山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

畦ヶ丸

2日続けて西丹沢。
しかも、現地のキャンプ場に泊まったわけでもなく、いったん所沢に戻っての出直し。
前日は車で5時間半かけて帰っただけに、もう運転したくなかったが、相棒のO君から車で来てくれと頼まれてしまったので仕方がない。

実はもともとO君にこの日、畦ヶ丸か檜洞丸に行かないかと誘われていたのだが、同窓会の準備でつぶれると思っていたから一度はお断りしていたのだ。
でも、でも前々日にみっちりやったので、とりあえず日曜日に急いでしなければならないことはなくなり、「やっぱ、畦ヶ丸なら行くわ」と前夜になってO君に連絡したのである。(檜洞丸は昨年から3回も登っているので)

即、返事が来て、「畦ヶ丸の予定だよ。実はK美さんの友達も京都から夜行バスで出てくるから、新松田の駅で拾ってあげてほしいんだ。車で来るよね」という。
そういう任務があるなら是非もない。
また車で西丹沢往復か。

前夜は早めに就寝して、翌朝は4時半に起床。5:10に出発した。
前日と違って朝が早い分、環8もそれほど混んでおらず、東名も渋滞知らずで、順調。
最初は霞んでいて大山すら見えなかったが、じきに富士山も見えてきた。
ああ、昨日娘に見せてやりたかったなあ。

7:15、新松田駅に到着。美女2人はすでに到着していて、ご無沙汰と初対面のご挨拶。MさんはK美さんの京都時代のお友達とのこと。
ボルネオのキナバル山(4095m)に登ったこともあり、今年はキリマンジャロに挑戦する予定とか。すごい。

とにかく、わがミニカーにお乗せする。
一応4人乗りだが、山仕度の人と乗る場合は3人でぎゅうぎゅうだ。
京都から来たMさんは間近に見える富士山に歓声。
でも、この日、富士山の全容がくっきりと見えたのは、この時だけだった。

O君とは大滝橋の登山口で待ち合わせ。
私はてっきり、もう少し奥にある大石キャンプ場と勘違いしていて、箒杉を過ぎてどんどん進んで行ったら、「行きすぎじゃない?」とK美さん。
そんなはずはないと思いながら、地図を見ると、畦ヶ丸の登山口は大石じゃないと初めて気づき、あわてて戻る。

大滝橋の登山口はちょうど旧道になっていて、道路から大平の姿は見えなかったのだ。
5分ほどロスしただろうか。8時過ぎに大滝橋に到着。
O君と落ち合えた。

O君は自宅のある静岡県裾野市から駆けつけ、西丹沢自然教室に6時前に到着して帰り用の車を置いておいてくれたのだ。駐車場はギリギリ空いていたとのこと。
こんな暑い日も丹沢は大賑わいなのだ。
時間があるので、彼はそこから40分ほど歩いて、大滝橋まで来てくれていた。
で、私の車が駐められるかどうか、近くの大滝キャンプ場の人にも話をつけておいてくれていた。とても親切な人なのだ。

結局、1時間以上待たせてしまった。
旧大滝橋のたもとに車を駐めて
DSC_5518.jpg

8:19、いざ出発。
DSC_5517_20140630062644a2b.jpg

しばらくは林道歩き。
DSC_5521_2014063006264769e.jpg

右手には大滝沢が涼しげに流れている。
DSC_5522_201406300626495bc.jpg

15分ほどで林道は終わり、暗い植林の中に突入。
DSC_5526.jpg

まもなく緑のトンネルへ。
DSC_5530_20140630062623363.jpg

左手に滝を見る。
DSC_5532.jpg

沢を何度か渡たりながら少しずつ標高を稼いでいく。
DSC_5535_20140630062626e48.jpg
DSC_5538_201406300626289d9.jpg

沢名表示はめずらしい。大滝沢の支流・マスキ嵐沢。
DSC_5544_20140630062630242.jpg

しばし沢を離れ、山腹を登る。
DSC_5549.jpg

少し開けてきた。
DSC_5552_20140630062606f11.jpg
陽射しがかなり強い。

50分ほど歩いたところで、5分弱休憩。日陰で汗をぬぐう。
DSC_5559_201406300626072d4.jpg

15分ほど歩いて、鬼石沢を渡った先に
DSC_5563_201406300626097f4.jpg

一軒家避難小屋。
DSC_5567_20140630062610e45.jpg

当然、休ませていただく。
DSC_5570_2014063006254429c.jpg
中はきれいに清掃されている。
奥は寝床である。

休んでいると、1人の青年が飛び込んできた。猛烈な汗である。
こちらの会話を聞いて、「関西の方ですか?」と尋ねてきた。
「いえ、関西は彼女一人だけです」
わりとよくしゃべる青年で、ここまで登山口から30分で来たという。
恐ろしいスピードだ。我々は1時間以上かかっている。
先週も来て、道を間違えたと話していた。間違えるところなんてあったろうか。

とにかく我々が先に出発。
DSC_5573.jpg

ステタロー沢を遡る。
DSC_5576_20140630062547007.jpg
DSC_5581.jpg

沢を詰めたところが大滝峠上。小屋から40分ちょっとかかった。
DSC_5585_201406300625509c6.jpg
妙な地名だが、すこし南に下ったところに大滝峠があるからだ。

ここで一服していると、さっきの青年が追いついてきた。
もっと早く来ると思ったが、少しペースが落ちたようだ。

パンを1個かじって、我々も5分ちょっとの休憩で出発。
DSC_5588_20140630062524aa4.jpg
左手の木々のすき間から富士山が見えたが、写真を撮れるような見え方ではなく断念。

これまで無風だったが尾根筋は少し風が吹いて気持ちがいい。
シロヤシオやミツバツツジもまだ残っていた。
DSC_5589.jpg
DSC_5590.jpg

道はそれなりに険しい。でもずっと樹林の中。
畦ヶ丸の山頂もシルエットしか分からない。
DSC_5593_201406300625293ef.jpg

これは何の花かな?
DSC_5595_2014063006253092a.jpg
最近調べるのが面倒になってきた。

11:02、大滝峠上から40分ほどで頂上手前の畦ヶ丸避難小屋に到着。
DSC_5597.jpg
トイレも併設されていたが並んでいたので、諦めた。

例の青年もまた追いついてきた。
DSC_5599.jpg
この赤い彼だが、早いペースで歩いて、たっぷり休むので、我々とそんなに所要時間は変わらない。
ここは大室山や菰釣山へ通じるモロクボ沢ノ頭への分岐になっている。
ベンチがあったのでお昼にしようかとも思ったが、虫が多いので100m先の頂上へ向かう。

2分で到着。1293m。
DSC_5604_20140630062505a96.jpg
DSC_5605_20140630062506164.jpg
ここも展望はほとんどない。

ベンチもあったが占領されていたので、地べたに腰を下ろして昼食。
K美さんO君は湯を沸かして麺を食べていたが、私は暑いのでまたコンビニおにぎり。
しかし、虫が多くて難儀する。蚊ではないので刺されはしないのだが、うっとうしい。
それでも、O君はK美さんからもらったワインを飲んでいた。

少し北の斜面を下ると、わずかに眺望が得られた。
DSC_5609.jpg
左奥が御正体山(1682m)。

その右に三ツ峠山(1785m)。
DSC_5611.jpg
富士山は角度的に厳しかった。

御正体の左肩には、ほんとにうっすらと南アルプスが望めた。
DSC_5612_2014063006244149e.jpg

こちらはモロクボ沢ノ頭と加入道山を結ぶ稜線。
DSC_5613_20140630062443492.jpg
奥には道志山塊が見える。

40分ほどのんびりして下りにかかる。
DSC_5619_2014063006244592d.jpg
DSC_5621.jpg

右手、木々の間から権現山(1138m)が見えた。
DSC_5622.jpg

下りも快調。
DSC_5629_20140630062420e10.jpg
女子たちは西丹沢自然教室から登り返して、今夜、犬越路の避難小屋に泊まる予定なので、ザックが大きい。男子の1.5倍くらいの重量がありそうだが、彼女たちは実に健脚だ。

ハシゴのところで疲れ切っている少年がいて、しばし停滞。
DSC_5631_2014063006242133d.jpg

しかし、この子はその後、回復して跳びはねるように下りていった。
DSC_5633_20140630062423896.jpg

檜洞丸から南の稜線。
DSC_5634_201406300624240c4.jpg

45分ほどで善六のタワまで下りてきた。
DSC_5635_20140630062330c33.jpg
この先からは昨年7月、モロクボ沢を遡上した時に歩いた道だ。
長いのはよく分かっている。

さらに30分ほど下り、ベンチのあるところでひと休み。
DSC_5645_201406300623317ce.jpg
O君は「もう登るのは止めて、ビールにしな」と自分は飲めないくせに(車だから)女子を誘惑する。彼女たちもちょっと揺れている。

地面には黄色い花が風に揺れていた。
DSC_5646_20140630062333f54.jpg

さあ、あとはひたすら沢筋を下るのみ。
DSC_5648.jpg
さくさく進む。

本棚や下棚といった滝への分岐を通過。
DSC_5651_20140630062336479.jpg

このあたりは何度も沢を渡る。
DSC_5654.jpg
DSC_5664_20140630062309edb.jpg

昭和52年竣工の西沢台堰堤の脇を下る。
DSC_5669.jpg
人工物であるが、なかなか壮観で、女子たちからも歓声が上がる。

見覚えのある広い河原に出た。
DSC_5672_201406300623123b8.jpg
ここまで来れば、もう少し。

西沢と東沢が同じ地点で合流するのを吊り橋から眺めて
DSC_5680.jpg

終点、西丹沢自然教室に到着。14:05。
DSC_5684_20140630062248ced.jpg

やはり犬越路に登るという彼女たちをO君の車で用木沢出合まで送る。
実は彼女たち本当は、この日、ツツジ新道から檜洞丸に登り、蛭ヶ岳山頂の小屋で宿泊、翌日は丹沢主脈を縦走して、大倉に下りたかったらしいが、私のわがままを聞いてくれたO君が畦ヶ丸を主張してくれたのだ。
彼女たちには悪いことをしてしまった。

2人はその後無事に犬越路避難小屋に到着。
貸し切りになりそうとfacebookのメッセージが届いたが、遅れて5人のパーティが到着し、合同の大宴会になったんだそう。
翌日は二日酔いで檜洞丸に登ったんだとか。女子は強い。

当方はと言えば、大滝橋で私の車を拾って、お決まりの中川温泉・ぶなの湯。
O君と汗を流し、国道246号に出たところでバイバイ。
東名に乗ろうとしたら25kmの渋滞と表示があったので、おじけづいて246に戻る。
秦野付近でもひどい渋滞になったので、裏道へ。
地図をにらめっこしながら走ったことのない道を右往左往しながら北上。

途中、厚木のラーメン屋で腹ごしらえをして、圏央道の高尾山ICへ。
8時すぎに何とか帰宅できた。
車に乗っている時間がやけに長かったが、気になっていた畦ヶ丸を落とすことができてよかった。

【行程】2014年6月1日(日)
大滝橋(8:19)~マスキ嵐沢(8:54)~(9:09休憩9:13)~一軒屋避難小屋(9:27休憩9:35)~大滝峠上(10:17休憩10:23)~畦ヶ丸避難小屋(11:02休憩11:09)~畦ヶ丸(11:11昼食11:54)~善六ノタワ(12:31)~(13:00休憩13:08)~西丹沢自然教室(14:05)
※所要時間:5時間46分(歩行時間:4時間30分)
※登った山:1座(畦ヶ丸)
※歩行距離:9.6km
スポンサーサイト
このページのトップへ

シダンゴ山

本日は、大学4年になる娘と2人で就職内定祝賀登山。
娘との山行は、2人きりということに絞れば、2001年10月の足和田山(山梨県)と2011年8月の紋別岳(北海道)についで、3年ぶり3回目ということになる。

前夜は同窓会の実行委員会で遅くまで仕事をしてからの帰宅となったので、睡眠はやや少なめ。
6:45に所沢の自宅を車で出発。
世田谷区にある娘のアパートに寄って、ピックアップし、東名で丹沢に向かう計画なのだが、アパートまであと1kmというところで、猛烈な○意が・・・
その1kmが渋滞で何とも耐え難い。
やっとたどり着くや、あわててトイレに駆け込む。ふ~~~っ、間に合った。

初っぱなからみっともないところを見せてしまったが、仕方ない。
早速、環8経由で東名入口に向かう。
ところが、またしても○意が襲ってきた。
意外に環8も混んでいて、東名のPAまで持ちこたえられそうにない。
駐車場付きのコンビニも見当たらない。ううう

信号待ちの交差点で強引にUターン。反対車線にあったガソリンスタンドに乗り付け、またまたトイレに飛び込む。はぁ~~~っ、助かった。
機転が利いてよかった。
ついでにもちろんガソリンを入れて出発。
これでもう大丈夫と思ったのだが、なんとまたしても・・・
娘がいろいろと話しているが、もう全く頭に入らない。
(ごめん、父さんは今、それどころじゃないんだ)

東名は川崎IC手前から早速渋滞。路側帯を反則切符覚悟で走るかどうか。
迷っているうちに、前の車が路側帯を走り出し、それに付き従う。
港北PAに車を駐めて、トイレにまっしぐら。ひえ~~~っ、死ぬかと思った。
なんとか命拾いし、青い顔で車に戻ると、さすがに娘も「お父さん、だいじょうぶ?」
「うん、もうこれで大丈夫だと思う」
何とも情けない。しかし、この後は本当にお腹も落ち着き、娘との会話も楽しむことができました。

そういえば、用賀の東名の入口で「関西」と書いた紙を掲げた青年がいたっけ。
ヒッチハイクを見たのは何年ぶりだろうか。

大井松田で高速を下り、寄(やどりぎ)入口のセブンイレブンで飲み物と昼食を購入。
登山口の寄バス停に着いたのは、もう11時近くになっていた。

念のため、運動公園のトイレでもう1度、しゃがみこむ。
さて、11:05出発。
まずは大寺橋で中津川を渡る。
DSC_5424.jpg

しばらくは民家の間の舗装道路を登っていく。
DSC_5429_20140624224245080.jpg

住宅地を抜けると、茶畑が広がる。
DSC_5431_20140624224248336.jpg

寄集落も見下ろせる。
DSC_5430.jpg
それにしても、5月とは思えないほど暑い。

途中、スバル360が土に埋もれていた。
DSC_5435_20140624224250529.jpg
かの車も1970年に生産を中止して、はや半世紀近く。
すでに考古学の世界に入りつつある。

茶畑の中の急坂をなおも登る。
DSC_5438_20140624224220bb8.jpg

栗も栽培しているようだ。
DSC_5439_2014062422422208e.jpg

あちらの山にも茶畑が見える。
DSC_5441_20140624224223a42.jpg

30分ほど登ったところに獣除けのゲートが。
DSC_5442_20140624224225001.jpg

ここからは植林の中の登山道となる。
DSC_5446.jpg

早くも下山してきた女性陣とすれ違う。
DSC_5445_20140624224227e44.jpg

ゲートから10分弱登ると、一瞬開けた場所に出る。
DSC_5449_20140624224201c90.jpg
ここで今度は中高年グループとすれ違う。
われわれはかなり出遅れているようだ。
それにしても、こんな暑い日に1000mにも満たない低山に登る人はほとんどいないだろうと思っていたが、甘かった。

ちなみに娘は顔出しNGなので後ろ姿だけ。
DSC_5451_20140624224203db1.jpg
全く山装備ではなく、普段着にふつうの運動靴。

ふもとから45分ほどで水場に到着。
DSC_5453.jpg
水はザックにたっぷりあるのだが、手ですくって飲む。
さすがに標高が低いので、きゃ~冷たい!ってほどではないが、この暑さの中では十分冷たい。

しばらく平らな道が続いたが、再び登りに転じる。
DSC_5459_20140624224206e59.jpg

最後にアセビのトンネルをぬけると頂上。
DSC_5461.jpg
DSC_5462_201406242241377a9.jpg
シダンゴ山(758m)。
登山口から1時間20分ほど。コースタイム通りだった。
頂上では、3組くらいのハイカーが日陰でランチを楽しんでいた。

西に見えるのはダルマ沢ノ頭。
DSC_5463.jpg
霞んでいなければ富士山が見えるはずだったのだが、今日は残念だった。

頂上には山の神が祀られていた。
DSC_5464_2014062422414016a.jpg

説明板によると、シダンゴ山という奇態な名前の由来こういうことだそうだ。
シダンゴとは古来、「震旦郷」と書いた。「震旦」とは中国のこと。
時は欽明天皇の御代というから西暦6世紀の半ばごろ、仏教をここ寄の地に伝えた仙人がこの山の頂上に住んでおったそうな。
この仙人をシダゴン(震旦郷)と呼んだことから、転じてシダンゴ山になったらしい。

北を望むと、右端に鍋割山(1273m)。中央奥には左から檜洞丸(1601m)、臼ヶ岳(1460m)。
DSC_5467_20140624224141f60.jpg

東には三ノ塔(1205m)。
DSC_5470_2014062422411192c.jpg

北東には塔ノ岳(1491m)
DSC_5471.jpg

さて、ちょうどお昼の時間だ。
ベンチはあるが、カンカン照りなので暑くてとても座れない。
こちらも日陰に避難。シートを持ってこなかったので、マットを敷いてあぐらをかく。
2人でおにぎりをほおばる。
暑いけど、娘も楽しそうなので、うれしい。

30分ほど休んで、秦野峠方面に向かう。
DSC_5473.jpg
正面に見えるのは、伊勢沢ノ頭(1177m)や檜岳(1167m)の稜線、檜岳山稜。

植林の中を下る。
DSC_5476_20140624224116372.jpg

10分弱で分岐に。
DSC_5478_2014062422411833a.jpg
ここは左折して、宮地山へ。

しばらく等高線に沿った歩きやすい道。
DSC_5479_2014062422405045f.jpg
DSC_5483.jpg

一旦、建設中の林道に出て
DSC_5484_20140624224053ae5.jpg
DSC_5485.jpg

再び、登山道へ。
DSC_5486_20140624224055724.jpg

途中の小さなピークに、タコチバ山のテープが。
DSC_5487.jpg
「登った山」を1つ得した。

これが頂上の雰囲気。
DSC_5488.jpg

15分ほどで宮地山に到着。
DSC_5491_20140624224030df8.jpg
展望なし。

柵の中が本当のピークのようなので、そこまで行って足跡を残す。
DSC_5492_201406242240312ac.jpg

すこし戻って、分岐から大寺橋に向かって下る。
DSC_5494.jpg
けっこう急な下りで、靴に凹凸のない娘が何度も滑っていた。

10分ほどでさっきとは別のゲートを通過。
DSC_5495.jpg

茶畑のわきの道を下る。
DSC_5498_20140624223954336.jpg

小さな子供たちも元気だ。
DSC_5500_20140624223958635.jpg

大寺集落に出る。娘は「なんだか沖縄みたい」とつぶやく。
DSC_5507.jpg
確かにそんな気配がある。

午後2時23分、寄バス停まで下りてきた。
DSC_5513_20140624223959664.jpg
3時間20分ほどの山行を終了。
娘は山歩きは素人だが、ダンスで鍛えてあるので、この程度のハイキングではまったく根を上げなかった。
車の中はサウナ状態なので、ドアを開け放ち、近くの店でアイスを買う。

帰りはやはり渋滞。その間中、娘は気持ちよく寝ていた。
アパート近くのガストで夕食を食べ、夜8時頃帰宅、帰りは5時間半かかった。
ああ、もう運転したくない。

【行程】2014年5月31日
寄・大寺橋(11:05)~水場(11:51)~シダンゴ山(12:27昼食12:54)~タコチバ山(13:31)~宮地山(13:47)~寄駐車場(14:23)
※所要時間:3時間18分(歩行時間:2時間51分)
※登った山:3座(シダンゴ山、タコチバ山、宮地山)
※歩行距離:6.3km
このページのトップへ

やっと同窓会終わりました

先々週の土曜日やっと同窓会が終わりました。
長い長い道のりでした。
終わってすぐ残務整理も残っていますが、とりあえずほっと一息です。

5月10~11日に丹沢縦走した後、5月31日に娘と丹沢のシダンゴ山、6月1日に丹沢の畦ヶ丸に登り、6月16日には同窓会の延長で、高校の同期4人と箱根の湯坂路を歩いてきました。

追ってこれらも順次報告致します。

これからは梅雨本番ですが、晴れた日を狙って、また山歩きを本格的に再開します。
それでは!
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (99)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR