山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

七面山(4)

【2016年4月23日(土)】七面山
身延山(1153m)から下ってきて、赤沢宿を散策中。
「親屋」の敷地に間違って侵入してしまい、再び石畳の道に戻った。
DSC_6169_20160430195013a75.jpg

目の前に大きな土蔵。
DSC_6170_201604301950141f0.jpg

今は「宿の駅」として休憩所になっている清水屋だ。
DSC_6160_20160430195011ddb.jpg

ソフトクリームやジュースもあるみたいだが、とりあえず我慢。
DSC_6171_201604301950153d5.jpg

眺めのよい場所だ。江戸屋(右)と石屋(左)を望む。
DSC_6172_20160430195017104.jpg

大阪屋の屋根。
DSC_6173_201604301949467ec.jpg
かつては養蚕も盛んだったようだ。

清水屋で「よかったら、展示も見ていってください」と声をかけられたが、時間も気になっているし、「登山靴なので~」と言い訳して退散した。
DSC_6175_20160430194947b45.jpg

下にある大阪屋もかなり大きな宿だった。
DSC_6176_20160430194949f97.jpg

軒先に下がる屋号札が決まっている。
DSC_6177_201604301949500ba.jpg

門構えも立派。
DSC_6178_20160430194952ab9.jpg
DSC_6180_2016043019492583a.jpg

講中札が往年を偲ばせた。
DSC_6179_201604301949231cd.jpg

その下は福田屋。
DSC_6181_201604301949262e6.jpg

ここにも牧水の歌碑。集落内に3つあるそうだ。
DSC_6182_20160430194928466.jpg
「花ちさき山あぢさゐの濃き藍のいろぞ澄みたり木の陰に咲きて」

その下は鶴屋。
DSC_6183_2016043019492931d.jpg
DSC_6184_201604301949029bb.jpg

集落の最も低い場所にある「下久保」。
DSC_6186_20160430194904666.jpg

これにて、赤沢宿散策は終了。
DSC_6187_201604301949054fe.jpg
細かく写真を撮ったので30分以上費やしてしまった。
特別に古い家屋はなかったが、変に復元したりせず、自然体の集落だったので印象はよかった。

さあ、登山口へ急ごう。
DSC_6188_2016043019490701e.jpg

右手を流れる春木川はいかにも暴れ川といった風情。
DSC_6189_2016043019490819a.jpg
DSC_6193_20160430194842fd9.jpg
河川敷が広い。しかも急流だ。

七面山(1989m)の斜面にも堅固な砂防ダムが築かれていた。
DSC_6195_20160430194843698.jpg

山肌は新緑とヤマザクラ。緑の濃い杉もあり、モザイク模様が絶妙だ。
DSC_6196_20160430194845a06.jpg
DSC_6197_20160430194813d64.jpg
DSC_6199_20160430194815dc5.jpg

支流を白糸橋で渡る。
DSC_6192_20160430194841337.jpg
DSC_6190_20160430194839eb3.jpg

左手には、岩肌をなめる滝。こんな立派なのに無名だ。
DSC_6198_20160430194814f63.jpg

コンクリートを吹き付けた法面に、しぶとく咲くお花。
DSC_6200_20160430194816143.jpg

湧き水には水神様が祀られていた。
DSC_6202_201604301947503fc.jpg
DSC_6201_20160430194818e5b.jpg
一口手ですくって飲んでみた。それほど冷たくなかった。

それにしても、結構な勾配の坂だ。汗が出てくる。
春木川があんなに急なんだから仕方あるまい。
私の好きな廃屋を通過。
DSC_6204.jpg

左手は滝や涸れ沢が続く。
DSC_6205_201604301947531c3.jpg
DSC_6206_20160430194754cfb.jpg

七面山表参道登山口に渡る直前に増田屋旅館。
DSC_6207_20160430194756b80.jpg
DSC_6209_20160430194726b36.jpg

お堂が併設されているところをみると、かつては宿坊だったのかもしれない。
DSC_6208_20160430194725a09.jpg

しかし、この犬には随分と吠えられてしまった。
DSC_6211_20160430194728d2b.jpg

羽衣橋を渡る前に白糸の滝を見なくては。
DSC_6212_2016043019472906c.jpg

ここからいきなり、信仰の山らしい雰囲気になる。
DSC_6213_20160430194731c3c.jpg

七面山はもともと女人禁制だったが、徳川家康の側室だったお萬の方が、この白糸の滝に打たれて祈念し、衆僧の制止を振り切って登詣を果たした。
それ以来、女人禁制は解かれ、七面大明神の威光や霊験がますます広く知られるようになって参詣者も増えたので、その法勲を讃えるため、この銅像が建立されたのだとか。
DSC_6214_20160430194658a56.jpg

この石碑にはその由来が記録されている。
DSC_6216_20160430194701a04.jpg

白糸の滝は見て、びっくり。
DSC_6215_2016043019465992e.jpg

こんなに高い滝だとは思わなかった。
DSC_6219_20160430194704da1.jpg
DSC_6218_2016043019470229e.jpg

かたわらに脱衣所があったが、これは滝に打たれる白装束に着替えるための施設だろう。
DSC_6223_20160430194635313.jpg
写真を撮るのを忘れてしまった。

さらに奥に行くと、雄滝という名所があるようだ。
DSC_6222_20160430194634992.jpg
現在、12時前。「徒歩3分」とあるが、撮影時間も含めれば往復10分はかかるだろう。
なるべく早く登り始めたいのだが、もうめったに来ることはあるまいと思い、行ってみることにした。これが大正解だった。

羽衣橋越しに羽衣集落を望む。
DSC_6224_20160430194637ac8.jpg

道はこんな状態なので歩きやすい。
DSC_6228_20160430194640187.jpg

伽藍坊童子塔。このあたりに伽藍坊という宿坊がかつてはあったのだろうか。
DSC_6227_201604301946395d8.jpg

荒々しい渓相の春木川。
DSC_6229_20160430194608f0c.jpg

雄滝の前にたつ願満弁天堂に参拝する。
DSC_6231_20160430194609ea2.jpg

そして雄滝。お~
DSC_6232_2016043019461114e.jpg

白糸の滝より高さは低いが、勢いを感じる。
DSC_6237_20160430194539a85.jpg

ここでも滝行ができるようだ。
DSC_6233_201604301946124e6.jpg
DSC_6234_2016043019461402c.jpg

滝の脇にたたずむ石祠。
DSC_6236_20160430194538875.jpg

満足して、足早に羽衣橋へ戻る。
DSC_6238_20160430194541761.jpg
DSC_6239_201604301945420dd.jpg

すでに10分経ってしまった。
DSC_6240_201604301945457bd.jpg

羽衣橋から見た羽衣集落の宿坊群。
DSC_6245_20160430194510dfd.jpg

春木川の激流。
DSC_6246_201604301945129d7.jpg

弁天堂を望む。
DSC_6247_20160430194513990.jpg

ここからもかすかに白峰三山らしき稜線を確認することができた。
DSC_6249_20160430194514d58.jpg

12:10、ようやく登山口に着いた。
DSC_6250_201604301945160bf.jpg

ここが登山道の「元(0)丁目」である。
DSC_6251_20160430194444318.jpg

さて出発!と行きたいところだが
DSC_6252_2016043019444650b.jpg

右下に宿坊群が見えるのが気になる。
DSC_6255_20160430194449285.jpg

結局スタートがさらに遅れるが寄り道することにした。
DSC_6254_20160430194448b88.jpg

奥には春木屋旅館も見える。
DSC_6256_20160430194450409.jpg

そこまでは行かずに、明浄院のお堂を確認。
DSC_6257_201604301944149bc.jpg

白糸教会なる信仰宗教の道場になっているようだ。
DSC_6258_20160430194416de9.jpg

ここはまだ営業しているのだろうか。
DSC_6259_20160430194417ea2.jpg

こんな貼り紙のある車を発見。
DSC_6260_20160430194419b28.jpg
実は敬慎院に予約を入れた時、「現在ケーブルの調子が悪くて、荷物を運べないのですが大丈夫ですか」と折り返し電話があったのだった。
そんなシステムがあるとはしらなかったので、「はい全然構いません」と答えたのだが、普段なら頼めばザックを荷揚げしてくれるらしい。
サービスしすぎではないかとも思ったが、実際に登ってみて分かった。
とくに登山経験のない参拝者にとって、ここの1200mの標高差は相当にきついだろう。

羽衣集落をぐるりと一回り。
「妙法教会」の看板。たぶん、日蓮宗系の新興宗教なのだろう。
DSC_6262_20160430194420534.jpg
あとで敬慎院の同宿者に聞いたのだが、ここは新興宗教の参拝者が異常に多いのだという。

ちょっとたれ目の石仏。
DSC_6263_2016043019434566c.jpg

明浄院はいくつも宿泊棟を持っていた。
DSC_6265_2016043019434685e.jpg

こちらは参拝用のお堂。
DSC_6267_201604301943481c2.jpg
DSC_6268_20160430194349042.jpg

石段を登って、登山口に戻る。
DSC_6269_20160430194351d32.jpg
DSC_6272_20160430194322f64.jpg

石塔群はかなり荒れたままだった。
DSC_6270_201604301943197f0.jpg
DSC_6271_20160430194320072.jpg

もうお世話をする人もあまりいないのだろうか。
DSC_6273_2016043019432452d.jpg
DSC_6274_20160430194325ca5.jpg

登山口に戻ると、こんな看板があったことに気づいた。
DSC_6275_20160430194258211.jpg
なるほど1個につき、500円徴収するわけだ。それでも安いと思う人は多いだろう。

1周するのに10分かかってしまったが、お腹が空いた。
ベンチがあったので、ここでお昼を食べてしまうことにする。
でも、満腹で歩くとお腹が痛くなりそうなので、おにぎり1個とゆで卵1個に抑えておいた。
DSC_6278.jpg

(つづく)




スポンサーサイト
このページのトップへ

七面山(3)

【2016年4月23日(土)】七面山
身延山(1153m)から七面山(1989m)の登山口に向かっている。
十萬部寺を過ぎると、北の展望が開けた。
DSC_6056_20160428213247b24.jpg
残雪の南アルプスがわずかだが見えてうれしかった。

1000mに満たない低山は新緑真っ盛り。
DSC_6057_20160428213249a8a.jpg

眼下に見えるのは、おそらく早川の北岸にある千須和の集落。
DSC_6058_20160428213250973.jpg

右前方には948mピークを望む。
DSC_6059_20160428213252453.jpg

七面山の北の稜線。頂上付近は依然として雲の中だ。
DSC_6060.jpg

新緑を愛でつつ、しばし下ると
DSC_6061_20160428213225410.jpg

廃寺が現れた。
DSC_6062_20160428213227a15.jpg

地形図には載っているが、観光マップには掲載されていない寺だ。
DSC_6063_20160428213228fd7.jpg

石塔も崩れかけている。
DSC_6064_20160428213230b67.jpg

お、何か貼り紙がしてあるぞ。
DSC_6065_20160428213231830.jpg

お堂の裏の崖崩れのため、本尊の妙正大明神は妙福寺に移してあるとのこと。
DSC_6066_2016042821320448e.jpg
妙福寺はこれから行く赤沢宿にある。

中を覗いてみると、確かに仏壇?は空っぽになっていた。
DSC_6067_20160428213205fcd.jpg

この寺の名称を知りたかったのだが、どこにも書いていなかった。
DSC_6068_20160428213207c9a.jpg

スイセンはけなげに花を咲かせていたが
DSC_6070_20160428213208bac.jpg

建物は荒れる一方のようだった。
DSC_6071_2016042821321072a.jpg

ここからは急な下りとなる。
間もなく、さっきの貼り紙にも書かれていた崩落箇所に差し掛かった。
DSC_6072_20160428213141215.jpg

道を完全に付け替えるべく大がかりな工事が行われている。
DSC_6073_2016042821314386b.jpg
待てよ。となると、十萬部寺にあった車はどこから登ったのだろうか。
追分から、あの落石を乗り越えて行ったのか。
ちょっと不思議だった。

それにしても激しい土砂崩れだ。
DSC_6075_2016042821314617c.jpg

稜線はあんなになだらかなのに。
DSC_6074_201604282131440e5.jpg

シダレザクラを通過して、林道の入口まで下りてきた。
DSC_6077_201604282131487b1.jpg
DSC_6078_2016042821312042c.jpg

ぽつんと1本、ヤマブキ。
DSC_6080_20160428213121c16.jpg

淡い緑が本当に美しい。
DSC_6081.jpg

七面山の山肌がやっと見えてきた。
DSC_6083_20160428213124cef.jpg

そして赤沢宿の家並み。
DSC_6085_201604282131266e1.jpg

宿場町へは林道から離れて、整備された石畳の道を下る。
DSC_6086_20160428213013aa1.jpg

入口には、若山牧水の歌碑。
DSC_6087_20160428213014103.jpg
「雨をもよほす雲より落つる青き日ざし山にさしゐて水恋鳥の声」
水恋鳥とはアカショウビンのことらしい。

ここを左に折れる。
DSC_6088_20160428213016141.jpg

ゴツゴツしていない石畳でよかった。
DSC_6089_20160428213017d0f.jpg

七面山頂上部。なかなか姿を現さない。
DSC_6091_20160428213019a2e.jpg

かつての食堂、芳野屋。
DSC_6092_20160428212949847.jpg
DSC_6094_201604282129518bb.jpg

「名物 手打生そば 御中食」などと書かれた看板が下がっている。
DSC_6093_20160428212950e1e.jpg

向かいに、古びた枡がコケ生していた。
DSC_6095_20160428212953989.jpg

ずっと下り坂。
DSC_6098.jpg

赤沢宿は傾斜地に展開している。
DSC_6099_20160428212846048.jpg
DSC_6102_20160428212847ad9.jpg

身延山と七面山を結ぶ身延往還にあり、かつては参詣者が多く行き交ったのだろう。
DSC_6103_20160428212849e64.jpg

斜面ではお茶が栽培されていた。
DSC_6104_201604282128502f3.jpg

私は街道と山村が好物なのだが、この集落はその両方を兼ね備えている。
DSC_6105_2016042821285239a.jpg

心躍らないわけがない。
DSC_6106_20160428212810c86.jpg

これは普通の住宅のように見えるが、旅館えびすやである。
DSC_6107_20160428212812708.jpg

若山牧水が泊まった宿だそうだ。
DSC_6109_201604282128152b7.jpg

講中札。常連の講や客の名前だろうか。
DSC_6108_20160428212813450.jpg

今はもう営業していないようだ。
DSC_6110_20160428212816d26.jpg
DSC_6112_20160428212736daf.jpg

向かいは、屋号「南(亀屋)」。
DSC_6111_2016042821273578d.jpg

その下に玉屋。
DSC_6117_20160428212741dd2.jpg

玉屋の向かいに小さな池がある。
DSC_6114_2016042821273884f.jpg

6月にはモリアオガエルが鳴き声を響かせるらしい。
DSC_6115.jpg
ミズバショウはもう終わっていた。

さらに下がって中野屋。
DSC_6118_20160428212704ff8.jpg

そして柳屋。
DSC_6119_20160428212705c06.jpg
DSC_6120_201604282127070dd.jpg

このお宅の屋号は「川戸」。
DSC_6125_201604282126146bd.jpg

この石畳の整備が評価され、平成元年に当時の建設省から手づくり郷土賞を受賞、「いこいとふれあいの道30選」に選ばれている。
DSC_6121.jpg

古くからの集落だけに、こうした石碑も少なくない。
DSC_6122_20160428212709cd9.jpg
DSC_6123_20160428212611d38.jpg
DSC_6128_20160428212539a48.jpg

集落の上部にある妙福寺。
DSC_6132_20160428212544217.jpg
DSC_6131_20160428212542d4d.jpg

山号は長徳山。
DSC_6133_20160428212545c47.jpg

屋根の向こうは七面山。
DSC_6124_20160428212613f2e.jpg

市町村単位のマンホールではなく、この集落独自のもの。めずらしい。
DSC_6126_20160428212615d63.jpg

妙福寺の向かいは両国屋。
DSC_6127_20160428212617af6.jpg
DSC_6134_20160428212436e02.jpg

その下に大黒屋。
DSC_6130.jpg
DSC_6135_2016042821243786f.jpg

屋号の通り、大黒様が祀られている。
DSC_6136_201604282124397b6.jpg

さらに下って、喜久屋は赤沢宿歴史文化公園の休憩処になっている。
DSC_6137_20160428212440641.jpg
DSC_6139_201604282124110e5.jpg

赤沢宿が重要伝統的建造物群保存地区に指定されたのは平成5年のことらしい。
DSC_6138_20160428212442af1.jpg

この辺の大きな家は、かつては講中宿だったのだろう。萬屋。
DSC_6140_20160428212413cb0.jpg

改めて振り返るとかなりの急坂だ。
DSC_6142_201604282124149c8.jpg

升屋の玄関先に張り出されたお札。
DSC_6143_20160428212416e4f.jpg

その向かいは美好屋。
DSC_6144_20160428212417651.jpg

きれいなお庭だこと。
DSC_6145_201604282123356a8.jpg

なんだかフラワーアレンジメントみたいだ。
DSC_6146_20160428212336a85.jpg

どんどん下る。
DSC_6147_20160428212338013.jpg

木工房淳司。
DSC_6148_201604282123394a5.jpg
屋号を確認するのを忘れたが、吉田屋だろうか。

さらに勾配がきつくなり、階段まで出てきた。
DSC_6149.jpg

桃の花が目にまぶしい。
DSC_6151_20160428212310408.jpg

枡田屋さんは「市下」とも呼ばれる。
DSC_6152_20160428212311ccc.jpg

あとは残り3分の1。
DSC_6153_201604282123131b5.jpg

右手に、そば処武蔵屋。
DSC_6157_201604282123161d4.jpg
DSC_6155_20160428212314dcf.jpg

赤沢宿で唯一営業している江戸屋旅館。
DSC_6158_20160428212244010.jpg

ちょっと石畳から離れて、江戸屋に向かう。
DSC_6159_201604282122464b2.jpg

この細い建物は「石屋」。
DSC_6161_201604282122476fa.jpg

手前は新屋、左奥が清水屋、右奥が大阪屋。
DSC_6162_20160428212249370.jpg

江戸屋旅館はこの集落では一番大きな家ではないか。
DSC_6163_201604282122509c9.jpg
DSC_6164_20160428212203c1c.jpg

左奥の大阪屋の右の赤い屋根は「上久保」。
DSC_6166_2016042821220512f.jpg

「親屋」はパンフレットにある「新屋」のことだろう。
DSC_6167_20160428212207ce0.jpg

お庭もきれいだった。
DSC_6168_20160428212209770.jpg

(つづく)
このページのトップへ

七面山(2)

【2016年4月23日(土)】七面山
身延山ロープウェイに乗車中。
このロープウェイは昭和38年に開業したので、もう半世紀以上経っている。
距離は1665m。標高差763mを7分で駆け上る。
眼下に門前町が見えてきた。
DSC_5944_20160428071311b15.jpg

このあたりが中間地点。下りのロープウェイとすれ違った。
DSC_5946_20160428071313fb0.jpg
南には、思親山(1031m)方面の山並みを望む。

東には毛無山(1964m)。その向こうに富士山が見えるはずなのだが。
DSC_5947_20160428071314f1a.jpg

う~ん、山頂付近がかすかに見えるか。
DSC_5949_20160428071317002.jpg

再び門前町。
DSC_5948_201604280713168f9.jpg

これは富士川と身延川の合流地点。
DSC_5950_20160428071250fb3.jpg
身延橋の右にJR身延駅が見える。

到着直前、富士山が一瞬見えたので、ガイドさんに合図をしたら、「たった今富士山が姿を現しました」とアナウンスしてくれた。
DSC_5951_20160428071251cb3.jpg

7分で、山頂の奥之院駅に到着。
DSC_5953_20160428071253164.jpg
DSC_5959_201604280712326ae.jpg

ツツジが美しい。
DSC_5955_20160428071256d19.jpg

駅のすぐ横に展望台があるので、そこからの眺望を確認する。
蛇行する富士川と天子山地。
DSC_5954.jpg

富士山がほんとにかろうじて見えた。
DSC_5957_20160428071230510.jpg

ここは山頂ではないが、行けない人のためなのか、ここに山名板があった。
DSC_5956_20160428071229262.jpg

さて、9:10を過ぎた。いよいよ出発する。
DSC_5962_201604280712332ea.jpg
当初の予定では9時出発のつもりだったから、10分程度の遅れで済んだ。

正面に見える奥之院は前回お参りしたのでパス。
DSC_5963_201604280712352ee.jpg

山頂には寄らずに七面山へのハイキングコースを進む。下りからのスタートだ。
DSC_5965_201604280712018a5.jpg

なんと車の通れる道だった。これはびっくり。
DSC_5966_2016042807120224d.jpg

歩き出してすぐに七面山の展望台があった。
DSC_5968_20160428071206c6b.jpg

しかし、残念ながら雲に隠れて何も見えなかった。
DSC_5969_20160428071208ad2.jpg

その代わり右に覗いていたのは笊ヶ岳(2629m)だろうか。
DSC_5967_20160428071204668.jpg

わりと古い指導標が残っていた。
DSC_5970_201604280711375cf.jpg

標高1000mを超えているので、4月下旬になってもヤマザクラが満開。
DSC_5971_20160428071138cb0.jpg

すぐにまた七面山拝礼所が出てきたが、もちろん何も見えない。
DSC_5972_20160428071140b9c.jpg

ただ、これから歩いて行く稜線だけは確認することができた。
DSC_5977_20160428071141030.jpg

道はしっかり車道である。
DSC_5979_2016042807114320c.jpg

舗装してある部分すらある。
DSC_5981_201604280711098ad.jpg

実際に車が通りすぎて行った。
DSC_5990_20160428071044b61.jpg

斜面にはコバイケイソウが緑の葉っぱを広げている。春の風景だ。
DSC_5982_20160428071111543.jpg

右手に大きな「南無妙法蓮華経」の石碑。
DSC_5986_201604280711164ed.jpg

付近には「妙法」と刻んだ小さな石碑もいくつか並んでいた。
DSC_5984_201604280711121cb.jpg
DSC_5985_20160428071114125.jpg

ここは展望所のようで、ベンチがあったが、どうせ七面山は見えないので通過する。
DSC_5988_201604280710434e3.jpg

柵で囲われた石があるが、これは何なのだろうか。
DSC_5991_201604280710462bc.jpg
七面山を開いた日朗上人が座ったという「朗師腰掛石」だろうか。

隣にある石碑も真っ白に地衣類が覆っていて、碑面は読めなかった。
DSC_5992_20160428071047bcb.jpg

近くには妙法坂十一丁目の丁目石が傾いていた。
DSC_5993_20160428071049e17.jpg
これも説明がないので、よく分からない。
奥之院までの丁目石と思われるが、頂上近くなのに数字が少なすぎる。

木々を透かして右手に見えるのは、おそらく夏秋(なつあき)の集落。
DSC_5995_20160428071020665.jpg
同じ地名が北杜市にもある。地名の由来はよく分からない。

その奥になだらかな稜線を見せているのは櫛形山(2052m)だろうか。
DSC_5997_20160428071022509.jpg
ちょっと近すぎる気もするが。

しばらく石垣に沿って歩くと
DSC_5998_201604280710238bf.jpg

桜並木が現れた。
DSC_6002_201604280709540fb.jpg
DSC_6001_20160428071025044.jpg
DSC_5994_20160428071019d2c.jpg
心が洗われる。

このすぐ先に石塔群。
DSC_6003_20160428070956ee3.jpg

追分の感井坊に到着した。
DSC_6004_20160428070957c09.jpg
DSC_6014_20160428070908678.jpg

二王門より四十三丁五十間とある。
DSC_6005_20160428070959cf8.jpg
この車道も昔からあるれっきとした奥之院への参道なのだ。
ここを左に折れると、妙石坊を経て日蓮大聖人御廟所、久遠寺三門に至る。

七面山への登山口まではあと2時間半も歩かねばならないようだ。
DSC_6006_20160428071000148.jpg

現在9:40なので、ちょうどお昼になってしまう。
5時までに敬慎院に着けないようなら、電話をしないといかんなあ。
DSC_6009_20160428070931499.jpg
DSC_6010_20160428070932b16.jpg
予約の電話を入れた時、「何時頃どこから登りますか」と聞かれ、ちょっとサバを読んで「表参道を11時くらいから」と答えていたのだ。
「ふもとから4~5時間かかりますからね~お気をつけていらして下さい」と言われたので、遅くなると心配するかもしれない。

身延山方面を振り返る。新緑の季節は本当に気持ちがいい。
DSC_6008_201604280709300fe.jpg

ここにはかつて何かが建っていたのだろうか。それとも単なる井戸の屋根か。
DSC_6011_20160428070933e93.jpg

感井坊は身延山13世日脱上人の代に創立されたと伝わる。
DSC_6012_20160428070935866.jpg

追分帝釈天が祀られている。
DSC_6013_20160428070907057.jpg

とても静かで雰囲気のいい所だ。
DSC_6016_20160428070910d7b.jpg

軽自動車が1台。坊の人が通勤してきて、清掃をしていた。
DSC_6018_20160428070913642.jpg
DSC_6017_2016042807091151d.jpg

まだ30分ほどしか歩いていないので休まずに進む。
DSC_6019_20160428070843a96.jpg
DSC_6020_20160428070845c4e.jpg

ここからは若干登り基調。
DSC_6025_20160428070818ea0.jpg

新緑が実に鮮やかだ。
DSC_6021_20160428070846240.jpg
DSC_6024_201604280708494e8.jpg

法面に吹き付けたコンクリートがすでに剥がれているのが気になる。
DSC_6022_20160428070848b10.jpg

やはり、あちこちで土砂崩れが発生しているようだ。
DSC_6026_20160428070819ac4.jpg
でも、これならまだ車も通行可能だ。

左手は滑め滝のような谷になっている。
DSC_6027_20160428070821a6b.jpg

桜の木の下を歩き
DSC_6028_20160428070822e91.jpg

小さな尾根を越えるところに石碑があった。
DSC_6030_201604280707504dd.jpg
DSC_6029_20160428070824c41.jpg

遠くに見えるのは蛾ヶ岳(1279m)だろうか。
DSC_6031_2016042807075256f.jpg

背後には身延山。
DSC_6032_201604280707535f8.jpg
DSC_6033_20160428070755266.jpg

ここにも落石。こうなるとさすがに車は無理だ。
DSC_6034_20160428070757c2a.jpg

案の定、すぐ先に「通行止め」の標識が出ていた。
DSC_6035_20160428070722565.jpg

まもなく十萬部寺に到着。
DSC_6037_20160428070724ed5.jpg
DSC_6038_20160428070725545.jpg

日蓮六老僧のひとり日朗上人の開山で、永仁五年(1297年)の開創と伝わる。
DSC_6039_201604280707279c2.jpg
DSC_6041_2016042807072856b.jpg

立派な門をくぐる。
DSC_6043_20160428070657d0f.jpg

門には、神仏習合の名残か、妙法両大善神が祀られていた。
DSC_6044_20160428070659db2.jpg

こちらは小さな新しい本堂。
DSC_6045_20160428070700e38.jpg

境内ではシデコブシが満開だった。
DSC_6046_201604280729227c3.jpg

小腹が空いたので、朝の残りのパンを歩きながら食べる。
DSC_6047_20160428070703357.jpg
ハンバーグのランチパックだったが、これはなかなかのヒット。おいしかった。

しばらく歩くと、岩が露出した法面にスミレがけなげに咲き乱れている。
DSC_6049_20160428070635dcb.jpg
DSC_6052_201604280706399d9.jpg
DSC_6050_20160428070636bf9.jpg

このあたりも落石が多い。
DSC_6051_20160428070638259.jpg

細長く平らに延びた尾根を越える。
DSC_6053_20160428070641663.jpg

すると残雪をまとった南アルプスが目に飛び込んできた。
DSC_6054_20160428070612e86.jpg
白峰三山だろうか。

こちらは富士見山(1640m)かな。
DSC_6055_2016042807061451f.jpg

(つづく)

このページのトップへ

七面山(1)

【2016年4月22日(金)】七面山
七面山(1989m)は日本二百名山の一つである。
登るとしたら、安倍奥の八紘嶺からの(までの)縦走になるだろうなあと思っていたので、八紘嶺に登ったことのある私としては、あまり優先順位が高くなかった。
しかし、田中陽希の「グレートトラバース2」を見て、かなり興味をそそられた。
どうすれば効率よく回れるか真剣に考え始めた。
表参道を登って裏参道から下れば、周回コースが取れるのだが、1日の行程としては長すぎるし、山頂直下の敬慎院で1泊すると、今度は1日の行程が短くなりすぎてしまい、もったいない。
じっくり「山と高原地図」を眺めて思いついたのが、初日を身延山からスタートすることだった。
身延山と七面山は信仰の山としてはセットである。
身延山もふもとから登って七面山に向かうのはさすがにきついが、ロープウエーで登ってしまえば、時間も労力も節約できる。
というわけで、身延山の山頂から七面山の表参道登山口まで下り、そこから敬慎院まで登って宿泊。翌日は山頂を往復して裏参道を下るというプランにした。
2日目の行程がやや短いが、これは止むを得まい。
初日、下りの途中に赤沢宿という重要伝統的建造物保存地区もある。
変化に富んだ山旅が楽しめそうだ。

始発のロープウェイの乗るため、甲府に前泊することにした。
金曜日の仕事を午後6時に切り上げ、コインロッカーに預けてあったザックを回収して、東京駅から中央線に乗車。
新宿で19:00発のあずさ31号松本行きに乗り換える。
DSC_2019_20160427070336f0b.jpg
発車の20分近く前に着いたので、前に並んでいたのは6、7人ほど。
余裕で自由席に座れた。

座席を確保してから、ホームの売店で缶ビールとつまみを購入し、すぐに飲み始める。
DSC_2020_2016042707033854d.jpg
駅弁を買いたかったが、ホームには売っていなかった。残念。
でも、夕方お腹が空いて、会社でパンを食べたばかりだから、ちょうどよかった。
発車が近づくにつれ、どんどんお客さんが乗り込んできて、とうとう満席に。
特急券が510円だからか、立川とか八王子への通勤に使う方が多いようだった。
それにしても、夜汽車はいい。
仕事を終えた解放感、山に向かう高揚感・・・
暗くて車窓を真剣に見なくていいから、寝てしまってもいい。
甲府までたった1時間半なんて足りないくらい。
松本まで行ってしまいたいくらいだ。
とにかく、東京の夜景をぼーっと眺めながら、のんびりとくつろいだ。

甲府には定刻より5分近く遅れて、8:40に到着。
DSC_2021_20160427070339a71.jpg

北口に出て、コンビニで明日の朝食と昼食、2日目の昼食用のカップ麺を調達する。
DSC_2022_20160427070341192.jpg

今夜の宿は甲斐駒に泊まった時にも利用した駅前のホテルニューステーション。
DSC_2023_20160427070342761.jpg
1泊5000円のところ、じゃらんポイントを利用して、4400円。

パッキングをし直して、お風呂に入り、10時半には就寝した。
DSC_2025.jpg

【2016年4月23日(土)】七面山
本日乗る電車は6:44発なので、6時に目覚ましをかけておいたが、5時半過ぎには目が覚めてしまった。
カーテンを開けると、天気は晴れ。雲がやや多く、南の山並みは雲の中だが、まずまずだ。
DSC_5881_20160427070300ae8.jpg

甲府城址の上に富士山もしっかり見えた。
DSC_2026_20160427070316dd7.jpg
お腹が空いたので、パンを1個だけ食べる。
6:20にはチェックアウトして、甲府駅へ。

身延線の電車はすでに入線していた。
DSC_2028_20160427070318fe8.jpg
ガラガラだったのでボックス席を独占できた。
身延線に乗るのは、ほぼ3年ぶり。前回もちょうど今頃だった。
乗客は乗ったり下りたりで出入りが激しい。地域の足として定着しているようだ。

身延駅に近づくと、車窓から身延山(1153m)を望むことができた。
DSC_2031_20160427070319177.jpg

たっぷり1時間以上乗って、身延駅には8:01に到着。
DSC_2033_201604270703214ee.jpg

身延山行きのバスは8:10発なので、それまで駅前をうろちょろ。
DSC_2035_20160427070254265.jpg

バスは山交タウンコーチだった。
DSC_2038_20160427070255559.jpg

定刻に発車。すぐに富士川を渡る。
DSC_2039_20160427070257824.jpg
DSC_2040_201604270702597ce.jpg

総門をくぐって、久遠寺の門前町にある身延山バス停が終点。
十数分で着いた。
DSC_5883_201604270702240d0.jpg
なんと、ここから新宿への直行バスも出ているようだ。

すぐ歩き出す。にぎやかな門前町を身延山に向かって北上する。
DSC_5884_20160427070225094.jpg

身延山ロープウェイの始発は8:40なのだが、あと17分。間に合うかどうか。
それを逃すと次は20分後の9時ちょうどとなる。
DSC_5885_20160427070227a1d.jpg

しかし、だからと言って、わき目も振らずに歩くことはできない。
DSC_5886_20160427070228cea.jpg
門前町というのは、私の好物なのだ。

数分で巨大な久遠寺の三門の前に着いた。
DSC_5887_20160427070230378.jpg

この向かいに観光協会があったので、ちょうど出勤してきたおばさんに聞いてみた。
「ロープウェイの駅まで、ここから歩いてどのくらいかかりますか?」
「そうねえ、15分か20分くらいかかるわね」
「そうですか。ありがとうございます」
それじゃ、とても無理だ。
出発が少し遅れるが、9時の便目指して、ゆっくり向かうことにする。
ちなみに、この三門は寛永十九年(1642年)に建てられた先代が慶応元年(1865年)に焼失し、明治40年(1907年)に再建されたもの。
関東三大門の一つだそうだ。

この先は沿道に宿坊が並ぶ。まずは恵善坊。
DSC_5891_201604270701590c4.jpg

その隣に、昭和の香り漂う清水屋商店。
DSC_5892_20160427070201e30.jpg

向かいには、田中智学先生法勲碑が立つ。
DSC_5893_20160427070203a5a.jpg
田中智学(1861~1939年)は日蓮主義運動を展開、日本国体学を提唱した宗教家。
「八紘一宇」を造語したことでも知られるので、軍国主義者のように思われているが、それは誤解で戦争批判や死刑廃止を訴えていたという。

定林坊。
DSC_5895_201604270702042a3.jpg

右手に清兮(せいけい)寺。
DSC_5897_201604270702055f6.jpg
DSC_5898_201604270701374cb.jpg

日蓮大聖人の御廟参拝は見送り。
DSC_5900_20160427070139bda.jpg

見上げると身延山の新緑が美しい。
DSC_5902_201604270701405ce.jpg

樋之沢川を三昧橋で渡る。かなりの登りだ。
DSC_5904_2016042707014220e.jpg

左手に智寂坊。
DSC_5905_20160427070143129.jpg
DSC_5906_201604270701149c5.jpg

続いて武井坊。
DSC_5907_201604270701156cf.jpg

さらに林蔵坊。
DSC_5908_20160427070117dee.jpg
DSC_5910_2016042707011860c.jpg

その上に樋沢坊。
DSC_5911_201604270701204fe.jpg
DSC_5914_20160427070052e7c.jpg

茅葺の門は明治元年(1868年)に修復されたもので、身延町の指定文化財になっている。
DSC_5912_2016042707005100f.jpg

身延山地の稜線。
DSC_5915_20160427070054b0d.jpg

清水坊。
DSC_5917_20160427070055313.jpg
DSC_5919_201604270700574f9.jpg

堅固なその石垣。
DSC_5916_20160427071225fc5.jpg

麓坊への入口。
DSC_5920_201604270659541d5.jpg

樹種を確認するのを忘れてしまった。
DSC_5921_2016042706595506f.jpg

最後に本行坊。
DSC_5923_20160427065958123.jpg
DSC_5922.jpg
DSC_5924_201604270700003ba.jpg

駐車場の奥に斜行エレベーターが見える。
DSC_5925_2016042706592921d.jpg
身延山は5年ぶりの再訪だが、あれには前回乗った。

8:45、バス停から20 分ほどで身延山ロープウェイの久遠寺駅に到着。
DSC_5927_201604270659301e0.jpg

これなら、急げば始発に間に合ったかもしれないが、ここまで十分楽しめたので悔いはない。
DSC_5930_20160427065932cbe.jpg
DSC_5932_20160427065933488.jpg

今回は久遠寺参拝は省略。
DSC_5934_20160427065905837.jpg
まずはチケット購入。下の観光協会で割引券をもらったのでそれを提示したら、片道では使用できないとのこと。
なんとそれは残念。定価の730円を支払う。

9時の便まで、お土産をちょっとひやかし。
DSC_5933_20160427065935740.jpg
おいしそうだが、荷物になるので買いはしない。

外に出て、あたりを撮影。
ロープウェイのルートを見上げる。
DSC_5936_201604270659079eb.jpg
まだ時間があるので、念入りにストレッチをしておいた。

9時に乗車。
DSC_5938_20160427065908b53.jpg
乗客は10人ほど。みな高齢者ばかりだ。

私は後ろ側に陣取り、撮影態勢。まずは宿坊街が見えてきた。
DSC_5939_201604270659102ae.jpg

そして久遠寺の五重塔。
DSC_5940_20160427065911fc3.jpg

右前方に大きく鷹取山(1036m)。
DSC_5941_201604270658452a0.jpg

斜行エレベーター。
DSC_5942_20160427065847d33.jpg

久遠寺の伽藍がだんだん見えてきた。
DSC_5943_20160427065847644.jpg

(つづく)
このページのトップへ

都心の山(5)

【2016年4月14日(木)】都心の山
芝給水所の銘板を見ると、ここは信濃小諸藩主牧野遠江守康済の屋敷跡地だという。
DSC_5558_201604260709055aa.jpg
あれれ、江戸切絵図には植村駿河守とあったのだが。
自分が見ている切絵図は嘉永三年(1850年)のものだから、その後廃藩置県(1874年)までの間に、牧野家の屋敷となったのだろうか。
ちなみに、植村家は大和高取藩主。駿河守を名乗ったのは9代家長と13代家保だけで、家保が藩主になったのは嘉永六年だから、こちらも微妙に食い違っている。
まあ、あまり深入りはしないでおこう。

この地に給水所ができたのは明治29年(1896年)。明治31年12月に淀橋浄水場からの水をここから給水した。
東京の近代水道の始まりとなった施設で、当時はレンガ造りだったという。
DSC_5559_20160426070907b1a.jpg

「芝給水池」の銘がある。
DSC_5565_20160426070911777.jpg

こちらは現在の芝給水所の門。
DSC_5560_2016042607090804e.jpg

中には当時の遺構がいくつか野外展示されている。
DSC_5563_20160426070910432.jpg
左が水道管で、右は馬蹄型通路の断面である。

給水所の向かいには、幸稲荷神社が鎮座する。応永元年(1394年)の創建と伝わる。
DSC_5566.jpg
勧請当時は、岸之村の地名をとって岸之稲荷と呼ばれていたが、氏子の願望がことごとく叶ったので、これ幸い哉と、寛永元年(1624年)に今の名称に改められたという。

瘡護神社も兼ねているらしい。
DSC_5567_20160426070840b74.jpg

両方の扁額が掲げられている。
DSC_5569_20160426070842013.jpg

境内に茅野天満宮と松野天満宮。いずれも聞いたことがない。
DSC_5570_20160426070843cba.jpg

御祠石の影向石。
DSC_5571_201604260708458bb.jpg
これに水を注いで祈願すれば、熱病や夜泣きがピタリと治まるという。

社務所は昭和レトロな建物だった。
DSC_5573_201604260708167a9.jpg

では、丸山に向かおう。
いくつかの寺院の横を通過していく。
DSC_5574_2016042607081841a.jpg
DSC_5577_2016042607082188b.jpg

後者は切絵図に「金地院」として登場する。
芝給水所

東京タワーは眺めるだけ。
DSC_5575_2016042607081939d.jpg

「日本電波塔株式会社」が管理していることを初めて知る。
DSC_5580_201604260707544b1.jpg

ハイボール好きです。
DSC_5579_20160426070822571.jpg

もう一度見上げる。
DSC_5581_20160426070755310.jpg

道路を渡って、芝公園に入る。
すぐに観音堂。
DSC_5584_20160426070757e7e.jpg

ここが、かつての観音山だ。
DSC_5585_2016042607075861b.jpg

手水鉢は「千住驛 坂田七兵衛」の奉納。
DSC_5586_2016042607080024f.jpg

芝公園も新緑がまぶしい。
DSC_5588_20160426070731082.jpg

秋は紅葉の名所になりそうだ。
DSC_5590_201604260707328b0.jpg

江戸開府400年、芝公園開園130年を記念し、日本専門新聞協会が設置した電波時計「複眼的報道の塔」。
DSC_5601_201604260707091ec.jpg

観音山からはもみじの滝が流れ落ちている。
DSC_5596_2016042607073436b.jpg

これは水をポンプアップしているのだろう。
DSC_5597_20160426070735476.jpg

ここにも気になる高まりがあるが、山の名前はなさそうだ。
DSC_5598_20160426070737da4.jpg
DSC_5600_20160426070707ce2.jpg

大きな石の橋を渡る。
DSC_5599_201604260707051ed.jpg

さらに信号を渡って、増上寺の裏から侵入する。
DSC_5602_201604260707103b8.jpg

増上寺が経営する明徳幼稚園。
DSC_5603_20160426070711e36.jpg

こんなのを写していると怪しい人だと思われそうだ。
DSC_5605_20160426070636e29.jpg
でも園児を撮りたいのではなく、増上寺の「最高地点」を探しているだけだ。

どうやら最高地点は、あれのようだ。
DSC_5606_20160426070637b5c.jpg

これは昭和8年に建立された大納骨堂だった。
DSC_5609_201604260706407cc.jpg
本尊は高村光雲作の仏様をもとにした地蔵菩薩だそうだ。

堂内には有縁無縁のお骨が納められている。
DSC_5608_201604260706391ba.jpg

増上寺の参拝は省略して、まっすぐ南下し、プリンス芝公園に出る。
DSC_5610_20160426070642923.jpg

正面はザ・プリンスパークタワー東京。
DSC_5612_20160426070611d55.jpg

振り返ると東京タワー。
DSC_5613_20160426070612ac8.jpg

ツツジがあでやか。
DSC_5614_20160426070614bbf.jpg
DSC_5615.jpg

森のチャペルを回り込むと、いよいよ丸山への登り。
DSC_5617_20160426070617d40.jpg

標高16mの台地の上に築かれた前方後円墳(芝丸山古墳)なので、かなり高い。
DSC_5618_2016042607054890d.jpg

頂上は平らな広場になっている。標高は正確には分からない。
DSC_5619_20160426070549419.jpg
後円部は江戸時代にかなり削平されてしまったようだ。

その頂上に伊能忠敬を顕彰する石碑「伊能忠敬測地遺功表」が立つ。
DSC_5620.jpg
伊能忠敬の測量のスタート地点がここに程近い高輪の大木戸だったことから、東京地学協会がこの地を選んで建立したらしい。

これは何のモニュメントだろう。
DSC_5622_201604260705526cc.jpg

後円部を後にして前方部に移動する。
DSC_5623_20160426070554c09.jpg

前方部には猛虎の像。
DSC_5625_20160426070523eff.jpg

実は戦後、衆議院議長を務めた政治家大野伴睦(1890~1964年)の句碑。
DSC_5626_20160426070525da1.jpg
「鐘がなる春のあけぼのゝ増上寺」
調理師会の名誉会長も務めていたため、調理師法施行5周年を記念して昭和38年に建立されたものだという。

芝丸山古墳は5世紀の築造とされる。
DSC_5627_20160426070526f01.jpg

日本考古学の先覚者坪井正五郎(1863~1913年)が明治25年(1892年)、欧州への留学から帰国する船の上から陸地を眺めた際、この小山の高さに不自然なものを感じた。
明治31年(1898年)に発掘調査を行ったところ、埴輪の破片などが出土し、古墳と判明した。
埋葬施設は削平されていたため、発見できなかった。
DSC_5628_20160426070528ede.jpg

前方部。
DSC_5632_2016042607050230c.jpg

後円部。
DSC_5633_201604260705044b6.jpg

全長106mというから、都内ではかなり大きい方だ。
DSC_5635_201604260705043b9.jpg
DSC_5636_20160426070506961.jpg

墳丘には円山随身稲荷大明神が祀られていた。
DSC_5631_20160426070530d84.jpg

ちなみに東南斜面には縄文時代後期とみられる貝層が残っており、丸山貝塚と呼ばれている。
DSC_5638_201604260705072a7.jpg

これにて、本日の縦走は終了。
あとは、地下鉄芝公園駅へ下山するだけだ。
途中、インド系の外国人に呼び止められ、丸山を背景に写真を撮ってくれと頼まれた。
これが古墳だと知っていて訪ねてきたのだろうか。
だとすればかなりのマニアだ。日本人ですら、ほとんど知られていないのに。

園内には、江戸時代に今の西新宿三丁目にあった「梅屋敷銀世界」の梅林がここに移植されたという。
当時、梅屋敷にあった石碑も移設されている。
DSC_5640_20160426070442611.jpg
琉球の陳応昌の筆になるという。

「この木なんの木」のような木。
DSC_5641_20160426070444945.jpg

庭園風の涸れ川を見学して
DSC_5642_201604260704450c8.jpg

芝公園駅に到着。
DSC_5643_201604260704475c4.jpg
ここにも外国人が多い。

考えてみれば、今日登った主要4つの山すべてに外国人の姿があった。
日本史を歩いて、外国人と出会う。
そんな意外な発見もある「山行」だった。

【行程】2016年4月14日
赤坂見附駅(11:25)~一点張(11:30昼食11:45)~日枝神社(11:52撮影12:03)~国会議事堂裏(12:19)~日比谷公園(12:37散策・撮影13:30)~南桜公園(13:41)~愛宕山(13:57撮影14:08)~放送博物館(14:10見学14:35)~西久保八幡神社(15:08撮影15:15)~芝給水所公園(15:25撮影15:32)~芝公園(15:40散策・撮影16:15)~芝公園駅(16:18)
※所要時間:4時間53分
※登った山:6座(星ノ山、ツツジ山、三笠山、愛宕山、観音山、丸山)
※歩行距離:10.0km
このページのトップへ

都心の山(4)

【2016年4月14日(木)】都心の山
愛宕山のNHK放送博物館を出ると、ふもとに下りるエレベーターが右手にある。
DSC_5473_201604252223179e5.jpg
DSC_5481_20160425222253747.jpg
でも、これは使わず、やはり「出世の石段」を下る。

上から見ると、さすがにものすごい勾配だ。
DSC_5474_20160425222318416.jpg
格好つけずに手すりにつかまりながら、ゆっくり下った。

寛永十一年(1634年)、三代将軍徳川家光が増上寺参拝の帰り、愛宕山に美しい梅の花が咲いているのを見つけた。
「誰か馬であの梅の枝を取って参れ」と命じたところ、多くの伴の者が逡巡する中、讃岐丸亀藩の家臣、曲垣(まがき)平九郎がみごと石段を駆け上がり、枝を取ってくることに成功。「日本一の馬術の名人」と賞賛されるようになったという逸話にちなむ。
講談「寛永の三馬術」でもよく知られている。
DSC_5475_20160425222320cf7.jpg

その後、なんと明治、大正、昭和と各1人ずつ、この石段を馬で登ることに成功した人がいるらしい。
DSC_5477_2016042522232103a.jpg

1人目は仙台藩で馬術指南役を務め、廃藩後曲馬師をしていた石川清馬。
明治15年(1882年)に成功し、これにより石川家は徳川慶喜より葵の御紋の使用を許されたという。
2人目は参謀本部馬丁の岩木利夫。大正14年(1925年)、愛馬の引退記念に挑戦し、観衆が見守る中成功させた。
上りは1分ほどで駆け上がったが、下りは45分を要したのだとか。
この模様は、当時愛宕山にあった東京放送局(のちのNHK)によってラジオ中継された(日本初の生中継とされる)。
3人目は馬術のスタントマン渡辺隆馬。昭和57年(1982年)、日本テレビの特別番組『史実に挑戦』の企画としてチャレンジし、安全網や命綱、保護帽などの安全策を施した上で登頂。タイムは32秒だった。
DSC_5478_20160425222251688.jpg
以上はウイキペディアの記載によったが、これだけだと下りにも成功したことがはっきり分かるのは、岩木しかいない。
時間を見ても分かる通り、下りの方が明らかに難しい。
馬もよく45分間も集中力を保ち続けられたものだ。

階段の横にはひっそりと「愛宕の地名存続達成記念」の標柱が立っていた。
「愛宕」の町名は複雑な変遷をたどっているが、昭和40年以降、住居表示の実施に伴い、芝愛宕町二丁目が西新橋に、芝愛宕下町四丁目が芝大門になるなど、「愛宕」のエリアがどんどんなくなっていき、住民は消滅の危機を感じたのだろう。
運動実って、昭和53年に芝愛宕町一丁目と芝西久保広町の一部が、愛宕一、二丁目として存続することになった。
標柱はこれを記念したものと思われる。
DSC_5422_20160425222315c91.jpg

一旦、大通りに出て、すぐ右折する。
左手に總持寺の出張所。總持寺の本社は横浜市鶴見区にある。
DSC_5482_20160425222254445.jpg

その後ろに、さっきのエレベーターの上り口。
DSC_5484_20160425222258f6c.jpg

正面は愛宕隧道。
DSC_5483_20160425222256746.jpg

昭和5年(1930年)の竣工で、首都高や立体交差などを除く純粋な「山岳トンネル」としては23区で唯一のものだそうだ。
DSC_5485_20160425222231b2e.jpg
長さは約77m、幅員9m。両側に各2.5mの歩道があるので、車道は4mのみ。
西方面への一方通行になっている。

西側に出て振り返る。
DSC_5487_20160425222234917.jpg

ここにも山頂への登山口がある。
DSC_5486_20160425222233225.jpg

西側は江戸時代以来の寺町の雰囲気がわずかに残る。
愛宕山に沿って、南に進むと、左手は新しい高層マンションが立ち並ぶが
DSC_5488_20160425222235df8.jpg

右手は天徳寺。
DSC_5490_2016042522223726c.jpg
折角なので立ち寄ってみた。
天文2年(1533年)の創建で、浄土宗江戸四ヶ寺の一つに数えられているという。

境内には石仏や五輪塔などがたくさん。
DSC_5496_20160425222213c07.jpg
DSC_5497_2016042522221503e.jpg
DSC_5499_201604252221482cf.jpg
DSC_5500_20160425222149b82.jpg
DSC_5501_20160425222151542.jpg

この板碑は永仁六年(1298年)七月日の銘がある。鎌倉時代のもので、港区の有形文化財に指定されている。
DSC_5498_20160425222146ecc.jpg
上部の梵字「キリーク」は阿弥陀仏を意味する。

このほか、立派なお墓も狭い敷地に林立していた。
DSC_5491_20160425222209296.jpg
DSC_5493_201604252222102f5.jpg
DSC_5494_20160425222212780.jpg
由緒ある家系ばかりだ。

これらは篆刻の巨匠、高芙蓉(1722~1784年)と河井荃廬(1871~1945年)の墓。
DSC_5502_20160425222152847.jpg

そして本堂。
DSC_5505_201604252221265cd.jpg

仮本堂。
DSC_5504_2016042522212427d.jpg

門前には「西ノ窪観音」の石碑。ここは江戸三十三観音霊場の二十番札所でもある。
DSC_5506_2016042522212822d.jpg

寺を後にして、芝公園方面に向かう。
この界隈には古い建物が奇跡的に残っている。
DSC_5507_2016042522212925d.jpg
DSC_5508_201604252221308e8.jpg

高層ビル群の谷間に、こんな空間が展開していて、驚いた。
DSC_5509_20160425222101236.jpg
DSC_5510_201604252221027ae.jpg

これなどは戦前のものではないか。空襲の焼け残りか。
DSC_5511_20160425222104b0b.jpg
DSC_5513_2016042522210514f.jpg

さらに進むと不気味な雰囲気の光明寺。
DSC_5515_20160425222037459.jpg
DSC_5514.jpg

専光寺。
DSC_5516_2016042522203800b.jpg

目的地は芝公園の丸山なのだが、それまでにいくつか丘があるようなので、寄り道していくことにした。
DSC_5517_201604252220406ec.jpg

桜田通り(国道1号)を歩道橋で渡る。
都心方面。
DSC_5520_201604252220436b4.jpg

横浜方面。
DSC_5519_20160425222041894.jpg

国道の反対側にも古い家屋が残っている。
DSC_5521_20160425222013241.jpg

このあたりのフェンスの中は森ビルが買い占めたもの。
DSC_5524_201604252220176bb.jpg

その中にこんな張り紙が。
DSC_5522_20160425222014234.jpg

ノラ猫に迷惑をしている住民と世話をしているボランティアが対立しているようだ。
DSC_5523_2016042522201635a.jpg

この先に階段があるので登ってみる。ここも「山」なのか。
DSC_5525_20160425222019e91.jpg

少し登ってみると、ふもとにはフェンスが張り巡らされていた。
DSC_5526_201604252219505c3.jpg
この界隈も近い将来、高層ビルに変わってしまうのかもしれない。

登り切ると、こんな石碑が。ここは神社の北参道だったのだ。
DSC_5528_2016042522195131e.jpg
昭和2年(1927年)とは随分古い。

何神社だろうか。
DSC_5530_20160425221953acc.jpg

西久保八幡神社というらしい。
DSC_5540_20160425221927016.jpg

平成23年に、御鎮座1000年というから、かなり古い。
DSC_5534_2016042522192245b.jpg

江戸切絵図「愛宕下之図」に「八幡社普門院」と記されているところと思われるが、山名の記載はなかった。
芝八幡社

となりの「城山」のように「八幡山」とでも名付けてくれていれば、よかったのだが。
DSC_5538_20160425221924a99.jpg

境内には稲荷社と妙な石碑が安置されていた。
DSC_5532_201604252219542a7.jpg
DSC_5533_20160425221956eed.jpg

こちらの石碑は平成5年の建立。皇太子の御成婚を祝って拝殿、玉垣、手水鉢の修復したことを記念しているだが、随分古色を帯びている。
DSC_5539_20160425221925b20.jpg

女坂の玉垣は古いが、男坂は真新しい。
DSC_5541_20160425223651f09.jpg
DSC_5542_201604252219288d8.jpg
これは平成5年ではなく、さらに新しい23年の修復のようだ。

鳥居の横に、江戸中期に成立した江戸の地誌「江戸砂子」の記述を写した石碑があった。
「熊谷橋」なる石橋の名の由来が書かれているようだ。
DSC_5543_20160425221856ba3.jpg
かつて、ここから程近い神谷町の横切下水に熊谷橋という石橋がかかっていた。
なぜ、「熊谷」か。近くの屋敷内に鷲の社が祀られており、鷲は熊谷氏の氏神であることから、この界隈を熊谷とも呼ばれるようになったらしい。
その石橋の遺構がこの神社の鳥居の手前に保存されているとのことで、この石碑が建てられたわけ。

だが、保存されている石橋の遺構とは、この石畳のことだろうか。
DSC_5544_2016042522185711e.jpg

桜田通りまで下ってきて、飯倉交差点を望む。
DSC_5545_201604252218598fa.jpg

交差点を左折すると、東京タワーに向かう永井坂。
DSC_5546_20160425221900a90.jpg
このあたりがかつて芝永井町と呼ばれていたのが、その名の由来だという。

左手に聖アンデレ教会。
DSC_5549_201604252219029ff.jpg

その隣に、聖オルバン教会。
DSC_5551_2016042522183495c.jpg
1956年の創立で、チェコ系米国人の建築家アントニン・レイモンドの設計という。

真正面に東京タワーが見えるが、ちょっと寄り道。
DSC_5550_20160425221833c9e.jpg

このあたりの最高地点にあたる港区芝給水所公園を目指す。
DSC_5553_20160425221836f69.jpg

江戸切絵図では植村駿河守の屋敷の跡地のようだが、こんなに高い場所であるにも関わらず、山の名前は書かれていなかった。
芝給水所

台地上は公園なので遊具がたくさん。
DSC_5554_20160425221838d71.jpg

サッカーのグランドもある。
DSC_5556_20160425221839c94.jpg

北東に愛宕グリーンヒルズのツインタワーを望む景勝の地だ。
DSC_5557_20160425221818aaa.jpg

(つづく)
このページのトップへ

都心の山(3)

【2016年4月14日(木)】都心の山
まだ日比谷公園から出られないでいる。
DSC_5382.jpg

大噴水は昭和36年(1961年)9月、日比谷公園における戦後復興の締めくくりとして設けられた。直径は30mもある。
DSC_5384_20160425064855b61.jpg

こちらは小音楽堂。
DSC_5381_2016042506485233c.jpg

小さすぎる東京タワー。
DSC_5385_20160425064856429.jpg

カレーや洋食が評判の松本楼。
DSC_5387_20160425064829061.jpg
ここには2回ほど来たことがある。

その間近に、唐突にはにわ。
DSC_5390_20160425064831f30.jpg
昭和40年(1965年)、東京都日比谷公園と宮崎県立平和台公園が姉妹公園として結ばれたのを記念して、宮崎の西都原古墳群で出土した埴輪のレプリカが寄贈された。

花壇には色とりどりのチューリップが満開。きれいだ。
DSC_5392_201604250648327d9.jpg
DSC_5394_201604250648337c7.jpg

フランス料理の南部亭。ここにもいずれ来てみたい。
DSC_5396_20160425064835585.jpg

これでようやく日比谷公園ともお別れ。
横断歩道を渡って、対岸から日比谷公会堂を望む。
DSC_5399_20160425064807ea0.jpg
昭和4年(1929年)の竣工で佐藤功一の設計。
堂々たるネオ・ゴシック様式の建築だ。

地下鉄の内幸町駅を通過。
DSC_5401_20160425064809001.jpg

その先に放送記念碑。
DSC_5402_20160425064810c48.jpg
NHKがここに1938年から73年まであったことを記念したものだ。

富国フォレスト・スクエア。
DSC_5404_20160425064812247.jpg

このまま大通りを歩いていくのも面白みに欠けるので、裏道に入ってみた。
すると、南桜公園というところにぶつかった。
DSC_5406_201604250648138b8.jpg

江戸時代から大正時代にかけて、この界隈から南を望むと、「田村のお化け銀杏」と呼ばれる大銀杏があったそうだ。
DSC_5408_20160425065926f16.jpg
もともとそこは奥州一関藩田村家の上屋敷で、元禄十四年(1701年)三月十四日に、江戸城松之廊下で刃傷事件を起こした赤穂藩主浅野内匠頭が自害した場所でもある。

園内には紀元二千六百年記念の二宮尊徳像。
DSC_5407_20160425064741ee2.jpg

「南桜」創立八十周年記念碑なるものもある。
DSC_5409_20160425064743603.jpg

そして「みんな手をつないで」のモニュメント。
DSC_5410_201604250647445a8.jpg

何だろうと思っていたら、ここは南桜小学校の跡地だった。
DSC_5411_20160425064746456.jpg
関東大震災の復興事業の一環として、昭和3年に鉄筋コンクリートの小学校校舎が竣工。
昭和20年の戦火は免れたが、都心空洞化と少子化により平成3年に統廃合されて閉校。

しばらく福祉会館などとして活用されてきたが、平成21年に解体された。
DSC_5412.jpg

環二通りを渡る。
DSC_5413_20160425064720b4c.jpg

この昭和っぽいお店は、染物の明石屋。
DSC_5415_20160425064721946.jpg

と思えば、頂上がファインダーに収まりきらないほど高い虎ノ門ヒルズ。
DSC_5416_20160425064723b98.jpg
恥ずかしながら初めて見た。

間もなく、愛宕山(愛宕神社)の参道。
DSC_5418_20160425064724e17.jpg
たいていは表玄関の出世の石段で登るのだろうが、そちらは下りで使うことにして、裏道から。

これが愛宕山の山体の一部。
DSC_5421_20160425064657732.jpg

ふもとに、毘沙門天?の騎馬像。
DSC_5419_20160425064726718.jpg

坂道の途中に由緒ありげな石仏がたたずむ。
DSC_5423_20160425064658c18.jpg
DSC_5426_2016042506470111e.jpg

北麓では発掘調査が行われていた。
DSC_5424_20160425064700b48.jpg
江戸切絵図を見ると、あそこはわりと狭い区画の屋敷が並んでいるところだ。
旗本屋敷の跡だろうか。

坂道の左手には、損保ジャパン日本興亜が所有する料亭?の「愛宕荘」。
DSC_5427_20160425064703c83.jpg

門前には、「左 芹生(せりゅう)の里 右 鞍馬」の道しるべが立つ。
DSC_5428_20160425064634846.jpg
なぜ、京都の道しるべがここにあるのだろう。作り物なのか、譲り受けたのか。

その上には、田崎真也ワインサロンなるものも。
DSC_5429_20160425064635511.jpg

道はかなり登っていく。さすが23区最高峰だ。
DSC_5430_20160425064637c1c.jpg

頂上右手にはNHK放送博物館。
DSC_5432_2016042506463854f.jpg

こちらは後で寄ろう。
DSC_5434_20160425064609de1.jpg

まずは愛宕神社に参拝しなくては。
DSC_5433_20160425064640b04.jpg

提灯の家紋は葵の御紋。
DSC_5435_20160425064610c71.jpg

顔はめの写真は、なかなか一人では難しい。
DSC_5436_20160425064612397.jpg
DSC_5437_2016042506461416f.jpg

平九郎手折れの梅樹(将軍梅)。
DSC_5439_20160425064615488.jpg

神社の神門は真っ赤に塗られ、かなり新しい。
DSC_5440_20160425064543c58.jpg
愛宕神社は、徳川家康が江戸に幕府を開くにあたり、江戸の防火・防災の守り神として慶長八年(1603年)に創建された。

にもかかわらず、大老井伊直弼を襲う水戸浪士たちの集合場所になってしまったのは皮肉なことだった。
DSC_5441_20160425064544ca2.jpg
万延元年(1860年)、浪士たちはご神前で祈念の後、桜田門外に向かい、目的を果たしたのであった(桜田門外の変)。

狂歌師長者園萩雄(1784~1873年)が選者となった狂歌合の石碑。
DSC_5444_20160425064546d57.jpg
冒頭に蜀山人(太田南畝)の名が見える。
狂歌合の日取りは「甲子年正月廿二日」とある。長者園の存命中で甲子年と言えば、1804年と1864年。前者だと若すぎるので、やはり1864年だろう。
上段に描かれているのは、戎天・大黒天・弁天だろうか。
下段には、社頭霞、愛宕山、甲子などをお題にした狂歌が碑面いっぱいに刻まれている。

その正面に弁財天。
DSC_5445_20160425064547b95.jpg

天然の山としては23区最高峰であることを示す標高25.7mの三角点は地下に埋設されている。
DSC_5446_20160425064549f66.jpg
ふたに穴があったので、指をひっかけて開けようとしてみたが、重くてびくともしなかった。

背後には、越谷市の立花房枝さんが奉納した銘石。
DSC_5447_20160425064519766.jpg

弁財天は池に祀られている。
DSC_5448.jpg

コイがたくさん。奥にいる人は水を舟に入れているのだろうか。
DSC_5450_201604250645222ef.jpg

何のために?
DSC_5451_20160425064524693.jpg

この石碑は何が書かれているのかさっぱり分からないが、ひどいことになっている。
DSC_5452_20160425064525dcb.jpg

いったん、境内を抜けて、下界を見下ろす。こちらは女坂。
DSC_5453_201604250644558a7.jpg

ここは立ち入り禁止になっているが、かつては展望所かなんかだったのだろうか。
DSC_5455_20160425064457c54.jpg

再び境内に戻って、福寿稲荷神社。
DSC_5458_20160425064458986.jpg

その隣に、太郎坊社と次郎坊社。
DSC_5459_20160425064500624.jpg
DSC_5465_20160425064436a4f.jpg

社務所の売店の下には、人慣れした猫が一匹。
DSC_5460_20160425064501a59.jpg
かまっても嫌がりはいないが、愛想は全くない。

起倒流拳法碑。
DSC_5461_201604250644320ab.jpg
起倒流とは江戸時代初期に開かれた柔術の流派で、講道館柔道の基礎になった流派として知られているらしい。全然知らなかった。
石碑の建立は安永八年(1779年)。何が書かれているかは、しっかり読んでいないので分からない。

さて、最後にようやく参拝。
DSC_5463_201604250644338c1.jpg

招き石をなでて、放送博物館へ。
DSC_5464_201604250644357bc.jpg

放送博物館の外には歴史あるアンテナがいくつか展示されていた。
これは東京タワーの先端にあったスーパーターンアンテナの一部。
DSC_5467_201604250644387df.jpg
平成23年7月24日のアナログ放送終了とともに52年半にわたる役割を終えた。

こちらは日本初のテレビ放送アンテナ。
DSC_5470_20160425064407952.jpg
昭和25年3月から2年間テレビの実験放送に使用されたとのこと。

館内は歴代の朝ドラや大河ドラマなどNHKの人気番組が紹介されていたり、放送に関する歴史的な資料が展示されていたりで、かなり面白い。
平日なのに見学者も多かった。
時間がある時なら、もっとゆっくり楽しめるところだ。

貴重なのは終戦時に玉音放送を録音した玉音盤。
DSC_1889_201604250648503b2.jpg
動画としては、昭和29年2月21日に行われたプロレスタッグ世界選手権、シャープ兄弟対力道山・木村政彦組が興味深かった。
力道山の空手チョップに熱狂する観客たちの姿が印象的だった。

(つづく)
このページのトップへ

都心の山(2)

【2016年4月14日(木)】都心の山
山王日枝神社から日比谷公園に向かって移動中。
国会議事堂の左側面の坂を下る。
DSC_5277_20160422071736101.jpg

ここは茱萸(ぐみ)坂というようだ。
DSC_5276_2016042207173400c.jpg
かつてこの坂の両側のグミの木があったことに由来するとのこと。

財務省上の交差点に出た。
DSC_5278_20160422071737866.jpg

左は国交省、その右奥は総務省。
DSC_5279_201604220717395d3.jpg

外務省と財務省の間の坂を下る。
DSC_5280_20160422071740061.jpg
かつて海を見ることができたから潮見坂という。

今はもちろん見えない。
DSC_5282_20160422071711b0a.jpg

霞が関二丁目の交差点。左前方は農林水産省。
DSC_5283_20160422071712af3.jpg

左後方は外務省。
DSC_5284_20160422071714958.jpg

外務省前の桜並木はすっかり葉桜になっていた。
DSC_5285_2016042207171589a.jpg

右後方は財務省。
DSC_5286_20160422071717849.jpg

そのまま国会通りを直進する。
DSC_5287.jpg

農林省はツツジが見頃。
DSC_5288_2016042207164948a.jpg

もう一度信号を渡ると、日比谷公園。何年ぶりかなあ。
DSC_5289_201604220716508cc.jpg

噴水のオブジェは淀井敏夫作(1986年)の「鴎」。
DSC_5291_201604220716527a6.jpg

門柱があったので、いったん外側に回ってみたが、「日比谷公園」の看板はかかっていなかった。
DSC_5293_201604220716537b5.jpg

これが公園の案内図。目指す三笠山は北端にある。
DSC_5295_201604220716174b8.jpg

かつて何度も通った都立日比谷図書館。
DSC_5297_20160422071619a20.jpg

園内はすっかり新緑に覆われていた。
DSC_5298_20160422071620f93.jpg

シャガも満開。
DSC_5299_20160422071622bf4.jpg

三笠山の前にツツジ山に登る。標高差は1mくらい。
DSC_5300_201604220716233ac.jpg

肝心のツツジはまだほころび始めたばかり。
DSC_5304_201604220715588a8.jpg

頂上にはベンチがいくつか。
DSC_5302_20160422071556c12.jpg

傘を差してOLが休んでいた。
DSC_5301_20160422071554040.jpg

ツツジ山を下ると、藤棚。こちらはそろそろ見頃だ。
DSC_5303_201604220715570ba.jpg
左奥は厚労省。

雲形池。
DSC_5305_20160422071600638.jpg

なかなか美しい日本庭園になっている。
DSC_5306_20160422071530093.jpg

鶴の噴水。
DSC_5312_20160422071533366.jpg
DSC_5319_20160422071505024.jpg

橋を渡って
DSC_5307_20160422071532558.jpg

反対側に回ってきた。
DSC_5314_2016042207153522e.jpg
DSC_5315_2016042207153691e.jpg

まぶしいほどの新緑。
DSC_5316_20160422071504076.jpg

明治8年(1875年)に架けられた京橋の欄干柱。
DSC_5317_20160422072707d2d.jpg
大正11年(1922年)に架け替えられたので、ここに移設されたとのこと。

日比谷公園が明治36年(1903年)に開園した直後に開店したレストラン日比谷パレス(当時は結婚式場高柳亭)。
DSC_5321_20160422071507135.jpg
フランス料理のお店で、メニューを見るとランチが1800円だった。

ヤマブキも真っ盛り。
DSC_5323_20160422071508b7b.jpg

日比谷パレスの裏側に回る。
DSC_5324_201604220715104b9.jpg

ここから祝田通りに沿って北上すると、三笠山にたどり着く。
DSC_5326_20160422071440364.jpg

築山が2つあり、南側の山には自由の鐘が設置されている。
DSC_5327_20160422071441de8.jpg

わずか9段の階段を登ると頂上。
DSC_5328_20160422071443569.jpg

自由の鐘はそもそも1776年に米国が独立した際に鳴らされたものだ。
DSC_5329_20160422071444b37.jpg

戦後、米国の有志が日本にその複製を寄贈しようとした。
寄贈先を託された当時の連合軍総司令官リツジウエイ大将は「自由の擁護者たる新聞を通してこれを広く日本国民に贈ることが趣旨にかなう」と判断し、昭和27年4月に日本新聞協会に贈られた。
DSC_5335_20160422071415972.jpg
その後、平成23年にこの鐘の修復が行われ、以来毎日正午に鐘が打ち鳴らされている。

もう一つの築山の方が背が高い。
DSC_5333_2016042207144676a.jpg

ここも頂上の標高ははっきりしないが、日比谷公園の前の道路が2.5mなので、5mほどだろうか。
DSC_5336_20160422071417c93.jpg

しかし、眺めはすこぶるいい。
新緑の向こうに丸の内の高層ビル街を望むことができた。
DSC_5338_2016042207142054d.jpg

頂上に山名板はなかったが、大名の刻印のある江戸城の石垣の破片が転がっていた。
DSC_5337_201604220714180a9.jpg

山名板はふもとに立っていた。
DSC_5334_20160422071414c9d.jpg

説明にある通り、この山は日比谷公園造成の際に、雲形池を掘った残土を積み上げて築いたものだ。
当初は3つあったので三笠山と呼ばれたが、後にテニスコートなどの造成に伴い、1つが削平され、双耳峰になってしまった。
DSC_5339_201604220713494ba.jpg

これらの石は江戸城の石垣由来のものとは思えない。あえてどこかから運んできたのだろうか。
DSC_5340_20160422071350100.jpg

ふもとに残されている開園当時の水飲み場。
DSC_5341_20160422071352d9d.jpg

鋳鉄製で馬も飲めるようなデザインになっている。
DSC_5343_201604220713530cf.jpg

法務省と最高裁をバックに。
DSC_5344.jpg

北門は赤い門柱だが、こちらにも看板はなし。
DSC_5346_20160422071302857.jpg

ガパオライスを800円で出しているヒビヤサロー(旧日比谷茶廊)。
DSC_5347_2016042207130441e.jpg
園内には松本楼のほかにもたくさんレストランがあることを今回初めて知った。
いずれ試しに来てみたい。

第一花壇のペリカン噴水。
DSC_5350_20160422071305b9d.jpg

旧日比谷公園管理事務所は結婚式場になっていた。
DSC_5351_201604220713076b5.jpg

明治43年(1910年)に竣工したドイツのバンガロー風の建築で、都の有形文化財に指定されている。
DSC_5356_201604220712351e2.jpg

昭和51年に公園資料館として使用するため、若干改装されたとのこと。
DSC_5359_2016042207123858c.jpg

設計は東京市の技師福田重義。
DSC_5357_201604220712374b9.jpg

近くには木の化石が。
DSC_5353_20160422071308088.jpg
松石と呼ばれている。昭和初期に福岡市の炭鉱で見つかったものだそうだ。

この先に伊達政宗終焉の地の案内板があった。
DSC_5361_201604220712400f6.jpg
この場所には、仙台藩祖伊達政宗から三代綱宗の時代まで、仙台藩の外神田上屋敷があった。
政宗は寛永十三年(1636年)五月、この上屋敷で最後の戦国大名の生き残りとして、70年の生涯を閉じた。
案内板は仙台市が設置したものだった。

江戸城日比谷見附の石垣。
DSC_5362_20160422071241885.jpg

日比谷公園は日本初の洋式公園で、「公園の父」と呼ばれる林学博士の本多静六(1866~1952年)の設計による。
様々な設計案の中で、この石垣を残す本多の案が採用されたのだとか。
DSC_5365_2016042207121346b.jpg

手前は心字池。
DSC_5369_20160422071217104.jpg

サギの横にいる亀は生きているのだろうか。
DSC_5368_20160422071216c9a.jpg

雨が降ってなければ、このベンチで一息入れたいのだが、濡れているので通過。
DSC_5364_201604220712110f0.jpg
DSC_5366_20160422071214b38.jpg

こちらはスカンジナビアの古代文字。
DSC_5371_20160422071152965.jpg
1957年にスカンジナビアの人々が北極海経由の日本への空路を開拓したが、その開設10周年を記念して、古代北欧文字碑を模して建立したものだそうだ。

こちらは南太平洋ヤップ島(ミクロネシア)で使用されていた石の貨幣。
DSC_5376.jpg
大きいもので直径3mもあるらしい。
これは長径1.3mで大正14年当時、1000円くらいの価値で通用していたとのこと。
当時ヤップ島は日本の委任統治領で、ヤップ島支庁長からもたらされたようだ。

喫茶店の日比谷パークセンター。
DSC_5378_201604220711547bd.jpg

日比谷公園の象徴、大噴水。
DSC_5380_201604220711568aa.jpg

(つづく)
このページのトップへ

都心の山(1)

【2016年4月14日(木)】都心の山
この日は会社の業務として都心の「山」を歩くことになった。
手引きは、手島宗太郎著『江戸・東京百名山を行く』(日本テレビ放送網)である。
この中から、星ノ山、三笠山、愛宕山、丸山の4座を選んだ。
天然の山あり、明治の築山あり、古墳ありで、変化に富んでいる上に、お互いにわりと近い。
5時間もあれば、余裕で歩けそうだ。

前日は、国立国会図書館のデジタルアーカイブから江戸切絵図をダウンロードしたり、現在の地図をプリントアウトしたりして、しっかり街歩きの準備をしたのだが、出かける時に持参するのをうっかり忘れてしまった。
江戸切絵図
全く、しょうもない。こうなったら記憶とスマホの地図で歩くしかない。

朝からあいにくの雨だったが、午後には上がるとの予報だったので、家を10時すぎくらいに出た。
赤坂見附駅に着いた時点で小雨。すでにお腹が空いていた。
空きっ腹で歩くのは非常によくない。
まだお昼前だが、店が空いているうちに入ってしまおう。
気分としてはラーメン。山王日枝神社の鳥居前に「一点張」という店を見つけたので飛び込み。
DSC_1875_20160421204947003.jpg

人気店なのか、昼前なのに結構混んでいた。
DSC_1872_20160421204945ac3.jpg
汁は、北海道と京都の合わせ味噌に鶏がら豚骨スープと魚介の清湯スープを混ぜたものだとか。
黄色い太めのちぢれ麺で、もやしもしゃきしゃきしていて、かなりの高得点だった。
炒飯を頼んでいるお客さんも多かった。

お腹も落ち着いたところで散策開始。
本日最初の「山」は星ノ山である。山王日枝神社が鎮座している小高い丘だ。
その名は、嘉永3年(1850年)新刻の「麹町永田町外桜田絵図」に、「日吉山王大権現社」の文字の横に書かれていた。
星ノ山
今は、プルデンシャルタワーや東急キャピトルタワーなど超高層ビルに取り囲まれて、すっかり目立たなくなってしまったが、江戸時代には立派な山だったのだ。
文明10年(1478年)、太田道灌が江戸城築城の際、川越の星野山無量寿寺(現在の喜多院・中院)の鎮守である川越日枝神社を、紅葉山に勧請したことに由来するという。
赤坂側から登るわけだが、切絵図を見ると、こちら側は溜池になっており、神社の出入り口は全くない。赤坂側はもともと神社の裏側であった。

その溜池は明治時代に埋められてしまい、今は外堀通りになっている。
DSC_5210_20160421204951dcf.jpg

外堀通りに面して山王日枝神社の赤坂大鳥居が立つ。
DSC_5205_20160421204948d13.jpg

扁額には「山王」の文字はない。正式名称は「日枝神社」だけでいいようだ。
DSC_5208_2016042120495093b.jpg

この狛犬は昭和9年の奉納。
DSC_5212_20160421204921466.jpg

奉納したのは「日本橋区七之部」の有志。
DSC_5213_201604212049233e2.jpg
当時の町内会の集まりで、現在も「日本橋七の部」として存在している。
現在の日本橋兜町、日本橋茅場町一~三丁目が該当するらしい。

稲荷参道という参道から丘に登る。
DSC_5215_201604212049247e3.jpg

その名の通り、稲荷の鳥居が行列をなしている。
DSC_5217_20160421204926c59.jpg

結構狭い。
DSC_5218_20160421204927e5b.jpg

登り切ると、大きめの鳥居に迎えられた。
DSC_5219_20160421204858440.jpg
この山の標高はよくわからない。今、15mくらい登っただろうか。

左手に神輿庫がある。
DSC_5220_20160421204859efa.jpg
町内会ごとに神輿が納められているようだ。

末社の八坂神社と猿田彦神社は修復工事中。
DSC_5221_20160421204901222.jpg
空襲で焼けて後、昭和41年に再建されたが、半世紀を経てまた破損が激しくなっていたらしい。

こちらは御文庫。車の祓所にもなっている。
DSC_5222_20160421204902485.jpg

回廊を横断すると、広い空間に出る。
正面に拝殿と夢御殿(右)
DSC_5228_20160421204829b36.jpg

拝殿の前には、狛犬の代わりに神猿像が安置されている。
DSC_5224_20160421204904930.jpg
DSC_5233_2016042120483251b.jpg
猿は音が「縁」につながることから、縁結びの神として信仰されているという。

縁結びはともかく、せっかく来たのだから参拝。
DSC_5229_201604212048302bc.jpg

かつての本殿は昭和20年の空襲で焼失し、これは昭和33年に再建されたものだ。
DSC_5234_2016042120483397c.jpg

拝殿の前には、ほかに銅製の燈篭が一対立っている。
DSC_5235_20160421204835da6.jpg
高さは2m57cm。幕府御用を務める鋳物師渡辺銅意・正次父子が鋳造し、万治二年(1659年)に奉納されたものだ。
日枝神社は、二代将軍徳川秀忠の江戸城改築の際、城外の麹町隼町(現在の最高裁のあたり)に遷座したが、明暦の大火(1657年)のため焼失。四代家綱が万治二年に現在地に遷している。そのタイミングで鋳造されたということだろう。
大正12年(1923年)の関東大震災で倒壊したが、昭和28年に再建された。
千代田区の指定有形文化財である。

ところで、日枝神社の祭神は、須佐之男神の孫にあたる大山咋神(おおやまくいのかみ)である。
「咋」とは「主」の意味だそうで、大山咋神は大山の主であるとともに、広く地主神として崇められてきた。
というわけで別名を「山王」という。
この神社が「山王社」とか、「日吉山王社」「日吉山王大権現社」「江戸山王大権現」などと呼ばれるのは、そのためだ。

神門には「皇城之鎮」と書かれた扁額が掲げられている。皇居の守りということだ。
DSC_5236_2016042120480542c.jpg
DSC_5238_20160421204806259.jpg

くぐって振り返ると、「日枝神社」の扁額。
DSC_5240_2016042120480824c.jpg

目の前は急な広い階段。こちらが表参道の山王男坂だ。今度はこちらを下山する。
DSC_5241_2016042120480964d.jpg
段数を数えるのを忘れたが53段あるらしい。
「山王男坂」の説明板に「山王台地は又の名称を星が岡ともいう景勝の地」だったと書かれていた。「星が岡」とも呼ばれたようだ。

明神鳥居の上に三角の破風がのっているのを山王鳥居という。
DSC_5245_20160421204811b2e.jpg
仏教の胎臓界、金剛界と神道の合一を示しているとのこと。

左手に山王女坂。今は車道になっている。
DSC_5248_201604212047406f4.jpg
将軍が御成りの際は急な男坂を避けてこちらを通ったので、御成坂とも呼ばれたという。

戦火を免れた大イチョウ。
DSC_5249.jpg

かなり古いが、この図を見ると、星ノ山の全容がよく分かる。
DSC_5250_201604212047431e6.jpg

下界に下りたら、いったん左に進み、交差点を右折する。
交差点からは、38階建てのプルデンシャルタワーが見える。
あそこはかつて、1982年に火災に遭ったあのホテルニュージャパンがあった場所だ。
DSC_5253_20160421204745830.jpg
ちなみに、星ノ山を挟んで向かい合う東急キャピトルタワーの場所には、陶芸家北大路魯山人ゆかりの料亭星ヶ岡茶寮があった。

この地図に従い、山王坂に向かう。
DSC_5254_201604212047465d3.jpg

国会議事堂に向かって登る山王坂は、意外に勾配がある。
DSC_5256_201604212047155a0.jpg

そこを登る前にちょっと寄り道。
角にある歴史のありそうな天竹酒店。
DSC_5257_201604212047172a4.jpg
調べてみたら、創業は大正15年(1926年)だった。

その隣には「永田町 黒澤」。
DSC_5260_20160421204718266.jpg

古そうに見えるが、創業は平成10年。その前は高級料亭だったらしい。
DSC_5261_20160421204720800.jpg

経営者はかの黒澤明監督の身内で、メニューは黒澤監督が家庭で食べていたものなんだとか。
DSC_5262_20160421204721c6f.jpg
メニューを見てみると、そばのほか鹿児島産の黒豚、黒牛のしゃぶしゃぶなど。
ランチメニューは1000円前後で意外にリーズナブル。

ラーメンを我慢して、こっちにすればよかったか。
今度来てみよう。
DSC_5263_20160421204642eee.jpg

さて、山王坂に戻ろう。
DSC_5264_2016042120464336e.jpg

国会議事堂が見えてきた。
DSC_5266_20160421204645768.jpg
切絵図を見ると、この坂に鳥居が2つ描かれている。
今は溜池側にエスカレーター付きの参道があり、あちらが正面のように思えるが、かつては永田町側が表参道だったのだ。
ちなみに、明治時代には近くに豪商鹿島清兵衛の屋敷があったので「鹿島坂」とも呼ばれたという。

坂を登り切って、国会議事堂の裏面を右折する。
DSC_5268_20160421204646c88.jpg

右手に議員会館。
DSC_5269_201604212046483f9.jpg

衆議院の入口前では日本共産党の国会議員の方々が何やら写真撮影をしていた。
DSC_5271_20160421204617d10.jpg

総理官邸前の信号で首相官邸にカメラを向けていたら、警察官が近寄ってきて、「ちょっとすいませんが、写真は遠慮してもらっていいですか」と注意されてしまった。
内心、「何の法律に基づいて、そんなことが言えるのか」とも思ったが、申し訳なさそうな態度だったので、協力してあげた。
伊勢志摩サミットを目前に控えて、警備は大変なのだ。つまらない小競り合いをして、彼らの邪魔をしてはいけない。

国会記者会館なら問題なかろう。
DSC_5272_20160421204618563.jpg

共産党の次は、冤罪問題に取り組む人権団体「日本救援会」のデモに出くわした。
DSC_5273_20160421204620e76.jpg
司法取引を認める刑事訴訟法改正反対を訴えていた。
でも、デモに参加している人はニヤニヤしたりしていて、なんか義務で参加しているという感じだった。

(つづく)
このページのトップへ

2016天城山(下)

【2016年4月16日(日)】天城山
シャクナゲコースも終盤戦。
振り返ると、単独の男性が追いついてきた。
DSC_5820_201604202132087b6.jpg

道にはどんどん岩が多くなってきた気がする。
DSC_5821_201604202132096ff.jpg

なんとか倒れずに立っている大木。
DSC_5822_20160420213211e63.jpg

裏に回ると、木の根が地面を覆っている。
DSC_5823_20160420213139960.jpg

この木には見覚えがある。
DSC_5824_20160420213140c76.jpg
振り返っていたら、さっきの後ろのおじさんがものすごい大きなくしゃみをした。
花粉症だろうか。

コケ地帯に入る。
DSC_5825_201604202131428d2.jpg
DSC_5826_20160420213143689.jpg

前方の高齢登山者はこの悪場を実にゆっくり歩いていた。
DSC_5827_201604202131459e8.jpg

おじいさんを抜かしても、道はよくならない。
DSC_5828_201604202131157d4.jpg
DSC_5829_20160420213117971.jpg

めずらしくケルンが出現。
DSC_5830_20160420213118218.jpg

このあたりはコケむした涸れ沢だらけである。
DSC_5831_20160420213120761.jpg

やっと万三郎岳(1406m)の頂上で会った子連れのグループに追いついたので、頂上で拾ったカメラキャップのことを尋ねてみたら、「あ、山頂のベンチにあったやつですね」との答え。
DSC_5832_201604202131212e8.jpg
ということは彼らの落とし物ではない。

間もなく厳しい登り返しになったと思ったら、崩落箇所を越えるための一時的な登りだった。
DSC_5833_20160420213051d6c.jpg

斜面に大仏のような岩を発見。
DSC_5834_201604202130510ef.jpg

次の悪場には、ごついハシゴがかけてあった。
DSC_5835_20160420213052399.jpg

あまり意味のよく分からない石柱101地点。
DSC_5836_2016042021305448a.jpg

ようやく道が落ち着いた。
DSC_5837_20160420213055b55.jpg

右手の斜面もなだらかになった。
DSC_5838_2016042021302591a.jpg

歩きやすくなったので、先行の夫婦に追いつけた。
DSC_5839_2016042021302752b.jpg

先に行かせてもらう。
DSC_5841_2016042021302833d.jpg

それにしても往路に合流する四辻までが長い。
DSC_5842_2016042021303027e.jpg

林道が見えてきたので、もうすぐかと思ったら、そうでもなかった。
DSC_5843_2016042021303290d.jpg

もう一つ大きな涸れ沢を渡る。
DSC_5845_2016042021295292a.jpg
これが出たら、やっと四辻はすぐそこだ。

四辻には午後4時すぎに到着。
DSC_5846_20160420212953b82.jpg
コースタイムより5分オーバー、涸沢分岐点から1時間かかった。
ここで、さっきの子連れグループが休んでいた。
ベンチが空いていたので、私も小休止。枝豆の残りを食べてしまった。

さっき抜かしたご夫婦が到着したところで、出発。
DSC_5847_201604202129550b8.jpg

下山時の登り返しは思いの外きつい。
DSC_5848_20160420212956590.jpg

しかも道も決してよくない。
DSC_5849_201604202129581d6.jpg

往路で歩いた道だが、頑張って歩く。
DSC_5850_2016042021292741e.jpg

ペンキでいたずら書きした石を発見。
DSC_5852_20160420212929dd7.jpg
木に書くよりはましだが、感心しない。なぜみんな自分の名前を残したいのだろう。

きれいなコケ沢を通過。
DSC_5853_20160420212930058.jpg

ゴルフ場からの排水と思われる水たまりがあった。
DSC_5855_20160420212931a26.jpg

往路では気づかなかった。
DSC_5857.jpg

ピカチュウ砂防ダムの上に出た。
DSC_5856_20160420212932d09.jpg

で、彼に再会。
DSC_5858_2016042021290253a.jpg

最後の最後、登山口までのわずかな登り。
DSC_5859_2016042021290448d.jpg

はい到着。お疲れさまでした。
DSC_5860_20160420212905f7f.jpg
四辻から20分。コースタイムは15分だが、ここは往復とも20分がいいのではないか。
そうなっている地図もあることだし。
一周、休憩も含めてちょうど5時間半。これは予定通りだった。

トイレで顔を洗い、今夜の宿、川奈ホテルに向かう。
川奈ホテルは昭和11 年(1936年)12月に開業したリゾートホテルで、国の有形文化財に登録されている。
一度見学に来たことはあるが、いつか泊まりたいと思っていた。

天城高原から1時間かからずに到着。
DSC_1916_20160420213432d86.jpg

なんか登山靴を履いて、ザックを背負って泊まるホテルではないが、断られたりはしないだろう。
DSC_1918_20160420213434546.jpg

フロントでチェックイン。
レストランでは、室内着、浴衣、サンダルは遠慮してほしいとのこと。
まあ、本格的なホテルなのだから仕方あるまい。
部屋は5階。最上階だ。
DSC_1919_20160420213435a41.jpg

展望台もあるようなので行ってみた。
DSC_1955_20160420213232f02.jpg

随分階段を登らされたが、塔のようになっている所なので、眺めは抜群。
川奈ホテルゴルフコースの向こうは太平洋。
DSC_5868_20160420212907cb2.jpg

大島もうっすらと浮かんでいる。
DSC_5869_20160420212837064.jpg

もっとアップにしてみよう。ここには今年の1月に行ったっけ。
DSC_5870_20160420212838715.jpg

右手の白い建物が温浴施設のブリサマリナ。
DSC_5871_20160420212840745.jpg

こちらは北の方角。
DSC_5873_2016042021284253e.jpg

きわどい角度でちゃんと富士山が見える。
ちゃんと計算してこの位置に建てたのだろうか。
DSC_5874_20160420212843753.jpg

中央は箱根の神山(1438m)。
DSC_5875_20160420212814f10.jpg

初島と左奥に大山(1252m)。
DSC_5876_20160420212815812.jpg

真鶴半島と丹沢の山並み。
DSC_5877_20160420212816457.jpg

伊豆の高原。
DSC_5878_20160420212819155.jpg

ゴルフコースはホテルの南北に広がっていた。
DSC_5879_20160420212820253.jpg

眼下の岩礁。
DSC_5880_20160420212758bd3.jpg
天城山から見るより、ここからの眺望の方が素晴らしかった。

満喫したところで温泉へ。
温泉は2階にある。2014年7月にできたばかりだそうで、スペイン語で潮風を意味する「ブリサマリナ」という名前が付いている。
DSC_1920_201604202134374e1.jpg

浴室は空いていて、露天風呂はずっと独占だった。
DSC_1922_201604202134098cd.jpg

弱アルカリ性の温泉で、源泉は60℃以上だが、湯温はそれほど熱くなく、ゆっくり浸かることができた。
海もかろうじて見えた。
DSC_1921_201604202134399de.jpg

さーて、お腹が減ったぞ~。
和食を予約しておいたので、地下1階のグリルへ。
エレベーターのボタンが、びっくりするほどデカかった。
DSC_1924_20160420213411385.jpg

食事は、訓練を受けたウェートレスが一皿一皿お給仕をしてくれる。
DSC_1925_20160420213412b81.jpg

まずはきめの細かい泡がうれしい生ビール。
DSC_1930_201604202133486a2.jpg

先付の若草豆腐と、鮭と青菜に続いて、前菜。
エビとイカ木の芽和え、ハマグリ時雨煮梅かゆ、鴨サラダ、わらび、数の子、花ユリ根
DSC_1928_2016042021341374c.jpg

お造りの3点盛り。マダイとなんとか。忘れてしまった。
DSC_1929_2016042021341508b.jpg

煮物は金目鯛塩麹と高野豆腐、野菜の炊き合わせ。
DSC_1931_20160420213349a15.jpg

湯葉しんじょう、ワカサギ桜葉揚げ、竹の子など彩り野菜の天ぷら。
DSC_1932_20160420213351303.jpg

桜エビの御飯に赤だし、香の物。
DSC_1933_20160420213352e7a.jpg

デザートは桜餅。
DSC_1938_20160420213320f2a.jpg

コーヒーカップに富士山。初めて見たレモンつぶし。小鳥みたい。
DSC_1935_20160420213354815.jpg
どれも上品でおいしく、適量。贅沢な夕食だった。

帰りはちょっと館内を探検。展示などを見学する。
これは富士山と噴煙を上げる大島をデザインしたオリジナルのお皿。
DSC_1939_201604202133227cb.jpg

戦後、米軍に接収されていた頃。
DSC_1940_20160420213323e88.jpg

改修前の川奈ホテル。
DSC_1941_20160420213325999.jpg

ここで、橋本龍太郎首相とエリツィン露大統領の首脳会談が1998年(平成10年)4月に行われた。
DSC_1943_20160420213326319.jpg

案内板の文字が独特。へたうまというか何というか。
DSC_1945_20160420213255f07.jpg
DSC_1952_20160420213302541.jpg

1階第2ロビー。
DSC_1946_20160420213256dae.jpg

メインロビー。
DSC_1950_20160420213258890.jpg

サンパーラー。
DSC_1951_20160420213259bb9.jpg

大理石の階段。
DSC_1953_20160420213231c15.jpg
部屋に戻ると、あっという間に寝てしまった。

朝食は1階のメインダイニングルーム。
DSC_1960_20160420213205326.jpg

今度は洋食にしてみた。
DSC_1957_2016042021323424b.jpg
DSC_1958_2016042021323570b.jpg
DSC_1959_2016042021323791f.jpg
こちらも言うことなし。

サンパーラーから外に出て、ホテルの外観を撮ろうとしたら、いきなり雨が降ってきたので急いで退散。
DSC_1962_201604202132067bd.jpg
この日は午後まで風雨の強い1日となった。
仕事を済ませ、午後6時過ぎには帰宅した。
無事、天城山のリベンジを果たし、あこがれのホテルにも泊まれたので、いい旅であった。

【行程】2016年4月16日
登山口(10:57)~四辻(11:16)~万二郎岳(12:06昼食12:36)~馬の背(12:58)~石楠立(13:19)~万三郎岳(13:50休憩14:08)~涸沢分岐点(14:52)~四辻(16:02休憩16:08)~登山口(16:27)
※所要時間:5時間30分(歩行時間:4時間35分)コースタイム:4時間15分
※登った山:2座(新規なし)
※歩行距離:8.3km
このページのトップへ

2016天城山(中)

【2016年4月16日(土)】天城山
万二郎岳(1299m)を下り、鞍部から登り返し。
アセビの花が満開だ。
DSC_5721_201604190653355de.jpg

振り返ると、万二郎岳のまあるい山容が姿を現した。
DSC_5722_20160419065336a50.jpg

木のはしごを登ると、展望が開けた。1325m標高点だ。
DSC_5723_20160419065338260.jpg

風車が並ぶのは箒木山(1024m)だろうか。
DSC_5724_20160419065339538.jpg

万二郎岳も今度ははっきり見えた。
DSC_5726_20160419065340c14.jpg

万二郎から北東に延びる1187m標高点のあるなだらかな稜線。
DSC_5727_20160419065313020.jpg

わすかに下ると馬の背に出る。
DSC_5728_20160419065315b3e.jpg

ここからは北側の眺望が得られた。
天城高原ゴルフコースを従えた遠笠山(1197m)。
DSC_5729_201604190653166a1.jpg

伊豆高原方面。
DSC_5731_20160419065319c76.jpg

その中央に見える塔は天城霊園だろうか。
DSC_5730_2016041906531753a.jpg

こちらはリフトで登れる大室山(580m)。
DSC_5732_20160419065252a38.jpg

さて前進しよう。
DSC_5733_20160419065254329.jpg

馬の背の名の通り、しばらくは平坦な道。
DSC_5734_20160419065255f76.jpg

やがてアセビのトンネルに入る。
DSC_5735_201604190652579f4.jpg

えぐれた道が続く。
DSC_5736_20160419065258bcc.jpg
DSC_5737_20160419065231d96.jpg

まさにトンネルの状態。
DSC_5739_20160419065232351.jpg
DSC_5741_20160419065235c89.jpg

振り返ると、おじさんが追いついて来た。
DSC_5740_20160419065234b09.jpg

このタイプの標識がコース上にずっと設置されていた。
DSC_5742_2016041906523751f.jpg

トンネルを抜けると、はしごの下り。
DSC_5744_201604190652098cd.jpg

おお、正面に万三郎岳(1405m)が見えてきた。
DSC_5743_2016041906520714b.jpg

下り切った鞍部が石楠立。これで「はなだて」と読む。
DSC_5745_20160419065210a35.jpg

しかし、近くに石楠花(シャクナゲ)は見当たらない。
DSC_5746_20160419065212666.jpg

ここから、万三郎までは標高差150mほどの登り。
DSC_5748_20160419065144108.jpg

馬の背を振り返る。
DSC_5747_20160419065213c23.jpg

20mほど登ると、また平坦になる。
DSC_5749_201604190651452d1.jpg
DSC_5752_201604190651489ed.jpg

このあたりは木の根の張りが激しい。
DSC_5750_201604190651470ff.jpg
DSC_5754_20160419065150d24.jpg

その関係で、埋まっていた土から出てきてしまったのか、何十年の前のものと思われる古い空き缶が露出していた。
DSC_5755_20160419065120621.jpg

引き続き、木の根シリーズ。
DSC_5756_20160419065122571.jpg
DSC_5757_2016041906512391c.jpg

60mほど登ると、再び平坦に。いいリズムだ。
DSC_5758_20160419065125a7b.jpg
DSC_5760_2016041906505764a.jpg

穴だらけのヒメシャラがアートのよう。
DSC_5759_20160419065126498.jpg

この低いのはヒメシャラの赤ちゃんかな。
DSC_5761_20160419065058688.jpg

頂上直下までは、踏み固められた道。
DSC_5762_20160419065100056.jpg
DSC_5763_201604190651026d6.jpg

そして、いよいよ最後の登り。
DSC_5764_201604190651031ba.jpg

やっと右手にシャクナゲを発見した。
DSC_5765_201604190650358e0.jpg

時折、すれ違う人がいるのだが、彼らは八丁池方面から縦走してきたのだろうか。
それともシャクナゲコースを逆回りしているのだろうか。
DSC_5766_2016041906503613a.jpg

いよいよピークも見えてきた。
DSC_5767_20160419065038c23.jpg

頂上直前で右手の展望が開けた。
伊東市街の沖に初島が浮かんでいる。
DSC_5768_201604190650390dd.jpg

初めて、遠笠山の全貌がすっきりと見えた。
DSC_5770_20160419065041bd8.jpg

最後の急登。
DSC_5771_20160419065011ebf.jpg

13:50万三郎岳に登頂。
DSC_5772_20160419065013ab3.jpg

ほぼコースタイム通り、1時間15分かかった。
DSC_5777_201604190650155f7.jpg
2歳くらいの小さい男の子が走り回っていて、転んで泣いていた。
パパが背負子で担いできたようだ。

ここは一等三角点。やはり格好いい。
DSC_5780_2016041906494698d.jpg

「弥栄の神」と刻んだ石碑もあった。
DSC_5781_2016041906494893e.jpg
昭和48年の建立のようだが。建立者も建立の目的もよく分からなかった。

20分近く休憩。行動食のワッフル風のお菓子を食べる。
DSC_5779_20160419064945da8.jpg
改めて考えてみると、百名山で2度以上登ったのは、筑波山、雲取山、那須岳、八ヶ岳、甲武信ヶ岳、金峰山、瑞牆山、大菩薩嶺、丹沢山に次いで10座目だ。

ちなみに、頂上の道標のところに「KTK」の銘のあるレンガがあった。
DSC_5778_20160419065017614.jpg
調べてみたら、そんなに古いものでもなく、京都陶芸機材なる会社が扱っているものらしいが、それがなぜここにあるのかは謎だ。

子連れのパパママたちのグループ(6~7人)も出発したようなので、こちらも出発しようかと思ったら、ベンチにカメラのキャップが置きっぱなしになっている。
もしかして彼らの忘れ物かなと思い、持っていくことにした。
たぶん、どこかで追いつくだろう。
DSC_5776_201604190650147f4.jpg

最初はちょっと下るが、しばらくは平らな道。
DSC_5782_20160419064949195.jpg
DSC_5783_20160419064951f82.jpg

右手がちょっと開けて、うっすらと真鶴半島が望めた。
DSC_5784_201604190649226aa.jpg

5分もかからずに万三郎岳下の分岐点を通過。
DSC_5785_20160419064923200.jpg

周回コースは右。いずれ八丁池経由天城峠まで縦走しなければなるまい。
DSC_5786.jpg

このあたりはブナの林が美しい。
DSC_5787_2016041906492638d.jpg
DSC_5788_2016041906492869f.jpg

こちらは用を足すのに最適な茂み。
DSC_5789_201604190648591fe.jpg

間もなく、右へ急な階段を下りていく。
DSC_5790_2016041906490068c.jpg
この下り口は記憶にある。
ここが分岐だという記憶があったが、違った。
やはり人の記憶など、あてにならないと実感する。

とにかく歩きにくい階段が延々と続く。
DSC_5793_20160419064903153.jpg

彼もこの下りにうんざりして休んでいるのだろうか。
DSC_5792_20160419064902edf.jpg

馬の背から北に延びる尾根を望む。
DSC_5794_2016041906490584a.jpg

例の標識。
DSC_5795_201604190648350c4.jpg

黄色いヒメシャラたちをすり抜けていく。
DSC_5796_201604190648361b4.jpg

おなじみ遠笠山。
DSC_5797_20160419064838f79.jpg

なおも階段。
DSC_5798_20160419064839804.jpg

特定不能の稜線。
DSC_5799_20160419064841f93.jpg

気になったあれこれ。
DSC_5800_201604190648135c9.jpg
DSC_5801_201604190648141ca.jpg
DSC_5802_20160419064816d44.jpg

やっと下りも一段落しそうだ。
DSC_5803_20160419064817854.jpg

下り始めてから25分ほどで、道はようやくトラバースに転じた。
DSC_5804_201604190648195b9.jpg
DSC_5805_20160419064745da4.jpg

この辺もブナ林である。
DSC_5806_20160419064746601.jpg

道の屈曲点に「一名 裏見の滝」という壊れた標識があったが、「一名」の意味がよく分からない。
DSC_5807_201604190647489b9.jpg
どう行けば、裏見の滝に行けるのかも分からない。
道が分かりにくくなっていて行かせたくないなら、古いものは撤去した方がいいように思う。

まあ、あまり気にせず通過。
DSC_5808_20160419064750717.jpg
DSC_5809_20160419064752722.jpg

再び涸沢を渡る。
DSC_5810_20160419064721f5b.jpg

トラバースになってからは歩きやすい道だ。
DSC_5812_2016041908075636b.jpg

頂上から45分ほどで、涸沢分岐点に到着。
DSC_5813_201604190647240b6.jpg

この区間もほぼコースタイム通りだった。
DSC_5814_20160419064726191.jpg

ほんのちょっぴり休憩。枝豆を食べる。
DSC_5815_2016041906472783d.jpg

そして先を急ぐ。
DSC_5816.jpg

次第に道が暗くなる。
木の根が大きな岩を抱きかかえていた。
DSC_5817_20160419064701603.jpg
DSC_5818_20160419064703e7b.jpg
DSC_5819_2016041906470422f.jpg

(つづく)
このページのトップへ

2016天城山(上)

【2016年4月16日(土)】天城山
この週末は伊東市で仕事があったのだが、日曜日だけ出ればよくなったので、空いた土曜日は天城山に登ることにした。
天城山は2012年の11月、高校の同級生O君、ブログの師匠おつ山さんと初めて登った山なのだが、あの日はあいにく雨模様でほとんど展望を楽しむことができなかった。
極力登ったことのない山に行く主義だが、展望に恵まれなかった場合は話が別。
今回、予報では快晴マークだったので、リベンジにすることにした。

朝6:40に出発。8:26東京発のこだま639号に乗り込む。
自由席はガラガラだったが、品川や新横浜で続々と乗ってきて、結構埋まってしまった。
熱海には9:14着。待ち時間が24分あったので、この間に昼食を調達。
乗り換えの電車は9:38発の普通伊豆急下田行き。
車両は、リゾートドルフィン号だった。
DSC_1911_2016041806211766f.jpg
DSC_1910_201604180621162a2.jpg
こちらも最初はガラガラだったのに、発車時間が近づくと、どんどん団体さんが乗り込んできて、満席になってしまった。

初島など車窓の眺めを楽しみながら、伊東には10時ちょうどに到着。
DSC_1915_20160418062119200.jpg
すぐに駅前のトヨタレンタカーに向かう。
登山口の天城高原までは車で行く。

ルートはナビにお任せで、10:45頃、登山口の駐車場に着いた。
DSC_5646_201604180620516ad.jpg

うん、確かに見覚えがある。
DSC_5645_201604180621203bd.jpg
さすがにこの時間だけあって、ほぼ満車状態だった。

トイレとストレッチを済ませて11時前に出発。
DSC_5647_2016041806205211a.jpg

ここは標高約1045m。万二郎岳の山頂は1299mなので、標高差は250mほど。
DSC_5648_20160418062054375.jpg
今回も前回と同様シャクナゲコースの周回ルートをとる。

まずは若干の下り。
DSC_5649_20160418062055f5b.jpg

真新しい木橋を渡る。
DSC_5650_201604180620577ea.jpg
3年半前は丸太を縦に並べてあったので、その後架け替えられたのだろう。

小さな涸れ沢まで下ると、ピカチュウに似た砂防ダムがあるのは前回ともちろん同じ。
DSC_5654_20160418062029188.jpg

涸れ沢はしっかりと苔むしている。
DSC_5655_2016041806203038a.jpg

ここからはなだらかな登りとなる。
DSC_5656_20160418062032c06.jpg

石のゴロゴロした歩きにくい道を進む。
DSC_5658_20160418062033831.jpg
DSC_5659_20160418062035fb2.jpg

さっそく、元気なヒメシャラの木。
DSC_5660_20160418062005d94.jpg
これは前回も撮影していた。

再び木橋を渡る。
DSC_5661_2016041806200745a.jpg

その後は少しずつ高度を上げていく。
DSC_5664_2016041806200876b.jpg

えぐれた箇所を抜けると、またまた大きなヒメシャラ。
DSC_5665_2016041806201060e.jpg

ツバキ科の落葉高木で神奈川県以西に分布する。
DSC_5666_20160418062011743.jpg
幹は淡赤黄色で肌はなめらか。夏に2cmほどの白い花をつけるという。

その先ではアセビがスズランのような白い小さな花を鈴なりに咲かせていた。
DSC_5667_20160418061935358.jpg

だらだら登り。
DSC_5668_2016041806322917f.jpg

登山口から標高差30mほど登って、20m下ったところが四辻。20分ほどで着いた。
DSC_5670_20160418061938f4a.jpg

ここに「ひとり一石運動 ボッカのお願い」と書かれた看板があったが、何のためにどこまで運べばいいのか全く不明。
DSC_5671_20160418061939b74.jpg
そこを丁寧に説明してほしかった。

休憩はせずに通過する。
DSC_5672_201604180619414b0.jpg
DSC_5673_2016041806190856c.jpg

この先で左手に沢が現れた。
DSC_5674_20160418061910924.jpg

前回は、こんな沢に出会った記憶はないのだが。
DSC_5677_20160418061913ed4.jpg

ましてや、渡渉した覚えもない。
DSC_5678_201604180619149a0.jpg

こんな岩も前回の写真には写っていない。
DSC_5676_20160418061911320.jpg

若干ルートが変わったのだろうか。
DSC_5679_20160418061843ae9.jpg

しかし、この場面は記憶にも写真にもある。
DSC_5680_20160418061844ce1.jpg

また元の道に合流したようだ。
DSC_5683_20160418061849023.jpg

でも、旧道らしきものには気づかず通り過ぎてしまった。
DSC_5682_20160418061847ba3.jpg

このあたりで、木々を透かして、北東に位置する遠笠山(1097m)が見えてきた。
DSC_5684_20160418061818921.jpg

電波塔のある頂上まで車道なのだが、いつかは登りたい山だ。
DSC_5681_2016041806184678f.jpg

小腹が空いたので、ちょっと立ち休みして、石屋製菓の「美冬」を1個いただいた。
DSC_1909_2016041806211557d.jpg

さっきの涸れ沢を過ぎてしばらくすると道は急登となる。
標高差150mを一気に登る。
頂上に近づくと、路面がさっきまでの丸石から板状の石に変わった。
DSC_5685_20160418061820a6e.jpg

そしてずっと気になっていたのだが、木の階段がわりと新しいのに、用をなさなくなっている箇所が非常に多い。
DSC_5686_20160418061821a0f.jpg
登山道の階段は、どこも登山者や雨などによって大きな負荷がかかるものだが、ここは破損してしまうのが早すぎる気がする。
工事を発注したであろう行政や施工業者は反省すべきだ。

間もなく緩斜面になってきた。頂上は間もなくだ。
DSC_5687_2016041806182314a.jpg

頂上直下に、南東の箒木山(1024m)への古い道標がある。
DSC_5688_20160418061825d09.jpg
そちらの道は地形図にはあるが、「山と高原地図」には破線すら引かれていない。
踏み跡があるのかどうか確認するのを忘れてしまった。

そして正午すぎ万二郎岳に登頂、
DSC_5689_20160418061754f44.jpg
所要時間は1時間10分。コースタイム通りだった。
前回は雨にもかかわらず大勢の人がいたが、今回はちらほら。
登り始めたのが遅かったので、ほとんどの人はもう万三郎岳まで進んでしまっているのだろう。
おかげでわりと静かな登山が楽しめた。

いい時間なので、ここでお昼にする。
南面する岩場に腰かけて、コンビニのおにぎり2個(竹の子ご飯と鮭稲荷)、ゆで卵、笹かまをいただく。
間もなく10人近い団体さんが到着して、私のそばの岩場に近づいてきた。
なんかうるさそうで嫌だなあと思ったが、別のところに移ってくれたので助かった。

お腹がふくらんだところで眺望を撮影。
樹林に阻まれ、見えているのはわずかに南から西方面。
まずは南に東伊豆の海岸線。
DSC_5692_20160418061758cd0.jpg
最奥に突き出しているのは爪木崎と思われる。

南西方面。左端は三筋山(821m)だろうか。
DSC_5690_201604180617551d2.jpg

その右。中列の右端は青スズ台(1237m)のような気がする。
DSC_5693_20160418061759431.jpg

西の突起は天城山の最高峰、万三郎岳(1405m)。
DSC_5691_20160418061756992.jpg
前回見えなかったのが見えてうれしかったが、やや霞んでいるのが残念だった。

頂上に三角点はなかったが、「御料局測点」と書かれた石柱があった。
DSC_5695_201604180617283ab.jpg

裏面には「第八号」とある。
DSC_5696_201604180617300a5.jpg
御料局とは、皇室財産を管理するため明治18年(1885年)に設置された役所のこと。
このあたりはかつて御料林があったということなのだろう。

30分ほど休んで、万二郎岳を後にする。
DSC_5697_20160418061731759.jpg
DSC_5699_201604180617321de.jpg

万三郎岳までは、あと2.1kmだそうだ。
DSC_5700_20160418061734f00.jpg

正面に木々を透かして、馬の背と万三郎岳が見える。
DSC_5701_20160418061702d36.jpg

それはいいのだが、しばらくは急な下り坂でもったいない。
DSC_5702_20160418061704973.jpg

赤い芽が膨らんでいるが、これは何だろうか。
DSC_5704_20160418061706348.jpg

少し下ったところで、展望が開けた。
DSC_5706_20160418061709261.jpg

頂上の眺望とそれほど変わらないが、木々がない分すっきり見える。
DSC_5705_20160418061707722.jpg

とにかく復習。馬の背と万三郎(左)。
DSC_5707_20160418061634bf4.jpg

三筋山方面。
DSC_5709_20160418061636f9d.jpg

引き続き、急な下り。
DSC_5711_20160418061637fbf.jpg
DSC_5712_20160418061639c67.jpg

アセビの花は今が見頃のようだ。
DSC_5713_20160418061640d38.jpg

下り切ると、ほぼ平坦な道となる。
DSC_5714_20160418061606cb7.jpg
DSC_5715_2016041806160898d.jpg

この岩は何だか人の(妖怪の?)顔に見える。
DSC_5716_201604180616095ab.jpg

しばらく平ら。
DSC_5717_20160418061611068.jpg

こういう道があるとちょうどいい休憩&調整となる。
DSC_5718_20160418061612af2.jpg

なおも平らでありがたい。
DSC_5719_201604180615479a4.jpg
DSC_5720.jpg

(つづく)
このページのトップへ

琴平丘陵(下)

【2016年4月10日(日)】琴平丘陵
大山祇(おおやまつみ)神社を過ぎて、しばらくなだらかなハイキングコースを歩く。
CIMG1548_20160415234755b0f.jpg
CIMG1549_20160415234756119.jpg

道は次第に登りとなる。
CIMG1550_2016041523475878a.jpg

竹田宮恒久王(1882~1919年)の台臨を記念した明治45年(1912年)建立の石碑。
CIMG1551_2016041523475963f.jpg
恒久王は近衛騎兵連隊に属し、日露戦争に従軍。
ここ武甲山で射撃演習を行った旨、銘文には書かれている。

間もなく399mピークに登頂。
CIMG1552_201604152348010ad.jpg

立派な三角点があるのに、山名がないのが残念だ。
CIMG1553.jpg

ここからはまたしばらく下り。
CIMG1554_201604152347359fa.jpg

道端にはヤマブキの花。
CIMG1556_201604152347368be.jpg

そして若葉。
CIMG1557_201604152347396dd.jpg

道はトラバースしながら下っていく。
CIMG1558_2016041523473992a.jpg

こんな里山にも熊が出るらしい。
CIMG1560_20160415234710f42.jpg

下り切って、集落へ向かう道とハイキングコースの分岐に出た。
CIMG1562_2016041523471104c.jpg

そこには山の神が祀られていた。
CIMG1563.jpg

「登山者の無事を見守る」と書かれている。ありがとうございます。
CIMG1564.jpg

秩父の地図をまとった石仏。
CIMG1565_20160415234716e4b.jpg

山の神を後にして、沢に沿って遡る。
CIMG1566_20160415234646e6f.jpg
CIMG1567_201604152346480fb.jpg

左手にはかつての畑の跡と思われる石垣が。
CIMG1568_201604152346498de.jpg

直進すると武甲山(1304m)への登山道ということになっている。
CIMG1569_20160415234651f06.jpg

でも、この道は昭和59年いっぱいで石灰岩採掘の範囲拡大のため通行禁止になった。
CIMG1570_20160415234653cb7.jpg

「武甲山入口」の石碑は、登山の長い歴史を伝えるためにあえて残してあるのだという。
CIMG1571.jpg

ここは鋭角に戻るように左折して、ハイキングコースを行く。
CIMG1572_20160415234622980.jpg

すぐ左に集落に行く道が分岐しており、わざわざ遠回りをさせられた感じ。
石碑を見せたかったのか、集落の中をハイキングコースが通るのを住民が嫌ったのか。
CIMG1574_20160415234624ab1.jpg

ベンチがあったが通過。
CIMG1576_20160415234625de3.jpg

羊山公園まで行くには、もう一つ小さなピークがあった。
CIMG1577_20160415234627cd2.jpg

再び馬頭観世音。この道はかつて巡礼や山仕事の道だったのだろう。
CIMG1578_20160415234557137.jpg

それにしても、道はよく踏まれている。
CIMG1579.jpg
CIMG1581_20160415234601880.jpg

ゴミ捨てするのはハイカーより地元の人なのだろう。
CIMG1580_201604152346009ef.jpg

左手に廃屋。
CIMG1582_20160415234603cbc.jpg
CIMG1583_2016041523453174c.jpg

いつの間にか、羊山公園に入ってきた。芝生の広場だ。
CIMG1584_2016041523453280c.jpg

林を抜けると、武甲山がその雄姿を現した。
CIMG1585.jpg
何度見ても痛々しいが。

ふれあい牧場ではサフォーク種の羊が飼育されていた。
CIMG1586_2016041523453530c.jpg
CIMG1587_20160415234537233.jpg
ここからはもう観光客のエリアだ。

仮設トイレに立ち寄ってから、お花畑へ。
多くの行楽客がお花見を楽しんでいる。
CIMG1589_2016041523450556b.jpg

芝桜の丘は桜も満開。
CIMG1590_201604152345071b5.jpg

芝桜は五分咲きといったところ。
CIMG1591_20160415234508c5f.jpg

GWにかけて地面は真っ赤に染まるのだろう。
CIMG1596.jpg

チューリップ畑もあって、その花びらの大きさにちょっと驚いた。
CIMG1593_20160415234511f1e.jpg
CIMG1592_20160415234510445.jpg
娘と撮影会を開いて、しばし観賞。
娘も喜んでいた。

さて、秩父路の特産市の会場に行って、ひと休み。
CIMG1599.jpg
休憩所のベンチに座って、ソフトクリームをいただく。
前日、日光で食べた黒ごまはちょっと甘すぎたので、今日はオーソドックスにバニラにした。

あとで気づいたが、こんな店もあった。
CIMG1600_20160415234444d55.jpg
埼玉県で一番おいしいとのことなので、話のネタに、こちらにすればよかった。

10分ほどで出発。
CIMG1598.jpg

桜並木の道を下っていく。
CIMG1601.jpg
CIMG1602_2016041523441114a.jpg

お花見のお客さんがみんな楽しそうに春の休日を楽しんでいた。
CIMG1603_20160415234413499.jpg

車道を離れて、遊歩道に移る。
CIMG1604.jpg

その分岐に再び大山祇神社。
CIMG1605_2016041523441676f.jpg

無事下山のお礼をして、急坂を下る。
CIMG1606.jpg
CIMG1608_20160415234347033.jpg

この道の下を西武線がトンネルでくぐっている。
CIMG1609.jpg

その沿線を桃や桜が彩っていた。
CIMG1610_201604152343512d3.jpg
CIMG1611_2016041523435292d.jpg

この坂は松坂(まっつぁか)と呼ばれ、神社のあった場所は松坂峠といったそうだ。
CIMG1614_20160415234353846.jpg

気が付かなかったが、そこにあるツガやヒノキは札所12番野坂寺の和尚が植えたものだとか。
若者の願いが叶うようにと抱き合わせて植えたもので、「思いやりの木」と呼ばれているという。
CIMG1616_20160415234323e36.jpg

さあ、下界に下りてきた。
CIMG1615_20160415234321d8b.jpg

右手に隠れ家的な旅館「比与志」。
CIMG1617.jpg

古い石仏や石塔が散在する通りを西武秩父駅に向かう。
CIMG1618_20160415234327ddd.jpg
CIMG1619_2016041523432723d.jpg

娘が見つけた極小の仏様(上)。
CIMG1620.jpg

旧秩父市のマンホール。
CIMG1621_20160415234302bc8.jpg
「父」の字を図案化した市章と、旧市の鳥ヤマバトと旧市の花きぶね菊。

地蔵大菩薩。
CIMG1622.jpg

ちょうど午後2時に西武秩父駅に到着。
CIMG1625_20160415234305315.jpg
特急は14:25なので待ち時間がありすぎる。
14:08の各駅停車飯能行きに乗ることにした。
空きボックスはなかったが、進行方向を前にして座れるボックスがあったので、そこに座る。
私は歩いている途中、花粉症による鼻水がひどく、ハンカチを完全なぬれタオルにしてしまったが、娘は電車に乗ってからがひどかった。
鼻が水道のように出てくるので眠れなかったみたいだ。

飯能で乗り換えて、小手指に15:24着。
家には16時前に到着した。
歴史と花を楽しみ、花粉症に苦しんだハイキングだった。

【行程】2016年4月10日
影森駅(10:12)~大渕寺(10:25)~護国観音(11:02休憩11:07)~岩井堂(11:32参拝11:36)~長者屋敷跡(11:55昼食12:12)~399m三角点(12:31)~武甲山入口(12:49)~羊山公園(13:13散策・休憩13:30)~西武秩父駅(14:01)
※所要時間:3時間49分(歩行時間:3時間20分)コースタイム2時間20分
※登った山:1座(長者屋敷跡)
※歩行距離:6.3km


このページのトップへ

琴平丘陵(中)

【2016年4月10日(日)】琴平丘陵
秩父札所27番大渕寺の裏山にある護国観音の足元で5分ほど休憩。
ベンチに腰掛けて、眺望を楽しむ。眼下に影森の集落。
CIMG1465_20160415055104e28.jpg

北西には城峯山(1038m)。
CIMG1466_20160415055105e91.jpg

その左に、御荷鉾山(1286m)。
CIMG1468.jpg

そのさらに左には、両神山(1723m)が全容を現した。
CIMG1467_20160415055107a8e.jpg

観音様の足元には、焼き物のカエルと線刻があった。
CIMG1469_201604150551102ab.jpg

桜も今日で見納めだろう。
CIMG1470_2016041505504163b.jpg

出発して、26番札所の岩井堂に向かう。
CIMG1471_20160415055042096.jpg

この先は小刻みなアップダウンだが、いきなりクサリ場が現れた。
CIMG1473_2016041505504435e.jpg

娘はまあまあ危なげなく下っていた。
CIMG1475.jpg

左手に秩父市街。
CIMG1474.jpg

植林の中を進んでいく。
CIMG1476_201604150550162ba.jpg
CIMG1478_20160415055018768.jpg

ここはわりと気軽なハイキングコースなのでハイカーは結構多かった。
CIMG1479.jpg

標高約350mの一つ目のピーク。
CIMG1481.jpg

と数え始めたらキリがないので止めておく。
CIMG1482.jpg
CIMG1483.jpg

と言いながら、二つ目にピーク。
CIMG1484.jpg

右手に鉱山の関連施設。
CIMG1487_201604150549572c3.jpg

鞍部は切通しの峠道になっているが、それを鉄の橋で渡る。
CIMG1490_20160415054929392.jpg
CIMG1489_20160415055000c34.jpg

そのすぐ先に石祠や灯籠のようなものが残されている。
CIMG1491_2016041505493016f.jpg
CIMG1492.jpg

岩井堂はこの階段を登ったところにあるようだ。
CIMG1493_20160415054933490.jpg

登る前に、季節外れの大きなキノコを発見。
CIMG1494_20160415054935491.jpg

百万遍の石碑を左に見て、階段を登る。
CIMG1496_201604150549039c5.jpg
CIMG1497.jpg

お~何だか小さい清水寺のようだ。
CIMG1498_20160415054906ecd.jpg

斎所山というのは、このあたりのことのようだが、どこがピークなのかよく分からない。
CIMG1500.jpg

古い灯篭。
CIMG1501_201604150549098d7.jpg

岩井堂の背後はチャートの岩陰。
CIMG1502_201604150548371ac.jpg

32番法性寺の雰囲気とも似ている。
CIMG1503.jpg

閻魔様?
CIMG1504.jpg

岩井堂の正面に回る。
CIMG1505_20160415054842d91.jpg

「二十六番岩谷堂 補碇厳」と判読できるが、「補碇厳」とは何のことかわからない。
「補陀落」とは違うのか。
CIMG1506_20160415054843bad.jpg

ここには畠山重忠の掲額があった。
CIMG1507_201604150603523df.jpg
作者は月影堂にあったものと同じ「秩父宮側 三千女」。
秩父宮側とは秩父宮の側室という意味だろうか。

正面の扉の中央には個人の名前の千社札が貼り付けてあった。
CIMG1508_201604150548103d8.jpg
こういうのはあまり感心しない。

御詠歌「たつねいりむすぶしみづのいわゐどう こころのあかをすすがぬはなし」が刻まれた扁額が掲げられていた。
CIMG1509_20160415054812895.jpg
「いわゐどう」とはもちろんここ岩井堂のこと。
「万松山圓融寺」はふもとにある寺を指す。

岩井堂を後にして前進。
CIMG1510_201604150548139ba.jpg

岩を削ってつくった階段を登る。
CIMG1512_2016041505481614f.jpg

岩井堂を振り返る。
CIMG1511_20160415054815cca.jpg

登り切った左手に小ピークがあったので、娘を待たせて行ってみた。
CIMG1514_20160415054744bca.jpg
三つ巴の家紋が木に巻き付けてあったが、なぜここにあるのかはよく分からない。
ここが斎所山だろうか。

この先には大仏様。
CIMG1515_20160415054745950.jpg

そして石灯籠。
CIMG1516_20160415054747053.jpg

さらに奥には修験堂があった。
CIMG1517_201604150547494d2.jpg
お腹が空いたので、ここで休もうかと思ったが、気持ちよく座れそうもないので、もう少し我慢する。

ここは四方に門の名前がついており、正面は妙覚門。
CIMG1519.jpg
CIMG1520.jpg

中央の柱には念仏と干支が書かれた「マニ車」のようなものがあった。
CIMG1522_201604150547202bf.jpg

修験道の道場だっただけあって、急峻な断崖の上に建っている。
なので、この先は急な階段。
CIMG1523.jpg
CIMG1527_201604150547254c9.jpg

娘もおそるおそる下っていた。
CIMG1525_20160415054723a5b.jpg

この先しばらくは、なだらかなアップダウン。
CIMG1528_201604150546333be.jpg
CIMG1529_20160415054635def.jpg

お腹が空いたので早く休みたいのだが、ベンチがない。
CIMG1530.jpg

結局、琴平ハイキングコースで最も標高が高い(約410m)長者屋敷跡まで来てしまった。
もう正午近い。
CIMG1532_20160415060354ea9.jpg

ここには東屋があったが、先客がいる。
CIMG1535_201604150546059bc.jpg
娘も私も人見知りなので、あまり同じ空間には入りたくなかったが、ほかに休む場所もなく、我慢して東屋の中に入る。
でも、先客のおばさん3人は意外に静かに会話をしていて、やかましくなかった。

本日のメニューはおにぎり2個とピリ辛きゅうり。
CIMG1533_20160415054638bc3.jpg
この漬物がヒットだった。

ゆっくり食べたが、必ずしも居心地がいいわけでないので、食べ終わったらすぐ出発。
長者屋敷の石碑のまわりで6、7人のグループがお店を広げていたが、「すいませ~ん」と言って写真を撮らせてもらった。
CIMG1534_201604150546392d8.jpg

このあたりにはツツジが咲いていた。
CIMG1536.jpg

帽子の落とし物。汚れていないので、さっき落としたものかもしれない。
CIMG1537_20160415054606a5e.jpg

しばらくは下り。
CIMG1538_201604150603562e2.jpg

これは名のありそうな岩だと思ったら
CIMG1539_20160415054608116.jpg

べっとく岩というそうだ。
CIMG1540_20160415054609c97.jpg

随分腫れぼったい目をした仏様だこと。
CIMG1541_2016041505461149e.jpg
「虫に刺されたのかなあ」と娘。
左目の下から亀裂も入っていてブラックジャックのようだった。

そのすぐ先に馬頭観世音。
CIMG1542_20160415054544c07.jpg

続いて大山祇神社。
CIMG1543_20160415060358602.jpg
この神社は明治27年(1894年)、武甲山登拝者と山仕事に入る村人の守護神としてもっと山奥に建てられたそうだが、秩父セメント(当時)の開発に伴い、昭和60年、当地に遷されたとのこと。

自然石をくり抜いたかわいい手水鉢がぽつんと置いてあった。
CIMG1546_201604150545468f0.jpg

このすぐ近くに箪笥岩なる景勝地があるらしいのだが、見逃してしまった。
CIMG1547.jpg

(つづく)
このページのトップへ

琴平丘陵(上)

【2016年4月10日(日)】琴平丘陵
今日は久しぶりに娘(23)とハイキングである。
しばらく運動していないから軽いところにしてほしいとのリクエストだったので、秩父の琴平丘陵にした。標高差はせいぜい150mほどだ。
帰りは羊山公園を経由するので、芝桜も楽しめる。
スタート地点の影森駅周辺に車を置ける場所があるかどうか分からなかったので、電車で行くことにした。

当初は新所沢から乗って、所沢で特急に乗り換えるつもりだったが、同じような時間で小手指から三峰口・長瀞直行の特別快速が出ていることが分かったので、それに乗ることにした。
8:36発なので、朝食を食べて8:10に自転車で家を出発。
駅前のコンビニで昼食を調達して、電車を待つ。

ちょっと嫌な予感はしたのだが、直通列車はすでに満席で立っている人も多い。
立ったまま影森まで行くのはちょっときつい。
次の入間市で特急に乗り換えることも考えたが、特急も満席だったら万事休すなので、飯能まで我慢して様子を見ることにした。
多少は下りてくれて、席が空くかと期待したが、ほとんど動きなし。
やはり直通電車に乗るくらいだから、みんな秩父までは行くよなあ。

仕方ないので、ここで下車。
次の特急ちちぶ7号の掲示を見ると、「空席あり」となっている。
助かった。でも、発車は9:13だから、あと20分以上ある。
これに乗っても、西武秩父で今乗っていた直通電車に乗り換えることになるのだが、ちゃんと追いついてくれるのかと、ちょっと不安になった。
でも、改めて検索すると大丈夫なようだ。
こんなことなら当初の予定通り、新所沢発にすればよかったが、多少運賃を節約できたので、よしとしよう。

西武秩父駅での乗り換え時間は3分。
かなりあわただしかった。
さっき乗っていた三峰口行きに乗車。
まだ空のボックス席はなかったので、乗降口横の席に座る。

10時ちょうどに影森駅に到着。
CIMG1386.jpg

ここは武甲山(1304m)で産出した石灰岩の搬出駅だ。
CIMG1384_20160414062343ddc.jpg
娘は昭和の雰囲気に興奮気味。古いものが嫌いではないようだ。

改札はないらしく、ホームの券売所で清算。
CIMG1387_20160414062346a0b.jpg
秩父鉄道はSUICAが使えないので、秩父鉄道分(1人170円)のみ支払い、西武線区間については未払い証明書をもらって外に出る。

この地下通路もかなり渋い。
CIMG1388_20160414062347547.jpg

駅舎は修理中で駅名標が地面に下ろされていた。
CIMG1389_20160414062349173.jpg

トイレで小用を済ませ、10時10分すぎに出発。
CIMG1390.jpg

線路に沿った道は旧秩父往還なので、古い家が多い。
CIMG1391.jpg
CIMG1396_2016041406225770b.jpg

すぐに栄町バス停を通過。
CIMG1392_20160414062322ec0.jpg

やきそばいまいは「4/1~5/10まで芝桜のためお休みします」の貼り紙。
CIMG1393.jpg
その期間中は羊山公園で出店しているということだろう。

これは昔床屋さんだったらしい。渋い洋館である。
CIMG1394_20160414062325145.jpg

娘は木の形に反応していた。
CIMG1395_2016041406225600d.jpg

分岐には延命地蔵尊。
CIMG1397.jpg

この新井屋は何屋さんだったのだろう。「新井」はこのあたりに多い姓だ。
CIMG1398_20160414062300a46.jpg

板塀の旧家の前に影森バス停。
CIMG1399.jpg

この手前で左折する。
CIMG1400_201604140622353aa.jpg

正面に武甲山を見ながら路地を南に向かう。
CIMG1401_2016041406223738d.jpg

板塀の中に建つ母屋。それほど大きくはなかった。
CIMG1402_20160414062238f7b.jpg

前日の日光に続き、秩父にもアカヤシオが咲いていた。
CIMG1403_2016041406224080b.jpg

秩父鉄道の踏切を渡る。
CIMG1404_201604140622416b8.jpg

左の一段高いところを走る線路は鉱山への引き込み線。
CIMG1405_20160414062212b80.jpg

まだまだ現役のようだ。
CIMG1406.jpg

正面に秩父札所27番の大渕寺。
CIMG1408.jpg

桜が満開だ。
CIMG1407_20160414062215c7a.jpg

境内に入る前に案内板を見ると、「影森用水」とある。
なになに。安政四年(1857年)、当時の上影森村の名主関田宗太郎が、戸数82戸の同村に井戸が2か所しかなく、飲み水にも困っていることを憂い、私財を投じて水路を設け、三輪谷から水を引いたとのこと。
その用水とはこれのことだろうか。
CIMG1412.jpg
やけに細い気もするが、わざわざこの位置に案内板を設置するということは、たぶんそうなのだろう。

門前の石仏に挨拶して、境内へ。
CIMG1411_201604140622188c5.jpg

踏切のカンカンという音が響きだしたので振り返ると、電車が通過して行った。
CIMG1413_2016041406215049b.jpg

この札所は明治、大正の火災で堂宇はすべて焼失してしまったが、平成7年に観音堂が再建されたという。
CIMG1416_201604140621514a6.jpg

山門をくぐると左手に延命水。
CIMG1421_2016041406215419e.jpg

この水を飲むと三十三か月長生きするという。
CIMG1420_20160414062153032.jpg
一口いただいた。まずまずかな。

その奥に鐘楼。
CIMG1422_20160414062123018.jpg

そして本堂。
CIMG1423_20160414062125b60.jpg

境内にはいろんな再建記念碑が並んでいた。
CIMG1425_20160414062126d07.jpg
CIMG1426_20160414062128621.jpg
CIMG1428_20160414062129441.jpg

階段を登って本堂の裏に回る。
CIMG1429_201604140620587a4.jpg

その上に新たに建てられたという観音堂(月影堂)。
CIMG1431.jpg

本日の安全登山を祈願する。
CIMG1435_2016041406203394b.jpg

側面には行脚僧宝明の事績を記した絵が奉納されていた。
CIMG1436.jpg

遥拝所に立つと、護国観音を仰ぎ見ることができる。
CIMG1434_2016041406210449a.jpg
CIMG1432_20160414062101e50.jpg
アカヤシオに囲まれている。

眼下には本堂。
CIMG1433_20160414062102811.jpg

石仏の脇をさらに登る。
CIMG1437_20160414062036282.jpg
CIMG1438.jpg

これらなど表情が実にユニーク。
CIMG1439.jpg
CIMG1440_201604140620039c9.jpg

この上の段には、歩兵七十五連隊通信隊戦没者之碑。
CIMG1441_2016041406200406c.jpg
フィリピンにおける激戦で数多くの犠牲者を出した通信隊の慰霊碑が昭和60年、現地ルソン島南部のバクサンハンに建立されたが、故あって日本に移され、平成9年にここ護国観音のもとに再建されたという。

この先は登山道となり、分岐の右手にはカタクリの群生地があるという。
CIMG1443_20160414062006a31.jpg

しかし、すでに終わってしまったのか、それとも群落自体が衰えてしまったのか、ほとんど数えるほどしか咲いていなかった。
CIMG1445_20160414062007166.jpg
娘に先週道の駅あらかわ近くで咲いていたようなカタクリを見せてあげたかったのに、ちょっと残念。

登山道に戻り、護国観音を目指す。
足元にはカタクリならぬスミレ。
CIMG1446.jpg

上から月影堂を見下ろす。
CIMG1447.jpg

娘が下手くそだなあとつぶやいた石仏。
CIMG1448_2016041406194054c.jpg
彼女によれば、「おれ下手だから無理だよう」と断ったのに無理やり作らされたものだそうだ。

急斜面をジグザグに登っていく。
CIMG1449_2016041406194204e.jpg
CIMG1451_20160414061945192.jpg

途中で、西に両神山(1723m)が見えてきた。
CIMG1450.jpg

間もなく尾根にのった。
CIMG1453.jpg

右手は361m標高点なのだが、コース外。
でも古い階段の遺構があるので、娘にはちょっと危ないかなとも思ったが行ってみた。
CIMG1454_201604140619188db.jpg

丸石で組んだ、なかなか立派な石組だ。
CIMG1455.jpg

しかし、頂上はきれいな更地になっていた。
CIMG1456.jpg

残っていたのはコンクリートの基礎の一部と、手水鉢と思しき石組のみ。
CIMG1458_20160414061851b05.jpg
CIMG1457_2016041406192242a.jpg
ここにあった堂宇も、大正8年(1919年)火災で焼失してしまったのだろう。
この火災は秩父鉄道の蒸気機関車の煤煙が原因だったらしい。

慎重に下って、登山道に戻る。
CIMG1459_2016041406185254c.jpg

巨大な三角岩や小さな石仏の前を進み、アカヤシオの花園へ。
CIMG1460_201604140618543e6.jpg
CIMG1461.jpg
CIMG1462_2016041406185772c.jpg

桜やツツジも満開で春爛漫。
CIMG1463_201604140618344ae.jpg

見上げれば、ちょっと琴将菊に似たコンクリート製の観音様。
CIMG1464.jpg
高さ16m。昭和10年(1935年)に建立されたそうだ。

(つづく)
このページのトップへ

鳴虫山(5)

【2016年4月9日(土)】鳴虫山
鳴虫山(1104m)に引き続き、外山(880m)に登頂。
DSC_5137_20160413211854b03.jpg

ここからはとても見晴らしがいい。
正面にその鳴虫山。
DSC_5126_2016041321194237f.jpg

南東は宇都宮方面。
DSC_5128_20160413211944126.jpg

眼下に日光市街。
DSC_5129_201604132119453bc.jpg
左端は高平山(830m)、その右奥は鶏鳴山(970m)。

そこをアップで。
DSC_5130_20160413211947c73.jpg

市街地のアップも。
DSC_5131_20160413211919efa.jpg

今市方面。奥はたぶん古賀志山(583m)。
DSC_5132_20160413211921de6.jpg

日光駅周辺。緑の大きな屋根は東武日光駅。
DSC_5133_201604132119220d9.jpg
左の赤い橋は霧降大橋。

さらにそのアップ。
DSC_5134_20160413211924b8b.jpg

改めて、東に裾野を延ばす鳴虫山。
DSC_5135_20160413211925bd5.jpg

社山(1827m)方面は若干木の陰。
DSC_5136_201604132118523ee.jpg

ここが山頂かと思っていたら、毘沙門堂の裏にまだ道があった。
DSC_5138_20160413211855534.jpg

こっちが本当の山頂だった。栃木百名山の62座目だ。
DSC_5139_201604132118570e3.jpg

石仏、石塔が林立している。
DSC_5140_20160413211859367.jpg
DSC_5142_20160413211826dc0.jpg
DSC_5146_20160413211830962.jpg

古い石祠。
DSC_5143_201604132118270af.jpg

騎馬像は珍しい。
DSC_5144_20160413211829ee9.jpg

三角点は三等。
DSC_5148_20160413211832c19.jpg

そして、北西に展開するのは日光連山。これは実に見事。
DSC_5149_20160413211803cef.jpg

ちょっと形が変わってしまったが、これが男体山(2486m)。
DSC_5153_201604132118083b5.jpg

その右に大真名子山(2375m)。
DSC_5152_2016041321180650e.jpg

そのさらに右は帝釈山(2455m)と女峰山(2483m)。
DSC_5151_20160413211805e67.jpg

赤薙山(2010m)と丸山(1689m)。
DSC_5155_20160413211809709.jpg
しばし、石仏の基壇に腰掛けて、うっとりと眺めていた。

しかし、もう3時半を過ぎているので、そうのんびりもしていられない。
10分ほどで出発。
DSC_5156_20160413211737a99.jpg

靴の紐を締め直して、さくさく下る。
DSC_5158_20160413211739793.jpg

もう1回だけ日光市街を目に焼き付けて。
DSC_5159_201604132117407fa.jpg

そして手すりのジグザグ道。
DSC_5160_201604132117429bb.jpg

この山はピストンだが止むを得まい。
DSC_5163_20160413211743395.jpg

走るように駆け下って、登山口に15分で下りてきたら、そこが三丁だった。
DSC_5164_20160413211713da8.jpg
1,2、4、7、8、9丁の丁目石は失われたようだ。
縁石に腰掛けて、また靴の紐を緩める。

さっきの稲荷川橋まで下ってきて、今度は左手の坂を登る。
目指すは日帰り温泉の「ほの香」。
峠には梅屋敷旅館の入口があった。老舗っぽい雰囲気だ。
DSC_5166_20160413211715f4e.jpg

その横に大きな馬頭観世音。
DSC_5167_201604132117160f8.jpg

その向かいには、日光山興雲律院の入口。
DSC_5168_201604132117186a0.jpg

門前の石仏と石柱が歴史の古さを語っていた。
DSC_5169_201604132117196a2.jpg
DSC_5170_20160413211646f04.jpg

これは作りかけか、作品なのか。
DSC_5171_201604132116474dc.jpg

日光霧降アイスアリーナまで下ってくると、小倉山国有林の看板。
DSC_5177_20160413211650318.jpg
DSC_5175_20160413211649d78.jpg

小倉山(754m)は地図に道は書かれていないが、登れそうな山だ。
DSC_5179_201604132116526ce.jpg

乗馬クラブ。白馬がりりしい。
DSC_5180_20160413211621fff.jpg

木彫りの里工芸センター。日光彫を体験できるのだろうか。
DSC_5181_20160413211623a1f.jpg

登山口から20分ほどで「ほの香」に着いた。
DSC_5182.jpg
ここは温泉だけでなく、イチゴ農園でもあるようだ。

高平山を望む場所である。
DSC_5184_20160413211626748.jpg

温泉施設の建物はとても小さい。
DSC_5185_20160413211627133.jpg

しかも、受付の人がおらず、自販機で買ったチケットは、すぐ横のカゴの中に入れよとのこと。
DSC_1846_201604132120063c8.jpg

これじゃあ、ずるしてタダで入ってしまう人が続出しそうだが、大丈夫なのだろうか。
私は当然500円支払った。
泉質はアルカリ性単純温泉でph8.8。源泉の温度は45℃。
DSC_1839_201604132120039ac.jpg

小さかったが露天風呂があったので、そちらでのんびり。
DSC_1841_20160413212004736.jpg

他にお客さんが入れ替わり立ち代りだったが、最も多くて4人だった。
上がったらもう5時。
さすがにもう山麓酒場は無理だ。帰宅が深夜になってしまう。
駅弁があったら買って、車内で食べよう。
その前にもうお腹が空いてきたので、予備食のパンを歩きながら食べてしまう。
DSC_1847_201604132120074da.jpg

最寄りの下丸美バス停で時刻を見ると、あと15分以上ある。
DSC_5188_20160413211555ae8.jpg

これなら歩いた方が早い。
DSC_5189_20160413211557e75.jpg
だんだん薄暗くなってきた。
スマホで検索したら、もう特急は運行していない。
区間快速浅草行きが17:39。ちょうどいいくらいの時間だ。

霧降大橋で大谷川を渡る。
DSC_5191_20160413211558a20.jpg

橋からの眺めがまた格別。
男体山と大真名子山。
DSC_5192_20160413211559c85.jpg

女峰山と赤薙山。手前はさっき登った外山。
DSC_5196_2016041321160179d.jpg

全景はこうなっている。
DSC_5198_20160413211531e45.jpg
早く、縦走したくなった。

大笹牧場直営店の手前で左折。
DSC_5199_201604132115324ef.jpg

8時間近い活動を終えて、やっと東武日光駅に戻ってきた。
DSC_5200_20160413211534c74.jpg

来た時は気づかなかったが、線路際に枝垂桜が。
DSC_5202_201604132115356e4.jpg

私が乗る予定の電車。もう入線している。
DSC_5203_20160413211538816.jpg
ということは、もしかしてもうかなり乗っているかな。

駅の売店で、あわてて缶ビールとつまみと弁当を買い、改札に駆け込む。
DSC_5204_20160413211510b12.jpg

まだ発車15分前だというのに、ほとんどのボックスが埋まっていたが、1つだけ空いていた。ラッキー。
これで心置きなく弁当を食べられる。
DSC_1848_20160413212009240.jpg
やはり日光に来たなら湯葉でしょう。ゆばちらし寿司。

車内はやはり外国人が多い。
定刻の17:39出発。
のんびり車窓を眺めながら、まずはぐびっと。
今日はたくさん歩いたので、ビールがうまい。
飲み干したところで、お弁当。
DSC_1849_20160413211941da1.jpg
かなりいっぱい具が入っていて、これで880円。
量もそこそこあったのでお腹いっぱいになった。おいしかった。

行きと同じルートで帰宅したが、帰りは特急じゃなかったので3時間以上かかった。
夜9時に帰宅。
久しぶりの日光を堪能した。

【行程】2016年4月9日
東武日光駅(9:37)~鳴虫山登山口(9:54)~神ノ主山(10:30)~鳴虫山(11:24昼食11:52)~合峰(12:10)~独標(12:40)~日光第一発電所(13:18)~かんまん茶屋(13:45休憩14:00)~神橋(14:28)~外山登山口(14:54)~外山(15:26撮影15:36)~登山口(15:54)~ほの香(16:17入浴17:00)~東武日光駅(17:21)
※所要時間:7時間44分(歩行時間:6時間)コースタイム:6時間
※登った山:5座(神ノ主山、鳴虫山、合峰、独標、外山)
※歩行距離:14.7km



このページのトップへ

鳴虫山(4)

【2016年4月9日(土)】鳴虫山
鳴虫山(1104m)から下山して、市街地に向かっている。
史跡探勝路の指示に従い左折。
DSC_5017_201604120550292bd.jpg

菅笠日限地蔵堂は拝観せず。
DSC_5018_2016041205503182c.jpg

東に延びる道には、サイロのような形の石升が並んでいる。
DSC_5020_20160412055032489.jpg

近くの湧水を水源とし、自然石をくりぬいた升を石管でつないだ大正時代の水道だそうだ。
DSC_5021_20160412055033bbb.jpg

このあたりは板挽町と呼ばれる地区で、江戸の東照宮造営の頃から「職人の町」として栄えたという。
DSC_5023_20160412055035b15.jpg

この建物は、板挽町の家体(ここではこう書く)を格納する倉庫。
DSC_5025_20160412055007dff.jpg
毎年4月に行われる日光二荒山神社の祭典「弥生祭」で練り歩く屋台だそうだ。

アカヤシオのピンクもきれいだが、純白のコブシも実に美しい。
DSC_5047_20160412054856cf9.jpg
DSC_5026_20160412060413b56.jpg

立派な石垣は、磐裂(いわさく)神社。
DSC_5027_20160412055008d1e.jpg

社殿を取り囲むように石碑が林立している。
DSC_5028_201604120550103c6.jpg
DSC_5029_20160412055011c57.jpg

側面の石橋を渡って境内に入る。
DSC_5030_20160412055013a3b.jpg

無事下山できたことを感謝して、参拝。
DSC_5039_20160412054922996.jpg

板挽町や大工町の住民の氏神様で、かつては星の宮と称したが、明治2年(1869年)に現在の名称に改められた。
DSC_5033_20160412054944a5f.jpg
本殿はこの大谷石の覆堂(さやどう)の中に納められているという。

その後ろには、天保二年(1831年)の庚申塔や変わった容貌の石仏が並んでいた。
DSC_5034_20160412054946ccb.jpg
DSC_5036_20160412054947aea.jpg
DSC_5037_20160412054949c16.jpg
DSC_5038_20160412054950d90.jpg

鳥居をくぐり、石段を下りて辞去。
DSC_5040_201604120549230ff.jpg

往年の雰囲気を色濃く残した町だ。
DSC_5042_20160412054925079.jpg

大谷川が雪解け水をどんどん下流へと運んでいく。
DSC_5050.jpg
DSC_5044_20160412054926725.jpg

やはり、この季節は水量が多い。
DSC_5048_2016041205485815e.jpg
DSC_5052_20160412054818e38.jpg

対岸に見えるのは老舗の日光金谷ホテル。
DSC_5051_20160412054902263.jpg

まだ冬枯れの山肌をアカヤシオが先頭を切って彩っている。
DSC_5046_20160412054928bea.jpg
DSC_5049_20160412054859474.jpg

間もなく、世界遺産・神橋が見えてきた。
DSC_5054_201604120548196c0.jpg

今年は1年間、この橋を渡ることができるらしい。
DSC_5055_2016041205482136b.jpg

東照宮400年式年大祭に合わせたものだろう。
DSC_5061_201604120547529f6.jpg

参観料300円とのことで、それほどこだわりもないので、今回はスルーした。
DSC_5067_20160412054758c7a.jpg

ただせっかくなので、ちょっとだけ付近を散策する。
神橋の向かいに深沙(じんじゃ)王堂(蛇王権現堂)。
DSC_5056_20160412054822177.jpg

勝道上人一行が大谷川を渡れないでいると、深沙大王が現れて1匹の蛇を放ち、一行を渡らせてあげたという、「山菅の蛇橋」の伝説。
その深沙大王(毘沙門天の化身)が祀られている。
DSC_5059_20160412054824db1.jpg

その隣に太郎杉。樹齢550年、樹高43m、目通り5.8m。
写真を撮ったつもりだったのに写ってなかった。失敗。

輪王寺や東照宮の参道はここから始まる。このあたりはさすがに観光客が多い。
DSC_5062_20160412054753c34.jpg

世界遺産の石碑も誇らしげだ。
DSC_5063_20160412054755be9.jpg

でも、今回はパス。
杉並木寄進碑(国特別史跡)だけ確認する。
DSC_5065_20160412054756506.jpg
松平正綱とその子正信が親子二代で20余年をかけ、山内地区と東照宮へ通じる日光街道、御成街道、例幣使街道、会津西街道の計37kmにわたり、二十数万本の杉を植え、東照宮に寄進した。
この碑はそれを記念して、正信が慶元元年(1648年)に建てたものである。
ちょっと高い場所にあって碑面は全く読めなかった。

右手に神橋を見ながら、国道の「新神橋」を渡る。
DSC_5069_201604120547275dd.jpg

正面には日光金谷ホテル直営の日光食堂本店が堂々たる店構えで建つ。
DSC_5079_201604120547012c0.jpg

神橋の渡橋券売り場を、ちょっと未練がましくのぞき込む。
DSC_5071_2016041205472998d.jpg
ま、でも、やっぱり、いいや。

その隣に、なぜか板垣退助の銅像。
DSC_5073_20160412054730fb5.jpg

板垣は戊辰戦争の折、新政府軍の将として、日光廟に立てこもった大鳥圭介ら旧幕府軍の説得し、社寺を兵火から守ったという。
DSC_5075_20160412054732465.jpg
そうだったのか。
銅像は昭和4年の建立だが、戦中供出され、昭和42年に再建されたもの。

道路をはさんで、天海大僧正の銅像が板垣と向かい合っている。
DSC_5076_20160412054733a72.jpg
天海は比叡山で天台宗の奥義をきわめた後、徳川家に仕え、日光山の貫首となった。
当時の日光は秀吉に寺領を没収され、荒廃の極みにあったが、家康の死後は、遺骨を日光に移して、東照宮の創建に尽くした。
108歳の長寿であった。

天海の背後に、日光のおいしい水、磐裂霊水。
DSC_5082_20160412054702058.jpg
1200年前に日光開山の祖、勝道上人が発見したと伝えられる。
確かにおいしかった。

当方の行き先は逆方向なので引き返して、大谷川をもう一度渡る。
DSC_5084_20160412054703cff.jpg

右手に日光美術館を見ながら、坂道を登る。
DSC_5085_20160412054705fbc.jpg

まだ時間があるので、もうひと山登ることにした。
正面に見える外山(880m)である。
DSC_5086_20160412054707948.jpg

そこに行くには、大谷川の支流、稲荷川を渡らなければならない。
DSC_5087_201604120546347ea.jpg

土砂災害が頻発した川らしく、砂防堰堤が数多く築かれてきたようだ。
DSC_5089_2016041205463756b.jpg
DSC_5091_2016041205463960d.jpg
奥にそびえるのは女峰山(左、2483m)と赤薙山(右、2010m)

外山はなかなか傾斜がきつそうだ。
DSC_5088_20160412054636840.jpg

外山は信仰の山のようで、橋を渡った先に道しるべと石仏があった。
DSC_5094_20160412054640887.jpg

登山口に向かって登ると、左手に鳴虫山の稜線が見えてきた。
DSC_5095_2016041205460879a.jpg

右端のピークがおそらく頂上だろう。
DSC_5096_20160412054609be1.jpg

右折すべき地点には、ちゃんと道標があった。
DSC_5097_2016041205461105c.jpg

別荘地のような区画に入っていく。
DSC_5098_201604120546127e6.jpg

その突き当たりが登山口。山頂に毘沙門天があるみたいだ。
DSC_5099_20160412054614588.jpg

「左外山道」に従って登る。
DSC_5100_20160412054541b57.jpg

いきなり鳥居。
DSC_5101_20160412054543e62.jpg

すぐに二の鳥居。
DSC_5102_201604120545445e4.jpg

続いて三の鳥居。
DSC_5103_201604120545463f5.jpg
こりゃいくつあるんだろうと思ったら、しばらく出てこなくなった。

三の鳥居の手前に、日輪と月輪を刻んだ石碑。
DSC_5104_201604120545473a9.jpg

坂が険しくなる手前で小さな石祠が見送ってくれた。
DSC_5105.jpg

さっき見た山容通り、傾斜がきついが、参道なのでジグザグに道をつけてくれているので助かる。
DSC_5106_20160412054516ae1.jpg

四の鳥居。
DSC_5107_20160412054518515.jpg

大正12年(1923年)の奉納だった。
DSC_5108_20160412054519ae6.jpg

えぐれた道は参詣者が多かった証拠。
DSC_5109_20160412054521ba0.jpg

お、丁目石。いきなり五丁だが、四丁までは見逃してきたのだろうか。
DSC_5111_20160412054449d5e.jpg

2分ほどで六丁。
DSC_5112_2016041205445188f.jpg

登山口から8分で五丁だから、あと10分かからずに登頂できるのだろうか。
DSC_5113_20160412054452877.jpg

そんなに甘くないように思うが。
DSC_5115_2016041205445482f.jpg

六丁から6分で五の鳥居。
DSC_5116_201604120544558c2.jpg
ここが八丁あたりかと思ったが、丁目石は見あたらない。

いよいよ山頂が近いのか、大きな岩石が露出してきた。
DSC_5118_20160412054425bbd.jpg

お、手すりが見える。あそこが山頂への階段か!
DSC_5119_20160412054427378.jpg

と思ったら、階段ではなく、手すりは延々と続いていた。
DSC_5121_20160412054428da6.jpg
DSC_5123_201604120544306b2.jpg

ちょっとゴツゴツしたハート岩(筆者命名)。
DSC_5124_2016041205443105e.jpg

やっと、山頂が見えた。登山口から約30分。
DSC_5125_20160412054405da0.jpg

アカヤシオのつぼみに癒やされた。
DSC_5127_20160412054407c15.jpg

(つづく)
このページのトップへ

鳴虫山(3)

【2016年4月9日(土)】鳴虫山
鳴虫山(1104m)を下山中。
独標(925m)を過ぎると、激しい下りが待っていた。
DSC_4892_20160411222045086.jpg

ロープが延々と垂らされている。
DSC_4893_201604112220462fe.jpg

ちょっとここは使わざるを得ない。
DSC_4894_20160411222048088.jpg

土砂が流れて、階段も用をなさない状態だ。
DSC_4895_20160411222049a5a.jpg

土が露出している部分は、この通り滑りやすい。
DSC_4896_201604112220221f9.jpg

もう何が何だか分からない。
DSC_4897_20160411222023339.jpg

しばらく辛抱して何とか落ち着いたが、それでも階段のステップになるべき土は流失してしまっていた。
DSC_4898_201604112220257fc.jpg

やっと緩斜面である。
DSC_4899_201604112220262b0.jpg

ちょっと登り返して小ピークを越える。
DSC_4900_20160411222028503.jpg

ここで道は右に屈曲。
DSC_4901_20160411222000884.jpg

山名板はもちろんない。
DSC_4902_201604112220026c8.jpg

でも、女峰山(2483m)と大真名子山(2375m)が望めた。
DSC_4903_201604112220038b7.jpg
DSC_4904_20160411222005ccf.jpg

あとはだらだらと下っていく。
DSC_4905_20160411222006736.jpg

独標から30分弱で林道に出た。
DSC_4907_201604112219375e1.jpg
DSC_4908_20160411221938ba5.jpg

しかし、林道はほとんど歩かず、どんどんショートカットしていく。
DSC_4909_201604112219409a5.jpg

林道が錯綜していて、次第に登山道を歩いているのか林道を歩いているのか分からなくなった。
DSC_4910_20160411221941e74.jpg

この涸れ沢で登山道は終了。
DSC_4911_201604112219432ee.jpg

頂上から1時間20分かかった。ほぼコースタイム通りだ。
DSC_4912_20160411221913a62.jpg

ブルドーザーが踏み固めた道を歩きながら、鳴虫山方面を振り返る。
DSC_4913_20160411221915976.jpg

下界から見る男体山(2486m)。
DSC_4915_20160411221916b9f.jpg

さっきの林道の成果か、木材が山積みになっていた。
DSC_4916_20160411221918e20.jpg

日光宇都宮道路をくぐる。
DSC_4918_20160411221919be2.jpg

左折すれば、やしおの湯だが、今回は別のところに行くことにしているので右折。
DSC_4919_20160411221850c4c.jpg

すると、日光第一発電所が現れた。
DSC_4920_2016041122185164d.jpg

大正7年(1918年)に造られたもので、石積みが立派だ。
DSC_4921_201604112218535d5.jpg
DSC_4923_20160411221854cd7.jpg

このあたりで一旦腰を下ろし、靴のひもを緩める。
DSC_4924_20160411221856b26.jpg

この先が憾満ヶ淵。「危険なので立ち入り禁止」とあったが、自己責任で川辺に近づく。
DSC_4925_20160411221825a14.jpg

大きな岩には磨崖仏的な何かが彫り込まれていた。
DSC_4926_201604112218261ce.jpg

憾満ヶ淵は男体山が噴出した溶岩が大谷川に浸食されてできた奇勝である。
DSC_4929_20160411221828366.jpg

古くから不動明王が現れる霊地として信仰を集めてきた。
DSC_4930_20160411221829720.jpg
DSC_4935_20160411221803093.jpg

川の流れが不動明王の真言を唱えるように響くので、江戸時代前期の僧晃海が真言の最後の句カンマンを取って、憾満ヶ淵と名付けたという。
DSC_4931_20160411221831d30.jpg
DSC_4936_20160411221805a9a.jpg

「含満」とも書くので「ガンマン」と濁って読まれることも多いが、「カンマン」と読むのが正しいそうだ。
DSC_4933_20160411221800cd5.jpg
DSC_4967_2016041122155240b.jpg

松尾芭蕉も「奥の細道」行脚の途中、ここに立ち寄っている。
DSC_4934_20160411221802f3d.jpg
DSC_4950_20160411221711f45.jpg

ネコヤナギが川面を流れる風に揺れていた。
DSC_4938_20160411221806b4e.jpg

第一発電所の坑口を確認して遊歩道に戻る。
DSC_4939_20160411221734bed.jpg

この先は並び地蔵(化け地蔵)。
DSC_4940_201604112217352c0.jpg

慈眼大師天海の弟子約100人が「過古万霊、自己菩提」のため寄進したものだそうだ。
DSC_4945_20160411221740a65.jpg
DSC_4947_2016041122170866e.jpg

明治35年(1902年)の大洪水の際に、いくつかの地蔵が流されてしまったという。
DSC_4942_20160411221737db5.jpg
DSC_4944_20160411221738819.jpg

参詣者が地蔵の数を数えると、その都度数が違うので「化け地蔵」とも呼ばれるようになったとのこと。
DSC_4948_20160411221710771.jpg
DSC_4951_20160411221713e22.jpg

私は数えたりはしなかったが、実際いくつあるのだろう。
DSC_4957_201604112216110bd.jpg

表情はどれもみな異なっていた。
DSC_4954_20160411221714e1e.jpg

時々、首のない地蔵があるが、これはおそらく洪水もしくは自然劣化によるもので、廃仏毀釈のせいではないだろう。
DSC_4958_20160411221612e8b.jpg

上領玄碩墓と読めるが、詳細はよく分からない。
DSC_4956_20160411221609be3.jpg

晃海大僧正は憾満ヶ淵に慈雲寺や霊庇閣、不動明王の大石像などを建立した。
DSC_4960_20160411221614624.jpg

このうち、霊庇閣は承応三年(1654年)、慈雲寺創建と同時に建立された四阿造りの護摩壇である。
DSC_4964_201604112215472f5.jpg

対岸の不動明王の石像(現存しない)に向かって、天下泰平を祈り護摩供養を行ったという。
DSC_4962.jpg
当時の建物は流失してしまい、現在のものは昭和46年に復元されたものだそうだ。

ここからの憾満ヶ淵の眺めも捨てがたい。
DSC_4963_201604112215454c1.jpg
DSC_4965_20160411221549ff9.jpg

外国人が自撮り棒片手にアングルを思案中だった。
DSC_4966_20160411221551f93.jpg

このあたりは淵と呼ぶにふさわしい場所。
DSC_4968_20160411221520393.jpg
DSC_4971_20160411221523a1e.jpg

この先もまだ並び地蔵は続く。
DSC_4972_2016041122152581f.jpg
DSC_4970_2016041122152287a.jpg

さすが日光だけに見せ場が多い。
DSC_4973_201604112215273f2.jpg

こちらの地蔵には「覚謙」など、いろんな文字がそれぞれに彫られていたが、僧の名前だろうか。
DSC_4975_201604112214550b4.jpg

地蔵以外の石碑、石塔類も林立している。
DSC_4977_20160411221456073.jpg
DSC_4978_201604112214578f1.jpg

一つ一つ解読できたら楽しいのだろうけど。
DSC_4979_2016041122145887a.jpg

これでお地蔵さんともお別れだ。
DSC_4980_201604112215002b3.jpg

端っこにあったのは慈雲寺の本堂。
DSC_4982_201604112214279bd.jpg
慈雲寺は晃海が阿弥陀如来と師の天海を祀ったものだ。
明治35年の洪水で流されたので、現在の建物は昭和48年の再建。

慈雲寺の棟門は枡形になっている。
DSC_4985_20160411221429a85.jpg
DSC_4987_20160411221430526.jpg

門を出ると、大正天皇の御製歌碑があった。
DSC_4989_20160411221432a84.jpg
「衣手もしぶきにぬれて大谷川 月夜涼しく岸づたひせり」
大正天皇は日光をこよなく愛し、明治29年から大正14年にかけて延べ1千余日も日光に滞在したそうだ。
その間に詠んだ「水辺夏月」の歌を、日光市が市制20周年を記念し、昭和51年に建立したとのこと。

門前の明るい道を東に進む。
DSC_4992_2016041122143306a.jpg

慈雲寺の門前は含満ストーンパークと呼ばれるところ。
そこに昭和48年、地元の方が桜の苗500本を寄贈して植樹したらしい。
その記念碑。
DSC_4995_2016041122140332c.jpg

記念碑の前には西町太子堂が建つ。
DSC_4997_2016041122140470a.jpg
江戸時代の創建で、現在の祠は昭和62年に建て直されたもの。

含満児童公園を過ぎると、茶屋が見えてきた。かんまんの茶屋だそうだ。
DSC_4998_20160411221406c2b.jpg
DSC_4999_20160411221407e3e.jpg

さっき昼食を食べたばかりなので、そばはちょっと重いが、何か甘い物でも。
DSC_5002_2016041122133932b.jpg

生ではないが、ソフトクリームがあったので、黒ごま味をいただく。
DSC_1834_2016041122204310b.jpg
テラスに腰かけてくつろいでいると、同世代かちょっと上くらいのご夫婦が近づいてきたので、ご挨拶。
彼らは宇都宮から車で来たとのこと。
30分で帰れるので、温泉には寄らないのだとか。

失礼して先に出発。
DSC_5000_20160411221409f4a.jpg

茶屋の裏には、炭住みたいな木造の平屋が並んでいた。
DSC_5001_2016041122133820f.jpg

里まで下りてくると、アカヤシオがきれいに咲いていた。
DSC_5008_20160411221238c3a.jpg
DSC_5004_201604112213407d1.jpg

右手に日光第二発電所の100周年記念碑があるというので寄り道。
DSC_5005_20160411221341833.jpg
DSC_5009_2016041122124088c.jpg

これがその記念碑。
DSC_5007_20160411221343607.jpg
明治26年(1893年)に建設された日光発電所(現在の日光第二発電所)は東京電力としては、現存する最古の水力発電所だそうだ。
その100周年を記念して、水と光の調和を表現したこのモニュメントが建立されたとのことである。

茶屋からしばらくは道端に、こんな石のイスがいくつも並んでいた。
DSC_5010_201604112212412f0.jpg

大谷川を渡る。
DSC_5012_20160411221243f77.jpg

上流には男体山が覗く。
DSC_5013_20160411221244a26.jpg

廃屋を見て、町中へと進んでいった。
DSC_5016_20160411221221ecc.jpg

(つづく)
このページのトップへ

鳴虫山(2)

【2016年4月9日(土)】鳴虫山
登山口からほぼ1時間を経過して、標高1000mを超えてきた。
このあたりから木の根が半端ない。
DSC_4796_2016041106423756f.jpg
DSC_4797_20160411064238989.jpg

前方では女性含めた3人グループが苦戦している。
DSC_4798_201604110642402dd.jpg

足をかけるところは売るほどあるが、なかなかルート取りが難しい。
DSC_4799.jpg

先に行かせてもらった。
DSC_4800_201604110642432d2.jpg

難所を抜けると、今度はヤセ尾根。
DSC_4801_20160411064212ef9.jpg

左手に鳴虫山(1104m)の山頂付近がやっと見えてきた。
DSC_4802_201604110642131c9.jpg

めずらしく岩場。
DSC_4803_20160411064215ab7.jpg

あれが1058m標高点かな。
DSC_4804_2016041106421610b.jpg

どうやらそのよう。
DSC_4805_20160411064218ecf.jpg

このピークはわりと平らだ。
DSC_4806_20160411064151c50.jpg

かなり古そうな道標がしっかりと残っている。
DSC_4807_20160411064152841.jpg

できれば山頂までの距離を書いてほしいところだが。
DSC_4808_2016041106415531f.jpg

終盤の登り。
DSC_4809_20160411064156618.jpg

こちらの道標は南向きなので、すっかり日に焼けてしまって、ほとんど読み取れない。
DSC_4810_20160411064157d1a.jpg

ちょっとガレてきたけど。
DSC_4812_20160411064128ebb.jpg

山頂はすぐそこだ。
DSC_4814_20160411064129b4a.jpg

11時半前に登頂。
DSC_4816_20160411064131a22.jpg

駅から1時間45分ほどだったので、コースタイムより30分近く速かった。
DSC_4817_20160411064132ac6.jpg

何はともあれ展望である。
木々があって、スカッとは見えないのだが、日光連山は分割して見ることができた。
まずは女峰山(2483m)、赤薙山(2203m)、丸山(1689m)。
DSC_4824_20160411064109fa3.jpg

女峰山をアップにしてみよう。左の突起は帝釈山(2455m)。
DSC_4819_20160411064134e10.jpg

その左に、大真名子山(左、2375m)と小真名子山(右、2323m)。
DSC_4820_2016041106410421a.jpg

そのさらに左に男体山(2486m)。
DSC_4821_20160411064106d06.jpg
これ以外の山は木々に遮られ展望することができなかった。

先客が2組4人ほどいて、ベンチが埋まっていた。
DSC_4823_20160411064107e7f.jpg
やむなく、壊れたベンチに腰かけてお昼にする。

今日もコンビニおにぎりで、五目いなりと辛子明太子。
DSC_1831_20160411065247c20.jpg

おかずにスモークささみも。これがかなり美味しかった。
DSC_1832_20160411065248c33.jpg

今日見えている日光連山をどう縦走するかが課題で、ずっと悩んでいたのだが、おにぎりをかじりながら地図を眺めていて、いい案を思いついた。
これまでは、志津乗越に車を置いて、大真名子、小真名子を越えて女峰山に至り、頂上直下の唐沢避難小屋に宿泊。翌日、馬立経由で車まで戻るというプランを何となく思い描いていたのだが、これだと初日がかなりきついのに対して、翌日が楽すぎる。
車を置ける保証もない。
そこで考えたのが、霧降高原まで日光駅からバスで行き、そこから登山開始。
円山、赤薙、女峰と縦走して唐沢避難小屋。翌日、小真名子、大真名子を経て戦場ヶ原まで歩き、バスで日光駅に戻るというコース。
これだと、両日ともそれほど苦行でもなく楽でもないバランスのとれた配分になるし、女峰山の東の稜線を歩けるのもいい。
近いうちに実行に移したいと思う。

そんなことを考えているうちに、さっき私が抜かした方々が次々と到着した。
木の根で苦戦していた3人連れは、30代の娘とその両親という間柄だったようで、登頂を喜びビールで祝杯を挙げていた。
「お父さん、まず乾杯でしょ。なんで一人で飲んでるのよ」
などと娘にたしなめられていた。
賑やかになってきたので、そろそろ退散することにする。
DSC_4826_20160411064042205.jpg

周回コースなので、帰りは別の道。
DSC_4825_201604110641106a6.jpg

いきなりの急坂である。
DSC_4828_20160411064043d96.jpg

しかも階段の土が飛んでいて、歩きにくい。
DSC_4829_20160411064046ff0.jpg

ふと、背中の会社スマホが鳴った気がしたので、ザックを下ろして確認したが、空耳だったみたいだ。
その間に単独男性に抜かれてしまった。
DSC_4830_20160411064046ff3.jpg

階段をもう一度振り返っておく。
DSC_4831_20160411064048715.jpg

この後、またしても急傾斜の組み立て階段。
DSC_4832_201604110640179ad.jpg

ステップは木だった。
DSC_4833_20160411064018829.jpg

50mほど下ると、早速登り返し。
DSC_4834_20160411064020baa.jpg
DSC_4835_20160411064021e8d.jpg

この山は登りと下りとでは随分表情が違う。
DSC_4836_201604110640238af.jpg

でも、ガレ場を過ぎると、木の根もなく歩きやすい道になった。
DSC_4837_20160411063950f52.jpg
DSC_4839_201604110639527f3.jpg

振り返ると冬枯れの木々を透かして、鳴虫山のシルエットが見えた。
DSC_4840_20160411063953515.jpg

ほぼ平らな稜線を歩き、1084m標高点を目指す。
DSC_4841_20160411063955601.jpg
DSC_4842_20160411063956487.jpg

最後にわずかな登り。
DSC_4844_20160411063925aef.jpg
DSC_4845_20160411063927b66.jpg

あれが、そのピーク。
DSC_4846_20160411063928d5d.jpg

1084m標高点を「合峰」もしくは「松立山」ということは「山と高原地図」で知っていたが、こんな立派な山名板があるとは思わなかった。
DSC_4854_201604110638551f9.jpg

小さな山名板も木にくくり付けられていた。
DSC_4851_20160411063931f23.jpg

小さな石祠もあったので、柏手を打って、登頂に感謝するとともに下山の安全を祈願。
DSC_4848_201604110639305f2.jpg

「山と高原地図」では、ここから銭沢不動尊に下る破線の道が書かれている(2011年版)が、「危険」の表示とともにロープが張ってあった。
DSC_4853_201604110638539de.jpg
通行禁止ということではなさそうだ。
別に行くつもりはないが。

頂上直下で抜かれた単独男性が、ここでお昼を食べていた。
たぶん、鳴虫山頂上が賑やかだったので避けたのだろう。

ここからまた80mほど急坂を下る。
DSC_4855_20160411063856aee.jpg
DSC_4856_20160411063858d51.jpg

その先はしばらく緩斜面。
DSC_4857_2016041106385949b.jpg
DSC_4859_20160411063831e94.jpg

めずらしく大きな石。
DSC_4858_20160411063829b08.jpg

緩斜面の突端にも目印のように立石があった。
DSC_4860_201604110638324da.jpg

再び、傾斜が急になると、正面に男体山の雄姿。
DSC_4862_2016041106383466d.jpg

見とれていないで、慎重に下る。
DSC_4863_20160411063835e79.jpg

下りも結構アップダウンが激しい。
DSC_4864_20160411063802b68.jpg
DSC_4865_20160411063804e0d.jpg
DSC_4868_201604110638051d4.jpg

おお、なんか見晴らしのいい場所に出そうだ。
DSC_4870_20160411063807e61.jpg

約930mの小ピークである。
DSC_4871_2016041106380895d.jpg

ここで行き違いのハイカーたちが立ち話をしていた。
DSC_4873_201604110637388fd.jpg

疎林なので、そこそこ見える。これはもちろん男体山。
DSC_4874_20160411063740a58.jpg

丸い独標(925m)の向こうに女峰山。
DSC_4875_20160411063741f58.jpg

ここから60mほど下る。
DSC_4876_201604110637433b9.jpg
DSC_4877_20160411063744493.jpg

鞍部を通過して
DSC_4878_20160411063715d79.jpg

また登り返し。
DSC_4879_20160411063716ee1.jpg
DSC_4880_20160411063718092.jpg

合峰からちょうど30分で独標に着いた。
DSC_4881_201604110637197ee.jpg
ここにも、立派な山名板があった。
「独標」という言葉自体は普通名詞だが、こんなふうに固有名詞なっているのでは「登った山」に数えざるを得ない。
頂上で見かけた人が、ちょうど出発するタイミングで独標に到着したのだが、なんか動きが変だったので、あたりを見回してみたら、小用の痕跡があった。
やはり、そういうことだったか。

地形図ではここから左の尾根を下る道が書かれているが、そちらは通行止めになっていた。
DSC_4884_20160411063721d85.jpg
廃道になったのだろうか。

指導に従い、右手の道を下る。
DSC_4885_20160411063648c75.jpg

すると、ピンク色の花が目に飛び込んできた。
DSC_4886_20160411063649da3.jpg

アカヤシオである。
DSC_4887_201604110636504ff.jpg

まだ、つぼみだが一部花びらが開いていた。
DSC_4888_201604110636522de.jpg
まだ時期的に早いから期待していなかったが、少しでも見られてよかった。
5月になるとシロヤシオも見頃を迎えるらしい。

ここから先はひたすら下りである。
DSC_4890_201604110636538d0.jpg

(つづく)
このページのトップへ

鳴虫山(1)

【2016年4月9日(土)】鳴虫山
鳴虫山(1104m)は日光の「山と高原地図」を見るたびに気になっていた山だ。
駅から気軽に登れそうなので、ずっと機会をうかがっていた。
ただ、ヤシオツツジが盛りになる5月は、混みそうなので避けたい。
ここは日光連山の絶好の展望台なので、むしろそれが見たい。
とすれば、絶対曇らない日を狙うしかない。
関東一円、晴れマークしかなかったこの日、満を持して、日光に向かった。

6:40新所沢発の電車に乗り、武蔵野線を経由して、東武の春日部から8:03発の特急スペーシアけごん1号に乗車する。
ホームでのアナウンスは「満席」とのことだったので、予めチケットレスサービスを使って予約しておいてよかった。
このためにわざわざ東武の携帯ネット会員に登録したのだった。

スマホの特急表示画面を駅員に示して、3号車に乗車。
なんだかやけに賑やかだ。
私の席の前2列8人が同じゴルフ仲間のようで、朝からビールを飲んで、声高らかにおしゃべりを続けている。
中でも女性2人のけたたましい笑い声が、かなり響く。
こりゃ落ち着かないなあと思いつつも、自分だって8人グループになれば多少は騒いでしまうだろうから、「しゃ~ない」と思うことにした。

8:20頃、利根川を渡る。
DSC_1809_201604102306218d5.jpg
前のグループの一人が「あれ、そろそろじゃない?」と言い出す。
「いや、8:40くらいのはずだから、あと20分あるよ」
なんと、この方々、日光まで行くんじゃないんだ。よかった~

というわけで、彼らも含め半分以上の乗客が栃木で下車。
ゴルフもさることながら、この町は結構な観光客を集めているようだ。
古い街並みが人気なのだろう。
ようやく車内も静かになった。
DSC_1810_2016041023062296d.jpg

時々、うとうとしながら、車窓を楽しむ。
北関東の桜は今がちょうど満開だ。
DSC_1811_20160410230624e27.jpg

しかし、どうも天気がすっきりしない。
晴れてはいるのだが、かなり霞んでいる。
9時を過ぎて、日光連山が見えてきたが、色が薄い。
DSC_1813_20160410230625b5b.jpg
う~ん、ちょっと条件が悪いなあ。

9:18、定刻で東武日光に到着。
DSC_4723_20160410230601e91.jpg
DSC_4724_20160410230603c50.jpg

ここは当然、終着駅なので車止めがある。
DSC_1817_20160410230627c00.jpg

別のホームには、各停や区間快速の電車が並んでいた。
DSC_4725_20160410230604e08.jpg

ちょうど催してきたので、トイレに駆け込んで朝のお勤め。
どうせなら、車中にいるときに来てくれれば時間の節約になったのだが。
まあ、贅沢は言うまい。

東武日光駅は乗り鉄で来て以来なので5年ぶりくらいか。
DSC_4730_201604102305000df.jpg
外国人が多いのにびっくり。観光案内所のおじさんも英語ペラペラで案内していた。

改札を出ると、鳴虫山の前山、神ノ主(こうのす)山(842m)が真正面に見えた。
DSC_4726_20160410230459291.jpg

スマホの山旅ロガーをセットして、9時半過ぎに歩き出す。
DSC_4731_20160410230502b07.jpg

緩やかな傾斜した国道120号を西に進むと、正面に日光連山が見えてきた。
DSC_4733_2016041023050579a.jpg
左から大真名子山(2375m)、小さく小真名子山(2323m)、帝釈山(2455m)、女峰山(2483m)、赤薙山(2010m)。

望遠で見てみよう。女峰山。
DSC_4737_20160410230439050.jpg

赤薙山。やはり、かなり霞んでいる。
DSC_4738_20160410230441496.jpg

その左には男体山(2486m)が覗く。思ったより雪が少ない。
DSC_4732_20160410230503917.jpg

日光市のマンホールも2種類確認。
DSC_1824_20160410230558786.jpg
DSC_1825_201604102306000f9.jpg

このあたりは石屋町というらしい。
DSC_4735_201604102304389f7.jpg

とすると、この街頭の文字は町名から採ったのか。
DSC_4734_201604102304360f4.jpg

日光消防署を過ぎたところで左折し、志渡淵川を渡る。
DSC_4740_20160410230442016.jpg

橋を渡る時に、「指導員」の腕章をしたかなり高齢のおじさんが右の道から入ってきたので、「こんにちは~」と挨拶をしたら、一瞥をくれただけで行ってしまった。
DSC_4741_201604102304140ed.jpg
機嫌があまりよくなかったようだ。

ここからは大きな案内看板がいくつもあった。
DSC_4742_20160410230416552.jpg

いよいよ登山口というところで立ち止まり、念入りにストレッチ。
DSC_4744_201604102304192cb.jpg

登山口で標高約550m、頂上が1100mちょっとなので、今日は標高差が550m。
ちょっと気合を入れ直す。
DSC_4743_20160410230417dfc.jpg

登り始めてすぐ、カタクリのお出迎え。
DSC_4746_20160410230420a69.jpg

気をよくして、九十九折の坂道を進む。
DSC_4747_201604102303500a5.jpg

北東に見えたのは、日光駅の北にわだかまる804mピーク。
DSC_4748_20160410230352da9.jpg

眼下には木々の陰に天理教日光大教会の赤い屋根が見える。
DSC_4749_20160410230353e08.jpg

50mほど登ると、右手に鳥居が見えてきた。
DSC_4751_20160410230355ba2.jpg

ちょっと寄り道して、安全祈願の参拝。
DSC_4752_2016041023035618e.jpg

何という神社なのかは、よく分からなかった。
DSC_4753_20160410230327d6e.jpg

境内には、明治天皇の第六皇女常宮昌子殿下と第七皇女周宮房子殿下お手植えの松の石碑があったが、肝心の松は枯れてしまったのか、よく分からなかった。
DSC_4754_201604102303291db.jpg
たぶん、明治後半ごろのことだろうから、もう100年は過ぎている。

この先はかなりえぐれた道。
DSC_4755_20160410230330b32.jpg
参拝している間に、例の指導員が追いついてきて、私が撮影している後ろで待っているような気配を感じたので、「あ、すいません」と頭を下げたが、今度も無視されてしまった。
さっき抜かした時は、何か植物を確認しているようだった。
普通なら、「何を見ていらっしゃるんですか」と声をかけるところなのだが、橋での出会いが感じ悪かったので止めておいたのだった。

この道標は頂上までずっと続いていた。
DSC_4756_20160410230332219.jpg

こちらは作業道なのかな。それとも廃道になった登山道だろうか。
DSC_4757_201604102303336aa.jpg
DSC_4758_201604102303036dc.jpg

スギ林の中、高度を上げていく。
DSC_4759_201604102303049f9.jpg
DSC_4761_20160410230306a3e.jpg

一瞬、少し日が差し込んだ。
DSC_4762_2016041023030746d.jpg

ストレッチしている時に先に行った高齢のお二人に追いついた。
DSC_4763_2016041023030903a.jpg

彼らとは別の踏み跡をたどり、先に行かせもらう。
DSC_4764_2016041023023937c.jpg

標高700mを超えたあたりで、尾根を右折。
DSC_4765_2016041023024005e.jpg

初めて、神ノ主山の道標が出た。日光らしい山の名前だ。
DSC_4767_2016041023024299d.jpg

右手眼下に日光市街。ちょうど稲荷川と大谷川が合流するあたり。
DSC_4768_20160410230243e5f.jpg

その上には女峰山と大真名子山。
DSC_4769_2016041023024522e.jpg
DSC_4770_201604102302151b5.jpg
大真名子山はかなり尖っている。手ごわそうな山だ。

こちらは霧降高原方面。
DSC_4771_20160410230216d3b.jpg

そうこうしている間に、あっけなく神ノ主山に着いてしまった。
コースタイムは駅から1時間なので、7分ほど速かった。
DSC_4774_201604102302184be.jpg

先着の方が2人いた。ここはとくに展望もないので、ゆっくりせずに通過した。
DSC_4775_201604102302194d8.jpg

ますは少し下る。
DSC_4776_2016041023022185e.jpg

木の根が入り乱れた歩きにくい下りだ。
DSC_4777_20160410230152ab9.jpg

20mほど下ると、しばらく平坦な道。
DSC_4778_20160410230153f0d.jpg
DSC_4779_20160410230155006.jpg

ここから892m標高点まで60mほどの登りとなる。
DSC_4780_201604102301569f7.jpg

最初はかなり急傾斜。
DSC_4781_201604102301588eb.jpg

そこをトレランの女性が、ハーハーゼイゼイ言いながら登ってきたので、もちろん先に行ってもらった。
DSC_4782_201604102301279cc.jpg

序盤はゆっくり登っていたのだが、私もちょっとつられてペースを上げた。
DSC_4783_20160410230129d7e.jpg

緩斜面になったこともあり、いいペースで歩けた。
DSC_4784_20160410230130b6e.jpg

これが892m標高点だと思ったら、もう少し先だった。
DSC_4785_201604102301324af.jpg

だらだら登りがなおも続く。
DSC_4786_2016041023013425e.jpg

あれが、892mだ。
DSC_4787_20160410230105e9b.jpg

もちろん山名板などはなかった。
DSC_4788_2016041023010675b.jpg

さらに登ると、ロープ場出現。
DSC_4789_20160410230108cbf.jpg

地形図にある標高925m付近の分岐は、左の道が通行止めになっていた。
DSC_4790_20160410230109717.jpg

この登りには、地形図に現れない小さなピークがいくつもある。
DSC_4791_20160410230111167.jpg

でも、標高1010mを超えると、平坦な道になり、かなり助けられた。
DSC_4794_20160410230041b6d.jpg
DSC_4795_20160410230043c34.jpg

(つづく)
このページのトップへ

弟富士山・城山(4)

【2016年4月3日(日)】弟富士山・城山
城山(648m)から下山して、「道の駅あらかわ」に向かっている。
素晴らしい山村のたたずまい。
DSC_4636_2016040905444575a.jpg

こんなところを歩けるなら、車道歩きも悪くはない。
DSC_4637_20160409054447a6b.jpg

荒川の支流、湯ノ入沢を渡る。
DSC_4638_2016040905444854b.jpg

荒川の対岸は断崖が続く。かなりの峡谷になっている。
DSC_4640_20160409054419632.jpg

下り電車が通過していく。
DSC_4642_2016040905442168e.jpg

通常の車両だった。
DSC_4643_20160409054422548.jpg

少々疲れたので、路傍の石仏に見守られて休憩。
DSC_4645_20160409054423676.jpg

文化三年(1806年)の建立。
DSC_4646.jpg

この頭は丸石をのせたものではなく、きちんとつながっており、かすかに顔の彫りも残っていた。
DSC_4647_20160409054354e26.jpg

となりまたまた薬師様。
DSC_4648_20160409054356304.jpg
馬立薬師堂。昭和50年に改築したもののようだ。

引き続き、沿線を楽しみながら歩を進める。
DSC_4651_2016040905435726b.jpg
DSC_4652_201604090543590b4.jpg
DSC_4653_201604090544004a1.jpg

大きな橋を渡ったところで、ここには廃道があるはずと思ったら、やっぱりあった。
DSC_4655_2016040905432768b.jpg
DSC_4656_20160409054328896.jpg

この道は国道140号の旧道にあたり、秩父甲州往還道という標柱がぽつんと立っていた。
DSC_4658_20160409054330a21.jpg

街道ならではの石仏。ちょっと傾いている。
DSC_4659_20160409054332cba.jpg

秩父札所の道標を兼ねているようだ。
DSC_4660_20160409054333d62.jpg

ようやく、道の駅にたどり着いた。
DSC_4663_20160409054304405.jpg
DSC_4662_20160409054303bfa.jpg

ちょうど正午だ。さあ、めしめし。
でも、このお蕎麦屋さんは混んでいそう。
DSC_4665_2016040905430604e.jpg

道の駅に併設されている味わいの里・鈴ひろ庵の方にする。
DSC_4667_2016040905430725e.jpg

そばが食べたかったのだが、メニューを見て、あまり食指が動くものがなかったので、ラーメンにした。
行者にんにくラーメン。地元の食材を使ったものがいい。
DSC_1779_20160409054529047.jpg
行者にんにくは薬味のようになっていた。
あっさりして、おいしかった。

満足したところで、カタクリのリベンジ。
朝、弟富士山(386m)で見たカタクリはしぼんでいたが、もうこれだけ日が高くなればもう開いているだろう。
弟富士山にもう一度行かなくても、すぐ近くに大塚カタクリ園というのがあるようだ。
おお~すごい。見事に反り返っている。
DSC_4671_20160409054234ff9.jpg
DSC_4680_20160409054209b45.jpg

これが見たかったのだ。
DSC_4675_20160409054237cc1.jpg
DSC_4676_201604090542393b3.jpg

白いカタクリもあって、びっくり。
DSC_4674_20160409054236d18.jpg
花の文様が手で描いたかのようだ。
うん、これで満足。

こんなところに日帰り入浴施設があるのを発見。
DSC_4670_20160409054309bbb.jpg
DSC_4678_20160409054240da2.jpg
でも、今日は柴原温泉と決めてあるので、またの機会に。

ここは標高312mもあることを初めて知った。
DSC_4677_201604090559474f5.jpg

たけのこ掘りはまさにこれからのようだ。
DSC_4668_2016040905594581a.jpg
DSC_4679_201604090542074aa.jpg

いきなり蒸気機関車の汽笛の音が聞こえてきたので、線路に向かって走る。
今日は休日だからSLが運行されているんだった。
まずは位置取りして待機。
DSC_4681_2016040905421061d.jpg

3分ほど待っていると、やってきた、やってきた。
DSC_4685_20160409054212420.jpg

ちゃんと煙を吐いている。
DSC_4686_201604090542138fb.jpg

ほかの観光客の方々もみなカメラを向けていた。
DSC_4688_20160409054136f73.jpg

客車もなかなか格好よかった。
DSC_4690_2016040905413758c.jpg
さあ、鉄分も摂ったことだし、お風呂に向かいましょうかね。

「道の駅」を後にして、柴原温泉に移動。
10分ほどで着いた。一見してびっくり。柳屋は廃屋ではないか。
DSC_4692_20160409054139144.jpg
しかし木造3階建ての立派な建物である。

玄関は閉鎖されていた。
DSC_1790_20160409054531611.jpg

もちろん、ちゃんと新館があった。
DSC_1791_20160409054532584.jpg
DSC_1792_2016040905453493d.jpg

到着したのは午後1時前なので、日帰り入浴の終了時間2時半までなので余裕だ。
フロントに入り、「ごめんくださ~い」と声をかけると
DSC_1793_2016040905453538b.jpg
わりと若い男性が出てきて、親切に浴室まで案内してくれた。
カタクリと清雲寺のシダレザクラの季節なので、何人か先客がいるのではと思ったが、誰もおらず独り占めできた。

内湯とは別に露天風呂もあるというので、そちらに先に入ることにする。
DSC_1795_20160409054506528.jpg

でも、四方のうちの一方に壁がないだけの半露天風呂で、しかもその正面が崖なので、あまり風情がない。
DSC_1796_201604090545085fd.jpg

だったら、内湯でいい。再び移動して、屋内でゆっくり入ることにした。
DSC_1797_20160409054509122.jpg
泉質は単純硫黄泉で、源泉は11.4℃。ph8.1の弱アルカリ性。
湯温も熱すぎず、ゆっくり浸かることができた。

帰り際に、フロントにいたご主人にいろいろと聞くことができた。
柴原鉱泉は秩父七湯のひとつに数えられ、江戸時代初期から400年以上も湯治場として利用されてきたらしい。
湯元は5分ほど沢を遡ったところにあるそうだ。
最近まで、4軒の宿があったらしい。
現役なのは、ここ柳屋と川をはさんで隣にある「かやの家」の2軒。
湯元の菅沼屋は2010年10月末で閉館、武州日野駅に看板があった「きくや」も最近廃業したとのこと。
柳屋は明治10年の記録は残っているものの創業がいつだったのかははっきりしないらしい。おそらく幕末の頃だっただろうとのこと。
秩父事件の首謀者らが潜伏したこともあったらしい。
建物も明治の頃からのものだという。
「早く壊してしまいたいんだけど、お金がね」と言っていたが、保存できるものなら保存してほしい。
今のご主人で4代目。5代目になる息子さんは板場を仕切っているとのこと。
「バブルの頃はよかったけど、2軒はやめちゃったね。でも、今はネットで予約が入るから、商売になっているよ。とくに秘湯目当てというお客さんではなく、関東観光の通り道だからって感じで選んでくれる。国道140号が山梨に通じたから、そちらからのお客さんも多いね」
とのことだった。
経営は厳しいよという話になるかと思ったら、そうでもないみたい。
いいことだと思う。

丁重にお礼をして辞去。
柳屋の駐車場のすぐ先に「きくや」の看板が残っていたので行ってみた。
DSC_4695_20160409054140d5a.jpg

こちらも廃屋になっていた。
DSC_4705_20160409054116e42.jpg

菅沼館は取り壊されたらしく跡形もなかった。
DSC_4696.jpg
(プリムラ・ブルガリス)

かやの家も偵察。
DSC_4700_20160409054113335.jpg

こちらはわりと新しい。
DSC_4701_20160409054115963.jpg

石祠や供養塔に挨拶して、帰途につく。
DSC_4699_20160409054112fa2.jpg
DSC_4707_20160409054118f1f.jpg

山村風景を見ながら車を走らせたかったので、帰りは小鹿野経由。
途中、秩父ミューズパークの売店でアイスを買って食べた。
秩父から先のルートも山伏峠越えの名栗経由で帰るか、旧国道の正丸峠経由にするか迷ったが、正丸峠まで行って、引き返し山伏峠経由で帰るという欲張りな帰り方をすることにした。

正丸トンネルの手前で右折すると、芦ヶ久保小学校入山分校跡の石碑があった。
DSC_4709_20160409054049c31.jpg

入山分校は昭和27年の開校。昭和42年廃校だったので、存在したのはわずか15年間。
DSC_4708_201604090540475d5.jpg

その後、入山公会堂としてその面影を保っていたが、正丸トンネルの開削に伴い、その用地はほとんど失われてしまったのだとか。
DSC_4710_201604090540509be.jpg
15年の間にここを巣立ったのは約100人というから、1学年平均7~8人ほどの小規模校だったことになる。
それにしても、当時はこんな山奥にも、まだ人の生活はあったのだ。

すぐ先に旧正丸峠への道があったので、潜入してみた。
正丸峠へのバス道路が開通する以前の、徒歩で越える道である。
車道が切れるまで行ってみる。
DSC_1800_20160409054510eef.jpg

行き止まりで引き返し、カエデの大木の下に追分の道しるべを発見。
DSC_1802_20160409054512bfc.jpg
「右 なぐり(名栗) 八王子」「左 子ノ権現 江戸」と刻まれている。

再び県道に戻り、旧道を正丸峠へ。
DSC_4720_20160409054027a64.jpg

いずれ、この奥村茶屋でそばでも食べてみたい。
DSC_4712_201604090540522b2.jpg

ここはライダーがよく来る峠だし、ハイカーの通り道でもあるから、下にトンネルが開通しても営業が成り立つのだろう。
DSC_4717_20160409054024ad2.jpg

4年前に来た時には気づかなかったが、昭和天皇と今上天皇皇后両陛下の記念碑が立っていた。
DSC_4714_20160409054023ed8.jpg
昭和天皇は昭和30年11月11日、今上天皇ご夫妻は皇太子時代の昭和39年11月20日に当地を訪れたそうである。
碑の建立は平成18年だから当然、前に来た時も見ているはずなのだが。

中央右の尖った山は大高山(493m)。
DSC_4713_20160409054053ae8.jpg

秩父側は武川岳(1052m)の前山が望めた。
DSC_4719_2016040905402528e.jpg

再び車に戻り、山伏峠へ。
DSC_1803_201604090544429b8.jpg

この先は旧名栗村をゆっくり走る。
緑色に塗られた洋館を発見して、小休止。
DSC_4721_20160409054028d68.jpg
JAの建物のようである。

写真の最後はレトロな「サン美容室」。
DSC_1805_20160409054444d50.jpg

時間も早かったので、柴原温泉からあちこちに寄り道してしまった。
帰宅したのは4時半だったから、2時間半もかかった。
でも、天気に恵まれ、花の季節の気持ちのいい山歩きだった。

(おわり)

このページのトップへ

弟富士山・城山(3)

【2016年4月3日(日)】弟富士山・城山
林道熊倉線の起点から10分ほどで熊倉山(1427m)日野コースの登山口に着いたが、ここからは侵入禁止になっていた。
DSC_4499_20160408213624adc.jpg

でも、迂回路があるようだ。
DSC_4497_20160408213622c7d.jpg

当方は城山(648m)に行くので、このまま林道を進む。
DSC_4500_20160408213625778.jpg

間もなく林道秩父中央線との分岐。
DSC_4502_2016040821362780b.jpg

この先に日野コースの登山口があるようだ。
DSC_4503_2016040821362874f.jpg
DSC_4505_20160408213600ba0.jpg

林道熊倉線はヘアピンカーブを繰り返しながら、なおも続く。
DSC_4506_20160408213602b58.jpg

水場があったが、清潔かどうか分からなかったので、手は出さなかった。
DSC_4508_201604082136036f8.jpg

今度は林道三又線との分岐。
DSC_4509_201604082136053eb.jpg

そして、観音堂から50分で、熊倉山城山コースの登山口である峠に到着した。
DSC_4511_2016040821360661a.jpg

谷津川林道コースは現在通行禁止なので、いずれ熊倉山を登る時には、この道を登っていくことになるのだろう。
DSC_4512_2016040821353115a.jpg

別の林道もあったが、これも通行止めだった。
DSC_4513_20160408213532be2.jpg

10分ほど休んで、城山へと登り始める。
DSC_4519_20160408213534935.jpg

こちらも延々階段が続く。
DSC_4520_20160408213535787.jpg

尾根に乗ると、道は緩やかに。
DSC_4522_201604082135372ce.jpg
DSC_4523_20160408213506e4a.jpg

登山道はしばらく丁寧に竹で縁取ってあった。
DSC_4524_20160408213508f71.jpg

山頂付近は現在伐採中。
DSC_4526_20160408213510f4d.jpg

峠から10分で城山に登頂。ここは熊倉城跡でもある。
DSC_4528_201604082135108e4.jpg

山頂付近はかなり平坦に削平されていた。ここは二の郭跡。
DSC_4529_201604082135122d4.jpg

この高まりは土塁の跡。ここが最高点と思われる。
DSC_4530_20160408213437feb.jpg

空濠の跡。
DSC_4531_20160408213438c8e.jpg
DSC_4532_20160408213440abb.jpg

こちらが本郭の跡。
DSC_4533_20160408213441ec4.jpg

本郭と三の郭の間の空濠。
DSC_4540.jpg

三の郭。
DSC_4541_20160408213411adb.jpg
説明板によると、関東管領山内上杉氏の家宰長尾影信の死後、管領の上杉顕定は影信の弟忠景に跡を継がせたが、それを不満に思った景信の子景春は、文明六年(1474年)、上杉家に反旗を翻した。これを知った扇谷上杉氏の家宰太田道灌は文明十年、景春を鉢形城(寄居町)から追い出し、景春の籠るここ熊倉城を攻め、降伏させた。とのことである。

さて、下山。尾根通しに北へ下る。
DSC_4542_20160408213412e45.jpg

左手に熊倉山の聖尾根。
DSC_4544_2016040821341451a.jpg

60mほど下って、約40m登り返す。
DSC_4545_201604082134152eb.jpg
山と渓谷社の分県登山ガイド「埼玉県の山」では、この稜線にP1からP6まで番号がふってあり、激しいアップダウンがあることが示されている。
P6が頂上で、当方は5、4、3・・と下っていくことになる。

そのP5はここで、標高約620m。
DSC_4548_20160408213417c02.jpg

このすぐ先からは北に城峯山(1038m)を望むことができた。
DSC_4549_20160408213347d57.jpg

下に見える赤い鳥居は、柴原温泉に行く途中にある稲荷神社のもの。
DSC_4550_2016040821334957f.jpg

さらに下ると、荒川を渡る日野鷺橋が見えた。
DSC_4553_20160408213351551.jpg

左手に見えたのは三峰山(1102m)あたりか。
DSC_4554_20160408213352a72.jpg

その右には、かろうじて両神山(1723m)を捉えることができた。
DSC_4556_20160408213322b9b.jpg

急な下りとなり、ロープが出現。
DSC_4555_20160408213353896.jpg

樹種は分からないが、ほれぼれする大木だった。
DSC_4557_2016040821503094c.jpg

とうとうお腹が空いて、我慢できず最後の食料あんパンを食べてしまう。
DSC_4559_20160408213325f76.jpg
遭難さえしなければ、これで下界まで持つだろう。

どんどん階段を下る。
DSC_4561_20160408213327ced.jpg

いったん平らになった場所がP4(標高約530m)のようだ。
DSC_4562_20160408213328439.jpg

ここから見えたのは秩父御岳山(1081m)。
DSC_4563_20160408213255f7d.jpg

さらに下ると、国道140号の荒川橋が見えた。
DSC_4564_20160408213257ad8.jpg

P3(標高約520m)は標高差20mほどの急な階段を登ればすぐ。
DSC_4565_201604082132584b4.jpg
DSC_4566_201604082133014f5.jpg
とくに展望なく、通過する。

この先でやっとすっきり展望が得られる場所に出た。
もちろん武甲山(1304m)。
DSC_4569_201604082133011b7.jpg

すぐに岩のごつごつしたヤセ尾根となる。
DSC_4570_201604082132293ea.jpg
DSC_4571_20160408213231622.jpg

ここはロープがあって助かった。
DSC_4573_2016040821323280d.jpg
DSC_4574_20160408213234b14.jpg

これを登り切ると小ピークなのだが、これはP2ではないみたいだ。
DSC_4575_20160408213235a79.jpg

早咲きのツツジ。
DSC_4576_201604082131599a6.jpg

左手に白久温泉がある橋場集落が見えてきた。
DSC_4577_20160408213201bc3.jpg

「山火事注意」の看板があるピークを通過。ここもまだP2ではない。
DSC_4578_20160408213202acf.jpg
どういう数え方をしているのだろうか。

ここからまた一気に下る。
DSC_4579_20160408213204d0a.jpg

どうしたらここまでねじれてしまうのだろう。
DSC_4580_20160408213205470.jpg

「埼玉県の山」では、このあたりに「タコのような形をした木」との注があるが、これとは違うよなあ。
DSC_4581_201604082131354df.jpg

左に再び聖尾根。
DSC_4582_2016040821313710f.jpg

頂上から45分ほどでやっとP2に着いた。
DSC_4583_201604082131381f6.jpg
ここは地形図にいう510m標高点である。

眺望なく、ここも通過。
DSC_4584_20160408213139336.jpg

杉の枯れ枝が敷き詰められた道を歩く。
DSC_4586_20160408213140cf7.jpg

間もなくP1(標高約500m)。
DSC_4587_20160408212911cc3.jpg
P1とP2の間に「パラボラアンテナ」があるように書かれていたが、見あたらなかった。

この先はひたすら下るだけだ。
DSC_4588_20160408212913d6f.jpg

それにしても、どこも階段がよく整備されている。
DSC_4589_201604082129143ca.jpg

平坦地に出た。「TV中継所」と書かれた場所と思われるが、撤去されてしまったのか、何もない。
DSC_4590_20160408212916be3.jpg

でも、若干の展望が得られた。
DSC_4592_20160408212917327.jpg
DSC_4593_201604082128439c5.jpg
(秩父御岳山)

ここからは尾根を離れて、つづら折りに下っていく。
DSC_4594_201604082128443df.jpg

結構な急斜面だ。
DSC_4595_20160408212846530.jpg

こんな緩やかな道にもコンクリート丸太の階段があるので、ちょっと歩きにくい。
DSC_4596_20160408212847b1c.jpg

しばらく我慢していると、どうやら林道の終点に出た。
DSC_4600_20160408212819493.jpg
DSC_4598_20160408212849deb.jpg

しかし、林道としては完全に廃道状態だ。
DSC_4599_20160408212817fb7.jpg

落石がひどいからだろう。
DSC_4603_2016040821282369f.jpg
DSC_4605_20160408212753df6.jpg

そんなところにも確実に春は来ている。
DSC_4601_20160408212820fcc.jpg
DSC_4602_2016040821282255f.jpg

それにしても、よくこんな岩石地帯に林道を切り開いたものだ。
DSC_4608_201604082127559e9.jpg
DSC_4609_201604082127573cf.jpg

しばらく下って、ようやく道が落ち着いてきた。
DSC_4610_20160408212758d3f.jpg
DSC_4611_2016040821275986e.jpg

頂上から1時間10分ほどかかって、やっと里に出た。
DSC_4612_201604082127242c5.jpg
DSC_4613_201604082127269e4.jpg

再び武甲山を正面に、「道の駅あらかわ」を目指す。
DSC_4614_20160408212727f1f.jpg

祠と石仏が仲良く並ぶ田舎道。
DSC_4615_20160408212729aed.jpg

白久駅の方が近いが、当方は反対の武州日野駅方向に行かねばならない。
DSC_4616_20160408212730646.jpg

秩父鉄道の踏切を横断。
DSC_4617_2016040821265935d.jpg

秩父鉄道に武甲山はよく似合う。
DSC_4618_20160408212700dd1.jpg

振り向けば、秩父御岳山が大きい。
DSC_4619_20160408212702ace.jpg

県道に出た。
DSC_4620_201604082127037dc.jpg

山里の雰囲気を楽しみながらの車道歩き。
DSC_4622_201604082127056ff.jpg
DSC_4623_20160408212601cc2.jpg

将門のかくし湯みやこ旅館が道沿いにあったが、日帰り入浴もできるなら今度来てみよう。
DSC_4625_20160408212604fee.jpg
DSC_4624_20160408212602c40.jpg

このあたり、ピンクの桜や桃がとてもきれいだ。
DSC_4626_2016040821260511d.jpg
DSC_4627_2016040821260746a.jpg

道端の小さな小屋は薬師堂。
DSC_4629_2016040821253919b.jpg

薬師尊と古い表示がある。
DSC_4630_20160408212541e05.jpg

中には小さな仏様が祀られていた。
DSC_4634_20160408212543d38.jpg

外に出ると、ちょうど電車が通過して行った。
DSC_4632_201604082125422a3.jpg
「急行桜」。この時期ならではだ。

(つづく)
このページのトップへ

弟富士山・城山(2)

【2016年4月3日(日)】弟富士山・城山
改めて最初から報告しよう。
7:40過ぎ、道の駅あらかわを出発する。
まずはカタクリ園に向けて、東へ歩き出す。
DSC_4379_20160407065543849.jpg

すぐ左手にあるのが浄光寺。
DSC_4382_2016040706554671d.jpg

秩父の札所ではないが、古い石仏が並んでいた。
DSC_4381_201604070655457ca.jpg

日野学校跡とある。
DSC_4383_20160407065548b0d.jpg
明治の頃、このお寺が学校として利用されたのだろうか。
何の説明もないので、よく分からない。

上大塚沢を渡る。
DSC_4385_20160407065549be6.jpg

しばらくは車道歩き。
DSC_4386_20160407065520a4b.jpg

とりあえず武州日野駅に向かう。
DSC_4387_201604070655218fd.jpg

桃が見事に咲いている。
DSC_4389_201604070655239d7.jpg

正面には武甲山(1304m)が大きい。
DSC_4390_20160407065524c42.jpg

振り向くと、秩父御岳山(1081m)。
DSC_4391_201604070655263b0.jpg

日野駅近くに食事処「ぽるかどっつ和我家」。
DSC_4393_201604070654137f0.jpg
「ダルメシアンに逢える」と書いてある。愛犬家の店のようだ。

日野駅横の踏切を渡る。
DSC_4395_201604070654158ac.jpg

駅前には「弟富士山登山口 山頂眺望雄大」と書かれた昭和3年建立の石碑があった。
DSC_4396_2016040706541621e.jpg
当時は木々が成長していなかったのか、今回は樹林に阻まれ何も見えなかった。
それにしても、山の高さには不釣り合いの大きさだ。

武州日野駅。
DSC_4397_2016040706541842b.jpg

すぐ近くに、柴原温泉きくやの看板。
DSC_4398_20160407065419af7.jpg
下山後に行ってみたら、もう廃業していた。

線路沿いの垣根はシナレンギョウ。
DSC_4402_20160407065352e96.jpg

ちょうど電車が入線してきた。
DSC_4401_20160407065350cbc.jpg
派手なラッピングだった。

線路の向こう側に神社があるようなので行ってみた。
ヤマレコでは、神社が登山口になっているので。
DSC_4404_20160407065353434.jpg

踏切を渡ると、センサーが感知して「危険です!」という音声が流れる。
DSC_4407_20160407065355c9f.jpg
ビクッとしてしまった。

鳥居はこんなにある。
DSC_4408_20160407065356924.jpg

風穴稲荷神社というようだ。
DSC_4416_20160407065325ca8.jpg

今度は下り電車がやってきた。なかなか絵になる。
DSC_4414_20160407065324d0b.jpg

神社の先がカタクリ園のようなので行ってみた。
でも、どの花もしぼんでおり、がっかり。
DSC_4418_201604070653272e8.jpg
あの反り返った花びらを見たかったのだが、朝早すぎたのかもしれない。

このまま進んでも頂上へは行けそうもなかったので、戻って、線路沿いをさらに東に進む。
DSC_4419_20160407065328bd6.jpg

すると、もう一つ神社が現れた。
DSC_4431_20160407065302b76.jpg

浅間神社だ。
DSC_4422_20160407065330920.jpg
この神社は筑紫国造の末裔石井大乗睦則が昌泰三年(900年)、氏神として旧日野村の座成山というところに祀ったのが始まりとされる。
その後、天徳四年(960年)のある夜、「この山は私の住む山ではないから、他の山に移すように。移すべき山には雪を降らせる」という神告があった。
間もなく、この山に季節はずれの冠雪があったので、このことを富士山麓の浅間神社本社に報告すると、「弟」の冠称を与えられ、以来「弟富士山(おとふじやま)と呼ばれるようになったという。

境内には立派な神楽殿があった。
DSC_4427_20160407065259206.jpg
ここで市の無形文化財に指定されている神楽が演じられるようだ。

摂社。
DSC_4429_201604070653004af.jpg

参拝を済ませて、登山開始。
すぐに二合目の標柱があった。一合目はどこにあったのだろう。
DSC_4434_20160407065303521.jpg

登山道は階段になっている。
DSC_4435_20160407065305f31.jpg
DSC_4436_2016040706523688c.jpg

すぐに三合目。
DSC_4437_20160407065237df9.jpg

御胎内入口の標柱があったので、そちらに行ってみたが、注連縄が張ってあるだけで、それらしきものを見つけることはできなかった。
DSC_4440_20160407065238e11.jpg

登山道に戻って、五合目。四合目はたぶんなかった。
DSC_4441_2016040706524056d.jpg

六合目。
DSC_4442_20160407065242ec6.jpg

七合目。寺澤や芦ノ平など、奉納者はみな近在の村からだ。
DSC_4443_20160407065210ba1.jpg

立派な尾根道。
DSC_4444_2016040706521215a.jpg

八合目は見つからず、九合目。
DSC_4445_20160407065213803.jpg

そして山頂。10分ちょっとで着いてしまった。
DSC_4449_20160407065216a08.jpg

ここが浅間神社の奥社。
DSC_4450_201604070651452ab.jpg

しばし休憩して、のどを潤す。今日は暑くなりそうだ。
DSC_4448_20160407065215061.jpg

すぐに出発。階段を下る。
DSC_4452_2016040706514711c.jpg

すぐ下に分岐。さっきのカタクリ園の道を抜けると、ここに出たようだ。
DSC_4453_20160407065148cf9.jpg

あとはしばらく尾根歩き。
DSC_4454_20160407065150d82.jpg
DSC_4455_20160407065151e88.jpg

木々の隙間から寺沢の集落が覗ける。
DSC_4456_201604070651193bd.jpg

ちょっとしたピークに小さな祠。
DSC_4458_20160407065121444.jpg

少し登って、鉄塔の手前で左折。尾根を離れる。
DSC_4460_201604070651221e0.jpg

下り切ると、簡易舗装の道に出る。
DSC_4467_20160407065052e65.jpg

左手に素掘りの古い隧道が見えた。
DSC_4466_20160407065051841.jpg

この尾根をはさんで両側に畑を所有している住民が多く、不便解消のため昭和16年に完成したとのこと。
DSC_4463_20160407065124a94.jpg

中はかなりの傾斜になっている。
DSC_4464_2016040706512587e.jpg

踵を返して、舗装道路を下っていく。
DSC_4469_20160407065054522.jpg

この道は「西街道」というらしい。
DSC_4470_201604070650554f5.jpg
方言ではなまって、「にしげえとう」と読むようだ。

ここ寺沢集落も美しい山里である。
DSC_4471_201604070650577f9.jpg

城山へ通じる道への分岐点には、観音堂が建つ。
DSC_4473_20160407065024daf.jpg

ご本尊は如意輪観音で、「寝入り観音様」と呼ばれている。
DSC_4474_20160407065026047.jpg
秩父札所を決める時、たまたま如意輪観音が寝込んでしまい、札所に入ることができなかったから、そう呼ばれるようになったとも言われている。
安産、子育ての仏様として信仰を集め、今でも一年中、腹帯を貸し出しているのだとか。

境内には様々な供養塔など。
DSC_4477_20160407065028807.jpg
DSC_4478_201604070650298c8.jpg

この先は車道を寺沢川に沿って遡っていく。
DSC_4480_2016040706503036c.jpg

古い民家や小さな神社を眺めながら。
DSC_4482.jpg
DSC_4486_20160407065004d2d.jpg
DSC_4483_201604070650016f6.jpg

このたたずまい、和むなあ。
DSC_4485_20160407065003b1c.jpg

番号の付いたこうした黄色い看板がいくつかあったが、意味が分からないものも少なくなかった。
DSC_4487_201604070650065f4.jpg

水車小屋。
DSC_4488_20160407064937f16.jpg
DSC_4490_2016040706494008c.jpg

せせらぎ。
DSC_4489_20160407064938c06.jpg

このあたりの砂防ダムは機械的に造ったわけではないみたいだ。
DSC_4491.jpg

寺沢川を山の神橋で渡ると、日野鉱泉の一軒宿、山翠荘がある。
DSC_4494_20160407064943295.jpg
いずれ、日帰り入浴とかで利用してみたい。

この橋のたもとから林道熊倉線がスタート。
DSC_4495_201604070649163d2.jpg

熊倉山登山口への道標もあった。
DSC_4496_20160407064917b29.jpg

(つづく)
このページのトップへ

弟富士山・城山(1)

【2016年4月3日(日)】弟富士山・城山
前夜、北武蔵方面から帰宅し、明日(日曜日)はどうしようかと眠い目をこすりながら考えた。
天気予報は依然として曇り。
高いところに行っても眺望は期待できないので、またしても近場の低山を物色する。
最初は、西武線の正丸駅からツツジ山を経て刈場坂峠に向かい、大築山を経て越生駅に下るコースを考えていたのだが、帰りの電車が前日と同じになってしまう。
日帰り温泉にも行きにくい。
山と渓谷社の分県登山ガイド「埼玉県の山」を引っ張り出してきて検討したところ、秩父鉄道の武州日野駅から弟富士山(386m)を経て城山(648m)に登り、白久駅に下ってくるコースがわりと手頃であることがわかった。
カタクリの群落で知られているとのことで、今がちょうど見頃らしい。
白久駅近くにある民宿しらかわでお風呂に入れるらしいが、どうせならこの前断念した柴原鉱泉の柳屋に行きたい。
となると車で行かなければならないが、ちょうどいいことに白久駅と武州日野駅の間に「道の駅あらかわ」がある。
ここに駐めておけば、周回コースが取れる。よし!
というわけで、コースは決定。
柳屋の日帰り入浴は午後2時半までなので、早めに出ることにした。
前夜、荷物を整え、5:45にアラームをセットして、就寝。
翌朝は目覚ましがなる前の5:30に目が覚めたので、5:50に出発できた。

しかし、外に出てみて、びっくり。なんと雨が降っているではないか。
う~ん。でも、予報は朝のうち雨の残るとこともある、と言っていた。
上がることを信じて、勢いで出発する。
電車で行くプランを立てていたら、駅までの自転車移動で濡れるのが嫌なので、きっと中止にしていただろう。

コンビニに寄って昼食を調達。
走り出して、ふと気づいた。「あ、朝食買うの忘れた」
もう1度、どこかのコンビニに寄ればいいのだが、それが面倒くさい。
お昼に買ったおにぎり2個を朝食に回し、予備食に買ったもっちりあんパンをつなぎにして、お昼は下山後にどこかで食べることにしよう。
そういう方針にして、道の駅あらかわに直行する。

雨は飯能あたりで止み、正丸トンネルを抜けると、なんと晴れてきた。
これは素晴らしい。両神山(1723m)も見えるではないか。
「ああ、こんなことなら、もっと高い山に行けばよかった」と欲が出てきたが、贅沢は言わないことにする。

早く着きそうなので、先に清雲寺のシダレザクラでも見ておこうかと思い、そちらにハンドルを切ったが、駐車場500円という表示を見て、あっさり取りやめ。
実は1度見たことがあるから、そんなにこだわりはないのだ。
時間的には混んでないはずだから、本当はいいタイミングなんだけど。

とくに渋滞もなく、7:20に道の駅に着いた。
2時間見ていたが、1時間半しかかからなかった。
トイレの便座が温かかったので、ゆっくりと朝のお勤め。
DSC_4376_20160406230123777.jpg
(背後は熊倉山)
念入りにストレッチをして、7:40過ぎに出発した。

先に弟富士山に登ることにする。
カタクリは弟富士のふもとに群落があるそうなので、朝のうちに行けば、人込みを避けられる。
それに、こちらからだと城山の頂上直下まで舗装道路で登れてしまうのもありがたい。

武州日野駅の裏手に小さな赤い鳥居がいくつも並んでいる神社がある。
DSC_4405_201604062301245d6.jpg
あそこが登山口かなと思って行ってみたら、カタクリ園の入口だった。もちろん見ていく。

しかし、どれも萎んで下を向いている。開いているものでも、この程度。
DSC_4417_201604062301266f2.jpg
花びらを反り返らせている花はほとんどない。
これは朝早すぎたからだろうか。
また下山後に来るのは面倒だなあと思いつつ、とりあえず登山に専念する。

登山口を探しながら、線路沿いに東進すると、浅間神社が現れた。
DSC_4426_20160406230127899.jpg

ああ、登山口はこっちの神社だったんだ。
DSC_4432_20160406230052f09.jpg
参拝していると、電車で来たと思しき単独の登山者が追いついて来た。

獣除けのネットの扉を私が開け、そのおじさんが閉める形になった。
このおじさんとはこの後、何度も行き会うことになる。
しばらく私の後をやや離れて歩いてきていたが、倒れた御胎内入口の道標の写真を撮っているうちに、先に行ってしまった。
DSC_4439_20160406230054985.jpg

その後、九合目で彼が着替えているすきに、私が再び先行。
すぐに弟富士山の頂上に着いた。
DSC_4446_20160406230055d91.jpg
今度は私がここでウインドシェルを脱いでいる間に、おじさんは行ってしまった。
私は早くもお腹が空いてきてしまったので、ここでチョコを2かけ口に放り込む。
こんな調子で、私のお腹はちゃんと昼まで持ちこたえてくれるだろうか。

少し下って、カタクリ園への分岐に着くと、カタクリ園の方から彼がやってきた。
(カタクリを見に行ってたのかな?)
会釈をして、今度は私が先行。
しばらく尾根道を少し離れて付いてくる。
DSC_4459_20160406230057858.jpg
もっと近づいてくれれば、「さっき、カタクリを見てきたんですか? 萎んでいるのは朝だからですか?」と聞こうと思っていたのだが、ずっと距離を置いたままだ。

尾根を外れて、階段を下り、簡易舗装の道に出る。
左手に「矢通反隧道」という素掘りのトンネルがあるので、行き先とは逆方向だが見学に行った。
DSC_4461_20160406230058840.jpg
すると、彼もこっちに来たので、やっと声をかけることができた。
「(このトンネル)渋いですね」
「ええ」
「さっきはカタクリを見に行かれたんですか」
「いや間違えただけです。地図見ても何だかよく分からなくて」
「どちらへ行かれるんですか」
「熊倉山(1427m)です」
「熊倉山なら、この道を戻ったら、大きな道にぶつかるので、その道を登っていけばいいんです。私もそちら方面に行きます」

彼は「ありがとうございます」と言って、先に行ってしまった。
DSC_4468_2016040623002088b.jpg
しかし、彼は大きな道に出たところで、本来行くべき方向とは逆の方向に歩いていく。
あわてて下り、「そっちは違いますよ」と叫ぼうとしたら、もう姿が見えなくなってしまっていた。
さすがにいずれ自分で間違いに気づくだろうと思い、追いかけることまではしなかった。
それにしても、あんなによく道を間違えて、あの人大丈夫なのか。
本当に熊倉山にたどり着けるんだろうか。

熊倉山の登山口に向かって20分ほど歩いたところで振り向くと、後ろにさっきのおじさんの姿が見えた。
やっぱり気づいたか。それにしても足が速いなあ、もう追いついて来た。
と安心したが、パッと見、さっきのおじさんと着ているものが違う。
あれ? 別の人か。いずれにしろ足の速い人だ。
そう思いながら、九十九折の車道を登っていく。
DSC_4506_20160406230021e23.jpg

どうも登山道と違って、車道歩きはペースが早くなりがち。
だんだん疲れてきた。
アクエリアスを飲もうと思って、後ろ手にザックのポケットをまさぐると、なんとボトルがないではないか。
え、どこかで落とした?
いや、普通に歩いてきただけなんだから、そんなはずはない。
すると・・・あ、弟富士山の頂上で飲んだ時に、神社のテラスに置いたままにしたんだ!
まだ、一口しか飲んでないのに。
というか、この先、飲料は飲みかけのお茶しかない。
残りは多分200cc程度。大切に飲まなくては。
最近はほんとに物忘れがひどい。
朝食の買い物だってそうだ。やはり確実に老化は進んでいるんだなあ。
まあ、いい。とにかくお茶を飲もう。
ザックを下ろして、チャックを開けると、なんと中にアクエリアスがあるではないか。
弟富士山の頂上で飲んだ時、ポケットに入れずに、ザックに放り込んだだけだったのだ。
飲み物があってよかったが、どう始末したのか忘れていたことには違いない。
あまり喜べた話ではない。

観音堂から50分歩いて、やっと熊倉山への登山口がある峠に着いた。
DSC_4510_20160406230023130.jpg

すっかり疲れてしまったので、防火水槽の上に腰掛けて休んでいると、間もなく後ろにいた人も到着。
DSC_4517_20160406230026f97.jpg

よくよく見ると、さっきのおじさんではないか。
彼は登山届を書いて、ポストに入れると、休まずに登って行ってしまった。
DSC_4516_20160406230024b53.jpg
さすがに「また間違えてしまいましたね」と声をかけるわけにもいかず黙っていたら、彼も間が悪かったのか、私にウソをつかれたと思ったのか、私の方を振り返ることはなかった。

私はここで10分ほど休憩。残りのチョコを3かけとも食べてしまった。
あとはあんパン1個しかないが、もう下るだけなので多分大丈夫だろう。
こちらは彼とは逆方向、城山に向かう。ちょうど10分で到着。
DSC_4527_20160406225954f00.jpg

頂上は中世の山城、熊倉城の跡で、かなり平坦に普請されている。
山名板が城跡の標柱にくくりつけられていたので、それを外して、真の頂上まで持っていき、そこで記念撮影を行った。
DSC_4534_20160406225956584.jpg

この先の下りは急坂を含むアップダウン。
DSC_4561_201604062259593f5.jpg
「埼玉県の山」には城山を含め6つのピークをP1、P2・・として表記されている。
あと5つの登り返しがあるということだ。
この道はもともと熊倉山に登る時に使う予定だったのだが、このアップダウンでかなり消耗したかもしれない。
今度実際に登るとしたら白久温泉経由で林道を歩くことになるが、今回を教訓に車道はゆっくりめに登ることにしよう。

途中やっぱりお腹が空いたので、なけなしのあんパンを結局歩きながら食べてしまった。
DSC_4559_201604062259581b2.jpg
お昼は道の駅で何かしっかり食べよう。豚丼とかあるといいなあ。

P1から先は尾根をはずれて、落石の多い廃道になった林道をトラバース気味に下っていく。
DSC_4603_20160406230000b23.jpg
意識してゆっくり下ったこともあるが、コースタイム通り1時間20分かかってしまった。

ここからの車道歩きもかなり長かった。
途中、段差のあるところを見つけて、靴のひもを緩める。
DSC_4649_201604062259325bd.jpg
ついでに10分ほど腰をおろしたまま、足を休ませてあげた。

道の駅にたどり着いたのは、もうお昼前。
トイレで顔を洗って、食事処で行者にんにくラーメン(750円)を食べた。
DSC_1778_20160406230121e64.jpg
そばを食べたかったが、あまり食指の動くメニューがなかったので、ラーメンになってしまった。
あっさりしておいしかった。

以下、今回の行程である。
【行程】2016年4月3日
道の駅あらかわ(7:42)~武州日野駅(7:56)~浅間神社(8:12)~弟富士山(8:26休憩8:31)~如意輪観音堂(8:50)~熊倉山登山口(9:40休憩9:48)~城山(9:58)~城山登山口(11:16)~馬立薬師堂(11:32休憩11:42)~道の駅あらかわ(11:55)
※所要時間:4時間13分(歩行時間:3時間50分)
※登った山:2座(弟富士山、城山)
※歩行距離:10.3km
このページのトップへ

弓立山など(5)

【2016年4月2日(土)】弓立山など
金比羅山(214m)を登っている。
すぐに踏み跡は拡散してしまい、この有り様。
DSC_4291_201604060700208e1.jpg

でも、ヤブではないし、とにかく高い方を目指せばいいだけなので、困ることはない。
DSC_4292_20160406070022116.jpg

こういう登りはペースがめちゃくちゃになるので息が上がる。
DSC_4293_20160406065954183.jpg
それにしても、追加で登った山の方がハードだ。

尾根らしきところに出ると、また踏み跡が復活した。
DSC_4295_201604060659564dd.jpg

頂上は大きくえぐれ、その真ん中にぽつんと小さな祠があった。
DSC_4297_2016040607114319b.jpg
昔は、ここにもっと大きな社が建っていたのだろう。

尾根に戻り、西へ向かう。
DSC_4298_20160406065959614.jpg

すると、すぐに三角点。
DSC_4300_2016040606593394e.jpg

その傍らに、古びた山名板が置いてあった。
DSC_4299_20160406070000e64.jpg

こちらにも山名の表示が。
DSC_4302_20160406065935016.jpg

とくに展望もないので、すぐ通過。
左折するように下り出したのだが、これでは愛宕山(183m)から離れるばかりだ。
つい踏み跡をたどってしまったが、本当は西に行きたいので直進しなければならなかったのだ。
20mくらい下ってしまった気がするが、戻る。
そして下り直し。
DSC_4303_2016040606593603a.jpg

こちらにもなんとなく踏み跡があるが、こんな状態。
DSC_4304_20160406065938a3c.jpg

通せんぼも無視して、ひたすら西へ。
DSC_4306_20160406065939bf3.jpg

なんとか里に出ることができた。
DSC_4307_20160406065911c1c.jpg

県道に出たところが深町のバス停。
DSC_4309_20160406065912414.jpg

向かいには、木のむら物産館があって、かなり賑わっていた。
DSC_4310_20160406065914174.jpg

ここから愛宕山の全景をとらえることができる。
DSC_4311_2016040606591524c.jpg

県道30号で愛宕山の登山口に向かう。
DSC_4319_20160406065854d3b.jpg

途中に、大銀杏の案内板。
DSC_4313_2016040606591773d.jpg

確かに太い。
DSC_4314_20160406065848895.jpg

秋には黄金色に染まるのだろう。
DSC_4316_20160406065850d6f.jpg

右手に、さっき登った弓立山(427m)が見えてきた。
DSC_4317_2016040606585117a.jpg

前沢バス停の手前を左折する。
DSC_4318_20160406065853b4c.jpg

今度の登山口もディープである。
DSC_4320_20160406065825f86.jpg

道標も何もないが、ここで間違いなさそう。
DSC_4321_20160406065826e40.jpg

赤テープはあるが、ほぼ道ではない。
DSC_4322_20160406065828ccd.jpg

ただの山の斜面を、草木を避けながら登るだけ。
DSC_4323_20160406065829708.jpg

木々もどうしたらいいか分からないほど。
DSC_4324_201604060658301cb.jpg

とにかく傾斜が急なので、またしても息を切らして急いでしまう。
DSC_4325_2016040606580118e.jpg

それでも7分ほどで登頂できた。
DSC_4326_201604060658039c0.jpg

山名板はないが、愛宕神社がしっかりと鎮座していた。
DSC_4329_201604060658079ac.jpg
本日の無事を感謝し、柏手。

二つあるベンチがいずれも用をなしていない。
DSC_4327_20160406065804bb2.jpg
DSC_4328_20160406065806fe1.jpg

裏には、ふもとの幼稚園の園児の登頂記念の絵が残されていた。
DSC_4331_201604060657352b8.jpg

さて、もう16時に近い。
ここからだと明覚駅の方が近いが、やはり温泉に入らずに帰るわけにはいかない。
あと30分ほど歩かなくては。
DSC_4333_201604060657376d8.jpg

下山路はしっかりとした道だった。
DSC_4334_20160406065737f24.jpg
DSC_4335_20160406065739a8b.jpg

ロープ場もあるにはあったが、とくに問題なし。
DSC_4336_201604060657403b2.jpg
でも園児を引率する先生はハラハラしたかもしれない。

里に下ると、お地蔵様が迎えてくれた。
DSC_4337_2016040606571078a.jpg
DSC_4338_20160406065711d8b.jpg

あたご山花の会が植えた花だろうか。
DSC_4339_20160406065713bac.jpg
DSC_4341_20160406065714c32.jpg

正面に金比羅山。
DSC_4342_20160406065716bac.jpg

左手は愛宕山。
DSC_4343_201604060656415a9.jpg

もうチューリップの季節か。
DSC_4344_20160406065643152.jpg

愛宕山三景。
DSC_4345_20160406065644aca.jpg
DSC_4346_20160406065646921.jpg
DSC_4347_201604060656477c6.jpg
この角度が一番端正かな。

桃木簡易郵便局を正面に見て、右折。
DSC_4348_20160406065618fa4.jpg

路傍の弁財天。
DSC_4350_2016040606562192a.jpg

その由来はこちらを。
DSC_4349_20160406065619bcd.jpg

こんなものまで丁寧に石碑を残してくれるのは、ほんとにありがたい。
田中桃木用水路屋敷内出口跡だそうだ。
DSC_4351_20160406065622441.jpg

右手に、今日登るのは諦めた堂山(250m)。
DSC_4352_20160406065624a2c.jpg

正面は弓立山。
DSC_4353_20160406065555207.jpg

左手は金比羅山。
DSC_4357_20160406065559934.jpg

花桃の里とやらに足を踏み入れる。
DSC_4355_20160406065556e66.jpg

ちょうちんが吊されているが、祭りがあるのかな。
DSC_4356_20160406065558d3a.jpg

ちょうど満開だし。
DSC_4358_20160406065601ffc.jpg
DSC_4364_20160406065536766.jpg

やっぱり明日3日に花桃まつりという催しがあるようだ。
DSC_4359_20160406065530559.jpg

その主会場になると思われる八幡神社で祭りの準備が行われていた。
DSC_4362_2016040606553385d.jpg

本殿までは遠いので、遠くから会釈するのみにとどめた。
DSC_4363_20160406065535c4b.jpg

めずらしい1文字の店名。
DSC_4361_20160406065532b4c.jpg

県道を渡って、幟のところで左折する。
DSC_4365_2016040606550774e.jpg
DSC_4366_2016040606550822a.jpg

温泉の手前には、豆乳めんの店「斑鳩」。
DSC_4367_20160406065510c8e.jpg
DSC_4370_20160406065511858.jpg
夕食に立ち寄りたいところだが、そんな時間はなさそう。

16時半すぎに、やっと「四季彩館」にたどり着いた。
DSC_4373_20160406065454b22.jpg

7時間にわたる長い里山歩きだった。
DSC_4372_201604060655139cb.jpg

この建物は、古民家を改造して作ったもののようである。
DSC_1748_20160406070038b25.jpg

帰りのバスの時刻を確認する。
県道の桃木バス停まで行かなければいけないと思っていたが、ここの目の前からバスが出るようだ。
次はなんと18:15。まだ1時間半以上もある。
でも、せせらぎバスセンターというところでバスを乗り継げば、越生駅まで行けるみたいだ。
それはありがたい。八高線はほぼ1時間おきだが、東武越生線は15分おきに出ている。
しかも、バスセンターでの乗り継ぎは1分。完全に接続している。

方針は決まったので、ゆっくり汗を流す。
温泉はアルカリ性(ph8.6)のナトリウム・塩化物冷鉱泉で源泉の温度は20.5℃。
つるつるの美肌の湯であった。
露天風呂にも風をしのげる洗い場があったので、内湯には入らなかった。

さあ、バスの時間までゆっくり飯でも食おうと思ったが、ここは食堂の営業はしていない。
その代わり、弁当を販売していたので助かった。
まずは缶ビールをぷしゅっ。車じゃないから、これができる。
食事はつまみ代わりにもなるように、やきそば弁当にした。
DSC_1749_2016040607003951a.jpg

休憩所は古民家の雰囲気を残し。吹き抜けの天井になっている。
DSC_1751_20160406070041d51.jpg

Facebookに投稿したり、「山と高原地図」を眺めたりして、のんびり過ごし、18:10に外に出た。
DSC_1752_2016040607004229c.jpg

ここが始発なのにバスは定刻間際に到着。
DSC_1754_20160406070044a6b.jpg

イーグルバスだった。
DSC_1755.jpg
せせらぎバスセンターでの乗り継ぎもスムースで、越生駅には18:35頃到着。

18:37の八高線があったが、そちらはかえって帰りが遅くなるので見送り、18:45の東武線に乗車。
DSC_1756_20160406070017b8a.jpg

西武線への乗り換えは今度こそ、新しくできた本川越駅の西口を使わせてもらった。
DSC_1758_20160406070018157.jpg
確かにこれは便利だ。19:44新所沢着。
夜8時には帰宅できた。
低山ではあったが、なかなかハード&ディープな登山だった。

【行程】2016年4月2日
越生駅(9:30)~弘法山(10:23撮影・休憩10:32)~雨乞山(12:01)~六万部塚(12:40昼食12:59)~弓立山(14:04)~金比羅山(15:27)~愛宕山(15:53)~四季彩館(16:35)
※所要時間:7時間5分(歩行時間:6時間40分)
※登った山:6座(弘法山、雨乞山、六万部塚、弓立山、金比羅山、愛宕山)
※歩行距離:18.2km


このページのトップへ

弓立山など(4)

【2016年4月2日(土)】弓立山など
弓立山(427m)への登山口らしきところを見つけて、細い車道に入る。
DSC_4186_20160405232705fbe.jpg

この先で、やっと道標が現れた。
DSC_4188_20160405232706b31.jpg

ここからは登山道。
DSC_4189_20160405232709d90.jpg

それほどいい道ではない。
DSC_4190_20160405232709cc2.jpg

5分ほどで再び車道に出る。
DSC_4192_20160405232711d1d.jpg

その入口に馬頭観世音。
DSC_4193_20160405232642026.jpg

車道を登って行くと、山小屋風の建物が見えてきた。
DSC_4194_2016040523264338d.jpg

「弓立山荘」とあるが、宿泊施設ではなさそうだ。
DSC_4195_20160405232645f19.jpg
誰かが自分の別荘をそう名付けただけだろう。

長谷川芳男という方は存じ上げないが、埼玉成恵会病院の創設者(理事長)のようだ。
DSC_4196_2016040523264621b.jpg

記念館があるということは、何かコレクションでも展示しているのだろうか。
DSC_4197.jpg
とくに興味はないので通過。

電波塔へ行く車道と分かれて、最後の登山道に入る。
DSC_4199_2016040523262052e.jpg

といっても、こちらも車が走れそう。
DSC_4200_201604052326211fa.jpg

すぐに頂上部に出た。
DSC_4201_20160405232622241.jpg

そこからの眺め。まずは西に武蔵丘陵ゴルフ場。
DSC_4202_20160405232624e71.jpg

その奥の堂平山(876m)方面は雲の中。
(215)
すぐ北に本当の頂上。
DSC_4203_20160405232625a33.jpg

南東には、さっき登った弘法山(164m、中央左)とその奥に越生の街並み。
DSC_4204_20160405232556b1b.jpg

弘法山のアップ。
DSC_4205_20160405232558929.jpg

南には大高取山(376m)と埼玉ロイヤルゴルフ倶楽部。
DSC_4206_20160405232559068.jpg

その右に雨乞山(340m)と奥武蔵の山並み。
DSC_4207_20160405232600161.jpg

奥武蔵を遠望。
DSC_4209_20160405232534466.jpg

突起は越上山(567m)。
DSC_4208_20160405232602772.jpg

東には金比羅山(214m、左)と愛宕山(183m、右)が横たわる。
DSC_4211_201604052325355c2.jpg
まぎらわしいが、その奥も愛宕山(180m)。

愛宕山にはさまれて、明覚小学校。
DSC_4212_20160405232537788.jpg

弓立山山頂の鞍部にテラスがあり、ハムの二人が談笑していた。
DSC_4214_20160405232538051.jpg

頂上は木々が伐採されている。
DSC_4217_201604052325107bd.jpg

ジークテクトという会社が森林づくり活動をしているとのこと。
DSC_4219_2016040523251139f.jpg
これから別の樹種を植えていくのだろうか。

ここが本当の頂上。
DSC_4221_2016040523251381c.jpg

標柱の裏面は道標になっていた。
DSC_4224_201604052325168cf.jpg
天慶8年(945年)に武蔵国司の源経基が慈光寺の四囲境界を定めるため、龍神山で蟇目(ひきめ)の秘法をおこなった。経基が四方に放った矢は、北が小川町青山の「矢の口」、東が小川町大字瀬戸の「矢崎」、南が越生の「矢崎山」、そして西が「矢所」に落ち、それ以降、この山は弓立山と呼ばれるようになったという。

三等三角点があった。
DSC_4222_20160405232514ea2.jpg

ジークテクトが植えたのはミツバツツジだった。
DSC_4225_20160405232446d96.jpg

景色はさっき堪能したので、ここは早々に通過する。
DSC_4227_2016040523244903d.jpg

北側の登山道を下る。
DSC_4226_201604052324472b5.jpg

最初はわりと急な坂だ。
DSC_4228_20160405232450fc0.jpg
DSC_4229_20160405232452b54.jpg

すぐに男鹿岩が見えてきた。
DSC_4230_2016040523241800c.jpg
むかしむかし、この男鹿岩には雄の大蛇が、慈光寺の女鹿岩には雌の大蛇が棲んでいたという。そして毎年7月7日の夕方になると、都幾川のほとりで逢引を楽しんでいた。
ところがある年の夏、日照りが続いて女鹿岩の大蛇が姿を消してしまった。悲しんだ男鹿岩の大蛇は大粒の涙を流し、男鹿岩を去っていったという。

ここは岩石地帯。
DSC_4231_20160405232419e27.jpg
DSC_4232_20160405232421eb6.jpg

なかなかの造形美。
DSC_4233_20160405232423ea9.jpg
DSC_4234_20160405232424996.jpg

男鹿岩を下から見上げる。
DSC_4239_2016040523235180c.jpg

この先は木の根地帯。
DSC_4242_20160405232353d2d.jpg

その後は一直線に下る。
DSC_4243_201604052323540a0.jpg
ただ、途中で右折しないといけないので、その道を見落とさないようにする。
怪しげな踏み跡があったので行ってみたが、どうやら道ではなく引き返す。3分ほどのロス。

すぐ先に分岐があった。ちゃんとした道だったのだ。
DSC_4247.jpg

保育園が見えてくると、右手に古い墓地が現れた。
DSC_4248_20160405232357063.jpg
DSC_4249_20160405232324146.jpg
(248)(249)
こうした庶民の歴史に触れられるのが里山の魅力だ。
(250)
さらに先には、新しい子そだて観音。
(252)
保育園は今日はお休み。
(254)
車道に出たら右折して、金比羅山の登山口に向かう。
弓立山から日帰り温泉に直行することも考えて、下山しながら明覚駅の列車の時間を検索したら、15:44、16:54、17:37・・・
今は14時半過ぎなので、お風呂に寄ったら、15:44は間に合わない。
かといって、16:54だと時間が余りすぎる。
じゃ、いいや、予定通り金比羅も愛宕も行ってしまおう。
時間的には金比羅だけにした方が、16:54にはちょうどよさそうだが、愛宕山だけ残してしまうと、今度雷電山に登る際に寄り道して片付けないといけなくなる。
結局、17:37になってしまうだろうが、憂いは消しておかなくては。
というわけで、余力もあるし、もうふた山登ることにした。

車道を登り切った場所に、ときがわ町の温泉スタンドがあった。
DSC_4258_2016040523233007f.jpg
近在の人が温泉を汲みに来ていた。
それをまた自宅の風呂に張る手間を考えると面倒だが、慣れてしまえば、そうでもないのかもしれない。

大きな道路に出たところで左折。やはりアスファルトの道は足に負担が大きい。
DSC_4259_201604052322594d6.jpg

我慢して歩く。
DSC_4261_20160405232301b11.jpg

手作りケーキの店「ぽっぽの木」はちょっとそそられたが、今回はパス(いつもパスばかりだけど)。
DSC_4262_20160405232303e90.jpg

振り向けば、名もなき206mピーク。
DSC_4263_2016040523230452e.jpg

左の少し細い車道に入る。
右手に愛宕山(183m)。
DSC_4266_201604052323055b0.jpg

赤い鳥居が見えたので、ちょっと寄り道。
DSC_4267_20160405232236fc9.jpg

オオアラセイトウ。白い花もあるようだ。
DSC_4270_20160405232241c4d.jpg
(283)
登山口はヤマレコの情報では、この奥の寺の裏にあるらしい。
DSC_4268_20160405232238cdb.jpg
寺の門前の道とは1本それた道を来ちゃったが、寺も見ておきたい。

望遠で入口の六地蔵を確認。
DSC_4269_2016040523223954b.jpg

寺には裏から入った。
DSC_4271_20160405232242dfb.jpg

そうしたら、犬に随分吠えられてしまった。
DSC_4279_20160405232218ce9.jpg
DSC_4280_201604052321489da.jpg

境内をひと回りしてみる。
DSC_4278_20160405232216274.jpg

瑞松山晈圓寺というらしい。
DSC_4276_2016040523221387e.jpg

ガンダーラ仏を思わせる石仏。
DSC_4277_2016040523221571f.jpg

奥には薬師堂があった。
DSC_4274_20160405232212de6.jpg

では林道に戻り、行き止まりへ。
DSC_4284_20160405232151d95.jpg

こちらにも禅寺らしきものがあった。
(287)
ちょうど作業に来ていた方がいたので、登山道はこの先の道でいいのか聞いてみた。
DSC_4289_201604052321306cd.jpg
「ああ、通り抜けられるみたいだよ」
「いえ、通り抜けちゃうと困るんです。山頂に行きたいんで」
「そっか。でも、獣道のようなのがあったよ。ここ入っていってすぐ右に」
「そうですか。ありがとうございます」

読めない歌碑を2基、記録に納めてから、竹林に突入する。
DSC_4286_201604052321533c8.jpg
DSC_4288_201604052321287c4.jpg

確かにすぐ踏み跡らしきものが山腹に延びていた。
DSC_4288_201604052321287c4.jpg

(つづく)


このページのトップへ

弓立山など(3)

【2016年4月2日(土)】弓立山など
正午すぎ、雨乞山(340m)に登頂。
DSC_4083_20160405062836dfa.jpg

わりと広い山頂だが、くつろげる場所がない。
DSC_4084_20160405062809139.jpg

ちょうどお昼だけど、しばらく我慢することにした。
DSC_4082_201604050628343af.jpg

いい場所を探しつつ、とりあえず下山する。
DSC_4085_201604050628102fd.jpg

わかりやすい道が北へ続いているが、このまま行くと、目指す川入集落とは離れて行ってしまう。
DSC_4086_20160405062812246.jpg

左に草の生えた旧林道らしきものがあるので、勘でそちらに進むことにする。
DSC_4087_20160405062813859.jpg

でも、道がつづら折りのように見えたので、いきなりショートカットし、斜面を駆け下る。
DSC_4088_2016040506281599f.jpg

降り立った道を進むと、さっきの道と合流してしまった。
DSC_4089_2016040506274793c.jpg

とにかく西へ西へと向かうような道を選択しながら高度を下げていく。
DSC_4090_20160405062748140.jpg

どうやら、いい方向になってきた。
DSC_4091_2016040506275041a.jpg

通せんぼしている箇所では、素直に右折。
DSC_4092_20160405062751ae6.jpg

ちゃんと車道に出ることができた。
DSC_4093_20160405062753aea.jpg

この道を左に少し登ると峠に出る。
DSC_4094_201604050627268d5.jpg
DSC_4095_201604050627288c9.jpg

峠からは車道を通らず、またショートカット。
DSC_4096_201604050627293bc.jpg

すると廃屋が出てきた。
DSC_4097_20160405062731595.jpg
DSC_4098_20160405062732294.jpg

川入集落の最奥部の家だ。
DSC_4099_2016040506270016e.jpg

こんな山奥にどんどん車が来るので、何事かと思ったら、この上谷の大クスというのがお目当てのようだ。
DSC_4101_20160405062702e25.jpg

2月20日放送の「出没!アド街ック天国」で紹介されたらしい(11位)。
DSC_4103_20160405062705861.jpg

もう1か月半も経つのに、みんなよく覚えているなあ。
DSC_4104_20160405062706957.jpg

こちらはまず山村の風景を堪能。
DSC_4102_2016040506270387e.jpg
DSC_4116_20160405062611681.jpg

そして大クスとやらを見上げる。
DSC_4105_20160405062633fbf.jpg

見に来た人がみんな「お~」と歓声を挙げていたが、さもありなん。確かにデカい。
DSC_4107_20160405062637845.jpg

昭和63年度に環境庁が実施した「みどりの国勢調査」では、全国巨木ランキング16位、埼玉県では第1位に認定されたという。
DSC_4110_201604050626371d8.jpg
幹回り15m、高さ30mで、樹齢は1000年以上と推定されている。
暖かい地方によく見られるクスクキが関東の山間部でこのような大木に成長するのは極めてめずらしいとのこと。
県の天然記念物に指定されているが、国指定にしてもおかしくないのではないか。

まわりには見学用のテラスが設けられていた。
DSC_4106_20160405062635740.jpg

人の大きさと比べてみると、その巨大さがよく分かる。
DSC_4113_2016040506260871e.jpg

根っこも流れる溶岩のようだ。
DSC_4115_201604050626096c1.jpg

ふもとには小さな祠が祀られていた。いにしえより信仰の対象だったのだろう。
DSC_4111_20160405062639fd2.jpg

後ろに回りこんでみる。
DSC_4118_20160405062612c8a.jpg

すると、峠越えの細道があり、石碑が並んでいた。
DSC_4119_201604050626145a3.jpg
DSC_4120_201604050625449d7.jpg
いずれも江戸時代のものだ。

おっと、私の目的はクスノキではなかった。
六万部塚(308m)に向かわなくてはならない。いったん引き返す。
ここにも道標は全くないので、地形図を確認しながら、それらしき方向に向かう。
一面の蕗畑?を過ぎると
DSC_4121_20160405062545eae.jpg

またしても石碑が並ぶ。
DSC_4122_20160405062547943.jpg
DSC_4123_20160405062548351.jpg
DSC_4124_2016040506255087b.jpg
ということは、この道で間違いなさそうだ。

植林の中をわりとしっかりした踏み跡が続いている。
DSC_4125_20160405062520fa9.jpg

大クスから10分ほどで頂上に着いてしまった。
DSC_4127_20160405062521473.jpg

ここが六万部塚と呼ばれるピークだ。
DSC_4134_201604050624561c5.jpg
308mと書かれているが、地形図では310mを超えている。

それはともかく、六万部とは法華経二十八品を繰り返し6万回にわたって唱えること。
これは、それを達成した人が建てた石碑なのだろうか。
DSC_4128_20160405062523376.jpg

碑文の書き出しが「六万部」であることは分かるが、ほぼ解読不能。時間もない。
DSC_4129_201604050625246a0.jpg
ときがわ町のHPが転載した「新ハイキング」2013年12月号の記事によれば、「旅の僧がここに塚を築いて六万部のお経を納めた」といういわれが彫ってあるらしい。
そんな大量の経をここに埋められるものだろうか。
というより、経典を6万部も集めようがないではないか。
読めていないのに何だが、私は達成記念の供養塔と解釈したい。

ここはときがわ町と越生町の境界。比企郡と入間郡との境でもある。
「境」と彫られた石碑もひっそりと立っていた。
DSC_4131_20160405062526af3.jpg

ここもあまり落ち着ける場所ではないが、お腹も空いたので、お昼にする。
メニューはいつもの通りコンビニおにぎり2個。
今日は、ホークソーセージマヨネーズと信州天然醤油使用の焼きおにぎりにした。
DSC_1738_20160405062831f00.jpg
DSC_1739_201604050628333dd.jpg

おにぎりとは合わないが、せっかくお湯を持ってきたので、カフェオレをいただく。
DSC_1736_20160405062830b53.jpg
チエもくさんのカップは本当に重宝している。

これがわずかに覗けた眺望。
DSC_4132_20160405062455012.jpg

20分ほどで出発する。
DSC_4135_20160405062458d2e.jpg

ちょっと下ると、鉄塔の下に出る。
DSC_4137_2016040506250193a.jpg

ここから北に見えたのは、さいたま梨花カントリークラブのクラブハウス。
DSC_4136_201604050624598b6.jpg
背後の突起は364mピーク。

南に見えるのは関八州見晴台あたりだろうか。
DSC_4138_20160405062431fc7.jpg

その西の方はすでに雲の中だった。
DSC_4139_20160405062433bdc.jpg

本当はここから北に下らないといけなかったのだが、正面に踏み跡が見えたものだから、つられてそのまま西進してしまった。
DSC_4141_201604050624342ca.jpg

イノシシの糞も踏み越えて、どんどん行くが、なかなか下りにならない。
DSC_4142_20160405062436c59.jpg

あれれと思い、地図を見直すと、やはり行き過ぎていた。
しかし、鉄塔のところに下る道はあっただろうか。
戻ってみると、急な坂があるではないか。
DSC_4144_20160405062437c5d.jpg
5分ほどロスしてしまった。

この斜面は細かく砕けた石が一面に散乱していた。
DSC_4145_201604050624078ac.jpg
DSC_4146_2016040506240811e.jpg
奇妙な景観だった。

30mほど下ると、ようやく傾斜が落ち着いた。
DSC_4147_20160405062410baf.jpg

そして渡渉。
DSC_4148_20160405062411736.jpg

かつては丸太の橋があったようだが、すでに朽ちていた。
DSC_4149_20160405062413a05.jpg

この先は沢沿いを下る。
DSC_4151.jpg
DSC_4152_20160405062312bc1.jpg

植林を抜けると、明るい山里に出た。
DSC_4153_20160405062313547.jpg
DSC_4158_20160405062316e59.jpg

ツツジが満開。ちょっと早すぎるのではないか。
DSC_4156_20160405062315847.jpg

まさに春爛漫である。
DSC_4159_20160405062245fe9.jpg

ここは桃源郷のようなところだ。
DSC_4160_20160405062247bf3.jpg
DSC_4161_201604050622489ed.jpg
DSC_4163_201604050622509c7.jpg

ツバキやムスカリ、オオアラセイトウ、ハナニラもあちこちに咲いている。
DSC_4166_2016040506222291b.jpg
DSC_4167_201604050622231c3.jpg
DSC_4168_20160405062225e0b.jpg
DSC_4169_2016040506222697b.jpg

振り返ると、鉄塔のあるピークが六万部塚。
DSC_4171_2016040506222822e.jpg

山里の斜面にある細道を登っていく。
DSC_4172_20160405062158982.jpg

夏みかんもたわわに稔っていた。
DSC_4173_201604050621591a7.jpg

庚申塔や祠が、ここが昔ながらの集落であることを物語っている。
DSC_4165_20160405062252dc8.jpg
DSC_4176_20160405062201b9d.jpg

実に美しい。
DSC_4178_2016040506220469e.jpg
DSC_4177_2016040506220251b.jpg

再び車道に出ると、そこはオンデマンドバスのバス停「十六石」。
DSC_4179_20160405062133a9a.jpg
いわくありげな地名だ。

もう弓立山(427m)の登りに入っているのだが、登山口がよく分からない。
DSC_4180_20160405062135d5a.jpg

登り口を探しながら、景色も楽しむ。
DSC_4182_201604050621365c0.jpg

これは雨乞山(340m)。
DSC_4183_20160405062137c90.jpg

雨乞山と六万部塚の鞍部から越上山(567m)が覗いていた。
DSC_4185_20160405062139e0a.jpg

(つづく)
このページのトップへ

弓立山など(2)

【2016年4月2日(土)】
越生駅から弘法山(164m)に向かっている。
県道から脇道に入る。
DSC_3962_20160404234324a7a.jpg

沿道の小さな墓地に比留間良八(1841~1912年)の墓があった。
DSC_3961_2016040423432271b.jpg
比留間は高麗郷(日高市)の生まれ。
その父、半蔵については昨年の「高麗郷・日和田山(1)」で触れた。

良八も甲源一刀流の名手で、一橋家に召し抱えられ、慶喜護衛のため上洛、鳥羽・伏見の戦いを経験した。
のちに彰義隊に加わり、上野戦争、飯能戦争を戦ったが敗れ、この近くに潜伏していたという。
DSC_3960_201604042343214cc.jpg
明治5年に許され、近くの旧成瀬村で剣術指南をして生涯を閉じたとのこと。

家並みが切れ、弘法山(164m)の全景がよく見えるようになった。
DSC_3965_201604042343258d9.jpg

ネックレスのように桜が帯状に咲いている。
DSC_3966_20160404234258f25.jpg

西には奥武蔵の峰々が連なる。
DSC_3968_201604042343009ba.jpg

美しい日本の田園風景だ。
DSC_3971_20160404234302019.jpg
DSC_3972_20160404234304ed8.jpg

いよいよ弘法山の観音様の参道に入る。
DSC_3970_201604042343007f0.jpg

入口には古張庵の句碑。
DSC_3973_20160404234236fcd.jpg
碑面は読めなかったが、古張庵は越生出身の江戸時代の豪商。
句碑そのものも江戸時代のものだ。

参道は桜が満開。
DSC_3975_20160404234237e3c.jpg

晴れていれば、もっと青空に映えただろうに。
DSC_3976_20160404234239b5a.jpg
DSC_3977_201604042342404ee.jpg
DSC_3978_20160404234242582.jpg

一つの木に紅白2種類の花が咲くのを初めて知った。
DSC_1733_20160404234319053.jpg

撃ち捨てられたバイク。今回はこうした廃車をよく見かけた。
DSC_3979_201604042342135db.jpg

観音堂の門前も満開。いい季節である。
DSC_3980_201604042342152d6.jpg

階段を登る前にお勉強。
DSC_3981_2016040423421652e.jpg

この山は古くは「高房山」と呼ばれ、当地の小字名も「高房」だそうだ。
DSC_3982_20160404234218d7f.jpg
DSC_3988_201604042341473f7.jpg

観音堂の本尊の観音菩薩は弘法大師の作と伝えられることから、「弘法山」と表記されるようになったらしい。
DSC_3986_201604042341441e8.jpg

江戸時代の『新編武蔵風土記稿』には、その眺望が詳述されている。
DSC_3985_20160404234219646.jpg
筑波山や房総半島の山並み、信州の山も見えたそうだが、今日は当然無理。
乳房をかたどったぬいぐるみを奉納する風習があるという。
乳の出がよくなるのだろうか。
武蔵越生七福神の弁財天も祀られている。

私は本日の安全を祈願した。
DSC_3987_201604042341452a6.jpg

境内に子育て観世音。
DSC_3991_20160404234150b05.jpg

そして馬頭観世音。
DSC_3992_20160404234121598.jpg

鐘?の供養塔。
DSC_3993_20160404234122ac5.jpg

その他の石塔群。
DSC_3994_20160404234125ce6.jpg

ここで軽くストレッチをしておく。
DSC_3989_20160404234148183.jpg

いよいよ登山開始。
DSC_3995_20160404234126c07.jpg

標高差はふもとから80m。観音堂からは45mほど。
DSC_3996_201604042341276b2.jpg

最後は諏訪神社の階段となる。
DSC_3997_2016040423405790f.jpg

5分もかからずに頂上に到着。
DSC_3998_20160404234059bdb.jpg

もう一度参拝する。
DSC_3999_20160404234100da4.jpg

眼下には越生の町並み。
DSC_4000_2016040423410260d.jpg

南にたちはだかるのは大観山の裏側だ。
DSC_4001_20160404234103b60.jpg

南西は越生梅林の方角。もう梅はすっかり終わってしまった。
DSC_4003_20160404234036307.jpg

灯籠は安永六年というから1777年。
DSC_4006_20160404234039742.jpg

狛犬もかなり古そうだ。
DSC_4002_20160404234034489.jpg

本殿の右後ろに回り込んでみる。
DSC_4005_20160404234037cd6.jpg
裏にも道があったが、どこに下りていくのは不明なので、色気は出さずに戻ることにする。

小腹が空いたので、歩きながらパンをかじる。
DSC_4007_2016040423404063b.jpg

分岐を来た道と違う方に下ると、諏訪神社の鳥居に出た。
DSC_4008_20160404234005974.jpg

もう一度、観音堂の前を通って、越生梅林方面の近道を行く。
DSC_4011_20160404234008eaf.jpg

すると左手に墓地とお寺が見えてきた。
DSC_4012_2016040423400985c.jpg
DSC_4013_20160404234010f7f.jpg

見正寺というようだ。
DSC_4016_201604042339437fa.jpg

『新編武蔵風土記稿』にも紹介された由緒ある寺のようだが、今はひっそりしている。
DSC_4014_20160404234011c8d.jpg
DSC_4015_2016040423394236c.jpg

寺に寄り道しなければ、ここから出てきたのだろう。
DSC_4018_20160404233945723.jpg

この先は車道歩き。途中に車地蔵なるものがあった。
DSC_4021_2016040423394642a.jpg
字も判読できず、説明板もないので由来も分からない。

越生の特産品。
DSC_4022_20160404233948c2d.jpg
DSC_4023_20160404233919e45.jpg

菜の花やスイセンが今は盛りだ。
DSC_4025_20160404233921bb9.jpg
DSC_4027_20160404233922c7c.jpg

奥武蔵の山々を眺めながらの、穏やかなハイキングだ。
DSC_4028_201604042339247c3.jpg

分岐は左に進路をとる。
DSC_4029_201604042339255bc.jpg

このすぐ先に田代三喜の生地というかなりくたびれた標柱があった。
DSC_4030_201604042338393b2.jpg

「関東医祖古河公方侍医田代三喜翁之生家田代吉澤家 翁生誕四百年記念 昭和三十八年・・」とある。
DSC_4031_20160404233841ad5.jpg
説明板によると、田代三喜は室町時代の人。明に渡って、当時の名医月湖に師事し、金と元の二大医学を修めた。帰朝後は古河公方足利政氏の侍医になったという。

近隣の古い民家。
DSC_4033_20160404233842edc.jpg

その先にある小さな橋は、その名も三喜橋。
DSC_4037_201604042338144ac.jpg

梅はもう散っていたが、ムスカリがあちこちに咲き誇っていた。
DSC_4035_201604042338443b3.jpg
DSC_4036_2016040423384532d.jpg

越辺川の支流。
DSC_4038_201604042338169c0.jpg

これはミツマタ。
DSC_4039_20160404233817f28.jpg

配色だけではどこのバスか分からないが、広告から推測するに、横浜市営バスのようだ。
DSC_4040_2016040423381958f.jpg
なぜ、ここに?

右手に雨乞山(340m)が見えてきた。
DSC_4043_20160404233744986.jpg

路傍に新旧いろんな石碑を見ながら、登山口を探す。
DSC_4041_2016040423382076a.jpg
DSC_4044_20160404233746c65.jpg
DSC_4046_20160404233747097.jpg
DSC_4047_20160404233749cc6.jpg

ツバキが満開!これはど迫力だった。
DSC_4048_201604042337507f3.jpg

おっと、タヌキ君ではありませんか。
DSC_4049_20160404233705fa3.jpg
DSC_4051_20160404233707db3.jpg
近づくとさすがに逃げてしまった。
毛が抜けて肌が露出しているが疥癬だろうか。かなり痩せているようにも見えた。

ちょっとした高台にある109.4mの三角点。
DSC_4053_20160404233708a76.jpg

これが登山口の目印となっている。
DSC_4054_20160404233709463.jpg

ここからの展望。右端が大高取山(376m)。
DSC_4055_2016040423371101c.jpg

中央の突起はおそらく越上山(566m)。
DSC_4056_20160404233642b80.jpg

登山口には何の道標もないけど、たぶんここで間違いあるまい。
DSC_4058_20160404233643d43.jpg

しっかりした道が続いていた。
DSC_4060_20160404233645c51.jpg

しかし、きちんと整備されているわけではなく(「山と高原地図」には破線すらない)、かなり荒れている。
DSC_4062_2016040423364608b.jpg
DSC_4063_20160404233648d71.jpg

ただ、オリエンテーリングの標識はあるので大丈夫だ。
DSC_4065_20160404233617371.jpg

この先、傾斜が急になる。
DSC_4066_20160404233619c96.jpg

一応この黄色いテープが山頂へと導いてくれているみたい。
DSC_4067_201604042336202e5.jpg

標高差で170mほど登ると、285m標高点。
DSC_4069_201604042336222ad.jpg

ここで尾根に乗り、右折すると、ほぼ平坦な道がしばらく続く。
DSC_4070_2016040423362356f.jpg
DSC_4071_201604042335546e9.jpg

と言っても道はあるような、ないような。
DSC_4072_201604042335565e7.jpg
DSC_4073_2016040423355723d.jpg

いったん鞍部に下り、リボンに導かれ、右に回り込む。
DSC_4076_201604042335592fc.jpg

こんなところも通過しながら、最後の急登。
DSC_4077_20160404233600178.jpg
DSC_4078_20160404233530399.jpg

登山口から40分ほどで雨乞山の山頂に到着した。
DSC_4080_20160404233533028.jpg

(つづく)
このページのトップへ

弓立山など(1)

【2016年4月2日(土)】弓立山
天気予報は曇り。照準を近場の低山に絞り、行き先はときがわ町の弓立山(427m)に決めた。
最初は、山と渓谷社の分県登山ガイド「埼玉県の山」のコース取りに従うつもりだったが、だんだん欲が出てきて、近くの山をしらみつぶしに登りたくなってきた。
「山と高原地図」にルート表示がない山も、ヤマレコで登っている人がいるのを確認。
そのルートを手持ちの地形図に落とし込み、弘法山→雨乞山→六万部塚→弓立山→金比羅山→愛宕山と回ることにした。
時間があれば、さらに北に展開する堂山や雷電山を周回してもいい。
下山後は「都幾の湯四季彩館」で入浴、バスで明覚駅まで行って、八高線・東武線を乗り継いで帰宅するという、かなり欲張りプランである。
先週の日曜日、晴れたのに休養日にしてしまったのが、やっぱり後を引いているみたいだ。
晴れていれば眺望が期待できるのは弓立山くらいなので、曇っていてもそれほどストレスを感じなくて済む山ばかりだ。

歩き始める越生駅までは新所沢駅から1時間ほどなので、ゆっくり出発することにした。
8:15新所沢発の電車に乗り、本川越→川越市、坂戸で乗り換え、越生には9:13着の予定だ。
ところが、ささいなことで、それが大きく(って程でもないが)狂ってしまった。
8:15の電車に乗るには、昼食調達の買い物の時間を含めて、7:55に自宅を出ればいい。
でも朝食も済ませ、早く準備ができたので、7:50に出発。
駅に着いて、改札に入った瞬間、気づいた。「あ、コンビニに寄るの忘れた!」
でも、早く着いた分、1本前の8:07発に乗れるから、差し引き8分間の余裕がある。
川越での乗り換え時にコンビニに寄ればいいや。
気にせず、電車に乗り、8:23本川越着。
いつもの通り、ぺぺを大回りして東武の川越市駅へ向かう。
駅前のファミマで昼食を調達。市駅に着いたのが8:40。
DSC_1726_20160404064730fce.jpg

電光掲示板を見ると、森林公園行きの普通電車が8:41発。次が8:48発の急行小川町行き。
買い物したとは言え、+8分の余裕があったはずなので、そんなすぐの電車を駅探が指示しているわけがないと思い込み、余裕かましてトイレに寄った。
41分は見送って、48分の電車に乗ってわけだ。
坂戸に8:58に到着。
駅探では、坂戸駅で確か2分の待ち合わせのはずだったのに、9分もある。
あれ?って思いつつも、9:07発の越生行きに乗車。
到着予定の9:13になっても越生に着かないどころか、まだ駅が3つも4つもある。
ここで改めて駅探を検索して初めて、川越市駅で8:41発の電車に乗るべきだったと認識した。
結局、越生到着は予定より11分も遅い9:24。
家を予定より5分も早く出ただけに、なんとも悔しい。
原因は、本川越から川越市への乗り換えにあった。
よく見ると、駅探では乗り換え時間を6分しか設定していない。
以前は確か10分以上あったはずだ。
なんと、本川越駅に新しく西口ができ、ぺぺを回り込まなくても、まっすぐ川越市駅に向かう最短ルートができていたのだ(帰りに駅員に聞いたら、2月20日からオープンしているとのことだった)。
これは不覚。以前、本川越駅で工事をしていたような気もするし、改札を出てから、ちらっと左を見るだけで気づいたはずなのに。
わき目も振らずというのは、必ずしもよくないことを思い知った。

と言ってもまあ、遅れたのはたかだか10分。
山行に大きな影響が出るわけではない。
まずは越生駅で確認作業。
DSC_1727_2016040406473282a.jpg

なんとホームの真ん中に11kmのキロポストがあった。
DSC_1729_20160404065508f2c.jpg
坂戸駅からの距離と思われるが、ホームにあるのはめずらしい。

乗ってきた車両はモハ82111。
DSC_1728_20160404064733530.jpg

いわゆる8000系という車両だが、カラーリングがレトロな印象。
DSC_1730_20160404064736485.jpg
8000系は1963年から1983年にかけて、私鉄では最多の712両が製造されたそうである。

越生駅前に降り立つ。
DSC_3913_20160404064710413.jpg
ここに来るのは関東地方に大雪が降った直後の2014年2月9日以来2年ぶり。
駅名標の書体が当時とは変わっていた。当時はゴシック体だった。

まずは越生町のマンホールをチェック。
DSC_3914_201604040647113b5.jpg
DSC_1734_20160404064708f8a.jpg

こちらは越生、毛呂山、鳩山町の共用。
DSC_3927_201604040646295aa.jpg
駅前の観光案内所に立ち寄って、ハイキングマップを入手しようと思ったが、棚にはなかったので、そのまま退出。

歓迎を受けて、歩き出す。
DSC_3915_20160404064713c22.jpg

県道との交差点手前は広場になっていた。
DSC_3916_201604040646458e4.jpg
2年前はここにまだ何か建っていたような気もするが定かではない。

ただ、こんな観光案内板は少なくともなかった。
DSC_3917_20160404064647a37.jpg
DSC_3918_20160404064648fc5.jpg

一里飴はなめてみたかったのだが、1個1個では売ってないだろうし、1袋だと多すぎるだろうから、店には入らなかった。
DSC_3920_20160404064650187.jpg
この住吉屋、前回来た時は閉まっていたが、この日は開いていた。
やはりつぶれていたのではなかったのだ。

今日はしばらくメインストリートを歩くので、昔ながらの商店にも注意を払っていきたい。
町の本屋さんとして頑張っている「のとや書店」。
DSC_3921_20160404064652100.jpg

蔵造りの「まちだ」は何の店だったのかよく分からないが、まだ営業しているのだろうか。
DSC_3922_20160404064623629.jpg

カーブに位置するため、店頭に反射板が設置されている。
DSC_3926_201604040646288cf.jpg

越生町の道路元標を発見。
DSC_3923_201604040646252ab.jpg
大正8年(1919年)の旧道路法で道路の里程の起点となる「道路元標」を各市町村に1か所ずつ設けるよう定められたという。

その横に、かつての「和田横丁」の案内板があった。
DSC_3925_20160404064626d2c.jpg
越辺(おっぺ)川をはさんで北隣にある旧和田村(現・越生町大字西和田)への道が通じていたのが、名の由来。
大正時代から昭和初期にかけて公衆浴場があったことから「銭湯横丁」とも呼ばれたという。
この界隈がかつての市街地の中心だったとのこと。

お茶や海苔の「小松屋」。
DSC_3928_20160404064559203.jpg

現在のメインストリート。奥に見えるのは桜の名所、大観山。
DSC_3929_20160404064601e91.jpg

国の登録有形文化財、金子家住宅。
DSC_3930_20160404064601c60.jpg
生糸の仲買取引で財を成した越生屈指の豪商・嶋野伊右衛門によって、江戸末期の安政5年(1858年)に建てられた店舗及び住居である。

二七の市の跡。
DSC_3931_20160404064603bf4.jpg
越生町の中心部(江戸時代は今市村と呼ばれた)では、毎月6回、二と七の日に市が立ったという。
幕末の横浜開港以降は絹取引が盛んになり、明治・大正期に最盛期を迎えた。

旧越後屋・三井呉服店(現三越)出張所跡。
DSC_3932_20160404064604c46.jpg

かつては、あの三越が出張所を置くほど、越生は賑わっていたのだ。
DSC_3934_201604040645359b6.jpg

この家もかつては商家だったのだろう。
DSC_3935_201604040645370f5.jpg

寿司・ちゃんこの満寿屋。
DSC_3936_20160404064538075.jpg

これで「あらじゅく」と読む。
DSC_3937_20160404064540cda.jpg

曙会館跡。昭和21年に地元有志が開館した劇場。
DSC_3938_20160404064541466.jpg
昭和20年代後半からは映画上映が主となったが、42~43年頃に閉館した。

その隣に八幡神社跡。
DSC_3939_20160404064505916.jpg
駅前にある法恩寺の鎮守として奈良時代に勧請されたと伝えられる。

うちわ工房しまの。
DSC_3940_20160404064507261.jpg
DSC_3941_20160404064508625.jpg

柄に直交する肩竹をはめる渋団扇は越生の特産品だった。
DSC_3943_2016040406451113c.jpg
「越生名物生絹に団扇 誰が着るやらつかふやら」
昭和8年(1933年)の八高線開通を祝して発表された野口雨情作詞の「越生小唄」にも唄われた。
最盛期には50軒ほどの団扇工房があったが、今では「しまの」1軒のみだとか。

里の駅おごせに立ち寄る。
DSC_3942_20160404064510425.jpg
ここでハイキングマップをゲットしたが、あまり役に立たなかった。

閉店したと思しき「すずもと食堂」。
DSC_3946_2016040406444183c.jpg

茶舗改めクリーニング店なのか、まだ両方営業しているのか、はっきりしない。
DSC_1732_20160404064707488.jpg

梅最中、栗酒まんじゅうの梅泉堂。このカーテンの雰囲気はもう廃業しているのか。
DSC_3947_20160404064443087.jpg

ほぼ向かいにある菓子舗河田屋は現役。
DSC_3949_2016040406444489b.jpg
このあたりは中心部から1kmほど離れているが、最盛期は商店がここまで続いていたのだろうか。

五大尊ツツジ公園も越生では人気の観光スポット。
DSC_3951_201604040644465c7.jpg
DSC_3952_201604040644471c1.jpg
ただし、ツツジにはまだ早い。

駅から20分ほど歩いて、やっと本日の1座目、弘法山(164m)が見えてきた。
DSC_3953_20160404064418be9.jpg

手打ちうどん、だんごの黒田屋。
DSC_3955_201604040644200c3.jpg

越辺川を高橋で渡る。
DSC_3957_20160404064422843.jpg
DSC_3956_201604040644212c6.jpg

垣根にはシナレンギョウの花が咲いていた。
DSC_3958_20160404064423edc.jpg

(つづく)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (99)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR