山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

南アルプス南部(30)

【2016年8月7日(日)】南アルプス南部
千枚小屋から4時間半ほどで、椹島まで下ってきた。
どんなところなのか、とても興味があった。
かつては林業の拠点だったのだろうが、今は完全な登山基地になっていた。
CIMG9086_2016103106264712c.jpg

まずは開発者である大倉喜八郎の記念樹。
CIMG9081_20161031062641b2c.jpg

88歳の時に籠で赤石岳に登ったという大倉翁の登頂記念碑。
CIMG9082.jpg

東海パルプ、東海フォレストの創始者でもある。
CIMG9083_201610310626444af.jpg

左手に、南アルプス白籏史朗写真館。時間がないので入らなかった。
CIMG9084_201610310626457f5.jpg

大正から昭和初期にかけて、ここで800人近い人々が林業に従事していたらしいが、その宿舎のひとつ「旧クラブハウス」が保存されていた。
CIMG9088.jpg

トイレに寄って顔を洗う。
CIMG9089_201610310626205ff.jpg

やはり登山者で大にぎわいだ。
CIMG9090_20161031062621862.jpg

とにかく、レストハウス椹でバスの整理券をもらう。確か70番代だった。
CIMG9092_201610310626231da.jpg

バスの時間まで30分近くあるので、とりあえず休憩。
このあと車を運転しないといけないので、私は400円のソフト。
CIMG9094_20161031062556f12.jpg
O君は運転から解放されたので、生ビールを2杯飲んでかなりいい気分だ。

私はじっとしていられない性格なので、あちこち探検に歩く。
これはレストハウスの中。なかなかおしゃれな感じ。
CIMG9095_20161031062558e57.jpg

マスクメロンサイダーも飲みたいなあ。
CIMG9096.jpg

椹島ロッジはものすごくデカい。
宿泊受付はこんなに地味だけど。
CIMG9097_2016103106260163f.jpg

別館入口も小さいけれど。
CIMG9098_2016103106260249a.jpg

宿舎は何棟もある。
CIMG9093_201610310626240c6.jpg

こちらがロッジの正面。
CIMG9106_20161031062512acd.jpg

東海フォレストの事務所も兼ねている。
CIMG9107_201610310625147fc.jpg

広場がある河原の方に行ってみた。
CIMG9099_201610310625345e9.jpg

暑いので、誰も日向にはいない。
CIMG9101_2016103106253577b.jpg

レストハウスを東から。
CIMG9102_20161031062537e97.jpg

東海フォレストの送迎バス発見。3台ともある。我々が3泊4日で登っている間に、修理に出していた1台が戻ってきたようだ。
CIMG9103_201610310625381f2.jpg

ここから鳥森山(1571m)に2時間半でピストンすることができる。
さすがに今回はパスだけど。
CIMG9104_201610310625401d1.jpg

由来まで書いてあった。
CIMG9105_20161031062511d54.jpg

そうこうしている間に、バスの時間がやってきたので、レストハウスに戻る。
我々は3台目だった。
CIMG9108.jpg

一番後ろの席で、となりの人が足を開いて座っているので狭くてたまらなかった。
CIMG9109_20161031062517c66.jpg
重いザックを1時間も膝の上に乗せていたので、かなり疲れた。

畑薙に着くと、今日も駐車場は車でいっぱい。
DSC_2961_201610310624450e5.jpg
百間洞山の家で雑談をかわしたおじさんがいたので、ご挨拶。

まるまる3日間置きっぱなしだった車は猛烈に暑かった。
DSC_2963_201610310624475a6.jpg

ザックを積み込み、サンダルに履き替えて、やっと文明の世界へ。
本日の宿、白樺荘には15分ほどで着いた。
DSC_2965_201610310624509e9.jpg

今日帰ろうと思えば十分帰れるのに、O君が後泊してビールを飲まないと気が済まないのだ(笑)
DSC_2966_20161031062421bb9.jpg

ここからは茶臼岳(2604m)が真正面に見えた。
DSC_2964_201610310624494d0.jpg

部屋は一番奥の「前岳」。ちょっと地味だ。
CIMG9110_2016103106244415b.jpg

同じ時間のバスに乗ってきた登山者たちが、続々マイカーで下りてきて、みんなここに立ち寄るので、この時間はお風呂が混雑する。なので、我々は先に昼食をとることにした。
DSC_2978_20161031062336150.jpg

私はここでやっとビールにありつけた。
DSC_2967_2016103106242368d.jpg
つまみになるよう、食事はそばにした。

食後、頃合いをみて風呂へ。
次のバスとのはざまになるので、かなり空いていた。
DSC_2973_201610310623569bb.jpg

ちょっと、おふざけ。
DSC_2972_20161031062427416.jpg

露天風呂の正面に畑薙第二ダムのダム湖と茶臼岳が望めた。
DSC_2969_20161031062424189.jpg

その右には1869m峰。
DSC_2970_2016103106242694b.jpg

風呂上がりに、ぶらっと売店を冷やかす。
DSC_2974_2016103106235832f.jpg
DSC_2975_20161031062359ad1.jpg

さっぱりした後は部屋で飲み直し。
ベッドに横になりながら、9月中旬の3連休の予定を考える。
北海道在住のH君のために富士山はどうかと提案。
私は行ったばかりだから行かないけど。
(結局、天候不順のため中止になった)

夕食まで、たっぷり時間があるので、ついうとうとしてしまった。
夕方になって、もう一度風呂へ。
今度は元気なおじさんと、露天風呂で一緒になり雑談。
夫婦で来ているが、奥さんはこの宿に置いて2泊で光岳に登ってくる予定だそう。
どの山も最短距離で登る主義なんだとか。
北アルプスに行くときは松本に滞在して、天気がいい日に出かけるそうだ。
リタイヤした人じゃないとできない芸当だ。

晩飯のメインは馬刺し。超豪華というわけではないが、適量でおいしかった。
DSC_2977_20161031062402e40.jpg

またビールと、今度は日本酒もいただいてしまった。ここのオリジナル「白樺荘」。
DSC_2976_201610310624011b8.jpg

マッサージ器で少し体をほぐしてから、部屋に戻る。
DSC_2981_20161031062339989.jpg
翌朝は10時の出勤を目指し、4時半起きなので、早々に寝てしまった。

【行程】2016年8月7日
千枚小屋(5:01)~駒鳥池(5:28)~見晴台(6:08撮影6:15)~蕨段(6:24)~清水平(6:48休憩6:57)~小石下(7:39)~1437mピーク(8:25休憩8:33)~滝見橋(9:26)~椹島(9:41)
※所要時間:4時間40分(歩行時間:4時間15分)コースタイム:4時間50分
※登った山:1座(小石下)
※歩行距離:9.3km
スポンサーサイト
このページのトップへ

南アルプス南部(29)

【2016年8月7日(日)】南アルプス南部
千枚小屋から下山中。小石下(1586m)の先で林道に一旦出て、再び登山道へ。
CIMG8971_20161030214406885.jpg

かなりの急坂だ。
CIMG8972.jpg

5分ほどでやや平らなところに出た。
CIMG8974_201610302144090e3.jpg

この先は尾根の左側をトラバース。
CIMG8975_201610302144102e7.jpg

桟橋を渡る。
CIMG8976_20161030214412c3e.jpg

10分ほどで下り切ったが、直進の道は通行止め。
CIMG8979_20161030214349fc9.jpg

この先は登山道崩落のため、標高差60mの山を越える迂回路が設けられているのだ。
CIMG8981_20161030214350cea.jpg

その登りが結構な岩場。
CIMG8982_20161030214351205.jpg

「岩頭見晴」というところだ。
CIMG8987_201610302143285d4.jpg

ここで、逆方向から来た夫婦とすれ違う。
CIMG8983_201610302143247e1.jpg
「せっかく登ったのに下りとは」と、ぼやいていた。
こっちは「せっかく下ったのに、登りだ」。

でも「見晴」というだけあって、確かに展望が得られた。
CIMG8986_20161030214327ae9.jpg

これは悪沢岳(3141m)。
CIMG8984_201610302143263ed.jpg

中岳(3083m)もかろうじて見えた。
CIMG8989_201610302142594ff.jpg

随分遠くなったものだ。
CIMG8988_20161030214330121.jpg

さらに激しく登る。
CIMG8990_201610302143003e7.jpg

迂回路なので容赦がない。
CIMG8991_2016103021430342d.jpg

この古いハシゴは通行止め。
CIMG8992_201610302143040e2.jpg

こちらにさらに迂回する。
CIMG8993_2016103021430525f.jpg

ほんとに大丈夫かね。
CIMG8994_20161030214232df9.jpg

岩と木の根を乗り越えて進む。
CIMG8995_20161030214234243.jpg

最後の最後に、この登り返しはさすがにきつい。
CIMG8996_20161030214235305.jpg

そろそろ頂上かな。
CIMG8997_201610302142373c6.jpg

おお、やっと着いた。
CIMG8998_20161030214238520.jpg

ここは標高1437m。せっかくのピークなのに、山名板がない。
CIMG8999_20161030214208cad.jpg

鉄塔下でしばし休憩する。
CIMG9000_2016103021420914d.jpg
3日前に買って、まだ食べていなかった行動食。

10分弱休んで出発。
CIMG9001_201610302142111ff.jpg
出発するとき、O君が別の方向に進もうとしたので、「こっちじゃないか」と声かけ。
まあ言わなくても、すぐ気づいただろうけど。

5分ほどなだらかに下った後は、猛烈な急坂。
CIMG9002_20161030214213490.jpg

一気に250m下る。
CIMG9003_2016103021421436f.jpg
CIMG9005_20161030214146ddc.jpg

こんな階段もときどき出現。
CIMG9004_201610302141452c1.jpg

だんだん、大きな岩がゴロゴロしてきた。
CIMG9006_20161030214148813.jpg
CIMG9008_201610302141515b3.jpg

標高1300m地点を通過。
CIMG9007_2016103021414964a.jpg

畑薙7時発のバスで登ってきた人だろうか。
CIMG9009_20161030214120d8e.jpg

時刻は9時前なので、ちょうどそんな頃合いだ。続々と登ってくる。
CIMG9011.jpg

猛烈なゴーロだ。
CIMG9012_20161030214124e84.jpg

やっと露岩帯を抜けた。
CIMG9013_201610302141252db.jpg

長い下りが続き、O君は若干足が痛いみたいだ。
CIMG9015.jpg

登山道を押し流した崩落地点に出た。
CIMG9016.jpg

う~ん、かなり大規模だ。
CIMG9017_201610302141016d2.jpg

これは、さすがに強行突破はできなかっただろう。
CIMG9018_20161030214103982.jpg

足元がちょうど崩落した切れ目。
CIMG9020_201610302141042a4.jpg

さて、ここでやっと旧来の登山道に戻ることになる。
CIMG9022.jpg

まだまだ先は長い。
CIMG9023_20161030214037561.jpg
CIMG9026_20161030214041f45.jpg

何人もの登山者とすれ違う。
CIMG9024.jpg

今日はいい天気なのに、ずっと樹林帯だから、ちょっともったいないかも。
CIMG9025_20161030214040680.jpg

おお、やっと谷底が見えた。
CIMG9028_2016103021401014a.jpg

標高も1100mまで下ってきた。
CIMG9029_20161030214011ab7.jpg

千枚小屋から一気に1500m下ってきたことになる。
CIMG9030_20161030214013834.jpg

下り切って、やっとお待ちかねの大吊り橋。
CIMG9031_20161030214015579.jpg

歩く幅が極端に狭い。
CIMG9033_201610302140175ab.jpg

足元はこんなにスカスカだ。
CIMG9035_2016103021394463e.jpg
CIMG9040_201610302139215bf.jpg

でも、意外に怖くない。景色を撮る余裕はたっぷり。
CIMG9034_2016103021394244e.jpg

ずっと上から見下ろしていた奥西河内だ。
CIMG9036.jpg

このあたりには赤いチャートはほとんどないようだ。
CIMG9037.jpg

当たりまえだが、実に水がきれい。
CIMG9038_20161030213949902.jpg

無事渡り終えました。
CIMG9041_20161030213922884.jpg

ここからは奥西河内の右岸を進む。
CIMG9042_201610302139242fd.jpg

ミズナラの古木。幹回り4mもある。
CIMG9044_20161030213856af9.jpg

この石垣が林業関係の遺跡だろうか。
CIMG9046_20161030213857ab8.jpg

道はやっと平坦になった。O君も足の痛みを我慢していただろうから、ひと安心だろう。
CIMG9047_20161030213859aa7.jpg

これは怖い。
CIMG9048_20161030213900574.jpg

まぶしいほどの清流。
CIMG9049_20161030213902af8.jpg

林道に出る手前のトラバース道で、人ひとり通るがやっとのところなのにカップルが立って何かを食べていた。
私どものほかに向こうからも人が来るし、すれ違うのが大変だった。
「なして、わざわざあんなとこで飯を食うんだ」とO君は激怒していた。
全く不思議だ。しかも彼らは出発して間もなくのはず。理解に苦しむ。

ムカムカしながら桟橋を進む。
CIMG9051_20161030213828188.jpg

おお、滝見橋が見えた。やっと林道だ。
CIMG9054_2016103021383135b.jpg

ここで大井川本流と合流する。
CIMG9057_201610302138048a6.jpg

右手に涼し気な滝が出現。
CIMG9056_20161030213835f08.jpg

水も汲みたくなるわ。
CIMG9058_20161030213806d55.jpg

滝の水滴がついちゃった。
CIMG9059_20161030213807dfd.jpg

9時半前に林道に出た。灼熱の太陽に照らされ、暑い。
CIMG9062_20161030213810891.jpg

左折すると二枚小屋方面。いつか泊まってみたい。
CIMG9063_20161030213741b20.jpg

この橋は1970年に架設されたようだ。
CIMG9064_20161030213742c3d.jpg

ここで登山道とはおさらば。長い旅だった。
CIMG9065.jpg

古い登山届ポストが残っていた。
CIMG9066.jpg

炎天下、まだしばらく歩かなければならない。
CIMG9067.jpg

滝見橋を後にする。
CIMG9068_20161030213716806.jpg

努めて、日蔭を選んで歩く。
CIMG9069.jpg

日蔭のないところは仕方がない。
CIMG9070.jpg

15分ほど歩いて、椹島への分岐に着いた。
CIMG9072_2016103021372072c.jpg
CIMG9073_20161030213722405.jpg

バス代を惜しんで、自転車で来る人もいるようだ。見上げた根性!
CIMG9074.jpg

再び登山道に入り、さらに下る。
CIMG9075_20161030213654d38.jpg

フシグロセンノウ。
CIMG9076_20161030213655922.jpg

私はO君を置いて駆け降り、下に鎮座する井川山神社へ急ぐ。
CIMG9077_20161030213657bbe.jpg

参道が長く、随分遠回りだ。
CIMG9078.jpg

でも、柏手を打って、無事下山できたことに感謝した。
CIMG9079_20161030213637984.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(28)

【2016年8月7日(日)】南アルプス南部
千枚小屋から椹島に向かって下っている。
CIMG8860_20161028225618c6b.jpg

深い樹林帯だが、たまに木々の隙間から荒川三山を見ることができる。
CIMG8861_20161028225620bca.jpg
左は前岳(3068m)、右は中岳(3083m)。

自然の石仏?
CIMG8862_201610282256213af.jpg

標高2300mまで下ってきた。3日ぶりだ。
CIMG8863.jpg

一直線の登山道。これは木馬道を踏襲しているのだろうか。
CIMG8864_20161028225625875.jpg
CIMG8867.jpg

まっすぐ下っていく。
CIMG8868_2016102822560110c.jpg

いい感じの古い道標。
CIMG8866_20161028225558bf8.jpg

この先からは木馬道は別ルートのようだ。
CIMG8869_201610282256028c1.jpg
CIMG8870_20161028225533fc2.jpg

登山道の方は少しえぐれている。
CIMG8871_201610282255352fe.jpg
CIMG8874_20161028225540672.jpg

相変わらず、樹林が濃く、薄暗い道だ。
CIMG8872_20161028225537e5b.jpg

木の根も張りだしてきた。
CIMG8875_20161028225510fdf.jpg

お、赤石岳(3120m)。
CIMG8876_20161028225512cfb.jpg

これは荒川前岳。
CIMG8878_20161028225515b52.jpg

中岳は避難小屋も見える。
CIMG8879_20161028225517c27.jpg

ほとんど瞬間芸だった。すぐに視界は閉ざされる。
CIMG8882_20161028225447ba5.jpg

比較的新しいかわいい標識もある。
CIMG8883_20161028225448810.jpg

このルート唯一の見晴台に近づいたあたりで、左の上の方から人の声がしてきた。
登っていく踏み跡があるということは、見晴台のほかにもビュースポットがあるのか。
でも、上を見ると、標識があったので、もう「見晴台」に着いてしまっただけだった。
CIMG8884_2016102822545032e.jpg
すぐに登り口が出てきて、それを登ると、声の主がいた。
さっきの踏み跡は見晴台への近道だったわけだ。

見晴台というだけあって、素晴らしい眺めだ。
CIMG8898.jpg

荒川三山がばっちり。
CIMG8900.jpg

左は悪沢岳、右が千枚岳。
CIMG8886_20161028225451082.jpg

悪沢岳のアップ。
CIMG8887_20161028225421129.jpg

千枚岳単独。
CIMG8888.jpg

前岳と中岳。
CIMG8889.jpg

荒川小屋もはっきりと見える。
CIMG8890_20161028225426893.jpg

赤石岳(左、3120m)と小赤石岳(中央、3081m)。
CIMG8891_201610282254272ab.jpg

赤石岳のアップ。手ぶれ注意。
CIMG8892_20161028225357362.jpg

小赤石。
CIMG8893_20161028225358f88.jpg

見晴台は林道との接点でもあった。
CIMG8895_2016102822540006e.jpg

関係者は車でここまで来られるわけだ。
CIMG8896_201610282254011ee.jpg

掘っ立て小屋があったので、トイレかと思って行ってみたら、中は空っぽだった。
CIMG8897_20161028225403cf0.jpg

景色も満喫したことだし、とくに休憩はせずに出発。
CIMG8899_20161028225330bbe.jpg

すぐに2100m地点を通過する。
CIMG8902_20161028225333e1a.jpg

この先、蕨段という地名のところに2074mの三角点があるようなのだが、地形図に記された徒歩道とはずれた尾根上にあるので、近くまできたあたりで、登山道を外れ、小高い尾根少し歩いてみた。
CIMG8903_201610282253351d2.jpg

でも見つからないので諦めて、登山道に戻る。
CIMG8905_20161028225304dff.jpg

間もなく、三角点は登山道上に出現した。
CIMG8906_201610282253057ee.jpg
どうもおかしいので地図ロイドを見てみたら、歩いてきた軌跡は2250m地点あたりから、地形図の徒歩道とは大きく離れていた。
登山道がそんなに新しいようにも思えないし、不思議でならない。

いずれにしても、この三角点のある場所が「蕨段」とされている。
CIMG8907_2016102822530744a.jpg

ここがちょっとしたピークだったら、「登った山」に加算しようかと思っていたのだが、全くピークではないし、「段」という言葉が「平らなところ」という意味であることを知っては、もう論外になってしまった。
CIMG8908_20161028225308e34.jpg

ここも休憩はせずに通過。
CIMG8909_201610282253108de.jpg

このあたりは湿地の記号があるだけに、ぬかるみも所々にあった。
CIMG8910_20161028225239ef4.jpg

ダケカンバのコブ病についての説明。パッと見、近くには顕著な瘤はなかった。
CIMG8911_2016102823063085e.jpg

「段」というだけあって、かなり平らだ。
CIMG8913_20161028225241e66.jpg

「蕨段」を通過すると、再び下り始める。
CIMG8915_20161028225242ab7.jpg

いきなり大きな岩が目立ち始めた。
CIMG8916_20161028225244e55.jpg
CIMG8917.jpg
CIMG8918.jpg

傾斜もそこそこ急である。
CIMG8921_20161028225218f43.jpg

この「FH」や「M」の意味がよく分からない。
CIMG8922_20161028225219540.jpg

オオシラビソの森をさらに下る。
CIMG8923_20161028225220d90.jpg

「近道」と読めるが、どこに通じる近道なのか、どっちが近道なのか全く不明。
CIMG8925_20161028225150cef.jpg

そうこうしているうちに、標高1900mの清水平に到着。
CIMG8927_2016102822515104a.jpg

「水場2箇所あり」と「山と高原地図」には書かれているが、1つしか見つけられなかった。
CIMG8928_201610282251521c4.jpg
かなり暗いところで、また手ぶれしてしまった。

ここで、ひと息入れる。
CIMG8929.jpg
O君やはり足が痛いようで、靴を履き直していた。
私もちょっと気になるところがあったので、靴下を脱いで状況を確かめた。
靴ずれしないようにしなくては。

10分ほど休んで出発。
CIMG8932_20161028225156dc1.jpg

この先も地形図の徒歩道とはずれたまま、どんどん下っていく。
CIMG8936_20161028225128d58.jpg

このあたりヤマイワカガミの群生地らしいが、もうすでに終わっていたようだ。
CIMG8933_20161028225125da3.jpg

代わりに、ベニテングタケが見送ってくれた。
CIMG8935_2016102822512653d.jpg
CIMG8938_20161028225131fb2.jpg

傾斜がなだらかになった。
CIMG8937_20161028225129bef.jpg

常緑の植物たち。名称は不明。
CIMG8940.jpg
CIMG8941_20161028225059779.jpg

風車のようなシャクナゲ。
CIMG8942_201610282251015ac.jpg

もう日が昇って2時間過ぎたというのに、森の中はなお暗い。
CIMG8945_201610282251046e4.jpg

1660m地点あたりで林道を横断する。
CIMG8948_20161028225032f02.jpg

車両には、「止まれ」標識で注意を喚起している。
CIMG8949_20161028225033191.jpg

この林道は本当に林業関係の車がよく通るのだろう。
CIMG8950_201610282250352af.jpg

横断して再び登山道へ。
CIMG8951_20161028225036f90.jpg

「新道」の標識が落ちていた。
CIMG8952_20161028225038314.jpg
なるほど、さっき「近道」と思ったのは「新道」だったのだ。
地形図の表記は「旧道」のままだから、ズレが生じたわけか。

それにしても、「新道」ができてから、かなり経っているのだから、地形図も早く更新してもらいたいものだ。
CIMG8953_201610282250081e4.jpg

キノコくん。
CIMG8954_201610282250103a9.jpg

なんか、やっと少し明るくなってきたような気がする。
CIMG8955_201610282250114c7.jpg
CIMG8956_2016102822501396d.jpg

小屋から2時間40分で、小石下(1586m)に着いた。
CIMG8960_20161028224947b81.jpg
ここは三角点もあるし、ちょっとした高まりなので、本日唯一の「登った山」に認定。

ここで山口大学医学部のTシャツを着た学生グループが休んでいた。山岳部だ。
CIMG8959_20161028224945338.jpg

椹島までは、あと1時間半。9時過ぎには着く計算だ。
CIMG8958_20161028225014828.jpg

ここもとくに休憩はせず通過。
CIMG8961_201610282249487ae.jpg

この先は徐々に傾斜を増し、200mを一気に下ることになる。
CIMG8964_2016102822495079d.jpg

階段を下って一旦、林道に出た。
CIMG8967.jpg

分かりやすい標識。60mだけ林道を歩くらしい。
CIMG8968_2016102822492674b.jpg

その通りにする。
CIMG8969_201610282249285de.jpg

久しぶりに青空を見た。
CIMG8970_20161028224928523.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(27)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
千枚小屋に到着して、離れの百枚小屋でビールを飲んでいる。
DSC_2945_201610280723468e0.jpg
小屋ではもう休んでいる人もいて、あまり大きな声ではしゃべれない。
ドアを開けたまま歓談しているうちに、「寒くなってきた」とO君が震えだして、シュラフに潜り込んでしまった。
食事は18時なので、まだ随分時間がある。
私もしばらくシュラフの中で休んでいたが、電波が通じないので、することもなく暇だ。
雨が上がったようなので、探検に出かけた。

百枚小屋はこんな形をしている。
CIMG8772_20161028073009518.jpg

月光荘という別の小屋もあったが、これはどういう方々が使用するのだろうか。
CIMG8773_20161028073010c95.jpg

本棟に至る間にもお花畑がある。
CIMG8774_20161028073012315.jpg

坂を下ると、テン場への分岐。
CIMG8775_20161028073013d6a.jpg

これはトイレ。
CIMG8776_201610280730150ab.jpg

小屋前の広場にはベンチがあったが、雨で濡れて誰も使っていない。
CIMG8777_20161028072947749.jpg

気温は16℃。動いていないと寒いくらいだ。
CIMG8778_20161028072948cf8.jpg

本棟の寝室を見学する。なんと3段になっている。
CIMG8779_20161028072950437.jpg

食堂には「準備中」の札がかかっていたが、もう17時の方々が食べ始めていた。
CIMG8780_20161028072951704.jpg

本棚にこんな本を見つけた。奥駈道を縦走する時にはぜひ買い求めよう。
CIMG8782_201610280729268c0.jpg

雨も止んだので、外でくつろいでいる人が何人かいた。
CIMG8783_2016102807292735f.jpg

さて部屋に戻ろう。
CIMG8784_20161028072929cc8.jpg

お花畑にはトリカブトだけじゃなく、イブキトラノオも咲いていた。
CIMG8785_201610280729309ab.jpg

もちろんマルバダケブキも。
CIMG8786_20161028072932e04.jpg

テン場まで探検に行こうとしたら、荷揚げ用のケーブルを発見。
CIMG8787_20161028072904318.jpg
CIMG8794_20161028072840956.jpg

さらに奥へ。
CIMG8788_20161028072906486.jpg

テン場は我々の小屋よりさらに遠かった。
CIMG8789_2016102807290728a.jpg

まあ安いのだから仕方あるまい。
CIMG8790_20161028072909500.jpg

雨が降ると、テントは重くなるが、それも覚悟の上だろう。
CIMG8791_20161028072910e3d.jpg

雨上がりなので、道がとても滑る。
CIMG8792_20161028072836c34.jpg

サンダルなのでなおさらだ。
CIMG8793_20161028072838e87.jpg

引き返して、もう一度、本棟へ。
CIMG8796_201610280728410d2.jpg

改めて見ると、きれいな小屋だ。
CIMG8797_201610280728425a7.jpg

生ビールを飲みたくても、百枚小屋まであんなに離れているんじゃ持って帰れない。
CIMG8798_20161028072757560.jpg

これが水場。
CIMG8799_201610280727581fa.jpg

いったん部屋に引き上げる。
CIMG8800_20161028072800c27.jpg
CIMG8801_20161028072801457.jpg

18時に近くなったので、O君と一緒に再び本棟へ。
やっと夕食だ。
CIMG8802_20161028072802b71.jpg
今夜の食事の売りは鶏肉のトマトソース煮だったが、やや肉が少ない。
イモ系がやけに多い印象だった。でも味はまずまず。

食後、外に出ると、気温はさらに下がって14℃。
CIMG8803_201610280727252d0.jpg

今はガスっているが、明日はこの正面に富士山が見えるらしい。楽しみだ。
CIMG8804.jpg

エゾシオガマみっけ。
CIMG8805_20161028072729b82.jpg

薄暗くなった道を部屋に戻る。
CIMG8806_201610280727305b8.jpg

まだ、18時半だが、することもないので、シュラフに潜り込み、間もなく眠りに落ちた。
CIMG8807_20161028072731b7f.jpg
夜中、と言ってもまだ10時半ごろ、トイレに起きて、個室ですこし粘った。
戻ると、O君がいない。
後で聞いたら、ちょうど彼も目が覚めて、裏のベンチでしばらく星を見ていたそうだ。

その後、なかなか寝付けないので、通信はできないが、スマホをいじって暇つぶし。
目が疲れたところで再び寝た。
結構寒かった。この寝袋は夏でも高山ではもう使えないのかもしれない。

【行程】2016年8月6日
百間洞山の家(4:50)~百間平(5:50休憩5:55)~大斜面下コル(6:40)~赤石岳(7:43探索8:09)~東尾根分岐(8:23)~小赤石岳(8:35撮影8:45)~大聖寺平(9:30)~荒川小屋(10:07昼食・探索10:51)~荒川前岳(12:05)~中岳避難小屋(12:23休憩12:29)~悪沢岳(13:26休憩13:46)~丸山(14:13)~千枚岳(14:49休憩14:59)~千枚小屋(15:20)
※所要時間:10時間30分(歩行時間:8時間35分)コースタイム:10時間
※登った山:8座(赤石岳、小赤石岳、小赤石岳の肩、荒川前岳、中岳、悪沢岳、円山、千枚岳
※歩行距離:14.0km

【2016年8月7日(日)】南アルプス南部
3時半くらいから回りがごそごそし始めたので、こちらも4時前に起床。
パッキングを完全に済ませ、ザックを担いで本棟へ。
トイレに行きたくなったので、寄った。
今日は踏ん張ることなく、気持ちよく出た。

まだ夜明け前だが、富士山のシルエットが見えた。
DSC_2947_201610280743164f6.jpg

ちょっとガスがうるさいが、本当に真正面だ。
DSC_2948_201610280743184a9.jpg
4時半の食事にみんな並んでいたが、朝は1回だけということなので、全員入れると考えて、並ばず、ゆっくり富士山を眺めていた。

4時半になって食堂の扉が開いてから、中に入る。
まあ通常の朝食だ。
CIMG8811_20161028072659e51.jpg

食後、外に出ると、雲が落ち着いていた。
CIMG8812_2016102807270086b.jpg

雲海の上に富士山がきれいに浮かんでいる。
DSC_2951_20161028074319ab1.jpg

気温はさらに下がって11℃。
CIMG8814_20161028072703971.jpg

しばらく待っていると、御来光も拝むことができた。
CIMG8816_2016102807260430d.jpg

皆さんも、それを待っていた。
CIMG8815_201610280727050c7.jpg

富士山とは随分離れた位置から昇った。
CIMG8818_201610280726063b1.jpg

久々に気持ちのいい御来光だった。
DSC_2952_20161028074321c8d.jpg

小屋もモルゲンロートで真っ赤に染まっている。
CIMG8819_20161028072608d15.jpg

歯磨きをして、ちょうど5時に出発。
CIMG8821_20161028072609dae.jpg

すぐに2500m地点を通過。
CIMG8822_2016102807261146f.jpg

樹林帯の中を延々と下る。
CIMG8824_2016102807254334b.jpg

小屋より下にもマルバダテブキ。
CIMG8825.jpg

ところどころ大きな岩が転がっている。
CIMG8826_20161028072545247.jpg
CIMG8828_20161028072547c6b.jpg

シラビソの原生林。
CIMG8831_2016102807251771c.jpg
CIMG8833_201610280725212d7.jpg

林床はシダ。
CIMG8832_20161028072519cfd.jpg
CIMG8830_20161028072516334.jpg

管理道路なるものと交差。
CIMG8835.jpg

これのことかな。通行止めのロープが張ってある。
CIMG8834.jpg

「荷揚げロープウエイの下を通る」と「山と高原地図」に記載があったが、気づかないまま通り過ぎてしまった。
CIMG8836_20161028072455183.jpg

間もなく「木馬道の起点の跡」の表示があった。
CIMG8837_20161028072456774.jpg
このあたりは明治時代に伐採が行われていたそうである。

これは登山道だが、木馬道と一致しているのだろうか。
CIMG8838_20161028072458400.jpg

それとも、ちょっと外れている、この「道」のことだろうか。
CIMG8839_20161028072459cc4.jpg

一瞬、木々の隙間から荒川三山が見えた。
CIMG8841_20161028072430fcb.jpg

ここは木馬道と関係あるのかな。
CIMG8842_20161028072431843.jpg

この「現在地」という表記はあまり意味がない気がする。
CIMG8843_2016102807243322e.jpg

小屋から30分かからずに駒鳥池に着いた。
CIMG8844_20161028072434731.jpg

「ヒンカラカラカラ」という馬のような鳴き声なので、駒鳥というらしい。
CIMG8845_20161028072435fec.jpg

ちょっと脇に入ると、その池があった。
CIMG8849_20161028072406d32.jpg

コケがすごい。
CIMG8850_20161028072408a9c.jpg
CIMG8851_2016102807240999b.jpg

休憩はしないで、先を急ぐ。
CIMG8846_20161028072405434.jpg

O君は見学しないで先に行ってしまったのだ。
CIMG8855_201610280724103c4.jpg

これは木馬道跡っぽい。
CIMG8857_20161028072343b21.jpg

と思ったら、古い伐採跡であることを示す看板があった。
CIMG8859_20161028072345a39.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(26)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
悪沢岳(3141m)から丸山(3032m)を経由して、千枚岳(2880m)に向かっている。
CIMG8672_20161027215725ff8.jpg

悪沢岳も随分遠くなった。
CIMG8666_201610272157504d0.jpg

足元にオンタデ。
CIMG8667_20161027215752022.jpg

岩の間にはイワツメクサ。
CIMG8670.jpg
CIMG8671_20161027215756b6a.jpg

右手に小赤石岳(3081m)。
CIMG8669_2016102721575348a.jpg

スパンと切れた千枚岳(2880m)の南面。
CIMG8673_20161027215727662.jpg

岩壁の下を巻く。
CIMG8674_20161027215728a44.jpg

タカネナデシコ。
CIMG8677_201610272157021b8.jpg
CIMG8675_2016102721573048d.jpg

ここは「山と高原地図」に「お花畑」とあるあたりだ。
CIMG8676_2016102721573259f.jpg

イブキジャコウソウ。
CIMG8678_201610272157030ae.jpg

ノラニンジンとタカネマツムシソウ。
CIMG8679_20161027215705f9e.jpg
CIMG8684_2016102721564035b.jpg

沿道にトリカブト。
CIMG8680_20161027215706507.jpg

白いのはタカネビランジ。
CIMG8682_201610272157081b1.jpg
CIMG8683_201610272156393c3.jpg

地面にはいつくばっている。
CIMG8689_20161027215616868.jpg

千枚岳の頂上までに、いくつかの岩稜を越えなければならないようだ。
CIMG8685_20161027215641fa7.jpg

右手は鋭く切れ落ちている。
CIMG8686_2016102721564339f.jpg
CIMG8687_201610272156443f3.jpg

そそり立つ岩峰。
CIMG8691_20161027215619bb5.jpg

ここは左を巻く。
CIMG8692.jpg
CIMG8693_20161027215622446.jpg

いよいよ岩登り。
CIMG8694_20161027215553916.jpg

疲れた体には最後の試練だ。
CIMG8695_201610272155541f5.jpg

タカネビランジがエールを送ってくれる。
CIMG8696_20161027215556492.jpg

丸山(3032m)を振り返る。
CIMG8697_20161027215557e02.jpg

後続部隊の姿が見えた。
CIMG8698_20161027215558421.jpg

今日の赤石岳は隠れそうで隠れない。
CIMG8699_201610272155285f6.jpg

荒々しい南斜面。
CIMG8700_2016102721553009b.jpg
CIMG8702_2016102721553394f.jpg

一旦丸山に隠れていた悪沢岳が見えてきた。
CIMG8703_20161027215534019.jpg

1つ目のこぶを越える。
CIMG8701_20161027215531b73.jpg
CIMG8704_20161027215507db3.jpg

私も岩に取り付く。
CIMG8705_20161027215508172.jpg

ここはどうにか登り切った。
CIMG8706.jpg

その先はロープでトラバース。
CIMG8707_2016102721551188b.jpg

最初のピーク通過。
CIMG8709.jpg

悪沢岳がまたガスに隠れた。
CIMG8708_20161027215513a6e.jpg

タカネマツムシソウの群落。
CIMG8710_20161027215446f9d.jpg

2つ目のピーク。
CIMG8711_20161027215447cfc.jpg
CIMG8713_201610272154506c3.jpg

これは巻くようだ。
CIMG8712.jpg

助かった。
CIMG8714_201610272154217c6.jpg

巻いた分、登り返し。
CIMG8715.jpg

また悪沢岳が姿を現した。全く出たり入ったりだ。
CIMG8716_201610272154243bc.jpg

このあたりはタカネビランジの天国。
CIMG8717_20161027215426960.jpg

ガレ場を通過。
CIMG8718_2016102721542701a.jpg

虫もカメラの前を通過。
CIMG8719_20161027215355d7d.jpg

3つ目のピークの上に立った。
CIMG8720_20161027215357aeb.jpg

丸山が大きい。やはりこちらから見れば、名を与えるのに値する山だ。
CIMG8721_2016102721535896e.jpg

ありゃ、ふいに千枚岳に着いてしまった。
CIMG8722_20161027215400fd1.jpg

丸山から35分。コースタイムより5分早かった。
CIMG8725_2016102721533139d.jpg

ここまでかなりしょっぱい岩場もあり、なかなか面倒だったが、無事に着いてホッとした。
CIMG8726_20161027215332613.jpg

取りあえず、ここでしばし休憩。
CIMG8727_20161027215334507.jpg
CIMG8729.jpg

視線を南に向けると、小赤石の向こうに赤石岳が姿を現した。
CIMG8731.jpg
CIMG8732_20161027215309c30.jpg

10分ほどで出発する。
CIMG8728_2016102721533557f.jpg

ここから千枚小屋までは250mほどの下り。
CIMG8724_20161027215401b36.jpg

コースタイムは30分だ。時刻はすでに15時。かなり遅くなった。
CIMG8730_2016102721530683b.jpg

悪沢はまたまたガス。
CIMG8733.jpg
CIMG8736_20161027215245ae0.jpg

あの森の中のどこかに千枚小屋があるはず。
CIMG8734_2016102721531256e.jpg

奥西河内の深い谷がずっと続いている。
CIMG8735_20161027215243ffd.jpg

右手は相変わらずの岩場。
CIMG8737_20161027215246f53.jpg

道は若干ザレていて滑りやすい。
CIMG8738_20161027215248d82.jpg
CIMG8739_20161027215249f2c.jpg

O君の足がまた痛そうなので、私が先に下りて、宿泊の手続きをしておくことにした。
CIMG8740.jpg

となると速足で進む。
CIMG8742_20161027215222268.jpg

階段もなんのその。
CIMG8743_201610272152248a5.jpg

標高が下がって、草木の丈が高くなってきた。
CIMG8744_20161027215225a7f.jpg

眼下に樹林帯が迫る。
CIMG8745_20161027215227bcf.jpg

間もなく、その樹林帯に入った。
CIMG8746_2016102721515793a.jpg

二軒小屋への道との分岐を通過。
CIMG8747_20161027215158136.jpg

早く小屋に着いてしまいたい。
CIMG8748_20161027215200bfe.jpg

こんなところは、つい走ってしまう。
CIMG8749_201610272152010a6.jpg

あ~赤い屋根が見えた!
CIMG8750_201610272152031f0.jpg

こうなったら一目散。
CIMG8751_20161027215130c38.jpg

でも写真を省略したりはしない。
CIMG8752_20161027215131754.jpg

ダケカンバの林に突入。
CIMG8753_20161027215133f76.jpg
CIMG8755_201610272151367ae.jpg

マルバダケブキ。
CIMG8756_20161027215045f6d.jpg
CIMG8754_20161027215134b29.jpg

マルバの間から顔を覗かせているのはトリカブト。
CIMG8758_20161027215047030.jpg

お花畑はネットで保護されている。
CIMG8759_20161027215048a12.jpg
シカの食害がひどいのかもしれない。

さらに下ると、トウヒの森に。
CIMG8762_201610272150511e8.jpg

ふ~、小屋はもうすぐ目の前だ。
CIMG8764_20161027215017a32.jpg

水場はわき目も振らず通過。
CIMG8765_20161027215019e09.jpg

こちらは明日下る道。
CIMG8767_20161027215021c31.jpg

とうちゃこ~~~。
CIMG8769_20161027215022489.jpg
コースタイム30分のところ、20分で駆け下りてきた。
でも、本日の行動時間は10時間半に及んだ。

まずは宿泊の手続き。
1泊2食9000円だが、シュラフ持参なので、500円引きで8500円。
でも、指定された宿泊場所は本棟からかなり離れた千枚ならぬ百枚小屋。
「こっち(本棟)はすでにいっぱいなのか」と聞いたら、こちらは寝具のない人用だとのこと。
手続きの最中にO君到着。一緒に、百枚小屋に移動する。
CIMG8771_20161027214946866.jpg
小屋への最後の登りが疲れた体にはきつかった。本棟から5分もかかった。

しかも、ここには備え付けのサンダルもないし、O君はご機嫌ななめ。
ビールを買いに行くのも、食事に行くのも、トイレも水場もかなり歩かないといけない。
これは500円を惜しまず、本棟にすればよかったと反省。
でも、こちらの小屋は先客が4人しかおらず、スペースはかなり広く使えた。
とにかくぬれタオルで全身を拭いて着替える。
落ち着いたところで、O君がビールを買ってきてくれた。今回は2人とも500cc。
小屋の裏のベンチで乾杯しようとしたら、その途端、雨が降ってきたので、あわてて小屋へ撤収。なんかげんなり。
雨を眺めながら、しんみりとビールを飲んだ。
CIMG8770_20161027215023b53.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(25)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
午後1時半前に悪沢岳(3141m)に登頂。
CIMG8548_20161027083509ee9.jpg

岩また岩の織りなす頂上の壮大な景観に圧倒された。
CIMG8550_20161027083512bcd.jpg

休む前に撮影に専念。
CIMG8551_20161027083514774.jpg

ここは岩でできた鳥海山の山頂に匹敵するものだった。
CIMG8553_201610270835152f7.jpg

赤石山脈だけあって、赤いチャートが目立つ。
CIMG8555_20161027083449998.jpg

ケルンを形成する石も一つ一つが大きい。
CIMG8558_20161027083452a2d.jpg

気が済んだところで、腰を下ろして一服。
CIMG8554_20161027083448d1d.jpg

それにしても今日は長い。今宵の宿、千枚小屋まではまだあと1時間半もかかる。
CIMG8557_20161027083451a65.jpg

20分近く休んだところで、団体さんもやってきたことだし出発。
CIMG8562_20161027083427dfe.jpg

よろよろと歩き出す。
CIMG8559_201610270834531a2.jpg

ペンキに従って、岩の上を進む。
CIMG8560_2016102708342481e.jpg
CIMG8563_20161027083428d83.jpg

前方に見えるのは丸山(3032m)。これでも3000m峰だ。
CIMG8561_20161027083425b2d.jpg

見えなくならないうちに、頂上を振り返っておく。
CIMG8564_20161027083430960.jpg

とにかく歩きにくい。
CIMG8565_20161027083402cf9.jpg

でも、男は黙ってO君の後をついていく。
CIMG8566.jpg

ガスがまた出てきた。
CIMG8567_2016102708340584d.jpg

向こうに猿の顔のような岩が見える。
CIMG8568_20161027083406c12.jpg

派手な矢印。
CIMG8569_20161027083408b28.jpg
CIMG8570_201610270833391d7.jpg

豪快な景観はいつまでも続く。
CIMG8571_20161027083341c4c.jpg
CIMG8572_20161027083343918.jpg

いやいやシャッターを押す指が止まりません。
CIMG8573_20161027083344249.jpg
CIMG8575_201610270833155d9.jpg

奇岩もあちこちにある。
CIMG8574_20161027083345c61.jpg
CIMG8576_20161027083316025.jpg

巨岩の脇を通過。
CIMG8577_20161027083318c19.jpg

この岩がさっき見えた猿岩(命名・私)だった。
CIMG8578_2016102708331918e.jpg

猿岩を振り返る。
CIMG8579_20161027083321275.jpg

徐々に高度を落としていく。
CIMG8580.jpg
CIMG8581_2016102708325158c.jpg

こちらを赤石岳と呼びたくなるほど、岩が赤い。
CIMG8583_20161027083253d42.jpg

岩場が複雑に入り組んでいる。
CIMG8584_20161027083255275.jpg
CIMG8585_201610270832247ff.jpg

カメラのバッテリーがなくなって、さっきコンパクトに変えたばかりだが、かえってよかったかもしれない。大きい一眼レフだと歩きにくかったろう。
CIMG8587_201610270832277b1.jpg

これだけ足場が悪いと悪沢岳という名前も納得できる。前言撤回。
CIMG8588_20161027083228e31.jpg
CIMG8591.jpg

こんな緑がありがたく感じるほどだ。
CIMG8589_2016102708323034f.jpg
CIMG8592_201610270832036dd.jpg

つい登りたくなってしまう岩には×印で警告。
CIMG8590_20161027083159b34.jpg

赤と黒ならぬ赤と青。
CIMG8593_20161027083204256.jpg

やっと露岩帯を抜けたかな。
CIMG8595.jpg

ちょうど日も差してきた。
CIMG8597_20161027083137482.jpg

道も道らしくなった。
CIMG8598_20161027083139f6c.jpg

しばし穏やかな稜線を行く。
CIMG8599_20161027083140625.jpg

もちろん振り返りながら。
CIMG8600_201610270831424c7.jpg
CIMG8601_201610270831138ab.jpg

しかし、岩稜が終わったわけではない。
CIMG8602_20161027083114200.jpg
CIMG8603_20161027083116d7c.jpg

よくまあ、こんなところを歩いてきたものだ。
CIMG8604_201610270831178e7.jpg
CIMG8605.jpg

ちょっとした登り返し。
CIMG8606_20161027083049714.jpg

青空がうれしい。
CIMG8607_20161027083050c7e.jpg
CIMG8608_20161027083052498.jpg

左手、北側の眺め。
CIMG8609_201610270830530fa.jpg

やや平らなところがある。
CIMG8610_20161027083055d2c.jpg

こちらは再び露岩帯に突入。
CIMG8611_201610270830216a1.jpg

それでも、ちゃんとした道があるのでありがたい。
CIMG8612.jpg
CIMG8613_201610270830241d1.jpg

岩の間からウサギギクやミネウスユキソウ、イワギキョウが覗いていた。
CIMG8614_20161027083026b5c.jpg

ちょっと日本離れした景観だ。
CIMG8615_201610270830270e9.jpg

この緑はハイマツではなくツツジの仲間かな。
CIMG8616_201610270829577b9.jpg

ガレ場を越えて。
CIMG8617_20161027082959fd7.jpg

山頂方向を振り返る。ガスもなく、ちゃんと見える。進むことに決めてよかった。
CIMG8618_20161027083000c9c.jpg

丸山へのなだらかな下り。
CIMG8619_2016102708300174d.jpg

こちらはハイマツ。
CIMG8620_20161027083003f06.jpg
CIMG8623_20161027082934689.jpg

やっと平和な道に出そうだ。
CIMG8621_2016102708293133d.jpg

しかし、またしてもガスが迫ってきた。
CIMG8622_20161027082932e04.jpg

頂上部最後の岩。
CIMG8624_2016102708293527d.jpg

あとは丸山へ一直線。
CIMG8625_20161027082937cdf.jpg

右側にも平らな地形。
CIMG8627_20161027082906d6d.jpg

後ろ。
CIMG8628_2016102708290769c.jpg

あれも山の一つなんだなあ。
CIMG8629_201610270829091a1.jpg

左のくぼ地。これもカールの一種なのだろうか。
CIMG8630_2016102708291081f.jpg

頂上付近はガスをまとってきた。まあ、また一瞬だろう。
CIMG8633_201610270828423d3.jpg
CIMG8631_201610270829122c3.jpg

こちらはガスじゃなくて、よかった。
CIMG8632_20161027082841ea7.jpg

頂上に後から着いたグループも下りてきた。
CIMG8634_20161027082844b30.jpg

空が高い。
CIMG8635_201610270828454bd.jpg

あっという間に丸山に着いてしまった。
CIMG8636_201610270828470ae.jpg

とてもピークとは思えない。
CIMG8637_20161027082817b2a.jpg

「山と高原地図」には確かに載っているが、全く意識していなかったので、儲かった気分。
CIMG8638_2016102708281920c.jpg

前方には千枚岳(2880m)が初めて姿を現した。
CIMG8640_2016102708282012b.jpg
CIMG8643_20161027082823a89.jpg

小腹が空いたのでチョコバーを食べながら歩く。
CIMG8642_20161027082822200.jpg

取り出している間に、O君がスタスタと行ってしまった。
CIMG8644_20161027082753f3c.jpg

しばらくは高原状態の道だ。
CIMG8645_201610270827551c9.jpg

ところどころ地肌が露出している。
CIMG8646_201610270827571d1.jpg

実に歩きやすい。
CIMG8647_201610270827587d6.jpg

いよいよ本格的な夏雲が湧いてきたぞ。
CIMG8648_201610270827597d9.jpg
CIMG8649_20161027082730fb1.jpg

それに追われるように先を急ぐ。
CIMG8650_20161027082732a0f.jpg

ハート形の穴あき雲。
CIMG8651.jpg

丸山を振り返る。
CIMG8652_20161027082734fcf.jpg

その左に悪沢岳。
CIMG8653_201610270827363b1.jpg

もう2時を過ぎたというのに、まだ登ってくる人がいる。
CIMG8654_20161027082704551.jpg

中岳止まりなのか、荒川小屋まで行くのか。
CIMG8655_201610270827060c0.jpg

ザックを片方の肩にしかかけていないが、たぶん健脚なのだろう。
CIMG8656_20161027082707f4d.jpg

と思ったら、ザックを下ろしてしまった。何か取り出すだけだったみたいだ。
CIMG8657_2016102708270978a.jpg

右手に小赤石岳(3081m)。
CIMG8658_2016102708271087d.jpg

この方は、手を後ろに組んで、のんびり歩いていたが、ちゃんと宿までたどり着けるのだろうか。
CIMG8659_20161027082630e06.jpg

大した傾斜でもないのに、うねうねしながら下っていく。
CIMG8660_20161027082631cde.jpg
CIMG8663_20161027082636fa3.jpg

丸山からは130mほど下ることになる。
CIMG8661.jpg
CIMG8662_20161027082634a34.jpg

はい、そうしております。
CIMG8664_20161027082610a12.jpg

千枚岳の頂上に3人ほどいるようだ。
CIMG8665_20161027082612241.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(24)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
荒川中岳(3083m)から悪沢岳(3141m)への鞍部近くまで下ってきた。
DSC_3912_20161026222429687.jpg

左には深い谷が刻まれている。魚無沢。これも大井川の源流の一つだ。
DSC_3913_20161026222430906.jpg

右手の斜面。
DSC_3915_20161026222404f3a.jpg

鞍部のこぶをいくつかトラバースする。
DSC_3914_201610262224328dd.jpg

そのうちの一つ。
DSC_3916_201610262224061f7.jpg

道はわりとしっかりしている。
DSC_3919_20161026222407893.jpg

と思ったら、全然平らじゃないところも。
DSC_3920_20161026222409148.jpg

あそこまで標高差200mしかないとは、とても思えない。
DSC_3921_20161026222410bf0.jpg

ここも十分、岩の殿堂と言っていい。
DSC_3922_201610262223422d0.jpg

振り返ると、トラバース道の向こうに中岳の避難小屋が見えた。
DSC_3923_20161026222344a8d.jpg

このトラバースは結構長い。
DSC_3924_20161026222346bb7.jpg

斜面にはタカネマツムシソウ。
DSC_3925_20161026222347168.jpg
DSC_3929_20161026222323d2a.jpg

タカネナデシコも咲いていた。
DSC_3926_20161026222348b8d.jpg
DSC_3928_201610262223210c4.jpg

トリカブトも交えて、青系の花に囲まれた道だ。
DSC_3927_201610262223206fd.jpg

ミネウスユキソウ。
DSC_3930_20161026222324520.jpg

さあ、いよいよ悪沢岳への登りが目の前に迫ってきた。
DSC_3931_20161026222326609.jpg

しっかり全容も見えている。
DSC_3932_20161026222255518.jpg

頂上付近も岩だらけだ。
DSC_3933_2016102622225630a.jpg

まずはO君が、第一歩を記す。
DSC_3934_20161026222258810.jpg

私は登る前に最低のコルで中岳をもう一度振り返る。
DSC_3935_20161026222259106.jpg

悪沢岳の斜面。
DSC_3936_201610262223012ab.jpg

もういい加減疲れているのだが、登攀意欲が高まる。
DSC_3937_201610262222319b6.jpg

アルペンムードたっぷりだ。
DSC_3938_20161026222233ee8.jpg

ちょっと登るだけで、景色は大きく変化するので面白い。
DSC_3939_201610262222357cb.jpg

右手にはいつも赤石岳(3120m)。
DSC_3940_201610262222366bc.jpg

中岳が初めて大きく見えた。
DSC_3941_20161026222237140.jpg

快調に登る。
DSC_3942_20161026222208d41.jpg

鞍部の南斜面。
DSC_3943_20161026222210669.jpg

おお、中岳の後ろに前岳(3068m)が見えてきた。
DSC_3944_201610262222124d7.jpg

ほとんど針の山のようだ。
DSC_3945_20161026222213a83.jpg
DSC_3946_201610262222149cd.jpg

我らの応援団はシコタンハコベ。
DSC_3947_20161026222143868.jpg
DSC_3949_201610262221460d3.jpg

黄色い声援をくれるのはミヤマキンバイ。
DSC_3950_20161026222148503.jpg

こうやって、歩いてきた軌跡を確認するのは大好きだ。
DSC_3948_20161026222145179.jpg

しかし、この先はさらに急登。
DSC_3951_20161026222149254.jpg

岩登りの様相を呈してきた。
DSC_3952_20161026222120fff.jpg

尖った岩に丸い岩。
DSC_3953_20161026222122c95.jpg

中岳がめちゃめちゃ大きい。
DSC_3954_201610262221236e2.jpg

その稜線。
DSC_3955_20161026222125e29.jpg

中岳と赤石岳。
DSC_3956_2016102622212638b.jpg

一気に針の山まで登ってきた。
DSC_3957_201610262220563fc.jpg
DSC_3959_201610262220597ea.jpg

左手に小河内岳(2802m)。
DSC_3958_201610262220582f7.jpg

あ、とうとう中岳にも雲が。
DSC_3960_20161026222101e8b.jpg

ええと、右ですね。
DSC_3962_20161026222032eb8.jpg

周囲はこんな状態。
DSC_3961_2016102622210286c.jpg
DSC_3964_20161026222035ddc.jpg

うへ、もう頂上?
DSC_3963_2016102622203442d.jpg

まず、O君が突撃。
DSC_3967_20161026222037a8c.jpg

見下ろすと、こんなふうに見える。
DSC_3968_20161026222038a48.jpg

やはり、さらに先がありました。
DSC_3969_201610262220095e4.jpg

もう終わりかけのタカネヒゴタイ。
DSC_3970_201610262220117ec.jpg

ガスに突入。
DSC_3971_201610262220121b2.jpg

やはり頂上は真っ白かな。
DSC_3972_20161026222014df1.jpg

ん、そうでもないか。
DSC_3973_2016102622201546e.jpg

どうも一喜一憂してしまう。
DSC_3974_20161026221942aec.jpg

これだけ見えれば十分だ。
DSC_3975_20161026221943f82.jpg

急登の後は、なだらかなトラバース。
DSC_3976_2016102622194596c.jpg

岩稜が次々に現れる。
DSC_3977_201610262219466a9.jpg

でも、さっきよりは平和な登りになった。
DSC_3978_20161026221948cf9.jpg
DSC_3979_20161026221918acc.jpg

頂上はわりと近いとみた。
DSC_3980_20161026221920aee.jpg

再びタカネシオガマ。
DSC_3981_20161026221921b04.jpg

イワツメクサ。
DSC_3982_20161026221923a3c.jpg

言うまでもないけど、ハイマツ。
DSC_3983_201610262219240b1.jpg

おお、あれが頂上か!
DSC_3984_2016102622184954f.jpg

まわりにはミヤマコゴメグサの大群落。
DSC_3985_201610262218513c8.jpg

イワギキョウも満開。
DSC_3986_20161026221852b14.jpg

さっきのはニセピーク。もうひと越えだった。
DSC_3987_201610262218530ee.jpg

ガスが瞬く間に消えてくれた。
DSC_3988_2016102622185539c.jpg

悪沢岳から北に延びる稜線。
DSC_3989_201610262218265d4.jpg

これは、どこだっけ。
DSC_3990_20161026221828227.jpg

頂上へもうあとわずかというところでカメラのバッテリーが切れた。
前日取り換えたばかりなのに、1日しか持たなかった。
まあ、撮り過ぎと言えば、撮り過ぎなんだけど。
でも、予備のバッテリーも使い果たしてしまっては、もうカメラを代えるしかない。
一眼レフからコンパクト・デジカメに選手交代した。
実はこのデジカメは代機のようなものだ。
四国で新しいコンデジを落として壊してしまったので、今修理に出している。
なので古いやつを引っ張り出してきたのだ。
SDカードのメモリーはたくさんあるのだが、このカメラのバッテリーが今日明日持つかどうか。
さすがに、こっちの予備バッテリーはないのだ。
切れてしまったら、スマホに頼るしかない。
こちらはバッテリーの予備も持ってきてある。

というわけで、頂上は目前。
CIMG8537_20161026222522318.jpg

カメラを取り換えている間に、O君はあんな先まで行ってしまった。
CIMG8540_20161026222526860.jpg

速足で後を追う。
CIMG8541_20161026222526a8a.jpg

とうとう塩見岳も雲に隠れてしまった。
CIMG8539_201610262225232cf.jpg

振り返ると、後ろもガス。
CIMG8542_20161026222529732.jpg

すれ違ったお兄さんもすぐに離れて行った。
CIMG8543_20161026222500927.jpg

頂上部は岩が積み上がっている。
CIMG8544_2016102622250213b.jpg

これを乗り越えれば、いいのかな。
CIMG8545_201610262225034f3.jpg

どこを登ってもOK。
CIMG8546.jpg

お、標柱が見えた。
CIMG8547_2016102622250724e.jpg

当然、O君が先に着いていた。
CIMG8549_20161026222425b79.jpg

13時半前に登頂。
CIMG8552_201610262224276b6.jpg
コースタイム1時間のところ、なんと30分で登ってしまった。

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(23)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
正午ちょうどに荒川三山の稜線に乗った。
DSC_3809_20161025071407724.jpg

O君とは一旦ここで分かれて、私だけ前岳(3068m)に向かう。
DSC_3812_20161025071411a5b.jpg
ザックをデポしてもよかったが、大した距離ではないので背負ったまま行く。

前方に荒々しいピークが見えるが、あれは前岳山頂ではない。
DSC_3810_2016102507140853d.jpg

この方はずっと苦しそうだったが、着実に歩いてきた。
DSC_3811_201610250714101b2.jpg

ちょっと進むと、すぐに前岳山頂が見えた。
DSC_3814_201610250713446f7.jpg

下から見ていただけでは想像もつかない、なだらかな山頂だ。
DSC_3813_201610250714129dd.jpg

その先の小ピーク。
DSC_3816_20161025071347e9c.jpg

こちらの方が高いのではないか。
DSC_3820_20161025071324372.jpg

振り返ると、中岳(3083m)頂上も姿を現した。
DSC_3815_2016102507134555b.jpg

おお、北に塩見岳(3052m)。今朝よりぐんと近づいた。
DSC_3817_201610250713488dc.jpg

北西方面に塩見岳へと続く縦走路。正面は小河内岳(2802m)。
あの稜線もいつか歩きたい。
DSC_3818_201610250713505fb.jpg

分岐でたむろしていたおじさんグループが空身で後を追いかけてきた。
DSC_3819_20161025071322c52.jpg

ちょうど5分で前岳に到着。
DSC_3821_201610250713267a7.jpg

南にはガスが多いが、赤石岳(3120m)。
DSC_3822_20161025071327b2d.jpg
DSC_3827_201610250713042d8.jpg

前岳南面の断崖。
DSC_3824_20161025071329e70.jpg

下から雲が湧き上がってくる。
DSC_3825_20161025071301dc0.jpg

イワベンケイ1株。
DSC_3828_20161025071306480.jpg

こんな位置関係でした。
DSC_3829_20161025071307ce3.jpg

小赤石岳(3081m)山頂。
DSC_3832_20161025071244800.jpg

赤石岳の全容。
DSC_3833_20161025071245860.jpg

二つの斑点が特徴的なタカネシオガマ。
DSC_3830_201610250712419d3.jpg

悪沢岳(3141m)は残念ながら、すっかり雲の中。
DSC_3834_20161025071247303.jpg

引き返して中岳に向かう。
DSC_3835_2016102507121847c.jpg

中岳の左に塩見岳。
DSC_3837_20161025071220de7.jpg

右に悪沢岳。
DSC_3840_20161025071225616.jpg

北の小河内岳は、右肩にある避難小屋が目印。
DSC_3842_201610250711585cf.jpg

その右奥には前小河内岳(2784m)。
DSC_3843_20161025071159a85.jpg

前岳の西に連なる名もなきピークたち。
DSC_3844_20161025071201d8d.jpg

さっきの分岐まで戻ってきた。
DSC_3845_20161025071203b8b.jpg

後続部隊も到着していた。
DSC_3846_20161025071134314.jpg

こちらは休まずに中岳に取り掛かる。
DSC_3847_20161025071136eaf.jpg

頂上付近は完全なゴーロだ。
DSC_3848_201610250711377e6.jpg

振り返ると、前岳の全容が分かる。
DSC_3849_201610250711398e6.jpg

あのピークこそ前岳にふさわしい気がするのだが。
DSC_3851_20161025071111556.jpg

O君を待たせているので、すこし速足で登る。
DSC_3850_201610250711400e7.jpg

よく見ると、前岳にはかわいい巻き道があった。
DSC_3852_201610250711130f0.jpg

赤石岳の北東尾根(手前)と東尾根(奥)。
DSC_3853_20161025071114481.jpg

左手前は板屋岳(2646m)。
DSC_3854_20161025071116089.jpg

赤石岳の西斜面はすでにガスの世界。
DSC_3855_20161025071117b5b.jpg

分岐から6分で、中岳に到着。
DSC_3856_201610250710487a0.jpg

改めて前岳。
DSC_3858_20161025071049ae0.jpg
DSC_3861_201610250710532f5.jpg

空身のおじさんたち。
DSC_3859_201610250710501c1.jpg

みんな空身だ。
DSC_3862_201610250710238fe.jpg

三角点は惜しくも三等。
DSC_3860_2016102507105239c.jpg

中岳のピークを通過すると、すぐ先に中岳避難小屋が見えた。
DSC_3864_20161025071026a8c.jpg

奥にそびえているはずの悪沢岳は残念な状態。
DSC_3865_20161025071027b12.jpg

すぐに中岳を振り返る。
DSC_3867_201610250710293ef.jpg

この避難小屋は一応、営業小屋ということになっている。
DSC_3868_20161025070941f5b.jpg

小屋のおじさんがいたので、堂々と中を覗きこむことができなかった。
DSC_3869_20161025070942570.jpg

高山植物がネットで厳重に守っているように見えるが側面には何もない。何だろう。
DSC_3872_201610250709477f6.jpg

小屋の真ん前のベンチでO君は休んでいた。
DSC_3871_20161025070945c80.jpg
(この人ではない)

さて、どうするか。昨日は、荒川三山がガスで何も見えないようなら、中岳に泊まるという方針を決めた。
ただ、前岳、中岳は晴れていた。
残すは悪沢岳のみ。しかも、時間はまだ正午だ。
DSC_3873_201610250709172bd.jpg
ここに泊まった場合の明日の行程を、声を出しながら計算していたら、O君が立ち上がって、「やっぱり行こう」と言い出した。
私はどちらでもよかったので、異存はない。
あとで「なして、いきなり決めたの?」と聞いたら、「ここは我々のいるべき場所じゃないと思ったから」と打ち明けてくれた。
なぜ、いるべき場所じゃないのか、までは聞かなかったが。

悪沢岳へは150m下った後、200m登る。
DSC_3875_20161025070920758.jpg

ここまですでに7時間以上歩いてきているだけに、かなりきついだろう。
それでも決めたからには出発。
DSC_3877_20161025070923e6a.jpg

前方から単独のおばさんが来る、と思ったら、おじさんだった。
DSC_3876_20161025070921f13.jpg

中岳を振り返る。
DSC_3879_20161025070851a43.jpg

ここの斜面も赤いチャートが目立つ。
DSC_3878_20161025070850ace.jpg
DSC_3893_201610250707334d7.jpg

その斜面越しの赤石岳。
DSC_3880_20161025070853268.jpg
DSC_3885_20161025070827942.jpg

悪沢岳の頂上にかかるガスは消えたり、かかったり。
DSC_3881_201610250708549c9.jpg

タイミングが合えば、晴れるかもしれない。
DSC_3884_20161025070826caf.jpg

左手に再び、塩見岳(右)と小河内岳(左)。
DSC_3882_20161025070856c35.jpg

このこぶは巻く。
DSC_3883_20161025070824656.jpg

イワギキョウ。
DSC_3886_20161025070829953.jpg

お、小赤石岳の向こうに、やっと赤石岳が見えてきた。
DSC_3887_20161025070830217.jpg

振り返れば、中岳避難小屋も。
DSC_3892_20161025070806348.jpg
DSC_3888_20161025070800a9a.jpg

左手は魚無沢。これも大井川の源流の一つ。
DSC_3889_2016102507080182e.jpg

塩見岳の稜線に、あんな崩落地があったとは。
DSC_3890_20161025070803914.jpg

びっくりぽんや(←古い)。
DSC_3891_20161025070804114.jpg

さすがに赤石山脈。岩が赤い。
DSC_3894_2016102507073546e.jpg

中岳の全容。
DSC_3895_20161025070736fff.jpg

鞍部まではもう少し下る。
DSC_3896_20161025070738573.jpg
DSC_3898_20161025070710a21.jpg

悪沢岳の悪そうな岩壁が目の前に迫ってきた。
DSC_3897_201610250707398c0.jpg

登り返しのルートが見える。
DSC_3899_20161025070711f5a.jpg

悪沢岳は南アルプス南部の最高峰だけに貫禄十分。
DSC_3900_201610250707137e4.jpg

塩見岳の背後にも夏雲が押し寄せている。
DSC_3901_201610250707148bf.jpg

振り返っても、もう中岳は見えない。
DSC_3902_2016102507071637a.jpg
DSC_3903_20161025070651809.jpg

お~、雲が切れた!
DSC_3904_201610250706536ee.jpg

しかし、かなりきつそうだ。
DSC_3906_20161025072723008.jpg

赤石岳はまた雲に隠れてしまい、小赤石のみ。
DSC_3905_20161025072722417.jpg

へばりつくハイマツ。
DSC_3908_20161025072658e77.jpg

鞍部からの南斜面。
DSC_3909_20161025072659473.jpg
DSC_3911_20161025072702a98.jpg

鞍部直前のこぶを通過する。
DSC_3910_201610250727016e4.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(22)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
荒川小屋を出発して、荒川前岳(3068m)を目指している。
標高差は小屋から稜線まで約400m。コースタイムは1時間半だ。
DSC_3700_2016102421494917b.jpg

振り向くと、赤石岳(3120m)の絶景。
DSC_3697_20161024214945381.jpg

小屋からも随分登ってきた。
DSC_3699_2016102421494836a.jpg

足元にはミネウスユキソウ。
DSC_3696_2016102421494311f.jpg

そしてイワインチン。
DSC_3703_20161024214925c64.jpg

前岳は完全な岩の山だ。
DSC_3701_201610242149214fc.jpg

休み休み登り、来た道を振り返る。
DSC_3702_20161024214923610.jpg

赤石岳に見えているのは、実は小赤石岳(3081m)。
DSC_3704_20161024214926a69.jpg

それでも大きいことに変わりはない。
DSC_3705_20161024214927131.jpg

左手は前岳の大岩壁。
DSC_3708_20161024214902b5a.jpg

それを横目にガレ場の急登を登っていく。
DSC_3709_20161024214904948.jpg

おお、中岳避難小屋まであと1時間。
DSC_3710_20161024214905ddf.jpg

少し元気が出た。
DSC_3711_20161024214838f5e.jpg

赤石岳の背後に大きな雲が迫ってきた。
DSC_3712_2016102421483972c.jpg

前岳のこぶの向こうに大沢岳(2819m)や中盛丸山(2807m)が見えてきた。
DSC_3713_20161024214841271.jpg

きっと、この方々も今夜は千枚小屋に泊まるのだろう。
DSC_3714_20161024214842da3.jpg

登る人と下る人。
DSC_3719_20161024214819b00.jpg

右手は赤石岳の東尾根。
DSC_3715_20161024214844872.jpg

とうとう赤石岳に雲がからみ始めた。
DSC_3716_20161024214814cc3.jpg

時刻は11:20なので、昨日より3時間以上も遅い。いいことだ。
DSC_3717_201610242148172e2.jpg

大沢岳方面にも雲が湧いてきた。
DSC_3718_2016102421481703c.jpg

それにしても、前岳への登りは果てしないように見える。
DSC_3722_20161024214753b4c.jpg

今にも剥がれ落ちそうな岩。
DSC_3724_2016102421475647a.jpg

再び、ザ・南アルプス。
DSC_3725_20161024214757764.jpg

お互い頑張りましょう。
DSC_3728_20161024214731e9e.jpg
DSC_3726_20161024214728655.jpg

少し先が見えてきたんだろうか。
DSC_3729_20161024214733b64.jpg
DSC_3730_20161024214734e77.jpg

前岳に限って言えば、終盤戦かな。
DSC_3731_2016102421470065b.jpg

いや、せいぜい後半戦か。
DSC_3734_20161024214705e92.jpg

タカネマツムシソウの大群落。
DSC_3732_20161024214702a41.jpg

ハチが何匹も蜜を吸いに来ている。
DSC_3733_20161024214703101.jpg

なにやらネットが見えてきた。
DSC_3735_20161024214706a9c.jpg

前岳の2694mピーク(右)よりも随分高くまで上がってきた。
DSC_3736_20161024214636018.jpg

雲の背も随分高くなった。
DSC_3737_2016102421463776a.jpg

後半戦のわずかなトラバース。
DSC_3738_2016102421463886b.jpg

高山植物の保護柵の中に入る。
DSC_3739_20161024214640ef6.jpg

この斜面は広大なお花畑だ。
DSC_3740_20161024214642279.jpg

引いて見ると、ただの草っ原だが
DSC_3741_20161024214613dba.jpg

緑の濃いのはバイケイソウ。笠のようなのはノラニンジン。
DSC_3744_2016102421461766a.jpg

白と茶色はムカゴトラノオ。
DSC_3743_2016102421461690f.jpg

後続の方々。
DSC_3745_20161024214619797.jpg

ミヤマコゴメグサ。
DSC_3746_2016102421454952f.jpg

ハクサンフウロ。
DSC_3747_20161024214550935.jpg
DSC_3749_201610242145539da.jpg

お花畑越しの赤石岳。
DSC_3748_20161024214551faf.jpg
DSC_3755_201610242145313ac.jpg

黄色はキオンとミヤマコウゾリナ。
DSC_3750_201610242145543ea.jpg

こちらはキオン。
DSC_3752_201610242145272a5.jpg

これはミヤマコウゾリナ。
DSC_3753_20161024214528fc9.jpg

茶色くなったイワベンケイなんて初めて見た。
DSC_3754_20161024214530702.jpg

岩陰にひっそりと咲くイブキジャコウソウ。
DSC_3756_201610242145006c2.jpg

お花畑の中の道はうねりながら登っている。
DSC_3757_2016102421450115b.jpg
DSC_3760_201610242145069b5.jpg

ミネウスユキソウ。
DSC_3758_20161024214503b02.jpg
DSC_3761_20161024214436df4.jpg

間もなく、お花畑通過。
DSC_3759_20161024214504c7a.jpg

お花の写真を撮っている間に、どんどんO君は行ってしまった。
DSC_3762_20161024214438c38.jpg

ミヤマコウゾリナはタンポポみたいだ。
DSC_3763_20161024214439dbb.jpg

当方は柵から出た。
DSC_3764_20161024214441b7a.jpg

まだ、柵内にはたくさんの方々がいる。
DSC_3773_20161024214310269.jpg

オンタデ。
DSC_3766_20161024214411289.jpg
DSC_3769_20161024214415862.jpg

ヤマハハコ。
DSC_3771_20161024214307825.jpg

これはやけに葉っぱが主張しているヤマハハコだ。
DSC_3774_20161024214311e25.jpg

これまた絵になる風景。
DSC_3767_20161024214412918.jpg

さあ、今度こそ先が見えてきたかな。
DSC_3770_201610242144177ab.jpg

この先を曲がると
DSC_3775_201610242143134e8.jpg

ありゃりゃ、まだまだじゃんか。
DSC_3778_20161024214242679.jpg

う、悪沢岳(3141m)が見えたと思ったら、すでにすっぽりガスの中。
DSC_3776_20161024214239a8a.jpg

この稜線は中岳(3083m)からの下りだ。
DSC_3777_201610242142416db.jpg

この先はトラバース気味に登る。
DSC_3779_201610242142448a4.jpg

団体さんが向かってくるようだ。
DSC_3780_20161024214245c4d.jpg

お花畑越しの荒川小屋。
DSC_3781_20161024214215e05.jpg

とうとう空は雨の準備をし始めたようだ。
DSC_3782_2016102421421723e.jpg

眼下にカールもどき?
DSC_3783_20161024214219916.jpg

ここを行き交う人がこんなに多いのはなぜ? 偶然?
DSC_3784_20161024214220f8f.jpg

すれ違うのも大変だ。
DSC_3787_201610242141512f3.jpg

このあたりのヤマハハコは葉っぱが美しい。
DSC_3786_20161024214149a60.jpg

さあ、もうひと踏ん張り。
DSC_3788_201610242141522c7.jpg

このトラバースはそんなに傾斜がきつくないので、ありがたい。
DSC_3790_20161024214156b11.jpg

ちょっと富士山っぽい植生。
DSC_3791_20161024214124d4d.jpg

これはあまり富士山とは似ていない。
DSC_3789_20161024214154a0b.jpg
DSC_3792_201610242141258b8.jpg

後続隊はあそこでひと息入れたか。
DSC_3793_20161024214127da1.jpg

彼らは、今日は赤石岳山頂まで頑張るのだろうか。軽く3時は過ぎてしまうが。
DSC_3794_201610242141289d1.jpg

やはり小さなカールのようだ。
DSC_3796_20161024214100aa8.jpg

あれ、トラバースの先に、もう高いところはほとんどないぞ。ということはもうすぐだ。
DSC_3797_20161024214101b9c.jpg

右も左も鋭い岩壁。
DSC_3799_201610242141041a9.jpg

だから、岩壁直登はいけません。
DSC_3801_20161024214034a88.jpg

このトラバースもいい道だった。
DSC_3802_20161024214036b82.jpg

斜面はオンタデの群落。
DSC_3803_2016102421403718e.jpg

イワギキョウも正面を向いて元気に咲いていた。
DSC_3804_201610242140388b9.jpg
DSC_3805_201610242140405ed.jpg

ラッパを吹いているようにも見える。
DSC_3806_20161024214014496.jpg

午後零時ちょうど、ほぼコースタイム通りに稜線の分岐に到着した。
DSC_3807_20161024214016433.jpg

ここからは私のみ左折して、前岳に向かう。
DSC_3808_2016102421401763e.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(21)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
赤石岳(3120m)から大聖寺平を経て、荒川小屋に向かっている。
DSC_3597_20161024070508615.jpg

正面に荒川前岳(3068m)。陽希さんが登った稜線だ。
DSC_3591_20161024070528b40.jpg

トラバースしている斜面もダイナミック。
DSC_3594_201610240705316df.jpg

草原のように見えるのは、みなハイマツ。
DSC_3595_20161024070505835.jpg

標高2650mあたりまで下ってくると、低木が目立ってきた。
DSC_3598_20161024070509961.jpg

それとともに高山植物も。これはウサギギク。
DSC_3599_20161024070511fda.jpg

ハクサンフウロ。
DSC_3605_20161024070419c2b.jpg

う~ん、言葉が出ない。
DSC_3600_2016102407044298d.jpg

赤石岳の尽きるところ。
DSC_3601_201610240704434b5.jpg

赤石岳と荒川岳の接点だ。
DSC_3602_201610240704454ab.jpg

とうとう樹林帯の中に入った。
DSC_3603_20161024070446f09.jpg
DSC_3606_20161024070421b97.jpg

お、また富士山が見えた。
DSC_3607_2016102407042292b.jpg

あちらには雲の津波が押し寄せている。
DSC_3608_2016102407042383b.jpg

こちらにも雲の影が発生。
DSC_3609_20161024070425514.jpg

と思ったら、荒川小屋発見。
DSC_3611_20161024070359fac.jpg

随分きれいで新しい。
DSC_3610_20161024070357d1c.jpg

あそこまで行く前に、ひと休みだ。
DSC_3612_201610240704001e9.jpg

小屋の向こうのトラバース道もはっきりと見えている。
DSC_3613_20161024070401d9d.jpg

小屋まではもう少し下らなくてはならない。
DSC_3615_201610240703350b0.jpg

なんかもったいない。
DSC_3616_201610240703362f8.jpg

これは荒川前岳の隣のピーク。こんなに目立つのに名前がない。
DSC_3617_20161024070338eaa.jpg

さあ、もうすぐで飯にありつける。
DSC_3618_20161024070339954.jpg

その前に林を抜けなくては。
DSC_3619_201610240703415e8.jpg

なんと道はいったん小屋より低いところまで下ってしまう。登山道から数十㍍も下らされた。
DSC_3620_201610240703114fb.jpg

小屋直上の小ピーク。
DSC_3621_20161024070313c2b.jpg

小屋へはちょっと登り返し。
DSC_3623_20161024070316485.jpg

10時すぎに到着。小屋周辺は人口が多く、かなりの登山者とすれ違った。
DSC_3624_2016102407031745c.jpg

まだお昼には早いが、なんせ朝食を食べたのが朝4時すぎだから、もう6時間も経っている。
DSC_3625_20161024070246274.jpg

とにかく暑いので、靴を脱がないといけないが、中の食堂に入る。
DSC_2942_201610240705273c6.jpg

名物、荒川カレー(1000円)。O君は400円の缶コーラも頼んだが、私は水で我慢。
DSC_2935_20161024070525dba.jpg
カレーはやや量が少なめだったが、ニンニクスライスを揚げたのが入っていておいしかった。
バッジも「荒川三山」と「悪沢岳」の2つを購入。計2000円の出費となった。

食べ終わったところで、トイレに寄りがてら、あたりを探検。
DSC_3627_20161024070249410.jpg

赤石岳山頂小屋のコマーシャルまであった。
DSC_3628_20161024070251579.jpg

緑がまぶしい。
DSC_3626_20161024070248dcf.jpg

赤石岳が巨大なイモムシのよう。
DSC_3629_201610240702523da.jpg
DSC_3631_20161024070222686.jpg

これはテン場。さすがにこの時間はまだ1張もない。
DSC_3630_20161024070220d78.jpg

部屋までは見ていないが、泊まってみたい気もする。
DSC_3632_20161024070223ba7.jpg

トイレに寄って、水場へ。
DSC_3633_20161024070225497.jpg

補給はしなかったが、一口いただく。さすがに冷たかった。
DSC_3635_20161024070156d2e.jpg

あたりは、タカネマツムシソウのお花畑。
DSC_3636_20161024070158d30.jpg
DSC_3638_20161024070201856.jpg

とうとう富士山は隠れてしまった。
DSC_3634_20161024070226870.jpg

さて、本日第2ラウンド。荒川三山への登りだ。
DSC_3639_20161024070202dfd.jpg

もちろん、この斜面を登るわけではない。
DSC_3640_2016102407013374a.jpg

雲が湧いてきたのが、若干気になる。
DSC_3641_20161024070134161.jpg

水場までかなり下ったので、戻るのが大変だった。
DSC_3642_20161024070136e20.jpg

ミヤマコゴメグサ。
DSC_3643_20161024070137ecb.jpg

小屋の後ろを回り込んで、さあ出発。
DSC_3644_20161024070139040.jpg

樹林帯ともおさらば。
DSC_3645_201610240701057bb.jpg
DSC_3650_2016102407002958d.jpg

すぐにガレ場となる。
DSC_3647_20161024070108765.jpg

まさに落石危険地帯。
DSC_3648_2016102407010978d.jpg

ミヤママツムシソウに見送られる。
DSC_3649_201610240701113d8.jpg

赤石岳の長大な稜線に感服。
DSC_3651_20161024070031a79.jpg

あちらにも雲が発生してきた。
DSC_3652_20161024070032ddb.jpg

雪の重みで木はまっすぐに生えない。
DSC_3653_20161024070034409.jpg

まだ、ちょっと樹林あったね。
DSC_3654_20161024070035b4d.jpg

でも、この先はほとんどハイマツ。
DSC_3655_20161024070004b15.jpg

ノラニンジン。
DSC_3656_20161024070006c8d.jpg

トラバースを終え、いよいよ直登へ。
DSC_3658_20161024070009457.jpg

ここも落石注意。
DSC_3659_20161024070010a60.jpg

早めに通過する。
DSC_3661_20161024065937c71.jpg

この先は高山植物が増えていく。
DSC_3660_20161024065935dde.jpg

これまた絵になる風景。
DSC_3662_20161024065938645.jpg

岩を踏みしめて、一歩一歩。
DSC_3663_201610240659400dc.jpg

皆さんも気をつけて通過して下さい。
DSC_3666_20161024065912232.jpg

何か落ちてきたら一巻の終わりです。
DSC_3667_20161024065914fbc.jpg

小屋はこんなに広大な緑の中にあったんだ。
DSC_3668_20161024065915da5.jpg

赤石岳も交えて。
DSC_3669_20161024065917fa5.jpg

さあ、後ろばかり見ずに進むぞ。
DSC_3670_20161024065846553.jpg

シャクナゲ。
DSC_3671_201610240658483d1.jpg

見事である。
DSC_3672_20161024065849182.jpg

こちらはもうずっと急登。
DSC_3673_201610240658512d5.jpg

シナノオトギリ。
DSC_3674_201610240658524a8.jpg

わ~もう南の空は雲に占領された(ように見える)。
DSC_3676_20161024065822cc8.jpg

すでに懐かしきトラバース道。
DSC_3677_2016102406582402f.jpg

もう雪解け水ではないはず。
DSC_3678_20161024065825acb.jpg

アルペンムードたっぷりだ。
DSC_3679_201610240658273a9.jpg

南アルプスは崩れつつ成長していることがよく分かる。
DSC_3680_201610240657564d1.jpg

ちょっと、ひと息。
DSC_3681_20161024065757a39.jpg

白いのはミネウスユキソウ。
DSC_3682_201610240657598cc.jpg

右の二つのコブに名前はない。
DSC_3683_20161024065800391.jpg

名前付けたいねえ。
DSC_3688_20161024065737c27.jpg

この先はもう岩だらけを覚悟。
DSC_3684_201610240658020c2.jpg
DSC_3686_20161024065734d2b.jpg

皆さんも、間もなくそうなります。
DSC_3687_2016102406573673b.jpg
DSC_3689_20161024065739e89.jpg

そして赤石岳に見取れています。
DSC_3691_20161024065710256.jpg

O君はひたすら前向き。
DSC_3692_20161024065711b67.jpg

私は脇見ばかり。
DSC_3693_20161024065713e12.jpg
DSC_3694_2016102406571563c.jpg

雄大!という言葉しか浮かばない。
DSC_3695_201610240656524dd.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(20)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
赤石岳(3120m)から北へダマシ平まで下ってきた。
DSC_3501_20161023234229d82.jpg

ここは標高およそ2850m。大きなケルンがあった。
DSC_3503_20161023234232067.jpg

そのてっぺんに、意味は分からないが、位久光霊神の碑が置かれていた。
DSC_3505_20161023234203583.jpg

振り返ると、赤石岳の山塊。
DSC_3502_201610232342300fc.jpg
DSC_3499_20161023234226f07.jpg

ダマシ平から見る荒川三山。
DSC_3506_2016102323420501a.jpg

小赤石岳の肩(3030m)を振り返る。
DSC_3507_2016102323420647c.jpg

その奥に小赤石岳(3081m)。
DSC_3508_201610232342089c9.jpg

そして赤石岳。
DSC_3509_20161023234209edc.jpg

ケルンを通過する。
DSC_3510_20161023234139da5.jpg

しばらくは登山道を外れたまま。
DSC_3511_201610232341410c3.jpg

ただ、踏み跡らしきものはある。
DSC_3513_201610232341442da.jpg

登山道に戻るルートを探しながら歩く。
DSC_3514_20161023234145e69.jpg

ここで合流できそうだ。
DSC_3516_20161023234117562.jpg

若干、ハイマツを横断しないといけなかったが、わりと楽に登山道に戻れた。
DSC_3517_201610232341195e3.jpg

再び、O君の後を行く。
DSC_3518_201610232341209f6.jpg

あの稜線を登ってみたい気もするが、やはり岩が崩れやすいらしい。
DSC_3515_201610232341160be.jpg

赤石岳という山は実に大きい。
DSC_3512_2016102323414255a.jpg

右手は大井川の源流のひとつ、奥西河内の本谷。
DSC_3519_2016102323412293e.jpg

その真正面に悪沢岳(3141m)。
DSC_3520_20161023234054229.jpg

すぐ先に今度は大聖寺平が展開する。
DSC_3521_20161023234055823.jpg

その奥には派手な大崩壊。
DSC_3522_20161023234057927.jpg

荒川前岳(3068m)南面の崩落もかなり激しい。
DSC_3523_20161023234058f40.jpg

ここをクライミングする人はいるのだろうか。
DSC_3524_201610232341005b2.jpg

悪沢岳(荒川東岳)は日本百名山。
DSC_3525_20161023234032652.jpg

巻き道の軌跡がよく見える。
DSC_3526_201610232340339c0.jpg

あそこを歩くのも楽しみだ。
DSC_3527_201610232340346da.jpg

唐突に、前茶臼山(2331m)。
DSC_3528_20161023234036f22.jpg

赤石岳の北斜面。
DSC_3529_20161023234037afa.jpg

やっと大聖寺平まで下ってきた。
DSC_3530_2016102323400842b.jpg

小赤石岳の肩からの下り。
DSC_3531_20161023234009f52.jpg

荒川小屋へのトラバース。
DSC_3532_201610232340112cb.jpg

やや、いよいよ雲が発生してきた。
DSC_3533_201610232340126fe.jpg

ここは赤石と荒川、南アルプス両巨頭の鞍部である。
DSC_3534_201610232340148dd.jpg

それだけに大きなケルンが鎮座している。
DSC_3535_20161023233942e46.jpg

それはまさに荒川前岳の尾根へとつながっている。
DSC_3536_20161023233944d89.jpg

この角度から見るのが、一番美しいかな。
DSC_3537_20161023233945a41.jpg

ちょうど9時半に大聖寺平の道標に到着。
DSC_3538_20161023233947089.jpg

ここは信州側の小渋に下りていく道との分岐でもある。
DSC_3539_201610232339482df.jpg

ケルンと小赤石を振り返る。
DSC_3540_20161023233917e6e.jpg

これは小ケルン。
DSC_3541_20161023233919f51.jpg

目の前には壮大な眺めが展開している。
DSC_3542_20161023233920dd4.jpg

O君が実物以上に格好よく見える(笑)
DSC_3543_20161023233922cf1.jpg

ケルンとダマシ平。
DSC_3544_20161023233924949.jpg

あの田中陽希さんはトラバースの雪渓を避けて、この稜線を登ったのだった。
DSC_3545_20161023233855dd3.jpg

しばらくは楽に行けそうな気がする。
DSC_3546_20161023233857a27.jpg

間もなく、トラバースの入口に到着。ここにも道標があった。
DSC_3547_20161023233858243.jpg

険しいアルプスにも、ホッと一息つけるこういう場所もあるのだ。
DSC_3548_2016102323390047e.jpg

小赤石岳。
DSC_3549_20161023233901c22.jpg

さて、上を仰ぎ見ながら、トラバースに突入。
DSC_3550_201610232338335b7.jpg

あ~っ、悪沢岳に悪い雲が~~~
DSC_3551_20161023233834f2c.jpg

大きく発達しないことを祈る。
DSC_3552_201610232338358da.jpg

さらば、大聖寺平。
DSC_3553_201610232338375fa.jpg

巻き道は心持ち下っている。
DSC_3554_20161023233839b7c.jpg

こうして見ると、赤石岳の北斜面は地肌が露出しているところの方が多い。
DSC_3555_2016102323380954d.jpg

少し歩いて、また名残を惜しむ。
DSC_3556_201610232338108b2.jpg

右手は本谷の源頭。
DSC_3557_20161023233812163.jpg

実にダイナミックである。
DSC_3558_2016102323381300b.jpg

前方には深い谷が刻まれている。
DSC_3559_201610232338153a3.jpg

荒川前岳が迫る。
DSC_3560_2016102323374343e.jpg

小赤石岳の肩に、この瞬間は人影がない。
DSC_3561_20161023233745115.jpg

この道も思った通り、やはり楽しい。
DSC_3562_20161023233746c9e.jpg

青い空と白い雲。
DSC_3563_20161023233748fdf.jpg

悪沢岳を目指すような感じで歩く。
DSC_3564_20161023233749701.jpg

大聖寺平の鞍部にほれぼれ。
DSC_3565_20161023233720bf3.jpg

とにかく広い。
DSC_3566_20161023233722560.jpg

霜降肉状態のところも。
DSC_3567_201610232337234f5.jpg

本谷は面白い谷だ。
DSC_3568_201610232337259f6.jpg

前岳下部の斜面。
DSC_3569_2016102323372622d.jpg

頂上は見えないが、巨大な赤石岳の山体。
DSC_3570_20161023233655422.jpg

これは理想的な角度ですなあ。
DSC_3571_20161023233657fef.jpg

それにしても歩きやすい道だ。
DSC_3572_201610232336587a3.jpg

赤石岳の尽きるところ。
DSC_3573_20161023233700d78.jpg

今はちょうど荒川岳と赤石岳にはさまれて歩いていることになる。
DSC_3574_2016102323370114c.jpg

ハイマツの中からキオンが顔を出していた。
DSC_3575_20161023233630dda.jpg
DSC_3593_20161023235127e7a.jpg

この縞模様がすごい。
DSC_3576_201610232336322fd.jpg

少しずつ道は左へカーブしていく。
DSC_3577_20161023233633e21.jpg

それにつれて荒川前岳が全容を現してきた。
DSC_3578_2016102323363532c.jpg

本谷の谷底。
DSC_3579_201610232336366ba.jpg

はるかな旅を続けて、太平洋に注ぐ。
DSC_3581_201610232336084c2.jpg

道はさらに下る。
DSC_3580_20161023233607061.jpg

なんだか、もったいない。
DSC_3584_20161023233613d7b.jpg

ちょうどカーブを曲がったところ。
DSC_3582_20161023233610268.jpg

赤石岳北東の稜線。
DSC_3583_20161023233611946.jpg

しかし、またあんな高さまで登らないといけないとは。
DSC_3585_201610232335086a3.jpg

人間って、なんてちっぽけなんだ。
DSC_3586_2016102323350907d.jpg

でも、今日中にあの山を越えていけるなんて、偉大だ。
DSC_3587_20161023233511bb0.jpg

5時間でこの山を越えてきたんだからなあ。
DSC_3588_20161023233512599.jpg

それはともかくお腹が空いてきた。
DSC_3589_20161023233514842.jpg

早く小屋に着いてカレーが食べたい!
DSC_3592_20161023233441574.jpg

(つづく)

このページのトップへ

南アルプス南部(19)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
8時半すぎ、小赤石岳(3081m)に到着。じっくり眺望を楽しむ。
まずは百間平。
DSC_3405_201610210644527a0.jpg

その左に兎岳(2818m)。
DSC_3406_2016102106445357f.jpg

大沢岳(2819m)北の稜線。
DSC_3407_20161021064455cd6.jpg

しらびそ峠から奥茶臼山(2474m)に至る稜線。
DSC_3408_20161021064456d32.jpg

中央アルプス。
DSC_3409_2016102106445854b.jpg

すぐ北に続く登山道。
DSC_3410_20161021064429359.jpg

荒川前岳(3068m)と、その奥に仙丈ヶ岳(3033m)。
DSC_3411_20161021064431b42.jpg

大聖寺平。
DSC_3412_20161021064432da8.jpg

農鳥岳(左、3026m)と広河内岳(右、2895m)。
DSC_3413_20161021064434769.jpg

荒川中岳(3083m)。
DSC_3414_20161021064435f47.jpg

悪沢岳(3141m)。今回の山行の最高地点となる。
DSC_3415_2016102106440827e.jpg

言わずと知れた富士山。
DSC_3416_2016102106441089e.jpg

裾野の手前には毛無山(1964m)。
DSC_3420_20161021064347547.jpg

左のなだらかな稜線はおそらく櫛形山(2052m)。
DSC_3417_201610210644111da.jpg

アップにしてみた。
DSC_3419_20161021064414c8c.jpg

はるかに奥秩父の主稜線。
DSC_3418_2016102106441312f.jpg

赤石岳(3120m)の東尾根。
DSC_3421_20161021064348c6d.jpg

稲又山(左、2405m)と青薙山(右、2406m)。
DSC_3422_20161021064350e4e.jpg

中列は上千枚山(2359m)。
DSC_3423_20161021064352c52.jpg

360度の大パノラマを撮影しているうちに、O君は行ってしまった。
DSC_3425_20161021064325bd4.jpg

あわてて追いかける。
DSC_3426_20161021064326581.jpg

東尾根はいつか歩くことがあるだろうか。
DSC_3427_201610210643282ce.jpg

ありゃ、もうO君の姿が見えなくなった。
DSC_3428_201610210643299cb.jpg

荒川前岳と中岳。これから参ります。
DSC_3429_20161021064331a34.jpg

しばらく見えないかもしれないので、赤石岳を振り返っておく。
DSC_3430_201610210643003f4.jpg

北西の斜面は刃物で切ったかのように直線的だ。
DSC_3431_201610210643011e6.jpg

百間平も随分遠くなった。
DSC_3432_20161021064303268.jpg

さあ、ここからは長い下り。
DSC_3433_201610210643043ea.jpg

中岳と悪沢岳の間は大キレットと呼んでもいいほど凹んでいる。
DSC_3434_201610210643063d8.jpg

中央にダマシ平。
DSC_3435_20161021064234421.jpg

まずは小赤石岳の肩(3030m)まで下る。
DSC_3436_2016102106423568f.jpg

肩というくらいだから、ほぼ平坦。
DSC_3437_201610210642379cf.jpg

多少のアップダウンはある。
DSC_3438_2016102106423820c.jpg

ゴリラ岩(仮名)。
DSC_3439_20161021064240a69.jpg

北から見た小赤石岳。
DSC_3440_2016102106421131d.jpg

とうとう雲が湧いてきた。もうしばらく持ちこたえてほしい。
DSC_3441_2016102106421252c.jpg

イワギキョウ。
DSC_3442_20161021064214ba7.jpg

こんにちは~
DSC_3444_2016102106421712f.jpg

ダマシ平がよく見える。なぜ「ダマシ」なのか。
DSC_3445_20161021064148fbb.jpg

小赤石と赤石が並ぶ。
DSC_3446_201610210641490d5.jpg

まさに空中漫歩。幸せだ。
DSC_3447_20161021064151fc4.jpg

こういう稜線の道はたまりません。
DSC_3448_201610210641526cf.jpg

3000m級ならではだ。
DSC_3449_20161021064154b9d.jpg

ちょっとだけ登り返し。
DSC_3450_2016102106412506b.jpg

小型の二重山稜。
DSC_3451_201610210641265a4.jpg

その谷間は御花畑。
DSC_3452_2016102106412851d.jpg

振り返っても、よし。
DSC_3453_20161021064129e4d.jpg

赤い花はオンタデか。
DSC_3454_20161021064131353.jpg

あのあたりが小赤石岳の肩だろうか。
DSC_3455_201610210641019b3.jpg

ハイマツの割れ目を登る。
DSC_3456_2016102106410215a.jpg

どうやら肩に着いたようだ。
DSC_3457_20161021064104a3a.jpg

ここから見た荒川前岳の稜線が圧巻だった。
DSC_3458_20161021064105b8e.jpg

登山道は稜線を行かず、巻き道が荒川小屋に通じている。
DSC_3459_2016102106410748b.jpg

小屋は登山道よりかなり低い位置にある。
DSC_3460_20161021064036a92.jpg

荒川三山のうち、前中の2峰が眼前に迫る。
DSC_3461_20161021064037408.jpg

小赤石岳。
DSC_3462_20161021064039142.jpg

左から兎岳、中盛丸山(2807m)、大沢岳。
DSC_3463_20161021064040392.jpg

前岳から板屋岳(2646m)に至る稜線の南斜面は完全な崩落地形。
DSC_3465_20161021064012d18.jpg

さあ、ここは早めに出発。
DSC_3466_201610210640137a5.jpg

ここから大聖寺平まで300m一気に下る。
DSC_3467_20161021064015c14.jpg

でも、真正面に荒川三山を見ながらなので、楽しくて仕方がない。
DSC_3470_20161021063947690.jpg

ここからの眺めは今回の旅のハイライトと言っていい。
DSC_3476_20161021063923acb.jpg
DSC_3477_201610210639241b9.jpg

岩がすごい。
DSC_3468_20161021064016a17.jpg
DSC_3471_2016102106394959a.jpg

ガスが出なければ、今日は悪沢まで行きたい。
DSC_3469_201610210640188fb.jpg

大崩壊。
DSC_3472_20161021063950db8.jpg

広大なダマシ平。
DSC_3473_2016102106395199b.jpg

そこに人影あり。
DSC_3481_2016102106385884d.jpg

奥茶臼山。
DSC_3474_20161021063953d39.jpg

崩落の激しい西斜面。
DSC_3475_20161021063921508.jpg

全く気持ちのいい下りだ。
DSC_3478_2016102106392677b.jpg
長い下りだとO君の膝が心配だが、膝ではなく足先が痛くなってきたらしい。
靴のサイズが合わないようだ。

大沢岳北の鋸形の稜線。
DSC_3479_20161021063927ece.jpg

前茶臼山(2331m)の崩落も激しい。
DSC_3480_20161021063856bf4.jpg

大沢岳。
DSC_3482_20161021063859d1d.jpg
DSC_3488_201610210638385c2.jpg

右端のギザギザは千枚岳(2880m)。
DSC_3483_2016102106390188f.jpg

荒川岳の巻き道の起点がある大聖寺平。
DSC_3484_2016102106390272f.jpg

奥西河内の本谷。
DSC_3485_201610210638331dc.jpg

ダマシ平が目前に迫ってきた。
DSC_3486_20161021063835e63.jpg

南アルプスは今なお活発な造山活動を続けている。
DSC_3487_20161021063837cbe.jpg

荒川岳の山腹を横切る巻き道。
DSC_3489_20161021063839b8d.jpg

その難所。
DSC_3490_201610210638089e6.jpg

赤石岳の馬の背。
DSC_3496_201610210637442bf.jpg
DSC_3491_20161021063810cc9.jpg

その左の斜面。
DSC_3492_20161021063811940.jpg

赤石岳。
DSC_3497_20161021063745fe3.jpg
DSC_3493_201610210638130ee.jpg

今下っている斜面を振り返る。
DSC_3494_20161021063814dc2.jpg

荒川前岳の大崩壊地。
DSC_3495_20161021063743e84.jpg

ダマシ平を一人登ってくる。
DSC_3498_20161021063747398.jpg

私も途中、登山道から離れてダマシ平に立ち寄ることにした。
DSC_3500_201610210637156c9.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(18)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
赤石岳(3120m)山頂の避難小屋付近を探索中。
DSC_3306_20161020215951a25.jpg

いつのまにか山頂にいる登山者は随分減ってしまった。
DSC_3305_201610202213440ae.jpg

さて、O君の待つ山頂に戻りましょうか。
DSC_3307_201610202159528fa.jpg

小赤石岳(3081m)くん、後で行きますからね。
DSC_3308_201610202159541c6.jpg

赤石岳山頂部の二重山稜。
DSC_3309_20161020215955300.jpg

左に聖岳(3013m)。
DSC_3310_20161020215957e7f.jpg

そのアップ。
DSC_3311_20161020215928df8.jpg

東聖岳(手前、2800m)とその左奥に上河内岳(2803m)。
DSC_3312_201610202159303d3.jpg

今度は引いてみます。
DSC_3313_20161020215931595.jpg

そうだ、小屋でバッジを買わなくては。
DSC_3314_201610202159339b8.jpg
猫みたいなデザインのバッジがあったので、「これは何ですか」と聞いたら、小屋の名物おじさん(酒好きで有名らしい)が「タマだよ」と言う。
「え?ここで飼っているんですか」と驚いたら、「いやいや、オコジョだよ」。
かつがれてしまった。
全然渋くないバッジだが、タマにはこういうのもいいだろうということで、オコジョを購入。

ついでに、周りに林立している板石のことを聞いてみたら、「ここは信仰の山だから、昔からあったみたいだよ。以前はもっと多かったけどね」とのこと。
DSC_3316_201610202159055b6.jpg

そうか、これは信仰遺跡なのか。
DSC_3317_201610202159071b3.jpg
DSC_3319_20161020215910d8d.jpg

よく見ると、確かに「赤石岳天神地祇大神」と刻まれている。
DSC_3318_201610202159081ee.jpg

てっきり、この名物おじさんが変わったことをしようと思って、勝手に作ってしまったものかと思った。
DSC_3321_20161020215844539.jpg

こちらの石碑の奉納は大正6年。
DSC_3322_201610202158456cd.jpg

というわけで、やっと小屋を辞す。
DSC_3320_201610202159114c1.jpg

左前方に岩峰を見ながら引き返す。
DSC_3315_20161020215934d00.jpg

知らぬ間にまた人口が増えている。
DSC_3323_20161020215847c98.jpg

急ぎましょう。
DSC_3324_20161020215848d1f.jpg
DSC_3325_20161020215850c33.jpg

駆け登ったら、わずかな距離なのに息が切れた。さすが3000mの高山だ。
DSC_3328_20161020215824ab9.jpg

いや~O君を随分待たせてしまった。ごめんごめん。
DSC_3333_201610202158001cf.jpg
この間に静高山岳部の面々が到着していたので、そのうちの一人に記念写真を撮ってもらったが、逆光で全然だめだった。

もう一度、周囲を見渡す。奥茶臼山(2474m)。
DSC_3326_20161020215821cc2.jpg

おそらく笊ヶ岳(2629m)。
DSC_3327_20161020215823dc4.jpg

小屋にいた方々が百間平方面に下っていく。
DSC_3330_20161020215826e06.jpg

百間平方面を一望。見事な景観だ。
DSC_3331_20161020215827ab6.jpg

南西方向、遠くに浮かんでいるのは、おそらく恵那山(2191m)。
DSC_3332_20161020215758541.jpg

どれ、人口も多いので、そろそろ出発することにするか。
DSC_3334_20161020215802f2d.jpg

小赤石岳から眺める赤石岳に憧れているので、雲が湧く前に着きたい。
DSC_3337_201610202158041d1.jpg

周辺でちょっと雲が湧いているが、今日はたぶん大丈夫だろう。
DSC_3339_20161020215738e87.jpg

前方は荒川前岳(3068m)の向こうに塩見岳(3052m)。
DSC_3335_20161020215803ef5.jpg

眼下にはダマシ平。
DSC_3338_2016102021573643a.jpg

右手、東尾根(大倉尾根)に赤石小屋が見えた。
DSC_3340_201610202157397f7.jpg

前方から登って来るのは、荒川小屋から来た方々だろうか。
DSC_3341_20161020215741858.jpg

こちらはまず100mほど下る。
DSC_3342_20161020215742bbe.jpg

早めに一度山頂を振り返っておく。もう標柱は見えない。
DSC_3343_201610202157142f6.jpg

信州側、小渋川の広河原。
DSC_3344_2016102021571553b.jpg

望遠で見ると、小赤石岳の山頂にも人がいっぱい。
DSC_3345_20161020215717648.jpg

そこへと、ほぼ一直線に続く稜線の登山道。
DSC_3346_20161020215718099.jpg

その左奥には荒々しい大崩落地形が望める。
DSC_3347_20161020215720ac6.jpg

再び振り返ると赤石岳は三角錐。
DSC_3348_2016102021565286e.jpg

最高の空中散歩である。
DSC_3350_20161020215653c2f.jpg

右にギザギザと傾いている稜線はラクダノ背。
DSC_3351_201610202156563c6.jpg

左の全景。
DSC_3352_20161020215656cac.jpg

手前から東尾根、笊ヶ岳、そして富士山。
DSC_3353_20161020215658455.jpg

かなり下ってきた。
DSC_3354_20161020215629cb6.jpg

通り過ぎたばかりの小ピーク。
DSC_3355_20161020215630af3.jpg

そして、わりとすぐにコルに達した。
DSC_3356_20161020215632999.jpg

赤石岳もちょっと離れると、その大きさが分かってくる。
DSC_3360_20161020215604d8b.jpg

北東斜面も男性的な景観だ。
DSC_3358_20161020215635a40.jpg
DSC_3368_2016102021554571c.jpg

その左(東)は笊ヶ岳を主峰とするアルプス前衛の山脈。
DSC_3361_20161020215606211.jpg

順光で見る赤石岳に大満足。
DSC_3362_201610202156071aa.jpg

おお、高校生たちも下りてきた。
DSC_3359_20161020215603998.jpg

行く手は小刻みなアップダウン。
DSC_3363_20161020215609f0f.jpg

小赤石もそれなりに立派な山だ。
DSC_3364_20161020215539b39.jpg

東尾根を下る椹島への道との分岐に到着。
DSC_3365_201610202155400bb.jpg

ここで下ってしまう人も結構いるようだ。
DSC_3371_20161020215516053.jpg

振り返ると、再び頂上の標柱が姿を現した。
DSC_3369_20161020215513aba.jpg

小ピークも含めて振り返る。
DSC_3370_20161020215515c45.jpg

小赤石を右側面から。
DSC_3372_201610202155188fe.jpg

分岐は当然通過。
DSC_3373_20161020215519194.jpg

ここからは登り返し。
DSC_3374_20161020215448c69.jpg

ハイマツの怪獣の横を通過。
DSC_3375_201610202154505a3.jpg

お~かっこいい~
DSC_3376_201610202154515ec.jpg

やっぱり森林限界より上はいいなあ。
DSC_3378_201610202154546f6.jpg

大沢岳(中央、2819m)の方が高いのに中盛丸山(左、2807m)の方が高く見える。
DSC_3379_20161020215417444.jpg

おじさんのグループとすれ違う。
DSC_3381_20161020215419f83.jpg

いやあ何度も振り返ってしまう。
DSC_3382_20161020215420edb.jpg

ここはさしずめ南アルプスの表銀座といったところか。
DSC_3384_2016102021542267a.jpg

絶景の稜線歩き。やはりアルプスはこうでなくては。
DSC_3386_201610202153523d9.jpg

沢も嫌いではないが、やはり私は尾根派だ。
DSC_3388_20161020215355e3e.jpg
DSC_3389_20161020215356343.jpg

稜線の道を愛す。
DSC_3390_20161020215357a24.jpg

再び、山頂部。
DSC_3391_20161020215316d8c.jpg

ほとんど、どっちを向いて歩いているのか分からない。
DSC_3392_20161020215318ca4.jpg

前方も撮らなくては。
DSC_3393_20161020215319152.jpg

背後では、高校生とおじさん集団との遭遇。
DSC_3396_20161020215245f29.jpg

小渋川の深い谷。
DSC_3397_201610202152475fb.jpg

間もなく小赤石岳だ。
DSC_3398_2016102021524814f.jpg

鞍部を見下ろす。
DSC_3399_20161020215249282.jpg

百間平方面もだいぶ角度が変わってきた。
DSC_3400_20161020215251144.jpg

いい斜面だ。中央の突起は兎岳(2818m)。
DSC_3401_20161020215155b1d.jpg

8:35、赤石岳から30分かからずに小赤石岳に到着。
DSC_3402_20161020215158a9d.jpg

早速、振り返って赤石岳を望む。これが見たかったのだ。
DSC_3404_2016102021520020e.jpg

赤石岳も聖岳同様、台形の山だった。
DSC_3403_20161020215158a29.jpg
ガスが出なくて、ほんとによかった。

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(17)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
百間洞山の家を出発して2時間半ちょっとで赤石岳(3120m)の頂上台地に乗った。
DSC_3211_20161020065241106.jpg

正面に避難小屋を見ながら、左の稜線に乗る。
DSC_3212_20161020065242a41.jpg
DSC_3219_20161020065221ec5.jpg

頂上部は二重稜線のような地形になっている。
DSC_3215_20161020065246536.jpg

これはもう一つの稜線。
DSC_3218_201610200652208d5.jpg

その間の窪み。
DSC_3213_20161020065243487.jpg

右手には富士山が浮かんでいる。
DSC_3216_20161020065216f49.jpg

ただ手前の稜線に小さな雲がいくつも発生しているのが気になる。
DSC_3217_20161020065218ab6.jpg

稜線西側のピーク。
DSC_3220_20161020065223b5c.jpg

その背後に兎岳(2818m)が見える。
DSC_3221_20161020065151ce6.jpg

赤石岳というだけあって、やはり岩が赤っぽい。
DSC_3222_20161020065153c0d.jpg
DSC_3224_20161020065156184.jpg

岩稜の向こうに中央アルプス。
DSC_3223_20161020065154629.jpg

写真を何枚も撮っている間に、O君とすっかり離れてしまった。
DSC_3225_20161020065157ad3.jpg

でも彼はトイレに行きたいと言っていたから、たぶん避難小屋に寄るだろう。
DSC_3228_20161020065055b79.jpg

う~ん微妙なバランス。
DSC_3226_20161020065052782.jpg

富士山の上層は薄く霞んでいる。
DSC_3227_2016102006505426e.jpg

右側の稜線を振り返る。
DSC_3229_201610200650575c9.jpg

これは今歩いている稜線。
DSC_3230_20161020065058e36.jpg

その向こうに聖岳(3013m)
DSC_3231_20161020065127f72.jpg

富士山の右下は笊ヶ岳(2629m)。その右のなだらかなピークは布引山(2584m)。
DSC_3232_201610200651298e8.jpg

左手には荒川前岳(3068m)と中岳(3083m)。
DSC_3233_20161020065131a64.jpg

その左奥に仙丈ヶ岳(3033m)。
DSC_3234_20161020065132fc9.jpg

さらに左は南アルプスの西面。奥の双耳峰は入山(2186m)か。
DSC_3247_20161020064829088.jpg

前岳の真後ろに塩見岳(3052m)が覗く。
DSC_3235_20161020065133b91.jpg

一番高いのが中岳。
DSC_3236_20161020064925269.jpg

その右奥には農鳥岳(3026m)と広河内岳(2895m)。
DSC_3237_20161020064925a17.jpg

そして赤石岳の頂上がようやく見えた。
DSC_3238_20161020064927069.jpg

避難小屋との位置関係はこうなっている。
DSC_3239_20161020064928c9d.jpg

もう一度、二重山稜を振り返る。
DSC_3240_20161020064931ad1.jpg

聖岳を背景に、高校生たちが上がってきた。
DSC_3241_2016102006485810f.jpg

この岩稜はトラバースする。
DSC_3242_20161020064859c36.jpg

今にも崩れそうだ。
DSC_3243_20161020070506602.jpg

そんなところにオンタデ。
DSC_3244_20161020064902b46.jpg

そしてイワギキョウ。
DSC_3245_20161020064902da2.jpg

今日は何とかガスが湧かないうちに着けそうだ。
DSC_3246_2016102006490402d.jpg

赤石岳山頂部のいくつかの小ピーク。
DSC_3248_20161020064830524.jpg

高校生たちの背後は光岳(2591m)に変わった。
DSC_3249_20161020064832e10.jpg

どんどん登ってくる。
DSC_3250_20161020064833644.jpg

左側の山稜を歩いていると思っていたら、もう1本左側に稜線があった。
DSC_3251_20161020064836b29.jpg
DSC_3253_201610200648030fe.jpg

いったん稜線から下る。
DSC_3254_201610200648051fe.jpg

谷まで下りてきた。
DSC_3255_20161020064806006.jpg

この谷を進んでいく。
DSC_3256_20161020064808809.jpg

山頂へ直接つながる道は通行止め。
DSC_3258_201610200705089eb.jpg

O君ははるか先だ。
DSC_3252_20161020064802c02.jpg

イワギキョウが目に鮮やか。
DSC_3257_20161020064738d1f.jpg

山頂付近のゴーロ。
DSC_3259_20161020064739595.jpg

迫力満点だ。
DSC_3260_20161020064740914.jpg

ちょっとモンゴルの高原に似た感じ。
DSC_3261_201610200647412b1.jpg

古びた道標の横を通過。
DSC_3262_20161020064744793.jpg

赤石岳山頂部の西半分の景観。
DSC_3264_20161020064713648.jpg

聖岳(右)とその左奥に上河内岳(2803m)。
DSC_3265_201610200647159bd.jpg

これが有人の避難小屋。
DSC_3266_20161020064717619.jpg

O君はおそらく小屋のトイレに寄るだろうと思っていたのに、まっすぐ山頂に行ってしまった。
私は小屋にバッジを買いに寄りたかったのだが、あまり待たせるのも申し訳ないので、とりあえず山頂に向かうことにした。
DSC_3267_20161020064717cbf.jpg

大沢岳(2819m)と、その背後にしらびそ峠のある山稜。
DSC_3268_20161020064719366.jpg

さっきのゴーロを見下ろす位置まで登ってきた。
DSC_3269_20161020064650319.jpg

小屋も見下ろす。
DSC_3271_201610200646506de.jpg

頂上直前の標識。
DSC_3272_20161020064652a7f.jpg

そして3時間弱で赤石岳に登頂。頂上には早朝から10人くらいの人がいた。
DSC_3274_20161020064653720.jpg

コースタイムは3時間10分なので、ほぼ変わらず。
DSC_3275_201610200709579cd.jpg

初めて見えた小赤石岳(3081m)。右奥は悪沢岳(3141m)。
DSC_3276_201610200646230b2.jpg

小赤石にはもう人が到着している。
DSC_3277_201610200646248dc.jpg

小赤石から東南に延びる、いわゆるラクダノ背。
DSC_3278_2016102006462779d.jpg

悪沢岳の雄姿。
DSC_3279_201610200646278dc.jpg

中岳と悪沢岳のコルの向こうに見えるのは農鳥岳と広河内岳。
DSC_3280_20161020064629daf.jpg

前岳の真上に塩見岳。その右に覗くのは甲斐駒(2967m)。
DSC_3281_2016102006455866c.jpg

ちょっと望遠にしてみよう。
DSC_3282_2016102006460030f.jpg

仙丈も恰好いい。さすが南アルプスの女王。
DSC_3283_20161020064601181.jpg

あの稜線歩きはめちゃめちゃ楽しそうだ。
DSC_3284_201610200646042f6.jpg

タカネヒゴタイ。
DSC_3285_201610200646046d9.jpg

上空の空気が2層になっている。
DSC_3286_201610200645311c4.jpg

どうも奇妙な感じだ。
DSC_3287_20161020064532090.jpg

中央アルプス。
DSC_3288_20161020064533293.jpg

中央アルプス北部の手前に横たわるは陣馬形山(1445m)かしら。
DSC_3289_201610200645359e6.jpg

これはもうどこの山だか分からない。
DSC_3290_20161020064536b7b.jpg
でも360度の大パノラマ。素晴らしい。

ひと通り撮影したところで、小屋の見学に出かけることにした。
O君に「ちょっと小屋に行ってくる」と言い残して、坂を駆け降りる。
DSC_3291_20161020064504821.jpg

ちょっと戻ることになる。
DSC_3292_201610200645078bb.jpg

高校生たちもいよいよ近づいてきた。
DSC_3293_20161020070510fa3.jpg

再び、赤石岳山頂部の西半分。
DSC_3295_20161020064509be4.jpg

ラクダノ背と悪沢岳。
DSC_3296_20161020064511c8f.jpg

小屋の前にはなぜか平石がいくつも立てられている。
DSC_3294_20161020064508460.jpg
DSC_3297_201610200644393cd.jpg

何だろうと思いつつ、小屋を通過して、まずは南東方向の踏み跡をたどって行ってみる。
DSC_3298_201610200644418fb.jpg

行き止まりまで行ってみたら、山梨県に多い丸太を輪切りにした山名板が立っていた。
DSC_3299_20161020064442465.jpg

棒が1本立っているように見えたのはこれのことだったのだ。
DSC_3300_20161020070512c29.jpg

でも、なぜ頂上でもないところにこれが立っているのだろう。
それはともかく、ここからの眺めがまた素晴らしい。
DSC_3301_20161020064443214.jpg

小赤石への稜線。
DSC_3302_20161020064445ecc.jpg

悪沢岳もよく目立つ。
DSC_3303_2016102006441898c.jpg

そして、改めて赤石岳頂上を望む。
DSC_3304_20161020064419b09.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(16)



【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
赤石岳(3120m)の馬の背を過ぎ、大斜面トラバースに臨むところまで来た。
DSC_3105_2016101808190853b.jpg

あれが、その大トラバース。
DSC_3106_20161018081910a44.jpg

静高山岳部の行列がキャラバンのようだ。
DSC_3110_20161018081846785.jpg
DSC_3107_20161018081911f10.jpg

左端がその起点。
DSC_3108_201610180819132ec.jpg

巨大な赤石岳の陰に入る前に、荒川前岳(中央、3068m)と中岳(右、3083m)を目に焼き付けておく。
DSC_3113_20161018083022ce3.jpg

馬の背の小ピーク(2827m)を振り返る。
DSC_3114_2016101808184790f.jpg

荒々しい赤石岳の崩落地形。
DSC_3116_201610180818517bd.jpg
DSC_3115_201610180818494a3.jpg

あそこは頂上ではないが、登山者の姿が見える。
DSC_3117_20161018081852faa.jpg

いよいよO君がトラバース開始。
DSC_3118_20161018081824f93.jpg

高校生たちの後を追う。
DSC_3119_201610180818252ad.jpg

聖岳(3013m)も奥聖の方が目立ってきた。
DSC_3120_2016101808182787e.jpg
DSC_3125_20161018081805d08.jpg

私もトラバースに突入。標高差は80mほどだ。
DSC_3121_2016101808182889b.jpg

見たこともないような果てしもないガレ場だ。
DSC_3122_2016101808183040d.jpg

まるでインカ道。
DSC_3123_201610180818031ba.jpg

いったい何億個の岩があるのだろう。
DSC_3124_201610180818041a2.jpg

兎岳(左、2818m)と中盛丸山(左、2807m)を復習。
DSC_3126_20161018081807ba2.jpg

大沢岳(左、2819m)と馬の背の小ピーク(右)。
DSC_3127_20161018081808565.jpg

こうして見ると、小ピークとは言え、そこそこ立派だ。
DSC_3130_201610180817428aa.jpg

大斜面下のコルを振り返る。
DSC_3128_201610180817398a3.jpg

この紅白は一応、登山道の印なのだろう。
DSC_3129_201610180817407ba.jpg

全く、岩だらけの道である。迫力満点だ。
DSC_3131_20161018081743e35.jpg

見上げても岩しか見えない。大きな山を登っているという実感が湧いてくる。
DSC_3132_20161018081745e34.jpg

ハイマツの生える土などあるのだろうか。
DSC_3133_20161018081716703.jpg

よくぞ、こんな道を作ったものだと思う。
DSC_3134_201610180817183ea.jpg

あの岩峰が頂上というわけではない。赤石岳のわりに赤い石ではない。
DSC_3135_20161018081719d4b.jpg
DSC_3142_20161018081659a5d.jpg

右手には百間平。百間とは180mのことだが、全然それ以上ある。
DSC_3136_20161018081721f01.jpg

こちらは馬の背。
DSC_3137_20161018081722e7b.jpg

お馴染みの兎岳、中盛丸山だが、いずれも結構いい形をしている。
DSC_3138_2016101808165344f.jpg

その左に聖兎のコル。
DSC_3139_20161018081655cf8.jpg

奥聖岳(右、2978m)と東聖岳(左、2800m)。
DSC_3140_20161018081656f06.jpg

影赤石はびっくりするほど真っ黒。
DSC_3141_201610180816580fa.jpg

少し望遠で。
DSC_3144_201610180816285a5.jpg

馬の背のこぶたち。
DSC_3145_201610180816294ea.jpg

聖岳の北面は赤石沢の深い谷。
DSC_3146_20161018081631eb8.jpg

なおもトラバースは続く。
DSC_3147_201610180816327f6.jpg

いきなりガレ場が途切れた。
DSC_3148_2016101808160362f.jpg

広大な百間平。
DSC_3149_2016101808160536d.jpg

まさに馬の背。
DSC_3150_201610180816079a2.jpg

先ほどの岩峰の高さまで登ってきた。溶岩ドームのようだ。
DSC_3151_20161018081608256.jpg

20分ほどでトラバースは終了。
DSC_3152_20161018081609273.jpg

ちょうど岩峰にも日が差した。
DSC_3153_20161018081537456.jpg

聖岳の台形がやや崩れてきた。
DSC_3154_2016101808153915b.jpg

ここで高校生が休んでいたので、再び先に行く。
DSC_3155_20161018081541d1d.jpg

ここからは標高差200m近い急登だ。
DSC_3156_201610180815426fd.jpg

日が当たると岩が少し赤っぽいことが分かる。
DSC_3157_20161018081543957.jpg
DSC_3163_2016101808145074e.jpg

あたりは相変わらずのゴーロ。
DSC_3158_20161018081514255.jpg
DSC_3162_20161018081519812.jpg

スケール感が全く違う。
DSC_3159_20161018081515094.jpg

あのあたりがやっと山頂部。
DSC_3160_20161018081517f15.jpg

この斜面を登る。
DSC_3161_20161018081518d18.jpg

何だか岩雪崩の様相を呈している。
DSC_3164_2016101808145105a.jpg
DSC_3165_201610180814531fe.jpg

よく見ると、確かに赤っぽい。
DSC_3166_2016101808145417c.jpg
DSC_3167_20161018081456540.jpg

我々も早く日向に出たいなあ。
DSC_3168_201610180814264e8.jpg

かなりの急勾配だ。頑張らねば。
DSC_3169_20161018081427d73.jpg

O君は調子がいいようで、休まずぐんぐん登って行くので、姿が見えない。
DSC_3170_2016101808142942f.jpg

こちらも、景色がいいので何度も立ち止まるが、気力が充実しているので力強く登れる。
DSC_3173_20161018081402add.jpg

高校生たちも行動再開。
DSC_3171_20161018081430ac8.jpg

あんなところに咲いているなんて、イワツメクサとはよく名付けたものだ。
DSC_3172_20161018081432a0c.jpg

あそこまで登れば、頂上台地に出るのだろう。
DSC_3174_20161018081404650.jpg

標高は2950mを超えてきたので、やつらを見下ろす位置に来た。
DSC_3175_20161018081405e4f.jpg

馬の背に岩峰、そして奥茶臼山(2474m)。
DSC_3176_2016101808140727e.jpg

聖岳と兎岳のコンビ。
DSC_3177_20161018081408eda.jpg

イワギキョウ。
DSC_3178_20161018081335092.jpg

もうひと踏ん張り。
DSC_3179_201610180813375d9.jpg

いやあ、赤石岳がこんなに巨大な岩山だとは思わなかった。
DSC_3181_20161018081340575.jpg
DSC_3180_20161018081338477.jpg

稜線に沿って日が差し込む。時刻は7時を回った。
DSC_3182_20161018081341728.jpg

岩しかないので、このあたりの高山植物はさすがに限られている。
DSC_3183_20161018081307118.jpg

2800m級の兎岳も完全に眼下になった。
DSC_3184_2016101808130882e.jpg

赤石の稜線越しに見る中央アルプス。
DSC_3185_2016101808131091b.jpg

南アルプスは毎年4ミリも隆起しているという。
DSC_3186_20161018081311b1c.jpg

南西の空に浮かんでいるのは恵那山(2191m)か。やけに高く見える。
DSC_3188_20161018081313d10.jpg

昨日ガスの中歩いた稜線とさっき歩いた百間平&馬の背。
DSC_3189_2016101808124330f.jpg

奥茶臼山と中央アルプス。
DSC_3190_20161018081245a72.jpg

馬の背は屋根状になっているので、やはり百間平とは違う。
DSC_3191_201610180812463ba.jpg

こう見ると、その差が分かりにくいが。
DSC_3192_20161018081247280.jpg

さあ、もうそろそろかな。
DSC_3193_20161018081249ee4.jpg

ほとんどあたりは日向になってきた。
DSC_3194_20161018081219bd4.jpg

あと一息だ。
DSC_3195_20161018081220eb1.jpg

ミヤマダイコンソウも応援してくれる。
DSC_3196_20161018081221bf6.jpg

最後の日蔭道。
DSC_3197_20161018081222318.jpg

最後の百間平振り返り。
DSC_3198_20161018081224767.jpg

さあ、出ますよ。
DSC_3199_201610180713455cc.jpg

頂上台地に乗りました~
DSC_3202_20161018071403792.jpg
DSC_3207_201610180713234a3.jpg

まずは改めて聖岳の雄姿。
DSC_3200_2016101807134649a.jpg

その左肩から上河内岳(2803m)が覗く。
DSC_3201_2016101807140132f.jpg

O君はもうあんなところに。
DSC_3203_20161018071404564.jpg

お~赤石岳避難小屋が見えた~
DSC_3204_2016101807132030c.jpg

景観ががらりと変わった。
DSC_3205_201610180713224d2.jpg

うわ~富士山だ~!
DSC_3208_20161018071324b65.jpg

引くと、こんな感じ。赤石岳の頂上部の地形はかなり複雑だ。
DSC_3210_201610180713266e9.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(15)

【2016年8月5日(土)】南アルプス南部
百間洞山の家から1時間弱で、百間平の肩に到達した。
DSC_3006_201610170826318c7.jpg

一応標柱が立っていた。
DSC_3007_20161017082633e29.jpg

百間平は一面のハイマツ畑である。
DSC_3008_20161017082634585.jpg

正面には赤石岳(3120m)。完全逆光であまりいい写真が撮れない。
DSC_3009_2016101708263626b.jpg

百間平越しに見る南アルプス北部。
DSC_3010_20161017082637007.jpg

同じく、奥茶臼山(2474m)と中央アルプス。
DSC_3011_20161017082611890.jpg

百間平の真ん中あたりまで来た。
DSC_3012_20161017082612a6c.jpg

ここでしばらく立ち休み。
DSC_3015_20161017082617e31.jpg

小屋から1.5km歩いてきたことになる。
DSC_3014_201610170826153b8.jpg

左前方に荒川前岳(3068m)。
DSC_3013_20161017082614e0c.jpg

百間平の2782mピークに朝日が当たった。
DSC_3016_20161017082551be3.jpg

聖岳(3013m)の雄姿。
DSC_3017_20161017082552e2d.jpg

この辺りはまだ、赤石岳の陰になっており、日が差していない。
DSC_3018_2016101708255422d.jpg

ちょっと露出を変えてみました。
DSC_3019_201610170825554c4.jpg

塩見岳(3052m)のアップ。
DSC_3020_2016101708255787a.jpg

その右に、ちょうど1000m低い櫛形山(2052m)が見えた。
DSC_3021_201610170825312ec.jpg

赤石岳の西斜面。
DSC_3023_20161017082534b88.jpg

O君がfacebookに投稿している間に、ゆっくり出発。
DSC_3025_201610170825377a6.jpg

この辺りはハイマツではなくコケ畑。
DSC_3026_20161017082512b1f.jpg

地面は構造土になっている。
DSC_3027_201610170825142af.jpg

ハイマツの新芽。
DSC_3028_20161017082515126.jpg

朝露の中に早くもアキノキリンソウ。
DSC_3029_201610170825176bb.jpg

馬の背へと登っていく。
DSC_3030_20161017082518410.jpg

今日も雲ひとつない青空だ。
DSC_3031_201610170824499fa.jpg

振り返ると、静高山岳部が追いかけて来る。
DSC_3032_20161017082451399.jpg

ふと、聖岳に小さな雪渓を発見。
DSC_3033_201610170824527e2.jpg

百間平を振り返る。もう半分くらい日向になっている。
DSC_3034_201610170824541dd.jpg

大沢岳(2819m)もすっかり全体が鮮やかな緑になった。
DSC_3035_20161017082455075.jpg

聖兎のコル越しに見えるのは易老岳(2354m)。
DSC_3036_20161017082428c05.jpg

ちょっと引いてみよう。
DSC_3037_20161017082429969.jpg

こちらは百間平越しの中盛丸山(2807m)。
DSC_3038_201610170824314a4.jpg

いやあ、いい眺めだ。実に美しい。
DSC_3039_20161017082432450.jpg

左は兎岳(2818m)。
DSC_3041_2016101708240638a.jpg

崩落が進む赤石岳の斜面。
DSC_3040_2016101708243410b.jpg

左側は絶壁。
DSC_3044_20161017082411d3a.jpg

右手に奥聖岳(2978m)。
DSC_3042_201610170824086ac.jpg

そして聖岳。
DSC_3043_2016101708240993f.jpg

緑に輝く百間平と、左から兎岳、中盛丸山、大沢岳。
DSC_3045_20161017082412f09.jpg

奥茶臼山(左)と前茶臼山(右、2331m)。
DSC_3047_20161017082346c91.jpg

大沢岳の北陵。
DSC_3048_20161017082348bcc.jpg

奥茶臼山と大沢岳は稜線でつながっている。手前は丸山(2374m)。
DSC_3050_20161017082351fed.jpg

何度見ても聖岳は堂々としている。
DSC_3049_20161017082349d3c.jpg

O君に続いて馬の背を行く。こちらにもやっと日が差してきた。
DSC_3046_20161017082345369.jpg

その前方を行く登山者のシルエット。なかなか絵になる。
DSC_3051_20161017082323f61.jpg

高校生たちもきっと気持ちよく歩いていることだろう。
DSC_3057_20161017082304c4e.jpg

山岳部に入ってよかったと思えている瞬間じゃないかな。
DSC_3056_20161017082302fe4.jpg

逆光写真に挑戦。
DSC_3053_20161017082326cb5.jpg

右前方は、稲又山(左、2405m)と青薙山(右、2406m)だろうか。
DSC_3055_20161017082329f51.jpg

左前方は、荒川三山に塩見岳。
DSC_3058_20161017082306d6c.jpg

影赤石もだいぶ後退した。
DSC_3059_2016101708230790d.jpg

大沢岳を背に。
DSC_3060_20161017082308677.jpg

あの大きなザックでストックがないと、あんなふうに手はだらんとなるんだろうなあ。
DSC_3064_201610170822464a1.jpg

影でエールを送りました。
DSC_3065_201610170822486c7.jpg

再び聖岳。
DSC_3061_20161017082242363.jpg

兎岳と右手前に小兎岳(2738m)。まさに親子だ。
DSC_3062_201610170822442a4.jpg

奥茶臼山と中央アルプス。
DSC_3066_20161017082221ac3.jpg

奥の双耳峰はたぶん除山(2041m)。その手前は高山(2293m)かなあ。
DSC_3067_20161017082222393.jpg

その左、最奥に仙丈ヶ岳(3033m)。手前はおそらく小河内岳(2802m)。
DSC_3068_20161017082224f71.jpg

すべて日の下にさらけ出した百間平。
DSC_3069_20161017082225d22.jpg

どんどん緑が鮮やかになっていく。
DSC_3070_2016101708222789b.jpg

中盛丸山は富士山のようだ。
DSC_3071_2016101708220017e.jpg

大沢岳。
DSC_3072_201610170822017e5.jpg

大沢岳北峰。
DSC_3073_20161017082203a7c.jpg

馬の背が尽きる手前で、あちこち撮影している間に、高校生たちに抜かれてしまった。
DSC_3075_20161017082206e29.jpg

中央アルプス。左が南駒ヶ岳(2841m)、右が空木岳(2864m)。
DSC_3076_2016101708213714b.jpg

右の突起は宝剣岳(2931m)。
DSC_3077_20161017082139d4c.jpg

再び、仙丈ヶ岳。
DSC_3078_201610170821404b1.jpg

塩見岳。
DSC_3079_20161017082142d6d.jpg

聖岳。百名山そろい踏みである。
DSC_3081_20161017082114535.jpg

ダイヤモンド赤石。
DSC_3083_20161017082118a9f.jpg

馬の背の小ピーク。
DSC_3084_201610170821195b9.jpg

馬の背と百間平。
DSC_3087_20161017082055b33.jpg

よく歩いてきたものだ。
DSC_3086_2016101708205387c.jpg

馬の背の南斜面。
DSC_3088_20161017082056bfa.jpg

影赤石と影私。
DSC_3089_201610170820584ab.jpg

兎の親子。
DSC_3090_2016101708205918d.jpg

これから歩く赤石岳の大トラバース。
DSC_3091_2016101708202472d.jpg

ここを下れば、大斜面下のコル。
DSC_3092_201610170820258d2.jpg

昨日歩いた稜線。かなりアップダウンが激しい。
DSC_3093_201610170820276b2.jpg

馬の背2つ目の小ピークを振り返る。
DSC_3094_20161017082028ff8.jpg
DSC_3099_201610170820053f8.jpg

百間平と大沢岳。
DSC_3095_20161017082030aa4.jpg

同じく、中盛丸山。
DSC_3096_20161017082001c9e.jpg

まさに大迫力。緑一色の夏山も本当に美しい。
DSC_3097_20161017082003bd1.jpg

赤石岳頂上の小屋から下ってきたと思しき方とすれ違う。
DSC_3098_20161017082004ac0.jpg

ちょっと下るのがもったいない。
DSC_3100_20161017082007804.jpg

見ているうちにだんだん奥茶臼にも登りたくなってきた。300名山らしい。
DSC_3101_2016101708194150f.jpg

光の輪。
DSC_3102_201610170819448b7.jpg

高校生たちは大斜面のトラバースに取り掛かった。
DSC_3103_20161017081944566.jpg

後ろからは誰も来ない。
DSC_3104_20161017081946917.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(14)

【2016年8月6日(土)】南アルプス南部
まわりがごそごそし始めたので、3時半に起床。
パッキングを済ませて、4時前に食堂前に並ぶ。
朝食は4時半から早い者順ということになっている。
30分も並ぶのはばかばかしいのだが、他にもうすることがないので別に構わない。
1番手に並んでいた人とぽつりぽつり雑談。
同じスペースに寝ていた男性で、ほかに女性2人のグループの人だが、「並ぶくらいしか役に立たないので」と自虐的なことを言っていた。

幸い、予定より早く4時10分すぎに食堂が開いて、すぐに食べ始めることができた。
DSC_2909_20161016071046314.jpg
おかげ様で、トイレでじっくり取り組むこともできた。
トイレに入る前に金子貴俊さんとバッタリ会ったので、声をかけてみた。
「おはようございます。金子さんでらっしゃいますか」
「ええ」
「いつも山の番組見ています。頑張って下さい」
「ありがとうございます」
と、それだけだったけど。

出発は4:45。まだ、薄暗いうちのスタートとなった。
DSC_2911_20161016071049f78.jpg

静高山岳部より先に出たかったが、タッチの差で後陣を拝してしまった。
DSC_2910_2016101607104873f.jpg

では出発。
DSC_2915_20161016070741e3a.jpg

静高山岳部の後を付いていく。
DSC_2913_201610160710524d5.jpg

その前に聖岳(3013m)にご挨拶。
DSC_2914_201610160707401d5.jpg

すぐに沢を渡る。
DSC_2912_20161016071050475.jpg
DSC_2916_201610160707430ea.jpg

左手を見上げると大沢岳(中央、2819m)。
DSC_2919_2016101607074554c.jpg

振り返ると、中盛丸山(2807m)の尖塔も見えた。
DSC_2920_201610160707469ba.jpg

大沢山の東斜面。こんなふうにガスのない中で歩きたかった。
DSC_2921_2016101607071993c.jpg

百間洞山の家よ、さようなら。
DSC_2922_20161016070720709.jpg

7分ほどで分岐に到着。ここは右折する。
DSC_2923_201610160707222d6.jpg

右手にテン場。キャンパーも出発の準備かな。
DSC_2925_201610160707239ba.jpg

双耳峰、大沢岳の左耳。
DSC_2926_20161016070725c8b.jpg

右耳の方はゴーロがはっきりと見えてきた。
DSC_2928_20161016070700959.jpg

テン場を見下ろす。
DSC_2927_2016101607065845b.jpg

大沢岳は、きれいな双耳峰だ。
DSC_2930_20161016070701493.jpg

中盛も含めて。
DSC_2931_20161016070702044.jpg

大沢岳山頂部。
DSC_2933_201610160707045f3.jpg

ガレ場をゆっくりと登っていく。
DSC_2934_2016101607063558b.jpg

すぐに森林限界を越えた。
左手はるかに見えるシルエットは中央アルプスだろうか。
DSC_2935_201610160706375be.jpg

大沢岳の北壁。
DSC_2936_2016101607063811a.jpg

中盛丸山もほぼその全容を現した。
DSC_2938_201610160706390a5.jpg

百間平まで、小屋から標高差約300m。
DSC_2939_20161016070641544.jpg
高校生たちがちょうどいいペースなので、無理に抜かそうとしなくて済む。

ハイマツの中にゴゼンタチバナ。
DSC_2940_2016101607061249e.jpg

大沢岳北壁と中央アルプス。
DSC_2941_201610160706147f4.jpg

再び、大沢岳のゴーロ。
DSC_2942_20161016070615c34.jpg

左手の展望。山座同定はできなかった。
DSC_2943_20161016070617e7a.jpg

そのさらに右に目を転じると、奥に仙丈ヶ岳(3033m)が確認できた。
DSC_2944_20161016070618b4e.jpg

まさにうっすらと槍穂高。
DSC_2945_20161016070550b41.jpg

そして、塩見岳(3052m)の鉄兜。めちゃめちゃ恰好いい。これには感激した。
DSC_2946_20161016070551938.jpg

仙丈の右手前の高いのは、小河内岳(2802m)だろうか。
DSC_2947_20161016070553b52.jpg
あのあたりもいずれ縦走したいものだ。

右手には兎岳(2818m)と、その手前に小兎岳(2738m)が見えてきた。
DSC_2948_20161016070554c95.jpg

大沢岳に負けず、こちらもハイマツとゴーロ。
DSC_2949_20161016070556a20.jpg
DSC_2950_20161016070523fb3.jpg

大沢岳の頂上は左のピーク。
DSC_2951_20161016070525ed9.jpg

お、中盛丸山の頂上に朝日が当たった。
DSC_2952_20161016070526674.jpg

再び、左手。仙丈(左)と塩見(右)のコラボレーション。
DSC_2953_201610160705288cb.jpg

塩見岳の独演。
DSC_2956_201610160704397d9.jpg

ほう、悪沢岳(31418m)も見える。
DSC_2954_201610160705297d7.jpg

その左は荒川前岳(3068m)。
DSC_2955_20161016070438d6f.jpg

中央アルプス。真ん中あたりが多分、空木岳(2864m)。
DSC_2957_20161016070441ccd.jpg

高校生も3日目となると、慣れてスピードが上がってきたのか、O君がゆっくりなのか、高校生になかなか追いつかない。でも、抜くのもエネルギーがいるので構わない。
DSC_2958_2016101607044229e.jpg
DSC_2960_20161016070414679.jpg

怪獣系の奇岩。
DSC_2959_20161016070444a24.jpg

伊那谷に下る小渋川の深い谷。
DSC_2961_20161016070415a31.jpg

ここはまだ日蔭だが、もうだいぶ日は昇ったようだ。
DSC_2963_20161016070416424.jpg

大沢岳の北壁。
DSC_2964_20161016070418c8c.jpg

何度目かの、大沢岳ゴーロ。
DSC_2965_20161016070419a3f.jpg

兎岳はもうすっかり日が当たっている。
DSC_2966_20161016070348c17.jpg

大沢岳はまだ赤石岳の陰だ。
DSC_2967_20161016070350557.jpg

日の当たる人々。
DSC_2968_20161016070351997.jpg

中列は奥茶臼山(左、2474m)と前茶臼山(2331m)だろう。
DSC_2974_2016101607032563e.jpg

前茶臼の奥に浮かぶのは乗鞍岳(3026m)だろうか。
DSC_2978_20161016072059807.jpg

むむ、遅れ出した部員がいたのかな。
DSC_2970_20161016070353695.jpg

こちらも岩の露出が激しい。
DSC_2971_201610160703556b0.jpg

大沢岳山頂。
DSC_2973_20161016070324bad.jpg

ひし形にかたどられた兎岳。
DSC_2975_20161016070327f95.jpg

おお、やっと大沢岳にも光が!
DSC_2980_201610160703285aa.jpg

どんどん明るくなる。
DSC_2982_20161016070330bfe.jpg

右手には聖岳(3013m)出現。
DSC_2983_20161016070302eaa.jpg

聖兎のコルの向こうに信濃俣(2332m)。
DSC_2985_20161016070303904.jpg

何度振り返っても実に美しい。
DSC_2986_201610160703044db.jpg
DSC_2987_20161016070306147.jpg

奥聖岳(左肩、2978m)も姿を現した。この台形が聖岳の一つの姿だ。
DSC_2988_201610160703085f5.jpg

ずっと高校生の後をぴったりと着いていく。
DSC_2989_20161016070237acd.jpg

塩見の右奥に見えるのは間ノ岳(3190m)だろうか。
DSC_2990_20161016070239805.jpg

足元には依然として日が差し込まない。
DSC_2991_201610160702410d7.jpg

やっと傾斜が緩んできた。
DSC_2992_20161016070242583.jpg

聖岳の稜線の左端に東聖岳(2800m)。
DSC_2993_2016101607024341e.jpg

大沢岳の左、百間洞下降点に何人か登山者の姿が見える。
DSC_2994_20161016070213a8c.jpg

中盛丸山の頂上にも2人ほど。
DSC_2995_201610160702143b4.jpg

大沢岳の右のピークは登山道がないので誰もいないようだが、ケルンの存在が確認できる。
DSC_2996_201610160702166a9.jpg

おお~っ、やっと赤石岳が見えてきた。
DSC_2998_201610160702198b1.jpg

もろ逆光だけど、デカい!
DSC_2999_20161016070151e9b.jpg

百間平の肩で休んでいた高校生たちを抜かす。
DSC_3000_20161016070152935.jpg

我々はもう少し前進。
DSC_3001_201610160701541d1.jpg

百間平はその名の通り高原だ。
DSC_3002_20161016070155832.jpg

左手に荒川三山。
DSC_3003_2016101607015648b.jpg

改めて、南アルプス北部の全景を。
DSC_3004_20161016070103c6f.jpg

塩見の左奥で雲をまとっているのは甲斐駒(2967m)かしら。
DSC_3005_20161016070105256.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(13)

【2016年8月5日(金)】南アルプス南部
大沢岳(2819m)から一気に下り、百間洞の沢に出た。
DSC_2878_20161014215737844.jpg

沢を渡ると、そこはテン場だ。
DSC_2880_20161014215739d24.jpg

ヨツバシオガマとトリカブトのお出迎え。
DSC_2882_20161014215740d48.jpg
DSC_2883_2016101421574255b.jpg

沢には十分な水量があった。
DSC_2884_20161014215743738.jpg

テン場に出てからの道がちょっと分かりにくかったが、沢沿いに下ればいいだろうと判断。
DSC_2885_20161014215711a3b.jpg

やはり、それでよかったようだ。
DSC_2886_20161014215713264.jpg

テン場の人はトイレがかなり遠い。これでは大変だ。
DSC_2887_2016101421571415b.jpg

再び、沢を渡る。
DSC_2888_201610142157167c7.jpg

当たり前だがすばらしい清流だ。
DSC_2889_20161014215717239.jpg
DSC_2890_20161014215641dec.jpg

沢は眺めているだけで気持ちがすがすがしくなる。
DSC_2892_201610142156437ea.jpg

でも、雨も降っているし、急ごう。
DSC_2895_20161014215648405.jpg

ふ~、やっと着いた~。
DSC_2893_201610142156455c8.jpg
頂上からコースタイム1時間のところ45分で下ってきた。
雨なので、急いで中に入り、先に受付を済ませてくれていたO君に合流。
ここは1泊2食9000円。寝具は持っていても、関係なし。
でも、でも畑薙からのバスで払った3000円が有効なので、差し引き6000円で済む。
バスに乗るには、東海フォレスト運営の山小屋に泊まることが条件となっている。
支払った3000円は、バス代ではなく山小屋に泊まらない人への罰金のようなもの。
つまりは山小屋への無料送迎バスという位置づけで、泊まれば返金される(宿泊費から差し引かれる)システムだ。
明日のお昼は荒川小屋で名物のカレーを食べる予定なので、弁当は頼まなかった。

指示された場所は8人くらいが眠れるスペースだったが、到着しているのはまだ我々2人のみ。
でも、ザックを置く場所やものを干す場所がない。
4人スペースなのにフックが3つ。
とりあえず、フックにザックをかけてみたが、重さでちぎれそうなので、やはり下に置くことにした。

落ち着いたら、まずはビールだ。
雨なので外のベンチでは飲めないが、食堂が解放されているので、場所はO君が確保してくれた。
DSC_2904_2016101422020991e.jpg
私はビール購入係になったが、受付のスタッフが1人しかいない上に、ちょうど小屋に到着した人々が集中して、随分待たされた。
ちょっきりの金額を持っていたので、お金とビールを見せて、「持って行っていいですか?」と後ろから叫んだが、あっさり「ちょっと待ってください」と却下されてしまった。

かなり時間がかかったが、とにかく今日1日の無事に感謝して乾杯。
DSC_2902_20161014220206abd.jpg

乾杯の後、ちょっとトイレに。
DSC_2894_201610142156460b5.jpg
その後、酒宴を再開していたら、小屋のスタッフが「どなたか、トイレのスリッパ履いたまま出た人いませんか~?」と言いながら入ってきた。
心当たりがないので、とくに反応しないでいたら、私の足元を見とがめて、「勘弁してくださいよ~」と不機嫌そうに言って、スリッパをはぎ取っていった。
私が悪いのだが、そんな言い方はないだろう。
誰しも、ついやってしまうことじゃないか。
少ないスタッフしかいないのに、余計な仕事を作るなという気持ちは分からないではないが、客商売なのだから、「気をつけてくださいね~」くらいにしてほしい。
あまりの早業に、こちらは「すいません」を言う暇もなかった。

まあ、そんなことは気にせず、明日のことを検討しながら酒は進む。
DSC_2903_20161014220208155.jpg
そのうち、聖岳(3013m)がだんだん見えてきた。
明日はかなりの長丁場。コースタイムは10時間だ。
この暑さでは、どうせ今日のように朝8時にはガスが出て、何も見えなくなり、午後2時には雨が降り出すだろう。
ガスの中、荒川三山を歩いて、しかも終盤雨に当たるのでは、ばかばかしい。
千枚小屋まで歩く予定だったが、手前の中岳避難小屋もレトルトの食事提供はあるというので、天候次第では、そこに泊まって、翌朝の晴天の中、荒川三山を歩こう、そんな方針にした。

話をしていると、単独男性2人が相次いで、「相席していいですか」と同席してきた。
DSC_2905_20161014220211d1f.jpg
無論、大歓迎。
二人とも若い頃から、山をやっている人で、いずれも御年67歳。
かつての山岳部のしごきなど昔話に花が咲いていた。こちらも興味深かった。
一人は、登り残した大沢岳を登るためだけに来たというので、ぜひここから直登するように薦めたが、分岐からピストンすると言っていた。その方がコースタイム的にも早いらしい。
「山と高原地図」で計算してみると確かに、たった5分だけど早かった。

食事の時間直前になり「準備がありますから、一旦、部屋に引き上げてください」との指示。
私はまだカップにウイスキーが残っていたので、それを飲み干すまで、食堂の前のストーブスペースにいた親子連れと雑談をしていた。
DSC_2907_20161014215541202.jpg
昨日、聖平小屋の食堂でみかけたグループだ。
昨日は1人欠けていたが、今日は3人そろっていた。
一人、完全白髪の人がいたので、3世代かと聞いたら、大人2人は友人同士でしかも同じ年だった。とんだ失礼を。
子供は小6くらいに見えたが、中3とのこと。
「受験なのに山に連れて来られた」と不服を述べていたが、それほど嫌そうでもなかった。山は好きらしい。
父親も「5日くらい休んだって変わらないよ」と太っ腹。
母親とお姉さんがいるようだが、女性陣はあまりアウトドアは好きではないらしい。
彼はバスケット部で、わりと強い学校なのだとか。

食堂は16人入れるが、8人ずつ15分おきに呼ばれるシステム。
ここの名物のカツをアツアツのまま食べられるようにという配慮だ。
我々は2番手で5:15に飯にありつけた。
DSC_2906_20161014220213189.jpg
疲れた体にカツは本当に力になる。確かにおいしかった。

ここは60人収容なのだが、静岡高校山岳部24人と、NHKのクルー10人弱が入っているので、かなり混んでいた。
山岳部は基本テン泊なのだが、3000円払って東海フォレストのバスで来ている以上、どこかで1泊しなければならない。
とはいえ、食事は自炊なので、女子たちが「カツ食べたいよ~」とぼやいていた。

雨はどうやら上がったようなので、少し外を散策。
小屋の裏には大沢岳が姿を現していた。
DSC_2896_201610142156190e3.jpg

周りはトリカブトとハクサンボウフウのお花畑。
DSC_2897_20161014215620e37.jpg

南には聖岳もすっかり姿を現していた。
DSC_2898_201610142156226ca.jpg

小屋関連の用途不明の建物。
DSC_2899_20161014215623331.jpg

裏から見た百間洞山の家。
DSC_2900_20161014215625a4e.jpg

ここから聖平小屋までは6時間弱とのこと。
DSC_2901_20161014215558d29.jpg

小屋の前にはいくつもベンチがあったが、さっきの雨で濡れているので誰も使用していなかった。
DSC_2902_20161014215600486.jpg

沢の奥にはテン場があるが、ここからは見えない。
DSC_2903_20161014215601233.jpg

この小屋はアイスクリームも売っているらしい。
DSC_2904_20161014215603ee9.jpg

小屋の看板を撮ろうとしてシャッターを押したら、NHKクルーの一人、山岳ライターの小林千穂さんが写っていた。ブルーのTシャツの方である。
DSC_2905_20161014215604f5e.jpg

小屋の中もちょっと探検。なかなかよさげなTシャツや手ぬぐいだが、荷物になるし、どうせ着ないから買わない。
DSC_2907_20161014220144164.jpg
DSC_2911_20161014220146e2d.jpg

食後部屋に戻って、しばらく片付けをしているうちに、O君はもう寝てしまった。
DSC_2908_20161014215543f59.jpg
こちらもひと眠りしてから、また食堂に行ってみると、NHKクルーの面々が雑談していた。
タレントの金子貴俊さんも小林千穂さんもいたが、恥ずかしくて声はかけられなかった。
食堂を出て、ストーブスペースのベンチに座り、しばらくスマホに今日のメモを残したりして過ごす。
ここは圏外なので、通信はできない。
その後個室で頑張っていたら、「8時で消灯ですが、ヘッ電持っていない人いますか~?」との声。
「はーい、持ってませんけど、もう出ます」と答えたが、個室を出たら、真っ暗だった。
だったら聞く意味あるのかい!
本当に真っ暗なので、スマホの光でなんとか部屋に戻った。

部屋はお互いに足を延ばすとぶつかってしまうので、少しずつズレて寝ることになった。
その分スペースは昨日よりはあったのだが、ザックをO君との間に置いたので、ちょっと狭くなった。
シュラフに入ると、窓の外がひっきりなしに光っている。
雷鳴は聞こえないが、稲光は1時間近く続いたかもしれない。
この日はなかなか寝付けなかったが、気づいたら10時半。少しは眠れたようだが、なぜか顔がほてって、喉も渇いている。
タオルを持って、そおっと階下の洗い場に下りた。
本当はコップを持って行きたかったのだが、ハイドレーションを入れておいたビニール袋がバリバリうるさいので、それは諦めた。
水は手ですくってのみ、顔を洗う。
濡れタオル状態にして、持って帰り、額に載せて寝た。
その後も何度か目が覚めたが、それでも睡眠はとれたようだ。

【行程】2016年8月5日
聖平小屋(4:57)~薊畑(5:25)~(5:39トイレ5:45)~小聖岳(6:14休憩6:25)~聖岳(7:23撮影7:31)~奥聖岳(7:46撮影7:58)~聖岳(8:13休憩8:32)~聖兎のコル(9:27休憩9:39)~兎岳避難小屋(10:19撮影10:24)~兎岳(10:35昼食10:51)~小兎岳(11:38休憩11:56)~中盛丸山(12:43休憩12:46)~大沢岳(13:20)~百間洞山の家(14:07)
※所要時間:9時間10分(歩行時間:7時間20分)コースタイム:8時間55分
※登った山:7座(小聖岳、聖岳、奥聖岳、兎岳、小兎岳、中盛丸山、大沢岳)
※歩行距離:10.1km

このページのトップへ

南アルプス南部(12)

【2016年8月5日(金)】南アルプス南部
中盛丸山(2807m)から大沢岳(2819m)へと縦走中。
DSC_2770_20161014065934351.jpg

中盛丸山を振り返る。
DSC_2771_2016101406593525b.jpg

これがその全容だ。
DSC_2773_20161014065938a6b.jpg

鞍部に到着。
DSC_2774_20161014065941717.jpg

このすぐ先が、百間洞山の家に直接向かう巻き道との分岐だ。
DSC_2775_20161014065914516.jpg

ここからは110mほどの登り返し。
DSC_2772_20161014065937ea1.jpg

急いで突入する。
DSC_2776_20161014065915e41.jpg

振り返ると、西から猛烈なガスが押し寄せてきていた。
DSC_2777_20161014065917783.jpg
DSC_2783_20161014065851307.jpg

その中を、後に残してきたO君が追いかけてくる。
DSC_2782_2016101406591930b.jpg

前方は双耳峰の大沢岳の頂上がかろうじて見える。
DSC_2778_20161014065918c0d.jpg

分岐で、O君は巻き道を行ってしまった。
DSC_2784_201610140658531ab.jpg
大沢岳には寄らない彼には、先に宿泊の手続きなど済ませておいてもらうつもりだ。
手を振ったが、気づいてくれなかった。

こちらもあまり遅れるわけにもいかないので、心持ち早めに歩く。
DSC_2786_20161014065855313.jpg

右手は赤石沢の源頭部。
DSC_2787_2016101406585653c.jpg

これは稜線から外れた別のピーク。
DSC_2788_20161014065858e9c.jpg

百間洞下降点(分岐)から8分ほどで、大沢渡分岐。
DSC_2790_20161014065830a10.jpg

標柱には、特種東海製紙の社有林の範囲が示されていた。めちゃめちゃ広い。
DSC_2791_20161014065831cbf.jpg

ここを左折すると、唐松山(1960m)を経て、林道跡を横断し、大沢渡小屋に至る。
DSC_2792_20161014065833df9.jpg

この標柱に「しらびそ峠」と書いてあるのを見つけてびっくりした。
DSC_2795_20161014065836f46.jpg
しらびそ峠に行くには、大沢渡小屋を過ぎ、いったん谷底まで下って、また登り返し、延々と林道を歩かなければならない。
そのルートのうちほとんどは地形図に破線があるだけで、「山と高原地図」には破線も示されていない。
道は今も生きているのだろうか。

こちらは直進なので、とりあえず関係ないのだが。
DSC_2794_201610140658355fc.jpg
ここで、カメラのバッテリーが切れてしまった。
残量表示が1本になってからすぐだったので、ちょっと愕然とした。
2日目の途中で電池切れになるとは。
バッテリーの予備は一応持ってきているが、これでは全行程4日間はもたない。
おそらく最終的にはコンパクトカメラの出番になるだろうが、やむを得まい。

ちょっと進んで、今の分岐を振り返る。
DSC_2797_20161014065807839.jpg

しばらくはガレ場の登りだ。
DSC_2798_20161014065808c97.jpg

背後はどんどんガスに包まれてゆく。
DSC_2799_20161014065809311.jpg

まずは1つ目のピークに到達。
DSC_2800_20161014065811cdb.jpg

鋭い岩の稜線だ。
DSC_2801_20161014065813024.jpg

う~ん、やばい。とうとうこちらにもガスが進出してきてしまった。
DSC_2803_20161014065743152.jpg

振り返ると、もうガスに霞んでいる。
DSC_2804_20161014065744e6e.jpg

あれが頂上だろうか。
DSC_2806_2016101406574609a.jpg

こういう時はミクロの目を持つしかない。
DSC_2810_201610140657239d3.jpg

これも紅葉の一種なのだろうか。
DSC_2808_20161014065720291.jpg

岩峰のピークはすぐそこ。
DSC_2809_201610140657220d0.jpg

一番、高いところに出たような気がするが、標柱などは何もない。
DSC_2811_201610140657255e7.jpg

と思ったら、すぐ先にあった。双児峰の2つ目が頂上だった。
DSC_2813_201610140657268c7.jpg

三角点もしっかり存在をアピールしていた。
DSC_2814_201610140656579ee.jpg

でも、ガスで真っ白。
DSC_2816_20161014065700119.jpg

雨が降っていないだけマシかもしれない。
DSC_2815_20161014065659fad.jpg

西側は厳しい断崖である。
DSC_2818_201610140657017cd.jpg

長居は無用なので、前進。
DSC_2820_201610140656345ef.jpg

岩場に沿って歩く。
DSC_2819_20161014065703f71.jpg
DSC_2823_2016101406563687c.jpg

ガスで見えなくなる前に振り返っておく。
DSC_2822_20161014065635e4e.jpg
DSC_2824_201610140656388c8.jpg

いったん岩場とはさようなら。
DSC_2827_2016101406560842f.jpg

こんなところにも、たくましくキノコが。
DSC_2826_20161014065640d72.jpg

うわ、おそろしや。
DSC_2828_20161014065608b88.jpg

すぐまた次の壁。
DSC_2831_20161014065610c12.jpg

振り返っても怖い。
DSC_2832_20161014065612e99.jpg

一つ一つ乗り越えていく。
DSC_2833_20161014065614115.jpg

振り返ると、すごい絶壁。
DSC_2835_201610140655456e9.jpg

ありゃ、また雨が落ちてきた。
DSC_2836_20161014065547ee6.jpg

でも、構わず前進。
DSC_2838_201610140655487ba.jpg

しばらく尾根伝いに進み、次のピークの手前で右へ折れて、本格的な下りとなる。
DSC_2841_2016101406555155d.jpg

その途中で、再びもよおしてきた。
今朝残しておいた分が活動を始めたようだ。
まわりを見回しても完璧な適地はない。
やむなく、登山道横の平場で致した。
DSC_2839_20161014065549bce.jpg
人から見える場所でしたのは初めてだ。
ガスが身を隠してくれたし、幸い誰も来なかった。

すっきりして小屋へ急ぐ。
DSC_2842_2016101406552177d.jpg

ハイマツの斜面に筋状にのびるガレ場を下る。
DSC_2844_2016101406552424a.jpg
DSC_2843_20161014065523c6f.jpg

これは晴れていたら、ものすごい眺めだろう。
DSC_2852_20161014065500080.jpg

でも、いきなり雷鳥さんを発見。
DSC_2845_20161014065526002.jpg

南アルプスの南部にもいたんだ。うれしかった。
DSC_2846_20161014065528e8b.jpg

しばらく、私の目を楽しませてくれてから、ハイマツの中に潜り込んでいった。
DSC_2849_201610140654596b7.jpg

私もハイマツの道に突入。
DSC_2854_2016101406550385b.jpg

一応、ピークらしきものが見えるうちに振り返っておく。
DSC_2853_201610140655021ec.jpg

下も真っ白で全く何も見えない。
DSC_2855_2016101406550557f.jpg

足場は悪く、飛び石を伝うように下る。
DSC_2856_20161014065434631.jpg

ガスさえなければ目の前には赤石岳(3120m)がど~んとそびえているのだろうなあ。
DSC_2857_20161014065435c31.jpg

そんな風景を想像しながら、ひたすら下る。
DSC_2859_20161014065436aaf.jpg

小屋までの標高差は頂上から約360m。
DSC_2860_20161014065438f7b.jpg

ほぼ直滑降だ。
DSC_2861_20161014065439cf6.jpg

登りはかなりしんどいだろう。
DSC_2863_20161014065412f74.jpg

ここはかなり低いところまで森林限界だ。
DSC_2862_201610140654110b4.jpg

ゴーロを飛ぶように下って、小屋を目指す。
DSC_2864_20161014065414717.jpg

でも目標は全く見えない。
DSC_2866_201610140654152f0.jpg
DSC_2868_20161014065343b09.jpg

いや、テントらしきものが見えてきたぞ。
DSC_2867_2016101406541715e.jpg

やっとガスの下まで下りてきたみたいだ。
DSC_2869_201610140653459b7.jpg

おお、やっぱりテン場だ。
DSC_2870_20161014065346e3d.jpg

小さなダケカンバが樹林帯への導入。
DSC_2871_201610140653488bb.jpg

大沢岳の東斜面は一面のハイマツで覆われていることが分かる。
DSC_2872_20161014065349aec.jpg

さあ、いよいよ樹林帯。
DSC_2873_20161014065322f57.jpg

標高は2500mほどなので南アルプスの森林限界としては低い方かもしれない。
DSC_2875_20161014065325c71.jpg

しかし、このあたりからとうとう雨が本降りになり、雨具を着ざるをえなくなった。
DSC_2876_20161014065325f54.jpg
カメラは小屋までもう少しということで、そのまま使用を続ける。

やっと百間洞の沢まで来た。
DSC_2877_2016101406532763f.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(11)

【2016年8月5日(金)】南アルプス南部
山頂で15分ほど休んで、小兎岳(2738m)を出発した。
DSC_2644_20161013063401bfb.jpg

ここからは、100mほど下る。
DSC_2673_20161013063402e3e.jpg

さっき下りて行ったグループを追いかける形になる。
DSC_2674_20161013063404bd1.jpg
DSC_2676_2016101306340775c.jpg

いい感じの道だ。
DSC_2675_20161013063406429.jpg
DSC_2681_20161013063346873.jpg

でも、行く手はガスに阻まれている。
DSC_2677_201610130633405cb.jpg

ハイマツの稜線だ。
DSC_2678_20161013063341af2.jpg

ずっと森林限界だから、晴れていれば最高の景色なんだろうけど。
DSC_2679_20161013063343741.jpg

まあ、近距離のところが見えるだけでもマシか。
DSC_2680_20161013063344d64.jpg

アキノキリンソウ。
DSC_2685_20161013063321065.jpg
DSC_2683_201610130633183d7.jpg

ハクサンフウロ。
DSC_2684_20161013063320069.jpg

シャクナゲハイマツという名前を付けてあげたい。
DSC_2686_20161013063323469.jpg

大沢岳(2819m)は完全に雲の中。
DSC_2687_201610130633249b2.jpg

数字とローマ字の意味がよく分からない。
DSC_2688_20161013063256b7f.jpg

下り切ったコルは樹林帯。
DSC_2689_20161013063258d92.jpg

登り返すと、すぐにハイマツとなり、左折。
DSC_2690_201610130633003a3.jpg

ガスだと、こういうペンキの道案内は助かる。
DSC_2691_20161013063301125.jpg

さて、いよいよ中盛丸山(2807m)に取り掛かる。
DSC_2692_2016101306330280c.jpg

まだ、この段階では、この山の怖さを知らない。
DSC_2693_20161013063234b53.jpg

イワツメクサ。
DSC_2694_201610130632365d1.jpg

ガレ場を進む。
DSC_2695_20161013063237f05.jpg

ここからが本格的な登り。
DSC_2696_201610130632393c6.jpg

歯ごたえ十分だ。
DSC_2697_20161013063240818.jpg

振り返ると、うっすら浮かぶ小兎のシルエット。
DSC_2698_201610130632108d6.jpg

このガレ場、登りが果てしない。
DSC_2699_201610130632114b8.jpg

小兎かと思ったら、すぐそこの小ピークだった。
DSC_2700_20161013063213448.jpg

登り返しは170m程度なのだが、その倍はあるように感じる。
DSC_2703_20161013063147cf3.jpg
DSC_2704_20161013063149bd5.jpg

ペンキに従って、着実に。
DSC_2701_201610130632142c1.jpg

仰ぎ見ると、なかなか荒々しい。
DSC_2702_201610130632162f4.jpg

先が見えない分、いいのか悪いのか。
DSC_2705_201610130631507ae.jpg

虫食いもここまでいくと芸術的だ。
DSC_2706_201610130631522c5.jpg

タカネツメクサ。
DSC_2707_20161013063154170.jpg
DSC_2709_201610130631278d5.jpg

ハクサンフウロ。
DSC_2710_20161013063128bde.jpg

まだかよ、まだかよ。
DSC_2708_20161013063124c14.jpg

いったん露岩帯を離れる。
DSC_2711_201610130631296be.jpg

シナノオトギリのつぼみ。
DSC_2712_20161013063130178.jpg
DSC_2716_20161013063105191.jpg

このあたりは御花畑だ。
DSC_2713_201610130631000d8.jpg

ヒメシャジン?
DSC_2714_20161013063102b2d.jpg

ミヤマホツツジ。
DSC_2715_201610130631038e1.jpg

一瞬、ガスが晴れた。
DSC_2717_2016101306310661c.jpg

よく目立つ地衣類。
DSC_2718_20161013063033b36.jpg

頑張って尾根を目指す。
DSC_2720_201610130630358a4.jpg

先が見えたが、まだかなり遠い。
DSC_2721_2016101306303633c.jpg

さっき赤い斑点を見たが、今度は黄色い病気か。
DSC_2722_201610130630384b4.jpg

ヨツバシオガマ。
DSC_2724_20161013063039f28.jpg

アキノキリンソウ。
DSC_2725_201610130630076c8.jpg

タカネツメクサ。
DSC_2726_201610130630089e0.jpg

さあ、あのあたりが頂上なのだろうか。
DSC_2727_20161013063010b81.jpg

これは頂上の南西に張りだしたテラス。
DSC_2728_2016101306301155f.jpg

百間洞山の家に向かってます。
DSC_2729_2016101306301316f.jpg

ミネウスユキソウ。
DSC_2730_2016101306273127b.jpg
DSC_2734_2016101306273590b.jpg

ほとんど土のないところに咲いている。
DSC_2731_20161013062731212.jpg

アワモリショウマ。
DSC_2732_20161013062733eeb.jpg

イワツメクサ。
DSC_2733_20161013062734c51.jpg

やっと尾根に出た。
DSC_2735_20161013062705bff.jpg

尾根にのれば、山頂はすぐそこ。
DSC_2736_20161013062707020.jpg
DSC_2737_20161013062708c74.jpg

人が何人かいるところが中盛丸山の頂上だ。
DSC_2738_201610130627100fe.jpg

小兎岳から45分ほどで到着。
DSC_2739_20161013062711823.jpg

早速、先客が下りていく。
DSC_2740_2016101306263974d.jpg

ここからの下りも100mほどだ。
DSC_2741_20161013062640e31.jpg

大沢岳は中腹しか見えない。
DSC_2742_20161013062642fdb.jpg

ひとまず休憩する。想像以上にきつかった。
DSC_2743_201610130626433c5.jpg
岩場も多く、O君はかなり応えたようだ。
「丸山は嫌いだ」と言っていたくらいだから。

この先の大沢岳をどうするかだが、O君は「水が心配だから」ということで直接、巻き道で小屋へ向かうという。
私はもちろん、目の前にあるピークを見過ごすことはできない。
先に出発して、もう1ピークに挑んだ。
DSC_2744_2016101306264535a.jpg

まずは、さくさく下る。
DSC_2745_20161013062614ac9.jpg

だんだん大沢岳の頂上も見えてきそうだ。
DSC_2746_20161013062615d39.jpg
DSC_2748_2016101306261802e.jpg

馬の背の大崩落。
DSC_2747_201610130626178d9.jpg

浮石だらけなので慎重に。
DSC_2749_2016101306262049b.jpg

一気に駆け下りたくなるけれど。
DSC_2750_2016101306254827e.jpg

百間洞のテン場に黄色いテントが一張出現。
DSC_2751_20161013062549c03.jpg

本日、最後の山だ。
DSC_2752_20161013062551b7f.jpg

左は相変わらず切れ落ちている。
DSC_2753_20161013062553713.jpg

でもガスガス。
DSC_2754_201610130625543dd.jpg

薄くなる瞬間もあるけれど。
DSC_2758_201610130625208a5.jpg

帰りは東斜面を下るわけだが、かなりの急傾斜だ。
DSC_2755_2016101306251582c.jpg

おお、だんだん全容を現してきた。
DSC_2756_201610130625174fc.jpg

馬の背が姿を現すのは期待うす。
DSC_2757_20161013062519d8c.jpg

大沢岳は双耳峰。
DSC_2759_20161013062521fcc.jpg

こちらはガスが晴れてくれて、うれしい。
DSC_2760_20161013062452153.jpg

鞍部。
DSC_2762_20161013062453516.jpg

西斜面は山が生きていることを感じさせる。
DSC_2763_20161013062455318.jpg

振り返ると、O君はもう下り始めていた。
DSC_2764_20161013062456a58.jpg

あんまり急がなくていいよ~
DSC_2765_201610130624587fa.jpg

大沢岳、なんとか大丈夫かな。
DSC_2767_201610130624328b0.jpg

あら、馬の背も見えてきたではないか。
DSC_2768_2016101306243462c.jpg

なんか何枚も撮ってしまうなあ。
DSC_2769_201610130624358b6.jpg

(つづく)

このページのトップへ

南アルプス南部(10)

【2016年8月5日(金)】南アルプス南部
10:35、兎岳(2818m)に到着。
DSC_2571_20161012220855fc4.jpg

タカネビランジに迎えられた。
DSC_2568_20161012220852c78.jpg
DSC_2570_2016101222085412c.jpg

ここで、やっとO君に追いついたので、ともに早めの昼食とする。
早めと言っても、朝食を食べてから、もう6時間も経っている。
聖平小屋でお願いしたお弁当は、稲荷寿司だった。
DSC_2572_20161012220857535.jpg
好物ではあるのだが、お新香とかちょっとでも添えてあるとよかったなあ。
でも、美味しくて、3個ともぺろりと平らげてしまった。
でも、O君は1個食べただけで、「もう食べられない」という。
食べるには水が必要で、水が小屋まで持つか心配らしい。
「食うか」と薦められたが、O君も後でお腹が減るだろうから、一応お断りしておいた。
食べているうちに、雨がポツポツ落ちてきた。
雨具を着ようかと思ったが、まだ早いと判断し、ザックカバーだけにとどめる。
カバーをすると意味がなくなるので、ここで朝から付けていた蚊取り線香を消した。
そもそも、そんなに虫はいなかった。

お隣もお昼にしているようだ。
DSC_2575_20161012220832e96.jpg

あちらに往復15分で三角点(2799.8m)があるようだが、ガスで何も見えないし、今回はパス。
DSC_2573_20161012220858934.jpg

進行方向も真っ白だ。
DSC_2574_2016101222083069c.jpg

昼食を終えたところで腰を上げる。
DSC_2576_201610122208346ea.jpg

休憩はほんの15分ほどだった。
DSC_2577_2016101222083542a.jpg

つづら折りのザレ場を下っていく。
DSC_2578_201610122208374e3.jpg

かなり浮石が多い。
DSC_2579_20161012220809e52.jpg

この下りは標高差160mほど。
DSC_2580_20161012220811512.jpg

この方は赤石岳(3120m)山頂の小屋からだろうか。
DSC_2581_20161012220812e7d.jpg

見えてきたのは小兎岳(2738m)か。
DSC_2582_20161012220813ef5.jpg

いや、その手前の小ピークだ。
DSC_2583_20161012220815f56.jpg

登り返しは、それなりにきつそうだ。
DSC_2584_201610122207484db.jpg

こちらも登る人はしんどそうだ。
DSC_2588_20161012220752e1c.jpg

このくらいの傾斜があるので。
DSC_2587_20161012220751116.jpg

兎岳を振り返る。
DSC_2585_20161012220750ba5.jpg

前方からもどんどん登山者が登ってくる。
DSC_2590_20161012220754847.jpg

ちょうど小屋と小屋の中間地点ですれ違いやすい場所なのかもしれない。
DSC_2591_2016101222072629e.jpg

お昼を食べている間に先行された静高女子にまた近づいてきた。
DSC_2592_20161012220727e19.jpg

時々、前小兎(私が勝手に命名)が姿を現す。
DSC_2594_201610122207293cd.jpg

コルで彼女たちが小休止。
DSC_2595_201610122207318a5.jpg

頂上で落ちてきた雨はすぐ止んだのだが、またポツポツきた。
一部の人が雨具を着たようだ。
DSC_2596_20161012220732f05.jpg

我々もコルまで下りてきた。
DSC_2598_2016101222070182f.jpg

右手は深い谷になって切れ込んでいる。
DSC_2600_20161012220704639.jpg

左も似たような状況。
DSC_2602_20161012220706873.jpg

早速、登り返しだ。
DSC_2599_20161012220703253.jpg

相変わらず、浮石が多い。
DSC_2603_20161012220707963.jpg

一歩一歩、踏みしめて進む。
DSC_2604_20161012220639154.jpg

斜面は所々、岩がむき出し。
DSC_2605_20161012220641aa7.jpg

引き続き、静高女子を追う。
DSC_2606_201610122206429da.jpg

ここでまた兎岳を振り返る。
DSC_2608_2016101222064409f.jpg

東側の谷。
DSC_2609_20161012220645bd0.jpg

う、だんだん雨脚が強くなってきた。
DSC_2611_201610122206176f9.jpg

でも、我らはまだ我慢。
DSC_2612_20161012220619a1d.jpg

あのザック、本当に重そうだなあ。
DSC_2613_20161012220620fb0.jpg

兎岳山頂。一瞬だけ見えた。
DSC_2614_20161012220621f54.jpg

左に尖った小ピークが見える。登る時に見えたとんがりだ。
DSC_2615_201610122206231d5.jpg

ちょっとアップにしてみよう。
DSC_2616_201610122205550f9.jpg

道はいったん傾斜が緩む。
DSC_2617_201610122205565c3.jpg

女子たちはまた抜かさせてもらった。
DSC_2618_20161012220558605.jpg

残りの人も雨具を着たようだ。
DSC_2619_2016101222060000d.jpg

前小兎のピークに到着。
DSC_2623_2016101222053123b.jpg

前方に小兎本峰が望めた。
DSC_2620_2016101222060050f.jpg

でも、ガスが濃く、その先は何も見えない。
DSC_2622_20161012220529dd6.jpg

下り返し。なんて言わないか。
DSC_2624_201610122205320f4.jpg

なんかガスだと、せっかくの南アルプスがもったいない。
DSC_2625_20161012220534567.jpg

ただ、南アルプスの2800m級の山は山容がやさしい。
DSC_2626_20161012220536f61.jpg

一服の清涼剤。
DSC_2627_2016101222050588e.jpg

これは私の好きな葉っぱだ。
DSC_2628_20161012220506eff.jpg
DSC_2630_201610122205094c3.jpg

なんかのデザインのよう。
DSC_2631_20161012220511031.jpg

今の下りを振り返る。
DSC_2629_20161012220508b71.jpg

早くもアキノキリンソウ。
DSC_2632_201610122204379cb.jpg

ハイマツの根っこの墓場。
DSC_2633_20161012220437f9a.jpg

さて再び、登り返し。
DSC_2634_20161012220439f4d.jpg

ハイマツ対コケ。
DSC_2635_2016101222044109e.jpg

小兎山頂へ最後の登り。
DSC_2636_20161012220442210.jpg

お互い、かなり疲れてきた。
DSC_2637_20161012220410de6.jpg

あとは、山頂までなだらかだ。
DSC_2638_2016101222041266a.jpg

山頂のすぐ西にある小ピーク。
DSC_2640_201610122204134ef.jpg

あれが山頂。
DSC_2641_20161012220414e7c.jpg

花がなくても美しいものは美しい。
DSC_2642_20161012220416908.jpg

兎岳から45分ほどで、小兎岳に到着。コースタイム通りだ。
DSC_2645_20161012220341c17.jpg

大沢岳(2820m)方面。
DSC_2646_20161012220342362.jpg

依然として、眺望ははっきりしない。
DSC_2647_20161012220344d7d.jpg
取りあえず、ここで小休止。
O君はお稲荷さんを1つ食べて、もう1つはもらうことにした。ごちそうさま。

振り返ると、兎岳のシルエットが浮かび上がった。
DSC_2652_20161012220315b26.jpg

おお、しかもあれは聖岳(3013m)ではないか!
DSC_2653_20161012220316094.jpg

標柱とともに人影が確認できる。
DSC_2654_20161012220318480.jpg

このカットでは奥聖の方が見えている。
DSC_2649_20161012220347673.jpg

その右下に聖兎のコル。
DSC_2650_20161012220312cb2.jpg

赤チャートの岩盤も見える。
DSC_2651_201610122203136e9.jpg

一連の稜線。
DSC_2656_20161012220245ee5.jpg

葉っぱちゃん。
DSC_2648_201610122203461f7.jpg

兎岳がやっと、すべてをさらけ出した。
DSC_2659_20161012220246826.jpg
DSC_2666_20161012220249bf7.jpg

目を進行方向に転じると、百間洞のコルがまずは確認できる。
DSC_2670_20161012220224868.jpg

小屋はかろうじて見えないが、あの階段状になっているのはテン場だろう。
DSC_2668_20161012220221129.jpg

ん、次のピーク、中盛丸山(2807m)も見えてきそう。
DSC_2667.jpg

これは赤石岳(3120m)の肩、馬の背方面。
DSC_2669_20161012220223af5.jpg

あちこち撮影しているうちに、兎岳でお昼を食べていたグループが通過して行った。
DSC_2671_20161012220226320.jpg

おっと、静高女子も追いついてきた。
DSC_2663_201610122202482b8.jpg

ほかのグループも来たことだし、それを潮に我らも出発することにした。
DSC_2672_20161012220228cfc.jpg

(つづく)

このページのトップへ

南アルプス南部(9)

【2016年8月5日(金)】南アルプス南部
聖岳(3013m)から兎岳(2818m)に向かっている。
聖兎のコルの手前でチャートの岩盤が出現。
DSC_2467_2016101106375345a.jpg

それが崩れたガレ場を下った。
DSC_2468_20161011063755177.jpg

そこが聖兎のコル。頂上から1時間弱で着いた。ほぼコースタイム通り。
DSC_2469_201610110637565bd.jpg

付近には、ちらほらとお花が咲いている。
ウスユキソウ。
DSC_2470_201610110637588bf.jpg

ウメバチソウ。
DSC_2472_201610110637324e3.jpg

イブキジャコウソウ。
DSC_2473_20161011063733874.jpg

今、下ってきた斜面を振り返る。
DSC_2471_20161011063759064.jpg

こちらはこれから登る方向。
DSC_2474_20161011063735bbd.jpg

すっかりガスに包まれてしまった。
DSC_2475_20161011063736ad1.jpg

取りあえず小休止としよう。
DSC_2476_201610110637384d9.jpg
右足の小指がまた擦れてきたので、ソックスを脱いでテーピング。これでだいぶ楽になった。

その間にも、聖岳からどんどん登山者が下りてくる。
DSC_2478_201610110637114bf.jpg

ここで休む人が多く、狭い場所にかなりの人口になってきたので、腰を上げた。
DSC_2479_20161011063712da6.jpg

10分ちょっとの休憩で出発。
DSC_2480_20161011063715902.jpg

まずはなだらかな登り。
DSC_2481_20161011063715c26.jpg

このあたりはかなり雪が積もるのだろう。
DSC_2482_20161011063717e1e.jpg

改めて振り返ると、さっきの岩盤はほとんど岩の壁だ。
DSC_2483_20161011063550e71.jpg

すぐに急登だと思っていたのに、小刻みなアップダウンが続いてなかなかガツンと登らない。
DSC_2485_20161011063552130.jpg

そのうち、あたりはすっかりガスってしまった。
DSC_2487_20161011063553a8e.jpg

迷いながら成長したダケカンバ。
DSC_2488_2016101106355559f.jpg

トリカブト。
DSC_2489_20161011063556c50.jpg

岩肌にはタカネビランジ。
DSC_2490_20161011063527325.jpg
DSC_2493_20161011063530120.jpg

少し色が付いているのはオンタデ。
DSC_2491_201610110635296f2.jpg

ハクサンフウロ。
DSC_2495_201610110635317ca.jpg

トリカブトの小径を進む。
DSC_2496_201610110635347ae.jpg

ずっとトラバースばかりだ。
DSC_2497_20161011063505aa2.jpg

再び、静高女子に近づいてきた。
DSC_2498_20161011063506c6f.jpg

尾根の右側は緑。
DSC_2500_2016101106350858f.jpg

左側は崩落地形。
DSC_2501_201610110635093bf.jpg

ミヤマオトコヨモギ。
DSC_2502_2016101106351104b.jpg

少し坂がきつくなったあたりで
DSC_2503_20161011063443ff3.jpg

静高女子を目前にとらえた。
DSC_2504_2016101106344491e.jpg

ウスユキソウ。
DSC_2505_2016101106344555d.jpg
DSC_2506_2016101106344724a.jpg

ヤマハハコ。
DSC_2507_201610110634484d9.jpg

時々見る、この葉っぱの赤みは病気なのだろうか。
DSC_2508_20161011063419705.jpg

オトギリソウ。
DSC_2509_20161011063421926.jpg

時々、振り返ります。
DSC_2510_20161011063422a89.jpg

さあ、やっと本格的な登りかな。
DSC_2511_201610110634244ea.jpg

そのようだ。気合を入れて行こう。
DSC_2514_201610110633551c3.jpg

登っては、振り返り。
DSC_2513_20161011063426ad8.jpg

岩場は格好のお花畑のようだ。
DSC_2515_201610110633567e1.jpg

ローソク岩(仮名)。
DSC_2516_20161011063357562.jpg

静高女子に追いついたので抜かさせてもらった。
DSC_2517_20161011063359c00.jpg
DSC_2521_20161011063333510.jpg

あの岩が当面の目標。
DSC_2520_20161011063331754.jpg
DSC_2518_201610110634008cf.jpg

聖岳も完全に霧に包まれた。
DSC_2522_201610110633345d4.jpg

結構ガスが濃い。
DSC_2523_2016101106333674e.jpg

再びハイマツ帯に入る。
DSC_2524_20161011063337bc0.jpg
DSC_2525_20161011063309a9e.jpg

ガレ場をしばらく進む。
DSC_2527_20161011063310222.jpg
DSC_2528_20161011063312f29.jpg

目標としていた岩が近づいてきた。
DSC_2529_20161011063313134.jpg

一つではなく、ギザギザといくつもあった。
DSC_2530_20161011063315524.jpg

これはトラバースではなく、まっすぐ登る。
DSC_2531_20161011063245257.jpg

よいしょっと。
DSC_2535_20161011063250648.jpg

すると、また次の目標ができてしまった。
DSC_2532_20161011063247793.jpg

と思ったら、あまり関係のないピークで、なんか標柱のあるところに出た。
DSC_2533_201610110632496ab.jpg

「ここは兎平避難小屋」と書かれている。
DSC_2536_20161011063252f93.jpg

どこに?と見渡したら、左手にあった。
DSC_2537_20161011063223dcb.jpg

O君には先に行ってもらい、見学に出かけた。
DSC_2540_20161011063226bf7.jpg

単独の高齢女性が一人付いてきたので、彼女も見学かと思ったら、今日はここで泊まるという。
DSC_2542_20161011063229380.jpg
女性1人で泊まるような場所ではないのだが、本人はあまり気にしないのだろう。

コンクリートブロックづくりだが、崩れかけている。
DSC_2543_201610110631582da.jpg

でも中を覗くとわりと清潔だった。2009年に補修済みという記載が「山と高原地図」にある。
DSC_2541_20161011063227102.jpg
彼女は、「昨夜も女性が1人で泊まったみたいですよ」と話していたが、誰に聞いたのか。
まだ10時すぎなのだが、「これからこのガスの中、5時間かけて聖平まで歩くのは、いやだから」という。
時間があるなら、その方がいい。
でも、これから一晩ここで過ごすとなると時間をもてあますだろうなあ。

周りはちょっと不気味なお花畑だった。
DSC_2544_20161011063200190.jpg

こんな淡い紫一色の花は初めて見た。テガタチドリだそうだ。
DSC_2545_20161011063201317.jpg

ミヤマアキノキリンソウ。
DSC_2546_20161011063203661.jpg

避難小屋の背後にある岩壁。
DSC_2538_2016101106322560d.jpg

さて、私も出発しましょう。
DSC_2547_20161011063205039.jpg

ガスで何も見えないから、めげるが。
DSC_2548_20161011063131ec1.jpg

登山道まで戻った。
DSC_2549_20161011063133af8.jpg
DSC_2553_201610110630152c2.jpg

では、O君の後を追いましょう。
DSC_2550_20161011063040d8f.jpg

この先も急登である。
DSC_2551_20161011063042473.jpg

右手に小ピークが見える。
DSC_2552_2016101106304364d.jpg

岩場にタカネビランジ。
DSC_2554_2016101106301669b.jpg

かわいい葉っぱに思わずパチリ。
DSC_2556_201610110630197df.jpg

さっき見えた小ピークのあたりまで登ってきた。
DSC_2555_20161011063018006.jpg

ハイマツの白骨を通過。
DSC_2557_20161011063021490.jpg

頂上はガスで見えない。
DSC_2558_20161011062953e5f.jpg

下もガス。
DSC_2559_201610110629540c3.jpg

例の小ピークはあんなに尖っていた。
DSC_2560_20161011062956d05.jpg

ちょっとアートっぽい。
DSC_2561_20161011062957e70.jpg

シャクナゲ。
DSC_2562_20161011062959729.jpg

ウスユキソウ。
DSC_2563_20161011062933e66.jpg

タカネコウリンカ。
DSC_2565_2016101106293689f.jpg

ハイマツの中を登る。
DSC_2564_20161011062935e9d.jpg

すると、あっけなく頂上の標柱が見えた。
DSC_2567_20161011062937463.jpg

(つづく)

このページのトップへ

南アルプス南部(8)

【2016年8月5日(金)】南アルプス南部
奥聖岳(2978m)ピストンを終え、聖岳(3013m)山頂で休憩中。
DSC_2330_201610102232303dd.jpg

改めて、頂上からあちこち撮影。眼下に兎岳(2818m)の避難小屋が見えた。
DSC_2331_201610102232318ed.jpg

あれが兎岳の山頂。
DSC_2332_20161010223233b65.jpg

奥聖はもうガスに隠れてしまいそう。
DSC_2335_20161010223234ecd.jpg

静岡高校山岳部の女子たちは先に行ってしまった。
DSC_2336_20161010223236ab0.jpg

百間洞の向こうに見えるのは、鳥倉山(2023m)。その手前の突起はたぶん除山(2041m)。
DSC_2338_20161010223206ecc.jpg

大沢岳(2819m)。
DSC_2341_20161010223211212.jpg

その山頂部。
DSC_2339_20161010223208b2f.jpg

そこから急斜面を下ると、今宵の宿、百間洞山の家。
DSC_2340_20161010223209cbc.jpg

西の空にも雲がどんどん湧いてきた。
DSC_2342_20161010223212cca.jpg

15分ほどのんびりしたので、そろそろ出発することにする。時刻は8時半。
DSC_2344_20161010223145889.jpg

ここからまずは400mほど一気に下る。最初はなだらかな下りだ。
DSC_2346_20161010223148d39.jpg

下り始めてすぐ、聖岳山頂を振り返る。これはお約束。
DSC_2345_2016101022314705f.jpg

ミヤマダイコンソウがお見送りをしてくれた。
DSC_2348_20161010223150357.jpg

ゆっくりO君の後を付いていく。
DSC_2349_2016101022315160d.jpg

恐竜の背中のようだ。
DSC_2350_201610102231279d5.jpg

後方には、奥聖への平らな稜線が見える。
DSC_2351_201610102231027b0.jpg

コケモモの中に咲くウサギギク。
DSC_2352_20161010223104be8.jpg

前方はるか遠くに奥茶臼山(2474m)。その右奥は前茶臼山(2331m)。
DSC_2353_20161010223105e36.jpg

こちらは徐々に高度を下げていく。
DSC_2354_20161010223107c56.jpg

静高女子に随分遅れをとってしまった。
DSC_2355_2016101022304134d.jpg
DSC_2361_20161010223045171.jpg

じわじわと差を詰めて行こう。
DSC_2358_201610102230425a9.jpg
DSC_2360_2016101022304448d.jpg

再び振り返る。頂上はまだ見える。
DSC_2362_20161010223047d60.jpg

ただ、かなりガスが上がってきた。
DSC_2363_20161010223018d53.jpg

下るにつれ、兎岳の大崩落が全容を現してきた。
DSC_2364_201610102230198b6.jpg

三つの赤いザックが何だか、かわいい。
DSC_2365_20161010223021122.jpg

真ん中で黒く尖っているのは、あとで苦労させられる中盛丸山(2807m)。
DSC_2369_20161010223022bfc.jpg

ちょっと違った角度で。
DSC_2371_2016101022295612a.jpg

イワギキョウ。
DSC_2370_20161010223024804.jpg

左手の断崖。
DSC_2373_20161010222959b9d.jpg
DSC_2374_20161010223001a1a.jpg

右手の深い谷。赤石沢の源頭の一つだ。
DSC_2377_2016101022293664d.jpg
DSC_2379_20161010222939064.jpg

光岳(2591m)方面にもかなり雲が湧いている。
DSC_2375_20161010223002f9d.jpg

ちょっとしたこぶを越える。
DSC_2372_2016101022295823b.jpg
DSC_2376_20161010222934257.jpg

よいしょっと。
DSC_2378_2016101022293848d.jpg

とんがり。
DSC_2380_201610102229405a0.jpg
DSC_2384_2016101022291456e.jpg

ちょっぴりトラバース。
DSC_2382_20161010222912ab0.jpg

まだ聖の頂上は見えている。
DSC_2383_20161010222913019.jpg

さっき上から見えたザレ場に出た。
DSC_2385_201610102229160d1.jpg

結構、いくつかのこぶを越えてきたみたいだ。
DSC_2386_20161010222918f44.jpg

今度はハイマツの海を下る。
DSC_2388_2016101022284903c.jpg
DSC_2396_201610102228276cf.jpg

次のこぶも見えた。
DSC_2389_20161010222851ecf.jpg

え~っ、大沢岳(2819m)方面にガスがかかってきたぞ~
DSC_2390_20161010222852cb0.jpg

兎岳にも流れてきている。
DSC_2392_201610102228555d9.jpg

その代り、左後方に小聖岳(2662m)と上河内岳(2803m)が見えてきた。
DSC_2391_201610102228543cf.jpg

このあたり、かなり崩落が激しい気がする。
DSC_2394_20161010222826e1d.jpg
DSC_2402_201610102228079a7.jpg

さすがに造山運動の激しい南アルプスだ。
DSC_2397_20161010222829701.jpg
DSC_2407_20161010222739945.jpg

登山道もハイマツ帯に突入。
DSC_2398_20161010222830457.jpg

これはミヤマセンゴかな。
DSC_2399_20161010222832a3e.jpg

白骨化したハイマツの根を乗り越え、さらに下る。
DSC_2400_20161010222804b38.jpg

兎岳には何とか頑張ってほしい。
DSC_2401_201610102228059b4.jpg

ザレ場を一直線。
DSC_2403_2016101022280897f.jpg

崩落すると雨裂の発達も早い。
DSC_2405_2016101022281021f.jpg
DSC_2409_20161010222742381.jpg

単独の登山者とすれ違った。百間洞からだろうか。かなり速い。
DSC_2408_20161010222741992.jpg

これから、あの断崖の縁を歩く。
DSC_2411_20161010222743315.jpg

あそこも今にも崩れそうだ。
DSC_2412_20161010222745a81.jpg

道は多少ザレているので膝には優しい。
DSC_2413_201610102227159f8.jpg

これが最後のこぶかな。
DSC_2414_20161010222717d4c.jpg

なかなかアルペンムードたっぷりだ。
DSC_2416_201610102227180e7.jpg

小さなコルから兎岳の西尾根を望む
DSC_2417_20161010222720054.jpg

またまた振り返り。
DSC_2418_20161010222721eb4.jpg
DSC_2419_20161010222652be4.jpg

ウサギギク。
DSC_2423_20161010222653ca7.jpg

右手はハイマツ時々岩。
DSC_2424_20161010222655ee8.jpg

大沢岳との重なりが解消されて、中盛丸山の円錐が目立ってきた。
DSC_2425_201610102226566a4.jpg
(438)
しかし、兎岳が早くも雲の中に・・・
DSC_2426_2016101022265898f.jpg
DSC_2430_20161010222631a99.jpg

めずらしくゴゼンタチバナ。
DSC_2427_20161010222628039.jpg

兎岳の絶壁。
DSC_2429_20161010222630500.jpg

赤色チャートの大規模な岩盤が出現。
DSC_2431_20161010222633501.jpg

ここは、かなりの急坂になっていた。
DSC_2433_20161010222604794.jpg
DSC_2437_201610102226119f5.jpg

朝露をのせたシャクナゲとナナカマドの葉っぱ。
DSC_2432_201610102226340bc.jpg
DSC_2434_201610102226068cf.jpg

ミヤマホツツジ。
DSC_2435_2016101022260754f.jpg

岩肌のミヤマダイコンソウはもう散っていた。
DSC_2436_20161010222609d42.jpg

岩盤の溝にはコケ。
DSC_2440_20161010222542fdd.jpg
DSC_2439_20161010222541549.jpg

登山道も赤色チャートの石畳状態。
DSC_2441_20161010222544087.jpg
DSC_2442_20161010222545f9c.jpg

ほんとに真っ赤だ。
DSC_2443_20161010222515b98.jpg

周りの岩もみなチャート。
DSC_2444_20161010222517a2e.jpg
DSC_2449_20161010222521663.jpg

お、静高女子にだいぶ追いついてきたぞ。
DSC_2445_20161010222518537.jpg

あれはホシガラスかな。
DSC_2447_201610102225204fd.jpg

標高が少し低くなって、たいぶ木々の背丈も高くなってきた。
DSC_2451_201610102224435a4.jpg

ここにも岩盤。
DSC_2452_20161010222444bab.jpg

ミヤマダイコンソウはよく見かける。
DSC_2453_20161010222446cb2.jpg

ハクサンボウフウ。
DSC_2454_201610102224481ed.jpg

ウスユキソウ。
DSC_2458_201610102224080ac.jpg

ここからチャートの岩場を下る。
DSC_2455_20161010222449f78.jpg

かなり急だ。
DSC_2456_20161010222407923.jpg

途中に、イワツメクサとシナノオトギリ。
DSC_2459_20161010222410be1.jpg

このあたりの巨岩も転がり落ちそう。
DSC_2460_20161010222411267.jpg
DSC_2461_20161010222413a9c.jpg

激しく亀裂も入っている。
DSC_2463_20161010222346cc9.jpg
DSC_2464_20161010222348fde.jpg

その亀裂を狙って植物が生えている。
DSC_2465_20161010222349754.jpg
DSC_2466_20161010222351c17.jpg

聖兎のコルはもうすぐだ。
DSC_2462_201610102223457ed.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(7)

【2016年8月5日(金)】南アルプス南部
聖岳(3013m)の頂上は間近。
静岡高校の生徒たちも必死に食らいついている。
DSC_2226_20161008062538fa3.jpg

上河内岳(2803m)もその全容を見せてきた。
DSC_2227_20161008062539ed6.jpg

やはり富士山は素晴らしい。
DSC_2228_20161008062541c61.jpg

眼下に見えているのは、聖平小屋のトイレ。
DSC_2229_20161008062542421.jpg

頂上付近の景観。
DSC_2230_2016100806254493f.jpg

基本的にはハイマツとガレ場だ。
DSC_2231_201610080625155fa.jpg

右手には、何だか不穏な雲が湧いてきた。
DSC_2232_20161008062516993.jpg

大きくならなければいいのだが。
DSC_2234_20161008062518976.jpg

左はたぶん信濃俣(2332m)。
DSC_2235_201610080625195fb.jpg

聖平と今歩いてきた稜線。
DSC_2236_201610080625210d9.jpg

聖平小屋の母屋(右)もやっと見えた。
DSC_2237_201610080624528ff.jpg

と思ったら、頂上台地に乗った。時刻は7:20。
コースタイム2時間50分のところ、2時間25分。今日も調子がいい。
DSC_2249_20161008062407af6.jpg

正面に赤石岳(3120m)の巨体が初めて見えた。
DSC_2239_20161008062453e26.jpg

残念ながら、ちょうど頂上にガスがかかっている。タッチの差だった。
DSC_2246_20161008062432674.jpg

その左肩奥に覗くのは荒川前岳(3068m)の大崩壊地。
DSC_2240_20161008062455990.jpg

そのさらに左奥にそびえるのは仙丈ヶ岳(3033m)。
DSC_2241_20161008062456014.jpg

左手前には、中盛丸山(2807m)と大沢岳(2819m)。これから歩く稜線だ。
DSC_2242_20161008062458844.jpg

その左の突起は、おそらく奥茶臼山(2474m)。
DSC_2243_20161008062427250.jpg

その手前に小兎岳(2738m)。
DSC_2244_201610080624296ba.jpg

これは赤石岳の百間平と馬の背。
DSC_2245_20161008062430079.jpg

右(東)に目を転じると、奥聖岳(2978m)。標柱が見える。
DSC_2248_20161008062433532.jpg

頂上は左へ100mほど。
DSC_2250_20161008062408721.jpg

はい、聖岳登頂。この標柱は山梨仕様かと思っていたら、ここは静岡・長野の県境なので必ずしも山梨に限らなかったようだ。
DSC_2252_20161008062409e37.jpg

こちらは特種東海製紙仕様。
DSC_2253_20161008062410d0a.jpg

これから行く兎岳(2818m)が間近に見える。
DSC_2254_201610080624128a9.jpg

これは三角点ではない。実は聖岳に三角点はなく、奥聖にある。
DSC_2255_201610080623411b7.jpg

目を凝らすと、奥茶臼山の向こうに中央アルプスが見えた。
DSC_2256_20161008062343024.jpg

改めて百間平。
DSC_2259_20161008062344dde.jpg

その左下の谷底に百間洞山の家の赤い屋根がかろうじて見える。今宵の宿だ。
DSC_2260_20161008062346c7f.jpg

再び大沢岳。
DSC_2261_20161008062348fba.jpg

ああ、赤石岳はもうすっかり雲の中。まだ8時前なのに早すぎる。
DSC_2262_20161008062318273.jpg

さっきは気づかなかったが、荒川前岳の崩壊地の向こうに塩見岳(3052m)の鉄兜が見えるではないか。
DSC_2263_201610080623209c1.jpg

この方位指示盤はちょっと見づらかった。
DSC_2265_201610080623215f9.jpg

ひと通り山頂からの眺望を楽しんだところで、ザックをデポ。
奥聖までピストンすることにする。めずらしくO君も行くという。
DSC_2267_2016100806232326b.jpg

空身でさくさく進む。
DSC_2269_20161008062257c1d.jpg

まずは山頂を振り返っておこう。
DSC_2268_2016100806232495f.jpg

足元は結構な岩場で、かなり歩きにくい。
DSC_2271_201610080622591bc.jpg

しかも、こちらにまでガス上がってきた。
DSC_2270_201610080622578d8.jpg
DSC_2274_20161008062231b80.jpg

足元の小さな葉っぱはまだ朝露に濡れている。
DSC_2272_2016100806230073d.jpg

左後ろに大沢岳と百間洞の谷。
DSC_2273_20161008062301b01.jpg

その左は、右から兎岳、小兎岳、中盛丸山、大沢岳と連なる稜線。
DSC_2275_20161008062232af7.jpg

しばらく行くと、小規模な二重山稜のようになっている。
DSC_2276_2016100806223416c.jpg

ちょっとした御花畑だ。これはミヤマダイコンソウ。
DSC_2277_2016100806223508f.jpg

チングルマはもう綿毛。
DSC_2279_2016100806220104d.jpg

赤いチャート。
DSC_2278_20161008062237e7b.jpg

ウサギギク。
DSC_2280_20161008062202b9d.jpg

5分ぐらいで行けると勝手に思い込んでいたが、意外に遠い。
DSC_2281_20161008062204866.jpg

二重山稜の谷間には、チャートが目立つ。
DSC_2282_20161008062205f17.jpg
DSC_2286_20161008062141983.jpg

最後は、やはりひと登りしないといけないようだ。
DSC_2283_20161008062207a21.jpg

ハイマツを突き抜けた岩峰。
DSC_2284_2016100806213817c.jpg

聖岳方面を振り返ってみた。もう頂上は見えないし、南からガスが迫っている。
DSC_2285_201610080621398e4.jpg

一面のチングルマだ。
DSC_2287.jpg

小さなオンタデ。
DSC_2288_20161008062144565.jpg

さあ、最後の登り。
DSC_2289_20161008062114543.jpg

その前にもう一度、振り返り。
DSC_2290_20161008062116f2e.jpg
DSC_2293_20161008062119583.jpg

また聖岳の頂上が見えてきた。
DSC_2294_20161008062120db0.jpg

赤石岳はすっかり雲の中。もう諦めるしかない。
DSC_2291_20161008062117463.jpg

こっちも雲だ~
DSC_2295_2016100806205093d.jpg

改めて見ると、堂々たる山容の兎岳。
DSC_2296_20161008062052282.jpg

赤石岳から南に延びる稜線。
DSC_2297_2016100806205319e.jpg

奥聖岳の三角点到着。結局、聖岳から15分もかかった。
DSC_2300_20161008062021c7b.jpg

改めて地図を見ると、コースタイムは20分だった。
DSC_2298_201610080620559c7.jpg

標柱の裏には、このあたりの山々がすべて「特種東海製紙」の社有林である旨の説明書きがある。いわゆる大倉財閥だ。
DSC_2308_20161008061959ff2.jpg

その横にケルン。
DSC_2306_20161008061956c42.jpg

この先は急に切れ落ちている。
DSC_2299_20161008062056107.jpg

聖岳東尾根は「山と高原地図」では破線扱いで「冬季コース」との注意書きがある。
DSC_2302_20161008062024931.jpg

これは北に延びる尾根。
DSC_2301_2016100806202220e.jpg

雲がどんどん湧きてきた聖岳の南斜面。
DSC_2303_20161008062025a7a.jpg

聖岳の頂上は若干、人が増えてきた気がする。
DSC_2304_20161008062027c5f.jpg

百間洞山の家。
DSC_2307_20161008061957a71.jpg

その下の谷を流れるのが百間洞。
DSC_2309_20161008062000e16.jpg

これは何だっけ。
DSC_2310_201610080620026fd.jpg
DSC_2320_20161008061910ee0.jpg

さて戻るとしよう。だいぶ稜線もガスに包まれてきた。
DSC_2311_20161008061933f93.jpg

聖岳もガスに負けそうだ。
DSC_2313_20161008061934ccf.jpg

たった今歩いてきたばかりの二重山稜を引き返す。
DSC_2314_20161008061936abe.jpg

この白い植物も、名前は分からない。
DSC_2315_20161008061937351.jpg

チャートの巨岩。
DSC_2316_20161008061939955.jpg

厄介な岩場。来るときも苦労した。
DSC_2318_20161008061908a78.jpg

まあ、登りはそれほど気にならないんだけど。
DSC_2321_201610080619118c8.jpg

他にも何人かが奥聖にも足を延ばしてきた。
DSC_2323_2016100806191354d.jpg

復路はめずらしく、O君より前を歩いています。
DSC_2324_20161008061915c6c.jpg

これを越えれば頂上が見える。
DSC_2326_20161008061846114.jpg

ほらね。
DSC_2327_20161008061847c4b.jpg

戻ると、静高の生徒たちが到着していた。
DSC_2329_2016100806184926f.jpg

女子は縦走路をまっすぐ兎岳方面に下り、男子は空身で奥聖に向かった。
DSC_2334_20161008061850c8b.jpg
DSC_2337_20161008061852a14.jpg

こちらは時間に余裕がありすぎるということで、少々休憩。
DSC_2343_20161008061832f10.jpg
芋のお菓子を食べた。

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(6)

【2016年8月5日(金)】南アルプス南部
聖平小屋から小聖岳(2662m)を目指している。
頂上に近づいて、右手に見える上河内岳(2803m)も大きく見えてきた。
DSC_2134_20161007221448672.jpg

左手には、しらびそ峠の稜線。その向こうに金森山(1703m)が見える。
DSC_2135_201610072214503d6.jpg

おお! うっすらと富士山が見えるではないか! やった~!
DSC_2136_201610072214511f2.jpg

南アルプスからの富士山は、両耳がつんと尖っているのが恰好いい。
DSC_2137_20161007221453523.jpg

上河内岳へ向かう稜線。手前は南岳(2702m)。
DSC_2138_20161007221454cff.jpg

さっきは仁田岳ではないかと思っていたが、あれはその向こうにある信濃俣(2332m)ではないか。
DSC_2139_2016100722142542a.jpg

6:15、ほとんど文字が読めないが、小聖岳に到着。
DSC_2144_20161007221405f53.jpg

目の前の聖岳がでかい。
DSC_2140_20161007221427eab.jpg

ど迫力のこの岩肌。
DSC_2141_20161007221428d80.jpg

左に見える兎岳(2818m)など子供のようだ。
DSC_2142_20161007221430b02.jpg

ここで高校生の集団と遭遇した。
DSC_2143_20161007221431b68.jpg
聞くと、静岡高校山岳部だという。20人以上いる。
小屋を出る時に、まだ薄暗い中、下から登ってきた人たちなので、何時に登山口を出発したんだろうと不思議に思っていたが、4時半に聖平を出たという。
そうか、小屋から見えないところにテントを張っていただけだったんだ。
てっきり、深夜から歩いてきたのかと思った。

しばらくして列になって出発して行った。
DSC_2147_2016100722140837c.jpg

こちらは、もうちょっと休憩。
DSC_2153_20161007221347f13.jpg

改めて富士山を眺める。
DSC_2148_20161007221409908.jpg

富士山の左手前にあるなだらかな稜線は布引山(2584m)。鞍部は所の沢越で、右のピークは稲又山(2405m)。
DSC_2149_20161007221411023.jpg

光岳(2591m)方面。
DSC_2151_20161007221344532.jpg

しらびそ峠。
DSC_2152_201610072213451da.jpg

では、そろそろ行きますか。
DSC_2145_2016100722140612d.jpg

聖岳も随分、日が当たってきた。
DSC_2154_20161007221348916.jpg

小聖岳を振り返る。ピークというより肩だ。
DSC_2155_201610072213497b9.jpg

長野県側の峰々。何気なく私の影が写っている。
DSC_2156_20161007221323852.jpg

東聖岳(2800m)かな。
DSC_2157_201610072213249cb.jpg

もう一度、小聖。
DSC_2158_2016100722132675b.jpg

前方の断崖の縁を高校生が登っていく。
DSC_2159_20161007221327dbd.jpg

こうして見ると、人間は本当に小さい。
DSC_2161_20161007221302816.jpg

青いアリの行列のようだ。
DSC_2160_20161007221329dae.jpg

赤いザックは女子なのかな。
DSC_2162_201610072213039bb.jpg

山頂までは標高差であと350m。
DSC_2163_201610072213049bd.jpg

頑張れよ~!
DSC_2164_201610072213054d1.jpg
DSC_2166_20161007221239321.jpg

左手は深く切れ込んでいる。
DSC_2165_20161007221307644.jpg

朝露に濡れたイワギキョウ。
DSC_2167_20161007221240a49.jpg

本当に岩から生えていた。
DSC_2168_201610072212423a1.jpg

我々も断崖の縁を行く。
DSC_2169_201610072212432c5.jpg

小聖の次のピークを振り返る。
DSC_2170_20161007221245115.jpg

聖沢の谷と上河内岳。
DSC_2171_201610072212173e2.jpg

目の前に迫る断崖。
DSC_2172_20161007221218408.jpg

そこに白いタカネビランジが咲いていた。
DSC_2174_2016100722122262c.jpg

だんだん聖岳が迫ってくる。
DSC_2173_20161007221220a11.jpg

天気もよく、快調だ。
DSC_2175_20161007221223336.jpg

小聖もだいぶ下になった。
DSC_2176_201610072211559e2.jpg

いやあ、ほんとにすごいね。クライミングする人はいるんだろうか。
DSC_2177_20161007221156cd9.jpg

色が岩と同化してしまっているが、イワギキョウ。
DSC_2178_20161007221158c44.jpg

これはタカネツメクサ。
DSC_2179_201610072211590e1.jpg

岩肌にも日が当たってきた。
DSC_2180_20161007221201618.jpg

だんだん高校生たちに近づいてきた。
DSC_2181_20161007221131de1.jpg

遠山川の谷と光岳(左)。
DSC_2182_20161007221133909.jpg

ここからが本番。あとはずっと急登だ。
DSC_2183_2016100722113454c.jpg

あのあたりが第一関門。
DSC_2184_20161007221136e67.jpg

苔平(左手前)と奥は池口岳(2392m)方面。
DSC_2186_20161007221137394.jpg

聖岳頂上を仰ぎ見る。
DSC_2187_20161007221107263.jpg

静高山岳部アタック隊。
DSC_2188_20161007221109b26.jpg

とうとう追いついてしまいそうだ。
DSC_2189_201610072211105f4.jpg

日蔭にウスユキソウ。
DSC_2192_201610072211128f5.jpg

聖岳にこんな表情があるなんて想像もしていなかった。
DSC_2193_20161007221114357.jpg

ガレ場を黙々と登る。
DSC_2194_20161007221044c97.jpg

振り返ると、これまで小さなこぶをいくつか越えてきたことが分かる。
DSC_2195_20161007221046b3e.jpg

お花密集地帯。
DSC_2197_201610072210477b0.jpg

横からみると、こんな崖だった。
DSC_2198_20161007221048bd7.jpg

高校生に追いついたので先に行かせてもらった。
DSC_2199_201610072210504f0.jpg
1年生は女子もみな20㌔のザックを担いでいるとのことで、そもそもペースは速くない。
シゴいているような様子は全然見受けられなかった。顧問の先生も一緒だったし。

さて、抜かすと解放感。前にはO君以外だれもいない。
DSC_2200_201610072210218ce.jpg

右手は稲又山(左)と青薙山(右、2406m)。
DSC_2201_20161007221023c33.jpg

上河内岳の雄姿。さすが200名山。
DSC_2202_20161007221024e5e.jpg

道はガレ場からザレ場へ。
DSC_2203_20161007221026569.jpg

後ろに追いついてきたのは、聖平で見かけた、奥さんが空身のご夫婦。
DSC_2204_20161007221027f16.jpg

南アルプス最南部を遠望。
DSC_2205_20161007220954ac1.jpg

高校生たちのザック、本当に重そうだ。
DSC_2206_20161007220956ea8.jpg

それでも脱落者もなく頑張っている。
DSC_2207_201610072209587fe.jpg

断崖の上まで来ると、すこし風景がやさし気になってきた。
DSC_2208_201610072209591aa.jpg

そろそろハイマツのお出迎え。
DSC_2209_20161007221001d9e.jpg

上河内岳(左)と茶臼岳(右)。その奥に見えているのは大無間岳(2329m)。
DSC_2210_201610072209309ea.jpg

ミヤマキンバイ。
DSC_2211_20161007220931e2d.jpg

だいぶ頂上が近づいてきたぞ。
DSC_2212_20161007220933c67.jpg

南アルプス南部の眺め。
DSC_2213_20161007220934e57.jpg

その左。
DSC_2214_20161007220936084.jpg

高校生たちも必死で登ってくる。
DSC_2215_20161007220909c29.jpg

富士山が布引山の真上に来た。
DSC_2216_2016100722091015a.jpg

さすがに3000mに近づくと植物が少ない。
DSC_2217_2016100722091196f.jpg

再び空身のおばさん。全然楽そうだ。やっぱり少しくらい持てばいいのに。
DSC_2218_20161007220913499.jpg

お、聖平小屋が見えてきた。
DSC_2219_20161007220914a2e.jpg

小聖からの道を振り返る。
DSC_2221_20161007220848c98.jpg

池口岳と思われる。
DSC_2222_20161007220849732.jpg

イワツメクサ。
DSC_2223_20161007220851194.jpg

それにしても、なんていい眺めなんだ。
DSC_2224_20161007220852065.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(5)

【2016年8月5日(金)】南アルプス南部
聖平から登り始めると、間もなく御来光。日の出は5:09だった。
DSC_2048_20161007064510e6f.jpg

かすかなモルゲンロート、聖岳(3013m)。
DSC_2047_20161007064509944.jpg

目の前は真っ赤っか。
DSC_2050_20161007064514f5d.jpg

上河内岳(2803m)は逆光なので、黒いまま。
DSC_2049_201610070645125c2.jpg

でも、間もなく空が青くなってきた。
DSC_2051_20161007064515599.jpg

このあたりはマルバダケブキの群落。
DSC_2052_201610070644460f9.jpg

この黄色いのはキオン。
DSC_2054_201610070644497f9.jpg

後から来たご夫婦には先に行ってもらった。
DSC_2053_201610070644484a0.jpg
私が何度も立ち止まって、写真を撮るものだから、O君がペースを落としてくれたのだ。
申し訳ない。
それにしても、奥さんの方は完全な空身。それほど大きくはないが、すべての荷物をご主人が持っていることになる。きっと聖岳ピストンなのだろう。
「やさしい旦那さんだねえ」とO君に話しかけると、「全く信じられないね」と否定的だった。なかなか厳しい。

モルゲンロートが赤から黄色に変わり、朝陽に照らされた木々は紅葉しているようだ。
DSC_2055_20161007064451182.jpg
DSC_2057_2016100706442663c.jpg

地味にアザミ。
DSC_2056_2016100706445229d.jpg

キオンの花道。
DSC_2058_2016100706442786a.jpg
DSC_2060_20161007064430738.jpg

聖岳を望む。
DSC_2059_2016100706442844c.jpg

キオンとトリカブトは相性がいい。
DSC_2061_201610070644318f5.jpg

聖平のピーク。
DSC_2062_20161007064404bc9.jpg

シカ柵を通過。
DSC_2064_20161007064407c5d.jpg

シカの食害に遭ったニッコウキスゲの復元を目指して設けられたものだ。
DSC_2065_201610070644081ad.jpg

とはいえ、もうニッコウキスゲの季節ではなく、イブキトラノオの大群落が守られていた。
DSC_2066_20161007064410098.jpg

ご夫婦はもう随分先に行ってしまった。
DSC_2063_20161007064405c20.jpg

空がほんとに真っ青。今日もいい天気だ。
DSC_2067_20161007064337807.jpg

ちょっと元気がないが、タカネナデシコ。
DSC_2068_20161007064338d2d.jpg

もう、すっかり朝になった。
DSC_2069_201610070643403fa.jpg
DSC_2072_201610070643135cc.jpg

朝陽に輝くウメバチソウとミヤマアズマギク。
DSC_2075_20161007064317f17.jpg
DSC_2071_20161007064343e29.jpg

そしてタカネオミナエシ。
DSC_2076_20161007064319f20.jpg

2478mピークに向かってなだらかな登り。
DSC_2073_20161007064314179.jpg

聖岳がずっと見えている。
DSC_2072_201610070643135cc.jpg

聖平小屋から30分弱で薊畑の分岐に着いた。
DSC_2080_201610070642526ae.jpg

南には、易老岳(左、2354m)と光岳(右、2591m)が望める。
DSC_2077_20161007064247e90.jpg

それぞれ望遠で見てみよう。まずは易老岳。
DSC_2078_20161007064249b28.jpg

そして光岳。
DSC_2079_201610070642504b9.jpg

この標柱は東海フォレスト仕様で、静岡県の南アルプスには、あちこちにある。
DSC_2081_2016100706425468b.jpg

ここを左折すると、西沢渡を経て易老渡に至る。
DSC_2082_201610070642237f3.jpg
昨日のワゴン車の運転手の話では、易老渡への道が一般車通行止めになっている(タクシー3台でピストン輸送しているらしい)関係で、長野県側から聖岳に登りにくい状況になっており、ややお客さんが少な目とのことだった。
実際、聖平小屋も満員ではなかった。

当方は当然、直進して聖岳を目指す。
DSC_2083_20161007064225946.jpg

ここは恰好の展望台で、もちろん上河内岳も望めた。
DSC_2085_201610070642289d5.jpg

その山腹に細く長い滝のような沢が見えた。
DSC_2084_201610070642267ce.jpg

ちょっと登って、もう一度、上河内岳を望む。
DSC_2086_201610070642297cf.jpg

ここは薊畑という地名だが、咲いていたのはマルバダケブキ。
DSC_2092_20161007064203d61.jpg

その名の通り、葉っぱは本当にフキのようだ。
DSC_2088_20161007064200a34.jpg

その葉っぱの陰に、エゾシオガマがひっそり。
DSC_2089_201610070642024da.jpg

改めて上河内岳。200名山に数えられているだけあって、やはり名峰だ。
DSC_2093_2016100706420564c.jpg

その右は茶臼岳(2604m)への稜線。
DSC_2094_201610070642059a8.jpg

木々の間から見えた岩壁は兎岳(2818m)。
DSC_2095_20161007064136201.jpg

聖岳もそのどっしりした姿を現してきた。
DSC_2096_20161007064137189.jpg

その右手前が小聖岳(2662m)だ。
DSC_2097_20161007064139cc3.jpg

うう、だんだん催してきた。やはり小屋で済ませてくるべきだったか。
DSC_2098_2016100706414157f.jpg

2478mピークを通過。
DSC_2099_201610070641421b4.jpg

あ~もう我慢できない。O君には先に行っていてもらい、ヤブへと入る。
まだ樹林帯だったので助かった。おかげで調子よく出た。
頑張れば、もう1本出そうだったが、時間節約のため、切り上げた。
撤収の時に、ザックの中からあれこれこぼれて、汚物の上に落ちそうになって危なかった。
ヤブから出ようとした時に、人が来たので、とっさに伏せた。
でも、それでもどうせ見られてしまうので、開き直って堂々と登山道に出て行った。
当然、目撃されたが、「小」だと思ってくれただろう。

結構、重装備の方だった。
DSC_2100_201610070641134c3.jpg

彼とは少し距離をおきつつ、やや速足で、O君を追う。
DSC_2101_20161007064114c86.jpg

でもO君の前にやはり、目撃者に追いついてしまう。
DSC_2102_20161007064115d77.jpg

この白い葉っぱは何だろう。
DSC_2103_20161007064117cf9.jpg

聖岳の陰に入った。
DSC_2104_20161007064118c03.jpg

振り返ると、上河内岳(左)とさっきのピーク(右手前)が明るい。
DSC_2105_2016100706404883b.jpg

聖平越しに見る上河内。
DSC_2106_20161007064050472.jpg

もしかして、さっきの白い葉っぱはミネウスユキソウだったのでは。
DSC_2107_2016100706405171d.jpg

小聖岳に向け、つづら折りの登りに入った。
DSC_2108_201610070640523e1.jpg

その向こうに易老岳など。
DSC_2109_20161007064054695.jpg

ロープ場出現。
DSC_2110_201610070640242bd.jpg

2478mピークを見下ろす。
DSC_2111_201610070640256b9.jpg

その向こうに茶臼岳(右)。
DSC_2112_20161007064026414.jpg

上河内岳山頂部。
DSC_2113_20161007064028fb9.jpg

稜線の向こうに顔を表したのは、おそらく信濃俣(2332m)。
DSC_2114_20161007064030622.jpg

ダケカンバの林に入った。
DSC_2115_20161007063957673.jpg

その根っこに小さな命。
DSC_2116_2016100706395902a.jpg

15分かかってやっと、O君の姿を捉えた。
DSC_2117_20161007064000b4c.jpg

再び展望が開け、易老岳と光岳。
DSC_2118_201610070640024b2.jpg

左手(西)に見えてきたのは、しらびそ峠の「ハイランドしらびそ」ではないか。
DSC_2119_2016100706400335f.jpg

うお~聖岳の西斜面はこんなふうになっていたのか。
DSC_2120_20161007063935bb0.jpg

ものすごい岩肌だ。
DSC_2122_20161007063938cce.jpg

その左に兎岳。
DSC_2121_2016100706393618c.jpg

これは小聖の山腹にあるこぶ。
DSC_2123_20161007063939786.jpg

ほぼ森林限界を越えたようだ。
DSC_2124_201610070639416c0.jpg

西に連なる稜線が一望できる。
DSC_2125_20161007063912f30.jpg

光岳(右)は北からだと、あまり目立たない。
DSC_2126_201610070639146c6.jpg

手前は易老渡に至る稜線。苔平あたりか。
DSC_2127_20161007063915939.jpg

再び2478mピーク。
DSC_2128_20161007063917bab.jpg

これは薊畑あたり。
DSC_2129_2016100706391838c.jpg

それら全景。
DSC_2130_2016100706385294e.jpg

さあ、小聖へもう少し。
DSC_2131_20161007063854c5a.jpg

眼下に聖平も見えてきた。まだ日が当たっていない。
DSC_2132_20161007063855ffd.jpg

最後に、影聖をどうぞ。
DSC_2133_20161007063857451.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(4)

【2016年8月4日(木)】南アルプス南部
聖平小屋はもうすぐそこ。今、聖沢を右岸に渡ったところだ。
路面は水が豊か。
DSC_2006_201610062219371dd.jpg
DSC_2007_20161006221938336.jpg

聖沢は赤、青、黄色~♪
DSC_2009_20161006221940649.jpg

右岸に渡ってからも、しばらく歩く。
DSC_2010_20161006221941fda.jpg
DSC_2011_20161006221943ebc.jpg

赤い石が、なんだかうれしい。
DSC_2012_2016100622191636e.jpg

青い花はトリカブト。
DSC_2014_201610062219190f0.jpg

対岸にはシシウド。
DSC_2015_2016100622192011a.jpg

この上が聖岳(3013m)だ。
DSC_2013_2016100622191766a.jpg

いつの間にか、聖沢がこんなに小さな沢になっていた。
DSC_2016_20161006221922457.jpg

あれれ、また左岸に渡るんかい。小屋は右岸にあるのに。
DSC_2017_20161006221855e13.jpg

すぐに赤石に目がいってしまう。
DSC_2018_20161006221857e38.jpg

下流。
DSC_2019_20161006221858bed.jpg

上流。
DSC_2020_20161006221900eed.jpg

左岸に渡るとテン場が広がっていた。
DSC_2021_201610062219012a9.jpg

てことは、小屋はすぐそこってこと?
DSC_2022_20161006221835566.jpg

おう、ちゃんとまたすぐに右岸に渡らしてくれる。
DSC_2023_20161006221836087.jpg

こちらにもテン場。
DSC_2024_201610062218376d0.jpg

わ~、あれだ! やっと小屋に着いた~!
DSC_2025_20161006221838eb6.jpg

トイレは別棟らしい。
DSC_2026_20161006221840999.jpg

午後2時半。コースタイム6時間10分のところ、休憩時間も入れて5時間40分。
DSC_2027_201610062218094af.jpg

上出来だ。タカネマツムシソウもほめてくれた。
DSC_2028_2016100622181102f.jpg

しかも、ちょうど雨がぽつぽつと落ちてきたところだったので、いいタイミングだった。
DSC_2030_2016100622181226c.jpg

気温は19℃。比較的暖かい。
DSC_2031_20161006223211520.jpg

ここは1泊2食8500円だが、寝具持参の場合は1000円引き。シュラフを持ってきているので、翌日の昼食用弁当500円を含めて会計は計8000円だ。
受付を済ませて、まずは聖平小屋名物のウエルカムフルーツポンチをいただく。
DSC_2858_20161006221814d10.jpg

1人1杯と書いてあったが、大丈夫だというので2杯いただいた。
DSC_2859_20161006221815e46.jpg
疲れた体に甘いものは、本当にうれしい。めちゃめちゃ美味しかった。

本日の宿泊者は50人ほどだそう。ぎゅうぎゅうではないが、ゆったりでもないみたいだ。
泊まる場所は34番と35番、となりの33番が空いていて、32番から先には人がいる。
あとで受付に聞いてみたら、そこは空けてあるとのこと。
別グループなので配慮してくれたようだ。
33番も入っていると、かなり窮屈だったので助かった。
テントは見える範囲に14張りあった。あちらはわりと余裕だった。
DSC_2862_201610062217488ef.jpg

とりあえず今日着ていたものは明日も着るつもりなので、それらを干してスエットに着替えた。
落ち着いたところで、ダウンも着込んで、外の休憩スペースに出て、ビールで乾杯。
DSC_2861_201610062217460dc.jpg
いつもの通り、O君は500cc缶(700円)、私は350cc缶(500円)だ。
飲み干した後は、かつぎあげてきたウイスキーを湧き水で割ってちびりちびり。
雨が時折強く降ったが、屋根があるところだったので大丈夫だ。
向かいに座っていた男性2人と雑談。
40代くらいの方は静岡在住で、在任中に南アルプスは回ってしまいたいとのこと。
奥さんと2人で来ていた。
もう一人は60代後半くらいか、ここ数年で山を始めて、去年は百名山を一気に50座登ったのだとか。
今回は聖岳をピストンするらしいが、もう90座を超えているらしい。
ここを拠点に聖をピストンする人が多いことにちょっと驚いた。
大したもんである。私は聖岳で62座目。
それほどこだわりはないが、80を超えたりしたら、やはり制覇したくなるのだろうか。

途中、雨が小降りになったようなので、トイレへ。
DSC_2863_20161006221749d4d.jpg

別棟であることは分かっていたが、100m近くも離れていた。これは夜中は大変だ。
DSC_2864_20161006221751098.jpg

トイレからの風景。
DSC_2865_201610062217525f1.jpg

オヤマリンドウの花が黒い。
DSC_2866_20161006221724c78.jpg

ヤマハハコは今日初めて見た。
DSC_2867_2016100622172681f.jpg

まだガスがかかっているが、これはたぶん小聖岳(2662m)だ。
DSC_2868_20161006221727caa.jpg

沢の反対側にもテントが見えた。
DSC_2869_201610062217288cc.jpg

夕食の時間(5時)が迫ってきたので酒場を撤収して、食堂へ。
本日は2回転のようで、我々は最初の回だった。
ここは、やまめの甘露煮と豚汁が評判らしい。
DSC_2871_20161006221730184.jpg
豚汁がおいしくて、珍しくお代わりをしたいくらいだった。
御飯は1杯にとどめ、ごちそうさま。

徒歩数分の分岐まで行けば、電波が通じるというので、6時前に、サンダル履きで行ってみた。
DSC_2872_20161006221701380.jpg

幸い雨は上がっている。
DSC_2873_2016100622170232e.jpg

分岐を左折して、この道を行けば上河内岳(2803m)に通じている。
DSC_2874_20161006221704b5a.jpg

振り返ると、聖岳のガスがもう少しで切れそうだ。
DSC_2875_20161006221705f17.jpg

その右に目をやると、東聖岳(2800m)はもう見えている。
DSC_2877_201610062216378b4.jpg

分岐の右手は我々が明日歩く道だ。
DSC_2876_20161006221707446.jpg

おおっ、小聖より先に聖が顔を出した。
DSC_2878_201610062216390ca.jpg

でも、すぐこんな状態に。
DSC_2879_20161006221640999.jpg

こちらにもガスが近づいてきたので戻ることにする。
DSC_2880_201610062216420a6.jpg

戻ると、O君はもう寝ていたので、私は食堂でしばし休憩。
DSC_2881_20161006221643b80.jpg
DSC_2882_20161006221614369.jpg
大人2人子供1人のグループの親じゃない方の大人と子供が会話をしていた。
男の子は小6くらいに見えたが、会話を聞いていると、なかなか賢そうな子だった。

暗くなる前にと思い、7時前にもう一度、分岐に出かけてみた。
DSC_2883_20161006221616188.jpg

すると今度は聖も小聖もきれいに姿を現していた。
DSC_2884_20161006221617016.jpg

上河内岳方面の稜線もそこそこきれいに見えた。
DSC_2885_20161006221619936.jpg
やはり通信に来ていた小屋のスタッフに聞いてみたら、夜は満天の星になるのだとか。
ぜひ、そう願いたいものだ。

方向指示盤の残骸のようなものを確認して、小屋に戻った。
DSC_2886_201610062216205d0.jpg
DSC_2887_2016100622155520c.jpg
明日の天気予報は晴れなのだが、午後からはまたガスがかかりそうだ。
7時すぎまで、また食堂でまったりして、シュラフに戻る。
部屋には、乾燥用のストーブがついていたが、私も間もなく寝てしまった。

【行程】2016年8月4日
聖沢登山口(8:48)~出会所小屋跡(9:17)~聖沢吊橋(10:02休憩10:19)~造林小屋跡(11:08昼食11:28)~乗越(12:06)~水場(12:18休憩12:30)~岩頭滝見台(13:09撮影13:16)~聖沢(13:58)~聖平小屋(14:28)
※所要時間:5時間40分(歩行時間:4時間45分)コースタイム:6時間10分
※登った山:なし
※歩行距離:7.5km

【2016年8月5日(金)】南アルプス
夜中は、8時半、11時半、2時半、3時半に目が覚め、11時半にトイレまで行った時は、空はもう満天の星になっていた。
ストーブは消灯の8時には消してくれたようだ。
4時に起床して、パッキングを開始。
4時半に朝食。
DSC_2889_20161006221556d47.jpg

朝食後、外に出ると東の空が朝焼けに染まっていた。
小屋の方に聞くと、見ているのは中央が生木割山(2539m)、その右がハイ松尾山とのこと。
DSC_2032_20161006222930dfe.jpg
笊ヶ岳(2629m)のある稜線だ。

トイレは出そうだけど出なそうなので、とりあえずパス。
ここでトイレに行くと並ぶことになるし、ブツを出すまでまた時間がかかりそうだから、出発が遅れてしまう。
DSC_2033_20161006222932079.jpg

我慢して、5時前に出発。
DSC_2034_20161006222933356.jpg

まだ夜明け前。昨日2往復した木道を歩く。
DSC_2035_20161006222935cbc.jpg

今日は上河内岳(右)がくっきり見える。
DSC_2036_2016100622293689e.jpg

その右には茶臼岳(左、2604m)。あちらもいずれ縦走せねばなるまい。
DSC_2037_2016100622290830e.jpg

正面は仁田岳(2524m)?
DSC_2038_2016100622290933d.jpg

その下は雲海だ。
DSC_2039_20161006222911ae3.jpg

振り返ると、早くも他の登山者が登ってきた。聖もばっちり見えている。
DSC_2040_201610062229124ae.jpg

では、そろそろ出発しよう。
DSC_2042_20161006222914ef3.jpg

O君はもうあんなところまで行ってしまった。
DSC_2043_201610062228221f6.jpg

ちょっぴり登って、聖平を振り返る。
DSC_2044_20161006222823fb9.jpg

ヤマハハコとミヤママツムシソウのお出迎えだ。
DSC_2045_201610062228251e7.jpg
DSC_2046_20161006222826acb.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(3)

【2016年8月4日(木)】南アルプス南部
聖平小屋に向かって後半戦のトラバース道を進んでいる。
DSC_1890_20161006070150e31.jpg

このあたり、やや崩落している。
DSC_1891_2016100607015324e.jpg

ここが「山と高原地図」のいうところの「危」マーク地点だろうか。
DSC_1892_2016100607015205c.jpg

足元はちょっとぬかるみ。
DSC_1893_20161006070154d1a.jpg

聖岳(3013m)の東尾根はやはり雲の中だ。
DSC_1889_20161006070148699.jpg

やがて御花畑へと入っていく。
DSC_1894_201610060701243d1.jpg

黄色いのはマルバダケブキ。
DSC_1896_20161006070127e9e.jpg
DSC_1895_20161006070125dec.jpg

木の桟橋と鉄の桟橋を通過する。
DSC_1897_20161006070128198.jpg
DSC_1898_201610060701293ce.jpg

滑りやすいザレ場にはロープが取り付けられていた。
DSC_1899_20161006070102827.jpg

ヒメシャジン。
DSC_1900_2016100607010399d.jpg
DSC_1902_20161006070106861.jpg

シモツケソウ。
DSC_1901_201610060701055a3.jpg

ハナチダケサシ。
DSC_1904_201610060700401b6.jpg

クサボタン。
DSC_1903_20161006070108db3.jpg

キオン。
DSC_1905_20161006070041d20.jpg

メタカラコウ。
DSC_1906_201610060700430c6.jpg

御花畑を過ぎると、大きな沢を渡る。
DSC_1907_20161006070045bda.jpg

水量は豊富だ。
DSC_1908_20161006070047e59.jpg
DSC_1910_201610060700164a0.jpg

谷の向こうは開けているが、上の方はやはり雲の中。
DSC_1909_20161006070015c0b.jpg

わずかに見えるのは天上小屋山だろうか。
DSC_1912_20161006070019b88.jpg

上流を見上げてもガスが見える。
DSC_1911_2016100607001846a.jpg
DSC_1914_20161006065953fa4.jpg

沢を渡ると当然、登り。
DSC_1913_20161006070021326.jpg
DSC_1916_20161006065954060.jpg

この先も御花畑。さっきも見たクサボタン。
DSC_1917_20161006065956eb8.jpg

メタカラコウの大群落。
DSC_1918_20161006065957c51.jpg

シラヤマギク。
DSC_1919_20161006065959766.jpg

これは特定不能だった
DSC_1920_20161006065929908.jpg

センジュガンピ。
DSC_1921_2016100606593181e.jpg

斜面一面、特定不能の花の中を行く。
DSC_1922_20161006065932fca.jpg

これはコケの一種かな。
DSC_1923_201610060659344eb.jpg

天狗の団扇。
DSC_1924_20161006065935c4d.jpg

なんて草花と戯れているうちに岩頭滝見台に出た。
DSC_1926_20161006065906f4a.jpg

正面に巨大な岩壁が見える。
DSC_1927_201610060659086f5.jpg
DSC_1935_20161006065846e5b.jpg

そして、二つの滝が展望できた。
DSC_1929_20161006065909045.jpg

左側の滝。名前は分からない。
DSC_1930_2016100606591166d.jpg
DSC_1931_20161006065912769.jpg

右側の滝。
DSC_1932_201610060658436df.jpg
DSC_1933_20161006065844bc1.jpg

展望を満喫したところで前進。
DSC_1936_2016100606584798c.jpg

岩壁の下を行く。
DSC_1938_20161006072013815.jpg
DSC_1939_20161006065818f96.jpg

ひっそりカニコウモリ。
DSC_1940_20161006065820918.jpg

湿っていて、ちょっと怖い桟橋を登る。
DSC_1941_2016100606582273c.jpg
DSC_1943_20161006065825b93.jpg

ホットケーキのような大判のキノコ。
DSC_1942_201610060658244e8.jpg

この辺は、わりと平和な道だ。
DSC_1944_201610060657553b1.jpg
DSC_1945_20161006065756ceb.jpg

ただ、桟橋だけは気が抜けない。
DSC_1947_201610060657592b1.jpg

気の早い葉っぱはどこにでもいる。
DSC_1946_20161006065758bea.jpg
DSC_1955_20161006065709247.jpg

下りっぽくなってきた。
DSC_1948_20161006065801af8.jpg
DSC_1949_2016100606573144d.jpg

キオン。
DSC_1950_201610060657320f9.jpg

ハナチダケサシ。
DSC_1951_20161006065734165.jpg

ハクサンボウフウ。
DSC_1957_201610060657107bd.jpg

どんどん下っていく。
DSC_1952_20161006065735868.jpg
DSC_1953_2016100606573750f.jpg

おお、小屋まであと1時間20分。だいぶ近づいてきた。
DSC_1954_20161006065708b8b.jpg

見晴らしの良さそうな場所があったので行ってみた。
DSC_1967_20161006065614ce9.jpg

佐藤修一さんという方の遭難慰霊碑が立っていた。合掌。
DSC_1958_201610060657128a1.jpg

岩の上に立つと、眼下に聖沢がよく見えた。
DSC_1959_201610060657138db.jpg
DSC_1962_201610060656439e7.jpg

激しく岩を削って、峡谷になっている。
DSC_1960_20161006065641a4f.jpg

左岸からは細い滝が流れ込んでいる。
DSC_1963_20161006065644554.jpg

この滝も岩を断ち切るように流れている。
DSC_1964_20161006065645920.jpg

あの山のふもとに聖平小屋があるはずだ。
DSC_1965_2016100606564771c.jpg

もう雪解け水ではないだろう。
DSC_1966_20161006065612e4e.jpg

では登山道に戻ろう。
DSC_1968_2016100606561539a.jpg

キオンが多い。
DSC_1970_20161006065618fd7.jpg

これはかわいい葉っぱだが種類は分からない。
DSC_1971_20161006065618b1c.jpg

キオンとトリカブトの大群落。
DSC_1972_201610060655500c7.jpg
DSC_1973_201610060655521bc.jpg

一瞬だけ貴重な眺望。
DSC_1974_20161006065553d84.jpg

岩壁をへつった先に、またしても大群落。
DSC_1976_20161006065554d7a.jpg
DSC_1977_2016100606555602d.jpg

お互いに結構、主張が強い。
DSC_1978_20161006065528ba6.jpg
DSC_1979_20161006065529527.jpg

御花畑を通過すると、沢を渡る。
DSC_1980_201610060655307ac.jpg

これが聖沢だと思ったら、違った。
DSC_1981_201610060655320f5.jpg

これで、あとは沢沿いを遡ればいいんだと思ったら、なぜか急な登り。
「ええ? どうして」とかなり混乱してしまい、写真もろくに撮れなかった。
DSC_1982_201610060655332a3.jpg
(これ1枚のみ)

もうひと尾根越えて下ったところに橋がかかっており、これが聖沢。
DSC_1983_201610060655037dc.jpg

やっと合点がいった。
DSC_1984_20161006065504c25.jpg
さっきの沢は枝沢だったのだ。

これこそが聖沢。さっきの沢とはやはり貫禄が違う。
DSC_1985_20161006065506a57.jpg

岩をも穿っているし。
DSC_1986_20161006072015723.jpg

あとは、ほんとに沢沿いをだらだらと登るだけ。
DSC_1987_2016100606550911e.jpg

おお、落下している橋がある。
DSC_1988_20161006065437e10.jpg

以前はここで渡り直して右岸を登っていたのだろうか。
DSC_1989_20161006065439c56.jpg

楽な道ではあるが、さすがにずっと樹林帯で疲れてきた。
DSC_1990_20161006065440df9.jpg

でも、これぞ南アルプス。
DSC_1991_20161006065442a13.jpg

お、赤い岩。赤石岳の由来となったチャートがここにもあった。
DSC_1992_20161006065443479.jpg

前方に見えるのは、聖岳の前衛の山々だろうか。
DSC_1993_20161006065411877.jpg
DSC_1994_201610060654137a4.jpg

エピローグもかなり長い。
DSC_1995_2016100606541444d.jpg
DSC_1996_20161006065416754.jpg

立ち枯れ状態になって、周りが開けてきた。
DSC_1997_20161006065417280.jpg

象の鼻。
DSC_1998_20161006065347b84.jpg

分かってますって。
DSC_1999_20161006065349b06.jpg

ぬかるみはなくていいって。
DSC_2000_201610060653508b1.jpg

お、最後の橋かな。
DSC_2001_20161006065352503.jpg

再び右岸に渡る。
DSC_2002_2016100606535338c.jpg

赤い石が目立つようになってきた。
DSC_2003_201610060653287d3.jpg

正面は薊畑あたりのピークだろう。
DSC_2004_20161006065330bdd.jpg

右岸ではトリカブトのお出迎えを受けた。
DSC_2005_20161006065331609.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(2)

【2016年8月4日(木)】南アルプス南部
聖岳(3013m)登山の序盤、長いトラバース道を進んでいる。
DSC_1800_201610050656526b3.jpg

聖沢の谷は深く、傾斜も急だ。時折またぐ沢も崖のようである。
DSC_1795_201610050656486c0.jpg
DSC_1799_201610050656512f8.jpg

実際、山側が崖になっているところもある。
DSC_1797_20161005065649653.jpg

「山と高原地図」に「柵多数」と書いてあるだけに、確かに多い。
DSC_1801_20161005065654591.jpg

聖沢吊橋に向かって、徐々に高度を下げていく。
DSC_1802_20161005065628615.jpg

斜めになった桟橋はちょっと怖い。
DSC_1803_20161005065629b2f.jpg

細かい落石が溜まっていた。
DSC_1804_20161005065630fec.jpg

吊橋に至る階段。
DSC_1805_201610050656315b5.jpg

登山口から1時間15分ほどで、聖沢吊橋に到着した。
DSC_1807_201610050656331e9.jpg

コースタイムは1時間半なので、結構いいペースだ。
DSC_1808_2016100506560670e.jpg

かなり揺れるので、橋の上からはこの1枚しか写真が撮れなかった。
DSC_1809_201610050656088e0.jpg

無事渡り終えて振り返る。
DSC_1810_20161005065609e42.jpg

橋の下の河原でしばし休憩。
DSC_1812_20161005065612a17.jpg
河原に下りるとき、上から単独女性が下りてきて、河原に下りようとしたので、O君の動きにつられたのかと思い、「道はあっちですよ」と言ったら、「わかってます」と言われてしまった。
やはり余計なことは言わない方がいい。

休憩しつつ渓流を愛でる。
DSC_1814_20161005065543a97.jpg

かなりの水量だ。
DSC_1815_201610050655451fe.jpg

ちょっと水浴びしたくなったが、時間を食うので止めておいた。
DSC_1816_20161005065546476.jpg

それにしても、このフライパンは誰の常備品だろう。
DSC_1811_20161005065611435.jpg
しばらくすると、さっき抜かされた重装備の男性が沢の上から下りてきて、正規の道を登って行った。
道を間違ったのか、うんこでもしに上流に行っただけだったのか。
それは不明だが、とにかくこの人とはお互い休んでいる間に、抜いたり抜かれたりすることになった。

15分ほど休んで、我々と同時刻のバスに乗ってきたと思しき登山者が追いついてきたので、我々も出発することにする。
DSC_1817_201610050655481d9.jpg

ここからは再び急坂となる。
DSC_1818_2016100506554916f.jpg

次に傾斜が緩むと思われる造林小屋跡まで標高差は380m。
DSC_1820_20161005065522e9b.jpg

本日最大の難所と言っていい。
DSC_1824_20161005065527562.jpg

足場は必ずしもよくない。
DSC_1823_20161005065525e41.jpg

足元の葉っぱに励まされつつ。
DSC_1821_20161005065523ca4.jpg
DSC_1834_20161005065436106.jpg

これはイケマ。
DSC_1822_20161005065524085.jpg

原生林の中をあえぎあえぎ登る。
DSC_1825_20161005065455892.jpg
DSC_1827_201610050654577ba.jpg

急斜面だからか木がまっすぐに伸びない。
DSC_1828_201610050654584a0.jpg
DSC_1829_20161005065500b7d.jpg

ガレ場~
DSC_1830_20161005065502ca9.jpg

道はこんなにつづら折りになっている。
DSC_1831_20161005065432f9f.jpg

今度は大きな岩が多くなってきた。
DSC_1832_201610050654337bf.jpg
DSC_1833_2016100506543540b.jpg

造林小屋のすぐ手前で、たばこ休憩をしていた例の男性を抜かした。
もう先は見えた。
DSC_1835_20161005065438750.jpg

吊橋から50分弱で、造林小屋跡に到着。
DSC_1836_20161005065406239.jpg

コースタイムは1時間10分なので、ここでも好成績を残した。
DSC_1837_20161005065408eeb.jpg

確かに、小屋跡らしきものがあった。
DSC_1838_20161005065409828.jpg

何となく造成されたような平坦地もある。
DSC_1841_20161005065343dc8.jpg

時刻は11時過ぎ。朝食は6時前、車での移動中に食べてしまったので、もういい頃合いだ。
この倒木に腰掛けて、お昼にする。
DSC_1839_201610050654113c2.jpg

私もO君も助六寿司だ。
DSC_1840_201610050654126ed.jpg
しかし、プラケースを4日間持ち続けなければいけないことに今気づいた。
彼は気にしないと言っていたが、ちょっと失敗した気分。
ここまで全然虫がいなかったが、しばらくじっとしている間に虫が寄ってきたので、蚊取り線香に火を付けた。
先週、四国でアブに襲われて往生したので、虫対策には気を遣ったつもりだ。
さて効くのかどうか。

20分ほどの休憩で出発。
DSC_1842_2016100506534572d.jpg

この先はしばらくだらだらした登りが続く。
DSC_1843_201610050653466e2.jpg

相変わらず樹林の中でかなり単調だ。
DSC_1845_20161005065349951.jpg

シャクナゲやシダもとくに珍しくないし。
DSC_1853_20161005065259b9d.jpg
DSC_1846_20161005065319546.jpg

このシャクナゲは生まれたばかり。
DSC_1844_20161005065347150.jpg

このキノコもちょっとかわいい。
DSC_1847_20161005065320ba4.jpg

でも黙々と歩く。
DSC_1848_20161005065322826.jpg

景色が全く見えないので、足元を注目するしかない。
DSC_1849_201610050653231cb.jpg
DSC_1850_20161005065325d52.jpg

これはかつての木材運搬に関連した滑車だろう。
DSC_1851_20161005065256481.jpg

ハイドレーションでひと息。
DSC_1852_201610050652587cc.jpg

途中、聖岳が見えるポイントがあると「山と高原地図」に書いてあるが、すでにガスがかかっており、全く見えなかった。
DSC_1854_20161005065300cc7.jpg

古びた木道&桟橋を進む。
DSC_1855_2016100506530218a.jpg
DSC_1856_20161005065233eff.jpg

左側が切れ落ちていた。
DSC_1857_20161005065234d9c.jpg

2011m標高点に近い乗越の手前で、昼食をとっている間に抜かしていった例の男性が休んでいた。また、我々が先行する。
DSC_1858_201610050652364ab.jpg

おや。
DSC_1859_201610050652386a8.jpg

ベニテングタケがぽつん。
DSC_1860_2016100506523900d.jpg

乗越では別の単独男性が休んでいた。こちらは、休まず前進。
DSC_1861_20161005065210394.jpg
造林小屋跡から乗越まで40分弱。コースタイムは1時間なので、かなり調子がいい。

ここからは右手に聖岳東尾根の崩落箇所が見えた。
DSC_1862_2016100506521163d.jpg

この先、道は尾根の右側に転じる。
DSC_1863_20161005065213de3.jpg

そして再びトラバースとなる。
DSC_1864_2016100506521453a.jpg

木々がわりと若い。
DSC_1865_20161005065216ef5.jpg

山側からは時々、水が浸みだしている。
DSC_1866_201610050651457e7.jpg

この先の水場手前のちょっと道幅が広くなったところで小休止。
DSC_1868_20161005065148962.jpg

お昼を食べてからちょうど1時間経っていた。
DSC_1867_201610050651478ba.jpg

10分ほどで出発。
DSC_1869_2016100506515080b.jpg

このあたりからトリカブトが目立つようになってきた。
DSC_1871_20161005065114477.jpg
DSC_1870_20161005065151e39.jpg

水場。「山と高原地図」に「水」マークとして記されている場所だ。
DSC_1872_201610050651157cf.jpg

倒木はすっかり腐ってコケむしている。
DSC_1874_201610050651186e5.jpg

生まれたばかりのマルバダケブキ。
DSC_1873_20161005065117222.jpg

水場付近の道はしっかり湿っていた。
DSC_1875_20161005065120f89.jpg

トリカブトは怖いけど、やっぱり美しい。
DSC_1876_20161005065049169.jpg

日蔭は緑が濃い気がする。
DSC_1877_2016100506505194f.jpg
DSC_1878_2016100506505248d.jpg
DSC_1879_201610050650549c6.jpg

おお、エゾシオガマ。
DSC_1880_2016100506505589a.jpg

水場を過ぎると、道は登りに転じる。
DSC_1881_201610050650269d7.jpg

左手、木々の隙間から一瞬だけ滝が見えた。
DSC_1883_201610050650282c7.jpg

どっこいしょ。
DSC_1884_20161005065029040.jpg

この先に「山と高原地図」に記載のある吊橋。
DSC_1885_2016100506503193c.jpg

これもなかなか怖い。
DSC_1886_201610050650326cc.jpg

吊橋はさすがに展望が開けており、さっき見えた滝が真正面に見えた。
DSC_1887_2016100506500760d.jpg

標高はまだ2100mほど。乗越から100mも登っていない。
DSC_1888_20161005065009aea.jpg

(つづく)
このページのトップへ

南アルプス南部(1)

【2016年8月3日(水)】南アルプス
4日(木)から高校の同窓生O君と3泊4日で南アルプスの南部(聖岳、赤石岳、荒川三山)を縦走する。
かなり前から予定していた夏休み前半の山行だ。
南アルプスの本格的な縦走は初めて。天気予報も上々だ。
前日の3日(水)は裾野市在住のO君の自宅に泊めてもらった。
18時に会社を出るつもりだったが、17時には仕事が終わったので、早々に退社。
例によって東京駅のコインロッカーからザックを回収し、登山靴に履き替えて、17:26発のこだま675号に乗り込んだ。
発車10分前くらいに乗れたので、3人席の通路側を確保できた。
でも、発車直前までに席はかなり埋まり、品川でほぼ満席、新横浜では立ちが出るほどになった。
車中、夕刊を読みながら、缶チューハイを飲んでいた。
18:19三島着。
DSC_2848_20161004061607eae.jpg
O君が迎えに来てくれていた。

まずは晩飯。約束通り、うなぎ屋へ。
有名な「桜屋」は休みらしく、彼が以前来たことがあるという「うなぎすみの坊」。
行列になっていないかと心配したが、余裕で座れた。
うな丼の並(税抜き3000円)と珍味などを注文。日本酒をいただく。
DSC_2850_20161004061539771.jpg
DSC_2849_201610040615370e8.jpg
久々のうなぎ。旨かったし、明日からの活力になった。

裾野のO君宅に戻って、シャワーを浴びてからしばし飲み直し。
乾き物をつまみながら、ウイスキーの水割りをちびちび。
でも明日は早いので10時半には就寝した。
部屋にはエアコンがないので、やや暑かったが、全く平気だった。

【2016年8月4日(木)】南アルプス
4時起床。準備をして4時半前に出発。
新東名の新静岡ICで下りてすぐのローソンで、本日の昼食を調達。
飲み物や行動食はすでに準備してある。

山道に入ると、O君が「この道を一人で走ると長いんだ」とつぶやくので、「適当なところで運転代わるよ」と申し出たら、「じゃお願いするわ」ということになった。
口阪本温泉の入口で交代する。
DSC_2852_20161004061540231.jpg
ブレーキがかなり踏み込まないと効かなかったので、ちょっとあせった。

大日峠を下ると、井川ダム。
ここには以前、乗り鉄で来たことがある。
途中の井川集落でトイレ休憩。6時半。
DSC_2853_20161004061542f6f.jpg

私も出そうな気がしたが、一つしかない個室はO君に先を越されてしまったので、女子トイレへ。何とかひねり出した。
DSC_2856_201610040627498df.jpg

それにしても、井川集落はなかなか面白そうだ。
DSC_2855_20161004062747724.jpg

今度、ここから南アルプスに入る時は、井川をゆっくり歩く時間も取りたいと思う。
DSC_2854_20161004062746302.jpg

畑薙の臨時駐車場にはここからさらに40分近くかかり、7時過ぎに到着。
DSC_1757_2016100406183548e.jpg

駐車場にはすでにかなりの車があったが、まだまだ余裕があった。
DSC_1746_2016100406185847e.jpg
DSC_1751_2016100406190299c.jpg

でもバス乗り場はかなりの行列になっていた。
DSC_1747_201610040619003be.jpg

テント側とバス停側に分かれて並んでいるので、どっちが先頭なのかよく分からない。
聞くと、テント側が先頭で、バス停側が後ろらしい。
DSC_1750_201610040619011fc.jpg

ということで、バス停側の最後尾に並ぶ。
DSC_1752_20161004061904ac1.jpg

ザックを置いて、待ち時間を利用して近くの水場を探検。
DSC_1753_20161004061832cea.jpg

バス発車時間の7時半近くになって、やっと東海フォレストのマイクロバスがやってきた。
DSC_1756_20161004061833ec0.jpg
運転手は、バス停側に並んでほしいと言ったが、先頭に並んでいた方々が、さっきのバスはこちらで受け付けていたんだから、こっちが先だと主張。
結局、運転手が折れて、テント側に全員並ぶよう指示。
やむなくバス停側の人々がぞろぞろと移動した。
O君は「最初から分かれずに並べばいいんだ! なして、こんな変な並び方してるんだ。俺たちも最初からこっち(テント側)に並んでいればよかった」と、吐き捨てた。

数えてみたら、自分の前に60人。後ろには10人くらい並んでいた。
DSC_1758_20161004061837a88.jpg
これではバス3台くらい必要だ。

とりあえず、1台目のバスに先頭の方々が乗り込む。
これまで受付の人がいたわけではないので、運転手がやっと集金をしている始末。
実に手際が悪い。
これじゃあ、我々はいつ出発できるのかと思ったが、まもなく2台目がやってきた。
それに乗る人がなんと我々の前の人で満員。
ぎりぎりで3台目になってしまった。
3台目のマイクロバスはまだ来ていないので、「やれやれ」と思っていたら、ワゴン車が来ていて、それに乗れるらしい。
ザックもバスだと膝を上に載せなければならなかったが、こちらだと荷台に置いてもいいというのでラッキーだった。

結局、出発できたのは定刻から20分遅れて7:50過ぎ。
運転手はよくしゃべる人だった。
NHKの取材クルーが、我々の逆ルートで入っており、百間洞の小屋で一緒になるだろうという。
「いいことあるよ」という前置きの情報だったが、ただでさえ小さな小屋にクルーが10人近くも入ったら、混み合うだけだ。全くいいことではない。
ゲストは、「実践!にっぽん百名山」によく出演している俳優の金子貴俊とライターの小林千穂さんだとか。お友達の鈴木みきさんだったら、よかったのだが。

それと、南アルプスは土日がとくに混むということはなく、平日も含めてあまり波がないという。
前泊なども含めると、最低4日はかかるので、休みがしっかり取れる人しか来られないからだそうだ。
今日も木曜日だが、100人以上入っているという。
我々の前に7時の臨時バスが出たようだ。
バスは3台あるらしいが、1台は故障中。というわけでワゴン車の出番となったわけだ。

そんな話をしているうちに沼平のゲートを通過。
DSC_1759_201610040618384ee.jpg
この手前にも駐車場があり、かなりの台数が止まっていた。
ここに駐める人は、ウソッコ沢から茶臼岳(2604m)に登る人か、徒歩で椹島まで行く人なのだろう。
ゲートから道はダートとなる。
途中、先行のバスが道を譲ってくれ、デリカはものすごいスピードで走り出した。
いや、そんな急がなくていいです。
O君は隣に座った女性グループの一人に「どう回るんですか」と親しげに声をかけていた。

途中見えた山は上河内岳(2803m)だという。
手前に聖岳(3013m)が見えるポイントがあったが、ちょうどダンプが道を譲ってくれたところで、早く通過しないといけないから案内できなかったという(帰りには見られた)。

8:40に聖岳の入口、聖沢登山口に到着。
DSC_1760_20161004061754852.jpg

靴のひもを結び直し、ストレッチをしているうちに、さっき抜かしたバスが到着、3人くらいが下りた。
DSC_1761_201610040617557df.jpg

それを横目に、8:50に登山開始。まずは沢沿いに樹林帯の中の道を進む。
DSC_1763_20161004061757983.jpg
登山口の標高は約1140m。今夜の宿の聖平小屋が約2270mなので、本日の標高差は1100mちょっとだ。

間もなく谷から離れ、急斜面をつづら折りに登っていく。
DSC_1765_20161004061758c4e.jpg

トラバース道に出るまで一気に標高差250m登らなければならない。
DSC_1766_20161004061759414.jpg
さすがにザックが重い。

いきなり早くも下ってくる人とすれ違った。早朝、聖平小屋を出たのだろう。
DSC_1767_20161004061733421.jpg

10分ほどで尾根に出た。
DSC_1769_2016100406173498c.jpg

しかし、急坂が終わったわけではない。
DSC_1771_20161004061735b16.jpg

これは「みんなの花図鑑」に問い合わせても名前は分からなかった。
DSC_1772_20161004061737a43.jpg

左手が開けて、たぶん青薙山(2406m)が見えた。
DSC_1773_20161004061738423.jpg

こちらは同定不能だった。
DSC_1774_20161004061711071.jpg

30分かからずに急登をクリア。
DSC_1775_20161004061712142.jpg

意外に楽だった。
DSC_1776_2016100406171474f.jpg

この先は聖沢吊橋まで長いトラバースとなる。
DSC_1777_2016100406171569f.jpg

尾根をひとつ越えるところに廃墟があった。
DSC_1778_201610040617171b2.jpg

おそらく「山と高原地図」に記載のある出会所小屋跡だ。
DSC_1780_201610040616480ce.jpg

もうほとんど跡形もなかった。
DSC_1779_20161004061646a63.jpg

トラバース道では、時々鉄橋で小さな沢を渡る。
DSC_1781_20161004061649c46.jpg
DSC_1782_201610040616513c3.jpg

久しぶりの山でご機嫌のO君。
DSC_1783_20161004061653ec5.jpg

夏の緑がまぶしい。
DSC_1785_20161004061623dcf.jpg

1418m標高点に通じる尾根。登山道ではありません。
DSC_1787_20161004061624b83.jpg

黙々と平らな道を進む。
DSC_1788_20161004061626781.jpg

危なげな木の桟橋には手すりとロープが備え付けられていた。
DSC_1789_2016100406162701b.jpg

ワイヤーで吊った鉄橋。
DSC_1790_201610040616298ad.jpg

落石で手すりがひん曲がっている。
DSC_1791_20161004061601433.jpg

これは、わりと新しい組み立て式の桟橋。
DSC_1792_201610040616027cb.jpg

たまには振り返ってみる。
DSC_1794_20161004061604a3a.jpg

実は吊り橋までに60m下ることになる。もったいないことだ。
DSC_1798_20161004061606f67.jpg

(つづく)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (99)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR