山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

2016大山(6)

【2016年3月26日(土)】大山
見晴台から20分ほどで、二重滝橋が見えてきた。
CIMG1320_20160331065530169.jpg

その手前に、謎の岩穴。
CIMG1321.jpg

昭和6年に徳島県の岡部兼蔵さんらが寄付したものだそうだ。
CIMG1322.jpg
岩を掘ってて寄付するということは、何かに利用されたのだろう。
防空壕にしては狭いし、時期も早い。
神社の「物置」だったのか。

滝のほとりには二重社が建つ。
CIMG1323_20160331065534952.jpg
阿夫利神社の摂社で雨乞いの守護神だそうだ。

狛犬ならぬ狛龍。
CIMG1327_20160331065510711.jpg

これが二重滝。
CIMG1324.jpg

上段から突如湧出しているというから驚く。
CIMG1325.jpg
さっきの沢登りの方はここを遡っていったのだろうか。

関東大震災の前までは、ここに呪いの杉と呼ばれる樹齢1000年を超える老樹があったという。丑の刻には、わら人形を杉に打ち付けて、恨みを晴らしたらしい。
今はこの二本杉が当時の面影を伝えている。
CIMG1329_20160331065511e08.jpg

ワンちゃんもさすがにへたりこんでいる。
CIMG1332.jpg
みんな「かわい~」とおおはしゃぎ。
君のおかげで、みんな元気をもらったよ。お疲れ様でした。

二重滝橋を渡って、ケーブルの駅へと向かう。
CIMG1333_20160331065514f2c.jpg
CIMG1338_2016033106544435b.jpg

この桟橋は一昨年来た時にはなかった。
CIMG1339.jpg
崩落箇所に整備したのだろうが、このルートはどんどんものものしくなっていく。
登山者だけでなく、観光客も多いからやむを得ないのかもしれない。

道端にある大新稲荷神社を通過。
CIMG1342_201603310654470aa.jpg

これで二重滝への道は終了。
CIMG1344.jpg

茶屋の前に到達した。
CIMG1347_2016033106545178a.jpg

そのまま、大山ケーブルの阿夫利神社駅(678m)へ。
CIMG1352_20160331065425ae3.jpg

下山者がかなり並んでおり、15時40分の便は満席で乗れなかった。
CIMG1349.jpg

待ち時間を利用して、眺望を楽しむ。
高取山(556m)。
CIMG1350.jpg

伊勢原市街。
CIMG1351.jpg

ここからはテツの領域となる。
CIMG1353_20160331065426e6c.jpg

これは昨年10月に導入された新型車両だ。
CIMG1355.jpg
大阪の工場で製造されて、まずは秦野まで30時間かけて陸送。
そこからヘリに吊り下げて大山ケーブル駅まで空輸し、座席などの取り付けは現地で行ったという。
設計は、関西国際空港旅客ターミナルや小田急ロマンスカー「VSE」などを手掛けた建築家の岡田憲明だそうだ。
大山観光電鉄さん、結構気合が入っている。

大山ケーブルの営業キロは800m、標高差は278m、定員78人。
初代のケーブルカー「たんざわ号」と「おおやま号」は昭和40年(1965年)の営業再開以来、50年にわたり活躍していたが、昨年5月17日をもって引退。
以後、車両のほか設備の大幅更新のため9月30日までの長期休業を経て、10月1日に装いも新たに再スタートを切った。

通常の運行は20分間隔だが、この日はお客さんも多いので15時50分に臨時便を出してくれた。
CIMG1357.jpg
みんなは往復切符もしくはフリー切符があるが、私だけ持ってないので、片道630円の切符を買って乗車。

窓が大きく、かなり視界が広い。
CIMG1358_20160331065358e6a.jpg

トンネルを通過。
CIMG1362_20160331065359e34.jpg

途中の大山寺駅で上り電車とすれ違い。
CIMG1364_20160331065401628.jpg
CIMG1367.jpg

そして上に行ってしまいました。
CIMG1370_20160331065331d97.jpg
DSC_1690_20160331065309e70.jpg

所要6分で山麓の大山ケーブル駅に到着。
ペット用にケージを貸してくれていた。
CIMG1371_20160331065333b32.jpg

駅から出たところに根之元神社。
CIMG1372_20160331065334f63.jpg

古事記の神話に基づけば、悪縁を断ち切ってくれる神様だそうだ。
CIMG1374.jpg

大山コマの顔はめがあったので、遊んでみた。
DSC_1693_20160331065311262.jpg

駅のすぐ下にある旅館元滝では赤と黄色のミツマタが競演。
CIMG1378_20160331065305baf.jpg
かなり香りがきつかった。

こま参道をひやかしながら、さらに車道を下る。
CIMG1379.jpg

16時半すぎに、400年の歴史がある宿坊の東學坊に到着。
CIMG1382.jpg

ここで豆腐料理をいただくのだが、その前に入浴。
食事の人は、お風呂が無料とのことで、非常にありがたい(通常800円)。
露天風呂はなんと大山川を渡った対岸にあった。
DSC_1696_20160331065241d05.jpg

そして、かなりの広さ。
FB_IMG_1459083531441.jpg
5時までは男子の入浴タイムとのことなので、先に入らせてもらった。
あ~気持ちいい。おやじ声が漏れてしまう。
のんびりしたいところだが、女子も早く入れてあげたいので早々に内湯に転戦。
きれいな体になったところで、お部屋へ。
畳にイス席でとても楽だ。

私どもは3680円の「春の膳」を注文。
DSC_1703_201603310652434c8.jpg
DSC_1705_2016033106524667b.jpg
DSC_1706_20160331065247651.jpg

軽くビールを飲んだ後、七沢温泉の地酒「木花咲耶姫」をいただいた。
DSC_1704_20160331065244094.jpg
ここの豆腐は向かいの湧水工房で作った自家製だそうで、ものすごく柔らかい。
やはり、湯豆腐が一番おいしかった。
話にも花が咲き、食べ終わった頃にはもう7時を過ぎていた。
バスの時間を確認したら、7時4分に行ったばかり。
次は1時間後なので、伊勢原駅までタクシーに分乗して帰ることにした。

酔っていたので何時の電車に乗ったのか忘れてしまったが、登戸、府中本町、新秋津、所沢と間違えずに乗り継いで、夜の10時に帰宅した。
飲み過ぎたのか、食べ過ぎたのか、「明日は榛名山に行くぞ~」と宣言していたのに、翌朝は結局立ち上がれず、休養日になってしまった。
でも、気の合う仲間と歩いて、うまい料理と酒で締めくくる山はほんとにいいものだ。

【行程】
大山ケーブルバス停(8:36)~大山ケーブル駅(8:56)~下社(9:40トイレ、休憩、集合10:10)~十六丁目追分の碑(11:04)~富士見台(11:20)~大山山頂(11:56参拝、撮影、昼食13:15)~見晴台(14:37休憩14:57)~二重滝(15:22)~阿夫利神社駅(15:38)
※所要時間:7時間2分(歩行時間:約4時間20分)
※登った山:1座(新規なし)
※歩行距離:8.2km

スポンサーサイト
このページのトップへ

2016大山(5)

【2016年3月26日(土)】大山
山頂で1時間以上休んで、時間も午後1時を過ぎた。
そろそろ下山することにしよう。
CIMG1216.jpg

帰りは見晴台方面、つまり雷ノ峰尾根を下ることにした。
CIMG1219_201603302033318a0.jpg

大学時代に大山に登った時、この尾根を下ったはずなのだが、全く記憶にない。
CIMG1218.jpg
つまり今回のルートは登りにしろ下りにしろ、実に新鮮だった。

しかし、こちらもつるつるじゃないだけマシだが、路面は泥でべちゃべちゃである、
CIMG1221.jpg

湿地状態で完全にぬかるみになっているようなところは歩いたことがあるが、こういう整備された道で、こんな状態なのは初めてだ。
CIMG1222_20160330203334f03.jpg

とにかく、ゆっくり慎重に下っていくしかない。
CIMG1224_20160330203249818.jpg

足を接地するのも柔らかくしないと、はねが飛んで面倒だ。
CIMG1226.jpg

ふいに、右手のヤブの中からヘルメットをかぶった男女2人組が現れた。
CIMG1228_20160330203252132.jpg

沢登りをしてきたようだ。場所的に、大山川を遡ってきたのだろうか。
でも山頂には全く関心がないようで、登山道に出たら、息もつかずにさくさくと下っていった。
CIMG1229.jpg

下山を始めた途端、晴れてきた。よくあることだが、やっぱり悔しい。
CIMG1230_2016033020330700b.jpg

しばし、平坦な道が続く。
CIMG1231_20160330203227dd6.jpg
CIMG1232_20160330203229cbd.jpg
CIMG1234_201603302032328c6.jpg

馬酔木にもエビのしっぽが生えていた。
CIMG1233_201603302032301d9.jpg

ここは大山の肩。
CIMG1235_20160330203233f76.jpg

振り返ると、大山のシルエットが見えた。
CIMG1236_201603302032062ee.jpg

肩を過ぎたら、再び急な下り。
CIMG1237_2016033020320710e.jpg
CIMG1238_20160330203209168.jpg

右手の展望が開けると、高取山(556m)が確認できた。
CIMG1240_20160330203210191.jpg

その手前には大山道の宿坊街が蛇行している。
CIMG1241.jpg

阿夫利神社下社も背後から見ることができた。
CIMG1242.jpg

間もなく、大山三峰(935m)や鐘ヶ嶽(561m)方面への分岐を通過。
CIMG1243.jpg

下社までまだ3km以上もあるのか。
CIMG1244_2016033020312721d.jpg

この時期にまだ雪渓が残っているのに驚いた。
CIMG1245_20160330203129ee0.jpg

高取山の西麓にある東京カントリー倶楽部。
CIMG1246_201603302031301e5.jpg

高取山の向こうには湘南の山々。鷹取山(219m)あたりだろうか。
CIMG1249_20160330204640195.jpg

さあ、どんどん、どんどん下っていく。
CIMG1253.jpg
CIMG1255.jpg
CIMG1257_201603302030534c2.jpg

このコンクリートの構造物は何だろう。
CIMG1258_20160330203055153.jpg

吊り橋の基礎に似ているが、そんなわけはない。謎のまま通過。
CIMG1259.jpg

その他、奇観あれこれ。
CIMG1262.jpg
CIMG1264.jpg

岩場が出てきた。
CIMG1265.jpg
CIMG1266_20160330203029d0a.jpg

40分ほど下ってきて、やっと泥んこから解放された気がする。
CIMG1268_20160330202958da5.jpg
CIMG1270_20160330202959c21.jpg

でも、トラバース気味の下りでクサリ場が出現。
CIMG1273.jpg

みな慎重に下る。
CIMG1275.jpg

かなり道幅の狭いところもあり、このあたりが雷ノ峰尾根の難所だろう。
CIMG1277_20160330203004cda.jpg

ここを抜けると、一瞬だけほっとできる。
CIMG1278.jpg

そして再び、岩のゴツゴツした下り、
CIMG1280.jpg
CIMG1281.jpg

ここを下り切ったところで小休止。
CIMG1283.jpg

Sさんから、「あと50m下って、20m登ったら、見晴台」との案内がある。
もう少しだ。
CIMG1284_20160330202934352.jpg

右手には二重滝に向かう道がもう見えてきた。
CIMG1285.jpg

最後の登り返し。
CIMG1286.jpg

午後2時半すぎ、見晴台に到着。結構賑わっていた。
CIMG1287.jpg

コースタイムは1時間だったが、ぬかるみがひどく1時間半近くかかってしまった。
CIMG1288.jpg

ここは標高769m。
CIMG1289_201603302029117d6.jpg

「山岳安全」と書かれた大きな石碑がある。
CIMG1290_20160330202912427.jpg

我々も休憩。久々にゆっくり座れた。
いよいよ、ここでMさん持参のイチゴが登場。ご苦労さまです。
DSC_1683_20160330202731dea.jpg
とても甘くて好評だった。

それにしてもすっかり晴れてしまった。
CIMG1293_20160330202844618.jpg

ただ、ここからは富士山方面は全く見えず、大山三峰のみ記録にとどめた。
CIMG1292.jpg

登山に来ていた他のグループの女の子が、ワンちゃんに興味津々。
随分汚れているのも気にせず、一生懸命かわいがっていた。
他にも犬を連れたグループがいたが、あちらは服を着ていて完全防備。
でも、全然汚れていなかったので、山頂までは行ってないのだろう。
2匹が近づいて、お互い体をすりすりしていたが、いきなりこちらのワンちゃんが吠えだして、びっくり。
CIMG1295_201603302028455c6.jpg
犬もなかなか警戒心が強いのだ。

さて20分も休んでしまったので、そろそろ行きましょうか。
CIMG1297_20160330202847a2a.jpg

下社までは、下り基調の巻き道となる。
CIMG1299.jpg

しばらく休んでいたせいもあるが、植林の中に入ると体がひんやりした。
CIMG1302_20160330202818f93.jpg

途中、飛行機遭難者の頌徳碑を発見。
CIMG1303.jpg
所沢陸軍飛行学校所属の第27期操縦学生沼田熊一さん(明治38年、兵庫県生まれ)が昭和3年8月8日、偵察機で訓練中、濃霧に遭遇し、当地に墜落したとのこと。合掌。

この道は手すりなどが厳重に整備されている。
CIMG1304.jpg
CIMG1305_201603302028220dd.jpg

近年、豪雨で崩落した場所もあるし、滑落事故も少なくないらしい。
CIMG1306_20160330202824899.jpg

崩落した箇所は新しくできた鉄橋で渡る。
CIMG1308.jpg

今度は、注連縄がかけられた立派なスギの木を発見。
CIMG1314.jpg
CIMG1310_2016033020275315f.jpg

右側は別の種類の木だ。由来がありそうだが、何の説明板もない。
根元に築かれていた石垣は一部、崩落していた。
CIMG1313.jpg

賽銭箱は1円玉や5円玉で山のようになっているので、信仰の対象なのだろう。
CIMG1312_2016033020275484a.jpg

では先を急ごう。
CIMG1316_20160330202729729.jpg

(つづく)
このページのトップへ

2016大山(4)

【2016年3月26日(土)】大山
登り始めて1時間10分ほどで富士見台に到着した。
CIMG1177.jpg

あいにくの天気なので、エア富士山で我慢する。
CIMG1178_2016032906381558f.jpg

ここでみんなの注目を集めたのは、こちら。
CIMG1174_20160329063811834.jpg
これは何なのか、誰も全く分からなかった。

モヤモヤしたまま出発。
CIMG1175_2016032906381210e.jpg

右手に伊勢原方面を遠望。
CIMG1179.jpg

左には、木の芯にコンクリートで作った珍しい石仏。
CIMG1180_20160329063734d06.jpg
もう剥がれ落ちてボロボロなので、針金で応急処置を施してあった。

「二十一丁目」(11:25)通過。
CIMG1181.jpg

そしてすぐ「二十二丁目」(11:28)。
CIMG1182.jpg
標高1102mと刻んであるので、あと150mちょっと。距離はあと600mだ。
ここで数分立ち休み。ベンチがあったが濡れて座れる状態ではなかった。
大山の参道には明治以降、多くの茶屋ができたそうで、ここにも「日の出茶屋」という店があったらしい。
ちなみに、下社から山頂までにあった茶屋は12軒。
列記してみると、5丁目「石屋」、8丁目「屋号不明」、10丁目「松葉屋」、13丁目「きくや」、14丁目「屋号不明」、15丁目「米屋」、16丁目「追分茶屋」、18丁目「屋号不明」、20丁目「富士見茶屋」、22丁目「日の出茶屋」、23丁目「えびすや」、28丁目「喜太郎茶屋」となる(「相州大山」より)。
そんな時代に歩いてみたかった。ただ、茶屋は登山道を挟むように建っており、登山客は茶屋の中を客引きにもまれながら歩いたという。
その後、登山客の装備が整い、ペットボトルやコンビニなどが普及するにつれ、茶屋で休む客が減り、経営者の高齢化や後継者不足もあって、徐々に廃業していったらしい。
一時は1軒もなくなってしまったが、平成14年に山頂で開業した大山山頂茶屋が元気に営業中だ。

いよいよ路面がぬかるんできた。
CIMG1184.jpg

「二十三丁目」(11:37)の標柱は倒れて放置されていた。
CIMG1185.jpg

標高が高くなり、路面はとうとう雪道に。
CIMG1186_20160329063707969.jpg

「二十四丁目」(11:40)付近は「縁結びの道」というらしい。
CIMG1187_20160329063709447.jpg
周囲の木の枝に願い事を書いた紙を親指と小指で結ぶと恋が叶うのだとか。

私も含め一同そんなこととはつゆ知らず、通り過ぎていく。
CIMG1188.jpg
まあ、みんな50がらみなので縁のない話だが。
それにしても女子のおしゃべりは強烈だ(笑)。
登って疲れて口数が少なくなるどころか、どんどん話題が豊富になり、声も高くなる。
元気すぎる。

それにしても3月下旬の大山で雪景色を見られるなんて思いもしなかった。
CIMG1189.jpg

間もなく、ヤビツ峠からの登山道と合流。
CIMG1190_20160329063713d77.jpg

ここが「二十五丁目」(11:44)。標高1174mまで来た。
CIMG1191.jpg

この先、やや傾斜が急になる。でも、頂上まで10分の表示も出た。もうひと踏ん張りだ。
CIMG1192.jpg

「二十六丁目」(11:47)の標柱には「来迎谷」の表記がある。
CIMG1193.jpg
御来光を拝む場所だったのだろうか。

あと残り2丁。
CIMG1194_20160329063649e71.jpg

「二十七丁目」(11:51)の銅鳥居。
CIMG1195_20160329063651b7c.jpg

標柱に「御中道」とある。
CIMG1196.jpg
富士山と同様、山腹を一周する道のことで、かつては夏山シーズンが終わると、下の門前町の有志が雑木を刈る「お刈りまし」を行ったという。
今も一部を除いて歩くことができるらしい。

さあ、最後の登りだが、路面がつるんつるん。
CIMG1197.jpg

ここまで来てアイゼンを付けるのもばかばかしいので、みんな我慢しつつ慎重に登る。
CIMG1198_201603290636141c1.jpg

そして、ようやく「二十八丁目」(11:54)、山頂部に到着した。下社から2時間かからなかった。
CIMG1199.jpg

しかし周辺はガスで何も見えない。
CIMG1200_20160329063617869.jpg

お馴染みの灯籠たち。
CIMG1202_20160329063543812.jpg
CIMG1203.jpg

頂上へ最後の階段を登る。
CIMG1204_20160329063546304.jpg

この標柱には標高1247mと記されているが、実際の標高は1252m。
CIMG1205_201603290635479f9.jpg

阿夫利神社の本社に参拝。
CIMG1206_201603290635493b5.jpg

無事登頂を感謝し、無事下山を祈る。
CIMG1207_20160329063519b1e.jpg
山頂の山名板のところで記念撮影。
初心者も含め、全員転倒や事故、疲労などもなく登頂できたのは幸いだった。

さて、昼飯をどこで食べるかが問題だ。
山頂付近はごったがえしているというほどではないが、泥のない落ち着ける場所はほぼ埋まっている。
親切なH君が、周辺に偵察に行ってくれ、一段下に空いているベンチを見付けてくれた。
しかし、そこもテーブルが濡れていたり何だりで、条件は必ずしもよくない。
女子には敷物を敷いて、ベンチに座ってもらい、男子は立ったままの食事となった。

私は下社近くの茶屋で買ったおにぎり。
CIMG1208_201603290635214b2.jpg
すっかりつぶれていたが、さっき握ったばかりなのでおいしかった。

ポットを持ってきたのだが、カプセルホテルでお湯を入れてくるのを忘れてしまった。
Sさんにお湯を分けてもらい、チエもくカップで今日もロイヤルミルクティー。
DSC_1680_201603290634599ca.jpg
これは温まった。
あとは、みんなで持ってきたおやつを分け合って、わいわいがやがや。

昼食後、初の大山だったKさんが用事があるということで先に下山することに。
あの雪道を一人で下るのは危険なので、2つ持ってきた軽アイゼンのうちチェーンアイゼンの方を提供した。
後で無事下山できたという知らせが届き、ホッとした。

そうこうしているうちに、下界が見えだし、ときどき青空も覗いたが、なかなかすっきりとは回復しない。
でも、一応風景は写真に納めなくては。
北東には鐘ヶ嶽(561m)。
CIMG1210.jpg

その左に、大山三峰(935m)。
CIMG1211_2016032906352485f.jpg

相模原方面。
CIMG1217_2016032906450520f.jpg

この時期に低山では珍しく霧氷やエビのしっぽを鑑賞できた。
CIMG1212_201603290635255e1.jpg
CIMG1213_20160329063455660.jpg

最後に、淡い期待を込めて、富士山のビューポイントに移動。
ああ、でもやっぱり三ノ塔(1205m)しか見えなかった。
CIMG1214.jpg

塔ノ岳(1491m)でさえ雲の中。
CIMG1215_201603290634585b8.jpg

みんなで残念がっていたところに、遅れて来ることになっていたMさんが到着。
ケーブルに乗ったという時間から計算して、我々が下山途中に合流するくらいかと想像していたのに、さすがに早い。
わざわざイチゴのパックを手に持って来てくれた。
トレラン用のザックだったので入れられなかったらしい。
しかし、みんな満腹でこれからまた何かを食べるという雰囲気ではない。
とはいえ、下りも手で持って歩くのは、少々危ない。
ここでも親切なHさんが「おれのザックなら入るよ」と運搬を引き受けてくれた。
彼はとても紳士である。

(つづく)
このページのトップへ

2016大山(3)

【2016年3月26日(土)】大山
10時ちょうど、阿夫利神社下社の前で総勢10人のうち、9人(+1匹)が集合。
CIMG1076_20160328202726ee6.jpg

もう一人は遅れて来て頂上近辺で合流の予定だ。
CIMG1077_20160328202726bd6.jpg

仰ぎ見ると、頂上付近はまだガスっているが、下界はわりとよく見える。
CIMG1075.jpg

全員で記念写真を撮影したところで、10:10に出発。
まずはここで初穂料100円を支払い、自分たちでお祓いを済ませる。
CIMG1079.jpg
大山に登るのは、これが4回目になるが、実はここから登るのは初めてだ。
過去3回はいずれもヤビツ峠から登った。
しかも、ここに下って来たのが、見晴台からだったり、蓑毛越からだったりして、この表参道は十六丁目までの区間だけ歩いたことがないことに気付いた。
道理で記憶がないはずだ。

登拝門をくぐる。
CIMG1081_201603282027293ce.jpg
かつては夏季以外、この扉は閉ざされており、誰も登ることができなかったそうだ。
今は常時、半分開いていて、いつでも誰でも登ることができる。

この銅の鳥居は、享保四年(1719年)の製作で、江戸神田須田町の桝屋七郎兵衛らの寄進。
CIMG1083_20160328202700c1a.jpg
大山の「八の鳥居」に当たる。

いきなり急な階段。これを見て萎えてしまう人がかなりいるとのこと。
CIMG1084.jpg
観光で来た人なら、さもありなん。114段もあるのだとか。

階段の途中に早くも「二丁目」(10:12)。登拝門が「一丁目」らしいが見落としてしまった。
CIMG1086.jpg

登り切ると、旧白山神社の平坦地。
CIMG1093.jpg

江戸四谷・佐藤屋伊兵衛寄進の石塔。
CIMG1087.jpg
石垣を寄進したのを記念したもののようだ。

その奥には大きな句碑。
CIMG1088_20160328202705779.jpg
「豊作をたたへ大山仰ぎけり」
大正13年(1924年)松本生まれの俳人・医師滝沢伊代治の作品。

ここにもひっそりと石仏。
CIMG1091.jpg

またしても、「二町目」の石柱。これは少し古い時代のもののようだ。
CIMG1092_20160328202623297.jpg

正面に、巨大な「阿夫利大神」の石塔。
CIMG1094.jpg
CIMG1096.jpg

苔の上には結構雪が残っている。
CIMG1095.jpg

「三町目」(10:15)。
CIMG1098.jpg
これは江戸時代に立てられたもので、「天保十年(1839年)六月 神田三河町四丁目陸天長蔵 取締御師相原但馬」とある。

こんなに次々と「町目石」が出てくるなんて、いくつあるんだろうと思ったら、28丁目で終わりだそうだ。
CIMG1097.jpg

下社の上も、男坂に負けず劣らず険しい。
CIMG1099.jpg

大山は修行の山だったわけだが、それにはそれなりの理由があるのだ。
CIMG1100.jpg

「四丁目」通過(10:18)。
CIMG1102.jpg

古い石柱の表記は「町」、新しいのは「丁」になっている。
CIMG1103.jpg

続いて「五丁目」(10:20)。
CIMG1104.jpg

初心者も混じっているが、改めて見ると、みなそれなりにきちんとした装備である。
CIMG1105.jpg

先回りして、たまには前から撮影。
CIMG1107_201603282025455a2.jpg

歩いているのは7人。私を含め8人。
CIMG1109.jpg
ワンちゃんと飼い主さんは随分先に行ってしまったみたいだ。

それにしても大山は賑わっている。
CIMG1112_20160328202515b18.jpg

この調子では、頂上はどんなことになっているのか。
CIMG1114_20160328202516a62.jpg
だいぶ暑くなってきたので、このあたりで小休止。ダウンを着ていた人は脱ぐことにした。

「七丁目」通過(10:27)。「六丁目」は脇道を先回りしているうちに見逃してしまったようだ。
CIMG1115.jpg

夫婦杉は「八丁目」(10:29)。
CIMG1118.jpg
CIMG1119.jpg

かなり大きい木だった。
CIMG1120.jpg

「九丁目」(10:32)。1丁がほぼ2~3分のペースである。
CIMG1121.jpg

「十丁目」(10:34)。新しいタイプの石柱は昭和41年7月の建立なので、今年でちょうど半世紀だ。
CIMG1122.jpg

みんな現時点では順調(この先もずっと順調だった)。
CIMG1123.jpg

「十一町目」(10:35)。この石柱は明治7年(1874年)3月の建立。もう140年以上経つ。
CIMG1124.jpg

新しい「十一丁目」は少し離れた場所にあった。
CIMG1125.jpg

このあたりから雪が目立ってきた。標高は約900m。
CIMG1127.jpg
CIMG1128.jpg

「十二丁目」(10:39)。約30分で200mほど登った計算になる。
CIMG1129.jpg

石垣がある。ここには松本茶店(きくや)と呼ばれた茶屋があったそうだ。
CIMG1131.jpg

旧「十三町目」。
CIMG1133.jpg

たまには後ろを振り返ってみる。
CIMG1134_201603282023592b4.jpg

「十三丁目」(10:42)。
CIMG1135.jpg

登りに不安を覚えていたY子さんだが、なんと先行グループに追いついてしまうほど。
CIMG1136_2016032820240221c.jpg
今週平日2回、練習のため山に行ったそうで、その成果が表れたようだ。

急斜面が続く。
CIMG1138.jpg
CIMG1139.jpg

久しぶりに展望が利く場所に出た。伊勢原方面が見える。
CIMG1141_20160328202335ef5.jpg

「十四丁目」(10:50)は、ぼたん岩地帯。
CIMG1142_20160328202336dfb.jpg

ぼたん岩とは、このあたりに散在する凝灰岩の球体の石のことで、牡丹の花のように見えることからそう呼ばれている。
CIMG1146_201603282023380b8.jpg

玉ネギの皮がむけているようにも見えることから「タマネギ岩」とも呼ばれるらしく、岩石の風化現象の一つである。
CIMG1147_20160328202307fe0.jpg
牡丹というより、恐竜の卵の化石に見える。
みんな、「ここにも、ここにも」と歓声を上げながら通過した。
ここがほぼ中間地点ということになる。

小腹が空いてきたので、伊勢原駅前で買った地元のバターどらやきを歩きながら食べてしまった。
DSC_1677_20160328203835444.jpg

この先にかなりしっかりした石垣の遺構。
CIMG1151.jpg
ここも茶屋の跡だろう。

「十五丁目」(10:55)には、天狗の鼻突き岩。
CIMG1152_201603282023109b0.jpg
CIMG1154.jpg

この岩の左端に拳が入るくらいの穴が開いている。
これは天狗が鼻を突き当てて開けた穴だと言われている。
CIMG1155_20160328202313057.jpg
中にお賽銭が詰まっていた。ほとんど1円玉と5円玉だったが。

ひと登りで「十六丁目」(11:04)。ここにはかつて追分茶屋があった。
CIMG1158_2016032820224425c.jpg

蓑毛や浅間山に下る道との分岐点(追分)になっており、巨大な「十六丁目追分の碑」が立つ。
CIMG1157_20160328202243183.jpg
大山詣でを終えて、富士講の人や最乗寺に向かう人はここから右に下るわけだ。

碑は宝暦十一年(1761年)の建立で高さは3m68cmもある。
正面には「奉献石尊大権現大天狗・小天狗御寶前」、右側面に「従是右富士浅間道 東口冽走(すばしり)江十四里 小田原最乗寺江七里十町」、左側面に「新吉原町中 宿坊寶寿院」と刻まれている。
CIMG1162.jpg
CIMG1160.jpg

裏面には、奉献者の名前が連ねてあるようだが、判読しにくいので断念。
CIMG1161_20160328202247fdf.jpg

脇に「三十六丁目」の丁目石があったが、これは蓑毛からのものだろうか。
CIMG1163.jpg

しばし、みんなで見学した後、また歩き始める。
CIMG1164_2016032820221964d.jpg

新しく木道が整備されていた。以前はなかった。
CIMG1166_20160328202220729.jpg

新旧の石柱が向かい合っているという「十七丁目」はなぜか見落とし。
CIMG1167.jpg

「十八丁目」(11:12)が出てきてしまった。
CIMG1168.jpg

十六丁目から先はわりと明るい尾根道である。
CIMG1169_20160328202157110.jpg

「十九丁目」(11:15)通過。
CIMG1171.jpg

これで3分の2まで登ってきたことになる。
CIMG1172_201603282021596ae.jpg

期待の「二十丁目」(11:20)の富士見台はやはり何も見えなかった。
CIMG1176.jpg

(つづく)

このページのトップへ

2016大山(2)

【2016年3月26日(土)】大山
大山ケーブルのバス停からこま参道を経て、大山ケーブル駅まで登ってきた。
ここから先は山道となる。
昨年暮れには女坂を登ったので今回は男坂を行く。
CIMG0976.jpg

道は階段の途中で分岐している。
CIMG0977.jpg

左の女坂は大山寺(不動大明王)を経由して、阿夫利神社に行く道だ。
CIMG0978.jpg

この石段を登ったところに追分社(八意思兼社・やこころおもいかねしゃ)がある。
CIMG0980_20160328071229066.jpg
祭神の思兼神は、天の岩戸に隠れた天照大神を誘い出すため、知恵を授けた神様である。
「八意」とは、多くの知恵という意味だそうだ。
ここで本日の安全登山を祈願する。

この社に向かって右に急勾配の階段がある。男坂の始まりだ。
CIMG0979_201603280712275a9.jpg
女坂も含め、ここから先はかつて女人禁制だった。

振り返ると、追分社の前にちょっとした平地がある。
CIMG0982.jpg
ここにはもともと元禄年間に建立された前不動堂があったという。

階段は最初のうちだけだろうと、高をくくっていたら、下社まで延々と続いた。
CIMG0983_20160328071202380.jpg
CIMG0984_20160328071204ee0.jpg

「さすが男坂」と感じ入ったのだが、それより何より、これだけの石材を引き上げて、階段を組む労力に恐れ入った。信仰の力というものは畏敬に値する。
CIMG0985_2016032807120511c.jpg
CIMG0987_20160328071207eb4.jpg

間もなく「三町目」の標柱があったが、これは前不動堂からの標識だろうか。
CIMG0988_201603280711399cd.jpg

この先に、男坂三十三祠其ノ六「弁」という標識があった。
CIMG0989.jpg

礎石らしきものも残っている。
CIMG0990_20160328071142ad5.jpg
標識の意味はよく分からないが、かつて男坂にはいくつもの堂社が置かれていたというから、その痕跡のことだろう。
全部で33か所あったうちの、下から数えて6番目ということか。
「弁」の文字は「弁天社」の略?
「新編相模国風土記稿」には、男坂に神明社、子権現社、秋葉社など26の堂社があったと記されているとのこと。
そのうちの一つなのだろうが、ちょっと標識が不親切だ。

かつて一般の参詣者は主に男坂を登ったらしい。
CIMG0994.jpg

しかし、安政元年(1854年)の大火で、前不動堂も含め、これらの堂社はことごとく焼失してしまったという。
CIMG0995_201603280711454cb.jpg
CIMG0996.jpg

石の階段だけは、焼けずに残ったというわけだ。
CIMG0997.jpg
今はケーブルで登ってしまう人が大半だろうが、歩くとすれば大山寺のある女坂を選ぶ人が多いのではないか。
昨年暮れに女坂を歩いた時と比べると、やはり男坂を歩いている人は格段に少ない。

道は階段だけでなく、岩を削って、平らに普請している箇所もある。
CIMG0998.jpg

しかし、階段が途切れることはない。
CIMG0999_20160328071122bdb.jpg
CIMG1000.jpg

しかも段差が大きいので、かなりももの筋肉を使う。
CIMG1001.jpg
CIMG1002.jpg

今度は「其ノ十六 愛」が出現。
CIMG1003_20160328071055baf.jpg

ここには愛染堂があったのだろうか。
CIMG1004_20160328071056e7c.jpg

引き続き、びしびし登っていく。
CIMG1006.jpg
CIMG1007.jpg
CIMG1008.jpg

と言ってもペースはゆっくり。心拍数があまり上がらない程度に。
CIMG1009.jpg

途中にたまにはさまる緩斜面で、ひと息つける。
CIMG1010.jpg
CIMG1011_20160328071031235.jpg
CIMG1012_201603280710015dd.jpg

この平坦面にも何かあったのではないだろうか。看板はないけれど。
CIMG1014.jpg

ただ、汗はさすがに出てくる。
CIMG1013_20160328071003203.jpg

急斜面では石段が崩落したのか、金属製の階段が設置されていた。
CIMG1016_20160328071006da8.jpg

この階段を登ると、再び平坦面。
CIMG1018.jpg
CIMG1019.jpg

樹種の異なる木が絡み合っている。
CIMG1021.jpg
こういうものには何か名前が付いていそうなものだが、男坂はそっけない。
女坂には「七不思議」とかいって、いろいろとアトラクションがあるのに。

それにしても、男坂の石段は容赦がない。
CIMG1022.jpg

大山というのは実は険しい山だったのだと、今さらながら気づく。
CIMG1023.jpg

考えてみたら、バス停の標高が約310m。
下社が約700mなので、男坂で標高差400m近く登らなければならない。
CIMG1026_20160328070911d15.jpg

ケーブルの音が聞こえてきたと思ったら、大山ケーブルの中間点・大山寺駅の真上だった。
CIMG1025.jpg

まだ半分か。追分社からここまで20分で来ているので、あと20分で下社に着く計算。
CIMG1027.jpg

コースタイムは35分になっている。私のペースは40分なので、かなり速い想定だ。
CIMG1028_20160328070913b1c.jpg

だけど、ガンガン標高を稼げるので、あまり飽きない。
CIMG1031.jpg
CIMG1032_20160328070916fe3.jpg

ペースを守って、一歩一歩足を上げていく。
CIMG1033.jpg
CIMG1034_20160328070845cde.jpg

標高600m付近で雪が現れた。
CIMG1035_2016032807084676a.jpg
先週登った茅ヶ岳(1704m)では1400m地点だったので、ちょっとびっくり。
その後、寒い日が続いたので、最近の雪なのだろう。

石段ばかりで見ている方は飽きてきたのではないでしょうか。
CIMG1036.jpg
CIMG1037.jpg

もちろん、さっさと飛ばし読みしてもらって結構です。
CIMG1038_20160328070817b50.jpg
CIMG1039_20160328070819d30.jpg

「其ノ三十一」は「学」。
CIMG1040.jpg

何があった場所なのか、さっぱり分からないので、気にせず進む。
CIMG1041_20160328070822687.jpg
CIMG1042.jpg

仁王門の階段の手前で休んでいた外人さんのグループを追い越した。
CIMG1043_20160328070751e1e.jpg
この外人さんは、同じバスに乗っていた人で、大山ケーブルの手前の大山駅で下車した方々だ。
私がバス停近くで身支度をしている間にもう追い越して行って、追分社のところで彼らがストレッチをしている時に私が先行。
でも、写真を撮っている間に、また抜かれてしまったという、抜きつ抜かれつの関係なのだ。

仁王門前の石段はかなり精緻なまま残っている。
CIMG1044_2016032807075238e.jpg

中段には石垣も残っていた。
CIMG1045.jpg
CIMG1046_20160328070755cec.jpg

かつての景観は「相中留恩略記」の「大山」などで知ることができるが、こんな山の中にこんな大伽藍が展開していたことに驚く。
CIMG1047_20160328070756954.jpg
すべて灰燼に帰してしまったのは実に惜しい。
まあ、残っていたとしても廃仏毀釈で明治には大半が破却されてしまったのだろうけど。

階段を登り切ると仁王門の礎石があった。
CIMG1048.jpg

その奥には東屋が見えるが、ここがかつて大山を支配していた別当の住まい、八大坊上屋敷跡である。
CIMG1049.jpg
CIMG1055.jpg

今は石仏が1体ひっそりとたたずんでいるだけ。
CIMG1050.jpg

何の遺構かは分からないが、コンクリートのようなので、八大坊とは関係ないかもしれない。
CIMG1052.jpg

ミツマタが風に揺れていた。
CIMG1051.jpg

ここには「万国忠霊塔」が立っている。
CIMG1053_2016032807070000f.jpg
建立者は神道系の新興宗教「七曜会」の創始者・溝上恵照(1892~1984年)。
世界各国でお国のために忠節を尽くして倒れた勇士の霊を慰めるための施設だそうだ。
建立は昭和33年。

歌碑には「仰ぎ見る富士の高嶺の雪よりも清くちりにしますらをの友」とある。
CIMG1054_20160328070702b16.jpg

歩き始めてから、ほぼ1時間。
CIMG1057.jpg

だんだん、いろんな大山講の記念碑が並ぶようになってきた。
CIMG1059_201603280707061b0.jpg
CIMG1061_20160328070636791.jpg

間もなく、女坂と合流。
CIMG1064.jpg

このあたり石碑に取り囲まれているようだ。
CIMG1065.jpg
CIMG1066.jpg
CIMG1067.jpg

平坦面があると、何かの遺構があったのではないかと気になるようになってきた。
CIMG1068.jpg
阿夫利神社は儲けているのだろうから、かつての堂社の場所に「○○跡」という標柱を立ててほしいなあと思う。伊勢原市教育委員会でもいいのでお願い致します。

女坂と合流すると一気に人口が増えた。
CIMG1070.jpg

右に行くと、二重滝、見晴台方面。
CIMG1071.jpg

さっきから我慢していたのだが、やっとたどり着いた。
CIMG1073_201603280706196c8.jpg
やはり昨日は食べ過ぎた。
しかし、ここでしばらく座っている間にすっかり体が冷えてしまった。

階段を登ると、下社は目の前。
CIMG1074.jpg

茶屋のおばちゃんに声を掛けられたので、寄っていく。
食料を買わないといけないし、本隊が来るまで待たないといけないからちょうどいい。
食料はおにぎり(300円)があったので、それを購入。まだ温かかった。
しかし、湯のみで出されたのは、冷たい水だった。
大山湧水なのかもしれないが、ここは熱いお茶が欲しかった。
寒いので雨具の上にダウンを着込む。
ほどなく、本隊が到着したようで、呼びに来てくれた。

(つづく)
このページのトップへ

2016大山(1)

【2016年3月26日(土)】大山
この日の山行は高校の同級生Y子ちゃんの企画。
「顧問」を依頼されたので、同行させていただくことにした。
メンバーは同窓生を中心に総勢10人(男4人、女6人)。
小田急伊勢原駅に8時半集合、バスとケーブルを乗り継いで阿夫利神社下社から大山頂上(1252m)を目指すという計画だ。
しかし、私は大山ケーブル駅から下社までの男坂を歩いたことがないので、皆さんとは下社で合流することにして、先行することにした。

前夜は横浜・野毛で、高校の先輩の定年祝いの酒席があったので、それに参加。
DSC_1649_20160327181225121.jpg

横浜から所沢の自宅に帰って、翌朝また伊勢原まで遠征するのは難儀なので、そのまま横浜に泊まってしまうことにした。
宿は野毛の繁華街にあるカプセルホテル「ビジネスイン・ニューシティー」。
せっかく大浴場もあったのに、眠気が勝り、あっという間に沈没してしまった。
しこたま飲んで、〆ラーまでしてしまったので、とても風呂に入る元気がなかった。
DSC_1654_20160327181227281.jpg
DSC_1660_20160327181228cab.jpg
それにしても、横浜にこんな昭和な飲み屋街があるなんて知らなかった。
しかも規模がでかい。気に入ってしまった。

翌朝は6時の目覚ましで起床。
二日酔いでもなく、わりとシャキッと起きることができた。
でも、大量の大○が出た。
6:30から朝食があったのだが、さすがに食べられず、6:40に出発。
早朝の野毛繁華街を興味深く徘徊しながら関内駅に向かう。
関内駅の手前に「吉田橋関門跡」なる石碑があった。
DSC_1661.jpg
幕末、開国に伴って横浜港が開港すると、東海道と横浜港を結ぶ横浜路が開かれた。
この場所には「吉田橋」が架けられ、関門が設けられたそうだ。
これを境に、海側(馬車道側)を関内、陸側(伊勢佐木町側)を関外と呼ばれるようなったのだとか。
その関門も明治4年(1871年)には廃止されてしまったというから、「関内」という地名が生き残ったのは意外な感じもする。

関内からは6:55発の根岸線に乗る。
DSC_1663_201603271812009e2.jpg

横浜で相鉄線に乗り換えて、終点の海老名まで。
DSC_1664_20160327181202c78.jpg
DSC_1665_20160327181203724.jpg

小田急海老名駅では、ロマンスカー海老名駅停車記念の式典が終わったところだった。
DSC_1666_201603271812042b4.jpg
北海道新幹線開業のこの日、小田急では一部のロマンスカーが海老名駅と伊勢原駅に停車するダイヤ改正が行われたのだ。
今回の山行メンバーの何人かは、その該当列車に乗って、現地入りすることになっている。

ちょっとした感慨を胸に、小田急に乗り換え。
DSC_1667_20160327181136cac.jpg

伊勢原駅(7:59着)ではさらなる歓迎ムードで、大きな騒ぎになっていた。
この子は、伊勢原市のゆるキャラ「クルリン」。
DSC_1668_20160327181137c42.jpg
地元の名産「大山コマ」を逆さにして頭にかぶっている。
クルリンとは、コマが回る擬態語から来ているのだろう。

ここでも式典が行われたようで、もう撤収作業が進んでいた。
DSC_1670_20160327181139c2a.jpg

武将姿の方々のお迎えを受けたが、これは太田道灌の墓が伊勢原にあることに関係があるのだろうか。
DSC_1671_201603271811402cb.jpg
後でメンバーに聞いたところでは、太田道灌を主人公にしたNHK大河ドラマを実現すべく、署名運動をしていたのだそうだ。

この日は「てんきとくらす」の予報では晴れだったのに、あいにくの曇り。
ただ、車中から大山の山頂は見えていたので、晴れることを期待していた。
なのに、外に出たら雨が降り出した。ええっ、どうなってるの?。
とにかくバスに乗らないといけないのだが、この行列。
DSC_1674_201603271811429d5.jpg
もちろん、丹沢の山々に行くバスは乗客があふれたらすぐに臨時便を出してくれるので心配はしていないが、ちょっとびっくり。
こんな桜の季節でも新緑の季節でも紅葉の季節でもないオフシーズンにこれだけの登山者を集めるとは、やはり大山とは大した山だ。
ロマンスカー効果がそれほど大きいとも思えない。
さすが、江戸時代から多くの参詣者で賑わった山だけある。

ところで、お腹が空いていなかったので、まだ朝食を食べていなかったし、わりと乗り継ぎが忙しかったこともあり、何も食料を買っていない。
ちょうど、バス停近くに露店が出ていて、おにぎりやらどら焼きを売っていたので、ここで調達することにした。
赤飯おにぎり2個パック200円と、クルリン印のバターどらやき1個150円。
お昼はたぶん下社の茶屋に何かあるだろうから、そこで買えばいいや。

この時間は、定刻8:05発のバスの前に、臨時の直行便を出してくれたようなので、そっちに乗った。
これを見送れば、もうすでに待機している定刻のバスで座れたかもしれないが、大した時間じゃないから気にしない。

車中では早速、赤飯のおにぎりをいただいた。
DSC_1675_20160327181119091.jpg
これで少しはお腹が落ち着いた。

バスは私が昨年暮れに歩いた大山道をほぼたどり、20分ほどで大山ケーブルに到着した。
運賃は310円。
下車すると、目の前に大山コマをモチーフにした、かながわ古道五十選「大山宿坊街」の石碑があった。
DSC_1676_20160327181120ec0.jpg
「かながわ名勝五十選」はあちこちで見かけるが、「古道五十選」なるものがあるなんて初めて知った。うち7つは各所からここに集まる「大山道」だそうだ。

それにしても雨は降り止むどころか雪になってきた。
本降りにはならないだろうが、用心して雨具の下も履いていくことにする。
前日着ていた衣類や着替えなどもあってザックがパンパンなので、少し身に付けないと弁当も入れられない。
15分ほどでザックの整理や身支度をして、8時半過ぎに出発。
CIMG0935.jpg
4期下のSさん夫妻は車で来ているというので、駐車場に行って、まずは彼女たちに挨拶。
お二人はワンちゃんとともに、後発の本隊と一緒に登る予定だ。

まずは舗装された参道を大山ケーブル駅まで登る。
ここは昨年暮れに歩いた道だ。
CIMG0937.jpg

ジンチョウゲやヤマユリ、キンモクセイなどが植えられて「香りの街道」とも呼んでいるようだが、まだ季節は早い。
CIMG0939.jpg

間もなく、こま参道に入る。
CIMG0941_2016032718153576c.jpg
CIMG0943.jpg
前回もリポートしたが、今回は参道にある店舗をくまなく記録していくことにする。
まだ時間が早いので、シャッターが下りたままの店も少なくなかったが。

金子屋支店。
CIMG0944.jpg
CIMG0945.jpg

中村屋。
CIMG0946.jpg

平の屋。
CIMG0947.jpg

山ゆり。
CIMG0948.jpg

大山で最も古い土産店、西の茶屋本店。
CIMG0949.jpg
江戸時代には大山寺(現・阿夫利神社下社)の本坂入口西側で店を構えていたから、その名があるという。

大山うるわし本舗。
CIMG0950_20160327181354338.jpg

きゃらぶきの大津屋。
CIMG0951.jpg

どれも美味しそう。帰りに買って帰ろうと思って忘れてしまった。
CIMG0952.jpg

こちらは大山煎餅の雷神堂。
CIMG0955.jpg
CIMG0956_2016032718133292c.jpg

ハート形だから甘いのかと思ったら「大辛子」とある。
CIMG0953.jpg
大判かつ手焼きではあるが、それにしてもちょっと高かった。

昭和な雰囲気のすぎやま食堂。玉こんにゃくがいい香りだった。
CIMG0957.jpg

豆腐料理の小川屋。
CIMG0958_20160327181336420.jpg

う~ん、頂上付近ガスってるなあ。
CIMG0959_20160327181337690.jpg

旅館ねぎし。
CIMG0961_2016032718131210c.jpg
CIMG0960_2016032718131065c.jpg

大山こまを製造販売している数少ない代々木地師の店ゑびすや。
CIMG0962.jpg
CIMG0963_20160327181313854.jpg

塚本みやげ店。
CIMG0965.jpg

この時期、「大山とうふ味めぐりキャンペーン」を開催中だった。
CIMG0966.jpg
参加店舗ではそれぞれのオリジナルメニューをどれも500円で提供している。
パンフレットをみると、どれも美味しそうで、山に登らず食べ歩きに来るだけでも価値があるように思えた。

いのしし鍋のかんき楼。
CIMG0967_2016032718124903b.jpg

路傍の小さなお社。
CIMG0968.jpg

最後に旅館元瀧。
CIMG0969_20160327181251600.jpg

小さな元瀧の「滝壺」にはコイがたくさん泳いでいた。
CIMG0970.jpg

その脇に「竜神の神」。
CIMG0971_20160327181222af8.jpg

大山川(鈴川)を渡って、さらに階段を登ると、大山ケーブル駅。
CIMG0973_201603271812245a2.jpg
9時の始発に乗るべく登山者や観光客が行列をなしている。
これには学生時代(1983年10月30日)に大山登山に来た時に乗ったことがあるはずなのだが、全く記憶にない。
チケットが残ってないか探してみたが見つからなかった。
今回は下りで乗ることになるので、それも楽しみだ。

(つづく)
このページのトップへ

茅ヶ岳(下)

【2016年3月21日(月)】茅ヶ岳
女岩を通過して、急斜面を登攀中。
DSC_3793_2016032707314265c.jpg
DSC_3796_20160327073146f8f.jpg

谷底に炭焼き窯を発見した。
DSC_3794_20160327073143eb0.jpg
DSC_3795_2016032707314584e.jpg

標高1400mを超えたあたりで、ようやく雪を見ることができた。
DSC_3797_201603270731162d2.jpg
今年は本当に少ない。

なおも急登が続くが、ここが踏ん張りどころ。
DSC_3799_201603270731170ea.jpg
DSC_3800_20160327073118343.jpg

道がジグザクについているのがありがたい。
DSC_3803_201603270731191f7.jpg
DSC_3804_20160327073121ed3.jpg

さあ、稜線が見えてきたぞ。
DSC_3806_20160327073050cca.jpg
DSC_3809_20160327073051c0d.jpg

女岩から35分で尾根にのった。でも休まずに進む。
DSC_3810_20160327073052c92.jpg

Yさんが「上で平らに歩いている人が見えたよ」と言っていたが、稜線もかなりの傾斜。
DSC_3815_20160327073023289.jpg

ほどなく、深田久弥終焉之地に出た。
DSC_3811_20160327073054594.jpg

みなで手を合わせる。1998年建立だった。27回忌ということか。
DSC_1604_201603270732578bd.jpg

ここは梢の向こうに金峰山(2599m)を望むことができる場所だった。
DSC_3812_201603270730552fd.jpg

少し登ると大日岩も見えた。
DSC_3814_20160327073021dbe.jpg

ロープ場を通過。
DSC_3816_201603270730245db.jpg

瑞牆山(2230m)も確認できた。
DSC_3817_201603270730259ca.jpg

さらに10分ほどのアルバイトで茅ヶ岳山頂(1704m)に到着。
DSC_3819_20160327073027fbc.jpg

時刻は11:43。コースタイム2時間20分のところ、2時間35分ほどかかった。
DSC_3820_20160327072951df2.jpg

休憩時間も含めれば、ほぼ標準タイムと言っていいだろう。
DSC_3821_20160327072953d96.jpg

恒例により、眺望を堪能する。
北西、指呼の間に双耳峰の金ヶ岳(1764m)。右は南峰。
DSC_3823_20160327072954d38.jpg
その左肩に八ヶ岳。赤岳(2899m)の山頂は雲の中。

北東に奥秩父の主脈。中央が金峰山。
DSC_3826_20160327072955e4b.jpg
左に瑞牆山と小川山(2418m)が重なって見え、右には北奥千丈岳(2601m)。

それぞれアップにしてみる。
右が北奥千丈岳、左が国師ヶ岳(2592m)。左端は大弛峠(2365m)。
DSC_3827_201603270729578c1.jpg

金峰山山頂の五丈石と千代の吹上。
DSC_3828_20160327072924264.jpg

瑞牆山(左)と小川山(右)。
DSC_3829_20160327072925424.jpg

北は横尾山(1818m)。
DSC_3830_20160327072927834.jpg

その右に男山(左、1851m)と天狗山(右、1882m)。
DSC_3831_20160327072928ba7.jpg
またしても富士山は残念。今回はそれだけがツイていなかった。

ここで同窓会山岳部のおそろいのTシャツで写真に納まるため、近くにいた人にシャッターを押してもらう。
そのデザインを見て、「わあ北海道からですか?」と質問された。
「いいえ、1人を除いて、みんな東京近辺です。北海道の高校の同窓会仲間なんです」
「え~じゃあ、長い付き合いなんですね」
「いいえ、みんなここ数年です」
てな、調子でことごとく否定してしまった。
何だかちょっとおかしい。

さあ、お昼にしよう。
昨日より気温は低いはずだが、山頂はなぜか暖かい。日が当たると、うなじが熱く感じるほど。ランチには絶好の陽気だ。
O君が昨日食べた富士吉田のB級グルメ「吉田うどん」がうまかったというので、今日は「吉田うどん」のカップ麺にした。
DSC_1611_20160327073259e5e.jpg

それと、山梨限定の煮カツおにぎり。
DSC_1610_20160327073258d42.jpg
これが、かなり美味しかった。地元限定とはもったいない。
食後は昨日も使った「チエもく」のカップでロイヤルミルクティー。
う~ん至福のひとときじゃ。
みんなでわいわい歓談しながら食べる山めしは本当に美味しいし楽しい。
単独行中心の看板を下ろすつもりはないが、時々こうした登山も交えていきたい。

そうこうしているうちに、遠くの雲がとれてきた。
甲斐駒(2967m)がりりしい岩壁を見せてくれた。
DSC_3832_2016032707293056a.jpg

その左に鳳凰三山。
DSC_3833_20160327072855ddf.jpg

八ヶ岳もこの通り。
DSC_3835_201603270728586f6.jpg

赤岳(右)と阿弥陀岳(左、2805m)の競演。
DSC_3834_201603270728573a1.jpg

入笠山(1955m)も遠望できた。
DSC_3836_2016032707290088a.jpg

忘れていたが、すぐ東には曲岳(1643m)。その右に升形山。
DSC_3846_201603270728301b0.jpg
その奥のなだらかな稜線は遠見山(2234m)あたりだろうか。

北東をもう一度。直下の突起は中岩。男山・天狗山の右奥に御座山(2112m)。その手前の双耳峰は高登谷山(1862m)。
DSC_3841_201603270729011c1.jpg

そのアップ。
DSC_3844_201603270728288b8.jpg

これがうわさの立体方位盤。
DSC_3849_20160327072833237.jpg

みんなが触りすぎるものだから富士山と茅ヶ岳周辺はすっかり剥げてしまった。
DSC_3850_20160327072834ad4.jpg
DSC_3851_201603270728048db.jpg

どりゃ、1時間近くのんびりしたことだし、そろそろ行くべか。
DSC_3848_20160327072831f88.jpg

「尾根道経由 深田公園」の方へ下る。
DSC_3853_20160327072806416.jpg

女岩コースと違って、やさしげな下りだ。
DSC_3854_20160327072807c3d.jpg
DSC_3857_20160327072809fc0.jpg

5分ほどで千本桜への下山道との分岐。
DSC_3858_20160327072810215.jpg

ここは直進する。
DSC_3860_20160327072738710.jpg

鈴を鳴らしたおばさんがぐいぐい登って行った。
DSC_3862_20160327072739116.jpg

また暑くなってきたので、上着を脱ぐ。もうすっかり春だ。
DSC_3863_20160327072741a97.jpg

しばらく急坂を下る。
DSC_3865_20160327072742b81.jpg
DSC_3866_201603270727440d5.jpg
でも、地面の土が柔らかく、ショックが膝に来ない。

名付けて猿岩。
DSC_3867_2016032707271291f.jpg

茅ヶ岳山頂を振り返る。
DSC_3869_20160327072714a37.jpg

ヒオドシチョウ。成虫のまま越冬する蝶のようだ。
DSC_3870_20160327072715b7d.jpg

山頂から40分ほど下ると、広い防火帯に出た。
DSC_3871_20160327072717dc1.jpg

ここもジグザグに道がついており、歩きやすい。
DSC_3874_20160327072718e0e.jpg
DSC_3876_20160327072644b19.jpg

途中、熟年の4人組が休んでいるところを通過。
DSC_3875_2016032707264362d.jpg

山頂で一生懸命、山座同定していた方々だ。
DSC_3882_20160327072647c21.jpg

こちらもそろそろ疲れてきた。
DSC_3881_2016032707264632d.jpg
DSC_3884_20160327072649695.jpg

山頂から50分近く下ってきたところで一服。
DSC_3888_2016032707261818d.jpg

来た道を振り返る。
DSC_3887_201603270726178a7.jpg
DSC_3889_2016032707262062f.jpg

休んでいる間に、さっきの熟年グループにまた先行されてしまった。
DSC_3893_20160327072623265.jpg

それを追うが、なかなか追いつかない。
DSC_3891_20160327072621bbb.jpg
山頂で「今年は薬師に行きたい」などと話していたので、かなりの健脚なのだろう。

それはともかく岩場があちこちに出てきた。
DSC_3895_20160327072551832.jpg
DSC_3899_20160327072552f6d.jpg
DSC_3901_20160327072554b20.jpg

傾斜は相変わらず急である。
DSC_3905_20160327072526d33.jpg
DSC_3902_20160327072555708.jpg

しかし防火帯歩きも30分で終了。
DSC_3904_201603270725570b5.jpg
DSC_3906_20160327072528b2c.jpg

いったん林道に出る。
DSC_3908_20160327072531dcc.jpg
DSC_3907_2016032707252953d.jpg

ちょっとだけ林道を歩いて、登ってきた道と合流。
あとは同じ道を引き返す。
行きで見た廃屋を今度はじっくり見学。
DSC_1612_20160327073301195.jpg
DSC_3911_20160327072532d82.jpg
DSC_3912_201603270725105c0.jpg
先に行ってしまった、みんなの後を追う。
午後2時過ぎ、駐車場に到着。所要約5時間。いい運動になった。
今日も後半はずっと晴れていたし、天候に恵まれた2日間だった。

ここで、おそろいのTシャツの後ろ姿を撮るため、全員整列。
DSC_1614_2016032707330219e.jpg
胸と背中の両方にプリントしてあるが、いつも正面ばかりなので、背中が撮りたかったのだ。

では、汗を流すため、北杜市のハイジの村クララの湯に向かう。
本当は明野温泉太陽館という日帰り温泉に行くつもりだったが、歩きながらネット検索してみたら、ハイジの村で茅ヶ岳のバッジを売っているという情報を発見したので、バッジのコレクションをしているH君のため行き先を変更したのだ。
でも、ナビに従って行ってみると、何だか見覚えがあるところ。
DSC_1628_20160327073237ba6.jpg
DSC_1629_20160327073204e8a.jpg

受付の人に聞いてみると、一昨年に太陽館からクララの湯に変わったそうだ。
DSC_1627_20160327073235e1b.jpg
それはいいのだが、バッジは売っていなかった。
H君をぬか喜びさせて悪いことをした。

温泉は南アルプスが一望できる展望風呂。これはいい。
DSC_1618_20160327073229c1b.jpg
DSC_1625_20160327073233dfc.jpg

なんとようやく富士山も顔を出してくれた。
DSC_1620_201603270732316dd.jpg
泉質は低張弱性アルカリ性高温泉で、源泉は45.1℃。ぬるぬるの美肌の湯だった。

でも30分もかからずに上がり、女子が上がるのを待つ間、展望台からの眺めを楽しむ。
裾野を広げる八ヶ岳。
DSC_1630_20160327073206611.jpg

右から甲斐駒、アサヨ峰(2799m)、鳳凰三山。
DSC_1631_20160327073207612.jpg

地蔵岳(2764m)のオベリスク(右端)もくっきり見える。
DSC_1632_20160327073209e44.jpg

本日登ってきた茅ヶ岳(右)と金ヶ岳(左、1764m)。
DSC_1633_2016032707321052f.jpg

これで本日の総括も終了。全員で韮崎駅に向かう。
H君は16:23発の特急あずさ24号に乗り、北海道へ。
MさんとIさんは16:38発のホリデー快速ビューやまなし号で帰京。
O君は車で裾野市の自宅へ。
私は渋滞を避けて、大月から松姫峠を越え、Yさんを青梅駅まで送り届けた。

途中、お腹が空いたので、御嶽駅前の中華料理店「東峯園」で五目炒飯を食べた。
DSC_1635_20160327073140d01.jpg
ここは『山を下りたら山麓酒場』に載っていた店なので来てみたかったのだ。
というわけで8時過ぎには帰宅。
同窓生との山は最高である。

(おわり)

このページのトップへ

茅ヶ岳(上)

【2016年3月21日(月)】茅ヶ岳
高校同窓会山岳部の春の例会(3月20~21日)は山梨県の瑞牆山(2230m)と茅ヶ岳(1704m)に登った。
本稿では、茅ヶ岳の山行を紹介する。
茅ヶ岳に登るのは、2013年10月12日以来なので、ほぼ2年半ぶりとなる。
前回はキャンピカ明野ふれあいの里から金ヶ岳(1764m)も含めて登ったので、今回は深田公園からの周回コースとした。女岩経由の谷コースを登り、尾根道を下る。
そうすれば、同じ道をほとんど歩かないで済む。

茅ヶ岳は『日本百名山』の深田久弥(1903~1971年)終焉の地として知られている。
深田は昭和46年3月21日、親しい山の仲間たちとこの山に登り、頂上まであと十数分というところで、突然脳出血で倒れ、亡くなった。
仲間から「このあたりはイワカガミ咲いて、きれいです」と声をかけられ、「そうですか」と喜んでうなずいたのが最後の言葉だったという。

今日はまさに命日なのである。
計画を立てた当初はそんなことなど全然気づかなかったが、同級生のO君から「命日に登るなんて、さすがK君」と言われ、初めて認識した次第。
くしくも死後45年の追悼登山ということになってしまった。
ただ、同じ季節なのに、イワカガミは全然咲いていなかった。
もう盗掘され尽くしてしまったのだろうか。

命日ということで、深田信者が大勢集まるのではないかと、ちょっと心配したが、当然行列をなすというようなことはなかった。
でも、9時に登山口に着いた時点で、駐車場はほぼ満車。
30台くらいはあったのではないか。

深田公園は随分小さくて、ちょっと拍子抜けだった。
「百の頂に百の喜びあり」という自筆の石碑と、深田久弥に関する説明板、ふるびた東屋があるだけだった。

茅ヶ岳の名は、酸性土壌のため全山がカヤで覆われていることに由来するという。
金ヶ岳とセットで「ニセ八ツ」などと呼ばれるが、標高の低い茅ヶ岳だけが200名山に選ばれている。
これは明らかに、茅ヶ岳が深田終焉の地であることを意識した選定だろう。
深田本人が200名山を選ぶとしたら、おそらく選外だっただろうし、選ぶとしても標高の高い金ヶ岳の方にしたに違いない。

最初はだらだらとした登りが続き、ちょうどいいウォーミングアップになった。
女岩は崩落のため近づけなかったが、その直前からいきなり岩場の急登となる。
急坂は岩場を過ぎてからも延々と続き、一気に高度を稼ぐ。
かなりきついのだが、皆さん元気。いいペースで登れた。
尾根にのっても、全く楽にはならず、あと150mの登りが待っている。
その途中に、深田久弥終焉之地の小さな石碑が立つ。
前回は、頂上からこれを見るためだけに、標高差100mほどを下ってきたのだった。
ここで写真を撮っている間に、何組かの登山者をやりすごしたが、いずれもこの日が命日だと知っている様子はなかった。
混み合っていると思ったのは、命日だからではなく、連休だからというだけの理由かもしれない。

それでも頂上には4~5組の登山者が休んでいた。
眺望も富士山と白峰三山は前日に続いて見えなかったが、ほかはみな面白いほど見えた。
前日登った瑞牆山もおとなしく金峰山に従っていた。

下山路の尾根道は、下の駐車場の案内板に破線で書かれていたので、ちょっと不安はあったが、山頂の道標にしっかり「深田公園」と書いてあったので安心した。
(717)
女岩コースと違い歩きやすく、見通しのいい防火帯のあって楽しく下れた。

【行程】2016年3月21日
深田公園駐車場(9:06)~深田公園(9:11撮影9:15)~林道交差点(9:42)~女岩(10:25休憩10:30)~尾根(11:05)~深田久弥の碑(11:11撮影11:14)~茅ヶ岳(11:43昼食・撮影12:37)~千本桜分岐(12:43)~駐車場(14:12)
※所要時間:5時間6分(歩行時間:3時間45分)コースタイム:4時間15分
※登った山:1座(新規なし)
※歩行距離:6.9km

前夜すっかり酔っぱらったが、男3人みな6時前には起床。
窓の外を見ると、どんより曇っている。でも、茅ヶ岳の頂上は見える。
何とか持ちこたえてくれるといいが。
朝食は7時半でお願いしているので、それまでパッキングや歯磨きなどして準備を整える。
それも7時前には終了。
お腹が空いてきた。朝食は7時にしておけばよかった。

することもないので、少し早いが7時15分には食堂に下り、朝食を出してもらった。
DSC_1596_2016032622540980d.jpg
DSC_1597_20160326225410b8c.jpg
この日は8:28韮崎着の電車で同期のYさんが合流するので、韮崎駅に迎えに行った。
早く着いたので、駐車場で待っていたら、彼女は1本前の電車に乗れたようで、もう駅の外に出てきていた。

というわけで本日のメンバー6人全員集合。
前日と同じセブン―イレブンで昼食を調達し、深田公園の登山口に向かう。
わりと近くて、9時前には登山口の駐車場に着いてしまった。
DSC_3721_201603262254149c1.jpg

それぞれ出発の準備。昨日に比べるとかなり気温は低い。
DSC_3722_20160326225343d56.jpg
でも、瑞牆山では1700m付近まで登ってもほとんど雪がなかったので、今日はたぶんアイゼンは使わないだろう。
みなスパッツを装着したが、私はレインウェアのズボンで済ませる。
登っている時はちょっとごわごわするが、止まって休むときに寒くならないから、こちらの方を愛用している。

ここのトイレは清潔で無料だった。
DSC_3719_2016032622541365a.jpg

9時すぎに出発。
DSC_3723_20160326225344aa3.jpg

歩き始めた途端、日が差してきた。
DSC_3724_201603262253456ee.jpg
昨日といい、今日といい、晴れ男H君の神通力は絶大だ。

みんな私の嗜好を知っていて、「おい、廃屋があるぞ」と教えてくれる。
DSC_3725_201603262253472fa.jpg
理解してもらえて、ありがたいことだ。

すぐ先の分岐で、深田公園は左、登山道は右。
公園は登山道と反対方向だが、すぐそこに見えている。
やはり先に挨拶しておくべきであろう。
DSC_3726_201603262253489e8.jpg

ここで、しっかり記念撮影。
DSC_3727_20160326225320cf4.jpg

振り返ると、茅ヶ岳の山頂を望むことができた。
DSC_3729_20160326225321674.jpg

さて、いよいよ登山開始である。
DSC_3730_20160326225323066.jpg

四駆の車なら通れるような幅の広い、なだらかな道をしばらく進む。
DSC_3731_201603262253244be.jpg
DSC_3737_20160326225253b11.jpg

このあたりにも左に右に廃屋が目立つ。
DSC_3732_20160326225326e4a.jpg
DSC_3734_20160326225251ced.jpg
DSC_3735_201603262252528bc.jpg

すぐ暑くなってきたので、みんなで上着を脱ぐ。
DSC_3738_20160326225254c75.jpg
DSC_3740_201603262252568e2.jpg

だらだら登りなので、足慣らしにはちょうどいい。
DSC_3741_2016032622522337f.jpg

白鳳会と韮崎ライオンズクラブが掛けたこの看板が、登山道の至るところにあった。
DSC_3743_20160326225224b0e.jpg

深田公園から30分弱歩いたところで舗装された林道を横断。
DSC_3744_20160326225225e36.jpg

道は少しずつ傾斜が出てきた感じ。
DSC_3745_20160326225227b51.jpg
DSC_3747_20160326225200f85.jpg

岩も目立ってきた。
DSC_3746_20160326225229cbc.jpg
DSC_3748_20160326225201df5.jpg

苔むした岩が独特の景観をつくっている。
DSC_3753_2016032622520480a.jpg
DSC_3755_20160326225130675.jpg

しばらくして、先行のカップルに追いついた。
DSC_3751_20160326225201873.jpg
DSC_3752_20160326225203dc5.jpg

日が差したり隠れたりだが、冬枯れで明るい谷だ。
DSC_3757_20160326225132268.jpg

速足のおじいさんに抜かれる。地元の人だろうか。何度も登っている人という印象だった。
DSC_3758_201603262251328e2.jpg

またさらに暑くなってきた人がいたので、しばし立ち休み。
DSC_3759_20160326225134e5b.jpg

「山と高原地図」には載っていなかった水場。
DSC_3760_20160326225135533.jpg

「これはあまり飲みたくないなあ」との声が上がった。
DSC_3761_201603262251023b3.jpg
しかし、地図に掲載されている女岩の水場は現在、近寄れないようだ。

ケルンの連続する箇所を通過。
DSC_3763_2016032622510423d.jpg
DSC_3764_20160326225105ee2.jpg

だんだん傾斜が増してきた。
DSC_3766_201603262251068c1.jpg
DSC_3768_2016032622510765a.jpg

気にせず、どんどん登っていく。
DSC_3769_20160326225033e6b.jpg
DSC_3773_20160326225035f03.jpg

一度くらいは振り返る。
DSC_3770_2016032622503441b.jpg

もうすぐ女岩だ。
DSC_3776_20160326225036612.jpg
DSC_3778_20160326225038120.jpg

登山口から1時間20分ほどで女岩に到着。
DSC_3785_20160326225015ff1.jpg

しかし、女岩の手前50mで立ち入り禁止。
DSC_3784_20160326225013fc6.jpg

奥の様子はうかがい知れないが、かなり崩落しているようだ。
DSC_3782_2016032622501135c.jpg

ここで小休止。
DSC_3780_2016032622501009b.jpg
一人だったら女岩まで探検に行ったかもしれないが、今回は団体行動なので止めておく。

どれ、それじゃあ、行くとしますか。
DSC_3783_20160326225012ae0.jpg
DSC_3786_201603262249485af.jpg

岩場を登って、女岩を高い位置からのぞき込んでみたが、やはりよく見えなかった。
DSC_3787_20160326224948780.jpg
DSC_3789_20160326224949823.jpg

それにしても急な坂だ。
DSC_3790_20160326224951058.jpg

まさによじ登る感じ。
DSC_3791_2016032622495232c.jpg

これは女岩の迂回路なので、やむを得ないのか。
高巻きを終えると、間もなく平和な道になった。
DSC_3792_20160326224932118.jpg

(つづく)
このページのトップへ

瑞牆山(下)

【2016年3月20日(日)】瑞牆山
13:10、瑞牆山(2230m)に登頂。所要時間は3時間ちょっと。
コースタイムは2時間50分なので、休憩時間を考えれば、ほぼコースタイム通りだった。
DSC_3609_20160325062255f6a.jpg

頂上には、もう雪がないのではと思っていたが、かなり残っていた。
DSC_3629_201603250621425e7.jpg

とりあえず眺望をカメラに収めていく。
私はこれが楽しみで山に登っているようなものなのだ。
まずは東側の岩稜。
DSC_3610_20160325062257d03.jpg
DSC_3632_2016032506214770a.jpg

西側の岩稜。
DSC_3615_20160325062232b8f.jpg
DSC_3622_2016032506220761b.jpg

その他、岩峰の数々。
DSC_3634_20160325062114df6.jpg
DSC_3638_201603250621196fc.jpg
DSC_3641_2016032506205050d.jpg

南東には金峰山(2599m)。
DSC_3620_2016032506220583e.jpg
DSC_3613_201603250622302eb.jpg

金峰山の左奥に朝日岳(2579m)。
DSC_3636_2016032506211595d.jpg

五丈石から千代ノ吹上にかけての稜線。
DSC_3637_20160325062117b6a.jpg

さらに下がると砂払ノ頭(2317m)。
DSC_3639_20160325062121c90.jpg

北東には小川山(2418m)。
DSC_3630_20160325062144547.jpg
DSC_3631_20160325062145775.jpg

北には天狗山(右、1882m)と男山(左、1851m)
DSC_3616_20160325062233869.jpg
手前の岩稜は大双里(約2110m)の西にある1986mピーク。

アップにしてみよう。
DSC_3627_20160325062211e42.jpg

天狗山の右奥に御座山(2112m)。
DSC_3626_20160325062210366.jpg

西には八ヶ岳が展開する。
DSC_3618_20160325062234e28.jpg

赤岳(2899m)の山腹には清里スキー場が見える。
DSC_3628.jpg
その手前中央は横尾山(1818m)、右に女山(1734m)、左は飯盛山(1643m)。

南には飯森山(2116m)。その右奥から鷹見岩(2093m)が覗く。
DSC_3640_20160325062049c38.jpg

南西の眼下に鋸岩。
DSC_3623_20160325062208ed7.jpg
DSC_3612_20160325062229bff.jpg
結局、富士山と南アルプスは見えなかった。
南アルプスは、朝方は見えていたのにすっかり霞んでしまい残念。

ひと通り撮影を済ませたところで、遅めの昼食にする。
今日は煮干醤油ヌードル。コンビニでいい加減に選んだのだが、これは美味しくて、つゆも楽々飲み干してしまった。
DSC_1582_201603250623134a6.jpg
DSC_1584_20160325062315dc8.jpg

それと、しらすのおにぎり。
DSC_1587_20160325062316764.jpg
他のメンバーも、カップ麺が多かった。

いやあ、それにしても風もなく、暖かい。
ダウンを着る必要など全くなく、レインウェアで十分だった。
おやつを分けてもらったりして、1時間近くのんびりランチを楽しんだ。
穏やかな山頂だった。

午後2時過ぎ、下山開始。楽園に別れを告げる。
DSC_3644_20160325062052105.jpg

雪道らしいところは、山頂直下の北面のみ。
DSC_3645_20160325062053289.jpg
DSC_3647_201603250620550e6.jpg

尾根から谷へ。
DSC_3648_2016032506202267a.jpg

びしばし下っていく。
DSC_3649_201603250620244fd.jpg
DSC_3657_2016032506202571a.jpg

登りではあまり意識しなかったが、途中、シャクナゲの大群落があった。
DSC_3659_20160325062027fde.jpg

クサリ場も下りはより慎重に。
DSC_3660_20160325062028025.jpg
DSC_3662_20160325061956825.jpg

飯森山を正面に見る。
DSC_3663_2016032506195845c.jpg

いったん休憩を入れて、もうひと踏ん張り。
DSC_3665_20160325061959de4.jpg

この階段を下ると、氷瀑。
DSC_3666_20160325062001c07.jpg
DSC_3668_2016032506200211c.jpg

下りも思い切って、氷の上を歩いてみた。
DSC_3670_201603250619319ff.jpg

全く危なくなかった。
DSC_3671_201603250619337e1.jpg

引き続き、順調。
DSC_3674_20160325061934c7b.jpg

ほぼ1時間で桃太郎岩まで下りてきた。コースタイム通り。
DSC_3675_2016032506193515c.jpg
DSC_3676_201603250619376c2.jpg

ここで一服。
DSC_3678_20160325061903fc1.jpg

ここでH君から、北海道の干し芋を分けてもらった。
DSC_1588_201603250623183f5.jpg
これは口の中の水分を持ってかれないので、山ではとても重宝すると薦められた。

10分ほどで出発。
天鳥川の渡渉は、わずか数時間で雪がすっかり解けていて、びっくり。
DSC_3680_20160325061905dd0.jpg

危うく、水にちゃぷんと入るところだった。
DSC_3681_20160325061907ff0.jpg

ここから標高差60mほどの登り返し。最後の試練だ。
一気に登り切る。
DSC_3682_20160325061909268.jpg

この先はトラバース気味にゆるやかに登る。
DSC_3683_201603250619108f3.jpg

泥がつかないよう、土が見えた途端、アイゼンを外した。
DSC_3684_20160325061838564.jpg

再び、富士見平小屋で小休止。
DSC_3685_20160325061840a15.jpg

金峰山方面にある大日小屋に泊まる場合は、ここで手続きが必要のようだ。
DSC_3686_20160325061841e3c.jpg

やはり富士山は見えなかった。
DSC_3687_201603250618437a8.jpg

ここで、もう一度、用足し。
DSC_3688_20160325061844ea1.jpg

あとはまっすぐ下るだけだ。
DSC_3689_20160325061810bce.jpg
DSC_3690_20160325061812300.jpg
下り始めて間もなく、先頭のMさんが泥でスリップして尻餅。
身を呈して、滑りやすいところを教えてくれた。

登りでも見た瑞牆山の雄姿。
DSC_3692_20160325061813f8a.jpg

この先、急な下りがしばらく続く。
DSC_3695_2016032506181540e.jpg

里宮参道という道標があるのだが、どこに里宮があるのかわからない。
DSC_3702_20160325061740162.jpg

登りの時は、登山道そのもののことだと思っていたが、山頂まで往復してきたけど何もなかった。
この先かなと思って、ちょっと登山道を外れてみたら、それらしきものがあった。
他の4人には「先に行っててね」と伝えて、ひとり探索に。
DSC_3697_2016032506181619a.jpg

このお宮は、かつて村人が奈良・大峰の金峰山から山の神を奉迎して祭ったものだそうだ。
DSC_3700_20160325061739684.jpg
現在の祠は昭和45年に再建したもの。
参拝していたら、女性陣が興味を持って来てくれた。
「無事下山のお礼をしなくちゃ」とのこと。えらい!

この間に、男性陣2人は先に行ってしまったようだ。
DSC_3703_2016032506174221c.jpg

我々3人も後を追う。巨岩の中の道を下り、林道を横断する。
DSC_3705_20160325061743353.jpg
DSC_3706_20160325061745fbd.jpg

登山口はもうすぐそこだ。
DSC_3713_20160325061715b59.jpg
DSC_3715_201603250617170c6.jpg

というわけで、午後4時20分に山荘に到着。
DSC_3716_20160325061718599.jpg
お疲れ様でした。

私とH君、Mさんの3人は翌日の茅ヶ岳(1704m)登山のため韮崎に泊まる予定だが、AさんとYさんは日帰り。
日帰りの2人のために、増富の湯に寄るつもりだったが、2人は我々が宿に着く時間が遅くなるのを気にして遠慮してくれたのか、「風呂は入らなくていい」とのこと。
とくにYさんは、このくらいでは汗をかいていないらしい。
さすが、トレラン大会の常時入賞選手だけある。

お二人を韮崎駅に送り届けて、宿の清水屋旅館へ。
ちょっと迷ったが、午後5時45分頃、無事たどりついた。
DSC_1594_201603250622523ae.jpg
DSC_1589_201603250623199fb.jpg

ちょうど旧韮崎宿本陣跡の向かいだった。
DSC_1595_2016032506225417e.jpg
二人帰ってしまったが、入れ替わりで別の二人が宿に先着していた。
Mさんと同期のIさんと、私の同期のおなじみO君である。
IさんとO君は初対面だが、二人とも部屋飲みですっかりいい気分になっていた。

早く晩飯にしたいところだったが、お風呂が男女共用で1か所しかなく、先客を待たねばならぬ。
待つ間、当方も部屋飲みに合流して、あれこれ語らった。
こちらも女子→男子の順に入ったので、みんな風呂から上がったのは7時前。
さっそく、食堂に下りて、夕食とした。
DSC_1592_20160325062250930.jpg
ビールは部屋で十分飲んでいたので、ここでは熱燗を注文。
追加で頼んだほうとうがまた美味しかった。
北海道のH君にとっては初めてのほうとうだったが、気に入ってもらえたようだ。

食後は部屋に戻って、10時すぎまで宴会は続いた。
エアコン2つ付けて、湯沸かし器も作動させたら、ブレーカーが上がってしまい、真っ暗になるというアクシデントもあったが、実に楽しい夜。
修学旅行のようだった。

(茅ヶ岳につづく)
このページのトップへ

瑞牆山(中)

【2016年3月20日(日)】瑞牆山
水場のすぐ上が富士見平小屋。コースタイム通り、ほぼ50分で到着した。
DSC_3505_2016032420534420a.jpg

ここは金峰山(2599m)と瑞牆山(2230m)との分岐点に当たる。
DSC_3506_20160324210504911.jpg

緩斜面が広くテン場になっていた。
DSC_3507_20160324205348a8b.jpg

本来なら、ここから富士山が見えるはずなのだが、今回も残念賞。
DSC_3508_20160324205321501.jpg

とりあえず100円払って、小用を済ませ、このベンチで休憩。
DSC_3512_20160324205326df8.jpg

同窓生に木工をやっている後輩がいて、彼女の作品を買ってきたばかりだったので、この日がデビュー戦。
DSC_1580_20160324205341c51.jpg
ポットのお湯でロイヤルミルクティーをいただく。美味。
材質は北海道のハンノキ。そんなに重くもなく、保温力もある。いい買い物をした。

この場所はちょうど南斜面なので、いい陽気。風もなくぽかぽかだ。
でも、こんな明るい雰囲気からは想像もできないような事件が今から33年前、ここで起こった。
事件の概略はこうだ(ウィキペディアなどより)。
昭和58年9月4日、東京都内のOL、Sさん(当時22歳)の家族から、娘が前日の3日早朝、瑞牆山に1人で登山に行ったきり、帰宅予定の4日夜になっても戻ってこないと警察に届け出があった。
山梨県警韮崎署が捜索したところ、同月19日、富士見平小屋から北東に2~300mほど離れた登山道下の山林でSさんの遺体を発見した。
韮崎署は他殺と事故の両面から捜査を開始。富士見平小屋の管理人T(当時50歳)に事情を聴いたところ、Tは「Sさんは3日午後4時頃に山小屋にきたが、5時頃呼びにきた若い男と一緒に出て行った」と答えた。
しかし、その後、この日に限って管理人が宿泊名簿をつけていないことが判明。当日夜、助けを求める女性の悲鳴を聞いたという登山者の証言や、以前この山小屋を利用した女性が管理人に襲われそうになったという情報も得た。
このため韮崎署は9月23日、Tに任意同行を求めて取り調べた結果、殺害を認めたため、同日逮捕した。
起訴状によると、Tは9月3日夜、同小屋に泊まった会社員Sさんが小屋の外に出たところを襲い、乱暴しようとした。しかしSさんに激しく抵抗されたため、襟首をつかんで今井さんの体を宙づり状態にして窒息死させた。Tは翌朝、犯行を隠そうとSさんの遺体を小屋から百数十メートル離れた山林内に運んで捨てた。

Tは両親と妻、娘の5人暮し。前年から、増富ラジウム温泉観光協会経営の同小屋で管理人を務めていた。性格は無口でおとなしいが、以前から山小屋で女性に悪戯したとの噂は絶えなかったらしい。地元では女性登山者に対して富士見平小屋には泊まらないように注意する人もいたのだとか。
Tは公判途中から「3人組の犯行だ」と否認に転じたが、裁判所には認められなかった。
被疑者は翌年10月の控訴審で、婦女暴行致死、遺体遺棄などの罪で1審より重い懲役13年(求刑同15年)の実刑判決を受け、服役。平成9年に出所している。
まだ生きているのだろうか。生きていたとしたら83歳だ。
こんなことがあるから、女性の単独行はとくに危険だと言われてしまうのである。
Tは山梨県山岳連盟所属のベテランだったそうだ。

その後、富士見平小屋がどうなったのかは、よく分からない。
2009年9月に管理人が不在になり、閉鎖されていたが、2011年に再開したという記事は出てくるので、事件後も別の管理人に代わって営業を続けていたのかもしれない。

それにしても、こんな事件のことなどもう全く知らない登山者がほとんどだろう。
ただ、富士見平小屋に泊まろうとして検索すると、この事件の話は必ず上の方に出てくる。
小屋に泊まることを検討する人は否応なく知ってしまう情報だ。
気味悪がって宿泊を取りやめる人もいるかもしれない。
風評被害はネット時代になった今の方が実は大きいのではないか。
そんなイメージを覆そうと、この小屋は必死に努力しているように見える。

小屋自体は古いが、玄関は明るい雰囲気にしつらえている。
DSC_3509_201603242053225ea.jpg

こんな明るいイメージの看板もあるし。
DSC_3511_20160324205325625.jpg

食事のメニューも豊富で、人気も高いと聞く。
DSC_3510_20160324205324f89.jpg

山小屋初の地ビールも開発してしまった。
DSC_3514_20160324205257c10.jpg
ネットを見ると、「小屋番の方の態度が悪い」というログがやはり上の方に出ているが、負けずに頑張ってほしい。

というわけで、15分ほど休んで出発。
DSC_3515_20160324205258f13.jpg

ケルンを抜けて、尾根から沢へトラバース気味に下っていく。
DSC_3516_20160324205300d36.jpg

北斜面なので、路面にはアイスバーンがあちこちに出現。
しばらく我慢したが、転ぶ前にアイゼンを付けることにした。
DSC_3517_20160324205301ea5.jpg

この先、ほとんど凍結していたので、早めに付けておいてよかった。
DSC_3518_20160324205303542.jpg

個人的には、この時アイゼンを付けて歩ける喜びをひしひしと感じた。
骨折のせいで足首を覆うような登山靴が履けなくなり、ずっと雪道は避けてきたからだ。
骨を固定していた金具を1月に抜去してから、ようやく痛みがなくなり、靴が履けるようになった。
氷を噛むガリガリという音と感触が実に気持ちよかった。
DSC_3520_20160324205234f2f.jpg

沢に近づくと、一気に高度を下げる。
DSC_3521_20160324205235c8c.jpg

ここはアイゼンなしではとても歩けなかっただろう。
DSC_3522_20160324205237d36.jpg

みな危なげなく下り、天鳥川に出た。
DSC_3523_20160324205237307.jpg
DSC_3524_201603242052393ff.jpg

川面はまだ雪に覆われているが、その下はちゃんと水が流れている。
DSC_3527_20160324205211932.jpg
DSC_3525_20160324205207865.jpg

無事に渡渉して、ちょっと登ると、目の前に巨大な桃太郎岩が現れた。
DSC_3526_20160324205209e57.jpg
DSC_3530_20160324205212f79.jpg

その名の通り、桃がぱっくり割れているように見える。
DSC_3532_201603242052143a0.jpg
転落の衝撃で割れたのか、この位置で何かの衝撃、浸食によって割れたのか。
それにしても自然の力は想像を超えている。

この石が転がってしまわないよう、つっかえ棒がたくさん立てられていた(笑)
DSC_3533.jpg

さて、ここからが本番。谷の中の道を詰め上げていく。
DSC_3534_20160324205134494.jpg

5分ほどで、階段状になった氷瀑が現れた。
DSC_3538_20160324205136efb.jpg

面白いのでピッケルを取り出し、この上を歩いてみることにした。
DSC_3539_20160324205137ba7.jpg

アイゼンがよく刺さるので、ピッケルは必要ないくらいだった。
DSC_3542_20160324205047868.jpg

気温が高くなり、このあたりはガリガリではなくザクザクという感触だった。
DSC_3541_201603242051399d2.jpg

しばらく急坂が続く。
DSC_3544_201603242051117e2.jpg

この谷にも巨石はふつうにある。
DSC_3545_20160324205049fd8.jpg
DSC_3546_20160324205051e7e.jpg

日の当たる場所はすっかり雪も解けている。
DSC_3547_201603242050530c4.jpg

天気はほぼ快晴だ。
DSC_3548_20160324205019da0.jpg

この巨石は細い枝2本で支えられている。
DSC_3552_20160324205021228.jpg

岩だらけ。
DSC_3555_201603242050229c9.jpg
DSC_3556_201603242050248df.jpg

飯森山(2116m)の左に金峰山が見えてきた。
DSC_3557_20160324205025b37.jpg

五丈石もくっきり。
DSC_3558_201603242049558d2.jpg

クサリ場出現。
DSC_3559_20160324204958361.jpg

雪もザクザク。
DSC_3560_20160324204959645.jpg

標高2000m付近で小休止。乾徳山の時に続きMさんからスアマの配給を受ける。
DSC_1581_20160324205343dd3.jpg

さあ、鋸岩が見えてきた。と思ったら、その手前の岩だった。
DSC_3564_20160324205001365.jpg
DSC_3563_20160324205001f8d.jpg

私も1本、つっかえてみた。
DSC_3566_2016032420492835f.jpg

いよいよ核心部。傾斜もかなりきつくなる。
DSC_3567_20160324204929570.jpg

巨石も折り重なるようになってきた。
DSC_3569_2016032420493298f.jpg
DSC_3570_20160324204934e37.jpg
DSC_3572_20160324204902e65.jpg

健脚の女性陣。
DSC_3573_20160324204904187.jpg

「小鋸岩」と名付けてみたが、それにしても大きい。
DSC_3576_20160324204905332.jpg
DSC_3577_20160324204907ae3.jpg

そして、あれが頂上。まだ、もう少しあるなあ。
DSC_3578_20160324204908fc8.jpg

足元にはつらら。
DSC_3579_2016032420483729a.jpg

巨岩の後ろにもう1本さらに大きい岩峰が見えてきた。
DSC_3581_2016032420483964e.jpg

岩の表面に薄く氷が張った岩場。
DSC_3582_20160324204840c82.jpg
DSC_3584_201603242048415c3.jpg

クサリがあるけど、かなり怖い。
DSC_3585_20160324204842bc9.jpg

次から次へと巨岩が現れる。
DSC_3587_201603242048040ca.jpg

これは本物の鋸岩。
DSC_3589_20160324204806b8a.jpg

さあ、最後の登り。
DSC_3591_201603242048060fc.jpg
DSC_3593_201603242048080a0.jpg

鋸岩とほぼ同じ高さまで来た。
DSC_3595_2016032420480992f.jpg
DSC_3596_2016032420434405b.jpg

頂上のとなりにある岩壁。
DSC_3600_20160324204345258.jpg
DSC_3601_20160324204347d15.jpg

これが見えると、ようやく尾根に乗る。
DSC_3602_201603242043487f2.jpg

頂上の裏側(北側)に回り込んで、クサリ場をへつる。
DSC_3603_20160324204350da1.jpg
DSC_3605_20160324204319b0c.jpg

その次はロープ。
DSC_3607_20160324204320674.jpg

そしてはしご。
DSC_3608_20160324204321503.jpg

これを越えれば、頂上に躍り出る。
DSC_3642_201603242043246b3.jpg

前回と違って、晴れ渡っている。
DSC_3611_2016032420432265f.jpg
360度の大パノラマが待っていた。

(つづく)
このページのトップへ

瑞牆山(上)

【2016年3月20日(日)】瑞牆山
瑞牆山(2230m)に登るのは、ほぼ4年ぶりである。
前回は2012年の6月30日、梅雨の間隙をついて訪ねた。
しかし、山頂はガスでほとんど何も見えず。下山してから晴れ渡るという悔しい思いをした。
いつかリベンジを果たそうと思っていたが、その機会がやってきた。

高校の同窓生H君が3月の連休で上京するので、どこかに登りたいというのである。
せっかく北海道からわざわざ来てくれるのだから、やはり名山にお連れしたい。
といって、本格的な雪山に案内できるほどの技術もないので、そろそろ雪も解けかかっているであろうこの山を選んだわけだ。

時間の制約もあり、今回は瑞牆山荘からのピストンとした。
周回コースをとると6時間近くかかるが、ピストンだと5時間で済む。
ピストンはあまり好きではないが、周回コースは前回歩いているし、今回ピストンにすることで、これまで歩いていない道を歩くこともできる。
何の問題もないのだ。

瑞牆山は言わずと知れた日本百名山である。
標高はそれほど高くはないし、すぐ西にある名峰金峰山(2595m)に隠れて、実は目立たない存在だ。
しかし、近づいて見ると、その奇観に驚かない者はいないだろう。
ニョキニョキと林立する岩峰群。
遠望すれば、その峨々たる山容に目を見張り、近づけば、その巨大な岩の迫力に圧倒される。
あれを一つ一つ登らなくても、頂上にたどり着けるのが奇跡のようだ。

そびえる岩峰は黒雲母花崗岩で、それぞれ鋸岩とか大ヤスリ岩、トサカ岩などの名前が付けられている。
この姿に心を動かされたのは、深田だけではなかったようで、詩人の尾崎喜八(1892~1974年)は随筆「花崗岩の国のイマアジュ」(『山の絵本』所収)で瑞牆山のことを「清浄明潔な花崗岩の金字塔」と讃えている。
また、俳人の前田普羅(1884~1954年)も「茅枯れてみずがき山は蒼天に入る」の句を詠んでいる(1917年来訪)。

それにしても、「瑞牆」というのは難しい名称だ。
パソコンによっては変換してくれない。
深田久弥も『日本百名山』の中で、「昔の人はこんな凝った名前をつけない」と指摘している。
同著によると、地元では瑞牆山のことをもともと「瘤岩」と呼んでいたそうである。
瑞牆とは神社の周囲の垣根のことだが、山名の由来について、深田はこう想像している。
「三つの山稜が集まるところを三繋ぎと呼ぶことがある。瑞牆山は、金峰山から小川山に至る山稜の途中から西に派生した尾根上の突起である。山稜が三つに分かれるところが、三繋ぎと呼ばれ、そのミツナギが聞き誤られ、ミズガキという風流な名前に」なったのではないかと。
また、江戸後期に成立した『甲斐国志』をおそらく引いて、「金峰山を玉塁(たまがき)とした古図があるそうで、小尾・比志の里人は金峰山の麓を指して瑞塁(みずがき)と呼んだという。瑞牆の名はそこから来たのかもしれない」とも記している。
「瑞牆」という文字を用いたのは、明治38年(1905年)以後のことで、当時の山梨県知事だった武田千代三郎だとされる。

今年は雪が少なかったので、あまり心配していなかったのだが、登山日の1週間前に雪が降った。
木曜日(18日)になって瑞牆山荘に問い合わせると、積雪は多いところで20cm、日陰は凍結しているという。
週の後半はかなりの陽気になるので、降った雪がシャーベット状になって、靴がビチャビチャになるのではないかと心配していたが、実際に行ってみると、状況は想像と随分違った。
北斜面や日陰はアイスバーンで、アイゼンガリガリ、それ以外はすっかり雪が解けて、土や岩が露出していた。
全面的に雪が積もっていてくれた方が余程楽だっただろう。
でも、今回のメンバー5人のうち、アイゼンデビューだった人もいたが、とくに問題はなかった。

そうそう、今回のメンバーは私とH君のほかに、高校の後輩の女性2人(MさんとYさん)、そしてH君の小中学校の同級生で現在町田在住のAさんの計5人。
Aさんは初対面。Yさんと一緒に山に登るのは初めてである。

今回から趣向を変えて、ここで行程を掲示しておこう。
【行程】2016年3月20日
瑞牆山荘(10:07)~林道交差点(10:29)~富士見平小屋(10:56休憩11:11)~桃太郎岩(11:44)~瑞牆山(13:10昼食14:05)~桃太郎岩(15:03休憩15:12)~富士見平小屋(15:36休憩15:46)~瑞牆山荘(16:22)
※所要時間:5時間15分(歩行時間:3時間35分)コースタイム:5時間
※登った山:1座(新規なし)
※歩行距離:5.9km

当日は5時過ぎに起床。5:45に出発した。
今回は同乗者が多いので、愛車のパジェロミニではなく、家内の車(車名は忘れた)。
やはり普通車は疲れないので、ありがたい。
小仏トンネルを抜けると、雨がポツポツ落ちてきて富士山も見えなかったが、甲府盆地はきれいに晴れ渡っていた。
甲斐駒も八ヶ岳もよく見える。これはうれしい。
DSC_1572_201603240649507f1.jpg
途中、双葉SAでトイレ休憩。

待ち合わせ場所の韮崎駅には8時過ぎに到着。
DSC_1578_201603240649547e4.jpg

昨年ノーベル生理学・医学賞を受賞した、地元出身の大村智博士の幟が町のあちこちにはためいている。
DSC_1577_201603240649533e9.jpg

ここは「武田の里」「サッカーの町」で売り出していたはずだが、すっかり大村博士に席巻されてしまったかのようだ。
DSC_1573_20160324064951bbe.jpg

さて、女性陣2人は8:28着の普通列車で到着。
男性陣2人は8:37着の特急スーパーあずさ1号で顔を見せた。
これで全員集合。
初対面のAさんと軽く挨拶を交わし、市内のコンビニで昼食を調達、一路登山口の瑞牆山荘に向かう。
いよいよ近づいて、瑞牆山の山容が見えると、一同から「お~」と声が上がった。
完璧に晴れている。私のリベンジも無事に果たせそうだ。

山荘の駐車場には9:40頃に到着。
DSC_3463_20160324064922a86.jpg
金峰山に行く人の車もあるのだろうが、奥の駐車場も含めて、かなりの台数が止まっていた。

バス停を発見。
ここへのバスの運行は廃止になったと思っていたが、再開したのか、私の単なる勘違いだったのか。
DSC_3461_20160324064919be6.jpg
夏季だけのようだが、山梨峡北交通が韮崎駅から毎日6~7往復も運行している。
北杜市の「ハイジの村」を経由するので1時間15分もかかるけど。

標高はすでに標高1520m。そこそこ雪が残っているかと思ったら、驚いたことに全くない。
DSC_3464_20160324064924b73.jpg
DSC_3466_2016032406492551c.jpg
ちょっと拍子抜けした。

しかし、入れるはずのトイレが冬季閉鎖のため使用できず。
DSC_3460_201603240649562ef.jpg
ほかの面々は、山荘で150円払って用を済ませたが、私は靴を脱ぐのが面倒なので、もう少し上の富士見平小屋まで我慢することにした。

登山届を提出して10時過ぎに出発。
DSC_3462_20160324064920766.jpg

山頂までのコースタイムは2時間50分だ。
DSC_3469_20160324064854a47.jpg

アイゼン要らずのなだらかな道を快調に進んでいく。
DSC_3470_20160324064856682.jpg
DSC_3472_20160324064857364.jpg
しかし、この日は甲府で20℃近くまで上がったぽかぽか陽気。
あっという間に暑くなって、すぐに着替えタイム。
私の脅しに従って、防寒具をあれこれ用意してきたH君は額から汗をぽたぽた落としていた。すいません。

左手の浅い谷には、巨大な岩がゴロゴロしている。
DSC_3477_20160324064900989.jpg

これなどは、女王蜂というか、「風の谷のナウシカ」のオームというか。
DSC_3475_20160324064859066.jpg

すぐに谷だけでなく、もう至るところ、巨石だらけ。
DSC_3479_20160324064829388.jpg
DSC_3481_20160324064830d02.jpg

こんなのが転がってきたら、ひとたまりもない。
DSC_3482_2016032406483241f.jpg

傾斜も徐々にきつくなってきた。
DSC_3483_20160324064833bd4.jpg

歩き始めて20分ほどで林道と交差。
DSC_3486_20160324064800852.jpg
この道はもちろん一般車両は通行禁止。
富士見平小屋の従業員の車が使う道だ。
これを使えば、林道終点から10分かからずに富士見平小屋にたどり着ける。

さて、ここからもぐいぐい登りが続く。
DSC_3484_2016032406483565d.jpg
DSC_3487_201603240648019e4.jpg

巨岩の間をすり抜ける。
DSC_3488_20160324064803557.jpg

標高1700mあたりで、やっと雪にお目見え。
DSC_3489.jpg

1722mの標高点がある平坦地に出ると、木々の向こうに瑞牆山の雄姿が姿を現した。
DSC_3490_20160324064806bce.jpg
ここでも一同歓声。写真では分かりにくいが、実に格好いい。

鋸岩(左)と山頂(右)をアップにしてみた。
DSC_3491_201603240647379d0.jpg

その左側の岩稜。
DSC_3492_20160324064738837.jpg

この先少しずつ雪が目立つようになってきたが、登山道には影響なし。
DSC_3494_20160324064740ec2.jpg

しばらくは勾配も落ち着いた感じだ。
DSC_3495_201603240647414bc.jpg
DSC_3497_201603240647438de.jpg

林道の終点には、やはり車が1台止まっていた。
DSC_3498_20160324064711cb9.jpg

このあたりは、やまなしの森林100選「富士見平のミズナラ林」だった。
DSC_3499_201603240647124a7.jpg

さらに、黙々と進む。
DSC_3500_2016032406471449f.jpg

足元にも雪が出てきた。
DSC_3501_20160324064715c37.jpg

間もなく、水場「富士見平湧水」に到着。
DSC_3503_20160324064645c87.jpg

凍結せずに、しっかりと湧いていた。
DSC_3504_201603240646466cf.jpg
私も手ですくって一口だけ飲んでみた。思ったほど冷たくなかった。
たぶん水温はほとんど変わらないだろうから、夏はめちゃめちゃ冷たくて気持ちがいいのだろう。

地面には缶ビールが冷やしてあった。
DSC_3502_20160324064717582.jpg
テン泊の方々のものだろうか。

(つづく)
このページのトップへ

釜ノ沢五峰(4)

【2016年3月13日(日)】釜ノ沢五峰
秩父札所三十二番法性寺の奥の院まで登ってきた。
あのてっぺんに大日如来はいらっしゃる。
DSC_3391_20160323064546d9f.jpg

どうして、わざわざあんなところに安置するのかなあと呆れるほど。
DSC_3393_20160323064547377.jpg

ここは危険回避のため、ザックもおろして、身軽にして臨んだ。
DSC_3394_20160323064549cf6.jpg

怖いので途中の写真はなく、いきなり拝顔。
DSC_3396_201603230645202d7.jpg

これを撮るのも、全体重をかけると折れてしまいそうな細い手すりに捕まりながら。
DSC_3397_20160323064522250.jpg

一応、上まで上がって、手を合わせる。
DSC_3398_201603230645238d6.jpg

足をすくませながら、展望も押さえておいた。
DSC_3399_201603230645251fc.jpg
DSC_3400_201603230645269e2.jpg
下りももちろん後ろ向きで。
昔の人は信仰も命がけである。

登山道を進むと、奥の院の岩山のてっぺんに出た。
DSC_3403_20160323064458590.jpg
これを「岩船山」山頂と見なしていいのだろうか。

道はさらに登る。
DSC_3404_20160323064500e1a.jpg

間もなく分岐に出た。
DSC_3406_20160323064501a42.jpg
正規の道はここから左へ巻いているが、それではどのピークにも達しない。
地形図を見ると、このまま尾根を直登すれば、478mの三角点に達することが分かった。
新・分県登山ガイド「埼玉県の山」(山と渓谷社)に出ていた般若山はここかもしれないと思い、登ってみる。

幸い、鉄塔の横から踏み跡があった。
DSC_3407_2016032306450325a.jpg

しかし、よかったのは最初だけで、道はどんどん荒れ、しかも急になる。
DSC_3408_20160323064504f3a.jpg

10分程度のアルバイトだったが、斜面は滑るし、トゲのある木に邪魔されてかなり難儀した。
軍手は、へばりつく植物の種かなんかでこんな状態。
DSC_3415_201603230644139e1.jpg
一つ一つ取り除くのに随分時間がかかった。

三角点は四等だった。
DSC_3409_20160323064436a1c.jpg
山名板はなく、ここが般若山かどうかは不明。

でも木々が伐採されていたので、展望は開けていた。
棒のすぐ右に見える突起が四阿屋山(772m)。
DSC_3412_20160323064441f1f.jpg
その左奥に両神山(1723m)が見えるはずだが、雲の中。

長若近辺など下界の集落。
DSC_3410_20160323064438c73.jpg
DSC_3411_20160323064439643.jpg
DSC_3421_20160323064347b01.jpg

中央左が秩父御岳山(1081m)、その右手前が猪狩山(822m)。
DSC_3413_201603230644423c7.jpg

一番目立つはずの武甲山(1304m)も雲の中だった。
DSC_3417_20160323064415a71.jpg
DSC_3418_201603230644163e1.jpg
DSC_3419_20160323064418e48.jpg
帰宅して「埼玉県の山」をもう一度よく読むと、般若山というピークはなく、このあたりの山全体の総称だということだった。
であれば、あの三角点をもって般若山に登ったことにしよう。

この先も正規の道ではないが、とにかく次のピークまで登る。
DSC_3420_20160323064419a7c.jpg
DSC_3422_20160323064349b99.jpg

このまま進むと釜ノ沢五峰に行ってしまうので、ここで左折して急な尾根を下る。
DSC_3423_201603230643506e1.jpg
途中、尾根を行くべきなのに、谷に下りてしまいそうになったりして、この付近では何度も地図ロイドのお世話になった。

鉄塔に出ると、いきなりしっかりした道に。
DSC_3424_201603230643521b3.jpg
でも、どこで巻き道が合流してきたのか。全然気づかなかった。

あの雄々しい山も同定不能。
DSC_3425_20160323064353bda.jpg

ここから尾根を離れて、右側の谷へ下る。
巨岩の岩陰を通る。
DSC_3426_20160323064323563.jpg

かなり急な下り。
DSC_3427_2016032306432592d.jpg

谷に達すると見覚えのあるなめ滝が。
DSC_3428_201603230643261a9.jpg

いやあ、なんか随分早く下ってこられたなあ。
ラッキー!と思ったが、何か違う。さっきのなめ滝はこんな角度で写真は撮れなかった。
DSC_3429_20160323064327706.jpg

道標を見ても、どうも記憶と異なる。
DSC_3430_20160323064329a3f.jpg

釜ノ沢への標識が谷の下ではなく、尾根に向かっているではないか。
DSC_3431_20160323064259037.jpg
そもそも、道は谷の下には通じていない。
地形図を確認して、合点がいった。
下山するにはもうひと尾根越えなければいけなかったのだ。

この道は階段になっており、よく整備してあって助かったのだが、もう着いたと思った後だけに、気分的にはきつかった。
DSC_3432_20160323064300dd7.jpg

階段を登り切ると、また開けた鉄塔の下に出た。
DSC_3434_20160323064302c5d.jpg

この先はしばらく尾根歩き。
DSC_3436_20160323064303aba.jpg

そして、ふと左を見てびっくり。
DSC_3437_20160323064305c2f.jpg

亀の頭のような巨岩でできた山がある。ものすごい景観だ。
DSC_3440_201603230642376fc.jpg

これを見てピンときた。
DSC_3439_20160323064235aa2.jpg
法性寺の前に書かれていた「亀ヶ岳」とはあれのことだ。

つまり、ここの標識に書かれている「亀ヶ岳展望台」というのは、亀ヶ岳にある展望台ではなく、亀ヶ岳を望む展望台のことだったのだ。
DSC_3444_20160323064238c39.jpg
亀ヶ岳という山を1つ稼げるかなと思ったが、それは叶わなかった。

あとはほんとに下るだけ。
と思ったら、またまたクサリ場。
DSC_3445_2016032306424019a.jpg

最後まで楽しませてくれる山だこと。
DSC_3446_20160323064210da6.jpg

こんなけばけばしいキノコにも目を見張った。
DSC_3438_20160323064234dcb.jpg
DSC_3447_20160323064211a22.jpg

この下にも、もう1か所、亀ヶ岳展望台があった。
DSC_3449_20160323064214ea8.jpg
DSC_3448_20160323064213524.jpg

雨乞岩洞穴なるところが、すぐそこに見えたので寄り道。
DSC_3451_20160323064216784.jpg
DSC_3453_20160323064149a69.jpg

中は広いのかもしれないが、とても入る気にはならない小さな穴だった。
DSC_3454_2016032306415029c.jpg
DSC_3452_201603230641477a8.jpg

ここからひと下りで里に出た。
DSC_3456_20160323064153dd4.jpg

釜ノ沢五峰の登山道に合流するかと思ったら、長若山荘の裏だった。
時刻は14時半。コースタイム1時間50分のところ、2時間以上も要した。
見どころが多かったし、ヤブこぎもしたので、まあそんなもんか。
DSC_3455_2016032306415149e.jpg

早く下りて来られたら、14時半で日帰り入浴タイムが終わってしまう柴原温泉の柳屋旅館に行くつもりだったが、こんな時間ではとても無理。
そういう時のために考えておいた巴川温泉に向かう。
しかし、「山と高原地図」に書かれている地点にお目当ての巴川荘はなく、迷いに迷った挙句、とうとう電話を入れて確認。
近くだったけど意外な場所にあった。20分近くロスした気がする。
DSC_1543_2016032306454489a.jpg

「日帰り入浴やってますか」との質問に、電話に出たご主人は「ああ、まあやってますよ」という何か気のない返事だったが、宿に着くと、てきぱきと案内をしてくれた。
入浴料は700円。
期待した通り、独り占めだった。
DSC_1536_20160323064543614.jpg
単純アルカリ泉だが、浴槽の檜は樹齢2000年の古代檜だという。
鉱泉なので加温してある。
湯温もちょうどよく、私にしては随分長湯をした。
「上がり湯」を使うときは水を出しっぱなしにすると段々温かくなりますのでと言われたが、全部温泉の湯を使って体を洗った。

十分温まって16時前においとま。入れ違いに高齢女性2人がお風呂に入りに来ていた。
ご主人が「(駅まで)送りますよ」と言ったら、2人は「助かるわ~」と喜んでいた。
バスの時間が合わず困っていたのかもしれない。

こちらはマイカーなので、その心配はない。
国道299号は順調だったが、所沢市内でいつものとおり渋滞、帰路に2時間かかり18時ちょうどに帰宅した。

【行程】2016年3月13日
登山口(8:57)~一ノ峰(9:21)~二ノ峰(9:29)~三ノ峰(9:40)~四ノ峰(9:49)~五ノ峰(9:58)~布沢峠(10:10)~中ノ沢分岐(10:29)~文殊峠(10:32撮影10:46)~竜神山(11:00)~賽の洞窟(11:17)~兎岩(11:31)~キャンプ場(11:42)~長若山荘(12:01昼食12:21)~法性寺(12:41)~お船観音(13:24)~般若山(13:54)~亀ヶ岳展望台~(14:21)~長若山荘(14:34)
※所要時間:5時間37分(歩行時間:5時間23分):コースタイム:4時間50分
※登った山:5座(釜ノ沢五峰、中ノ沢ノ頭、竜神山、岩船山、般若山)
※歩行距離:8.4km
このページのトップへ

釜ノ沢五峰(3)

【2016年3月13日(日)】釜ノ沢五峰
釜ノ沢五峰から下山し、自分の車の中で昼食。
20分ほど休んで、今度は般若コースを歩く。
DSC_3254_20160322060322908.jpg
秩父札所三十二番法性寺までは舗装道路を歩く。
登りじゃないので体が温まらない。結局、途中でダウンを着込んだ。

釜ノ沢の集落にもいくつか廃屋があった。
DSC_3255_20160322060323748.jpg
DSC_3258_201603220603288ed.jpg

道祖神と弁財天も。
DSC_3256_20160322060325e42.jpg
DSC_3257_20160322060327336.jpg

梅の木がぽつんぽつんと山村を彩っていた。
DSC_3260_20160322060258523.jpg
DSC_3261_20160322060300741.jpg

県道に出たら左折。
DSC_3262_20160322060301056.jpg

正面に紅白・大小の梅の妙。
DSC_3263_2016032206030352c.jpg

沿道にあった秩父大神社を参拝していく。
DSC_3264_20160322060304c71.jpg

鳥居がなかなか渋い。
DSC_3266_2016032206023863d.jpg

ここは聖天宮とも呼ばれて親しまれているという。
DSC_3265_20160322060236e89.jpg

本殿は寛政八年(1798年)に再建されたものだそうだ。
DSC_3269_20160322060242b89.jpg

境内に、わりと大きい石の祠が2基あった。
DSC_3267_2016032206023908b.jpg
DSC_3268_201603220602419cb.jpg

近くに「長若自然休養村」の案内図。かなり年季が入っている。
DSC_3271_20160322060215dfe.jpg

廃屋&廃橋。
DSC_3272_201603220602164f7.jpg
DSC_3275_201603220602216cc.jpg

馬頭観世音。
DSC_3273_2016032206021884d.jpg

いよいよ法性寺の世界へ。
DSC_3274_20160322060220d0b.jpg
DSC_3276_201603220601489c5.jpg

ここは秩父札所巡礼の道。
DSC_3278_20160322060151665.jpg

今日は冷え込んでいるけど、福寿草の季節になった。
DSC_3277_20160322060149f58.jpg

ジオパークの案内板。「タフォニ」という言葉を初めて知った。
DSC_3281_201603220601526d4.jpg

ここから北の里山にもハイキングコースがあるようだが、それはまたの機会に。
DSC_3282.jpg

大日峠も今回はパス。
DSC_3283_201603220601233f7.jpg

ここは小鹿野観光八景の一つのようだが、亀ヶ岳とは何だ?
DSC_3287_20160322060126c0d.jpg
また「登った山」が稼げるかな?と、ちょっぴり期待が高まる。

法性寺の楼門はとてもかっこいい。
「般若山」と山号が書かれた扁額が掲げられている。
DSC_3285_201603220601254c8.jpg
この地に嫁いだ娘が里帰りの折、水辺で怪魚に襲われた。
そこ笠を被った女性が船を漕いで近づき、娘を救ったという。
その女性は法性寺本尊の化身で、それを知った娘の父は三日三晩、般若心経を写経し、この寺の観音菩薩に深く帰依したという。
それが、この寺の山号の由来であり、このあたりの集落の地名「般若」の由来だ。

楼門をくぐると、長い階段。
DSC_3288_20160322060128c6e.jpg

右手に六地蔵。
DSC_3289_20160322060129497.jpg

石垣が立派だ。
DSC_3290_201603220600582bb.jpg
DSC_3291_20160322060059c97.jpg

本堂。
DSC_3292_20160322060101d00.jpg
DSC_3297_20160322060034650.jpg

その前にある奥の院遥拝所に立つと
DSC_3296_2016032206003378e.jpg

はるか上の方にお船観音が望めた。
DSC_3294_20160322060102dc2.jpg
DSC_3295_201603220601048cc.jpg

船の上に乗っているように見えるというのがその名の由来であろうが、その建立は宝暦年間(18世紀半ば)にさかのぼるという。江戸神田講中の寄進らしい。
しかし、太平洋戦争の際に供出の憂き目に遭い、今の観音様は昭和46年に再建されたものだという。
DSC_3301_20160322060037ba8.jpg

さすがに秩父札所ということで、いろんなかわいいグッズが売店で販売されていたが、誰もいないし、それほど興味がないので、スルーしてしまった。
DSC_3299_20160322060036f7d.jpg

本堂のすぐ奥には、巨大な一枚岩が露出している。
DSC_3304_20160322060006b0b.jpg

そこには、いろんな石碑が並んでいた。
DSC_3302_201603220600398f9.jpg
DSC_3306_201603220600074d3.jpg
DSC_3312_201603220559377c9.jpg
(全景)

さらに階段を登っていく。
DSC_3308_201603220600087ff.jpg
DSC_3310_20160322060010f88.jpg

毘沙門堂。
DSC_3311_20160322060011e40.jpg

深山幽谷に分け入っていくムード満点だ。
DSC_3313_20160322055939b61.jpg
DSC_3316_20160322055944d93.jpg

本堂と毘沙門堂を振り返る。
DSC_3314_201603220559429f9.jpg
DSC_3315_2016032205594275a.jpg

観音堂への参道。
DSC_3317_20160322055913925.jpg
DSC_3318_20160322055914d7d.jpg
DSC_3319_20160322055915d81.jpg

舞台づくりの建築でかなり迫力がある。宝永四年(1707年)の建立。
DSC_3322.jpg
DSC_3326_201603220558460b5.jpg

石で成り立っている景観には魅せられる。
DSC_3325_20160322055918091.jpg
観音堂は土足禁止だったので、参拝は断念。登山靴なので脱ぐのはちょっと面倒なのだ。

奥に回ってみて、その光景にびっくり。
DSC_3327_201603220558482d6.jpg
DSC_3328_2016032205584916d.jpg

これが、噂のタフォニか。
岩石から浸みだした塩類が水分の蒸発によって結晶となり、岩石の表面を崩していく現象だそうだ。なぜ蜂の巣状になるのかは、さっきの説明板だけでは分からなかった。
DSC_3330_20160322055851220.jpg

石塔やお堂も含めて、この景観を完成させている。
DSC_3331_20160322055852646.jpg

この寺はなかなか見所が多いぞ。
今度は胎内くぐりのように巨岩の間をすり抜けていく。
DSC_3335_20160322055808f9e.jpg
DSC_3337_201603220558092fa.jpg

その先もぐいぐい登る。
DSC_3341_20160322055812f17.jpg
DSC_3339_2016032205581180d.jpg

一枚岩が多いので、岩を削った階段があちこちにある。
DSC_3342_20160322055814bde.jpg

今度はなんだ?「龍虎岩 胎内観音」?
DSC_3343_20160322055740ab7.jpg

見上げると、屏風絵の雲のような形の穴が。
DSC_3344_20160322055742509.jpg

ここもクサリで登る。釜ノ沢五峰と違って、足場を穿ってくれているので助かった。
DSC_3345_201603220557431ec.jpg

登ってみると、胎内観音が横向きに祀られていた。
DSC_3347_20160322055745f47.jpg

それにしてもユニークな穴の開き方だ。
DSC_3348_20160322055746624.jpg

これが自然にできたということ自体驚きである。
DSC_3349_20160322055716ebb.jpg

下りはやはり怖い。ちゃんと後ろ向きで下った。
DSC_3350_201603220557175d9.jpg

改めてみると、あの蛇みたいな顔を龍に見立てているのだろうか。
DSC_3351_20160322055719df5.jpg

濡れていて座れないので通過。
DSC_3352_201603220557202cc.jpg

この巨岩は沈没した船のようだ。
DSC_3354_20160322055722c12.jpg
DSC_3355_2016032205564841a.jpg

奥の院へ続く月光坂。
DSC_3357_20160322055650514.jpg
DSC_3359_201603220556544c3.jpg

年代不詳。顔が欠けているのは廃仏毀釈か。
DSC_3358_20160322055651007.jpg

またまた岩階段。
DSC_3361_20160322055655f3b.jpg

それが延々続く。
DSC_3362_20160322055618d81.jpg

登り切ると、岩陰に掘っ立て小屋。
DSC_3363_201603220556194aa.jpg
中には何もなかったが、お堂なのだろうか。

でも横には石仏が十数体並ぶ。
DSC_3365_20160322055621199.jpg
DSC_3369_2016032205555072c.jpg

そのうちの二つは明らかに顔の部分が復元してある。バランスがかなりおかしい。
DSC_3366_20160322055622574.jpg
DSC_3368_201603220556245bb.jpg

ここからお船観音まで40m。「岩船観音」とあるのは、この山のことを岩船山というかららしい。「登った山」に数えてもいいだろうか。
DSC_3370_2016032205555121c.jpg

お船にあたる岩は、北面が断崖。
DSC_3372_20160322055553841.jpg

観音様はその一番下に立っていた。
DSC_3377_2016032205555494d.jpg

岩の上を歩いても行けるのだろうが、この日は湿っていて滑って転ぶと転落死する怖れがあるので、脇の道を歩いた。
DSC_3386_201603220555005af.jpg

観音様を仰ぎ見る。
DSC_3378_20160322055556c5d.jpg

きれいなお顔だが、左目から涙が出ていた。
DSC_3379_2016032205552090d.jpg

眼下に本堂。
DSC_3381_20160322055521ec4.jpg
DSC_3382_20160322055523c8e.jpg

聖天集落。
DSC_3383_20160322055524737.jpg

北は赤久縄山とか父不見山あたりなのだが、どのピークなのか特定できない。
DSC_3384_20160322055526384.jpg

それでは大日如来へ向かおう。
DSC_3387_2016032205550288a.jpg
DSC_3388.jpg

(つづく)
このページのトップへ

釜ノ沢五峰(2)

【2016年3月13日(日)】釜ノ沢五峰
中ノ沢ノ頭(590m)から数分下る。
DSC_3141_20160321213012d14.jpg
DSC_3142_201603212130143f9.jpg

すると、峠の手前に金精神社が姿を現す。
DSC_3144_2016032121301521a.jpg
ここでしばし休憩。座るところはないが、ザックからタオルを取り出して、顔を拭く。
汗もさることながら、木の上から落ちてくる雪のしずくが激しいのだ。

落ち着いたところで参拝。
DSC_3145_20160321212946d7b.jpg

ここは日光の金精神社から勧請してきたのだそうだ。
DSC_3147_20160321212948959.jpg

鳥居の前に出ると、舗装道路が通っている。ここが文殊峠。
DSC_3150_20160321212951c27.jpg

峠には小屋があって、その前に車が2台止まっており、小屋の外に靴が2足あった。
誰かいるのは間違いないが物音がしない。
すぐ上に長若天体観測所があるので、昨夜徹夜で観測していた人がまだ寝ているのか。
DSC_3148_2016032121294929b.jpg
調べてみたら、前夜、文殊星倶楽部による定例観測会が開かれていたらしい。
晴れていれば、確かに観測条件のよさそうな場所だ。

せっかくなので私も観測所に行ってみた。
DSC_3153_20160321212952770.jpg

1986年の開設とのこと。設置者の一人に長若山荘が名を連ねている。
DSC_3155_2016032121291003d.jpg

一般に開放しているとのことだが、鍵は閉まっていた。
DSC_3160_20160321212912dfe.jpg
まあ当然だろう。開けっ放しにしていたら、いたずらされるに決まっている。
仮に望遠鏡を覗けても、今は昼だし、厚い雲だし、何も見えない。

ただ景色はすこぶるよかった。
DSC_3161_20160321212914da1.jpg

晴れていれば言うことないのだが。
DSC_3162_201603212128454e6.jpg

これは中ノ沢ノ頭。
DSC_3158_20160321212911f0d.jpg

東屋があったが、やはり止まると寒いので休憩はしなかった。
DSC_3154_20160321212929cf7.jpg

さっきの分岐まで戻り、周回コースに復帰する。
DSC_3167_20160321212847671.jpg

まずは100mほどの下り。
DSC_3168_20160321212849d0e.jpg
DSC_3169_201603212128502f9.jpg

鞍部は中ノ沢林道への分岐になっている。
DSC_3171_20160321212851a8a.jpg

当方は直進する。
DSC_3173_2016032121282178b.jpg

一気に直登すれば竜神山(539m)。山名板があって、うれしい。
DSC_3177_20160321212824b01.jpg

四等三角点があった。
DSC_3174_2016032121282348c.jpg

この先も80mほど下る。
DSC_3179_201603212128262f2.jpg

この小ピークが見えた時に、踏み跡が右へトラバースしていたので、それに従った。
DSC_3182_20160321212827e55.jpg

しかし、これがひどい道だった。道に平らな面がほとんどない上に、かなり滑る。
DSC_3183_201603212127586cb.jpg

潅木などにつかまりながら、ほうほうの呈で通過したが、再び尾根にのると、しっかりした道がピークから下りてきていている。
ご丁寧に道標まであった。
DSC_3186_20160321212802070.jpg

なんとトラバースではなく直進が正しい道だったのだ。
わざわざ危ない道を選んでしまった。まだまだ若いわ。
悔しいので、この小ピークに登ってみた。
DSC_3186_20160321212802070.jpg

木々のすきまから布沢の集落が見えた。
DSC_3184_20160321212759a8c.jpg

鉄塔を通過。
DSC_3185_20160321212801940.jpg

これはさすがに巻くでしょう。
DSC_3190_20160321212804119.jpg

右に巻くと、岩陰が「賽の洞窟」になっていた。
DSC_3191_201603212127350f8.jpg

奥には独特の浸食現象タフォニが見られた。
DSC_3194_20160321212736971.jpg

しばらくは岩陰の道を下る。
DSC_3195_201603212127379e0.jpg

木も自分がそう育ったらいいか分からない感じ。
DSC_3197_2016032121273848d.jpg

タフォニも浸食が進むと岩に穴を開けてしまうようだ。
DSC_3198_201603212127404a5.jpg
DSC_3200_20160321212710b16.jpg

この先はロープ場。
DSC_3202_20160321212711ca9.jpg

これをつたって岩の上に出る。
DSC_3207_20160321212642ac2.jpg

360度の展望が広がった。
DSC_3204_20160321212712d76.jpg
DSC_3205_201603212127143b5.jpg
DSC_3206_20160321212716fef.jpg

反対側に下ってみると、こんな岩だった。
DSC_3208_2016032121264446f.jpg

ほんの少し礫岩のヤセ尾根を歩くと、兎岩が現れた。
DSC_3211_201603212126456cb.jpg
DSC_3212_20160321212646fec.jpg

両側にクサリの手すりがついているのだが、それでも恐ろしい。
DSC_3216_201603212126148f3.jpg
接地面が斜めになっている上に濡れている。

スリップしないよう、中腰で体勢を低くしながら、おそるおそる下った。
DSC_3220_20160321212617185.jpg

岩が乾いていて、登りだったらなんてことなかったのだろうけど。
DSC_3223_20160321212619a29.jpg

でも景色は抜群だった。
さっき歩いた釜ノ沢五峰の稜線。
DSC_3214_20160321212648036.jpg

外秩父方面。
DSC_3215_2016032121261396c.jpg

南にそびえる標高475mの岩稜。
DSC_3219.jpg

ここから一気に急坂を下ると、舗装された林道に出た。
DSC_3225_20160321212547d1b.jpg

林道釜の沢伊豆沢線である。
DSC_3226_20160321212549c06.jpg

目の前にキャンプ場の管理棟。
DSC_3227_20160321212549de1.jpg
キャンプ場自体がどこにあるのかは、よく分からなかった。

沢に沿って林道を下る。
DSC_3228.jpg

まもなく巨大な一枚岩が現れると、林道布沢線との分岐。
DSC_3232_20160321212523c7d.jpg
DSC_3233_20160321212524855.jpg

「巳」の下はよく判読できないが、「待」だろう。
DSC_3230_20160321212552e5d.jpg
巳の日に遅くまで起きていて精進供養する「巳待」のために建立した供養塔だ。
庚申塔や二十三夜塔などと同種のものだ。

反対側には石仏が激しくコケを生やしていた。
DSC_3234_201603212125256ee.jpg

水道関係施設の廃虚。
DSC_3235_2016032121252778b.jpg
DSC_3238_20160321212528847.jpg

小さな沢の入口に灯籠のような石造物があったが、奥をのぞいても祠らしきものは確認できなかった。
DSC_3239_20160321212500df8.jpg

墓地と割れ石を通過。
DSC_3240_201603212125012c6.jpg
DSC_3241_2016032121250293c.jpg

次は神社。
DSC_3242_20160321220350688.jpg

惶根(かしこね)神社というそうだ。初めて聞く名前だ。
DSC_3243_20160321212504eda.jpg

惶根尊は神世七代中の第6代の神で、男神の面足尊(おもだるのみこと)とともに生まれた女神だそうだ。
なぜ、ここにそんな珍しい神様を祀る神社があるのだろう。
DSC_3245_201603212125053b2.jpg

これは上が欠けている。これも「巳待」か。もしくは「月待供養」だろうか。昭和9年の建立だ。
DSC_3247_201603212124366e7.jpg

その向かいの巨岩の上には「百三十二部塔」。
DSC_3248_20160321212437dae.jpg

こちらは文政元年(1818年)の六十六部供養塔。数字はちょうど半分だ。
DSC_3251_2016032121244116f.jpg
「六十六部」とは、全国66か国を巡礼して、1国1か所の霊場に自ら書写した法華経を1部ずつ納経する行者のことをいい、「六部」とも「廻国聖」とも呼ばれる。
「六十六部供養塔」は、それを満願結縁したことを記念して建立したもの。
この村出身の行者が日本一周を達成したということなのだろう。
「百三十二部」はその倍だから、日本を2周したのか、それとも2部ずつ納経したのか。
いずれにしろ、鎌倉時代以降、こうして全国を歩き回った修行者がたくさんいたことは間違いない。

ようやく釜ノ沢の集落に戻ってきた。
DSC_3249_201603212124380b6.jpg

集落の最奥には大きな養豚場があった。
DSC_3250_20160321212440570.jpg
ピーピー、ルフルフといった豚の鳴き声が響いていた。

コースタイム通り、ほぼ3時間で長若山荘に戻ってきた。
ちょうどお昼なので、少々味気ないが車の中でお昼を食べることにする。
その方が寒くないし、落ち着く。
本日は、いくらのおにぎりとお稲荷さん。
DSC_1515_2016032121301112e.jpg

おにぎりとは合わないけど、ホットココアもいただいた。
DSC_1514_2016032121300953b.jpg
ここで本日の山行は終了ということにすれば、14時半で終了してしまう柴原温泉に行けるのだが、やはりこれで帰ってしまうのはもったいない。
法性寺・般若コースも歩いてしまうことにした。

(つづく)

このページのトップへ

釜ノ沢五峰(1)

【2016年3月13日(日)】釜ノ沢五峰
この日は翌週に控えた高校同窓生の山岳部例会(瑞牆山&茅ヶ岳)に備え、近くにある標高が同程度の横尾山(1818m)に積雪の具合を見に行くつもりだった。
でも、金曜日は里に冷たい雨が降り、山には新雪が積もったのが確実なので、「下見」は中止。
たぶん、登山口である信州峠まで車で行くことも困難だっただろう。
天気予報も曇りで今イチなので、近場の低山に行くことにして、地図とにらめっこ。
秩父の釜ノ沢五峰に行くことにした。

当日は6時に起床。7時に出発した。今回は車だ。
秩父までは国道299号。その先は秩父ミューズパークを経由して、登山口のある長若山荘には8:40に到着した。
DSC_3019_20160319201649311.jpg

この旅館の駐車場に車を止めさせてもらうため、挨拶に行ったら、宿のご主人はかなり高齢の方だった。
DSC_3021_201603192016501aa.jpg
ガイドブックに書かれていた通り、条件なしでOKしてくれた。
釜ノ沢五峰の登山道はこの方が整備して下さったらしい。
駐車場の横にある離れの建物の玄関に手書きの地図が置いてあり、「ご自由にお持ちください」とあった。親切な方だ。

なぜかこの旅館には古い貨車が置いてあった。
DSC_3024_20160319201654ade.jpg

気温は5℃程度だったが、風もなくそれほど寒く感じなかったので、ダウンは脱いでウインドシェルで出発。
DSC_3023_20160319201652f97.jpg
ストレッチをするのを忘れたので、ここで軽く膝の屈伸と足首回し。

いきなり滑りそうな木の橋を渡る。
DSC_3026_20160319201627d83.jpg

ものすごく太い手すり(笑)
DSC_3025_20160319201655f5b.jpg

最初のうちは、沢に沿って登る。
DSC_3027_20160319201629862.jpg

しっかり道普請しているという感じではないが、歩くには困らない。
DSC_3028_20160319201630703.jpg

間もなく、「般若コース」(法性寺方面)への分岐を通過する。
DSC_3030_201603192016327d6.jpg

山自体が大きな岩でできている印象で、なめ滝が多い。
DSC_3032_20160319201633099.jpg

大きな岩もゴロゴロしている。
DSC_3033_201603192016037f3.jpg
DSC_3034_20160319201605110.jpg
DSC_3036_20160319201608a53.jpg

5分ほどで沢を離れ、尾根への急坂となる。
DSC_3035_20160319201606584.jpg
DSC_3037_2016031920160940c.jpg

湿った植林でコケが見事だ。
DSC_3038_20160319201539df0.jpg

山腹にも岩が多い。
DSC_3039_20160319201540620.jpg
DSC_3040_20160319201541ca4.jpg

これなどは、かなりの巨岩である。
DSC_3045_2016031920151650c.jpg

しばらく、急登が続く。
DSC_3041_201603192015436e7.jpg
DSC_3043_20160319201544290.jpg

山歩きは1週間ぶりだから通常の間隔なのだが、今日はやや体が重い気がする。
DSC_3046_2016031920151752b.jpg

10分ほどで尾根にのった。
DSC_3049_20160319201519bb7.jpg

あの岩峰が一ノ峰かと思ったら違った。さすがにあれは登れない。
DSC_3050_20160319201520809.jpg

尾根にのっても、引き続き道は険しい。
DSC_3051_20160319201522f8f.jpg

間もなく、右手が開けた。
DSC_3052_201603192014549a5.jpg

標高の高いところには雪が積もっているようだ。
DSC_3054_20160319201457a70.jpg

そのまま滑りそうな一枚岩を進むと
DSC_3055_2016031920145827c.jpg

ピークでも何でもない場所で、一ノ峰に出た。
DSC_3056_20160319201458462.jpg

見晴らしがいい場所ということで、石碑を設置したのだろう。
DSC_3059_201603192014300b1.jpg

地衣類のせいで「二の峰」に見えるけど。
DSC_3058_20160319201500461.jpg

本当のピークはすぐ先にあった。
DSC_3062_2016031920143220e.jpg

展望には恵まれず。
DSC_3063_201603192014345b7.jpg

少し下って、すぐにまた登り。五峰もあるのだから覚悟しなくては。
DSC_3065_20160319201435048.jpg

二ノ峰は巻き道もあるようだが、ピークを省略するわけにはいかない。
DSC_3066_201603192014378c3.jpg

礫岩の急登が待っている。
DSC_3067_20160319201405726.jpg
DSC_3068_201603192014072c8.jpg

でも、すぐに二ノ峰。
DSC_3073_2016031920141096d.jpg

ここはかなり開けていた。
DSC_3071_2016031920140805f.jpg
ただ、こんな天気なのであまり遠望はきかない。
正面に竜神山(467m)らしきピークが見えるだけだった。

ここの下りが、垂直なクサリ場。
DSC_3074_20160319201411689.jpg

岩が湿っているのでスリップしそう。相当緊張を強いられた。
DSC_3075_20160319201339439.jpg

改めて振り返ってみると、ものすごい岩だ。
DSC_3076_20160319201340a4c.jpg

地面に下りると、再び植林の道。
DSC_3077_20160319201342594.jpg

そして、また登り。
DSC_3079_20160319201344bbb.jpg

岩は砂岩か礫岩なので、そんなに滑らないはずだが油断は禁物。
DSC_3080_201603192013454f7.jpg

三ノ峰の登りで初めて、積雪に遭遇した。
DSC_3081_20160319201310122.jpg

二ノ峰から10分かからずに三ノ峰。
DSC_3087_201603192013151c1.jpg
DSC_3085_20160319201315e5a.jpg

どの「峰」もみんな巨岩の上だ。
DSC_3083_201603192013119b0.jpg

五ノ峰方面。
DSC_3088_20160319201239cfb.jpg

竜神山方面。
DSC_3089_20160319201241d89.jpg

雪景色が幻想的だ。
DSC_3084_201603192013124f3.jpg

この岩はクサリで下るのではなく、少し戻れば巻き道がある。
DSC_3091_20160319201243a40.jpg
DSC_3092_20160319201244a4b.jpg

と思ったら、結局はクサリで下らないといけなかった。
DSC_3093_201603192012468df.jpg

コケが滑りそうで、怖かった。
DSC_3095.jpg
クサリを握る軍手が泥で真っ黒になってしまった。
しばらく錆びた鉄のにおいがした。

またすぐ登り。
DSC_3096_20160319201213d9b.jpg

そして、すぐ四ノ峰。あっけない。
DSC_3097_20160319201213d07.jpg

あまり展望もないので、すぐ通過。「すぐ」ばっかり。
DSC_3098_20160319201215d7c.jpg

再び植林。
DSC_3099_201603192012160b9.jpg

このあたりから、木々の葉の上に積もった雪が解けて、雨だれのように落ちてくる。
DSC_3101_20160319201144a8f.jpg
カメラが濡れてしまうので、帽子を脱いでカメラを覆い、自分の頭はウインドシェルのフードで防御した。

登山口からちょうど1時間で五ノ峰(565m)に登頂。
DSC_3103_20160319201146db3.jpg

ここで休憩したいところだが、止まると寒いのでほとんど滞在せず、歩き続ける。
DSC_3105_201603192011474d6.jpg

標高が500mを越えると、かなり積雪が目立つようになってきた。
DSC_3106_20160319201149f73.jpg
DSC_3109_2016031920115008c.jpg

鉄塔のあたりでかなり視界が開けたが、曇天のためやはり高い山や遠くの山は見えない。
DSC_3110_20160319201109ca1.jpg
DSC_3112_20160319201110c6f.jpg

まあ、それを予想して景色の見慣れたエリアに来たのだから文句はない。
仕方ないので、ここも通過。
DSC_3114_20160319201112be4.jpg

鉄塔のすぐ下が、布沢集落に下る布沢峠。
DSC_3115_201603192011135f8.jpg

当方は下らず、そのまま尾根道を行く。雪がなんだかうれしい。
DSC_3116_201603192011151a1.jpg
DSC_3118_20160319201045539.jpg
DSC_3119_20160319201046c58.jpg

次のピークは順番的に七ノ峰と言ってもいいところなのだが、「五」で打ち止めにしたのはどうしてなのか。
DSC_3120_2016031920104873e.jpg
DSC_3122_20160319201049eb1.jpg

展望は北の方角。右端が四阿屋山(772m)。
DSC_3124_20160319201051c55.jpg
DSC_3125_201603192010228e6.jpg

これは北西に突き出している尾根。
DSC_3127_20160319201025e30.jpg

を横目に、ここも休まず通過。
DSC_3126_20160319201023bec.jpg

雪のしずくが落ちてくる植林の中に再び突入する。
DSC_3128_20160319201026be1.jpg
DSC_3129_20160319201028cc9.jpg

めずらしく尾根の真ん中に主のような大木がそびえていた。
DSC_3131_2016031920095220f.jpg

そのたもとに小さな祠がある。
DSC_3132_2016031920095455e.jpg
ここはかつての生活道路の峠だったのかもしれない。

この先のいくつかのピークは巻いていく。
DSC_3134_20160319200955ca3.jpg

すると、こんな標識が。
DSC_3135_20160319200957701.jpg

見上げると、確かに1本だけ異彩を放っていた。
DSC_3137_201603192009584fa.jpg
DSC_3138_20160319200926e4b.jpg

まもなく、文殊峠への分岐。
DSC_3139_201603192009288e0.jpg

あとで知ったのだが、このピークは中ノ沢ノ頭(590m)というところだった。
DSC_3140_20160319200929e96.jpg
「登った山」を一つ得した。

(つづく)
このページのトップへ

琵琶湖沖島(6)

【2016年3月6日(日)】琵琶湖沖島
伊崎寺の境内を散策中。琵琶湖の湖岸を目指して石段を下る。
斜面にはヒメリュウキンカの黄色い花が咲き乱れている。
CIMG0868.jpg
CIMG0869.jpg

若い僧職がモノレールで枝払いした枝を運んでいた。
CIMG0874.jpg

門に掲げられているのは、この寺の山号「姨倚耶山」。
CIMG0875.jpg

長い石段を下り終えた。
CIMG0879.jpg

琵琶湖はすぐ目の前。
CIMG0873.jpg

湖岸の風景。
CIMG0878.jpg
CIMG0881.jpg
CIMG0882.jpg

やはり広い。
CIMG0883_201603190800341d5.jpg
CIMG0884.jpg
桟橋があったので、僧職の方に聞いてみたら、灯油などの燃料を配達してもらうために使っているのだとか。
モノレールもその時にまた活躍するのだろう。

以上で拝観は終了。参道を通ってバス停に向かう。
CIMG0888.jpg
バスの時間まであと15分。到底間に合わないだろうから、のんびり歩く。

巨石の上の祠も省略せずに撮影。
CIMG0890.jpg

バラバラになった五輪塔たちも。
CIMG0893.jpg
CIMG0894_2016031907594482f.jpg

参道の入口まで出てきた。
CIMG0895.jpg

このあたりは琵琶湖の干拓地だ。
CIMG0892_20160319080009148.jpg

ここから休暇村まで2km。ということはバス停まで10分くらいだろうか。
CIMG0896_201603190759478cd.jpg

ちょうどバス通りに出た頃、目の前をバスが通り過ぎてしまうようなタイミングだなあ。
手を挙げたら止まってくれないだろうか。
そんなことを思いながら、急ぐ気もなく歩いていたら、通りに出てしまった。
CIMG0897_20160319075948fa0.jpg
バスはまだ来ない。
ていうか、バス停まであと300mくらいしかない。
とぼとぼ歩いて手を挙げても止まってくれないだろうけど、バス停に向かって走っていれば、バスはバス停で待っていてくれるのではないか?
これは乗れる! そう思って走り出した。

そしたら、バスがちょうど来るタイミングでバス停に到着。
CIMG0898_201603190759505d2.jpg
なんと15:29の便に本当に間に合った。急いで何かを省略せずに回り切れて、非常にラッキーだった。

16:00過ぎに近江八幡駅に到着。
このあとは近江鉄道で米原に行き、そこから新幹線に乗り換えて帰るつもりだ。
東海道線で行けば米原までは30分かからずに行けてしまうが、近江鉄道の未乗車区間近江八幡~八日市間を乗るのが目的なので、遠回りだがこれでいいのだ。
ただ、さすがに今日は風呂を諦めざるを得ない。
ザックをコインロッカーから回収して、近江鉄道の改札へ。
次の電車は16:14なので、まだ10分近く時間がある。
改札前でパッキングをし直し、切符を買おうとしたら、米原まで950円のボタンが自動販売機にない。
仕方ないので窓口で「米原まで」と言ったら、駅員に「え、米原まで?」と驚かれた。
「はい、いいんです。お願いします」
「じゃ、1デイ・スマイル・チケット(一日フリー乗車券)が880円でお得ですから、こちらを」
「あ、それはご親切にありがとうございます」
「ただ、次の電車は米原まで行きませんので、乗り換えになりますよ」
「はい、構いません。ちなみに米原には何時に着きますか?」
「えーと、ちょっと待って下さい。あ、18:08になります」
「はい、分かりました。ありがとうございます」
と言ったものの、それはちょっと遅すぎる。

DSC_1475_20160319075750f6b.jpg
とにかく電車に乗り、車窓もそっちのけで、駅探で時刻をあれこれ確認する。
18:08米原着となると、乗り換えなしで東京まで一番早く着くには18:58のひかりになってしまう。それだと、新所沢着が22:22。かなり遅い。
18:24発のこだまに乗り、名古屋でのぞみに乗り換えれば21:53に着くが、のぞみで座れる保証はない。
そもそも八日市での乗り継ぎ時間が30分近くもあって、これが無駄なのだ。
で、思いついた。
未乗車区間さえ乗ればいいのだから、米原まで律儀に全部近江鉄道を使う必要はない。
八日市から引き返して、近江八幡から東海道線で米原まで行けばいいのだ。
そうすれば、八日市に16:32着。折り返し16:40発の電車に乗り、近江八幡には16:59に戻って来られる。
17:05発の東海道線に乗れば17:25に米原着。17:58発のひかり530号に乗れる。
なんと引き返した方が1時間も早い新幹線に乗れるわけだ。
改めて近江鉄道の不便さを実感した。
とにかく方針は決定。近江八幡~八日町往復運賃は900円なので、スマイル・チケットで損はない。
いいことずくめである。
これでやっと落ち着いて車窓を楽しめる。
と思ったら、もう八日市に着いてしまった。
CIMG0900_2016031907592255a.jpg

かわいいラッピング電車も待機していた。
CIMG0899_201603190759201b8.jpg

待ち合わせ時間は8分あるので、余裕で駅舎撮影。
CIMG0904.jpg

近畿の駅百選に選定されているようだ。
CIMG0908_2016031907590065f.jpg

大海人皇子の蒲生野遊猟の図が焼き物で表現されていた。
CIMG0907_20160319075859e2f.jpg

八日市は東近江市(人口約11万人)の中心なので、駅前も比較的活気がある。
CIMG0905.jpg

では、引き返す。
CIMG0901.jpg

今日はここにあかね号がいた。2日連続で会えるとは相性がいい。
CIMG0903_201603190759254e9.jpg

となりは新八日市駅。
CIMG0913.jpg

かなり年期の入った駅だ。
CIMG0912_20160319075902231.jpg

次は太郎坊宮駅。
CIMG0915.jpg

太郎坊とは正面のとがった山の山腹にある寺院のこと。
CIMG0914_20160319075832d4d.jpg

次の市辺駅は撮影失敗。
観音寺山(433m)が見えてきた。
CIMG0921.jpg

平田駅で上り電車とすれ違い。
CIMG0922.jpg
CIMG0924.jpg

だいぶ暗くなってきた。
CIMG0927_201603190758092c0.jpg

武佐駅通過。
CIMG0928_20160319075810c41.jpg

新幹線が目の前を猛スピードで横切っていく。
CIMG0930.jpg

正面の山並みは琵琶湖の向こうの比良山系か。
CIMG0932.jpg

予定通り、16:59近江八幡に到着。
DSC_1474_20160319075748d28.jpg

JRに乗り換える。
CIMG0933_201603190758159fe.jpg

17:05発の東海道線新快速は3分遅れだが、全然余裕。
CIMG0934.jpg

電車は結構混んでいたが、ありがたいことに座れた。
米原には17時半前に到着。
待ち合わせ時間は30分あるので、ゆっくり売店で買い物。
缶ビールに缶酎ハイ、枝豆に乾き物。
前日買った糸切餅がまだ余っているので、これを晩飯代わりにして、駅弁はなし。
お土産はひこにゃんのクッキー。
DSC_1479_20160319075753d0c.jpg

新幹線の待ち時間が長すぎるので、我慢できずホームでビールを飲み始めてしまった。
DSC_1477_201603190757515c4.jpg

一番前に並んでいたので、2人席に余裕で座れた。
名古屋までは隣に人がいたので、ただただ飲んでいたが、その先は一人になったので、ザックからパソコンを取り出し、ずっと記録整理に精を出していた。
21時半には帰宅。新鮮かつ充実した関西の「山と鉄」「島と船」だった。

(おわり)
このページのトップへ

琵琶湖沖島(5)

【2016年3月6日(日)】琵琶湖沖島
石切り場跡から集落に戻る。
こちら側にも、えり漁の木杭があった。
CIMG0778.jpg
えり漁とは、アユや鮒を矢印形に張った定置網に追い込む琵琶湖の伝統的な漁の方法だ。

このあたりの湖岸の石は石切り場で大量に発生した石くずのようだ。
CIMG0783_20160318213901dc9.jpg

宙を飛ぶドナルドダック。
CIMG0784_201603182139022c1.jpg

十字架にかけられたかのようなプーさん?
CIMG0785.jpg

それにしても、彼らは鳥除けなのだろうか。
CIMG0786.jpg

再び集落に戻る。
CIMG0787_20160318213906554.jpg

最後に頭山の北岸を探検する。
CIMG0789_20160318213839c4f.jpg

これは廃屋。
CIMG0790_20160318213843ee5.jpg

石仏には夏みかんが供えられている。この島らしい風景だ。
CIMG0791_20160318213843526.jpg
CIMG0792_20160318213844803.jpg

わざと迷宮に入り込みながら、港に向かう。
CIMG0788_2016031821383889f.jpg

笛や太鼓の放送がかかって、港のゲートボール場では何かが始まる気配。
CIMG0793_201603182138185ef.jpg
でももう見ている時間はなかった。

14:00の船が出るまで、あと10分。
CIMG0795_20160318213819033.jpg

疲れたので、早めに船に乗り込んだ。
CIMG0796.jpg

さようなら、沖島。満喫させていただきました。
CIMG0797_20160318213821148.jpg
CIMG0800.jpg
船内は観光客でかなり混んでいたが、デッキには出ず、おとなしく席に座っていた。

10分で堀切港に到着した。
ここには近江鉄道バスだけでなく、市民バスも通じているようだが、あいにく平日は運休。
CIMG0802.jpg

思いついて、歩いて15分ほどかかると思われる休暇村に電話してみた。
入浴をさせてもらえないかと思ったのだ。
歩いて休暇村まで行き、風呂から上がった頃にバスが出る計算になる。
バスは休暇村が起点なので、堀切港まで戻る必要はない。
しかし、無情にも「入浴は3時まで、受け付けは2時までとなっておりますので・・」とのこたえ。
すでに2時を10 分以上過ぎているので諦めるしかない。

やはり当初の予定通り、伊崎山(210m)のハイキングコースを歩いて時間をつぶすしかない。
CIMG0803_20160318213732d31.jpg

しかし、次のバスまで1時間15分ほど。それだけの時間で戻って来られるだろうか。
まあ、間に合わなかったら、またその1時間後にあるから、2時間かけてゆっくり歩くつもりで出かけよう。
CIMG0804_201603182137349df.jpg

この山は野鳥の楽園のようだ。
CIMG0805.jpg

しかし、それをおびやかすのが優勢なカワウのようで、棲み分け対策が行われている。
CIMG0811.jpg
CIMG0814_20160318213713479.jpg

さすがにあんな詳細な案内板があるだけあって、道はよく整備されている。
CIMG0807.jpg

まずはこの地図にある展望ポイントを目指す。
CIMG0809.jpg

が、展望ポイントと言っても、この程度しか見えない。
CIMG0812.jpg

これはちょっとひどいではないか。
CIMG0813_20160318213711035.jpg

憤然として先を急ぐ。
CIMG0815_201603182136407c1.jpg

半島の先端にある伊崎寺まで900mの標識。
CIMG0816.jpg
そんなに遠くはないような気がする。本当にそんなにあったら、到底1時間ではバス停に戻れない。

はい、気をつけましょう。
CIMG0818.jpg

ぐいぐい登る。
CIMG0820_20160318213645118.jpg

原生林。ちょっと気持ち悪い。
CIMG0821.jpg

思いがけず、五輪塔群が出現。
CIMG0822.jpg

伊崎寺と関係があるのだろうか。
CIMG0824.jpg
CIMG0826.jpg

沖島で見たような石仏もたくさんあった。
CIMG0823_20160318213620c6c.jpg
CIMG0825.jpg

300mも歩いていない感じなのに、いきなりあと250mになった。
CIMG0829.jpg

でも、伊崎寺に行く前に、伊崎山の山頂を目指す。
ある程度のヤブこぎを覚悟したのだが、「↑三角点」という表示があり、助かった。
CIMG0830_20160318213537565.jpg

かなりの急坂を数分よじ登る。
CIMG0831.jpg

頂上にしっかりと三角点。
CIMG0832_201603182135407fe.jpg

山名板はなかったが、文句なく「登った山」の一つに加えられる。
CIMG0833_20160318213541f93.jpg

さっさと下山して、伊崎寺に向かう。
CIMG0835.jpg

今度は急な坂を下る。
CIMG0836.jpg

まもなく参道に合流。
CIMG0838_20160318213511a18.jpg

すぐ先に寺務所。
CIMG0839.jpg

安土山(198m)方面の琵琶湖もきれいに見えた。
CIMG0843_20160318213439f40.jpg

さっそく本堂に参拝。
CIMG0844_20160318213440bbc.jpg

伊崎寺は奈良時代に役行者がこの地を見つけて、行場としたのが始まりとされる。
その際に、イノシシが役行者を導いたことから「猪先(いさき)」という地名になったらしい。
寺の創建は平安時代初期の貞観年間(9世紀後半)で、相応和尚が開いたと言われる。
CIMG0847_201603182134440e3.jpg

境内の様々。
CIMG0845.jpg
CIMG0846_20160318213442333.jpg
CIMG0848.jpg
CIMG0849_201603182134177ea.jpg

この奥に棹飛堂なるものがあるそうなので行ってみた。
CIMG0852.jpg

これだ。
CIMG0857_20160318213421a88.jpg

堂内の様子。
CIMG0862_20160318213355ba4.jpg

棹飛びとは、水面より数㍍の高さに突き出した棹の先端から琵琶湖へ飛び降りる勇壮な行事で、毎年8月1日の千日会で行われるとのこと。初めて知った。
CIMG0863_20160318213357bf9.jpg
CIMG0859.jpg
「捨身の行」で、1000年以上続いてきたと伝えられているらしい。

う~ん、これはまず先端に行くまでが怖い。
CIMG0860_20160318213354acb.jpg

普段は当然ながら飛び込み禁止だ。
CIMG0858.jpg

ちょっと、ドキドキした。戻ろう。
CIMG0864.jpg

本堂の側面に二重の鳥居。これはどんな意味があるのか。
CIMG0865_201603182133339f3.jpg
CIMG0854.jpg

境内から湖面に下れるようなので行ってみた。
CIMG0840_20160318213514a49.jpg
CIMG0871.jpg

(つづく)
このページのトップへ

琵琶湖沖島(4)

【2016年3月6日(日)】琵琶湖沖島
沖島の西端から引き返す。
えり漁の際に使う木杭が沖に見える。
CIMG0687_20160318062353df8.jpg

沖島町簡易水道浄水場。
CIMG0690_2016031806235452e.jpg
沖島にはかつて井戸がない時期が続き、琵琶湖の水を生活用水として使っていたらしい。
簡易水道が整備されたのは昭和55年になってからというから、かなり最近まで不便を強いられていたようだ。

頭山南斜面の集落の裏道に入る。
CIMG0691.jpg
CIMG0692_20160318062357b85.jpg

ここに奥津島神社に上る階段があった。
CIMG0693_2016031806235928e.jpg
社標は憲政の神様・尾崎行雄の揮毫だそうだ。

この神社は近江国守だった藤原不比等が和銅年間に創建したと伝わる。
CIMG0694_20160318062330e64.jpg
CIMG0716.jpg

お宮は島で42歳になった人が1年間お世話し、その交代式は大晦日の深夜に行われるという。
CIMG0696_20160318062331d4c.jpg

島の起源とも言える神社なので、丁寧に参拝する。
CIMG0697.jpg
CIMG0699_20160318062335cfc.jpg

境内から見下ろすいらかの波。
CIMG0700.jpg
CIMG0712.jpg

ひときわ目立つのは、西福寺の屋根。
CIMG0703.jpg

港の奥に軒を連ねる倉庫群。
CIMG0709.jpg

奥の院まで登ってみよう。
CIMG0705_20160318062309873.jpg

昼なお暗いので電灯がともっている。
CIMG0711_20160318062247d2e.jpg
CIMG0707.jpg

かつての祠の基壇らしきものが残っていた。
CIMG0710.jpg

神社の背後の斜面では崩落防止の工事がかなり大がかりに行われていた。
CIMG0713_20160318062250d6d.jpg

最近土砂崩れがあったのだろうか。
CIMG0708_20160318062312a7c.jpg

このあたりの集落の区割りは、うなぎの寝床方式のようだ。
CIMG0714_20160318062252992.jpg

再び、港の周辺に戻ってくると、なんと軽トラを発見。
CIMG0717.jpg
やはりナンバーがなく、廃車になっている。
島内で車が1台も走ったことがない、というわけではなさそうだ。

島で唯一の郵便局。
CIMG0719_20160318062225a35.jpg

またしても、さっきの山車を発見。何軒も回ってお祓いもしくは祈祷をしているのだろうか。
CIMG0721_201603180622279bd.jpg

この地名プレートがちょっとレトロで気に入った。
CIMG0722_20160318062228bb1.jpg

のんびりしたたたずまい。
CIMG0723_201603180621587e7.jpg

駅前駐輪場ではありません。
CIMG0724_2016031806215961d.jpg

本願寺の8代門主蓮如(1415~1499年)が比叡山に追われて、琵琶湖西岸に沿って逃げた際、嵐にあってたどりついたのが沖島だと言われている。
CIMG0725_20160318062201431.jpg

おきしま資料館でもう少し勉強したかったが開いていなかった。
CIMG0726_201603180622025c9.jpg
電話の連絡先が書いてあるので、帰りに時間があったら、かけてみよう。

沖島コミュニティーセンター前の広場。
CIMG0727.jpg

蓮如から得度を許された島民の西居某が開いたとされる願證寺。
CIMG0730.jpg

とても狭かった。
CIMG0731.jpg

ひしめく家々の中になぜかここだけすこんと抜けた空間。
CIMG0732_20160318062133d50.jpg

井戸も全くなかったわけではないようだ。
CIMG0733_20160318062135268.jpg

小さな石仏を祀った民家の入口。信心深い島民が多いのだろう。
CIMG0734_20160318062136f3e.jpg

初めて、島の北岸に出た。
CIMG0735_2016031806213807f.jpg

こちらは風も静かで波も穏やかだ。
CIMG0737_20160318062107792.jpg

わりと大きめの桟橋が見える。
CIMG0738_20160318062109c57.jpg

いったん集落に戻る。「いっぷくどう」が営業中。
CIMG0740.jpg
「きままランチ」1000円か。お昼はここで食べてもよかったかな。

路傍の石仏。あちこちにある。
CIMG0747.jpg
CIMG0741_20160318062112906.jpg

西福寺に参拝。
CIMG0742_201603180621138e5.jpg
CIMG0743_20160318062041843.jpg
近江源氏の落ち武者7人のうちの一人茶谷重右衛門の末裔が、蓮如に帰依、法名西了坊として、文明三年(1471年)に庵を建てたのが始まりとされる。

境内には蓮如上人の像があった。
CIMG0745_20160318062042ae9.jpg

再び北岸に出て、石切り場跡に向かう。
CIMG0750.jpg

こちら側にも1軒、民宿があった。
CIMG0749_20160318062045a81.jpg

釣り人たち。彼らとは帰りに一緒になった。
CIMG0751.jpg

頭山(140m)の全景。
CIMG0752.jpg

道は護岸を兼ねている。
CIMG0753_20160318062009139.jpg

冷蔵庫は物置代わりかな。
CIMG0755.jpg

菜の花が咲いていた。
CIMG0756_20160318062012e22.jpg

こちらは下水道の浄化センター。
CIMG0757_20160318061940d83.jpg

3m四方1区画千円で売り出された千円畑。
CIMG0758.jpg
CIMG0761_20160318061943bf4.jpg

正面の丘が石切り場の跡か。
CIMG0762_20160318061945d65.jpg

風呂おけにたまった雨水。
CIMG0763_20160318061946b32.jpg
畑仕事に来ていたご婦人に聞いてみたら、やはり農業用水だそうだ。
雨水を溜めて使っているらしい。
空梅雨の時には、琵琶湖の水をポンプで汲み上げるのだそう。
そういう意味では水には困らない土地だ。

ちょっと高みから見ると、畑が細かい区画で分かれているのがよく分かる。
CIMG0766_20160318061914e72.jpg
CIMG0768.jpg

これが全貌。
CIMG0769.jpg

この中を分け入り、石切り場跡を目指す。
CIMG0770_20160318061919aa4.jpg

切り出した石の破片で囲んだ花壇。
CIMG0771_20160318061920438.jpg

細い作業道をどこまでも分け入っていく。
CIMG0772.jpg

これが石切り場の一部なのだろうけど、草が繁茂していて、切断面がよく分からない。
CIMG0773.jpg

この段々も石切り場の痕跡か。
CIMG0780_20160318061831e4b.jpg
CIMG0782_201603180618326e2.jpg

千円畑は丘の上まで続いている。
CIMG0775_2016031806185357a.jpg

キリがないので、適当なところで切り上げ、湖岸に下りてきた。
CIMG0776.jpg

これは観潮のための施設だろうか。
CIMG0777_201603180618573e4.jpg

それでは来た道を戻ることにしよう。
CIMG0779.jpg

(つづく)
このページのトップへ

琵琶湖沖島(3)

【2016年3月6日(日)】琵琶湖沖島
沖島の東部にある弁財天(厳島神社)に参拝。
CIMG0591.jpg
CIMG0588.jpg

太い竹の賽銭箱にコインを落とすと、いい音がした。
CIMG0589_201603172048437e6.jpg

本殿の前に木造のテラスがあったので、展望を楽しむ。
CIMG0592.jpg

鳥居があんなに低く見えた。対岸は休暇村。
CIMG0590_2016031720484469e.jpg

祠の背後は断崖だった。
CIMG0593.jpg

湖岸まで下りて来た道を戻ろうとしたが、まだ奥に道が続いているので、ちょっと行ってみると、巨大な岩が出現。
CIMG0595.jpg
CIMG0600_20160317204825582.jpg

ここは島焼酎の原料となるサツマイモを栽培しているエリアだった。
CIMG0602_201603172047546d7.jpg

湖岸にも奥にも畑があった。
CIMG0598_2016031720482251f.jpg
CIMG0599_20160317204823ae6.jpg

探検はここまでにして、集落へ戻る。
CIMG0603.jpg

これが何なのかは、全くの謎。
CIMG0604.jpg

戻る途中、学生らしき若者グループとすれ違った。
CIMG0605_20160317204759808.jpg
(ここには写っていないが)

湖岸の道路には、堅固な石垣が組まれている。
CIMG0607_20160317204800482.jpg

数少ない浜。
CIMG0609_20160317204733c59.jpg

壊れかけた桟橋なども、みな人間スケールで安心できる。
CIMG0610.jpg
CIMG0614_20160317204737576.jpg

水鳥の楽園でもあるのだろう。
CIMG0613_20160317204736e59.jpg

集落のはずれあたりまで戻ってきた。
CIMG0617_20160317204739119.jpg
CIMG0618_201603172047052f9.jpg

私のすきな風景ばかりで、シャッターを押す指が止まらない。
CIMG0619_201603172047064e7.jpg
CIMG0620_20160317204707f85.jpg

パパと釣りをしている少年は島の子だろうか。
CIMG0621.jpg

この平地は、沖島小学校の校庭。
CIMG0624_20160317204641db1.jpg

この校舎が建てられたのは、そう古くない気がする。
CIMG0623.jpg
沖島小学校は明治8年(1875年)、西福寺に開かれた学校が原点。
明治26年(1893年)に島村立沖島尋常小学校が開校したのをもって創立とする。
昭和34年年度には児童数が129人に達したというから驚く。

併設されていた近江八幡市立八幡中学校沖島分校が昭和39年に本校に統合されて以来、卒業生は本土の八幡中学校に通うことになっている。
CIMG0625.jpg
現在の児童数はわずか10人。このうち7人があえて島外から船で通学しているという。
島出身の親とか、島での生活に意味を見いだしたりしている親が送り出しているのだろう。
島内の児童がいるうちはいいが、いなくなったらあえて小学校を存続させる意味があるのかという声は当然上がるに違いない。
部外者としては残してほしいと思うが、人件費も含め経費のことを考えると、かなり厳しいかもしれない。

沖島漁業組合の元入口?
CIMG0627_20160317204644953.jpg

お決まりの廃屋。
CIMG0628_20160317204645d7e.jpg

ここから島のメインストリートに入る。
CIMG0629_20160317204647f54.jpg
CIMG0630.jpg
幅員は1.5~2m。

小学校から港まで続くこの道は「ホンミチ」と呼ばれ、水産庁が選定した「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選ばれている。
CIMG0631_20160317204615ecb.jpg
CIMG0632_201603172046169fd.jpg
もちろん、車は走れない。

この階段を登ると、旧小学校の跡。
CIMG0633_201603172046173e5.jpg

廃虚の趣が十分ある。
CIMG0634_20160317204619e2e.jpg

現在はすっかり更地になっていた。
CIMG0637.jpg
CIMG0639.jpg

この階段は子供たちが裏山へ登っていく道か。
CIMG0638_201603172045494db.jpg

高台にあるだけに眺めはよかった。
CIMG0636_20160317204545627.jpg

通りに戻ると、さっき見た山車がこんなところに移動していた。
CIMG0642.jpg
御輿がくくり付けられている。
神職のような方が1軒1軒回っているようで、アマチュアのカメラマンもカメラを持って追いかけ回していた。
何かの伝統行事なのだろうか。誰かに聞いてみればよかった。

島のおばちゃんたちが井戸端会議。
CIMG0643_20160317204520be1.jpg

玄関に時計。
CIMG0645.jpg

わりと、まとまった畑。
CIMG0644_201603172045217c5.jpg

どう見ても路地にしか見えないが、これがメインストリート。
CIMG0646_2016031720452463f.jpg

玄関はみな、きちんとこの通りの側を向いている。
CIMG0647.jpg

いったん、湖岸の道に出てみた。
CIMG0648.jpg
食堂・民宿の港屋とか冨田屋があるらしいので、それを探すのが目的だ。

ネコの島とも言うだけあって、何匹か見かけた。
CIMG0649.jpg
魚が豊富だから食べ物には事欠かないんだろうなあ。

消防艇の「車庫」。こういうのはめったに見られない。
CIMG0651.jpg

これが正真正銘の路地。
CIMG0653_20160317204454eba.jpg

自然石を加工しないまま石仏に見立てている。
CIMG0654.jpg

映画の一場面のようだ。
CIMG0655.jpg

この石垣はかつての湖岸なのだろうか。
CIMG0656_20160317204425de3.jpg

お、やっと港屋を発見。でも、どうやら営業していない雰囲気だった。
CIMG0657.jpg
では、引き返しましょう。

携帯をかけているおばちゃんと、網の手入れをしているおじちゃん。
CIMG0658.jpg
CIMG0659_20160317204430bef.jpg

再び、メインストリートへ。
CIMG0660.jpg

まるで迷宮のようだ。
CIMG0661_2016031720435957f.jpg

燃料は薪。
CIMG0662_20160317204401f47.jpg

土壁も素朴だ。
CIMG0663_20160317204402418.jpg

幅員がさらに狭くなった気がする。
CIMG0664_20160317204404987.jpg

目を開けてくれないネコ。
CIMG0666.jpg

というわけで港に戻ってきた。
CIMG0667.jpg

沖島漁業組合で昼食にする。
奥でせっせと弁当を作っているが、私はうどんが食べたい。
そこにいたおばちゃんに聞くと、うどんは弁当づくりが終わってからだから、あと30分かかると言われた。
そんなに待てないので、弁当で手を打つ。1000円。
ここで食べていいかと聞くと、「正午の船に乗るんじゃないのかい?」と怪訝な顔。
「いえ、乗りません」
いやあ腹減った。
CIMG0669.jpg
メインは鯉こくならぬ鮒こく。とは言わず、鮒の煮付けというそうだ。
甘く煮付けてあったが、骨が多く食べにくかった。
それより美味しかったのは、小エビと島野菜のかき揚げ。
かき揚げはあまり好きではないが、これはバリバリ食べることができた。
このほかには、わかさぎの天ぷら。
後で来たおじさんが、これを見て「アユかい?」と聞いていた。
(こんな小さいアユがいるかい!)と心の中でつぶやいたが、おばちゃんによると、川のアユが大きいが、琵琶湖のは稚アユなので小さいのだという。
今はちょうど鮒のシーズンなんだとか。
いろいろと勉強になった。
かつ満腹になった。お茶も振る舞っていただき、ごちそうさまでした。

ちなみの、この「店」は「沖島婦貴の会」の運営である。
CIMG0670.jpg

こういうお土産も売っていたが、ザックに入りきらないので見送り。
CIMG0671_201603172043398a0.jpg

今度は島の最西端に向かう。
途中、トラクターを発見。なんだ、車があるではないか。
CIMG0672_20160317204308f1a.jpg
でも廃車になっているようなので、数には入れていないのだろう。

湖岸の道を行く。
CIMG0673_20160317204309cdc.jpg

風がかなり強い。
CIMG0674.jpg

個人の港。というか湖の玄関。
CIMG0675_2016031720431244e.jpg

これはやや小粒なので八朔かな。
CIMG0676_20160317204314ceb.jpg

おお貝塚だ。貝の漁獲が多かった時代の遺跡だ。
CIMG0678.jpg

かなり波も高くなってきた。
CIMG0680.jpg

ちょっと湖とは思えない。
CIMG0679.jpg

行き止まりにある民宿湖上荘。
CIMG0681.jpg

でもシーズンオフなのか営業はしていない様子。
CIMG0688.jpg

まだ波打ち際に道が続いているので、もうちょっと前進してみる。
CIMG0683_20160317204249cf3.jpg

この畑で本当に行き止まりのようだ。
CIMG0685.jpg
ここで引き返すことにした。

(つづく)

このページのトップへ

琵琶湖沖島(2)

【2016年3月6日(日)】琵琶湖沖島
沖島に上陸し、尾山(225m)に登り始める。
CIMG0478_20160317064036f32.jpg

登山口には、小さな石仏が祀られていた。
CIMG0476_20160317064033461.jpg
CIMG0477_20160317064034e58.jpg

甘夏がたわわに稔っている。食べたいが、さすがにもぎ取るわけにはいかない。
CIMG0484_20160317064013a1a.jpg

でも、落ちているのがあったので、きれいなのを拾ってザックに収める。
CIMG0479_20160317064037389.jpg
あとで、おやつにしよう。

集落の裏の斜面をトラバースして登っていくが、地形図の表記では最初から尾根筋をたどることになっている。
CIMG0481_20160317064039b37.jpg

しかし、見晴らしがいいので、このまま進むことにする。
CIMG0482.jpg
CIMG0483_20160317064011c39.jpg
斜面が露出しているのは頭山(140m)。
湖面の標高が85mほどなので、実質的な高さは55mしかない。

斜面には先祖代々の墓地が築かれている。
CIMG0485_20160317064014905.jpg
CIMG0489_20160317063944ed7.jpg
CIMG0490_20160317063946c14.jpg

実に美しい島ではないか。
CIMG0486.jpg

墓地を過ぎると、登山道になる。
CIMG0492_20160317063947cab.jpg

ここから尾根に登っていくようだ。
CIMG0493.jpg

岩壁を乗り越え、さらに進む。
CIMG0494_20160317063950e06.jpg
CIMG0495_201603170639216f4.jpg

手づくりの道標が丁寧に設置されていて、ありがたい。
CIMG0496_20160317063922871.jpg
島の子供たちも遊びに来ることがあるのだろう。

墓地から10分ほどで尾根にのった。
CIMG0497.jpg

なだらかで、よく踏み固められた道を数分歩くと、ケンケン山に出た。
CIMG0499_201603170639255ab.jpg
とくにピークでもないが、せっかく「山」を名乗っているので、「登った山」に加えさせていただく。標高は175mほどか。

別名「お花見広場」だそうだが、まだ季節が早すぎて、何も咲いていない。
CIMG0500_201603170639278e9.jpg

ただ、左右に琵琶湖を展望することができた。
CIMG0501.jpg
CIMG0502_20160317063858d1f.jpg

この先は210mピークを巻いていく。
CIMG0503_201603170639007b8.jpg

こちらも、ほぼ平らで歩きやすい道。
CIMG0504_20160317063901719.jpg

暖帯らしい植生だが、雪国生まれの私にはちょっと気色わるい。
CIMG0505.jpg

右手に琵琶湖と本土の山々を眺めながらのハイキングだ。
CIMG0506_201603170638335f8.jpg
CIMG0507.jpg

左手には、枯れ木に白いキノコ。
CIMG0509_20160317065710809.jpg

そして男の横顔のような岩。
CIMG0511_20160317063839c5b.jpg

まもなくホオジロ広場という開けた場所に出た。
CIMG0515.jpg
CIMG0513.jpg
ホオジロとはスズメに似た小鳥のことだが、このあたりにたくさん棲息しているのだろうか。鳴き声はとくに聞こえなかった。

トラロープで作ったブランコがあったので、琵琶湖を眺めながらしばらく揺られてみた。
CIMG0514_201603170637383c1.jpg

ブランコなんて何年ぶりだろう。何だかとても癒された。
CIMG0516_201603170637419ee.jpg
CIMG0518_2016031706374362a.jpg

では、次の見はらし広場に向かおう。
CIMG0519_20160317063744033.jpg

引き続き、起伏のほとんどない道だ。
CIMG0520.jpg

と思ったら、徐々に登り始めた。
CIMG0521_20160317063716f1e.jpg
CIMG0522.jpg

登り詰めたところが見はらし広場。
CIMG0523.jpg

目の前に本土の伊崎山(210m)。
CIMG0525.jpg

堀切港と休暇村。
CIMG0526_20160317063652540.jpg

厳密にはここは尾山の最高地点ではない。
地形図を見ると、三角点はこのあたりにあるようだが、最高地点はもっと先のようだ。
「行き止まり」と書いてあるが、行けるところまで奥に行ってみることにした。
CIMG0524_2016031706372064b.jpg

なんとなく踏み跡はある。
CIMG0528.jpg

ただ、ちょっとヤブがうるさい。
CIMG0529.jpg

このあたりが最高地点のように思えるが。
CIMG0530.jpg

地図ロイドを確認すると、閉じた等高線の中心はもう少し先だ。
もうちょっと進んでみよう。
う、こういうの、ちょっと気持ちわるい。
CIMG0531_20160317063627d69.jpg

この先の高まりには、石が方形に並んでいた。
CIMG0534_201603170636303d7.jpg
むむ、これは人工のものだろうか。中世の祭祀の跡だったりするのか。

すぐ近くに、こんな岩もあり、遺跡のにおいがぷんぷんする。
CIMG0533_201603170636290d1.jpg

しかし、ざっと調べてみた限りでは、ここが遺跡であるという記録は見当たらない。
ぜひ発掘調査をしてもらいたいのだが。
とにかく、ここが沖島の最高地点であることを確信して戻ることにした。
CIMG0535_20160317063632f0a.jpg

帰り道、素直に踏み跡をたどればいいのに、ちょっと色気を出して、右手の高まりに登ってみたら、なんと山名板がつるされているのを発見。
CIMG0537_201603170636001e8.jpg

これにはびっくり。見逃さないでよかった。寄り道してよかった。
CIMG0536_201603170636336f2.jpg
蓬莱山とも呼ばれているようだが、最高地点はやっぱり、さっきの「遺跡」のあった場所だった気がする。

巨岩を見送って、見はらし広場に戻ってきた。
CIMG0539.jpg
CIMG0540_20160317063603024.jpg

名残にもう一度、眺望を楽しむ。
CIMG0542_2016031706360438c.jpg
CIMG0543_20160317063606aea.jpg

満足して下山。「小学校の水えい場」へ。
CIMG0544_2016031706353620b.jpg

歩き出してびっくり。
CIMG0545_2016031706353784f.jpg

道の真ん中に三角点があった。
CIMG0546_20160317063539eca.jpg
あれだけヤブをかき分けても見つからなかったはずだ。こんなところにあるとは。

山名板も三角点も確認できたので、わだかまりなく下れる。
CIMG0548_20160317063540a06.jpg

ただし道はそれほどよくはない。
CIMG0549_20160317063542ce5.jpg

巨岩の回廊を通過。
CIMG0550.jpg
CIMG0551.jpg

しばらく下ると、階段状になった平坦面が森の中に展開していた。
CIMG0553_2016031706350991d.jpg
畑の跡だろうか。

サプライズだったのが、このサルノコシカケ。
CIMG0556_201603170635119be.jpg

こんな分厚いのは初めて見た。
CIMG0557_20160317063513311.jpg

こちらは、名付けて沖島の亀石。
CIMG0558_20160317063441a36.jpg

というわけで、岸辺まで下ってきた。
CIMG0559.jpg
CIMG0560_20160317063444f67.jpg

まずは左折して、弁財天に向かう。
CIMG0561_20160317063445751.jpg

すると、正面から島の方がやってきたので、呼び止めて聞いてみた。
「山の斜面に段々に平らになってるところがありましたが、あれは畑の跡ですか」
「そうだよ。戦時中に食糧不足で大豆を植えていたと聞いたことがある」
「そうなんですか。いつぐらいまで作ってたんですか」
「どうかな。わからない。私も戦後生まれなんだよ」
というようなことを関西弁で話してくれた。

戦後生まれというから、60代後半くらいだろうか。
CIMG0563_20160317063447e46.jpg

この先も一人だけ歩ける幅で道は続いている。
CIMG0564_201603170634138f0.jpg

湖岸には小さな、ほんとに猫の額のような畑。
CIMG0565.jpg
大根やネギなどの作物が栽培されているが、ほとんど自家用だろう。

振り返ると、港近くに集中する集落が湖をはさんで望める。
CIMG0568_201603170634163b1.jpg

木道を渡り、打ち捨てられたような作業小屋を通過する。
CIMG0569.jpg
CIMG0570.jpg

いきなり春の便り。フキノトウとイヌフグリ。
CIMG0571_2016031706334913b.jpg
CIMG0572.jpg

淋しげな湖岸の風景。
CIMG0573_20160317063353123.jpg
CIMG0576.jpg

かなり歩き続けてきたので、ちょっと、このあたりでひと休み。
CIMG0575_20160317063354cc0.jpg
小屋の出入り口に腰をかけて、さっき拾った夏みかんを食べる。
少し裂けていたのだが、とても甘酸っぱくて、おいしかった。

弁財天(厳島神社)はすぐ先にあった。
CIMG0578_20160317063327cc0.jpg

参拝の前に、鳥居のとなりにある桟橋に行ってみる。
CIMG0584_20160317063333025.jpg

かなり波がある。足場がすけすけなので、ちょっと怖かった。
CIMG0583_201603170633313d7.jpg
CIMG0581_20160317063328728.jpg

振り返って弁財天を望む。
CIMG0582_20160317063330bf4.jpg

由来はこの通り。
CIMG0585.jpg
階段106段をゆっくり登った。

(つづく)
このページのトップへ

琵琶湖沖島(1)

【2016年3月6日(日)】琵琶湖沖島
前夜、近江八幡のホテルに泊まった。
この日の天気予報は曇りのち雨だったが、目覚めてカーテンを開けると晴れている。
ありがたい。
昨夜は10時すぎに沈没して、今朝は6時に起きたので、8時間近く眠れた。
前日は久しぶりの本格的な登山だったが、幸い筋肉痛もない。
足首にも違和感がない。回復も順調のようだ。

6時半から朝食ということなので、その時間に合わせて階下の食堂に下りる。
バイキング方式だった。今回は和食にした。
DSC_1453_20160316212108863.jpg
麻婆豆腐、ハンバーグ、ウインナー、肉団子、玉子焼き、大根の煮つけ、がんもどき、ししゃも、キャベツサラダをちょっとずつチョイスした。
味はまずまず。最近は朝食を出してくれるホテルが多いので助かる。
ここは1泊6800円だったが、じゃらんポイントを使って、5700円で済んだ。

沖島への船が出る堀切港までのバスは、近江八幡駅発が8:40。
ホテルを8:15に出れば余裕で間に合う。
パソコンや着替えなどの荷物はコインロッカーに預けて、アタックザックだけで出かけるつもりなので、時間をかけて、ゆっくりパッキングした。
予定通り8:15に出発し、駅に向かう。

駅前通りは「ぶーめらん通り」と名付けられている。
DSC_1455_201603162121091fc.jpg
道がくの字に曲がっていることから、そう呼ばれるようになったらしい。

この通りには、こうした石彫がぽつんぽつんと並んでいた。
DSC_1456_20160316212111d6f.jpg

近江八幡市のマンホールは市章のみで、ちょっと味気ない。
DSC_1457_20160316212112634.jpg

近江八幡駅にはJRと近江鉄道が乗り入れている。
DSC_1459_20160316212114fd3.jpg

まずはザックをコインロッカーに預けて、近江鉄道の乗り場をちらっと下見しておいた。
CIMG0416_20160316212602ee6.jpg
CIMG0417.jpg

駅の連絡橋からは北に観音寺山(433m)が見えた。
CIMG0418_20160316212605399.jpg

ちょうど近江鉄道の電車がやってきた。
CIMG0420_20160316212606e9c.jpg
西武電車を青くカラーリングしている。

駅前には、前夜、晩飯を買った平和堂。
CIMG0421.jpg

まだバスが来ていないので、観光案内所に立ち寄った。
CIMG0422_20160316212541741.jpg
ここで沖島の地図を入手する。
ついでに、乗り継ぎについて尋ねてみた。
実は8:40のバスが堀切港に着くのは9:12。
船の出る時間が9:15。こんな短時間で乗り継げるのでしょうか?
案内所のおばちゃんの話では、ちゃんと接続していますよ、とのこと。

安心してバスに乗った。
CIMG0424.jpg
近江鉄道バスも西武バスそのままのデザインだ。
実はこの路線にはかなり前に乗ったことがある。
1988年の夏休み、山形勤務時代だったが関西を1週間かけて回った。
その時、このバスに乗って琵琶湖畔に近い長命寺を訪ねたのである。
もう30年近く前のことなので、記憶はおぼろげだ。

バスは近江八幡の伝統的町並みの横を走り抜けていく。
今回は街歩きをする時間はない。
メンタームの近江兄弟社は知っていたが、近江兄弟社高校があることをバス停の名で初めて知った。
調べてみたら、昭和23年開校のかなり古い学校だった。

さっき観光案内所でもらったマップに載っていたバスと船の時刻表を車中で見て、いささか悩んだ。
帰りの船の便は、12:00、14:00、16:00と午後は2時間おき。
12時と16時の便に乗れば、すぐ接続のバスがあるが、14時の便だと1時間半近く待たなければならない。
沖島をゆっくり回ると、多分14時の便になる。
どうしようか。とりあえず結論は先送りにしておいた。

バスは当然、長命寺を経由する。
CIMG0428_2016031621254307f.jpg

ここから南の岡山(188m)が見えた。最初はこれが沖島かと思った。
CIMG0429.jpg

9:13、堀切港に到着。
CIMG0431.jpg

バス停の前にハイキングコースの入口らしきものがあった。
CIMG0430_20160316212546905.jpg
よし、もしバスを長時間待たなければならなくなったら、このコースを歩こう。
コースタイムなどよく考えずに、そう決めて、港に向かった。

港には広い駐車場があり、車が何台も止めてあった。
CIMG0432_20160316212441294.jpg
これは観光客の車ではなく、島民の車なのだろう。
「本土」での移動用だ。
沖島まではフェリーはなく、島内には車が1台もないらしい。

港からはすでに沖島が見えている。
CIMG0435.jpg

乗船するのは「おきしま号」。
DSC_1460_201603162120322ad.jpg

片道10分の旅なのに、500円もかかる。やや高い。料金は船内で払った。
DSC_1461.jpg
この便のお客さんはかなり少なかった。

基本的にデッキにいて、ずっと写真を撮っていた。
さあ出港。琵琶湖はほんとに海のようだ。
CIMG0438.jpg

どんどん本土から離れていく。
CIMG0439.jpg

対岸に見えるのは、休暇村近江八幡。
CIMG0440.jpg

赤い鳥居は沖島の弁財天(厳島神社)。
CIMG0443.jpg

左手には長命寺山(333m)方面。
CIMG0445.jpg

背後には伊崎山(210m)。
CIMG0447.jpg

だいぶ沖島に近づいてきた。木造の建物は沖島小学校。
CIMG0448.jpg

漁業関係の作業小屋。
CIMG0449_20160316212250c6c.jpg

集落もはっきり見えてきた。
CIMG0450_20160316212252772.jpg

入港。
CIMG0452.jpg

漁船がたくさん停泊している。
CIMG0454.jpg
CIMG0455_20160316212255a2d.jpg

上陸。ちょっぴり胸が躍る。離島はすきだ。わくわくする。
CIMG0458.jpg

まずは港にある沖島漁業会館でお昼を食べられるかどうか確認。
CIMG0460_20160316212226545.jpg

うどんや弁当があるようなので、安心した。
CIMG0467_20160316212204d7d.jpg

バスなどないのにバス停があって面白い。
CIMG0461_20160316212228671.jpg
これには堀切港バス停の時刻表を掲示している。

手書きの沖島マップ。
CIMG0462.jpg
沖島は琵琶湖の沖合1.5kmに浮かぶ小島で、周囲6.8km、面積1.5平方㌔。
琵琶湖の島では最も大きく、日本では唯一人が暮らしている湖の島である。
約320人の人口を有し、小学校もある。
奈良時代の和銅年間に奥津島神社が創建されたが、人の定住は、保元・平治の乱による源氏の落ち武者7人が移り住んだのが始まりとされる。
文化二年(1805年)の資料によれば、戸数43戸、人口194人だったとされるので、意外にも今の方が多い。

港に向かって漁村の碑が立つ。
CIMG0463_201603162122318a9.jpg
昭和45年に石材の切り出しを止めて漁業の島になったことを宣言したものだ。
この島ではかつて漁業とともに石材業が盛んだった。
良質の石英斑岩が産出され、明治期には琵琶湖疏水や東海道線の鉄道工事に供給されたという。
しかし、コンクリートの時代を迎え、陸上輸送が主流となるにつれて競争力を失い、昭和45年ついに沖島石材販売組合が解散するに至ったのだとか。

隣には、魚介類供養塔があった。
CIMG0465.jpg
沖島は琵琶湖の漁獲高の半分を占めると言われているが、水揚げは年々減少の一途をたどっている。
滋賀県の水産統計によると、昭和30年には1万600㌧に達していたが、平成26年には1053㌧と60年間で10分の1に激減している。
その主な原因は、漁獲の4分の3を占めていたしじみなどの貝類がほとんど獲れなくなってしまったことだ。

名産のフナもかなり減っているが、アユや外来種のブラックバスなどが踏ん張っているようだ。
CIMG0466_2016031621220315e.jpg

鮒寿し、食べてみたいが・・・
CIMG0469.jpg

島内の主たる交通機関は、自転車。とくに、この三輪車が活躍している。
CIMG0468_201603162122069ca.jpg
公害知らず、事故知らずである。

ただ、この道は一応、車が通れる幅がある。
CIMG0470.jpg

集落の中心にコミュニティーセンター。
CIMG0472_20160316212139c3a.jpg

その前のちょっとした広場に小さな祠が。
CIMG0473_20160316212140400.jpg

この山車のようなものは何だろう。
CIMG0474_20160316212142422.jpg

さて、集落をくまなく歩く前に先に最高峰の尾山(225m)に登ってしまおう。
このケンケン山というのは、その別名なのか。
CIMG0475.jpg
よく分からないが、この標識に従っていくことにする。

(つづく)
このページのトップへ

霊仙山(6)

【2016年3月5日(土)】霊仙山
霊仙山(1094m)登山を終えて、次は乗り鉄。
近江鉄道の未乗車区間、多賀大社前~高宮間を乗りつぶす。
「山と鉄」本領発揮である。
乗車するのは「あかね号」。近江鉄道では1編成しかない貴重な電車にたまたま乗れる。
DSC_2977_20160315054850653.jpg

多賀大社前駅は当然、終着駅。
DSC_1426_20160315054945234.jpg

車内は特急仕様で快適だ。
DSC_1429_20160315054946271.jpg
16:24発車。右側に陣取り、車窓を眺める。

次の駅の名はなんと「スクリーン」。
DSC_1434_20160315054949af5.jpg
スクリーンとは京都に本社がある印刷機器メーカーで、その工場がこの駅前にあるのだが、せめて「スクリーン前」にできなかったのだろうか。

電車はたった5分で高宮駅に到着。
そこには、見覚えのある黄色い電車がいっぱい。
DSC_2983_2016031505485105f.jpg
西武電車のお下がりだ。

運転士に運賃170円を支払って下車。
Y字形のホームにも見覚えがある。
DSC_2985_20160315054821824.jpg

ここは以前、近江鉄道の乗り鉄に来た時、いったんホームに下りて撮影した駅だった。
DSC_2986_20160315054823352.jpg

折り返しまで16分があるので、今回は駅の外に出てみることにした。
駅舎に行くには線路を渡らないといけない。
DSC_2988_201603150548268a4.jpg

わりと新しい駅舎で少し残念。
老朽化に伴い、2002年に改築されたものらしい。
コミュニティーセンターが併設されている。
DSC_2993_20160315054754de8.jpg

駅前の食堂かつらだにそそられたが、ちょっと時間が足りなすぎる。
DSC_2992_20160315054827c67.jpg

駅前を200mほど歩いてみた。
DSC_2994_20160315054755cd1.jpg

すぐ引き返す。ここは彦根市で、マンホールは市章のまわりに市の花タチバナ。
DSC_1431_201603150549485f2.jpg

ホームに戻ると、自転車の少年が。
DSC_2997_201603150547571e1.jpg
近江鉄道は自転車をそのまま乗車させることを許しているらしい。

さて多賀大社前に戻ろう。
DSC_2987_20160315054824fac.jpg

発車は16:45。
DSC_3000_201603150548004bd.jpg
DSC_2999_20160315054758828.jpg

帰りは、車窓から霊仙山を狙ったのだが、どの山だかよく分からなかった。
DSC_3002_2016031505472876e.jpg

でも、手前の黒い山は多賀大社の前にそびえる青竜山(333m)だろう。
DSC_3004_20160315054730697.jpg
多賀大社前駅には16:51着。

たいぶ日が傾いてきた。
さっき歩いてきた参道を引き返す。
DSC_3006_20160315054731b6f.jpg

改めて見ると、駅前はだいぶ寂れていた。
DSC_3007_20160315054733dfc.jpg
多賀大社も車で来る人が増え、電車利用の参拝者は減っているのかもしれない。

橋を渡ると、喫茶店「いっぷく地獄」。
DSC_3008_20160315054734831.jpg
DSC_3009_20160315054650c37.jpg

夕暮れの絵馬通り。
DSC_3010_20160315054651aa9.jpg

さっきの撮り忘れを押さえておく。
DSC_3015_201603150546537dc.jpg
DSC_3016_20160315054654651.jpg

鳥居前まで戻ってきたが、案の定、「多賀や」しか開いておらず、晩飯までのつなぎのつもりで糸切餅を購入(10個入り600円)。
車に戻って、早速食べてみる。
DSC_1437_20160315054951a05.jpg
手にくっつくほど粘着力があったが、餡は上品で甘すぎずおいしかった。
翌日帰りの新幹線までに10個食べ切ってしまった。

この後は、予め探しておいた直近の日帰り入浴施設「クレフィール湖東」の至福の湯へ。
DSC_1439_201603150549119cf.jpg
ナビの言う通りにしたので、どこをどう走ったのかよく覚えていない。
でも神社からは20分かからなかった。

ここはちょっとした高台にあり、琵琶湖方面に沈む夕日がよく見えた。
DSC_1438_201603150549099f4.jpg

休日料金700円。
DSC_1440_20160315054912310.jpg
地下水を汲み上げているということで、厳密には温泉ではないが、別に不満はない。

露天風呂が一瞬空になったので、撮影することができた。
DSC_1446_20160315054914726.jpg
わりといい湯であった。
ここの食事処で何か食べようと思っていたのだが、地元の名物のようなそそられるメニューがなく取りやめ。

とにかく今夜の宿に向かう。
その前に、車の中に散乱した荷物をまとめて、ナビをセットする。
まずはトヨタレンタカー近江八幡店に行って、車を返却しなくてはならないのだが、その名前で入力しても該当なし。
あれこれやってみたが、いずれも不可。結局近江八幡駅にセットして出発したが、随分時間を食ってしまった。

もう真っ暗だが、とにかくナビが連れて行ってくれる。
途中のスタンドでガソリンを入れたら、ちょうど3㍑で333円だった。
走行距離は60kmほどだったので、燃費はリッター20km。やはり軽はいい。

19時半、無事にレンタカー屋さんに到着。
名前を名乗ったら、パソコンをいじりながら首をかしげているので、「乗ったのはここじゃないですよ。米原から乗って、ここに乗り捨てです」と告げたら、「あ、返却でしたか。出発だと思いました」と店員2人して、意外そうな顔。
もうこんな時間なんだから、まずは返却だと思うでしょう。
初めて見る顔なので、出発だと思い込んだのだろうか。
それはともかく、ザックが重いので、「駅まで送ってもらえたりしますか」と聞くと、「駅まで400mなので、送迎はしていないんです」とのこと。500m以上からするのかな。
残念だったが、それは規定なのだから仕方あるまい。
近江八幡駅の連絡通路を通って西口から東口へ。
DSC_1448_201603150549150cd.jpg

とぼとぼと歩きながら、晩飯のことを考える。
これからホテルにチェックインして、また外に出るのはもう億劫だ。
今夜はせっかくパソコンも持ってきているので、ブログを書く作業もしたい。
そうだ、じゃあ缶ビールと惣菜を買って、部屋で食べよう。
そう思いつき、駅中のセブンイレブンと駅前のファミマに寄ったが、そそられるつまみがないのでパス。
ホテルに向かいつつ別の店を探すも、どんどん暗くなるばかり。
こりゃやばいと、やっぱり戻ったら、駅前にスーパー平和堂があった。
しかし、もう閉店間際なので、惣菜もほとんど売り切れ。
困っていたら、半額で390円になったお寿司があったので助かった。
あとはポテトサラダ、ビールを購入してホテルへ。
駅から5分とうたっているが7~8分かかった。
DSC_1454_201603150548489bf.jpg
(翌朝撮影)

和室の315号室に泊まる。
DSC_1449_2016031505484537b.jpg
いつもならその方がいいのだが、今日はパソコン作業をするのでイスの方がよかった。

でも頑張って、お寿司を食べながら、せっせと今日の記録を付ける。
DSC_1450_2016031505484721c.jpg
で、10時には電池切れ。そのまま沈没してしまった。

【行程】2016年3月5日
今畑登山口(9:34)~今畑集落(9:47撮影9:59)~笹峠(10:30)~近江展望台(11:14休憩11;18)~最高地点(12:02)~霊仙山(12:21撮影・昼食12:57)~経塚山(13:12)~お虎ヶ池(13:38)~お猿岩(13:48)~六合目(13:56靴のごみ落とし14:01)~汗ふき峠(14:21)~落合集落(14:50撮影15:05)~登山口(15:11)
※所要時間:5時間37分(歩行時間:4時間52分)コースタイム:5時間
※登った山:4座(近江展望台、最高地点、霊仙山、経塚山)
※歩行距離:10.7km
このページのトップへ

霊仙山(5)

【2016年3月5日(土)】霊仙山
霊仙山(1094m)から下山中。落合登山口に近い沢まで下りてきた。
上流と同様、相変わらず大水で削られた箇所が多い。
DSC_2844_2016031420311779c.jpg

植林の中を徐々に高度を下げていく。
DSC_2845_20160314203119e51.jpg
DSC_2846_20160314203120ccb.jpg

この橋は破損していた。
DSC_2847_20160314203122b49.jpg

いよいよ林道の終点あたり。
DSC_2848_201603142031235cf.jpg

炭焼き窯の跡。
DSC_2849_201603142030568af.jpg
DSC_2850_2016031420305731d.jpg

大昔には、ここまで車が入っていたのかもしれない。
DSC_2851.jpg

平成25年度竣工の砂防ダム。
DSC_2854.jpg

道幅的にかなり人里が近くになってきた気がする。
DSC_2857_20160314203102acf.jpg

治水のための古い石垣も出てきた。
DSC_2858_20160314203034cff.jpg

山頂から約2時間、15時前に落合集落まで下りてきた。
DSC_2861_20160314203036669.jpg

集落の一番奥にあったのがお寺。
DSC_2863_20160314203039f09.jpg
DSC_2871_20160314203015927.jpg

だが、もう閉鎖されていた。
DSC_2869_20160314203013d62.jpg
DSC_2870_20160314203014aa7.jpg

集落には10軒ほどの家屋があるが、廃墟になっている家もあり、比較的しっかり残っている家にも人が住んでいる気配がない。
DSC_2862_2016031420303925b.jpg
DSC_2865_20160314203041f36.jpg
DSC_2866_201603142030124c6.jpg

これなどは比較的新しいのだが。
DSC_2875.jpg

なのに、選挙の掲示板があるということは、まだ住人がいるのだろうか。
DSC_2890_201603142029335b9.jpg

「多賀町霊仙落合荘」というかなり新しい建物があり、その前に1台車が止まっていたので、ここに誰かお住まいなのか。
DSC_2885_20160314202928ac6.jpg
車は登山者のものかとも思ったが。

廃村ファンとしては、ひと通り集落を見学する。
落合神社が「無人」の集落をしっかりと守っている。
DSC_2876_20160314202949588.jpg
DSC_2878_2016031420295078c.jpg

これは何かの建物の基壇だろうか。
DSC_2880_2016031420295221e.jpg

こぢんまりとした社殿。
DSC_2881_20160314202953b44.jpg

ほかの民家も見てみよう。
DSC_2883_20160314202956537.jpg
DSC_2892_20160314202904ea8.jpg

離れの便所は私の母の帯広の実家にも昔あった。
DSC_2887_20160314202932d22.jpg

川の対岸の家屋群は完全に廃墟と化していた。
DSC_2884_20160314202926907.jpg
DSC_2888_20160314202932c1e.jpg

廃村のムードたっぷりである。
DSC_2893_20160314202905aa1.jpg
DSC_2896_20160314202910e9b.jpg

戸障子もめちゃめちゃ。
DSC_2898_20160314202839cb6.jpg

室内も荒れている。
DSC_2899_201603142028404d6.jpg
DSC_2900_20160314202842d50.jpg

自転車のタイヤにまでコケ生していた。
DSC_2897_2016031420283718f.jpg

このあたりは打ち捨てられてから、どのくらい経つのだろうか。
DSC_2894_20160314202907333.jpg
DSC_2895_20160314202908d78.jpg

廃村探索はこれにて終了。車の置いてある登山口に向かう。
DSC_2902_20160314202843d49.jpg

川の対岸の墓地はコケに覆い尽くされそうだった。
DSC_2904_20160314202807ef4.jpg
DSC_2906_20160314202808d65.jpg

集落から登山口まではすぐだった。
DSC_2907_20160314202810425.jpg
時刻は15時10分だから、1周5時間半ほど。
靴ひもをゆるめて、車に乗り込む。ふう、お疲れ様でした。
関西にわざわざ来た甲斐がある新鮮な山歩きだった。

ナビをセットし、とりあえず多賀大社に向かう。
30分もかからずに大社前に到着。
DSC_2914_201603142027404a8.jpg
大鳥居のすぐ横に5台くらい止められる駐車場があり、料金は「気持ちで」とあったので100円を料金箱に投入した。

昭和4年竣工の多賀橋を渡る。
(018)
門前の土産物屋はわりと賑わっている。
DSC_2912_20160314202813ea7.jpg

糸切餅なるものが名物のようだ。
ひやかしは後にして、まずは参拝。
DSC_2911_2016031420281151b.jpg

立派な狛犬が迎えてくれた。
DSC_2916_20160314202742b6a.jpg

境内はこんなに広いが、とても全部は見られそうもない。
DSC_2918_201603142027438e9.jpg

鳥居をくぐると、そり橋。
DSC_2919_20160314202745efc.jpg

秀吉が篤い信仰を寄せたことからという理由で「太閤橋」とも呼ばれているが、実のところは「太鼓橋」の転であるという。
DSC_2921_2016031420274682a.jpg
DSC_2924_20160314202701182.jpg

正面に拝殿。檜皮葺きの見事な建築だ。
DSC_2931_20160314202703c07.jpg
DSC_2942_20160314202645beb.jpg

私も無事下山できたことに感謝し、柏手を打つ。
DSC_2937_20160314202639a14.jpg

向かって左に能舞台。
DSC_2933_20160314202705f57.jpg

手水舎と神馬舎。
DSC_2938_2016031420264041f.jpg
DSC_2940_20160314202643a5f.jpg

さざれ石。
DSC_2939_2016031420264279e.jpg

関西の銘酒。
DSC_2934_20160314202706f31.jpg

境内にそば処があったが、なぜかそそられずパス。お腹は空いていたんだけど。
DSC_2936_201603142027074e0.jpg

天満神社。
DSC_2945.jpg

スピード参拝を済ませて、門前町に戻ってきた。
DSC_2948_201603142026180f2.jpg
このあとは参道の「絵馬通り」をたどって、近江鉄道の多賀大社前駅に向かう。
何か食べたいのだが、鳥居のまん前をすぎると、これと言った飲食店もない。
乗り鉄をして戻ってくる頃には、お店も閉まっているだろうから、いま引き返して鳥居の前の店に入った方がいいぞとも思ったが、足はどんどん駅に向かっていく。
意外に結構遠くて10分くらいかかった。

その道すがら。
多賀町のマンホール。
DSC_2950_20160314202619aa3.jpg
多賀町の町章の中に、町の鳥ウグイス、その回りに町の木スギ、外縁には町の花ササユリ。

ここは営業してみるみたいだが、ちょっと入りにくいし、喫茶店ぽい。
DSC_2951_20160314202620f2b.jpg

昭和38年の大河ドラマ「花の生涯」のヒロイン村山たか女なる人物の生家があった。
DSC_2952_20160314202622129.jpg
多賀大社別当の娘で、幕末の頃、大老井伊直弼を支えた女性だそうだ。
恥ずかしながら初めて知った。

糸切餅は鳥居前の「多賀や」だけでなく、いくつか製造元があるらしい。
こちらはその一つの「元大阪屋」。創業は文政六年(1823年)。
DSC_2954_20160314202552f48.jpg

鍋焼うどん、中華そばの「はまてつ」は残念ながら営業終了。
DSC_2955_20160314202553a33.jpg

和菓子という気分でもないなあ。
DSC_2956_20160314202555075.jpg

この旅館はかなりの老舗だろう。
DSC_2957_20160314202557c37.jpg
調べてみたら、寛政八年(1796年)の創業。

現在の建物は国の有形文化財に登録されており、多賀大社の本殿を設計した宮大工が手がけたものだそうだ。
DSC_2958_20160314202558f0f.jpg

その斜め向かいに建つのが、やはり登録有形文化財の「かぎ楼」。
DSC_2959_2016031420252736e.jpg
こちらはさらに古く元禄二年(1689年)の創業で、宿泊は1日1組限定だそうだ。

絵馬通りが屈曲する地点に立つ道しるべ。
DSC_2961_20160314202529038.jpg

「右 本社道  左 京道」。本社とは多賀大社のことだろう。
DSC_2960_20160314202528b5a.jpg
明治19年(1886年)の建立である。

多賀大社の旧本地仏である阿弥陀如来を安置する真如寺。
DSC_2963_20160314202530f09.jpg

もう一つの糸切餅の店「ひしや」。
DSC_2965_201603142025329ee.jpg
手前に立つ道標は「右 とりもと」と読めるが、どこのことか分からない。

延命地蔵菩薩。
DSC_2966_20160314202505ba6.jpg

この先を右折すると、ようやく駅前通り。
DSC_2967_201603142025043b8.jpg

駅舎はおそらく多賀大社を意識したものと思われる。
DSC_2968_20160314202505683.jpg

大きな駅だが無人だ。
DSC_2971_20160314202509442.jpg

振り返ると、巨大な多賀大社の鳥居。お正月は初詣客でかなり賑わうのだろう。
DSC_2970_20160314202507fb5.jpg

ホームをのぞいてみると、すでに電車が待っていた。
DSC_2976_20160314202424bd7.jpg

次の発車は16:24。今は16:11なのであと13分ある。
観光案内所でパンフレットをゲットしたり、車両の写真などを撮たりして、電車に乗り込む。
DSC_2978_20160314202426238.jpg
高宮まで2駅しか走らないのに、特急仕様の車両だ。
調べてみると、近江鉄道開業100周年を記念して、西武401系を改造してつくった700系車両だそうだ。
「あかね」の由来は、このあたり蒲生野で詠まれた万葉歌「あかねさす・・」にちなんでいるという。1998年6月に運用を開始したとのこと。
1編成しかないので、これに乗れるのは運がいいらしい。
私は往復だったので2回も乗ってしまった。

(つづく)
このページのトップへ

霊仙山(4)

【2016年3月5日(土)】霊仙山
経塚山(1040m)を下る。
前方に、小さな池が現れた。
DSC_2718_2016031407185667c.jpg
これがお虎ヶ池だと思っていたが、実は違った。

左手に霊仙山の山頂(1084m)が見える。
DSC_2720_20160314071857f92.jpg

正面にはほんとにうっすらと伊吹山(1377m)らしき輪郭が見えたが、幻かもしれない。
DSC_2721_201603140718598ff.jpg

これから登る稜線も木が極端に少ない。
DSC_2722_20160314071900feb.jpg

でも夏になると、この茶色い景色は緑のじゅうたんを敷き詰めたようになるのだろう。
DSC_2740.jpg

カルスト台地のハイキングはとても楽しい。
DSC_2724_20160314071902a2f.jpg
DSC_2725_20160314071833944.jpg
DSC_2726_20160314074704312.jpg

さっき見えた池にたどり着いた。
DSC_2727_20160314071834ee0.jpg

なかなか絵になる風景だ。
DSC_2728_20160314071836a74.jpg

経塚山を背景に。
DSC_2729_201603140718378f8.jpg

さらに上を目指す。
DSC_2732_20160314071839b96.jpg

振り返ると、避難小屋の前を単独の登山者が歩いていた。
DSC_2734_2016031407180644b.jpg

あれ? さっきの若者たちは経塚山から別の道を下っている。
DSC_2735_2016031407180869e.jpg

あっちに道があるのか?
DSC_2736_201603140718099cd.jpg

地図を改めてみると、大洞谷への下山道はこっちの尾根を通らない線が引いてあった。
正しい道を歩いているつもりだったという意味では、「道間違い」だった。
DSC_2738_201603140718118e9.jpg

景色のいい稜線だったので結果的にはよかったが、注意しなければ。
DSC_2739_201603140718122e9.jpg
山頂に道標はあったが、直進だと決めつけていて、全く見なかった。

とりあえず、こちらにも踏み跡はあるし、見通しが利いて道に迷う心配はないので、このまま稜線を行く。
DSC_2741_20160314071746138.jpg

こんな感じなので、どこを歩いても構わない。
DSC_2742_201603140717475f0.jpg
DSC_2745_2016031407174999f.jpg

対岸の稜線から見る経塚山と霊仙山。
DSC_2750_20160314071723a48.jpg
DSC_2747_20160314071750264.jpg

こちら側もすり鉢状になっている。
DSC_2748_20160314074454647.jpg
DSC_2753_20160314071724c22.jpg

稜線のピークに立つ。
DSC_2749_201603140717217ba.jpg
DSC_2758_20160314071655396.jpg

経塚山が雄々しい。
DSC_2750_20160314071723a48.jpg

谷間の登山道が見下ろせた。
DSC_2752_20160314074455ece.jpg

こちらも下り気味に進路を変更。
DSC_2757_2016031407172746c.jpg

対岸の霊仙山の山頂から谷へ細い雪渓が延びている。
DSC_2755_20160314071726fc5.jpg

そこをまっすぐ下ってくる登山者の姿が。
DSC_2759_2016031407165795b.jpg
おそらくまた経塚山を経由して下山するのが面倒で、ショートカットしたのだろう。
この山なら晴れていれば、どこでも歩けてしまう。

前方に鳥居のある池が見えてきた。あれが、本当のお虎ヶ池だ。
DSC_2760_20160314071658987.jpg
お虎という娘の伝説があるのだろうか。

ちょうどさっきの若者達が通過して行った。
DSC_2763_20160314071701385.jpg

完全に抜かれてしまった。
DSC_2764_20160314071632509.jpg

ここの水は夏でも涸れないのだろう。ここが八合目の扱いのようだ。
DSC_2768_201603140716385ee.jpg

ここまで神社がなかったので、遅ればせながら初めて安全祈願。
DSC_2771_20160314071559d89.jpg

「スリップ転倒せずに、無事下れますように」
DSC_2773_20160314071602d69.jpg

シカの骨はお供えかな。
DSC_2772_20160314071601885.jpg

振り返ると、今歩いてきた稜線。
DSC_2767_201603140716365d5.jpg

その右に経塚山。
DSC_2766.jpg

背後に霊仙山。
DSC_2770_20160314071558901.jpg

陥没した穴には雪がたまっていた。
DSC_2762_201603140717002ca.jpg
DSC_2765.jpg

では先を急ぐ。
DSC_2776_2016031407160352f.jpg

しばらくはなだらかな下りが続く。
DSC_2778_20160314071532a29.jpg
DSC_2779_20160314071534a42.jpg

登りの時とは打って変わって平和な道である。
DSC_2783_201603140715362f8.jpg

まわりも平坦。夏はとくにきれいだろう。
DSC_2784_201603140715371ea.jpg
DSC_2785_201603140715386cb.jpg

盆栽のような植生に思わず笑みがこぼれる。
DSC_2788_2016031407150978c.jpg

左手には霊仙山の隣のピークの曲線。
DSC_2787_20160314071507cc4.jpg
DSC_2792_201603140715122ae.jpg

のんびり歩いている間に後ろから単独男性が迫ってきた。
DSC_2786_20160314071506605.jpg

道はびちゃびちゃの雪になってしまったので、外れて芝の上を歩く。
DSC_2789_201603140715109bd.jpg

ほんの少し登り返した、饅頭のようなピークがお猿岩。
DSC_2793_201603140714419e7.jpg
とくにサルのようには見えないが。

ここが七合目。
DSC_2797_20160314071445afd.jpg

歩いてきた道を振り返ってみた。
DSC_2795_201603140714431d0.jpg

琵琶湖方面の展望も開けたが、相変わらず霞んでいる。
DSC_2798_2016031407144635c.jpg

ここからいきなり急な下りになる。
DSC_2799_20160314071447abf.jpg

斜面の状態は、近江展望台の登りに近い。
DSC_2800_20160314071416117.jpg

でもきちんとジグザクに道が切ってあるので助かる。
DSC_2801_20160314071417a43.jpg
DSC_2806_20160314071350dc5.jpg

ロープもあるし、こちらを下りにして正解だった。
DSC_2802_201603140714192bc.jpg

こっちを登りにしていたら、近江展望台からの下りは地獄だったに違いない。
DSC_2804_20160314071420c8f.jpg

六合目を通過。
DSC_2805_20160314071422b3f.jpg

このあたりで、靴の中に入り込んだ砂粒や枯れ枝が気になり出したので、一度靴を脱いで靴下をほろい、靴の中を掃除した。
DSC_2807_2016031407135102d.jpg
その間に、さっきの単独男性に先に行かれてしまった。

それにしても、この先の道がすべることすべること。
ほんとに「キケン」だった。
DSC_2808_201603140713532e5.jpg
ロープがなければどうなっていたことか。
ただ、さっきの男性のスピードが極端に落ちて、追いついてしまった。

でも五合目で写真を撮っている間に、少し先に行ってくれた。
DSC_2810_20160314071354332.jpg
DSC_2812_20160314071356823.jpg

このあたりから傾斜もゆるくなり、だいぶ歩きやすくなる。
DSC_2814_2016031407131973f.jpg

四合目を通過。愛称?は「松林」。
DSC_2816.jpg

さらに下ると
DSC_2817_201603140713223d1.jpg

大洞谷源頭。源頭そのものは確認できなかった。
DSC_2818_20160314071324dea.jpg

再び急な坂になり、ようやく山頂の青年たちに追い付いた。
DSC_2819_20160314071325fc7.jpg

安全なところで先に行かせてくれたので、こちらもピッチを上げる。三合目通過。
女子が半分くらいいるグループで経験者もいるように見えたが、初心者にあの道は大変だっただろう。大学生だろうか。
DSC_2820.jpg

再び傾斜はゆるやかに。
DSC_2821_2016031407125436c.jpg
DSC_2822.jpg

間もなく、汗拭峠に到着。
DSC_2824.jpg
DSC_2825_201603140712587bb.jpg

ここで尾根を離れ、一気に谷まで下る。
DSC_2827_20160314071224f80.jpg

汗拭峠から谷までの下りも、かなりハードだった。
DSC_2829_2016031407122517c.jpg

谷沿いの道はあちこちで、川の縁が大水で削られ、大木が根元ごと倒れている。
DSC_2831_201603140712274e7.jpg

これはひどい。倒れたのは最近のように見えるが、昨年の台風だろうか。
DSC_2832_20160314071229def.jpg

石割桜ならぬ、何だろう。
DSC_2833_20160314071230a29.jpg

登山道は沢のすぐ脇を通っている。
DSC_2834_20160314071158785.jpg
DSC_2835_20160314071159f90.jpg

ロープが張ってあるところを、あまり気にせず直進したが、前方に道がなくなっているのに気づき引き返す。
DSC_2836_20160314071200b3e.jpg

ここで渡渉しなければいけなかったのだった。
DSC_2838_20160314071202d14.jpg

しばらく左岸を下る。
DSC_2840_2016031407120393f.jpg
DSC_2841_2016031407114276e.jpg

その後も対岸が広く平らになっているところに出た。
このあたりで渡るべきなのではと思いつつ、踏み跡がそのまま続いているので直進したが、道が次第に怪しくなる。
対岸に赤テープがあるのを発見し、引き返して渡渉。
ここは行き止まりロープも誘導ロープもないので、かなり分かりにくい。
若者たち、ちゃんと迷わず渡れただろうか。

(つづく)
このページのトップへ

霊仙山(3)

【2016年3月5日(土)】
霊仙山の最高地点(1094m)を目指している。
だいぶ雪が多くなってきた。
DSC_2617_2016031320054718d.jpg

芝のところを選んで歩く。
DSC_2618_20160313200550347.jpg

お昼は最高地点まで我慢しようと思っていたが、やはりお腹が空いてしまったので、歩きながら予備食のあんパンを食べることにした。
DSC_2619_2016031320055272c.jpg

左手に見える霊仙山(1084m)の山腹にはほとんど木が生えていない。
DSC_2620.jpg

この尾根もほとんど生えておらず、どこを歩いてもいい。
DSC_2621_20160313200554897.jpg

振り返ると、これまで歩いてきた長大な稜線が一望できた。
DSC_2622_2016031320052225f.jpg

正面は南側が鋭く切れ落ちている。
DSC_2623_201603132005244d7.jpg

最高地点もなだらかなピークのようだ。
DSC_2624_201603132005254ef.jpg

雪の深さは10cmほど。
DSC_2625_20160313200526f32.jpg

小ピークの茂みを抜ける。
DSC_2626_20160313200528625.jpg
DSC_2630_201603132005013b9.jpg

あとは最高地点まで草地を行けばいい。
DSC_2628_20160313200459646.jpg

なんと最高地点を目前にしてガスが出てきた。
DSC_2632_201603132005028fd.jpg

12時すぎに到着。
DSC_2636_2016031320043856a.jpg

頂上では、単独の男性と女性が会話をかわしていた。
DSC_2637_20160313200440d26.jpg
標柱には1098mとあるが、地形図では1094m。ネットなどの情報も1094mなので、後者が正しいのだろう。

初めて見えた最高地点のさらに北東にある山並み。
DSC_2634_201603132005045f1.jpg

阿弥陀ヶ峰(876m)方面の稜線には避難小屋が意外に大きく見えた。
DSC_2638_20160313200441560.jpg

山小屋コレクターとしては行ってみたいが、往復で30分近いロスになりそうなので止めておいた。
DSC_2640_20160313200444291.jpg

みごとなカルスト台地の向こうに山頂を望む。
DSC_2639_20160313200443070.jpg

さっきすれ違った2人組はどんどん遠ざかっていった。当たり前だが。
DSC_2635_20160313200505ced.jpg
DSC_2641_20160313200417b79.jpg

南西方面。
DSC_2642_201603132004189a4.jpg

経塚山(1040m)。
DSC_2643_20160313200420da7.jpg

経塚山への分岐がある小ピークにはグループの方たちが一瞬たむろしていた。
DSC_2645_20160313200421a95.jpg

それにしてもカルストの岩たちは生き物のようだ。
DSC_2646_201603132004230db.jpg
DSC_2647_20160313200351543.jpg

カラスが1羽。こんなところに餌があるのだろうか。
DSC_2648_201603132003535f0.jpg
登山者のおにぎりをねらっているのか。

ここでお昼にしようかと思っていたのだが、早く頂上に行ってみたい気もして、ここは通過することにした。
DSC_2649_20160313200354803.jpg

さっき流れてきたガスも消えてくれた。一瞬のことで助かった。
DSC_2650_20160313200356aa8.jpg

右手の経塚山や避難小屋もくっきり見えてきた。
DSC_2652.jpg
DSC_2653_2016031320033080a.jpg

いったん下って、まずあそこまで登る。
DSC_2651_201603132003570e7.jpg

そして最高地点を振り返る。
DSC_2655_20160313200332a4a.jpg

弧を描いて連なる霊仙山のピーク群に囲まれた谷はすり鉢のようになっている。
DSC_2654_20160313200331b94.jpg
DSC_2662_20160313200249add.jpg

分岐点への登りは雪を踏みしめながら。
DSC_2658_20160313200333bf8.jpg
DSC_2659_20160313200244f77.jpg

こんなにきれいに穴の開いた石灰岩もあった。
DSC_2660_201603132002456b5.jpg

再び最高地点。
DSC_2661_201603132002479c1.jpg

1030mピークが左手に見えてきた。
DSC_2663_2016031320025080b.jpg

分岐点ピークに到着。
DSC_2664_20160313200223528.jpg

ここも岩だらけ。
DSC_2665_2016031320022450a.jpg

もう山頂はすぐそこだ。
DSC_2666_20160313200226082.jpg

分岐点を通過。
DSC_2668_201603132002276c7.jpg

いよいよ最後の登り。雪が時々、靴の中に入ってしまった。
DSC_2671_2016031320022998d.jpg

すり鉢。
DSC_2673_20160313200200346.jpg

ラストスパート。
DSC_2674_201603132002026d0.jpg

はい、到着。
DSC_2677_20160313200206c07.jpg

時刻は12:20。登山口から2時間40分ほどかかった。
DSC_2680_20160313200141a64.jpg

コースタイムは2時間50分なので、まずまずのペースだった。
DSC_2679_201603132001406ad.jpg

三角点は二等。
DSC_2678_20160313200138e3a.jpg

風下では若者の団体さんがにぎやかにお昼を食べていた。
DSC_2676_20160313200205939.jpg

山頂のすぐ西にある小ピーク。
DSC_2675_20160313200203f41.jpg

1030mピーク。
DSC_2681_201603132001423ba.jpg

やはり人気の山らしく、ひっきりなしに登山者が行き交う。
DSC_2683_201603132001434e6.jpg

標柱で自撮りをしていたら、カップルのうちの男の方が「撮りましょうか」と声をかけてくれたので、お願いした。
お礼に2人で撮ってあげた。彼のカメラは私と同じニコンの一眼レフだった。
DSC_2684_20160313200114501.jpg
そしたら、横からおじさんが出てきて、「私もお願いします」と言うので、こちらも快諾。

頂上からは伊吹山(1377m)が見えるはずなのだが、霞んでよく見えない。
これは残念だった。
琵琶湖もかすかに見える程度。
DSC_2687_201603132001187c0.jpg
pm2.5の影響もあるのか、この時期はそもそも厳しいのかもしれない。

風が避けられそうな北斜面の石の上に腰掛けて、お昼にする。
DSC_2686_201603132001170d7.jpg
それでも寒いので、ダウンを着込んだ。
ゆずレモンをポットのお湯で飲み、🍙2個いっぺんに食べる。
さっき、あんパンを食べたばかりだったので、すぐお腹いっぱいになった。
唐揚げは2個残っていたが、1個しか食べられなかった。

腰かけた石のすぐ横にあった木に、別の山名板がくくりつけてあった。
DSC_2685_201603132001158c2.jpg
電波が通じたので、facebookに投稿。30分ほど休んで出発する。

標柱の近くには、また別の団体が集結していた。
DSC_2691_20160313200052dd4.jpg

お疲れの方も。
DSC_2689_201603132001207d9.jpg

さっきの団体は出発の準備。
DSC_2690_20160313200050a1e.jpg

来た道を分岐点まで戻る。
DSC_2692_20160313200053a43.jpg
DSC_2693_20160313200054734.jpg

最高地点と山頂。
DSC_2694_20160313200056278.jpg
DSC_2695_20160313200026e21.jpg

ここから急な下り。足元がぬかるんでいる。
DSC_2696_201603132000275c7.jpg

経塚山の登りも急に見えるがそれほどでもない。
DSC_2697_20160313200029c36.jpg

道は泥濘と化しており、めちゃめちゃ滑る。
DSC_2699_201603132000305df.jpg

これはマジでアイゼンが必要だ。
DSC_2700_20160313200032134.jpg
チェーンアイゼンを持ってきていたが、これではほとんど意味がないと思い、つぼ足のまま耐える。
道は滑るので道を外れると、今度はコケが根っこごと地面から剥がれて、さらに滑ってしまう。
汗が出てきたので、山頂で着たダウンはまた脱いでしまった。

後ろからさっきの若者グループが下ってきた。
女子がキャーキャー悲鳴を上げていた。
DSC_2702_20160313200003ce5.jpg

こちらは、なんとか転ばずに鞍部まで下りてきた。
DSC_2701_201603132000019e4.jpg

登り返し。
DSC_2703_2016031320000495c.jpg
DSC_2705_20160313200008dc3.jpg

分岐点ピークを改めて振り返る。
DSC_2704_20160313200006f08.jpg

その左に、最高地点と分岐点ピークの鞍部。
DSC_2707_20160313195938ed8.jpg

経塚山の山頂はすぐだ。
DSC_2708_20160313195939964.jpg

ここは落合口もしくは柏原口から霊仙山へのルートの九合目という位置づけになっているようだ。
DSC_2713_201603131959448b0.jpg

右へ行けば避難小屋。
DSC_2714_201603131959182c5.jpg

すぐ近くに見えるので、ちょっと心が動いたが、やはり寄り道はせずに前進する。
DSC_2711_20160313195941ffc.jpg

経塚山から眺める最高地点(左)と霊仙山山頂(右端)。
DSC_2712_20160313195942a48.jpg

スリップに気をつけながら、尾根づたいに下っていった。
DSC_2716_20160313195920e9e.jpg
DSC_2717_20160313195921aac.jpg

(つづく)
このページのトップへ

霊仙山(2)

【2016年3月5日(土)】霊仙山
登山口から1時間ほどで、芝生状になった尾根が見えてきた。
DSC_2498_201603122124068f1.jpg

道を離れて登ってみたら、基準点があった。
DSC_2499_2016031221240739a.jpg

このあたりが笹峠のようである。
DSC_2500_20160312212409ec3.jpg
地形図には行者の谷に下りていく道との分岐になっているが、それらしき道は見当たらなかった。もう廃道になっているのだろうか。

その代わりというのも何だが、白骨化した木々が何本も横倒しになっていた。
DSC_2502_201603122124123ea.jpg

ここからは、正面にこれから登ることになる霊仙山のにせピーク(近江展望台、1003m)が望めた。
DSC_2501_20160312212410178.jpg

あんなの登るの?ってほど急なのだが、地形図を見ると、確かに300mほど登っている。
DSC_2506_20160312212346b36.jpg

でも、あそこまで登れば、あとはほぼ平らだ。
DSC_2508_20160312212348dac.jpg
しかし平らと言っても楽な道ではなかったことを後で知ることになる。

この峠はちょっとしたカルスト地形になっていた。
DSC_2505.jpg

南の方角もやや展望があった。
自信はないが、これは鍋尻山(838m)か。
DSC_2510_2016031221234933f.jpg

こちらはヨコネ(764m)だろうか。
DSC_2511_20160312212351a34.jpg

こののっぺりしたのは御池岳(1247m)のようだが。
DSC_2512_201603122123251eb.jpg

いったん下り、苔むした石灰岩の中を登っていく。
DSC_2513_20160312212326004.jpg
DSC_2515_20160312212328427.jpg

海獣の群れのようにも見える。
DSC_2516_20160312212329849.jpg
DSC_2517_2016031221233148f.jpg

この注意書きを出してくれたのは、上丹生バス停前の西出商店。
DSC_2521_20160312212302fa4.jpg

この道標を過ぎると、傾斜が一気に急になる。
DSC_2522_201603122123042ea.jpg
DSC_2523_20160312212305486.jpg

ハゲ山なので、登るに従い眺望はみるみる開けてくる。
ただ初めての土地なので、どれが何山なのかさっぱり分からない。
この不安定な状態では地図も広げられないので、下山してから改めて確認することにした。
鍋尻山?
DSC_2524_20160312212307400.jpg

比婆山(669m)かなあ。
DSC_2525.jpg

遠くに御池岳。
DSC_2526_20160312212240505.jpg

急坂は石灰岩が露出した斜面だが、土の部分が多く、それが道になっていない。
DSC_2527_20160312212242390.jpg

登山者の歩くコースが拡散しているので安定した場所がなく、ほんとによじ登るという感じだ。
DSC_2528_201603122122433ef.jpg

歩いてきた尾根を振り返る。
DSC_2530_20160312212245913.jpg

さっきの2人組も振り返って景色を眺めている。
DSC_2537_20160312212246d71.jpg

こんな歩きにくい斜面はめったにない。
DSC_2539_201603122122166a8.jpg
DSC_2540_20160312212218e0a.jpg

途中、休んでいる単独男性を追いついた。
「いやあ、これはもはや登山道じゃないですね。よじ登っている感じです」
と声をかけると
「ほんまですわ。でも、景色がよくて最高です」
と関西弁。そうだ、知らないうちに晴れてきていたのだ。
「今朝はぐずついていたので、どうなるかと思いましたが、よかったですね」
ほんとによかった。

振り仰ぐと、もう少しのように見える。
DSC_2542_20160312212219ca9.jpg

さっきの男性はかなりバテテいるようでピッチが上がらない。
DSC_2543_20160312212222f33.jpg

雪はそれほど深くないようで助かった。
DSC_2544_201603122122223ac.jpg

傾斜も緩やかになってきて、ひと息ついたが
DSC_2545_20160312212150ea9.jpg

目指すピークはもう少し先だった。
DSC_2547_2016031221215314a.jpg
DSC_2546_201603122121521fe.jpg

気を取り直して雪の上を行く。その方が歩きやすい。
DSC_2548_20160312212154689.jpg

あちらは琵琶湖方面なのだが、霞んでいて湖岸線がよくわからない。
DSC_2550_20160312212156de5.jpg

再び、南西の方角を振り返る。
DSC_2551_2016031221212572e.jpg

それにしても、このカルスト台地は激しい。
DSC_2554_20160312212128e99.jpg
DSC_2557_201603122121318cb.jpg

後ろの方々も苦戦している。
DSC_2552_20160312212127e31.jpg
DSC_2556_20160312212130d2c.jpg

こんな山は初めてである。
DSC_2558_20160312212102758.jpg
DSC_2559_20160312212103302.jpg

とうとう単独男性はさらに後から来た2人組にも追い抜かれてしまった。
DSC_2561_2016031221210553d.jpg

頂上直前で初めて霊仙山の最高地点のピーク(1094m)が見えた。
DSC_2564_20160312212106909.jpg

おお、ようやく1003mピークに到着。
DSC_2566.jpg

笹峠から45分かかった。
DSC_2568_20160312212040b79.jpg
道標には「近江展望台」と書かれている。
かなり甘い採点だが、「登った山」に参入する。
別に、ギネスに申請するわけでもなし、自己採点で構わないのだ。

それにしても、ここからの展望も見事だ。
霊仙山がいくつものなだらかなピークで構成されているのが分かる。
DSC_2569_201603122120411b9.jpg

右奥の饅頭のようなピークが三角点のある霊仙山の山頂(1084m)。
DSC_2567_20160312212038f8d.jpg

西の方角には男鬼山(683m)あたりだろうか。
DSC_2571_2016031221204273f.jpg

ここからほぼ平らだから楽だと思っていたのが大間違いだった。
石灰岩が尖って露出しており、足場が非常に悪いのだ。
DSC_2580_20160312211942364.jpg

常に下を見ながら歩かねばならず、スピードが出ない。
しかし、想像していたのとは全く違う奇観である。
DSC_2573_201603122120441cc.jpg
DSC_2578_20160312212013c48.jpg

こんなのが見られて、ガスでなくてほんとによかった。
DSC_2574_201603122120079c6.jpg

土が露出している斜面からは湯気が出ている。
DSC_2576_201603122120108c1.jpg

陽射しに温められて、土中の水蒸気が盛んに蒸発しているのだ。
DSC_2577_201603122120120f5.jpg

道は徐々にトラバースしていくようだが、私はあえて尾根筋を歩き、1030mピークを目指した。
DSC_2575_201603122120085bf.jpg
DSC_2579_20160312211941e70.jpg

ここに地図にはない山名があることを期待したわけではないのだが、来てよかった。
DSC_2581.jpg

前面に霊仙山のピーク群が一望できたからだ。
DSC_2582_20160312211945047.jpg

左から順に拡大してみていこう。
DSC_2589_201603122119188b4.jpg

これは霊仙山の山頂。
DSC_2584_20160312211947e70.jpg

経塚山へ向かう分岐のある小ピーク。
DSC_2585_20160312211912c16.jpg

最高地点との鞍部。
DSC_2586_2016031221191396f.jpg

最高地点。
DSC_2587_20160312211915fa6.jpg

その手前の登山路。
DSC_2588_2016031221191693c.jpg

石灰岩も雪と一緒では黒く見える。
DSC_2590_20160312211848a7c.jpg
DSC_2591_20160312211849c13.jpg
今まで見たことのない山岳景観だった。

いったん下って、1030mピークを振り返っておく。
DSC_2593_20160312211851bac.jpg

深く切れ落ちた、その南斜面。
DSC_2594_20160312211852b74.jpg

この後もさらに、足場の極端に悪い道が続く。
DSC_2595.jpg

トラバースも難儀なので、素直に尾根を行くしかない。
DSC_2597_201603122118230a6.jpg

石と土だけで木がほとんどないのは土壌のせいもあるのだろうが、風と雪の影響もあるのだろう。
DSC_2598_20160312211824a36.jpg
DSC_2599_201603122118267ca.jpg

風を避けて、登山者が昼食中。
DSC_2600_201603122118272e2.jpg
DSC_2601_20160312211829b30.jpg
そういえば私もお腹が空いてきた。最高地点まで頑張ろう。

だが道のりは長い。
DSC_2602_2016031221180099d.jpg
DSC_2606_20160312211806217.jpg

見て下さい。この岩だらけの景観。
DSC_2603_20160312211802675.jpg

こんな空き地があると、ホッとする。
DSC_2604_2016031221180324c.jpg

下の方は、土。どんどん土砂が流出しているのではないか。
DSC_2605_20160312211805e9e.jpg

若い灌木がまばらに生えている程度だから。
DSC_2607_201603122117395e0.jpg

完全に稜線にのると、左手にある山頂がよく見える。
DSC_2609_20160312211741653.jpg

あそこまで行くにはぐるりと回り込まなくてはならない。
DSC_2610_2016031221174289b.jpg

前方には、最高地点の前の小ピークが現れた。
DSC_2611_20160312211743927.jpg

つい一月くらい前までは、あの谷も真っ白だったのだろう。
DSC_2613_20160312211718112.jpg

やっと岩がまばらになってきた。
DSC_2612_201603122117455aa.jpg

のはいいのだが、ところどころ尾根が広がっていて、残雪がある分、道が拡散している。
DSC_2615_20160312211719a30.jpg
DSC_2616_20160312211721598.jpg
これはガスが濃かったら、道に迷ったかもしれないと思った。

(つづく)

このページのトップへ

霊仙山(1)

【2016年3月5日(土)】霊仙山
もともと2月13~14日で琵琶湖に行く計画を立てていた。
禁足期間なので山には登れないから、ということで行き先をあれこれ健闘した結果、琵琶湖に浮かぶ二つの離島(沖島と竹生島)を訪ねることにしたのだ。
このうち、沖島には人が住んでいるということを初めて知り、俄然興味がわいた。
しかし、この2日間は「春の嵐」になるという直前の予報で、予め取っておいた新幹線乗車券を3月5~6日に変更、旅行そのものを延期したのだった。

でも、3月になると禁足期間が明けているので、山に登ってもよくなった。
2日間とも登ってもいいのだが、日曜日の予報が一時雨だったので、登山は土曜日だけにして、日曜日は当初の予定通り、沖島に渡ることにした。
では、土曜日はどこに登るか。
地図を見たら、彦根の東に霊仙山(1094m)という手頃な山があるではないか。
コースタイムも5時間ほどで周回コースがとれる。
ヤマレコを見ると、登山道沿いには「廃村」もあるらしい。
こんなおいしい山はない! ということで即決してしまった。

問題は、登山口までの足である。
最寄りの駅は近江鉄道の多賀大社前。
これだと未乗区間の「高宮~多賀大社前」を乗ることもできる。
ただ、登山口までのバスはもう通じていないのでタクシーを使わざるを得ない。
検索してみると、多賀大社前駅から登山口まで片道3500円ほどかかる。
う~ん、だったらレンタカーの方が安い。米原駅からレンタカーを借りることにした。
乗り鉄は、たった2駅なので、下山してから車を駅前に置いて、ピストンすればいい。
車を借りれば、日帰り温泉にも手軽に行けるので一石二鳥三鳥だ。
うん、これで方針は決定。

当日は4時半前に起床。駅前で朝食だけ調達して、5:11新所沢発の電車に乗り込む。
まだ早かったけど、お腹が空いたので車内でパンを2個とも食べてしまった。
車中はずっと、岡田喜秋「定本 日本の秘境」(ヤマケイ文庫)を読んでいた。
高田馬場で山手線に乗り換え、品川から6:23発のぞみ3号博多行きに乗車。
今日の予報は曇り時々晴れなのだが、かなり霞がかかっていて丹沢すら見えない。
富士山は何となく見えたが、あまりすっきりしない天気だ。
この先は名古屋近くまで爆睡してしまった。
名古屋で、7:56発こだま695号新大阪行きに乗り換え。
DSC_1388_20160311063837c98.jpg
わりと混んでいたけど、普通に座れた。

米原には8:27に到着。西口に出て、200m離れたトヨタレンタカーへ。
DSC_1389_20160311063838a00.jpg
DSC_1391_201603110638416f1.jpg

路面は濡れている。空には厚い雲が垂れ込めていて、なかなかテンションが上がらない。
せっかくの車だし、長年の懸案でもある湖東三山(山ではなくお寺)を回ってしまおうかという気分すらもたげてくる。
その一方で、ここは初めてのエリアなので、山に登っても周りにどんな山が見えるのかよく分からない。
そういう期待がない分、逆に、ガスってももったいないという気持ちが薄い。
結果として、情報の少なさが登山決行を後押ししたことになった。

旧米原町のマンホール。
DSC_1390_20160311063840e27.jpg
町章の中に、町の花サツキ、外側に町の木イチョウ。
町章は「まいばら」の「マ」の字を図案化したもの。

米原を8:45に出発。初めて「軽」のレンタカーを借りたが(12時間、保険込み会員割引で6210円)、愛車のパジェロミニより走りがとても軽快。
パジェロがあまりに燃費が悪く力もないので、買い替えの時は普通車にしないといけないかなあと思っていたが、これなら軽で十分だ。
最近の軽は進化したなあ。
途中のセブンイレブンで昼食を調達。
アクエリアス500cc2本、🍙2個、行動食のあんぱん、そして鶏の唐揚げ(5個入り)。
小腹が空いたので、唐揚げは運転しながら3個食べてしまった。
登山口はナビに設定する適当なスポット名称がないので、最寄りの多賀大社で設定。
その先は地図を確認しながら行くことにする。
段々、山奥に入ると心細い道になる。
関西という見知らぬ土地で、今にも泣き出しそうなこの天気。
ちょっと緊張してきた。

でも、登山口に着いてみると、車が6~7台並んでいる。
DSC_2421_2016031106381480f.jpg
「あ、こんなに入ってるんだ」。ホッとした。
普段なら、「げ、こんなに来てる」と思うのに、人間と言うのは現金なものである。
軽くストレッチをして、靴ひもをしっかり結ぶ。
足首を回しても、ほとんど違和感がなく、治っていることを実感できてうれしい。

9時半すぎ、出発。
DSC_2423_20160311063816f9a.jpg

登山口周辺には、車庫や物置の廃屋が並ぶ。
DSC_2424_20160311063817a4f.jpg
DSC_2425_20160311063819d51.jpg
DSC_2427_20160311063751071.jpg

こんな里にもまだ雪が残っていてびっくり。ちょっと先が思いやられる。
DSC_2426_20160311063820179.jpg

でも、登山口で2組の登山者と鉢合わせし、何だか心強い。
DSC_2428_20160311063753e18.jpg
DSC_2431_201603110637547fd.jpg
登山届のポストがあるので記入しようとしたら、用紙がなかった。
これではポストの意味がない。

登山口には増えすぎたニホンジカの駆除を伝える立て看があった。
DSC_2433_201603110637569f9.jpg
「捕獲」というやわらかな表現にしてある。

さて、こちらも登り始めましょう。
DSC_2434_201603110637571f4.jpg
いきなりの急登である。
登山口の標高は330mほどなので、標高差850mほどの登山となる。
禁足期間明け2回目の登山としては、少しハードかもしれない。

10分ほどで苔むした石垣が姿を現した。
DSC_2437_201603110637263c9.jpg
DSC_2438_20160311063728f1d.jpg

廃村となった今畑集落に足を踏み入れることになる。
DSC_2440_20160311063729e49.jpg
DSC_2441_201603110637319a4.jpg
私は友人に「廃屋フェチ」などと言われるが、そもそも遺跡が好きなのである。
石で作った建物は何百年も何千年も残るが、日本のように木の建築はあっという間に自然に返り、土に埋もれてしまう。
掘らないと分からないし、掘ってもせいぜい「柱穴」が確認できる程度である。
そういう意味で、日本の村が破棄されて、その痕跡をとどめているのはせいぜい数十年、長くて100年だろう。
ここ今畑集落は、ざっと10戸ほどの家屋があったように見えるが、最後の住民が離村したのは10数年前くらいのように見える。
車道から徒歩10分ほどだが、家の前まで車が横付けできないのは、住民が高齢化してくるとかなりきつい。
廃村にならざるを得ない運命だったのだろう。
それにしても、この村を成立させていた生業は何だったのか。
急峻な傾斜地なので、畑はあったとしても猫の額程。
林業や炭焼きあたりなのか、きちんと調べてみたいが、その時間もないのが残念だ。

いよいよ集落の中心部。
DSC_2444_2016031106373233a.jpg
DSC_2445_2016031106370030a.jpg

共同で使用されていたと思われる水場がある。
DSC_2447_20160311063702d77.jpg

集落そのものが急傾斜地にあるので、屋敷の敷地は階段状になっている。
DSC_2448_20160311063703115.jpg

石垣もかなり堅固だ。
DSC_2450_20160311063705591.jpg
DSC_2451_201603110637069bc.jpg

屋根や壁の痕跡がないのは、離村する際に丁寧に解体したのだろうか。
DSC_2452_20160311063627eae.jpg
DSC_2454_201603110636298a7.jpg

そうするメリットが思い浮かばない。不思議である。
DSC_2455_2016031106363038b.jpg

こんな小さな集落にも寺があったらしい。
DSC_2457_201603110636323e7.jpg
宗金寺とある。
離村した住民の子孫らが墓参りの際などに戻ってくるのか、寺はその後も手入れがされているように見えた。

このほか、土壁の蔵も残りがいい。
DSC_2459_201603110636338d8.jpg
DSC_2464_20160311063602d0c.jpg

最もしっかり残っている家屋には多賀町教育委員会の看板があった。
DSC_2466_20160311063604ac1.jpg

この集落を若干整備して、観光資源にしようとしているのだろうか。
というより、まずは「調査」対象にしているのかもしれない。
DSC_2467_20160311063605525.jpg

無人になった村にも春はやってくる。
DSC_2471_201603110635377e0.jpg

福寿草が落ち葉の中から、あちこちで顔を出していた。
DSC_2470_20160311063536ca4.jpg
実は福寿草を見るのは初めてだった。

梅の花も何となく淋しげだった。
DSC_2463_20160311063601081.jpg

ここは廃屋というより屋敷跡の景観だ。
DSC_2468_2016031106353445d.jpg

五右衛門風呂や流しなど、タイルやレンガで作った「施設」が残骸となっていた。
DSC_2462_20160311063559700.jpg
DSC_2473_2016031106353938d.jpg
DSC_1394_20160311063843a3e.jpg

もっと隅々まで丁寧に見たかったのだが、登山が主目的なので、そうそう序盤から時間を食っているわけにもいかない。
DSC_2474_2016031106354095c.jpg

適度に切り上げて、先を急ぐ。
DSC_2476_20160311063510e5f.jpg

集落を抜けても、尾根づたいの急坂が続く。
DSC_2480_201603110635125fc.jpg

ジグザグに道が切ってあるので、まだましだが。
DSC_2481_20160311063513f38.jpg

いったんやや平坦な場面もあったが
DSC_2482_20160311063515db5.jpg

あとはまた容赦のない登り。
DSC_2483_201603110635166b4.jpg
DSC_2485_201603110634455f2.jpg

しばらくしてだんだん、この山を形づくっている石灰岩が目につくようになってきた。
DSC_2488_20160311063447bf5.jpg
座るのにちょうどいい石だが、休まず通過。

集落から200mほど登ると、道はトラバース状となる。
DSC_2489_201603110634480b1.jpg

間もなく、先行していた2人組に追いついた。
DSC_2492_20160311063451df3.jpg
DSC_2495_20160311063412f19.jpg

その頃、木々を透かして顕著なピークが見えてきた。
DSC_2491_20160311063450f8e.jpg
あれは霊仙山の頂上ではなく、手前の1003m標高点と思われる。
それにしても随分急峻だ。

路面にも雪が残りだした。頂上の方は大丈夫だろうか。
DSC_2493_201603110634108da.jpg

しばらくは2人の背を追うように歩いた。
DSC_2497_20160311063413ab2.jpg

(つづく)

このページのトップへ

嵐山・小仏峠(4)

【2016年2月28日(日)】嵐山・小仏峠
小仏峠から八王子側の登山口に下ってきた。
この先はもう舗装道路である。でも、これも旧甲州道中だ。
DSC_2281_20160310210616aae.jpg

間もなく影信山(727m)への登山口があった。
DSC_2282_20160310210617776.jpg
学生の時、高尾山(599m)から景信山まで縦走したことがあるが、その時はここに下ってきたはずだ。

前方には下山して家路を急ぐ方々がちらほら。
DSC_2283_20160310210619334.jpg

梅干や梅酢、ゆず、漬物などの無人販売所を通過。
DSC_2284_20160310210620727.jpg

道沿いにあった寶珠寺に立ち寄ってみた。
DSC_2286_2016031021054190c.jpg

小仏宿と刻まれた馬頭観音。
DSC_2288_20160310210543202.jpg

このお寺の山号は小仏山。
DSC_2289_20160310210545895.jpg

古びた石仏が並ぶ階段の参道を登る。
DSC_2290_20160310210546a24.jpg

これはクスノキの仲間カゴノキ。
DSC_2294_201603102105472bc.jpg
幹回り4.3m、高さ13m。関東有数の大樹で「小仏のカゴノキ」として都の天然記念物に指定されている。

観音様にご挨拶して、本堂へ。
DSC_2302_201603102104532e3.jpg
DSC_2296_20160310210517d1e.jpg

境内は狭く、ひっそりと静まりかえっている。
DSC_2297.jpg
DSC_2298_20160310210521921.jpg

裏には、小仏大聖不動明王尊。
DSC_2301_201603102105235fc.jpg

紅白の梅が見ごろを迎えていた。
DSC_2300_20160310210522042.jpg

お寺をあとに、南浅川に沿った道を進む。
DSC_2304_201603102104549dd.jpg

浅川神社にも参拝しておく。
DSC_2307_201603102104551ae.jpg

午後3時半、登山口から20分ほどで小仏のバス停に到着。
DSC_2308_201603102104567f1.jpg

次の高尾駅北口行きバスはちょうど10分後だ。
DSC_2309_201603102104593b8.jpg
ばっちりのタイミングだが、駒木野まで歩いてみたくなった。
以前、高尾駅から歩いて駒木野を経由し、北高尾山稜を縦走したことがある。
駒木野まで行けば、歩いた道がつながるからだ。
バスは30分おきに出ているので、タイミングがよければ駒木野から乗ればいい。

歩き出すとすぐ、15:40発のバスがやってきた。
DSC_2310_2016031021042498e.jpg

それを見送り、川沿いを歩く。
DSC_2311_20160310210426ad5.jpg

川の向こうに線路が現れた。
DSC_2313_20160310210426943.jpg

小仏トンネルの八王子側の坑口に達したのだ。
DSC_2317_201603102104300bb.jpg
線路より高い位置を川が流れているのがおもしろい。

またまたバスがやってきた。さっきのは回送だったから、2台体制だったのだろうか。
DSC_2316_20160310210428632.jpg
バスを待っていたのは2~3人しかいなかったけど。

梅が見事。
DSC_2318_20160310210350eb4.jpg

またまた特急あずさ通過。
DSC_2320_201603102103529a6.jpg
DSC_2321_20160310210353e66.jpg

大下バス停も通過。
DSC_2323_20160310210354b95.jpg

赤レンガのガードをくぐる。
DSC_2325_20160310210356f38.jpg

明治43年(1901年)に八王子以西が開通した時のものだろうか。
DSC_2327_20160310210302faa.jpg

高尾山へ通じる道への分岐を通過。
DSC_2329_20160310210305881.jpg
DSC_2330_201603102103054ae.jpg

沢を渡る橋も赤レンガだった。
DSC_2332_20160310210306959.jpg

日影バス停も通過。
DSC_2333_20160310210307e67.jpg

浅川国際マス釣場。
DSC_2334_20160310210222025.jpg

喫茶店の「ふじだな」は火水木がお休み。
DSC_2335_20160310210224c83.jpg

裏高尾という地名があることを初めて知った。
DSC_2336_20160310210225f5a.jpg

旧街道らしいゆるやかなカーブを行く。
DSC_2337_2016031021022797e.jpg

左手に小山神社を遠望。
DSC_2338_201603102102286b2.jpg

これは一体なんだ!
DSC_2339_20160310210101ea2.jpg

石彫のアトリエだ。
DSC_2340_20160310210103d3c.jpg

しかし、こういうのを野外に放置しないでほしいなあ(笑)。暗くなると怖い。
DSC_2341_20160310210104802.jpg

常林寺。
DSC_2342_20160310210105b0f.jpg

摺差(すりさし)とは、なかなか由緒ありげな地名。
DSC_2345_2016031021010654a.jpg

ここに豆腐の名店があった。
DSC_2346_20160310210016933.jpg

高尾山ジャンクション。静かな山里もやかましくなったかな。
DSC_2347_201603102100187ad.jpg
DSC_2351.jpg

南浅川の雰囲気もよろしい。
DSC_2348_20160310210019154.jpg
DSC_2349_201603102100218a0.jpg

梅がまたまた見事。
DSC_2350_20160310210022612.jpg
DSC_2352_201603102059547e0.jpg

高尾山道の石碑がこちらにも。
DSC_2353_2016031020595556d.jpg

このあたり一帯は高尾梅郷だった。
DSC_2355_20160310205957ce2.jpg

その先に蛇滝口バス停。
DSC_2360_2016031020595875f.jpg
ここから高尾山の北麓にある蛇滝に行ける。今度はこちらから登ってみよう。

路傍の井戸。まだ生活用水として現役のようだ。
DSC_2361_20160310205928b18.jpg
DSC_2362_20160310205929383.jpg

南浅川の渓谷美。
DSC_2364_201603102059319b0.jpg
DSC_2366_20160310205934d22.jpg

もう随分、日が傾いてきた。
DSC_2365_20160310205932c2d.jpg

荒井のお地蔵様。
DSC_2369_20160310205904657.jpg

ちょうど次のバスが通る時刻になったが、駒木野までもう少し頑張る。
DSC_2370_201603102059060e0.jpg

ここも梅がきれいだった。
DSC_2371_20160310205907fc3.jpg

この石碑群の前でバスが通過。
DSC_2372.jpg

と思ったら、すぐそこが駒木野宿だった。
DSC_2375_201603102059104a0.jpg
あと2分早く歩いていればさっきのバスに駒木野から乗れたのに。
バッドタイミングだった。

こうなったら高尾駅まで歩くしかない。
待てよ。最近、高尾にできた日帰り温泉施設って、高尾駅だっけ?高尾山口駅だっけ?
確認してみたら高尾山口駅だった。
危ない、危ない。でも、高尾山口方面の道は歩いたことがないので、初めての道を歩けるのはありがたい。

史跡小仏関跡を通過。
DSC_2377_20160310205842bfb.jpg

南浅川を渡る。
DSC_2383.jpg

国道20号に出たら、右折。高尾山口駅へ。
DSC_2384_20160310205845e27.jpg

途中、侠客関東綱五郎住宅跡の石碑を発見。
DSC_2388_20160310205846639.jpg
清水次郎長配下の「清水二十八人衆」の一人だそうだ。

閉店してしまった旅館花藤、花藤食堂。
DSC_2391_201603102058484a1.jpg

京王線の陸橋をくぐって
DSC_2392_20160310205822608.jpg

やっと高尾山口駅に着いた。
DSC_2397_201603102058238f3.jpg

小仏峠の登山口から1時間半かかった。
DSC_2403_20160310212613022.jpg

それにしても、この駅はすっかり垢抜けてしまった。
DSC_2406_20160310212614c19.jpg
昨年4月に建て直されたそうである。

温泉には駅の中を通りぬけていくらしいが、まだ混んでいるような気がして、先に食事をしてしまうことにする。
DSC_1365_2016031021063707a.jpg

お店を物色がてら、ケーブルカー&リフトの高尾山駅へ。
DSC_2408_20160310213305b47.jpg

やはり、この時期は高尾の冬そばを食べたい。
ただ、老舗の有名店「高橋家」は混んでいたのでスルー。
DSC_2409_20160310212615fa7.jpg

表参道にもそそられる店がなく、再び国道に出てしまった。
DSC_2411_20160310212616043.jpg
DSC_2414_20160310212618903.jpg

これが高尾まんじゅうの有喜堂本店。
DSC_2416_20160310213125c1c.jpg

結局駅前まで戻ってきてしまい、最初に目をつけていた稲毛屋支店に決めた。
DSC_1370_20160310210640885.jpg

特別なそばを作っている店ではなさそうだが、昔ながらの駅前食堂の雰囲気が気に入った。
DSC_1367_20160310213123dbe.jpg

まずは山麓酒場を実践。熱燗ともつ煮を注文する。銘柄はその名も「高尾山」。
DSC_1369_201603102106409bc.jpg

ほかのお客さんが「ここは何時まで営業してるの」とお店の老夫婦に尋ねた。
「まあ、5時くらいですね」
なんと、もう5時過ぎている。それじゃ、あまり長居はできない。
あわてて、とろろそばもお願いする。
DSC_1371_20160310210642f3b.jpg
明らかに手打ちではなかったが、つるつるしてて、こしもあり意外においしかった。

食べながら、あれこれ聞いてみた。
高尾山の冬そばはこの地区のそばを扱っている店全部が参加しているとのこと。
京王が音頭をとって始めて、今年で13年目だが、ブームはだいぶ落ち着いてきたという。
この店は、高尾山口駅が開業する5年前の昭和37年(1962年)に開店。
店舗は今のご主人の父君が用意してくれたものらしい。本店は八王子にあるので、ここは支店。
駅ができて、やはり繁盛したという。
「こんなとこに店があったんだね」と言われることもあるんだとか。飲食店は表参道の方に集中しており、ここは駅前の1軒宿ならぬ1軒店なのだ。

食べ終わって、5時半すぎに京王高尾山温泉「極楽湯」へ。
DSC_1372_20160310210643829.jpg
駐車場にも大量に車が止まっていて、かなり混んでいることを覚悟したが、芋の子を洗うほどではなかった。
これまであちこちで言った日帰り温泉と違い、客層がかなり若い。
その分、回転が速いような気がした。

真新しい木の浴槽でのんびり浸かって、さっぱり。
DSC_1375_20160310210615888.jpg

18:31発の電車に乗って、高尾、国分寺、東村山で乗り換え、8時前に帰宅。
今日は、禁足明け初日にも関わらず結局20km近くも歩かされてしまった。
でも足に全く違和感がなくうれしい。

【行程】2016年2月28日
相模湖駅(9:15)~プレジャーフォレスト(10:10)~嵐山(11:10休憩・撮影11:22)~登山口(11:35)~弁天橋(11:55)~小原宿(12:13トイレ・昼食13:00)~底沢(13:25)~小仏峠(14:11休憩・撮影・雑談14:42)~小仏登山口(14:59撮影15:10)~駒木野宿(16:22)~高尾山口駅(16:45)~稲毛屋支店(16:56)
※所要時間:7時間41分(歩行時間:6時間)
※登った山:1座(嵐山)
※歩行距離:19.5km
このページのトップへ

嵐山・小仏峠(3)

【2016年2月28日(日)】嵐山・小仏峠
旧小原宿から小仏峠に向かっている。
振り返ると、さっき登った嵐山(406m)とプレジャーフォレストの観覧車が見えた。
DSC_2182_20160309234446b81.jpg

間もなく、国道20号と旧甲州道中の分岐にある底沢のバス停。
DSC_2183_20160309234447536.jpg

「照子姫の水鏡」伝説がある七ツ淵の入口でもあるが、今回はコース外。
DSC_2184_20160309234449516.jpg

七ツ淵の手前には美女谷温泉がある。
DSC_2187_20160309234420ebd.jpg

しかし、気になる貼り紙が。
DSC_2188_20160309234422130.jpg
なんと閉店してしまったらしい。
私は5年前の夏に食事付きで入浴したことがある。ものすごく熱い湯だった。
猛暑だったこともあり、汗がなかなか引かなくて大変だった記憶がある。
こんなに都会に近いのに秘湯の雰囲気があり、気に入っていたので残念だ。
閉店したのはいつなのか確認できないが、遅くとも2013年10月には閉じていたようだ。

左折して、白沢川に沿って遡る。
「山と高原地図」では、途中に橋があって対岸に渡れるような道が書かれているが、そんな道はなかった。
あてにしていたのに、結局、美女谷温泉に行ったときと同じ道を歩くことになってしまった。
やむなく右岸の道をそのまま進み、中央本線のガードをくぐる。
DSC_2189_20160309234423e4d.jpg
この道は旧甲州道中のようなので、小仏峠へ行くには正当なルートだ。
ということで納得することにする。

タイミングよく、すぐ横を特急あずさが走り抜けて行った。
DSC_2191_20160309234425e4f.jpg
DSC_2192_20160309234426961.jpg
それはいいのだが、かなり真剣にもよおしてきてしまった。
全く、さっきしたばかりだと言うのに。
どうやら出し足りなかったようだ。
どこかで野○ソができないか、キョロキョロしながら歩く。

明治16年建立の馬頭観音を通過。
DSC_2193_201603092343571af.jpg
この裏にある中央道の橋脚の裏に回ってみたが、完全な死角にはならず断念。

美女谷橋を渡り、いよいよ苦しくなってきた。
DSC_2194_201603092343599b9.jpg

標高が上がると、ちょうど谷間に嵐山(手前)と石老山(702m)が重なって見えた。
DSC_2195_20160309234400dd5.jpg

いよいよ登山口に入るというあたりで、強行突破を試みた。
峠道に入ると、逆に適地がないような気がして、ここから植林の中の急斜面を少し下ることにした。
DSC_2196_20160309234402b30.jpg
足場が悪かったが、なんとかクリア。やっとすっきりした。

ではリラックスして登りましょう。
DSC_2198_2016030923440386a.jpg

小仏峠の標高は548mなので、標高差は300mほど。
DSC_2199_201603092343355f4.jpg

旧五街道ということもあって、峠道なのに道幅が広い。
DSC_2204_2016030923433734e.jpg
DSC_2209_201603092343390f2.jpg

傾斜も緩くなるようジグザグに道を開いている。
DSC_2207_20160309234338f0d.jpg
DSC_2211_20160309234310f4c.jpg

何百年も人が歩き続けたからか、道は随分えぐれてしまっていた。
DSC_2210_20160309234341f17.jpg
DSC_2212_20160309234312462.jpg

鉄塔の下を通過すると、束の間の平坦な道。
DSC_2214_20160309234313183.jpg

小仏峠までは、あと1.2km。
DSC_2215_2016030923431568f.jpg

このあたりは中峠というらしい。峠道のちょうど中間点というような意味だろうか。
DSC_2216_20160309234317d3e.jpg

さらに、ぐいぐい登っていく。
DSC_2218.jpg
DSC_2219_20160309234246572.jpg

途中で単独の女性とすれ違い、「福寿草の群落って、どこにあるか分かりますか」と聞かれた。
「このあたりに咲いているところがあるんですか」
と逆に聞き返したくらいなので、全く役に立たず。
実はこの時点で、私はまだ福寿草を見たことがなかった。

ショートカット禁止の柵を通過。
DSC_2220_201603092342476f3.jpg

登山口から30分ちょっとで小仏峠に到着。
DSC_2225_2016030923424824e.jpg

ここに来るのも、美女谷温泉の時以来だから5年ぶりということになる。
DSC_2229_20160309234220aca.jpg

東屋の屋根が傾いているのは、経年劣化か2年前の大雪のせいか。
DSC_2226_201603092342505d3.jpg

あちこちにある「高尾山道」の石碑。「道」の部分がコンクリートで固められていた。
DSC_2230_20160309234222d50.jpg

ここで一番目立つのは、この「明治天皇小仏峠御小休所址及御野立所」の石碑。
DSC_2235_201603092342240d9.jpg
明治天皇は明治13年6月17日、山梨、三重、京都を御巡幸した際に、この峠を越えた。
午前7時に八王子駅を出発、9時45分頃、峠に到着し、当時あった茶店武蔵屋の佐藤清兵衛方にて御輿のまま小休止。10時15分出立したという。
八王子~上野原間の鉄道が開通したのは明治34年(1901年)のことだった。

この左にあるのは、三条実美が高尾山薬王院を訪れた時に詠んだ和歌の碑。
DSC_2232_20160309234223b9e.jpg
「来てみれば こかひはた織 いとまなし 甲斐のたび路の 野のべやまのべ」
左に茶屋の廃屋があるが、いつごろまで営業していたのだろうか。
今は旅人が峠を越えるのではなく、ハイカーが尾根を歩くので、やはり山頂で休みたくなる。
客も山頂の茶屋に奪われてしまったのだろう。

当方も竹のベンチで一息いれることにしよう。
DSC_2237_20160309234226a91.jpg

せっかくお湯を持ってきたので、カフェオレでほっこりと温まる。
DSC_1354_20160309234443426.jpg
15分ほど休んで出発。すぐ下るのではなく、やや北に進む。

広場は青木茶屋跡。
DSC_2242_20160309234142896.jpg

こちらにも標柱があった。
DSC_2243_2016030923414430b.jpg

旅人を見守る石仏たち。
DSC_2246_2016030923414569f.jpg

その横で、「詳細登山図」の現地販売が行われていた。
DSC_2248_20160309234146af0.jpg
「詳細登山図」(吉備人出版)には私もお世話になっている。
持ち歩くにはかさばるので、携帯するのはいつも地形図と「山と高原地図」だが、帰宅してからルートの復習などで使う。
本当は事前にこの地図で予習しておいた方が意味があるのだが、ついつい忘れてしまう。
この地図には、ほかの地図や現地の山名板にない山名が掲載されているので、「登った山」を稼ぎたい私としては、とてもありがたい資料なのだ。

それにしても、書店だけでなく、こんなところでも販売していたとは。
実に商売熱心だ。
聞いてみると、週末にはいつも小仏峠でお店を広げているという。
「本当は高尾山でやった方が売れるんでしょうけど、地主の許可が得られたのがここなんです」
そっか。そういう事情か。
「いつもは明治天皇の碑のある方でやっているんですが、今日は地面が少しぬかるんでいたんで」
男女2人で仕事をしていたが、女性が男性の方を「ジロウさん」と呼んでいたので、この方が現地踏査から地図製作まで全てこなしている守屋二郎さんなのだろう。
「実は全部持っているんで、ここでは買えないんですが、頑張ってください」
とエールを送ると
「あ、じゃあシールをあげましょう」
と言ってくれたが、結局シールはもうはけてしまっていた。

小仏峠もこっちからは少し展望が得られる。
DSC_2249_201603092341485e8.jpg

うっすら見える街並みは八王子方面だろうか。
DSC_2264_20160309234044572.jpg

下り(八王子側)も道が広く、しっかりしている。
DSC_2252_20160309234104dc1.jpg
DSC_2253_20160309234106e3c.jpg

とても歩きやすい。トレランには最適だろう。
DSC_2254_2016030923410758b.jpg
DSC_2257_201603092341090a0.jpg

この下りを最後に、車道に出る。
DSC_2259_20160309234038ad6.jpg
DSC_2260_20160309234040bbc.jpg

このダートは一般車両は入れない。
DSC_2262_201603092340412b4.jpg
DSC_2264_20160309234044572.jpg

道端にあった水場でちょっと喉を潤す。あんまり冷たくなかった。
DSC_2263_201603092340423e9.jpg

車止めの手前に水準点。
DSC_2265_20160309234016534.jpg

丁寧な説明版が立っている。明治17年の埋設のようだ・
DSC_2266_2016030923401729d.jpg

15分ちょっとで登山口まで下ってきた。
DSC_2269_201603092340182fb.jpg

この左手に人工の滝がある。
DSC_2272_20160309234021420.jpg

「真(まこと)の道」なる宗教法人が造った滝行の場らしい。
DSC_2271_2016030923401959a.jpg
ついでにやる滝行は修行にならないと戒めている。

まわりを見回すと、山の中に入っていく階段がある。
これが「真の道」の施設への参道のようだ。
DSC_2274_20160309233953f9a.jpg
もう移転しているという噂もあるようだが、きちんと確認してはいない。

それより気になったのは階段の脇にあるレール。
DSC_1362_20160309234444b34.jpg

これは何だ?
(276)
この傾斜からすると、運行されていたのはケーブルカーだろう。
DSC_2277_20160309233955a90.jpg

荷物やお年寄りを山奥の施設まで運ぶのに使っていたのだろうか。
DSC_2278_20160309233956ce2.jpg
しかし、完全に廃線となっている。
ネットで検索しても、現役時代の画像を見つけることはできなかった。
運行されている時に来てみたかった。

意外なものを発見して、うれしくなった。
さて、バス停まで最後のひと歩き。登山口の駐車場を後にする。
DSC_2280_201603092339577f0.jpg

(つづく)
このページのトップへ

嵐山・小仏峠(2)

【2016年2月28日(日)】嵐山・小仏峠
鼠坂(ねんざか)の登山口からほぼ1時間で嵐山(406m)の山頂に着いた。
DSC_2114_20160308215355f19.jpg

産霊宮水上(むすびのみやみなかみ)神社が鎮座していた。
DSC_2104_201603082144207ef.jpg

創建は昭和30年というから、かなり新しい。
DSC_2102_20160308214419cef.jpg
相模ダムが首都圏の人々を潤していることから、湖水の浄化と平安を祈り、お宮を祀ることにしたのだとか。
私も遅ればせながら、山の恵みに感謝し、登山の安全を祈願した。

山頂からの眺めは、いささか木々が邪魔しているものの、冬枯れのためかなり見通せる。
城山(670m)の南西斜面。千良木の集落。
DSC_2118_20160308214333be9.jpg

旧小原宿と中央自動車道。
DSC_2106_201603082144225f1.jpg

小仏峠と影信山(727m)。
DSC_2107_201603082144240e1.jpg

相模湖。
DSC_2109_201603082143554a8.jpg

相模川にはいくつもの橋がかかっている。
DSC_2111_201603082143573af.jpg
手前から、勝瀬橋、日連大橋、弁天橋。

頂上には、国道の歩道橋あたりで見かけた方々と思しき中年女性4人グループがいた。
私とは反対の道から登ってきたのだろう。
DSC_2116_20160308214400759.jpg

頂上のベンチは占拠されていたので、私は少し離れた場所で休憩。
DSC_2115_20160308214358e94.jpg
と言っても、行動食もおにぎりも何もないので、腰をかけてアクエリアスをぐいっと飲むだけ。

5分ほどで下山開始。弁天橋(上記の弁天橋とは別)方面に向かう。
DSC_2117_20160308214401fc1.jpg

こちらは標高差200mを一気に下る。
DSC_2119_20160308214334f06.jpg
DSC_2120_20160308214336186.jpg

10分ちょっとで駆け下り、登山口に出た。
DSC_2121_20160308214337e63.jpg

この道は産霊宮水上神社の参道という扱いであった。
DSC_2122_201603082143395bb.jpg
「嵐山からの相模湖」の眺めは、かながわの景勝50選ということになっている。

古い道標がさびていた。
DSC_2123_20160308214310223.jpg

車道を右折し、弁天橋に向かう。
途中通ったのは奥畑という集落だが、まさにその名の通りの景観。
DSC_2129_201603082143122c7.jpg
DSC_2131_201603082143135da.jpg

養護学校の手前を左折して、川岸へと下りていく。
DSC_2134_201603082143154fb.jpg

これが弁天橋。これも「かながわの橋100選」の一つらしい。
DSC_2137_20160308214316c31.jpg

昔はこのあたりでもボート遊びができたようだ。
DSC_2148_20160308214253f63.jpg

ここで野良猫が近づいてきた。
DSC_1339_20160308214441d27.jpg

みゃあみゃあ泣きながら、体をこすりつけてくる。
DSC_2141_2016030821424701c.jpg

明らかにエサをねだっているのだが、こんなに人懐こいネコは初めてだ。
今日はあいにくネコが喜びそうなものは何も持っていない。
DSC_1345_20160308214443c68.jpg
はちみつ梅をちぎってあげたら、案の定見向きもしなかった。
顔をしかめるところを、ちょっぴり見たかったけど。

ネコは橋を渡って、しつこくついてくる。
「おいで、おいで~」と誘ったからだろうか。
DSC_2143_201603082142488b4.jpg

このあたりの相模川は相模ダムの直下だが、この先に城山ダム(津久井湖)があるので、ほとんど流れがない。
DSC_2146_20160308214250f28.jpg
DSC_2147_201603082142517bb.jpg

橋を渡り切ると、架け替えを記念した石碑があった。
DSC_2149_201603082142244e1.jpg
弁天橋は昭和22年に相模ダムが完成後、桂川渓谷に残った唯一の景勝地として、同27年、観光目的で架けられた。
以来30年、有料橋としてハイカーや地元住民に親しまれてきたが、老朽化のため架け替えられることになり、昭和61年4月に現在の橋が完成をみたのだそうだ。

橋の名前の由来となった弁財天が、橋詰にある高台の上に祀られているので登ってみた。
DSC_2151_20160308214225993.jpg

柏手を打って参拝。
DSC_2152_20160308214227f05.jpg

振り返ると、今度は別のネコが後をつけてきていた。
DSC_2154_20160308214228cd7.jpg

と思ったら、さっきのネコも一緒だった。
DSC_2156_201603082142303a4.jpg

いやいや、ネコはそれだけじゃなかった。
DSC_2158_20160308214200d6f.jpg

どうやら大勢住みついているようだ。
DSC_1346_20160308214444d27.jpg
DSC_1347_20160308214446de5.jpg
雰囲気からして、ネコだけでなくホームレスもここで暮らしている様子がうかがえる。
今日はお留守なのか姿が見えない。
このネコたちはその人が飼っているのだろう。
それで、こんなに人懐こいんだと納得。
それにしても、こんなにいてはエサ代もバカにならないだろう。
どうやって稼いでいるのか。

などと考えながら、うろついていると、平らなエリアの真ん中に石仏があったりする。
DSC_2161_20160308214201b40.jpg
DSC_2162_20160308214203367.jpg
かつてはお堂があった場所なのだろうか。

古い石組の橋台も残っていた。
DSC_2163_20160308214204e76.jpg

相模川をもう一度眺めて、ネコちゃんたちともおさらば。
DSC_2164_201603082142060cc.jpg

石仏に見送られ
DSC_2167_20160308214139d31.jpg

旧小原宿へと急坂を登る。
DSC_2166_20160308214137425.jpg

標高差は70mもある。
DSC_2168_20160308214139966.jpg

途中に昭和10年建立の馬頭観音。
DSC_2169_20160308214141974.jpg

汗をかいて、段丘上にたどり着いた。
DSC_2170_201603082141426ca.jpg
DSC_2171_20160308214109acc.jpg

さて、昼飯だ。めざすは道の駅っぽい施設の「小原の郷」。
DSC_2173_20160308214110b24.jpg
ここには何度か来たことがあるが、よくよく見ると、食べ物を売っていることを示す幟が出ていない。
あれれ。窓から透かして中をのぞくと民芸品のようなものしか売っていないではないか。
やべ~。どうしよう。

そんな時でも催してくるので、トイレに駆け込む。目の前にあって、よかった。
便器に腰かけながら対応を考える。
「小原宿」「食堂」とか「小原宿」「コンビニ」で検索すると、「本陣の向かいのコンビニで」などという記述を発見。
やった! 個室で小さくガッツポーズ。

さっそく本陣に向かうと、コンビニではなかったが、ラーメンの幟が出ている。
DSC_1348_201603082144470be.jpg

おお、ありがたい。躊躇なく入り、メニューをガン見。生姜焼き定食にする。
ワンコイン500円は安い。
DSC_1349.jpg
しかも、なかなか美味であった。

食後のお茶をすすっていたら、この店のご主人と思しき方に声をかけられた。
「高尾山かい?」
「いえ、嵐山です」
「あ、そう。全然、人いなかったでしょ」
「いえ、それなりにいましたよ」
「弁天橋から上がって来たの?」
「ええ」
「ネコいたでしょ」
「ええ、たくさんいました」
てな感じで、彼の言うとことによると、弁天橋のたもとに仙人のような人が住んでいて、猫を20匹くらい飼っていたという。
近くの老人が集まって酒盛りをすることもあったが、長く糖尿病を患って入退院を繰り返し、昨年亡くなってしまった。
「家(東屋)あったでしょう」
「はい、食器もあったし、わりときれいでしたよ」
「あそこも片づけないといけないなあ」

それと、このあたりには猿がかなりいるらしい。
「90匹くらいいてね、農作物の被害がすごんだよ。神奈川県は条例で駆除ができない。山梨はどんどんやっているのに。あとはイノシシやシカも。ここに登山者が来ると、絶対エサをやらないように言っているのさ」
幸か不幸か、その他の動物には会わなかった。

「うちは代々林業をやってきたんだけど、最近は全然だめ。杉やヒノキなんて、50~60年ものが1本500円でしか売れない。祖父の代に植えたものだけど、乾かしたりちょっと手間をかけるだけで赤字になる。だから間伐材で、こんな椅子をこしらえたりしている」
店内には、木工のイスやテーブルのほか、動物の木彫などが並んでいた。
「最近はナラやクヌギの薪の方が商売になる。ホームセンターでは1束800円するがうちは680円で売ってるのよ。2束で1晩もつ。おきも温かいからね」

話は変わって
「去年(11月27日)、皇太子が石老山に登ったときは大騒ぎだった。機動隊からいろいろと指導された。沿道で手を振る時は脇をしめてやるようにって。手を伸ばして大きく振ると、何かものを投げるのではないかと思われて警察がすっとんでくる。二階から手を振るのもだめ。機動隊は当日200人も出た。皇太子がちょっと山に登るだけで、どれだけお金がかかっているのか分からない。石老山のベンチはみんな相模原市が新しくしたし」
確かにお金はかかるのだろうけど、たまには気分転換に山に登らせてあげたい気もする。
「近くの五本松という割烹旅館で、皇太子が休憩入浴したのだが、その前にあそこは檜風呂に新調した。皇室から領収書の要らない金が出ているのではないかと噂になっている」
それは多分ないと思うけど。

話は尽きなかったが、そろそろ出発しなくては。
外に出て看板を見ると、この店は確かに木関係の店だった。
DSC_2178_201603082141147ab.jpg

向かいにある小原宿本陣を撮影。見学はパスした。また来る機会もあろう。
DSC_2175_20160308214113f93.jpg
DSC_2174_20160308214111da5.jpg

今回は役に立たなかった「小原の郷」の前を通り、小仏峠へ向かう。
DSC_2181_20160308214052fe4.jpg

(つづく)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (99)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR