山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

宮之浦岳(14)

【2017年4月13日(木)】宮之浦岳
小花之江河近くの展望台から360度のパノラマを楽しんでいる。
DSC_1663_20170527143652e3b.jpg

正面、東方向にビヤクシン岳頂上の巨岩。
DSC_1664_201705271436531c6.jpg

その左は1694mピーク。
DSC_1665_2017052714365578e.jpg

北に筑紫岳(左、1830m)。
DSC_1666_20170527143656768.jpg

南東方面の山並み。
DSC_1668_20170527143658ddf.jpg
DSC_1669_2017052714362788a.jpg

大展望に満足して、階段を下る。
DSC_1670_201705271436299d7.jpg

このすぐ先に、今度は高盤岳展望所があったので寄ってみた。
DSC_1671_201705271436306b4.jpg

高盤岳(1711m)の頂上にも輪切り石がある。
DSC_1672_2017052714363237c.jpg

豆腐石と言うそうだ。
DSC_1673_201705271436332fb.jpg

ここは、ほんとにこれだけの展望台だったので、写真を2枚だけ撮って登山道に戻る。
DSC_1675_2017052714360568e.jpg

あたりは亜熱帯の植物が繁茂している。
DSC_1674_20170527143604d0f.jpg

旺盛な成長力で樹木が怪獣の卵を飲み込んでしまった。
DSC_1676_20170527143607356.jpg

淀川登山口まで、あと3kmの地点まで来た。
DSC_1677_20170527143608c5d.jpg

時刻は正午なので、2時までには余裕で到着できるだろう。
DSC_1678_20170527143610259.jpg

標高が下がるに従い、さらに樹木に元気が出てくる。
DSC_1679_201705271435429b0.jpg

ほぼ平らなところまで下ってくると
DSC_1680_201705271435435d9.jpg

登山道は砂地になった。
DSC_1681_20170527143544e6a.jpg

淀川小屋まであと1km。もう秒読みだ。
DSC_1682_2017052714354687e.jpg

花崗岩もだいぶ細かくなった。
DSC_1683_2017052714354799b.jpg

再び屋久杉、出現。
DSC_1684_2017052714351865f.jpg

そして淀川(よどごう)を渡る。
DSC_1685_20170527143519610.jpg

水がものすごく透き通っている。
DSC_1686_20170527143521b6a.jpg

まるで、何もないかのようだ。
DSC_1687_20170527143522b24.jpg

こんなに美しい川だったとは。
DSC_1690_2017052714352418c.jpg

というわけで、12時半すぎに淀川小屋に到着。
DSC_1691_20170527143451242.jpg

まずはトイレ。
DSC_1692_20170527143452013.jpg

気温は10℃。日陰は涼しい。
DSC_1693_201705271434547c6.jpg

せっかくなので中を見学させてもらった。新高塚小屋よりは新しい印象だ。
DSC_1694_20170527143455fc7.jpg

急ぎ足で下ってきたので、ここでしばし休憩。
DSC_1695_20170527143457417.jpg

水場も確認しに行った。
DSC_1696_2017052714342372d.jpg

10分ほどで出発。
DSC_1697_20170527143425619.jpg

小屋付近は標高1380m。ここまで来ると、もうジャングルだ。
DSC_1698_20170527143426667.jpg

ここから50mほどの緩やかな登り返しとなる。
DSC_1699_201705271434284d1.jpg

巨岩も樹林の中だ。
DSC_1700_201705271434304d2.jpg

さんざん下ってきた後の登り返しは、かなりきつい。
DSC_1701_2017052714340092a.jpg

それでも黙々と歩くしかない。
DSC_1702_20170527143402d0a.jpg

時間はたっぷりあるので、ゆっくり歩いた。
DSC_1703_20170527143403d4c.jpg

ちょっとした難所も疲れているだけにしんどい。
DSC_1704_20170527143405f55.jpg

あと1km。もうひと息だ。
DSC_1705_20170527143406f8d.jpg

もう8時間以上歩いている。最近ではかなり長い方だ。
DSC_1706_20170527143332315.jpg

13:25、ようやく淀川登山口に到着。
DSC_1708_20170527143335a19.jpg

予定より30分以上早く着いたが、もうタクシーは到着していた。
DSC_1707_20170527143334003.jpg
所要時間は約9時間。よく歩きました。

途中でタクシーを停めてもらい、紀元杉を見学。
DSC_1709_201705271433376e6.jpg

樹高は19.5m。
DSC_1710_20170527143338cae.jpg

樹齢は約3000年。
DSC_1716_20170527143234488.jpg

幹回りは8.1mもあるそうだ。
DSC_1717_20170527143235a89.jpg

いくつもの樹木が合わさっているようにも見える。
DSC_1718_20170527143237a4c.jpg

それにしても見事。
DSC_1719_20170527143238d02.jpg

これで屋久杉は見納めだ。
DSC_1720_2017052714324084c.jpg

この木のすぐ隣にモミの大木の切り株があった。
DSC_1715_201705271433122b5.jpg
こちらは樹齢455年だったとのこと。

車に戻ってしばらく進むと、ヤクザルに出くわした。
DSC_1721_20170527143201e98.jpg

ヤクシカには会えなかっただけに、うれしい。
DSC_1722_20170527143203f71.jpg

山道を車で下りながら、左手に愛子岳(1235m)が意外に近く見えた。
DSC_1723_2017052714320475d.jpg

ほかにも、いろんな山々。
DSC_1725_20170527143207857.jpg

一昨日泊まった、旅人の宿まんまるに寄ってもらい、預かってもらっていた荷物を回収。
さらに北上して、15:20に屋久島空港に到着。
DSC_1726_20170527143207d67.jpg
確か料金は9600円だったが、いろいろと親切にしてくれたので1万円お支払いした。
鹿児島便は16:25発なので十分時間がある。
1日遅れの日程をなんとかクリアした。ちょっとひやひやだった。

最初に空港周辺を撮影。単純明快な名称のバス停があった。
DSC_1728_20170527143137080.jpg

ここをぐるっと歩いてきたんだなあ、と案内地図を見て感慨にふける。
DSC_1727_20170527143136f77.jpg

空港正面からも愛子岳が望めた。
DSC_1729_20170527143138503.jpg

今度来る時があったら、白谷雲水峡も歩いてみたいな。
DSC_1731_201705271431400af.jpg

てなわけで、搭乗準備に取りかかる。
まずは着替え。タオルを濡らして、トイレの個室に入り、全裸に。
体を濡れタオルできれいに拭いて、新しい服に着替える。風呂に入る時間がなかったのだから仕方ない。
それが終わったら、パッキング。
カメラなど壊れ物をサブザックに入れ直して、大きなザックは預けた。

落ち着いたところで喉を潤す。
タンカンサイダー。これだけで300円。値段の割に普通だった。
DSC_4568_201705271431415e4.jpg
まだ時間があったが、ここでのビールは我慢しておいた。

16時すぎにいよいよ搭乗。
DSC_4571_20170527143106bbb.jpg

JAC3752便は74人乗りの双発プロペラ機。
DSC_4572_20170527143108f3f.jpg

16:27、離陸!
DSC_4573_20170527143109ab7.jpg

さらば、屋久島!
DSC_4574_20170527143111560.jpg

愛子さま~!
DSC_4575_20170527143112ab5.jpg

たどり着くのに苦労しただけに感慨深い。
DSC_4576_20170527143038de2.jpg

機内サービスはあめ玉だった。
DSC_4580_20170527143041cc9.jpg

12分で開聞岳が見えてきた。
DSC_4581_201705271430424bf.jpg

こちらは知林ヶ島。
DSC_4583_201705271430448a2.jpg

プロペラの下に桜島。
DSC_4584_20170527142944d88.jpg

あっという間に桜島を通過。
DSC_4586_20170527142945c4e.jpg

間もなく着陸態勢。
DSC_4587_201705271429475ae.jpg

30分ほどで鹿児島空港に着陸。霧島連山が真正面だった。
DSC_4590_20170527142948981.jpg

羽田便は18:40発なので、まだ1時間半もある。
乗り継ぎ時間を利用して、空港のレストランで夕食にした。
まずはビールで喉を潤す。やはり“大物”を釣り上げた後のビールはうまい。
DSC_4591_20170527142950162.jpg

つまみはキビナゴの刺し身と薩摩揚げ。九州ですけん。
DSC_4592_2017052714291462f.jpg

さらには黒豚丼。どんどんお腹に入ってしまった。
DSC_4593_20170527142916098.jpg

食後は、ゆっくりとJAL652便に搭乗。
DSC_4595_20170527142917926.jpg

さようなら鹿児島。
DSC_4596_20170527142918530.jpg

霧島もさようなら~
DSC_4597_20170527142920950.jpg

空からの百名山も悪くない。
DSC_4598_20170527142859207.jpg

日暮れとともに爆睡。
羽田には20:15に到着。バスと電車に乗って、帰宅したのは22時を過ぎていた。
風雨のため屋久島にたどり着くのに2日もかかってしまったが、結果的に最高の天気に恵まれ、素晴らしい宮之浦岳の姿を見ることができた。
雨にたたられる姿しか想像できなかったので、二の足を踏んでいたが、北海道転勤が背中を押してくれた。決断してよかった。

【行程】2017年4月13日
新高塚小屋(4:28)~第一展望台(4:51)~第二展望台(5:15)~平石岩屋(6:05撮影6:13)~焼野三叉路(6:58)~展望スポット(7:06休憩7:16)~宮之浦岳(7:44休憩8:02)~栗生岳(8:18参拝8:23)~ゲンコツ岩(8:44トイレ8:52)~投石岩屋(9:59見学10:02)~投石平(10:04昼食10:46)~黒味岳分れ(11:11)~花之江河(11:25撮影11:30)~小花之江河(11:38)~高盤岳展望所(11:55)~淀川小屋(12:32休憩12:41)~淀川登山口(13:25)
※所要時間:8時間57分(歩行時間:7時間50分)コースタイム:8時間5分
※登った山:3座(平石岩屋、宮之浦岳、栗生岳)
※歩行距離:10.6km
スポンサーサイト
このページのトップへ

宮之浦岳(13)

【2017年4月13日(木)】宮之浦岳
宮之浦岳(1963m)から下山し、まもなく投石平に着くところ。
DSC_1576_2017052707392190c.jpg

シロクマくんもお見送りしてくれた。
DSC_1575_201705270739195ef.jpg

あそこが投石平だ。
DSC_1577_201705270739226f3.jpg

岩の上によくぞ生えたものだ。
DSC_1578_20170527073923a73.jpg

真正面に黒味山(1831m)が近い。
DSC_1579_20170527073925a3a.jpg

そのふもとに投石平。
DSC_1581_2017052707385711d.jpg

ここまで新高塚小屋から6km歩いてきた。ほぼ中間点だ。
DSC_1580_2017052707385596c.jpg

それにしても、こんな石を「投げた」なんて天狗の仕業だろうか。
DSC_1582_20170527073858c3e.jpg

ひときわ大きな岩が目の前に。
DSC_1583_201705270739007d8.jpg

その下に下りられるようだ。
DSC_1584_20170527073901e9c.jpg

ははん、これが投石岩屋なのかな。
DSC_1585_20170527073832167.jpg
DSC_1587_20170527073836c82.jpg

案の定、「投石岩屋」の看板があった。
DSC_1588_2017052707383764e.jpg

この巨岩にもあばたのような四角いぶつぶつに覆われている。
DSC_1586_2017052707383417c.jpg

ここは平石岩屋と違って、とくに祠のようなものは見当たらなかった。
DSC_1589_2017052707383836c.jpg

再び登山道に戻る。
DSC_1590_20170527073811852.jpg

なんと岩の上が登山コースになっていた。
DSC_1591_20170527073813c09.jpg

筑紫岳(1830m)を振り返る。
DSC_1592_20170527073814e8a.jpg

それにしても巨大な岩だ。
DSC_1593_2017052707381524c.jpg

お昼を食べる適地を探しながら進む。
DSC_1594_20170527073817f3c.jpg

土が露出している平らなところがあったので、このあたりにしよう。
DSC_1595_20170527073748cda.jpg
昨夜の小屋で同宿だった三重の男性にここで追いつかれてしまった。

時刻はまだ10時過ぎだが、朝を食べたのが4時だから全然早くない。お腹が空いた。
DSC_4562_20170527075955012.jpg

ランチのメニューはえびピラフとにゅうめん。
DSC_4563_20170527075957225.jpg
水が足りなくて、どうしようかと思ったが、少し下り気味に探してみたら、細い流れがあったので、そこで補給させてもらった。
助かった。

40分ほどかけてのんびり食べてから出発。
DSC_1596_20170527073749cc2.jpg

次の景勝地、花之江河まではわずか1.1kmだ。
DSC_1598_20170527073751676.jpg

この先は黒味岳の稜線を越えて行かねばならない。
DSC_1599_20170527073752bea.jpg

その前に、投石湿原なるものがあった。
DSC_1600_201705270737542ae.jpg

でも、湿原というよりは、泥濘地という印象。
DSC_1601_20170527073721a28.jpg

すぐに通過して、なめ滝状の花崗岩の上を下っていく。
DSC_1603_20170527073723fa7.jpg

こ、こ、これは何だ?ケルンにしてはバカでかいが。
DSC_1604_20170527073724b1f.jpg

真砂土の坂を振り返る。
DSC_1605_20170527073725352.jpg

花崗岩の上を水が流れると黒くなるのだろうか。
DSC_1606_20170527073727c67.jpg

だいぶ木々が生い茂ってきた。
DSC_1607_20170527073654502.jpg

岩の露出が多い筑紫岳。
DSC_1608_201705270736550b0.jpg

別名、投石岳というのは、やはりこれらの岩のせいだろうか。
DSC_1609_20170527073656aeb.jpg

またまたロープ場出現。
DSC_1610_20170527073658ee4.jpg

左の岩は表面が剥がれて、中はスライスされたような縦線が入っている。絶賛、風化中なのだろう。
DSC_1611_20170527073659184.jpg

道は登りに転じた。
DSC_1612_20170527073628a64.jpg

お~グランドキャニオンみたい。
DSC_1613_20170527073629222.jpg

25分ほどで、黒味岳への分岐に当たる黒味岳分かれに到着。
DSC_1614_201705270736318e7.jpg

右折すると黒味岳だ。
DSC_1615_201705270736328f6.jpg

花之江河まではあと500m。頑張って下ろう。
DSC_1616_20170527073634699.jpg

もう一度筑紫岳を振り返る。
DSC_1618_20170527073605bdb.jpg

その右にある1711mピーク。
DSC_1617_201705270736042b3.jpg

前方には高盤岳(1711m)。この頂上にもスライス岩のようなものが見える。
DSC_1619_201705270736065e6.jpg

樹林帯の中をさくさく下ると
DSC_1620_2017052707360875a.jpg

10数分で花之江河に着いた。
DSC_1621_20170527073609a6b.jpg

ここはこうした山に囲まれた
DSC_1623_20170527073539c78.jpg

湿原らしい湿原だ。
DSC_1622_201705270735400d4.jpg

白骨樹がまさに美術作品のように見える。
DSC_1624_2017052707354174e.jpg

こんな巨大な岩も芸術品と言えなくもない。
DSC_1625_2017052707354527f.jpg

湿原には木道がしつらえてあった。
DSC_1626_20170527073544cae.jpg

左に行くと千年杉に至る花之江河登山道。
DSC_1627_2017052707351492f.jpg

木道の上で誰かが休んでいる。
DSC_1628_20170527073515ec4.jpg

木道沿いの清冽な流れ。
DSC_1629_2017052707351761e.jpg

ここは日本最南端の泥炭湿原だそうだ。
DSC_1630_20170527073518144.jpg

水面をのぞき込むとへびのようなものが。
DSC_1631_20170527073520e36.jpg

よく見ると、これはカエルの卵だ。
DSC_1632_201705270734482de.jpg

おびただしい数だ。これらがみんな孵ったら、やかましいくらいだろう。
DSC_1633_20170527073449b54.jpg

淀川小屋に行くには、ここを左折する。
DSC_1634_201705270734524c2.jpg

その前に、ゆっくり観賞。
DSC_1635_20170527073452e42.jpg

まだお花には早いが、小さな石祠があった。
DSC_1636_2017052707345534f.jpg

正面には筑紫岳。
DSC_1637_20170527073424c4c.jpg

全景としては、こうなっている。
DSC_1638_20170527073426023.jpg

花之江河登山道方面。
DSC_1639_20170527073428de0.jpg

おじさんはお弁当を食べていたようだ。
DSC_1641_20170527073430cde.jpg

それでは、出発。
DSC_1640_20170527073429c2f.jpg

この先、ちょっとだけ登り返しがある。
DSC_1643_201705270733585c8.jpg

木のトンネルだ。
DSC_1644_20170527073400b85.jpg

結構、階段がきつい。
DSC_1645_2017052707340145a.jpg

標高が下がって、完全に樹林帯に入った。
DSC_1646_2017052707340302a.jpg
DSC_1647_20170527073405dc7.jpg

これまた芸術的な白骨樹。踊っているようだ。
DSC_1648_20170527073334ced.jpg

その先に見えるのはビヤクシン岳だろうか。
DSC_1649_2017052707333585a.jpg

頂上の岩塔が印象的だ。
DSC_1650_2017052707333770e.jpg

わずかに下ると、そこは小花之江河。
DSC_1651_2017052707333847e.jpg

小さな湿原になっている。
DSC_1652_201705270733403fe.jpg

右前方にハムを輪切りにしたかのような岩をのせた高盤岳。
DSC_1653_20170527073309033.jpg

今度はかなり厚切りだ。
DSC_1654_20170527073311e7d.jpg

ここは初夏になると、どんな花が咲くのだろう。
DSC_1655_201705270733126d4.jpg

「山と高原地図」には花の名の記載がないので、花の名所ではないのかもしれない。
DSC_1656_201705270733143d6.jpg

いずれにしろ、この季節は白骨樹を愛でるしかない。
DSC_1657_201705270733155df.jpg

ここは標高約1600m。
DSC_1658_20170527073246bfa.jpg

約2800~2600年前にできた湿原だそうだ。
DSC_1659_20170527073248e11.jpg

淀川小屋まで、あと2.3km。頑張ろう。
DSC_1660_201705270732487f9.jpg

ちょっと登ると展望台に出た。東にビヤクシン岳。
DSC_1661_20170527073250642.jpg

北には、さっき通過してきた筑紫岳が見えた。
DSC_1662_20170527073251ac2.jpg

(つづく)
このページのトップへ

宮之浦岳(12)

【2017年4月13日(木)】宮之浦岳
宮之浦岳(1936m)を後にして、花之江河に向かっている。
DSC_1479_201705250939368d3.jpg

前方に筑紫岳(1830m)。
DSC_1478_2017052509393472c.jpg

背後に栗生岳(1867m)。
DSC_1480_2017052509393792a.jpg

足場に水気が出てきた。
DSC_1481_20170525093938b37.jpg

左手は安房岳(1847m)。
DSC_1482_2017052509394070c.jpg

沢の水がめちゃめちゃきれいだ。
DSC_1483_2017052509391396f.jpg

日の光を浴びて輝いている。
DSC_1484_201705250939147f0.jpg

これが屋久島の核心部。
DSC_1485_201705250939154ce.jpg

この上は歩かないで済んだ。
DSC_1486_20170525093917400.jpg

なぜなら木道があったから。
DSC_1488_20170525093848366.jpg

沢は所々凍っていた。
DSC_1487_20170525093918081.jpg

まさに絶景。
DSC_1489_20170525093849a9b.jpg

この岩は女性っぽい。
DSC_1491_2017052509385227c.jpg

木道をゆるやかに登っていく。
DSC_1492_20170525093854dee.jpg

突き当たりを左折。
DSC_1493_201705250938238b8.jpg

美しい谷を満喫しました。
DSC_1494_201705250938242de.jpg

安房岳はほぼ巻き終わった感じ。
DSC_1495_2017052509382638d.jpg

これまたユニーク。名付けるとしたら、戦車岩かな。
DSC_1496_201705250938273ef.jpg

安房岳との位置関係。
DSC_1497_20170525093829462.jpg

この先は筑紫岳を巻いていく。
DSC_1498_201705250937582e5.jpg

緩やかなアップダウンだ。
DSC_1499_2017052509375960c.jpg

居眠り中の犬?
DSC_1500_20170525093801233.jpg

ピークに道をつけてほしかった。
DSC_1501_20170525093801461.jpg

安房岳振り返り。
DSC_1502_20170525093803f63.jpg

背後に宮之浦岳。
DSC_1503_20170525093734f9d.jpg

右手に三角帽子の小楊子山。
DSC_1504_201705250937352e9.jpg

正面に黒味岳(1831m)の稜線。
DSC_1505_20170525093737f21.jpg

その頂上部。
DSC_1506_20170525093738295.jpg

筑紫岳も頂上には行けない。
DSC_1507_201705250937408e5.jpg

残念だ。
DSC_1508_20170525093708a25.jpg

でも、雨が降っていたら、ありがたく思っただろう。
DSC_1509_20170525093710724.jpg

やはり頂上部は風が強いからか、岩が露出していることが多い。
DSC_1510_20170525093711135.jpg

稜線もしかり。
DSC_1511_20170525093713f92.jpg

急斜面もしかり?
DSC_1512_20170525093715b90.jpg

西黒味岳が尽きるあたり。そのはるか先に見えるのはトカラ列島の口之島だろうか。
DSC_1513_20170525093641b59.jpg

筑紫岳の巻きに取りかかる。
DSC_1515_20170525093641f10.jpg

ゲゲ、スリップ注意。
DSC_1516_20170525093643011.jpg

白骨樹が目立ってきた。
DSC_1517_20170525093644716.jpg

めずらしく木のトンネル。
DSC_1518_20170525093646da4.jpg

日陰を進む。
DSC_1519_20170525093615ca5.jpg

花崗岩に含まれていた四角い結晶が剥がれて落ちている。
DSC_1520_20170525093617f57.jpg
でも、これも花崗岩。不思議だ。

ネッシー。
DSC_1521_201705250936176d8.jpg

海だ~~~
DSC_1522_20170525093619025.jpg

筑紫岳がなかなか越えられない。
DSC_1524_201705250935458a6.jpg

縄文時代の土版。
DSC_1525_20170525093547f6b.jpg

ネッシーがこんな顔をしていたとは。
DSC_1526_20170525093548804.jpg

再び宮之浦岳。
DSC_1527_2017052509355049a.jpg

筑紫岳の手前のピークを通過。
DSC_1528_20170525093551705.jpg
DSC_1529_201705250935215ac.jpg

だいぶ本体が近づいてきた。
DSC_1530_2017052509352147d.jpg

このあたりの山は丸みを帯びていて女性らしい。
DSC_1531_20170525093523fd8.jpg

鞍部からは左手に石塚山(左、1589m)や花折岳(右、1587m)が覗けた。
DSC_1533_2017052509352798e.jpg

左右の突起が印象的だ。
DSC_1536_2017052509345649f.jpg

大アリクイ。
DSC_1535_20170525093455f68.jpg

マッコウクジラのようにも見える。
DSC_1534_20170525093454973.jpg

とにかくでかいね。
DSC_1537_20170525093458951.jpg

日陰はまだ凍っているので、慎重に。
DSC_1538_2017052509350291a.jpg

峠はもうすぐそこだ。
DSC_1539_201705250934283bc.jpg

その前には楽しい岩場。
DSC_1541_20170525093432968.jpg

振り返り。
DSC_1540_201705250934309e4.jpg

高倉捷恭さんの遭難碑を通過。
DSC_1543_201705250934325b1.jpg

黒味岳も迫ってきた。
DSC_1545_20170525093435e18.jpg

やっと筑紫岳の真横まで来た。
DSC_1546_20170525093349669.jpg

テーブル岩(仮名)。
DSC_1547_20170525093351c1b.jpg

水が倒木を削った溝を流れている。
DSC_1548_201705250933533ff.jpg

小楊子山を振り返る。
DSC_1549_20170525093355b4e.jpg

宮之浦岳の左肩から永田岳(1886m)の南斜面が現れた。
DSC_1551_2017052509331173c.jpg

岩だらけだ。
DSC_1550_20170525093355420.jpg

植生が山ごとに全然違うのが不思議だ。
DSC_1552_20170525093312d6d.jpg

こちらは白骨樹が多い。
DSC_1553_20170525093314958.jpg

安房岳。
DSC_1554_20170525093315ecd.jpg

宮之浦岳(左)と栗生岳(右)。
DSC_1556_2017052509324413a.jpg

宮之浦岳頂上部。
DSC_1557_20170525093245299.jpg

西黒味岳。
DSC_1558_20170525093247cf7.jpg

黒味岳。
DSC_1559_201705250932487b9.jpg

全容。
DSC_1560_20170525093250869.jpg

黒味岳東部の岩壁。
DSC_1561_2017052509321812b.jpg

やっと筑紫岳を巻き終えた。
DSC_1562_20170525093220512.jpg

ほう、黒味岳の頂上に誰かいるではないか。
DSC_1563_20170525093221d5f.jpg

小楊子山を別角度から。
DSC_1564_2017052509322355b.jpg

豪快な滑り台。
DSC_1565_20170525093225385.jpg

滑らないように歩く。
DSC_1566_201705250931494b2.jpg

こちらは荒々しい男性的な山だ。
DSC_1567_201705250931511fa.jpg

岩と白骨樹。
DSC_1568_20170525093152bb0.jpg

投石平へと下る。
DSC_1569_20170525093154394.jpg

いきなり、投石平が現れた。
DSC_1570_20170525093155114.jpg

ロープで下っていく。
DSC_1571_201705250931199bc.jpg

全然滑らないので平気。
DSC_1572_20170525093119530.jpg

楽しかった。
DSC_1573_20170525093119e69.jpg

(つづく)
このページのトップへ

宮之浦岳(11)

【2017年4月13日(木)】
宮之浦岳(1936m)から淀川(よどごう)登山口に向けて下山中。
DSC_1372_20170524075122446.jpg

正面に愛子岳(左、1235m)と石塚山(右、1589m)。その向こうに東シナ海が見える。
DSC_1371_201705240751203e7.jpg

左のくちばし状の岩峰は翁岳(1860m)。
DSC_1373_20170524075123262.jpg

宮之浦岳の頂上部は一面ササに覆われている。
DSC_1375_2017052407512625c.jpg

その中にぽこぽこと、花崗岩が豆パンの豆ように露出している。
DSC_1376_2017052407505744b.jpg

こうした景観がとても心地よい。
DSC_1377_20170524075059366.jpg

よく見ると、屋久島のササは縁取りがない。クマザサではないようだ。
DSC_1374_20170524075124e53.jpg

巨大な卵のような岩にも惹きつけられる。
DSC_1378_201705240751002e8.jpg

寄り添うモンスター。
DSC_1380_20170524075103938.jpg

その向こうに翁岳。
DSC_1383_20170524075033493.jpg

花崗岩自体、粒状の結晶を含んでおり、これも豆パンのようだ。
DSC_1384_201705240750348b3.jpg

岩峰の競演。中央が栗生岳(1867m)。
DSC_1385_20170524075036594.jpg

その頂上部。
DSC_1387_20170524075010739.jpg

きれいにスライスされてしまった花崗岩。
DSC_1386_20170524075037c6e.jpg

どんな力が働くと、こんなにきれいに割れるのだろう。
DSC_1394_2017052407495007c.jpg

何かの脱皮の跡のように見えなくもない。
DSC_1396_20170524074953677.jpg

名付けて鯨岩。
DSC_1388_2017052407501107c.jpg

モンスター群を通過すると
DSC_1390_201705240750145d0.jpg

階段を下る。
DSC_1391_201705240750159c7.jpg

こうした岩は何度見ても飽きない。
DSC_1392_20170524074946e0c.jpg

横たわる岩たち。
DSC_1393_20170524074948805.jpg

あの岩は転がり落ちないのだろうか。
DSC_1395_20170524074951684.jpg
DSC_1398_2017052407492305f.jpg

モンスターたちを振り返る。
DSC_1399_20170524074925cc2.jpg

栗生岳はほんの少しの登り返し。
DSC_1397_20170524074922fa7.jpg

なので、すぐに着いてしまった。
DSC_1402_20170524074857f4c.jpg

宮之浦岳の頂上はモンスターたちに隠れて見えない。
DSC_1404_20170524074900e51.jpg

あちこちに散らばる恐竜の卵たち。
DSC_1412_20170524074838859.jpg

右手に「ほこら」があるとのことなので、岩の間に潜り込んでみた。
DSC_1406_20170524074903f03.jpg

すると、確かに石祠が奥にあった。
DSC_1408_20170524074832bff.jpg
静かに手を合わせて、安全下山を祈願した。

頂上の岩の裏側に回り込み、宮之浦岳方面を振り返る。
DSC_1413_201705240748106d9.jpg

あの上が頂上だが、とても登れない。
DSC_1414_20170524074812830.jpg

翁岳がぐんと近づいた。
DSC_1415_20170524074813523.jpg

栗生岳を振り返る。
DSC_1416_20170524074814f79.jpg

淀川小屋まであと6kmか。
DSC_1417_20170524074816771.jpg

お尻岩(仮名)。
DSC_1418_20170524074746131.jpg

その裏側。
DSC_1420_2017052407474921f.jpg

花崗岩に含まれる長方形の結晶。
DSC_1419_201705240747489fd.jpg

翁岳は頂上を経由せず、巻いてしまうのが、ちょっと残念。
DSC_1421_20170524074750432.jpg

とにかく鞍部まで、がんがん下る。
DSC_1422_20170524074752004.jpg

写真を撮りまくっている間に単独男性が追い抜いて行った。
DSC_1423_201705240747210ac.jpg

気になった岩2態。
DSC_1424_201705240747224ca.jpg
DSC_1425_20170524074724d35.jpg

安房岳(1847m)。
DSC_1426_20170524074725239.jpg

さっきの男性がササの道を進んでいく。
DSC_1427_201705240747287c7.jpg

翁岳も頂上直下まではヤブを漕げば行けないことはなさそうだ。
DSC_1428_20170524074656e63.jpg

岩の造形はどれもおもしろい。
DSC_1429_20170524074658c65.jpg
DSC_1432_20170524074702108.jpg

十字架岩(仮名)。
DSC_1430_2017052407465904e.jpg

栗生岳方面を振り返る。
DSC_1431_201705240747010a7.jpg

翁岳には実は奥さんがいた。
DSC_1433_2017052407462308c.jpg

こんな卵から生まれた怪獣はどのくらいの大きさになるのだろう。
DSC_1434_201705240746254da.jpg

青空と岩とササしか、ここには存在しない。
DSC_1435_20170524074626e22.jpg

よく見ると、翁岳の頂上には小さな岩が2つのっているが、今にも落ちそうだ。
DSC_1436_2017052407462817b.jpg

ゲンコツ岩が出現。
DSC_1438_20170524074600ab9.jpg

拳骨というより巨身兵のように見える。
DSC_1439_2017052407460228f.jpg

その足元に携帯トイレ用ブースがあった。
DSC_1440_201705240746030e9.jpg

ゲンコツ岩は石仏のようにも見える。
DSC_1441_2017052407460553e.jpg

こっちがゲンコツ岩だったりして。
DSC_1442_20170524074606675.jpg

淀川方面から来た登山者とまたすれ違った。
DSC_1443_201705240745345a7.jpg

みな単独者ばかりだ。
DSC_1447_20170524074540d4c.jpg

翁岳直下。
DSC_1444_201705240745361e7.jpg

せっかくなのでブースを見学していくことにした。
DSC_1445_20170524074537401.jpg
DSC_1456_201705240744394f5.jpg

肝心の屋内の写真を撮るのを忘れてしまった。
DSC_1455_201705240744387f4.jpg

ぱっかり。
DSC_1446_2017052407454078b.jpg

ブースから見たゲンコツ岩。
DSC_1448_20170524074458af7.jpg

オシラサマにも見える。
DSC_1449_201705240744592ed.jpg

こちらの方が、下の岩が拳を握りしめているように見える。
DSC_1450_2017052407450123c.jpg

この岩はなぜ落ちないのだろう。
DSC_1451_20170524074502c4f.jpg

今にも孵化しそうな卵たち。
DSC_1452_201705240745048b1.jpg

なんだか、かっこいい。
DSC_1453_20170524074435d19.jpg

真横から見たゲンコツ岩。
DSC_1454_20170524074436c36.jpg

またまた、単独男性。あっという間に追い越して行った。
DSC_1457_201705240744417c0.jpg

こちらは、ゆっくりと前進。
DSC_1458_2017052407440905e.jpg

正面に黒味岳(1831m)。
DSC_1459_201705240744115da.jpg

安房岳(左)も巻いてしまう。
DSC_1460_201705240744129d5.jpg

それにしても、ずっと雲ひとつない。
DSC_1462_2017052407441584b.jpg
DSC_1467_201705240743516d4.jpg

多少灌木が生えてきた。
DSC_1463_20170524074345e7a.jpg

白骨樹のゲートを通過。
DSC_1464_201705240743460e7.jpg

宮之浦岳最後の水場。ということは私にとっては最初の水場だ。
DSC_1465_20170524074348542.jpg

栗生岳。
DSC_1466_20170524074349bfc.jpg

スギもちらほら出てきた。
DSC_1468_20170524074317766.jpg

右手に初出場の小楊子山。
DSC_1469_20170524074319d4b.jpg

この角度からの栗生岳の姿が最も端正だ。
DSC_1470_20170524074320416.jpg

展望のよさそうな岩。
DSC_1471_20170524074322827.jpg

今度は二人組がやって来た。
DSC_1472_20170524074323c3e.jpg

栗生岳全容。
DSC_1473_20170524074253a9f.jpg

三本杉岩(仮名)。
DSC_1474_20170524074255f42.jpg

栗生岳からだいぶ下ってきた。
DSC_1475_201705240742552b9.jpg

たった今下ってきた木道。
DSC_1476_2017052407425757f.jpg

栗生岳南斜面で今回はおしまい。
DSC_1477_201705240742582f1.jpg

(つづく)
このページのトップへ

宮之浦岳(10)

【2017年4月13日(木)】宮之浦岳
新高塚小屋から宮之浦岳(1936m)を目指して登っている。
DSC_1272_20170521215813995.jpg

標高が高くなると、岩の表面が凍り付いていて危ない。
DSC_1273_2017052121581526f.jpg

平石岩屋から20分ほどで「平石」という場所に着いた。
DSC_1274_20170521215816d9f.jpg

地形図には平石岩屋の場所に「平石」と書いてあるが、「平石」と「平石長屋」は別物のようだ。
DSC_1276_20170521215819b53.jpg

ここから標高差240mほどをぐいぐい登っていく。
DSC_1275_20170521215818851.jpg

振り返ると、今通過した場所が「平石」である理由が分かった。確かに平らな石である。
DSC_1278_201705212157522a9.jpg

露岩を眺めながら、ゆっくり登る。
DSC_1279_20170521215753f83.jpg
DSC_1280_20170521215754969.jpg

あれが宮之浦岳だ。
DSC_1281_20170521215756474.jpg

そして永田岳(1886m)。
DSC_1282_20170521215721280.jpg

小杉谷の源流。
DSC_1283_201705212157237c6.jpg

ネマチ(1814m)。
DSC_1284_201705212157247ec.jpg

風化に耐えて残った花崗岩。
DSC_1285_20170521215725868.jpg

これぞ宮之浦岳の景観だ。
DSC_1286_20170521215727815.jpg

階段の残骸?
DSC_1287_20170521215659dc6.jpg

さっき見えた岩の高さまで来た。
DSC_1288_201705212157001e9.jpg

あたりは緑が実に鮮やか。
DSC_1289_20170521215702d65.jpg

とうとう頂上が隠れてしまった。
DSC_1290_20170521215703a93.jpg

再びロープ場。
DSC_1291_20170521215704053.jpg

そして湧き水。
DSC_1292_20170521215635352.jpg

永田岳がぐんと近づいた。
DSC_1293_20170521215636a42.jpg

平石岩屋のピークも、こうして見ると岩だらけだ。
DSC_1294_20170521215638e74.jpg

小障子。
DSC_1298_201705212156064a3.jpg
DSC_1295_20170521215639371.jpg

黒い部分は水が流れるところなのだろう。
DSC_1296_20170521215641912.jpg

ネマチも見る角度によって変幻自在だ。
DSC_1297_201705212156062ee.jpg

小屋から2時間半で永田岳への登山道との分岐(焼野三叉路)を通過。
DSC_1299_20170521215609d55.jpg

ここから宮之浦岳の頂上までは、あと500mだ。
DSC_1300_20170521215609df7.jpg

頂上はあのピークの陰だろうか。
DSC_1301_201705212156114f8.jpg

永田岳への道が見えた。
DSC_1302_201705212155400ae.jpg
DSC_1311_201705212155230a7.jpg

時刻は7時を回ったところ。
DSC_1303_20170521215542985.jpg

ここで海が初めて見えた。
DSC_1304_201705212155434fa.jpg

すっかり鋭さが失われたネマチ。
DSC_1305_20170521215545c03.jpg
DSC_1309_20170521215520124.jpg

平石岩屋方面。
DSC_1306_20170521215546b2d.jpg
DSC_1308_20170521215519508.jpg

ネマチと小障子。
DSC_1307_20170521215517098.jpg

愛子岳(1235m)方面。
DSC_1310_20170521215522c60.jpg

吉田岳(1165m)方面。
DSC_1312_201705212154539d8.jpg

いい加減疲れたので、頂上が近いことは分かっているが、しばし休憩。
やはりザックが重すぎる。
DSC_1313_201705212154542f9.jpg

もう先は見えているのだが。
DSC_1314_20170521215456ae2.jpg

眼下はこの眺め。
DSC_1315_20170521215458456.jpg

永田岳の真正面。実に美しい。
DSC_1316_20170521215459bc9.jpg

これまでの道はわりとなだらかだったことが分かる。
DSC_1317_201705212154286b9.jpg

まさに地球の素肌という感じだ。では出発。
DSC_1318_201705212154297ff.jpg

永田岳への登山道。
DSC_1320_201705212154321f3.jpg
DSC_1319_20170521215431d9e.jpg

頂上はもう間もなくだろう。
DSC_1321_20170521215434588.jpg
DSC_1322_20170521215404990.jpg

巨岩の脇をすり抜けていく。
DSC_1323_20170521215405a27.jpg

空が青い。
DSC_1324_20170521215407b2d.jpg

あれは頂上ではない。
DSC_1325_20170521215408b0e.jpg

こっちが頂上。
DSC_1326_20170521215410287.jpg

岩を回り込んで、永田岳を振り返る。
DSC_1327_20170521215339a04.jpg

これは何山なのか特定できず。
DSC_1328_201705212153414c7.jpg

さあ、もう少し。
DSC_1329_2017052121534353b.jpg

珍しく尖った岩を発見。
DSC_1330_20170521215344265.jpg

永田岳とネマチの全容。
DSC_1332_20170521215315140.jpg

ネマチと登山道。
DSC_1333_20170521215316cbb.jpg

永田岳への登山道も終盤はかなりきつそうだ。
DSC_1335_20170521215319194.jpg

桃平(1517m)方面。
DSC_1336_20170521215321e8f.jpg

その向こうには海が見える。
DSC_1337_20170521215245437.jpg

国割岳(1323m)かな。
DSC_1338_20170521215246ad7.jpg

頂上付近の露岩。
DSC_1339_20170521215248375.jpg

縦にすっぱり割れている。
DSC_1340_2017052121524979c.jpg

南の方角も視界が開けてきた。
DSC_1341_201705212152512e1.jpg

頂上直下の岩の間に祠があった。
DSC_1332_20170521215315140.jpg
ここに一昨日、海岸で拾った小石を奉納した。
いいことがあるだろう。というか、すでにいいことずくめだ。

左手前の岩は亀の頭のよう。
DSC_1343_20170521215216955.jpg

この岩に沿って頂上を目指す。
DSC_1344_20170521215218b02.jpg

自然にできた文様だと思うが、ちょっと下品な感じ。
DSC_1345_20170521215219601.jpg

こちらには、いろんな顔が隠されている。
DSC_1346_20170521215221fb0.jpg

もう淀川(よどごう)方面に下って行く人の姿が。
DSC_1347_20170521215147aab.jpg

最後の登りはほとんどヤブだった。
DSC_1349_20170521215149174.jpg
祠の手前を左に行くのが正規の道だったようだ。

いずれにしろ、7:44、宮之浦岳に登頂。
DSC_1350_20170521215150cc1.jpg

コースタイム4時間40分のところ、3時間15分だった。
DSC_1351_20170521215152713.jpg

ちょっと「山と高原地図」は甘すぎるのではないか。
DSC_1353_2017052121510993e.jpg

ここは一等三角点。これで百名山は70座となった。
DSC_1352_20170521215153cac.jpg

永田岳の向こうに口永良部島が浮かんでいるのが、うっすらと見える。
DSC_1354_20170521215110754.jpg

北西の方角にネマチと小障子。
DSC_1355_201705212151128c9.jpg

宮之浦岳はゆるやかな双耳峰だが、これはもう片方(東)のピーク。
DSC_1356_201705212151136fe.jpg

さっきの巨岩の頭頂部。
DSC_1359_201705212150476af.jpg

桃平。
DSC_1358_201705212150450e0.jpg

南東の方角。
DSC_1360_201705212150483a6.jpg

安房岳(左、1847m)と筑紫岳(右、1830m)。
DSC_1361_2017052121505019c.jpg

文字通り360℃の大パノラマに大満足なのだが、風がかなり強く、岩の陰に逃げ込んだ。
DSC_1357_20170521215115dfe.jpg

ここでパンを1個食べたが、寒いので撮影含めて20分足らずで退散。
DSC_1362_20170521215051e39.jpg

次のピーク、栗生岳(1867m)に向かう。
DSC_1363_20170521215005e32.jpg

淀川側から登ってきた人と早くもすれ違った。
DSC_1364_2017052121500638e.jpg

早速、頂上を振り返る。
DSC_1366_2017052121500928c.jpg

下山路が見える。左が翁岳(1860m)。
DSC_1367_20170521215011f9f.jpg

りりしい花崗岩。
DSC_1368_2017052121494015d.jpg

石塚山(左奥)と翁岳(右)。
DSC_1369_20170521214942521.jpg

南に黒味山(1831m)も見えた。
DSC_1370_201705212149435a7.jpg

(つづく)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (74)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (93)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (39)
南アルプス (99)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (19)
ドライブ (8)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR