山と鉄

山歩き、乗り鉄、廃線・廃道歩き、廃村歩き、駅舎探訪などの日々を記録します

旭岳(4)

【2017年8月9日(水)】旭岳
登り始めて1時間半弱で、旭岳(2291m)の八合目を通過した。
DSC_7826_201709252028026b1.jpg

ここからは爆裂火口の表情がはっきりと見える。
DSC_7827_20170925202804c26.jpg

ちょっと日本離れした光景だ。
DSC_7828_20170925202805e57.jpg

さっき電車ごっこをしながら登っていたご夫婦。相変わらず仲がいい。
DSC_7829_20170925202807f74.jpg

オンタデに似ているが、葉っぱが違う。何だろう。
DSC_7830_2017092520280993d.jpg
DSC_7844_20170925202655cfb.jpg

裾平。
DSC_7831_20170925202740ccc.jpg

ニペソツ山(左、2013m)の右肩から覗いているのは、たぶんウペペサンケ山(1848m)、その右は丸山(1692m)。
DSC_7832_20170925202742772.jpg

化雲岳(1955m)のうなぎ雪渓。
DSC_7833_201709252027432d2.jpg

金庫岩がだいぶ大きく見えてきた。
DSC_7834_20170925202744a76.jpg

この溶岩はかなり若いのではないか。
DSC_7835_2017092520274654f.jpg

鋭く尖っている。
DSC_7836_20170925202713d19.jpg

絶妙なケルンとトムラウシ山(2141m)。
DSC_7837_20170925202715881.jpg

旭岳頂上方面。
DSC_7838_2017092520271629b.jpg

頂上の西側は生々しい爆裂火口になっている。
DSC_7839_201709252027175d6.jpg

傾斜もさらに急になり、ジグザクに登る。
DSC_7840_20170925202719a33.jpg

どうしても平らなところがある岩には、皆さん石を置きたくなるようだ。
DSC_7841_20170925202650379.jpg

むき出しの溶岩。
DSC_7842_20170925202652228.jpg

北西に上川盆地。
DSC_7843_20170925202653a7d.jpg

裾平の蛇行する雪渓。
DSC_7845_201709252026566a2.jpg

よくよく見ると、団体の女性たち、完全防備だ。全然、虫などいないのだが。
DSC_7846_2017092520262583c.jpg

かなりの急登になってきた。
DSC_7847_20170925202626857.jpg

振り返ると、まだ姿見の池が見える。
DSC_7848_20170925202628a78.jpg

姿見平と姿見駅。
DSC_7849_20170925202629fb8.jpg

あれは雪田なのか池塘なのか区別がつかない。
DSC_7850_2017092520263193c.jpg

ニペソツ、忠別岳(1963m)、高根ヶ原。
DSC_7851_2017092520260021b.jpg

石狩岳(1967m)の雄姿。
DSC_7852_201709252026015f6.jpg

忠別川源流の大峡谷。
DSC_7853_20170925202603e8d.jpg

久しぶりに十勝岳連峰。
DSC_7854_20170925202604c2f.jpg

尾根道を終えて、トラバースに入る。
DSC_7855_201709252026063a4.jpg

ここまで来ると、溶岩の間を縫うように登っていく感じになる。
DSC_7856_20170925202534ab7.jpg

やはりあれは雪田のようだ。
DSC_7857_20170925202536a6a.jpg

こんなふうに脈略なく写真をバシバシ取りながら進む。
DSC_7858_20170925202537517.jpg

溶岩が若々しい。何年くらい前もものなのだろう。
DSC_7859_20170925202538fb3.jpg

9時半すぎ、八合目から20分で九合目に着いた。
DSC_7860_201709252025413a3.jpg

裾平の湿原を見下ろす。
DSC_7861_20170925202510af6.jpg

たぶん芦別山地。
DSC_7862_20170925202512f53.jpg

東大雪の山並み。
DSC_7863_2017092520251304d.jpg

堂々たるトムラウシの山容。
DSC_7864_201709252025150bf.jpg

激しく噴煙を吹き上げる十勝岳(2077m)。
DSC_7865_20170925202516029.jpg

いや、やはり池塘だった。一部、雪が残っている状態のようだ。
DSC_7866_201709252024458fc.jpg

ニセ金庫岩と呼ばれる屈曲点に到着。
DSC_7867_20170925202446fd2.jpg

これがニセ金庫岩。四角いからだろう。
DSC_7870_2017092520245140a.jpg

そのてっぺんにカラスのような嘴の鳥がとまっていた。
DSC_7868_201709252024480cf.jpg

南東に後旭岳(2216m)が初めて見えた。
DSC_7869_20170925202449029.jpg

ニセ金庫岩と東大雪。
DSC_7871_201709252024196ff.jpg

振り返れば大雲海。
DSC_7872_20170925202421d25.jpg

左にカーブを切ると、少し傾斜がなだらかになった。
DSC_7873_201709252024221b5.jpg

でも、まだまだ。あそこを登らないといけない。
DSC_7874_201709252024243a1.jpg
DSC_7877_20170925202357882.jpg

頂上の南面。
DSC_7875_2017092520242568f.jpg

忠別湖。
DSC_7876_20170925202356979.jpg

あれが本物の金庫岩だ。
DSC_7878_20170925202359803.jpg

左手眼下に地獄谷。
DSC_7879_20170925202400c0d.jpg

爆裂火口の地層もかなりダイナミック。
DSC_7880_20170925202402784.jpg

なめらかに右へとカーブする。
DSC_7881_2017092520232990d.jpg

ニセ金庫岩を振り返る。
DSC_7882_20170925202330b23.jpg

これまで歩いてきた尾根と姿見の池。
DSC_7883_20170925202332a94.jpg

金庫岩の真横に来た時、近くにいた単独の青年に「熊の横顔みたいですね」と声をかけた。
DSC_7884_20170925202333d66.jpg

すると、「ほんとですね、あくびしてるみたい」との答え。
DSC_7886_2017092520230501b.jpg
私の思い描いた像とはちょっと違うが、そういう見方もできるかもしれない。

はるかに旭川市街が望めた。
DSC_7885_20170925202335575.jpg

もう一度、ニセ金庫岩と東大雪。
DSC_7887_20170925202307a32.jpg

ニセ金庫は実はたくさんあった。神様の失敗作だ。
DSC_7888_2017092520230859e.jpg

団体さんがニセ金庫岩の屈曲点を通過するところ。
DSC_7889_20170925202310332.jpg

いや、通過と思きや、休憩でした。
DSC_7893_201709252022423b8.jpg

イワブクロの大群落。
DSC_7890_20170925202311eac.jpg

金庫岩の後ろには、ブルドックが横たわっている。
DSC_7891_20170925202239385.jpg

最後の急登はザレていて登りにくい。
DSC_7892_20170925202240c8d.jpg

上から見ると、ニセ金庫は10個くらいあるのが分かった。
DSC_7894_20170925202243c08.jpg

あの池塘もだいぶ、雪と水の区別がつくようになった。
DSC_7895_2017092520224531f.jpg

爆裂火口の切れ目。
DSC_7896_201709252022144bd.jpg

トムラウシと十勝岳連峰。手前がニセ金庫。
DSC_7897_20170925202215b4b.jpg

その左側。
DSC_7898_201709252022170c7.jpg

雲海の向こうに芦別山地(自信はない)。
DSC_7899_20170925202218996.jpg

地獄谷と姿見平。
DSC_7900_20170925202220f4e.jpg

だいぶ頂上に近くなってきた。
DSC_7901_20170925202131bac.jpg

高根ヶ原全開。
DSC_7902_20170925202133d39.jpg

白雲岳(右、2230m)も見えてきた。
DSC_7903_201709252021347ad.jpg

後旭岳は、ほとんどハゲ山だ。
DSC_7904_20170925202135449.jpg

旭岳頂上には8:55に到着。
DSC_7905_2017092520213785f.jpg

姿見の池からコースタイムで2時間半のところ、1時間半ちょっとで着いてしまった。
DSC_7906_2017092520210350f.jpg
(裏旭方面への道)
「山と高原地図」のコースタイムはかなり甘めだ。
7~8掛けくらいで考えておいていいかもしれない。

天気はいつの間にか、高曇りになっていた。
でも、どこにもガスは発生しておらず、ほとんどの山を見渡すことができた。
北東すぐ先に熊ヶ岳の小さな火口が見える。
DSC_7907_201709252021053d5.jpg

北鎮岳(左、2244m)と凌雲岳(右、2125m)。
DSC_7908_201709252021064ba.jpg

凌雲岳の左奥に見えるのは、ニセイカウシュッペ山(1883m)。
DSC_7909_201709252021087f7.jpg

北鎮岳の左には鋸岳(2142m)。
DSC_7910_20170925202109b23.jpg

その左に比布岳(右、2197m)と安足間岳(中央、2200m)が望めた。
DSC_7911_20170925202049bf8.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
このページのトップへ

旭岳(3)

【2017年8月9日(水)】旭岳
姿見の池を過ぎて、旭岳(2291m)の山頂を目指している。
DSC_7735_2017092208192843a.jpg

左手の地獄谷からは、ひっきりなしに噴気が上がっている。
DSC_7736_20170922081930e77.jpg

そして登山道には大きなケルンが次々に現れる。
DSC_7737_20170922081931e65.jpg

石がたくさん転がっているので、簡単に高く積み上げることができるのだろう。
DSC_7738_20170922081933596.jpg

このあたりなら、ガスが出てもあまり迷いそうにないが。
DSC_7739_20170922081934878.jpg

地獄谷に小さな雪渓を発見。
DSC_7741_20170922081908493.jpg

姿見の池から随分歩いてきた。
DSC_7740_20170922081906a8c.jpg

その間に、例のストックのおじさんもずっと先に行ってしまった。
DSC_7742_2017092208190988d.jpg

黄色いのは硫黄の塊。
DSC_7743_2017092208191135b.jpg

噴気孔を真横から見る位置まで来た。
DSC_7745_20170922081912135.jpg

この穴からは真横に噴き出している。こんなの初めて見た。
DSC_7746_2017092208184567e.jpg

もう、あっちからも、こっちからも。
DSC_7747_201709220818479c5.jpg
DSC_7748_20170922081848c15.jpg

噴き出し口は硫黄の成分で真っ白になっている。
DSC_7749_201709220818495b5.jpg

振り返ると、雲海の向こうに暑寒別岳(1492m)。
DSC_7750_20170922081851bb9.jpg

まわりには大きな火山弾がゴロゴロ。
DSC_7751_20170922081823047.jpg
DSC_7752_20170922081825815.jpg

小さな「硫黄山」
DSC_7753_20170922081826b9a.jpg

旭岳はまさに生きている火山だ。
DSC_7754_20170922081828976.jpg

転じて南西方面の眺め。
DSC_7755_20170922081829836.jpg
DSC_7759_2017092208180233c.jpg

北西の方角。
DSC_7756_20170922081758ee1.jpg

よく見ると、姿見の池(左)のほかにも池が見える。
DSC_7757_20170922081759aaa.jpg

気が付くと、後ろには、あまり登山者がいない。
同じゴンドラに乗ってきた人はもう、あちこちに散ってしまったようだ。
DSC_7758_20170922081801a5a.jpg

改めて、姿見の池。
DSC_7760_20170922081804a02.jpg

あちこちに残雪。
DSC_7761_20170922081731951.jpg

姿見平には、いくつも池がある。アプリで地形図を見ると確かにそうだ。
DSC_7762_201709220817335f6.jpg

池ばかりではなく、谷にも注目。
DSC_7763_2017092208173430d.jpg

前方に山ガールが2人。ザックにつるしているレジ袋はゴミではなく、食料かな。
DSC_7764_20170922081736508.jpg

姿見平全景。
DSC_7765_201709220817378b6.jpg

ちょっと離れたところにある瓢沼あたり。
DSC_7768_2017092208170702b.jpg

地獄谷全景。
DSC_7766_20170922081704912.jpg

その核心部。
DSC_7767_20170922081706c86.jpg

爆裂火口の上端部。
DSC_7769_20170922081709500.jpg

2人で同じポーズ。しかし、なんかレジ袋があまり恰好よくない。
DSC_7770_2017092208171033a.jpg

右奥が旭岳頂上。
DSC_7771_20170922081640ddf.jpg

四角い岩が金庫岩だ。
DSC_7773_201709220816431bd.jpg

地獄谷の雪渓。
DSC_7772_20170922081642510.jpg

旭岳温泉のホテル群。
DSC_7774_2017092208164465e.jpg

レジ袋が見苦しいからというわけではありませんが、山ガールたちを抜かしてしまいました。
DSC_7775_20170922081646afe.jpg

荒々しい尾根を延々と登る。
DSC_7776_20170922081614026.jpg

爆裂火口の壁面も徐々に崩落が進んでいるように見える。
DSC_7777_20170922081616043.jpg

右手に化雲岳(1955m)とトムラウシ山(2141m)。
DSC_7778_20170922081618e02.jpg

その右に十勝岳連峰。
DSC_7779_20170922081619eb4.jpg

忠別岳(1963m)の向こうに見えてきたのは、ニペソツ山(2013m)。
DSC_7780_201709220816202a3.jpg

その左に石狩岳(1967m)も見えてきた。
DSC_7782_20170922081552816.jpg

忠別岳(左)の横に五色岳(1868m)。手前は凡忠別岳(1821m)。
DSC_7783_20170922081553d02.jpg

旭岳の南斜面。
DSC_7784_20170922081555ed4.jpg

何度振り返ってもいい眺めだ。
DSC_7781_201709220815500dd.jpg

地獄谷を見下ろす位置に来た。
DSC_7785_201709220815568eb.jpg

姿見平の湖沼群。
DSC_7786_20170922081525818.jpg

姿見の池周辺にあまり人影が見えない、
DSC_7787_2017092208152729f.jpg

石狩岳の左に音更山(1932m)も見えてきた。
DSC_7788_20170922081528460.jpg

ニペソツ山(右)と天狗岳、前天狗岳。
DSC_7789_20170922081530f86.jpg

ゴンドラで一緒だった団体さんに追いついた。
DSC_7790_20170922081531430.jpg

登り始めてちょうど1時間たった頃だった。
DSC_7791_20170922081500e00.jpg

実は、広げて広域を見られる大きな地図を持ってきていないので、しばらく大雪の山々をきちんと同定できずにいたのだが、トムラウシの手前が化雲岳、その左の突起が忠別岳であることが、団体さんを率いていたガイドさんの説明で分かった。
その奥に見えるシルエットは、右からニペソツ山、石狩岳、音更山、ユニ石狩岳であることも、正直に言うと、今分かった。
ありがたい。何山か分かって眺めるのと、そうでないのとでは大違いだからだ。
DSC_7794_20170922081505888.jpg

地獄谷上の雪渓が真横に見える位置まで登ってきた。
DSC_7792_201709220815025ee.jpg

お、雲海が切れて、忠別湖が見えてきた。
DSC_7793_20170922081503f4c.jpg

芦別、夕張方面の山並み。
DSC_7795_20170922081506f26.jpg

オプタテシケ山(2013m)の左に浮かぶ小島は下ホロカメットク山(1668m)かな。
DSC_7796_201709220814341e6.jpg

いつか登りたい石狩岳。
DSC_7802_20170922082825595.jpg

旭岳の南斜面西側は旭平と呼ばれる。
DSC_7797_20170922081436441.jpg

しばらく団体さんの後を歩いた。
DSC_7798_201709220814371b6.jpg
DSC_7800_201709220814408b7.jpg

でも、団体さんの先に行かせていただいた。
DSC_7803_201709220828288ee.jpg

地獄谷のモンスター群。
DSC_7799_2017092208143902f.jpg

ユウセツ沢の切れ落ち際に並ぶ残雪たち。
DSC_7804_20170922082828591.jpg

旭平から東に進むと裾平。
DSC_7805_20170922082831750.jpg

皆さんも振り返りながら歩いている。
DSC_7806_20170922082832e48.jpg

地獄谷と姿見平。
DSC_7807_20170922081344602.jpg

今度は皆さん、うつむいて登っている。
DSC_7808_201709220813462e8.jpg

旭岳爆裂火口。
DSC_7809_2017092208134794f.jpg

姿見平の夫婦池など。
DSC_7810_20170922081348fc6.jpg

その右を貫く溝はピウケナイ第三沢川の源流か。
DSC_7811_20170922081350ac8.jpg

その奥に見える瓢沼。
DSC_7812_20170922081319d0c.jpg

トムラウシが全容を現してきた。
DSC_7813_20170922081320e6d.jpg

来年はあそこまで縦走したい。
DSC_7814_20170922081322fec.jpg

忠別岳の手前は高根ヶ原。
DSC_7815_20170922081323fd3.jpg

ストックを2人で持って電車ごっこのように歩くご夫婦に追いついた。
DSC_7816_20170922081325250.jpg

爆裂火口も順光になって、火山らしい色になった。
DSC_7817_201709220812544a5.jpg

真っ赤だ。
DSC_7818_20170922081256569.jpg

あの稜線には登山道はない。
DSC_7819_20170922081257b66.jpg

モンスターの親玉。
DSC_7820_201709220813008d9.jpg

これらは小さな溶岩ドームの生き残りか。
DSC_7821_20170922081301fb1.jpg

ほんとに旭岳はいろんな顔を見せてくれる。
DSC_7822_201709220812334a5.jpg

電車ごっこのお二人さん、「こんなふうに歩く人いないだろうなあ」と、自嘲気味ではなく自慢気に話していた。
DSC_7823_201709220812355ae.jpg

その向こうに団体さん、レジ袋の山ガールも見える。
DSC_7824_20170922081235b12.jpg

姿見の池から1時間弱で八合目に到着した。
DSC_7825_20170922081237bb0.jpg

(つづく)
このページのトップへ

旭岳(2)

【2017年8月9日(水)】旭岳
ロープウェイの姿見駅から旭岳(2291m)に向けて、7時前に出発
DSC_7648_201709212217197a0.jpg

それにしても、噴気が激しい。
DSC_7646_20170921221718669.jpg

駅の目の前に池があるが、これは姿見の池ではない。
DSC_7649_20170921221721452.jpg

池のほとりには、ワタスゲが咲いていた。
DSC_7650_201709212217228c4.jpg

チングルマはすっかり終わってしまったようで、立派な綿毛になっていた。
DSC_7651_20170921221652a62.jpg

左手にはハクサンボウフウ。
DSC_7653_201709212216559c0.jpg

木道を進むと、池がもう一つ。
DSC_7652_20170921221654a11.jpg

姿見駅を真横から眺める。
DSC_7654_201709212216575c3.jpg

階段を登ると、道は左折し、正面に旭岳の全容を見ることができた。
DSC_7655_201709212216582e0.jpg

あちこちの噴気孔から盛んに煙を吐いている。
DSC_7656_20170921221628cef.jpg

足元にはミヤマリンドウ。ショッキングブルーだ。
DSC_7657_201709212216295a1.jpg

5分ほどで、右に下山路を分ける。
DSC_7658_2017092122163125c.jpg
帰りは、ここから下るわけだ。

南にトムラウシ山(2141m)のギザギザが覗く。
DSC_7659_20170921221632911.jpg

その右に十勝岳連峰。
DSC_7663_20170921221608fea.jpg

盛んに火山活動を続ける旭岳。
DSC_7661_201709212216050aa.jpg

逆さにすると線香花火のようだ。
DSC_7662_20170921221606a45.jpg

綿毛を従えたアキノキリンソウの夫婦。
DSC_7664_2017092122160921c.jpg

綿毛を真上から。
DSC_7665_201709212216113c1.jpg

登山道には大小の石がゴロゴロ転がっている。
DSC_7666_20170921221541246.jpg

ハイオトギリ。
DSC_7667_20170921221543546.jpg

ワタスゲ。
DSC_7668_20170921221544c3c.jpg

前方に旭岳石室が見えてきた。
DSC_7669_20170921221546132.jpg

高山植物には常緑の非常に小さい樹木が多く見られるという。
DSC_7670_201709212215485bf.jpg

うわ~、肌色っぽいのは、みんなチングルマの綿毛だ。
DSC_7671_2017092122151329f.jpg

ということは、7月にはこのあたり真っ白に染まっていたのだろう。
DSC_7673_20170921221516477.jpg

マルバシモツケも北海道では、よく見かける。
DSC_7672_20170921221514929.jpg

40年前に来た時、こんなに噴気を上げていたような記憶はないが、記憶がないだけで、当時も活動は活発だったのだろう。
DSC_7674_20170921221517920.jpg

コバイケイソウよりは大味なバイケイソウ。
DSC_7675_20170921221519fd6.jpg

アキノキリンソウたち。
DSC_7676_20170921221447e9d.jpg

これだけ見せつけられると、7月にもまた来てみたくなる。
DSC_7677_20170921221448446.jpg

いつもひっそりイワブクロ。
DSC_7678_20170921221450f3b.jpg

道はかなり整備されている。
DSC_7679_20170921221451b39.jpg

姿見平。
DSC_7680_201709212214539a2.jpg

北には安足間岳(2200m)の稜線が覗く。
DSC_7681_20170921221417dfa.jpg

旭岳石室は「石室」というだけあって、石造りだ。
DSC_7682_20170921221419a69.jpg

姿見の池のほとりには「大雪山愛の鐘」が立つ。
DSC_7683_20170921221420dde.jpg

先代の石室は老朽化のため建て替えられ、この小屋は2001年9月に完成した。
緊急時以外、宿泊はできない。
DSC_7684_20170921221422643.jpg

幅の広い整備された登山道を20分ほどで、姿見の池に到着。
DSC_7685_201709212214236c9.jpg

風もなく、まさに旭岳の姿を鏡のように映していた。
DSC_7688_2017092122135301b.jpg

それにしても、噴気の上がり方がすごい。
DSC_0186_20170921221716b4c.jpg

猛烈な音を立てている。
DSC_7691_2017092122135625a.jpg

振り返ると、上川盆地が望めた。
DSC_7686_201709212213494fe.jpg

北は姿見平。
DSC_7687_2017092122135156e.jpg

姿見の池のほとりに遊歩道があり、噴気活動展望台につながっている。
DSC_7689_20170921221354979.jpg

そちらへは下山後に行くことにしよう。
DSC_7692_201709212213204d8.jpg

あちらは旭岳への登山道。
DSC_7693_2017092122132241e.jpg

改めて、逆さ旭。
DSC_7694_20170921221323317.jpg

安足間岳から当麻乗越への稜線。
DSC_7695_20170921221325a3e.jpg

一応、看板も押さえておこう。
DSC_7696_20170921221327d39.jpg

旭岳頂上まで2km、2時間だそうだ。
DSC_7698_201709212212567c9.jpg

では、参りましょう。
DSC_7697_20170921221255f23.jpg

とは言え、左手にまだまだ姿見の池は見える。
DSC_7699_20170921221258f09.jpg

あのカップルは中国人だった。ここも国際色豊かだ。
DSC_7700_20170921221259031.jpg

石室の中も帰りに見学させてもらおう。
DSC_7701_20170921221301204.jpg

姿見駅方面。
DSC_7702_201709212212290d5.jpg

すぐ近くに展望台があるようなので行ってみた。
DSC_7703_201709212212302cc.jpg

第5展望台だそうだ。1~4はどこにあるのだろう。
DSC_7705_20170921221233051.jpg
休憩にはまだ早い。


正面に見えるのは化雲岳(1955m)。
DSC_7705_20170921221233051.jpg

あの蛇のような雪渓が特徴的だ。
DSC_7706_201709212212357c9.jpg

尖っているのは十勝岳(2077m)。
DSC_7707_20170921221206fb9.jpg

翌月登る予定だったオプタテシケ山(2013m)。
DSC_7708_20170921221207768.jpg

たぶん芦別山地。
DSC_7709_20170921221209a2c.jpg

暑寒別岳(右、1492m)。
DSC_7710_201709212212105fd.jpg

振り返って、旭岳石室や愛の鐘を俯瞰。
DSC_7711_201709212212122c9.jpg

姿見の池。
DSC_7712_20170921221142476.jpg

全体像。なかなか絵になる風景だ。
DSC_7713_20170921221143d76.jpg

では、そろそろ登山道に戻ろう。
DSC_7714_20170921221145436.jpg

ここからが本格的な登山開始だ。
DSC_7716_20170921221148e1c.jpg

ちょっと進むだけで、見える角度がどんどん変わってくる。
DSC_7717_201709212211165b2.jpg

それが、また面白い。
DSC_7718_20170921221118daf.jpg

あら、さっきの中国人がもう戻ってきた。
DSC_7719_2017092122111900c.jpg

早くも下山してくる方が。裏旭岳のキャンプ地に泊まっていたのだろうか。
DSC_7720_201709212211218b0.jpg

噴気は、この2本が一番、勢いがある。
DSC_7721_20170921221122cea.jpg

この辺で姿見の池も見納めかな。
DSC_7722_20170921221051fe2.jpg

旭岳の爆裂火口壁。
DSC_7723_20170921221052997.jpg

足場は石がゴロゴロしていて、わりと歩きにくい。
DSC_7724_20170921221054356.jpg

左手に旭岳の地獄谷、右手にトムラウシ山を望みながら登る。
DSC_7725_2017092122105527f.jpg

最初から森林限界の上に出ているので、何度も何度も立ち止まってシャッターを押した。
DSC_7726_201709212210572e1.jpg

姿見の池展望所。
DSC_7727_20170921221025a4f.jpg

こういうなだらかな斜面も緑のじゅうたんのようで美しい。
DSC_7728_201709212210268bb.jpg

そんな中にも荒々しく地肌が露出する。
DSC_7729_20170921221028d4b.jpg

忠別岳(1963m)。
DSC_7730_2017092122102965b.jpg

大きなケルンを通過。
わりと、いつまでも姿見の池が見えている。
DSC_7732_20170921221004df6.jpg

道が広い。
DSC_7733_20170921221007ee8.jpg


間もなく、後ろからダブルストックの年配の男性が迫ってきた。
DSC_7734_20170921221007cb6.jpg
「トムラウシが見えますね」と言いながら、抜かして行った。
形は確かにトムラウシだ。実はこの時、初めてあのギザギザがトムラウシであることを認識したのだった。

(つづく)
このページのトップへ

旭岳(1)

【2017年8月9日(水)】旭岳
前夜は当麻町の道の駅とうまで車中泊した。
この日は、JR富良野線の駅舎を撮影しながら南下し、富良野から旭川、滝川を経由して富良野に戻る撮り鉄&乗り鉄を予定していたのだが、朝4時に起きてみると、大雪連峰がくっきり見えるではないか。
DSC_7600_2017092106322036f.jpg
天気予報が曇りだったので、山は諦めていたのだが、俄然登りたくなった。
あわてて、スマホのアプリで「山と高原地図」の「大雪山」を表示し、どこに行くか検討を始めた。
黒岳方面に戻るのはもう面倒だし、十勝岳方面は秋に登る計画がある。
一度登ったことがあるが、直近だし旭岳(2291m)に決めた。

登ったことがあると言っても、もう40年も前のこと。
前回は、中学3年の時、ちょうど有珠山が噴火した日(1977年8月7日)に登ったのだった。
あの時は姿見駅から旭岳、間宮岳(2185m)、中岳温泉を経由して姿見に戻る周回コースだった。
旭川在住の年の離れたいとこが連れて行ってくれたのだ。
当時の写真を見ると、旭岳山頂はガスっており、山頂での記念写真も山名標ではなく、道標で写している。
DSC_0763_20170921070138cd3.jpg
間宮岳では晴れたみたいだ。あの山行では、中岳温泉が一番印象に残っている。

それはともかく、次に大雪山旭岳ロープウェイの運行時間を調べてみた。
始発は6時半である。6時に着けば、早めに並べるから、混んでいても始発に乗れるだろう。
旭岳温泉にあるロープウェイの旭岳山麓駅まで、所要時間は1時間ちょっと。
歯磨きもそこそこに5時前に出発した。

ナビはスマホの経路検索にお任せ。
なのだが、山に登るつもりはなかったので、昨夜の買い物で飲み物を買っていない。
東川町の市街地にセブンイレブンがあるようだが、スマホナビの経路が、そこを通るのかどうか分からない。
道路地図帳を見ながら、時々推奨ルートを外れて、東川町を目指した。

途中、大雪方面の山が何度も見えたが、どの山が見えているのか、よく分からなかった。
DSC_7601_201709210632220f2.jpg

当麻駅近くの石北本線踏切で、貨物列車が目の前を通過していった。
DSC_7602_20170921063223430.jpg
DSC_7603_201709210631491df.jpg
間もなく右前方に低い独立峰が見えてきた。
旭山動物園のある旭山(295m)だった。

幸い、道間違いをせずに、東川町のセブンイレブンに到着。
アクエリアス2㍑ボトルを買いたかったのだが、あいにく置いていない。
やむなく、ポカリスエット900cc2本にした。
あとは朝食用のパン。昨日、朝食用に買ったおにぎりは昼食に回すことにした。
運転しながら、パンは食べてしまった。

しかし、あんなに晴れていたのに、山の方はどんよりとした雲が垂れ込めてきた。
さっき大雪連峰を見たときも南の方には雲があったので、その雲に違いない、旭岳は晴れていると信じて、車を走らせる。
しかし、忠別湖のあたりから完全にガスの中に入った。
「これは雲海だ。旭岳は晴れている。富良野岳も白雲山もそうだったではないか」と自分に言い聞かせた。
これで本当にガスの中だったら、全くの無駄足になってしまう。

すると、どうだろう。なんと旭岳温泉の直前でいきなり雲の上に出て、旭岳がくっきりと姿を現したではないか。
DSC_7604_20170921063151344.jpg
なんという感激。本当に北海道の山はやきもきさせる。
ただ、午後からは稜線にも雲が出るというヤマテンの予報なので、うかうかしてはいられない。
3日前に富良野岳(1912m)に登った時は2時間でガスってしまい、頂上は真っ白だった。その二の舞は避けたい。

6時すぎに旭岳温泉の町営駐車場に到着。
DSC_7606_201709210631546ce.jpg
「山と高原地図」には収容「40台」と書かれていたので停められるかどうか不安だったが、余裕だった。
夏休み期間中とは言え、やはり北海道の平日は、内地の百名山のようには混まない。

靴を履き替えて、旭岳ビジターセンターを眺めながら軽くストレッチ。
DSC_7605_2017092106315245f.jpg

この感じだと大丈夫だろうが、始発に乗れないと時間がもったいないので、早めにロープウェイ乗り場に移動した。
DSC_7609_20170921063126e76.jpg

駅舎は結構、しゃれた建築だ。
DSC_7608_201709210631245c5.jpg

駅の前は有料駐車場(乗用車1日500円)になっている。
DSC_7607_20170921063155769.jpg
こちらはかなりのキャパがありそうだ。
考えてみれば当然だ。この人気の山がハイシーズンに40台で足りるわけがない。
無料の町営駐車場がいっぱいになったら、みな仕方なく有料の方へ行くのだろう。

旭川市内からバスの便もあるようだ。
DSC_7610_2017092106312710f.jpg

ロープウェイは往復2900円。帰りは歩いて下る予定なので片道(1800円)を購入した。
DSC_7611_20170921063129148.jpg

山頂駅の天気は晴れ、無風だ。
DSC_7612_20170921063130271.jpg

トイレを済ませて、改札に並んだのは6:15過ぎ。
DSC_0180_2017092106321705b.jpg
前には20人くらいの登山者が並んでいたが、ゴンドラの定員は101人だから余裕で乗れた。

窓際はおばさんたちに取られてしまったが、その後ろの好位置に立つことができた。
DSC_7619_2017092106304259d.jpg

旭岳ロープウェイは、有珠山ロープウェイなども手掛けるワカサリゾートの経営だそうだ。
DSC_0181_2017092106321999f.jpg
ピンと来て、調べてみたら、やはりワカサリゾートは、あの「わかさいも本舗」の関連会社だった。
このロープウェイは標高1100mの旭岳山麓駅から1600mの姿見駅を結ぶ2360mの路線。
所要時間は10分で、夏期は15分間隔で運行されている。

ゴンドラは6:30定刻通りに出発。
すぐに十勝岳(2077m)が見えてきた。
DSC_7613_201709210631021a0.jpg

その噴煙のすごいこと。
DSC_7614_20170921063104ff8.jpg

雲海の上に浮かぶのは芦別岳(1726m)だろうか。
DSC_7615_20170921063105407.jpg

なだらかなピークは化雲岳(1955m)。
DSC_7616_20170921063107717.jpg

眼下にビジターセンターが見えてきた。
DSC_7617_20170921063108428.jpg

その後ろのホテルは「ラビスタ大雪山」。
DSC_7618_20170921063041f52.jpg

上川盆地方面は完全な雲海である。
DSC_7620_20170921063044edf.jpg

十勝岳連峰。左からオプタテシケ山(2013m)、美瑛岳(2052m)、十勝岳、富良野岳。
DSC_7621_2017092106304567c.jpg

高度を上げるに従い、いろいろと見えてきた。
右奥に見えるのは、暑寒別岳(1492m)ではないか。
DSC_7622_201709210630470cb.jpg

アップにしてみよう。左の突起は群別岳(1376m)に違いない。
DSC_7623_201709210630183a4.jpg

おお、化雲岳の後ろにトムラウシ山(2141m)の頂上部分が姿を現した。
DSC_7624_201709210630200d4.jpg

今日は贅沢な1日になりそうだ。
DSC_7625_20170921063021ba4.jpg

北側に目を転じると、瓢沼が見える。
DSC_7626_20170921063023f40.jpg

雲海は山際だけだったようで、上川盆地は晴れている。
そう言えば、道の駅も晴れていたっけ。
DSC_7627_20170921063024176.jpg

あれは東川町の市街地かな。
DSC_7628_2017092106295586a.jpg

そして、本日登る旭岳。
DSC_7629_20170921062957010.jpg

大雪山の原生林。
DSC_7630_201709210629583c2.jpg

ゴンドラは10分で姿見駅に到着した。
DSC_7631_201709210630000a4.jpg

下りるなり、窓越しではない山岳風景を改めてカメラに納める。
DSC_7632_20170921063001cc4.jpg

いやあ、素晴らしい。
DSC_7633_20170921062930f06.jpg

十勝岳の噴煙で富良野岳の山頂が隠れている。
DSC_7634_2017092106293260a.jpg

夕張岳(1668m)かしら。
DSC_7635_20170921062933fa5.jpg

芦別岳だと思うけど、自信はない。
DSC_7636_20170921062935338.jpg

緑の濃いこと。これが1か月もすれば真っ赤に染まるわけだ。
DSC_7637_20170921062936113.jpg

姿見駅すぐ近くにある電波塔。
DSC_7638_20170921062903217.jpg

姿見駅越しの旭岳。
DSC_7639_201709210629040f9.jpg
登山届は駅の中で出すことができる。

いろんな花が咲いているだろうから、ここで少し予習。
DSC_7641_20170921062907d05.jpg
ちょうどよく催してきたので、トイレへ駆け込んだ。
幸い個室は空いており、ブツもすんなり出た。準備は万端だ。

姿見駅のテラスに出ると、旭岳が真正面に大きくそびえている。
DSC_7642_20170921062909164.jpg

ちょっと雲が多いが、高曇りなので、よしとしよう。
DSC_7644_201709210628132ea.jpg
40年前の記憶はほとんどないので、事実上これが初対面だ。
本日はよろしくお願いします。
逆光なので露出が面倒だが、こればかりは仕方ない。

再度ストレッチをして、7時前に出発。
DSC_7645_20170921062816c03.jpg

道は左右2コースあるが、散策路は帰りにして、姿見の池まで最短コースである右の道を採った。
DSC_7647_201709210628160e7.jpg

(つづく)
このページのトップへ

白雲山(7)

【2017年8月8日(火)】白雲山
4度目の十勝三股訪問を終えて、まだ、陽は高いがお風呂に行くことにした。
近くにある秘湯、幌加温泉である。
少し糠平方面に戻って右折すると、ニペソツ山(2013m)への登山口が現れた。
DSC_7582_201709201948000fc.jpg
しかし、ここからの道はヤブが多く、「山と高原地図」には「迷」マークがたくさん付いている。
しかも距離が長い。メインルートは1本北の尾根を行く十六の沢コースだが、現在、登山口の杉沢出合に通じる林道が昨年の台風のため通行止めになっている。

温泉の手前右手に、自炊宿があったが、もう使われている気配はない。
DSC_7583_20170920194802b78.jpg

左手にも閉鎖された宿らしきものがあった。あとでちゃんと見学しよう。
DSC_7585_20170920194805cb4.jpg

いずれにしろ、ここは相当ひなびている。
DSC_7584_201709201948035e4.jpg

道のどんづまりに温泉宿「鹿の谷」はあった。
DSC_0157_201709201949536c4.jpg

玄関に入って、「すいませ~ん」と呼びかけたが、反応がない。
何度も大声を出したが、誰も出てこない。
窓口の奥を覗くと、相当年を召したおばあさんがテーブルに座って新聞を読んでいる。
なんだ、いるじゃないか。「ごめんください」ともう一度声をかけたが、気が付かない。
そうか、耳が遠いんだと思って、扉のところで大声を出したが、それでも振り向かない。
仕方がないので、視線に入るような場所まで入り込み、机をコンコンと叩いたら、「うわあ、びっくりした!」と悲鳴のような声をあげた。
驚かして申し訳なかったが、こうするしかなかったもので。
とにかく、入浴料の500円を支払い、脱衣所へ。
DSC_0158_20170920194954935.jpg

内風呂には、他にお客さんがいたので、そこを通り抜けて、まずは外にある露天風呂に入った。
DSC_0160_20170920194957ae0.jpg

いや~、大自然の中。独占である。素晴らしい!
DSC_0164_20170920194923077.jpg

しかし、大自然すぎて、アブがぶんぶん寄ってくる。
これはたまらん。こっちはすっ裸で無防備なので、避けようとしたら、潜るしかない。
そんなわけにもいかないので、アレをぶらぶら揺らしながら、早々に内湯へと退散した。
DSC_0162_20170920194959dd2.jpg

内湯は3種類の湯があった。
DSC_0166_20170920194924d02.jpg

ナトリウム泉、鉄鉱泉、カルシウム線である。
DSC_0167_20170920194926920.jpg
体をきれいに洗ってからそれぞれの湯を少しずつ楽しんだ。

もう一つ硫黄泉があるようだが、それは露天風呂だったのかもしれない。
DSC_0159_201709201949564b1.jpg
まさに秘湯という雰囲気を味わい、大満足だった。

受付に礼を言おうと立ち寄ったが、おばあちゃんは相変わらず全然こっちを向く様子がなかったので、心の中で「ありがとうございました」と言って、辞去した。
よく見ると、受付に筆談用もボードが置いてあった。
DSC_0168_2017092019492714d.jpg

西に見えていた山はニペソツ方面だが、そこまで見えるはずもないので、おそらくその手前の1190mピークだろう。
DSC_0169_20170920194929dc7.jpg

さて、さっきの廃屋を探索。木造の瀟洒な建物である。
DSC_0170_20170920194848e65.jpg
ここは「ホロカ温泉旅館」という宿で、「鹿の谷」とは別ものだった。
2011年1月から閉館しているとのことである。

この自炊棟も、ホロカ温泉旅館の持ち物であったようだ。
DSC_0171_20170920194850bde.jpg

というわけで本日の活動は終了なのだが、明日どうするか。
JR富良野線の乗り鉄&駅舎撮影をするか、どこかの山に登るか。
このあたりで比較的手軽に登れる山に、武華山(1759m)というのがあるのをガイドブックで見つけた。
石北峠の近くに登山口があるようなので、今夜は石北峠の駐車場で車中泊をすればいい。

と決めて走り出したら、いきなり前をエゾシカが横断。
DSC_7586_2017092019480625d.jpg

結構デカい。
DSC_7587_201709201947349d7.jpg

少し、道路沿いに逃げたと思ったら、あッという間に草むらの中に逃げ込んでしまった。
DSC_7588_20170920194736ef6.jpg

国道273号を北上し、三国峠(1150m)でひと休み。
DSC_7589_201709201947373d2.jpg

ここからいろんな山が見えるはずなのだが、もう雲が低く垂れこめてしまい、かろうじて勇内山(左、1220m)が見える程度だった。
DSC_7590_20170920194739308.jpg

ニペソツ山方面は完全に雲の中。
DSC_7591_201709201947404dd.jpg

1983年にここを自転車で越えた時はずっとダートだったっけ。
DSC_7592_20170920194702d3f.jpg

今は立派な舗装道路だが、当時とはルートも若干変わっているような気がする。
DSC_0172_20170920194851674.jpg

こんな秘境のようなところだが、峠の喫茶店が営業していた。
DSC_0174_20170920194854834.jpg

私が着いた時はもう17時を過ぎていたので、ちょうど店じまいをするところだった。
DSC_0173_2017092019485337c.jpg

立派な三国峠隧道。
DSC_7595_20170920194705382.jpg

タウシュベツ川橋梁のPR看板が出ていた。「北海道遺産」だそうだ。もうすっかりメジャーな存在なのだ。
DSC_7594_2017092019470324b.jpg

それでは出発。
DSC_7596_201709201947068a6.jpg

トンネルを抜けて、下り始めると、大した川ではないのに、大きなモニュメントが。
DSC_7597_2017092019470878a.jpg
由仁石狩一の沢川とある。
そう言えば、東大雪の石狩岳(1967m)の並びに、ユニ石狩岳(1756m)という山がある。
最初は、この「ユニ」って、「ミニ」みたいな接頭語なのかなって思っていたのだが、「由仁石狩」という川の名称を見て、これもアイヌ語なんだと、初めて意識した。
「由仁」と当てるくらいだから、由仁町と同じ由来だとしたら、「ユ・ウン・ニ」(温泉のある所)という意味になる。

橋の名前は「岳橋」になっているが、冒頭の文字が欠損しているようだ。
DSC_7598_20170920194638e98.jpg
「望岳橋」だろうか。

大雪湖に向かっていく道すがら、正面に見えたのはニセイカウシュッペ山(1883m)か。
DSC_7599_20170920194641ead.jpg
間もなく、国道39号に出た。
石北峠に行くには、右折なのだが、晩飯を食わないといけないので、とりあえず左折して層雲峡に向かうことにした。

久々にラーメンを食おう。
昨年来た時に目をつけていたのが、この登山軒。
DSC_0175_201709201948269b9.jpg

でもメニューを見たら、やや高めの印象だったので、大雪山食堂にした。
DSC_0176_20170920194828299.jpg

こちらも値段はあまり変わらなかったが、もう戻るのも面倒だ。
DSC_0177_201709201948295e0.jpg

山菜醤油ラーメン(950円)を食べた。まあまあだった。
DSC_0178_201709201948302cd.jpg

食べながら、明日の天気予報などを確認すると、どうも曇り空だ。
それなら登山ではなく、テツにしよう。
DSC_0179_20170920194832d9f.jpg
そうと決まったら、行く先は石北峠ではなく、旭川方面。
層雲峡温泉のコンビニで朝食だけ買って、道の駅とうま(当麻町)に向かった。
到着したのは、午後8時半を過ぎていた気がする。
すっかり遅くなってしまったので、パソコン作業もそこそこに寝てしまった。
ここは車中泊の車が大量にあった。

【行程】2017年8月8日
登山口(6:31)~1130mピーク(7:13)~ヌプカの里分岐(7:32)~白雲山(7:42撮影7:58)~天望山分岐(8:30)~天望山(8:59休憩9:22)~東雲湖(10:05休憩10:13)~天望山分岐(11:05)~登山口(11:33)
※所要時間:5時間2分(歩行時間4時間15分)
※登った山:2座(白雲山、天望山)
※歩行距離:8.5km
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かたこりまさかり

Author:かたこりまさかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
北海道の山 (124)
東北の山 (62)
上信越の山 (139)
奥多摩の山 (55)
丹沢の山 (55)
奥秩父の山 (83)
栃木の山 (32)
房総・常陸の山 (9)
奥武蔵・秩父の山 (87)
中央線沿線の山 (96)
富士山周辺の山 (60)
八ヶ岳周辺の山 (54)
南アルプス (100)
史跡歩き (11)
中央アルプス (27)
北アルプス (45)
日本海の山 (8)
関西の山 (30)
四国九州の山 (61)
駅舎の旅 (26)
ドライブ (9)
廃線の旅 (12)
駅から散歩 (17)
乗り鉄 (38)
島の旅 (19)
山村の旅 (7)
超低山 (28)
東海の山 (2)
つぶやき (35)
旧道歩き (29)
伊豆の山 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR