FC2ブログ

山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

長万部(下)

【2019年6月8日(土)】長万部
長万部町の町民センターで停滞中。
「鉄道村」の展示室を見学し終えて、次のコーナーへ。
これは、さっき行ってきた静狩湿原の航空写真。
CIMG0480_20190624043113945.jpg

ここは泥炭地なのだそうだ。
CIMG0479_20190624043111c95.jpg

続いて、静狩金山の様子。
CIMG0481_20190624043114f2d.jpg

静狩金山が発見されたのは明治23年(1890年)で、大正6年(1917年)に採掘が始まった。
昭和8年(1933年)からは静狩金山株式会社が経営し、昭和15年頃の最盛期には従業員の数が1600人に達したという。
しかし、昭和18年、不要不急の金山は操業を休止するとの政府の方針により閉山することとなったのだとか。
CIMG0486_20190624043051a13.jpg

採掘された金鉱石(石英安山岩)。
CIMG0485_20190624043050784.jpg

当時は鉱山の周辺に何百もの社宅が並ぶ賑わいぶりだった。
CIMG0484_201906240430486fb.jpg

当時の製錬所や鉱山事務所。
CIMG0483_2019062404311778c.jpg

函館本線の静狩トンネルと当時の坑道。
CIMG0482_2019062404311634b.jpg

鉱山跡は現在も地形図に残されているが、集落は完全に消滅している。
もう閉山後75年以上経過しているので、ほとんど森に戻ってしまっている気がするが、いずれ訪ねてみたいと思っている。
CIMG0487_20190624043053428.jpg(静狩鉱山歌)

次は、長万部出身の作家和田芳恵のコーナー。
CIMG0490_20190624043023e65.jpg

和田芳恵は明治39年(1906年)生まれで、読売文学賞や川端康成文学賞などを受賞しているが、基本的には地味な作家という印象だ。
CIMG0489_201906240430550eb.jpg

直筆の色紙。
CIMG0491_20190624043024716.jpg

作品群。実は1冊も読んだことはない。
CIMG0492_20190624043026e3e.jpg

埋蔵文化財の資料室に移動。
CIMG0493_20190624043027224.jpg

北海道式石冠と呼ばれる縄文時代の擦り石。
CIMG0494_201906240430299b2.jpg

ナイフ形石器の接合資料。
CIMG0497_20190624043003f91.jpg

同じ場所から出土した石器の破片を集めて、くっつくかどうか一つ一つ試していく。
くっついたものを重ねていくと、縄文人が石材をどのように割って石器を作ったのかがわかるという非常に貴重な資料だ。
CIMG0496_20190624043001d65.jpg

北方文化との交流を示す石刃。
CIMG0498_20190624043004455.jpg

新聞でも紹介されたようだ。
CIMG0495_2019062404295971b.jpg

静狩貝塚の解説パネルもあった。
CIMG0499_201906240430064fe.jpg

お次は民俗資料。
CIMG0500_201906240429341c2.jpg

昔は「長万部劇場」なんて施設もあったのか。
CIMG0501_20190624042936e47.jpg

昭和14年(1939年)に改築されたばかりの長万部駅舎。まだ木造だ。
CIMG0502_20190624042937d1d.jpg

昭和30年代だろうか、賑わう長万部駅前商店街。「蟹めし」の文字も見える。
CIMG0503_201906240429385d1.jpg

長万部町の変形マンホール。アヤメは町の花である。
CIMG0504_201906240429407bd.jpg

町民センターの南隣に植木蒼悦の記念館が建つ。
CIMG0505_201906240429091c2.jpg

十字架があれば教会に見えるような建物だ。
CIMG0506_20190624042911d86.jpg
無料だったが、時間の都合で見学は割愛。次の機会に。

というわけで、やっと長万部温泉街に移動。
まずは温泉街のはずれにある大円寺に啄木の歌碑を訪ねた。
CIMG0507_201906240429122c3.jpg

かなり立派な寺院である。
CIMG0511_20190624042841d12.jpg
CIMG0510_2019062404283958d.jpg

歌碑は前庭にあった。「かの旅の夜汽車の窓におもひたる我がゆくすゑのかなしかりしか」
CIMG0508_20190624042913aff.jpg

啄木は明治41年(1909年)4月19日、小樽から夜汽車に乗って長万部で夜を明かし、翌朝8時40分に函館に着いたという。
CIMG0509_201906240429154b3.jpg
それが最後の函館だった。
啄木の歌はとても分かりやすく、胸にすとんと入ってくる。

温泉街には全国各地どこにでもある廃屋。
CIMG0512_20190624042842b6c.jpg

中央にある長万部町の町章は「長」の字を図案化したものである。
CIMG0513_201906240428439f7.jpg

長万部温泉の中でも最も人気があるのが、この丸金旅館。
CIMG0514_20190624042845dbf.jpg

源泉100%でもちろん日帰り入浴可能。最初はここに入ろうと思っていたのだ。
CIMG0516_2019062404281501f.jpg

その向かいには長万部温泉ホテルが構えている。
CIMG0515_201906240428144ad.jpg

丸金の隣に、温泉旅館もりかわ。建て直して間もない感じだ。
CIMG0517_201906240428179a5.jpg

丸金の向かいに巨大な石碑が立っていた。「長万部温泉発祥之地」である。
CIMG0518_20190624042818f20.jpg

石碑の説明によると、この温泉は町の天然ガス試掘の際、昭和30年(1955年)に湧出したそうだ。
CIMG0519_20190624042820d26.jpg

その後、温泉街が形成されたというから、かなり新しい温泉なのだ。
CIMG0521_201906240427500dd.jpg

スナックけい。これは廃業しているようだ。昔は温泉客で大いに繁盛したのだろうに。
CIMG0520_20190624042748963.jpg

スナックキャンドルは何とか生き残っているのだろうか。
CIMG0522_20190624042751954.jpg

ホテル四国屋は、四国出身の人が創業したのかしら。
CIMG0523_201906240427532c2.jpg

温泉旅館の「昇月」。見た目は地味だが現役である。
CIMG0524_2019062404275472d.jpg

ホテルあづま。長万部温泉なんて実は聞いたことがなかったのに、かなりの数の宿があってちょっとびっくりだ。
CIMG0525_201906240427162b5.jpg

カフェバーMIMOZA。
CIMG0526_2019062404271804b.jpg

福屋旅館は建物はきれいだが、廃業したっぽい。
CIMG0528_201906240427212d0.jpg

150mほどで温泉街は終了。長万部保線管理所の前で引き返す。
CIMG0527_20190624042719f3e.jpg

温泉街の雰囲気。
CIMG0529_20190624042722c66.jpg

昔はもっと華やかだったのだろう。
CIMG0533_20190624042656788.jpg

これらは昔、何か商売をしていたのかなあ。
CIMG0530_201906240426514d8.jpg
CIMG0531_20190624042653941.jpg

長万部町の町章と町の花アヤメを大胆にあしらったマンホール。
CIMG0532_20190624042655dc6.jpg

脇道に入ると、もう1軒あった。温泉大成館。
CIMG0534_20190624042657109.jpg

脇道の突き当りにビジネスホテルエクセルイン。
ここは温泉を引いているわけではないようだ。
CIMG0535_201906240426240d2.jpg

大成館の向かいには廃業した旅館が残る。
CIMG0536_20190624042625884.jpg

こちらが玄関だが、宿の名称は分からなかった。
CIMG0537_20190624042627002.jpg

庭の池の縁石は遺跡のように残っていたが。
CIMG0538_2019062404262878d.jpg

温泉街を後にして、駅前通りの銭湯栄湯に行ってみたら、廃業していた。
CIMG0539_20190624042630117.jpg
いくら「廃」が好きな私とはいえ、こういう施設は現役で頑張っていてほしいだけに残念だ。

こうなったら、ついでに長万部町役場のコレクションもしてしまおう。
CIMG0545_20190624042531cf3.jpg

かなり新しく立派な庁舎であった。
CIMG0546_20190624042533a0d.jpg

1998年に竣工したらしい。
CIMG0547_2019062404253401c.jpg

長万部は難読地名の入門編として全国的にも知られた町だが、人口はピーク時の3分の1にあたる5000人余りしかいない。
CIMG0548_2019062404253614f.jpg

立派な町民憲章の石碑。
CIMG0549_20190624042537c28.jpg

役場の周辺には、このほかにもいろんなモニュメントがあった。
こちらは長万部開基110年を記念したもの。
CIMG0541_201906240425588f5.jpg

昭和58年(1983年)に建立された。
CIMG0542_2019062404255976c.jpg

北海道新幹線の長万部駅は当然高架化されるようだ。
CIMG0543_20190624042601fe8.jpg

花壇。花時計にはなっていない。
CIMG0544_201906240426021e6.jpg

かなり古びた長万部町商工会。
CIMG0540_20190624042556996.jpg

もう12時半近いので、さすがにお腹が空いてきた。
なにかいい店がないか探しながら進む。「てんぷら幹」。天ぷらという気分ではない。
CIMG0550_20190624042505320.jpg

検索して、ここは?と思った中華料理屋は休業日だったので、やむなく南下を続ける。
国道沿いにもいろいろあるが、かにめしが食いたいわけではない。
CIMG0551_201906240425069e8.jpg

だからこれらはスルー。
CIMG0552_20190624042508471.jpg

この迎賓館風の「長万部市場」は見事に廃墟。
CIMG0553_201906240425098be.jpg

カニの巨大な広告塔が泣いている。
CIMG0554_201906240425115e7.jpg

この建物もおそらくドライブインだったと思われるが、もぬけの殻。
CIMG0555_20190624042437ae6.jpg
CIMG0556_201906240424399b8.jpg

ゲーム・お食事のビクトリーも時代に付いて行けず。
CIMG0558_201906240424424d7.jpg
CIMG0562_20190624042415dbd.jpg

ラーメン、そば、洋食、弁当、売店など幅広く展開していたドライブイン「ヒデ」も森に還ろうとしていた。
CIMG0557_20190624042441afd.jpg
CIMG0559_201906240424437ac.jpg
CIMG0560_2019062404241250e.jpg

長万部郊外の国道沿いは廃墟街道の様相を呈している。
CIMG0561_20190624042414d4b.jpg
CIMG0564_20190624042418146.jpg

もちろん、現役ばりばりのかにめし屋や成功したレストランもあるのだが。
CIMG0563_20190624042417e31.jpg
CIMG0565_2019062404234186c.jpg

しかし、私の好みではないので、見送った。
ちょっと、ごちゃごちゃしたゲストハウスの前を通過。
CIMG0566_20190624042342d8a.jpg

なおも、廃レストランは続く。
CIMG0567_201906240423447d0.jpg

道の駅風の店構えだが、「漁師の家」もつぶれてしまった。
CIMG0568_20190624042345499.jpg

極めつけはファミリーレストラン「アイドル」。
CIMG0569_20190624042347528.jpg
さっきの迎賓館もそうだが、こういうタイプは絶対成功しない。
成金が道楽気分で始めた商売に違いないからだ。趣味が悪すぎる。

国縫まで南下してきた。
2014年3月に閉校した長万部町立国縫小学校。
CIMG0571_20190624042318ec1.jpg

かつては「国縫」を「訓縫」と書いたこともあった。
CIMG0570_20190624042315255.jpg

5年前に閉校したばかりなので、校舎はきれいに残っている。
CIMG0573_20190624042320c13.jpg

ただ、とくに再利用されている気配はなかった。
CIMG0574_20190624042321b9a.jpg

5年前に時計が止まったままだった。
CIMG0575_20190624042301b9a.jpg

校庭にシャクシャイン古戦場跡の碑が立っていた。
CIMG0572_20190624042318187.jpg
シャクシャインは1669年に和人の不当な扱いに立ちあがったアイヌの英雄である。

(「1906函館本線」につづく)
スポンサーサイト



このページのトップへ

長万部(上)

【2019年6月8日(日)】長万部
長万部町の写万部山(499m)から下山した。
これから、函館本線の駅舎を回りながら南下し、本日の宿泊地である道の駅「みそぎの郷きこない」に向かう予定だ。
函館本線のうち長万部駅以南で未撮影の駅(駅跡含む)は、北豊津、山越、野田生、落部、石倉、本石倉の6駅のみ。
それだけでは時間が余ってしまうので、沿線の見どころにも寄り道しながら行くことにした。

まずは写万部山のふもとにある静狩貝塚から。
CIMG0400_201906232224421f4.jpg

途中にあった農家の廃墟。
CIMG0401_2019062322244275d.jpg

貝塚には登山口から5分ほどで到着した。
CIMG0402_201906232224444d6.jpg

縄文時代後期初頭(約4000年前)の遺跡で、約1万平方㍍に範囲にわたって厚さ50~100cmの貝殻が堆積しているという。
CIMG0403_20190623222445125.jpg

海岸から2kmほど内陸にあり、当時は今よりかなり温暖で、海岸線もかなり内陸まで入り込んでいたのだろう。
CIMG0404_20190623222447469.jpg

とくに国や道の指定史跡にはなっていないようだった。
CIMG0405_201906232224180a1.jpg

次は、これまた近くにある静狩湿原。
CIMG0406_20190623222420193.jpg

遊歩道が整備されているようだ。
でも、まだお花の季節には早いのか、ただの荒れ地にしか見えず、散策はカットした。
CIMG0407_20190623222421cd3.jpg

夏にはトキソウやイソツツジなどが咲くらしい。
CIMG0408_20190623222423c7a.jpg

そんな季節に、ついでがあったら立ち寄ってみよう。
CIMG0412_2019062322235796e.jpg

近くには「左オタモイ川」という変わった名前の川が流れていた。
CIMG0409_20190623222424384.jpg

そこにかかるのは「静狩12号農道橋」という味気ない名前の橋だった。
CIMG0410_201906232223543a1.jpg

では、その農道を通って、国道に戻ろう。
CIMG0411_20190623222356d0d.jpg

復習。オタモイ(272m)山の後ろに写万部山。
CIMG0413_20190623222358652.jpg

国道に戻る途中に、古い鳥居が目に飛び込んできたので急停車。
CIMG0414_20190623222400681.jpg

鳥居の隣にあった大木はイチイだった。
CIMG0415_2019062322233167a.jpg

樹齢300年以上、樹高は10mで、かつては漁船が目印にしていたという。
CIMG0418_201906232223363bf.jpg

海から目印にできるほど背が高いようにも思えないが。
CIMG0419_201906232223376b7.jpg

傍らにあった祠の名称は不明。
CIMG0416_201906232223330eb.jpg

馬頭観世音が安置されていた。
CIMG0417_20190623222335f8b.jpg

国道37号に出ると、海岸に立派な石碑があったので、また停車。
CIMG0420_20190623222309be6.jpg

静狩原野開拓記念碑だったが、なんと記号は緒方竹虎であった。
竹虎は朝日新聞副社長から政界に転身し、自由党総裁を務めたこともある政治家だが、出身は山形県で北海道とは縁がないはず。
CIMG0421_20190623222311bf0.jpg

でも、調べてみたら、昭和29年(1954年)に4か月半ほど北海道開発庁長官を務めたことがある。
CIMG0422_20190623222312c2a.jpg
おそらく、その時に建立したものだろう。

では事故が多発しているという国道を南下する。
CIMG0423_20190623222314269.jpg

この廃屋はJRの車窓からも見えるので気になっていたのだが、やっと写真に収めることができた。
CIMG0424_2019062322231561f.jpg
「名物 海の幸(帆立料)理」「○○食(堂)」との表記が読み取れる。
この後もこうした廃屋がたくさん登場するが、ドライブインは本当に盛衰が激しい。

長万部市街に入り、飯生(いいなり)神社を訪ねた。
CIMG0426_201906232222439d6.jpg

この鳥居は昭和55年(1980年)に建立されたものらしい。
CIMG0425_20190623222241e2a.jpg

神社の境内には、もともとヲシャマンベ陣屋跡があった。
CIMG0427_20190623222245b6a.jpg

安政二年(1855年)、南部藩は恵山(函館市)から幌別(登別市)までの海岸線を警備するよう幕府に命じられ、箱館に陣屋を設け、ここ長万部には翌年、出張陣屋を築いた。
CIMG0428_201906232222461bb.jpg

しかし、長万部沿岸が遠浅なので、そもそも外国船が容易に近づけないことが判明。
陣屋を置く必要がなくなり、さらに翌年の12月、引き払ってしまった。
とても寿命の短い陣屋だったのである。
CIMG0431_2019062322221895f.jpg

飯生神社は天照大神、大国主命、倉稲魂命の三柱の神を祀る。
CIMG0429_2019062322224778c.jpg

長万部の総鎮守だ。
CIMG0430_2019062322221691e.jpg

この神社は、安永二年(1773年)、松前藩が番屋を立てたのが創始。
神様は文化十三年(1816年)に伏見稲荷神社から勧請されたとのことだ。
CIMG0432_201906232222194a9.jpg

階段を登って、木造の鳥居をくぐる。
CIMG0433_20190623222221ac7.jpg

左手には、鎮座二百年記念之碑があった。道南はさすが古いものが多い。
CIMG0434_2019062322222285d.jpg

参道を進むと
CIMG0436_20190623222151f26.jpg

正面に拝殿。
CIMG0435_20190623222149397.jpg

謹んで、参拝させていただいた。
CIMG0437_20190623222153a4c.jpg

2014年の伊勢神宮式年遷宮を記念して植樹されたイチイの木。
CIMG0438_20190623222154e1c.jpg

高台にある境内から長万部の市街地を俯瞰。昭和40年代のたたずまいが残っていた。
CIMG0439_201906232221550cf.jpg

標高差が20mくらいしかないスキー場を横目に
CIMG0440_20190623222123e20.jpg

長万部温泉街に足を踏み入れる。
CIMG0441_20190623222125b97.jpg

いや、その前に長万部の文化ゾーンを見ておこう。
最も北に位置するのが、平和祈念館。
CIMG0442_2019062322212667a.jpg

館の前庭に、峠三吉(1917~1953年)の原爆詩碑があった。
CIMG0443_20190623222128c56.jpg

北海道とはとくにゆかりのない、しかも共産党の党員だった峠の詩碑があるということは、長万部町にはかつて革新町政の時代があったのだろうか。
CIMG0451_20190623222035ef8.jpg

「八月六日」の詩碑もあり、かなりの思い入れがあったことが分かる。
CIMG0457_201906232220052d4.jpg

前庭には、札幌出身の本郷新(年)の作品がたくさん野外展示されていた。
1953年の「嵐の中の母子像」。
CIMG0445_201906232220586c2.jpg

この連作は広島平和祈念資料館や北海道立近代美術館にもある。
CIMG0444_201906232221295bd.jpg

1966年の「鳥を抱く女」。
CIMG0446_2019062322210064f.jpg

これは、札幌芸術の森野外美術館で見たことがある。
CIMG0447_20190623222102838.jpg

1978年の「北の母子像」。
CIMG0448_201906232221032fc.jpg

1979年の「鳥の詩」。
CIMG0450_20190623222033b53.jpg

「栄光と破滅の峰に一人起つもの これをしも彫刻家というべきか」とは本郷新の言葉だ。
CIMG0449_2019062322210407e.jpg

こちらは函館出身の彫刻家(石彫)、池田譲の作品群「宿る81~83」。
CIMG0452_2019062322203682d.jpg

これも池田譲の「影の立像」(1986年)。
CIMG0456_20190623222039963.jpg

これら現代彫刻の背後に石仏が多数安置された施設があった。
CIMG0458_20190623222007fad.jpg

付近から集められたものだろう。
CIMG0459_201906232220090d4.jpg

解説は、仏像研究家の森川不覚。
CIMG0454_20190623222037e03.jpg

もう一つ、本郷新の作品。「戦没学生記念像」(1950年)。
CIMG0460_201906232220104ad.jpg

本郷には戦争に関連した作品が多い。
CIMG0461_20190623222011157.jpg

祈念館の中には入らず、隣の町民センターへ移動。
CIMG0466_2019062322194839a.jpg

こちらには、二股ラジウム温泉の石灰華(樋口石)の大きな標本が野外展示されている。
CIMG0462_20190623221942d83.jpg

二股温泉にある巨大な石灰華ドームは、米国イエローストーン国立公園のものと世界に2つしかないのだという。
CIMG0463_20190623221943b38.jpg

こちらは静狩鉱山で産した金鉱石。
CIMG0464_2019062322194590a.jpg

これは昭和17年(1942年)に採掘されたもので、静狩金山神社の御手洗石として使用されていたのだそうだ。
CIMG0465_201906232219463ef.jpg

では、町民センターの中へ。
貼り紙は隣に記念館がある函館出身の水墨画家植木蒼悦。
CIMG0467_201906232219189a3.jpg

館内には鉄道村のほか、埋蔵文化財資料室など、いくつかの展示室がある。
CIMG0468_201906232219195b0.jpg

ホールに軌道自転車。どこで使用していたものだろう。
CIMG0469_20190623221921de9.jpg

青函船舶鉄道管理局長万部機関区のモニュメント。
CIMG0470_20190623221923bf3.jpg

鉄道村には、SLのプレートがずらり。
CIMG0471_2019062322192408e.jpg

平成元年というから、ちょうど30年前の静狩駅の時刻表。手書きである。
CIMG0472_2019062322185291c.jpg

腕木式信号機の部品など、鉄道用品の数々。
CIMG0473_201906232218548dd.jpg

各種信号機。解説できるほどの知識は全くない。
CIMG0474_20190623221855bb4.jpg

長万部駅周辺の駅の駅名標。北豊津駅以外は現役だ。
CIMG0475_201906232218568ce.jpg

北豊津駅は2017年3月4日に廃止され、信号場になっている。
DSC_8727_20190623221832e59.jpg

蕨岱駅も北豊津駅と同時に廃止。旭浜駅は2006年3月18日に廃駅となった。
CIMG0477_20190623221829228.jpg

懐かしい国鉄時代の資料。
CIMG0476_20190623221858e96.jpg

そういえば、これも国鉄時代の駅名標だろうか。
DSC_8728_2019062322183409f.jpg
お蔭さまで鉄分をたっぷり補給できました。

(つづく)
このページのトップへ

美唄ラン(5)

【2019年4月29日(月)】美唄ラン
JR函館本線の峰延駅から美唄駅に向かって国道12号線を歩いている。
目下、美唄橋を渡り、美唄の市街地に差し掛かったところ。
CIMG7181_20190528195425044.jpg

わりと細い美唄川。奥にJRの鉄橋が見える。
CIMG7182_201905281954279da.jpg

こちらは、そこそこ有名らしいネパールカレーの店「STAR」。
CIMG7183_20190528195429128.jpg

「熊澤板金」は、そば屋かと思った。
CIMG7184_20190528195430f0f.jpg

板金の会社なのに、石がたくさん。
CIMG7185_2019052819543276e.jpg

道路の反対側にも熊澤板金の工場があった。
CIMG7186_2019052819540252b.jpg

三角屋根の住宅街。廃車を添えて。(フランス料理のメニュー風)
CIMG7187_20190528195403ba4.jpg

本物のそば処「匠庵」。そば打ち道場も兼ねている。
CIMG7188_20190528195405886.jpg

「美唄高校」前には、バスが3社も停まる。こんな小さな町に3社も競合しているとは。
CIMG7189_20190528195407692.jpg

現在の高校名は美唄尚栄高校。美自校バスだけ旧称のままだ。
CIMG7190_20190528195408e33.jpg

昭和40年代に建てられたと思しき住宅群。
CIMG7193_20190528195342bbc.jpg

法宣寺前を通過。
CIMG7191_20190528195339b9c.jpg

このあたりは寺町を形成している感じだ。
CIMG7192_20190528195341860.jpg

今度は何寺だろう。随分規模が大きい。
CIMG7194_20190528195344ce1.jpg

常願寺であった。
CIMG7196_20190528195312025.jpg

参拝は省略させていただいた。
CIMG7195_20190528195345681.jpg

門前から一礼のみで通過。
CIMG7197_20190528195314b15.jpg

向かいには正教寺。
CIMG7198_2019052819531579c.jpg

その先に老舗風の的場旅館。
CIMG7200_201905281953177d1.jpg

SUZU美容室はもう廃業していた。
CIMG7201_20190528195318b17.jpg

これは「福よし」の看板なのだが、「サハリン近いぞ北海道」というコピーの真意が全くよくわからない。せっかく店に行ったのだから聞けばよかった。
CIMG7202_20190528195247832.jpg

右に行くと銀河通。
CIMG7204_2019052819525022b.jpg

線路をくぐるようだ。
CIMG7203_20190528195249163.jpg

いよいよ駅前の商店街に入ってきた。
CIMG7205_20190528195252272.jpg

ハクチョウとマガンをあしらった美唄市のマンホール。
CIMG7206_20190528195253e91.jpg

丸吉の手前で右折すると
CIMG7207_20190528195220769.jpg

かなり老朽化したビルが見えてきた。
CIMG7208_20190528195222d0f.jpg

旧ローヤルホテルである。
CIMG7209_20190528195223fe7.jpg

その向かいには、食堂の「美かど屋」。
CIMG7210_20190528195225a57.jpg

というわけで、ようやく美唄駅に到着。
CIMG7211_2019052819522620b.jpg

時刻は14:04。峰延駅から約10kmを2時間15分ほどで歩き切った。
CIMG7212_20190528195155ae2.jpg

ここから集合場所の「ゆ~りん館」まで5kmもあるので、この先はもうバスで行くことにした。
CIMG7215_2019052819515992f.jpg

バスの時間は14:35と分かっている。
CIMG7214_201905281951580aa.jpg

まだ30分あるので、さっそく駅舎を見学。
CIMG7213_20190528195157842.jpg

かなり大きな駅舎だと思ったが、実はほとんど歩道橋の覆い屋であった。
CIMG7217_20190528195201d0f.jpg

現在の美唄駅は2002年2月5日にオープンした橋上駅である。
CIMG7218_2019052819512601a.jpg

通路には、安田侃の作品「翔生」が置かれていた。
2002年の作品なので、駅のリニューアルオープンに合わせて制作したものだろう。
CIMG7224_20190528195043938.jpg

1日平均の乗車人員は1300人(2014年度)もおり、当然、有人駅である。
CIMG7219_2019052819512850c.jpg

駅の反対側(東口)もほぼ同じ構造になっている。
CIMG7221_20190528195129bf5.jpg

外観も全く同じ。
CIMG7223_201905281951327e3.jpg

東口のロータリーに啄木の歌碑があった。
CIMG7222_20190528195131572.jpg
「石狩の美国といへる停車場の柵に乾してありし赤き布片かな」
美国と言えば積丹の町であり、駅もないので、これは「美唄」の誤りとされている。
啄木は明治41年(1908年)1月20日、釧路へ赴く途中、美唄を通過しているという。

高架橋の窓から旭川方面を望む。
CIMG7225_2019052819504565a.jpg

改札の中は入場券を買わないと入れないので、これにて駅の見学は終了。
DSC_7595_2019052819490537f.jpg

お昼はパンを1個たべただけで、お腹が空いたので、何か買いに商店街へ。
すぐ近くに、老舗っぽい御菓子司、長栄堂があったので、ここで調達することにする。
DSC_7594_20190528194904c02.jpg

選んだのは、美唄くるみ餅とチョコレート饅頭。
DSC_7596_20190528194907a62.jpg

どちらも美味しく元気が出た。
CIMG7231_20190528195020c20.jpg

これから乗るのは市民バス。
CIMG7226_201905281950470e5.jpg

ちゃんと待合室があった。
CIMG7227_20190528195048945.jpg

駅の西側も回って、東側のゆ~りん館に行くので、結構時間がかかる。
CIMG7228_20190528195050834.jpg

待っている間に、美唄駅ホームとローヤルホテルが入居していた新興ビルの写真も撮っておいた。
CIMG7229_20190528195017b9e.jpg
CIMG7230_20190528195019d16.jpg

それでは、バスに乗車。料金は一律200円である。
DSC_7597_201905281949081fc.jpg

国道の駅前交差点で、完走してきたランナーたちを発見。
CIMG7232_201905281950217e2.jpg

手を振ったが、気づいてもらえなかった。さすがに相当疲れている様子だった。
CIMG7233_20190528195023e7b.jpg

バスはいろんなところを巡っていく。まずは美唄市郷土資料館。
CIMG7234_20190528194950a7b.jpg

ボケてしまったが、中央公園。
CIMG7236_20190528194953362.jpg

意外に立派な美唄市役所。
CIMG7237_20190528194955f8c.jpg

職員住宅と思しき平屋の長屋。
CIMG7239_20190528194956ab5.jpg

市立美唄児童館。
CIMG7241_20190528194902cd8.jpg

などなどを経て、15時前に「ゆ~りん館」に到着。
DSC_7599_201905281948371f9.jpg

20数分のバスの旅だった。
DSC_7598_20190528194835f2b.jpg

ここに来るのは、2015年8月15日に黒岳に登った時以来なので4年ぶりだ。
DSC_7600_20190528194838ae6.jpg

やれやれ、やっと着いた。今日は13kmのランを含め30km近く歩いた。
DSC_7601_20190528194840fab.jpg

もう太ももはすでにパンパン。温泉でゆっくり体をほぐすことにしよう。
DSC_7602_20190528194841b0d.jpg

ここは、ナトリウム-炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性冷鉱泉)。旧泉質名は重曹泉。
源泉の温度は16.9℃で、ph値は7.6。
自然湧出で毎分1920リットルも湧き出しているという。
DSC_7603_201905281948075e0.jpg
浴室は大勢の人がいて、撮影は困難だった。
でも、すでに到着している仲間たちもいて、語らいながら、のんびりと過ごした。

湯上りは休憩室で、当然ながらビールをぷはっ。
DSC_7605_20190528194809c0f.jpg

バスの時間まで、皆さんときょう一日を振り返った。
バスは16:35に出発。
DSC_7606_2019052819481093d.jpg

コアビバイの前で下りて、打ち上げ会場の福よしへ向かう。
DSC_7608_201905281948137f1.jpg
DSC_7607_20190528194812ea9.jpg

途中、再び、郷土資料館の前を通過。
DSC_7610_20190528194520f72.jpg

間もなく飲み屋街に入ったが、かなりさびれている。
DSC_7611_20190528194522d1e.jpg
DSC_7612_20190528194523eae.jpg

バス停から数分、17時に福よしに到着。
DSC_7614_20190528194525a9d.jpg

走らなかった人も含め、総勢30人ほどが集結。再びビールで乾杯。
DSC_7615_20190528194526eda.jpg

もつ串、エビチリ、手羽先、ゴボウ揚げ、フライドポテトなどが次々に出てきた。
名物のもつそばを食べたかったが、残念ながらコースには入っていなかった。
宴会は大いに盛り上がり、19:30にはお開きとなった。
DSC_7619_201905281945005ff.jpg

帰りの列車は19:50発なので、ちょっと速足で駅まで歩く。
DSC_7620_2019052819450361a.jpg
幸いギリギリで間に合い、自由席も空いていたので、皆さん座ることができた。
札幌まではわずか35分。あっという間に着いてしまった。
しかし、明日からまたお出かけなので、すすきので飲み直しなどということはせず、真っすぐに帰宅した。
自分のランの実力も分かったし、駅舎の撮影もできたし、仲間とわいわい楽しく飲めたし、充実した1日だった。
しかし、翌日は太もものひどい筋肉痛と膝の痛みで、ほとんどロボット状態。
階段を真っすぐ下ることができなくなっていた。

【行程】2019年4月29日
新札幌駅(7:31)~大麻駅(8:08)~江別市役所(8:47)~新江別橋(9:10)~石狩川碑(9:29)~越後神社(9:46)~江別大橋(10:01)~豊幌駅(10:36)
※所要時間:3時間5分
※歩行距離:19.2km(うち走行距離:13.5km)

峰延駅(11:48)~沼貝神社(12:30)~光珠内駅(12:52)~美唄橋(13:36)~美唄駅(14:04)
※所要時間:2時間16分
※歩行距離:9.9km
◆通算歩行距離:29.1km(5時間21分)

このページのトップへ

美唄ラン(4)

【2019年4月29日(月)】美唄ラン
「ビバラン」をリタイヤして、美唄市の峰延駅から美唄駅に向かって国道12号線を歩いている。
途中にあった旧光珠内中央小学校に寄り道。
CIMG7109_20190528063554dfa.jpg

校舎はまだ現役時代のまま残されていた。
CIMG7110_20190528063555f2f.jpg

同校は1980年(昭和55年)4月に、沼南小学校と拓北小学校が統合する形で開校。
CIMG7111_201905280635573f5.jpg

10年前の2009年3月に閉校した。
CIMG7112_20190528063558190.jpg

旧産炭地の美唄市は過疎化が激しく、ピーク時には9万人以上いた人口が現在は2万1347人(今年4月末現在)にまで減少している。なんと4分の1以下だ。
それに少子化も輪をかけ、当然ながら小中学校の統廃合も進んでいる。
CIMG7114_20190528063528dba.jpg

休日だが、旧校庭に遊びにくる子供すらいない。
CIMG7115_2019052806353084c.jpg

1902年(明治35年)に植樹された「長葉川柳」という柳の木だけが、ずっと学校の盛衰を見つめている。
CIMG7113_201905280636008f6.jpg

統合してできた学校すら廃校になるのだから、北海道の地方は極めて厳しい状況にあると言わざるを得ない。
CIMG7116_201905280635321f8.jpg

学校のすぐ先には、屯田砲兵隊の本部跡を示す石碑があった。
CIMG7117_201905280635331eb.jpg

ツタに覆われてしまった廃屋。
CIMG7118_2019052806353545b.jpg

里にはスイセンが咲き乱れているが、まだ山の方は冬枯れのままだ。
CIMG7119_20190528063505e06.jpg

光珠内中央バス停。北海道はバス停にも待合所があるところが多い。雪のためだろう。
CIMG7120_20190528063507a99.jpg

バス停の名称も10年前までは「光珠内中央小学校前」だったのだろうか。
CIMG7121_20190528063508fbd.jpg

やけに屋根の傾斜が急な家だこと。珍しいので撮っておいた。
CIMG7122_20190528063510c2b.jpg

番号が多い北海道の地名。
CIMG7123_20190528063511a04.jpg

12:50、光珠内バス停に到着。
CIMG7124_201905280634447dd.jpg

ここを左折すると光珠内駅だ。
CIMG7125_20190528063445578.jpg

建て替えられていない昔ながらの駅である。うれしい。
CIMG7126_20190528063447eee.jpg

光珠内駅は1920年(大正9年)9月11日、国鉄函館本線の光珠信号所として開設された。
CIMG7127_201905280634480fd.jpg

駅に昇格したのは、1952年(昭和27年)4月10日。
それから30年を記念した石碑が駅前に建てられていた。
CIMG7128_20190528063450193.jpg

警報機が鳴り始めたので、あわててホームに行くと、緑の車体が目に飛び込んできた。
CIMG7129_201905280633416c7.jpg

特急ライラック22号札幌行きであった。
CIMG7130_20190528063343dcc.jpg

列車を見送ってから駅舎を見学する。ホーム側からの外観。
CIMG7131_20190528063429eca.jpg

改めて、正面から駅舎の中に入る。
CIMG7132_2019052806334653d.jpg

待合室はわりとがらんどうな感じ。
CIMG7133_20190528063348a55.jpg

無人化されたのは1978年(昭和53年)10月2日のことである。
CIMG7134_201905280633165eb.jpg

この駅舎は駅に昇格した際に建てられたものなのだろうか。
CIMG7138_2019052806332229d.jpg

きっぷ受箱。
CIMG7135_2019052806331764b.jpg

手書きの古い周辺図が地面に無造作に置かれていた。資料館に収めたい代物だ。
CIMG7136_201905280633195ec.jpg

跨線橋の入口があえて狭くされていた。雪が吹き込むのを防ぐためだろう。
CIMG7137_2019052806332016a.jpg

この跨線橋も峰延駅と同様、1968年(昭和43年)に設置されたものだ。
CIMG7139_20190528063250de7.jpg

こちらもポスターゼロ。
CIMG7140_201905280632516ad.jpg

ホームは単式、島式複合型の2面3線である。
CIMG7141_20190528063253942.jpg

駅舎側(右側)の1番線が上り、2、3番線が下りのホームになっている。
CIMG7142_20190528063254789.jpg

ホームから残雪の樺戸山地がくっきりと見えた。
CIMG7143_20190528063256976.jpg

なかなか絵になる。
CIMG7149_20190528063153b54.jpg

駅名は当地の地名によるが、語源はアイヌ語の「カウシナイ(わな・ある・川)」に由来するという。
CIMG7144_20190528063223f07.jpg

随分、格好いい漢字を当てたものだ。
CIMG7145_201905280632255e8.jpg

2、3番線のある島式ホームは広くて長い。
CIMG7146_20190528063226c40.jpg

1日平均の乗車人員は2014年度で21人だった。
CIMG7147_20190528063228116.jpg

旭川方面。
CIMG7148_201905280632294e5.jpg

駅舎の写真を撮るためだけなら、ここからまた列車に乗って美唄まで行けばいいのだが、まだ時間もあるし、このまま美唄まで歩くことにした。
CIMG7150_2019052806315593c.jpg

国道に再び出ると、間もなく光珠内北バス停を通過。
CIMG7151_201905280631567ad.jpg

光珠内北の交差点には、陸上自衛隊美唄駐屯地への標識が立っていた。
CIMG7152_20190528063158be4.jpg

札幌から57km地点のあたりで
CIMG7153_20190528063159b4c.jpg

1両編成の岩見沢行き普通列車とすれ違う。
CIMG7154_20190528063128b19.jpg

国道の跨線橋から俯瞰した函館本線。複線である。
CIMG7155.jpg

春の樺戸山地。
CIMG7156_201905280631300df.jpg

跨線橋で線路をまたぎ、函館本線は右手に移った。
CIMG7157_20190528063132480.jpg

この後、下り列車が来るのが分かっていたので待っていたら、間もなくランナーたちを乗せた列車が通過していった。
CIMG7158_2019052806313337e.jpg

それらしい服装の人を見つけて手を振ったが、誰も気づいてくれなかった。
CIMG7159_20190528063102237.jpg

さあ、この先は直線道路の長さ日本一の区間(29.2km)に差し掛かる。
CIMG7160_20190528063104428.jpg

実際、真っすぐなのだが、沿道にわりと障害物が多いので、はるか先まで直線という実感は、車で走っていてもあまりない。
DSC_7590_20190528062927995.jpg

この先は徐々に美唄の市街地へと入っていく。

もう2代前の元号になってしまった「昭和」ハイヤー。
CIMG7162_20190528063105eeb.jpg

美唄市はサイクルツーリズムに力を入れている。
CIMG7163_20190528063107494.jpg

「21線」はわかるが、「国」って何だろう。国道のことか。
CIMG7164_2019052806310815c.jpg

私の好きな三角屋根のお宅。スイセンが咲いているが、もうお住まいではないようだ。
CIMG7165_20190528063036a17.jpg

立派なレンガ造りの煙突のある家。
CIMG7166_20190528063038ec0.jpg

「美自校」とは、美唄自動車学校のこと。路線バスも運行するバス会社でもある。
CIMG7167_20190528063040eb6.jpg

「25年兵」のバス停にちょっと、びっくり。
CIMG7168_20190528063041f5a.jpg
明治25年(1892年)に屯田兵が入植したことにちなむ地名かと想像して調べてみたら、まさにその通りであった。
かつては「美唄二十四年兵」「二十五年兵」「二十七年兵」という地名があったらしい。
もはや行政地名としては現存しないが、バス停などにその名をとどめていると、敬愛する今尾恵介さんが紹介している一文を見つけた。

美唄やきとり「福よし」の看板が現れた。今夜の宴会会場だ。
テンションが上がる。
DSC_7592_20190528062928ec7.jpg

ホームセンター「クリエート セキ」は1915年(大正4年)創業の現役企業。
美唄の市街地で金物店を営んでいる。これは移転前の旧施設である。
CIMG7169_20190528063043c0d.jpg

こちらは廃業したパチンコ店。
CIMG7170_20190528063011e79.jpg

59km地点までやってきた。
CIMG7171_20190528063013545.jpg

開拓地らしい地名の「進徳」。
CIMG7172_20190528063014f94.jpg

「進徳生活館」はかなり年季が入っていた。
CIMG7173_2019052806301542c.jpg

続いて、繁盛していそうなドライブインが登場。
CIMG7174_201905280630170da.jpg

「レストラン藤観光」である。
CIMG7175_20190528062946e49.jpg

中央バスの車庫前を通過。
CIMG7176_20190528062948099.jpg

光珠内に沼貝神社があったが、美唄には沼貝寺があった。
CIMG7177_20190528062949b05.jpg

「沼貝って何?」って思って調べてみたら、美唄市はかつて沼貝町といったそうだ。
CIMG7178_20190528062951b64.jpg

「美唄」の地名は、アイヌ語の「ピパイ(カラス貝・川)」、「ピパオマナイ(カラス貝・ある・川)」、あるいは「ピパオイ(カラス貝・多い・所)」のいずれかから転訛したとされる。
「沼貝」はこれらアイヌ語地名を意訳したものだそうだ。
現在の美唄駅が1891年(明治24年)に設置される際、駅名は「沼貝」ではなく「美唄」が採用された。
それに伴い駅周辺の地名が翌年、「字ピパイ」と名付けられ、1900年に「美唄」に改称。
町名も1926年(大正15年)に「美唄町」に改められた。
変更の理由は、ちゃんとは調べていないが、おそらくアイヌ語の原語に近いものにしようとしたのではなく、「沼」より「美」の方がイメージがいいと考えたのだろう。
CIMG7179_20190528062952d17.jpg

美唄のハスカップ果汁液が「ドラキュラの葡萄」として販売されているようだ。
CIMG7180_20190528062925d13.jpg

(つづく)
このページのトップへ

美唄ラン(3)

【2019年4月29日(月)】美唄ラン
新札幌から美唄まで53kmを走る「ビバラン」を19km(走ったのは13km)でリタイヤし、豊幌駅から列車に乗った。
11:13、乗り換え駅の岩見沢に到着。
DSC_7579_20190527063636323.jpg
この時点で全員を抜かしたことになる(笑)

次の旭川行きまでは20分ほど待ち合わせ時間があるので、構内をちょっとだけ探索した。
DSC_7581_20190527063441044.jpg

跨線橋から北の方角に見えたのは、JR岩見沢運転所の建物。
DSC_7580_20190527063439fc8.jpg

旭川行きの列車が出る3番線のホームには、農業用馬の木彫が展示されている。
DSC_7584_201905270634106f8.jpg
1980年に設置されたもののようだ。

他にあまり見るところもないので、早々に列車に乗り込む。
DSC_7582_20190527063408a87.jpg

11:33、定刻通りに発車。
DSC_7585_20190527063411243.jpg

間もなく、車窓には広大な田園風景が広がった。
DSC_7586_2019052706341385c.jpg

7分で、下車駅の峰延駅に到着。ここはもう美唄市である。
CIMG7030_20190527064422b37.jpg

ここで下りて、隣の光珠内駅まで歩き、峰延駅と光珠内駅を撮影してしまう計画である。
CIMG7031_20190527064423e66.jpg

駅前には北海道のローカル駅には定番の農協倉庫があった。
CIMG7032_20190527064425228.jpg

下り立った2番線のホーム。
CIMG7033_20190527064426d39.jpg

峰延駅は1891年(明治24年)7月5日、北海道炭礦鉄道の「峯延駅」として開業した。
CIMG7034_201905270644281d1.jpg

2面2線の相対式ホームになっている。
CIMG7035_20190527064400ef2.jpg

かつて、ここから岩見沢駅や石狩月形駅方面へのバスが出ていたようだが、廃止されたのだろう。「のりかえ」の案内板が塗りつぶされていた。
CIMG7037_2019052706440190f.jpg

現在の書体に改められたのは1900年(明治33年)のことである。
CIMG7038_20190527064403d01.jpg

1906年(明治39年)には国鉄に移管されている。
CIMG7039_20190527064404ab8.jpg

2番線は島式ホームになっているが、3番線は使用されていない。
CIMG7040_20190527064406ca1.jpg

跨線橋が設置されたのは、1968年(昭和43年)のこと。
CIMG7041_20190527064302506.jpg

ポスター1枚貼られておらず、すっきりしている。
CIMG7042_201905270643035b9.jpg

跨線橋から眺めると、1番線と2番線の間に、かつては中線もあったことが分かる。
CIMG7043_20190527064346ca4.jpg

上りの副本線として使用されていたらしいが、すでに線路は撤去済みだ。
CIMG7044_20190527064306080.jpg

跨線橋から駅前広場を望む。
CIMG7045_201905270643090ca.jpg

1番線(上り線)に下りてきた。
CIMG7047_201905270642403f2.jpg

峰延駅が無人化されたのは1984年(昭和59年)3月31日。JRに移管される前のことだ。
CIMG7046_20190527064238ba5.jpg

この駅舎が建てられたのは、いつなのかよく分からない。
CIMG7048_201905270642413c9.jpg

切符売り場らしき窓口の跡がないので、たぶん無人化された後のことだろう。
CIMG7049_2019052706424315f.jpg

このちょっと凹んだ空間がユニークだった。
CIMG7050_20190527064244fb7.jpg

峰延駅の外観。ホーム側とほぼ同じデザインである。
CIMG7052_2019052706421694f.jpg

跨線橋はもう半世紀の歴史を経たことになる。
CIMG7051_20190527064214a5e.jpg

ささやかな駅前ロータリー。花壇が愛らしい。
CIMG7053_2019052706421705f.jpg

駅前にあった三角屋根の木造家屋。
CIMG7054_20190527064219715.jpg
CIMG7058_20190527064154e7d.jpg

駅前商店の高橋商店はもう自販機のみの営業のようだ。
CIMG7055_20190527064220272.jpg

それでは、いざ光珠内駅に向かって出発。
CIMG7056_20190527064152ad9.jpg

峰延農協農機具センターの前を通過すると
CIMG7057_201905270641536db.jpg

すぐに国道12号と交差する。国道沿いのヤベ洋品店は現役だ。
CIMG7059_20190527064155d55.jpg

対岸に寺の跡らしきものがあったが、信号が赤なので撮影だけに留めた。
CIMG7060_20190527064157b9d.jpg

こんな感じで沿線にあるものを、逐一写真に収めながら歩いていく。
CIMG7061_20190527064136ef5.jpg

このあたりは中央バスが運行しているようだ。1日5往復だけのようだが。
CIMG7062_20190527064050525.jpg

峰延駐在所と峰延郵便局。
CIMG7063_20190527064053381.jpg
CIMG7064_2019052706405365a.jpg
田舎の駅は大抵ボロボロなのに、警察と郵便局だけはどんな僻地でも立派だ。

峰延橋で北海道幹線用水路を渡る。
CIMG7065_2019052706405681d.jpg

左前方(北の方角)に隈根尻山(971m)などの樺戸山地が見えてきた。
CIMG7066_20190527063941674.jpg

そこを特急カムイ20号札幌行きが走り去る。
CIMG7067_20190527063943123.jpg

歩き始めて10分ほどで、右手に北海道日油の工場前を通過。日本油脂の子会社だ。
CIMG7068_201905270640323f0.jpg

左手には「屯田砲兵隊移駐之地」と書かれた大きな石碑が現れた。
CIMG7070_201905270639467fe.jpg

1893年(明治26年)6月10日、各県から集まった30戸がこの地に、屯田兵の砲兵隊として入植したのだそうだ。
CIMG7071_20190527063948ef9.jpg

まだ10分ちょっとしか歩いていないのに、地名はもう「光珠内南」になった。
CIMG7072_2019052706391590c.jpg
意外に近いのかもと思ったが、結果としてそう甘くはなかった。

廃屋になっているが、昔ながらの木造家屋。美しい。
CIMG7073_201905270639174e6.jpg

こちらは完全につぶれてしまっている。
CIMG7074_201905270639187de.jpg

「ミツカン酢」のホーロー看板が懐かしい。
CIMG7075_20190527063919f1d.jpg

札幌から54km地点。走り始めたのは新札幌なので、移動距離はもう少し短い。
CIMG7076_2019052706392119f.jpg

北海道によくある「○○線」地名。
CIMG7077_20190527063851f45.jpg

国道沿いなのに、このあたりは古い木造家屋がわりと目立つ。
CIMG7078_201905270638539c8.jpg

右手は三笠市の市名の由来ともなった三笠山(594m)方面。
CIMG7079_20190527063854fb9.jpg

左手に、由緒ありげな樹木が現れた。とくに案内板の存在などを確かめはしなかった。
CIMG7080_20190527063856049.jpg

こういう木造家屋を見ると、小樽にあった祖父母の家を思い出す。
CIMG7081_20190527063857008.jpg

またまた屯田兵の遺跡。今度は砲兵隊の練兵場の跡だった。
DSC_7588_20190527063414f1f.jpg

「兵」だけあって、開拓の合間にちゃんと軍事訓練もしていたのだ。
CIMG7082_20190527063829e70.jpg

裏面に「昭和二十五年建立」と書かれていた。
CIMG7083_201905270638300bc.jpg

樺戸山地にはまだ随分、雪が残っている。すがすがしい気分になる。
CIMG7084_20190527063832f75.jpg

遠方に歩道橋が見える。あれはもしかして光珠内駅前なのだろうか。
ちょっと期待してしまう。
CIMG7085_20190527063833c59.jpg

一見新しそうだが、1階部分の壁がレンガ。わりと古いのかもしれない。
CIMG7086_20190527063835b06.jpg

踏切に防風林に樺戸山地。
CIMG7087_20190527063805668.jpg

光珠山善来寺の参道前を通過。
CIMG7088_20190527063808551.jpg

ここまで3km弱歩いてきた。まだランナーたちは誰も抜かしてこない。
CIMG7089_201905270638084b8.jpg

沼貝神社なるものがあったので立ち寄った。
CIMG7090_20190527063810a12.jpg

境内にあった「太平洋戦殉没者慰霊碑」。
CIMG7091_20190527063811669.jpg

同じく「開基六十年記念碑」。
CIMG7092_201905270637413a6.jpg

そして「五十年記念碑」。
CIMG7094_201905270637443f8.jpg

さらには、光珠内開拓100年を記念した「拓魂百代」の碑。
CIMG7095_201905270637453d0.jpg

これは何を記念したものか不明。
CIMG7101_20190527063722fc6.jpg

「祖霊碑」や杉の献木を記念した碑もあった。
CIMG7097_20190527063716bb0.jpg
CIMG7098_20190527063717dac.jpg

年間行事はかなりたくさんあるようだ。氏子さんがまだたくさんいるのだろう。
CIMG7093_201905270637424b3.jpg

無事に、ゆ~りん館にたどり着けますよう。
CIMG7096_20190527063747f1d.jpg

地面にはエゾエンゴサクが咲き乱れていた。
CIMG7100_20190527063720024.jpg

鎧姿の神像にご挨拶して退去する。
CIMG7099_20190527063719d0d.jpg

お隣に光珠内中央自治会館地域ふれあいセンター。長ったらしい名称だ。
CIMG7102_201905270636525a7.jpg

歩道橋までたどり着いたが、老朽化のため通行止め。
CIMG7103_201905270636559e2.jpg

駅前の歩道橋ではなく、学校のためのものだった。
CIMG7104_20190527063655867.jpg

せっかくなので、学校(廃校)も見学していこう。
CIMG7105_20190527063658c80.jpg

さっきの避難場所の標識には「光珠内中央小学校」と書かれていたが、この校歌を読むと、かつては沼南小学校といったらしい。
CIMG7106_201905270636585e8.jpg

「沼南小中学校跡地之碑」もちゃんとあった。
CIMG7107_20190527063435d9f.jpg

こちらは統合後の「光珠内中央小学校」校歌の歌碑である。
CIMG7108_20190527063436c39.jpg

(つづく)
このページのトップへ

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (523)
東北の山 (75)
上信越の山 (147)
奥多摩の山 (58)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (100)
富士山周辺の山 (68)
八ヶ岳周辺の山 (53)
南アルプス (101)
史跡歩き (12)
中央アルプス (28)
北アルプス (61)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (96)
ドライブ (50)
廃線の旅 (46)
駅から散歩 (39)
乗り鉄 (51)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (33)
東海の山 (5)
つぶやき (38)
旧道歩き (59)
伊豆の山 (39)
サイクリング (3)
ハイキング (17)
温泉旅行 (16)
ランニング (1)
観光 (3)
お遍路 (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR