山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

前白根山(3)

【2016年5月22日(日)】前白根山
前白根山(2373m)は目前。
DSC_0619_20160630193951b0b.jpg

ただ、これは三角点ではない。
DSC_0622_20160630193955d34.jpg
つまり、ここはまだ山頂ではない。

もう少し先のあそこだ。
DSC_0626_2016063019393251c.jpg

でも、ここも眺望は抜群。東には日光連山が望める。
DSC_0620_20160630193952ec0.jpg

これまで何度も見てきたが、三ツ岳(1945m)、太郎山(2368m)などだ。
DSC_0621_20160630193954874.jpg

振り返ると、前々白根山(私が勝手に付けた山名)。
DSC_0625_20160630193930e49.jpg

中禅寺湖も姿を見せた。
DSC_0624_201606301939294db.jpg

でも、日光白根山(2577m)の迫力には誰もかなわない。
DSC_0623_201606301939279f6.jpg

それを取り囲む外輪山の白桧岳(2394m)。
DSC_0618_20160630193950b1e.jpg

左手眼下には五色沼避難小屋に通じる道が確認できる。
DSC_0627_20160630193933f76.jpg
DSC_0628_20160630193907823.jpg

そして、11:45ようやく前白根山に登頂。
DSC_0629_201606301939094c3.jpg

実は、この時、頂上は前方に見えるケルンの場所だと勘違いして、ここは不用意に通過してしまった。
DSC_0630_2016063019391037e.jpg

一応、石祠があるなあと思って写真は撮っておいたのだが。
DSC_0631_20160630193912a0e.jpg

分かりにくいかもしれないが、これのこと。
DSC_0632_201606301939132a3.jpg

ここを左に下ると日光白根山への道だ。
DSC_0634_201606301938476b3.jpg

すぐにケルンに達し、やった~頂上だ!と思ったが、山名板がない。
DSC_0635_201606301938498a6.jpg

そんなバカな。
DSC_0636_20160630193850d12.jpg

おかしいなあと思いつつ、少し進むと、エメラルドグリーンの五色沼が目に飛び込んできた。
DSC_0637_20160630193852d97.jpg

これまた感激。
DSC_0639_201606301938242ac.jpg
福島の浄土平から一切経山(1949m)に登って五色沼が見えた時に匹敵する衝撃だった。

白桧岳や白根隠山(2410m)には日光白根山をリベンジする時に同時に回ろう。
DSC_0638_201606301938533c9.jpg

北から北西方面には遠く雪渓の残る山並みが望める。
平ヶ岳(2141m)の右肩に越後三山の一つ荒沢岳(1969m)。
DSC_0640_20160630193825df6.jpg

おそらく会津駒ヶ岳(2133m)の稜線。
DSC_0641_20160630193827f51.jpg

すぐ隣に五色山(2379m)が見える。
DSC_0642_20160630193828442.jpg

さて、とにかく飯だ。時間はちょうど正午。今日のお昼は、前夜泊まった宿で用意してもらったものだ。
DSC_0643_2016063019383036c.jpg
少しくらいおかずが欲しかったが、贅沢は言うまい。

おにぎりを頬張りながら、来た道を振り返ると、さっき通過してきた石祠のピークの方が微妙に高い。
DSC_0644_20160630193759e9a.jpg

やはりあちらが山頂なのではないかと思い、戻ってみた。
DSC_0647_20160630193804a4f.jpg

すると、朽ちた山名板が石積みの上に置いてあるではないか。
DSC_0648_201606301938052dc.jpg
なぜ、さっきこれを見逃したのだろう。
やはり思いこみというのは怖いものだ。

ここから改めて外輪山を俯瞰すると、尾根上に小さな小屋が見える。
DSC_0646_20160630193802cf8.jpg
五色沼避難小屋かと思ったが、小さすぎるし、小屋はもっと谷側にあるはずだ。
あれが何なのか、今度行った時に確認せねばならない。

山頂だと思うと、周辺の景色を見るのも念入りになる。
南の方角、2268mの三角点がある稜線。
DSC_0649_20160630193736037.jpg

南に延びる稜線に生じた突起。
DSC_0650_20160630193737847.jpg

その向こうには中禅寺湖が横たわる。
DSC_0651_20160630193739477.jpg
左が半月山(1753m)、右が社山(1827m)。

どれ、昼食を食べた場所に戻るか。ザックを回収しなくては。
DSC_0652_2016063019374086e.jpg

白桧岳にお別れ。
DSC_0654_20160630193712635.jpg

正面には、念仏平と根名草山(左、2330m)。
DSC_0653_20160630193742781.jpg

日光連山の前に立ち枯れのオブジェ。ちょっと芸術的だ。
DSC_0655_20160630193714bbd.jpg

中央に於呂倶羅山(2020m)。
DSC_0656_2016063019371503b.jpg

五色山との間には、小さなピークが一つある。
DSC_0657_20160630193717c58.jpg

再び山頂を振り返る。
DSC_0658_2016063019371864b.jpg

というわけでランチポイントに到着。
DSC_0645_20160630193801d3f.jpg

もう一度丁寧に、展望を堪能する。
さすがに温泉ヶ岳(2333m)はお馴染みでしょう。
DSC_0660_2016063019364934e.jpg

やはり森林限界を超えると気分が違う。
DSC_0662_20160630193652208.jpg

五色沼のほとりに道が見える。誰か歩いているようだ。
DSC_0661_201606301936515a2.jpg
DSC_0663_20160630193654494.jpg

外輪山の向こうに覗いている双耳峰は燧ヶ岳(2356m)だろうか。
DSC_0664_20160630193655b03.jpg

五色山の稜線にも人影が見える。
DSC_0665_201606301936264a5.jpg

日光白根山にもかすかに。
DSC_0666_20160630193627c29.jpg

さて、そろそろ出発するか。
DSC_0667_20160630193629f58.jpg

ますはゆるやかな下り。
DSC_0659_20160701065246558.jpg
DSC_0668_201606301936300a1.jpg

すぐに中間ピークを通過する。
DSC_0669_20160630193632ec4.jpg

これが五色山の全容。
DSC_0670_20160630193601b1d.jpg

眼下には温泉街と湯ノ湖。
DSC_0673_20160630193605beb.jpg

駐車場にある私の車も米粒のように確認できた。
DSC_0671_20160630193602efc.jpg

大きな男体山(2486m)。
DSC_0672_20160630193604a4f.jpg

ごつごつしたガレ場を行く。
DSC_0675_20160630193607cab.jpg

どこから見ても格好いい日光白根山。
DSC_0676_20160630193536e8b.jpg

前白根を振り返る。
DSC_0681_2016063019354384e.jpg

外輪山たち。
DSC_0678_20160630193537b19.jpg

これは何という鳥だろう。せっかくうまく撮れたのに分からない。
DSC_0679_20160630193539131.jpg
DSC_0680b.jpg

進路は火山らしい道だ。
DSC_0682_201606301935080c7.jpg

右の崖下に岩場。
DSC_0683_20160630193510b52.jpg

徐々に五色沼に近くなってきた。
DSC_0684_20160630193511d72.jpg

はるかに平ヶ岳。
DSC_0685_201606301935131e3.jpg

ダケカンバ。いい写真でしょ。
DSC_0686_2016063019351519f.jpg

五色山の登りは意外に長そう。
DSC_0687_20160630193445fb5.jpg

それに急そう。
DSC_0688_20160630193447836.jpg

もったいないけど、急な岩場を下る。
DSC_0689_20160630193448d54.jpg

60mくらい下ってしまった。
DSC_0690_20160630193450a27.jpg

すぐに登り返し。
DSC_0691_2016063019345185f.jpg

右手に雪渓。
DSC_0692_20160630193421440.jpg

登りもガレ場。
DSC_0694_20160630193423011.jpg

だいぶ五色沼を回り込んできた。
DSC_0695_201606301934254ff.jpg

ん、外輪山の内壁に赤い屋根が見えるぞ。
DSC_0697_20160630193427b36.jpg

あれこそが五色沼避難小屋だ。
DSC_0696_201606301934265db.jpg

五色山の稜線中段まで登ってきた。
DSC_0699_20160630193400b4c.jpg

あと半分。
DSC_0700_2016063019340129a.jpg

前白根方面を何度か振り返る。
DSC_0701_20160630193402868.jpg
DSC_0702_20160630193404037.jpg

雪渓の向こうに日光連山。やはり絵になる風景だ。
DSC_0703_2016063019340504d.jpg

(つづく)

スポンサーサイト
このページのトップへ

前白根山(2)

【2016年5月22日(日)】前白根山
前白根山(2373m)への登山道から外れて、外山(2204m)に登頂した。
鞍部から8分ほどだった。
と言っても、樹木が生い茂っていて、頂上がどこかははっきりとは分からなかった。
DSC_0521_20160628065412769.jpg

東側が開けていて、眺望は抜群だった。
DSC_0514_20160628065406806.jpg
左から大真名子山(2375m)、女峰山(2483m)、太郎山(2368m)。

眼下は湯ノ湖。
DSC_0526_20160628065348095.jpg

その左に於呂倶羅山(2020m)。右手前の平らな山体は三ツ岳(1945m)。その手前に湯元温泉街。
DSC_0516_20160628065407d9a.jpg

それぞれを望遠で。
DSC_0518_2016062806540938a.jpg
DSC_0519_20160628065410a99.jpg

温泉ヶ岳(2333m)の東の稜線。
DSC_0524_20160628065345cfb.jpg

金精道路(国道120号線)などなど。
DSC_0525_201606280653466bf.jpg

さて登山道に戻ろう。
DSC_0522_201606280653435c6.jpg
だが、さっき確認しておいた踏み跡のリボンが見あたらない。
山頂周辺をかなりうろついたのだが、ない。

こんな写真を撮っているバヤイじゃないのだが。
DSC_0527_20160628065350002.jpg
DSC_0528_20160628065323610.jpg

何度か、あちこち行ったり来たりを繰り返して、やっと踏み跡を発見。
その道をたどって下っていくと、登りの時なぜ、踏み跡を見失ってしまったかが分かった。
このかすかな踏み跡はヤブの中に通じていたので、思わず開けた方に進んでしまったのだ。
それがここだ。
DSC_0529_201606280653259d7.jpg
左奥に行くべきだったのに、安易に右に進んでしまったようだ。

とにかく踏み跡を見つけて、ひと安心。
DSC_0530_20160628065326742.jpg

登りに8分だったのに、下りに10分もかかり、往復に20分も費やしてしまった。
DSC_0531.jpg
もう少し距離があったら、かなり苦労していただろう。
やはりルートファインディングは難しい。

気を取り直して、登山道を進む。
DSC_0532_20160628065329f67.jpg

ここからは、ほぼ尾根沿いに登っていく。
DSC_0533_2016062806530396a.jpg

このあたりでも、タカネザクラが咲いていた。
DSC_0534_20160628065304ab3.jpg

これはダケカンバだろう。不思議な形に成長したものだ。
DSC_0535_20160628065306d6b.jpg

結構傾斜があるが、さっきまでの急登に比べれば、屁でもない。
DSC_0536_201606280653071ed.jpg

冬に歩いた記憶がある傾斜だ。
DSC_0537_201606280653081bb.jpg

コバイケイソウ。
DSC_0538_20160628065242325.jpg

雪洞を掘ったのは、このあたりの斜面だっただろうか。
DSC_0539_2016062806524420f.jpg

だとしたら、この先は未知の道。ぐいぐい登っていく。
DSC_0540_201606280652457ff.jpg

左手の斜面にはコバイケイソウの群落が発達していた。
DSC_0541_201606280652471a6.jpg

こちらはシャクナゲの赤ちゃん。
DSC_0544_20160628065222669.jpg

振り返ると、外山(左)と男体山(2486m)のシルエット。
DSC_0542_20160628065248749.jpg

おお、前方に大きな雪渓が見えてきた。
DSC_0545_201606280652249c5.jpg
こういうのを見ると、春山に登っているなあという実感が湧いてくる。

間もなく、白根沢分岐を通過。
DSC_0546.jpg

ここを右折すれば、白根沢を通ってゲレンデまで下ることができる。
DSC_0543_2016062806522183b.jpg

道は白根沢の最上流部をトラバースする。
DSC_0547_2016062806522728b.jpg

やはり雪渓はうれしい。
DSC_0548_2016062806515994a.jpg
DSC_0549_20160628065201a87.jpg

コバイケイソウも、このあたりではまだ赤ちゃん。
DSC_0550_20160628065202740.jpg
DSC_0552_20160628065205a33.jpg

涸れた白根沢を渡渉する。
DSC_0551_20160628065204ab9.jpg
DSC_0553_20160628065139c7c.jpg

雪解けが早かった場所は、それだけ成長も早い。
DSC_0554_201606280651400fe.jpg

いやあ、春らしい道だ。るんるんしてくる。
DSC_0555_201606280651424d1.jpg

ここはわざと雪の上を歩く。
DSC_0556.jpg

固く締まっているので、踏み抜くことはない。
DSC_0557_2016062806514554c.jpg
DSC_0559_20160628065117383.jpg

去年だったら、まだ全体が雪山だっただろう。
DSC_0558_20160628065115602.jpg

外山鞍部から30分かからずに、天狗平に到着。
DSC_0563_20160628065118c50.jpg

ここで、しばし立ち休み。
すると、単独男性が追いついてきた。
DSC_0566_20160628065119673.jpg

追い抜かされないうちに天狗平を後にする。
DSC_0567_201606280651216c5.jpg
DSC_0568_20160628065053fcb.jpg

標高も2200mを超え、さらに残雪が目立ってきた。
DSC_0569_20160628065055668.jpg

山頂手前のピークは巻いていく。
DSC_0570_20160628065056a58.jpg
DSC_0571_201606280650584c7.jpg

前方に見えるは頂上から延びる支尾根。
DSC_0572_20160628065059e67.jpg

その右には温泉ヶ岳(右)から北西へ延びる稜線。左は根名草山(2330m)。
DSC_0573_20160628065029a8f.jpg

あれれ、もう頂上台地に出た。
DSC_0575_20160628065031433.jpg

ここで道は右に屈曲。
DSC_0576_2016062806503241b.jpg

ちょっと、後ろを振り返る。
DSC_0577_20160628065034b24.jpg

頂上台地だと思ったら、まだ先があった。
DSC_0578_20160628065035866.jpg

道理で早すぎると思った。
DSC_0580_20160628065010727.jpg

しかし、気持ちのいい高原状の道だ。
DSC_0579_20160628065008863.jpg
DSC_0581_20160628065011a3b.jpg

このあたりもコバイケイソウの大群落。
DSC_0582_2016062806501282f.jpg
DSC_0583_201606280650142d0.jpg

またまた日光連山が見えてきた。
DSC_0585_201606280649454ed.jpg

男体山や女峰山など役者がそろっている。
DSC_0587_2016062806494758b.jpg

おっと、これは見事な雪渓。
DSC_0588_201606280649487f5.jpg

横に長く続いている。
DSC_0589_20160628064950947.jpg
DSC_0592_20160628064924404.jpg

爪先を蹴り込みながら進む。
DSC_0590_20160628064951709.jpg

なかなか分厚いではないか。
DSC_0591_20160628064923310.jpg

この雪渓を乗り越えて見えた光景に思わず、生つばを呑んだ。
DSC_0593_201606280649265d6.jpg

日光白根山(2578m)が全く想像もしていなかった姿で出現したのである。
DSC_0594_2016062806492793a.jpg

この山を何度も遠くから眺めてきたが、4年前に登った時は雨のため、間近からその姿を見ることはできなかった。
DSC_0595_201606280649293da.jpg
実に火山ドームらしい山容だ。
この感激は、おそらく今年のベスト3に入るだろう。
いや、今までの登山歴の中でも、ベスト3に入れてもいいくらいのインパクトだった。

私はこのピークを勝手に、前々白根山と名付けた。
DSC_0599_201606280649048c2.jpg

前方に見えるのは前白根山のピーク。
DSC_0596_201606280648590ee.jpg

北西の鞍部の先に見えるピラミッドは笠ヶ岳(2057m)。その右奥の残雪の山はおそらく巻機山(1967m)。
DSC_0597_201606280649012b3.jpg

日光白根山の手前左に延びる稜線のピークは白根隠山(2410m)。
DSC_0598_20160628064902a0c.jpg
「山と高原地図」に登山道は書かれていないが、森林限界に達しており、普通に歩けそうだ。

大きな感動を胸に前白根山に向かう。
DSC_0600_201606280649052d1.jpg

絶景ルートである。
DSC_0601_20160628064835ae5.jpg

白根隠山の左には白桧岳(2394m)が続いている。
DSC_0602_20160628064836ba4.jpg

これは白根山と前白根山のコラボ。
DSC_0603_20160628064838a6b.jpg

いや、何枚撮っても、シャッターを押す指が止まらない。
DSC_0605_20160628064839061.jpg

何度も立ち止まるものだから、とうとう天狗平で近づいてきた人に抜かれてしまった。
DSC_0606_20160628064841e8f.jpg

少し興奮を抑えなければ。
DSC_0607_20160628064810ff5.jpg

とりあえず樹林帯は心穏やかに歩ける。
DSC_0608_2016062806481222b.jpg

というかダケカンバの林も見事じゃないか。
DSC_0609_20160628064813d8b.jpg

稜線で風が強いはずなのに幹が傾いていないのが不思議。
DSC_0610_20160628064815c10.jpg

東斜面には雪渓が残る。
DSC_0611_20160628064816f98.jpg
DSC_0612.jpg

ああ、またあそこで展望が開けてしまう~
DSC_0613_20160628064750a8c.jpg

正面の饅頭が前白根山。
DSC_0614_20160628064751208.jpg

左奥に白桧岳。まだ、あのあたりは冬枯れのままだ。
DSC_0615_201606280647528c1.jpg

右前方は温泉ヶ岳。
DSC_0616_20160628064754a90.jpg

さあ、前白根山頂上は目前だ。
DSC_0617_2016062806473580e.jpg

(つづく)

このページのトップへ

前白根山(1)

【2016年5月22日(日)】前白根山
奥日光湯元温泉の「実之屋」に泊まっている。
6時に起床。朝食は7時。目の前でベーコンエッグを焼けるのがヒットだった。
DSC_2314_20160627203243264.jpg

実は今日のお昼を買うのを忘れていた。
近くに店がないので、昨日宿に弁当を作ってもらえるか頼んでみたら、OKとのことで助かった。500円だった。
おにぎりを受け取って、8時前にチェックアウト。
DSC_2315_20160627203245168.jpg
お世話になりました。

車で湯元本通りの駐車場まで移動。
DSC_0432_20160627203802e73.jpg
まだ朝早いので、さすがに車はほとんど駐まっていない。

すぐ横にかなり前に廃業したと思われる白亜のガソリンスタンドがあった。
DSC_0429_20160627203757cfd.jpg

今日もいい天気だ。
DSC_0430_20160627203759379.jpg

ストレッチを済ませて、8時過ぎに出発。
DSC_0431_201606272038017db.jpg

まずはホテル街を、登山口のある日光湯元スキー場に向かう。
DSC_0433_20160627203803a37.jpg

道は一直線。
DSC_0434_201606272037371ae.jpg

今回の山行の宿として検討した「奥日光小西ホテル」。
DSC_0435_20160627203738fc9.jpg

五色沢を白根橋で渡る。
DSC_0436_20160627203740fe9.jpg
DSC_0437_201606272037422df.jpg

右手に「奥日光高原ホテル」。
DSC_0438_20160627203743996.jpg

このホテルでは玄関近くに、地下60mから汲み上げた日光白根水の水汲み場を設けて、一般の人に開放しているとのこと。
DSC_0439_20160627203717d70.jpg

左手に「東武日光湯元ロッヂ」。
DSC_0440_20160627203718294.jpg

その先が日光湯元スキー場。
DSC_0441_20160627203720f1e.jpg

骨折した時にお世話になったパトロール本部。何だか懐かしい。
DSC_0442_201606272037212e3.jpg

まずはこのゲレンデを登っていく。
DSC_0443_2016062720372386a.jpg

その前に登山届を提出。
DSC_0444_201606272036558a1.jpg

スキー場の作業道が登山道になっている。
DSC_0445_20160627203656006.jpg

ここは、夏はキャンプ場としても利用されているようだ。
DSC_0446_20160627203658c77.jpg

前方に荒々しい金精山(2244m)がそびえている。
DSC_0447_20160627203659c76.jpg

振り返ると男体山(2486m)が霞む。
DSC_0448_20160627203701a56.jpg

正面に見えるのが前白根山(2373m)。
DSC_0449_20160627203631dc4.jpg

このスキー場は東武系の経営のようだ。
DSC_0451_20160627203633136.jpg

おそらく、このあたりが事故現場。
DSC_0453_20160627203634b60.jpg

万感の思いを込めて通過。
DSC_0456_2016062720363629f.jpg

右手には温泉ヶ岳(2333m)。
DSC_0457_20160627203637d63.jpg

山の上の方にはまだわずかに雪が残る。
DSC_0458_20160627203608e2c.jpg

下の方では、トウゴクミツバツツジがピンクの花を咲かせていた。
DSC_0459_20160627203610aec.jpg

振り返ると、中禅寺湖南岸の半月山(中央、1753m)や社山(右、1827m)が浮かんできた。
DSC_0460_201606272036111cf.jpg

夏道と冬道は違うので、どのルートをたどっていいのか、ちょっと心配だったが、一応道標が立っていた。
DSC_0461_20160627203613fa2.jpg

リフトの右側を行けばいいようだ。
DSC_0462_2016062720361477b.jpg

間もなく休憩スポット。スキー場に入ってからちょうど30分。
DSC_0463_20160627203547188.jpg
標高はここで約1670m。駐車場から200m登ってきたことになる。
ここからゲレンデを離れ、本格的な登山道。
その前にせっかくだから数分休んで、息を整えた。

さあ、腰を上げよう。
DSC_0464_201606272035480c0.jpg

この白根沢には、まだ雪渓が残っていた。
DSC_0465_20160627203550d8a.jpg

オリエンテーリングのマーキングに従って登っていく。
DSC_0466_20160627203551b18.jpg

山腹は新緑が鮮やかだ。
DSC_0468_20160627203553464.jpg

足元の方はやや荒れ気味。
DSC_0470_20160627203524596.jpg

立派な白根登山道の道標が立っている。
DSC_0471_20160627203526354.jpg

何か刻んであるようだ。
DSC_0472_2016062720352721e.jpg
「白根山新雪匂う友のため倒れし君らの御いのち崇し」
なんと慰霊碑だった。玉川大学ワンダーフォーゲル部の学生らしい。

判読に苦労している間に、単独の外国人女性が抜かしていった。
DSC_0473_2016062720352965f.jpg
みるみる見えなくなってしまった。

こちらはゆっくり、石の堰堤の横を通過。
DSC_0474_201606272035300ac.jpg

次はコンクリートの堰堤。
DSC_0475_20160627203501c61.jpg

その上には雪渓が延びている。
DSC_0476_20160627203503670.jpg

沢沿いを離れ、山腹に取り付く。
DSC_0478_20160627203505951.jpg

ここで冬道と合流する感じだ。
DSC_0479_201606272035060a1.jpg

東に三ツ岳(1945m)と、右に太郎山(2368m)。
DSC_0481_20160627203507433.jpg

ここからは分かってはいるが猛烈な急登。
DSC_0482_20160627203436870.jpg

標高差400mの急坂を容赦なく直登する。
DSC_0484_2016062720343742c.jpg

冬にテン泊の人がいた、平坦なスペース。
DSC_0485_20160627203439ff9.jpg

急坂に加えて、木の根がかなり激しい。
DSC_0486_20160627203441d78.jpg
DSC_0488_20160627203414f43.jpg

この段差がまた消耗させられる。
DSC_0490_201606272034175c8.jpg
DSC_0491_20160627203418917.jpg

真っ白なオオカメノキの花もほとんど励みにならない。
DSC_0487_2016062720344204d.jpg

もちろん、これも何の慰めにもならない。
DSC_0492_201606272034206bb.jpg

眼下にゲレンデが覗けた。
DSC_0489_20160627203415a92.jpg

下のベンチから40分ほど歩いただけで息切れ。
とくに休憩スポットではないが、ザックを放り投げて、へたり込む。
DSC_0493_20160627203351d5f.jpg
ちょうど標高は1900mくらいの場所だ。

歩く気力がなくならないうちに出発。
今度はガレた道を登る。
DSC_0496_20160627203351626.jpg

おお、タケネザクラだろうか。
DSC_0497.jpg
桜に逢えるとは。

木々を透かして、温泉ヶ岳。
DSC_0498_20160627203355f4b.jpg

よし、だいぶ登ってきたぞ。
DSC_0499_20160627203356a2b.jpg

あそこにもいずれ行かねばなるまい。
DSC_0500_201606272033268ac.jpg

温泉ヶ岳の西の稜線。
DSC_0501_20160627203327710.jpg

この標識まで来ると、稜線までもう少しだった気がする。
DSC_0502_2016062720332913a.jpg

おや、登山道に残雪が現れた。
DSC_0504_20160627203330991.jpg

これでも今年は少ない方なのだろう。
DSC_0507_20160627203302a41.jpg

ところどころに残っているだけだ。
DSC_0506_20160627203332729.jpg

やっと稜線が見えた。
DSC_0509_20160627203305b9d.jpg

外山鞍部である。ベンチから約1時間半。ほぼコースタイム通りだった。
DSC_0510_201606272033064c8.jpg
冬は4人で交代しながらラッセルして2時間半かかったことを考えると、これでも楽のうちなのだろうが、やはり疲れた。

でも、休むことなく、外山(2204m)へのピークハントに挑む。
DSC_0511_20160627203308d99.jpg

標高差は40m程度。踏み跡もあるし楽勝だろうと高をくくっていたが、それは甘かった。
黄色いテープをたどりながら最初は順調。
DSC_0512_20160627203308228.jpg

シャクナゲのつぼみを愛でる余裕もあった。
DSC_0513_20160627203239d98.jpg

しかし、途中でテープを見失い、激しいシャクナゲのヤブこぎを強いられた。
それでも、登りは標高の高いところを目指せば、変な岩稜さえなければ、たいてい頂上にはたどり着ける。
ここでも、強行突破を繰り返しながら、偶然正規の踏み跡に戻り、頂上に達することはできた。
残念ながら、山名板を見つけることはできなかったが。
DSC_0520_20160627203242586.jpg

でも、ここからの眺望は抜群だった。
DSC_0515.jpg
(男体山)

(つづく)
このページのトップへ

刈込湖・切込湖(下)

【2016年5月21日(土)】刈込湖・切込湖
切込湖を過ぎて、山王峠に向かっている
右手にササ山が現れた。
DSC_0316_20160627062609708.jpg

と思ったら、左手が開けた。
DSC_0317_20160627062611d18.jpg

涸沼である。奥は山王帽子山(2077m)。
DSC_0321_201606270626134c6.jpg

一面のササ原の中に立つカラマツが美しい。
DSC_0323_20160627062615120.jpg

道は涸沼の縁をトラバースしている。
DSC_0318_20160627062612da6.jpg
DSC_0326_20160627062547cf7.jpg

沼の底には土が露出している部分もある。
DSC_0325_20160627062546ea8.jpg

梅雨時などは水溜まりができるのだろうか。
DSC_0327_201606270625499e9.jpg

それにしても、ここは絶景だ。
DSC_0328_20160627062550edc.jpg

手を広げて下りていってしまいたくなる。
DSC_0329_20160627062552f51.jpg

振り返ると、於呂倶羅山(2020m)。
DSC_0330_2016062706252277d.jpg
「山と高原地図」によると、「ヤブ山だが、山王林道から尾根沿いに踏み跡がある」という。
いつか行ってみよう。
ちなみに「オロ」は日蔭、「クラ」は岩場のこと。

初夏になると一面緑色になるんだろうなあ。
DSC_0331_20160627062524175.jpg

いろんな植生もそれぞれ美しい。
DSC_0334_20160627062525c73.jpg
DSC_0335_20160627062527630.jpg
DSC_0336_20160627062528de5.jpg

涸沼の真ん中ではカラマツの赤ちゃんが生まれていた。
DSC_0337_20160627062501957.jpg

あれはクマかと思ったら岩だった。
DSC_0338_20160627062502e4c.jpg

展望スポットに着いたので、ここで小休止。
DSC_0339_20160627062504f0a.jpg
あまりに景色がいいので、10分ほどのんびりした。

この先は整備された遊歩道を進む。
DSC_0340_2016062706250534f.jpg

斜面もササに覆われている。
DSC_0341_20160627062507071.jpg

歩道上にロックガーデン。
DSC_0342_20160627062439b59.jpg

このあたりは縁石をこしらえてあった。
DSC_0344_20160627062440127.jpg
DSC_0349_2016062706241581a.jpg

山王峠までは、あと900m。
DSC_0346_201606270643252f0.jpg

涸沼周辺は不思議なことに下から紅葉が始まるのだという。
DSC_0347_2016062706244354c.jpg

すり鉢状の地形のため冷気が底にたまりやすいからだそうだ。
DSC_0350_201606270624160c3.jpg

ジャンプ台?
DSC_0348_2016062706244404b.jpg

さて、登りにかかる。
DSC_0352_20160627062418274.jpg

車道の山王峠までは、ここから標高差120m。
DSC_0354_20160627062419db2.jpg

思わず泳ぎたくなる。
DSC_0356_201606270624210de.jpg

実によくできた造形だ。
DSC_0357_2016062706235238c.jpg

あれはさっき、刈込湖にいた2人組かしら。
DSC_0358_20160627062353f48.jpg

少しずつ標高を上げていく。
DSC_0359_20160627062354ee6.jpg
DSC_0360_20160627062356e42.jpg

確かに涸沼はすり鉢状だ。
DSC_0362_201606270623578e1.jpg

谷間から見えてきたのは温泉ヶ岳(2333m)。
DSC_0363_201606270623251a1.jpg

これで涸沼はほぼ見納め。
DSC_0364_201606270623263d7.jpg

樹林帯に入る。
DSC_0366_20160627062328c62.jpg

またまたオオカメノキ。
DSC_0367_2016062706232990e.jpg

つづら折りの道だ。
DSC_0368_2016062706233277c.jpg
DSC_0370_20160627062303053.jpg

この先は人工的な石が続く。
DSC_0369_2016062706230144b.jpg
DSC_0371_20160627062304c68.jpg
DSC_0372_20160627062306600.jpg

山王林道に達すると、しばらく擁壁に沿って歩いた。
DSC_0373_201606270623075c8.jpg

ここにも、かわいいタチツボスミレ。
DSC_0374_201606270622340c8.jpg

下の展望スポットから30分ほどで車道の山王峠に着いた。
DSC_0375_201606270622366a9.jpg

ここから先は、2013年の10月に高校の後輩Sさんと太郎山(2368m)に登った時に歩いたコースだ。
DSC_0376_201606270622372ab.jpg

本当の山王峠を目指して、階段を登る。
DSC_0377_20160627062239539.jpg

その先は木道。記憶の通りだ。
DSC_0378_201606270622402e4.jpg

左手に男体山(2486m)のシルエット。
DSC_0379_201606270622083cc.jpg
この角度から見るのが、頂上部分の形が最も崩れていない。
かなりつぶれた感じだが。

正面は三ツ山(1945m)。
DSC_0381_20160627062210420.jpg

木道は終わり。
DSC_0382_20160627062211fc5.jpg

間もなく、山王峠(1741m)。
DSC_0383_201606270622130f6.jpg

ここからは下るのみだ。
DSC_0384_20160627062214fe7.jpg

峠から光徳牧場までの標高差は300mほど。
DSC_0385_201606270621433d6.jpg

ダケカンバの林を行く。
DSC_0386_20160627062144480.jpg

それを抜けると、カラマツ林。
DSC_0390_20160627062146d92.jpg

傾斜はそれほどきつくないが、わりと長い。
DSC_0391_20160627062147080.jpg

やっと中間地点。
DSC_0393_20160627062149f4b.jpg

再び明るい広葉樹の森になる。
DSC_0394_201606270621164ee.jpg
DSC_0395_201606270621182c2.jpg

道幅も広くなってきた。ということは、もう少しかな。
DSC_0398_20160627062119bc3.jpg

おお、牧場まであと200m。
DSC_0401_2016062706212177a.jpg

ようやく下界に下りてきた。
DSC_0404_20160627062049acd.jpg

この先、ハイキングコースは戦場ヶ原まで続いているが、もう4時近いので、今日のところはこのあたりで打ち止め。
DSC_0403_20160627062122c59.jpg

とにかく光徳牧場を目指す。
DSC_0406_2016062706205060d.jpg

その前にトイレ。
DSC_0407_20160627062053616.jpg

山王峠から50分ほどで光徳牧場に到着した。
DSC_0411_201606270620257cc.jpg

背後の山は三ツ岳。
DSC_0409_201606270620550e4.jpg

ここでは、やはりアイスクリームを食べなければならない。
DSC_2299_20160627061936ee8.jpg

下山ビールもいいが、本当は下山ソフトの方が好きだ。
DSC_2298_20160627061934c35.jpg
ふう、生き返る。

10分ほど休んで出発。
DSC_0413.jpg

敷地に馬頭尊などいくつかの石碑が並んでいた。
DSC_0408_20160627062053545.jpg

ちょっと、牧場そのものも覗いてみた。
DSC_0414_20160627062028c8b.jpg
DSC_0416_2016062706203111e.jpg

牛たちは牛舎の近くにいた。
DSC_0415_20160627062030a35.jpg

牧場を後にして、バス停のあるアストリアホテルに向かう。
DSC_0417_2016062706195490d.jpg

ここには光徳温泉という温泉があり、日帰り入浴も可能らしい。
DSC_0420_201606270619567ad.jpg
DSC_0421_20160627061957b01.jpg

バス停に着いたのは16:17。
DSC_2302_20160627061906579.jpg
バスの時間は16:24なのでジャストタイミング。

身支度を整えているうちに、バスが到着した。
DSC_0422_20160627061959c67.jpg
車を置いてある湯滝入口まで運んでもらう。
バスはわりと混んでいたが、座れたような気がする。

7分ほどで湯滝入口に到着。
DSC_0424_201606270620003d1.jpg

駐車場までは数百mほど遊歩道を歩かされた。
DSC_0425_201606270619300db.jpg
DSC_0426_20160627061931164.jpg

不気味な樹木に、ちょっとびっくり。
DSC_0427_20160627061933e35.jpg
車に戻ってみたら、スモールランプがつけっぱなしだった。
危ない、危ない。バッテリーが上がっていたら目も当てられなかった。

今夜の宿はちょっと奥まったところにある「実之屋」。
DSC_2304_20160627061908ee2.jpg

見かけはペンション風だが、こじんまりした旅館だ。
DSC_2305_201606270619090bd.jpg

お部屋はこんな感じ。
DSC_2306_201606270619115f3.jpg

ひと息入れてから、さっそくお風呂へ。
DSC_2308_2016062706191279c.jpg
強烈な硫黄泉で、のんびり浸かって体が芯から温まった。

食事は午後6時から。メーンは豆乳鍋。
DSC_2309_20160627061842389.jpg
これはかなり美味しかった。

もちろん、ビールもいただきます。
DSC_2310_20160627061844048.jpg

さらにお昼に続いて、アユの塩焼き。
DSC_2311_2016062706184512f.jpg

他にも2品。
DSC_2312_20160627061847927.jpg
DSC_2313_20160627061848d4e.jpg
そんなに高級ではなかったが、和風の小鉢がたくさんあって、年寄りには満足のいくものだった。
満腹になると、途端に眠くなる。8時すぎには寝てしまった気がする。

【行程】2016年5月21日
湯滝駐車場(11:03)~湯滝(11:04撮影等11:11)~湯元温泉(11:46)~国道交差点(12:07)~小峠(12:34休憩12:39)~刈込湖(13:08昼食13:33)~涸沼(14:20休憩14:37)~山王峠(15:09)~光徳牧場(15:57休憩16:09)~光徳温泉バス停(16:17)
※所要時間:5時間14分(歩行時間:4時間)コースタイム:4時間40分
※登った山:なし
※歩行距離:10.4km
このページのトップへ

刈込湖・切込湖(中)

【2016年5月21日(土)】刈込湖・切込湖
湯元温泉の源泉見学を終えて、刈込湖への登りにさしかかった。
DSC_0215_20160626211433a06.jpg
DSC_0216_201606262114357d5.jpg

すこし高い場所から、源泉地帯を俯瞰する。
DSC_0217_20160626211436c38.jpg

源泉が川になって流れているのに、ちょっとびっくり。
DSC_0218_201606262114385c1.jpg

植物も、源泉の直近ではさすがに育たないようだ。
DSC_0219_20160626211439f94.jpg

巨木の陰にトウゴクミツバツツジ。
DSC_0220_20160626211413a1d.jpg
DSC_0222_20160626211416703.jpg

温泉街。有名なわりにはそれほど大きな町ではない。
DSC_0221_201606262114140e7.jpg

10分ほど登ったところで、国道と交差する。
DSC_0223_20160626211417548.jpg

国道を横断すると、再び登山口。こちらにも車は駐められるようだ。
DSC_0224_20160626211419fb1.jpg

ここで標高は約1550m。
DSC_0225_20160626211351023.jpg

小峠までの標高差は120mほど。
DSC_0226_20160626211352193.jpg

トラバース気味になだらかに登っていく。
DSC_0227_201606262113540f5.jpg

左下に蓼ノ湖(うみ)という小さな湖があるらしいのだが、樹木が邪魔して全く見えない。
DSC_0228_2016062621135542d.jpg

オオカメノキの白い花が咲いていた。
DSC_0229_20160626211357703.jpg

路面に岩が露出してきた。
DSC_0230_20160626211329f98.jpg

と思ったら、また真っ平らに。
DSC_0232_20160626211330c0d.jpg

左手に見えるのは、温泉ヶ岳(2333m)への稜線。
DSC_0233_201606262113323dd.jpg

倒木を越えて、さらに進む。
DSC_0234_201606262113332d9.jpg

道が石段になった。
DSC_0235_2016062621133562d.jpg

ということは、そろそろ峠も近いのかな。
DSC_0237_2016062621130626f.jpg

国道から30分弱で、小峠に着いた。
DSC_0238_201606262113085f6.jpg

ここの標高は1672m。とくに展望はなかった。
DSC_0239_20160626211309aed.jpg

でも、ベンチもあることだし、折角だからひと休み。
DSC_0241_20160626211311aca.jpg
行動食のお菓子などをつまむ。

お腹も空いてきたので5分ほどで出発。湖畔でお昼にする予定だ。
DSC_0242_20160626211312834.jpg

道の真ん中に立ちはだかる巨岩を避ける。
DSC_0243_20160626211243bb1.jpg

そこにタチツボスミレがひっそりと咲いていた。
DSC_0244_20160626211245fcb.jpg
DSC_0245_201606262112460ae.jpg

峠を越えたはずなのに、道が下りにならない。
DSC_0246_20160626211248150.jpg

むしろ、なだらかに登っている。
DSC_0248_20160626211249426.jpg

三ツ岳(1945m)の裾を巻いていくようだ。
DSC_0249_20160626211218b64.jpg

立派な階段が整備されていた。
DSC_0250_201606262112190fe.jpg

さらには、露岩帯。
DSC_0251_20160626211221bfa.jpg

これらを抜けると、旧林道に出た。
DSC_0252_20160626211223ac6.jpg

地形図を見ると、この道は湯ノ湖の兎島あたりから山に入っている林道のようだ。
DSC_0253_20160626211224524.jpg

途中にゲートがあるのだろう。その奥にあたるこの辺は登山道に流用されている。
DSC_0254_2016062621115508e.jpg

いつごろまで車が通っていたのだろうか。
DSC_0255_20160626211157dc9.jpg

道自体はそんなに荒れていない気がするが。
DSC_0256_201606262112009be.jpg

おお、残雪を発見!
DSC_0257_20160626211201b00.jpg
たぶん、例年なら、この時期まだたくさん雪が残っているのだろう。

間もなく、登山道は左折。
DSC_0259_2016062621120204e.jpg

旧林道はそのまままっすぐ続いている。
DSC_0260_20160626211132463.jpg

それを見送って、立派な木段を下る。
DSC_0261_201606262111347dd.jpg

いよいよ、刈込湖の湖岸に下りるわけだ。
DSC_0262_20160626211135b48.jpg

立派なサルノコシカケ。
DSC_0264_20160626211137494.jpg
このあたりはコメツガの林である。

さらに階段を下る。
DSC_0267_201606262111388cd.jpg

すると、間もなく刈込湖が見えてきた。
DSC_0268_20160626211110b5d.jpg

刈込湖・切込湖は三ツ岳の噴出物が沢をせき止めてできた湖だそうだ。
DSC_0269_2016062621111197c.jpg

その昔、このあたりに大蛇が住み着いて村人たちを苦しめていた。
そんな話を聞いた日光開山の祖、勝道上人はその大蛇を切り殺して、この湖に沈めたという。
DSC_0270_20160626211113891.jpg

それが湖の名前の由来らしい。
DSC_0271_20160626211114658.jpg

湖に入ってくる沢はあるが、出ていく沢はない。
DSC_0282_20160626211025080.jpg
DSC_0272_201606262111161e6.jpg

おそらく地下にしみこんでいるのだろう、とのことだ。
DSC_0273_20160626211044527.jpg

対岸に見えるのは、手前が山王帽子山(2077m)、その左奥が太郎山(2368m)。
DSC_0274_20160626211045d29.jpg

北岸には、於呂倶羅山(2020m)。
DSC_0275_201606262110479d9.jpg

さて、もう時間は午後1時を過ぎた。
DSC_0276_2016062621104859b.jpg
さすがにお腹がぺこぺこ。景色のいい湖畔でお昼にする。
写真を撮るのを忘れてしまったが、確か助六寿司だった気がする。

お湯を沸かして、ティーパックのお茶もいただいた。
DSC_0283_20160626211027c3c.jpg

食べ終わったところで、沢の奥の方を少しだけ探検。
DSC_0279_20160626211020892.jpg
DSC_0280_20160626211022f66.jpg

コバイケイソウが群生していた。
DSC_0281_20160626211023215.jpg

その近くには、ミツバオウレンに似たサンリンソウの花。
DSC_0285_20160626210958b76.jpg

ここには、入れ替わり立ち替わりハイカーがやってくる。
DSC_0277_2016062621105082b.jpg

さて、前進するとしよう。
石段を登って、登山道に戻る。
DSC_0286_20160626210959c05.jpg

東へ進み、山王峠を目指す。
DSC_0287_201606262110016f8.jpg

左手眼下に刈込湖を見ながら歩く。
DSC_0288_201606262110028fd.jpg

基本的にトラバースなので道は平坦だ。
DSC_0289_20160626211004ad8.jpg
DSC_0292_20160626210939b1f.jpg

桟橋や巨岩を通過。
DSC_0290_20160626210936262.jpg
DSC_0291_20160626210938b88.jpg

木々の切れ間から湖が見える。
DSC_0293_20160626210941f02.jpg
晴れていると、もっと青いのだろうが、いつのまにか薄曇りになってしまった。

雪解け後の季節だが、水位は例年より低いみたいだ。
DSC_0294_20160626210942c09.jpg

切込湖に近づくと、湖面の幅が狭まってくる。
DSC_0295_2016062621091507b.jpg

ちょうど、2つの湖のくびれ部あたり。
DSC_0297_20160626210917ffc.jpg

地図では、2つの湖はつながっているように表記されているが、この日は水位が低く分断されていた。
DSC_0299_201606262109183b4.jpg

これらの岩は溶岩だろうか。
DSC_0301_20160626210921bf8.jpg

そして、この先が切込湖。
DSC_0300_20160626210920c06.jpg

切込湖の方がさらに水位が低い。
DSC_0302_20160626210851e8a.jpg

あんなに砂浜が露出している。
DSC_0304_20160626210854031.jpg

一応道標が出ていたが、湖岸に下れるわけではなかった。
DSC_0305_20160626210855ac0.jpg

というわけで、むろん直進。
DSC_0303_20160626210852f65.jpg

ユニークな岩。人の頭のよう。
DSC_0306_201606262108573d5.jpg

切込湖を過ぎると、ちょっとしたくぼ地に出る。
DSC_0307_201606262108296db.jpg

そして、すぐに登りに転じる。
DSC_0308_20160626210830fb7.jpg

ただ、それもほんのわずか。
DSC_0309_201606262108324fa.jpg

再び左手にくぼ地が現れる。
DSC_0310_201606262108330ee.jpg

かつては、ここも湖だった時代があったのかもしれない。
DSC_0311_20160626210835e32.jpg

平らな道はほんとに楽チンだ。
DSC_0312_201606262108085c8.jpg

正面に山王帽子山のシルエットが見えてきた。
DSC_0313_201606262108101a8.jpg

この先に涸沼という場所があるようだ。
DSC_0314_20160626210811410.jpg

箱庭のような道を進んだ。
DSC_0315_20160626210813d85.jpg

(つづく)
このページのトップへ

刈込湖・切込湖(上)

【2016年5月21日(土)】刈込湖・切込湖
右足首を骨折したのは昨年の1月。
冬の前白根山(2373m)に雪洞訓練に行った時のことだ。
あの日は風が強くて登頂は断念。スキー場のゲレンデまで下りてきての出来事だった。
それだけに、いずれちゃんと登らなくてはと思っていた。
あれから1年と4か月。
やっと、そんな時期が来た気がして、この週末は奥日光に足を運ぶことにした。
初日は、刈込湖・切込湖で足慣らし。翌日、湯元から前白根山、五色山を周回する計画だ。

東京8:08発の山形行きつばさ127号に乗車。
DSC_2288_20160624061648f58.jpg
DSC_2289_2016062406164998b.jpg
宇都宮には9:01到着。駅西口のトヨタでレンタカーを借りる。
ここは駐車場と事務所が離れていて、駐車場を先に発見したものだから、事務所にたどり着くのに苦労した。
とにかく手続きを済ませて出発。一路、奥日光を目指す。天気も上々である。

いろは坂や中禅寺湖畔を快調に飛ばし、湯滝の駐車場に着いたのは10:50頃。
ここは有料で1回500円取られる。これは覚悟の上だ。
そこそこ車は駐まっていたが、混雑しているほどではない。
DSC_0132_20160624062145ad8.jpg
ストレッチをしていると、団体のおじさんたちが滝の方からやってきて、「あ~こわい、こわい」と言っている。
あ、北海道の人だ、と一瞬で分かってしまった。
「こわい」は「疲れた」という意味の北海道弁だ。

サンドイッチをつまんで、トイレを済ませ、11時すぎに出発。
DSC_0133_20160624062146a84.jpg

すぐそこに滝見のレストハウスがある。
DSC_0134_20160624062148345.jpg
DSC_0137_20160624062152417.jpg

この看板に生つばごっくん。
DSC_0135_201606240621509a8.jpg

きゃ~うまそう。
DSC_0138_20160624062122039.jpg

まだろくに歩いてもいないのに買ってしまった。
DSC_2291_20160624061626ea3.jpg
美味じゃ。朝食が早かったので、少々お腹が空いていたのだ。

滝つぼを見下ろすと、なんと棹をふるっている人が。
DSC_0139_201606240621245df.jpg
ここでアユを釣っているのだろうか。だとしたら、究極の地産地消だ。

とにかくアユの塩焼きを頬張りながら、滝見物。
DSC_0141_20160624063128afe.jpg

前回、秋に来た時は水量が少なかったが、この時期はやはり雪解け水もあって豊富だ。
DSC_0140_20160624062126d64.jpg

華厳の滝、竜頭の滝と並んで日光3名瀑の一つである。
DSC_0142_20160624062128aa7.jpg

さすがに大迫力。落差50m、幅25mもある。
DSC_0143_20160624062101235.jpg

滝のそばに「晃山湯瀑記碑」がたたずんでいた。
DSC_0147_20160624062104408.jpg

説明は、この案内板をご覧下さい。
DSC_0146_20160624062102c44.jpg

ここから滝の落差分、階段を登る。
DSC_0148_20160624062105aec.jpg

もうアズマシャクナゲが咲いていた。白い花びらが可憐だ。
DSC_0149_2016062406210768a.jpg

階段はけっこうきつい。歩き始めだから、調子に乗らないようにしなくては。
DSC_0150_201606240620384f1.jpg

木々の間からも湯滝は見える。
DSC_0151_2016062406204081a.jpg

国道の近くまで登ってくると、やっと平坦になった。
DSC_0152_201606240620414d6.jpg

湯滝の落ち口。水が跳ねている。
DSC_0154.jpg

奥に見えるのは、中禅寺湖の北岸に位置する高山(1668m)かしら。
DSC_0155_20160624062044ab2.jpg

湯ノ湖に出た。
DSC_0157_201606240620157dc.jpg

湖畔の国道は何度も通っているが、湖をゆっくり鑑賞したことはなかった。
DSC_0158_20160624062017398.jpg

だから、今回は湯元温泉ではなく、湯滝スタートにしたのだ。
DSC_0159_20160624062018876.jpg
正面の凹みは金精峠。その左の荒々しい突起が金精山(2244m)。右は温泉ヶ岳(2333m)。

その左は外山(2204m)。
DSC_0160_201606240620203f4.jpg
この山は登山道から離れているが、明日ピークハントするつもりだ。

この橋を渡ると、湯ノ湖一周ができるが、今回は時間の都合により省略。
DSC_0161_20160624062021b1b.jpg

湖面は標高1475mほどあり、まだ新緑の季節である。
DSC_0163_2016062406195272b.jpg

岸辺は火山性の湖らしい景観だ。
DSC_0164_20160624061953bd7.jpg

では、湖岸の道を進む。
DSC_0165_20160624061955de0.jpg

この湖に明治初期からたくさんの魚が放流されてきたらしい。
DSC_0167_20160624061956d90.jpg

現在釣れるのは、マス系。
DSC_0168_201606240619584c6.jpg

いきなり、目の前で放流作業が行われていた。
DSC_0169_20160624061928fda.jpg

のんびりと木道を歩く。
DSC_0171_20160624061929071.jpg

外山から前白根山方面。
DSC_0172_2016062406193194f.jpg

木漏れ日のすがすがしいハイキングだ。
DSC_0173_20160624061932603.jpg

おや、マガモさん。
DSC_0174_2016062406193458b.jpg

歩くにつれて、山が見える角度も違ってくる。
DSC_0176_201606240619059ae.jpg

お、今度はコイかな。動きがにぶい、水温が温泉で高いから、のぼせているのか。
DSC_0177_2016062406190671c.jpg

半島の兎島へは遠回りになるので今回はパス。
DSC_0179_20160624061908a8e.jpg

湖面は鏡のように静かだ。
DSC_0180_2016062406190986d.jpg

半島のくびれ部を通過する。
DSC_0182_20160624061911694.jpg

すぐ先に葛西善蔵の文学碑。
DSC_0184_2016062406184170a.jpg
「秋ぐみの 紅きをかめば 酸くしぶく タネあるもかなし おせいもかなし」
葛西善蔵(1887~1928年)は大正13年(1924年)9月、湯元温泉の「板屋旅館」に投宿。ひと月ほどで私小説「湖畔日記」を書き上げた。
その文中にある歌で、おせいとは愛人のことらしい。

おお、トウゴクミツバツツジも色鮮やか。
DSC_0185_20160624061843c4f.jpg

湯元温泉が近づいてきた。
DSC_0186_20160624061844a0d.jpg

歩きやすい散歩道だ。
DSC_0187_201606240618468b7.jpg

湖畔に日光湯元レストハウス。
DSC_0188_2016062406184736e.jpg

外山がなかなか格好よく見える。
DSC_0190_20160624061818d43.jpg

これは五色山方面。
DSC_0191_20160624061820725.jpg

金精山。
DSC_0192.jpg

遊歩道が終わって、湯元温泉街に着いた。
DSC_0193_20160624061823e64.jpg

さわやかな高原の雰囲気だ。
DSC_0194_20160624061824803.jpg

温泉街に入っていく。
DSC_0195_20160624061755705.jpg

あちこちで源泉が湧いている。
DSC_0199_201606240617591a1.jpg

これは河原湯。
DSC_0196_20160624061756d35.jpg

飲んではいけません。
DSC_0197_20160624061758aee.jpg

こちらは温泉ではなく清水。
DSC_0200_20160624061801bba.jpg

湯元温泉の発見は、日光開山の祖である勝道上人(735~817年)とされる。
日光連山を修行の場としていた修験者が古くから利用していたそうだ。
江戸時代には、ここ河原湯をはじめとして自在湯、笹湯、御所湯など8湯あり、浴槽は11か所あった。
明治に入ると、鶴湯と蓼湯が加わり10湯になったが、現在それらはなくなり、温泉街北側にある湿地帯の源泉が利用されているとのこと。

私の好きな廃屋。南間売店。
DSC_0201_20160624061731aaf.jpg
DSC_0204_201606240617363f0.jpg

右手に温泉神社があったが、階段が延々続いていたので通過。
DSC_0202_2016062406173224c.jpg

ここには、緞子湯がかつてあったようだ。
DSC_0203_201606240617342c0.jpg

その向かいには、湯元温泉で最も古い老舗と言われる「湯守釜屋旅館」。
DSC_0205_20160624061737f04.jpg

その奥に、「紫雲苑」。
DSC_0206_20160624061707876.jpg

さらに北に進むと、源泉のある湿原地帯に入る。
DSC_0208_2016062406170824c.jpg
ここに来るのは、1年2か月ぶり。前回は3月だったので、まだ雪原だった。

奥にはいくつもの小屋がしつらえてある。
それぞれ、宿の源泉なのだろう。
DSC_0209_20160624061710049.jpg
DSC_0213_20160624061645350.jpg

温泉はあちこちから、ふつふつと湧いている。
DSC_0210_2016062406171152e.jpg

このゆらゆら揺れているヒルみたいな動物(植物?)はなんだろう。
DSC_0211_20160624061713951.jpg
かなり気色悪い。

源泉はかなりきつい硫黄泉で、温度は78℃。毎分626㍑湧出しているとのこと。
DSC_0212_2016062406164399d.jpg

源泉見学を終えて、いよいよ登山道に入る。
DSC_0214_2016062406164663f.jpg

(つづく)
このページのトップへ

大峯(8)

【2016年5月15日(日)】弥山
栃尾辻からどんどん高度を下げている。
再び展望が開けた。お馴染み、大日岳(1689m)と稲村ヶ岳(1726m)。
DSC_0093_20160623202459344.jpg

バリゴヤノ頭(1580m)の向こうには大普賢岳(1780m)あたりのピークが顔を覗かせていた。
DSC_0094_2016062320250056b.jpg

午後1時半前に昨日休んだ林道出合に到着。
DSC_0097_20160623202503aa8.jpg
DSC_0095_2016062320250200e.jpg

西に、武士ヶ峯(1035m)方面の山々。
DSC_0098_20160623202505f94.jpg

東に稲村ヶ岳。
DSC_0099_2016062320234469d.jpg

林道の日蔭で休憩する。
DSC_0100_20160623202345d56.jpg

ピークハント分余計に運動したからか、すでにかなりグロッキー。
地面に大の字になって、「も~動けね~」。
でも、ここで泊まるわけにもいかない。
DSC_0102_20160623202347724.jpg

十数分ほどの休憩で出発する。
DSC_0103_20160623202349035.jpg

当方は栄養補給のため、非常食用のパンも食べてしまった。
DSC_0104_2016062320235067d.jpg

昨日も通った鉄塔のところで再び、周辺の山々をカメラに納める。
DSC_0105_201606232023213eb.jpg
DSC_0106_20160623202323448.jpg
DSC_0107_201606232023247eb.jpg

ここは鉄塔が2基並んでいた。
DSC_0108_20160623202326803.jpg

眼下に北角の集落とミタライ渓谷。
DSC_0110_20160623202327be0.jpg

その奥に、稲村とバリゴヤ。
DSC_0111_20160623202302185.jpg

さあて終盤、吉野杉の中の急な下りだ。
DSC_0113_20160623202303438.jpg

テンポよく行こう。
DSC_0114_20160623202305d3d.jpg
DSC_0115_20160623202305a89.jpg
しかし、テンポよく行き過ぎて、門前山のピークを踏むのを忘れてしまった。
これは痛恨事だった。

もちろん火事は出してはいけない。
DSC_0116_20160623202307032.jpg

これはいたずら書きなのか林業関係者の記録なのか。
DSC_0117_201606232022388d1.jpg

昨日驚いた金網の階段。
DSC_0118_20160623202240861.jpg

これが見えたら、下界はもうすぐだ。
DSC_0119_201606232022410a7.jpg

午後3時すぎ、登山口まで下りてきた。
DSC_0121_20160623202243bc6.jpg

狼平から5時間弱。朝歩き始めてから9時間経過しているので、みなさすがに疲れている。
DSC_2396.jpg

ちょっと休んでから、バス停へ向かう。
DSC_0123_20160623202245c32.jpg

ヤエコデマリも咲いていた。
DSC_0124_20160623202216aef.jpg

天川村のマンホール。
DSC_0125_2016062320221792b.jpg

最後の吊り橋を渡る。天ノ川もまた清流だ。
DSC_0126_20160623202219c33.jpg

エメラルドグリーン。
DSC_0127_20160623202220d45.jpg

川遊びをしたくなるが、そんな時間も元気もない。
DSC_0128_20160623202222757.jpg

ビールを求めて、小路の駅なるお店に寄ってみたが、残念ながらアルコール類はなし。
DSC_0129_201606232021496cc.jpg
ビールはお風呂まで我慢のようだ。

路傍に「先祖代々為菩提」の石碑。
DSC_0130_201606232021514d2.jpg
年代は判読できなかった。

15:20過ぎ、ようやく天川村総合案内所に到着。
DSC_0131_2016062320215246d.jpg

トイレを済ませて、15:40発の下市口駅行きバスを待つ。
バスは定刻通り到着したが、洞川温泉から乗せてきた乗客で満席。
DSC_2397_201606232021556da.jpg
やむを得ず、つり革に捕まって、立ち続ける。
なんと、行きの電車で一緒になったおばちゃんたちとまた一緒になった。
ついうとうとして、膝がかっくんとなってしまうが、何とか頑張った。

30分ちょっとで岩森(下市温泉)に到着。
DSC_2398_20160623202126303.jpg

ここにある「ごんたの湯」で汗を流して帰るつもりだ。
DSC_2400_20160623202129eaf.jpg

手前にはホテルもあった。「秋津荘」というらしい。
DSC_2399_20160623202127d63.jpg

これが、ごんた君かしら。
DSC_2401_201606232021304a6.jpg

1時間後、17:20にタクシーに来てもらうことにして、入浴。
いや、最高です。
DSC_2403_201606232021327a9.jpg

さっぱりしたところで、やはりビール。
DSC_2405_20160623202103ecc.jpg
唐揚げやら、つまみも頼んで至福のひととき。
ただ、なかなか女性陣が上がって来ない。
髪の毛を乾かすのに時間かかっているのかなと思ったら、Iさんがやってきて、「あ~やっぱりこっちにいた。ロビーで待ってたのに~」と悔しそうな顔。
女子のためにタクシーの時間を10分延ばして、みんなで喉を潤した。

さてそろそろ時間だと思い、外に出ようとしたら、タクシーを頼んだ受付のおばちゃんが、これから電話しますね~とのんきなことを言っている。
「5時半にタクシーを呼んでください」とお願いしたのだが、「5時半に電話をする」と解釈されたようだ。
普通、こう言ったら、「5時半に到着するよう頼んでくれ」という意味になると思うのだが。まあ、けんかをしても始まらない。黙って待つことにした。

その間に顔ハメ。
DSC_2407_201606232021042ba.jpg

下市町のマンホール。
DSC_2408_20160623202106689.jpg

ふくろうの木彫り。暇つぶしに、あたりの写真を撮る。
DSC_2409_20160623202107c68.jpg

みんな、バス停でたむろ。
DSC_2410_20160623202109d98.jpg

タクシーは10分でやってきた。
DSC_2411_20160623202043501.jpg

2台に分乗して、下市口駅に向かう。
駅には17:50前に到着。
なんと次の電車は17:54。
あわててコインロッカーから預けておいた荷物を取り出し、ホームへ。
誰かもたもたしている人がいたが、みんな乗り遅れなく、無事に乗ることができた。

車内では早速、宴会の続き。
残ったつまみを出して、コインロッカーにデポしておいた日本酒で乾杯。
DSC_2412_20160623202045351.jpg
まわりに他のお客さんもいるので、一応控えめに。

橿原神宮前に18:32着。ここで、大阪方面に行く3人とお別れ。
乗り換え時間7分の間に、追加の酒を買い、18:39発の急行京都行きに飛び乗る。
うっかりO君が床に置いておいたビールのロング缶を倒してしまい、みんなで新聞を広げて、床掃除を始める騒ぎに。
そんなこんなで、19:48京都に到着。

今度は19:56発のひかり482号に乗るために大急ぎ。
またまた酒を追加して、飛び乗る。まったく綱渡りだ。
本当は、この後ののぞみの方が早いのだが、O君となるべく長く一緒にいるために、ひかりにしたわけ。
DSC_2415_20160623202046c2f.jpg
それにしても、いつまで飲み続けるのかって感じだが、こうなったらもう止まらない。

三島で下りるO君は静岡で乗り換え。
私はそのまま乗車して、品川で乗り換え。
帰宅した時は日付が変わっていた。
長旅であったが、仲間たちと楽しく過ごせた、満足の例会であった。

【行程】2016年5月15日
狼平(6:01)~大黒岩(6:33)~弥山神社(7:08参拝・撮影7:13)~弥山小屋(7:15トイレ・散策7:36)~八経ヶ岳(8:07撮影8:18)~明星ヶ岳(8:37)~細尾山(8:46撮影8:54)~テラス弁天(9:12休憩9:17)~日裏山(9:23)~高崎横手出合(9:34)~狼平(9:51間食10:14)~頂仙岳(10:45撮影10:49)~ナベの耳(11:17休憩11:20)~栃尾辻(12:25休憩12:32)~林道出合(13:25休憩13:38)~門前山下(14:15休憩14:20)~天川川合(15:22)
※所要時間:9時間21分(歩行時間:7時間40分)コースタイム:7時間15分
※登った山:6座(弥山、八経ヶ岳、明星ヶ岳、細尾山、日裏山、頂仙岳)
※歩行距離:16.8km
このページのトップへ

大峯(7)

【2016年5月15日(日)】弥山
テラス弁天を出発して間もなく、登山道は日裏山(1725m)も巻いていることが判明。
Mさんと二人して、再びみんなと離れ、ピークハント。
ここはピークが見えていたので、すぐに着いた。
DSC_0012_20160623060513477.jpg

看板を掛けてくれたのは「山歩人」。
DSC_0009_20160623060512277.jpg

ここも、ささっと写真だけ撮って、早々に登山道に戻る。
DSC_0013_20160623060515743.jpg

すぐ追いついて、10分ほどで高崎横手出合に到着。
DSC_0014_20160623060516002.jpg

ここは昨日も通ったところ。
ザック回収のため、再び狼平に下る。
DSC_0015_20160623060518c7d.jpg

昨日は曇っていたが、今日は晴れている。
DSC_0016_20160623060448856.jpg

この調子だと、余裕で10時前には到着できそうだ。
DSC_0017_20160623060450df9.jpg

やはり八経ヶ岳(1915m)からのペースが早く、挽回できた。
DSC_0018_20160623060451f4a.jpg

昨日も渡った沢を、当然だが渡る。
DSC_0019_2016062306045409f.jpg

弥山川まで下ってきた。
DSC_0020_20160623060454af5.jpg

青空のもと改めて眺めると、素晴らしい清流だ。
DSC_0022_20160623060430c59.jpg

Tさんは完璧にテントを撤収し、ザックもきれいに並べて待っていてくれた。
DSC_0021_20160623060428e70.jpg

まずは、アタックザックの中のものやテントを、メインザックに収納。パッキングのやり直しだ。
作業を終えたら、まだ10時だが昼食。
DSC_2388_2016062305595854a.jpg
朝もかなり早かったし、うどんだったから消化が速い。お腹が空いてしまった。

パンを平らげたところで、避難小屋の内部を改めて確認。
DSC_2389_20160623060000e2c.jpg
DSC_2391_20160623060001e7d.jpg

さて、これから頂仙岳(1718m)のピークハントに向かわねばならない。
余計な時間を食ってしまうので、本隊より少し早めにスタートした。
また同じ道を歩くのはいやだけど仕方ない。
さっき下ってきたばかりの道を再び登る。
高崎横手出合の先は取り付き地点まで、ほぼ平坦。
DSC_0023_201606230604310b0.jpg
DSC_0024_20160623060433b50.jpg

踏み跡はあまりはっきりしていないが、迷うことはなさそうだ。
DSC_0026_2016062306040836f.jpg

向こう側に下ることも可能だが、道迷いの恐れがあるので、ピストンすることにして、ザックはデポ。
DSC_0025_20160623060434a26.jpg

進むにつれて、踏み跡がはっきりしてきた。
DSC_0027_20160623060409bad.jpg

赤テープもあるし、これなら楽だ。
DSC_0029_20160623060412bda.jpg

背後には日裏山。
DSC_0028.jpg

でもだんだん道が荒れてきた。
DSC_0030_2016062306041420a.jpg

傾斜も急になる。
DSC_0031_201606230603499b9.jpg

多少ヤブこぎもあったが、取り付きから10分で頂上に達した。
標高差が70mもあるので15分くらいはかかると思ったが、かなり速かった。
DSC_0032_201606230603509d2.jpg

ちゃんと山名板があってうれしい。
DSC_0035_20160623060353c58.jpg

三角点は三等。
DSC_0033_2016062306035189e.jpg

ぶら下がっている板に書かれている文字はどうしても読めない。
DSC_0037_2016062306035403b.jpg

これも判読不能。
DSC_0042_201606230603326d2.jpg

頂上はちょっとした広場になっているが、樹木に囲まれ、あまり眺望には恵まれない。
DSC_0038_20160623060326882.jpg

それでも、大日岳(左の突起、1689m)と稲村ヶ岳(1726m)は確認できた。
DSC_0040_201606230603299ad.jpg

その左に見えたのは、三ツ塚(1380m)だろうか。
DSC_0039_20160623060327861.jpg

では撤収することにする。
DSC_0041_20160623060330eaf.jpg

下っている途中、登りでちょっと道を間違えていたことに気付いた。
まあ、そんな損はしていないが。
ザックを置いたところには22分で戻ってきた。
DSC_0043_2016062306030257c.jpg

しかし、この遅れを取り戻すのは容易ではない。
DSC_0044_201606230603045e5.jpg

速足で高崎横手を歩いていく。
DSC_0045_2016062306030559c.jpg

でも気持ちのいいトラバースだ。
DSC_0046_2016062306030678e.jpg

後ろから、Mさんも軽快に追いかけてくる。
DSC_0047_2016062306030833d.jpg

サルノコシカケ天国を通過。
DSC_0049_2016062306023937f.jpg
DSC_0050_20160623060240035.jpg

正面に見えるは1598mピークか。
DSC_0051_2016062306024205c.jpg

そろそろ巻きも終わり。
DSC_0053_201606230602437e8.jpg

栃尾辻までには追いつきたいと思っていたら、皆さんナベの耳で待っていてくれた。
DSC_0055_201606230602455b7.jpg

こちらもひと息入れる。いやあ素晴らしい新緑だ。
DSC_0056_2016062306021610a.jpg

すぐに出発。
DSC_0057_20160623060217731.jpg

昨日歩いた道を忠実に戻る。
DSC_0058_20160623060219682.jpg

私的には、羅臼岳に次ぐ長大ピストンとなる。
DSC_0059_20160623060220716.jpg

単独ピストンは嫌だが、仲間がいるとそれほど気にならない。
DSC_0060_20160623060222dd6.jpg

またまたお腹が空いてきたので、さっき食べかけで残しておいたパンを食べながら歩く。
DSC_0061_201606230601537ed.jpg

晴れていると、本当に緑が鮮やかだ。
DSC_0062_20160623060155aa0.jpg
DSC_0064_20160623060158269.jpg
DSC_0065_20160623060159dab.jpg

足元は倒木が多い。
DSC_0063_20160623060157627.jpg
DSC_0066_20160623060131ce6.jpg

フトンド横手の手前で小休止。
DSC_2393_20160623060002de5.jpg

疲れたので、ひっくり返ってしまった。
DSC_2395_2016062306000429a.jpg

そしてフトンド横手に入る。1518mピークの巻き道だ。
DSC_0068_20160623060133e20.jpg

ここでY子ちゃんが足を滑らせて転倒。
DSC_0070_201606230601346aa.jpg

でも大事なかったようだ。私も気をつけないと。
DSC_0071_20160623060136839.jpg

今日は空気の透明感が高い気がする。
DSC_0072_20160623060137743.jpg

昨日より緑がみずみずしい。
DSC_0074_2016062306011096f.jpg

道はわりと難しいトラバースである。
DSC_0073_20160623060108197.jpg
DSC_0075_2016062306011105a.jpg

巻き道を終え、オオビヌキ坂の下り。
DSC_0076_20160623060113700.jpg

栃尾辻にはナベの耳から1時間ちょっとで到着。
DSC_0077_20160623060114a74.jpg

コースタイムは50分なので、やや遅めか。
7分ほどの休憩で出発。
DSC_0078_20160623060045e6c.jpg

黙々と下る。地面には昔々の缶ジュースが露出していた。
DSC_0079_20160623060046241.jpg

小さなピークを通過。
DSC_0080_201606230600484ae.jpg

林道の横に出た。
DSC_0082_20160623060049710.jpg
DSC_0083_20160623060050dc0.jpg

よくよく見ると、巨大な落石が道路をふさいでいるのが分かった。
DSC_0084_20160623060021c1a.jpg
これが通行止めの直接的な原因だろうか。

もったいないことである。
DSC_0085_20160623060023878.jpg

南の峰々。
DSC_0086_201606230600244d5.jpg

なんか昨日見た景色と違う。
DSC_0088_201606230600260cb.jpg

これは矢印や方向に何の意味があるのかさっぱり分からなかった。
DSC_0089_20160623060027875.jpg

(つづく)
このページのトップへ

大峯(6)

【2016年5月15日(日)】弥山
弥山(1895m)から八経ヶ岳(1915m)へ向かう。
DSC_9932_20160622205003464.jpg

ここで、しばし大峯について復習しておきたい。
大峯山の修験道は、明治5年(1872年)の修験道廃止令で壊滅的な打撃を受けた。
しかし、羽黒山や英彦山がこの時に瓦解して神道化の波に呑み込まれたのに対し、大峯山の復帰は早かった。
明治19年(1886年)には仏寺復帰が承認され、修験道を現代まで維持させることに成功した。

いわゆる大峯山の峰入りは吉野から熊野までの尾根道を、山中の拝所をたどりながら行う修行で、全行程80kmに達する。
もともと別のものであった吉野と熊野が12世紀ごろに結び付けられ、鎌倉時代には独自の修験道として確立したという。
峰入りは、峰々の稜線を忠実にたどり、小さなピークでも踏みしめて歩く。
脇道をたどらず、丁寧に峰をたどるそうだ。

平安時代の大峯山での修行は行者が主体で、円珍、行尊、聖宝、西行などが行った。
中世になると、遊行・回国の聖が目立ち、高野聖の活躍も大きかった。
本山派(天台宗)は熊野から吉野に向かう順峰(じゅんぶ)を、当山派(真言宗)は逆峰を行ったが、近世には逆峰が大半となった。
有名な「西のノゾキ」が行われるのは、山上ヶ岳だ。

弥山は須弥山の略で、仏教の世界観では宇宙の中心となる山。
山頂には水神の弁財天が祀られ、山麓の天河大弁財天社の奥宮がある。
役行者が金峯山寺で自己の守護仏を求めて祈念した時に、最初に出現したとされる。
以上は、鈴木正崇著『山岳信仰』(中公新書)によった。

このあたりも縞枯れ現象が激しい。
DSC_9933_20160622205004c8a.jpg

八経ヶ岳の斜面は、よく見ると、意外に疎林だ。
DSC_9935_20160622204937ecc.jpg

下る途中に古今宿の跡があるはずだったのだが、確認できなかった。
DSC_9937_20160622204938d36.jpg

その代わりにと言ってはなんだが、コバイケイソウ。
DSC_9938_20160622204940dce.jpg

結構、雰囲気のある道だ。
DSC_9940_20160622204942c34.jpg

鞍部はオオヤマレンゲの自生地だそうだが、まだ早いみたいだ。
DSC_9941_2016062220494306f.jpg

なぜか、ここに頂仙岳の石碑が倒れていた。
DSC_9942_20160622204916539.jpg

弥山を振り返る。
DSC_9943_2016062220491838c.jpg

いくつもお札が置いてある岩があった。
DSC_9944_2016062220491946a.jpg

登りにかかると、オオヤマレンゲを鹿の食害から守るための柵が設けられていた。
DSC_9946_2016062220492100d.jpg

大黒岩のピークを望む。
DSC_9947_20160622204922377.jpg

再び、弥山を振り返る。
DSC_9948_201606222048523b5.jpg

頂上付近の立ち枯れがやはり激しい。
DSC_9949_201606222048546ea.jpg
DSC_9951_20160622204856301.jpg

弥山の全容。かなり禿げてきているのが分かる。やはり台風が原因だろうか。
DSC_9952_20160622204858e87.jpg

弥山は穏やかな山容に見えるが、こんな岩壁もあった。
DSC_9950_20160622204855e30.jpg

高度を上げると、弥山小屋の背後にも大峯の連なりが見えてきた。
DSC_9953_20160622204829743.jpg

弥山からほぼ30分で、八経ヶ岳に到着。この区間はコースタイム通りだった。
DSC_9954.jpg

この付近も一部立ち枯れている。
DSC_9955_20160622204832007.jpg
DSC_9959_201606222048067f3.jpg

積石で三角点が埋もれた頂上。
DSC_9956_20160622204833955.jpg

山名板はわりと味気ない。
DSC_9958_20160622204804c4a.jpg

でも、手作りの小さな板も置かれていた。
DSC_9957.jpg

せっかくなので、これを手に持って全員で記念撮影。
DSC_2382_2016062220500134a.jpg

晴れていてよかった。眺望も抜群である。
この後、登る明星ヶ岳(1894m)。
DSC_9962_201606222048094fc.jpg

頂上には、すでに人がいるようだ。
DSC_9966_20160622204742629.jpg

頂仙岳(右、1718m)と日裏山(左、1725m)。
DSC_9961_2016062220480700e.jpg

南西の七面山(1624m)方面はまだガスがからんでいた。
DSC_9963_201606222048102bd.jpg
DSC_9964_20160622204740335.jpg

10分ほど休憩して出発。
DSC_9967_20160622204743ced.jpg
そう言えば、これで百名山は57座になった。

明星ヶ岳に向かって下る。
右手に頂仙岳の尖塔が目立つ。
DSC_9969_201606222047456a9.jpg
DSC_9970_2016062220474622b.jpg

八経ヶ岳の頂上部を振り返る。
DSC_9972_20160622204719579.jpg
DSC_9971_20160622204717513.jpg

「前鬼」。そそられる地名だが、今回はそこまでは行けない。
DSC_9973_20160622204720b0c.jpg

このあたりは傾斜もなだらかでハイキング気分で歩ける。
DSC_9974_201606222047218cf.jpg
DSC_9975_20160622204723446.jpg

頂仙岳は何度見ても恰好いい。
DSC_9976_20160622204651100.jpg

こちらにもコバイケイソウの群落。今年は当たり年になるだろうか。
DSC_9977_201606222046526ca.jpg

15分ほどで分岐の弥山辻に到着。
DSC_9978_20160622204654076.jpg

ここで初めて気づいたのだが、縦走路は明星ヶ岳のピークを通過していない。
DSC_9979_20160622204655690.jpg

ピークに行きたいのは私とMさんだけなので、ほか5人には先に行ってもらい、2人でピークハントに出かける。
あまり遅れてはいけないので、小走りで。
すると、数分で着いてしまった。
DSC_9980_20160622204657cc3.jpg

背後は八経ヶ岳。
DSC_9984_20160622204619bb9.jpg

南には七面山。
DSC_9983_20160622204617946.jpg

これだけ写して一目散に走り去る。
DSC_9985_201606222046206d2.jpg

頂上には1分と滞在していなかった。
弥山辻からの往復にわずか7分。
DSC_9986_20160622204622657.jpg

さて、先行隊を追いかける。ほとんど駆け足に近い。
DSC_9987_2016062220462354e.jpg

右手になだらかな八経ヶ岳の稜線。
DSC_9988_2016062220455617e.jpg

立ち枯れの場所で一旦ストップ。
DSC_9989_20160622204557e32.jpg

再び走る。追いつくまで10数分かかった。
またまた、立ち枯れた場所に出た。
DSC_9990_20160622204558c77.jpg

ここは「山と高原地図」で言うところの細尾山近辺だが、とくにピークではない。
DSC_9996_2016062220453596b.jpg

ただ、眺めは素晴らしかった。
DSC_9992_2016062220460085c.jpg
DSC_9993_2016062220460140d.jpg
DSC_9994_20160622204534827.jpg

細尾山ではなく、「明星の森」という看板が下がっていた。
DSC_9998_2016062220453866a.jpg

しばらく、みなで風景を楽しんだ。
DSC_9997_20160622204537794.jpg

レンゲ道と呼ばれている坂を15分ほど下ると、テラス弁天に出る。
DSC_0001_2016062220501919f.jpg

ここからは、さっき登った弥山への稜線が確認できた。
DSC_0005_20160622205025ed3.jpg

その左に修覆山(1846m)。
DSC_0006_20160622204959db9.jpg

こちらは今下ってきた明星ヶ岳からの稜線。
DSC_0002_201606222050200c2.jpg

この案内板の地図には、現在地が日裏山であると書いてあるが、それは違う。
DSC_0003_20160622205022bb0.jpg

日裏山はもう少し進んだ、あのピークだ。
DSC_0008_201606222050004fc.jpg

というわけで、ここでの休憩は5分にとどめ、出発した。
DSC_0004_20160622205023d49.jpg

(つづく)
このページのトップへ

大峯(5)

【2016年5月15日(日)】弥山
前夜から狼平避難小屋前のテン場に泊まっている。
朝は5時ごろに起床。もうTさんが起きて朝食の準備を始めてくれていた。
早いのはだいたい男性陣、遅れて女性陣が眠い顔をして集まってくるといった具合。
朝食は昨日の鍋の残りにうどんを追加して、軽めに済ます。
米も担いできたが、それを炊くほどのことはなかった。
こんな感じで、朝食はそれぞれのペースで終了。
DSC_2374_20160620215205600.jpg

本日の弥山・八経ヶ岳縦走にはTさんは不参加。
今回初めて知ったのだが、八経ヶ岳(1915m)は大峯山の最高峰で日本百名山ということになる。
Tさんは、百名山登頂はバリエーションルートでと自らに縛りをかけているので、今回の一般登山道ルートはパスする意向のようだ。
我々が戻ってくるまでの間にテントを撤収して、みんなのザックも見張っていてくれるというので、お願いすることにした。

6時には全員準備完了。Tさんに手を振って出発する。
私がリーダーに指名されてしまった。
DSC_9837_201606202152094ae.jpg

スタートから木の階段。
DSC_9836_201606202152081cf.jpg

みな、昨日とは違い、アタックザックなので身軽だ。
DSC_9839_20160620215211b46.jpg

背後の日裏山(1725m)が朝日に照らされている。
DSC_9840_20160620215138cdc.jpg

道は沢に沿って登っていく。
DSC_9841_20160620215140207.jpg
DSC_9842.jpg

階段は徐々に急になる。
DSC_9843.jpg

歩きやすいとも言えるが、ついペースが速くなりがちなので気をつけないといけない。
DSC_9844_20160620215144591.jpg

こんな崩落の跡もあった。
DSC_9845_201606202151169e1.jpg

振り向くと、頂仙岳(1718m)の鋭い尖塔が姿を現した。
DSC_9846_20160620215117fd5.jpg

階段はなおも延々と続く。
DSC_9847_20160620215119405.jpg

これはブナの若葉かな。
DSC_9848_201606202151202c5.jpg

このあたりはブナ林なので。
DSC_9849.jpg

頂仙岳には帰りに登らなければならない。
DSC_9850_2016062021505266b.jpg
Mさんが付き合ってくれるというので、単独行動ではなくなり、気が楽になった。
リーダーだけ別行動というのも憚られたからだ。

高崎横手出合の鞍部の向こうに、いくつか山が見えてきたが、依然として同定不能。
DSC_9852_20160620215054c2a.jpg

登り始めて30分弱で、尾根に乗り、傾斜が緩やかになった。
DSC_9854_201606202150571d2.jpg
DSC_9859_201606202150337f0.jpg

八ヶ岳の縞枯れ現象のように立ち枯れた木々が林立している。
DSC_9853_2016062021505546a.jpg
DSC_9855_2016062021505880a.jpg

正面の突起は大黒岩のピーク(1819m)。
DSC_9856.jpg

左手にかかっていた雲が何となくとれてきた。
DSC_9858_20160620215031089.jpg

間もなく巨大な岩が出現。
DSC_9861_20160620215034a9b.jpg

これが大黒岩だ。
DSC_9862_20160620215036202.jpg

「山と高原地図」には、登山道から離れたピークにあるように書かれていたが、ピークのかなり手前の道沿いにあった。
DSC_9863_20160620215007ce1.jpg

このあたりはしばらく平らだ。
DSC_9864_20160620215009424.jpg

左後方には、昨日歩いてきた稜線が見える。
DSC_9866_201606202150101ee.jpg

しばし立ち枯れの道を行く。
DSC_9868_201606202150129ee.jpg

これはとても自然のものとは思えない。
DSC_9869_20160620215013e7a.jpg

左手の修覆山(1846m)は見えているが、右手の明星ヶ岳(1894m)にはまだガスがかかっている。
DSC_9871_20160620214946fec.jpg
DSC_9870_20160620214944132.jpg

大黒岩ピークを振り返る。
DSC_9874_20160620214947d90.jpg

おお、コケのクッション。
DSC_9876_20160620214949ccb.jpg

とうとう右手に八経ヶ岳が姿を現した。端正な三角形をしている。
DSC_9878_20160620214949c0f.jpg

南西方面。遠く山並みが続いているのだろうが、よく見えない。
DSC_9880_20160620214920879.jpg

八経ヶ岳は山腹も直線的な印象だ。
DSC_9881_2016062021492319c.jpg

頂上付近に何やら黄色い看板が見える。
DSC_9882_20160620214924899.jpg

その右肩に覗いているのは明星ヶ岳。
DSC_9883_20160620214926d7b.jpg

弥山が近くなって、やや傾斜が出てきた。
DSC_9884_20160620214927b6c.jpg

右手がすっかり晴れてくれて、ありがたい。
DSC_9886_20160620214856bee.jpg

相変わらず、立ち枯れの木が多い。紀伊半島をよく襲う台風と関係があるのだろうか。
DSC_9888_20160620214857f5c.jpg

おやおや、またガスが流れてきたけど大丈夫かな。
DSC_9890_2016062021485943c.jpg

と思っているうちに、弥山神社の鳥居に着いてしまった。
DSC_9891_20160620214900191.jpg

ゆっくりなY子ちゃんの後ろを歩いているうちに、先頭グループとははぐれてしまったようだ。
DSC_9892_201606202149010d3.jpg

ここが小屋と神社の分岐なのだが、おそらく神社に行っているだろうと思い、神社に行ってみた。
DSC_9893_20160620214828391.jpg

すると、前方から山伏の格好をした人に引率された信者&登山者が大勢下りてきた。
FB_IMG_1463566608725.jpg
細い道なので、とても進めない。
諦めて待つしかない。おかげで随分待たされた。
たぶん、昨夜弥山小屋に泊まったツアーの方々なのだろう。

神社のあるところが、弥山の頂上である。
DSC_9897_20160620214831085.jpg

仲間は誰もいない。小屋の方に行ってしまったのかな。
とにかく、せっかく来たので参拝する。
DSC_9900_20160620214835e85.jpg
DSC_9898_201606202148337b2.jpg

社殿の手前には円形の石組があった。護摩を焚く場所だろうか。
DSC_9902_201606202148054fd.jpg

なんだか、いやなガスである。
DSC_9901_2016062021480494c.jpg

我々が行くまでに隠れてしまわなければいいが。
DSC_9903_201606202148076c8.jpg

頂上付近もほとんど立ち枯れ。
DSC_9904_20160620214808375.jpg

弥山山頂の山名板がないのが不服だが、致し方ない。下ることにしよう。
DSC_9905_201606202148101ed.jpg

下り始めると同時に、仲間たちが登ってきた。
先に小屋へ行ってトイレを済ませていたらしい。
DSC_9908_20160620214737f85.jpg
私もだんだん催してきたので、トイレへ急ぐことにする。

小屋の前にも小さな鳥居があった。
DSC_9909_20160620214738ecb.jpg

そして、狼平方面への道標。
DSC_9910_2016062021474071f.jpg

なんと、こっちに大きな山名板があった。
DSC_9911_20160620214742e3f.jpg
でも、やはり山頂にも欲しい気がする。

道標はあちこちにある。
DSC_9915_20160620214716a70.jpg

ここから大峯奥駈道で、向こうは前鬼方面。
DSC_9912_20160620214743746.jpg

その背後には行者還岳方面。
DSC_9913_201606202147133f8.jpg

後ろに見える小屋がトイレなので、急いで飛び込む。
でも、先客がいたので、我慢しながら、すぐ近くにある国見八方覗を覗きに行ってみる。
DSC_9916_201606202147178ea.jpg

そこはテン場になっていた。
DSC_9917_20160620214719b70.jpg

ガスで展望が得られそうにないので、すぐ戻る。
DSC_9914_20160620214714037.jpg

そうか、ここは世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部だったのだ。
DSC_9918_20160620214649925.jpg

トイレはやっと空いたようなので、急いで用を済ます。
そして、やっと小屋前の山名板のところで全員集合。
DSC_2379_20160620215206d9e.jpg

小屋の前には大勢の信者たちが集っていた。
FB_IMG_1463566599117.jpg

彼らが出発してから小屋を探索。でも中には入らなかった。
DSC_9919_20160620214651550.jpg

再び、全員で国見八方覗へ。
DSC_9921_20160620214654585.jpg

少しの間にガスが晴れ、見事な雲海が広がっていた。
DSC_9920_20160620214652e16.jpg

足元のコケも見事。
DSC_9922_201606202146551ce.jpg
DSC_9930_20160620214607d37.jpg

ガスの向こうにかろうじて大日岳(1689m)を望むことができた。
DSC_9923_20160620214626986.jpg

北の方角。
DSC_9926_20160620214630165.jpg

ここは眺望も素晴らしいのだろうが、庭園のような場所だ。
DSC_9924_201606202146276e6.jpg
DSC_9925_20160620214629418.jpg

みな満足して、登山道に戻る。
DSC_9928_201606202146327d2.jpg
DSC_9929_201606202146057c7.jpg

さて、改めて八経ヶ岳に向かおう。
狼平から八経ヶ岳を周回するコースのコースタイムは3時間10分ほど。
狼平から弥山までは1時間だ。
でも時間はすでに7時半を回っている。1時間半もかかってしまった。
トイレ休憩や参拝などがあったとは言え、ちょっと時間がかかり過ぎ。
遅くとも10時までには、狼平に戻りたいのだが、大丈夫だろうか。
リーダーを仰せつかっているだけに、ちょっと不安になる。
すこし巻き気味に行かなくては。
DSC_9931.jpg

(つづく)
このページのトップへ

大峯(4)

【2016年5月14日(土)】狼平
標高1550m付近での小休止を終えて出発。
DSC_9774_20160620071032003.jpg

なだらかな道なので、疲れてきた身にはありがたい。
DSC_9775_20160620071033788.jpg

高原のそぞろ歩きといった風情である。
DSC_9776_20160620071035e0a.jpg
DSC_9777_20160620071036db6.jpg

路面も歩きやすい。
DSC_9778_2016062007100912a.jpg

正面に、頂仙岳(1718m)と思しきピークが見えてきた。
DSC_9779_20160620071011c32.jpg
今日は見逃してやるが、明日はピークを極めたい。

Tさんが「このあたりが、ナベの耳というところだ」と教えてくれたので、彼が背負っているナベに耳をつけて、ふざけた写真を撮って遊んだ。
DSC_9780_20160620071012c57.jpg

ピンクのリボンがあって、左に下って行く踏み跡があるようだが、「山と高原地図」ではもっと先の頂仙岳の手前に「ナベの耳」と書かれている。
DSC_9781_20160620071014ad5.jpg

Tさんに確かめはしなかったが、地図の間違いはよくあることだ。
DSC_9783_2016062007101663a.jpg

1598mピークへの登りが始まった。
DSC_9784_20160620070945a04.jpg

でも、ピークに行くわけではなく、これも巻き。
DSC_9785_2016062007094768f.jpg

午後3時を回ると、雲が出て、なんとなく暗くなってきた。
DSC_9786_2016062007094821a.jpg

みな口数も少ない。というか、しんがりにいて聞こえないだけかも。
DSC_9788_20160620070951fad.jpg

このあたりが如来池・傘池と「山と高原地図」に書れている場所だが、すっかり涸れてしまったのか、跡形もない。
DSC_9790_20160620070952008.jpg

地形図にもそれらしき表示はない。
DSC_9791_2016062007091982e.jpg

そして、頂仙岳を巻き始める手前が地図上の「ナベの耳」。
DSC_9792_20160620070921857.jpg

この巻き道はいきなり難所があった。
DSC_9793_20160620070922fcc.jpg
小崩落のため滑りやすくなっている。

それでも、難なくみなクリア。
DSC_9794_201606200709241aa.jpg

さすがにY子ちゃんもお疲れの様子で、面倒見のいいSさんが付いていてあげている。
DSC_9795_20160620070925dc9.jpg
この巻き道は意外に傾斜がある。
巻き終えるまで標高差50mも登らされた。
結構長かった。

鞍部に出たあたりで、頂仙岳ピークへの踏み跡を探す。
「通行禁止」という看板がわざわざあるということは、このあたりなのか。
DSC_9796_2016062007085122c.jpg

いや、そうではなく、もうちょっと先のどうやらこのあたりらしい。
DSC_9797_20160620070853df1.jpg
ピークまで標高差は60mほどある。
状態によっては登りに15分ほどかかるかもしれない。
往復で25分みるとして、先行してしまう本隊に追いつくのはかなりしんどそうだ。
まあ、トレランして頑張ろう。

すっかり健脚者たちとは離れてしまい、3人でほんとに小休止。
DSC_9798_20160620070854140.jpg
かなりきつい巻き道だった。高崎横手というらしい。

オオカメノキが白い花を咲かせていた。
DSC_9799_20160620070856599.jpg

鞍部はしばらく平らな道。
DSC_9800_20160620070857446.jpg
DSC_9801_20160620070827ea4.jpg

すぐに狼平へ下る道と、八経ヶ岳(1894m)へ行く道との分岐に出た。
DSC_9802_2016062007082807f.jpg

高崎横手出合という。
DSC_9803_20160620075821b9b.jpg

ここは左折して、狼平に向かう。
DSC_9804_20160620070830576.jpg

狼平まではずっと下りだ。
DSC_9806.jpg

これはイノシシの足跡かな。
DSC_9807_20160620070833e40.jpg

久しぶりの下りで気が抜けてしまいそう。
DSC_9808_20160620070803439.jpg

コケがこんもり。
DSC_9809_2016062007080497f.jpg

左前方に、明日登る弥山(1895m)方面を初めて望むことができた。
DSC_9810_201606200708062ae.jpg

下りは楽ちんなのだが、やや長い。
DSC_9811_20160620070807885.jpg

ちゃんこ鍋を楽しみに、我慢我慢。
DSC_9812_20160620070809b9c.jpg

左手は修覆山(1846m)だろうか。
DSC_9813_201606200707415af.jpg

登山道を横切る沢が見えてきた。
DSC_9814_20160620070742c71.jpg

ここでもオオカメノキの白が鮮やかだ。
DSC_9815_2016062007074405d.jpg

軽く渡渉。
DSC_9816_201606200707456da.jpg

水はとってもきれい。
DSC_9817_2016062007074721b.jpg

いつのまにかY子ちゃんの見守りがMさんになっていた。
DSC_9818_201606200707172e2.jpg

さあ、最後の急な下り坂。
DSC_9819_20160620070719eb4.jpg

下り切ると、弥山川沿いに下る道との分岐に出た。
DSC_9820_20160620070720f41.jpg

上級者以外は通行不可とのこと。
DSC_9822_20160620070723ad1.jpg

おお、これまたひどいことになっている。
DSC_9823_201606200706550c5.jpg

この吊り橋を渡れば、狼平だ。
DSC_9821.jpg

今日は吊り橋に始まり、吊り橋に終わるというコースだった。
DSC_9824_20160620070656f60.jpg

これは横木の間が空いているので、Mさんは怖いんじゃないかな。
DSC_9825_20160620070657305.jpg

なんとか午後4時になる前に避難小屋に着いた。
コースタイム4時間45分のところ、6時間半ちょっとかかった。
DSC_9826_201606200706592dc.jpg

先着隊に聞いてみると、避難小屋はやはり混んでいるようだ。
DSC_9827_2016062007070040f.jpg
女性陣4人のスペースは確保できたものの、それでいっぱいなので、男性陣はやはりテン泊となった。
Tさんのタープを含め、男子は各自みなテント持参なので、とりあえずすべて張ることにした。
O君の大きめのテントは女子更衣室としても活用してもらった。

食事の前にまずはテント設営。
これは私のとO君の。
DSC_2373_20160620071057066.jpg

こちらはSさんのテントと、Tさんのタープ。
DSC_9830_2016062007063705d.jpg

この奥が、天然のトイレ。女性陣は苦労していた。
DSC_9828_20160620070635098.jpg

川の水で顔を洗い、身支度を整えて、宴会に臨む。
DSC_9834_201606200706390f5.jpg

準備の整った人から順々に鍋の回りに集まってくる。
DSC_2365_20160620071051b28.jpg

5時すぎには酒宴がスタート。
「たき火禁止」とあって、Tさんが悔しがっていたがやむを得ない。
DSC_2376_20160620071030fb8.jpg

鍋の具はエノキに白菜、春菊、ネギ、油揚げその他に豚バラと鶏肉。
DSC_2366_20160620071052314.jpg

量が分からなかったので、Tさんはネットで検索し、大学生8人が腹いっぱい食べられる量ということで用意してくれたとのこと。
DSC_2368_201606200710547d0.jpg
鍋の中はみるみるなくなり、追加に次ぐ追加。
みんな食欲旺盛だ。
酒は、全員に1缶ずつの缶ビールor缶チューハイ。それに日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキーとそれぞれ男子が500~700ccずつ担ぎ上げてきた。
話題はあちこち飛んで何を話したのかさっぱり覚えていないが、大いに盛り上がったことだけは間違いない。

7時すぎには暗くなったので、ランタンを灯して、ムード満点。
DSC_2369_20160620071055f4b.jpg
あまりに声が大きくて、寝静まっている小屋の方々や他のテン泊の方には迷惑をかけたかもしれない。
それでも、お互い何度も「小さい声で」と言い合ったのだ。

夜はどんどん冷え込んできたので、ダウンを着て、下は雨具も履いたのだが、下半身はそれでも冷えた。
イスが不安定な低い石だったので、ちょっと腰も痛くなったが、大したことはなかった。
楽しい夜も、回りの迷惑や明日の山行のことも考えて、8時半すぎにはお開きに。
キャンプファイアができないのは残念だったが、大満足だった。

女子2人は小屋の中が暑すぎて耐えられないと、Sさんのテントに寝ることになった。
Iさんはシュラフに入った途端に沈没してしまったらしい。
私は自分のテントで1人就寝。
地面が芝でそれほど固くなかったので、エアマットは使わず、丸まったままの状態のを枕代わりにした。

すぐに寝入ったが、9時半にすぐ目が覚めて、お小水。
さらに夜半の1時半にトイレに起きた時は、満天の星空で天の川も見えた。
明日も晴れそうだ。気をよくして、シュラフに潜り込んだ。

【行程】2016年5月14日
天川河合(9:23)~弥山登山口(9:33)~鉄塔(10:07休憩10:12)~門前山下(10:43休憩10:51)~林道出合(11:32休憩11:44)~小ピーク(12:07昼食12:27)~林道接点(12:40待機12:52)~栃尾辻(13:17休憩13:32)~フトンド横手(14:02休憩14:07)~1550m付近(14:40休憩14:48)~高崎横手出合(15:37)~狼平(15:56)
※所要時間:6時間33分(歩行時間:5時間15分)コースタイム:4時間45分
※登った山:なし
※歩行距離:9.8km
このページのトップへ

大峯(3)

【2016年5月14日(土)】狼平
休憩を終え、林道から再び登山道に入る。
DSC_9678_20160619235906509.jpg
そこに「駐車禁止」の看板が。しかも、よくよく見ると、「大峯高野すずかけライン路線バス運行につき」と書かれている。
なんと、この林道はわりと最近まで一般車はもちろん、路線バスまで走っていたんだ。
調べてみると、少なくとも2011年まではバスが運行していたみたいだ。
やはり集中豪雨による土砂崩れ等で通行止めになってしまったのだろうか。
ちょっと、驚いた。

それにしても、いい天気になった。
DSC_9677_20160619235905a7b.jpg

右手は西の方角だが、山座同定は困難。
DSC_9679_20160619235908df5.jpg
DSC_9682_20160619235840db0.jpg

すずかけラインの擁壁に沿って登って行く。
DSC_9680_20160619235910200.jpg

確かに、よく見るとダートではあるが、よく整備された道だ。
DSC_9681_20160619235838d40.jpg

ここにも遭難慰霊碑があった。
DSC_9683_20160619235842f03.jpg
1965年5月3日に亡くなった人を偲んでいる。
「霊峰に捧げし命今もなお山ゆく人を守りたまえ」
合掌して通り過ぎる。

歩き出して、地形図をよくよく見ると、栃尾辻まで標高差150m。その間に小ピークを3つ越えないといけない(実際は、1つは巻いたので2つだったが)ことに気づく。
DSC_9684_201606192358432b1.jpg
これではやはりお昼の時間が遅くなりすぎると考え、先頭のTさんに駆け寄って、もっと手前で昼にした方がいいのではと進言。

彼も快く承諾してくれた。
DSC_9685.jpg

適地を求めてしばらく進む。
DSC_9686.jpg

これはミヤマシキミ。
DSC_9687_201606192358170bb.jpg

標高1300mの尾根に乗ったあたりで、Tさんが足を止めた。
DSC_9689_20160619235820f38.jpg

ここで待ちに待った昼食だ。全員、ザックを置いて、それぞれ用意してきたものを頬張る。
みな、ご機嫌。私は最近マイブームの助六寿司。
DSC_9688_20160619235818937.jpg
休んでいる間、何組かの登山者が追い抜いて行った。

20分ほどで出発。
DSC_2350_201606192359273b1.jpg

ここからはしばらくなだらかな登りが続く。
DSC_9690_201606192358214e4.jpg
DSC_9692_201606192357489de.jpg

途中、ヘビを発見。
DSC_9693.jpg
女子たちもあまり騒がず、興味深げに観察していた。

右手の山は相変わらず、よく分からない。
DSC_9695_20160619235751a1c.jpg

最初の小ピークは右側を巻いていく。
すると、再び林道が迫ってきた。
DSC_9696_201606192357524f9.jpg

このあたりでO君が催してきた。
DSC_9697_20160619235754802.jpg

みんな先に行ってしまったし、私も置いていこうと思ったのだが、ここでヤマガラが「ツツピーツツピー」と鳴き出した。
DSC_9698_2016061923572534c.jpg

さっきまでは「チクビーチクビー」と聞こえていたのだが、今度は「ツメテーツメテー」と聞こえてしまい、待っていてあげることにした。
DSC_9699_201606192357268a2.jpg

その間に林道まで下りて、周辺を探索。
DSC_9700_201606192357283dc.jpg

大規模な崩落ではないが、だんだんと崩れている様子が分かる。
DSC_9701_20160619235729e92.jpg
DSC_9704_201606192357016f8.jpg

このあたりは新緑が実に美しかった。
DSC_9702_20160619235730e17.jpg
DSC_9705_20160619235703ab6.jpg
DSC_9707_20160619235704e6b.jpg

10分待っても来ないので、どうしたのかな、苦戦しているのかなと思い、ちょっと戻ってみたら、ちょうど這い上がって来たところだった。
「サングラス落としちゃってさあ、探してたの」
大事なくてよかった。
彼は遅れを取り戻すべく、先を急ぐ。
DSC_9708_20160619235706299.jpg

すると、すぐ上でみんなも待っていてくれた。
DSC_9709.jpg

我々の到着と同時にすぐ出発。
DSC_9710_20160619235637451.jpg

足元にお花が目立つようになってきた。これはワチガイソウ。
DSC_9711_20160619235638c84.jpg

しばらくゆるやかなアップダウンを経て、午後1時15分すぎに栃尾辻に到着。
DSC_9713_20160619235640903.jpg
DSC_9714_20160619235641319.jpg

ここには小さな避難小屋があった。
DSC_9716_2016061923564394e.jpg

中を覗いてみると、床がない。
DSC_9717_20160619235613ce3.jpg

例によって、しっかり落書きも。意味ないので止めた方がいいですよ。
DSC_9718_2016061923561555a.jpg

貸し付けの期間は昭和65年までとある。存在しない年号を書いた貴重な看板である。
DSC_9720_20160619235616824.jpg

ここから南西に進むと栃尾山(1257m)もしくは天の川温泉(坪内)に至るのだが、ロープが張られている。
DSC_9721_201606192356182dd.jpg
山腹崩壊のため通行止めだ。

休憩しながら、みんなでいきなり磁石の使い方を復習した。
DSC_2351_201606192359280ec.jpg

15分ほどで出発。
DSC_9722_201606192356195d7.jpg

前方には、これから越えるべき小ピークが顔を覗かせている。
DSC_9724_20160619235550e06.jpg

この先はかなりしっかりした登りが待っていた。オオビヌキ坂というらしい。
DSC_2352_2016061923593008f.jpg
DSC_9726_20160619235552a93.jpg

道標が地面に落ちていた。
DSC_9727_201606192355530ba.jpg

みな黙々と登る。
DSC_9729_20160619235555a83.jpg
DSC_9730_2016061923552577d.jpg

かわいいサルノコシカケ。
DSC_9731_20160619235526491.jpg
DSC_9732_20160619235528b4e.jpg

だんだん立派な広葉樹林になってきた。
DSC_9733_20160619235529021.jpg

1518mピークのトラバースに入る。
DSC_9736_201606192355312e2.jpg

フトンド横手という道だ。この地方では巻き道のことを「横手」というみたいだ。
DSC_9738_201606192355010af.jpg
DSC_2355_20160619235931f53.jpg

見上げると、見事な新緑で、さすがに一同から歓声が上がる。
DSC_9740_20160619235502415.jpg

絶好の撮影ポイントであった。
DSC_9742_201606192355051d8.jpg
DSC_9743_20160619235506e1c.jpg

足元にはまだ若者のマムシグサ。
DSC_9741_20160619235503867.jpg

トラバースの道は結構細いので神経を使う。
DSC_9744_20160619235437f32.jpg
DSC_9745_20160619235438530.jpg

でも、巻き道は本当に助かる。
DSC_9748_201606192354407c2.jpg

1518mピークに山名が付いていたら、うずうずするのだけど。
DSC_9749_20160619235441d54.jpg

かれこれ登り始めて4時間半。
DSC_9750_201606192354432b9.jpg

わりと変化に乏しいので、根気が必要だ。
DSC_9752_20160619235411ed9.jpg

こんな岩でも愛でることにしようか。
DSC_9753_2016061923541345a.jpg
DSC_9754_201606192354145be.jpg

ミヤマシキミの実。
DSC_9755_201606192354153c5.jpg

栃尾辻からまだ30分しか歩いておらず、巻き道の途中だが、ちょっとここで小休止。
DSC_2357_2016061923593321d.jpg
つい休みたくなる倒木があったもので。
でも、ここは5分ほどで出発。

もう少し歩いて、やっと巻き終えた。
DSC_9756_20160619235417db9.jpg

かなり広い鞍部に出た。
DSC_9757_2016061923534450b.jpg

巻き道と言っても、40mほど標高を稼いだようだ。
DSC_9759_20160619235346542.jpg

次の小ピークまでは標高差100mほど。
DSC_9760_20160619235348161.jpg

間もなくナメリ坂に差し掛かる。
DSC_9761_201606192353498a2.jpg

安定感のTさん。
DSC_9762_20160619235350c5f.jpg

すぐに、左手に下る道が現れた。
DSC_9764_20160619235322192.jpg
(振り返って撮影しているので、写真では右手)
「山と高原地図」では破線の道になっており、金引橋までは1時間ほどだ。

さて、本格的にナメリ坂の登り。
DSC_9765_20160619235322445.jpg

鞍部を振り返る。
DSC_9766_20160619235324506.jpg

目を上に移せば、1518mピークのシルエット。
DSC_9767_201606192353253c9.jpg

足元にはコミヤマカタバミの花。
DSC_9768_2016061923532629f.jpg

めずらしくガレた道になった。
DSC_9769_201606192352571ce.jpg
DSC_9770_20160619235257db6.jpg

標高は1550mに達した。
DSC_9771_20160619235259f71.jpg

この先はしばらくほぼ平坦になる。
DSC_9772_20160619235300712.jpg

おっと、大福もちみたいなサルノコシカケ。
DSC_9773_20160619235302181.jpg
触ってみたら、当然のごとく固かった。

ここで昼食も含めて5度目の休憩。
DSC_2361_20160619235903c75.jpg
さすがに休む頻度が多くなってきた。

(つづく)
このページのトップへ

大峯(2)

【2016年5月14日(土)】狼平
バスで天川川合に9時に到着。
ここで、ビールや今夜の食材などを分担して受け持つ。
私も男の子ということでビール1缶、うどんと野菜を渡され、ザックの重さは1㌔増えた感じだ。
家を出た時は13㌔あったから、コンビニで買った食料や飲料も含め、これで15㌔になったはず。
さすがに重い。
3泊4日で飯豊山を縦走した時は、20㌔近く背負って歩いたが、昨年足首を骨折してからはずっと軽量路線だった。
4月下旬に七面山で10㌔ほどをかついで練習したつもりだが、大丈夫だろうか。
目指すはあの山のずっとずっと向こうだけど。
DSC_9573_20160617060918444.jpg

9:20すぎ、いよいよ出発。
DSC_9576_20160617060920ce1.jpg

まずは国道を歩く。
DSC_9577_2016061706092211a.jpg

すぐ先の派出所に登山届を提出。
DSC_9578_20160617060923b3a.jpg

5分ほどで車道を離れる。
DSC_9579_20160617060925df8.jpg

いきなり吊り橋だ。ここで標高は約600m。
DSC_9580_20160617060858788.jpg

高所恐怖症のため、「本日最大の核心部」と怖がっているMさんが先頭。
DSC_9583_2016061706085989d.jpg
揺れないよう、1人で歩かせてあげた。

続いて、本日の隊長Tさん。今夜の宴に使う大鍋を背負ってくれている。
DSC_9584_201606170609019a4.jpg
彼のトレードマークは地下足袋だ。

私が後に続く。
天ノ川はすばらしい清流である。
DSC_9585_20160617060903e92.jpg
DSC_9586_201606170609049e7.jpg

次々に仲間が渡ってきて、揺れるのだが、我慢して撮影。
DSC_9587_20160617060837e4c.jpg

O君も意気揚々。
DSC_9589_2016061706083955f.jpg

橋詰めには「遊芸記念」と刻まれた石碑があったが、いつ建立されたものかは分からなかった。
DSC_9591_20160617060840f32.jpg
昔の人も、この美しい渓流で紅葉狩りを楽しんだのだろう。

登山口まで再び車道となる。
DSC_9592_20160617060842fa0.jpg

でも田舎道なので気持ちいい。
DSC_9593_20160617060843a5d.jpg

歩き始めて10分の足馴らしで、いよいよ登山開始。
DSC_9595_20160617060814099.jpg

例によって写真を撮りまくる私が、しんがりとなる。
DSC_9597_201606170608159df.jpg

いきなりの急登だ。
DSC_9601_20160617060817092.jpg

みなザックが大きくて頭が見えない。
DSC_9602_20160617060819cd1.jpg

金網で階段を整備している登山道は初めてだ。
DSC_9603_20160617060820954.jpg

ぽつんと歌碑が立っていた。
DSC_9604_2016061706074783d.jpg
「雪ふみて吉野の里の奥深く君ひたゆきし弥山への道」
平凡な歌である。誰の歌だろうと思ったままこの時は通過したのだが、帰りに裏を見たら遭難者の慰霊碑だと分かった。
遺族が詠んだのだろう。そう思うと、雪、奥深く、ひたゆきし、といった言葉が胸にしみてきた。
長崎の人らしく、亡くなったのは1992年12月31日。享年26歳という若さだった。

慣れない重量の荷物を抱えて、最初からこの傾斜はかなりきつい。
DSC_9605_20160617060748972.jpg

足元の若葉に慰められながら、一歩一歩、歩を進める。
DSC_9606_20160617060750f4f.jpg
幸い、先頭のTさんはゆっくりゆっくり歩いてくれる。

この林は、いわゆる吉野杉だ。
DSC_9609_20160617060751b69.jpg

関東の杉とは違って有名な木だぞと思うと、元気も出る。
DSC_9610_2016061706075333e.jpg

体力的に一番不安だったY子ちゃんも、毎週のように大山を歩いて鍛えていただけあって、遅れたりしないで頑張っている。
DSC_9612.jpg

しかし、この傾斜はこたえるわい。
DSC_9613_20160617060725c1b.jpg

突然、吉野杉の林が終わり、広葉樹に。
DSC_9614_201606170607266d9.jpg

間もなく、鉄塔の下に出て、一気に視界が開けた。
ここで標高は約830m。45分で230mほど登ってきた。
DSC_9615_20160617060727d47.jpg

正面(東)。左端の尖塔は大日山(1689m)。その右は女性も登れる稲村ヶ岳(1726m)。
DSC_9622_20160617060702819.jpg
さらに右のギザギザはバリゴヤの頭(1580m)だろう。

ちょっと送電線が邪魔だが、アップにしてみた。
DSC_9623_20160617060703dd2.jpg
DSC_9624_2016061706070595c.jpg

眼下には北角の集落。
DSC_9625_201606170606340b4.jpg

みたらい渓谷も見えた。
DSC_9619_20160617060729fb5.jpg

左前方(北東)には観音峰(1348m)。
DSC_9620_20160617060659adf.jpg

鉄塔の下を通過。
DSC_9621_20160617060700b68.jpg

5分ほどTさんの説明を受けながら景色を堪能し、急登再開。
DSC_9627_201606170606361fd.jpg

この標識は奈良県と天理大学ワンダーフォーゲル部が設置したもののようだ。
DSC_9628_201606170606381cd.jpg

吉野杉の美林を行く。
DSC_9629_2016061706063953e.jpg
DSC_9630_20160617060640b50.jpg

傾斜がゆるみ、926mピークを巻いていく。
DSC_9631_201606170606101cf.jpg
ホッとひと息つける瞬間だ。

間もなく、稜線に乗った。標高は920m弱。
DSC_9632_20160617060612626.jpg

朝がやや少なめだったので、お腹が空いた。
歩きながら、行動食用に買っておいたクリームドーナツを1個食べてしまう。
DSC_9633_20160617060613b90.jpg

1時間20分ほど歩いたところで小休止。
DSC_9634_20160617060615a35.jpg
道がちょっと屈曲していて、みんなが腰を下ろせるスペースがある。
ちょうど門前山(約1020m)の直下に当たる場所だ。
みんなでお菓子を分け合いながら、汗をぬぐった。

10分ほどで出発。
DSC_9635_20160617060616d22.jpg

なんとなくおどろおどろしい感じの道を進む。
DSC_9637_201606170605461f6.jpg
DSC_9638_20160617060548624.jpg

再び尾根に乗ると、しばらくなだらかな道が続く。
DSC_9640_20160617060549fe0.jpg
DSC_9642_20160617060551ef0.jpg

やはり杉林より広葉樹の方が癒やされるなあ。
DSC_9644_20160617060552576.jpg

標高1000mを超えて、やや傾斜が出てくると、右にトラバース。
1115mピークを巻く。
DSC_9645_20160617060522545.jpg

そして再び尾根に乗る。左手のピークには行かないよう要注意。
DSC_9647_20160617060524c5a.jpg

全員まだ元気だ。
DSC_9650_2016061706052509a.jpg

みな不思議がっていたが、これは何という植物なのだろう。
DSC_9651_20160617060527cc8.jpg

成長すると、ウルトラセブンのワイヤール星人のようになるような気がする。
DSC_9654_20160617060459092.jpg

やっと広葉樹の森になった。
DSC_9652_20160617060528296.jpg

う~ん、気持ちいい。
DSC_9653_20160617060458d0d.jpg

11時半前に次の鉄塔に到達。一気に視界が開けた。
大日岳がやや近づいた感じがする。
DSC_9655_2016061706050175a.jpg

観音峰の山体は結構大きいことを知る。。
DSC_9661_20160617060433751.jpg

これは西方向の山だが、特定できなかった。
DSC_9658_2016061706050200d.jpg

そして洞川温泉の町並み。
DSC_9660_20160617060504e0b.jpg

標高は1150mを超えた。
DSC_9662_20160617060435ec1.jpg

ここまで2時間ほどで3km歩いてきたが、まだ先は長い。
DSC_9663_2016061706043614a.jpg

11時半すぎ、一つの目標だった林道に出た。
DSC_9664.jpg

ここで2度目の休憩をとる。
DSC_9666_20160617060439440.jpg

私はちょっと物陰まで歩いて、キジ撃ち。
DSC_9668_20160617060410d13.jpg

その後、立ち休み。
DSC_9669_201606170604122ef.jpg

一応、Tさんに昼食の場所について確認。
1時間ほどで栃尾辻に着くので、そこでお昼にする予定とのこと。
う~ん、みんな朝早かったし、もうお腹が空いている人もいるのではないか。
それに、このペースでは栃尾辻にあと1時間で着けるとは思えない。
登山口から栃尾辻までコースタイムは2時間45分。
現在、距離的にはその半分ちょっとまで来たが、2時間以上かかっている。
まあ、とにかく様子見ということにして、出発。
DSC_9670_2016061706041300e.jpg

ほんの100mほど林道を歩く。
DSC_9672_201606170604150b9.jpg

左手、バリゴヤの頭の小ピーク(左端)の奥に、ほぼ重なって見えるのは大普賢岳(1780m)だろうか。
DSC_9674_20160617060416994.jpg

その右に見えるのは、行者還岳(1547m)かもしれない。
DSC_9675_20160617060356a3c.jpg
手前はトサカ尾山(1119m)。

(つづく)
このページのトップへ

大峯(1)

【2016年5月13日(金)】(移動)
この週末は、高校同窓会山岳部の初めての関西例会である。
大阪在住の後輩が1泊2日で大峯奥駈道のうち弥山、八経ヶ岳を歩くプランを提案してくれた。
こういう企画でもないと、なかなか行かないところなので、二つ返事で名乗りを挙げた。
宿泊は狼平。避難小屋が満員で泊まれないことも想定してテン泊の装備。
ザックはいつもより相当重いが、夕食の鳥ちゃんこ鍋が楽しみだ。
参加者は総勢8人(男4人、女4人)。
期で言うと、31期3人、34期3人、35期1人、40期1人ということになる。
8人のうち7人は関東勢なので、ほとんどが前泊で臨んだ。

私は同期の盟友O君(裾野在住)と名古屋で合流、近鉄特急で大和八木(奈良県橿原市)まで宴会を繰り広げる予定だ。
巨大なザックを会社に持っていくのは恥ずかしいので、朝のうちに東京駅のコインロッカーに隠しておいた(週明けから、伊勢志摩サミットのため使用不可になったので、ギリギリセーフだった)。
DSC_2311_20160616232032caa.jpg

会社をいつもより早めに退社して、18:00ちょうど発ののぞみ121号岡山行きに乗車する。
O君が名古屋でひつまぶし弁当を買っておいてくれるとのことなので、駅弁は買わず、つまみだけにしておいた。
DSC_2312_20160616232034707.jpg

まだ、明るいのでしばらく車窓を楽しむ。
前日、旧東海道歩きで見てきたばかりの多摩川を渡る。
DSC_2313_20160616232035f48.jpg

夕景の大山。
DSC_2314_201606162320370f3.jpg

箱根の向こうに富士山のシルエットも確認できた。
DSC_2315_201606162320380e9.jpg
登る対象は違えど、こうして前日に山を眺めるのは、私にとって相撲の仕切りと同じ。
気分が高揚してくる。

間もなく夕闇が訪れたので、飲みとfacebook遊びに専心する。
他のメンバーもそれぞれに大阪へ向かっており、交信しているだけで暇がつぶせる。
名古屋には19:40着。
DSC_2316_20160616232011cb7.jpg

近鉄線へと急ぐ。
DSC_2317_20160616232012be6.jpg
しかし、様子がおかしい。
改札口の前が通勤客でごったがえしている。
なんと信号故障で、近鉄名古屋線が止まっているとのこと。
よりによって、この日のこのタイミングでアクシデントとは。
でも、人ごみの中でお互いを見つけるのは容易だった。
こんなに大きなザックを背負っているのだから目立たないはずはない。

運転再開の目途も立たないようなので、二人で協議の上、新幹線に乗り直して、京都経由で行くことにした。
せっかく、特急券をネット予約して支払いも済ませていたのに、がっかりだ。
しかも、かなり余計な出費を強いられた。
もともと、大和八木まで名古屋経由だと1万3980円で済むはずだった。
これは京都経由で行くより、到着は5分遅いが、880円安い。
しかし、いったん名古屋で下り、また新幹線に乗り直して京都経由となると、1万7210円もかかる。
近鉄のせいで、3230円も損したわけだ。
本当に損害賠償で訴えたいくらいだ。

すぐにJRに引き返し、入線してきた20:03発のぞみ249号新大阪行きに乗り込む。
しかし、2人並んで座れる席があるはずもなく、京都までの35分はデッキで立ちっぱなし。
O君と近鉄にブーブー文句を言っていた。
20:38京都着。うひょ~特急橿原神宮行きは20:45発だ。
DSC_2318_20160616232014c43.jpg
あわてて、近鉄の窓口で特急券の払い戻しをして、新たに近鉄京都線の特急券を買い直し、ついでに売店でお酒も追加して、電車に飛び乗った。
いやいや綱渡りである。

やっと落ち着いて、O君と飲める。
DSC_2319_20160616232015891.jpg

そして、お待ちかねのひつまぶし。
DSC_2320_201606162320179c1.jpg

しら河の「うなぎまぶし」は税込み2268円もする高級弁当だ。
DSC_2322_20160616231946dd9.jpg
買ってから随分時間が経ってしまったが、まだ何とかぬくもりは残っていた。
お茶漬け用のタレも付いていたので、半分はお茶漬けにして食べた。
美味しかったが、ご飯の量が異常に多く、お腹パンパンになってしまった。

大和八木には1時間もかからず、21:33に到着。
DSC_2323_20160616231948db8.jpg
ここはかつて何度も通った町だ。
10年近く間が空いていたが、たまたま去年、田原本で仕事があって来たので、ほぼ1年ぶりということになる。

古い街並みを10分弱歩いて、今宵の宿「ビジネス観光ホテル河合」に到着。
DSC_2324_2016061623194988f.jpg

宿泊はツインで、1人3400円の安さだった。
DSC_2325_20160616231951329.jpg
この日はそれぞれシャワーを浴びて、23時くらいには寝てしまったような気がする。

【2016年5月14日(土)】狼平
前夜、早めに休んだので、結構早く目が覚めてしまった。
窓の外を見ると、予報通り、よく晴れている。
宿の食事は7時からだったが、バスの時間との兼ね合いもあり、6時半にしてもらった。
パッキングを済ませ、出発の準備を完了して1階の食堂に下りる。
朝食の準備ができる前に、ちょっとだけ外に出てみた。
結構地味なホテルなのだが、車の人がかなり泊まっていて、びっくり。
DSC_2329_201606162319240cd.jpg

向かいには芭蕉の句碑があった。
DSC_2328_20160616231952f87.jpg
「草臥(くだびれ)て宿かる此(ころ)や藤の花」

芭蕉が貞享五年(1688年)四月十一日、「笈の小文」の旅で、八木町の宿に一泊した時に詠んだものだそうだ。
泊まった宿がどこにあったのかは不明だが、当時面影を残すここ札の辻界隈に句碑を建立したとのこと。
DSC_2330_20160616231926318.jpg

ホテルに戻って、朝食。トーストにゆで卵、バナナ。実にシンプルである。
DSC_2331_20160616231927f63.jpg
10分で平らげ、6:40に即出発。

近鉄線の踏み切りが鳴り始めたので、駆け寄る。
特急上本町行きが通過して行った。
DSC_2334_20160616231929b7b.jpg

電車が通り過ぎると、大和三山のひとつ耳成山(139m)が姿を現した。
DSC_2336_20160616231930012.jpg

テツにかまけている間に先に行ってしまったO君の後を追う。
その途中でも、マンホールチェックは忘れない。
DSC_2338_20160616231858c59.jpg

駅前のコンビニで今日明日の昼飯(助六寿司&パン)と飲み物を購入。
大和八木駅から7:17発の電車に乗り込む。
DSC_2339_20160616231900ceb.jpg

6分で橿原神宮前駅に到着。
DSC_2340_2016061623190284e.jpg

ここで、急行吉野行きに乗り換える。
入線してきた電車には、我々が乗ろうとした乗車口のすぐ横に女性陣2人が乗っていた。
「お~、おはよ~」と挨拶し、向かいのシートに陣取る。
回りにも、山仕度の高齢女性がたくさん。
話しかけられたので、こちらの行き先を話すと、全く同じだった。
ただ、彼女たちは下市口駅からタクシーで行者環トンネルまで行き、そこから弥山に登るとのこと。そのコースだと3時間で、弥山に着く。
当然、彼女たちの泊まりは弥山小屋となる。
こちらはずっと手前の天川河合から歩き始めるので、今日のところは弥山のふもとの狼平まで。コースタイムは4時間45分である。
GWは混雑するだろうから、あえて1週遅れのこの日を選んだのだが、この日弥山で何か催しがあるらしいことが後に判明。
おばちゃんたちはそれに参加するらしい。
下市口に着くまでの30分ちょっと、彼女たちと会話しながらの旅となった。
向かいではやはり、女性陣が別のおばちゃんたちに捕まっていた。

8:01下市口駅に到着。
DSC_2342_201606162319043f0.jpg

同じ電車に乗っていたSさんとも合流して、駅前に下り立った。
DSC_2349_20160616231840664.jpg
すでに到着していた主宰者のTさん君とも合流。これで6人。

駅前にはすでにバスを待つ登山者が列をなしていた。
DSC_2344_201606162327513f7.jpg

私はとりあえず、会社に着てきた服など余計なものをコインロッカーに預ける。
当初は宿から宅配便で送り返そうかと思っていたのだが、ロッカーがあるという情報がTさんからもたらされたので活用することにした。
宅配便だと1000円以上かかるが、ロッカーなら2日預けても600円で済む。
余計な荷物が2㌔近くあったので、ほんとに助かった。

バスが出るまでの間、しばし駅前を偵察。
DSC_2343_201606162319054fb.jpg

ここは下市口という駅だけあって、まだ下市町ではない。
DSC_2346_20160616231835531.jpg

大淀町である。
DSC_2348_201606162318384b5.jpg

一応、駅構内も記録に残しておこう。
DSC_2347_20160616231837b76.jpg

乗客はバス1台だけでは乗り切れず、2台で発車した。
正規のバスに乗り切れなかった人は2台目に移動したが、あちらの方が天川川合まで直通するという。
早く行きたい方はそちらへ移動してもいいという運転手の呼びかけがあったが、どうせ途中のバス停にはほとんど止まらないはず。
そんなに到着時間に差はないだろうから、そのまま留まった。
でも何人かが移動してくれたおかげで、膝の上に置いていたザックを床に下ろすことができた。これまた助かった。
8:20発車。バスは洞川(どろがわ)温泉行きである。
紀ノ川を渡って、下市町に入り、古い町並みを通り過ぎて、バスはどんどん高度を上げていく。

我々は天川川合で下車。
DSC_9572_20160616231743b6f.jpg

時刻はちょうど9時。40分かかった。
ここで、残る女性陣2人と合流。8人全員が集結した。
彼女たちは前日早くから現地入りし、山上ヶ岳方面の女人結界などを確認し、洞川温泉に泊まっていた。
Y子さんが財布を無くしてしまい、ちょっと大騒ぎになったらしいが、無事発見されたとのこと。これは後ほど暴露された話だ。

当方は、先月七面山で購入したイチイの腕輪を宿に忘れたことに気づき、電話を入れた。
「お風呂の蛇口に掛けてあるはずなので、着払いで送っていただけませんか?」
風呂に入った時、こんなところに掛けておくと絶対忘れるんだよな~と気を付けていたのに、やっぱり忘れてしまった。
後日、ちゃんと送っていただいた。宿の方、ご面倒をおかけしました。
DSC_9574.jpg
(バス停の裏の渓流)

(つづく)
このページのトップへ

旧東海道Ⅲ(下)

【2016年5月12日(木)】旧東海道
六郷神社の境内に入る。
参道がかなり立派だ。
CIMG2521_2016061605010084f.jpg
CIMG2522.jpg

左手には神職の方のお住まいと思しき住宅があった。
CIMG2523_201606160501034bf.jpg

貞享二年(1685年)に六郷中町の有志が願主となって奉納された狛犬。
CIMG2526_20160616050105060.jpg
この頃になると、「現世利益」を造立願意とするものが増えてくるが、これはまだ中世的な「二世安楽」。
造形的にも他には類を見ない独創的なもので、実にユーモラスである。

明治16年(1883年)に架けられた旧六郷橋の親柱が、境内に保存されていた。
CIMG2529_201606160501060e4.jpg
慶長五年(1600年)に家康が架設した六郷橋は貞享五年(1688年)の洪水で流され、それ以後は186年の長きにわたり、橋は架けられなかった。
明治7年(1874年)に八幡塚村の名主鈴木左内が私財を投じて、有料橋を架けたが、この「左内橋」も4年後には流失してしまう。
そこで明治16年、八幡塚村と対岸の川崎駅の有志が共同で、木橋の「旧六郷橋」を建設した。これは明治30年(1897年)に架け替えられ、電車も通るようになったが、明治43年(1910年)の台風による洪水で再び流失。大正14年(1925年)に鉄筋コンクリート製のタイドアーチ式の先代「六郷橋」が開通した。
旧六郷橋の遺構である親柱は昭和元年(1926年)、切妻屋根を付して、六郷神社境内に保存された。この屋根は2年前に更新されたものである。

氷川神社などの境内社。
CIMG2538.jpg

広橋真光伯爵(1902~97年)が謹書した石製の古い扁額。
CIMG2537_2016061605001546b.jpg
真光(ただみつ)は戦前の内務官僚で、近衛文麿、東条英機両首相の秘書官を務めた人物。

これは井戸枠だろうか。
CIMG2531_20160616050037f29.jpg

その他さまざまな石碑が林立する。
六郷講社の碑。
CIMG2532_20160616050039cca.jpg

こちらは御嶽講社(右)。
CIMG2534_20160616050040320.jpg

東郷平八郎の筆になる忠魂碑。
CIMG2535.jpg

六郷神社創建の由来を記した「旗懸之杉由来」碑。
CIMG2536_201606160500438ce.jpg

いったん、南側の「正門」に出てみた。
CIMG2540_20160616050019e5c.jpg

鳥居の手前に、梶原景時寄進と伝えられる石造の太鼓橋「神橋」が残されている。
CIMG2539_20160616050017853.jpg

この穴は何だろう。
CIMG2541_20160616050020614.jpg

やっと拝殿。
CIMG2542.jpg

もちろん参拝する。
CIMG2543_2016061604594940c.jpg

向かって左側に神楽殿。
CIMG2545_201606160459502b5.jpg

近所の奥様方がくつろいでいた。
CIMG2546_20160616045952388.jpg

第一京浜は新六郷橋へと登っていくが、旧東海道はその左側を旧渡船場へと続いている。
CIMG2548_20160616045923912.jpg
CIMG2551_20160616045926795.jpg

その沿道には、古い町工場が昭和の雰囲気を漂わせていた。
CIMG2547_20160616045953acd.jpg
CIMG2549.jpg

六郷橋のバス停を通過。
CIMG2552_201606160459282f4.jpg

新六郷橋のガードをくぐる。
CIMG2553_20160616045929ccd.jpg

すると右手に大田区立の公園「宮本台緑地」に出る。
CIMG2556_2016061604590025b.jpg

ここには先代六郷橋の遺構が保存されていた。
CIMG2557_20160616045901dee.jpg
CIMG2559.jpg

これは鉄製のゲートだったのだろう。
CIMG2561_20160616045904f2d.jpg

近くには、「六郷の渡し跡」の案内板が立っていた。
CIMG2563_20160616045906777.jpg

多摩川の土手の下には「止め天神」。
CIMG2564_201606160458342fd.jpg

「止め」とは「川止め」のことではなく、天神様が8代吉宗公の落馬を止めたという故事にちなむという。
CIMG2569_20160616045837f1c.jpg

「通りゃんせ」の標柱。
CIMG2566_201606160458361e9.jpg
江戸時代には成立していたわらべうただが、発祥の地は小田原の菅原神社もしくは川越の三芳野神社と言われている。
なぜ、ここにあるのか。単に天神様だからか。
しかし、この歌、「帰りはこわい」の意味がよく分からない。
諸説あるようだが、いずれも「こわい」話だ。

千年石と万年石。
CIMG2570_20160616045839ef3.jpg
もともとは力石だったが、村人が健康で長生きできるように願い、ここに安置して、なぜるようになったという。

もう夕暮れということもあり、社殿には灯りがともっていた。
CIMG2573_20160616045840216.jpg

お参りして、土手に登る。
CIMG2575_20160616045807eb0.jpg

多摩川である。
CIMG2577_2016061604580930d.jpg

京急の六郷橋。
CIMG2579_20160616045810746.jpg

もうすっかり日も暮れてしまったので、本日の旧道歩きはこれにて終了。
六郷土手駅から戻ることにする。
CIMG2582_2016061604581382e.jpg

その前に駅周辺を偵察。
老舗っぽい和菓子「梅泉の伊東」。
CIMG2581_20160616045812739.jpg

この角を右折すると、旅館街。
CIMG2583_20160616045742359.jpg
CIMG2585_20160616050801a2f.jpg
宿場町だった時代の名残だろう。
連れ込みも可なのだろうが、見た感じは健全な宿に感じられた。

打ち上げは雑色駅近くでと思っていたが、面倒なので、近くの店に入ってしまった。
CIMG2586_20160616045744c4f.jpg

とにもかくにも。キンキンに冷えた生ビール。
DSC_2307_20160616045747249.jpg

つまみは赤貝とイワシの刺身。
DSC_2308_20160616045748bf7.jpg

40分ほどでさくっと切り上げ、電車に乗る。
CIMG2587_201606160457458fc.jpg

炭水化物を何も食べなかったので、乗り換え駅の品川で、広島みはら港町「八天堂」のくりーむパンを購入。
DSC_2309_20160616045720554.jpg

甘さ控えめでヘルシーだったが、もう少し甘くてもよかったかな。
DSC_2310_20160616045722029.jpg

というわけで会社にはもちろん戻らず、直帰。
次回の旧東海道は六郷土手からのスタートになる。

(おわり)
このページのトップへ

旧東海道Ⅲ(上)

【2016年5月12日(木)】旧東海道
この日は平日だが、午後品川に仕事ができたので、会社には「直帰」ということにして、旧東海道歩きの続きをすることにした。
仕事は午後5時前に終了。5時過ぎに品川駅から京急線に乗った。
前回(5月8日)は梅屋敷駅まで歩いたので、今回はそこから歩くことになる。
平和島で各駅停車に乗り換えて梅屋敷に着いたのは17:19。
CIMG2454_20160615064951060.jpg
CIMG2456_201606150649527f8.jpg

早速、歩き始める。
CIMG2457_2016061506495437a.jpg

しばらくは味気ない、第一京浜を南下する。
拡幅工事が予定されているのか、右側は幅広く空き地になっている。
CIMG2462_201606150649298ea.jpg

取り残された、これら昭和の香りのする飲み屋なども早晩、取り壊されるのであろう。
CIMG2460_2016061506495505b.jpg
CIMG2461.jpg

駅から200mほどで、右手に梅屋敷公園が現れた。
CIMG2463.jpg
CIMG2464.jpg

江戸時代の商人、山本忠左衛門がこの地で和中散(道中の常備薬)の売薬所を始めた。
その子、久三郎が文政年間(19世紀初め)、三千坪の敷地に梅の木100本をはじめ、カキツバタなどの花々を植え、茶屋を開いたのが、梅屋敷の始まりとされている。
CIMG2468_2016061506490829d.jpg

当時は12代将軍家慶が鷹狩の休憩所にしたほとで、東海道を行き交う旅人にも親しまれ、梅の咲く春には大勢の観梅客で賑わったという。
CIMG2469_20160615064909882.jpg

その後、明治天皇がことのほか梅屋敷を愛し、明治元年(1868年)から30年(1898年)までの間に9回も行幸したという。
CIMG2465.jpg

とくに明治6年3月6日の観梅のおりには自ら梅の木をお手植えされたとのこと。
この梅は後に「仙粧梅」と呼ばれて、庶民にも親しまれたらしい。
そんな由緒もあり、梅屋敷は昭和8年に史蹟に指定され、昭和28年、大田区に譲与された。
ゆえに、正式には「大田区立聖蹟蒲田梅屋敷公園」という。
CIMG2475_201606150648454e4.jpg

当然のごとく、すでに梅は終わっていたが、キショウブが見頃を迎えていた。
CIMG2472.jpg

園内には、かつて自然石の里程標があったらしい。
CIMG2474.jpg
(これは復元)
「距日本橋三里十八丁」「蒲田村山本屋」と刻まれていたとのこと。

伊藤博文や木戸孝允が梅屋敷で新年の宴会を開いた時、二人が合作した絵の中にも、その里程標は描かれていたという。
残念ながら、里程標は戦後失われてしまった。
CIMG2471.jpg

このほか、梅屋敷とゆかりの深い山本久蔵の句碑が残されていた。
CIMG2479_2016061506484898c.jpg
天保五年(1834年)の建立で「神酒ささぐ間に鶯の初音かな 麦住亭梅久」と刻まれている。

こちらは久蔵が弘化三年(1846年)に梅路と号して建立したもの。
CIMG2480.jpg
「しら梅の梢や月の高みくら 七十五歳梅路」「松竹は表にうらハ梅の春 六十五歳梅志」「弘化三年のとしきく月 梅家女誌」
とある。梅志とは久蔵の妻のことであろう。
二人の墓は蒲田の妙典寺にあるという。

こちらは復元された歌碑。
CIMG2482_20160615064851a5d.jpg
「旅人の神に手向の幣代や白絹咲きし庭中乃梅 狂歌堂真顔」
真顔は江戸後期に数寄屋橋で汁粉屋を営んでいた狂歌師、戯作者だそうだ。
旅人だけでなく、文人も集まる場所だったのだろう。

園内にはかつて多数のこうした石碑があったらしいが、戦後の混乱期にほとんどが失われてしまった。
今はそれらしく整備がなされてはいるものの、当時の風景とはまるで違うのだろう。
CIMG2476.jpg

ここも拡幅範囲内になっているようだが、つぶされてしまうのだろうか。
CIMG2484_20160615064822f4b.jpg
何らかの形で残してほしいものだが。

ここに「大田区体育館」の門柱があるのは、かつてここが体育館への入口だった名残だろうか。
CIMG2466.jpg

さて、第一京浜に戻ろう。
CIMG2485.jpg

日本橋まで15km。さっき「三里十八丁」とあったが、ほぼその通りだ。
CIMG2486.jpg

多摩堤通りと交差。右折するとJRの蒲田駅だ。
CIMG2487.jpg

京急蒲田駅に続く高架線。
CIMG2488_20160615064828543.jpg

夫婦橋で呑川を渡る。
CIMG2489_20160615064759197.jpg
CIMG2490.jpg

すぐに京急蒲田駅。
CIMG2491_20160615064802227.jpg
CIMG2493_201606150648035f3.jpg

かなり巨大な駅だ。
CIMG2495_2016061506480573b.jpg

第一京浜をまたぐ京急羽田線。
CIMG2496_201606150647356de.jpg

羽田線は2段になっていた。
CIMG2497_20160615064737279.jpg

六郷用水は多摩川の狛江市付近から引いた農業用水で、今の世田谷区や大田区を潤していた。
CIMG2499_201606150647383d8.jpg
慶長二年(1597年)から14年を要して築かれたが、今は大半が埋め立てられており、跡地の一部が「六郷用水物語」として遊歩道になっている。

第一京浜があまりに殺伐としているので、ちょっと脇道を歩いてみた。
CIMG2500_20160615064740cf3.jpg

右手に熊野神社があったので参拝。
CIMG2501.jpg

石の扁額は破損がひどく、結構古そうだ。
CIMG2503_20160615064712e8d.jpg

でも社殿は比較的新しかった。
CIMG2504.jpg

お隣の稲荷神社。
CIMG2506_2016061506471701a.jpg

狛犬に力石。
CIMG2505_20160615064715967.jpg
CIMG2508.jpg

少し進むと雑色駅に到着。
CIMG2512_2016061506465295a.jpg

ここの商店街はかなり楽しそうだ。
CIMG2511.jpg

帰りはここで途中下車して、一杯やって行こうかという気になる。
CIMG2510.jpg
でも明るいうちはまだ歩くことにしよう。

う~ん、でもそそられる~
CIMG2514_20160615064653f03.jpg

再び、六郷用水通過。
CIMG2515_20160615064655f83.jpg

間もなく、六郷神社の門前に。
CIMG2516_20160615064631abf.jpg

このあたりは多摩川を渡る六郷の渡しがあり、かつてはかなり賑わっていたらしい。
CIMG2517_201606150646331f1.jpg
天喜五年(1057年)、東北地方で起こった反乱の平定のため、源頼義・義家父子が向かうことになった。
その途上、ここにあった大杉に源氏の白旗を掲げて、軍勢を募り、石清水八幡宮に戦勝を祈願した。
見事、乱(前九年の役)を平らげた父子は戦勝を祝って、石清水八幡宮をここに勧請した。それが、六郷神社の始まりとされる。

(つづく)
このページのトップへ

旧東海道Ⅱ(4)

【2016年5月8日(日)】旧東海道
磐井神社を後にして、南下を続ける。
密厳院を探しに、第一京浜を離れたが、なかなかたどり着けない。
今にも取り壊されそうな古いアパートを見つけただけ。
CIMG2380_20160610213208093.jpg
CIMG2381_201606102132100da.jpg

どうやら、すぐ手前を左折して迷ってしまったようで、随分遠回りをさせられた。
CIMG2383_20160610213212164.jpg
CIMG2387_20160610213213b83.jpg

ここには、八百屋お七を供養するために造立された地蔵菩薩が安置されている。
CIMG2393.jpg
彼女は、恋人に会いたいばかりに自宅に放火し、鈴ヶ森で火刑(天和三年=1683年)に処された人物である。
地蔵はお七の三回忌にあたる貞享二年(1685年)に、小石川村百万遍念仏講中が建立。
最初は鈴ヶ森刑場にあったが、ある日一夜にしてこの寺に飛来したという伝説がある。
その隣には、寛文二年(1662年)建立の庚申塔。
石造舟形で阿弥陀如来を彫った庚申塔としては、かなり古いものだという。

境内にはそのほか、いくつもの石仏・石塔が集められていた。
CIMG2389_201606102132149bf.jpg
CIMG2390_201606102131468c9.jpg
CIMG2396_20160610213152175.jpg
CIMG2397_20160610213123f16.jpg

太子堂。
CIMG2391_201606102131478a6.jpg

本堂そのものは近代的なビルだった。
CIMG2392.jpg

参拝は省略して、東海道に戻る。
CIMG2398_20160610213124669.jpg

しばらく行くと、大森神社。
CIMG2399.jpg

社殿そのものは新しい。
CIMG2400_20160610213127b1d.jpg

ここも見学だけにとどめ、先に進む。間もなく平和島駅。
CIMG2404.jpg

平和島駅に寄るために、ちょっと行き過ぎたので、数百m戻る。
二又の左手が旧東海道。今は三原通りと呼ばれている。
CIMG2408_20160610213104d7f.jpg

この先900mは当時の幅員を比較的よく残しているのだそうだ。
CIMG2407_20160610213102b05.jpg
CIMG2416_201606102130435b3.jpg

なんと廻船問屋が健在だった。
CIMG2410_20160610213105e01.jpg

右手に美原不動尊。
CIMG2411_20160610213107348.jpg

提灯に灯りがともっている。
CIMG2412_201606102131088c7.jpg

本堂の中では法要を営んでいる様子だった。
CIMG2413_20160610213039080.jpg

古く見えるが、昭和25年に建立されたばかりのようだ。
CIMG2414_20160610213041e69.jpg

この通りのお店はみんなシャッターに浮世絵の絵柄が書かれている。
CIMG2415_20160610213042b4a.jpg

戦前は、映画館や芝居小屋、寄席などがひしめく繁華街だったらしい。
CIMG2418.jpg

「三原」の語源は「北原」「中原」「南原」と三つの原があるからだった。
CIMG2419_20160610213018a27.jpg
こうした案内板をいくつも設置してくれて、とても親切だ。

「中氷の氷」は評判だったらしい。いつ頃の話なのか知りたかった。
CIMG2421_20160610213019c44.jpg

休憩用のベンチもあちこちに。
CIMG2422.jpg

まだ、通りはしばらく続く。
CIMG2423_201606102130220c0.jpg

旧東海道の標柱はあるが、街道歩きの人はあまり見かけない。
CIMG2424_20160610213024cd8.jpg

ほとんどが地元の人。その証拠に自転車が多い。
CIMG2425_20160610212955143.jpg

左手に徳浄寺。なんかインド風。
CIMG2426_20160610212956138.jpg

創業享保元年(1716年)の老舗「餅甚」。
CIMG2428_201606102129587aa.jpg

内川を渡る。
CIMG2430_20160610212959d2c.jpg

ここは羽田に向かう羽田道の基点。
CIMG2432_2016061021300181d.jpg
かつて、歌舞伎「浮世塚比翼稲妻」(鶴屋南北作)で有名な旅籠「駿河屋」があったので、「するがや通り」とも呼ばれるとのこと。

三原通りは大森警察署の手前で産業道路及び第一京浜と再び合流する。
その大森警察署の裏に、西南戦争(1877年)と日清戦争(1894~95年)に旧大森村から従軍し、戦死した兵士の慰霊碑が並んでいる。
CIMG2439.jpg

警察署あった場所にはもともと、大森町役場・大森区役所があったとのこと。
CIMG2436_2016061021292548d.jpg
昭和6年に建設された鉄筋コンクリート3階建ての建物だったという。
昭和15年に役所が移転したのちは、ずっと警察署として使用されてきた。

ちょっと街道から外れて、大林寺に向かう。
この辺は、かつて町工場が多かった地区なのだろうか。
CIMG2441.jpg

鰯のおいしそうな店。ゆっくり飲みに来たいが、そう簡単には来られないだろうなあ。
CIMG2442_20160610212930672.jpg

享保14年(1729年)に、大森村の甲子講という日蓮宗の信者たちが建てた池上道道標が境内にあるというので、わざわざ来たのだが、もう門が閉じられていた。
CIMG2445.jpg
参拝は午後4時半まで、とある。
今はもう6時前。全然お話にならなかった。
池上道とは池上本門寺に至る道のことで、今の京急梅屋敷駅あたりで東海道から分かれていたというから、ある時期にここに移設されてきたのだろう。

覗き見するだけで諦めた。
CIMG2444.jpg

なんだか、じわじわくる名前のお店だ。八百長だから激安できるのだろうか。
CIMG2446_201606102129005c1.jpg

日没前に第一京浜沿いの貴船神社に参拝。
CIMG2447.jpg

最近、少し移転したような雰囲気がある。
CIMG2449.jpg

さて、本日はこのくらいにしておこう。
CIMG2450_2016061021290450d.jpg

梅屋敷駅から帰ることにする。
CIMG2452_2016061021284282f.jpg

その前に、高架下にぽつんと残った洋品店「橋本屋」をチェック。
CIMG2451_20160610212840cf6.jpg

もう6時になってしまった。
この日は4時間弱で12kmほど歩いた。
10日にわたるGWはこれにて終了。
10日のうち勤務は1日、札幌帰省2日、残り7日は鎌倉の超低山も含めみな山だった。
われながら呆れます。

(おわり)

このページのトップへ

旧東海道Ⅱ(3)

【2016年5月8日(日)】旧東海道
立会川商店街から浜川砲台に向かう。
その途中で旧東海道を横切る。
その交差点で、立会川に架かるのが浜川橋。
CIMG2304_2016061021180094b.jpg
家康の時代に初めて架けられ、今の橋は昭和9年(1934年)の竣工だという。
江戸時代、鈴ヶ森刑場に送られる罪人を家族がこの橋で見送ったことから、「涙橋」とも呼ばれたらしい。

川に沿って、海の方へしばらく歩く。
CIMG2306.jpg

おお、幟が出てきた。観光名所なのだ。
CIMG2307_2016061021180380a.jpg

新浜川公園に、砲台の大砲が復元展示されていた。
CIMG2308_201606102118041f4.jpg

嘉永六年(1853年)のペリー来航を受けて、鮫洲に下屋敷を持っていた土佐藩は幕府に砲台を築くことを願い出る。
翌年ペリーが再び来るまでに、土佐藩は8門の大砲を備えた砲台を築いた。
そこに、佐久間象山から砲術を学んだ20歳の坂本龍馬がいたわけである。
CIMG2310.jpg

ついでに、土佐名物、鯨のモニュメントまであった。
CIMG2311_20160610211738e0e.jpg

さらには黒船?
CIMG2312.jpg

龍馬の遺跡を後にして、旧街道に戻る。
浜川橋を渡ると、右手に天祖神社。
CIMG2313.jpg

結構、大きな鳥居だ。
CIMG2314_2016061021174324e.jpg

境内には厳島神社。
CIMG2317.jpg

本殿。
CIMG2319_2016061021171860a.jpg

略式で参拝して、再び街道へ。
CIMG2320_20160610211719932.jpg

競馬場通りを渡る。
CIMG2321.jpg

見事な看板建築。
CIMG2322_20160610211722cb2.jpg

今歩いているのは、このあたり。
CIMG2323_201606102117231e3.jpg

旧街道らしいカーブを描いている。
CIMG2325_201606102116442dd.jpg

こちらもレトロな感じ。
CIMG2326_20160610211646ec3.jpg
CIMG2327_201606102116482d5.jpg

鈴ヶ森中学校。
CIMG2328_2016061021164987a.jpg

私にとっては、鈴ヶ森と言えば刑場なので、かなり際どい名称に思えるが、地元にとっては普通に地名なのだから、全然違和感はないのだろう。
CIMG2329_20160610211651740.jpg

浜川神社の標柱はあったが、神社そのものはどこにも見当たらなかった。
CIMG2330_20160610211622c1a.jpg
せっかく横に案内板があるのに、神社に伝わる文書のことばかり書かれていて、肝心の社殿のことは触れていなかった。

鈴ヶ森刑場跡は旧東海道と第一京浜が合流する地点にある。
まずは仏様のために、題目を唱えなければならない。
CIMG2347_20160610211605fd0.jpg

池上本門寺の二十五世貫首日顗(にちぎ)の筆になるもので、元禄十一年(1698年)もしくは元文六年(1741年)の建立と考えられているそうだ。
CIMG2352_20160610211536358.jpg

なぜか鯉塚。
CIMG2333_20160610211623799.jpg

「永代 鈴ヶ森 御花講新橋」とあるが意味はよく分からない。
CIMG2335.jpg

磔のための柱を差し込んだ台石。
CIMG2336_2016061021162574e.jpg
柱の上部に罪人を縛り付け、刺し殺したらしい。

火あぶりの刑で使われた火炎台。
CIMG2338_20160610211626bba.jpg
ここに鉄柱を差し込んで罪人を縛り付け、足元に薪を積んで生きたまま焼き殺されたという。あの八百屋お七もそのように処刑された。

ついでに水難者の供養塔もある。
CIMG2339_20160610211628695.jpg

「一切の業障海は皆妄想より生ず」
CIMG2340_20160610211559e71.jpg
「海のようにひろがり満ちている人間の一切の業(行為)の過ちも、それに原因する心身のさまざまな障りも、すべて自分中心に考える妄想から起こる」という仏教の教えである。

受刑者の墓。
CIMG2341_20160610211600e50.jpg

ここは「鈴ヶ森遺跡」として都の旧跡に指定されている。
CIMG2345_20160610211603cdd.jpg
鈴ヶ森刑場は慶安四年(1651年)に開設されたお仕置き場である。
間口40間、奥行き9間の規模があった。
第一京浜の拡幅により、遺構はほとんど残っていないらしい。

となりにある大経寺は実に近代的だが、当時受刑者を供養するために立てられた寺だ。
CIMG2343_20160610211602e7d.jpg

首洗の井。
CIMG2349_2016061021153476c.jpg

大地震や火災で横死した方々を供養する「殃死者供養塔」。
CIMG2354_20160610211537068.jpg

馬頭観世音まであった。
CIMG2355_201606102115395c1.jpg

とにかく死にまつわるものをすべて集めてきたというか、ここに建立したようだ。
CIMG2356_2016061021154087d.jpg

何度も手を合わせて、刑場跡を後にする。
CIMG2357.jpg

この先、旧東海道はしばらく第一京浜に吸収される。
CIMG2360_20160610211512583.jpg

味気ない国道歩きが続く。
右手に大森海岸駅。
CIMG2361_20160610211514f36.jpg

さらに南下すると、歩道に「磐井の井戸」跡がある。
CIMG2364_20160610211515219.jpg
「磐井」と呼ばれる古い井戸で、もともとは磐井神社の境内にあり、東海道を行き交う旅人の喉を潤した。
「霊水」または「薬水」と呼ばれるほど親しまれたが、道路の拡幅により歩道上に残されてしまった。
土地の人々は、心正しければ清水、よこしまならば塩水の味がすると伝えている。

その磐井神社はすぐ先。
CIMG2366_20160610211517c5b.jpg

かつては武蔵国の八幡社の総社に定められたほど格式が高く、10世紀に編纂された『延喜式』にも記載されている式内社だ。
CIMG2368_20160610211448f8b.jpg

別名、鈴森八幡宮とも呼ばれ、歴代の徳川将軍も参詣したと伝えられている。
CIMG2371_20160610211449cbf.jpg
この神社には、鈴石と呼ばれる不思議な石が保管されているそうだ。
延暦年間(782~806年)に武蔵国国司だった石川氏が奉納した神功皇后ゆかりの石と伝わる。
これを打つと鈴のような音がしたことから、「鈴石」と呼ばれ、「鈴ヶ森」の地名の由来にもなったという。

ここには、鳥の文様が浮き出した自然石の「鳥石」も保管されているのだとか。
江戸時代の書家松下烏石(?~1779年)が寄進したものとされる。
その由来を記したのが、この「鳥石碑」(元文六年=1741年建立)。
CIMG2374_20160610211453eaf.jpg
CIMG2373.jpg

その隣に、ほとんど文字が読めないが、竹岡先生書学碑(寛政八年=1796年建立)。
CIMG2375.jpg

その右に、復(退)筆塚(天明六年=1786年建立)。
CIMG2377.jpg

他にも、皇太子の野立記念碑や力石など、様々なものが集められていた。
CIMG2376.jpg
CIMG2379_20160610211432607.jpg
CIMG2378.jpg

(つづく)
このページのトップへ

旧東海道Ⅱ(2)

【2016年5月8日(日)】旧東海道
海晏寺境内を散策中。
これは与謝蕪村とともに「天明の六俳客」と呼ばれた春秋庵白雄の墓。
CIMG2204_20160610065000b6d.jpg

その師匠にあたる白井鳥酔の墓もあったらしいが特定できなかった。
CIMG2206_20160610065001435.jpg

その他の施設は比較的新しい。
CIMG2207.jpg
CIMG2210_201606100650044fb.jpg

岩倉具視らの墓は裏の丘の上にあるとのことなので、墓地への階段を登ってみた。
CIMG2213_201606100650069d9.jpg

しかし、見当たらない。
CIMG2214.jpg

隈川宗悦。調べてみたら、幕末から明治期に活躍した医者だった。
CIMG2215.jpg

探し回った結果、岩倉や春嶽の墓は柵で囲われ、立ち入れないところにあることが分かった。
CIMG2216.jpg
CIMG2218.jpg

柵の隙間から撮影したが、家族や侍女の名前しか見つからない。
CIMG2217_2016061006494236d.jpg

春嶽本人の墓はこれだろうか。
CIMG2219.jpg
どうもよく分からないので、境内から出て、外側に回ってみることにした。

大回りをして、寺の裏側に来たが、入口や拝所や案内板があるわけでもない。
CIMG2222.jpg

やっぱり柵から覗くしかなかったが、結局は春嶽の墓も岩倉の墓も特定できなかった。
CIMG2221_2016061006491516c.jpg

仕方ないので、諦めて旧東海道に戻る。
CIMG2223.jpg

このあたりにも古い家屋が残っている。
CIMG2224_20160610064920a03.jpg

仙台坂公園の横を通って、青物横丁のバス停に下りてきた。
CIMG2225_20160610064835003.jpg
CIMG2226_201606100648378bc.jpg

もう1時間以上歩いているのに、まだ青物横丁から進んでいないなんて。
CIMG2227.jpg
この調子では、生きているうちに京の都には着けないかもしれない。

歩道橋から仙台坂を望む。
CIMG2228_201606100648409fd.jpg
その名は近くに仙台藩の下屋敷があったことにちなむ。
下を仙台坂トンネルが貫通する1本南の通りが、本来の仙台坂だが、交通量が多くなったため、この池上通りが新たに仙台坂と呼ばれるようになったという。

こちらは第一京浜(国道15号)。
CIMG2230_201606100648410d8.jpg

旧東海道を右折した地点に戻るべく、しばらく第一京浜を歩く。
CIMG2231.jpg
「299m」とは、正確な距離というより、目に訴える数字にしたかったのだろう。

再び幸稲荷神社の前を通過。
CIMG2232_201606100648137af.jpg

さっき見た石塔だが、正面に「鮫洲正観世音菩薩道場」、側面に「建長三年 最明寺時頼郷安置」と刻まれている。
CIMG2233.jpg
建長三年(1251年)、品川の海に大きな鮫の死体が上がったのを不審に思った漁師がその腹を割いたところ、中から観音菩薩の木像が出てきたという。
それから、このあたりを鮫洲と呼ぶようになり、時の執権北条時頼がこの観音像を安置する堂宇として開山したのが海晏寺であることを、この一文は示している。

この先は竜馬ゆかりの道だ。
CIMG2234.jpg

品川から離れて、随分静かな雰囲気になった。
CIMG2235.jpg

老舗っぽい赤飯のお店「蒲田屋」。
CIMG2236_20160610064748636.jpg

鮫洲駅にも立ち寄っておく。
CIMG2237.jpg

鮫洲と言えば、運転免許試験場。それだけに、その手の代書屋さんが駅前にある。
CIMG2238.jpg

この辺の見どころを案内図で確認。
CIMG2240_2016061006475219c.jpg
また、街道を離れ、山内容堂の墓に行かなくてはならない。

駅の中には、こんなボックスがあった。
CIMG2241.jpg

容堂の墓に行くべく、再び第一京浜を渡る。
CIMG2242.jpg

渡ると、国道沿いは大井公園となっており、ここに仙台藩の下屋敷跡があったことを示す碑があった。
CIMG2244_20160610064725706.jpg

容堂の墓はその南にある。
CIMG2245.jpg

巨大な墓石である。
CIMG2249.jpg
塚の真上に墓石を置かないのは何か意味があるのだろうか。
山内容堂(豊信)はいわずと知れた幕末期の土佐藩主。開明的な言動が災いし、一時、大井村の下屋敷に蟄居させられたことがある。
維新後は内国事務総長となったが、すぐに引退。明治5年に45歳の若さで亡くなった。
遺言によって、大井村の下総山(土佐山)と呼ばれていたこの地に葬られたのだそうだ。

敷地内にはいくつか係累の墓があった。
CIMG2247.jpg
CIMG2252.jpg
大井公園を後にして、旧街道に戻る。

鮫洲駅の東には八幡神社が鎮座する。
CIMG2260_20160610064634cc7.jpg

境内には出世稲荷。
CIMG2256_20160610064659049.jpg

扉で閉ざされているが神楽殿。
CIMG2257.jpg

社務所かな。
CIMG2258_2016061006470214c.jpg

百度石。
CIMG2259_201606100647044b8.jpg

平林九兵衛は明治期の政治家。
CIMG2262.jpg

小さな富士塚。
CIMG2263_2016061006463787e.jpg

池があるから弁財天かな。
CIMG2264.jpg
CIMG2265_20160610064640b56.jpg

鳥居をくぐって、やっと街道に出る。
CIMG2267.jpg

鮫洲商店街のシンボルはやはり鮫だった。
CIMG2269_20160610064607cb9.jpg

おそば屋さんの「鈴乃家」。
CIMG2270_20160610064608fcc.jpg

格子窓の家。
CIMG2271_201606100646101fd.jpg

もう廃業してしまったのか、「矢部食品」。
CIMG2272.jpg

これはもう判読不能。
CIMG2273_2016061006453995e.jpg

右手に白玉稲荷神社への路地。行ってみよう。
CIMG2274_2016061006454032e.jpg

白玉だけど、やはり稲荷だから赤い。
CIMG2275.jpg

路地はやはり生活臭にあふれている。
CIMG2276_20160610064544ee9.jpg

おお、民謡歌手大塚文雄の道場を発見。
CIMG2277_20160610064545bb8.jpg

嶺雲寺。境内はパスした。
CIMG2279.jpg

老舗の風情がある蕎麦の「吉田家」。
CIMG2281_20160610064515dab.jpg

のれんがかっこいい。
CIMG2282_20160610064517529.jpg

たけのこせんべい? 変わった煎餅を売っている「大黒屋」。
CIMG2283_20160610064518cde.jpg

仲町稲荷神社。これも行ってみよう。
CIMG2284_20160610064519170.jpg

地元のおばさんがお掃除をしていた。
CIMG2285_20160610064448e8e.jpg

このあたりの商店街がかなり寂れている。
CIMG2286_2016061006445094c.jpg

昔ながらの煙草屋さん。
CIMG2287.jpg

右折すると、いきなり賑やかになった。立会川商店街だ。
CIMG2288_201606100644533f3.jpg

こういうディープな感じには、かなりそそられる。
しかも甘味とラーメンというのが何とも不思議な組み合わせ。
CIMG2289_20160610064454459.jpg

ここは龍馬ゆかりの街であった。
CIMG2290.jpg

嘉永六年(1853年)の黒船来航のおり、龍馬は土佐藩の品川下屋敷近くにあった浜川砲台の警護にあたった。
地元の方々は、龍馬が志を立てた原点であると認識して、慕っているようだ。
CIMG2292.jpg

ここから浜川砲台跡までは200mとのことなので、そちらにも行ってみることにする。
その前に立会川駅もチェック。
CIMG2294_201606100644266df.jpg
CIMG2295.jpg
何だか、街道歩きというよりは、旧街道をはさんで左右ジグザグにうろついている感じだ。

駅前で立会川にかかる橋は、ボラちゃん橋というらしい。
CIMG2296_20160610064429ed5.jpg
この橋が京急線の高架化に伴い人道橋となったのを機会に、愛称を公募したところ、「ボラちゃん橋」が一番多く寄せられたという。
平成15年にボラが大量発生して、立会川が一躍有名になったにちなむらしい。

今も少しは来るのだろうか。
CIMG2298_201606100643582c5.jpg

この汚染状態では難しいのかもしれない。
CIMG2299_20160610064359aab.jpg
それにしても、何の色だろう。

一つ下流の端は弁天橋。
CIMG2300_20160610064401d83.jpg

砲台そばが食べられる大村庵本店。
CIMG2301.jpg
いつか、立会川のそばめぐりもしてみたい。

(つづく)
このページのトップへ

旧東海道Ⅱ(1)

【2016年5月8日(日)】旧東海道
GWの最終日。帰省していた札幌から戻ってきた。
羽田空港には昼過ぎに着いたので、このまま帰宅するのはもったいない。
せっかくだから、2月に始めた旧東海道歩きの続きをすることにした。
前回は、品川から青物横丁まで歩いたので、その先ということになる。

京急の羽田空港国内線ターミナルから電車に乗り、新馬場で下りた。
よくよく考えたら、青物横丁で下りればよかったのに、前回、銭湯に寄って新馬場駅から帰宅したので、新馬場までしか歩いていないと勘違いしてしまった。
ちょっと損した気分だが、まあ仕方ない。

歩き始めた時はもう14時を過ぎていた。
CIMG2109_201606092058332f7.jpg

駅から出ると、公衆便所にかわいい衛兵。
CIMG2110_20160609205834b8a.jpg

旧東海道に出るまでの道には寺が多い。
いちいち境内を見学していると日が暮れてしまうので、どれも門だけ確認するにとどめて通過した。
これは妙蓮寺。
CIMG2112_20160609205836f83.jpg

となりに蓮長寺。
CIMG2114.jpg

向かいに本栄寺。
CIMG2116_20160609205839124.jpg

心海寺は真新しい。
CIMG2117_20160609205812222.jpg

品川診療所のところで旧東海道にぶつかった。
CIMG2118_20160609205813366.jpg

このあたりには、こうした道標があちこちに立っている。
CIMG2119_201606092058159b3.jpg

右折して旧東海道を南下。
CIMG2120_20160609205816fcd.jpg
CIMG2124_20160609205753d8f.jpg

青物横丁までは前回も歩いたところだ。
CIMG2121.jpg

「東海道南品川」の信号で、青物横丁と交差する。
CIMG2123_20160609205752362.jpg

ちょっと寄り道して、青物横丁駅を確認。
CIMG2125_20160609205755818.jpg
CIMG2128_20160609205731222.jpg

駅のすぐ横には、こんな昭和な住宅も残っていた。
CIMG2126_20160609205756451.jpg
CIMG2127.jpg

おお、井戸まである。これは現役っぽい。
CIMG2129.jpg
京急線や京成線の沿線はときどき、こういう昭和の残骸と出くわすので散策が楽しい。

旧東海道に戻ると、すぐ右手に品川(ほんせん)寺。
CIMG2131_2016060920573416f.jpg

地蔵菩薩坐像が出迎えてくれる。
CIMG2132_201606092057357e9.jpg
これは「江戸六地蔵」の一つだそうだ。
案内板によれば、江戸深川の地蔵坊正元が不治の病にかかり、病気平癒を両親とともに地蔵菩薩に祈願したところ、無事治癒したことから、京都の六地蔵に倣って、宝永三年(1706年)に六地蔵造立を発願。人々の浄財を集め、江戸市中6か所に地蔵菩薩をそれぞれ1体ずつ造立したと伝えられている。
鋳造者は、神田鍋町鋳物師の太田駿河守正義。
6体のうち、深川の永代寺にあった地蔵は廃仏毀釈のため取り壊されたが、残る5体は残っているという。
ここの地蔵は6地蔵のうち最も古く、宝永五年の造立。
像高も現存5体のうちでは最も大きく、275cmもある。
江戸中期の鋳造像としては大作とのことである。

ここは東海七福神のうちの一つでもあるようだ。
CIMG2135_20160609205737695.jpg

さて境内へ。山門をくぐる。
CIMG2136_20160609205708a78.jpg

すぐ右手に稲荷堂。
CIMG2137_20160609205710e91.jpg

このイチョウの大木は幹回り5・35m、樹高25m。
樹齢は約600年と推定されている。
CIMG2142_20160609205715595.jpg

その根元には庚申塔。
CIMG2140_2016060920571319e.jpg

この建物(寺務所?)の柱はちょっとユニークだ。
CIMG2138_20160609205711e53.jpg

本堂。山号は海照山。
CIMG2143_20160609205646d20.jpg

左奥に十三重塔。
CIMG2144_20160609205647dbe.jpg

弘法大師(空海)像。修行時代の弘法大師のことを修行大師というらしい。
CIMG2145.jpg
ここは弘法大師の開山で、創立は9世紀初頭の大同年間とのこと。

弁天堂。
CIMG2146_20160609205650dfe.jpg

七福神。
CIMG2147_2016060920565203f.jpg
CIMG2148.jpg

大梵鐘。
CIMG2150_20160609205625ba7.jpg
この梵鐘は品川寺弘尊上人の発願によって、明暦三年(1657年)に鋳造された。
京都三条・大西五郎左衛門の作である。
表面には六観音像が浮き彫りされ、「東照宮」など徳川三代の号も陽刻されている。
「江戸名所図絵」などに「世に稀なる梵鐘」として讃えられてきた。
慶応三年(1867年)にパリ万博に出陳された後、明治4年(1871年)にウイーン万博でも展示されたが、その後行方不明になっていた。
大正期の品川寺・順海和上は長年、行方を探し続け、大正8年(1919年)にとうとうスイス・ジュネーブのアリアナ美術館に所蔵されていることを突き止めた。
そこで、ジュネーブ名誉領事のケルン氏に書簡をしたためたところ、ジュネーブ市議会が全会一致で返還することを決め、昭和5年(1930年)5月5日、60年ぶりに品川寺に里帰りしたという。
そういうドラマチックな存在だったのだ。

感心して街道に戻る。
CIMG2153_201606092056265f0.jpg

旧道らしい古い建物も時々目につく。
CIMG2154_2016060920562858b.jpg
CIMG2155_20160609205629e44.jpg

間もなく、また右手に現れたのは龍吟山海雲寺。
CIMG2157.jpg

参道横のレトロな民家。
CIMG2159_201606092056032ee.jpg

山門もなかなか渋い。
CIMG2158_20160609205602ba5.jpg
CIMG2160_2016060920560593b.jpg

塀には寄付者の名前がズラリ。おそらく明治期のものだろう。
CIMG2161.jpg

大明王堂。
CIMG2162_201606092055375f8.jpg

平蔵地蔵。
CIMG2164_2016060920553883e.jpg
江戸末期、鈴ヶ森刑場の番人をしながら乞食をしている三人組がいた。
そのうちのひとり平蔵はある日、大金の入った財布を拾った。
平蔵はそれをネコババするどころか、落とし主を探して返却し、お礼の小判も拒んだという(シャレではない)。
それを聞いて怒った仲間2人は、平蔵を小屋から追い出し、凍死させてしまった。
憐れんだ落とし主の仙台藩士は彼を青物横丁の松並木に手厚く葬り、供養を続けた。
その後、明治32年になって、地蔵がある場所に京急本線が通ることになり、当時の海雲寺住職が、平蔵を社会の木鐸たらしめんと、境内に移したのだという。

鐘楼。
CIMG2172_20160609205514653.jpg

力石。大正中期まで使われていたのだとか。
CIMG2168_20160609205540e7a.jpg

井戸。
CIMG2169_20160609205541c70.jpg

こちらはサンタイガーのポンプ。
CIMG2170_201606092055439cf.jpg

護摩堂?
CIMG2171.jpg

本堂。
CIMG2186_20160609205456fbd.jpg

千躰荒神堂奉納扁額。全部で27面ある。
CIMG2175_20160609205516f3e.jpg

千躰荒神王は火と水の神、また台所の神として知られる。
CIMG2176.jpg

無事帰京を感謝して参拝。
CIMG2177_201606092055201a0.jpg

役行者像。
CIMG2179_2016060920545035b.jpg

神代講が元文二年(1737年)に奉納した「三寶大荒神」の石碑。
CIMG2180_201606092054529b4.jpg

寄席文字家元・橘右近の筆塚。
CIMG2183_20160609205453488.jpg

巨大な「大日本帝国議会原始紀念」の碑。
CIMG2185_20160609205455f7a.jpg
旧水戸藩士の依田徳雲は、明治23年(1890年)の帝国議会開設を記念する碑を上野公園に建立する計画を立て、賛同者を募った。
計画では、碑閣は三層構造の壮大なものであった。
賛成員として勝海舟、伊藤博文や板垣退助ら大物政治家が名を連ねた。
一方、茨城県の山田喜平なる人物も同様の記念碑を建設しようと運動を展開し、両者はたがいに相手の義捐金集めを詐欺と決めつけ、対立を深めていった。
結局、依田の計画は実現せず、山田派の碑だけが明治29年にここ海雲寺に建てられたのだという。られます。この「大日本帝国議会原始紀念」と書かれた巨大な碑が立てられたのは明治29年、国会の開設からすでに6年も経過していました。
なぜ、ここに建てられたのかはよく分からない。

再び、街道に戻る。寄り道をしているとなかなか進まない。
CIMG2187.jpg

少し先の右手に、岩倉具視と松平春嶽の墓地への参道であることを示す石碑が立つ。
CIMG2189.jpg
これはかなりの寄り道になるが、はしょっても来た意味がないので訪ねてみる。

レトロな家は必ず記録に残す。
CIMG2190_20160609205431639.jpg

途中、左手に幸稲荷神社。
CIMG2192.jpg
CIMG2191_20160609205433ba3.jpg

第一京浜に出た。高架は京急本線。奥に鮫洲駅が見える。
CIMG2193_201606092054037cf.jpg

国道を渡ったところが海晏寺。
CIMG2194_2016060920540463a.jpg
CIMG2195.jpg

境内の一画に、古い五輪塔や石仏、石塔などが集められていた。
CIMG2197_2016060920540766c.jpg
CIMG2199_20160609205409aee.jpg
CIMG2201.jpg
CIMG2202_20160609205345d52.jpg
CIMG2212_201606092053473d1.jpg

石碑もいくつか。
CIMG2200.jpg
CIMG2203_20160609205345b08.jpg

(つづく)
このページのトップへ

北海道新幹線

【2016年5月7日(土)】北海道新幹線
GWの最後の土日は札幌に帰省した。
土曜日の夜に高校のミニ同期会があったからなのだが、せっかく帰るのだから、開業したばかりの北海道新幹線に乗ってみることにした。
えきねっとで予約してみたら、GWの土曜日にもかかわらず、余裕で窓際が取れた。
北海道新幹線、ほんとに大丈夫だろうかと心配になる。

札幌には午後5時くらいまでに着きたい。
それには、大宮9:06発のはやぶさ7号新函館北斗行きに乗れば間に合う。
ということは、新所沢を8時に出ればいいのだが、えきねっとで予約したのは初めてで、ちゃんと乗車券の受け取りができるか不安だったので、30分早めに出た。

新秋津には8:25着けばよかったのだけど、7:40には着いてしまった。
DSC_2246_20160608214719fea.jpg
まだ、みどりの窓口は開いていないので、自動券売機での受け取りになる。
画面の指示に従ったつもりだが、合計金額が想定より1万円以上高い。
あれれ、と思って、チケットをよく見ると、乗車券はあるのに、特急券が乗車券付きになっている。
どうやら、操作を誤ったようだ。
改札口で駅員に事情を説明し、発行し直してもらった。
払い戻しはカード口座に後日ということらしい。

この不手際で、乗りたかった7:49発大宮行きの直通電車を乗り過ごし、結局7:53発になってしまった。
大した遅れではないし、当然新幹線も余裕で間に合うのだが、直通を逃したのは結構ショックだった。
やむなく武蔵浦和で乗り換えて、大宮には8:28に到着。
はやぶさ7号の発車まで、あと40分近くあるので、待合室でパソコンを広げ、たまってきたブログを書き始めた。
でも、本当はそんなことしている暇があったら、新幹線を1本早いはやぶさ5号(8:44発)に変更しておけばよかったのだ。
そうすれば、新函館北斗駅であわてずに済んだのに、もう後の祭りだった。
DSC_2247_20160608214721de3.jpg
それはともかく、内地の駅で北海道の地名の入った電光掲示板を見るのは、やはり感慨深いものがある。
私は、道産子のくせに北海道新幹線不要論者だが、できてしまえばやはり乗りたい。
空より陸路が好きだし、それが悲しいテツの業というものだ。

こんなものには萌えないぞ、と思っても、つい写真は撮ってしまう。
DSC_2248_20160608214722d28.jpg

9時を過ぎたところで、17番線に上る。指定券なので慌てない。
間もなく、H5系が入線してきた。
DSC_2249_20160608214723adc.jpg
実のところを言うと、この「新函館北斗」という駅名も好きではない。
北斗市にあるから、「北斗」を入れざるを得ないという事情は分からないでもないが、ここは北斗市民に太っ腹になってほしかった。
シンプルに「新函館」がした方がすっきりする。

恥ずかしながら、記念弁当を買ってしまった。
DSC_2250_201606082147257ce.jpg
1300円もした。ま、1回くらいいいだろう。
でも、まだ9時を回ったばかりなので、お昼までお預けだ。

途中うとうとしたかもしれないが、八戸までは乗ったことがあるので、車窓はあまり気にせず、ブログに専念。
八戸を過ぎたところで11時半を回ったので、手を休めて、弁当を開封。
DSC_2251_20160608214658a84.jpg
量は少ないが、北海道の特産品が詰まっている。

コンブが北海道の形に切ってあるのが、みそ。
DSC_2252_2016060821470006a.jpg
車窓を楽しみながら(トンネルが多いが)、ゆっくりといただいた。

それにしても、八戸を過ぎたら車内はガラガラになってしまった。
DSC_2253_20160608214701851.jpg
開業したばかりだというのに、これで本当に北海道新幹線は大丈夫なんだろうか。
昨年の北陸新幹線とは大違いだ。
札幌まで通じたとしても、時間的にも料金的にも飛行機にはかなわない。
北海道新幹線が、JR北海道最大の赤字路線になるような気がしてならない。
東京~札幌の需要喚起もさることながら、東北~北海道の需要を掘り起こす必要があるだろう。

楽しみだった風景の一つは蟹田あたりから見る陸奥湾の景色。
これはまだ青森に近いところだが、津軽に新幹線が走っているのも何だか不思議な気分だ。
DSC_2254_20160608214702c09.jpg
青函トンネルは特急列車や夜行急行で過去に2~3回通過したことがある。
散文的で申し訳ないが、とにかく真っ暗なので、とくに面白いことはない。
世界最長のトンネルという栄誉も最近、スイスのゴッタルドベーストンネルに抜かれてしまった。

トンネル内はあまりスピードが出せないらしく、しっかり時間をかけて北海道に上陸。
DSC_2255_20160608214704b16.jpg

やはり、北海道らしい景観だ。
DSC_2256_20160608214637f34.jpg

木古内には12:44に到着。
DSC_2259_2016060821463982d.jpg
ここで下りる人もそれなりにいたので驚いた。
ここには江差線が廃線になる直前、駅舎建設工事中の時に来たことがある。

木古内を過ぎると、いよいよ函館山が見えてきた。
DSC_2261_20160608214640d09.jpg

さすがにもう里の雪は消えているようだ。
DSC_2262_2016060821464271e.jpg

七飯あたりの集落だろうか。
DSC_2264_20160608214643e1b.jpg

12:57、終着の新函館北斗駅に到着。
乗り継ぎ時間は11分しかないので、とにかく駅舎を撮影するべく、改札の外へ走る。
まずは駅前広場。
DSC_2265_20160608214615d7b.jpg
なんだか全然街がないので、地方の空港のようだ。

駅舎は当たり前だが、できたてほやほや。
DSC_2267_20160608214616e70.jpg
今はやりのタイプなのか、新青森駅ともよく似ている。

駅前で観光客に愛想を振りまいていたゆるキャラは、ずーしーほっきー。
DSC_2268_201606082146184b5.jpg
ホッキ貝の寿司がモチーフということだろうか。

この奥では、食の祭典みたいにいろんな露店が出ていたが、ひやかす時間もなく、駅に駆け戻る。
DSC_2272_20160608214619f5a.jpg
DSC_2273_20160608214621256.jpg

別に切符は買わなくていいけど、新鮮な路線図なのでパチリ。
DSC_2274_20160608214552b8d.jpg

これは在来線のホーム。
DSC_2275_20160608214553ee4.jpg

やはり札幌方面に行く人より函館に行く人の方が圧倒的に多い。
DSC_2276.jpg

すぐに、13:08発の北斗91号がやってきた。
DSC_2277_20160608214556611.jpg
本当はビールとつまみを買い込んで乗りたかったのだが、そんな暇は全然なかった。
車内販売に期待したのだが、車掌に聞くと、恐縮しながら「ありません」とのこと。
やはり、大宮で1本早い新幹線に乗ればよかった。
札幌まで4時間近く、何も口に入れるものがない。
飲み鉄ができないではないか! とほほ・・・

まあ、後悔しても仕方ない。次回への教訓としよう。
大沼公園駅。
DSC_2279_201606082145584f6.jpg
駒ヶ岳も格好よかったのだが、うまく写真には撮れなかった。

私は函館本線の車窓から見る内浦湾の眺めが好きだ。
DSC_2284_20160608214530748.jpg

長万部の手前あたりで見つけた、廃ドライブイン。
DSC_2286_20160608214531c59.jpg
手前は国道5号線である。

そして秘境駅の小幌駅撮影に挑戦。
DSC_2289_20160608214532e1e.jpg
何時間待っているのか、秘境駅ハンターがたたずんでいた。

その次のカットで、かろうじて駅名標を捉えることができた。
DSC_2290_201606082145341ed.jpg
間一髪だった。

東室蘭。
DSC_2291_201606082145359bd.jpg

登別。
DSC_2292_201606082145173bd.jpg
このあとはわりと見慣れた風景でもあり、とうとう眠りに落ちてしまった。

札幌には16:56に到着。
ちょっと買い物をしてから同期会の会場に向かった。
所沢から陸路9時間半の旅だった。
新幹線に乗るのが目的ではあったが、新幹線よりも在来特急の方が楽しかった。
新幹線が札幌まで通じるということは、結局在来線の特急が減るということ(新幹線が小樽経由になる前提)、なんだかどんどんつまらなくなる気もする。

リニア中央新幹線なるものも作っているし。
日本はどこへ行くのかなあ。

(おわり)
このページのトップへ

小川山(5)

【2016年5月6日(金)】小川山
2日にわたる縦走を終えて、いよいよ風呂である。
さっき、魔子の山頂から増富ラジウム温泉の金泉閣に電話して、入浴可能であることを確認しておいた。
日帰り入浴施設は混むので、「増富の湯」は止めて、どこか宿の風呂に入ろうと決めていたのだ。
早速、金泉閣目指して車を走らせる。

10分ちょっとで旅館の駐車場に到着。
風呂に直行する前に、温泉郷をちょっぴり散策してみた。
「古湯金泉湯」は増富温泉の中でも最奥部にある秘湯だったが、もう廃業してしまったとのこと。
DSC_2201_20160608071020c40.jpg

金泉閣の向かいには、小さな旅館「三英荘」。
DSC_2205_201606080710255cf.jpg

近くに、かまど童(わらし)なる像が立っていた。
DSC_2204_201606080710233ad.jpg

こんな言い伝えがあるそうだ。
DSC_2203_201606080710221f9.jpg

さらに下ると、「不老閣」。
DSC_2208_20160608071026de2.jpg

本谷川にかかるのは、その名も湯橋。
DSC_2210_2016060807100085a.jpg

素晴らしい渓流である。
DSC_2213_20160608071003068.jpg

そのほとりに建つのが「金泉閣」。
DSC_2211_201606080710028a8.jpg

では、そろそろ入りましょう。
DSC_2209_20160608070959376.jpg
フロントで入浴料を支払う。確か700円だったか800円だったか。
それほど高くはない。

浴室に入る前に、ホテル内にある湯の権現に参拝。
DSC_2217_20160608070938d15.jpg

本日の無事下山を感謝する。
DSC_2218_20160608070939ef3.jpg

ここは福寿の湯と名付けているようだ。
DSC_2216_2016060807100529b.jpg

ほう、湯が黄色っぽく濁っている。だから金泉と言うんだ。
DSC_2222_201606080709419c4.jpg

足を入れてみて、びっくり。冷たいではないか。
それもそのはず、源泉は30.5℃しかないらしい。
DSC_2232_201606080709186b8.jpg
でも入ってみると、全然寒くないし、むしろ1時間くらい浸かっているのがいいらしい。
この温度なら、それも可能だろう。

とにかくパイプからぼこぼこと湧き出しているのに、さらにびっくりした。
DSC_2231_20160608070916fdd.jpg
なんでも、地下80mから湧き出している源泉を、枡やタンクを経由させずに直接、浴槽に送っているとのこと。
ラジウム温泉はガスを吸入することにも効果がある「吸う温泉」であるがゆえに、ガスを逃すことがないようにしているんだとか。なるほど。

しかし、私はさすがに1時間も入っていられない。
お腹も空いてきたので10分が限度だった。
最初は独り占めだったのだが、途中でおじさんが入ってきて、2㍑のペットボトルに源泉を詰め始めた。
飲んでも効用があるらしいので、定期的に通ってきて、持って帰るのだろう。

しばらく、その作業を見学させてもらった。
その後、となりに湯温40℃の上がり湯もあったので、そちらで温まってから脱衣所へ。
DSC_2230_2016060807091582f.jpg

本谷川の渓流を眺めながら着替えて、退出した。
DSC_2223_201606080709420aa.jpg
DSC_2224_201606080709444ca.jpg

さ~て、今度は飯だ! 目当ては、ちょっと下ったところにあるみずがき湖のビジターセンター。
以前ここで食べた丼ものが美味しかったので、再会が楽しみだ。
しかし! なんか貼り紙が。
DSC_2242_20160608070853aff.jpg

きょえ~。休業中ではないか。
DSC_2241_20160608070921f9c.jpg

「しばらくの間」とあるが、再開の予定はあるのだろうか。ちょっとがっくりである。
DSC_2243_20160608070854d24.jpg

仕方ないので、せっかく車から下りたから、みずがき湖を見学。
DSC_2239_201606080709195e3.jpg

さて、どうしたもんじゃろの~
めぼしい店を見つけられないまま、中央道の手前まで来てしまった。
もう、ここは地産地消とか贅沢は言わず、ファミレスで手を打つことにした。
ガストだったかな。

オーダーしたのは、ハンバーグ。
DSC_2244_20160608070855aba.jpg

これでは足りないので、スイーツも追加した。
DSC_2245_201606080708574ba.jpg
満腹というわけではないが、腹は落ち着いた。

時刻は15時すぎだし、一応平日なのでそんなにひどい渋滞にはならないだろう。
須玉ICから中央道に乗る。
小仏トンネルで数キロの渋滞はあったが、おおむねスムースに帰宅することができた。

明日からは1泊で札幌に帰省する。
朝早いので、早めに寝ることにしよう。

(おわり)
このページのトップへ

小川山(4)

【2016年5月6日(金)】小川山
小川山(2418m)から富士見平山荘まで下ってきた。
今日は高曇りで、やや空が霞んでいるが、富士山が見えてうれしかった。
DSC_9494_20160608000453b67.jpg

シオサブから1時間半以上休まずに歩いてきたので、小屋の外のベンチで休憩。
DSC_9496_201606080004564cc.jpg

今日もかなりの数のテントが張られていた。
DSC_9495_201606080004557f4.jpg

10分ほどで出発。
DSC_9497_20160608000458e80.jpg

すぐ下の水場で顔を洗う。
DSC_9498_201606080004599e1.jpg

いやぁ、さっぱりした。
DSC_9499_20160608000432e58.jpg

近くにコバイケイソウが若葉を広げていたが、今年は当たり年になるだろうか。
DSC_9500_20160608000434366.jpg

さあ、瑞牆山荘へ下ろう。
DSC_9501_201606080004363e6.jpg

歩きながら、ちょっと思案した。
このまま下ると、ここ1か月ちょっとの間に同じ道を4回も通ることになる。
それは、何だか面白くない。
それを避けるには、林道で下る手がある。
しかし、そうするとかなりの遠回りになる。
どうしたもんじゃろの~
DSC_9502_20160608000437372.jpg

結論としては、結構早く下りて来られたし、林道を行くことにした。
DSC_9503_20160608000438461.jpg

これが大正解だった。
DSC_9504_2016060807035147c.jpg
というのも、登山道からでは味わえない展望が得られたからである。
上半分だけでも林道を歩くのを、ぜひお薦めしたい。

まずは、上の水場から流れてくる沢を通過。
DSC_9505_20160608000358d35.jpg

林道は、富士見平山荘の小屋番の方が車で通っている道だけあって、路面状況は悪くない。
DSC_9506_2016060800040073c.jpg

左手に見える突起はもしかして魔子(1700m)だろうか。
DSC_9507_20160608000401344.jpg

500mほど歩くと、正面に瑞牆山(2230m)が見えてきた。
DSC_9509_20160608000403584.jpg

ここで林道は大きく左に旋回。
DSC_9510_20160608000404d43.jpg

みずがき山自然公園に下る登山道との分岐になっている。
DSC_9511_201606080003255a1.jpg
ここまでは最初に瑞牆山に登った時に通った道だ。

この先が未知の道ということになる。
DSC_9513_201606080003267b9.jpg

沢の近くにはコバイケイソウがたくさん芽吹いている。
DSC_9514_20160608000328df6.jpg

小腹が空いたので、非常食のあんぱんを歩きながら食べてしまう。
DSC_9515.jpg
これでお腹は下界まで持ってくれるだろう。

しばらく行くと、右手が開けた。お~八ヶ岳が一望できるではないか。
DSC_9517_201606080003318b0.jpg
右手前は横尾山(1818m)。

望遠で見てみよう。
左から、三ツ頭(2580m)、権現岳(2715m)、旭岳(2672m)。
DSC_9518_20160608000302b14.jpg

主峰・赤岳(2899m)。
DSC_9520_20160608000305c9e.jpg

横岳(2829m)と硫黄岳(2760m)。
DSC_9519_201606080003045ab.jpg

ここからは瑞牆山も間近に見えた。
DSC_9522_2016060800030775b.jpg

山頂と鋸岩が至近距離だ。
DSC_9523_20160608000309219.jpg

地面には茎がほとんどないタンポポが咲き乱れていてびっくり。
DSC_9524_20160608000238a0b.jpg

間もなく、登山道と交差する。
DSC_9527_2016060800023998d.jpg

この先の方が大回りなので、登山道を真っすぐ下ってしまうことも頭をよぎったが、やはりこのまま林道を行くことにした。
DSC_9529_2016060800024282c.jpg

このあたりはやっと新緑である。
DSC_9528_2016060800024184d.jpg

登山道と同様、左の斜面に巨石がごろごろ転がっている。
DSC_9530_201606080002441f2.jpg

右手にはカラマツの新緑を透かして魔子。
DSC_9531_201606080002152ee.jpg

道は相変わらず歩きやすい。
DSC_9532_20160608000216913.jpg

カラマツの道だ。
DSC_9533_201606080002188d1.jpg

しばらく下ると、こんな標識が出てきた。
DSC_9534_201606080002195fa.jpg
魔子に直接行ける道があるみたいだ。
地形図にも「山と高原地図」にも載っていない道だ。
実は予定より早く下山できそうなので、ピストンになるがこの魔子という不思議な名前の山もつまみ食いするつもりになっている。
というわけなので、ちょっと思案した。でも、近道は止めた。
その理由は2つ。
一つは、30mほどの丘を越えなければいけないこと。
二つ目は、ザックを背負って魔子を往復しなければならないことだ。
駐車場まで行けば、ザックを車の中に置いて空身で出かけることができるのだ。
慌てる必要はない。そのまま直進。

間もなく、ゲートに達した。
DSC_9535_20160608000221fa5.jpg

これを通過すると、右手に広い無料駐車場がある。
DSC_9537_201606080001548c3.jpg

今日もかなり来ているようだ。
DSC_9536_20160608000153374.jpg

車を置いた場所には、ちょうど12時に到着。
DSC_9538_20160608000156b4d.jpg

助手席にザックを放り投げ、まずはトイレ。
用が済んだら、すぐに魔子に向かう。
登山口まで車で行ってもよかったのだが、駐車スペースがあるかどうか記憶が定かではなかったので、歩きにした。
DSC_9539_20160608000157548.jpg

間もなく、さっき発見した林道からの道が合流してきた。
DSC_9540.jpg

やはり、山越えの道だった。
DSC_9541_20160608000130ba2.jpg

魔子の登山口には、トイレから5分もかからずに着いた。
DSC_9543_20160608000131ff6.jpg

ここからは、ほとんど駆け足に近いような速足で登った。
DSC_9544_2016060800013346a.jpg

延々と続く階段を軽快に駆け上がる。
DSC_9545_201606080001350c8.jpg

持っているのはカメラだけで、サブザックもなし。超身軽だ。
DSC_9546_20160608000136905.jpg

途中、息が切れてきたので、ちょうどいい長さの枯れ枝を2本拾って、ストック代わりにした。
DSC_9548_20160608000106c6e.jpg

ほとんどトレラン状態である。
DSC_9549_20160608000108d27.jpg

朝5時から7時間歩き続けてきた体のどこにこんな元気があるのか、我ながら不思議だ。
DSC_9551_201606080001114a6.jpg

たぶん、早く終わりにしてしまいたいのかもしれない。
DSC_9550_20160608000109c00.jpg

魔子の標高差は180mほど。
DSC_9552_2016060800011285a.jpg

中段でやや傾斜が緩むが、後半はまた急登になる。
DSC_9554_20160608000042363.jpg

さあ、ラストスパート。
DSC_9555_20160608000043253.jpg

ほぼ15分で登ってしまった。
DSC_9556_20160608000044d42.jpg

頂上はネコの耳のような岩が突き出していた。
DSC_9562_201606080000210d0.jpg

ここからの瑞牆山も見事である。
DSC_9557_20160608000046729.jpg
DSC_9561_20160608000019009.jpg

こちらは飯盛山(2116m)。
DSC_9560_20160608000018c8b.jpg

松ぼっくりがかわいかった。
DSC_9558_20160608000047385.jpg

帰りはストックをかなぐり捨てて、一気に駆け下りた。
DSC_9563_20160608000022862.jpg

白樺林もあっという間にすり抜けた。
DSC_9565_201606080000247cf.jpg

下りは、なんと7分しかかからなかった。
DSC_9566_20160607235956fdf.jpg

車に戻る途中に見えた瑞牆山が見納め。
DSC_9567_20160607235957755.jpg

登山口には12:48に到着。ちょうど韮崎駅に向かうバスが出るところだった。
DSC_9568_20160607235959869.jpg

さらば、瑞牆山荘!
DSC_9570_201606080000001da.jpg
これで1泊2日の金峰山・小川山縦走を無事終えた。
ここ数年の懸案だっただけに、肩の荷を下ろした気分だ。
天気にも恵まれ、奥秩父の魅力を存分に味わうことができた。

【行程】2016年5月6日
金峰山荘(5:08)~登山口(5:12)~カモシカ登山道分岐(6:18)~展望台(6:23撮影・朝食A6:55)~小川山(8:30)~シオサブ(8:48撮影・朝食B9:22)~八丁平(10:16)~伐採小屋跡(10:31)~富士見平(11:03休憩11:12)~瑞牆山登山口(12:00トイレ12:07)~魔子(12:28撮影12:35)~登山口(12:48)
※所要時間:7時間40分(歩行時間:6時間10分)コースタイム:7時間20分
※登った山:3座(小川山、シオサブ、魔子)
※歩行距離:13.7km

(つづく)
このページのトップへ

小川山(3)

【2016年5月6日(金)】小川山
小川山(2418m)登頂を果たし、下山中。
頂上から15分ほどでシオサブ(2347m)と呼ばれるピークに着いた。
なぜ、そんな地名が付いているのか見当もつかない。
登山道から少し離れて、シャクナゲのヤブを抜けると、大展望が広がった。
DSC_9390_201606070619069c4.jpg

真正面に見えるのは昨日登った金峰山(2599m)である。圧倒的な包容力を感じる。
DSC_9388_201606070619307c7.jpg

ここからだと、五丈石も頂上もはっきり見える。
DSC_9386_2016060706192920c.jpg
昨日のような青空ではないが、高曇りなので視界に不自由はない。

少しずつ右に下って行こう。
千代ノ吹上。
DSC_9385_20160607061927798.jpg

大日岩。奥に霞むのは毛無山(1964m)。
DSC_9384_20160607061926f10.jpg

八丁平の向こうに、金ヶ岳(1764m)や茅ヶ岳(1704m)などの山々。
DSC_9378_20160607061948145.jpg

その右には、南アルプスの高峰が一直線に居並ぶ。
DSC_9379_20160607061949763.jpg

拡大してみよう。甲斐駒(右、2967m)と仙丈ヶ岳(左、3033m)。
DSC_9381_20160607061951266.jpg

その右に鋸岳(2685m)。
DSC_9382_2016060706195201a.jpg

右から、北岳(3193m)、間ノ岳(3190m)、農鳥岳(3026m)。その手前は鳳凰三山。
DSC_9383_2016060706195474c.jpg

小川山から南に延びる稜線の東斜面。鬱蒼たる森である。
DSC_9391_20160607061907494.jpg

気になるのは、この縞々。伐採の跡だろうか。
DSC_9392_201606070619094b9.jpg

眺めが素晴らしいので、ここにどっかり腰を下ろして、朝食の残りを食べてしまうことにした。
DSC_2196_20160607063653b8b.jpg

最高の展望レストランであった。
DSC_9389_201606070619325fc.jpg

30分以上絶景を独占した後、9時半前に出発。再びシャクナゲをすり抜ける。
DSC_9394_201606070619109fc.jpg

登山道に戻って、なだらかに下って行く。
DSC_9395_201606070619122c1.jpg
DSC_9396_20160607061846bda.jpg

すぐに、また展望スポットに出た。
DSC_9397_20160607061848125.jpg

ここからはさっきは見えなかった瑞牆山(2230m)の裏側(北側)を望めた。
DSC_9410_20160607061830540.jpg

この時間、まだ山頂に人はいないようだ。
DSC_9400_2016060706184925c.jpg

その右に八ヶ岳。
DSC_9411_20160607061831c9e.jpg

反対側、東に目を向けると、甲武信岳(2475m)が見える。
DSC_9403_2016060706185132b.jpg

アップにするとこんな感じ。中央が甲武信で、左が三宝山(2483m)、右が木賊山(2469m)だ。
DSC_9404_201606070618527a3.jpg

これはさっき休んだシオサブ。
DSC_9407_20160607061825792.jpg

そのず~っと左に両神山(1723m)。
DSC_9408_20160607061827129.jpg
こちら側から見ると、鋸の刃がかなり刃こぼれしてしまった印象だ。

さっきから、この縞模様が気になる。なぜこんな伐採の仕方をするのだろう。
DSC_9409_20160607061828004.jpg

再び登山道へ。
DSC_9412_201606070618029c9.jpg

コケがものすごい。
DSC_9413.jpg
DSC_9417_20160607061738760.jpg
DSC_9418_2016060706174088d.jpg

深い深い森である。
DSC_9414_2016060706180552a.jpg

2290m標高点へのちょっとした登り返しもあったが、全然きつくなかった。
DSC_9415_20160607061806dc7.jpg
DSC_9416_20160607061808723.jpg

その先もしばらくは平らである。
DSC_9419_20160607061741e24.jpg
DSC_9420_201606070617437de.jpg

多少、倒木が増えてきたような気がするが、随分前に処理されたものばかりだ。
DSC_9421_20160607061745ba2.jpg
DSC_9422_20160607061709aa9.jpg

久々に道標を見た。
DSC_9424_201606070617113cf.jpg

下りらしくなってきた頃から、岩が出現し始めた。
DSC_9426_20160607061713285.jpg
DSC_9427_20160607061714b69.jpg

う~ん、これはどちらへ行けというのだろう。
DSC_9428_20160607061716f1f.jpg

こちらは、おちゃめないたずら。
DSC_9430_20160607061647e01.jpg

どかん。
DSC_9432_201606070616498b6.jpg

さびついて、全く判読不能。
DSC_9433_20160607061650a49.jpg

だんだん道が荒れてきた。
DSC_9434_20160607061652868.jpg
DSC_9437_20160607061625eba.jpg

やはり、あまり歩かれてないようだ。
DSC_9436_2016060706165358d.jpg
DSC_9438_20160607061626864.jpg

シオサブから1時間かからずに、八丁平に着いた。
コースタイムは2時間ほどだから、かなり早い。
DSC_9439_201606070616272dc.jpg

上の標識では半信半疑だったが、これがあるので間違いない。
DSC_9440_20160607061629ba0.jpg

時刻は10:15を回ったところ。昼過ぎには、瑞牆山荘に下れてしまいそうだ。
DSC_9441_20160607061630917.jpg

ここを右折して、天鳥川沿いに富士見平山荘に向かう。
DSC_9442_20160607061600bb2.jpg

これまでの稜線と樹林帯であることに違いはないが、雰囲気ががらりと変わった。
DSC_9443_20160607061602e6f.jpg

地面の様相も違う。
DSC_9444_201606070616049d5.jpg

湿地状の箇所も少なくない。
DSC_9446_20160607061606a28.jpg

灯油缶の残骸を発見。伐採小屋跡も近いのだろうか。
DSC_9448_20160607061607bf2.jpg

だらだら下りであることだけは変わらない。
DSC_9452_20160607061535a53.jpg

こちらの道もかなり荒れている。稜線より歩かれていない印象だ。
DSC_9453_2016060706153644f.jpg

さすがに谷だけあって、湧き水も発見。
DSC_9454_2016060706153868e.jpg

天鳥川の最上流部まで下ってきた。
DSC_9455.jpg

いきなり渡渉する。
DSC_9457_20160607061511ff1.jpg
DSC_9456_20160607061541583.jpg

右岸に渡ると、そこが伐採小屋跡。
DSC_9458_20160607061513aff.jpg

でも、トタンが散乱しているのみで、建物の痕跡は全くなかった。
DSC_9461_20160607061516abe.jpg
DSC_9459_2016060706151475f.jpg

廃屋フェチとしては、ちょっとがっかりして前進。
DSC_9462_20160607061517859.jpg

また左岸に戻る。
DSC_9463_2016060706144732b.jpg

沢沿いの道はなんだか癒される。
DSC_9464_20160607061449e3d.jpg

再び樹林帯に戻って、直線コース。
DSC_9466_201606070614504e7.jpg

おお、瑞牆山の正面が見えてきたではないか。
DSC_9468_20160607061451146.jpg

何度見ても、神々しい造形である。
DSC_9469_20160607061453493.jpg
DSC_9470_20160607061421c3c.jpg

道は飯盛山(2116m)の北斜面をトラバースしていく。
DSC_9471_20160607061422a9b.jpg
DSC_9475_20160607061427b10.jpg

ここは韮崎警察署の管轄のようだ。
DSC_9473_20160607061424c44.jpg
道標の設置まで警察の仕事だった時代もあったのか。

いよいよ瑞牆山への登山道との合流地点が近づいてきた。
DSC_9474_2016060706142518d.jpg
瑞牆山登山道はひと月ちょっと前に歩いたばかりなのだが、八丁平からの道が合流してきた記憶がない。
まさか、天鳥川の渡渉地点まで下ってしまうのではないだろうな。

でも、それは杞憂に終わったので助かった。
DSC_9477_20160607061357317.jpg
ちょうど、渡渉地点から急坂を登り切った場所にぶつかった。

こんな派手は道標があったのに、前回は全然気づかなかった。
DSC_9478_201606070613587f7.jpg

小川山まで、ここから4時間ということになっている。
DSC_9479_20160607061400321.jpg

下りであったが、山頂からは朝食をはさんで2時間15分ほどだった。
DSC_9480_201606070614019ec.jpg

この分岐は、かつては交通の要衝だったようで、いろんな看板が出ていた。
DSC_9481_20160607061403023.jpg

それにしてもさすが破線の道だけあって、金峰山荘を出てから、ここまで誰にも会わなかった。
DSC_9482_2016060706133227c.jpg
メインルートに出て、正直ホッとした。

この先は整備された道を歩かせてもらう。
DSC_9483_20160607061334d9c.jpg

確かにこんな岩もあったっけ。
DSC_9484_2016060706133522c.jpg

いやいや、ほんとに歩きやすい道だこと。
DSC_9485_20160607061337b59.jpg

増富中学校の生徒によるこの注意書きもかなり古いものだろう。
DSC_9486.jpg

早速、登山者と出くわした。
DSC_9487_201606070613075b6.jpg

「こんにちは~」。今日初めて人と口をきいた。
DSC_9488_20160607061308453.jpg

そう思うと、われながらおかしい。
DSC_9489_20160607061310435.jpg

さあ、富士見山荘まであともう少し。
DSC_9490_20160607061311317.jpg

11時過ぎに富士見平山荘に到着。
DSC_9491_20160607061313846.jpg
DSC_9492_20160607061242333.jpg

当初はここでお昼にすることも考えていたのだが、まだ早い。
DSC_9493_20160607061243476.jpg
こうなったら、本格的な食事は下界で食べることにしよう。

(つづく)

このページのトップへ

小川山(2)

【2016年5月6日(金)】小川山
小川山(2418m)を廻り目平から登行中。
歩き始めてから1時間15分ほどで「展望台」に着いた。
絶景である。
DSC_9276_201606062052387f9.jpg

岩塔が展望台になっているが、そのてっぺんに登ってみた。
DSC_9259_20160606205304116.jpg
DSC_9287_20160606205222cd5.jpg

ここまで来ると、北東の尾根の全貌が把握できる。
DSC_9277_20160606205240f24.jpg

眼下に唐沢の滝も確認できた。
DSC_9280_201606062052435e1.jpg

垂直の岩壁を滑り落ちている。
DSC_9279_20160606205241b4e.jpg

その上に目を移すと、小川山の頂上。
DSC_9284.jpg

山肌を飾る岩塔や岩壁もみな美しい。
DSC_9266_201606062053053ec.jpg
DSC_9267_201606062053075f7.jpg

改めて見る屋根岩も迫力満点だ。
DSC_9282_201606062052449dc.jpg

東には雨降山(2156m)。
DSC_9285_20160606205219fe4.jpg

その右、南東の方角は金峰山(2599m)へ続く稜線。
DSC_9286_201606062052209f9.jpg

360度の大パノラマを楽しんだところで、朝食にする。
DSC_2192_20160606205302299.jpg
金峰山荘が作ってくれた弁当だが、なかなか豪華である。

一度では食べきれないので、おにぎり1個とおかず半分にしておいた。
それにしても、岩塔のてっぺんでの食事はスリル満点だ。
DSC_2191_20160606205301c77.jpg

眺望を満喫しながら、ゆっくりお茶を飲み、30分ほどで出発。
DSC_9289_20160606205223a1f.jpg

この先はさらに難路が待っていた。
DSC_9290_2016060620515686b.jpg

岩もあれば、木の根もある。
DSC_9292_20160606205159b29.jpg

さすがにこのヤブをこぐわけではないけど。
DSC_9294_20160606205159485.jpg

ここではシャクナゲがこんなに大きく成長するようだ。
DSC_9295_20160606205201ae0.jpg

でも、開花はまだ随分先だろう。
DSC_9296_201606062052025ab.jpg

引き続き、岩と木の根との格闘。
DSC_9298_20160606205133005.jpg
DSC_9299_2016060620513547c.jpg

そしてシャクナゲのトンネル。
DSC_9301_20160606205136b1b.jpg
DSC_9302_2016060620513802c.jpg
5月下旬から6月にかけては、見事なんだろうなあ。

しかし、きつすぎてもう1回来る気にはならない(笑)
DSC_9303_20160606205139337.jpg

いつのまにか2008mピークを過ぎていた。
DSC_9304.jpg

ここからは前方に2100m付近の岩壁を間近に望める。
DSC_9305_20160606205111bf0.jpg

地形図を見る限り、あそこはちゃんと巻いてくれるようだ。
DSC_9306_2016060620511211c.jpg

おお、昨日登った大日岩も見えるではないか。
DSC_9307_20160606205114930.jpg

あら、五丈石も見えてきた。
DSC_9309_20160606205046c55.jpg
だいぶ西に進んだということだろう。

巨岩帯を通過してわずかに下る。
DSC_9308_201606062051150c0.jpg
DSC_9310_20160606205048b5c.jpg

すぐにまた登りに。
DSC_9311_20160606205049bf4.jpg

やっと土の道を歩ける。
DSC_9312_20160606205051ce7.jpg

土というより枯れ葉だけど、足にやさしい。
DSC_9313_20160606205052280.jpg

こんな道標があるということは、かつては、大日岩を経て金峰山まで歩かせようという道だったようだ。
DSC_9314_2016060620502100c.jpg

今はそういうコース取りをする人はほとんどいないだろう。
DSC_9316_20160606205022a27.jpg

2100mの岩壁の頂上だろうか。
DSC_9317_201606062050244ef.jpg

これをかすめて西進する。
DSC_9318_20160606205025fef.jpg

ちょっとした鞍部から、左手の展望が開けた。
DSC_9319_2016060620502730b.jpg

金峰山の頂上。
DSC_9321_2016060620495905f.jpg

直下に金峰山小屋も確認できた。
DSC_9322_20160606205000882.jpg

そして大日岩。こちらから見ると、夫婦岩にようにも見える。
DSC_9323_201606062050019b9.jpg

再びシャクナゲのジャングルへ突入。
DSC_9324_2016060620500320e.jpg

抜けると、小川山の頂上と見られるピークが見えた。
DSC_9326_20160606205004684.jpg

まだまだ遠い気がする。
DSC_9327_20160606204805f9b.jpg

とうとう朝食の効果が現れて、もよおしてきた。
適地を探していたが、こういう樹林帯だと見つけやすい。
平日の小川山でこの時間なら、まず人は通らないだろう。
実際、ここまで誰にも会っていない。
というわけで、少し離れたところで、用を済ます。
DSC_9329_20160606204806224.jpg
平らな場所で、ゆっくり落ち着いてできた。

このあたりの植生は見ての通り。この3種が代表選手。
DSC_9330_2016060620480831c.jpg

南から眺める千代ノ吹上。
DSC_9331_20160606204809b08.jpg

この角度からでは、ちょっと迫力に欠ける。
DSC_9332_2016060620481104e.jpg

金峰山の北斜面には雪形ならぬガレ形が見えるが、何にたとえていいのか思いつかない。
DSC_9333.jpg

左には鉄山(右、2531m)と朝日岳(左、2579m)。
DSC_9334_20160606204736b8f.jpg

金峰山も含めた全景。
DSC_9338_2016060620474063d.jpg

砂払ノ頭。
DSC_9336_20160606204737693.jpg

白骨地帯を過ぎて
DSC_9337_201606062047393ed.jpg
DSC_9339_2016060620471260f.jpg

再び、シャクナゲのトンネルへ。
DSC_9340_20160606204713788.jpg

そして、標高2200mに達すると、しばらくは緩斜面となる。
DSC_9341_201606062047150b0.jpg
DSC_9342_201606062047160cc.jpg

何だか、ホッとする。
DSC_9345_20160606204718968.jpg

シャクナゲの子供も育ち始めていた。
DSC_9346_20160606204648629.jpg

いやいや楽ちん。このまま頂上に着いてしまえばいいなあ。
DSC_9350_20160606204649902.jpg

と思っていたら、昨日に引き続き、またまた謎の数字を発見。
DSC_9351_201606062046519be.jpg

これも同じタイプ。何なんだろう。
DSC_9356_20160606204624258.jpg

少し傾斜が強くなり、標高2300mを超えたあたりで、残雪が出てきた。
DSC_9353_20160606204652285.jpg

まあ、あと1週間ももたないだろう。
DSC_9355_20160606204654bbc.jpg

これらは木自身が作った芸術。
DSC_9357_20160606204626c33.jpg
DSC_9358_20160606204627a67.jpg

立ち枯れ地帯を通過すると
DSC_9359_20160606204629214.jpg

小川山山頂から南に延びる登山道にぶつかった。
DSC_9360_20160606204630ff9.jpg
地形図では、まっすぐ山頂に着くように書かれていたので、びっくりした。

「山と高原地図」をよくよく見ると、確かに頂上直下でT字路になるように書かれていた。
道標もあるし、納得して右折する。
DSC_9361_20160606204557adb.jpg

緩斜面を真っすぐに登っていく。
DSC_9362_20160606204558fe1.jpg

分岐から3分ほどで、小川山に登頂。
DSC_9363_201606062046001e5.jpg

時刻はちょうど8時半。展望台からコースタイム2時間35分のところ、1時間35分で着いてしまった。
DSC_9365_20160606204601044.jpg
これは、ちょっと「山と高原地図」がおかしいのではないか。

それはともかく、ここは周りから遠望して想像していた通り、樹林に囲まれ、展望が見事にない。
DSC_9367_201606062045357db.jpg
DSC_9368_201606062045377c2.jpg

ただ、大双里(2102m)に続く西の尾根には赤テープとともに踏み跡があった。
DSC_9366.jpg
このルートは「山と高原地図」にも地形図にも、登山道の表記はない。
歩いてみたい気もするが、ここまで来るのが大変なので、きっと来ないだろうなあ。

まあ、それだけ確認して、すぐに退散。
DSC_9369_20160606204538cec.jpg

あとはもう下る一方だ。
DSC_9371_20160606204540148.jpg

富士見平山荘近くまでは破線の道で、「迷」マークも付いているが、踏み跡はしっかりしているし、迷いようがない。
DSC_9372_201606062045411bd.jpg

「倒木が多い」との注意書きもあるが、全然それほどでもない。
DSC_9373_2016060620451324a.jpg

むしろコケに覆われた奥秩父らしい登山道だ。
DSC_9374_201606062045144ed.jpg

こちらの斜面にも、ところどころ巨石を見かけた。
DSC_9375_20160606204516f2e.jpg

ちょっとしたピークがあったので、「山と高原地図」に言うところのシオサブかと思い、登山道を離れて行ってみた。
DSC_9376_20160606204517e71.jpg

シャクナゲのヤブを抜けると、雄大な展望が開けた。
DSC_9377_20160606204519759.jpg
やはり、シオサブだった。

(つづく)
このページのトップへ

小川山(1)

【2016年5月6日(金)】小川山
小川山(2418m)はずっと気になっていた山である。
八丁平から続く道は頂上まで破線なので、ちょっと不安だったが、他の人のブログやヤマレコなどを読むと、どうやら大丈夫そうなので、今回決行することにした。
廻り目平からのコースをとったが、優しげな山容とは裏腹に、かなり歯ごたえのある山だった。

4時半過ぎに起床。泊まっていた金峰山荘を5時過ぎに出発した。
DSC_9162_201606060652158e6.jpg

背後には第一岩峰がそびえる。
DSC_9163_20160606065216909.jpg

前日、金峰山(2599m)から下りてきた道を少しだけ引き返す。
DSC_9164_20160606065218bd2.jpg
今日はGWのはざまの平日(金曜日)だが、まだ車がかなりある。

ただ、さすがに広いキャンプ場は閑散とした状態だ。
DSC_9166_20160606065221c5e.jpg

昨日も見た「マヤ石」を通過。
DSC_9165_20160606065219c8e.jpg

5分もかからずに登山口に到着した。
DSC_9167_20160606065153240.jpg

最初だけは林道状の道。
DSC_9168_2016060606515406d.jpg

すぐに道は細くなり、シラビソや白樺の林の中を進んでいく。
DSC_9170_20160606065156b64.jpg

やがて道は拡散し、一瞬見分けにくくなる。
DSC_9171_20160606065157af1.jpg
早くも赤いペンキが頼りだ。
前方で何かが動いた。シカの親子だ。
ピュンと鳴いて走り去っていったが、動きが速すぎて撮影はできなかった。

登山口から5分ほどで傾斜は一気に急になる。
DSC_9172_20160606065159cac.jpg

まずは標高差200mの急登だ。
DSC_9176.jpg

唐沢の滝への分岐まではカモシカコースと呼ばれる、一応は管理された道なので、道標はしっかりしている。
DSC_9173_201606060651324fe.jpg

ご覧の通り、赤ペンキの表示も親切だ。
DSC_9174.jpg
DSC_9177_20160606065136160.jpg

いよいよ巨岩が出現してきた。
DSC_9178_20160606065138f32.jpg

この先は結構頻繁にこうした大きな岩が出てくる。
DSC_9186_20160606064632c06.jpg

これなどは名前が付いていてもおかしくない岩だが、こんなのはまだ序の口だった。
DSC_9185_20160606064701009.jpg

高度を上げるにつれ、西股沢の対岸にある山々の岩峰が見えてきた。
DSC_9180_201606060646561c3.jpg

崩落している箇所も認められる。
DSC_9181_20160606064657d8e.jpg

足元には松ぼっくり。
DSC_9179_20160606064655495.jpg

一瞬、左手が開けた。
DSC_9184_2016060606465946a.jpg

尾根の左の端を歩いて行く感じである。
DSC_9187_201606060646336c9.jpg

右手には、修行ができそうな岩陰を発見。
DSC_9188_2016060606463493c.jpg

間もなく、左手が完全に開けた。
DSC_9191_20160606064637329.jpg

小川山の2008mピークから東に延びる尾根も峨々たる岩峰である。
DSC_9192_201606060645576bc.jpg
DSC_9193_20160606064559eee.jpg

ミニ瑞牆のようなピークもあちこちに見える。
DSC_9195_20160606064602c70.jpg

そして金峰山(2599m)の北斜面も望むことができた。
DSC_9190_20160606064635863.jpg

再び樹林帯に戻り、巨大な1枚岩の裾を通り抜けていく。
DSC_9194_201606060646007d3.jpg

いよいよ、こちらも岩山になってきた。
DSC_9200_2016060606460305c.jpg

これを乗り越えると、今度は右手が開けた。
DSC_9201_20160606064531727.jpg

屋根岩である。
DSC_9202_20160606064533694.jpg

こちらは、たぶん第一岩峰。
DSC_9203_20160606064534310.jpg
あそこには一般登山道で登れるようだ。

景色を時折楽しみながら、巨岩をすり抜けて登っていく。
DSC_9205_20160606064536ac6.jpg
DSC_9206_20160606064537db0.jpg

一段登るごとに展望スポットに出る。
DSC_9214_20160606064437008.jpg

テラス状になっているのだ。
DSC_9215_20160606064438bbb.jpg

右手に長峰(左、2065m)らしき山。
DSC_9207_201606060645053c9.jpg
その奥は、五郎山(2132m)から南にせり上がる稜線と思われる。

その右には、1855mピークの向こうに雨降山(2156m)。
DSC_9211_20160606064510d41.jpg

眼下には金峰山荘が見えた。
DSC_9208_20160606064507e1b.jpg

ここで標高は約1850m。45分で300m近く登ってきたことになる。
DSC_9210_201606060645097b3.jpg

左手に林立する岩塔群にも目を見張らされた。
DSC_9213_20160606064435fe7.jpg

こちらは西股沢の広い谷と金峰山。
DSC_9217_20160606064440803.jpg

この角度からだと五丈石は見えない。
DSC_9218_20160606064441661.jpg

さて、先に進もう。
DSC_9219_2016060606441148e.jpg

これは名づけて「鏡岩」。
DSC_9220_20160606064412ce3.jpg

これを高巻きする。
DSC_9221_20160606064414f1d.jpg

おお、ハシゴが現れた。
DSC_9222_20160606064415bbf.jpg

そこに、恐ろしい文字が。「自己責任」・・・
DSC_9223_2016060606441775c.jpg

でも丁寧にロープも垂らされていた。
DSC_9224_20160606064348e49.jpg

岩場を登り切って振り返る。かなりの高度感。
DSC_9225_20160606064349cb5.jpg

眼前に現れた垂直の岩壁は迂回する。
DSC_9227_20160606064351e8f.jpg

あっという間にその岩壁の上に出た。
DSC_9228_2016060606435249d.jpg

また次の岩壁。
DSC_9231_201606060643544bf.jpg

西股沢の対岸の尾根はもう見下ろすような高さになってきた。
DSC_9232_20160606064246c30.jpg
DSC_9233_20160606064248e74.jpg

長峰(右)から北の大原平ノ頭(左、1969m)にかけての稜線。
DSC_9236_20160606064251731.jpg
ここには登山道はない。

シャクナゲのつぼみはまだ固かった。
DSC_9235_20160606064249857.jpg

いったん、難しい岩場を下る。
DSC_9237_20160606064253f00.jpg
DSC_9239_201606060642234b9.jpg

このハシゴは下りに使った。
DSC_9240.jpg

その先は、○×試験の様相を呈する。
DSC_9241_2016060606422628c.jpg
DSC_9242_2016060606422715d.jpg

まさか、こんな下りがあるとは。
DSC_9243_20160606064229144.jpg

三つ目のハシゴも下り。
DSC_9244_2016060606414041b.jpg

下り切って、上を見上げる。ふう、ちょっと緊張した。
DSC_9245_20160606064141d21.jpg

この先はさらに下り気味のトラバース。
DSC_9246_20160606064143905.jpg
DSC_9247_20160606064144a7d.jpg

足場はかなり悪い。
DSC_9248_201606060641462e4.jpg

4つ目。ようやく登りに転じた。
DSC_9249_20160606064117f62.jpg

とても、あの山容からは想像がつかない難路だった。
DSC_9250_201606060641183f4.jpg
DSC_9251_201606060641204e1.jpg

もちろん、これもトラバース。
DSC_9252_20160606064121b7f.jpg

ただ、それも決して楽ではない。
DSC_9253_20160606064123aeb.jpg

山荘から1時間10分かかって、やっと唐沢の滝に下りる道との分岐にたどり着いた。
DSC_9254_201606060640512d4.jpg
コースタイムは1時間なので10分もオーバーしてしまった。
何度も写真撮影のために立ち止まったとは言え、それはいつものこと。
かなりハードな道であったことは間違いない。ここまででかなりの歯ごたえだ。

休憩するようなスペースもないので、とりあえず通過。
DSC_9256_20160606064053d36.jpg

そろそろ朝食を食べる場所も探さなくてはいけない。
DSC_9257_201606060640548af.jpg

と思っていたら、すぐ「展望台」に着いた。
DSC_9261_2016060606402595b.jpg

もう消えかかっているが、岩に白いペンキでそう書いてある。
DSC_9288_20160606064007da1.jpg

「山と高原地図」では、分岐から展望台までは80mほど登った2008mピークにあるように書かれていただけに拍子抜け。
でも、ありがたかった。
DSC_9258_20160606064056ba0.jpg

ここで朝食を摂ることにするが、やはりまずは撮影をしなければ。
DSC_9260_201606060640579ba.jpg

北東には屋根岩。
DSC_9272_2016060606400499a.jpg
DSC_9262_201606060640276a8.jpg

屋根岩の本峰、目開き岩(1906m)。
DSC_9271_20160606064003426.jpg

直下の岩壁は針の山のようだ。
DSC_9274_2016060606400699d.jpg
DSC_9268_20160606064031b53.jpg

新緑とのコントラストも見事である。
DSC_9270_20160606064001694.jpg

北西は2089mピーク。
DSC_9264_20160606064028249.jpg

西に小川山の山頂がやっと見えた。
DSC_9265_201606060640302a5.jpg
まだ標高差は500mもある。

(つづく)
このページのトップへ

2016金峰山(7)

【2016年5月5日(木)】金峰山
金峰山(2599m)から下り、廻り目平へ通じる林道を歩いている。
しばらく行くと、林道らしく道もしっかりしてきた。
DSC_9086_20160605210752e75.jpg
DSC_9087_20160605210753efa.jpg

切通しを通過。
DSC_9088_20160605210755817.jpg

その先にミニ瑞牆のような岩峰が見えた。
DSC_9089_20160605210757b39.jpg

これがあるので単調な林道歩きも飽きないで済む。
DSC_9090_20160605210658eb2.jpg

小川山(2418m)の尾根の一つである。
DSC_9091_20160605210659bb6.jpg

左からの林道との合流地点で座り込んで、靴のひもを直していたら、八丁平分岐で休んでいた人に抜かれてしまった。
DSC_9092_20160605210701755.jpg

あんなところで休んでいたので、かなり疲れているのだろうと思っていたが、結局この後、彼には追いつけなかった。
DSC_9093_201606052107024e4.jpg

私が何度も立ち止まって写真を撮っているせいもあるのだが。
DSC_9094_20160605210704bed.jpg
DSC_9095_20160605210635f4a.jpg

前回は氷の上をアイゼンで歩く感じで歩きにくかったが、今回もそれなりに歩きにくい。
DSC_9096_20160605210636743.jpg

正面に見えるピークは長峰(2065m)だろうか。
DSC_9097.jpg

これはかつての作業小屋の基礎?
DSC_9099_20160605210639b3f.jpg

ほう、右手の稜線にも岩峰が現れた。
DSC_9100_20160605210640ebe.jpg

こちらもなかなか鋭いではないか。
DSC_9101_20160605210608532.jpg
DSC_9102_20160605210610cc7.jpg

標高1750mあたりで、地形図に表記のない建物を発見。
DSC_9103_20160605210611841.jpg

覗いてみると、木造の神像が安置されていた。神社だ。
DSC_9104_20160605210612954.jpg

このあたりで、やっと林道の半分。
DSC_9105_2016060521061410c.jpg

ここまで30分以上かかっている。
DSC_9106_20160605210528a9a.jpg

林道歩きのコースタイムは1時間だが、それ以上かかってしまいそうだ。
DSC_9107_20160605210530c16.jpg
写真の撮り過ぎかな(笑)

せっかく沢のそばを歩いているので、顔を洗うことにした。
DSC_9109_201606052105317cb.jpg
冷たくて、いい気持だ。ふう、さっぱりした。

林道歩き、再開。
DSC_9110_2016060521053346a.jpg

こんな看板が出てきたということは、廻り目平も近いのだろうか。
DSC_9112_201606052105348f1.jpg

右手の岩峰や岩壁を愛でる。
DSC_9113_201606052103010bb.jpg
DSC_9114_20160605210302d4e.jpg
DSC_9115_20160605210304e6b.jpg

すると、林道のすぐ左にも巨大な岩塔が出現。これは見覚えがある。
DSC_9117_2016060521030568a.jpg

クライミングのゲレンデのようで、残置やボルトがあった。
DSC_9118_20160605210307c1f.jpg
DSC_9119_20160605210233f2f.jpg

あれこれ写真を撮っている間に、山頂で見かけたピンクのお姉さんにも抜かれてしまった。
DSC_9120_20160605210235714.jpg
この人はザックが斜めになっているのが気になったが、あっという間に見えなくなってしまった。

こちらは相変わらず撮影に余念がない。
DSC_9124_2016060521023602a.jpg
DSC_9125_20160605210238f35.jpg

岩壁は登るのは怖いが、眺めるのは好きである。
DSC_9126_20160605210239873.jpg
DSC_9127_2016060521021009b.jpg

それにしてもキリがないとは思う。
DSC_9128_20160605210211d30.jpg

おお、ミネザクラ。
DSC_9130.jpg

ここは標高1600m。考えてみれば早いくらいではないか。
DSC_9131_2016060521021407e.jpg

サクラをはさんで、岩峰群はなおも続く。
DSC_9132_20160605210216523.jpg
DSC_9133_201606052101460d4.jpg

たまには足元も。
DSC_9134_20160605210148bcc.jpg

16時をすぎて、やっと林道通行止めのゲートを通過。
DSC_9136_20160605210149d6d.jpg

このあたりは緊急車両の転回場所のため駐車禁止だそうだ。
DSC_9137_201606052101505d5.jpg

こんな看板が必要なほど、確かに駐車車両が多い。
DSC_9138_201606052101529d2.jpg
DSC_9140_20160605210124d67.jpg

廻り目平キャンプ場はキャンパーで大賑わい。
DSC_9139_20160605210123a96.jpg

明日登る小川山への登山口を確認しておく。
DSC_9141_201606052101269c4.jpg

キャンプ場のトイレの少し上と覚えておこう。
DSC_9142_201606052122437d1.jpg

そのキャンプ場。まわりを岩峰に囲まれている。
DSC_9143_20160605210127a39.jpg
DSC_9144_20160605210129a75.jpg

いくつかをアップで。
DSC_9146_20160605210101ae2.jpg
DSC_9147_20160605210102e4d.jpg
DSC_9151_201606052100381d8.jpg

わりと開かれた場所だけに、見通しがいい。
DSC_9148_201606052101048ed.jpg
DSC_9149_20160605210105eb0.jpg
DSC_9150_20160605210107394.jpg

名付けてマヤ石。裂け目でできた升目がマヤ文字のようだ。
DSC_9152_20160605210039009.jpg

これはハクサンコザクラかな。
DSC_9154_20160605210040ced.jpg

そして16:15、ようやく今宵の宿「金峰山荘」に着いた。
DSC_9160_2016060521001921e.jpg

こちらは長野県側なので「きんぷさん」ではなく「きんぽうさん」だから、宿の名も「きんぽうさんそう」である。
DSC_9156_2016060521004128f.jpg

最後に来た道を振り返る。
DSC_9157_20160605210043806.jpg

あれは、クライミングゲレンデの屋根岩。
DSC_9159_20160605210018e7e.jpg

これだけ確認して、早速チェックイン。
DSC_2177_20160605210836628.jpg
ここは村営(川上村)ということもあるのか、受付のお兄さんがちょっととろかった。

それはともかく、ここにもいろんな有名人が来ているようだ。
DSC_2187_20160605210817d9d.jpg

あてがわれた部屋は「りんどう」。広さは8畳ほどあった。もちろん相部屋ではない。
DSC_2176_20160605210835914.jpg

荷物を若干整理して、早速お風呂へ。
DSC_2188_20160605210751d74.jpg
ここは温泉ではないが、とくに不満はない。
1泊の山行で風呂に入れるだけでありがたい。
でも、外国人が大声でしゃべりながら入っているのが、ちょっとうるさかった。
同行の日本人が気を付けてあげなくては。

風呂から上がったら、当然ビール。
DSC_2179_201606052108383d3.jpg
このために、つまみのナッツも買ってきてあるので、しばし至福の時。

売店には、地酒もいくつかあったが、さすがに飲みきれないので止めておいた。
DSC_2184_20160605210813a60.jpg
DSC_2185_20160605210814558.jpg
DSC_2186_2016060521081644f.jpg

午後6時になったら、食堂へ。お腹すいた~
DSC_2175_20160605210833f19.jpg

食事の内容は質素な感じだが、量は十分。こちらも不満はない。
DSC_2183_20160605210811039.jpg
ご飯が山盛りだったので、満腹になってしまった。
生ビールを頼んでいるおじさんもいたが、こちらはさっき飲んだし、食事に専念。
食堂を見渡すと、8組15人ほどのお客さんがいた。
うち外国人(いずれも白人)が2組だった。

部屋に戻って、明日に備えて荷物の整理。
そして、朝食はお弁当にしてもらったので、それを受付に受け取りにいく。
と同時に会計。1泊2食で6800円だった。
20時すぎにもう一度、湯につかって、21時前には就寝。
DSC_2181_20160605210839a25.jpg
千代ノ吹上経由で金峰山に登るという長年の懸案を絶好の天気の中、達成し、気分よく眠りに落ちた。
ちなみに撮影した写真はこの日だけで800枚を超えた。

【行程】2016年5月5日(木)
瑞牆山荘(7:40)~富士見平(8:15休憩8:20)~鷹見岩分岐(8:52)~鷹見岩(9:05撮影9:14)~鷹見岩分岐(9:23)~大日小屋(9:32撮影9:36)~大日岩(10:08登攀・撮影10:25)~(11:05昼食A11:20)~砂払ノ頭(11:32撮影11:36)~金峰山小屋分岐(12:07)~千代ノ吹上(12:14撮影12:20)~五丈石(12:50昼食B・撮影13:17)~金峰山山頂(13:23撮影13:32)~金峰山小屋(13:50撮影・小休止13:54)~中間地点(14:32)~最終水場(14:47)~八丁平分岐(15:03)~金峰山荘(16:15)
※所要時間:8時間35分(歩行時間:7時間20分)コースタイム:7時間30分
※登った山:5座(うち新規:鷹見岩、大日岩、砂払ノ頭、千代ノ吹上)
※歩行距離:12.8km

このページのトップへ

2016金峰山(6)

【2016年5月5日(木)】金峰山
金峰山(2599m)から廻り目平に向けて下山中。
DSC_8985_20160604085109867.jpg

この道は2012年のクリスマスに往復しており、歩くのは今回で3回目となる。
DSC_8986.jpg

でも、当時は雪がしっかり積もっていたので、こんな木の根に悩まされる必要はなかった。
DSC_8987_201606040851126b6.jpg

標高2300mのあたりまで下ってくると、瞬間的に平坦になる。
DSC_8988_2016060408511424f.jpg

それにしても、根っこが激しい。
DSC_8990_201606040850355a1.jpg
DSC_8991_2016060408503636a.jpg

2302mピークは巻いていく。
DSC_8992_2016060408503861b.jpg

このあたりにもまだ雪がわずかに残っていた。
DSC_8993_20160604085039420.jpg

北斜面だけにコケが地面を覆っている。
DSC_8994_20160604085041ca4.jpg

ピークを過ぎると、再び急降下。
DSC_8996_20160604085009c2b.jpg

前回は滑るように下って行けたが、こうなるとそうはいかない。
DSC_8998_201606040850119cc.jpg
DSC_9000_20160604085012159.jpg

もちろん、このあたりも岩は花崗岩である。
DSC_9001_20160604085014156.jpg

14時半すぎに中間地点を通過。標高は約2150m。
DSC_9006_20160604084916fb2.jpg

木々の隙間からは瑞牆山(2230m)と小川山(2418m)を望むことができる。
DSC_9008_20160604084918eff.jpg
DSC_9005_2016060408501571d.jpg

そして、ここから尾根を離れ、谷の方へと進路を変える。
DSC_9009_201606040849192bb.jpg
DSC_9010_2016060408492075a.jpg

前回、ラッセルしながら、へとへとになって登ったのを思い出す。
DSC_9011_201606040849227f4.jpg
DSC_9012_20160604084805881.jpg

この岩のあたりで、雪にマットを敷いて、しばらく休んだ気がする。
DSC_9014_201606040848069e8.jpg

道はだんだん歩きやすくなってきた。
DSC_9015_20160604084807fa3.jpg
DSC_9017_2016060408480986b.jpg

と思ったのは一瞬だけだった。
DSC_9019_20160604084810709.jpg

倒木は登山道の部分だけ切断してくれていた。ありがとうございます。
DSC_9020_20160604084736731.jpg

シラビソの森をぐんぐん下る。
DSC_9021_20160604084737d9f.jpg

標高差1000mを登った後のわりには、なんだか元気だ。
DSC_9022_20160604084739b01.jpg

実に快調である。
DSC_9023_20160604084740c11.jpg
DSC_9025_20160604084713710.jpg

とうとう沢が見えてきた。
DSC_9024_2016060408474275c.jpg

しかし、ここからが長い。
DSC_9027_20160604084714686.jpg

標高はまだ約2000m。あと400m以上下らなければならない。
DSC_9028_201606040847163ad.jpg

おお、懐かしい「最終水場」。
DSC_9029_201606040847174e3.jpg

今日の私にとっては、最初の水場だ。めちゃめちゃ透き通っていて冷たそうだ。
DSC_9031_20160604084719389.jpg

ここからは右手に沢を見ながらの下りとなる。
DSC_9032_20160604084649498.jpg

とりあえず、水の補給はせず。
DSC_9034_201606040846507e6.jpg

道は広くなったが、浮石が多くて、若干歩きにくい。
DSC_9035_2016060408465279b.jpg
DSC_9036_20160604084653f7a.jpg

崩落箇所を通過。
DSC_9037_2016060408465575e.jpg
DSC_9040_20160604084619615.jpg

正面に小川山の弘法岩が目に飛び込んできた。
DSC_9039_2016060408461821b.jpg
この先は左右に、こうした岩峰が次々と姿を現すことになる。

道はところどころ整備されているが
DSC_9041_20160604084621d8a.jpg

沢に近づくと、崩落箇所が少なくない。
DSC_9042_20160604084622570.jpg

渓相もかなり荒れている印象だ。
DSC_9043_20160604084624fbb.jpg
DSC_9044_20160604084553063.jpg

ここは道を付け替えている。
DSC_9045_2016060408455424d.jpg

前回、ここを登りで通過する時、迷った場所だ。
DSC_9046_20160604084556547.jpg
あの時は、下を通った。雪なので問題はなかったが、トレースがなくなり不安だった。

間もなく安定した道に戻る。
DSC_9047_20160604084557b7b.jpg
DSC_9049.jpg

でも沢の方は、やはり土石流が流れた形跡がある。
DSC_9050_20160604084528f1b.jpg
DSC_9052_20160604084530c4b.jpg

15時、砂防ダムまで下ってきた。
DSC_9054_201606040845319a6.jpg

ここまで来れば、林道は近い。
DSC_9055_201606040845334a7.jpg

間もなく砂洗川との合流地点。
DSC_9057_2016060408453441c.jpg
青いウエアのおじさんが1人休んでいた。

砂洗川も清冽な流れだ。これも千曲川の源流の一つである。
DSC_9058_201606040845041dd.jpg

木橋を渡る。
DSC_9059_20160604084507cd5.jpg

そこは八丁平への道との分岐。標高は1869m。
DSC_9060_20160604084507f80.jpg

そして前回も驚いた、打ち捨てられた車。
DSC_9062_20160604084509ea8.jpg
DSC_2169_20160604085107b6e.jpg

かつてはここまで車が入れた証拠だ。
DSC_9064_20160604084510ef9.jpg
この車の持ち主が、ここまで来た後に土砂崩れで戻れなくなり、人間だけヘリか何かで救出されたのだろう。何年前のことなのだろうか。

というわけで、この先は廃道となった林道をしばらく歩かされる。
DSC_9067_2016060408443632e.jpg
DSC_9068_20160604084438426.jpg

右を流れるのは西股沢。
DSC_9069_2016060408443958d.jpg
DSC_9070_20160604084441bd2.jpg

ここが車を置き去りにした土砂崩れの場所だろうか。
DSC_9071_20160604084442698.jpg

かなり、ひどいことになっている。
DSC_9072_201606040844133a6.jpg

5分ほどの廃道歩きを経て、やっとまともな道に出た。
DSC_9074_201606040844143a4.jpg

左手には立派な砂防ダムが完成している。
DSC_9075_201606040844166cc.jpg

谷が広くなって、沢にも陽が差してきた。
DSC_9076_201606040844172af.jpg

これは崩落した場所に架けた丸太の橋が、またまた崩落した状態だろうか。
DSC_9077_2016060408441931d.jpg

この先はさすがに大丈夫。関係者の車なら入って来られそうだ。
DSC_9078_20160604084347858.jpg

今も時々落石はあるようだけど。
DSC_9080_20160604084350458.jpg
DSC_9083_20160604084353ae3.jpg

やっと林道全体が明るくなってきた。
DSC_9082_20160604084351f6f.jpg

沢の流れも清らかで気持ちいい。
DSC_9079_20160604084349681.jpg
DSC_9084_201606040843309b6.jpg

お、また出た岩峰。
DSC_9085_201606040843319e7.jpg
実に楽しい林道歩きである。

(つづく)
このページのトップへ

2016金峰山(5)

【2016年5月5日(木)】金峰山
金峰山(2599m)頂上。五丈石の南側で昼食を済ませた。
DSC_8879_20160603060640e6b.jpg
時刻は13時を回ってしまった。
そろそろ本当の山頂を極めて、下山しなくては。

下山するのは、黒平方面ではなく、北側の廻り目平方面。
DSC_8880_20160603060641fc3.jpg

南の眺めもこれで見納めだ。
DSC_8877_201606030606377b9.jpg
DSC_8878_201606030606389dc.jpg

頂上はすぐそこ。
DSC_8881_20160603060643104.jpg

右手には北奥千丈岳(2601m)から南に延びる長い稜線。その向こうに小金沢連嶺が望める。
DSC_8882_201606030606148f2.jpg

五丈石の北側に出てきた。
DSC_8883_20160603060616d1d.jpg

このピンクのお姉さん。偶然撮った写真だが、あとで下山中に抜かれた。
DSC_8884_2016060306061764a.jpg
単独で来るだけあって、ものすごく足の速い人だった。
背景はもちろん八ヶ岳。

五丈石の前は十字路になっている。
DSC_8885_2016060306061934d.jpg
つまり、ここには四方から道が通じている。
今回で金峰山登頂は3回目だが、これで四方からの道すべてを歩いたことになる。

ここの方位盤はかなり大型だ。
DSC_8886_20160603060620925.jpg

すぐに登頂。
DSC_8921_20160603060415f3d.jpg

三角点。
DSC_8922_20160603060416244.jpg

三角点の標高は2595m。でも真の山頂は、この上で2599m。
DSC_8896_201606030605218fc.jpg

これは登らねばなるまい。
DSC_8900_20160603060524288.jpg

岩の上に立って、山名板などすべてを見下ろす。
DSC_8903_201606030604586af.jpg

南は五丈石と富士山。
DSC_8904_201606030605004df.jpg

北の方角は、小川山(2418m)の岩峰群と高原野菜畑。
DSC_8901_201606030605266e0.jpg

西には、列をなす千代ノ吹上。
DSC_8902_20160603060457a22.jpg

東は、朝日岳(2579m)の向こうに甲武信岳(2475m)や国師ヶ岳(2591m)。
DSC_8906_20160603060501665.jpg

朝日岳に続く稜線。森林限界を超えて見晴らしは最高だ。
DSC_8915_20160603060439aa8.jpg

その左は両神山(1723m)から赤岩岳への鋸の歯のような稜線。
DSC_8908_2016060306043373c.jpg

その向こうには赤久縄山(中央、1522m)と御荷鉾山(右、1286m)を望む。
DSC_8909_201606030604354ce.jpg

手前は長尾(2065m)から大平原ノ頭(1969m)にかけての尾根。
DSC_8910_20160603060436ede.jpg

山頂から見下ろす五丈石も堂々たる姿だ。
DSC_8888_201606030605533f3.jpg

少しだけワイドで。
DSC_8895_201606030605200a9.jpg

おなじみ瑞牆山(2230m)。
DSC_8890_20160603060555016.jpg

こちらもワイドで。
DSC_8917_20160603060410bb2.jpg

八ヶ岳の北には蓼科山(2530m)も確認できた。
DSC_8918_20160603060412907.jpg

明日挑む小川山。
DSC_8913_20160603060438b88.jpg

その左に、男山(左、1851m)と天狗山(右、1882m)。
DSC_8892_201606030605585e6.jpg

右には御座山(2112m)。
DSC_8893_201606030605594d6.jpg

う~ん、満足満足。登山道に下りよう。
DSC_8920_20160603060414f5e.jpg

岩の門をくぐって小屋に向かう。
DSC_8899_201606030605238c1.jpg

小屋は15分(標高差180m)ほど下だ。
DSC_8924_20160603060348b88.jpg

もう一度、五丈石を振り返ると、登攀にチャレンジしている人がいた。頑張れ~!
DSC_8926_20160603060350ffa.jpg

先行する2人を追う。
DSC_8927_201606030603516f0.jpg

前回来た時は、浅い雪だったので、何度もハイマツの上を踏み抜いて難儀したが、今回は楽ちん。
DSC_8930_2016060306035405b.jpg

岩の上を、飛び石を越えるように下ればいい。
DSC_8932_201606030603251b8.jpg

2人は高齢夫婦のようだ。
DSC_8933_20160603060326962.jpg

この下り道も、千代ノ吹上の眺めは抜群。
DSC_8929_201606030603538c3.jpg
DSC_8934_2016060306032762c.jpg
DSC_8938_201606030602595e1.jpg

絶景の連続だ。
DSC_8936_20160603060330ab7.jpg
DSC_8937_20160603060258229.jpg

2人に追いついて、しばし雑談。
DSC_8935_2016060306032999d.jpg

今夜は金峰山小屋泊だという。のんびり旅もいいものだ。
山頂直下の小屋に泊まると、頂上でご来光を見る楽しみもある。
でも、私のコースを説明したら、「ああ、その手があったか。ちょっと泊まるには早く着きすぎちゃうんですよね」とぼやいていた。
DSC_8939_20160603060300596.jpg
先に行かせてもらう。

まさに飛び石の下りだ。
DSC_8942_20160603060302b66.jpg

小屋のすぐそばにそそりたつこの岩峰に名前は付いていないのだろうか。
DSC_8943_20160603060307e32.jpg

振り返ると、もう2人の姿は見えなくなってしまった。
DSC_8944_201606030558119cf.jpg
かなり、ゆっくり下っているようだ。

おっと、こちらにも残雪が出現。
DSC_8945_20160603055813bf6.jpg
北斜面だから当然だろう。樹林帯に入ったらもっとありそうだ。

小屋岩(仮名)と瑞牆山のコラボ。
DSC_8946_2016060305581427c.jpg

山頂から15分ほどで、千代ノ吹上からの巻き道と合流。
DSC_8949_20160603055816ba3.jpg
この道も冬に通ったが、あの時はトレースもなく、ラッセルが大変だった。

改めて頂上を見上げる。五丈石もてっぺんの部分しか見えなくなった。
DSC_8950_20160603055818fd7.jpg
DSC_8956_20160603055754632.jpg

ハイマツの中の白い花崗岩の斑点が美しい。
DSC_8955_20160603055752429.jpg

金峰山小屋の象徴。
DSC_8951_20160603055748d9d.jpg

きちんと整備された道を小屋に向かう。
DSC_8952_2016060305574928b.jpg

標高が下がって、千代ノ吹上は緑の背中しか見えなくなってしまった。
DSC_8953_201606030557517c2.jpg

金峰山小屋はわりと小ぎれいな印象だ。
DSC_8957_20160603055718df5.jpg

小屋岩のたもとで、一瞬だけ休憩する。
DSC_8958_201606030557195d5.jpg

こちらは冬季の解放小屋。
DSC_8959_201606030557214a6.jpg

ここに12月下旬に泊まった時は夜中にマイナス11℃まで下がったっけ。
DSC_8960_201606030557220e9.jpg

そして、その時は見えなかった眺望。
DSC_8961_20160603055724b51.jpg
今回は飽きるほど見てきた。

トイレは新設されていた。
DSC_8962_20160603055652541.jpg

前回は板を渡しただけのトイレだった気がするが、随分立派になった。
DSC_8963_2016060305565465b.jpg

古い方は立ち入り禁止になっていた。
DSC_8964_201606030556550c6.jpg

この建物も新築したののようだ。
DSC_8965_20160603055657b7e.jpg

そうか、今日はこどもの日だった。すっかり忘れていた。
DSC_8966_2016060305565863c.jpg

中は覗かずに、早々に下山。
DSC_8967_201606030556273a3.jpg

すぐに樹林帯に入る。
DSC_8968_20160603055629f57.jpg

やはり路面は雪である。
DSC_8969_20160603055630ee5.jpg

チェーンアイゼンを装着する。
DSC_8970_20160603055632e7d.jpg

アイスバーンの表面が解けて、滑りやすくなっているので、油断せず慎重に。
DSC_8971_20160603055633b68.jpg

しばらくは、この状態が続きそうだ。
DSC_8972_2016060305560598f.jpg

この道を通るのは前回の往復を2回と数えると3回目だが、そんなに損した感じはない。
DSC_8974_201606030556070ab.jpg

こんな岩があったなあと、楽しく思い出しながら歩けた。
DSC_8975_20160603055608c3c.jpg

木々の間から、瑞牆山が見えたのも一緒だ。
DSC_8976_20160603055610795.jpg

そうそう小川山も見えたっけ。
DSC_8977_20160603055611f16.jpg

このあたりが最後の雪かな。
DSC_8978_201606030555390a6.jpg

小川山の弘法岩も鮮明に見える。
DSC_8979_20160603055540aa5.jpg

でも、こんな看板は記憶にないなあ。
DSC_8981_20160603055543003.jpg

雪はすっかりなくなってしまった。
DSC_8980_20160603055543ff5.jpg
DSC_8982_201606030555458ed.jpg

シャクナゲのトンネルは覚えている。
DSC_8983_201606030555259da.jpg

(つづく)

このページのトップへ

2016金峰山(4)

【2016年5月5日(木)】金峰山
金峰山(2599m)目指して、千代ノ吹上を登っている。
右手に八幡尾根の2333mピークが見えてきた。
DSC_8743_20160602215731b3d.jpg

この先も花崗岩の白い露岩帯が続く。
DSC_8745_20160602215732c15.jpg

左手には、金峰山小屋が近くに見える。
DSC_8746_2016060221573451b.jpg

前方には、次々に千代ノ吹上の波頭が現れる。
DSC_8748_201606022157355f4.jpg

さっき登った波頭の先端を振り返る。
DSC_8750_201606022157378b7.jpg

その右には、瑞牆山(2230m)と八ヶ岳。
DSC_8753_20160602215709ed0.jpg

さらに右に小川山(2418m)。まさに絶景である。
DSC_8752_20160602215708234.jpg

砂払ノ頭から30分ほどで、山小屋へ通じる巻き道との分岐を通過。
DSC_8755_2016060221571157f.jpg

眺めると、小屋付近にも岩が多い。
DSC_8762_20160602215642ad7.jpg

頂上を仰ぐと、やはり今日は大勢登っているようだ。
DSC_8757_201606022157121cb.jpg

よし、あの波頭のてっぺんにも行ってみよう。
DSC_8759_2016060221571495b.jpg

おっと、尾根道にもまだわずかに雪が残っていた。
DSC_8763_20160602215643a41.jpg

ふむ、こいつを登るわけか。
DSC_8764_20160602215645498.jpg

中段まで登って、岩陰でいったん退避。正面に小川山を望む。
DSC_8766_20160602215648b88.jpg

五丈石までは、残る波頭はあと1つだけだ。
DSC_8765_20160602215646eae.jpg

岩場で苦戦する登山者を見下ろす。「見下す」ではない。
DSC_8767_20160602215619666.jpg

いやあ、見事な眺めだ。
DSC_8769_20160602215621d08.jpg

波頭はかなり尖っている。
DSC_8770_20160602215622565.jpg
DSC_8780_20160602215601b63.jpg

この先っぽまではさすがに登らなかった。
DSC_8771_2016060221562476f.jpg
DSC_8777_20160602215559f3f.jpg

ここは、ちょうど分岐の真上に当たる。
DSC_8772_2016060221562524f.jpg

南には、2333mピーク、小楢山(1713m)、そして富士山。
DSC_8774_2016060221555528d.jpg

2333mピークはかなりガレている。
DSC_8775_20160602215556a18.jpg

あと、どのくらいかかるかなあ。
DSC_8776_20160602215558455.jpg

とりあえず、ここを千代ノ吹上のピークと認定し、「登った山」に加算する。
DSC_8781_20160602215532e44.jpg

飛び込み台のような岩があったが、怖くて乗れなかった。
DSC_8783_2016060221553365b.jpg

さて、登山道に復帰。
DSC_8784_2016060221553555d.jpg

もうひと踏ん張りだ。
DSC_8786_20160602215536a7a.jpg

最後の波頭を仰いで、ひと息。
DSC_8787_20160602215538380.jpg

千代ノ吹上を振り返る。
DSC_8789_201606022155085a6.jpg

西の空。
DSC_8793_20160602215509312.jpg

最後まで、なかなか楽はさせてくれない。
DSC_8794_20160602215511496.jpg

いやあ、いくつも越えてきたなあ。
DSC_8795_20160602215513ee9.jpg
DSC_8798_20160602215448b13.jpg

山小屋よりも高い位置まで登ってきたぞ。
DSC_8796_20160602215514dfb.jpg

うわ~、あれは落ちないんだろうか。
DSC_8797_20160602215446cea.jpg

突如、謎の数字が出現。何を意味しているのだろう。想像もつかない。
DSC_8799_20160602215449370.jpg

こちらもわけが分からない。
DSC_8800_20160602215451fae.jpg

はい、最後の波頭越えました。
DSC_8801_2016060221545292e.jpg

あとの突起は五丈石のみ。
DSC_8802_20160602215424a1f.jpg

とは言っても、まだこれだけの距離はある。
DSC_8804_20160602215426944.jpg

八幡尾根はここから発生しているようだ。
DSC_8805_20160602215427177.jpg

乙女高原方面に続く広大な森。
DSC_8806_20160602215429393.jpg

このあたりまで来ると、五丈石が傾いていない。
DSC_8808.jpg

小川山の岩峰越しに見る川上の高原野菜畑。
DSC_8809_201606022154010bf.jpg

砂洗川の谷。
DSC_8811_20160602215403430.jpg

大日岩と瑞牆山の鋸岩。
DSC_8812_20160602215404127.jpg

本日の軌跡を改めて振り返る。
DSC_8813_20160602215406699.jpg

いよいよゴールも近い。
DSC_8815_201606022154071bf.jpg

その証拠に、だいぶ斜度もゆるんできた。
DSC_8816_20160602215340bbb.jpg

波頭のとんがりもいささか鈍い。
DSC_8819_20160602215341d3f.jpg

今日は五丈石に登っている人はいないようだ。
DSC_8820_201606022153430c4.jpg

荒川の広大な谷。
DSC_8821_20160602215344a83.jpg

ふう、あともうちょっと。
DSC_8822.jpg
DSC_8823_20160602215316760.jpg

おお、これは立派な残雪。
DSC_8824_201606022153176b4.jpg

思わず上を歩いてしまった。
DSC_8826_20160602215320c0f.jpg

下りてくる人も増え始めた。
DSC_8825_20160602215319244.jpg

何度も後ろを振り返りながら、頂上を目指す。
DSC_8828_20160602215322b6f.jpg
DSC_8829_20160602215252455.jpg

直下の五丈石。角度によって、本当に見え方が違う。
DSC_8830_20160602215254fdb.jpg

12:50、登山口から5時間以上かかって五丈石に到着。
DSC_8831_201606022152556df.jpg
コースタイムを1時間もオーバーした。
鷹見岩に寄り道したことは差し引いても、30分遅い。ちょっと写真を撮り過ぎたかな。

岩陰には氷が残っていた。
DSC_8832_20160602215256c7c.jpg

今回は五丈石には登らない。どうせ中段までしか行けないから。
DSC_8833_201606022152582e2.jpg

振り返ると、あれが頂上。
DSC_8834_20160602215228929.jpg

とりあえず、頂上はお預けにして、五丈石の南側に回り込む。
DSC_8835_20160602215229d34.jpg

すると、東に国師ヶ岳方面の眺望が広がる。
DSC_8836_20160602215231268.jpg

国師ヶ岳(左、2592m)と奥秩父の最高峰、北奥千丈岳(右、2601m)。
DSC_8838_20160602215234d28.jpg

朝日岳(2579m)。
DSC_8842_20160602215207f75.jpg

鉄山(2531m)。
DSC_8843_20160602215209f67.jpg

それらの左に、甲武信岳(中央、2475m)。左は三宝山(2483m)、右は木賊山(2469m)。
DSC_8837_20160602215233bde.jpg

右には、大菩薩嶺(左、2057m)と小金沢連嶺。
DSC_8839_20160602215204820.jpg

南には当然、富士山。
DSC_8840_201606022152059e1.jpg

東から見た五丈石のフォルム。
DSC_8844_20160602215210967.jpg

南に延びる八幡尾根。
DSC_8845_20160602215140f06.jpg

水晶峠方面の登山道が走る尾根には奇岩がそそり立つ。以前、あれを越えてきたのだ。
DSC_8846_20160602215141bd3.jpg

川上牧丘林道と乙女湖。遠く塩ノ山(553m)も見える。
DSC_8847_201606022151432db.jpg

金峰山からの富士山は大好きな眺めである。
DSC_8848_20160602215144817.jpg

茅ヶ岳(1704m)と南アルプス。
DSC_8849_2016060221514533c.jpg

五丈石の南側には石灯籠が立っている。
DSC_8850_201606022151131d8.jpg
DSC_8852_20160602215116750.jpg

その前には石垣も組まれている。古い信仰の跡だ。
DSC_8851_201606022151153fc.jpg

石祠に無事登頂を感謝。
DSC_8853_20160602215118b19.jpg
DSC_8855_20160602215044d72.jpg

賽銭をのせる石を奉納したのは北巨摩郡穂阪村の方々のようだ。
DSC_8856_20160602215046e90.jpg

南から見上げる五丈石。
DSC_8854_2016060221511965b.jpg

五丈石の岩陰には、かつて蔵王権現を祀っていた痕跡が残っていた。
DSC_8857_20160602215048513.jpg

どれ、そろそろ私も本格的にお昼にしよう。
DSC_8858_20160602215049b91.jpg

五丈石の北側に戻るとにぎやかなので、富士山が見えるここ南側で腰を下ろす。
DSC_8872_201606022150030b3.jpg

さっき、稲荷寿司は食べてしまったので、残るは焼き鶏の缶詰とおにぎり1個。
DSC_8860_201606022150517cb.jpg

食べながら、南アルプスもじっくりと堪能した。
仙丈ヶ岳(3033m)。
DSC_8863_20160602215020b67.jpg

甲斐駒ヶ岳(2967m)と鋸岳(2685m)。
DSC_8864_20160602215021761.jpg

間ノ岳(3190m)と北岳(3193m)。
DSC_8865_201606022150233cc.jpg

農鳥岳(右、3026m)と塩見岳(中央、3047m)。
DSC_8866_201606022150242c7.jpg

荒川三山(右、3141m)と赤石岳(左、3120m)。
DSC_8867_20160602215026c53.jpg
今日は天気に恵まれて、実にうれしい。

(つづく)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (124)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR