山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

本仁田山(下)

【2018年6月3日(日)】本仁田山
本仁田山(1225m)から下山中。
DSC_7313_20180620054153390.jpg

木々の隙間から見えたのは石尾根の狩倉山(1452m)か。
DSC_7314_2018062005415584f.jpg

「足場悪し 滑落注意」。確かに足場は浮石が多く、かなり悪い。
DSC_7315_2018062005415605c.jpg

それでも頑張って、人里近くまで下ってきた。
DSC_7316_20180620054158f5c.jpg

城郭のような石垣だが、かつてはこの上に家屋が建っていたのだろうか。
DSC_7317_20180620054159da2.jpg

乳房観音との分岐を通過。この先は6年前に歩いた道だ。
DSC_7318_2018062005412725e.jpg

砂防ダムの横を下ると
DSC_7320_201806200541305de.jpg

安寺沢最奥の民家が見えた。
DSC_7319_2018062005412899f.jpg

やれやれである。
DSC_7321_20180620054131914.jpg

なんと、これから登る人がいた。もう午後2時を過ぎているのに。
DSC_7322_20180620054133d41.jpg

やっと車道が見えてきた。
DSC_7323_20180620054102577.jpg

いや~長い下りだった。頂上から1時間半近くかかった。
コースタイム50分になっているが、それはちょっと無理だ。
DSC_7324_20180620054103b1c.jpg

とりあえず、ここで休憩。
DSC_7325_20180620054105ce5.jpg

山に向かっているモノレールは林業用のものだろう。
DSC_7326_20180620054106650.jpg

このレールは個人宅用のケーブルカー。
DSC_7328_2018062005403606d.jpg

緑の乗り物が家屋の前に控えている。
DSC_7327_20180620054108e9c.jpg

10分ほど休んで出発。緑山小舎なるギャラリーの前を通過する。
DSC_7329_20180620054037db3.jpg

林道安寺沢線の入口を左折。
DSC_7330_201806200540396c0.jpg

早くビールを飲みたいH君とY君はすたすたと歩いて行ってしまった。
DSC_7331_2018062005404054c.jpg
小河内ダム(奥多摩湖)建設のために敷設された東京都水道局小河内線の廃線跡をくぐる。

石灰を生産している奥多摩工業氷川工場が見えてきた。
DSC_7332_201806200540429ea.jpg

このゴテゴテ感は工場萌えの方々にはたまらないだろう。
DSC_7333_20180620054007aef.jpg
奥多摩工業は1937年(昭和12年)に奥多摩電気鉄道として創業している。

眼下の日原川には氷川国際ます釣り場。
DSC_7334_20180620054009db4.jpg
DSC_7339_20180620053944c79.jpg

みんな興味深そうに見下ろしている。
DSC_7335_2018062005401044c.jpg

結構流行っているようだ。
DSC_7336_20180620054012540.jpg

上流方向には小河内線のコンクリート製橋脚が見える。
DSC_7337_201806200540135b9.jpg

下流側は奥多摩工業。
DSC_7338_20180620053942e1b.jpg

奥多摩工業の2016年度の売上高は140億円。かなりの規模だ。
DSC_7340_20180620053945a8f.jpg

太平洋セメントの系列である。
DSC_7341_201806200539470d1.jpg

当初は、御嶽駅と氷川駅(現・奥多摩駅)を結ぶ鉄道路線を敷設していたが、路線が開通する(1944年)前に免許を国に譲渡した。現在のJR青梅線である。
DSC_7342_201806200539487d4.jpg

この工場の採掘場は天祖山にあり、地下鉄道で運んでいる。
DSC_7343_20180620053919600.jpg

再び、日原川を渡ると、奥多摩駅前の建物が見えてきた。
DSC_7344_20180620053920750.jpg

奥に見えるのは大岳山(1266m)かな。
DSC_7345_201806200539224bb.jpg

というわけで、14:53に奥多摩駅に到着。
DSC_7346_201806200539231ee.jpg
ここでずっと先頭を引いてくれたMさんとはお別れ。
今日は本当にお世話になりました。
頂上でいただいたコーヒーめちゃめちゃ美味しかったです。

残る同期7人は、このままお風呂へ。
DSC_7347_20180620053925dd3.jpg

Y君がパンツを忘れたからコンビニで買うと騒いでいたが、駅前のコンビニでは扱っておらず、諦めることに。
DSC_7348_2018062005390574c.jpg

玉翠荘が駅に最も近い温泉である。
DSC_3177_201806200543044e4.jpg

ここに来るのは、これで3回目くらいだろうか。
DSC_3178_201806200543056b3.jpg

入浴料は750円。
DSC_3179_201806200543077c0.jpg

いつも地下4階の風呂に入っていたが、地下1階のこの浴室は初めてだ。
DSC_3184_20180620054310774.jpg

う~ん、気持ちいい~。
DSC_3181_20180620054308302.jpg
この後、巨体の白人2人が入ってきて、ものすごく狭くなった。
2人で5人分くらいの体格だった。
風呂から上がったら、Y君が「やっぱりパンツあったわ」と報告してくれた。
それはよかった。

電車の時間まで1時間あるので、山麓酒場をしなくては。柳小路を物色する。
DSC_3185_20180620054241693.jpg

しかし、どの店も登山客で満員。7人入れる店はなかなかない。
しゃれた地ビールの店にかろうじて席があったので、ここに入ることにした。
DSC_3195_20180620054222802.jpg

店の名前は「VERTERE(ベルトレ)」。ラテン語で「回転」という意味だそうだ。
DSC_3194_20180620054220ed2.jpg

古民家を利用している。
DSC_3186_201806200542420cf.jpg

どのビールも、ここで作っているのだそうだ。
DSC_3187_2018062005424452b.jpg

というわけで、全員で乾杯。やっとビールにありつけた。
DSC_3188_20180620054245889.jpg

飲んだのは何というビールだったか忘れてしまった。
DSC_3191_20180620054247479.jpg

つまみは大きな鶏の唐揚げにポテトサラダなど。
DSC_3191_20180620054247479.jpg
ビールもそうだが、料理もおいしかった。
店には、さっき風呂で一緒だった外人もいた。

今日は暑いくらいだったので、テラスも気持ちがいいだろう。
DSC_3192_20180620054217fe6.jpg

ここはまた来てみたい店だ。もうかなり難しいが。
DSC_3193_20180620054219826.jpg

まだ飲んでいたいが、帰らないといけない。
16:40に退出し、16:54発のホリデー快速おくたま6号に乗車。
DSC_3196_20180620054223d52.jpg
結構混んでいて、女子とは別の車両に座ることになった。
疲れていたし、ビールも入ったから、私も含め皆あっと言う間に寝てしまった。

私は翌日、やぼ用があったので、もう1日内地に残留。
国分寺駅で皆さんに別れを告げた。
所沢の自宅に帰宅したのは19時になっていた。
一度登った山なので、「登った山」は増えなかったが、天気と仲間に恵まれた楽しい登山であった。

【行程】2018年6月3日
鳩ノ巣駅(9:13)~登山口(9:24)~標高570m地点(9:49休憩9:52)~大根山の神(10:08休憩10:16)~大ダワ分岐(10:34)~標高910m地点(10:56休憩11:04)~瘤高山(11:33休憩11:44)~本仁田山(12:05昼食12:47)~花折戸尾根分岐(12:50)~標高900m地点(13:25休憩13:35)~大休場(13:41)~安寺沢(14:12休憩14:23)~奥多摩駅(14:53)~玉翠荘(14:58)
※所要時間:5時間45分(歩行時間:4時間12分)コースタイム:3時間50分
※登った山:2座(新規なし)
※歩行距離:8.6km
※累積標高差:約900m
スポンサーサイト
このページのトップへ

本仁田山(中)

【2018年6月3日(日)】本仁田山
本仁田山(1225m)を登山中。左前方に山頂が見えている。
DSC_7233_201806190627540fc.jpg

前方のとんがりは、本仁田山と大ダワとの分岐にあたる瘤高山(約1120m)。
DSC_7234_20180619062756116.jpg

以前、大ダワから登った時は、ただの斜面の途中に思えたが、立派なピークではないか。
DSC_7235_20180619062757071.jpg

本仁田山の頂上がだんだん隠れていった。
DSC_7236_20180619062721308.jpg

瘤高山への急坂に差し掛かった。
DSC_7237_20180619062722865.jpg

ここは防火帯なのか、杉林の間が空いている。
DSC_7238_20180619062724ece.jpg

振り返ると関東平野。でも霞んで何も見えない。
DSC_7239_20180619062726478.jpg

かろうじて西武ドームらしきものが確認できた。
DSC_7240_20180619062727486.jpg

いくつかのピークは高水三山と思われる。
DSC_7241_2018061906265844a.jpg

ここは標高差80mほどの急登である。
DSC_7242_201806190627009ab.jpg

これを10分ほどでクリアして、瘤高山に到着。
DSC_7243_20180619062701728.jpg

山名板がなかったので、この道標に小さく書いてあげた。
DSC_7244_20180619062703764.jpg

ここを右折すると大ダワを経由して川苔山(1363m)に至る。
DSC_7245_20180619062704830.jpg

10分ほど休憩して、11:45頃に出発。
DSC_7247_201806190626268e3.jpg

ここから本仁田山までは6年前に歩いたことのある道だ。
DSC_7248_20180619062628426.jpg

最後の登りは標高差100mほど。
DSC_7249_20180619062629e7c.jpg

到着は12時を回りそうだが、ほぼ予定通りだ。
DSC_7250_201806190626304c2.jpg

さすが富士山登頂を果たしている面々。順調だ。
DSC_7251_201806190626325b5.jpg

あまりにブランクがあるので、落伍者が出るのではないかと心配していたが杞憂だった。
DSC_7252_20180619062602a29.jpg

最後の急登に汗を流す。
DSC_7253_20180619062604994.jpg

やっと頂上台地に乗った。あと100mだ。
DSC_7254_2018061906260593d.jpg

もうこの先はほぼ平ら。
DSC_7255_20180619062607348.jpg

12:05、無事に全員登頂。
DSC_7256_201806190626082e1.jpg

三角点が大量の石に守られていた。
DSC_7257_2018061906253970f.jpg

なんと富士山が見えて感激。
DSC_7258_20180619062540340.jpg

6年前に登った時は、この角度には樹木があった気がするけど伐採したのだろうか。
DSC_7265_20180619062520353.jpg

その左に見えているのは鋸山(1109m)かしら。
DSC_7259_20180619062542b0d.jpg

とにかく、みんなで記念撮影。色違いだけど、おそろいのTシャツだ。
DSC_3173_20180619062751a64.jpg
撮影は団体で登ってきたご婦人の一人に頼んだのだが、スマホの操作に不慣れなようでだいぶ手間取っていた。
おなじグループの人も誰も手助けしようとしないので、おそらくそれぞれ個人で参加しているツアーなのだろう。20人以上いた。

彼らと一緒にそれほど広くない山頂でお昼をともにすることになった。
今日はおにぎり2個とゆで卵だ。
DSC_3175_20180619062752aba.jpg
みんなでお菓子などを分け合ったりして、和気あいあい。
楽しいひとときであった。

食べ終わったら、再び撮影タイム。東は高水三山方面。
DSC_7260_20180619062543959.jpg

その奥は関東平野。
DSC_7262_20180619062515d6c.jpg

ここからも西武ドームがよく見えた。
DSC_7267_20180619062451895.jpg

もう一度、富士山。その右にはたぶん御前山(1405m)。
DSC_7263_20180619062517756.jpg

みんなも富士山に見とれている。
DSC_7261_20180619062545346.jpg

御岳山方面。
DSC_7264_20180619062518fd7.jpg

ツツジがまだ咲いていてくれた。
DSC_7266_20180619062521d0a.jpg

このベンチは日向で暑いので、休憩は日蔭でしたのだった。
DSC_7268_2018061906245323b.jpg

団体さんが瘤高山方面に下っていったのを見届けて、我々も12:45分過ぎに出発。
DSC_7269_20180619062454b4b.jpg

富士山に別れを告げる。
DSC_7270_20180619062456f2a.jpg

あとは下山するのみだ。
DSC_7271_20180619062457dc8.jpg

頂上直下は左手の斜面が伐採されていて、若干の展望が得られた。
DSC_7272_20180619062353e43.jpg

こっちで休めば景色もよかったが。
DSC_7273_20180619062355b7d.jpg

でも知らなかったのだが仕方がない。
DSC_7274_20180619062356916.jpg

間もなく、花折戸尾根との分岐を通過。
DSC_7275_20180619062358f37.jpg

この先は急な下りが続くことになる。
DSC_7276_2018061906235974a.jpg

なんと、花折戸尾根は鳩ノ巣側の登山口の橋が封鎖されていて渡ることができないとのこと。
DSC_7277_201806190623274b6.jpg

チクマ山(1040m)を稼ぐために、そちら側から登ろうとしたら、愕然とするところだった。
DSC_7278_20180619062329ea8.jpg

ここから安寺沢の車道に出るまで標高差650mの下りは容赦がない。
DSC_7279_20180619062330f59.jpg

浮石も多く、いっときも気を緩めることができない。
DSC_7280_20180619062332a7a.jpg

木の根もかなり激しい。
DSC_7281_2018061906233377b.jpg

これはかなりしんどかった。
DSC_7282_20180619062303cf4.jpg

それでも我慢して下るしかない。
DSC_7283_20180619062304a48.jpg

みんなはこちらを登りにしないでよかったと言っていた。
DSC_7284_201806190623069f0.jpg

でも、本当は急坂を登りにするのが定石。
DSC_7285_20180619062307cf9.jpg

それは分かっているのだが、下山したところに温泉がないと意味がないので、こういう選択になった。
DSC_7286_2018061906230964d.jpg

浮石で滑りやすいので階段はありがたい。
DSC_7287_201806190621499e4.jpg

下山ルートも延々、杉の植林である。
DSC_7288_20180619062151dbd.jpg

目指すは奥多摩駅。
DSC_7289_2018061906215278a.jpg

黙々と下る。
DSC_7292_20180619062126205.jpg

ふと気が付いたが、マルバシモツケは杉林がお好みのようだ。
DSC_7290_20180619062154ece.jpg

葉っぱに映った花の影が美しい。
DSC_7291_20180619062155439.jpg

林床はほとんどマルバシモツケである。
DSC_7293_20180619062128131.jpg

頂上から40分ほど下った標高900m地点でひと息入れる。
DSC_7294_201806190621296d0.jpg
下りなのに汗だく。Y君はこれまでの生涯で一番汗をかいたと言っていた。
汗が目に入って、前が見えなかったそうだ。

10分ほどで出発。
DSC_7295_201806190621302f3.jpg

岩がゴツゴツした道をさらに下っていく。
DSC_7297_20180619062132e19.jpg

下りはやはりストックが活躍する。
DSC_7298_20180619062102db0.jpg

膝の負担が軽くなる。
DSC_7299_20180619062103726.jpg

束の間の緩斜面。
DSC_7300_201806190621059aa.jpg

尾根から外れる屈曲点に到着した。標高は約820m。
DSC_7301_20180619062106d16.jpg

ここは直進したくなってしまう場所だ。
DSC_7302_20180619062108730.jpg

そのせいで道に迷い、遭難した人がいたので、厳重にロープが張られていた。
DSC_7304_20180619062040e86.jpg
みんなついつい行ってしまうから踏み跡ができてしまい、さらに誘い込まれるのだ。

我々はここでもちろん右折する。
DSC_7303_2018061906203971e.jpg

この先は急斜面をジグザグに下っていく。
DSC_7305_20180619062042e64.jpg

木の根がすごい。
DSC_7306_20180619062043374.jpg

ん、この石積みは?
DSC_7307_20180619062045c65.jpg

法面の強化ではなく、炭焼き窯の跡だった。
DSC_7308_201806190620172ac.jpg

一部、広葉樹もあるが
DSC_7309_20180619062019b3b.jpg

基本的には杉の植林。
DSC_7310_20180619062020d51.jpg

それにしても過酷な下りだ。
DSC_7311_201806190620225c0.jpg

広葉樹の緑に励まされ、頑張ろう。
DSC_7312_20180619062023445.jpg

(つづく)
このページのトップへ

本仁田山(上)

【2018年6月3日(日)】本仁田山
前夜は同窓会&同期会で帰宅は午前1時を回っていた。
翌3日は同期を中心に8人で奥多摩の本仁田山(1177m)に登る計画。
昨年の富士山登山隊のメンバーで今年は穂高岳(3190m)にアタックする予定なので、その練習登山である。
昨年8月の富士山以来登っていないというメンバーもいるので、今日の標高差800mはちょっと心配だ。

9:02に鳩ノ巣駅に集合ということにしていた。
昨夜は遅かったので、ちょっときつかったが何とか大丈夫。
8時過ぎに青梅に着いて、奥多摩行きを待つ。
DSC_3155_20180618215009461.jpg

ホームには懐かしい待合室があった。
DSC_3156_20180618215010973.jpg

いやあ、内地は暖かいなあ。
DSC_3157_201806182150123f5.jpg

8:23青梅発の奥多摩行きに乗り、定刻通り9:02に鳩ノ巣駅に到着した。
DSC_3159_20180618215015b9f.jpg

7人は青梅から同じ電車に乗っていたが、Y君だけ乗っておらず連絡がつかない。
DSC_3158_2018061821501318a.jpg

でも、彼は1本早い電車で着いており、無事に全員集合。ホッとした。
DSC_7155_201806182149509bf.jpg

ここは標高310m。
DSC_3161_2018061821494589e.jpg

トイレや準備体操を済ませて、9:13に出発。
DSC_3163_20180618214947a2e.jpg

まずは駅前を西に進み、突き当りを右。
DSC_7156_20180618214951549.jpg

駅のすぐ横の踏切を渡る。
DSC_7157_201806182149193b9.jpg

もう内地は完全に夏だ。
DSC_7158_20180618214921131.jpg

いえ、これからです。
DSC_7159_20180618214922dd5.jpg

馬頭観世音を横目に急な舗装道路を登る。
DSC_7160_2018061821492442d.jpg

すでに暑い。
DSC_7161_20180618214925697.jpg

ここからはまだ頂上は見えない。
DSC_7162_20180618214857686.jpg

右手上の方に見えるのは正法院。
DSC_7163_201806182148585d9.jpg

背後に見える尖塔は城山(760m)。
DSC_7164_201806182148597b5.jpg

その左後方はおそらく848mピーク。
DSC_7165_20180618214901312.jpg

道標はさすがにしっかりしている。
DSC_7166_20180618214902af2.jpg

安全祈願は省略して通過。
DSC_7167_20180618214830f1f.jpg

早く日蔭に入りたい。
DSC_7168_20180618214831542.jpg

正法院への入口に棚沢水道記念碑があった。
DSC_7169_20180618214833f2c.jpg
レリーフにある山宮アキさんがこの地区の水道敷設の功労者だそうだ。

個人宅専用のケーブル。
DSC_7170_20180618214834ab4.jpg

奥多摩は急斜面で高齢者が多いので、設置には町から補助金が出るのかもしれない。
DSC_7171_201806182148367ac.jpg

10分ほど歩いたところで登山道に入る。
DSC_7172_20180618214803504.jpg

棚澤集落を眼下に城山が恰好いい。
DSC_7173_201806182148046db.jpg

さっそく奥多摩名物、杉の植林に突入した。
DSC_7174_201806182148061c7.jpg

でも、日蔭に入って、やっと涼しくなった。
DSC_7175_20180618214807754.jpg

これはこれでありがたい。
DSC_7176_2018061821480935e.jpg

まずは、その名も杉ノ尾根をトラバース気味に登っていく。
DSC_7177_2018061821473786d.jpg

30分ちょっと歩いたところで最初の休憩。標高は570mほどなので260m登った。
DSC_7178_20180618214739b70.jpg

3分ほどの立ち休みで出発。
DSC_7179_201806182147404fe.jpg

若者3人組が追いついてきたので、先に行ってもらおうおとしたら、「大丈夫です」と。
結構最初からお疲れの様子だった。
DSC_7180_20180618214742813.jpg

トラバースはなおも続く。
DSC_7181_201806182147431be.jpg

マルバシモツケが満開。
DSC_7182_201806182147113b7.jpg
DSC_7186_201806182147179ab.jpg

初めての屈曲点。
DSC_7183_20180618214713bd0.jpg

標高650mあたりだ。
DSC_7184_201806182147145c1.jpg

曲がり切った先に祠があった。
DSC_7187_201806182146409d4.jpg

大根山の神である。
DSC_7188_20180618214641336.jpg

これで杉ノ尾根に乗った形になる。
DSC_7189_2018061821464353f.jpg

傍らに古い石仏が傾いていた。建立は享保十年(1725年)だった。300年近く前だ。
DSC_7190_20180618214644351.jpg

ここは大タワへ向かう林道との分岐になっている。
DSC_7185_201806182147160b6.jpg

山腹を延々まいていく道だ。
DSC_7193_201806182146148c8.jpg

ここから初めて、本仁田山の山頂が見えた。
DSC_7194_20180618214616706.jpg

あの区画は松枯病にやられてしまったのだろうか。
DSC_7195_20180618214617e12.jpg

ともかく、ここで10分弱休憩。
DSC_7196_2018061821461956e.jpg

案内板でこの付近の概念を確認する。経由地の瘤高山までコースタイムは1時間10分だ。
DSC_7197_201806182145445a1.jpg

道標は親切だが、草木に埋もれて見えなくてってしまいそう。
DSC_7198_2018061821454614f.jpg

それでは、大根山の神に別れを告げて出発。
DSC_7191_20180618214646a14.jpg

ここからは尾根道を行く。
DSC_7199_2018061821454832a.jpg

林道から来た人にとっては、ここが入口ということになる。
DSC_7200_20180618214549428.jpg

振り返って、林道カーブ地点を見下ろす。
DSC_7201_20180618214550ac7.jpg

こちらは鳩ノ巣方面の林道。
DSC_7203_201806182145191ef.jpg

それにしても今日はいい天気だ。富士山登山隊の山行では珍しい。
DSC_7202_201806182145177e4.jpg

これは林道がらみの道標かな。
DSC_7204_20180618214521336.jpg

左手に見えているのは御前山(1405m)だろうか。
DSC_7205_201806182145224a2.jpg

これもマルバシモツケの一種なのだろうか。青いけど。
DSC_7206_20180618214523521.jpg

これはヤマエンゴサク。
DSC_7207_20180618214451a98.jpg

今日は湿度が低いのか、日蔭はほんとに爽やかでうれしい。
DSC_7208_201806182144531d4.jpg

今上天皇の御成婚記念の造林地とのことだが、植栽が御成婚の8年も後だ。長期の事業だったのだろう。
DSC_7209_20180618214455058.jpg

杉ノ尾根というくらいだから、杉林が続くのか仕方ない。
DSC_7211_20180618214458a09.jpg

しかし、富士山登山隊のH君、Y君はそんなことは全く気にならないみたいでよかった。
DSC_7210_20180618214456277.jpg

花があるとホッとする。
DSC_3165_201806182149489d6.jpg

距離的にはちょうど中間点。
DSC_7212_20180618214426ff1.jpg

再びヤマエンゴサク。
DSC_7213_201806182144287dc.jpg

これらの葉っぱはかわいいので、ちょっと撮っただけ。
DSC_7214_20180618214429f56.jpg
DSC_7217_20180618214402ce7.jpg

尾根をジグザクしながら登る。
DSC_7215_2018061821443116c.jpg

ちょっと疲れの色が出てきたかな。
DSC_7216_20180618214432296.jpg

それでも容赦なく急登だ。
DSC_7218_201806182144040c0.jpg

しかし遅れる人はいない。
DSC_7219_2018061821440578a.jpg

とても9か月ぶりとは思えない足取りである。
DSC_7220_20180618214407b28.jpg

木の根地帯もクリア。
DSC_7221_20180618214408f21.jpg

いったん緩やかになったが、再び急坂。
DSC_7222_20180618214329419.jpg

マルバシモツケに励まされながら登る。
DSC_7223_20180618214330c4b.jpg

辛抱、辛抱。
DSC_7224_20180618214332748.jpg

写真を撮っているうちに私が遅れてしまう。
DSC_7225_20180618214333ec1.jpg

ここが踏ん張りどころだ。
DSC_7226_201806182143348b7.jpg

先に青空が見えてきたぞ。
DSC_7227_20180618214302801.jpg

やっと平和通りに。
DSC_7228_2018061821430436c.jpg

しばらくは緩斜面だ。
DSC_7229_20180618214305f5d.jpg

植生も変わって明るくなった。
DSC_7230_20180618214307b09.jpg

一段上の踏み跡から皆さんを俯瞰。
DSC_7231_20180618214308a33.jpg

ここまで、とても順調でうれしい。
DSC_7232_20180618214240dea.jpg

(つづく)
このページのトップへ

御林山・倉掛山(4)

【2017年2月12日(日)】御林山・倉掛山
午後2時に倉掛山(1078m)に登頂した。
DSC_6091_20170220063046c2c.jpg

山頂への踏み跡は今の道だけで、まわりはみんなスズタケ。
DSC_6090_20170220063045494.jpg
変なところから取り付かないでよかった。
スズタケのヤブで難儀するところだった。

ここも展望はほとんどゼロ。
DSC_6089_201702200630431c8.jpg

すぐに引き返す。
DSC_6092_20170220063048c6b.jpg

林道に戻って、風張峠を目指す。
DSC_6093_20170220063011024.jpg

間もなく、木々が全面的に伐採されている場所があり、大展望が開けた。
DSC_6094_20170220063012c5a.jpg

丹沢の山々。左端が大山(1252m)、右端が蛭ヶ岳(1673m)。
DSC_6095_20170220063014d5c.jpg

檜洞丸(左、1601m)と大室山(右、1588m)。
DSC_6096_20170220063015b92.jpg

蛭ヶ岳と檜洞丸の間にある突起は笹尾根の丸山(1098m)。
DSC_6097_201702200630171d7.jpg

左の盛り上がりは生藤山(990m)あたり。
DSC_6098_2017022006294671d.jpg

浅間尾根、笹尾根、丹沢、すべてお見せしましょう、って感じだ。
DSC_6099_20170220062948010.jpg

浅間尾根。
DSC_6101_201702200629511bf.jpg

横浜方面。ランドマークタワーが見える。
DSC_6102_201702200629528c6.jpg

東京都心。
DSC_6103_2017022006292363d.jpg

たった今登った倉掛山。
DSC_6104_20170220062925b91.jpg

もう少し歩くと、都心が全容を現した。
DSC_6105_20170220062926b6e.jpg

望遠で見てみよう。
DSC_6107_20170220062929856.jpg

鶴脚山(916m)と馬頭刈山(884m)の間からスカイツリーが覗く。
DSC_6108_20170220062900a32.jpg

こちらも望遠で。
DSC_6106_20170220062928832.jpg

大岳山(左、1266m)から馬頭刈山にかけての馬頭刈尾根。
DSC_6109_201702200629027d2.jpg

大岳山アップ。
DSC_6112_20170220062905e8a.jpg

倉掛山の左から御前山(1405m)がちらり。
DSC_6111_201702200629039b0.jpg
富士山は角度的に無理だった。残念。

道がすっかり乾いているので、チェーンはまた外した。
DSC_6113_20170220062906f3a.jpg

1105m標高点付近通過。
DSC_6114_20170220062835182.jpg

また雪が出てきたが、チェーンなしでもとくに問題なし。
DSC_6115_2017022006283643b.jpg

そのまま進むと車の音が聞こえてきた。
「ああ、奥多摩周遊道路に近づいたんだなあ、これで登りも終わり」だと安堵したが、あれ?
周遊道路は通行止めじゃなかったのか?
もしかして、都民の森の手前の道の車の音?
それにしては音が近いぞ、と思ったら、やはり目の前を車が走っている。
いつの間にかゲートが開いたようだ。
だったら9時に開けてほしかった。
まったく、都のHPは不正確だ。
小池知事、職員の指導よろしくお願いしますよ。

風張林道の終点に到着。
DSC_6116_20170220062837c7f.jpg
林道を上ってきた車はここにゲートがあるのでUターンしている。

何となく、もう夕方の気配。
DSC_6117_20170220062839536.jpg

ここは標高約1150m。都民の森まであと3km以上ある。頑張らないと。
DSC_6118_201702200628400af.jpg

気温はマイナス1℃。それほど寒くはない。
DSC_6120_2017022006281219c.jpg

結構、車が走っている道をとぼとぼと歩く。
DSC_6119_201702200628108db.jpg
みんな、タイヤはちゃんとスタッドレスなんだろうな。
ノーマルでスリップでもされて巻き込まれたら、洒落にならない。
怖がりながら歩いた。
途中ちょっと走ったりもしたが、あまり続かなかった。

左手に再び都心の眺め。
DSC_6121_2017022006281331d.jpg

雪置き場には、それほど雪はなかった。
DSC_6122_201702200628148a5.jpg

昔は奥多摩有料道路だったが、今は都道206号線だ。
DSC_6123_201702200628162dd.jpg

浅間尾根駐車場まで来たところで一服。
DSC_6124_201702200627447f5.jpg

このまま都民の森まで歩けそうだったが、せっかくカフェオレを買ってきたので、飲んでいくことにする。
DSC_6125_20170220062745fa9.jpg

往路でチェーンを履いた東屋に腰を下ろす。
DSC_6126_201702200627471f5.jpg
ドライブの人も車を停めて、しきりに写真を撮ったり、双眼鏡を覗いたりしていた。
格好からして山帰りの人ではなかった。

10分ちょっと休んで出発。
DSC_3475_20170220063220d4a.jpg

残りのお湯は、すでに空になっていたアクエリアスのボトルに移した。
これが温かいので、もてあそんで手を温めたり、顔にくっつけて、ほっぺや鼻を温めたりしながら下った。
DSC_6127_20170220062748b7e.jpg
かなり気持ちよかった。

ちょっと行き過ぎてしまったが、「そうだ富士山はどうなってる?」と思い出して、戻って見たら、ちゃんとそこに鎮座していた。
DSC_6128_20170220062749895.jpg
今日富士山が見えたのは、ほんとにここだけだった。

再び黙々と車道歩き。
DSC_6129_20170220062717016.jpg

笹尾根の北斜面はすっかり日陰になった。
DSC_6130_20170220062719ec8.jpg

15時過ぎに都民の森に到着。
DSC_3476_20170220063222740.jpg

やはりゲートは開いていた。
DSC_6131_20170220062720944.jpg
愚痴は言わずに靴を履き替えて、三頭山荘に向かう。

雪がないので、タイヤのチェーンの振動が気になった。
10分かからずに到着。
DSC_3478_2017022006322509d.jpg

二股ラジウムカルシウム温泉の表示が若干気になる。
DSC_3477_20170220063223614.jpg

宿の敷地内に菊姫弁財天が祀られていた。
DSC_3480_20170220063227f37.jpg
菊姫とは武田勝頼の弟で高遠城主・仁科五郎盛信の娘。武田氏滅亡の折、天目山より信玄の六女松姫とともに小金沢山を越えて、武州恩方を目指した。しかし、風張峠の岩小屋で野宿した際に病を得、従者石黒金之丞に付き添われ、峠下の岡部家で養生するも、間もなく亡くなった。
その後、金之丞は望まれて岡部家を嗣ぎ、今に至るという。

三頭山荘の当主はもちろん岡部さんである。
DSC_3481_2017022006315925f.jpg

お風呂のある別館に行くと、おじさんが出てきて、「ちょっと待ってください」と引っ込んでしまった。
DSC_3484_20170220063203e96.jpg

おそらく電気をつけたりしているのだろう。
DSC_3485_201702200632043ec.jpg

間もなく戻ってきたので、入浴料1000円を払って、浴室へ。
やはりここは北海道の二股ラジウム温泉の原石を使った温泉のようだ。天然温泉ではなかった。
DSC_3486_20170220063136829.jpg

露天風呂は冬期休止中だったが、内湯も展望はいい。
DSC_3495_2017022006313993d.jpg

お風呂を独り占めして、ゆっくりと満喫した。
DSC_3491_20170220063138fd8.jpg

上がってからフロントで、「お世話様~」と大声を出したが、さっきのおじさんの返事がない。
DSC_3496_20170220063141a58.jpg

壁に貼ってあった「桧原村」のイラストマップ(100円)が欲しいのだが。
DSC_3498_20170220063110ee8.jpg

仕方ないので、本館に行って、声を掛けてみた。
DSC_3482_201702200632008fb.jpg
DSC_3500_20170220063113e71.jpg

すると、女将が出てきて、じゃまた別館へと。
DSC_3499_20170220063111b99.jpg
全然売れていないらしく、印刷所から届いたままの袋から3枚取り出し、「差し上げますよ」という。もう処分してしまいたい気分なのかもしれない。
ありがたく頂戴した。

そういえば入浴料金は1100円に改訂されているようだが、1000円しか取らなかったのはなぜだろう。
DSC_3497_2017022006314260c.jpg

それはともかく、ここは1989年に礼宮が立ち寄った宿らしく、写真や碑があった。
DSC_3503_20170220063042d3f.jpg
「難得糊塗 礼宮文仁」とある。意味は様々な解釈があるようだが「能ある鷹は爪を隠す」に近いのだろうか。

女将さんに聞くと、ここは宿としての創業は50年ほど前だが、本館というか母屋はもう築400年も経つのだとか。江戸初期である。
となりの兜家より古く、この界隈では最も古いらしい。

さあ、よく温まったので引き上げるとしよう。
ここは水車のある庭も素敵だった。
DSC_3483_20170220063202e17.jpg
DSC_3502_2017022006311676d.jpg

ではまた。
DSC_3501_201702200631142eb.jpg
さてあとは帰るだけだ。
路面の雪はだいぶ解けていて、もうほとんどチェーンがなくても大丈夫だったが、しばらくはそのまま下る。
西川橋バス停の手前の脇道に停めて、チェーンを外していたら、まん前の家の人が怪しげに窓から覗いていた。

はずしたら、やっと気分が軽くなった。
でも武蔵五日市まで、のろのろ軽自動車の後ろについてしまい、のんびり運転だった。
今日は車なので山麓酒場はできない。
この前みんなで飲んだ「居酒屋まるま」の前を、指をくわえて通過。
入間市までは順調に進んだが、所沢市内の国道463号がいつもの通り渋滞。
それでも18時には帰宅できた。
本日の下山ビールは部屋飲みとなったが、懸案だったコースをつぶせたので満足であった。

【行程】2017年2月12日
都民の森駐車場(9:14)~浅間尾根駐車場(9:41撮影・準備9:49)~御林山(10:02)~道奈良山(10:26)~数馬峠(10:33)~内台山(10:45)~数馬分岐(10:55)~藤倉分岐(11:10)~藤倉(11:40)~落合橋(12:00)~倉掛廃屋(12:43昼食13:06)~風張林道入口(13:20)~倉掛山(13:57撮影14:00)~風張峠駐車場(14:23)~浅間尾根駐車場(14:38休憩14:50)~都民の森駐車場(15:13)
※所要時間:5時間59分(歩行時間:5時間8分)コースタイム:5時間50分
※登った山:4座(御林山、道奈良山、内台山、倉掛山)
※歩行距離:15.8km
このページのトップへ

御林山・倉掛山(3)

【2017年2月12日(日)】御林山・倉掛山
浅間尾根から藤倉バス停あたりまで下ってきた。
ここからは落合までは20分ほど車道歩き。
DSC_5994_20170219210056e43.jpg

愛宕橋で北秋川を渡る。
DSC_5995_20170219210057725.jpg
DSC_5996_20170219210059a49.jpg

左手に寒澤寺。
DSC_5997_201702192100295bb.jpg

寛永三年(1626年)の創立で明治期には学校として使用されたこともあったとか。
DSC_5998_20170219210031105.jpg
しかし、昭和39年に学校給食が始まると、ここに炊事場を設けるため、寺は取り壊されてしまった。
現存の御堂は平成15年、地元の檀家らにより再建されたものだそうだ。

西東京バスは藤倉までだが、その奥は檜原村のデマンドバスが運行されている。
DSC_6000_201702192100320d3.jpg

これも立派なお宅だが廃屋のようだ。
DSC_6001_201702192100345dd.jpg

北秋川の上流部。
DSC_6002_2017021921003688c.jpg

清冽な流れだ。
DSC_6003_20170219210008301.jpg

倉掛自治会館前を通過。
DSC_6004_20170219210010f12.jpg

その裏に石仏がひっそり。
DSC_6005_20170219210011c73.jpg

落合橋に到着。
DSC_6006_201702192100133c5.jpg

正面に登山道というより石碑が並ぶ生活道が見える。
DSC_6007_20170219210014f56.jpg

よく見ると、墓石のようだ。「知法童女」「幻霜童子」の文字も見える。
DSC_6008_20170219205947a1e.jpg

日当たりがよくて暖かい。
DSC_6009_20170219205948eb1.jpg

雪も全くなくて春のようだ。
DSC_6010_20170219205950ee8.jpg

こうして振り返ると、谷間の村であることがよく分かる。
DSC_6011_20170219205951e6b.jpg

ここは白岩沢の谷だ。
DSC_6012_20170219205952042.jpg

今度は石仏。道には背を向けていた。
DSC_6013_2017021920592384d.jpg

落合橋から50mほど登ると民家が2軒ある。
DSC_6014_20170219205924ff9.jpg

1軒は廃屋だ。
DSC_6015_20170219205926492.jpg

まだ十分住めそうだが。
DSC_6016_2017021920592714c.jpg

立派な石垣もあった。
DSC_6017_20170219205929c46.jpg
ここは裏に車道が通じているので車で来ることができる。

V字形の空が格好いい。
DSC_6018_20170219205859166.jpg

現役の家の前を抜けると道が二手に分かれている。
道標がなかったが、地形図の表記がなんとなく右っぽかったので、右を選択。
DSC_6019_2017021920590104b.jpg

2軒のお宅を見下ろす。
DSC_6020_20170219205903512.jpg

右手に見えたのは734mピーク。
DSC_6021_20170219205904967.jpg

振り返ると、浅間尾根の北斜面が見えた。
DSC_6022_20170219205905f89.jpg

この先にも地形図には家の記号があり、確かに現地にもあった。
DSC_6023_201702192058355fa.jpg

玄関前の道は木製の桟橋になっていた。
DSC_6024_20170219205837a55.jpg

裏に回ってみる。
DSC_6025_201702192058384fc.jpg

トタン屋根。
DSC_6026_20170219205840cf3.jpg

この祠は家の守り神だったのだろうか。
DSC_6027_2017021920584194a.jpg

石仏も家主のない家をずっと見守っていた。
DSC_6028_201702192058103d4.jpg

この先は樹林帯に入る。かつての生活道路らしく、石垣で普請してある。
DSC_6029_20170219205811bb5.jpg

興味深い形の木だったので記録に残しておいた。
DSC_6030_20170219205813052.jpg

つづら折れの道が続く。
DSC_6031_201702192058143ec.jpg

生活道路としては、もう全く使われていないのだろう。かなり荒れている。
DSC_6032_20170219205816a9c.jpg
DSC_6033_2017021920574474d.jpg

道はあっていたようで、地図通りまもなく右へのトラバースとなった。
DSC_6034_20170219205746005.jpg

屈曲点で左に転じるのも地図と同じだった。
DSC_6035_201702192057474b4.jpg

スズタケが生い茂っている。
DSC_6036_20170219205749bee.jpg

倒木も激しい。
DSC_6037_20170219205750e6f.jpg

振り返ると、御前山(1405m)の湯久保尾根。
DSC_6038_20170219205721af7.jpg

いよいよ倉掛集落が近づいてきた。
DSC_6039_20170219205722300.jpg

立派な石垣も現れた。
DSC_6040_20170219205724ba4.jpg

さっきの廃屋から200mほど登ると再び車道に出た。
DSC_6041_20170219205725f67.jpg
これは結果的に枝道だったのだが、本道かどうか確認すべく上に行ってみたら、やはり行き止まり。

その行き止まりに民家がある。
現役の家だと思っていたが、雪に足跡がないので、廃屋のようだ。
DSC_6042_20170219205727489.jpg

見学すべく敷地に入ると、奥の林が伐採されていて一気に展望が開けた。
DSC_6045_20170219205701dd3.jpg
左から浅間尾根の松生山(934m)、浅間嶺(903m)、一本松(930m)、929mピーク。

一番奥の松生(まつばえ)山。
DSC_6044_201702192056594ac.jpg

今歩いてきた浅間尾根。数馬分岐がある908mピークあたりだろうか。
DSC_6051_201702192056373ae.jpg

都心の高層ビル群も見えた。
DSC_6047_20170219205702a74.jpg
このお宅にお住まいだったT・Hさん(表札が残っていた)の家族は毎晩、都心の夜景を見ながら眠ったことだろう。

あまりに景色がいいので、ここでお昼にすることにした。
DSC_6048_201702192057035fa.jpg

ちょうどコンクリートブロックがあり、イス代わりに使わせてもらった。
メニューは昨日と同じ、カップ麺の天ぷらそばと炒飯のおにぎり。
DSC_3463_201702192100536c4.jpg

おにぎりは低温のせいで、ぱさぱさになっていた。選択を誤った。
二日連続の天ぷらそばだが、最近ラーメンよりそばの方がおいしく感じるようになってきた。
DSC_3464_20170219210055dfc.jpg

食べ終わったところで名残を惜しみつつ出発。
DSC_6049_20170219205705cb0.jpg

20分ほどの休憩だった。
DSC_6050_20170219205636fc2.jpg

本道に出ると、廃車が2台。
DSC_6057_20170219205616381.jpg
DSC_6055_2017021920561310e.jpg

そこは掬水山東安寺の跡だった。
DSC_6052_20170219205638669.jpg
創立は1373年より古いらしい。

そういうこともあり、ここには石仏などが集められていた。
DSC_6053_201702192056406f6.jpg
DSC_6054_20170219205641ca5.jpg

寒念仏供養塔も。
DSC_6056_20170219205614716.jpg
寒念仏とは、1年でもっとも寒さの厳しい小寒から節分までの30日間にわたり、鉦をたたき念仏を唱えながら諸所を巡回する一種の苦行のことだ。

ここからは倉掛集落の廃屋を見ながら登っていく。
DSC_6059_2017021920561734d.jpg
DSC_6060_20170219205619639.jpg

これは、交通遺児らを支援してきた「檜原ファイト村」の活動拠点として使用されてきた古民家だが、今も使われているのだろうか。
DSC_6061_20170219205549912.jpg
DSC_6063_20170219205551180.jpg

奥の家は現役のようにも見えたが。
DSC_6064_20170219205553dc1.jpg

今度の廃車はデリカ。
DSC_6065_20170219205554790.jpg

たまには、まだまだ頑張っているところも。
檜原きのこセンターはバリバリ営業中。
DSC_6066_201702192055557ad.jpg

まいたけが美味しいのかな。
DSC_6067_20170219205527843.jpg

おしゃれ工房はやっているのか。
DSC_6068_20170219205529cae.jpg

廃屋の向こうの御前山。
DSC_6069_20170219205530e64.jpg

奥多摩から見るより、こちら側の方が形がいい。
DSC_6070_2017021920553169f.jpg

集落の尽きたあたりで犬が吠えて追いかけていたが、遠慮がちでかわいい。
DSC_6071_20170219205533797.jpg

「おいでおいで」としたら近づいてきたけど、手の届くところまでは来ず、勝手に家に帰ってしまった。
DSC_6073_2017021920550484d.jpg

犬がいるということは、まだ人も住んでいるということだ。
DSC_6074_20170219205505144.jpg
数えてみると4軒ほどはお住まいの様子だった。

さあ、ここから風張林道のスタート。
DSC_6072_2017021920550207e.jpg

目の前に雪の積もった車道が見えたので、もう一度チェーンを装着。
DSC_6075_20170219205507b31.jpg

林道で徐々に高度を稼いでいく。
DSC_6076_20170219205508cf0.jpg

途中、林道が大きくカーブするところはショートカットすることにした。
DSC_6078_201702192054384d4.jpg

ここから取り付く。
DSC_6077_2017021920543638e.jpg

つづら折りに登っていく。
DSC_6079_20170219205439365.jpg

尾根道に深く掘れたかつての生活道路らしき道が通じていた。
DSC_6080_20170219205441c64.jpg

傾斜が急で、ちょっと難儀したが、間もなく林道に合流。
DSC_6081_20170219205442a05.jpg

さらに高度を稼ぐ。林道歩きは楽だ。
DSC_6082_20170219205413fbe.jpg

右手に倉掛山(1078m)への取り付きを探しながら進むが、急な法面になっており、取り付けそうなところを見つけられないまま、ピークの位置を過ぎてしまった。
これは反対側から登ってピストンするしかないなあと思っていたら、登り口に小さな標識があった。
DSC_6083_20170219205415857.jpg

もう字が消えかけているが、これに間違いない。
DSC_6084_2017021920541712d.jpg

もちろん、しっかり踏み跡はある。
DSC_6085_20170219205418b0e.jpg

ヤブも刈ってくれている。ありがたいことだ。
DSC_6086_201702192054209f4.jpg

標高差30mほどで登頂。
DSC_6087_20170219205356de3.jpg

ここにはちゃんと山名板があって、うれしかった。
DSC_6088_201702192053581b1.jpg

(つづく)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道の山 (274)
東北の山 (68)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (58)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (97)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (40)
ドライブ (27)
廃線の旅 (21)
駅から散歩 (31)
乗り鉄 (46)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (29)
東海の山 (5)
つぶやき (36)
旧道歩き (56)
伊豆の山 (39)
サイクリング (3)
ハイキング (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR