山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

地蔵岳(8)

【2017年4月30日(日)】地蔵岳
巨大な擁壁工事現場を過ぎて青木鉱泉に向かっている。
DSC_2582_20170624054122089.jpg

ちょっとカッコいい案内図があった。
DSC_2583_20170624054124736.jpg

平和な林道歩きだ。
DSC_2584_2017062405412591e.jpg

ここはバス停ではないが、バス利用者のためのお知らせ時刻表。
シーズン中は1日4往復もあることにびっくり。
DSC_2585_2017062405412693e.jpg

でも、これが出てきたということは青木鉱泉も近い。
DSC_2586_20170624054129c09.jpg

そういえば、青木鉱泉はまだ営業していないとの噂を鳳凰小屋で聞いた気がするが。
DSC_2587_20170624054027b03.jpg

またしても、ミヤマキンバイの群落。まだ5月にもなっていないのに。
DSC_2588_201706240540296f7.jpg

やっと建物が見えた。
DSC_2589_20170624054030e05.jpg

工事現場から10数分。10:25に青木鉱泉に到着。予想していたのより、かなり大きい。
DSC_2590_2017062405403295b.jpg

しかし、雰囲気が静か。やはりお休みなのだろうか。
DSC_2591_201706240540331dc.jpg

とにかく、ここで登山道は終了。
DSC_2592_20170624054004ff3.jpg

ツツジが満開だった。
DSC_2593_20170624054006516.jpg

ここは薬師岳(2780m)に至る中道コースの起点でもある。
DSC_2595_20170624054009c6b.jpg

とりあえず、しばし休憩。
DSC_2596_20170624054010d05.jpg

御座石鉱泉には入りたくないので、お風呂はどこかの日帰り入浴施設になるかなあと思っていたら、ここで入れるらしい。
DSC_2594_2017062405400707f.jpg

御座石鉱泉まで行く道の状況を宿の人に聞きにいってくれたO君が仕入れた情報だ。
本営業は明日からだが、男だけなら今日入れてあげられるとのこと。
ありがたい。だったら、御座石で車を回収したら、ここに戻って来よう。
肝心の登山道の件だが、近年はほとんど誰も歩いておらず荒れているので、林道を歩いた方がいいとのこと。
登山道のコースタイムは1時間だが、林道経由でも1時間くらいで行けるそうだ。
時間がそれほど変わらないなら、別に登山道にはこだわらない。
むしろリラックスして歩けて、開けている方がいい。林道経由で行くことにした。
またまたお腹が空いてきたので、ここで麦チョコを食べ切ってしまった。
水道があったので、水も補給した。

15分ほど休んで出発。
DSC_2597_2017062405512025f.jpg

12:15発のバスがすでに待機していた。
DSC_2598_20170624055122ade.jpg
DSC_2599_20170624055123de0.jpg

そっか、ここから甘利山方面にも行けるんだった。
DSC_2600_201706240551243c5.jpg

ここの駐車場は有料。
DSC_2601_20170624055126a75.jpg

しばらくはダートの道を歩く。
DSC_2602_20170624053940f50.jpg

開けた場所に出た。
DSC_2604_20170624053943f81.jpg

正面に見えているのは、金峰山(2599m)だろうか。
あまり見たことのない角度からなので形が随分違うけど。
DSC_2603_20170624053942065.jpg

御所山(1892m)方面。
DSC_2605_20170624053945097.jpg

見えるのがちょっと不思議な気がするけど、櫛形山(2052m)かな?
DSC_2606_20170624053946fbc.jpg

背後は薬師岳(左)と観音岳(右、2840m)。
DSC_2607_201706240539152a2.jpg

林道はカラマツ林の中を貫いている。
DSC_2608_201706240539173ab.jpg

カラマツの新緑と観音岳の残雪の組み合わせ。実に素晴らしい。
DSC_2609_20170624053918505.jpg

ドンドコ沢は砂防工事が念入りに行われているようだ。
DSC_2610_20170624053920fd5.jpg

昭和34年建立の造林記念碑。
DSC_2611_20170624053922548.jpg

この先はずっと舗装道路。
DSC_2612_20170624053850dab.jpg

ヤマザクラがまだ咲いていた。
DSC_2613_20170624053852aee.jpg

砂防ダムで遊んでいる人を発見。
DSC_2614_20170624053853fee.jpg

右は燕頭山(2105m)。
DSC_2615_201706240538558ba.jpg

「床固」というのは文字通り、河床をコンクリートで固めて土砂の流出を防ぐもののことなのだろう。
DSC_2616_2017062405385611a.jpg

それにしても新緑が美しい。カラマツは紅葉した季節ばかり見ているので、新緑は新鮮だ。
DSC_2617_20170624053825ac9.jpg

甘利山への分岐を通過。
DSC_2618_20170624053827222.jpg

帰りは、この道を通って帰ることにした。
DSC_2619_201706240538286e2.jpg

このあたりの河原には、山菜採りの家族連れなどが、たくさん来ていた。
DSC_2620_2017062405383032b.jpg

実にすがすがしい車道歩きだ。
DSC_2621_20170624053831fc9.jpg
DSC_2622_20170624053759431.jpg

ドンドコ沢改め小武川を渡る。
DSC_2623_201706240538017f0.jpg

右前方に八ヶ岳。
DSC_2624_20170624053802ece.jpg

再来週、あそこに登るので、雪はどんどん解けてほしい。
DSC_2625_201706240538041f5.jpg

左は編笠山(2524m)。
DSC_2626_2017062405380547a.jpg

いや~いい季節だ。
DSC_2627_2017062405373321a.jpg

青木鉱泉から40分で御座石鉱泉への林道に合流。
DSC_2628_20170624053735ea7.jpg

ここから登りに転じる。
DSC_2629_2017062405373688a.jpg

ここが御座石林道の起点。
DSC_2630_201706240537389b3.jpg

湯沢を渡る。
DSC_2632_201706240537093ab.jpg

こちらも砂防ダムが累々と連なっている。
DSC_2633_20170624053711611.jpg

正面に薬師岳が覗いていた。
DSC_2631_201706240537391b3.jpg

分岐までは下りで楽だったが、この先はかなり急勾配の登り。
DSC_2634_20170624053712840.jpg

御座石鉱泉まで160mも登らなければならない。
DSC_2635_20170624053714705.jpg

しかも下界はかなり暑い。
DSC_2636_20170624053715ca5.jpg

途中、北精進ヶ滝に行く道が右に分岐していた。
DSC_2637_20170624053642caa.jpg

写真を撮ったりして、ぐずぐずしているうちに2人とは離れてしまい、最後まで追いつくことができなかった。
DSC_2638_20170624053644b9d.jpg

急な登りで最後の最後に汗をかいてしまったが、小屋から6時間かからずに御座石鉱泉に到着した。
DSC_2639_20170624053645050.jpg
青木鉱泉のおやじさんの言う通り、林道歩きは1時間ちょっとだった。
すぐに、車に乗って再び青木鉱泉に向かう。
一堂、「車は速いねえ」と改めて感心。
またお腹が空いたので、車内でグラノーラを食べてしまった。

青木鉱泉にとっては我々が今年最初の客となった。
DSC_4761_20170624053647dc7.jpg

沸かし湯なので、途中で宿の主人が「湯加減大丈夫?」と様子を聞きにきてくれた。
いい人だ。
DSC_4762_20170624053648b70.jpg

入浴料1000円の価値はあった。
DSC_4764_20170624053615606.jpg
蛇口からお湯は出なかったけど大満足。
それにしてもさっぱりした。
お礼を申し上げて、午後1時に出発。

韮崎には往路とは別ルートの鳥居峠を経由して向かった。
八ヶ岳などが望める景色のいいドライブコースだった。

この付近にはろくな店がないので、昼食は甲府で食べることにして、国道20号を東進。
正面にちょっと霞んだ富士山が大きく見えた。
DSC_4765_20170624053616149.jpg

お昼は結局、甲府市内の甲州名物ほうとうの店にした。
DSC_4766_2017062405361884a.jpg

チェーン店の「小作」である。
DSC_4769_20170624053549bff.jpg

私は、ほうとうは汗をかきそうだったので、忍野そばとミニうな丼のセット(1300円)にした。
DSC_4770_20170624053551ece.jpg
二人はほうとうのセット。

その前に、つまみとして甲州のB級グルメ鳥モツと馬刺しを頼んだ。
DSC_4768_20170624053621e4c.jpg
DSC_4767_201706240536193a5.jpg
いずれも、おいしかった。
二人はノンアルを飲んだが、私は止めておいた。
そばセットだけでお腹いっぱいなのに、ほうとうセットの方はさらにボリューム満点で、H君は食べきれないからと、少しほうとうを分けてくれた。
全部食べるのは大変だけど、少しだとおいしいね。

一堂満腹になって車に戻る。
甲府駅には14時半前に着いた。
DSC_4771_20170624053552f11.jpg

ここでO君とはお別れ。
DSC_4772_20170624053554631.jpg
H君は15:55発のあずさの指定券を買ってあるが、早い電車が空いていたら、その方がいい。
15:03甲府発の特急あずさが運よくまだ空いていたので、彼はそれに変更。

私はみどりの窓口でH君と別れ、14:46発の普通列車へ。
DSC_4773_201706240535550b4.jpg
その前にトイレで不要なものは出しておいた。
始発ではなかったが、ちょうど1つボックス席が空いていたので、そこに陣取る。

南側なので陽射しが暑いが、私には車窓を見る方が優先だ。
DSC_4774_20170624053534fe9.jpg
電車は各駅に停まるたびに登山者を乗せていく。
どんどん混んでくるのに、前に座っていた若者は隣の席に置いたカバンをどけようとしない。
暑そうにしていたので、最初は日よけを下ろしてあげようと思っていたが、そういう態度なら罰として陽射しの刑に処した。
大月あたりでほぼ満席となり、上野原でぎゅうぎゅうになった。
さすがにGWだ。

高尾で特別快速に乗り換え。
こちらも座ることができた。
国分寺発の電車は新所沢直通でうれしかった。
帰宅したのは18時。
今回もまた雪山だったが、気になっていた鳳凰小屋泊の周回コースを歩けて、滝もすべて見られて満足。
何より、北海道から来たH君が喜んでくれたのがうれしかった。

【行程】2017年4月30日
鳳凰小屋(6:00)~五色の滝(6:43)~白糸の滝(7:09撮影、身支度7:18)~鳳凰の滝分岐(7:54)~鳳凰の滝(8:05撮影、休憩8:16)~青木鉱泉分岐(8:23)~南精進の滝分岐(8:53)~南精進の滝(8:59撮影9:01)~分岐(9:04)~沢コース分岐跡(9:51)~法面工事現場(10:12)~青木鉱泉(10:25休憩10:41)~林道分岐(11:21)~御座石鉱泉(11:48)
※所要時間:5時間48分(歩行時間:5時間20分)コースタイム:5時間40分
※登った山:なし
※歩行距離:10.9km
スポンサーサイト
このページのトップへ

地蔵岳(7)

【2017年4月30日(日)】地蔵岳
鳳凰小屋から3時間で南精進ヶ滝に着いた。
DSC_2489_2017062306223684a.jpg

2段の滝の間に滝壺が見える。
DSC_2492_20170623062237401.jpg

水量が多く、今回見た4つの滝の中では最も迫力があった
DSC_2493_20170623062238ede.jpg

岩壁もほぼ垂直。
DSC_2495_20170623062241e7f.jpg

水がめちゃめちゃきれいだ。
DSC_2494_20170623062240079.jpg

やけに早いが、日向にミヤマキンバイが咲いていた。
DSC_2496_201706230622029f9.jpg

というわけで、南精進ヶ滝を後にする。
DSC_2497_201706230622047a7.jpg
「南」というくらいだから「北」もあるのだろうと調べてみたら、燕頭山(2015m)をはさんで北にある石空川の上流に「北精進ヶ滝」があった。

慰霊碑のある分岐を通過。
DSC_2498_20170623062205132.jpg

ちょっと大きめの沢を渡渉する。
DSC_2499_2017062306220793e.jpg

しかしここで不覚にもスリップし、左手を沢の中にザブンと付いてしまった。
シャツの袖がびしょびしょになったが、絞るわけにもいかず、そのまま乾かすしかない。
DSC_2500_20170623062208cbe.jpg

それにして転倒しなくてよかった。
DSC_2501_20170623062140b17.jpg

ここから先がまた長い。
DSC_2502_201706230621415f7.jpg

またまたコバイケイソウの群落。
DSC_2503_20170623062143ab3.jpg

でも、コバイケイソウではなくバイケイソウなのかな。
DSC_2504_20170623062144db2.jpg

これだけでは、ちょっと見分けが付かない。
DSC_2505_20170623062146d51.jpg

標高1500m付近まで下ってきた。
DSC_2506_20170623062117320.jpg

正面に巨岩が見えるが、あの下をくぐるのかな。
DSC_2507_20170623062119406.jpg

胎内くぐりかと楽しみにしていたら、道は手前で右折していた。
DSC_2509_20170623062120554.jpg

またまた渡渉のようだ。
DSC_2510_20170623062122c3b.jpg

今度はすんなり。
DSC_2511_20170623062123c6f.jpg

でも、この沢は別の意味で随分危なげだ。
DSC_2512_201706230620547b5.jpg

ほとんど崩れかけている。
DSC_2513_20170623062055abf.jpg

対岸にも大規模な崩落箇所が見えた。
DSC_2516_201706230621009db.jpg

真っ白な花崗岩。
DSC_2514_201706230620571c0.jpg

花崗岩の沢はほんとに水がきれいだ。
DSC_2515_201706230620589d1.jpg

こういう崩落予備軍な感じも南アルプスの特徴だろう。
DSC_2517_20170623062030373.jpg

この程度の滝なら無数にある。
DSC_2518_2017062306203211c.jpg

燕頭山のピークかしら。
DSC_2519_2017062306203360b.jpg

久々に見えた稜線。たぶん観音岳(2780m)の北にある2840mピーク。
DSC_2520_20170623062035241.jpg

山腹のトラバースなので、道が細いところもあるし、アップダウンもある。
DSC_2521_201706230620363cc.jpg

その連続なので、いい加減疲れる。
DSC_2523_20170623062009d1c.jpg

それだけにコバイケイソウの緑に癒される。
DSC_2522_20170623062007988.jpg

もうしばらくの辛抱だ。
DSC_2524_20170623062010585.jpg

9時半頃、青木鉱泉から登ってくる人とすれ違った。
DSC_2525_20170623062012aed.jpg

右手に見える稜線。
DSC_2526_20170623062013c12.jpg

なおもトラバース。
DSC_2527_20170623061943e33.jpg

ただ斜面はだいぶなだらかになってきた気もする。
DSC_2528_2017062306194519e.jpg

かと思えば、崩落箇所の上を行く。
DSC_2530_20170623061948bd1.jpg

ロープのある細いトラバース。
DSC_2531_20170623061949ad9.jpg

わりと古めの道標。
DSC_2529_20170623061946161.jpg

こちらは随分略式だ。
DSC_2532_201706230619195a3.jpg

ここからはジグザグに100m以上下っていく。
DSC_2533_20170623061920ea8.jpg

文字通りのつづら折りだ。
DSC_2534_201706230619222d7.jpg

黙々と行ったり来たりを繰り返す。
DSC_2535_20170623061923f95.jpg

いったん山側を振り返る。
DSC_2536_2017062306192598c.jpg

写真を撮っている間に2人は随分先まで行ってしまった。
DSC_2537_201706230618551d8.jpg

途中、分岐っぽいところに出た。山腹トラバースの道は通行禁止のようだ。
DSC_2538_20170623061857580.jpg

「山と高原地図」にはしっかりした実線で書かれているのだが。
DSC_2539_20170623061858dad.jpg

大きな砂防ダムのあるあたりまで下ってきた。
DSC_2540_20170623061900339.jpg

このあたりで標高は1300m。
DSC_2541_20170623061901c32.jpg

標高差120mの斜面を下り切った。
DSC_2542_20170623061828069.jpg

南精進ヶ滝から1時間近く歩いて、やっとドンドコ沢の谷底まで下りてきた。
DSC_2543_20170623061830d8d.jpg

振り返れば、地表が剥がれ落ちたかのような岩壁。
DSC_2544_20170623061831580.jpg

右手には本流の砂防ダムが見えた。
DSC_2545_201706230618338e6.jpg

こちらは支流の石積み砂防ダム。
DSC_2546_201706230618342db.jpg

登る人にとっては、ここからが本格的な登山道だ。
DSC_2547_20170623061804b5e.jpg

さっきの支流を渡渉。
DSC_2548_201706230618069cb.jpg

鉄分が多いのか水の色が赤い。
DSC_2549_20170623061807be7.jpg

これまた、やけに早いタテヤマリンドウ。
DSC_2550_20170623061809786.jpg

やっと平らな道を歩ける。
DSC_2551_20170623061810167.jpg

振り返ると、木々を透かして、地蔵岳(2764m)、観音岳の稜線が見える。
DSC_2552_20170623061738101.jpg

谷底に下りてきても、まだまだ下るようだ。
DSC_2553_201706230617406b6.jpg

鳳凰小屋から4時間が経過。10時を過ぎた。
DSC_2554_20170623061741e9e.jpg

落ち葉を踏みしめて進む。
DSC_2555_20170623061743b02.jpg

完全に河川敷の中に入った。
DSC_2556_20170623061744a90.jpg

平和通りである。
DSC_2557_20170623061714d04.jpg

韮崎北西小学校の仁科里夏ちゃんが揮毫した小武川第三砂防堰堤を通過。
DSC_2558_20170623061716681.jpg

岩の隙間から健気に咲くツツジ。
DSC_2559_20170623061717876.jpg

壁だ。
DSC_2560_20170623061719b91.jpg

作業用道路に入ってきた。
DSC_2561_201706230617206f0.jpg

このあたり広範囲で工事をしているようだ。
DSC_2562_20170623061651bd2.jpg

法面工事だ。かなり大規模である。
DSC_2563_2017062306165280f.jpg

それを避けるため、ここから登山道は右岸に迂回する。
DSC_2564_20170623061654aae.jpg

本流の堰堤を渡ることになる。
DSC_2565_20170623061655cea.jpg

巨大なピカチュウだ。
DSC_2566_20170623061657479.jpg

川を渡ったおかげで、ダムの向こうに観音岳を望むことができた。
DSC_2568_20170623061626608.jpg
DSC_2570_201706230616295fa.jpg

やはりまだ雪が多い。
DSC_2571_20170623061631e96.jpg

景観は損ねてしまうが、崩落防止のためには止むを得まい。
DSC_2569_201706230616284ce.jpg

この工事は何年がかりなのだろう。
DSC_2572_20170623061632942.jpg

資材を運ぶケーブル。
DSC_2573_20170623061554a9a.jpg

警報機。
DSC_2574_20170623061556a19.jpg

さすがに今日は日曜日なので作業はお休みだ。
DSC_2575_20170623061557731.jpg

再び左岸に戻る。
DSC_2576_20170623061559888.jpg

再度、観音岳。
DSC_2578_20170623061600202.jpg

左岸に渡った。
DSC_2579_201706230615308f7.jpg

あとは、ダートだけど車道歩きになる。
DSC_2581_201706230615332d7.jpg

すっかりリラックスムードだ。
DSC_2580_20170623061532a9a.jpg

(つづく)
このページのトップへ

地蔵岳(6)

【2017年4月30日(日)】地蔵岳
五色滝を見学して、青木鉱泉を目指している。
DSC_2404_201706220558151f8.jpg

次は白糸滝に向けて下っていく。
DSC_2405_20170622055816f18.jpg

この道標、いったい五色滝はどっちなのか。
DSC_2406_20170622055818ebe.jpg

小さな谷を横断。
DSC_2407_20170622055819094.jpg

このあたり、踏み跡が正しいのかどうか慎重に見極めながら進む。
DSC_2408_2017062205582148f.jpg

もう沢が露出しているところもあり、安全なルートを選ばないといけない。
DSC_2409_201706220557539fe.jpg

時折、夏道が見えるとホッとする。
DSC_2410_20170622055755ce2.jpg

ただ、トラバースはかなり歩きにくい。
DSC_2411_201706220557579cd.jpg

振り返ると、たいぶ土が見えてきていることがよく分かる。
DSC_2412_2017062205575845d.jpg

巨岩。
DSC_2413_2017062205580025b.jpg

岩壁をトラバース。
DSC_2414_20170622055732b30.jpg

白糸滝の前には五色滝分岐から20数分で着いた。
DSC_2416_20170622055735569.jpg

かなり古い看板も残っていた。
DSC_2415_20170622055734e56.jpg

滝はここからすぐ見える。
DSC_2417_201706220557371ab.jpg

上の方が白糸滝だろう。
DSC_2418_201706220557386c3.jpg

ほとばしる雪解け水。
DSC_2419_20170622055711f82.jpg

巨大な岩がゴロゴロしている。
DSC_2420_20170622055712451.jpg

南に見えるのは千頭星山(2139m)か。
DSC_2421_20170622055714c6a.jpg
DSC_2423_20170622055717aa1.jpg

やはり岩の固いところが滝になるようだ。
DSC_2422_2017062205571594a.jpg

だいぶ雪も少なくなったので、ここでアイゼンを外そうということになった。
DSC_2424_20170622055638930.jpg
私はこの先もしばらく日蔭にはかなり残っていそうな気がしたので、まだ早いかなと思い、チェーンに履き替えるにとどめた。

その後も氷が残っていたり、雪があったりしたので、これで正解だった。
DSC_2425_20170622055640e03.jpg

でも、氷は見えにくく、チェーンも効かないことが多いので細心の注意を払った。
DSC_2426_20170622055642e36.jpg

標高1900m付近でほぼ雪がなくなったので、チェーンを外した。
DSC_2427_201706220556438d5.jpg

あとは、夏道。
DSC_2428_201706220556446ce.jpg

やっとリラックスできる。
DSC_2429_20170622055614590.jpg

ただ、下りの傾斜がかなりきつい。
DSC_2430_201706220556162bf.jpg

辛抱、辛抱。
DSC_2432_20170622055618c1e.jpg

着実に下ってはいるのだから。
DSC_2431_201706220556171a9.jpg

この角柱状の巨岩は上から滑り落ちてきたのだろうか。
DSC_2433_20170622055620d2d.jpg

末端につっかえ棒がしてあった。
DSC_2434_20170622055551e40.jpg

下り始めて2時間近く経過。
DSC_2435_20170622055552963.jpg

小さな沢を渡渉したりする。
DSC_2436_20170622055554436.jpg

清冽な流れだ。
DSC_2437_20170622055555fed.jpg

崩落で道が寸断されている箇所に出た。
DSC_2438_201706220555576ff.jpg

迂回のためかなり登らなければならない。
DSC_2439_2017062205552122c.jpg

二日酔いの影響で登り返しがかなりきつい。
DSC_2442_20170622055524c15.jpg

尖塔の下でやっと下りになった。
DSC_2441_20170622055523da1.jpg

ここの下りには凍結箇所があった。スリップ注意だ。
DSC_2443_20170622055526ed4.jpg

迂回路をクリアして間もなく、鳳凰の滝への分岐に到着。
DSC_2444_20170622055527b7a.jpg

鳳凰の滝まで200m5分と書いてあったが、10分近く歩かされた。
また戻るのが面倒だったが、途中、直接青木鉱泉に通じる道が分岐していて助かった。
DSC_2445_2017062205545465e.jpg

段々になっている、それなりの滝が見えてきているのに、O君はどんどん進んでいく。
DSC_2446_20170622055456139.jpg

これが鳳凰の滝ではないのか。
DSC_2447_2017062205545706f.jpg

その上は雪渓だけど。
DSC_2448_20170622055459dca.jpg

じゃあ、あれのこと?
DSC_2449_20170622055500ba2.jpg

いや、この白い岩の奥にも何かありそうだぞ。
DSC_2450_20170622055429968.jpg

あ、見えた、見えた。
DSC_2452_20170622055432788.jpg

ずっと死角になって見えなかったが、向かい合って2つの滝が流れ落ちている。
DSC_2451_201706220554305c7.jpg

それが鳳凰の翼のように見えたから、その名が付いたのだろう。
DSC_2453_20170622055433158.jpg

名前の由来を勝手に想像して、納得した。
DSC_2455_201706220554012d5.jpg

そういえば、この岩は面長な人の横顔のように見えるね。
DSC_2456_201706220554038ac.jpg

朝食をろくに食べていないので、さすがにお腹が空いてきた。
ここで小休止して、非常食のあんパンを1個食べることにした。
DSC_2454_201706220554352c2.jpg
これで青木鉱泉までは持つだろう。
医者のH君が二日酔いには、水をどんどん飲むのがいいとアドバイスしてくれたので、ここまで本当によく飲んできた。
お茶500ccと小屋の水500ccはもうなくなりそうだったので、ここで沢水を1㍑補給した。

10分ほどで出発。
DSC_2457_20170622055404d59.jpg

坂の途中で、間違えてこの枝をつかんでしまい、指に棘が刺さってしまった。
DSC_2458_20170622055406030.jpg

滝の分岐までは戻らず、ここを右折する。
DSC_2459_201706220554085f0.jpg

もう、雪は完全になくなってしまった。
DSC_2460_20170622055337be8.jpg

左手に見えるのは、昨日巻いた2216mピークかな。
DSC_2461_20170622055339ef1.jpg

急な下りはなおも続く。
DSC_2462_20170622055341d95.jpg

標高が下がって、だいぶ暖かくなってきた。
DSC_2463_201706220553425a8.jpg

岩場のへつり。
DSC_2464_2017062205534384b.jpg

小さな沢を通過。
DSC_2465_201706220553140fc.jpg

花崗岩なので、川の水も透き通っている。
DSC_2466_201706220553154eb.jpg

この沢も渡る。
DSC_2467_20170622055317afd.jpg

しめ縄をかけたような岩。
DSC_2468_201706220553183e6.jpg

左手の稜線の岩も花崗岩だ。
DSC_2469_201706220553204f2.jpg

下にも花崗岩がゴロゴロ。
DSC_2470_20170622055229e56.jpg

地形図では、次の南精進ヶ滝までわりと近く書かれていたのに、かなり下らされている。
DSC_2471_20170622055230360.jpg

もう滝はいいや、くらいな気持ちになってくる。
DSC_2472_201706220552324a5.jpg

コバイケイソウの新芽が出ていた。
DSC_2473_2017062205523393c.jpg

道端に群生している。
DSC_2474_20170622055235504.jpg

今年は豊作だろうか。
DSC_2475_20170622055205e93.jpg

春の息吹を思い切り感じた。
DSC_2476_20170622055206592.jpg

花崗岩の小さなケルンを通過。
DSC_2477_2017062205520804f.jpg

それにしても遠いぞ。
DSC_2478_20170622055209a06.jpg

結局、南精進ヶ滝の分岐まで30分もかかった。
DSC_2479_20170622055211743.jpg

ここには遭難者の慰霊碑があった。
DSC_2480_20170622055142770.jpg

遭難は11月とのことだが、天候の急変にでも遭ったのだろうか。
DSC_2481_201706220551446f8.jpg

手を合わせて滝へ向かう。
DSC_2482_201706220551452ce.jpg

このあたりも崩落箇所が多い。
DSC_2483_20170622055147018.jpg

一つ間違うと奈落の底。
DSC_2484_20170622055148148.jpg

滝まで随分歩かされた。
DSC_2485_20170622055117070.jpg

しかも岩場まで登らされた。
DSC_2487_20170622055120424.jpg

滝展望台経由で地蔵岳に行ける道があるようだ。本当かね。
DSC_2486_20170622055120427.jpg

6分かかって、やっと到着。
DSC_2490_201706220551232f6.jpg

滝は上下に分かれていた。
DSC_2488_201706220551220ca.jpg
DSC_2491_20170622055102342.jpg

(つづく)
このページのトップへ

地蔵岳(5)

【2017年4月29日(土)】地蔵岳
地蔵岳(2764m)から下りてきて、13時半に鳳凰小屋のこたつ部屋で祝杯を上げた。
はじめは我々3人だけで飲んでいたが、少しずつ人が増えていった。
最初に来た単独の男性は、東京の人。甲府に前泊して、韮崎発の始発バスで来たとのこと。
本当は東京を朝出て、2番目のバスで来ようと思ったが、踏み抜き情報で時間がかかると思ったので前泊にしたのだとか。登頂は明日にして、そのままピストン下山する予定らしい。
我々より3つ年上で、山を始めてまだ2年だが、去年はテントをかつぎ3泊4日で、三伏峠から塩見、間ノ岳を縦走したという。大した脚力だ。

次に入ってきた熟年夫婦は、なんと秋田から。
百名山をやっているらしく、「まだ60座ほどです」と謙遜していた。
自営で歯型を作っていらっしゃる方で、仕事の都合をつけて、まとまった休みを取り、集中的に百名山を登っているらしい。昨年は北海道を随分回ったのだとか。

間もなく、バイトの女の子が「今ひまなので、ちょっといいですか~」と言って、こたつに入ってきた。
山は好きだけど、小屋のバイトは初めてで、ここまで登ってくるだけで心が折れたと言っていた。
学生さんかと聞くと、もう卒業しており、就職はせず、新宿のバーで働いているという。
出身は上田で、長野の山ばかり登っていたのだとか。うらやましい話だ。
H君は「女の子がつく小屋なんて初めてだ。素晴らしい」と感激していた。

次に登場したのは単独女性。
O君と同じ静岡市内在住&我々と同じ学年ということで、これまた盛り上がった。
同じ年とは言うが、一回りくらい違うではないかというくらい若かった。
翌朝4人で記念撮影をしたが、我々のカメラには残っていない。失敗した。
このあたりからかなり酔いが回ってきたので、記憶があいまいだ。

カップルの2人はつい最近、別の山で出会って意気投合し、今度は韮崎駅で待ち合わせしようということになり、今ここにいるとのこと。
これにはみんなで「お~」と感激した。

みんなで話しているうちに、ドンドコ沢コースを上がってきたパーティーがいるらしいとの情報を得て、私が詳しいことを聞きにいくことになってしまった。
テン泊の人だったというので、テン場まで行き、だれかれ構わず「ドンドコ沢から来ましたか」と聞きまくった。
DSC_4747_20170621082821fb6.jpg
ずっと「いいえ」の連続だったが、酔っぱらっていて私の声が大きかったのか、テントからわざわざ顔を出して、「私ドンドコ沢ですけど」と名乗り出てくれた。
聞くと、踏み抜きもそれほどではないし、道にも迷わなかったという。
酔っていなければ、知らない人に聞いて回るような真似はできなかっただろう。

部屋に戻って、その旨報告。
あすは天気がいい予報なので、赤抜沢ノ頭まで登って北岳を拝んでから下山する案もあったが、ドンドコ沢をまっすぐ下ることにした。
車は御座石温泉に置いてあるので、ドンドコ沢の登り口、青木鉱泉から御座石まで1時間余計に歩かないといけないが、下山するだけなら時間はたっぷりあるので、とくに問題ない。
そういうことで明日はドンドコ沢を下ることに決定した。
わたし的には、ピストンが避けられて、ピンクの線を地形図にたくさん引けるので、この上なくありがたい。

夕食は17時半からカレー。みんなで一旦、食堂に移動する。
DSC_4745_20170621082849bf6.jpg
カレーは生姜味が効いていたとH君が言っていたが、これまで4時間飲み続けており、味はほとんど記憶にない。
私も半分おかわりしたらしいが、それも記憶にない。
でも具がたっぷり入ったおいしいカレーだったことは間違いない。

食後またこたつに戻り、さっきより大勢の方々(20人くらい?)と歓談したのだが、内容は全部忘れた。
DSC_4755_20170621082805a5c.jpg
19時半に消灯となり、電気からランプに変わったことだけは覚えている。
小屋開けのため雪掘りをしたアオト君やオーナーにあれこれ取材していたらしいが、それも翌日H君から聞いた話。
20時半にはお開きになったので、寝床へ。
耳栓をしようとポーチを探したが、見当たらないので、そのまま寝てしまった。
夜中はものすごく寒くて何度も目が覚めた。
下に敷いていた毛布を上にかけ直してもまだ寒かった。
それに目が覚めるたびにひどい頭痛。完全な二日酔いだ。
担ぎ上げた、ウイスキーと焼酎計1㍑を3人で飲み干してしまったのだから、さもありなん。

【行程】2017年4月29日
御座石鉱泉(6:38)~西ノ平(7:27)~旭岳(8:47)~燕頭山(9:26休憩9:37)~鳳凰小屋(11:14昼食11:44)~地蔵岳(12:36撮影12:43)~鳳凰小屋(13:08)
※所要時間:6時間30分(歩行時間:5時間35分)コースタイム:7時間40分
※登った山:3座(うち新規2座:旭岳、燕頭山)
※歩行距離:7.2km

【2017年4月30日(日)】
まだ暗いうちから、パッキングをしている人々の音がする。
それがかなり長い。
早出するなら、前夜のうちにある程度やっておいて、仕上げは1階に下りてからしてほしいものだ。
それにしても頭が痛い。
夜中何度も目が覚めながら、その都度、眠りに落ちたが、4:40にとうとう眠れなくなってしまった。
便意を催していたので、外のトイレへ。
20分近く粘って大量に出た。二日酔いのわりにはゆるくなかった。
DSC_4748_20170621082823db4.jpg

部屋に戻って布団の中に潜り込んだが、間もなくほとんどの人が動き出した。
DSC_4754_20170621082827b7f.jpg

やむなく我々も起きてパッキングを始める。
DSC_4753_2017062108282535f.jpg
激しく気持ち悪いので、お茶をぐびぐび飲んだ。

5時半に朝食のため1階の食堂に下りたが、全く手が付けられない。
DSC_4752_2017062108282325f.jpg
ご飯とおかずを3口ずつ食べてギブアップ。
おかずはO君に進呈した。
向かいに座った人が「二日酔い大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。
昨夜の酔っぱらった私の醜態を見ていたのだろう。
「だめです。ひどいです」と答えるのが精いっぱいだった。

ただ吐き気はそれほどでもなく、歩くにはとくに問題なさそうだ。
DSC_2370_201706210831024ce.jpg

わりと早く準備ができたので、ドンドコ沢コースの入口を確認しておく。
DSC_2371_20170621083103ee0.jpg
道標はあるのだが、そちらの方向は雪捨て場になっており、昨日上がってきたという方々の足跡がない。
小屋のスタッフに聞いてみたら、「あの木の間が登山道なんですが、足跡がないですね。どこから入ってきたんだろう」と彼も首をひねっている。
「登山道にペンキとかはあるんですよね」
「ええ。夏道なら迷うことはないんですが。この先いったん沢に出て、また樹林帯に入りますので」
という情報を得て、とにかくその木の間を行くことにする。

OH砲の準備も整い、ちょうど6時に出発。
いい天気になった。
DSC_2374_201706210831086f2.jpg

「こっちだそうだよ」と言って、最初だけ私が先導。
するとトイレの先に、踏み跡を見つけた。
DSC_2372_2017062108310533c.jpg

ラッキー。あとは、これをたどって行けばいい。
DSC_2373_20170621083106159.jpg

道も間違いない。
DSC_2378_2017062108304479d.jpg

まだ朝方なので、雪も固く締まっており、歩きやすい。
DSC_2376_2017062108304199b.jpg

でも、昨日歩いた人の足跡はかなり深いのもあり、それなりに踏み抜きはあったようだ。
DSC_2375_20170621083040a66.jpg

結果論だが、ドンドコ沢を行きではなく帰りに使ったのは正解だった。
DSC_2377_201706210830436f4.jpg

小屋番の人が言った通り、一旦、沢に出た。
DSC_2379_201706210830465cd.jpg

この下は水が流れているのだろう。
DSC_2380_20170621083017122.jpg

歩きやすいので、このままずっと下まで下っていきたいほどだ。
DSC_2381_20170621083019972.jpg

背後は赤抜沢ノ頭かな。
DSC_2382_20170621083020803.jpg

谷にはこんな大きな岩も転がっている。
DSC_2383_20170621083022f87.jpg
DSC_2385_20170621082953ad7.jpg

お、オベリスクも見えた。
DSC_2386_2017062108295497b.jpg

今日登る人は吹雪に遭わないで済むだろう。
DSC_2384_20170621083023706.jpg

これはミニオベリスク?
DSC_2388_20170621082957435.jpg

正面に霞んでいるのは、もしかして富士山?
DSC_2387_2017062108295631e.jpg

20分弱で沢道は終了。
DSC_2389_2017062108295992b.jpg

再び樹林帯に入る。
DSC_2390_2017062108293136a.jpg

途中で暑くなり、ダウンを脱いだ。
DSC_2391_201706210829326ac.jpg

とりあえず目指すは五色滝。
DSC_2392_20170621082934210.jpg

早くも、ところどころ、土が見えてきた。
DSC_2393_201706210829354db.jpg

昨日の踏み抜きも目立つ。
DSC_2394_201706210829378ab.jpg

かなり傾斜がきついところがあり、下るのも結構難儀だ。
DSC_2395_20170621082907fd5.jpg

出発してから40分ほどで五色滝の分岐に着いた。
DSC_2396_20170621082909041.jpg

ときどき、昨日の足跡が道を間違えていて、こちらもそれにつられて誤った方向に行ってしまったりしたが、その都度、3人で回りを見渡し、赤いペンキを探しながら軌道修正して、何とかたどり着いた。
DSC_2397_20170621082910d49.jpg

五色滝までは分岐から2分ほど。
DSC_2398_20170621082911fd1.jpg

とくに五色には見えないが、なかなかの迫力だった。
DSC_2399_20170621082913887.jpg
DSC_2402_20170621082846a97.jpg

下には氷柱が出来上がっていた。
DSC_2400_2017062108284389a.jpg

残雪も面白い。
DSC_2403_20170621082848214.jpg

ゆっくり眺めを堪能して、出発した。
DSC_2401_20170621082845d93.jpg

(つづく)
このページのトップへ

地蔵岳(4)

【2017年4月29日(土)】地蔵岳
鳳凰小屋の前でお昼を食べて、11:45頃、地蔵岳(2764m)山頂に向けて出発。
DSC_2287_20170620094610a13.jpg
お酒など、余計な荷物は小屋に置かせてもらったので、ほぼ空身だ。
オーナーさんに「だいたい1時間だよ。いってらっしゃい」と見送ってもらった。

山頂への道は水場の前を通っていく。
DSC_2292_201706200946157a3.jpg

雪解け水なので、かなり冷たそうだ。
DSC_2290_20170620094612b8e.jpg

奥に見えるあの建物はハイシーズンに使用するのかもしれない。
DSC_2291_201706200946140b9.jpg

この先はもう完全な雪道。
DSC_2293_20170620094617621.jpg

しばらくは樹林帯の中を行く。
DSC_2294_20170620094549463.jpg

かなり雪が深い。
DSC_2295_201706200945500a6.jpg

O君は体が冷えてしまったと言ってダウンを着込んでいたが、すぐに暑くなり、やはり脱いでしまった。
DSC_2296_201706200945523f0.jpg

急登が続く。
DSC_2297_20170620094553eef.jpg

間もなく、木々の隙間から激しい岩壁が見えてきた。
DSC_2298_201706200945552c6.jpg

あそこでクライミングする人はいるのだろうか。
DSC_2300_201706200945280a4.jpg

地蔵岳から東に延びる稜線。
DSC_2299_20170620094527d33.jpg

再び樹林帯へ。
DSC_2301_20170620094530824.jpg

真ん中に氷の尾根がある木橋を渡る。
DSC_2302_201706200945315f9.jpg

1時間とは言え、なかなか歯ごたえがある。
DSC_2303_2017062009453382f.jpg

美しい森を抜けて、ぐいぐい高度を稼いでいく。小屋からの標高差は370mほど。
DSC_2304_201706200945010bb.jpg

まだ陽射しがあるが、天気は持ってくれるかな。
DSC_2305_2017062009450304d.jpg

左手に観音岳(2841m)への稜線も見えてきた。
DSC_2306_20170620094504847.jpg

しかし、観音岳の向こうに大きな雲が。
DSC_2308_20170620094505392.jpg

とにかく、いよいよ最後の直登にかかる。
DSC_2310_20170620094507138.jpg

植生はダケカンバに変わった。
DSC_2311_20170620094438a72.jpg

やっと、オベリスクが出現。
DSC_2312_20170620094440d9d.jpg

樹林帯を抜けると、大雪渓のような急斜面が目の前に展開した。
DSC_2313_20170620094441a94.jpg

頂上は眼の前のように見えるが、あと20分はかかるだろう。
DSC_2315_20170620094444cf6.jpg

最終的には25分もかかってしまったけど。
DSC_2317_20170620094406e64.jpg

左手は観音岳。
DSC_2318_20170620094407f20.jpg

陽射しを遮るものがないので、雪がまぶしくて、雪目になりそうになった。
DSC_2319_201706200944096f8.jpg

それにしてもきついぞ。
DSC_2320_20170620094410e6f.jpg

かなり息が上がる。何度も立ち止まって観音岳を眺めた。
DSC_2321_2017062009441276e.jpg

振り返ると、まだそれほど登っていないことが分かる。
DSC_2322_20170620094334411.jpg

オベリスクはすぐそこにあるのに。
DSC_2325_2017062009433721e.jpg

ピークはさっき通過した燕頭山(2105m)。
DSC_2324_20170620094336b04.jpg

当然、あの上にまで登る気はさらさらない。というか登れない。
DSC_2326_20170620094338093.jpg

途中でO君が落としたタオルを拾って、頑張って追いつき渡した。
DSC_2327_20170620094340199.jpg

花崗岩。
DSC_2329_20170620094309d51.jpg

この雪の下は、花崗岩が風化した真砂土の斜面だ。
DSC_2328_20170620094307049.jpg

雪とどっちが登りやすかっただろう。
DSC_2330_20170620094310e53.jpg

背後に奥秩父の稜線が霞む。
DSC_2331_201706200943112d6.jpg

時折、強い風が吹き抜けていく。
DSC_2332_20170620094313924.jpg

あやや、正面から不穏な雲が湧いてきたぞ。
DSC_2333_201706200942414be.jpg

大丈夫だろうか。
DSC_2334_20170620094243594.jpg

オベリスクの背後も白くなってしまった。
DSC_2335_20170620094244d57.jpg

そして完全に日が隠れてしまった。
DSC_2336_20170620094246f9c.jpg

頂上付近は多少、真砂土が露出している。
DSC_2337_20170620094247aad.jpg

もう一度、振り返り。
DSC_2338_20170620094215244.jpg

地蔵岳の東稜。
DSC_2339_201706200942160a7.jpg

オベリスクの下に連なる岩の波。
DSC_2340_20170620094218589.jpg

先端の形が面白い。
DSC_2341_20170620094219c0b.jpg

観音岳山頂を仰ぐ。
DSC_2342_20170620094221e22.jpg

ようやくオベリスクの真横まで来た。
DSC_2343_2017062009415023e.jpg

さあ、もうひと踏ん張り。
DSC_2344_20170620094152d38.jpg

正面は赤抜沢ノ頭方面。
DSC_2345_201706200941535e6.jpg

振り返ってみると、それほど急な坂には見えないが、かなりきつかった。
DSC_2346_20170620094155724.jpg

というわけで、やっと頂上扱いの鞍部にたどり着いた。
DSC_2347_2017062009415625b.jpg

小屋から50分ちょっと。
DSC_2348_20170620094125f7f.jpg

コースタイムは1時間20分だからかなり速い。
DSC_2350_20170620094128bb6.jpg

あまり記憶になかったが、ここ賽の河原の手前に立派な山名板があったので記念撮影。
DSC_4742_2017062009394912c.jpg

天気は何とか間に合って、正面に甲斐駒(2967m)を望むことができた。
DSC_2349_20170620094127892.jpg

左はアサヨ峰(2799m)。
DSC_2352_201706200941315f1.jpg

石仏が並ぶ懐かしい賽の河原。
DSC_2351_2017062009413090e.jpg

ここに来るのは、5年ぶりである。
DSC_2354_2017062009410141c.jpg

その間に随分新しい石仏も立っていた。
DSC_2355_20170620094103ec8.jpg
DSC_4741_201706200939478b9.jpg

よく見ると、オベリスクに登ろうとしている人々の姿が見えた。
DSC_2353_20170620094100167.jpg

しかし、着いた途端、猛烈に強い風が吹き始め、雪が舞い始めた。
DSC_2356_20170620094104f9b.jpg

ヤマテンの予報が的中。
DSC_2357_201706200941055ff.jpg

すぐにダウンを着て、早々に下山を開始した。
DSC_2358_20170620094031428.jpg

霞み始めた観音岳。
DSC_2361_201706200940332f6.jpg

下りは文字通り滑るように下った。
DSC_2362_20170620094034697.jpg

折角階段状になっていたトレースを3人でどんどん破壊しながらになるが、仕方ない。
DSC_2364_20170620094037182.jpg

後半は登りの人とすれ違ったのでルートを変えたが、踏み抜きはなかったので、最初から別ラインを下ればよかった。
DSC_2365_20170620094007aac.jpg

後から来る人には申し訳ないことをした。
DSC_2366_20170620094009542.jpg

とにかく小屋へと急ぐ。
DSC_2363_2017062009403601b.jpg

さっき渡った木橋。滑らないよう慎重に渡る。
DSC_2367_20170620094010d30.jpg

下りはわずか25分しか、かからなかった。
DSC_2368_20170620094011fb4.jpg

ここまで来たら、また陽がさし始めた。
DSC_2369_20170620094013cb2.jpg

小屋に着くと、土間の食堂に案内されたので、そこでアイゼンとスパッツをはずす。
アイゼンを屋根の上に干してから、荷物を置きに寝床へ。
バイトの女の子が案内してくれたのは、2階の上段角。
ちゃんと1人分の布団は確保できそうだ。
でも今日は予約がかなり多く入ったので、今空いているスペースにも客が入るかもとのこと。
最終的にはほぼ満室になったかもしれない。

H君からウエットシートをもらい、布団の上で体をふきふき。
局部もしっかり拭いたら、とてもスースーした。
今回はあえて着替えは持ってこなかった。
この時期あまり汗をかかないし、かいてもすぐ引いてしまうからだが、思った通りとくに問題なかった。

「1階にこたつがありますから~」と言われていたので、作業が終わったら、お湯とウイスキーを持って下に下りた。
空になったペットボトル2本に水場の冷たい水を入れて持ち込み、準備万端。
こたつ部屋は寒いが、こたつの中は暖かい。
なんと、中に炭が入っている。
「やけどしますので、足は四隅に置いてください」とのことだった。
正しくは「4辺」だろうけど。

早速、缶ビール(600円)を3本注文。
無事登頂を祝って乾杯した。
DSC_4744_2017062009394979f.jpg

(つづく)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (185)
東北の山 (62)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (15)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (40)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (34)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR