FC2ブログ

山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

201904室蘭本線

【2019年4月10日(水)】室蘭本線
出張のため、札幌からJRを利用して白老駅に到着した。
仕事先は駅の北側にあるので、南口から連絡橋を渡る。
DSC_6996_201904141632295d7.jpg

連絡橋からは残雪の樽前山(1041m)がくっきりと見えた。
DSC_6997_20190414163229b78.jpg

駅の北側は広大な材木置き場だった。
DSC_6998_20190414160514d70.jpg

白老町のマンホール。
DSC_6999_20190414160516951.jpg
モチーフは、白老牛とカニ、サケ、そして竹であった。

こちらは市章だけ。
DSC_7000_2019041416051792c.jpg

1時間ほどで仕事を終え、白老駅に向かう。
その途中にあった町中央公民館に近づいてみると、浅利義市・元町長氏の胸像があった。
DSC_7001_20190414160519d75.jpg

白老に黒毛和牛を導入したのも浅利氏の業績らしい。
DSC_7002_201904141605207ba.jpg

再び、歩道橋を渡る。
CIMG6663_20190414160841768.jpg

これは室蘭方面。
CIMG6664_20190414160842989.jpg

旧国道。白老町のメインストリートだ。
CIMG6665_20190414160844494.jpg

そして白く輝く樽前山。
CIMG6666_20190414160845242.jpg

白老町役場。
CIMG6667_20190414160847ccc.jpg

2020年の国立アイヌ民族博物館オープンをPRする垂れ幕がかかっていた。
CIMG6669_20190414160803c40.jpg

白老はアイヌの町である。
CIMG6670_20190414160804b12.jpg

郵便ポストも「イランカラプテ」だ。
DSC_7003_20190414160448a89.jpg

歩道には、地元の版画グループ「アカショウビン」が製作した版画の型が埋め込まれていた。
CIMG6668_20190414160801c46.jpg

お腹が空いたので、最初に見つけた大町食堂に躊躇なく入る。
DSC_7004_20190414160450287.jpg

いただいたのは、キーマカレーと温玉のセット。500円だった。
DSC_7005_20190414160451604.jpg
全く白老色のないメニューだが、安かったのでよしとしよう。

食後はぶらぶらと旧国道を駅に向かう。
CIMG6671_20190414160806efa.jpg

歩道には、いろんな彫刻が置かれていた。これはアイヌの最高神シマフクロウ。
CIMG6672_20190414160807283.jpg

ユニークな外観のスナックアカシア。
CIMG6673_20190414160736436.jpg

以前、来たことがある喫茶休養林。
CIMG6674_20190414160738aec.jpg

縄文式土器の彫刻まであった。
CIMG6675_20190414160739c20.jpg

駅には12時半前に到着。
CIMG6676_20190414160740d46.jpg

列車の時間(12:53)まで、あと30分近くあるので、海まで行ってみることにした。
海岸沿いの国道バイパスを渡り、7分ほどで着いた。
CIMG6677_20190414160742071.jpg

太平洋である。
CIMG6678_20190414160708734.jpg

沖合に小さな灯台が2つ設置されていた。
CIMG6679_20190414160710379.jpg
CIMG6680_20190414160712444.jpg

帰りは、違う道を通る。
CIMG6681_20190414160713108.jpg

白老中学校の隣に別の校舎らしきものが見えてきた。
CIMG6682_20190414160714c28.jpg

ささやかな昇降口もある。
CIMG6683_20190414160638fbf.jpg

白老中学校の旧校舎かなと思ったら
CIMG6684_20190414160640c99.jpg

道立白老高校の跡だった。
CIMG6685_2019041416064199d.jpg

さっきとは微妙に雰囲気が違うマンホール。
CIMG6686_20190414160643ed6.jpg

道端に福寿草が咲いていた。もう春なんだなあ。
CIMG6687_201904141606446b7.jpg

スペイン料理の店「グラナダ」。ちょっと、よさげ。
次に来る機会があったら、ここを試してみよう。
CIMG6688_201904141606092a6.jpg

またまた違うタイプのマンホールを発見。
中央にあるのは、「元気まち運動」のコミュニケーションマークだそうだ。
CIMG6689_2019041416061113a.jpg
この形が何を表しているのかは不明だ。

旧国道まで戻ってきた。
CIMG6690_20190414160612a44.jpg

あとは寄り道せずに駅へ。
CIMG6691_20190414160614b97.jpg

駅前にあった満岡照子の歌碑。
CIMG6692_20190414160616c3f.jpg
「白老はわが故郷よ駅を出て先ず目にしたしタモの大木」

満岡照子は白老町出身の歌人である。
CIMG6693_20190414160541c34.jpg

札幌までの切符を購入して、ホームへ。
CIMG6696_20190414160545020.jpg

ホームの西側では、線路をまたぐ道路橋の建設が進んでいた。
CIMG6695_201904141605442f0.jpg
民族共生象徴空間のオープンに合わせたものだろう。

白老駅は1892年(明治25年)8月1日、北海道炭礦鉄道の駅として開業した。
CIMG6697_20190414160547863.jpg

特急すずらんの停車駅である。
CIMG6694_201904141605435bc.jpg

跨線橋から見た樽前山。
CIMG6698_20190414163106e69.jpg

北西の方向にはホロホロ山(1322m)が望めた。
CIMG6700_20190414163109443.jpg

2面3線の混合ホームである。
CIMG6699_20190414163109a81.jpg

連絡橋と樽前山。
CIMG6701_20190414163112ea5.jpg

1日の平均乗車人員は713人(2017年度)で、近年は増加傾向にあるようだ。
CIMG6702_20190414163112c4c.jpg

現在の駅舎は1987年(昭和62年)9月1日に完成したものである。
CIMG6703_20190414164153996.jpg

間もなく、私が乗る苫小牧行きの普通列車が入線してきた。
CIMG6705_20190414163559130.jpg

1両編成だが、それなりに乗客が多い。
CIMG6706_20190414163600b93.jpg

東室蘭発のようである。
CIMG6707_20190414163602c82.jpg

苫小牧までは25分ほど。ボックスシートの通路側でのんびり車窓を見ていた。
苫小牧には定刻通り13:18に到着。
今度は岩見沢行きに乗り換える。
DSC_7007_20190414160454b62.jpg

日高本線の車両が連結されていた。
DSC_7008_20190414160422b25.jpg

でも、こちらの車両は乗車不能だった。
DSC_7009_20190414160423fa0.jpg

やっとボックスシートの窓側を確保できた。
DSC_7010_20190414160425327.jpg

室蘭本線の苫小牧~追分の区間は未乗だったので、札幌へは遠回りになるが、あえて室蘭本線で岩見沢まで行くことにしたのである。
DSC_7011_201904141604263c7.jpg

千歳線が離れていくのを確認するため、ずっと左手のレールを見ていた。
DSC_7013_201904141604289f3.jpg

しかし、つかず離れずでなかなか遠のいていかない。
DSC_7015_20190414160350e90.jpg

苫小牧から20分ほどで、やっと分かれていった。
DSC_7020_20190414160352103.jpg

間もなく遠浅駅に停車。駅舎はすでに撮影済みだ。
CIMG6708_2019041416360356a.jpg

次の安平駅も撮影済み。
CIMG6709_20190414163433c1f.jpg
あとは眠くて眠くて、ほとんど寝てしまった。
もったいないが、寝たいときには寝るのが乗り鉄の極意なのだから仕方がない。

苫小牧から1時間24分かけて岩見沢に到着。
CIMG6710_20190414163435663.jpg

ホームには、たくましい農耕馬の木彫が展示されていた。
CIMG6712_201904141634363de.jpg

てっきり、ばんえい競馬の馬だとおもっていたが、勘違いだった。
CIMG6714_201904141634380f4.jpg

ここからは、区間快速いしかりライナー手稲行きに乗り換える。
CIMG6715_2019041416343978b.jpg

広い構内の向こうにJR岩見沢運転所の建物が見えた。
CIMG6716_201904141632230fa.jpg

赤レンガの建物は旧北海道炭礦鉄道岩見沢工場。今もJRの工場として現役らしい。
CIMG6717_20190414163226fdf.jpg

岩見沢はかつて鉄道の町であった。
CIMG6718_201904141632267ba.jpg

札幌に行くには、そのまま乗っていればいいのだが、苗穂駅前の日帰り温泉に寄るつもりなので、江別でいったん下車。
DSC_7022_20190414160354fd0.jpg

苗穂に停車する、1本後のいしかりライナー小樽行きに乗り換える。
DSC_7024_201904141603561f4.jpg

江別駅には立派な連絡橋が整備されていた。
DSC_7021_20190414160353995.jpg

15:49、苗穂駅に到着。
DSC_7025_20190414160322ce1.jpg

苗穂駅には新駅舎の開業当日にも来たが、すっきりとした近代的な駅である。
DSC_7026_20190414160323de4.jpg

旧駅舎はどうなっているのか、確認に行く。
DSC_7027_20190414160325d41.jpg

固く閉ざされたままだが、まだ取り壊されてはいなかった。
DSC_7028_201904141603266a2.jpg

しかし、駅前交番は完全に撤去され、更地になっていた。
DSC_7029_20190414160328538.jpg

前回は気づかなかったが、駅前の公演にD51の動輪軸が展示されていた。
DSC_7030_201904141602545e3.jpg

重さは2360kgもあるそうだ。
DSC_7031_20190414160256e9b.jpg

カラマツトレイン札幌本店なる鉄道用品店も発見。でも本日は休業のようだった。
DSC_7032_20190414160257bf0.jpg

というわけで、目的地の苗穂駅前温泉蔵ノ湯に到着。
DSC_7033_20190414160259ef8.jpg

サラリーマンならまだ勤務時間の平日なのに、随分混んでいる。
DSC_7034_201904141603007c9.jpg

まあ、人のことは言えない。
DSC_7035_20190414160235f3c.jpg
ここは源泉名を上山温泉という。
源泉14.1℃、ph値8.3の弱アルカリ性低張性冷鉱泉である。
料金は銭湯並みの440円。
ゆっくり汗を流して会社に向かった。

(おわり)
スポンサーサイト



このページのトップへ

花咲線(4)

【2018年12月30日(日)】花咲線
2019年3月で廃止となる初田牛駅に到着した。
CIMG3199_201901031303208a4.jpg

誰かが下車したが、この人は明らかにテツではない。
CIMG3201_201901031303228d2.jpg
でも、待合室に入るということは、迎えの車がまだ着いていなかったということだろうか。

この方々は見るからにテツ。
CIMG3202_20190103130323abe.jpg
ここで下りて、折り返しの列車を待つのかしら。

別当賀駅を通過して、再び海が見えてきたが、だんだん薄暗くなってきたので、オートではピントが合わなくなってきた。
CIMG3204_20190103130325735.jpg

落石駅。ここで右側の席が空いたので、体だけ移動した。
CIMG3205_201901031303263ac.jpg

風車たち。
CIMG3207_20190103130256413.jpg

実は、暮色が濃くなってきてから、シカの出没が激しい。
よく分からないと思いますが、ここにも何頭か写っています。
CIMG3209_20190103130258a22.jpg
列車は何度も警笛を鳴らしており、その度に逃げ惑うシカの姿が見える。
通算にして30頭くらいは見ただろうか。
よく衝突しないで済んだものだと思う。
1回ぶつかると、車両点検や死んだシカの移動などで30分以上停車しないといけない事態になるので、助かった。

昆布盛駅の待合所。
CIMG3210_20190103130259f3d.jpg

昆布盛駅は単式ホームだけだった。
CIMG3211_201901031303010f7.jpg

一応、シカの群れが写っているんですが、分かりますか?
CIMG3213_20190103130302904.jpg
CIMG3214_20190103130233a00.jpg

真っ白になった牧場。
CIMG3216_20190103130234120.jpg

これはシカではありません。
CIMG3220_20190103130239ccb.jpg

西和田駅は撮影できず、東根室駅へ。
CIMG3222_20190103130208589.jpg

どうにか真っ暗になる前にここまでたどり着いた。
CIMG3224_20190103130209dfe.jpg

ここでも一人下りていった。
CIMG3225_20190103130211162.jpg

16:02、9時間がかりで終点根室駅に到着。
CIMG3227_20190103130212204.jpg

20分遅れで釧路を出発したのに、3分遅れにまで回復していた(定刻だと15:59着)。
CIMG3228_20190103130214791.jpg
かなりスピードを出していたのだろう。
というか、普段はスピードを抑え気味で運行しているということか。
福知山線の事故みたいなことになったら大変だが、規定の範囲内でスピードを出せて、運転士もさぞかし気持ちよかったことだろう。
CIMG3231_20190103130143a74.jpg

もちろん、ここで全員が下車。
DSC_5239_20190103130119688.jpg
でも、16:09発で、この列車はすぐに釧路へ折り返す。
その人たちは、あわててまた乗って行った。

はるばる来たぜ、根室へ。
CIMG3232_20190103130145c5d.jpg

納沙布岬も車石もすでに2回行ったことがあるので、今回は行く予定はない。
CIMG3233_201901031301464e2.jpg

根室来訪は1回目が自転車で、2回目が車で、3回目が今回鉄路ということになった。
CIMG3234_20190103130148297.jpg

昔は、このスタンプもよくノートに押していたものだが、いつからか止めてしまった。
CIMG3235_201901031301499b6.jpg

顔ハメもしたかったが、まわりには誰もいなかった。
CIMG3236_20190103130117d3d.jpg

改札口。
DSC_5241_201901031301201f3.jpg

記念入場券があったので、これは買った。根室駅と東根室駅で計340円。
DSC_5242_20190103130122c09.jpg

さあ、折り返し列車が出発。
DSC_5243_20190103130124240.jpg

いってらっしゃい。
DSC_5244_20190103130051ad9.jpg

釧路着は18:51の予定である。
DSC_5245_201901031300535b1.jpg

改めて、駅名標を撮影。
DSC_5246_2019010313005434c.jpg

ホームの端っこまで行くと、こんな看板を発見。
DSC_5247_2019010313005613a.jpg
とにかく、みんな最東端にしてしまえ!って感じなのかな。

この奥が線路の尽きるところ。ロマンを感じてしまう。
DSC_5248_201901031300576aa.jpg

根室駅の側面。
DSC_5249_201901031300260e3.jpg

根室駅の発着はほぼ3時間おきに6往復のみ。
DSC_5250_20190103130027423.jpg

待合室は、広さのわりにイスが少ない気がした。
DSC_5254_20190103125959b4b.jpg
DSC_5256_201901031300020cb.jpg

切符売り場。
DSC_5255_2019010313000137e.jpg

なぜか、最も遠くて門静駅までの運賃しか書かれていない。
DSC_5257_20190103130004a27.jpg

根室駅の外観。
DSC_5251_20190103130029803.jpg

根室は朝日に一番近い街だ。
DSC_5253_20190103130032a3c.jpg

駅舎の中にそば処「北然仁」がある。
DSC_5252_20190103130030402.jpg
あすは夜行バスが出るまで、ここで年越しそばを食いながら紅白を見て時間をつぶそう。
まさか、そば屋が大晦日に休むことはあるまい。

駅前にたつ根室市観光インフォメーションセンターの売店はすでに閉店していた。
DSC_5258_201901031300051df.jpg

同じ建物の中にあるバスターミナルの券売所はさすがに開いていた。
DSC_5259_20190103125934b12.jpg

では、今宵の宿、根室グランドホテルに向かう。
DSC_5260_20190103125935158.jpg

やはり根室はカニの町だ。
DSC_5261_201901031259374e3.jpg

ホテルには10分ほどで到着。
DSC_5263_20190103125940552.jpg

ここまで路面がつるつるでかなり滑った。
DSC_5262_20190103125938d33.jpg

大きなエゾシカさんがお出迎え。
DSC_5264_20190103125908ad9.jpg
チェックインして、宿泊代金を支払う。
じゃらんポイントを使って4200円だった。

エレベーターには観光名所の写真が貼ってあった。
DSC_5265_20190103125911f1c.jpg

お部屋は4階455号室。
たばこ臭かったので、爆発しない程度に、消臭剤を撒いた。
DSC_5266_201901031259116e1.jpg
早速ユニットバスに入って、汗を流す。
ここは温泉ではないが、昨日も一昨日も入っていなかっただけに、とてもさっぱりした。

根室駐在の同僚が18時に迎えに来てくれるというので、その前にロビーに下りておいた。
DSC_5267_20190103125913caa.jpg

ゼニガタアザラシというらしい。結構かわいい。
DSC_5271_201901031258498eb.jpg

彼が来るまで、ホテル内をあれこれ見学。
DSC_5268_2019010312591585c.jpg

北海道三大祭りの一つに数えられる根室・金刀比羅神社例大祭で練り歩く御神輿が展示してあった。
DSC_5269_20190103125846a1a.jpg

根室十景の写真。
DSC_5270_20190103125847f83.jpg

同僚は18時ちょうどにやってきた。
連れて行ってもらったのは、郷土の料理・炉ばた俺ん家。
DSC_5272_2019010312585078f.jpg

彼の行きつけの店は日曜日とあってお休みとのことで、定番のこの店しかなかったらしい。
DSC_5273_20190103125852191.jpg

骨董趣味のお店という雰囲気だ。
DSC_5274_20190103125822a8f.jpg
DSC_5275_201901031258242b1.jpg

結構寒かったが、最初は一応ビールをいただいた。
DSC_5276_20190103125825489.jpg

その後は、地酒の北の勝を熱燗で。
DSC_5282_20190103125805a21.jpg

酒肴はまずカキの味噌焼き。
DSC_5277_201901031258279df.jpg
カキを味噌で焼いたのは初めてだったが、これが絶妙だった。

大好きなつぶのお造り。
DSC_5278_20190103125828e05.jpg

鮭の氷頭のナマス。これも美味。
DSC_5279_20190103125802386.jpg

ホタテの浜焼き。これまた、よだれもん。
DSC_5281_20190103125804a88.jpg
このほか、じゃがバターと湯豆腐。いずれも美味しくて、かなり食べてしまった。

楽しく歓談して21時頃お開き。タクシーでホテルに戻った。
すこしだけパソコン作業をしたが、酒もたっぷり入っていたので、10時過ぎには寝てしまった気がする。
あすは7時すぎに出発の予定だ。

(つづく)
このページのトップへ

花咲線(3)

【2018年12月30日(日)】花咲線
根室本線を東進中。釧路市の庶路駅を過ぎたところだ。
CIMG3130_20190103100112bde.jpg

トイレに行ったついでに、2両目の運転席を見学。
DSC_5209_201901030952018dd.jpg

「無接点マスコン」などと書かれていたが、全く意味は分からない。
DSC_5208_20190103095200327.jpg

13:01、大楽毛駅に入線。
CIMG3131_2019010310011400c.jpg

ここで何人かの方々が乗ってきた。
CIMG3132_20190103100115f9f.jpg

駅周辺はわりと新しめの住宅が多い印象だ。
CIMG3133_20190103100117718.jpg

その次は、新大楽毛駅。
CIMG3134_201901031001188cb.jpg

だんだん、釧路の市街地に入ってきた。
CIMG3135_201901031000406f4.jpg
CIMG3136_20190103100042696.jpg

貨物車が目立つようになってきたら、釧路貨物駅の構内。
CIMG3137_201901031000430b2.jpg
CIMG3138_20190103100045453.jpg

貨物駅とほぼ同居している形の新富士駅は、JR東海の新幹線駅と漢字表記も全く同じだった。
CIMG3139_20190103100046f05.jpg
駅前にあった富士製紙(現・日本製紙釧路工場)の専用線を分岐させるため、1923年(大正12年)に開業した駅なので、実はこちらの駅の方が断然古い。
ちなみに、新幹線の新富士駅は東海道新幹線の開通(1964年)に遅れること23年、1987年(昭和62年)10月16日に開業した。
すでに、国鉄は分割された後で、会社が違うため、同じ駅名にしても問題なかったのだと思われる。

新釧路川を渡ると
CIMG3140_201901031000148dd.jpg

終点、釧路駅は間もなくなので、予めデッキへ。
CIMG3141_20190103100015f15.jpg

釧路駅で乗り継ぐ花咲線の座席を確保するため、急がねばならないのだ。
CIMG3142_20190103100017cb5.jpg

なんと、わが列車は花咲線と離れたホームに入線し、地下道を走らなくてはならなくなった。
CIMG3148_20190103095944114.jpg
DSC_5216_2019010309520458b.jpg

13:25発根室行き普通列車(1両編成)に乗り込むと、席はほとんど埋まっていた。
CIMG3157_20190103095505812.jpg
残っていたのは、左側の、窓のない席のみ。
花咲線は観光路線でもあり、今日は帰省客もいるし、1両編成だし、帯広~釧路間の普通列車とはまるで状況が違うということに、今さらながら気づいた。
とにかく、その席を確保し、時間まで撮影に出る。

運転士によると、札幌からの特急スーパーおおぞら3号(釧路着が定刻で13:20)の到着が15分ほど遅れているので、発車は13:40頃になるという。
まだ13:20なので、かなり時間がある。
CIMG3146_20190103095941997.jpg

駅の外に出て、じっくり撮影ができそうだ。
まずは車両を確認、紅白のツートンカラーに塗色されている。
CIMG3143_20190103100018ebf.jpg

静かに発車を待っているの図。
DSC_5211_20190103095203a3d.jpg

路線の愛称通り、花吹雪の絵があしらわれている。
CIMG3144_201901031000209aa.jpg

車両はキハ54形である。
CIMG3145_20190103095939fd9.jpg

ちなみに「キ」とは気動車のことを指し、「ハ」は等級で普通車を意味する(「イ」が3等級制以前の1等車、「ロ」はグリーン車)。
キハ54は、国鉄が分割民営化後の「三島会社」(JR北海道、九州、四国)での運行を想定して1986年(昭和61年)に製作した車両である。
CIMG3147_20190103095943094.jpg

ステンレス製の軽量車体を採用し、急勾配や積雪に耐えうるようエンジンを2基搭載するなど、地域の実情に応じた装備が施されている。
CIMG3153_20190103095853363.jpg

台車や変速機・運転台機器等には在来車の部品を再利用し、一部の機器にはバス用の部品を用いて、製作コストを極力下げたそうだ。
CIMG3156_20190103095504086.jpg

ホームに展示してあった太平洋炭礦の海底炭。
CIMG3149_20190103095945dec.jpg
海面下600mから採掘したものだという。

ホームの東端に立っていた「湿原の鐘」。
CIMG3151_20190103095850a8b.jpg

駅前の天然温泉スーパーホテルがホームから見えた。
CIMG3152_20190103095853ca1.jpg

私が乗ってきた帯広発の普通列車。
CIMG3155_20190103095856c5c.jpg

その向こうは、もう1両のキハ54車両。
CIMG3154_20190103095856511.jpg

改札を出るため、再び地下通路を歩く。
DSC_5218_20190103095206d67.jpg
DSC_5219_20190103095124e01.jpg

駅舎側から見た根室行き。右面は赤だ。
DSC_5220_20190103095126798.jpg

駅の外に出た。釧路駅には2011年に来たことがあるので、この動輪には見覚えがある。
DSC_5221_20190103095128e38.jpg

駅前にあるタンチョウヅルのモニュメント。
DSC_5222_20190103095129a90.jpg

風雪の樹。
DSC_5223_20190103095130939.jpg

当時の釧路鉄道管理局が釧路市緑いっぱい市民運動世話人会から寄贈され,鉄道開通(1872年)100周年と釧路市制50周年を記念して、1972年(昭和47年)9月13日に植樹したものだそうだ。
DSC_5224_20190103095041a06.jpg

現在の釧路駅舎は1961年(昭和36年)8月1日に改築された道内で唯一残る民衆駅(駅舎の建設を国鉄と地元が共同で行い、その代わりに商業施設を設けた駅)である。
DSC_5225_201901030950426e6.jpg

先代の札幌駅と似たつくりになっており、建設当初は札幌駅と同様、外壁は青だったという。
DSC_5228_201901030950472c2.jpg

開業したのは1901年(明治34年)7月20日のこと。
DSC_5226_201901030950442b8.jpg

駅前通りの眺め。人口17万人、道東最大の都市である。
DSC_5227_201901030950452f9.jpg

民衆駅ならではの、駅舎内の店舗群。
DSC_5229_201901030950139af.jpg
DSC_5230_20190103095015f9d.jpg

それでは、そろそろ列車に戻りましょう。
DSC_5231_201901030950162d0.jpg

この駅は改札と1番ホームがガラス壁で仕切られていた。
さすがに寒いからなのだろう。
DSC_5232_20190103095019b76.jpg

駅弁にもそそられたが、ダイエットのため、お昼はパン1個で済ませてしまった。
DSC_5233_20190103095019a43.jpg

ホームの向きと直交する方向に掲げられているめずらしい駅名標を発見。
DSC_5234_201901030949588c7.jpg
遅れていた特急が到着すると、さらに大勢の乗客が乗ってきて、座れない人が10人以上になってしまった。
にもかかわらず、通路の向こうに座っていた女性客は隣の座席に荷物を置いたまま眠り込んでいる。
誰も、「ここ空いてますか?」と声をかけないので、ずっと彼女は悠々と2席を独占していた。

列車は20分遅れで、13:45に発車。
隣の東釧路駅で7~8人が下りた。
CIMG3158_20190103095507460.jpg

ここは釧網本線との分岐駅である。
CIMG3160_20190103095508af3.jpg

武佐駅はホームが右側のみだったので、何も写せず通過。
その次は別保駅。
CIMG3161_2019010309551167a.jpg

窓が座席の真横ではなく、かなり前にあるので、とても写しづらい。
CIMG3162_20190103095425c93.jpg

どうせ、明日、車で撮影に来るのだから、無理して撮らなくてもいいのだが、ボーっとしていると乗り鉄している気分にならないのだ。
CIMG3163_20190103095427f89.jpg

せっかくの花咲線なのに、こんな座席になってしまったことが、かなり悔しい。
CIMG3164_20190103095428086.jpg

上尾幌駅は、こんなふうにしか撮れなかった。
CIMG3165_20190103095430374.jpg

そして尾幌駅。
CIMG3166_20190103095431539.jpg

門静駅が見えてきた。
CIMG3167_20190103095357bac.jpg

湿原の展望所のようなイメージの駅舎だが、2003年に建て替えられたものだそうだ。
CIMG3169_20190103095359d29.jpg

影富士ならぬ影列車。
CIMG3172_2019010309540015d.jpg

厚岸駅。ここから先が未乗車区間になる。
CIMG3174_20190103095402316.jpg

1983年だから35年も前のことになるが、自転車の旅をこの駅で終え、ここから鉄路で札幌まで帰ったのであった。
CIMG3175_2019010309540314f.jpg

右手に厚岸湖が見えているが、左側の座席からだと、全然見えない。
CIMG3176_201901030953235cf.jpg

また、季節のいい時期に乗りに来ないといけないなあ。
CIMG3177_20190103095325ef9.jpg

湿原地帯を通過して
CIMG3179_20190103095326273.jpg
CIMG3180_20190103095328db7.jpg

14:45、糸魚沢駅に停車。
CIMG3182_20190103095330f24.jpg

ここで2人ほど下りた。
CIMG3185_201901030952584c4.jpg

普段はほとんど人が利用しないような駅でも、今日は何人かずつ下りていく。
おそらく実家でお正月を過ごす方々なのだろう。
久しぶりに家族が顔を合わす様子を想像して、心が温かくなった。
CIMG3187_20190103095300bd9.jpg

茶内駅から浜中町に入る。
CIMG3189_20190103095301e14.jpg

ここはうれしいことに昔ながらの駅舎が残っていた。
CIMG3190_20190103095303539.jpg

浜中町は「ルパン三世」の作者モンキーパンチ先生のふるさとである。
CIMG3191_2019010309530467d.jpg

次は浜中駅。
CIMG3192_20190103095229ec8.jpg

全く何がなんだか分からないが、姉別駅。
CIMG3193_20190103095231767.jpg

そして厚床駅。
CIMG3194_20190103095233ed7.jpg

ここでも何人かが下りていった。
CIMG3196_20190103095234eef.jpg

次が問題の初田牛駅である。
CIMG3197_20190103095236934.jpg

(つづく)

このページのトップへ

花咲線(2)

【2018年12月30日(日)】花咲線
根室本線で根室に向かっている。
さっき、帯広駅で特急から普通列車に乗り換えたところ。
普通列車は2両編成だったので、余裕でボックス席を独占できた。
CIMG3023_20190102171036c6d.jpg

間もなく、隣の札内駅に到着した。
CIMG3022_20190102171035243.jpg

駅前には十勝地方らしく、馬鈴薯(じゃがいも)の倉庫があった。
CIMG3021_2019010217103343f.jpg

次の幕別駅を過ぎると、十勝川を渡る。
CIMG3024_20190102171038863.jpg

やはり道東は雪が少ない。
DSC_5188_2019010217033507e.jpg

利別駅は10:52に通過。
CIMG3025_20190102171039fed.jpg

駅舎はゆるやかな三角屋根だった。
CIMG3026_20190102171011bb6.jpg

利別川を渡る。
CIMG3028_20190102171013521.jpg

池田駅。
CIMG3029_2019010217101406c.jpg

車窓から、ちょうど池田ワイン城が見えた。
CIMG3030_201901021710160cf.jpg

十弗駅を通過して、豊頃駅に到着。
CIMG3031_20190102171017b38.jpg

このあたりの駅は5月に撮影済みだ。
CIMG3033_20190102170948edb.jpg

南下してきた根室本線が北上に転じる新吉野駅。
DSC_5189_20190102170337d2d.jpg

その先で、ホクレンのタンクローリーと並走した。
CIMG3034_20190102170950a00.jpg

浦幌川を渡ると
CIMG3035_20190102170951e64.jpg

浦幌駅。
CIMG3037_20190102170925b4e.jpg

ホームには赤レンガの小さな倉庫があった。
CIMG3036_20190102170953bac.jpg

浦幌の留真温泉も行ってみたいところだ。
CIMG3038_20190102170927eba.jpg

駅名標の「あつない」の部分が白くなっているのは、隣の上厚内駅が廃止されて、書き直されたからだ。
CIMG3039_201901021709286f9.jpg

上厚内駅の旧駅舎は9月に解体されたとのことで、5月に撮影しておいてよかった。
CIMG9313.jpg

車窓風景。
CIMG3040_20190102170929263.jpg
CIMG3041_20190102170931760.jpg
CIMG3043_20190102170901e56.jpg

駅があるはずのないところで、鉄道関連っぽい建物が見えてきた。
CIMG3045_20190102170903210.jpg
正面に「常豊信号場」という札が掛かっている。
その直後に駅名標が見えて、びっくり。
予測していなかったので、写真は撮り損ねてしまった。
調べてみると、ここは駅だった時期がないにもかかわらず、駅名標がある全国的にも珍しい信号場なのだそうだ。
1966年(昭和41年)9月30日に設置された信号場で、気づかなかったが相対式のホームもあるそうだ。
ここは改めて撮影に来なければなるまい。

11:52、厚内駅に到着。
CIMG3047_20190102170905cc9.jpg

ここで15分の待ち合わせがあるというので、撮影済みの駅ではあったが、車外に出てみた。
DSC_5190_20190102170303795.jpg

駅舎の反対側に古い洋館が見えたが、あれは何の施設だろう。
CIMG3050_201901021709076e8.jpg

跨線橋に登ると、南に太平洋が望めた。
DSC_5191_2019010217030542c.jpg

2面3線のホームである。
CIMG3052_201901021708377b5.jpg

上りの特急スーパーおおぞらを待っているところ。
DSC_5192_20190102170307d35.jpg

実に美しい。
CIMG3053_2019010217083908f.jpg

跨線橋を渡って1番線に移動してきた。
CIMG3054_20190102170840874.jpg

厚内駅は1903年(明治36年)12月25日開業の駅である。
CIMG3055_20190102170842b71.jpg

無人化されたのは1984年(昭和59年)12月1日のこと。
CIMG3056_20190102170843a2d.jpg

2011~15年の1日平均乗降人員は10人以下、という調査結果が出ている。
DSC_5197_201901021703092e2.jpg

無人化後、駅長事務室を利用して軽食喫茶「海猫」が営業していたが、2000年頃に閉店したそうだ。店舗跡は現在、ドアも窓も板が打ち付けてあった。
DSC_5195_201901021703083d8.jpg

島式ホームの2番、3番線。
CIMG3058_20190102170812922.jpg

厚内の地名の由来は諸説あり、アイヌ語の「アプナイ(釣り針・川)」「アックナイ(小獣を捕る川)」が語源とされる。
CIMG3060_20190102170814469.jpg

4本目のレールは打ち止めになっていた。
CIMG3061_20190102170815033.jpg

12:07に発車すると、間もなく車窓に太平洋が広がった。
DSC_5198_20190102170217fe4.jpg

今日は、天気もよく、波も穏やかだ。
CIMG3067_201901021708182e4.jpg

道道1038号(直別共栄線)としばらく並走して
DSC_5202_20190102170220d95.jpg

廃止が決まった直別駅に到着した。
CIMG3071_2019010217075114d.jpg

1907年(明治40年)10月25日に開業した駅なので、約111年半の歴史に幕を閉じることになる。
CIMG3072_2019010217075362b.jpg

駅舎も2003年に新築したばかりだったのに、残念だ。
CIMG3073_201901021707547e0.jpg

車窓風景。
CIMG3074_201901021707248fa.jpg
CIMG3075_201901021707256ff.jpg
CIMG3076_201901021707261f4.jpg

次の尺別駅も廃止が決まった。
CIMG3078_201901021707298bd.jpg

尺別駅は1962~70年に雄別炭鉱尺別線の起点としても機能していた。
CIMG3079_2019010217065971e.jpg

しかし、2011~15年の1日平均乗降人員は1人以下にまで落ち込んでいた。
CIMG3080_20190102170700b44.jpg

近くに、2010年夏に公開された映画「ハナミズキ」に主演した紗枝(新垣結衣)の実家として撮影に使用された住宅が、ロケ地として残されている。
CIMG3081_20190102170702a0a.jpg

再び、海岸線を走る。
CIMG3084_20190102170632120.jpg

音別川は凍結していた。
CIMG3090_20190102170638793.jpg
CIMG3091_20190102170608442.jpg

わりと大きな音別駅に入線。
CIMG3092_20190102170610079.jpg

音別の地名は、アイヌ語の「オムペッ(川尻・塞がる・川)」に由来するとされる。
CIMG3094_20190102170613122.jpg

音別駅を過ぎると、再び海岸線。
CIMG3098_20190102170539b92.jpg

今度は波打ち際まで見える。
DSC_5207_20190102170200e44.jpg

海岸から離れると、湿原地帯。
CIMG3099_20190102170541266.jpg

右手は馬主来(ぱしくる)沼である。
CIMG3100_20190102170542a5e.jpg

すっかり冬枯れ状態。
CIMG3103_2019010217252073c.jpg

もちろん湿原は氷結していた。
CIMG3104_20190102172523b2a.jpg

古瀬駅は停車せずに通過。
CIMG3106_20190102170545d57.jpg

ここも、いずれ廃止となるのだろう。
CIMG3107_20190102170514da3.jpg

12:40、白糠駅に到着。
CIMG3108_201901021705164a2.jpg

1901年(明治34年)7月20日に北海道官設鉄道の駅として開業した歴史ある駅である。
CIMG3109_2019010217051745c.jpg

1997年10月1日に業務委託駅に移管している。
CIMG3110_20190102170519d1b.jpg

地名はアイヌ語の「シラル・カ(平磯の岸)」に由来する。
CIMG3111_20190102170520bbd.jpg

白糠駅を通過。
CIMG3112_20190102170450b99.jpg

しばらく市街地を走る。
CIMG3113_20190102170452b27.jpg

国道38号と並走して
CIMG3114_20190102170453bad.jpg

間もなく、西庶路駅。
CIMG3115_20190102170454d60.jpg

1941~64年まで、ここから明治鉱業庶路専用線が分岐していた。
CIMG3117_2019010217042476f.jpg

ちょっと保育園のような雰囲気の駅舎だ。
CIMG3118_20190102170426f37.jpg

開業は1941年(昭和16年)3月28日。
CIMG3119_20190102170427943.jpg

1984年(昭和59年)12月1日に無人化された。
CIMG3120_20190102170429407.jpg

ここも「ハナミズキ」のロケ地になったそうだ。
CIMG3121_20190102170430d07.jpg

大きなお寺の横を通過して。
CIMG3122_20190102170358fa1.jpg

庶路の市街地に入ってきた。
CIMG3123_2019010217040062a.jpg

アパートの廃屋?
CIMG3124_20190102170401c3b.jpg

庶路駅。
CIMG3125_2019010217040305e.jpg

1901年(明治34年)7月20日の開業である。
CIMG3126_20190102170404802.jpg

庶路の地名は、アイヌ語の「ショ・オロ(滝の所)」に由来する。
CIMG3127_2019010217033072d.jpg

猛烈に年季の入った駅名標が立っていた。
CIMG3128_20190102170332278.jpg

(つづく)
このページのトップへ

花咲線(1)

【2018年12月30日(日)】花咲線
2019年3月16日のJR北海道ダイヤ改正で根室本線の直別駅、尺別駅、初田牛駅が廃止されることになった。
2018年は羽帯駅1駅で済んだが、今回は3駅だ。
直別駅と尺別駅はたまたま今年5月に道東を訪ねる機会があり撮影済みだが、初田牛駅にはまだ行ったことがない。
訪ねるチャンスを探っていたが、まだ全線は乗ったことがない花咲線(根室本線の釧路~根室の区間の愛称)の乗り鉄も含め、この年末に決行することにした。

金曜夜発の夜行バスで根室に行き、土曜日にレンタカーで花咲線の全駅舎を回り根室で1泊。日曜日に、根室駅から札幌までJRで帰るという週末プランを、以前計画したこともあった。
しかし、今回は帰省ラッシュを重なり根室行きの夜行バスは満席。結局、行きをJR、帰りを夜行バスという方針に変更した。
すると、年越しをバスの中でするという無粋なことになるのだが、まあそれも一興と考えることにしよう。
ただ、31日のレンタカー確保が意外に苦労した。
いつも利用するトヨタレンタカーは、大晦日は休業。
もう1軒にも断られ、3軒目のニコニコレンタカー(駅から2kmも離れている)でやっと予約ができた。
とはいえ、大晦日ということもあり、16時までに返却してほしいとのこと。
朝8時に借りて、8時間で19の駅(廃止駅も含む)を回り、東釧路から根室まで引き返すのは困難と思えたが、これはやむを得ない。
レンタカーを扱っているガソリンスタンド自体は17時まで営業しているので、それまで帰ってきてくれればとの言質を取れたのは幸いであった。
というわけで、バスとホテル、レンタカーの予約は完了。
JRはどうせ指定席は取れないと決めつけて、当日の朝、購入することにした。

30日朝はまだ暗い6時前に家を出発。
幌平橋6:11発の始発電車に乗って、札幌駅へ。
指定席が余っていないか、みどりの窓口で一応確認してみたら、やはり満席とのことだったので、自由席の特急券を購入した。
札幌から根室までの片道乗車券8200円、帯広までの自由席特急券2380円、合わせて10580円。
DSC_5168_2019010207422708f.jpg
DSC_5169_20190102074146767.jpg
夜行バスは7400円だったので、やはりJRはかなり割高だ。
でも、今回は花咲線に乗るのもミッションの一つだから、とくに気にしない。

これから乗るのは7時ちょうど発の特急スーパーおおぞら1号釧路行きだが、釧路まで特急で行ってしまうのも味気ないので、帯広で各駅に乗り換えることにした。
本当は手前の新得で各駅に乗り換えても、この日のうちに根室にたどり着くことはできるのだが、そうすると帯広での乗り換え時間が4分しかない。
遅延した場合、ちゃんと接続してくれるのかどうか不安だったので、帯広まで特急で行くことにした。

というわけで8番ホームに立ったのは6:25頃。
DSC_5161_20190102074252ee5.jpg
お隣7番線の6:56発特急オホーツク1号の自由席は長蛇の列だったが、こちらは私の前に10人くらいしか並んでいなかった。
これなら間違いなく座れる。
多分、こちらは自由席が2両あるからかもしれないが、それにしても人が少ない気がした。
寒い中、長時間突っ立っているのは、ちょっときつかったが、我慢我慢。
列車は6:50頃入線してきて、やっと寒さから解放された。
DSC_5175_20190102074150158.jpg

席は、お目当てだった左側の窓際を余裕で確保することができた。
しかも、札幌発の段階で隣は空席のまま。
私にとってはありがたいが、JRとしては帰省ラッシュ時に自由席に空きがあるようでは、問題大ありだろう。
DSC_5162_20190102074254430.jpg

まずは用意してきたおにぎりと旨煮で朝食。
DSC_5164_201901020742213fc.jpg
食べ終わったら、ボーっと車窓を見たり、うとうとしたり。
昨夜は11時半くらいまで飲み、何だかんだで寝たのは午前1時を過ぎていたので、基本的に寝不足なのだ。

隣の席には南千歳でやっと、年配のご婦人が乗ってきた。
この特急は停車駅が極端に少ない。
釧路までの間に、新札幌、南千歳、トマム、新得、帯広、池田の6駅にしか停まらない。
それで釧路まで4時間ジャストというダイヤになっている。
トマムで何人かが下りたが、ほとんどの人が帯広か釧路まで行くのだろう。
DSC_5165_20190102074222779.jpg

新得駅には5分ほど遅れて9時頃に到着した。
DSC_5166_2019010207422495f.jpg

途中、18年3月で廃止になった羽帯駅を通過。
DSC_5167_2019010207422568e.jpg
「ありし日の羽帯駅」と書かれた看板が立っていた。
写真は若干、シャッターのタイミングが遅く、その字は写すことはできなかった。

帯広駅には若干遅れて9:30頃に到着。
DSC_5170_201901020741472d1.jpg
DSC_5173_20190102074149ba7.jpg

次の10:29発釧路行き普通列車まで、待ち合わせ時間が1時間ほどあるので
CIMG2969_20190102074625695.jpg

駅前をぶらついてみることにした。
DSC_5177_20190102074152145.jpg

その前にトイレで体重を少しだけ減らしておいた。
北口の繁華街は3月に出張で来たときに歩いているので、今回は南口を回る。
CIMG2971_201901020746287f4.jpg(ホテル日航ノースランド帯広)
CIMG2967_20190102074624095.jpg(とかちプラザ)
CIMG2994_20190102074426350.jpg(帯広市図書館)
CIMG2970_2019010207462785b.jpg(帯広しんきん)
CIMG2973_20190102074602a3d.jpg(帯広第一病院)
CIMG2975_201901020746051bc.jpg(帯広警察署西五条交番)

目的のひとつは、天然温泉「たぬきの里」の偵察。ついでに北口の天然温泉のホテルも確認しておくつもりだ。
公園大通を南下。
CIMG2972_20190102074600f6b.jpg

帯広には十勝バスと拓殖バスが走っている。
CIMG2974_20190102074603173.jpg

十字路にあった旧黒川商店。
CIMG2976_201901020746064cf.jpg

5分ほどで、5階建てくらいのビルの上に
CIMG2979_20190102074539e82.jpg

「ゆ」「たぬきの里」の文字が見えてきた。
CIMG2978_20190102074538adf.jpg

途中にあったラブホ。ネーミングがかなりいじましい。
CIMG2980_201901020745419a9.jpg

「たぬきの里」はマンションの2階が入浴施設といった風情で
CIMG2986_2019010207451809c.jpg

まだ10時前とあって開店前だった。
CIMG2982_201901020745446ec.jpg

ちょっと怪しげな雰囲気ではあるが
CIMG2985_20190102074516a34.jpg

ここは帯広周辺に多いモール系の自噴温泉で、泉質は低張性アルカリ性高張泉(アルカリ性単純温泉)。
CIMG2984_201901020745150e5.jpg

源泉は42.7℃とのことで、100%源泉かけ流しだそうだ。
cg-01.jpg(HPより)

入浴は大人440円なので、それほど高くない。
機会があったら、いつか入ってみたい。
CIMG2989_20190102074450b37.jpg

隣にあった木造家屋。
CIMG2987_201901020745197f8.jpg
CIMG2988_20190102074521df8.jpg

向かいの木造家屋は、しゃれたカフェに転用されていた。
CIMG2981_201901020745435a8.jpg

カフェの奥はギャラリーになっていた。
CIMG2990_20190102074452f8f.jpg

窓越しに覗くと、食器などを扱っていた。
CIMG2991_201901020744534e8.jpg

それでは「たぬきの里」を後にして、駅へ戻る。
DSC_5183_20190102074125659.jpg

南口の長崎屋。
CIMG2992_20190102074454bf0.jpg

帯広駅がこの駅舎となったのは1996年のことである。
CIMG2993_20190102074456877.jpg

北口に行く途中、構内には今年のNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」の番宣パネルが設置されていた。
CIMG2996_20190102074427918.jpg

主演の広瀬すずにはそれほど関心がないのだが
CIMG2997_201901020744295d5.jpg

十勝が舞台なので、真面目に見てみようかなと思っている。
CIMG2998_20190102074430dfe.jpg

北口に出ると、右前方に2軒の天然温泉ホテルが見える。
CIMG2999_201901020744325b2.jpg

ホテルの近くに行く前に駅前のモニュメントを確認。
CIMG3000_20190102074401fcd.jpg

2002年度のグッドデザイン賞を受賞した施設のようだ。
CIMG3001_201901020744036e2.jpg

ホテルは帯広駅前のバスターミナルおびくるの向こう側にある。
CIMG3002_2019010207440418c.jpg

こちらはプレミアホテルCABIN帯広。
CIMG3003_20190102074405640.jpg

もう1軒は、ふく井ホテル。
CIMG3005_201901020744074ec.jpg

これらもモール温泉である。
CIMG3006_20190102074334571.jpg
前回、帯広に泊まった時はここにすればよかった。

駅前にあった彫刻。
CIMG3007_2019010207433606e.jpg

十勝の開拓精神を表現したもので、「大地」というタイトルが付いている。
CIMG3009_20190102074338f23.jpg

近くにはシカも遊んでいた。
CIMG3010_20190102074339c2f.jpg

北口のファサード。南口とほとんど変わらない。
CIMG3011_2019010207434028e.jpg

気温は比較的暖かく氷点下1℃。
CIMG3012_20190102074311aea.jpg

これで散策は終了し、ホームへ。
これから乗る列車は、こちら。
CIMG3014_20190102074312960.jpg

キハ40、2両編成である。
CIMG3015_201901020743140ce.jpg

ミラーに写った私と列車。
CIMG3016_20190102074315f49.jpg

列車は定刻通り10:29に発車。
CIMG3017_20190102074317eb7.jpg

早速、札内川を渡る。
CIMG3018_20190102074247f9a.jpg
CIMG3019_20190102074249364.jpg

間もなく札内駅に到着した。
CIMG3020_2019010207425011c.jpg

(つづく)
このページのトップへ

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (523)
東北の山 (75)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (58)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (100)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (12)
中央アルプス (28)
北アルプス (61)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (96)
ドライブ (50)
廃線の旅 (46)
駅から散歩 (39)
乗り鉄 (51)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (33)
東海の山 (5)
つぶやき (38)
旧道歩き (59)
伊豆の山 (39)
サイクリング (3)
ハイキング (17)
温泉旅行 (16)
ランニング (1)
観光 (3)
お遍路 (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR