.jpg

あるおじさんは私が通った時も引き返してきた時も、へら鮒を釣り上げており、「よく釣れますねえ」と声をかけたら、「たまたまです」と謙遜していた。
DSC_2820_201706252107268ff.jpg

鳥居があるだけで祠らしきものは見つけられなかった。
DSC_2818_2017062521072357d.jpg

堰堤の向こうに見えるのは戸谷峰(1629m)。
DSC_2819_20170625210725497.jpg

それでは宿に向かいますか。
DSC_2821_20170625210728b7b.jpg

さようなら、美鈴さん。
DSC_2822_201706252106596bb.jpg
DSC_2823_20170625210701ae2.jpg

人造湖なのでそれほど興味はなかったが、実にいいところだった。
DSC_4803_20170625210524c0e.jpg

では、改めて出発。
DSC_2824_20170625210702dba.jpg

今夜は、高ボッチ高原のふもとにある崖の湯温泉の山上旅館に予約を入れてある。
ナビを崖の湯に合わせて出発。
今度は松本市街をスムースに抜けられた。
途中のスーパーで明日の昼食を購入。
宿には16:45に到着。美鈴湖から55分かかった。
DSC_4805_20170625210525dda.jpg

山上旅館は噂通りの古めかしい旅館だった。
DSC_4820_201706252104435e1.jpg

離れはもう崩れかかった建物もある。
DSC_4818_20170625210506c94.jpg

創業は明治7年(1874年)だそうだ。
今の建物はおそらく戦後のものだとは思うが、それにしても相当年季が入っている。
でも、予約した時もチェックインした際も、女将はとてもいい人で、安心して泊まることができた。
部屋は3階の角の「るり」に案内された。
DSC_2825_20170625210704227.jpg

部屋の真ん中にこたつがあり、床の間にはファンヒーターがあった。
DSC_4807_201706252105270de.jpg

取りあえず、窓際のイスに座って、ひと息。
DSC_4808_20170625210528244.jpg

窓からの眺め。北アルプスが見えるわけではない。
DSC_2826_201706252107054c0.jpg

GWなのに、私以外には誰も泊まっていない雰囲気。
DSC_2827_20170625210635627.jpg
電車も指定席は取れたし、レンタカーでの移動も渋滞知らずだったので、ここまで全くGWの苦労をしないで済んでいる。
それだけ旅上手になったということだろうか。

落ち着いたところで、さっそくお風呂へ。
その途中、館内をいろいろと探検してみた。まずはレトロなお手洗い。
DSC_2828_20170625210637b3c.jpg

洗面所。
DSC_2829_2017062521063868d.jpg

モノクロ写真は高ボッチ山からの眺めかな。
DSC_2830_20170625210640336.jpg

風格のある廊下だこと。
DSC_2836_2017062521055691b.jpg

私が泊まっているのは、この建物。
DSC_2835_201706252105552f5.jpg

この廊下に面したお部屋は使用されていないようだった。
DSC_2831_20170625210641713.jpg

というわけで浴室に到着。
DSC_2832_201706252105530fd.jpg

ここは源泉12℃の塩化物泉だ。
DSC_4810_20170625210500a1a.jpg

浴室はシンプルで、浴槽はそこそこ広い。
DSC_4809_20170625210530dbe.jpg
「わ~い、独占だい」と喜んでいたら、間もなくおじさん3人組が入ってきた。
ちょっとむさくるしくなったが、ゆっくり体を洗って、部屋に戻った。
このおじさんたちも登山の方で、この日ここに泊まったのは私と彼ら2組だけだった。

風呂から上がったのが、17:40頃。
晩餐は18:30どころか19:00と言われていたので、まだかなり時間がある。
となれば、やることは一つ。
プシュッと「信州に乾杯」して、のんびりテレビを見ていた。
DSC_4813_20170625210502978.jpg

夕食に呼ばれたのは19:04。待ちかねたぜ。
食事の内容はちょっと心配だったが、予想以上にちゃんとしていた。
DSC_4815_20170625210503ffe.jpg
さすが老舗旅館。
山菜の天婦羅や鮎の塩焼き、鯉の刺身、ホタルイカ、湯葉、白和えに煮付け、どれも美味しかった。
でも、さすがに御飯は食べられなかった。

満腹で動けなくなり、22時には寝てしまった。
DSC_4816_20170625210505008.jpg

【行程】2017年5月4日
美ヶ原自然保護センター(11:45)~王ヶ鼻分岐(12:07)~王ヶ頭(12:19撮影12:21)~王ヶ頭ホテル(12:25昼食12:47)~塩くれ場(13:12)~美しの塔(13:19休憩13:26)~トイレ(13:35休憩13:38)~百曲り園地(13:44)~烏帽子岩(14:03)~王ヶ頭下(14:24)~自然保護センター(14:49)
※所要時間:3時間4分(歩行時間:2時間30分)コースタイム:2時間30分)
※登った山:1座(新規なし)
※歩行距離:8.6km
このページのトップへ

2017美ヶ原(中)

【2017年5月4日(木)】美ヶ原
王ヶ頭(2034m)の頂上で御嶽神社に参拝。
DSC_2699_201706250610588dc.jpg

食事の場所を探しに、裏から王ヶ頭ホテルの正面に回り込んできた。
DSC_2701_201706250611011ae.jpg

ホテルのテラスは宿泊客専用なので使用不可。
DSC_2700_20170625061059c27.jpg
ホテル前にいくつかあるベンチは、すでに全部埋まっていた。
あたりを見渡すと少し下がったところに丸太があったので、そこに腰を下ろして休むことにした。
正面に富士山が見える絶好のビューポイントだ。

本日のメニューは、トムヤムクンと鮭のおにぎりに野菜スティック。
DSC_2703_20170625061104d44.jpg

トムヤムクンはカップ麺だけど、それなりの味がした。
DSC_4794_20170625060456fad.jpg
ラーメンやそばではないので採点が甘いのかもしれない。

お腹を満たして20分ちょっとで出発。
DSC_2704_20170625061028f02.jpg

「不畏艱険 勇攀高峯」と書かれた石碑がホテル前にあった。
DSC_2702_20170625061102926.jpg
「艱険(かんけん)を恐れず、高い峰に勇ましく登る」くらいの意味だろうか。
裏面には「ミニヤコンカ奇跡の生還 松田宏也生還第一歩を記す」と記されていた。

右手眼下に諏訪湖を発見。
DSC_2705_20170625061029e4f.jpg

方位指示盤があったが、だいたい分かるので通過した。
DSC_2706_2017062506103174d.jpg

王ヶ頭ホテル。一度は泊まってみたいけど、もう無理だろうなあ。
DSC_2707_20170625061032115.jpg

美ヶ原高原へと下っていく。
DSC_2708_201706250610345a7.jpg

美ヶ原は本当にまっ平らだ。
DSC_2709_20170625061005540.jpg

高原にも、まだほんの少し雪が残っている。
DSC_2710_20170625061007b84.jpg

蓼科山(2530m)もよく見ると、北斜面には残雪があった。
DSC_2711_201706250610087a3.jpg

焼山沢川の源流部。
DSC_2712_20170625061010a8e.jpg

王ヶ頭を振り返る。
DSC_2713_20170625061011f5f.jpg

平らなところまで下ってきた。
DSC_2714_201706250609438cd.jpg

残雪。
DSC_2715_20170625060945ea7.jpg

前方遠くに美しの塔が見える。
DSC_2716_20170625060946a71.jpg

この時期はまだ牛は放牧されていない。
DSC_2717_201706250609489f3.jpg

右手にアルプス展望コース。
DSC_2718_20170625060949088.jpg

柵で囲われた道を進む。
DSC_2720_201706250609239d0.jpg

ここは、本当にいつ来ても気持ちのいいところだ。
DSC_2719_20170625060921afa.jpg

空が広い。
DSC_2722_201706250609258e2.jpg

美しの塔の鐘が聞こえないなあ、冬期は取り外しているのかな、なんて思っていたら、近づくにつれ聞こえてきた。
DSC_2721_2017062506092412c.jpg

それもそうだ。冬期こそ遭難の危険が高いのだから、取り外してしまっては意味がない。
DSC_2723_20170625060927050.jpg

ホワイトアウトでこんなところに迷い込んだら、それこそ最後だ。
DSC_2724_2017062506085720a.jpg

今日は雲もなかなか面白い。
DSC_2725_2017062506085861b.jpg

王ヶ頭ホテルから25分ほどで、塩くれ場の分岐に到着。
DSC_2726_2017062506090031f.jpg

畜魂碑に再会した。
DSC_2727_2017062506090176e.jpg

その隣に1971年建立の「美原尊和」の碑。
DSC_2728_20170625060903eb9.jpg

これなどは、牛に食べさせる塩を置いておく塩くれ石だろう。
DSC_2729_20170625060830a39.jpg

いくつかのグループが休んでいたが、こちらはこのまま美しの塔へ向かう。
DSC_2730_20170625060832234.jpg

ひなを乗せて飛ぶツバメのよう。
DSC_2732_201706250608336b6.jpg

それを追う怪鳥。
DSC_2733_2017062506083520b.jpg

この電波塔群が美しく見えるのはなぜだろう。
DSC_2734_201706250608360e9.jpg
むしろ、これがないと美ヶ原ではないと言えるくらいシンボル的な存在になっているのが不思議だ。

あ、牛糞発見。
DSC_2735_20170625060808ed8.jpg

美しの塔にはさすがに大勢の観光客が集まっていた。
DSC_2736_20170625060808fc7.jpg

まさに、これこそが真の美ヶ原のシンボルである。
DSC_2737_201706250608106e3.jpg

山本小屋に車で来た観光客は、ここまで来て引き返す人がほとんどだろう。
DSC_2741_20170625060743fd2.jpg

壁面には尾崎喜八の一文を記したレリーフが埋め込まれている。
DSC_2739_20170625060813f73.jpg

私もせっかくなので鐘を鳴らしてみた。
DSC_2738_20170625060811f15.jpg
取っ手を振っても鳴らないのでおかしいなと思ったら、洋式の鐘なので下に引かないといけなかった。
私の後に来た家族連れも「あれ、どうやったら鳴るの?」と困っていたので、「下に引くんですよ」と教えてあげたら、子供たちが喜々としてガンガン鳴らすので、うるさいくらいだった。

塔の前のベンチに座って、しばし休憩。
DSC_2742_20170625060744c4c.jpg

柵の向こうは八ヶ岳。
DSC_2743_20170625060746322.jpg

観光客がひっきりなしに訪れては写真を撮っていく。
DSC_2744_201706250607471e0.jpg

数分たたずんでから出発した。
DSC_2745_2017062506074921f.jpg

あとは駐車場に引き返すわけだが、帰りは高原の縁に沿ったアルプス展望コースで戻る。
DSC_2746_201706250607187dc.jpg
この道は歩いたことがないので、今回の目的の一つだ。

塩くれ場で左折する。
DSC_2747_201706250607196a8.jpg

すぐ先にトイレがあるので、一応立ち寄った。
DSC_2749_2017062506072186d.jpg

牛のマークがかわいい。
DSC_4797_20170625060429e65.jpg
DSC_4798_20170625060431c73.jpg

やはり空が広いと雲の表現力も豊かだ。
DSC_2750_2017062506072251b.jpg

美しの塔方面を振り返る。
DSC_2751_20170625060724aaf.jpg

山本小屋ふる里館と牛伏山(1990m)。
DSC_2752_20170625060654710.jpg

茶臼山(2006m)との分岐を通過。
DSC_2753_20170625060656710.jpg

この道が茶臼山に通じている。
DSC_2754_20170625060657e79.jpg

すぐに、アルプス展望コースの起点、百曲り園地に着いた。
DSC_2755_20170625060659637.jpg

南の方角を望む。
DSC_2756_20170625060700e5c.jpg

まだ割れる前の鉄平石。
DSC_2757_20170625060630e81.jpg

ここから左手に崖下を見ながらの道になる。
DSC_2758_20170625060632366.jpg

振り返ると茶臼山。
DSC_2759_20170625060633a4f.jpg

断崖の向こうに蓼科山。
DSC_2760_201706250606356b5.jpg

左手眼下に三城牧場。
DSC_2761_20170625060636a94.jpg

やっと登山道らしい道になった。
DSC_2762_201706250606054be.jpg

美ヶ原は高原の縁はほとんどが急な崖になっている。
DSC_2763_201706250606079a8.jpg

その縁を歩く。
DSC_2764_201706250606083e9.jpg

松本盆地が見えてきた。
DSC_2765_20170625060610aee.jpg

対岸に明日登る鉢伏山(1928m)が見える。
DSC_2766_20170625060612da9.jpg

このルートは美ヶ原高原ロングトレイルのコースにもなっているようだ。
DSC_2767_20170625060540a9b.jpg

確かに、ここでランチもいいね。
DSC_2768_20170625060541a7e.jpg

景色は飽きないのだが、実は今日はあまり空気が澄んでいない。
DSC_2769_20170625060543f57.jpg

ちょっともったいないが、春なので仕方ないか。
DSC_2771_20170625060546083.jpg

地蔵岳のオベリスクのようなケルンがあった。
DSC_2770_20170625060544ca4.jpg

こいつらはシカの糞かしら。
DSC_2773_20170625060518b6b.jpg

路面は土だったり鉄平石だったり。
DSC_2776_20170625060522a34.jpg

さっきまでの砂利道より歩きやすい。
DSC_2774_20170625060519e3f.jpg

こちらには雪が少し残っているかなとも思っていたが、全くない。
DSC_2772_20170625060516c07.jpg

考えてみれば、南斜面なので当然か。
DSC_2775_201706250605204d9.jpg

烏帽子岩らしきものが見えてきた。
DSC_2777_201706250604507db.jpg

歩いてきた道を振り返ってみる。
DSC_2778_201706250604520fd.jpg

烏帽子岩に到着。
DSC_2779_201706250604536c7.jpg

こちらから見ると、ただの石舞台にしか見えなかった。
DSC_2780_20170625060455462.jpg

(つづく)
このページのトップへ

2017美ヶ原(上)

【2017年5月4日(木)】美ヶ原
GWの第2弾は2日に分けて、美ヶ原と高ボッチ・鉢伏山ハイキング。
第1弾の地蔵岳が結構ハードだったので、今回はゆるゆるにした。
愛車のパジェロミニは車検切れと同時に処分してしまった関係で、電車&レンタカーの旅になった。

この日は朝5時に起床して、5:50に出発。
いつも通り、新所沢駅前のコンビニで朝食と昼食を購入し、6:11発の電車に乗った。
高田馬場で山手線に乗り換え、新宿駅には7時頃に到着。
特急あずさが出る9番線に行くと、ちょうど私が乗る「あずさ51号」が入線したところだった。
DSC_4788_201706241759557c8.jpg

先頭車両まで行って、まずはお勤め。
DSC_4786_201706241800237ef.jpg

座席は10号車の6D。左の窓側だ。
8:23頃、大月を通過。停車していたのは富士急の普通列車。
DSC_4789_2017062417595722f.jpg

今日は日本晴れで、車窓から富士山はもちろん、南アルプスの白峰三山、甲斐駒、八ヶ岳などがよく見えた。
DSC_4790_20170624175957bb0.jpg
(勝沼ぶどう郷駅付近から見た南アルプス)

編笠山の雪がほとんど消えてなくなっていたので、ちょっと安心。
来週、初心者を連れて登らないといけないからだ。

雪がわずかに残った入笠山の富士見パノラマリゾートスキー場も見えた。
DSC_4791_20170624180000024.jpg

終点の松本駅には定刻通り10:20に到着。
DSC_4792_20170624180000165.jpg

松本駅に下り立つのは、蝶ヶ岳に登った時以来だから、もう5年ぶりということになる。
お城口から外に出ると、暑い。気温はこの時点ですでに20℃に達していた。
歩いて駅前のトヨタレンタリースへ。ちょっと迷ってしまった。
手続きを済ませ、ナビを美ヶ原自然保護センターに合わせて、10:45に出発。
市街地は何度も信号につかまり、なかなか進まなかったが、浅間温泉あたりからスムースに走れるようになった。
でも、ここからの山道が長い。21kmもある。
サイクリストがよく走っている道をぐいぐい登っていく。
登るにつれて北アルプスの峰々が見えてきた。
運転しているので写真は撮れないけど、やはり残雪の穂高や常念は素晴らしい。
天気に恵まれて、本当によかった。
途中、武石峰(1973m)の登山口に駐車スペースがあるかどうか確認しつつ走ったが、やはり、頂上までの距離が長い「思い出の丘」にしか駐車場はなかった。
美ヶ原散策の後、武石峰もつまみ食いしたいのだが、まあ気分次第ということで。

自然保護センターには11:35に到着。
真正面に王ヶ頭(2034m)のアンテナ群が林立していた。
DSC_2640_20170624180509169.jpg
駐車場には、かなり多くの車が停まっていたが、並ぶこともなく普通に入れた。
好天のGWにしては、この程度なのね、と幾分拍子抜けした。

こちらはイメージとしては美ヶ原の裏口に当たる。
DSC_2641_20170624180511cde.jpg
表玄関はやはりビーナスラインにつながっている山本小屋の方だろう。
頂上の王ヶ頭が目的なら、こちらの方が近いが、美しの塔に行きたいなら山本小屋の方が圧倒的に近い。
それにしても、ここは2000mに近いというのに、風が全然冷たくない。生温かいほどだ。
長袖シャツだけで十分なので、ウインドシェルは着なかった。

まずはここからの展望をチェック。
北東の方角は浅間山(2568m)方面。
DSC_2642_201706241805122a5.jpg

3月に登ったばかりだが、もうほとんど雪がなくなっている。
DSC_2643_201706241805145ef.jpg

根子岳(左、2207m)と四阿山(右、2354m)。
DSC_2644_201706241805152ac.jpg

その手前には、2年前に登った独鈷山(1266m)。
DSC_2645_20170624180444b07.jpg

美しの塔のあるあたり。
DSC_2646_20170624180446882.jpg

その左に鹿伏山(1977m)。
DSC_2647_2017062418044769d.jpg

トイレを済ませて、11:45に出発。
DSC_2648_20170624180449b15.jpg

自然保護センターは帰りに余裕があったら寄ることにする。
DSC_2649_20170624180450ec4.jpg

多くの人々は車道をそのまま登っていくが、私は左の登山道を選んだ。
DSC_2650_2017062418042178b.jpg

王ヶ頭までわずか1kmだ。
DSC_2651_20170624180422be5.jpg

こちらも車が通れそう。
DSC_2652_201706241804245e2.jpg

小さなケルンがたくさんある。
DSC_2654_20170624180427e27.jpg

鉄平石なので積みやすいのだろう。
DSC_2653_20170624180425fe9.jpg

このあたりが1922m標高点かな。
DSC_2655_2017062418035323d.jpg

あれ、すぐに、さっきの車道に合流してしまった。
DSC_2656_201706241803548f8.jpg

この道は結局、1922mピークに行くための道でしかなかった。
DSC_2657_2017062418035695d.jpg

このあたりは天狗の露路というらしい。
DSC_2658_20170624180357228.jpg

車道を進むとすぐにゲートがあり、その左に登山道があった。
DSC_2659_20170624180359fac.jpg
でも、雪が残っているため通行禁止とある。
これは観光客向けの掲示で、私のようなアイゼンを持っている登山者には適用されないとは思ったが、みんなが見ている前でロープをくぐり抜けていくのも目立つので、素直に車道を行くことにした。

しかし、車道からでも北アルプスの見晴らしが素晴らしい。
DSC_2661_20170624180333103.jpg

穂高連峰。
DSC_2662_20170624180335c6c.jpg

右の尖塔が槍ヶ岳(3180m)。雪が付いておらず、黒いのでちょっと分かりにくい。
右端は常念岳(2857m)。
DSC_2663_20170624180336cd2.jpg

その右。真っ白なのは大天井岳(2922m)。
DSC_2664_2017062418033820b.jpg

さらに右へ目を転じると、中央あたりに燕岳(2763m)。
その右下に有明山(2268m)の黒いシルエットが確認できる。
DSC_2665_20170624180308875.jpg

これはどの方角を写したのか忘れてしまったので分からない。
DSC_2666_201706241803101e4.jpg

爺ヶ岳(左、2670m)と鹿島槍ヶ岳(右、2889m)。
DSC_2667_20170624180311e69.jpg

それも含めて白馬方面の全容。
DSC_2669_20170624180314499.jpg

振り返ると、武石峰(1973m)。
DSC_2660_20170624180332ece.jpg

ではゲートをすり抜けて参りましょう。
DSC_2668_2017062418031377f.jpg

この道はわりと日常的に関係者の車が入るので、あまり荒れていない。
DSC_2670_201706241802448cd.jpg

巨岩の横を通過。
DSC_2671_20170624180245846.jpg

道の左手には多少雪が残っていた。
DSC_2672_201706241802477d8.jpg

まさにハイキングだ。
DSC_2673_20170624180248b57.jpg

王ヶ鼻への分岐まで20分ちょっとで着いた。
DSC_2674_2017062418025033b.jpg

この分岐からの眺めがまた素晴らしい。
南西の方角には、鉢伏山(1928m)の向こうに中央アルプス。
DSC_2675_20170624180219a28.jpg

南東の方角、霧ヶ峰・車山(1925m)の先に富士山。
DSC_2676_20170624180220161.jpg

鷲ヶ峰(1798m)の奥には、先週登った地蔵岳(2764m)。
DSC_2677_20170624180222361.jpg

蓼科山(2530m)。
DSC_2678_20170624180223554.jpg

八ヶ岳。
DSC_2679_20170624180225a50.jpg

この分岐を左折する。
DSC_2680_2017062418015152a.jpg

さすがに登山者が多い。
DSC_2681_20170624180153625.jpg

左手に以前、探索したことがある王ヶ山荘。
DSC_2682_20170624180154fb4.jpg

2年半前は倉庫として使われていたが、今はどうなのだろう。
DSC_2683_20170624180156eb1.jpg

まもなく王ヶ頭へのショートカット登山道との分岐に出た。
DSC_2684_20170624180158fe0.jpg

道標に従って行ったら、巻き道であることが判明。
もちろん巻き道からも行けるのだけど、これは不親切。
数㍍先の分岐から入り直した。
DSC_2686_2017062418012939a.jpg

正面に蓼科山と八ヶ岳が展開する。
DSC_2685_20170624180128c20.jpg

右下は三城牧場。
DSC_2687_20170624180131cf9.jpg

頂上には人だかりが。
DSC_2688_20170624180132e15.jpg

振り返れば、王ヶ鼻近くのアンテナと穂高連峰。
DSC_2689_201706241801348fd.jpg

鉄平石の道を登ること5分で、王ヶ頭に登頂。
DSC_2690_20170624180039a93.jpg

ここに来るのは、3年ぶり2度目である。
DSC_2691_20170624180041971.jpg

わりと混んでいたので、自撮りもせず、早々に立ち去る。
DSC_2692_201706241800429f6.jpg

後ほど、あの崖の縁、アルプス展望コースを歩く予定だ。
DSC_2693_20170624180044f3a.jpg

南アルプス方面は残念ながら少し雲が多い。
DSC_2694_20170624180045747.jpg

甲斐駒(2967m)も仙丈ヶ岳(3033m)も頂上は見えなかった。
DSC_2695_20170624180017d8d.jpg

食事の適地を探して、王ヶ頭ホテルに向かう。
DSC_2696_201706241800195bd.jpg

時刻はもうとっくに正午を過ぎている。お腹が空いた。
でも、その前に、御嶽神社に参拝しておいた。
DSC_2697_201706241800201ee.jpg
DSC_2698_20170624180021781.jpg

(つづく)
このページのトップへ

地蔵岳(8)

【2017年4月30日(日)】地蔵岳
巨大な擁壁工事現場を過ぎて青木鉱泉に向かっている。
DSC_2582_20170624054122089.jpg

ちょっとカッコいい案内図があった。
DSC_2583_20170624054124736.jpg

平和な林道歩きだ。
DSC_2584_2017062405412591e.jpg

ここはバス停ではないが、バス利用者のためのお知らせ時刻表。
シーズン中は1日4往復もあることにびっくり。
DSC_2585_2017062405412693e.jpg

でも、これが出てきたということは青木鉱泉も近い。
DSC_2586_20170624054129c09.jpg

そういえば、青木鉱泉はまだ営業していないとの噂を鳳凰小屋で聞いた気がするが。
DSC_2587_20170624054027b03.jpg

またしても、ミヤマキンバイの群落。まだ5月にもなっていないのに。
DSC_2588_201706240540296f7.jpg

やっと建物が見えた。
DSC_2589_20170624054030e05.jpg

工事現場から10数分。10:25に青木鉱泉に到着。予想していたのより、かなり大きい。
DSC_2590_2017062405403295b.jpg

しかし、雰囲気が静か。やはりお休みなのだろうか。
DSC_2591_201706240540331dc.jpg

とにかく、ここで登山道は終了。
DSC_2592_20170624054004ff3.jpg

ツツジが満開だった。
DSC_2593_20170624054006516.jpg

ここは薬師岳(2780m)に至る中道コースの起点でもある。
DSC_2595_20170624054009c6b.jpg

とりあえず、しばし休憩。
DSC_2596_20170624054010d05.jpg

御座石鉱泉には入りたくないので、お風呂はどこかの日帰り入浴施設になるかなあと思っていたら、ここで入れるらしい。
DSC_2594_2017062405400707f.jpg

御座石鉱泉まで行く道の状況を宿の人に聞きにいってくれたO君が仕入れた情報だ。
本営業は明日からだが、男だけなら今日入れてあげられるとのこと。
ありがたい。だったら、御座石で車を回収したら、ここに戻って来よう。
肝心の登山道の件だが、近年はほとんど誰も歩いておらず荒れているので、林道を歩いた方がいいとのこと。
登山道のコースタイムは1時間だが、林道経由でも1時間くらいで行けるそうだ。
時間がそれほど変わらないなら、別に登山道にはこだわらない。
むしろリラックスして歩けて、開けている方がいい。林道経由で行くことにした。
またまたお腹が空いてきたので、ここで麦チョコを食べ切ってしまった。
水道があったので、水も補給した。

15分ほど休んで出発。
DSC_2597_2017062405512025f.jpg

12:15発のバスがすでに待機していた。
DSC_2598_20170624055122ade.jpg
DSC_2599_20170624055123de0.jpg

そっか、ここから甘利山方面にも行けるんだった。
DSC_2600_201706240551243c5.jpg

ここの駐車場は有料。
DSC_2601_20170624055126a75.jpg

しばらくはダートの道を歩く。
DSC_2602_20170624053940f50.jpg

開けた場所に出た。
DSC_2604_20170624053943f81.jpg

正面に見えているのは、金峰山(2599m)だろうか。
あまり見たことのない角度からなので形が随分違うけど。
DSC_2603_20170624053942065.jpg

御所山(1892m)方面。
DSC_2605_20170624053945097.jpg

見えるのがちょっと不思議な気がするけど、櫛形山(2052m)かな?
DSC_2606_20170624053946fbc.jpg

背後は薬師岳(左)と観音岳(右、2840m)。
DSC_2607_201706240539152a2.jpg

林道はカラマツ林の中を貫いている。
DSC_2608_201706240539173ab.jpg

カラマツの新緑と観音岳の残雪の組み合わせ。実に素晴らしい。
DSC_2609_20170624053918505.jpg

ドンドコ沢は砂防工事が念入りに行われているようだ。
DSC_2610_20170624053920fd5.jpg

昭和34年建立の造林記念碑。
DSC_2611_20170624053922548.jpg

この先はずっと舗装道路。
DSC_2612_20170624053850dab.jpg

ヤマザクラがまだ咲いていた。
DSC_2613_20170624053852aee.jpg

砂防ダムで遊んでいる人を発見。
DSC_2614_20170624053853fee.jpg

右は燕頭山(2105m)。
DSC_2615_201706240538558ba.jpg

「床固」というのは文字通り、河床をコンクリートで固めて土砂の流出を防ぐもののことなのだろう。
DSC_2616_2017062405385611a.jpg

それにしても新緑が美しい。カラマツは紅葉した季節ばかり見ているので、新緑は新鮮だ。
DSC_2617_20170624053825ac9.jpg

甘利山への分岐を通過。
DSC_2618_20170624053827222.jpg

帰りは、この道を通って帰ることにした。
DSC_2619_201706240538286e2.jpg

このあたりの河原には、山菜採りの家族連れなどが、たくさん来ていた。
DSC_2620_2017062405383032b.jpg

実にすがすがしい車道歩きだ。
DSC_2621_20170624053831fc9.jpg
DSC_2622_20170624053759431.jpg

ドンドコ沢改め小武川を渡る。
DSC_2623_201706240538017f0.jpg

右前方に八ヶ岳。
DSC_2624_20170624053802ece.jpg

再来週、あそこに登るので、雪はどんどん解けてほしい。
DSC_2625_201706240538041f5.jpg

左は編笠山(2524m)。
DSC_2626_2017062405380547a.jpg

いや~いい季節だ。
DSC_2627_2017062405373321a.jpg

青木鉱泉から40分で御座石鉱泉への林道に合流。
DSC_2628_20170624053735ea7.jpg

ここから登りに転じる。
DSC_2629_2017062405373688a.jpg

ここが御座石林道の起点。
DSC_2630_201706240537389b3.jpg

湯沢を渡る。
DSC_2632_201706240537093ab.jpg

こちらも砂防ダムが累々と連なっている。
DSC_2633_20170624053711611.jpg

正面に薬師岳が覗いていた。
DSC_2631_201706240537391b3.jpg

分岐までは下りで楽だったが、この先はかなり急勾配の登り。
DSC_2634_20170624053712840.jpg

御座石鉱泉まで160mも登らなければならない。
DSC_2635_20170624053714705.jpg

しかも下界はかなり暑い。
DSC_2636_20170624053715ca5.jpg

途中、北精進ヶ滝に行く道が右に分岐していた。
DSC_2637_20170624053642caa.jpg

写真を撮ったりして、ぐずぐずしているうちに2人とは離れてしまい、最後まで追いつくことができなかった。
DSC_2638_20170624053644b9d.jpg

急な登りで最後の最後に汗をかいてしまったが、小屋から6時間かからずに御座石鉱泉に到着した。
DSC_2639_20170624053645050.jpg
青木鉱泉のおやじさんの言う通り、林道歩きは1時間ちょっとだった。
すぐに、車に乗って再び青木鉱泉に向かう。
一堂、「車は速いねえ」と改めて感心。
またお腹が空いたので、車内でグラノーラを食べてしまった。

青木鉱泉にとっては我々が今年最初の客となった。
DSC_4761_20170624053647dc7.jpg

沸かし湯なので、途中で宿の主人が「湯加減大丈夫?」と様子を聞きにきてくれた。
いい人だ。
DSC_4762_20170624053648b70.jpg

入浴料1000円の価値はあった。
DSC_4764_20170624053615606.jpg
蛇口からお湯は出なかったけど大満足。
それにしてもさっぱりした。
お礼を申し上げて、午後1時に出発。

韮崎には往路とは別ルートの鳥居峠を経由して向かった。
八ヶ岳などが望める景色のいいドライブコースだった。

この付近にはろくな店がないので、昼食は甲府で食べることにして、国道20号を東進。
正面にちょっと霞んだ富士山が大きく見えた。
DSC_4765_20170624053616149.jpg

お昼は結局、甲府市内の甲州名物ほうとうの店にした。
DSC_4766_2017062405361884a.jpg

チェーン店の「小作」である。
DSC_4769_20170624053549bff.jpg

私は、ほうとうは汗をかきそうだったので、忍野そばとミニうな丼のセット(1300円)にした。
DSC_4770_20170624053551ece.jpg
二人はほうとうのセット。

その前に、つまみとして甲州のB級グルメ鳥モツと馬刺しを頼んだ。
DSC_4768_20170624053621e4c.jpg
DSC_4767_201706240536193a5.jpg
いずれも、おいしかった。
二人はノンアルを飲んだが、私は止めておいた。
そばセットだけでお腹いっぱいなのに、ほうとうセットの方はさらにボリューム満点で、H君は食べきれないからと、少しほうとうを分けてくれた。
全部食べるのは大変だけど、少しだとおいしいね。

一堂満腹になって車に戻る。
甲府駅には14時半前に着いた。
DSC_4771_20170624053552f11.jpg

ここでO君とはお別れ。
DSC_4772_20170624053554631.jpg
H君は15:55発のあずさの指定券を買ってあるが、早い電車が空いていたら、その方がいい。
15:03甲府発の特急あずさが運よくまだ空いていたので、彼はそれに変更。

私はみどりの窓口でH君と別れ、14:46発の普通列車へ。
DSC_4773_201706240535550b4.jpg
その前にトイレで不要なものは出しておいた。
始発ではなかったが、ちょうど1つボックス席が空いていたので、そこに陣取る。

南側なので陽射しが暑いが、私には車窓を見る方が優先だ。
DSC_4774_20170624053534fe9.jpg
電車は各駅に停まるたびに登山者を乗せていく。
どんどん混んでくるのに、前に座っていた若者は隣の席に置いたカバンをどけようとしない。
暑そうにしていたので、最初は日よけを下ろしてあげようと思っていたが、そういう態度なら罰として陽射しの刑に処した。
大月あたりでほぼ満席となり、上野原でぎゅうぎゅうになった。
さすがにGWだ。

高尾で特別快速に乗り換え。
こちらも座ることができた。
国分寺発の電車は新所沢直通でうれしかった。
帰宅したのは18時。
今回もまた雪山だったが、気になっていた鳳凰小屋泊の周回コースを歩けて、滝もすべて見られて満足。
何より、北海道から来たH君が喜んでくれたのがうれしかった。

【行程】2017年4月30日
鳳凰小屋(6:00)~五色の滝(6:43)~白糸の滝(7:09撮影、身支度7:18)~鳳凰の滝分岐(7:54)~鳳凰の滝(8:05撮影、休憩8:16)~青木鉱泉分岐(8:23)~南精進の滝分岐(8:53)~南精進の滝(8:59撮影9:01)~分岐(9:04)~沢コース分岐跡(9:51)~法面工事現場(10:12)~青木鉱泉(10:25休憩10:41)~林道分岐(11:21)~御座石鉱泉(11:48)
※所要時間:5時間48分(歩行時間:5時間20分)コースタイム:5時間40分
※登った山:なし
※歩行距離:10.9km
このページのトップへ

地蔵岳(7)

【2017年4月30日(日)】地蔵岳
鳳凰小屋から3時間で南精進ヶ滝に着いた。
DSC_2489_2017062306223684a.jpg

2段の滝の間に滝壺が見える。
DSC_2492_20170623062237401.jpg

水量が多く、今回見た4つの滝の中では最も迫力があった
DSC_2493_20170623062238ede.jpg

岩壁もほぼ垂直。
DSC_2495_20170623062241e7f.jpg

水がめちゃめちゃきれいだ。
DSC_2494_20170623062240079.jpg

やけに早いが、日向にミヤマキンバイが咲いていた。
DSC_2496_201706230622029f9.jpg

というわけで、南精進ヶ滝を後にする。
DSC_2497_201706230622047a7.jpg
「南」というくらいだから「北」もあるのだろうと調べてみたら、燕頭山(2015m)をはさんで北にある石空川の上流に「北精進ヶ滝」があった。

慰霊碑のある分岐を通過。
DSC_2498_20170623062205132.jpg

ちょっと大きめの沢を渡渉する。
DSC_2499_2017062306220793e.jpg

しかしここで不覚にもスリップし、左手を沢の中にザブンと付いてしまった。
シャツの袖がびしょびしょになったが、絞るわけにもいかず、そのまま乾かすしかない。
DSC_2500_20170623062208cbe.jpg

それにして転倒しなくてよかった。
DSC_2501_20170623062140b17.jpg

ここから先がまた長い。
DSC_2502_201706230621415f7.jpg

またまたコバイケイソウの群落。
DSC_2503_20170623062143ab3.jpg

でも、コバイケイソウではなくバイケイソウなのかな。
DSC_2504_20170623062144db2.jpg

これだけでは、ちょっと見分けが付かない。
DSC_2505_20170623062146d51.jpg

標高1500m付近まで下ってきた。
DSC_2506_20170623062117320.jpg

正面に巨岩が見えるが、あの下をくぐるのかな。
DSC_2507_20170623062119406.jpg

胎内くぐりかと楽しみにしていたら、道は手前で右折していた。
DSC_2509_20170623062120554.jpg

またまた渡渉のようだ。
DSC_2510_20170623062122c3b.jpg

今度はすんなり。
DSC_2511_20170623062123c6f.jpg

でも、この沢は別の意味で随分危なげだ。
DSC_2512_201706230620547b5.jpg

ほとんど崩れかけている。
DSC_2513_20170623062055abf.jpg

対岸にも大規模な崩落箇所が見えた。
DSC_2516_201706230621009db.jpg

真っ白な花崗岩。
DSC_2514_201706230620571c0.jpg

花崗岩の沢はほんとに水がきれいだ。
DSC_2515_201706230620589d1.jpg

こういう崩落予備軍な感じも南アルプスの特徴だろう。
DSC_2517_20170623062030373.jpg

この程度の滝なら無数にある。
DSC_2518_2017062306203211c.jpg

燕頭山のピークかしら。
DSC_2519_2017062306203360b.jpg

久々に見えた稜線。たぶん観音岳(2780m)の北にある2840mピーク。
DSC_2520_20170623062035241.jpg

山腹のトラバースなので、道が細いところもあるし、アップダウンもある。
DSC_2521_201706230620363cc.jpg

その連続なので、いい加減疲れる。
DSC_2523_20170623062009d1c.jpg

それだけにコバイケイソウの緑に癒される。
DSC_2522_20170623062007988.jpg

もうしばらくの辛抱だ。
DSC_2524_20170623062010585.jpg

9時半頃、青木鉱泉から登ってくる人とすれ違った。
DSC_2525_20170623062012aed.jpg

右手に見える稜線。
DSC_2526_20170623062013c12.jpg

なおもトラバース。
DSC_2527_20170623061943e33.jpg

ただ斜面はだいぶなだらかになってきた気もする。
DSC_2528_2017062306194519e.jpg

かと思えば、崩落箇所の上を行く。
DSC_2530_20170623061948bd1.jpg

ロープのある細いトラバース。
DSC_2531_20170623061949ad9.jpg

わりと古めの道標。
DSC_2529_20170623061946161.jpg

こちらは随分略式だ。
DSC_2532_201706230619195a3.jpg

ここからはジグザグに100m以上下っていく。
DSC_2533_20170623061920ea8.jpg

文字通りのつづら折りだ。
DSC_2534_201706230619222d7.jpg

黙々と行ったり来たりを繰り返す。
DSC_2535_20170623061923f95.jpg

いったん山側を振り返る。
DSC_2536_2017062306192598c.jpg

写真を撮っている間に2人は随分先まで行ってしまった。
DSC_2537_201706230618551d8.jpg

途中、分岐っぽいところに出た。山腹トラバースの道は通行禁止のようだ。
DSC_2538_20170623061857580.jpg

「山と高原地図」にはしっかりした実線で書かれているのだが。
DSC_2539_20170623061858dad.jpg

大きな砂防ダムのあるあたりまで下ってきた。
DSC_2540_20170623061900339.jpg

このあたりで標高は1300m。
DSC_2541_20170623061901c32.jpg

標高差120mの斜面を下り切った。
DSC_2542_20170623061828069.jpg

南精進ヶ滝から1時間近く歩いて、やっとドンドコ沢の谷底まで下りてきた。
DSC_2543_20170623061830d8d.jpg

振り返れば、地表が剥がれ落ちたかのような岩壁。
DSC_2544_20170623061831580.jpg

右手には本流の砂防ダムが見えた。
DSC_2545_201706230618338e6.jpg

こちらは支流の石積み砂防ダム。
DSC_2546_201706230618342db.jpg

登る人にとっては、ここからが本格的な登山道だ。
DSC_2547_20170623061804b5e.jpg

さっきの支流を渡渉。
DSC_2548_201706230618069cb.jpg

鉄分が多いのか水の色が赤い。
DSC_2549_20170623061807be7.jpg

これまた、やけに早いタテヤマリンドウ。
DSC_2550_20170623061809786.jpg

やっと平らな道を歩ける。
DSC_2551_20170623061810167.jpg

振り返ると、木々を透かして、地蔵岳(2764m)、観音岳の稜線が見える。
DSC_2552_20170623061738101.jpg

谷底に下りてきても、まだまだ下るようだ。
DSC_2553_201706230617406b6.jpg

鳳凰小屋から4時間が経過。10時を過ぎた。
DSC_2554_20170623061741e9e.jpg

落ち葉を踏みしめて進む。
DSC_2555_20170623061743b02.jpg

完全に河川敷の中に入った。
DSC_2556_20170623061744a90.jpg

平和通りである。
DSC_2557_20170623061714d04.jpg

韮崎北西小学校の仁科里夏ちゃんが揮毫した小武川第三砂防堰堤を通過。
DSC_2558_20170623061716681.jpg

岩の隙間から健気に咲くツツジ。
DSC_2559_20170623061717876.jpg

壁だ。
DSC_2560_20170623061719b91.jpg

作業用道路に入ってきた。
DSC_2561_201706230617206f0.jpg

このあたり広範囲で工事をしているようだ。
DSC_2562_20170623061651bd2.jpg

法面工事だ。かなり大規模である。
DSC_2563_2017062306165280f.jpg

それを避けるため、ここから登山道は右岸に迂回する。
DSC_2564_20170623061654aae.jpg

本流の堰堤を渡ることになる。
DSC_2565_20170623061655cea.jpg

巨大なピカチュウだ。
DSC_2566_20170623061657479.jpg

川を渡ったおかげで、ダムの向こうに観音岳を望むことができた。
DSC_2568_20170623061626608.jpg
DSC_2570_201706230616295fa.jpg

やはりまだ雪が多い。
DSC_2571_20170623061631e96.jpg

景観は損ねてしまうが、崩落防止のためには止むを得まい。
DSC_2569_201706230616284ce.jpg

この工事は何年がかりなのだろう。
DSC_2572_20170623061632942.jpg

資材を運ぶケーブル。
DSC_2573_20170623061554a9a.jpg

警報機。
DSC_2574_20170623061556a19.jpg

さすがに今日は日曜日なので作業はお休みだ。
DSC_2575_20170623061557731.jpg

再び左岸に戻る。
DSC_2576_20170623061559888.jpg

再度、観音岳。
DSC_2578_20170623061600202.jpg

左岸に渡った。
DSC_2579_201706230615308f7.jpg

あとは、ダートだけど車道歩きになる。
DSC_2581_201706230615332d7.jpg

すっかりリラックスムードだ。
DSC_2580_20170623061532a9a.jpg

(つづく)
このページのトップへ

地蔵岳(6)

【2017年4月30日(日)】地蔵岳
五色滝を見学して、青木鉱泉を目指している。
DSC_2404_201706220558151f8.jpg

次は白糸滝に向けて下っていく。
DSC_2405_20170622055816f18.jpg

この道標、いったい五色滝はどっちなのか。
DSC_2406_20170622055818ebe.jpg

小さな谷を横断。
DSC_2407_20170622055819094.jpg

このあたり、踏み跡が正しいのかどうか慎重に見極めながら進む。
DSC_2408_2017062205582148f.jpg

もう沢が露出しているところもあり、安全なルートを選ばないといけない。
DSC_2409_201706220557539fe.jpg

時折、夏道が見えるとホッとする。
DSC_2410_20170622055755ce2.jpg

ただ、トラバースはかなり歩きにくい。
DSC_2411_201706220557579cd.jpg

振り返ると、たいぶ土が見えてきていることがよく分かる。
DSC_2412_2017062205575845d.jpg

巨岩。
DSC_2413_2017062205580025b.jpg

岩壁をトラバース。
DSC_2414_20170622055732b30.jpg

白糸滝の前には五色滝分岐から20数分で着いた。
DSC_2416_20170622055735569.jpg

かなり古い看板も残っていた。
DSC_2415_20170622055734e56.jpg

滝はここからすぐ見える。
DSC_2417_201706220557371ab.jpg

上の方が白糸滝だろう。
DSC_2418_201706220557386c3.jpg

ほとばしる雪解け水。
DSC_2419_20170622055711f82.jpg

巨大な岩がゴロゴロしている。
DSC_2420_20170622055712451.jpg

南に見えるのは千頭星山(2139m)か。
DSC_2421_20170622055714c6a.jpg
DSC_2423_20170622055717aa1.jpg

やはり岩の固いところが滝になるようだ。
DSC_2422_2017062205571594a.jpg

だいぶ雪も少なくなったので、ここでアイゼンを外そうということになった。
DSC_2424_20170622055638930.jpg
私はこの先もしばらく日蔭にはかなり残っていそうな気がしたので、まだ早いかなと思い、チェーンに履き替えるにとどめた。

その後も氷が残っていたり、雪があったりしたので、これで正解だった。
DSC_2425_20170622055640e03.jpg

でも、氷は見えにくく、チェーンも効かないことが多いので細心の注意を払った。
DSC_2426_20170622055642e36.jpg

標高1900m付近でほぼ雪がなくなったので、チェーンを外した。
DSC_2427_201706220556438d5.jpg

あとは、夏道。
DSC_2428_201706220556446ce.jpg

やっとリラックスできる。
DSC_2429_20170622055614590.jpg

ただ、下りの傾斜がかなりきつい。
DSC_2430_201706220556162bf.jpg

辛抱、辛抱。
DSC_2432_20170622055618c1e.jpg

着実に下ってはいるのだから。
DSC_2431_201706220556171a9.jpg

この角柱状の巨岩は上から滑り落ちてきたのだろうか。
DSC_2433_20170622055620d2d.jpg

末端につっかえ棒がしてあった。
DSC_2434_20170622055551e40.jpg

下り始めて2時間近く経過。
DSC_2435_20170622055552963.jpg

小さな沢を渡渉したりする。
DSC_2436_20170622055554436.jpg

清冽な流れだ。
DSC_2437_20170622055555fed.jpg

崩落で道が寸断されている箇所に出た。
DSC_2438_201706220555576ff.jpg

迂回のためかなり登らなければならない。
DSC_2439_2017062205552122c.jpg

二日酔いの影響で登り返しがかなりきつい。
DSC_2442_20170622055524c15.jpg

尖塔の下でやっと下りになった。
DSC_2441_20170622055523da1.jpg

ここの下りには凍結箇所があった。スリップ注意だ。
DSC_2443_20170622055526ed4.jpg

迂回路をクリアして間もなく、鳳凰の滝への分岐に到着。
DSC_2444_20170622055527b7a.jpg

鳳凰の滝まで200m5分と書いてあったが、10分近く歩かされた。
また戻るのが面倒だったが、途中、直接青木鉱泉に通じる道が分岐していて助かった。
DSC_2445_2017062205545465e.jpg

段々になっている、それなりの滝が見えてきているのに、O君はどんどん進んでいく。
DSC_2446_20170622055456139.jpg

これが鳳凰の滝ではないのか。
DSC_2447_2017062205545706f.jpg

その上は雪渓だけど。
DSC_2448_20170622055459dca.jpg

じゃあ、あれのこと?
DSC_2449_20170622055500ba2.jpg

いや、この白い岩の奥にも何かありそうだぞ。
DSC_2450_20170622055429968.jpg

あ、見えた、見えた。
DSC_2452_20170622055432788.jpg

ずっと死角になって見えなかったが、向かい合って2つの滝が流れ落ちている。
DSC_2451_201706220554305c7.jpg

それが鳳凰の翼のように見えたから、その名が付いたのだろう。
DSC_2453_20170622055433158.jpg

名前の由来を勝手に想像して、納得した。
DSC_2455_201706220554012d5.jpg

そういえば、この岩は面長な人の横顔のように見えるね。
DSC_2456_201706220554038ac.jpg

朝食をろくに食べていないので、さすがにお腹が空いてきた。
ここで小休止して、非常食のあんパンを1個食べることにした。
DSC_2454_201706220554352c2.jpg
これで青木鉱泉までは持つだろう。
医者のH君が二日酔いには、水をどんどん飲むのがいいとアドバイスしてくれたので、ここまで本当によく飲んできた。
お茶500ccと小屋の水500ccはもうなくなりそうだったので、ここで沢水を1㍑補給した。

10分ほどで出発。
DSC_2457_20170622055404d59.jpg

坂の途中で、間違えてこの枝をつかんでしまい、指に棘が刺さってしまった。
DSC_2458_20170622055406030.jpg

滝の分岐までは戻らず、ここを右折する。
DSC_2459_201706220554085f0.jpg

もう、雪は完全になくなってしまった。
DSC_2460_20170622055337be8.jpg

左手に見えるのは、昨日巻いた2216mピークかな。
DSC_2461_20170622055339ef1.jpg

急な下りはなおも続く。
DSC_2462_20170622055341d95.jpg

標高が下がって、だいぶ暖かくなってきた。
DSC_2463_201706220553425a8.jpg

岩場のへつり。
DSC_2464_2017062205534384b.jpg

小さな沢を通過。
DSC_2465_201706220553140fc.jpg

花崗岩なので、川の水も透き通っている。
DSC_2466_201706220553154eb.jpg

この沢も渡る。
DSC_2467_20170622055317afd.jpg

しめ縄をかけたような岩。
DSC_2468_201706220553183e6.jpg

左手の稜線の岩も花崗岩だ。
DSC_2469_201706220553204f2.jpg

下にも花崗岩がゴロゴロ。
DSC_2470_20170622055229e56.jpg

地形図では、次の南精進ヶ滝までわりと近く書かれていたのに、かなり下らされている。
DSC_2471_20170622055230360.jpg

もう滝はいいや、くらいな気持ちになってくる。
DSC_2472_201706220552324a5.jpg

コバイケイソウの新芽が出ていた。
DSC_2473_2017062205523393c.jpg

道端に群生している。
DSC_2474_20170622055235504.jpg

今年は豊作だろうか。
DSC_2475_20170622055205e93.jpg

春の息吹を思い切り感じた。
DSC_2476_20170622055206592.jpg

花崗岩の小さなケルンを通過。
DSC_2477_2017062205520804f.jpg

それにしても遠いぞ。
DSC_2478_20170622055209a06.jpg

結局、南精進ヶ滝の分岐まで30分もかかった。
DSC_2479_20170622055211743.jpg

ここには遭難者の慰霊碑があった。
DSC_2480_20170622055142770.jpg

遭難は11月とのことだが、天候の急変にでも遭ったのだろうか。
DSC_2481_201706220551446f8.jpg

手を合わせて滝へ向かう。
DSC_2482_201706220551452ce.jpg

このあたりも崩落箇所が多い。
DSC_2483_20170622055147018.jpg

一つ間違うと奈落の底。
DSC_2484_20170622055148148.jpg

滝まで随分歩かされた。
DSC_2485_20170622055117070.jpg

しかも岩場まで登らされた。
DSC_2487_20170622055120424.jpg

滝展望台経由で地蔵岳に行ける道があるようだ。本当かね。
DSC_2486_20170622055120427.jpg

6分かかって、やっと到着。
DSC_2490_201706220551232f6.jpg

滝は上下に分かれていた。
DSC_2488_201706220551220ca.jpg
DSC_2491_20170622055102342.jpg

(つづく)
このページのトップへ

地蔵岳(5)

【2017年4月29日(土)】地蔵岳
地蔵岳(2764m)から下りてきて、13時半に鳳凰小屋のこたつ部屋で祝杯を上げた。
はじめは我々3人だけで飲んでいたが、少しずつ人が増えていった。
最初に来た単独の男性は、東京の人。甲府に前泊して、韮崎発の始発バスで来たとのこと。
本当は東京を朝出て、2番目のバスで来ようと思ったが、踏み抜き情報で時間がかかると思ったので前泊にしたのだとか。登頂は明日にして、そのままピストン下山する予定らしい。
我々より3つ年上で、山を始めてまだ2年だが、去年はテントをかつぎ3泊4日で、三伏峠から塩見、間ノ岳を縦走したという。大した脚力だ。

次に入ってきた熟年夫婦は、なんと秋田から。
百名山をやっているらしく、「まだ60座ほどです」と謙遜していた。
自営で歯型を作っていらっしゃる方で、仕事の都合をつけて、まとまった休みを取り、集中的に百名山を登っているらしい。昨年は北海道を随分回ったのだとか。

間もなく、バイトの女の子が「今ひまなので、ちょっといいですか~」と言って、こたつに入ってきた。
山は好きだけど、小屋のバイトは初めてで、ここまで登ってくるだけで心が折れたと言っていた。
学生さんかと聞くと、もう卒業しており、就職はせず、新宿のバーで働いているという。
出身は上田で、長野の山ばかり登っていたのだとか。うらやましい話だ。
H君は「女の子がつく小屋なんて初めてだ。素晴らしい」と感激していた。

次に登場したのは単独女性。
O君と同じ静岡市内在住&我々と同じ学年ということで、これまた盛り上がった。
同じ年とは言うが、一回りくらい違うではないかというくらい若かった。
翌朝4人で記念撮影をしたが、我々のカメラには残っていない。失敗した。
このあたりからかなり酔いが回ってきたので、記憶があいまいだ。

カップルの2人はつい最近、別の山で出会って意気投合し、今度は韮崎駅で待ち合わせしようということになり、今ここにいるとのこと。
これにはみんなで「お~」と感激した。

みんなで話しているうちに、ドンドコ沢コースを上がってきたパーティーがいるらしいとの情報を得て、私が詳しいことを聞きにいくことになってしまった。
テン泊の人だったというので、テン場まで行き、だれかれ構わず「ドンドコ沢から来ましたか」と聞きまくった。
DSC_4747_20170621082821fb6.jpg
ずっと「いいえ」の連続だったが、酔っぱらっていて私の声が大きかったのか、テントからわざわざ顔を出して、「私ドンドコ沢ですけど」と名乗り出てくれた。
聞くと、踏み抜きもそれほどではないし、道にも迷わなかったという。
酔っていなければ、知らない人に聞いて回るような真似はできなかっただろう。

部屋に戻って、その旨報告。
あすは天気がいい予報なので、赤抜沢ノ頭まで登って北岳を拝んでから下山する案もあったが、ドンドコ沢をまっすぐ下ることにした。
車は御座石温泉に置いてあるので、ドンドコ沢の登り口、青木鉱泉から御座石まで1時間余計に歩かないといけないが、下山するだけなら時間はたっぷりあるので、とくに問題ない。
そういうことで明日はドンドコ沢を下ることに決定した。
わたし的には、ピストンが避けられて、ピンクの線を地形図にたくさん引けるので、この上なくありがたい。

夕食は17時半からカレー。みんなで一旦、食堂に移動する。
DSC_4745_20170621082849bf6.jpg
カレーは生姜味が効いていたとH君が言っていたが、これまで4時間飲み続けており、味はほとんど記憶にない。
私も半分おかわりしたらしいが、それも記憶にない。
でも具がたっぷり入ったおいしいカレーだったことは間違いない。

食後またこたつに戻り、さっきより大勢の方々(20人くらい?)と歓談したのだが、内容は全部忘れた。
DSC_4755_20170621082805a5c.jpg
19時半に消灯となり、電気からランプに変わったことだけは覚えている。
小屋開けのため雪掘りをしたアオト君やオーナーにあれこれ取材していたらしいが、それも翌日H君から聞いた話。
20時半にはお開きになったので、寝床へ。
耳栓をしようとポーチを探したが、見当たらないので、そのまま寝てしまった。
夜中はものすごく寒くて何度も目が覚めた。
下に敷いていた毛布を上にかけ直してもまだ寒かった。
それに目が覚めるたびにひどい頭痛。完全な二日酔いだ。
担ぎ上げた、ウイスキーと焼酎計1㍑を3人で飲み干してしまったのだから、さもありなん。

【行程】2017年4月29日
御座石鉱泉(6:38)~西ノ平(7:27)~旭岳(8:47)~燕頭山(9:26休憩9:37)~鳳凰小屋(11:14昼食11:44)~地蔵岳(12:36撮影12:43)~鳳凰小屋(13:08)
※所要時間:6時間30分(歩行時間:5時間35分)コースタイム:7時間40分
※登った山:3座(うち新規2座:旭岳、燕頭山)
※歩行距離:7.2km

【2017年4月30日(日)】
まだ暗いうちから、パッキングをしている人々の音がする。
それがかなり長い。
早出するなら、前夜のうちにある程度やっておいて、仕上げは1階に下りてからしてほしいものだ。
それにしても頭が痛い。
夜中何度も目が覚めながら、その都度、眠りに落ちたが、4:40にとうとう眠れなくなってしまった。
便意を催していたので、外のトイレへ。
20分近く粘って大量に出た。二日酔いのわりにはゆるくなかった。
DSC_4748_20170621082823db4.jpg

部屋に戻って布団の中に潜り込んだが、間もなくほとんどの人が動き出した。
DSC_4754_20170621082827b7f.jpg

やむなく我々も起きてパッキングを始める。
DSC_4753_2017062108282535f.jpg
激しく気持ち悪いので、お茶をぐびぐび飲んだ。

5時半に朝食のため1階の食堂に下りたが、全く手が付けられない。
DSC_4752_2017062108282325f.jpg
ご飯とおかずを3口ずつ食べてギブアップ。
おかずはO君に進呈した。
向かいに座った人が「二日酔い大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。
昨夜の酔っぱらった私の醜態を見ていたのだろう。
「だめです。ひどいです」と答えるのが精いっぱいだった。

ただ吐き気はそれほどでもなく、歩くにはとくに問題なさそうだ。
DSC_2370_201706210831024ce.jpg

わりと早く準備ができたので、ドンドコ沢コースの入口を確認しておく。
DSC_2371_20170621083103ee0.jpg
道標はあるのだが、そちらの方向は雪捨て場になっており、昨日上がってきたという方々の足跡がない。
小屋のスタッフに聞いてみたら、「あの木の間が登山道なんですが、足跡がないですね。どこから入ってきたんだろう」と彼も首をひねっている。
「登山道にペンキとかはあるんですよね」
「ええ。夏道なら迷うことはないんですが。この先いったん沢に出て、また樹林帯に入りますので」
という情報を得て、とにかくその木の間を行くことにする。

OH砲の準備も整い、ちょうど6時に出発。
いい天気になった。
DSC_2374_201706210831086f2.jpg

「こっちだそうだよ」と言って、最初だけ私が先導。
するとトイレの先に、踏み跡を見つけた。
DSC_2372_2017062108310533c.jpg

ラッキー。あとは、これをたどって行けばいい。
DSC_2373_20170621083106159.jpg

道も間違いない。
DSC_2378_2017062108304479d.jpg

まだ朝方なので、雪も固く締まっており、歩きやすい。
DSC_2376_2017062108304199b.jpg

でも、昨日歩いた人の足跡はかなり深いのもあり、それなりに踏み抜きはあったようだ。
DSC_2375_20170621083040a66.jpg

結果論だが、ドンドコ沢を行きではなく帰りに使ったのは正解だった。
DSC_2377_201706210830436f4.jpg

小屋番の人が言った通り、一旦、沢に出た。
DSC_2379_201706210830465cd.jpg

この下は水が流れているのだろう。
DSC_2380_20170621083017122.jpg

歩きやすいので、このままずっと下まで下っていきたいほどだ。
DSC_2381_20170621083019972.jpg

背後は赤抜沢ノ頭かな。
DSC_2382_20170621083020803.jpg

谷にはこんな大きな岩も転がっている。
DSC_2383_20170621083022f87.jpg
DSC_2385_20170621082953ad7.jpg

お、オベリスクも見えた。
DSC_2386_2017062108295497b.jpg

今日登る人は吹雪に遭わないで済むだろう。
DSC_2384_20170621083023706.jpg

これはミニオベリスク?
DSC_2388_20170621082957435.jpg

正面に霞んでいるのは、もしかして富士山?
DSC_2387_2017062108295631e.jpg

20分弱で沢道は終了。
DSC_2389_2017062108295992b.jpg

再び樹林帯に入る。
DSC_2390_2017062108293136a.jpg

途中で暑くなり、ダウンを脱いだ。
DSC_2391_201706210829326ac.jpg

とりあえず目指すは五色滝。
DSC_2392_20170621082934210.jpg

早くも、ところどころ、土が見えてきた。
DSC_2393_201706210829354db.jpg

昨日の踏み抜きも目立つ。
DSC_2394_201706210829378ab.jpg

かなり傾斜がきついところがあり、下るのも結構難儀だ。
DSC_2395_20170621082907fd5.jpg

出発してから40分ほどで五色滝の分岐に着いた。
DSC_2396_20170621082909041.jpg

ときどき、昨日の足跡が道を間違えていて、こちらもそれにつられて誤った方向に行ってしまったりしたが、その都度、3人で回りを見渡し、赤いペンキを探しながら軌道修正して、何とかたどり着いた。
DSC_2397_20170621082910d49.jpg

五色滝までは分岐から2分ほど。
DSC_2398_20170621082911fd1.jpg

とくに五色には見えないが、なかなかの迫力だった。
DSC_2399_20170621082913887.jpg
DSC_2402_20170621082846a97.jpg

下には氷柱が出来上がっていた。
DSC_2400_2017062108284389a.jpg

残雪も面白い。
DSC_2403_20170621082848214.jpg

ゆっくり眺めを堪能して、出発した。
DSC_2401_20170621082845d93.jpg

(つづく)
このページのトップへ

地蔵岳(4)

【2017年4月29日(土)】地蔵岳
鳳凰小屋の前でお昼を食べて、11:45頃、地蔵岳(2764m)山頂に向けて出発。
DSC_2287_20170620094610a13.jpg
お酒など、余計な荷物は小屋に置かせてもらったので、ほぼ空身だ。
オーナーさんに「だいたい1時間だよ。いってらっしゃい」と見送ってもらった。

山頂への道は水場の前を通っていく。
DSC_2292_201706200946157a3.jpg

雪解け水なので、かなり冷たそうだ。
DSC_2290_20170620094612b8e.jpg

奥に見えるあの建物はハイシーズンに使用するのかもしれない。
DSC_2291_201706200946140b9.jpg

この先はもう完全な雪道。
DSC_2293_20170620094617621.jpg

しばらくは樹林帯の中を行く。
DSC_2294_20170620094549463.jpg

かなり雪が深い。
DSC_2295_201706200945500a6.jpg

O君は体が冷えてしまったと言ってダウンを着込んでいたが、すぐに暑くなり、やはり脱いでしまった。
DSC_2296_201706200945523f0.jpg

急登が続く。
DSC_2297_20170620094553eef.jpg

間もなく、木々の隙間から激しい岩壁が見えてきた。
DSC_2298_201706200945552c6.jpg

あそこでクライミングする人はいるのだろうか。
DSC_2300_201706200945280a4.jpg

地蔵岳から東に延びる稜線。
DSC_2299_20170620094527d33.jpg

再び樹林帯へ。
DSC_2301_20170620094530824.jpg

真ん中に氷の尾根がある木橋を渡る。
DSC_2302_201706200945315f9.jpg

1時間とは言え、なかなか歯ごたえがある。
DSC_2303_2017062009453382f.jpg

美しい森を抜けて、ぐいぐい高度を稼いでいく。小屋からの標高差は370mほど。
DSC_2304_201706200945010bb.jpg

まだ陽射しがあるが、天気は持ってくれるかな。
DSC_2305_2017062009450304d.jpg

左手に観音岳(2841m)への稜線も見えてきた。
DSC_2306_20170620094504847.jpg

しかし、観音岳の向こうに大きな雲が。
DSC_2308_20170620094505392.jpg

とにかく、いよいよ最後の直登にかかる。
DSC_2310_20170620094507138.jpg

植生はダケカンバに変わった。
DSC_2311_20170620094438a72.jpg

やっと、オベリスクが出現。
DSC_2312_20170620094440d9d.jpg

樹林帯を抜けると、大雪渓のような急斜面が目の前に展開した。
DSC_2313_20170620094441a94.jpg

頂上は眼の前のように見えるが、あと20分はかかるだろう。
DSC_2315_20170620094444cf6.jpg

最終的には25分もかかってしまったけど。
DSC_2317_20170620094406e64.jpg

左手は観音岳。
DSC_2318_20170620094407f20.jpg

陽射しを遮るものがないので、雪がまぶしくて、雪目になりそうになった。
DSC_2319_201706200944096f8.jpg

それにしてもきついぞ。
DSC_2320_20170620094410e6f.jpg

かなり息が上がる。何度も立ち止まって観音岳を眺めた。
DSC_2321_2017062009441276e.jpg

振り返ると、まだそれほど登っていないことが分かる。
DSC_2322_20170620094334411.jpg

オベリスクはすぐそこにあるのに。
DSC_2325_2017062009433721e.jpg

ピークはさっき通過した燕頭山(2105m)。
DSC_2324_20170620094336b04.jpg

当然、あの上にまで登る気はさらさらない。というか登れない。
DSC_2326_20170620094338093.jpg

途中でO君が落としたタオルを拾って、頑張って追いつき渡した。
DSC_2327_20170620094340199.jpg

花崗岩。
DSC_2329_20170620094309d51.jpg

この雪の下は、花崗岩が風化した真砂土の斜面だ。
DSC_2328_20170620094307049.jpg

雪とどっちが登りやすかっただろう。
DSC_2330_20170620094310e53.jpg

背後に奥秩父の稜線が霞む。
DSC_2331_201706200943112d6.jpg

時折、強い風が吹き抜けていく。
DSC_2332_20170620094313924.jpg

あやや、正面から不穏な雲が湧いてきたぞ。
DSC_2333_201706200942414be.jpg

大丈夫だろうか。
DSC_2334_20170620094243594.jpg

オベリスクの背後も白くなってしまった。
DSC_2335_20170620094244d57.jpg

そして完全に日が隠れてしまった。
DSC_2336_20170620094246f9c.jpg

頂上付近は多少、真砂土が露出している。
DSC_2337_20170620094247aad.jpg

もう一度、振り返り。
DSC_2338_20170620094215244.jpg

地蔵岳の東稜。
DSC_2339_201706200942160a7.jpg

オベリスクの下に連なる岩の波。
DSC_2340_20170620094218589.jpg

先端の形が面白い。
DSC_2341_20170620094219c0b.jpg

観音岳山頂を仰ぐ。
DSC_2342_20170620094221e22.jpg

ようやくオベリスクの真横まで来た。
DSC_2343_2017062009415023e.jpg

さあ、もうひと踏ん張り。
DSC_2344_20170620094152d38.jpg

正面は赤抜沢ノ頭方面。
DSC_2345_201706200941535e6.jpg

振り返ってみると、それほど急な坂には見えないが、かなりきつかった。
DSC_2346_20170620094155724.jpg

というわけで、やっと頂上扱いの鞍部にたどり着いた。
DSC_2347_2017062009415625b.jpg

小屋から50分ちょっと。
DSC_2348_20170620094125f7f.jpg

コースタイムは1時間20分だからかなり速い。
DSC_2350_20170620094128bb6.jpg

あまり記憶になかったが、ここ賽の河原の手前に立派な山名板があったので記念撮影。
DSC_4742_2017062009394912c.jpg

天気は何とか間に合って、正面に甲斐駒(2967m)を望むことができた。
DSC_2349_20170620094127892.jpg

左はアサヨ峰(2799m)。
DSC_2352_201706200941315f1.jpg

石仏が並ぶ懐かしい賽の河原。
DSC_2351_2017062009413090e.jpg

ここに来るのは、5年ぶりである。
DSC_2354_2017062009410141c.jpg

その間に随分新しい石仏も立っていた。
DSC_2355_20170620094103ec8.jpg
DSC_4741_201706200939478b9.jpg

よく見ると、オベリスクに登ろうとしている人々の姿が見えた。
DSC_2353_20170620094100167.jpg

しかし、着いた途端、猛烈に強い風が吹き始め、雪が舞い始めた。
DSC_2356_20170620094104f9b.jpg

ヤマテンの予報が的中。
DSC_2357_201706200941055ff.jpg

すぐにダウンを着て、早々に下山を開始した。
DSC_2358_20170620094031428.jpg

霞み始めた観音岳。
DSC_2361_201706200940332f6.jpg

下りは文字通り滑るように下った。
DSC_2362_20170620094034697.jpg

折角階段状になっていたトレースを3人でどんどん破壊しながらになるが、仕方ない。
DSC_2364_20170620094037182.jpg

後半は登りの人とすれ違ったのでルートを変えたが、踏み抜きはなかったので、最初から別ラインを下ればよかった。
DSC_2365_20170620094007aac.jpg

後から来る人には申し訳ないことをした。
DSC_2366_20170620094009542.jpg

とにかく小屋へと急ぐ。
DSC_2363_2017062009403601b.jpg

さっき渡った木橋。滑らないよう慎重に渡る。
DSC_2367_20170620094010d30.jpg

下りはわずか25分しか、かからなかった。
DSC_2368_20170620094011fb4.jpg

ここまで来たら、また陽がさし始めた。
DSC_2369_20170620094013cb2.jpg

小屋に着くと、土間の食堂に案内されたので、そこでアイゼンとスパッツをはずす。
アイゼンを屋根の上に干してから、荷物を置きに寝床へ。
バイトの女の子が案内してくれたのは、2階の上段角。
ちゃんと1人分の布団は確保できそうだ。
でも今日は予約がかなり多く入ったので、今空いているスペースにも客が入るかもとのこと。
最終的にはほぼ満室になったかもしれない。

H君からウエットシートをもらい、布団の上で体をふきふき。
局部もしっかり拭いたら、とてもスースーした。
今回はあえて着替えは持ってこなかった。
この時期あまり汗をかかないし、かいてもすぐ引いてしまうからだが、思った通りとくに問題なかった。

「1階にこたつがありますから~」と言われていたので、作業が終わったら、お湯とウイスキーを持って下に下りた。
空になったペットボトル2本に水場の冷たい水を入れて持ち込み、準備万端。
こたつ部屋は寒いが、こたつの中は暖かい。
なんと、中に炭が入っている。
「やけどしますので、足は四隅に置いてください」とのことだった。
正しくは「4辺」だろうけど。

早速、缶ビール(600円)を3本注文。
無事登頂を祝って乾杯した。
DSC_4744_2017062009394979f.jpg

(つづく)
このページのトップへ

地蔵岳(3)

【2017年4月29日(土)】地蔵岳
燕頭山(2105m)を通過して地蔵岳(2764m)を目指している。
DSC_2210_20170617093410719.jpg

頂上台地の北側をトラバース。
DSC_2211_20170617093411ed7.jpg

すると、いきなり右手が開け、観音岳(2840m)が目に飛び込んできた。
DSC_2212_20170617093413071.jpg

その右には地蔵岳。
DSC_2216_20170617093337f70.jpg

オベリスクを初めて拝むことができた。
DSC_2214_20170617093414200.jpg

残雪があると、やはり風格が増す。
DSC_2215_20170617093416474.jpg

さらにその右奥に甲斐駒(2967m)が姿を現した。
DSC_2217_20170617093339c8a.jpg

摩利支天を従えた甲斐駒の威容には目を見張るばかり。
DSC_2218_20170617093340ca8.jpg

H君も「かっこいい」を連発していた。
DSC_2219_20170617093342d63.jpg

私もバシャバシャ、シャッターを切ってしまう。
DSC_2220_2017061709334340b.jpg

今日は本当に最高の天気に恵まれた。
DSC_2221_20170617093313edc.jpg

鼻の穴を膨らませて、雪のトラバースを再開。
DSC_2222_2017061709331549f.jpg

10分ほどで巻き終えて尾根に出た。左手は崩落している。
DSC_2223_201706170933163a8.jpg

鞍部を木道で渡る。「アイゼンが食い込む~」とH君が喜んでいた。
DSC_2224_20170617093318ed1.jpg

左は千頭星山(2139m)。
DSC_2225_20170617093319472.jpg

右は離山(2307m)方面。
DSC_2226_20170617093243d96.jpg

八ヶ岳もまる見えだ。
DSC_2229_20170617093248324.jpg

この先は2216mピークに向けて、緩やかな登り。
DSC_2227_2017061709324583b.jpg

谷にはしっかり雪が残っている。
DSC_2228_201706170932468f4.jpg

崩れかけた場所には木の階段が設けられていた。
DSC_2230_20170617093250648.jpg

残雪と土、かわりばんこだ。
DSC_2231_20170617093219986.jpg

このあたりで標高は約2100m。
DSC_2232_2017061709322177c.jpg

なんと階段も崩れかけていた。
DSC_2233_20170617093223623.jpg

あれが2216mピークかな。
DSC_2234_20170617093225034.jpg

再び、北斜面をトラバース。
DSC_2235_201706170932263fd.jpg

かなり雪が多くなってきた。
DSC_2236_201706170931515f8.jpg

しかし、開けたら眺めは抜群。
DSC_2237_20170617093152428.jpg

地蔵岳の岩肌もよく見える。
DSC_2238_201706170931545a5.jpg

尾根に戻ると、雪はまた少なくなる。
DSC_2239_20170617093155bac.jpg

樹林帯の中を黙々と登っていく。
DSC_2240_2017061709315791a.jpg

岩が露出するようになってきた。
DSC_2241_201706170931287b0.jpg

こういう標識には距離か時間を書いてほしいなあ。
DSC_2242_20170617093130a0a.jpg

雪道は踏み抜かないよう、踏み跡をちゃんとたどって歩く。
DSC_2243_20170617093131e86.jpg

大岩の横を通過。
DSC_2244_2017061709313345a.jpg

まだ、このあたりは雪のないところも結構ある。
DSC_2245_20170617093134cdf.jpg

丸太の橋のあるあたりはすっかり解けていた。
DSC_2246_20170617093101296.jpg

コケも雪が解けて、うれしそう。
DSC_2247_201706170931037e6.jpg

ここから尾根を外れて、再び北斜面のトラバースに入る。
DSC_2248_20170617093104d50.jpg

古い道標。
DSC_2249_201706170931065c7.jpg

間もなく、地蔵岳が見えてきた。
DSC_2250_20170617093107016.jpg

今日は午後から大気の状態が不安定になるとの予報。
稜線では風が強くなり、雪が舞うところもあるという。雷にも要注意だ。
そんな心配は全然ないのではないかと思っていたら、地蔵岳の背後に不穏な雲が発生してきた。
DSC_2251_20170617093037f8a.jpg

なんとか持ちこたえてほしい、とサルオガセに祈る。
DSC_2252_201706170930382a7.jpg

やはり北斜面は雪がかなり残っている。
DSC_2253_20170617093040718.jpg

2216mピークを巻き終わり、2200mを超えると完全な雪道になった。
DSC_2254_20170617093041d6c.jpg

次の2401mピークは2350m付近まで尾根を登り、その先を巻くように地形図には書いてあるが、ほぼ最初から巻き始めた。
DSC_2255_20170617093043779.jpg

でも、これがかなりの勾配。
DSC_2256_20170617093007db7.jpg

急斜面のトラバースもあり、O君はここでピッケルを取り出した。
DSC_2258_201706170930104d7.jpg

積雪は1mくらいある。
DSC_2257_201706170930088fe.jpg

道標がこんなに埋まっているくらいだ。
DSC_2261_20170617092941cde.jpg

しかし、しっかり踏み固められており、ほとんど踏み抜かずに歩くことができた。
DSC_2260_20170617093013d1b.jpg

なおも樹林帯は続く。
DSC_2259_20170617093011bd4.jpg

さすがに下ってくる人がいないので、脇に避けなくて済むのがありがたい。
DSC_2262_20170617092943b50.jpg

夏道より1mくらい高いところを歩いていることがよく分かる。
DSC_2263_20170617092944e39.jpg

それにしても、H君はせっかく北海道から内地に来たのに、また雪道を歩かされて、ちょっと気の毒。
DSC_2264_20170617092945e1d.jpg

でも、私も残雪期に2800m級の山に登るのは初めてだ。
DSC_2265_20170617092947d06.jpg

オベリスクがだんだん近づいてきた。
DSC_2266_20170617092918764.jpg

その左は、赤抜沢ノ頭。
DSC_2267_20170617092919347.jpg

これこそ峨々たる山容というのだろう。
DSC_2268_201706170929201e0.jpg

この角度から見ると、オベリスクはカニのはさみのようだ。
DSC_2269_20170617092922023.jpg

実にかっこいい。
DSC_2270_2017061709292357b.jpg

それにしてもトレースが付いているので助かる。
DSC_2271_20170617092822b24.jpg

45分かけて標高差150mの巻きは終了。
DSC_2274_20170617092825f2b.jpg

今度は南側の緩斜面をリラックスして歩く。さすがに雪道のトラバースは緊張していたから。
DSC_2276_201706170928296eb.jpg

こちら側からは観音岳がよく見える。
DSC_2275_201706170928263bf.jpg

その頂上付近。
DSC_2273_20170617092823360.jpg

南斜面は陽が当たるので暖かい。
DSC_2277_201706170927579a2.jpg

あの雲はそれほど不穏さを感じないけど、本当に天気は下り坂なのか。
DSC_2278_20170617092758114.jpg

標高2300mを超えると、さすがに南斜面にも雪が大量に残っている。
DSC_2279_20170617092800d8b.jpg

巻き終えてから15分ほどで鳳凰小屋が見えてきた。
DSC_2280_2017061709280160b.jpg

わりと大きな小屋だ。
DSC_2281_20170617092803e7f.jpg

この黒い小屋はトイレ。
DSC_2282_201706170927319d5.jpg

11:14、小屋に到着。登山口から4時間40分かからなかった。
コースタイムは5時間半なので、かなり成績がいい。そう言えば、あまり休まなかったし。
DSC_2284_20170617092734547.jpg

オーナーさんが外に出ていて、元気に迎えてくれた。
「トイレはあそこ。手続きはあとでいいから、まず休憩して」と案内されたのは、雪から掘り起こされたベンチ。
DSC_2289_20170617092659e40.jpg
お言葉に甘えて、そこに陣取り、とりあえずお昼にすることにした。
雪の壁が風を防いでくれるので、陽が当たっていると暖かいが、日が陰ると寒い。
早々にダウンを着込んだ。

お昼はカップ麺とおにぎり1個。
DSC_4734_201706170927015b1.jpg

H君はパン2個、O君はおにぎりだった。
DSC_4735_20170617092702639.jpg

私だけカップ麺なので、ちょっと2人を待たせてしまった。
DSC_4736_20170617092704ac1.jpg

天気もまだいいし、時間も早いので、当然頂上へ登ることにする。
DSC_2283_2017061709273269f.jpg

その前にチェックイン。
明日のお昼のお弁当(1000円)含め9000円だったが、「明日は下るだけなので、お昼は下界で食べられるんじゃない?」とH君。
確かにそうなので1泊2食(8000円)にした。
鳳凰小屋オリジナルのバッジが3種類あり、H君は全部お買い上げ。
DSC_2286_2017061709273764a.jpg
しめて2200円。彼は上客だ。

ちなみに、ここが水場です。
DSC_2285_20170617092735e58.jpg

(つづく)
このページのトップへ

地蔵岳(2)

【2017年4月29日(土)】地蔵岳
西ノ平を過ぎて、急登中。
DSC_2128_201706160854458b3.jpg

これはユリ・ゲラーの仕業か。
DSC_2129_20170616085446b2f.jpg

それにしても、かなり厳しい坂だ。
DSC_2130_2017061608544851f.jpg

でも、前方に先行者を捉えた。
DSC_2131_20170616085449af5.jpg

ぐいぐい登って、差を詰めていく。
DSC_2132_20170616085451f0f.jpg

道は小刻みなつづら折りだ。
DSC_2133_20170616085420a20.jpg

時折、展望が開けて、八ヶ岳を望むことができた。右の尖塔は赤岳(2899m)。
DSC_2134_201706160854211fa.jpg

眼下には韮崎の北に展開する七里岩(段丘崖)。
DSC_2135_20170616085422392.jpg

先行者を抜かし、えぐれた道を進む。
DSC_2136_20170616085424b8e.jpg

標高1730m付近で初めて雪を発見。
DSC_2137_20170616085426432.jpg

徐々に増えてくる。
DSC_2139_201706160853531c3.jpg

でも、まだアイゼンを装着するには早い。
DSC_2138_20170616085352c43.jpg

道標を通過。
DSC_2140_201706160853554ca.jpg

「立身山五竜不動尊」の石碑。ここも信仰の山のようだ。
DSC_2141_20170616085356372.jpg

束の間の緩斜面。
DSC_2142_20170616085358e3c.jpg

「旭」と読める。右下の標柱「八合」は燕頭山(2105m)の8合目ということだろう。
DSC_2143_20170616085328ea7.jpg

この先で、左手が開けた。
DSC_2144_20170616085330230.jpg

崩落地形だ。
DSC_2145_20170616085331cf9.jpg

かなり崩れている。
DSC_2146_20170616085332e7b.jpg

急登はなおも続く。
DSC_2147_201706160853341f5.jpg

崩落箇所も連続している。
DSC_2149_20170616085306179.jpg

これは落ちたらヤバい。
DSC_2148_201706160853054bc.jpg

御所山(左、1892m)から千頭星山(右、2139m)にかけての稜線。
DSC_2150_201706160853088b1.jpg

甲府盆地は霞んでいる。
DSC_2151_2017061608530963e.jpg

日蔭はかなり雪が残っている。
DSC_2152_2017061608531158d.jpg

そして、またまた崩落箇所。
DSC_2153_2017061608523877c.jpg

どんどん崩れていく感じだ。
DSC_2154_201706160852402b1.jpg

亀裂が無数に走っている。
DSC_2156_20170616085241473.jpg

左手はドンドコ沢の谷。
DSC_2157_20170616085243b7d.jpg

快晴だ。
DSC_2158_20170616085244213.jpg

1850mを過ぎると、雪がかなり多くなってきた。
DSC_2159_20170616085214805.jpg

でも、締まっているので、踏み抜くことはない。
DSC_2160_20170616085215ef6.jpg

標高1870m付近の斜面に祠があった。
DSC_2161_20170616085217139.jpg
標柱に「旭嶽」「頂上」とある。
改めて「山と高原地図」を見ると、現在地に「旭岳」と記されている。

ただの坂の途中で、ピークでも何でもないが、「登った山」に認定する。
これはH君も認めてくれた。
DSC_2162_20170616085218b02.jpg

さっきの「八合」はどうやら旭岳の8合目だったようだ。
DSC_2164_20170616085148b31.jpg

猿田彦大神の石碑は昭和7年の建立だった。
DSC_2165_20170616085149dc2.jpg

ここは左手が若干開けており
DSC_2163_20170616085220942.jpg

正面に燕頭山の頂上が望めた。
DSC_2166_20170616085151165.jpg

旭岳は写真を撮っただけで通過。
DSC_2167_2017061608515294a.jpg

再び、崩落箇所のへりを伝っていく。
DSC_2168_20170616085154e14.jpg

一体、こういう所がいくつあるのだろうか。
DSC_2169_201706160851209f5.jpg

刻々と崩落が進んでいることがうかがえる。
DSC_2170_20170616085122093.jpg

この道もあと何年持つことやら。
DSC_2171_20170616085123b1b.jpg

右手の谷にとうとう雪渓が現れた。
DSC_2172_20170616085125477.jpg

かなり深そうだ。
DSC_2173_201706160851265a0.jpg

登山道にはまだそれほどない。
DSC_2174_201706160850556df.jpg

この調子で燕頭山まで行きたいものだ。
DSC_2175_201706160850566e8.jpg

しかし、なかなかそうもいかない。
DSC_2176_20170616085058a66.jpg

ついに登山道が雪渓と合流してしまった。
DSC_2177_20170616085059b25.jpg

それでも雪は締まっているので、しばらくアイゼンなしで頑張る。
DSC_2178_2017061608510191f.jpg

しかし、ここまで来るともう限界か。
DSC_2179_20170616085028c0f.jpg

標高1970m付近で、一面残雪となったので、アイゼンをすることにした。
DSC_2180_201706160850302df.jpg
踏み跡以外は踏み抜いてしまうので、人を通るスペースは空けておかないといけない。
脇によけて、雪に埋まりながら、装着した。

この間にさっき抜かした外人のような顔をした男2人組に再び先行された。
DSC_2181_20170616085031f31.jpg

準備ができたので出発。
DSC_2182_20170616085032a3a.jpg

谷はもう完全に雪だ。
DSC_2183_20170616085034df2.jpg

4月にこれだけ残雪がある山を歩くのは初めてである。
DSC_2184_20170616085001fa2.jpg

緊張もするが、それなりに楽しい。
DSC_2185_201706160850038d0.jpg

さすがにアイゼンを付けていると足元が安定する。
DSC_2186_2017061608500497e.jpg

とくに急坂で威力を発揮した。
DSC_2187_20170616085006eff.jpg

再び、八ヶ岳。あちらはあまり雪がないように見える。
DSC_2188_201706160850084d8.jpg

霞む蓼科山(2531m)。
DSC_2190_20170616084923987.jpg

八ヶ岳の広大な裾野。
DSC_2189_201706160849222dc.jpg

全体像。
DSC_2191_201706160849259ce.jpg

八ヶ岳は初心者と2週間後に登ることになっているので、早く雪が解けてほしい。
DSC_2192_201706160849264ee.jpg

しばらく行くと、さっき先行された2人組のうち、自称「ど素人」の男性を抜かす。
DSC_2193_20170616084928009.jpg
もう1人は、雪道をアイゼンなしで登っているど素人の相棒が遅れているのにおかまいなく、どんどん登っていく。
ああいう姿勢でいいのだろうか。
まあ、燕頭山の頂上で待っているつもりなのだろうけど。

いよいよ頂上が近づいてきた。
DSC_2194_20170616084855c1d.jpg

木々を透かして見えている雪にまみれた山は、目指す地蔵岳(2764m)だろうか。
DSC_2195_20170616084856505.jpg

どうやら頂上台地にのったようだ。
DSC_2196_20170616084858b4d.jpg

ベンチで先行者が休んでいる。
DSC_2197_201706160848594b7.jpg

9:26、燕頭山に登頂。
DSC_2198_20170616084901b98.jpg

コースタイム3時間半のところ、2時間50分で登り切ってしまった。
DSC_2199_2017061608483217c.jpg

休んでいたのは若者のグループで、2人組だと思っていた人たちは、このグループの一部だった。
DSC_2202_20170616084836c3e.jpg

このあたり、かなりハルオガセが繁茂している。
DSC_2200_20170616084833c2c.jpg

とろろ昆布のようだ。
DSC_2201_20170616084835cf6.jpg

残念ながら展望は今ひとつ。
DSC_2204_2017061608480947d.jpg
我々もしばし休憩。倒木に腰掛けてグラノーラを少し食べた。

若者たちに写真を撮ってもらって、出発。
DSC_4731_20170616084752de8.jpg

休憩は10分ほどだった。
DSC_2203_2017061608483878d.jpg

頂上台地にはあまり雪がない。
DSC_2205_20170616084811d3f.jpg

谷にも雪渓がなかった。
DSC_2207_201706160848147c8.jpg

しばらくなだらかな道だ。
DSC_2206_201706160848120b1.jpg

なかなか、よい雰囲気。
DSC_2208_20170616084815e6a.jpg

なんと木々の隙間から、甲斐駒(2967m)の雄姿が見えた。
DSC_2209_20170616084750d5a.jpg

(つづく)
このページのトップへ

地蔵岳(1)

【2017年4月29日(土)】地蔵岳
高校の同級生H君が4月末に学会出張で内地に来るとのことだったので、2月上旬にこの日の予定は決めていた。
御座石鉱泉から鳳凰三山の地蔵岳(2764m)に登り、鳳凰小屋に宿泊。翌日は青木鉱泉に下るというプランだ。
早々に鳳凰小屋に予約の電話を入れると、例年、4月末で小屋周辺には1mくらいの積雪があるという。
予想以上だが、それもまたよし。

当初はレンタカーを借りて現地まで行き、車を2台デポして、周回コースをとるつもりだったが、直近になってから小屋のブログを見ると、ドンドコ沢コースの雪の踏み抜きがひどいらしい。
O君からの助言もあり、尾根コースのピストンに決め、電車で行くことにした。
車はO君の1台のみだ。

前日の金曜日(28日)は登山靴にザックを背負って出勤。
東京駅のコインロッカーにザックを預けて、出社した。
18時すぎに退社。ザックを回収して、東京駅18:30前発の中央線快速に乗車。
新宿には18:46に到着した。
DSC_4720_201706152324087ef.jpg

ホームであずさの写真を撮っていたら、松本のNさんから電話がかかってきた。
DSC_4718_2017061523243981f.jpg
私の札幌転勤を知り、5月15日の送別会にわざわざ来てくれるそうだ。光栄な話だ。

売店で缶ビールと缶チューハイを1本ずつ買って、19時ちょうどのあずさ31号に乗り込む。
DSC_4719_201706152324077d8.jpg
アナウンスによれば、今日は指定席が満席だそうだ。やはりGW前夜だけに混み合っている。
となりの席はしばらく空いていたが、外国人の大柄な女性が八王子から乗ってきた。
でも、次の大月で下りたので、ほとんど1人のようなものだった。

4分ほどの遅れで、20:50に韮崎に到着。
DSC_4722_20170615232411352.jpg

ここは南アルプスの玄関口の一つだ。
DSC_4721_2017061523241070c.jpg

サッカーの盛んな土地でもある。
DSC_4723_201706152324138a7.jpg

暗闇の中、徒歩で清水屋旅館へ。
DSC_4724_20170615232342ed1.jpg

10分ほどで着いた。
DSC_4725_20170615232344650.jpg

OH砲の2人は先に着いて、すでに夕食を済ませており、部屋でテレビを見ながら、焼酎を飲んでいた。
DSC_4726_20170615232345928.jpg
去年、瑞牆山に登った後に泊まった時と同じ部屋だった。
すぐに風呂に行ったが、脱衣所の鍵がかかっている。
女性が入っていると鍵がかかっていることがあるとのことだったので、バッドタイミングと思ったが、人の気配がしたので、一応「これからですか? 出るところですか?」とドア越しに聞いてみたが、返事がない。
やむなく、しばらく時間を空けることにして、部屋に戻り、お笑い(ドッキリ)を見ていた。
アキラ100%という芸人を初めてみた。おかしかった。

10時前に再挑戦で風呂に行くと、まだ鍵が閉まっている。
「え~」と思ったら、中から鍵が開き、おじさんが顔を出した。
中に入ると、そのおじさんは「風呂にまだ人がいるよ」というような顔をして、出て行った。
「そんなのは分かるよ」と思いつつ入浴。
中にいる2人は3つあるカランの両端で、立って体を洗っている。
そんなふうにされたら、間に入りにくいじゃないかと思いつつ、しばし湯舟で待機。
すると、一人が出て行ったので、やっとカランで髪を洗うことができた。
どうも様子がおかしいと思ったら、彼らは中国人だった。
だから、男のくせに鍵を掛けたり、立って体を洗ったりしていたのだろう。
部屋に戻って、ニュースなどを見ながら、11時には就寝した。

朝5時に起床。カーテンを開けると、真っ青な空。
今日登る地蔵岳のオベリスクもくっきりと見えた。
DSC_4727_20170615232347e0a.jpg

さくさくとパッキング。
6時出発の予定だったが、早く準備が整ったので、5時半に出発。
DSC_4728_201706152323483e6.jpg
朝食用に用意してもらった弁当は車内で食べた。
小さいおにぎりだったが、3つもあったので、結構お腹いっぱいになった。
魚肉ソーセージは行動食にすることにした。

宿から1時間弱、6時半前に御座石鉱泉に到着。
DSC_2072_20170615232851ded.jpg

駐車場にはすでに10台ほどの車が停まっていた。
DSC_2080_201706152328305a5.jpg

ここは無料の市営駐車場だ。
DSC_2076_20170615232855a5d.jpg

40台ほど停められるらしい。
DSC_2075_20170615232854448.jpg

バスは今日から運行が始まるようだ。
DSC_2077_2017061523285737e.jpg

正面に見えるのが、燕頭山(2105m)。
DSC_2074_20170615232852de6.jpg

登山口周辺には、黄色いスイセンが一面に咲き乱れていた。
DSC_2079_20170615232829909.jpg

実は、この温泉、あまり評判がよくないので、下山後の入浴は青木鉱泉の予定。
DSC_2078_201706152328273c7.jpg

身支度をして、ストレッチ。
トイレがあったので、まだ早いかなと思ったけど、2本ほどひねり出すことができた。
DSC_2082_2017061523283356d.jpg

朝日をいっぱいに浴びて6:38に出発。
DSC_2081_20170615232833c80.jpg

御座石鉱泉の裏を登っていく。
DSC_2084_20170615232803fcf.jpg

いきなりの急坂だ。
DSC_2083_201706152328012ec.jpg

鳳凰小屋までは5時間半の行程。コースタイムは「山と高原地図」も同じだ。
DSC_2085_20170615232804ce7.jpg

スイセンのお見送りを受ける。
DSC_2086_20170615232807107.jpg

ツツジさん、おはようございます。
DSC_2087_2017061523280753a.jpg

山麓は新緑の季節。上はまだ雪らしいが。
DSC_2088_2017061523273838a.jpg

斜面にはまだ下草も生えていない。
DSC_2089_20170615232740ffb.jpg

つづら折りの道を行く。
DSC_2091_20170615232741dfe.jpg

束の間の緩斜面。
DSC_2092_201706152327438cc.jpg

左手(南)に見えるのは御所山(1892m)かな。
DSC_2093_201706152327443f2.jpg

道はトラバース気味に続く。
DSC_2094_20170615232705e5f.jpg

足元にはタチツボスミレ。
DSC_2095_201706152327075a9.jpg

崩落箇所のすぐ上を行く。
DSC_2096_2017061523270807f.jpg

歩き始めて20分ほどで130mほど登り、稜線にのった。
DSC_2097_20170615232710462.jpg

小さな鞍部を左折する。ここで標高は約1200m。
DSC_2098_20170615232711c1b.jpg

左手に再び御所山。
DSC_2099_20170615232640594.jpg

さらにぐいぐい登る。
DSC_2100_20170615232641b75.jpg

右手には八ヶ岳が見えた。
DSC_2101_20170615232643306.jpg

この先しばらく緩斜面。
DSC_2102_20170615232644412.jpg

ドーム状の山は、北に位置する1307mピーク。
DSC_2103_20170615232646a98.jpg

地べたに道標。
DSC_2104_20170615232616142.jpg

案内板も枠だけ。
DSC_2105_20170615232617035.jpg

突然、巨大な擁壁が現れた。
DSC_2106_20170615232619a10.jpg

南アルプスは今も隆起を続けており、大規模な崩落があちこちで発生しているのだ。
DSC_2107_20170615232620bdd.jpg

ロープの柵が倒れていた。
DSC_2108_20170615232622ad2.jpg

崩落しているだけに、展望が開けた。
DSC_2109_20170615232550bba.jpg

おかげで、櫛形山(2052m)も望むことができた。
DSC_2110_20170615232552204.jpg

擁壁のすぐ脇に設けられた道を進む。
DSC_2111_20170615232553f31.jpg

ここから再び、なだらかになる。
DSC_2112_20170615232554ff5.jpg

まさに平和通り。
DSC_2113_20170615232556156.jpg

巨木の横を行く。
DSC_2114_201706152325241c7.jpg

再び燕頭山も見えてきた。
DSC_2115_20170615232526f31.jpg

最初の小ピークで休んでいた中高年のグループを抜かして、林道の終点、西ノ平に到着。
DSC_2116_201706152325277cf.jpg

ここまでコースタイム1時間のところ50分。まずまずのペースだ。
DSC_2117_2017061523252968d.jpg

林道終点には、鳳凰小屋のスタッフのものと思われる車が停めてあった。
DSC_2118_20170615232530818.jpg

林道終点を導線に従って横断。
DSC_2119_2017061523245899d.jpg

標高は1320m
DSC_2120_2017061523245942c.jpg

ここからまた急登となる。
DSC_2121_20170615232501ffc.jpg

ザックには800ccのお湯と、ペットボトル2本、ウイスキー500ccが入っているが、それほど重く感じない。
DSC_2122_201706152325021a9.jpg

燕頭山への急坂は標高差約800mもある。
DSC_2123_2017061523250423e.jpg

ガシガシ登って、2,3組のグループを抜かした。
DSC_2124_20170615232433403.jpg

コバイケイソウの新芽を発見。
DSC_2125_20170615232435f04.jpg

天気は最高だ。
DSC_2126_20170615232436dbc.jpg

でも、昼過ぎからは雪の予報。ちょっと信じられない。
DSC_2127_201706152324384ca.jpg

(つづく)
このページのトップへ

竜ヶ岳(下)

【2017年4月23日(日)】竜ヶ岳
竜ヶ岳(1485m)の頂上でお昼を食べながら晴れるのを待った。
でも、やはり富士山は見えないので30分ほどで出発。往路とは逆方向に下る。
DSC_1992_20170615060638932.jpg

御岳山塊もガスで霞んでいる。
DSC_1993_20170615060639c04.jpg

西湖もかろうじて見える状態。
DSC_1994_20170615060608de2.jpg

金峰山や国師ヶ岳などの奥秩父の山々も雲の中だ。
DSC_1995_20170615060609b35.jpg

東の登山道からも結構登ってくる。
DSC_1996_201706150606119de.jpg

しばらくは前回歩いた道だ。
DSC_1997_20170615060612975.jpg

本栖湖が相変わらず青い。
DSC_1998_2017061506061433c.jpg

ああっ! 富士山がほんの一部だけ顔を出した。
DSC_1999_20170615060542208.jpg

あの雲、早くどっかに飛んで行ってくれないか。
DSC_2000_201706150605442e0.jpg

でも、時間がかかりそうなので、とりあえず進む。
DSC_2001_20170615060545e0e.jpg

眼下は青木ヶ原の樹海。
DSC_2002_20170615060547b7b.jpg

中央の突起は王岳(1623m)、右端は鬼ヶ岳(1738m)。
DSC_2003_20170615060548fdf.jpg

本栖湖の向こうは三方分山(1422m)。
DSC_2004_20170615060515fa0.jpg

本栖湖の湖岸道路がよく見える。
DSC_2005_201706150605168be.jpg

10分ほどで湖畔への道と石仏ルートとの分岐に到着。
DSC_2006_20170615060518f1a.jpg

まずは頂上を振り返る。
DSC_2007_20170615060519a23.jpg

お、またまた富士山が。
DSC_2008_20170615060521926.jpg

雲よ、早く消えろ~!
DSC_2009_20170615060451933.jpg

しばらく待ってみた。
1492981514594.jpg

しかし、結局はまた雲の中。
DSC_2010_20170615060453494.jpg

もうちょっと粘ってみよう。
DSC_2011_2017061506045411d.jpg

北の空に浮かぶシーラカンスのような雲を撮ったりしながら。
DSC_2012_201706150604567bc.jpg

大室山(1468m)にも注目。
DSC_2014_20170615060426bdf.jpg

ほら、また出てきた、出てきた。
DSC_2013_201706150604576da.jpg

いい感じだぞ~
DSC_2015_20170615060428624.jpg

しかし、これが限界か。
DSC_2016_20170615060429712.jpg

8分ほど待ったが、状況はあまり変わらないので、断念して湖畔へ下る。この先は初めて歩く道だ。
DSC_2018_201706150604313a1.jpg

眼下に本栖湖レストハウスあたりの湖岸が確認できた。
DSC_2019_20170615060432646.jpg

道はつづら折れになって続いている。
DSC_2020_20170615060400676.jpg

苔むした樹木に小さなサルノコシカケも。
DSC_2021_201706150604027be.jpg

たまには娘に前を歩いてもらう。
DSC_2022_201706150604038ad.jpg

真っ白なキノコ天国。
DSC_2023_2017061506040587a.jpg

曇ったかと思ったら
DSC_2024_20170615060406224.jpg

すぐに晴れた。
DSC_2025_20170615060334590.jpg

途中、ベンチがあったので小休止。
DSC_2028_2017061506033660d.jpg

突然、娘に北朝鮮のことを聞かれたので、太平洋戦争終戦まで遡って説明してあげた。
DSC_2029_2017061506033727f.jpg

周遊道路との分岐を通過。
DSC_2030_20170615060339344.jpg

ミズナラの巨木。
DSC_2031_2017061506034039a.jpg

これがそう。
DSC_2032_20170615060309ff4.jpg

最後は木の階段を下る。
DSC_2033_20170615060311fca.jpg

これで登山道はおしまい。
DSC_2034_201706150603121ae.jpg

竜ヶ岳一体は「本栖の森」だった。
DSC_2035_20170615060314ec2.jpg

ここから車道歩きなのだが、早速ランナーが走り去って行った。
DSC_2037_20170615060315512.jpg

ここは富士五湖ウルトラマラソンの85km地点なので、もう終盤のはずなのに、かなり速いペースで走っていた。
DSC_2038_20170615060244972.jpg

この裏を見て、本日のレースの名称を知ったわけ。
DSC_2039_2017061506024678e.jpg
ランナーたちは次から次へとやってくる。
私たちはなるべく湖岸側を歩きたいのだが、ランナーが湖岸側を走っているので、そうもいかない。
やむなく山側を行く。

しばらく歩いていると、かなり強めに催してきた。
さすがに下界に下りてくると適地がない。
駐車場まで間に合いそうもないので、湖畔に下りることにした。
DSC_2041_201706150602473ff.jpg

ひゃ~めちゃめちゃきれいじゃん。
DSC_2042_20170615060249843.jpg

こんな美しいところで野○ソとは。
DSC_2043_20170615060250535.jpg

しかし、山側からは死角だが、湖側からは丸見え。
DSC_2044_201706150602182c6.jpg

釣り人からは見られてしまう。
DSC_2046_20170615060221dd2.jpg

こうなったら奥の手。しゃがんでカメラを構える作戦。
DSC_2045_20170615060219895.jpg

これなら○んこをしているようには見えないだろう。
DSC_2047_20170615060222488.jpg

娘には、ちょっと離れたところで待っていてもらった。
DSC_2048_20170615060224522.jpg

こういう時に、批判がましい目をしないのがうちの娘のいいところだ。
1492981518170.jpg

道路に戻ると、この状態。
DSC_2049_201706150601520ef.jpg
最初に見た人たちより、かなり疲れているように見えた。

ここまで来れば、車を置いた駐車場はすぐそこだ。
DSC_2050_2017061506015402d.jpg

端足峠への登山口も通過。
DSC_2051_201706150601554ea.jpg

残るは直線300m。
DSC_2052_2017061506015771a.jpg

給水場のトイレにはこんなポスターが貼ってあった。
DSC_2053_2017061506015802d.jpg

ここで私どもの登山は終了。4時間ちょっとの山行だった。
DSC_2054_201706150601250d9.jpg

車で温泉に向かうべく、湖畔を走っていると、なんと富士山がまる見えではないか。
DSC_2055_20170615060126f2f.jpg

竜ヶ岳の雲もすっかり消えていた。
DSC_2057_201706150601298b2.jpg

まさに「登山あるある」の巻だ。
DSC_2056_20170615060128130.jpg

湖水はどこまでも青い。
DSC_2058_20170615060131834.jpg

この姿を山頂から娘に見せてあげたかったぞよ。
DSC_2059_2017061506005927a.jpg

大室山もいつか登ってみたい。
DSC_2060_20170615060101428.jpg

今日の温泉は、東海林湖畔にある山田屋ホテルの上九温泉・日乃出の湯。
DSC_2070_20170615060006c3f.jpg
DSC_4704_20170615055943671.jpg

富士山とサクラとランナーを撮影してからホテルの中へ。
DSC_4695_201706150600097d0.jpg

ここには2011年11月、毛無山に登った時に入ったことがある。
DSC_4696_201706150600103fa.jpg

わりといいお風呂だ。
DSC_4697_201706150559374d1.jpg

実は露天風呂がユニーク。
DSC_4700_20170615055940764.jpg

1階なのに柵が低く、普通に立つと外から丸見えだ。女湯も同じだそうで、娘も驚いていた。
DSC_4698_201706150559387f0.jpg

中から、こんな写真も撮れてしまう。
DSC_4701_20170615055941a3a.jpg

でも、いい湯だった。ロビーで娘が上がってくるのを待って、二人で湖畔に出てみた。
ツツジもきれいに咲いている。
DSC_2061_20170615060103659.jpg

サクラはまだ八分咲きといったところ。
DSC_2062_20170615060104262.jpg

4月の富士山は残雪が多くて、富士山らしい。
DSC_2063_2017061506010571b.jpg

このサクラは随分密集して花を付けている。
DSC_2064_201706150600332dd.jpg

大室山を前に抱えた「子抱き富士」。これが精進湖からの富士山の特徴。
DSC_2066_20170615060036c2b.jpg

噴煙を上げているような雲だ。
DSC_4705_201706150559111bd.jpg

しつこくてすいません。
DSC_2069_20170615060004375.jpg

これは娘が撮ってくれました。
DSC_4707_2017061505591317e.jpg

サクラとツツジのコラボ。
DSC_2071_201706150600075ca.jpg

そんな感じで精進湖も楽しみ、帰途についたのだが、マラソンによる交通規制の影響で国道139号は大渋滞。
しばらく我慢したのだが、どうも進まないので、風穴前まで引き返し、西湖の北岸を経由して、河口湖ICに向かう。こちらはスムースだった。最初から迂回すればよかった。
河口湖は南岸を通り、富士河口湖町役場前からは、真正面に富士山の姿を捉えることができた。
DSC_4708_20170615055914d9b.jpg

中央道も最初は流れていたのだが、やはり上野原より先は渋滞の模様。
そのまま行くかどうか迷ったが、とりあえず談合坂SAに立ち寄って
DSC_4712_201706150559171f8.jpg

ソフトクリーム休憩をとった。
DSC_4710_20170615055916a6f.jpg

これがそもそも間違いの始まりだった。
DSC_4713_2017061505584631f.jpg

食べ終わって、SAから出ようとしたら、駐車場からすでに詰まっている。
DSC_4714_20170615055848359.jpg

前の車が別の駐車場ルートから出ようと、路面の矢印を無視して強引に逆方向に行ったので、おらも真似をしてしまった。
これが最大のミス。
もとの道なら、車の列は1列だったのに、駐車場はいくつもレーンがあるから、そこから次々に出てくる車の合流に時間がかかって、全く(本当に全く)進まない。
DSC_4715_20170615055848119.jpg

原因は事故のようだったが、本線がこの渋滞。
DSC_4716_201706150558506de.jpg
結局、駐車場から出るため200m進むのに1時間もかかってしまった。
娘はこういう時でも、絶対いら立ったり、八つ当たりをしたりしない。
やはり私に似たのだろうか。ちょっと申し訳なくなってしまった。

本線に合流しても渋滞には変わりない。
ノロノロ、ノロノロでいつになったら帰宅できることやら。
さすがに根負けして上野原ICで下りてしまった。
こういう時は下の道(国道20号)も渋滞しているに違いないので、県道33号を遡り、甲武トンネルで檜原、五日市に出る作戦にした。

もう真っ暗で道はあまりよく分からなかったが、勘だ。
途中、妻に「晩御飯よろしく」とラインしておいてと娘に頼んだら、「車がないから買い物に行っていない。ろくなものができないので食べてきてもいいよ」との返信。
私どもが彼女の車を借りているのだ。
まあ、そう言うということは「食べてこい」ということなので、五日市のファミレスに入った。

さすがに私も疲れ気味。
1492981539102.jpg
放心しているところを撮られてしまった。
何を食べたかは忘れてしまったが、帰宅できたのは21時を過ぎていたような気がする。
精進湖のホテルから6時間半もかかってしまった。
でも、娘と一緒に過ごせる時間が長くなったのだから、よしとしよう。

【行程】2017年4月23日
湖畔駐車場(8:48)~端足峠入口(8:52)~分岐(9:02)~端足峠(9:46)~鞍部(9:53休憩10:06)~竜ヶ岳(10:38昼食・撮影11:08)~分岐(11:17撮影11:25)~中腹(11:49休憩11:53)~湖畔登山口(12:16)~湖畔(12:29撮影等12:35)~駐車場(13:00)
※所要時間:4時間12分(歩行時間:3時間12分)コースタイム:4時間50分
※登った山:1座(新規なし)
※歩行距離:7.5km

このページのトップへ

竜ヶ岳(上)

【2017年4月23日(日)】竜ヶ岳
娘と1年ぶりのデート登山。4年前におつ山さんと一度登ったことがあるが、大きな富士山を娘に見せてあげたかったので、本栖湖の南にそびえる竜ヶ岳(1485m)に行くことにした。
無論、前回とは違うコースを歩く。

朝6時半に妻の車を借りて出発。
今日は予報通りよく晴れている。
でも、圏央道に乗っても、見えるはずの富士山が見えない。不安がよぎる。
小仏トンネルを抜けると朝霧。
これは晴れの前兆のようなものだから気にならなかったが、大月を過ぎて見た富士山はなんと厚い雲の中。
ガーン。こんなことってあるのか。
これじゃあ、竜ヶ岳に登る意味がないので、行き先を変更しようかと思ったが、とりあえず行ってみることにした。
すると、精進湖を過ぎたあたりで、目の前に真っ白な残雪を乗せた富士山が姿を現したではないか。
1492981477538.jpg
これには2人で歓喜の声を挙げた。

8時半前に、中之倉トンネル手前の駐車場に車を停めて、予習。
1492981481503.jpg

そこには絶景が広がっていた。
DSC_1927_20170614080144bdc.jpg

雲の帯をまとった富士山。
DSC_1928_20170614080115be1.jpg

これが本日登る竜ヶ岳だ。
DSC_1929_20170614080117463.jpg

コブシも満開だった。
DSC_1930_20170614080118364.jpg

ちなみに富士山の左下に見えるのは、寄生火山の大室山(1468m)。
DSC_1931_20170614080120be2.jpg

湖面には釣り船がぽつんぽつんと浮かんでいた。
DSC_1932_20170614080121499.jpg

富士山の左のとんがりは白山岳(3756m)。右が最高峰の剣ヶ峰(3776m)。
DSC_1933_20170614080053c24.jpg

サクラともコラボしてみた。
DSC_1934_20170614080055bab.jpg
DSC_1935_20170614080056e71.jpg

さすがに、テンションが上がった。
1492981491552.jpg
頂上からの眺めが楽しみだ。

車に戻って、本栖キャンプ場近くの駐車場に向かう。
DSC_1936_20170614080058b37.jpg
ここで給水場の設営が行われていた。
なんと、今日は第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンの開催日であった。
ランナーたちは山の上までは登って来ないだろうが、帰りの車道歩きの際はぶつかるかもしれない。ちょっと面倒だ。

それはともかく、念入りにストレッチをして、9時前に出発。
ここからすぐに始まる登山道で行ってもよかったのだが、入口がわかりにくかったし、少し遠回りなので、端足峠入口から登ることにして、まずは車道歩き。
DSC_1937_20170614080059cc2.jpg

登山口には5分かからずに着いた。
DSC_1938_20170614080027fa8.jpg

最初は幅の広い道を行く。
DSC_1939_20170614080029f6b.jpg

本栖湖畔歩道というわりには湖畔を歩かない道があって、それが左に分岐していた。
DSC_1940_2017061408003016f.jpg

「山と高原地図」のコースタイムは頂上まで2時間25分だが、道標には2時間とあった。
DSC_1941_201706140800322c9.jpg

間もなく、こんな貼り紙が巻き付けてある木が現れた。
DSC_1942_20170614080033b4d.jpg

確かに、踏み跡がはっきりしないところがあり、テープが頼りだった。
DSC_1943_20170614080005305.jpg

10分で駐車場からの道と合流。
DSC_1944_20170614080007eaf.jpg

ここからが本格的な登りになる。
DSC_1945_2017061408000817b.jpg

しかも、かなりの急登。
DSC_1947_2017061408001128b.jpg

間もなく、背後に本栖湖が見えてきた。
DSC_1946_2017061408001066e.jpg

右手には雨ヶ岳(1772m)。
DSC_1948_20170614075941447.jpg

左手は竜ヶ岳。
DSC_1949_20170614075943793.jpg

それにしても本栖湖の青はまぶしいほどだ。
DSC_1950_20170614075945fd0.jpg

このあたりはまだ新緑には早いみたい。
DSC_1951_20170614075946a2e.jpg

なんとなく峠が見えてきた。
DSC_1952_2017061407594787c.jpg

歩き始めて、ほぼ1時間で端足峠(1265m)に到着。
DSC_1953_20170614075917e18.jpg
娘の足に合わせてゆっくり登ってきたつもりだが、コースタイムより25分も早かった。
やはり「山と高原地図」は甘々だ。

ここからも若干の眺望が得られた。
南東方向には竜ヶ岳から南に延びる稜線。北ノ平ノ頭(1206m)あたり。
DSC_1954_201706140759199ff.jpg

その右には朝霧高原。
DSC_1955_20170614075920663.jpg

広大な牧場が広がっている。
DSC_1957_201706140759245ae.jpg

雨ヶ岳方面は雲が流れていた。
DSC_1956_20170614075922bf1.jpg

ここでひと休みしたいところだったが、少し先の鞍部にベンチがあった記憶があるので、そこまで進むことにした。
DSC_1958_20170614075854065.jpg

鞍部まで思ったより距離がある。
DSC_1959_20170614075855ca7.jpg

正面に竜ヶ岳。
DSC_1960_201706140758578e8.jpg

結局、記憶違いだったのか、ベンチはなかったので、鞍部のすぐ先の道端、コケの上に腰を下ろして休憩。
DSC_1966_20170614075834991.jpg

二人で熱いカフェオレを飲む。
DSC_4684_201706140811285e7.jpg

ここからは南アルプスを正面に望むことができた。
DSC_1963_201706140758306ad.jpg

甲斐駒(右、2967m)と仙丈ヶ岳(中央、3033m)。
DSC_1962_20170614075900095.jpg

雨ヶ岳の北の稜線。左の最も高いとんがりが1393mピーク。
DSC_1961_2017061407585810d.jpg

これが雨ヶ岳だ。
DSC_1964_20170614075831d33.jpg

10数分ほど休んで、登山再開。
DSC_1965_20170614075833394.jpg

ちょっと雨ヶ岳に迫る雲が不気味だ。
DSC_1967_20170614075836f67.jpg

雨ヶ岳から1393mピークにかけて。
DSC_1968_20170614075805422.jpg

ササの急坂をぐいぐい登っていく。
DSC_1969_20170614075807dea.jpg

端足峠から雨ヶ岳へ続く尾根を振り返る。
DSC_1970_201706140758087c8.jpg

結構、風が強い。
DSC_1971_20170614075810123.jpg

とうとう雨ヶ岳に雲がかかった。実はこちらにも雲が流れてきている。大丈夫かな。
DSC_1972_20170614075811c3b.jpg

雨ヶ岳の稜線の向こうに覗くのは、おそらく塩見岳(3052m)。
DSC_1973_20170614075741295.jpg

大岩の横を通過。
DSC_1974_201706140757422d8.jpg

う~ん、やはりこちらにも気になる雲が。
DSC_1975_2017061407574458a.jpg

傾斜はかなり緩やかになった。
DSC_1976_20170614075745a88.jpg

頂上までもう少し。
DSC_1977_201706140757475c1.jpg

愛鷹山(1188m)は雲の中だ。
DSC_1978_20170614075714604.jpg

やばい、陽が隠れてしまった。
DSC_1979_201706140757160a2.jpg

八ヶ岳はあんなにくっきり見えるのに。
DSC_1980_201706140757178c9.jpg

ちょっと引いてみよう。
DSC_1981_2017061407571937f.jpg

さあ、ラストスパート。
DSC_1982_20170614075720480.jpg

駐車場から1時間50分で竜ヶ岳登頂。道標のタイムより早かった。
DSC_1983_2017061407565039e.jpg

石の山名板が真っ二つに割れて倒れていた。
DSC_1984_20170614075652239.jpg

こちらは山梨百名山の新しい標柱。
DSC_1985_201706140756548c7.jpg

しかし、かかし残念ながら富士山が見えない。
DSC_1986_2017061407565506e.jpg

富士山と竜ヶ岳の間にだけ雲があるという、悔しい状況だ。
DSC_1988_201706140756119e4.jpg

まだ10時半すぎなのでお昼には早いのだが、食べながら晴れるのを待つことにする。
DSC_4685_20170614081130e97.jpg

私は昨日の九鬼山に続いての生姜タンメンとわさびいなり。
1492981499068.jpg
風もあってかなり寒いので、ダウンを娘に貸し、私はウインドシェルと雨具を重ね着して我慢した。それでも寒かった。
こんなに人がいるのに、ベンチが空いていてラッキーと思ったのだが、それはみんな風を嫌って、ササのすぐそばに避難していたからだった。

娘をちらりとだけ紹介しましょう。
DSC_1987_20170614075657b15.jpg
カップ麺で体を温めています。
でも、ちゃんとスープをかき混ぜなかったらしく、食べるに従って濃くなってきて飲めないというので、残りは私が飲んであげました。
甘やかしています。

私の方が先に食べ終わったので、しばし撮影活動。
DSC_1989_20170614075613378.jpg

雨ヶ岳はとうとう雲に隠れてしまった。
DSC_1990_2017061407561409b.jpg

手前右のグループは、竜ヶ岳の刻印の入った石を運んできてガスストーブの台に使っていたので、「それは写真に撮りたい人もいると思うのでまずいんじゃないですか」と注意した。
DSC_1991_20170614075616f0d.jpg
すると、字が書いていない方の石と取り換えていた。
どうも公共のものであるという意識が希薄で困る。

(つづく)
このページのトップへ

九鬼山(下)

【2017年4月22日(土)】九鬼山
天狗岩を後にして、九鬼山(970m)の頂上を目指している。
CIMG1517_2017061320483705b.jpg

4月も下旬となれば、こんなに若葉が成長している。
CIMG1518_20170613204838969.jpg

石舞台を通過。
CIMG1519_20170613204839cd4.jpg

おそらく最後の急坂。
CIMG1520_20170613204841c1e.jpg

ロープに頼りながら登る。
CIMG1521_2017061320484242a.jpg

ラストスパート。
CIMG1522_2017061320480800f.jpg

天狗岩からちょうど10分で稜線に乗った。
CIMG1523_20170613204809195.jpg

ここまで来たら、もう頂上はすぐそこだ。
CIMG1524.jpg

歩き始めてから1時間40分で、九鬼山に登頂。
CIMG1525_201706132048124c8.jpg

ここは大月市の秀麗富嶽十二景の一つだ。
CIMG1529_20170613204747b79.jpg

この木の間から富士山が見えるはずだが、やはり見えない。
CIMG1526.jpg

2人に見せてあげたかったなあ。
DSC_4660_20170613204139cb1.jpg

九鬼山は二等三角点だった。
CIMG1527_201706132047442e2.jpg

北の眺望はやや霞んでいるものの、わりとよく見えた。
CIMG1528_20170613204745c1c.jpg

北東の方向は、中列右に百蔵山(1003m)。その奥は権現山(1312m)の稜線。
CIMG1533_201706132047213fe.jpg

北西は、小金沢連嶺。
CIMG1534_20170613204722872.jpg

小さな祠に無事登頂のお礼を。
CIMG1530_2017061320474900a.jpg

それでは乾杯といきますか。
CIMG1532_201706132047502d3.jpg

今日はビールを保冷材にくるんで持ってきたので、とても冷えている。
これには両君とも感激してくれた。
とくにT君は「山はいいなあ、ほんとに」と喜んでいた。
昼飯は生姜タンメン。山専ボトルのお湯でいただいた。
DSC_4661_20170613204140ae0.jpg

デザートのプリンはS君提供。甘いものもありがたい。
DSC_4662_20170613204108485.jpg

30分ちょっと休んで出発。
CIMG1535_2017061320472491d.jpg

さっきの分岐を今度は落合橋方面に下る。
CIMG1537_2017061320472570a.jpg

ここからも本当は富士山が見えるはずだったのだが。
CIMG1538_201706132047275aa.jpg

ほんの少し稜線を歩いて
CIMG1539_20170613204657100.jpg

次の分岐は右に下る。左方面の道は以前歩いたことがある。
CIMG1540_2017061320465841f.jpg

なんと、ここに「久美山」の文字が。標高は786m。
CIMG1541_20170613204700573.jpg
前回は気づかなかったが、思いがけず「登った山」が1つ稼げてうれしかった。

さあ、ここからは本格的な下山。
CIMG1542_2017061320470106f.jpg

マメサクラを愛でながら下る。
CIMG1544.jpg

このルートは初めて歩くのだが、杉山新道というらしい。
CIMG1546_20170613204631d52.jpg

古い倒木が激しくほぐれている。
CIMG1547_20170613204633826.jpg

新緑の疎林を通過。
CIMG1548_201706132046349bf.jpg

道はわりとよく踏まれている。
CIMG1549_20170613204636d47.jpg

しばらく曇っていたが、一瞬日が差した。
CIMG1550_20170613204637a8d.jpg

久美山から15分ほどで弥生峠に至る。
CIMG1551_201706132046064e2.jpg

向かうは禾生駅。
CIMG1552_20170613204608611.jpg

かなり急な下りだ。
CIMG1553_2017061320461001c.jpg

時々、一服できるけど。
CIMG1555_20170613204613c79.jpg

激しく密集したキノコだこと。
CIMG1554_2017061320461171c.jpg

こちらは見事に成長したサルノコシカケ。
CIMG1556_20170613204541bfd.jpg

なかなか気持ちいい。
CIMG1557_20170613204542225.jpg
CIMG1559_201706132045454a7.jpg

足元にイカリソウ。
CIMG1558_20170613204544f94.jpg

クロモジも咲いていた。
CIMG1560_201706132045478ee.jpg

下りが長いので、ちょっとひと息。
CIMG1561.jpg

「庚申組」という名前は珍しい。地元の共有林なのだろうか。
CIMG1562_20170613204517748.jpg

これはヤマブキ。
CIMG1563_20170613204518463.jpg

なんとなく人の顔にも見える。
CIMG1564_2017061320452094b.jpg

低山でも、こういう色が見られるから、山は楽しい。
CIMG1565_20170613204521171.jpg

新道のわりには、道標が朽ちかけていた。
CIMG1566_20170613204449353.jpg

思いがけず、渡渉。
CIMG1567_20170613204451ca4.jpg

終盤は植林の中の道。
CIMG1568_20170613204452b21.jpg

かなりえぐれている。
CIMG1569_201706132044541a5.jpg

間伐材。このあたり、ちゃんと手入れがなされている。
CIMG1570_20170613204455871.jpg

地面にはサクラの花びらが散って、美しい。
CIMG1571_20170613204423c03.jpg

そろそろ里に出る頃かな。
CIMG1572_20170613204425543.jpg

はい、出ました。
CIMG1573.jpg

ヤマブキのお見送りを受けて、さようなら。
CIMG1574_201706132044286f5.jpg

そしてシダレザクラのお出迎え。
CIMG1576_20170613204352a52.jpg

ここからは車道を歩いて禾生駅へ。
CIMG1575_20170613204429f8e.jpg

石仏たちも勢ぞろいで迎えてくれた。
CIMG1577_20170613204354f27.jpg

これもサクラなのかしら。
CIMG1578_20170613204355980.jpg
このあたりでタクシー会社に電話をして、20分後に禾生駅に来てもらうようお願いした。

左手に見えるのは、赤レンガの落合橋。
CIMG1579_20170613204357c93.jpg

随分、立派だ。
CIMG1580_2017061320435824b.jpg

駒橋発電所の落合水路橋で、明治40年(1907年)に東京電灯株式会社(今の東京電力)が建設したとのこと。
CIMG1581_201706132043264f9.jpg

国の有形文化財に登録されている。
CIMG1584_20170613204329c7d.jpg

ホテルスターらんどの入浴は800円とあるが、営業しているのだろうか。
CIMG1582_20170613204328c2b.jpg

ピンクのサクラが目に鮮やか。
CIMG1585_20170613204331488.jpg

その背後が今登ってきた九鬼山だ。
CIMG1586_201706132043328dd.jpg

朝日川を道路橋で渡る。
CIMG1587_20170613204229393.jpg

間もなく国道139号に出た。リニア実験線が近い。
CIMG1588_20170613204231ea3.jpg

でも、駅まではまだちょっと距離がある。
CIMG1589_20170613204232960.jpg

改めて、7連アーチの落合水路橋を眺める。
CIMG1591_20170613204235434.jpg

春の九鬼山。
CIMG1592_20170613204203591.jpg

水路橋の延長線上にある水路を国道がまたぐ。
CIMG1593_2017061320420461b.jpg

これから向かう芭蕉月待ちの湯までは、5.5kmあるが、そこまで歩くわけではない。
CIMG1594_20170613204206641.jpg

「富士みち」と呼ばれる国道139号を禾生駅まで行って、そこからタクシーに乗る予定だ。
CIMG1595_20170613204207899.jpg

国道沿いにある禾生駅バス停。
CIMG1596_20170613204209989.jpg

落合橋から15分ほどで禾生駅に到着。時刻は13:48。
CIMG1597_201706132041358df.jpg

もうタクシーは待っていたが
CIMG1599_201706132041382f0.jpg

一応、駅構内を撮影して、本日の登山は終了。
CIMG1598_201706132041364ce.jpg

タクシーで月待ちの湯に向かう。
DSC_4666_20170613204114570.jpg

のんびり湯に浸かって、すっきり。
バスの時間までまだ1時間以上あるので、休憩室でもう乾杯してしまうことにした。
DSC_4663_201706132041115b5.jpg
みんなで適当につまみも頼んで、それぞれ3杯くらいは飲んだはず。
でも、注文したものをおばちゃんが忘れていたりして、ちょっといい加減な感じだった。

それにしても、醤油やソースが50円もするのは、どういうことなのだろうか。
DSC_4664_201706132041117df.jpg

すっかりいい気分になって16時前に、玄関の正面にあるバス停に並んだ。
DSC_4665_20170613204114df9.jpg

それなりに乗客がいて、座席は満席。
DSC_4667_2017061320393612c.jpg

あちこち遠回りして、富士急の都留市駅に着いたのは16時半前。
DSC_4668_20170613203938b33.jpg

電車の時間まで6分あるので、急いで駅前の商店でビールやつまみを購入。
DSC_4669_20170613203939bb7.jpg

何とか間に合った。
DSC_4670_201706132039418f2.jpg

河口湖行きはもちろん見送る。
DSC_4672_20170613203942592.jpg

我々が乗るのは特急車両のホリデー快速富士山2号(16:34発)。
DSC_4674_20170613203913cbe.jpg

幸い、ボックス状に座れたので、2次会を楽しめた。
DSC_4675_20170613203915b1c.jpg

3次会は三鷹にある馴染みのそば屋で。
ここでもあれこれ頼んで、最後にはもちろん〆の蕎麦。
20時半にお開きにして、私だけ残って、転勤のご挨拶。
餞別に、なかなかクセのある日本酒を飲ませてくれた。
DSC_4676_20170613203916893.jpg

こちらは、この店の看板娘が描いたポスター。
三鷹駅構内に何枚も貼り出されていた。
DSC_4679_20170613203918abb.jpg

お店は21時前に出て、帰宅したのは22時頃。
予想通り酒にまみれた山行だった。

【行程】2017年4月22日
田野倉駅(10:25)~登山口(10:42)~池の山(11:11休憩11:14)~分岐(11:24)~九鬼山(12:05昼食12:38)~久美山(12:43)~登山口(13:31)~禾生駅(13:48)
※所要時間:3時間23分(歩行時間:2時間43分)コースタイム:3時間
※登った山:3座(うち新規2座:池の山、久美山)
※歩行距離:6.9km
このページのトップへ

九鬼山(上)

【2017年4月22日(土)】九鬼山
昨年12月、一緒に伊豆の玄岳に登った会社の同期T君から、「またどっかに行こうよ」とお誘いがあった。
では、4月22日か23日に、ということで前回と同じメンバーに石和温泉の背後にある大蔵経寺山を提案したのだが、都合のつく人が誘ってくれたT君だけだった。
「2人だけじゃあなあ」と断念しかけたが、彼がもう1人S君を呼んできてくれたので、3人で決行することになった。
ただし、よくよく調べると大蔵経寺山は展望がよくないとのことなので、計画を変更。
一度登ったことはあるが、その時とは別ルートを歩くことにして、山梨の九鬼山(970m)に行くことにした。
このメンバーだと、下山後にお酒を飲むのがお約束なので、車じゃないと行けないようなところはNG(そもそも車検切れを機会にマイカーを手放したので、私自身すでに車はないのだが)なので、ちょっと選ぶのに苦労した。
本当は登っていないところに行きたいのだが、近郊ではもうマニアックなところしか残っておらず、そこにお二人をお連れするのは気が引けるのだ。

富士急の田野倉駅から歩き始めて、禾生(かせい)駅に下山するのに要するのは3時間ほど。
かなり短いので、スタートも遅めにして、10:22田野倉駅集合ということにした。
田野倉駅集合と言っても、大月で一緒になって、富士急に乗ることになるのだが。

前夜は札幌から23時半に帰宅したばかりだったが、即沈して、この日は朝6時に起床。
ゆっくりパッキングして、朝食も食べてから出発。
新所沢8:20発の電車に乗った。
東村山、国分寺、高尾で乗り換え、大月には9:56に到着。
DSC_4657_2017061309232054e.jpg

移動中は、ずっと7月の連休に計画している利尻山登山のため、宿のネット予約をしていた。
すでにかなり埋まっていて、かなり苦労した。
連泊で泊まれるところはすでになかった。
DSC_4658_20170613092250b2f.jpg

それはともかく、他の2人はホリデー快速を使って少し前に着いていた。
CIMG1446_20170613092902c09.jpg

富士急の普通列車内で合流。
DSC_4659_20170613092252581.jpg

出発まで15分近くあったので、富士急の車両の写真を撮影した。
まずは線路。
CIMG1438_20170613092925915.jpg

こちらは富士山ビューエクスプレス。
CIMG1439_20170613092927795.jpg

こっちが、私どもが乗る各駅の電車。
CIMG1441_201706130929283a7.jpg

並んで停車している。
CIMG1442.jpg

富士急はスイスのマッターホルン・ゴッタルド鉄道と姉妹提携を結んでいる。
CIMG1443_20170613092931a6b.jpg

去年が提携25周年だったようだ。
CIMG1445_201706130929001a6.jpg

こちらにもいずれ乗ってみたい。
CIMG1444_201706130928598c4.jpg
席に戻ってからは、しばらく、私の転勤のことなどを話していた。

電車は10:16に発車。2駅だけなので6分で田野倉駅に着いてしまった。
CIMG1447_201706130929037f3.jpg

駅前でストレッチをして、3分後には出発した。
CIMG1448_20170613092905554.jpg

まずは線路に沿って、舗装された里の道を南下する。
CIMG1449_20170613092834a57.jpg

駅前のサクラの大木。幹から、直接花が咲いていた。かわいい。
CIMG1450_20170613092836d84.jpg

正面が、本日の目的地九鬼山。
CIMG1451_20170613092837369.jpg

沿道の畑にチューリップが1株。
CIMG1452_2017061309283826f.jpg

このレンガのお宅は古いのか新しいのか、よく分からない。
CIMG1453_20170613092840d17.jpg

都留市のマンホール。
CIMG1454_20170613092808cd9.jpg

踏切を渡る。
CIMG1455_20170613092810022.jpg

馬頭観世音の向こうは高川山(976m)。
CIMG1456_20170613092812673.jpg

これはトンネルなのか、橋なのか。どちらにしても、あり得ない位置にある。
CIMG1457_20170613092813d6f.jpg

菜の花畑。
CIMG1458_2017061309281402a.jpg

もうすっかり新緑の季節だ。
CIMG1459_2017061309273286a.jpg

どちらもサクラ。右は八重だ。
CIMG1460_20170613092734142.jpg

畑仕事のおじさん。
CIMG1461_2017061309273530d.jpg

少し坂を登ると、左手に廃屋。かつての札金温泉か?
CIMG1462_20170613092737726.jpg

この廃屋の向かいが九鬼山の登山口。
CIMG1463_20170613092738792.jpg

この登山口は標識がないと絶対分からない。
CIMG1464_20170613092708cca.jpg

いきなりの渡渉だからだ。
CIMG1465_20170613092710aaf.jpg

川を渡ると、さすがに道はしっかりしている。
CIMG1467_20170613092713501.jpg

このルートでは登るのは、もちろん初めてである。
CIMG1468_2017061309271448a.jpg

足元にタツツボスミレ。
CIMG1466_20170613092711003.jpg

最初から、かなりきつい坂だ。
CIMG1469_201706130926407a5.jpg

新緑がまぶしい。
CIMG1470_20170613092641c9d.jpg

昨年の落ち葉が降り積もった急坂を登っていく。
CIMG1471_201706130926439af.jpg

ヒトリシズカも咲いていた。
CIMG1472_20170613092645e29.jpg

こちらはマムシグサ。
CIMG1474_201706130926464f8.jpg

急登を登ること15分ほどで尾根に乗った。
CIMG1475_201706130926159cf.jpg

あとはずっと尾根筋を行く。
CIMG1476_201706130926173c1.jpg

すると、右手が開けて、リニアの実験線が姿を現した。
CIMG1477_2017061309261823a.jpg

左から文台山(1199m)、鹿留山(1632m)、倉見山(1256m)。手前は生出山(662m)。
CIMG1478_20170613092620cd4.jpg

その右には、590mピークの向こうに三ツ峠山(1785m)。
CIMG1479_20170613092621946.jpg

桂川の谷を中央道の富士五湖ルートが貫く。
CIMG1480_201706130925498fe.jpg

ヤマブキの黄色が濃い。
CIMG1481_20170613092550c2e.jpg

標高520mあたりの平坦面で、やっと一息つけた。
CIMG1482_201706130925526f9.jpg

また右手が開けたが、今日はあいにく富士山は見えない。
CIMG1483_2017061309255312a.jpg

桜と富士山のコラボを楽しみにしていたのだが。
CIMG1484_20170613092555373.jpg

そこは諦めて行くしかない。
CIMG1485_201706130925261ea.jpg

再び急登。
CIMG1486_20170613092528682.jpg

そこを登り切ると、3分の1地点の池の山(638m)に到着。
CIMG1487_20170613092529279.jpg

ここで小休止。S君(右)はダイエットのため上着を着ており、汗だくだ。
CIMG1491_20170613092500361.jpg

四等三角点。
CIMG1488_201706130925303b4.jpg

この特徴的な葉っぱは何の木だっけ。
CIMG1489_20170613092532126.jpg

3分ほどで出発。
CIMG1492_201706130925016bf.jpg

このあたりまで来ると、木々の若葉はまだ芽吹いたばかりだ。
CIMG1493_2017061309250361d.jpg

ツツジもつぼみのまま。
CIMG1494_20170613092504d32.jpg

モミジイチゴは大きく花開いていた。
CIMG1496_20170613092434650.jpg

お、目指す九鬼山の山頂が見えてきたぞ。
CIMG1495_201706130925078c8.jpg

田野倉駅を出発してちょうど1時間で、禾生駅からの登山道との合流地点に到着。
CIMG1497_201706130924367f5.jpg

ここから山頂まで50分とのこと。
CIMG1499_2017061309243768c.jpg

平坦なのは最初だけだ。
CIMG1500_20170613092439826.jpg

すぐに傾斜度が増していく。
CIMG1501_201706130924406c0.jpg

突然、石垣が出現。何のためのものかは不明。
CIMG1502_20170613092410156.jpg

「これより急坂」だ。
CIMG1503_201706130924110e6.jpg

道が二つに分かれているような道標だが、実際は「新登山道」しかなかった。
CIMG1504_201706130924131e8.jpg

写真で見るより実際の傾斜はきつい。
CIMG1505_2017061309241424a.jpg

ロープが張られているほどだ。
CIMG1506_201706130924166d1.jpg

途中、右手の道を行くと、天狗岩。
CIMG1507_20170613092338993.jpg

折角なので行ってみた。1分ほどだった。
CIMG1511_2017061309234348e.jpg

この岩のことなのだろう。
CIMG1514_20170613092316a4d.jpg

岩自体は大したことはないが、看板通り眺めは抜群だった。
CIMG1509_2017061309234076d.jpg

とは言え、やはり富士山は見えない。
CIMG1512_201706130923440b6.jpg

北西方面は高川山(976m)の向こうに滝子山(1620m)。
CIMG1513.jpg

というわけで、登山道に戻り、再び急登に挑む。
CIMG1516_20170613092318fd6.jpg


(つづく)
このページのトップへ

楢抜山・周助山(下)

【2017年4月16日(日)】楢抜山・周助山
周助山(383m)から原市場に下りてきた。
DSC_1883_20170610055516d41.jpg

今日は地区のお祭りのようだ。
DSC_1879_20170610055515a44.jpg

地元の方々が山車を引いているところにちょうど合流。
DSC_1884_20170610055518dba.jpg

でも、もちろん先に行かせてもらった。
DSC_1886_20170610055521d8c.jpg

山車の背後は周助山。
DSC_1885_201706100555191fd.jpg

県道に出たところで、もうバスに乗ればいいのだが、以前、大仁田山(506m)に登った時に歩いたルートと線をつなげたいだけのために、30分以上も県道を歩いた。
DSC_1887_20170610055443aae.jpg

案内板によると、このあたりも見どころが多いようだ。
DSC_1889_2017061005544541a.jpg

再び、周助山。山の中では気づかなかったが、頂上付近は桜で覆われていた。
DSC_1890_20170610055446c6b.jpg

原市場中学校前を通過。
DSC_1892_20170610055449898.jpg

ここの時刻表から推測すると、目的地の上赤沢ではかなり待つことになりそうだ。
DSC_1891_201706100554481cc.jpg

でも、こういう古い木造家屋に会えるので、車道歩きもあまり苦にならない。
DSC_1894_20170610055414f12.jpg

原市場バス停通過。
DSC_1895_20170610055416b19.jpg

まだスイセンが頑張っていた。
DSC_1896_20170610055418128.jpg

今年はソメイヨシノが咲いている期間が長い。
DSC_1898_201706100554199d6.jpg

来週は飯能市議会議員の選挙なのか。
DSC_1899_20170610055421a1a.jpg

中屋敷バス停通過。
DSC_1900_20170610055348ee7.jpg

あちらの木はサクランボかしら。
DSC_1901_20170610055350a56.jpg

左手は大仁田山方面。
DSC_1902_20170610055351449.jpg

のどかな風景だ。
DSC_1903_20170610055353621.jpg

川遊びの「ゆのた」。名栗川は川遊びのメッカだ。
DSC_1904_20170610055354afd.jpg

こちらのお宅は立派なお庭をお持ちだこと。
DSC_1905_201706100553115fa.jpg

唐竹橋バス停も通過。
DSC_1906_20170610055312fa7.jpg

こんなに山奥に向かって歩いたら、バス代が高くなるだけなのに。
DSC_1907_201706100553142aa.jpg

まだ川遊びには早いが、河原でバーベキューをしている人がいた。
DSC_1908_20170610055315145.jpg

川遊びをするには、川が浅すぎないか。
DSC_1909_201706100553164ec.jpg

あくぬきわらびあります。
DSC_1910_20170610055246183.jpg

こちらは古民家を利用したレストランかな。
DSC_1911_20170610055248c9c.jpg

「ぽれぽれ」という店で4月27日にオープン予定だった。
DSC_1912_201706100552494b4.jpg

茶内バス停通過。
DSC_1913_2017061005525000c.jpg

その先に金錫寺。
DSC_1915_20170610055002fd4.jpg
DSC_1914_20170610055252132.jpg

山門も趣がある。
DSC_1916_201706100550047e9.jpg

ここには鎌倉時代の木造宝冠釈迦如来坐像があるそうだ。
DSC_1917_20170610055122d20.jpg

でも、参拝はしないで先を急いだ。
DSC_1918_20170610055007f3b.jpg

この木なんの木?
DSC_1919_2017061005500860d.jpg

う~ん美しい。やはり車道歩きをしてよかった。
DSC_1920_20170610054933181.jpg

菜の花畑。
DSC_1921_2017061005493539a.jpg

名栗川。
DSC_1922_20170610054936113.jpg

わりと水がきれい。
DSC_1923_201706100549388eb.jpg

正式名称は入間川だけど。
DSC_1924_201706100549399db.jpg

赤沢バス停。
DSC_1925_20170610054903fda.jpg

そして、次の上赤沢バス停でゴール。
DSC_1926_201706100549044f4.jpg

時刻は14:57。次のバスは15:06だから、あと10分近くある。
DSC_4610_20170610054905453.jpg

汗をぬぐったり、荷物を整理したりして、のんびりしているうちに、飯能駅行きのバスが到着。
DSC_4611_20170610054908444.jpg

バスの中では車窓を見るため、なるべく寝ないようにしていたつもりだが、ついうとうとしてしまった。
東飯能駅経由なので、手前のバス停で下りて、飯能駅まで数分歩く。
15:40発の快速元町・中華街行きに乗車。
DSC_4613_2017061005490982e.jpg

小手指には15:53に到着。
駅前の王将で恒例のプチ打ち上げ。
DSC_4614_201706100548296b9.jpg

つまみは麻婆豆腐と、もちろん餃子。
DSC_4615_20170610054831efd.jpg
DSC_4616_2017061005483270f.jpg
どれも少な目にして、お腹いっぱいにはならないようにした。
今日は、実働3時間半で10km弱歩き、4座も登ることができた。
屋久島帰りとしては適度な運動量だった。

【行程】2017年4月16日
河又名栗湖入口バス停(11:20)~尾須沢鍾乳洞(11:37見学11:43)~見晴台(12:07道案内12:10)~楢抜山(12:18昼食12:37)~仁田山峠(12:55)~登戸登山口(13:24)~登戸(13:45)~周助山(14:05)~原市場中学校交差点(14:22)~上赤沢バス停(14:57)
※所要時間:3時間37分(歩行時間:3時間7分)
※登った山:4座(楢抜山、根藤、登戸、周助山)
※歩行距離:9.4km
このページのトップへ

楢抜山・周助山(中)

【2017年4月16日(日)】楢抜山・周助山
仁田山峠(401m)から周助山(383m)の登山口に向かって車道を歩いている。
DSC_1809_2017060922265644d.jpg

右手にさっき登った楢抜山(左、554m)が見えた。
DSC_1810_20170609222658658.jpg

結構、東に延びる尾根が大きい。
DSC_1814_201706092226294b3.jpg

植林の中に咲くぽつんとヤマザクラ。
DSC_1811_20170609222659168.jpg

沿道に咲く(散り際)の桜もきれい。
DSC_1813_20170609222703682.jpg

その右には棒ノ嶺(969m)。
DSC_1812_2017060922270106b.jpg

そして奥武蔵の山々。
DSC_1816_201706092226306c3.jpg

車道は木のトンネルだ。
DSC_1817_20170609222634d3d.jpg

時々、自転車やバイクが追い抜いていく。
DSC_1818_2017060922263336d.jpg

タチツボスミレとヤマザクラ。
DSC_1819_20170609222635e90.jpg
DSC_1820_20170609222602534.jpg

車道が尾根を越えるところが、周助山への入口。
これがそうかな。
DSC_1822_2017060922260298f.jpg

でも、念のため、もう少し進んでみよう。
すると、別のところに入口の道標があるではないか。
DSC_1823_2017060922260412d.jpg

危なかった。尾根を上から下りて来る道も探してみたら、少し尾根を回り込んだところにあった。
DSC_1824_2017060922260555f.jpg

では、登山道に入ろう。
DSC_1825_20170609222607513.jpg

まずは少しだけ下り。
DSC_1826_20170609222535d5f.jpg

その後は、ほぼ平らな道が続く。
DSC_1827_20170609222537ed1.jpg

所々に切り株がある。
DSC_1828_20170609222538378.jpg

つい最近、伐採したばかりのようだ。
DSC_1829_20170609222539597.jpg

踏み跡はわりとしっかりしている。
DSC_1830_20170609222542b2f.jpg

これ何の実だっけ。
DSC_1831_20170609222451447.jpg

メインルートは404mのピークを巻いているが、念のためピークの方へ行ってみた。
DSC_1832_201706092224531e3.jpg

ここがピーク。
DSC_1833_201706092224550de.jpg

なんと、「根藤」なる名前が付いていた。
DSC_1834_2017060922245624f.jpg

「登った山」を思いがけず、1つ稼いでしまった。祝福のお花までいただいた。
DSC_1836_20170609222457dea.jpg

さらに、なだらかな尾根道を進む。
DSC_1837_201706092224229c8.jpg

アセビの新芽がたくさん出ていた。
DSC_1838_2017060922242329e.jpg

登戸(ノボット)への登り。
DSC_1839_201706092224250c2.jpg

このあたりも石灰岩地帯のようだ。
DSC_1840_20170609222426696.jpg

めずらしく登りが続く。
DSC_1841_201706092224281af.jpg

植林が美しい。
DSC_1842_20170609222355047.jpg

登山口から20分ほどで、登戸(436m)に到着。
DSC_1843_20170609222356654.jpg

読みは「のぼりと」ではなく「のぼっと」。地形図には「ノポット」とあるが、どちらも間違いではないのだろう。
DSC_1844_20170609222358b1f.jpg

左手(北)の尾根は通行止めになっている。
DSC_1845_20170609222359cac.jpg

ここの三角点は角が激しく欠けていた。
DSC_1847_20170609222401d50.jpg

ここにもテープ表示あり。
DSC_1848_201706092223256fd.jpg

これらの写真だけ撮って、すぐに出発。
DSC_1849_20170609222326562.jpg

この先は登山道に低木が繁茂している。
DSC_1850_20170609222328522.jpg

幼木が育っているようだ。
DSC_1851_20170609222329f62.jpg

時々、空がすこんと抜ける。
DSC_1852_20170609222331847.jpg

次の420mピークに「周助山」の表示が。
DSC_1853_20170609222257ffb.jpg

これは誤りと、「分県登山ガイド」に書いてあった。
DSC_1854_20170609222258fcb.jpg

ここは直角に左折するのだが、その角にこんな写真が。
DSC_1855_20170609222300162.jpg
奥武蔵周辺に出没する「同一犯」の仕業と思われる。

直進は通行止め。
DSC_1856_20170609222301133.jpg

木々の隙間から飯能方面を望む。
DSC_1857_20170609222303a68.jpg

本当の周助山に向けて、ゆるやかな登り。
DSC_1858_20170609222229f87.jpg

微妙なバランスを保っているケルンの横を通過。
DSC_1859_20170609222230c50.jpg

登戸から20分で周助山に着いた。
DSC_1860_201706092222310eb.jpg

謎の挿し木。
DSC_1861_20170609222233ba8.jpg

この標柱を立てたのは、行政ではなく、地元の団体のようだ。
DSC_1862_20170609222234178.jpg

裏にもアクリル板の山名板がぶら下がっていた。
DSC_1863_2017060922215955d.jpg

ここも写真を撮っただけで通過。
DSC_1864_201706092222015e3.jpg

ここからは急な下り。
DSC_1865_20170609222202058.jpg

先日の強風のせいか緑の葉っぱが大量に落ちていた。
DSC_1866_201706092222042b3.jpg

周助山を振り返る。
DSC_1867_201706092222052e1.jpg

「山と高原地図」にルート表示のない道だが、原市場側には道標が整備されていた。
DSC_1868_2017060922213374b.jpg

里に近づくと、傾斜もさすがになだらかになる。
DSC_1869_2017060922213540a.jpg

このあたりは完全に植林の中。
DSC_1870_20170609222136039.jpg

途中、またしても見事なケルン。
DSC_1871_20170609222138ee1.jpg

これは、たい焼き岩(仮名)。
DSC_1874_2017060922213955e.jpg

この道を「山と高原地図」が無視しているのは、どうしても解せない。
DSC_1875_2017060922210731e.jpg

だいぶ下りてきた。
DSC_1876_2017060922210958f.jpg

いきなり、町が目の前に展開した。
DSC_1877_201706092221098bd.jpg

里はソメイヨシノが満開。
DSC_1878_2017060922211194a.jpg
DSC_1880_20170609222112106.jpg

ツツジも見事だった。
DSC_1881_20170609222020087.jpg
DSC_1882_2017060922202278b.jpg

(つづく)
このページのトップへ

楢抜山・周助山(上)

【2017年4月16日(日)】楢抜山・周助山
この週は屋久島に行ってきたばかりなので、週末は家で休養しようと思っていたのだが、土日ともつぶしてしまうのはもったいないので、やはり日曜日だけは出かけることにした。
朝ゆっくり寝てしまったので、近場だ。
奥武蔵も「山と高原地図」にルートが書かれているようなところはほぼ行き尽してしまったので、山と渓谷社の分県登山ガイド「埼玉県の山」の新装版に出ていた楢抜山・周助山に行くことにした。
DSC_4599_20170609060509700.jpg
目次には「!道なし」の表示がある。
もちろん、踏み跡はあるに違いないので、恐れることはない。

9時半ごろ自宅を出て、9:50小手指発の電車に乗り込んだ。
18分で飯能駅に着いてしまったが
DSC_4600_201706090605109f5.jpg

お目当てのさわらびの湯経由名栗車庫行きは10:30発。時間があるので、5月の連休の宿を予約したりしていた。
DSC_4601_20170609060512e67.jpg

バスは定刻通り発車して
DSC_4602_20170609060441667.jpg

河又名栗湖入口バス停には11:10に到着。
DSC_4603_20170609060443246.jpg

ストレッチをして11:20に歩き始めた。
DSC_1732_2017060906114409d.jpg

このあたりはまだ桜が満開だ。
DSC_1733_20170609061146fb3.jpg

数分、車道を歩いて
DSC_1734_20170609061147cda.jpg

尾須沢鍾乳洞入口から登山道に入る。
DSC_1735_20170609061149d3d.jpg

鍾乳洞は500mくらい奥にあるらしい。
DSC_1736_20170609061150409.jpg
こうもり岩の名で親しまれているそうだ。

沢に沿った道を登っていく。
DSC_1737_20170609061114b27.jpg

さすがに鍾乳洞までは道標が整備されている。
DSC_1738_20170609061116f98.jpg

だんだん石灰岩が露出してきた。
DSC_1739_20170609061117a48.jpg

ただ道はそれほど険しくはない。
DSC_1740_201706090611197c0.jpg

新緑がまぶしい季節だ。
DSC_1741_20170609061120fcd.jpg

基本的には植林なんだけど。
DSC_1743_20170609061040c84.jpg

路面はかなり踏み固められている。
DSC_1744_20170609061042638.jpg

何度か沢を渡る。
DSC_1745_20170609061043cfd.jpg

傾斜がきつくなってきたあたりで、奥の方から歓声が聞こえてきた。
DSC_1746_2017060906104447f.jpg

男女のはしゃいだ声がするので、引率の先生と女子たちかなと思ったら
DSC_1747_2017060906104690d.jpg

なんとコウモリ岩でクライミングをしている方々だった。
DSC_1748_20170609061016eee.jpg

ここは石灰岩の岩壁だ。
DSC_1749_2017060906101724a.jpg

クライマーは何組かの方々がいた。
DSC_1750_20170609061019153.jpg

これがその鍾乳洞。
DSC_1751_201706090610202ce.jpg

岩壁自体は高さ25mもあるそうな。
DSC_1752_20170609061022f8b.jpg

中に入って、振り向いてみた。まさに石灰岩だが、鍾乳洞という感じでもない。
DSC_1754_201706090609488d0.jpg

外には石仏。
DSC_1755_20170609060950fbc.jpg

別の洞窟。こちらには鍾乳石っぽいものがあった。
DSC_1757_20170609060951766.jpg

ここは幅百数十mにわたって岩壁が続いている。
DSC_1758_20170609060953fd3.jpg

クライマーの邪魔にならないよう、左へと巻いていく。
DSC_1759_201706090609557c0.jpg

こちらでもクライミング中。
DSC_1760_20170609060922b4b.jpg

しばらく踏み跡に沿って進んだら、ちょっと下り気味になったので、不審に思って少し戻ると、左手に楢抜山(554m)へのルートであることを示す赤いリボンを発見。
DSC_1761_20170609060924cf4.jpg

引き返してよかった。
DSC_1762_20170609060925913.jpg

しかし、この斜面はかなり急峻だ。
DSC_1763_20170609060927ee2.jpg

基本的に眺望はきかないが、たまにこういう時もある。
DSC_1764_20170609060928cbf.jpg

70mほど登ると、傾斜もやっと一段落。
DSC_1765_20170609060856690.jpg

でも、またすぐに急登。
DSC_1766_20170609060858002.jpg

間もなく、標高520mほどの小ピークを通過。
DSC_1767_20170609060859955.jpg

さらに尾根道を進む。
DSC_1768_201706090609001aa.jpg

右手は木々を透かして棒ノ嶺(969m)方面。
DSC_1769_201706090609022c6.jpg

間もなく、530mピーク(見晴台)だ。
DSC_1770_20170609060830c81.jpg

ピークの直前で、ハイカーのグループに追いついた。
DSC_1771_20170609060832628.jpg
こんなところを歩いている人がいるなんて、とびっくり。

しかし、彼らはハイカーではなく外国人を含むクライマーの方々だった。
こうもり岩とは別のクライミングスポットを探して山に入ったが、現在地がよく分からなくなったとのことで、この私に道をたずねてきた。
DSC_1772_20170609060833737.jpg
彼らが持っているガイドブックの概念図を示されたが、それだけではよく分からない。
でも、彼らがどこからどこに向かっているのかを聞いて初めて、彼らの行きたい場所への行き方が分かった。
このまま、楢抜山に向かって下り、その鞍部から右に回り込んでいけばいい。

私が先に下ったら、鞍部の手前のあたりで、右の方から別のクライマーたちの声が聞こえてきた。
DSC_1773_20170609060835f2b.jpg

やはり、さっきの道案内で間違っていなかったようだ。
DSC_1774_20170609060836e4d.jpg

実際にクライマーの姿も確認できた。
DSC_1778_20170609060807f53.jpg

この方がそうだ。
DSC_1777_201706090608068c7.jpg

これは鞍部にあった巨岩。
DSC_1775_20170609060804dbe.jpg

私は楢抜山への登りに取り掛かる。
DSC_1780_201706090608093d7.jpg

標高差は50mほど。
DSC_1781_20170609060810ff8.jpg

バス停から、ほぼ1時間で楢抜山に登頂。
DSC_1782_20170609060739c1f.jpg

このあたりでよく見かける手作りの山名板。
DSC_1783_20170609060740e33.jpg

こんなところにも山名板が。
DSC_1784_20170609060742acd.jpg

木にも直接書いてあった(下)。
DSC_1785_20170609060743543.jpg

眺望はこんな感じで今イチ。
DSC_1787_201706090607106e6.jpg

ともかく三等三角点に腰をかけてお昼にする。
DSC_1786_201706090607449a2.jpg

本日のメニューはおにぎり2個にピリ辛きゅうりを添えた。
DSC_1788_201706090607120e7.jpg

山頂付近には早くもツツジが咲いていた。
DSC_1789_20170609060713cad.jpg

20分ほどで出発。
DSC_1790_20170609060714601.jpg

いったん着た道を見晴台まで引き返す。
DSC_1791_20170609060716623.jpg

さっきは気づかなかった石灰岩のケルン。
DSC_1792_2017060906064464c.jpg

こちらは見逃すはずのない石灰岩の巨岩。鯨岩と名付けよう。
DSC_1793_201706090606451d4.jpg

石灰岩の露出した斜面を登る。
DSC_1794_201706090606472cc.jpg

数分で見晴台を通過。
DSC_1795_201706090606488cd.jpg

ピークの分岐を右に行く。
DSC_1796_20170609060650c5a.jpg

ここから仁田山峠(401m)まで130mほどの下り。
DSC_1798_20170609060612674.jpg

傾斜が緩やかなので、ありがたい。
DSC_1799_201706090606147d7.jpg

途中、奇妙な造形が。誰かが立てたのだろう。
DSC_1797_2017060906061144d.jpg

ヤマザクラが満開だった。
DSC_1800_20170609060615431.jpg

午後1時前に仁田山峠に到着。
DSC_1802_20170609060533131.jpg

ここからしばらく車道歩き。
DSC_1801_2017060906061780d.jpg

一応、楢抜山への道を振り返っておこう。
DSC_1803_20170609060535ff2.jpg

茶内へ下る道の入口には、こんな不気味なものがぶら下がっていた。
「呪詛」とは穏やかでない。何があったのか。
DSC_1804_20170609060536f0b.jpg

こちらの桜はもう終わりかけ。でも、きれいだ。
DSC_1805_201706090605379a0.jpg

道端にはタチツボスミレ。
DSC_1806_20170609060539be6.jpg

群落になって咲いていた。
DSC_1807_20170609060506b29.jpg

車道歩きは30分ほど続く。
DSC_1808_2017060906050740f.jpg

(つづく)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (185)
東北の山 (62)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (15)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (40)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (34)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR