山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

白川郷・五箇山(下)

【2015年5月8日(金)】白川郷・五箇山
白川郷から30分ほどで、菅沼集落の駐車場に到着。
ここは国道から、集落を眺められる。
CIMG8311.jpg
CIMG8313.jpg
コンパクトにまとまっている印象だ。
白川郷は岐阜県だが、ここは富山県になる。

ぶらぶらと集落の中に入っていく。
CIMG8316.jpg
CIMG8318.jpg

のれんがなかなか素敵だ。
CIMG8320_20150612210400ecd.jpg

こちらはそれぞれの家が似ている気がする。
CIMG8321_20150612210333b84.jpg

塩硝の館。昔はこの集落で火薬を作っていた。
CIMG8330.jpg

神明宮に参拝。
CIMG8326_20150612210336ce0.jpg
CIMG8327.jpg

昔懐かしいというか、現役時代をリアルタイムでは知らないポンプ車。
CIMG8325.jpg

上平村は合併して、今は南砺市の一部になっている。
CIMG8331.jpg

めずらしい入母屋の合掌造り。五箇山民俗館になっている。
CIMG8334.jpg

いいなあ、こういう木槽。
CIMG8338_201506122103173d5.jpg

ちょっと厳しいけど逆さ合掌。ていうか、これで本当の合掌の形は完成?
CIMG8335.jpg

雰囲気のよさそうな食事処吾郎平。
CIMG8341_20150612210318c00.jpg

あ、こっちの方が逆さ合掌くっきり。
CIMG8342.jpg
トタン屋根に布団干してあるところが、生活感あってよろしい。

「ばっか」だと思ったら「かっぱ」だった。
CIMG8343_201506122102534b9.jpg

ちょっと覗いてみた。
おもしろいサイダーがある。のどが渇いたので「ブラック」の方をいただいた。
CIMG8345_201506122102566db.jpg
CIMG8344_2015061221025532b.jpg
ガラナよりくせのない味だった。

こちらは手作り民芸品のお店。
CIMG8348.jpg
CIMG8347.jpg
私は荻町より、こっちの集落の方が静かですきだ。

でもまあ、そろそろ引き上げますか。
CIMG8350.jpg
CIMG8352_20150612210231cc8.jpg
CIMG8353.jpg
CIMG8354_20150612210234a57.jpg

帰りは地下エレベーターで駐車場に戻る。
CIMG8358.jpg
CIMG8361.jpg

さあ、最後の相倉集落には15分ほどで到着。こちらは菅沼よりは大きな集落だ。
まずは、巨大な残雪のお出迎えにびっくり。
CIMG8362.jpg
ここが雪捨て場のひとつだったのだろう。

荻町や菅沼と違って傾斜地にあるのが、ここの特徴だろうか。
CIMG8363.jpg
CIMG8367_20150612210140a91.jpg

石垣で築いた棚田もある。
CIMG8365.jpg

民宿の庄七は茅葺きの屋根をぶち抜いて明り取りを作っている。
CIMG8368_20150612210141aa0.jpg

こちらは内部見学のできる勇助だが、もう閉まっていた。
CIMG8369.jpg

地主神社に参拝。
CIMG8371.jpg
CIMG8372.jpg

境内に皇太子殿下の歌碑があった。
CIMG8374.jpg
「五箇山をおとづれし日の夕餉時森に響かふこきりこの唄」
う~ん、誠に失礼ながら、あまりに普通だ。

ここは残雪が多い。北海道の春を思い出す。
CIMG8376.jpg
CIMG8378_201506122101203b1.jpg

もう午後3時半をすぎ、観光客もほとんどいない。
CIMG8383.jpg
CIMG8384_20150612210123c6e.jpg

おや、こんな道が通じていた。
CIMG8387.jpg
旧五箇山街道か。歩いてみたいが、まだ雪の中かも。

植えたものだろうけど、水芭蕉が咲いていてびっくり。
CIMG8388_20150612210030c93.jpg

集落のはずれからは人形山(1726m)が見えた。
CIMG8390.jpg
こんな伝説があるという。
仲のよい姉妹が、母の病気平癒を白山に祈願していた。お告げに従って、湯治に通い、病気が治ったので、お礼に山の権現にお詣りしたが、吹雪に閉じ込められ2人とも亡くなってしまった。
翌春、手をつないだ二人の姿が雪形となって現れ、以後毎年、人形の残雪が現れるようになったので、人形山と呼ばれるようになった、と。

相倉伝統産業館。
CIMG8392_201506122100338e0.jpg

集落の全景。
CIMG8394.jpg

奥は相念寺。
CIMG8397.jpg

岩も合掌造りのよう。
CIMG8405_2015061221000617e.jpg

与茂四郎も屋根に窓があけられている。
CIMG8406.jpg

地面に届く茅葺き屋根。
CIMG8407.jpg

高台より。
CIMG8411.jpg

ここに秋篠宮殿下の歌碑もあった。
CIMG8414.jpg
「暮らし映す合掌造りの町並みを見つつ歩めり妹と吾子らと」
こちらも普通だ。

合掌造りの3集落を駆け足でめぐり、今宵の宿に向かう。
金沢の奥座敷、湯涌温泉の「お宿やました」である。
本当は白山スーパー林道(今は「白山白川郷ホワイトロード」というらしい)を走りたかったが、6月中旬まで冬季閉鎖とのことなので、お話にならない。

こちらからだと医王山直下の夕霧峠を越えていく道と刀利ダムを経由する道があるが、いずれも冬季閉鎖が解除されていない可能性がある。
最短コースの刀利ダムルートは通れるか、宿に電話して聞いてみた。
すると、女将さんが出て、「わからないので観光協会に聞いてみる」とのこと。
もう5月だし、標高は350mしかないから大丈夫だろうと思ってはいたが、折り返しの電話は「OK」でホッとした。

その刀利ダムである。
CIMG8418.jpg

農林省の管轄のようだ。昭和41年の竣工。
CIMG8421.jpg

湖面は静か。
CIMG8422_20150612205946da6.jpg

午後5時すぎ、無事、宿に到着。
DSC_3847_20150612205948dc4.jpg
なかなかくつろげる部屋である。

とにかく、まずはお風呂。
DSC_3858_2015061220591878b.jpg
アルカリ性のつるつるの湯だった。

そして楽しみにしていたお食事。
これがメニュー。
DSC_3861_20150612205920cbd.jpg

順に並べていきましょう。
DSC_3862_201506122059214ca.jpg
DSC_3865.jpg
DSC_3866_201506122058583f9.jpg
DSC_3867_2015061220585912f.jpg
DSC_3870_20150612205838993.jpg
DSC_3868_20150612205900bc3.jpg
DSC_3869_201506122059020d8.jpg
どれもこれもおいしくて、みんな残さず食べてしまった。

痛風のためビールは飲めないので、地酒5種バラエティセットを注文。
DSC_3864_20150612205924ec1.jpg
DSC_3863_20150612205923b09.jpg

すっかり、ほろ酔い。満腹になったことともあり、あっという間に寝入ってしまった。
明日は、医王山に登る。おやすみなさい。

スポンサーサイト
このページのトップへ

白川郷・五箇山(中)

【2015年5月8日(金)】白川郷・五箇山
白川郷をそぞろ歩きながら、食事の店を探している。
CIMG8131.jpg

ここは食堂ではない。
CIMG8132.jpg

この村から日露戦争に出征して戦死した方の慰霊碑のようだ。
CIMG8133.jpg

お、あれは重要文化財の和田家住宅。あとで見学しよう。
CIMG8134.jpg

やっと、よさげな店があった。白水園。合掌造りの店だ。
DSC_3836_20150611060555e6d.jpg

店内はこんな雰囲気。
DSC_3835_20150611060554b70.jpg

とろろそば(700円)をいただく。
DSC_3834_20150611060624465.jpg
混んでいるので、多少時間がかかると言われたが、意外に早く出て来た。
ここの名物は、熊鍋の「おやじ和膳」(2000円)と飛騨牛の「朴葉みそ和膳」(1650円)のようで、となりのお兄さんは熊鍋を食べていたが、私は夜に備えて少食で。

ぺろりと平らげて、再び散策。
白川郷と言えば合掌造りなのだが、新緑も見事だ。
CIMG8138.jpg

とりあえず、集落を一望する展望台に向かう。
右手に、立派な診療所がある。
CIMG8139_201506110611437fd.jpg

左手にはにぎわっている旅館。
CIMG8140_20150611061145de0.jpg

荻町のバス停。
CIMG8142.jpg

展望台は荻町城跡であり、ここから山道を標高差50mほど登る。
CIMG8144_2015061106114944b.jpg
CIMG8146_20150611061122b55.jpg

春の花が真っ盛り。
CIMG8143.jpg
CIMG8147_20150611061123e83.jpg
CIMG8152_20150611061128b89.jpg

すこし登ると、荻町集落のはずれの方が見下ろせる。
CIMG8148.jpg

おお~残雪の山々がかっこいい。
CIMG8150.jpg

のんびり登っていたら、手をつないだ若いカップルが駆け足でぬかして行った。
CIMG8153.jpg

7分ほどで登頂。いやいや、すばらしい。
CIMG8156.jpg
CIMG8158.jpg

さすがに世界遺産だけあって、人工的な景観としてはピカイチである。
CIMG8160.jpg

少しずつ角度を変えてみよう。
CIMG8164.jpg
CIMG8171.jpg
CIMG8173.jpg

そうそう、ここは荻町城跡だった。
CIMG8167.jpg

これはその空濠跡である。
CIMG8169.jpg

今度は車道を通って、再び集落へ下りて来た。
CIMG8176.jpg
CIMG8179.jpg

車で来る中国人もいるのか。
CIMG8181.jpg

合掌造りが見直される前は、みなこんなタイプの建物に建て替えられていったのだろう。
これはこれでかなり古いし、味わいがあって好きだ。
CIMG8180.jpg
CIMG8183.jpg

残雪は白山方面の山だろう。
CIMG8188_20150611060946250.jpg

さて、観光客をかきわけ、和田家に向かう。
CIMG8187.jpg
CIMG8182.jpg

おお、中にも人がいるいる。
CIMG8190.jpg

この角度が撮影スポットとして人気らしい。
CIMG8192.jpg

入場料300円を払って、見学させていただく。
CIMG8195_20150611060950f17.jpg

和田家は代々、村の名主を務めた家柄で、子孫は白川町長にもなっている。
CIMG8197.jpg

2階は養蚕をしたお部屋。
CIMG8200.jpg
CIMG8202_2015061106092144f.jpg

窓からの眺めも悪くない。
CIMG8203.jpg

ゆっくり見学して辞去。水路沿いを歩く。
CIMG8207.jpg
CIMG8211.jpg

和田家を振り返る。
CIMG8213.jpg

まだ、このあたりは田植え前。
CIMG8216.jpg

神田家も見学施設だが、中を見るのは1軒だけでいいだろう。
CIMG8217_201506110608572a9.jpg

神田家の見事なお庭。
CIMG8220_201506110608594b8.jpg

こちらは白川郷最大級の合掌造り、長瀬家。
CIMG8223.jpg
これも外観だけに留める。

もうこどもの日は終わったが、まあ季節感があっていいでしょう。
CIMG8229.jpg

ギザのピラミッド風な並び。
CIMG8231.jpg

その向かい側の風景。
CIMG8232_201506110608275ef.jpg

中国人は本当に写真が好きである。
CIMG8235_201506110608290e3.jpg

この辺に大挙しているのは、ほとんど中国人。
CIMG8240_201506110607584ef.jpg

西洋人は騒がず、どっしり座ってアイスを食べている。
CIMG8238_20150611060757029.jpg

私もいただくとしよう。今日は暑いくらいだ。
CIMG8241.jpg
DSC_3845_201506110605580b0.jpg
DSC_3843_201506110605575d9.jpg

沢の水を引いて飲み物を冷やしている。なんとも涼しげ。
CIMG8243_20150611060801ad4.jpg

ちょっとトイレへ。トイレも合掌造り風。
CIMG8247.jpg

集落の南の方は比較的人が少ない。
CIMG8250.jpg
CIMG8251.jpg
CIMG8256.jpg

白川町で最大の合掌造り、明善寺庫裏。5階建てで江戸末期の築造だそうだ。
CIMG8259_20150611060737c5b.jpg

あれれ、全体の写真を写すのを忘れてしまったようだ。
CIMG8258.jpg

明善寺鐘楼門。
CIMG8268.jpg
CIMG8263.jpg

石畳は丸みを帯びている。これはめずらしい。
CIMG8264.jpg

明善寺本堂。
CIMG8265_201506110607096f4.jpg
白川郷の茅葺きはどれも美しい。

泊まってみたい民宿久松。
CIMG8271.jpg

ナショナルトラストが買い取った旧寺口家住宅。
CIMG8274.jpg

白川八幡神社。
CIMG8286.jpg

なんと里にもまだ雪が残っていてびっくり。
CIMG8276.jpg

境内にある釈迦堂。
CIMG8285_20150611060644e88.jpg
寛永四年(1627年)に荻町城主が病気平癒のお礼に寄進したものだとか。

荻町のメインストリート。
CIMG8288.jpg
CIMG8292_20150611060618a37.jpg
ここには合掌造りは少ない。

通りから離れた場所に合掌造りは残っている。
CIMG8294_20150611060620425.jpg

さて、これで集落はほぼひと回りした。またであい橋を渡って、車に戻ろう。
CIMG8297.jpg

白川郷には濃飛バス、岐阜バス、加越能バスの3社が乗り入れているようだ。
CIMG8301_20150611060622aee.jpg

これが私の借りたレンタカー。
CIMG8303_201506110606226c0.jpg
では、次の合掌造り集落、五箇山菅沼集落に向かう。

(つづく)

このページのトップへ

白川郷・五箇山(上)

【2015年5月8日(金)】白川郷・五箇山
世間では6日までの5連休で、GWは終わったようだが、当方はさらに8~10日まで3連休が残っている。
平日がからんでいるので、このタイミングなら宿も取りやすいかと思い、本GWで初めて泊りがけで出かけることにした。
せっかく北陸新幹線が開通したのだから、富山・金沢方面に出かけよう。

というわけで、宿は金沢の奥座敷・湯涌温泉にとり、白川郷&医王山の旅に出た。
東京7:20発のかがやき503号金沢行きに乗車。
今日はとてもいい天気だ。
北陸新幹線に乗るのは4月3日の金沢出張以来2回目。
静かで乗り心地はとてもいい。

1時間で長野を過ぎ、周辺には残雪の山が目立ってくる。
日本海側に出ると、まだまだ山はまだら模様。
DSC_3801_20150610062331043.jpg
DSC_3802_201506100623329c3.jpg
DSC_3807_20150610062302ba7.jpg
新幹線があまりに早いので、何という山なのか特定できないまま、どんどん進んでいく。

でも、これは分かった。中央が剱岳(2999m)。
DSC_3808_20150610062303357.jpg
田んぼはちょうど水を張り始めたところだ。

9:34富山着。
DSC_3809.jpg

駅舎も新築され、広い空間となっている。
DSC_3810_20150610062306f71.jpg

改札を出たら、屋内に地鉄のホームがあってびっくり。
DSC_3812_20150610062308c13.jpg
DSC_3813_20150610062230d1e.jpg

駅前までしか達していなかった地鉄は、北陸新幹線開通に合わせ、富山駅構内に乗り入れたようだ。
DSC_3817_2015061006223189e.jpg
DSC_3824_2015061006223679a.jpg
DSC_3826_201506100622150a1.jpg
近年、路面電車が見直されつつあるが、その先鞭を切ったのが富山地方鉄道である。
応援したい。

新装オープンした富山駅。
DSC_3823_20150610062235852.jpg

奥が電鉄富山駅のビル。
DSC_3820_20150610062233660.jpg
立山や宇奈月行きの電車はここから出る。

駅前でレンタカーを借りて、白川郷に向かう。
おっと、その前に「登った山」をひとつ稼いでおきたい。
富山の超低山、呉羽山(145m)である。
南北に走る稜線に沿って、ドライブウエイが走っており、駐車場から10分で登頂できる。
しばらくドライブを楽しみ、しらとり広場の駐車場に車をとめる。
CIMG8074.jpg

ここから30秒も歩かずに展望台。
CIMG8083.jpg

眺望は予想以上である。眼下に富山市街。
CIMG8077_20150610062609442.jpg

中心部。
CIMG8080.jpg

その向こうに剱岳。大窓、小窓がはっきり分かる。
CIMG8079.jpg

その右は大日岳(2501m)。立山(3015m)は惜しくも雲の中。
CIMG8078.jpg

雄大な富山平野。
CIMG8082.jpg

さて一旦、駐車場に戻る。呉羽山は駐車場の逆側を登る。
CIMG8087.jpg

おっとその前に、せっかくなのでモダンなトイレを活用。
CIMG8084_20150610062548ec6.jpg

白鳥城址の石碑を横目に歩き出す。
CIMG8085.jpg

ひと登りで東出丸跡。
CIMG8088.jpg

わりと森の中。
CIMG8090_20150610062523ec2.jpg
CIMG8091.jpg

三の丸跡、空濠跡を通過。
CIMG8092.jpg
CIMG8093.jpg

結構きつい階段を登って、二の丸跡。
CIMG8094_2015061006250041d.jpg
CIMG8095.jpg

もうひとふんばりで頂上の本丸跡に着いた。
CIMG8096.jpg
CIMG8098.jpg
CIMG8105_20150610062439173.jpg

なんと、ここは一等三角点であった。やっぱりかっこいい。
CIMG8100.jpg

しかも隣には天測点があった。
CIMG8103.jpg
CIMG8102.jpg
天測点とは、天文測量をするために設置された基準点のこと。
昭和29年からの5年間に、全国で48か所の一等三角点のすぐそばに置かれたという。
けっこうな大きさだ。
現存するのは43基で、ここ天測点には「第十九」のプレートがはめ込まれている。

白鳥城についても説明しておこう。
寿永二年(1183年)に木曽義仲の武将今井四郎兼平が陣を張ったとするのが最初の記録。
その後、豊臣秀吉が富山城の佐々成政を攻める際に、陣を構えたことで知られる。

展望にはあまり恵まれなかった。さて下ろう。
CIMG8107_20150610062441b22.jpg

車に戻り、改めて白川郷に向かう。
このあたりの車、とくに農家の車は、ずいぶん無茶な運転をする。
家の近くの道は私道のように思っているみたいだ。

富山西インターから北陸道に乗り、小矢部砺波ジャンクションで東海北陸道に入る。
白川郷までは庄川沿いをさかのぼり、1時間とちょっとだ。
まっすぐ来たら11時には着いていただろう。
東京から、かつては秘境と呼ばれた白川郷まで、わずが3時間半。
以前は名古屋経由で延々バスに乗り、6時間以上かかった気がする。
このGWは猛烈な混雑だっただろう。
私が訪ねたこの日も平日ではあったが、それなりの人出だった。
でも、ごったがえすというほどではなく、平日狙いで来たのは正解だった。

というわけで、白川郷の大駐車場に到着。
CIMG8299_20150610062329f17.jpg
この大型バスの群れに恐れをなす。

集落に行くには、あの、であい橋なる吊り橋で庄川を渡らねばならない。
CIMG8110_20150610062442f11.jpg

吊り橋のたもとまで来ると、周辺にある合掌造りの土産物屋さんが見下ろせる。
CIMG8113.jpg
あれは移築だろうか。

さて、渡りましょう。庄川は雪解け水を含んでかなりの激流になっている。怖いほどだ。
CIMG8114.jpg
CIMG8115_20150610062417609.jpg

渡り切ったところにあるのが、秋葉神社。
CIMG8120_20150610062418b5a.jpg
秋葉神社は浜松市に総本宮がある火伏せの神。
天明の飢饉の際、疫病も流行し、村で230人もの死者が出たことから、建てたものらしい。

さて早速、合掌造りの集落に入る。
CIMG8121.jpg

マンホールはもちろん合掌造りデザインだが、なんだか大味。
CIMG8122_2015061006235108f.jpg

民宿幸エ門。
CIMG8123.jpg
CIMG8125_20150610062354cc3.jpg

消火栓も古風だが、ごつい。
CIMG8126.jpg

通りに面した合掌造りはたいていお土産物屋さんになっている。
CIMG8128.jpg

とにかく、もうお昼時なので、飯にしよう。
本日のメインは旅館での夕食なので、お昼はとくにこだわらない。何でもいい。
と、目に入った店に駆け寄ってみたら、なんと本日休業。
CIMG8127.jpg
GWの5連休で疲れ切ってしまったのか、こんなに観光客が来ているのに店を開けないとは。まあ、従業員にも休みをあげないといかんもんなあ。

こっちは修学旅行生が入るのか入らないのか、のれんの前でうだうだしているので通過。
CIMG8129_20150610062328242.jpg
おお、後ろに残雪の山々が。あれは三方崩山(2059m)だろうか。

(つづく)
このページのトップへ

小鹿野(下)

【2015年4月29日(水)】小鹿野市街
小鹿野市街を散策中。
太田甘池堂の裏手に薬師堂がある。
DSC_3966_20150528203231280.jpg
CIMG6724.jpg
通称、鷹巣下薬師というらしい。その昔境内に高い木があり、その木に鷹が巣をかけていたことから、そう呼ばれるようになったとのこと。
古くから、お参りすれば、目の病気が治ると信じられてきたという。

第六分団詰所と理容かねた。
DSC_3941_20150528203344f05.jpg

本陣の裏手の方に愛宕神社がある。
CIMG6730.jpg
CIMG6732.jpg

本堂は明治37年の建立で、防火の神だそうだ。
CIMG6733.jpg

上一丁目の交差点にある「小鹿野町道路元標」。
DSC_3946_20150528203315ca5.jpg
大正11年の内務省令に基づき、市町村ごとに路線の起点・終点を表示する標識が全国各地に設置されたが、その一つ。

昔の街道風の建物が並ぶ。
DSC_3947_20150528203316912.jpg

菓子舗「八宮松雪堂」。
DSC_3951_20150528203318424.jpg

八坂神社。
DSC_3955_201505282032531a5.jpg

これらは昭和40~50年代?
DSC_3952_20150528203319b15.jpg
DSC_3953_20150528203320f91.jpg
DSC_3954.jpg

つぶれて駐車場になったガソリンスタンド。
DSC_3956_201505282032553bd.jpg

さらに昔は明治3年開校の小鹿野郷学校だった。
DSC_3957_2015052820325653d.jpg
のちに小鹿野小学校となり、明治24年までこの地にあった。

広大な空き地。
DSC_3959_20150528203258f00.jpg

表通りはひととおり歩いたので、一本北の通りを少し歩いてみる。榎街道と呼ばれる。
DSC_3960_201505282032275f0.jpg
かつてはこの道に面して代官所跡があり、罪人を縛り付けた「しばられ榎」があったことから、榎街道と呼ばれるようになったという。

再び表通りに戻り、今度は路地を抜けて一本南の通りを歩いてみる。
DSC_3964.jpg
DSC_3970_2015052820323201c.jpg

八木写真館の跡。つぶれたのではなく、新店舗に移っただけのよう。
DSC_3965_201505282032293fc.jpg

成田横丁と呼ばれるあたり。かなり庶民的な雰囲気。
DSC_3975_20150528203158072.jpg
DSC_3976_20150528203200a31.jpg
DSC_3979_201505282032004ea.jpg
DSC_3982_20150528203203d5b.jpg

そのまま朝日通りに抜けると、粗末な食堂を訪ねてきたカップルが「昼は終了しました」の紙を見て、がっかりしている。
DSC_3981_20150528203203c66.jpg
何も知らなかったが、ここが有名な「わらじカツ丼」の元祖、安田屋らしい。
小林さんのお宅なので、「安田屋」というのは屋号なのだろう。
しかし「安田屋」という看板もなく、小さな「料理店」という表札しかない。
休日ともなると、ここにライダーたちが列をなすという。

銘菓梅しぐれの「こだまや」。
DSC_3983_20150528203135268.jpg
さすがに古い街道の町だけあって、菓子舗が多い。

この朝日通り界隈には大正から昭和中期にかけて、射的場、遊技場、各種飲食店が軒を連ね、映画館も「愛宕座」「小鹿野キネマ」「翁(おきな)館」と3つもあったという。
昔の地方都市の賑わいというものを見ておきたかった。

さらに朝日通りを進む。さびれぶりがよく分かる。
DSC_3985_20150528203137f42.jpg
DSC_3986_20150528203138c6a.jpg
DSC_3987_20150528203140e52.jpg
DSC_3989.jpg

これはかつてスナックだったんだろうなあ。
DSC_3988_201505282031419f5.jpg

さて再び路地をつたって表通りに出よう。
DSC_3992_201505282031152eb.jpg

さびれると人心もすさむのか。
DSC_3991_20150528203113f7b.jpg

小鹿野散策マップに載っている、原町信号に近い旧家たち。
たね・釣り具の「一二三矢(ひふみや)」。
DSC_3993_20150528203116ef4.jpg

食料品の吾妻屋。元祖味付けホルモンが名物とか。
DSC_3994_20150528203118a3b.jpg

こちらの路地には「足寄」というラーメン・焼肉の店があってびっくり。
DSC_3996_201505282030444c0.jpg
足寄出身の人が経営しているのだろうか。

あちこち、ゆっくり歩いているうちに、小腹がすいてきたので、私も「わらじカツ丼」とやらを食べていくことにした。
この時点では「安田屋」のことは知らなかったので、さっき見かけた「昭和」で食べようと向かうも、すでに閉店。
DSC_3998_20150528203045b34.jpg

しかたなく、観光交流館の中にある「ゑびす屋」にする。
DSC_4001_20150528203048127.jpg

850円。ごはんは少な目にしてもらった。
DSC_3999_20150528203047790.jpg
ここのおばちゃん(70前だという)にいろいろと聞いた。
わらじはやはり、わらじの形をしたカツが2枚乗っているからだという。
元祖の安田屋のことはここで聞いた。戦前からやっているらしい。
私はそこの「おこぼれでやってます」と謙遜していた。

この町は古い宿場町で、隣の群馬だけでなく山梨や長野に行く人々が行きかい、やはり昔はずいぶんにぎやかだったらしい。
満腹になって店を出た。もう旧跡めぐりはおしまい。温泉に向かう。

今回は、「小鹿野」「日帰り温泉」で検索して見つけた、西谷津温泉「宮本の湯」。
DSC_4002_20150528203051a2b.jpg
DSC_4005_20150528203025a01.jpg

宿も兼ねた大きな施設だったが、入浴客は少なく、一瞬ひとりになれたくらい。
DSC_4003_2015052820302491b.jpg
温泉なのだが、塩素のにおいもした。
でも、さっぱりした。
飯能手前の299号で若干滞ったが、7時半前に帰宅できた。
街歩きもできて楽しい山行だった。


このページのトップへ

小鹿野(中)

【2015年4月29日(水)】小鹿野市街
諏訪山(1207m)を登った後、何度も車を止めて、国道299号沿線をあれこれ見学しながら、小鹿野市街まで下ってきた。
DSC_3921_201505270554059a0.jpg

正面は武甲山(1304m)。
DSC_3922.jpg

ここは村歌舞伎で有名な町である。
CIMG6662.jpg

市街地の入口に、町歩きマップが掲げられてあるのを見て、どうせならと車を駐車場に置いて、のんびり街歩きを楽しむことにした。
DSC_3923_20150527055409649.jpg

昭和のかおりが漂う街並みをゆっくり歩く。
CIMG6663.jpg
DSC_3924_201505270553360dd.jpg

昭和より古いにおいも混ざっている。
CIMG6664.jpg

ただ、ご多聞にもれず、シャッターも目立つ。
DSC_3925.jpg
CIMG6667.jpg

こちらは、ただ休日だから休んでいるだけだろうけど。
CIMG6670.jpg

通りのあちこちに、こうした小鹿野歌舞伎の写真掲げられている。
CIMG6671.jpg
CIMG6668.jpg

とりあえず、いくつかレトロな建物を見て行こう。
旧警備詰所。これは小鹿野町消防団第七分団の詰所だった。町内会の夜警の際には、ここが休憩所として使用されたとのこと。
DSC_3926_20150527055339b93.jpg

金子薬局。
DSC_3927_201505270553403cd.jpg

この立派な蔵づくりの建物は明治29年の建築。
CIMG6675.jpg
小鹿野銀行、秩父銀行、埼玉銀行、埼玉りそな銀行と変遷してきた銀行の蔵・倉庫として利用されてきたが、現在は町観光商業情報館に衣替えしている。

きれいに改修された夢鹿蔵。
CIMG6678.jpg

浅見商店。明治初期より絹糸紡績原料買継商として栄えた家だ。
CIMG6680.jpg

こちらはそれらしく新築した須崎旅館。
CIMG6683.jpg

現在の第七分団。
CIMG6684.jpg

あれ、日通ってタクシーもやってたっけ。
CIMG6685.jpg
と思って調べてみたら、秩父丸通タクシーだった。
日通と同じロゴに見えるが、傘下企業なのだろうか。

丸清精肉店。肉の味噌漬がウリのようだ。
CIMG6686.jpg

今はもう診療をやめている旧荻野医院。木造の擬洋風建築で、昔の個人医院はこんな感じの建物が多かった。
CIMG6688.jpg
CIMG6689.jpg

ちょっと通りをはずれて、十輪寺へ。
CIMG6690.jpg
CIMG6693.jpg

仁王門をくぐる。
CIMG6698.jpg
CIMG6699.jpg

正面に芭蕉の句碑。
CIMG6701.jpg
「梅が香にのっと日の出る山路かな」
芭蕉の流れをくむ小鹿野の俳人・中阿坊朴叟が芭蕉の百年忌に立てたものらしい。
早春の山道を歩いていると、梅の香りにさそわれるかのように、太陽がのっという感じで顔を出した、というくらいの意味のようだが、どこの山道なのかは調べ切れなかった。
朴叟さんが小鹿野の里によく合った句だと思ったのかもしれない。

本堂。
CIMG6704.jpg

境内に立つ板碑。
CIMG6703.jpg

時の鐘。戦時中に鐘は供出されたが、昭和40年に再建された。今も時を告げているという。
DSC_3929_201505270553412ed.jpg

裏道で井戸を見つけた。
DSC_3930_20150527055312b18.jpg

また表通りに出る。
常盤屋。
CIMG6710.jpg

なぜか、この店には数学の問題と解答が貼り出されていた。
CIMG6712.jpg
よく見ると「ときわ英数研」というスタンプが押してあるので、ここの息子さんかどなたかが、塾の先生をしているのかもしれない。
それにしても、ユニークだ。

向かいに、その名もずばり「昭和」という食堂。
CIMG6711.jpg
幟が出ているが、この町は「わらじカツ丼」なるものが名物なのか。

昭和レトロ続きます。
DSC_3932_201505270553149a9.jpg
DSC_3933_20150527055315e7c.jpg

本陣は当時からの建物なのだろうが、だいぶ改修されている。
明和二年(1765年)に代官の出張所として発足し、その後、本陣として利用されたとのこと。
CIMG6718.jpg
DSC_3938_20150527055318517.jpg

宮沢賢治が泊まったことがある宿だそうで、今は観光交流館になっている
CIMG6714.jpg
CIMG6715.jpg

裏には、「雨ニモ負ケズ」の詩碑があった。
DSC_3940_20150527055258339.jpg

おっと、こんなポスターが。
DSC_3936_20150527055316e98.jpg
宇都宮餃子、讃岐うどんと並び立つとは大きく出た。
しかも、吉高由里子を起用するなんて金をかけている。

上一丁目の信号を渡ると、越後屋旅館。
CIMG6719.jpg

向かいに、羊羹の太田甘池堂。
CIMG6721.jpg

空き地。こういう風情が好きだ。
CIMG6722.jpg

(つづく)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (82)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (37)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (21)
ドライブ (9)
廃線の旅 (8)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR